ソウルレッドのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

ソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2です! ソウルレッドクリスタルメタリックは

当店初入庫になります(^^)

少し前にセラミックメタリックのMazda2をご紹介致しましたがカラーが違うと全然雰囲気が

変わってきますね(*’▽’)  セラミックメタリックはカジュアル、ソウルレッドは重厚感あるプレミアムな

雰囲気ですね。  皆様はどちらがお好みですか??

そんな重厚感あるソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

上の写真だと少しライトの淵がモヤけて見えますが実際はもっとスッキリと綺麗に

映り込んでいます。

ルーフは・・・

こちらの写真ですと少しボヤッとしている感じですけど実際はもう少しお綺麗です(^_^)

ボディサイドは少し曇っているんですけど上の写真達との違いがわかりませんね(^▽^;)

このソウルレッドって塗料(塗り方の)関係でしょうか?写真だと上手く写せないんです(汗)

本当です(写真の腕かも知れませんけど)

リアは・・・

ホント若干なんですけど曇っているんです(^^;)

ホイールも・・・

少しだけ汚れていました。

 

全体的に塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態でした。

毎回マツダの新車時に言っている気がいたしますけど私的にはマツダ車は塗装の曇りがやや酷い傾向という

印象なんですが最近のマツダは品質が安定したのか?何かが改善されたのか??以前ほど

曇りの酷い車両には遭遇しません(^^) 特に以前のソウルレッド”プレミアム“メタリックは塗装の“塗り”

含めて個体差が激しかったんですが今回のソウルレッド”クリスタル“メタリックは塗装の質が向上している

印象を持ちました。  ただソウルレッド”クリスタル“メタリックは今回、当店初入庫ですので・・・(^▽^;)

今後のソウルレッド”クリスタル“メタリックがどのような”質”なのか楽しみです(笑)

では作業を始めてまいりましょう!作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご紹介です。

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼を頂く事が多い人気の

オプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

油分などの付着も少なく水を弾いていませんでした。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

たとえ綺麗だからと言ってそのままコーティングする訳ではございません(^_^)/

更にガラス表面を綺麗にしてからコーティングしていきます!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは雨だけではなく実は雪や霜にもとっても有効なアイテムなんです!

これからの季節にも是非どうぞ~(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボンネットも・・・

リアもほとんど反応がございませんでした!

全く付いていない訳ではございませんが、とっても少なかったです。

私的にはマツダの新車は比較的鉄粉が結構付いている印象なんですが、今回のMazda2はお綺麗でした(^_^)/

という事で軽めの鉄粉処理をしています。

それが終わったら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近ご指名が増えてきましたカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

こうやって見ると若干ですがイクラっぽい感じですけどイクラではございません! 水玉です(笑)

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真がね~(^▽^;) 実際はもっと綺麗にクッキリと綺麗なんです(汗) 本当なんです(^^;)

ルーフは・・・

こっちの写真の方が何となく施工前後の違いがわかって頂けるかも??

ボディサイドは・・・

写真がね~(笑) より綺麗になっているんですけどね~。

施工前後の写真をよ~く見比べて下さい。ライトの映り込みがクッキリとしていますから~(^^)

リアも・・・

是非見比べて下さいね(笑)

ホイールは・・・

違いがわかりやすいです(笑)

それもそのはず、今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますのでコーティングでツヤピカです!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々新車ですので艶もあったんですけどコーティング後は更に艶々でクリヤーなんです(^_-)-☆

EXE evo1がこれまたいい艶を出すんです。

EXE evo1のワンランク上の艶を皆様も是非お試し下さい! いいですよ~(*^^*)

オーナー様も『うわっ~すげ~。すげ~綺麗!!ピカピカ!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。 ピカピカMazda2を堪能してください!

より輝きを増したソウルレッドクリスタルメタリックのMazda2のご紹介でした!!

 

ソウルレッドと一言で言っても実は2種類ございまして、以前はソウルレッドプレミアムメタリックで

現在はソウルレッドクリスタルメタリックに進化しました。

以前のプレミアムより現在のクリスタルの方がより陰影がハッキリと出るカラーになっています。

光の当たっている面は鮮やかな赤に、そして影の面は深い赤に(黒っぽく)見えます。

ですので明るい所で見ると鮮やかな赤と深みある赤のメリハリが強調されボディの面やラインが際立ちます。

マツダ曰く・・・『「カラーも造形の一部」という思想の下、魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる

カラーの開発に力を入れています。』とボディカラーにも強い拘りがあるようです。

今後もどんなカラーが出てくるのか楽しみです!  ← ちょっとマニアかな(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファロメオ スパイダーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファロメオ スパイダーのボディコーティングです!

