シフォンアイボリーメタリックのジムニーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニーです!

こちらのジムニーは初期登録がH30年の新古車のような感じのお車をご購入されたとの

事でした。

ご購入から間もないのですが登録から1年以上経過しておりますので、それ相応の汚れや

痛みも心配ですがはたして!?

それでは早速ジムニーの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

色的な事もあってシミが思っていたより少なかっです(^_^)/

スクラッチも少ない・・・と言うより目立ちませんね(笑)

ルーフは・・・

汚れています。 ボンネットも同じように汚れているんですけど色が違うと汚れの

目立ち方もこんなに違うんです。 それはそうと、ルーフも想像していたよりシミは

少なかったです。もっと凄いのかと想像していました(^^;

ただスクラッチ(洗車キズ)は多かったです。

ボディサイドは・・・

若干ですけどモヤッと曇りを感じます。

リアは・・・

モヤけています。 それとよく見るとスクラッチも意外と多く付いているのですが・・・

目立ちませんね(笑)

それと背面のタイヤを外すと・・・

黒く雨筋が付いていました。

普段はタイヤで隠れていますので見えませんけど見えない分、汚れが溜まってしまう場所でも

あります。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

全体的に私が当初、勝手に想像していたより(笑)全然お綺麗な状態でした!

流石にルーフの洗車キズと思われるスクラッチは多めでしたがシミは少なかったです。

全体的に目立つシミやスクラッチもありませんでしたが若干モヤッと曇りを感じるのも

また事実でもございます。

しかし、いずれも程度としては軽いものですのでご安心ください。

スッキリと綺麗にリフレッシュして気持ち良くお乗りいただけますように作業を進めて

参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。 その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

すご~く多い訳ではありませんが多めです(^^;)

屋外に展示されていたお車は鉄粉が多く付いている傾向です。

リアは・・・

 

 

あっ あれ??・・・

撮り忘れましたm(__)m   すいません。

リアもボンネットそれなりの鉄粉量でした。

鉄粉以外にもボディには色々な異物が付着しています。その異物もこの工程で除去しています。

クリーナーに反応しているのは鉄粉だけなんです。

その異物も除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リア・・・

撮り忘れていません(笑)  こちらも綺麗になったんですけどビフォーの写真が無いので

あれですね(^▽^;)  すいません。

その後にボディをマスキングして磨きの準備が・・・

出来ました。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたね!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れて綺麗にライトが映り込むようになりました。

リアも・・・

スクラッチも取れてスッキリと仕上がっています。

それと・・・

ココも綺麗になっています。

普段の洗車では洗えない所にこそコーティングです!

水垢のこびり付きを低減してくれます(^_-)-☆

最後にホイールです。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げています。

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

登録から1年少々ですけど、されど1年少々なんです!

汚れを落とし、ボディを磨いてコーティングをすればビックリするくらい艶々になるんです。

艶感は新車時よりいいと思います(^_-)-☆

オーナー様も『すごーい! 綺麗で嬉しい!!愛着が湧く』と。とてもお喜びに

なられておりました! ありがとうございます。

そうなんですよ 不思議と愛車が綺麗だと愛着が湧くんですよ(*^_^*)

不思議です。 これはおそらく・・・

綺麗だと嬉しいので → 綺麗なままでいてほしい → 手入れする → 愛着が湧く →

愛着があるから綺麗にしたい → 手入れする → 愛着が湧く → 愛着があるから綺麗にしたい →

手入れする → 愛着が湧く → ・・・

の構図なんだと思います(笑)  この無限ループを維持すれば愛車は何年経っても

綺麗なままなんだと思います!

さぁ皆様もコーティングで愛着が更に増す無限ループを試してみませんか!?

お待ちしております( ̄▽ ̄)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

エクストレイルのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産エクストレイルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXは昨年の春に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

1年をちょこっと過ぎたタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ブラックで屋外駐車との事ですのでシミが多く付いている予感がいたしますが

はたして!?

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

やはりシミが多く付いていました(^^;

シミが多いこともあって今回のメンテナンスはメンテナンスplusのプランでご依頼を頂いております。

それでも思っていたよりシミが酷く・・・

メンテナンス後でも↑のようにシミが残ってしまいました。

↑の写真はシミやスクラッチが見えやすいようにライトを当てていますので、尚更目立ちます(^^;

屋外で見ますとここまでは目立たないと思います。

クスミは取れましたのでクリヤーにはなりましたが・・・

メンテナンスでは落ちないシミが多く残ってしまいました。

 

ルーフも・・・

ボンネット同様シミが多いですね(^^;

それと“蜂の糞”の付着が多いんです。  ↑の写真だとよくわからないと思いますので後ほど!