H21年式のアルファロメオ スパイダーです。 モンテカルロブルーと言う名の綺麗で爽やかなブルーです!

まるでモンテカルロの海の色の様ですね! もちろん私、モンテカルロには行った事はございませんので

あくまでもイメージです(^▽^;)  きっとモンテカルロの海はこんな綺麗なブルーなんでしょうね!

アルファロメオと言うと、どうしても真っ赤なアルファレッドをイメージしてしまいますが

ブルーも似合っています。特にオープンカーにはブルーが似合うと私は勝手に思っています(笑)

そんな爽やかなモンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズと思われるスクラッチが結構凄かったです(^^;) 実際に見ると↑の写真より1,5倍は

凄い感じです(笑)

ルーフは・・・

幌ですのでスクラッチがありませんが(笑)猫の毛でしょうか??

それらしい毛が付いています。

トランクは・・・

これまたスクラッチが盛大に付いておりました。

でも写真に撮ると盛大さが少し薄れてしまいます(笑)

ボディサイドは・・

やはりスクラッチが多いです。それと写真をよく見てもらうとわかるかと思いますが、塗装の肌が

ガサガサとしていてクスんでいます。

ホイールは・・・

汚れてはいますけどブレーキダストの付着は少ないですね。

 

水色系のカラーはシミやスクラッチが目立ちにくくてパッと見た感じではお綺麗に感じますが、

各部のアップでご覧いただきました様に塗装面に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いています。

また酸化被膜で塗装面が覆われてしまっているようでガサガサとした状態です。その為に透明感も引けていました。

オーナー様に伺ったところ、洗車の頻度も多いとの事でスクラッチが多いのも納得です(^^;)

しかし洗車の頻度が多いので雨ジミはとても少なかったという事実はご報告しておきましょう(*^^*)

では早速、作業を進めてまいります。作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ とても10年経っているとは思えない程鉄粉が少ないですね(*‘∀‘) 素晴らしい~。

トランクも・・・

お乗りになられた年月を考えると、とっても少ないと思います!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットもスッキリです。

トランクも綺麗になりました。

そしてマスキングをしましたら・・・

磨きの準備が整いました(^_^)/

そして磨いていきます。

今回のお選びいただいたプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤『PCX-V110』です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして艶々になりましたヽ(^o^)丿

ルーフは・・・

専用のクリーナーで洗っています! 写真だと少しわからないかも知れませんが、だいぶ黒さを

取り戻しております。 もちろん(=^・^=)の毛は付いていませんニャ~。

トランクも・・・

深いシミやスクラッチは残っていますが、9割は落とせたかな?(笑)

クリヤー感が全然違います!

ボディサイドは・・・

こちらも深いスクラッチは残っていますが酸化被膜を除去したので塗装に透明感が出ました。

ガサガサしていた肌も解消しています!

最後にホイールとタイヤも・・・

よ~く洗い艶出しをしましたら・・・

モンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダー、ボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 いい艶に仕上がりました(^_-)-☆

モンテカルロブルー本来の艶を取り戻したと思います。 クリヤー感、光沢感共に新車にも

負けていないかと思います(*^^*)

いゃ~これでモンテカルロの海沿いの道をオープンにして走ったら気持ちイイでしょうね~。

私の勝手なイメージだとアルファロメオ スパイダーはやっぱり山や高原と言うよりも海って感じです(笑)

海沿いをオープンにして颯爽と走りたいものです。 でもきっと私だと似合わないんだろうぁ~(;´∀`)

 

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の多い方は

どうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど

洗車キズはやはり少ない傾向です。 なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の動画がございますので、

ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

セラミックメタリックのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

セラミックメタリックの新車Mazda2です!

この型のモデルはデミオ時代から何台も作業させて頂いておりますが、このセラミックメタリックは

当店初入庫になります(^_^)/ と言うよりこのカラーが設定されている事すら知りませんでした(汗)

デミオ時代を含めてあまり見かけないカラーで少し新鮮です!