アフターです↓

スッキリクリヤーなりましたがシミがね~(^^;

それとリアですが・・・

赤丸の中に見える黄色い物が蜂糞です。

しかも付いてから時間も経っているようでカッチカチなんです(^^;

これがまた意外と落ちなくて大変なんです(汗)

アフターです↓

蜂糞も取れてスッキリと艶々に復活です!

その蜂糞が・・・

大きいのから小さいのまでボディの至る所に沢山ついているんです。 オーノー!

ボディサイドはシミも少なく艶々でお綺麗ですよ(^_^)/

↓もボディサイドです。

汚れ気味という事もありますが、ややクスミ気味で艶も引けてしまっていました。

そして蜂の糞も付いています(^▽^;)

蜂の糞は付いたまま放置してしまうと塗装が“膨らむ”ので注意が必要です。

糞を取り除いても糞の形に塗装が膨らんできてしまいます。

春の時期に被害が多くなります。これだけ多く付いているのでお車を駐車している場所が

蜂の通り道だと推測されます。相手が蜂ですので予防策も難しいと思います。

出来る事と言ったら駐車場所の変更かボディカバーの使用でしょうか。

毎日乗られる方はボディカバーの使用はあまり現実的ではありませんが、週一程度の

使用でしたら有効だと思います。

または洗車頻度を増やすしかなさそうです(^^;

話が長くなりましたがアフターです↓

ボディサイドもクスミが取れてスッキリとしました。

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、黒いボディカラーですので・・・

反応がわかりません!

実際のところは1年分の量と考えますと少なめではないかと思います。

デリケートなブラックですので今回は軽めの処理方法で鉄粉を処理していきました。

リアも少なめでした。

鉄粉除去以外にもメンテナンスではコーティング被膜表面に付いた水アカ汚れや油分などを、

数種類のケミカルを使って除去し、荒れたコーティング表面をケアして撥水性と艶を

取り戻してあげます。

それと細部の洗浄なども行っております。

最後にホイールです。

ブレーキダストで汚れています。

アフターです↓

昨年のボディコーティング時にホイールコーティングも同時施工していますので、

洗えばまだまだピカピカになります(^_^)/

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶が復活して深みのあるダイヤモンドブラックに復活いたしました!

ボンネットとルーフは近くで見ますとシミが残っていますけど クスミも取れ、

透明感を感じる黒に戻りました。

やっぱり黒いお車は引き締まってカッコイイですね(^^)/~

 

今回、正直思っていた以上にシミが多く付いてしまった印象です。シミが付く要因も

色々とあるんですけど、車の色によってシミが付きやすい、付きにくいがあります。

また、塗装にも硬度があって柔らかい塗装や硬い塗装と様々です。

もちろん硬い方がシミは付きにくいです。

更に同じ車の同じ色でもロットによって硬かったり柔らかかったりとバラバラなんです。

また駐車場の環境によっても大きく左右されます。同じ車の同じ色でも環境によって

痛みの進行スピードは全然違ってまいります(^▽^;)

シミが進行してしまうと磨いても除去できなくなってきますのでシミが気になる時は

ボンネットだけやルーフだけの部分磨きも出来ますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ノアのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアはボディコーティングから

2年半程経過いたしましたお車になります。

一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2度目のメンテナンスの

ご依頼です(^_^)/

前回のメンテナンスから1年半以上経過していますので状態は何となく想像できますが・・・

どうでしょう??

では早速、メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチやシミなど確認できますが想像以上にお綺麗でした(^_^)/  良かった~(笑)

オーナー様が大切にお手入れしているのが伝わってまいりますね!

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミやスクラッチがありますけど、お手入れの難しいダークカラーで

しかも屋外屋根なし駐車の2年半経過でこの状態です!

とても良好な状態をキープしていると思います!

ちなみに今回のメンテナンスはメンテナンスplusのプランでご依頼を頂いております。

メンテナンスplusと通常のメンテナンス作業の違いですが、ブラック等のダークカラーのお車は

どうしても月日が経過して行くにしたがって洗車キズ等スクラッチが目立ってきます。

そのスクラッチを目立たなくする処置をするのがメンテナンスplusになります。

もちろん目立たなくするのも限界があって深めのスクラッチやシミは残りますが、

それでもギラつきが抑えられ色に深みが出ます。

ルーフも・・・

ミニバンのルーフは痛みの進行が早くシミが多く付いてしまいます(^^;

アフターです↓

メンテナンスでは基本的に磨きはしませんのでスクラッチやシミ等は残りますが

コーティング被膜の表面が綺麗になって色に深みも出ます。クリヤーになりますよ!

リアゲートは・・・

汚れてはいますけどシミ、スクラッチは少ないです。

アフターです↓

艶々で気持ちいいですね(*^_^*)

ボディサイドも・・・

雨で汚れています。

アフターです↓

スッキリとしました。

 

それと何時ものように鉄粉の処理もしていますけどボディカラー的&鉄粉が

少ないので写真だと全然違いがわかりません。

なので写真を載せようか迷ったんですけど(10秒くらい)せっかくですので

載せることにしました(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するんですけど・・・

ではどうぞ↓

全然わかりません!

リアも・・・

全然わかりません! もちろん鉄粉は付いていて反応をしているんですけど

少ないし、色もあれですしで全然わかりませんね(^^;

実際のところ前回のメンテナンスから1年半以上経っているとは思えない程少なかったです。

そして一応アフターの写真も(笑)

わかりません(笑)

リアは・・・

綺麗に長靴姿の私が映り込んでいます(^▽^;)

そしてホイールは・・・

これまたお綺麗にされていますね~。

コーティング時にホイールコーティングもしていますので、その効果もあると思います(^_^)/~

アフターです↓

それでも洗って艶出しをしますので艶も上がります!

それと今回はメンテナンスのご依頼と同時にフロントバンパーの磨き直しの

ご依頼も頂いています。

と言いますのもオーナー様曰く・・・

やっちまった! そうです(^^;   そんな時もございます!!

その後にキズを消すのにコンパウンドで磨いたのでしょうか??

ギランギランに磨きキズも付いていました。

下の方にもキズがございます。

下地が出てしまっている所もあります。 もちろん下地が出ている所や深いキズは

磨きではどうにもできませんが、浅めのキズを磨いて取るだけでも・・・

見た目のダメージ感を低減できます。しかし今回はこの辺りが限界でした。

塗装が削れて無くなってしまってますし、薄くなってしまってますし でここまでとなりました。

下側も・・・

スッキリとなりましたが磨きでの補修はここまでが限界でした。

屋外で見ますともう少し目立たないです(^^;)

そしてブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノア、ボディコーティングメンテナンス&

フロントバンパー補修磨きが完成いたしました!

艶も復活してツヤツヤのブラキッシュアゲハガラスフレークに戻りました!

何度かお話ししましたがシミやスクラッチはありますが2年半経過で屋外屋根なし駐車と

考えますと良好な状態を維持していると思います。

これもやはりオーナー様の普段のお手入れの頑張りに間違いありません(^_^)/

今後もこの状態キープで頑張って参りましょう!

オーナー様の愛を感じるブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアのご紹介でした!

 

メンテナンスplusはスクラッチやシミが気になるダークカラーのお車におすすめの

プランになります。 と言いますのもメンテナンスplusで塗装面に付いていますスクラッチを

目立たなくする処置を追加しています。 それによって細かなスクラッチやシミによる光の

乱反射が低減しギラ付きが目立たなくなります。更に通常のメンテナンスより艶感も

上がります(^_^)/  もちろんダークカラー以外のお車にも有効なメンテナンスになります!

最近メンテナンスplusでのご依頼も増えており、おかげさまでとてもご好評を頂いております。

皆様もメンテナンスの際に是非一度お試しください!!

 

宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャストのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのダイハツ キャストは昨年の11月にボディコーティングを施工いたしました

お車になります。    コーティング施工から約半年のタイミングでメンテナンスに

お越しくださいました。 ありがとうございます。

この半年間のお車のお手入れ状況をお尋ねいたしましたら・・・

“あんまり洗ってないんじゃないかな~”との事でした(^.^)

ご覧のようにご入庫時は雨でしたのでリアルな雨の水弾き状況が紹介できます(笑)

本来のEXE evo1の水弾きは、水玉撥水ですけど汚れが蓄積している事もあって

ダラ~っとした水弾きになっています。

度々ブログに書いていますけど、撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった

(コーティングが落ちた)と思われるオーナー様が多いのですが実は違うんです。

頑固な汚れに覆われているだけなんです。

コーティングの撥水はコーティング表面に付いている“汚れの膜”を落とすだけでも、

撥水力が戻ります。

撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

そこでせっかくですので今回は各ケミカルを使用したときの水弾きの変化を

ご紹介していきたいと思います!