気になったので(笑)少し調べたらデミオの時代に限定車として設定されていたようです。そしてMazda2に

改名された現在は通常のカタログモデルとしてセラミックメタリックが設定されたようです。

いゃ~スッキリしたヽ(^。^)ノ  プチ情報でした(笑)

そんなセラミックメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

曇りでシャキッとしていませんね(;´∀`)

ボディサイドは・・・

同じくライトがモヤモヤッとした映り込み具合です。

これでは気持ちもモヤモヤとしてしまいます(^^;) 気持ちを切り替えてリアを見ていくと・・・

やっぱりモヤモヤとしていました(笑)

ホイールも・・・

若干汚れておりました。

と以上のように全体的に塗装面がモヤモヤと曇っていて気分もスッキリとしない状態でした。

これの曇りがよく新車に見られる白ボケと言われる状態です。

多くの方が新車時(納車時)が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に白ボケしている

新車が非常に多いです。またメーカーによっても状態は様々です(^^;)

今こそ全ての日本国民に問います! このままの状態でコーティング剤を塗ってもいいのか?」と(笑)

いい訳がありません!そんなことしたらチコちゃんに叱られてしまいます(^▽^;)

この状態のままコーティングをしてしまえば曇りを閉じ込めてしまう事になります。

結果、艶はあるけど何だか透明感がいまいち・・・そんな事になってしまいます。

ですので新車でもボディも磨きが必要になってきます!

もちろん当店では新車も磨いております。

ではワンランク上の新車を目指して作業を開始していきましょう(^_^)/ 作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので軽めの鉄板処置を行いました。

あまり変わり映えしませんけど、せっかくアフターの写真を撮ったので・・・

ボンネットもリアも更に・・・

スッキリと綺麗になりました!

綺麗になったら今度はマスキングをしていきます。

マスキング完了! ここまでがボディを磨く為の下準備となります(^_-)-☆

そしてボディを磨いていきます。今回の新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティングへと進みます!

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの淵モヤモヤもスッキリしましたね!

ルーフも・・・

曇りも取れてライトがシャキッと映り込むようになりました(^_^)/~

ボディサイドは・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)

リアも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになっています。

ホイールも・・・

綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

セラミックメタリックのマツダ Mazda2、新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました! これならチコちゃんに叱られる事はないでしょう(笑)

正直、写真ですと施工前後の違いが分からないかも知れませんが各部のアップで見て頂きました様に

曇りも取れてスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がっております。

実際に見て頂ければ艶やかさの違いを実感して頂けると思います(^_^)/

今回のMazda2は若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

チコちゃんに叱られる前に新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

こちらのダイハツ キャストは納車間もない新車のお車になります!

ご存知の方も多いと思いますがダイハツ キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」

3つのタイプがあって、今回お越しくださったのは「スタイル」になります。

見ての通り「スタイル」はシックで落ち着いた大人な雰囲気になります!

そんな大人な雰囲気のキャスト スタイルの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

少しだけ汚れ気味ですけど、それを差し引いても若干曇り気味です。

ルーフも・・・

ボンネット程は曇りは気になりません。

ボディサイドは・・・

こちらの若干曇っていて映り込んでいるライトの輪郭がぼやけていますね。

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;)

ホイールは・・・

納車間もないとは言え、どうしても走れば汚れてしまうものですね(^_^;)

 

ご覧頂きました様に基本的にはお綺麗なんですけど、なんでしょう?なんと言いますか・・・

スッキリとしていないんです。 スカッ!っとしていないと言ったらわかりやすいかも??です。

オブラートに包まれているかのように透明感が足りません。

ちなみに・・・子供の時は薬を飲むのにはオブラートが無いと苦くてたまりませんでしたが

今ではオブラートなしでも苦い薬も飲めるようになりました(^_^)/  大人になったなぁ~俺。

ほんとアレがあって良かった~(笑) それとオブラートだけを一枚舌の上に乗せるとオブラートが

解けていくじゃないですか? あれって楽しくなかったですか??

好きだったなぁ~アレ。  ← どうでもいい話でした(笑)

話がそれましたが、車って新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり

加修(塗装の手直し)の後が残っていたり保護シートの糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をもっとスッキリとした気持ちいい状態に仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉の除去を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

意外と付いていますね(^_^;)  まぁでも新車でもこれ位付いてるのは珍しい事でもないんです。

リアは・・・

クリーナーで流れちゃっているので(汗)少しわかりにくいんですけど、よく見ると黒っぽく斑模様の

ように見えると思います。 結構付いていました(^_^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりましたね!

リアも・・・

綺麗になりました(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングが済みましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリしました!!

ルーフも・・・

クリヤーですね。

ボディサイドだって・・・

曇りが無くなってライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(^_^)/

リアも・・・

施工前の写真と見比べて頂くとスッキリ感の違いがよく分かると思います。

ホイールも・・・

艶出しをして仕上げております。

そしてダイハツ キャスト スタイルの新車コーティングが完成いたしました!

新車以上に綺麗に!そして輝いておりますヽ(^o^)丿

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取りってからコーティングしますと艶と透明感か向上致します!

更に今回使用致しました「EXE-evo1」がいい艶を出します(^_-)-☆

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試していますがやはりシミが付きにくい

印象です。 水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、曇り(白ボケ)が酷い等、何かしらの不具合が

ある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ソアラのボディコーティングメンテナンスです!

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ソアラのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ソアラは今年の2月にボディコーティングを

施工致しましたお車です。

9ヶ月経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。 普段からマメにお手入れされているとの事で

とてもお綺麗なんですが屋外駐車と言う事もあって撥水が落ちてしまったとの事でした。

では早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

とってもお綺麗です(*‘∀‘)

シミは少ないんですけど若干拭きキズが付いています。でも目立ちませんね(笑)

アフターです↓

元々お綺麗でしたけどメンテナンスするとスッキリ感が違うと思います!

ルーフも・・・

シミも少なくてとてもお綺麗ですね!

アフターです↓

こちらも若干、拭きキズが付いていますが普段はあまり気にならないかと思います。

トランクは・・・

少し深めの線キズなども確認できますが、基本的にとてもお綺麗でした。

アフターです↓

当店の通常のメンテナンスではポリッシングいたしませんので深めのキズは残ってしまいます。

しかしそれでもメンテナンス前より線キズが目立たなくなったかと思います。

またどうしても気になるようなキズがあるようでしたらポリッシング有りのメンテナンスも

ございますのでお気軽にご相談ください。

ボディサイドは・・・

十分お綺麗です(*‘∀‘)

十分お綺麗ですのでアフターの写真を見ても・・・

違いがわかりにくいかも知れませんが(^^;)艶の違いは伝わるのではないでしょうか??伝わってください(笑)

それでも伝わらね~よと言う場合もございますので伝わりやすいのをここで1ついきましょう(笑)

それは鉄粉です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

↑はボンネットです。黒っぽく点々と確認できますのでクリーナーに反応している鉄粉です。

トランクも・・・

点々と確認できますね。

鉄粉の付着量はお車の保管場所やご利用場所によって大きく異なります。

ですので何ヶ月でこれ位の量が多いとか少ないとか一概には言えませんが・・・

9ヶ月でこれ位でしたら少ない方だと思います。 場所によっては数日でこれ位付いてしまうお車も

ございます(^^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

ボンネットも・・・

トランクもサッパリと綺麗になりました!  もちろんボディ全体の鉄粉処理をしております。

鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行い、色々なケミカルを数種類使って通常のシャンプーでは

落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

メンテナンス方法や使うケミカルなどはお車の状態に合った物を考え、そして選んで作業しております!

 

そして最後はホイールです。

ホイールも基本的にお綺麗にされていますがブレーキダストの焼き付きなど簡単に落ちない汚れも

確認できました。

アフターです↓

全ての焼き付いたダストを落とせる訳ではありませんが、それでもだいぶ綺麗になったと思います。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ソアラ、ボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

今回も元々お綺麗で、更にパールホワイトと言う事もあり施工前後の違いが写真ですと

伝わらないと思いますが・・・(^▽^;) それでもメンテナンスしますと光沢や艶が違ってきます。

オーナー様も『車が綺麗だと嬉しくなっちゃう!』と、とてもお喜びになられておりました!

やっぱり愛車が綺麗だと嬉しくなっちゃいますよね(*^。^*)  その嬉しそうなオーナー様の

お姿を見ていると私も嬉しくなっちゃいます!

そしてこの仕事をやって良かった~。と思う瞬間でもあります。

皆様いつも笑顔をありがとうございますヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです!

 

本日ご紹介致しますのはレクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレクサスSC430は昨年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

コーティング施工から1年9ヶ月程経過しておりますがその間にも定期的にメンテナンスに

お越しくださっており今回は3回目のメンテナンスのご依頼になります。

こちらのSCをご紹介する度に言っていますけど、いつもお綺麗なのでご紹介する所が無いんです。

今回もそうなりそうな予感がいたしますが(汗)早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干汚れは付いていますが十分お綺麗です!

アフターです↓

さすがにコーティング施工から1年9ヶ月程経過していますので通常のメンテナンスでは

落ちないシミなども増えてきました。しかし色的な事もあって普段はそのシミもあまり気にならないと

思います。 艶はまだまだ健在です(^_^)/

ルーフも・・・

少し汚れています。

アフターです↓

こちらもボンネットと同じで通常のメンテナンスでは落ちないシミが増えてきましたが

屋外屋根なし駐車で1年9ヶ月経過していると考えますと状態は悪くないと思います!

↓はトランクです。ボンネットとルーフと同じ水平面ですので当然・・・

同じ様な汚れ方です(^^;)

そして当然メンテナンス後の状態も・・・

同じ様に屋外屋根なし駐車で1年9ヶ月経過しているとは思えない程お綺麗ですね!

まだまだクスミも感じさせず透明感あります!!

ボディサイドは・・・

クモが一生懸命にクモの巣作りに勤しんでおりました(笑) これがまた見てると凄いんですよ。

上下左右に動き回りせっせと巣を作っていきますが問答無用で私が崩壊しておきました(^▽^;)  可哀想に。

いゃ~でもあの身軽さは羨ましい限りです(笑)

そんな話よりボディサイドのビフォーです↓

下の方は雨天時の走行時の跳ね上げで汚れてはいますが、全然目立ちません(^^) いい色ですね~(笑)

色的にはシルバー系のカラーですがシルバーは汚れやスクラッチ・シミが目立たなくてお車の維持管理が

楽なので、そこを重視しての色選びでしたらシルバー系はお薦めです。

目を凝らしてよ~く見れば綺麗になっているのがわかって頂けるかと思います。

よ~く見比べて下さいね! よ~く見比べないとわからないと思いますので(汗)

それとパッと見で綺麗でも鉄粉は意外と多く付いているものですので鉄粉チェックして

いきましょう。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

所々に黒っぽくポツポツと確認できますね。 しかし鉄粉も少なめでした。

トランクは・・・

こちらの方が少し多めに反応しているようにも感じますが、いずれにしろそれ程多くはなかったです!

鉄粉処置後に再チェックします↓

ボンネットも・・・

トランクもスッキリとしました。もちろんボディ全体の鉄粉処置を行っております。

更に細部の洗浄なども行っております!

そしてホイールです↓

ホイールもお綺麗ですね(^^)

アフターです↓

ホイールも汚れの状態によっては数種類のケミカルを使って洗浄しています。

ですので更に綺麗に仕上がります(^_^)/

そして最後はシートクリーニングです。こちらのオーナー様は毎回メンテナンスと同時に

シートクリーニングのご依頼を頂いております。

シートクリーニングと言うより本革シートのメンテナンスと言った方が正解かも知れません。

本革シートは多くの方が丈夫で長持ちだと思われている方が多いんですけど、それは正解でもあり

間違いでもあります。 正確には定期的に手入れをすれば長持ちしますが、何もしないとすぐに劣化してきます。

数年でひび割れてきたり最悪の場合は破れてきたりします。本革シートを長持ちさせるにはボディと同じで

定期的にメンテナンスが必要になります。 と言う事でシートクリーニングと言う名のメンテナンスです↓

シートが黒ですので汚れがわかりませんが・・・

クリーナーで拭くとこれ位は汚れが取れます。

その後に本革シート用のメンテナンス剤を塗って・・・

完成です!  と言っても見た目があまりかわらないと言う・・・(;´∀`)

でも保護剤によって適度な保湿をされています! 本革シートはメンテナンスが肝心なんです(^_^)/

そしてレクサスSC430のボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。艶々ですヽ(^o^)丿

さすがにコーティング施工から1年9ヶ月程経過していますので撥水はだいぶ落ちていましたが

艶感や光沢、そして塗装表面の痛み具合など見ましてもオーナー様の日頃のお手入れの良さと

愛情が伝わって参ります!本革シートにまでお気を使っているなんて流石です!

本革シートのメンテナンスの重要さを知っている方は意外と少ないので私も今後は本革シートの

メンテナンスの大切さをもっとアピールしていきたいと思います!!

 

コーティングが効いていればシャンプー洗車だけでも綺麗になりますが、メンテナンスを致しますと

シャンプー洗車では落ちない汚れも落とせますので通常の洗車より更に綺麗で艶々に仕上がります(^_^)/

コーティング効果維持の為にも皆様も定期的なメンテナンスを是非!!

 

 

本革シートはメンテナンスが大切だぁ!!        ← アピール

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

H28年式のスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーです!

ご購入から3年が経ちボディの汚れが気になってきたそうでボディコーティングのご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって、あまり”3年経った感“は感じません(*^^*)

とは言え3年と月日が流れたのは紛れもない事実(笑) よくよく観察していけばやはりそれ相応の痛みも

ございます。

では3年経過致しましたジムニーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様がお話していたように意外と傷んでいました(^^;)

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーでも、近くで見ると見えてしまいます。

ルーフも・・・

シミだらけでした(^▽^;)

ドアミラーの付け根なども・・・

汚れが溜まっております。  どうしても隙間や溝などに汚れが集まり、固着してきます。

ボディサイドは・・・

こちらは垂直面という事もあってシミは少ないですね! ただ少しクスんでいるようで

ライトの映り込みもボヤけています。

ホイールは・・・

少し汚れ気味ですね(^_^;)

 

こうやって近くで観察していくとオーナー様がお話ししていたように汚れや痛みが気になります。

確かにシルバーは汚れや痛みが目立ちませんが、目立たないだけで付いている事には違いありません。

この塗装面に付いているシミやスクラッチ、また塗装のクスミ原因である酸化被膜を除去する事で

艶や透明感が復活いたします!

ご購入から3年、お車をリフレッシュするいいタイミングだと思います!

艶々ボディを目指して作業開始~!!

 

ボディの前に今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水系のケミカルをご利用されていたのでしょうか? 何となく撥水していた感じがしますが

いずれにせよ、ほぼ撥水力は落ちている様です(^^;)

ガラス表面を磨いてリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

写真の撮り方が悪いのか(汗)それ程多く反応している様には見えませんが、

実際は結構凄かったです(^^;)

リアは・・・

ここもクリーナーで流れちゃったので少ないように見えますが実際は結構ゴイス~でした(古)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!  スッキリとしたのは見た目だけではなく、洗車時のスポンジの

動きがスムーズで引っ掛かりが無くなりますので洗車時にも実感して頂けるのではないでしょうか!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

その磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミだったボンネットのシミも綺麗になりました~!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっています(^_^)/~

クスミ気味だったボディサイドも・・・

スッキリとしてライトも綺麗に映り込むようになっています。

もちろんドアミラー付け根の汚れも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールも・・・

黒さも戻り艶々です!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

リフレッシュ完成です(^_^)/

シミやスクラッチ、クスミも無くなってスッキリと透明感ある仕上がりになりました!

スチールシルバーメタリックが少し明るくなったと思います(*’▽’)

シルバーやホワイトなどライトカラーは比較的シミやスクラッチが目立たずにお手入れも楽なボディカラーです。

しかしだからと言って傷まない訳ではございません。時間が経てば経つほどに嫌でも痛みが進んできます。

そしてある時に気が付くんです“あれっ、なんかこんなんだったっけ??”と。

いつしか艶も引け、光沢も失せてきます。 そこでもう買ってから時間が経つし、しょうがないと諦める事は

ございません!  磨くのです(笑)  磨けば綺麗になるんです(*’▽’)

ただコーティング剤を塗るだけでは車は綺麗になりません!  磨きなんです!

お車を綺麗にするのは磨きなんです。磨いて綺麗になったボディにコーティング剤を塗ることで

更に綺麗になるんです!! 皆様の愛車は大丈夫ですか?? 一度愛車をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ポルシェ718ケイマンSのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはポルシェ718ケイマンSのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのポルシェ718ケイマンSはボディコーティングを施工致しましてちょうど2年経過致しました

お車になります。 1年経過時にメンテナンスのご相談を頂いたのですが、とってもお綺麗でしたので

私・・・『いゃ~、全然お綺麗なんで、まだメンテナンスしなくてもいいですよ~』

オーナー様・・・『じゃ、まだいいか!』

という事で1年時はメンテナンスいたしませんでした(*^^*)

2年経過の今回もご相談に来られて・・・

私・・・『まだまだ全然お綺麗ですね。』 と少し悩む私。

オーナー様・・・『じゃまだいいか!?』とオーナー様

私・・・『綺麗ですけど2年経ちましたので、軽めにメンテナンスやっておきましょうか!?』

オーナー様・・・『じゃお願いしようかな!』

その様な感じの綿密な打ち合わせの末に、今回はメンテナンスを行う事になりました(*^^*)

では2年経過致しましたケイマンSのメンテナンスのご様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

本当にお綺麗なんです!よくよく見れば確かに少し汚れています。

でも写真だと上手く写らない程度の汚れなんです。しかしなんで今回はメンテナンスをお引き受けした

かと言いますと軽い油分系と思われる汚れ(シミ)が付いていたからなんです。この汚れはシャンプー洗車程度では

落とせない汚れでしたので、今回はメンテナンスでシャンプー洗車で落とせない汚れも落としていきました。

しかし残念ながら・・・

↑はアフターですけど、その汚れが落ちたのは写真からでは確認できません(^▽^;)

元々写真だと上手く写らない程度の汚れなんで、写真でご紹介するのも限界です(笑)

でもご安心ください。ちゃんと落とせていますので!!

ルーフも・・・

ボンネット同様細かな油分系の汚れ(シミ)が付いているんですけど・・・わかりませんね(;´∀`)

アフターです↓

変化なし!  に見えてしまいます(汗)

でもより綺麗になっているんです。  本当なんです(笑)

リアも・・・

基本的にとってもお綺麗です。  例のアレは付いていますけど(^^;)

アフターです↓

ボンネットやルーフ同様に例のアレも落ちてスッキリといたしましたよ~!  本当なんです(笑)

ボディサイドは・・・

ひとっ走りされてからご入庫されたので若干汚れが付いておりますが、それでもこの程度の汚れ方です。

アフターです↓

その汚れも無くなっていますが全然どこが違うかわからないと思います。 施工前後の写真を見比べて

探してみるのも、秋の夜長にピッタリの楽しみ方だと思います(笑)

ホイールは・・・

これまたひとっ走りしてきた後ですのでブレーキダストが付いていますが全然2年経過しているとは

思えない程お綺麗です。 実は距離も結構走られているんです。とてもそれを感じさせない綺麗さです!

アフターです↓

2年前のボディコーティング時にホイールコーティングもされています。 その甲斐あってか

オーナー様にも『ホイール掃除するのが楽だよ~』とお喜びになられておりました!

そうなんです。ホイールコーティングはホイールを洗うのが楽になるんです。特にブレーキダストが多く出る

輸入車にはお薦めのメニューです(^_^)/

そしてポルシェ718ケイマンSのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

如何でしょうか! と言っても変わり映えしないかと思います(汗)

しかし各部のアップで見て頂いた通り・・・違いがわかりません(^^;)

でもくどいようですが付着していた油分系の汚れも落ちてスッキリとした塗装肌に仕上がっております!

とてもお綺麗に乗られていますので次回のメンテナンスは・・・2年後でしょうか??

また2年後のご入庫お待ちしております(笑)

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。今回のケイマンSのように場合によっては2年毎でも

十分な場合もございます。

またお車の保管状況はコーティングだけではなく、お車そのものの劣化の進行に大きく影響を及ぼします。

その要因の一つは紫外線です。

この紫外線はあらゆる物を劣化させると言っても過言ではございません。 紫外線を浴びるか浴びないかで

劣化の進行が大幅に変化いたします。 それはコーティングも同じで屋外駐車とガレージ保管では

コーティングの寿命も変わってきます。 今回のケイマンSもガレージ保管という事もあってとっても状態は

良好でした。 屋内ガレージ最強です(笑)

そして私もついに自宅に立派な屋内ガレージを作ろうと決心いたしました!!

 

 

宝くじが当ったらね(^▽^;)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ブロンズ パールのN-BOXカスタムのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタムは昨年の11月に

ボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

ちょうど1年経つタイミングでメンテナンスのご依頼を頂きました。ありがとうございます。

ダークカラーでしかも塗装の柔らかいホンダ車と言うことで何となく1年経過の状態も想像できますが(^▽^;)

早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが多いように見えますが・・・

アフターです↓

多くのシミは塗装面の上に乗っているような軽いシミでしたので磨き無しのメンテナンスでも

だいぶ綺麗になりました!  塗装を浸食している様なシミは残っています。

ルーフも・・・

良く見て頂くとボンネットと同じような状態なんですけど・・・

アフターは・・・

ルーフもだいぶスッキリと綺麗になりました(^_^)/~

リアウインドウ下などの隙間には・・・

どうしても汚れが溜まってしまいます。

アフターです↓

隙間が綺麗になるだけでお車の綺麗感がワンランクもツーランクも上がります!

このような細かな所が汚れていると車が古く見えてきますのでご注意下さい。

ボディサイドは・・・

すこし汚れていますが艶もあって塗装面自体はお綺麗だと思います。

アフターです↓

もちろんメンテナンス後は更にいい状態になります(*^^*)

そしていつもの鉄粉の付着状況ですが専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

この色がまた写真だとわかりにくいんです(^▽^;)

コーティングから1年程経過していますので、それなりの量の鉄粉は付いていました。

でも写真だと何が何だか・・・(;´∀`)

今回は塗装も柔らかいのでケミカル等を使って優しく鉄粉処理をいたしました。

そして最後はホイールです。

やや汚れています(^^;) 余談ですが最近の純正のアルミホイールもデザインが複雑でカッコイイのが

多いんですけど・・・洗いづらい(^^;)  洗いづらいですね~(笑)

複雑になればなる程洗いづらいですね~。

N-BOXカスタムのホイールも意外と複雑なデザインなんで洗い残しが無いように・・・

洗って最後に艶出しをしております。 もちろんタイヤも綺麗に仕上げております!

そしてプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタム、ボディコーティングメンテナンス完成です!

いい艶に仕上がりましたヽ(^o^)丿

最初にお話いたしました様にダークカラーで塗装の柔らかいホンダという事で正直もっとシミが

多いかと想像していましたが、予想がいい方に外れてくれました(*^^*)

洗車キズも少なくて、とても大切にお手入れされているのが伝わって参ります。

おそらく、とても優しく洗車されているのでしょうね!これからもこの感じでお手入れ頑張って下さい(^.^)/

次回のご入庫も楽しみにお待ちしております!!

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと塗装の痛みが

どうしても早いです。また屋根なしの屋外駐車の場合ですとその差は歴然です。特にソリッドブラックの黒系は

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので取り扱いには注意が必要です。

それと意外と見落としがちなのが洗車に使っているスポンジやクロスです。

ある程度使っているとパッと見は綺麗に見えても非常に細かな砂など異物が付いているものです。

そのまま使用すると洗車時に塗装面を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは、ある程度使用したら

定期的に新品に交換してください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングの定期メンテナンスです!

こちらのBMW5ツーリングは今年の5月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から6ヶ月ですが、3ヶ月時に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので

今回は2度目のメンテナンスになります。 早いスパンでメンテナンスにお越しくださっていますので、

とてもお綺麗です。っと言うか、毎回毎回言っている気も致しますが何時見てもお綺麗なんです(*^^*)

そしてこれまた毎回言っている気も致しますが、何時もお綺麗なのでご紹介が大変です(笑)

今回もビフォー&アフターの違いが伝わりにくい予感がいたしますが、張り切ってまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 写真ですと少しわかりにくいんですけど若干汚れてはいます。

汚れてはいますがこの時点でも、すでに綺麗かと思います(笑)

アフターです↓

やっぱり違いが伝わらないと思います(^^;) それだけ元々お綺麗だって事です(笑)

ルーフは・・・

前日の雨の名残で少し汚れています。

アフターです↓

細かく見ていけば少しシミやスクラッチ等は確認できますが、普段は気になるような事も無いかと思います。

やはり塗装面自体はまだまだお綺麗ですので汚れている所を探して他の場所をご紹介していきましょう(笑)

と言いましてもあまり無いんです。強いて言えば・・・

窓枠の下に少し汚れが溜まっているくらいです。

この様な段差がある所やエンブレムの淵などの汚れは放置してしまうと時間が経てば経つほどに

汚れが固着してしまい、気が付いた時には汚れが簡単には落とせない状態になってしまいます。

そうなる前に定期的にお掃除をしておけば簡単に落とせます。

 

それと鉄粉の付着状況の報告ですが・・・

黒くポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

これまた、ご紹介するのが心苦しいくらいとても少なかったです(笑)

アフターの写真を載せるほどでもございませんけど、せっかく写真撮ったので・・・

↑アフターでした(笑)

それとホイールは・・・

これまたお綺麗です。

アフターです↓

光の加減で少し色味が違いますけど・・・綺麗になったでしょう? 元々ですが(^^;)

それと6ヶ月前にも樹脂コーティングをしたのですが・・・

リアワイパーが白く褪せてしまったとの事で、こちらは再コーティングしました。

コーティング時にフロントのアンダーグリル部も樹脂コーティングしたのですが、そちらはまだまだ黒く

艶もあるんですけどリアワイパーは落ちてしまったようです。

樹脂コーティングの効果は樹脂部の劣化具合や樹脂の素材などにもよってまちまちなんですけど

目安としては半年~1年程でしょうか。 2年位しても綺麗な場合もございますのでお車の環境などでも

違いが出てくると思います。

アフターです↓

今回は前回と違うコーティング剤を使用致しました。

どちらのコーティング剤が長持ちするか様子を観察していきたいと思います。

ただ素材との相性があると思いますので、どちらのコーティング剤がいいかは一概には判断できないかも

知れません。  経過観察していきます。

 

今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

ウインドウはコーティングしてから6ヶ月以上経過していますので撥水力が少し落ちてきていました。

古くなったコーティングを一度落としてガラス表面をリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤で再コーティングをします。

最後に撥水チェックをして完成です(^_^)/

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

よくお話してますがブラックやダークブルーなどダークカラーのお車はボディコーティングや

メンテナンスをすると施工前後の違いが写真でもわかりやすいんです。しかしパールホワイトは・・・(汗)

写真だと違いが分かりにくいです。しかもいつもお綺麗にされているお車なので尚更です(^▽^;)

でも逆にいつも綺麗にお手入れされていて嬉しく思います。

私の車ではないんですけど(笑)私がお手伝いさせて頂いたお車を何時も綺麗にされているのを見ると

やはり嬉しくなります。 何時までも綺麗なまま大切にお乗りください!

そしてまたお手伝いさせてください(笑)

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。