 

↓はシャンプーで洗車後の水弾きの状況です。

あまり水の弾き方は変わらないと思います

シャンプーはボディ表面に付いている軽い汚れしか落ちないんです。

ですのでコーティングが “頑固な汚れの膜” に覆われてしまったらシャンプー洗車程度では

落とせません。

 

次はシャンプー洗車後に特殊なケミカルで洗った後の撥水状況です↓

いかがでしょうか。 だいぶ水玉撥水に近づいてきたと思います!

もちろんコーティング被膜そのものが傷んでる場合は特殊な溶剤で洗っても撥水力が

弱っていたり全然撥水が回復しません。

しかし撥水以外の艶や光沢、防汚性等は維持しています。

(もちろん時間の経過と共にそれらの機能も経年劣化していきます)

 

メンテナンスでは最終的にメンテナンス剤で仕上げますので・・・

最終的にここまで気持ちいい水玉撥水に仕上がります!

やっぱりコロコロに弾いていると気持ちいいですね(^_^)/~

メンテナンスが終了したボンネットの仕上がり具合は・・・

と~ってもお綺麗です! メンテナンス前は汚れてはいましたけど塗装面自体は

シミやスクラッチがとっても少なくて良好です(*’▽’)

EXE evo1はやっぱりシミの付き方が少ないと思います!

 

ルーフも・・・

撥水が落ちてしまっていました(^^;

アフターです↓

ルーフもボンネット同様シミやスクラッチがとても少なくお綺麗です!

もちろん撥水力も回復しています(^_^)/

リアは・・・

黒く雨筋は付いていますけど、まだ水玉状に水をはじいていますね!

ボディサイドなどの垂直面はボンネットなどの水平面に比べますと“頑固な汚れの膜”が

付きにくいので水弾きが落ちにくいんです。

アフターです↓

雨筋も無くなってスッキリとしましたね!

ボディサイドも・・・

若干弱ってはいますけど水玉状に水を弾いていますね!

アフターです↓

サッパリと綺麗になりましたよ~。 水玉も撥水力が回復してコロコロになっております。

アフターの水弾きの写真撮ればよかった~(^▽^;) すいません。

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(*’▽’)

リアは・・・

フロントに比べますと、やや多めでした。

今回のキャストでは問題ありませんが、鉄粉等の異物が多く付いてしまうと撥水の

妨げになってきます。 綺麗に弾かなくなります。

ですので鉄粉等の異物は定期的に処理した方が、やはりいいんです!

鉄粉等を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

↑フロントも・・・

↓リアも・・・

サッパリと綺麗になりました!

そして最後にホイールです。

まあまあの汚れ具合です(^^;

アフター↓

ボディ同様、ホイールも綺麗ですと気持ちいいですね!

お車全体が引き締まります。

そしてダイハツ キャストスタイルのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶と白さを取り戻し艶々のキャストスタイルに仕上がりましたよ~(^o^)丿

白いお車でも艶感の違いを実感していただけます!!

落ちていた水弾きも復活しております。 雨が降っている時に綺麗に水を弾いていると

気持ち良くないですか?? 気持ちいいですね(笑)

雨が降っているのに綺麗な車を見ると“やるなぁ~”と思うのは私だけではないはずです(笑)

梅雨が続きますが、これで少しでも気持ち良くドライブが出来るようになりましたら

嬉しく思います(*^_^*)

 

話は変わりますが↓は私のマイカーです。今回のキャストと同じ日に撮影しました。

昨年の夏にEXE evo1を施工しています。 施工から10ヶ月以上経過していますけど

まだまだ綺麗に撥水していますヽ(^o^)丿   やっぱり気持ちイイ~(笑)

コーティング直後に比べますと撥水力は落ちていますけど、まだまだ綺麗に水玉状態で弾いています。

ちなみにまだメンテナンス剤は使っていません。

同じコーティング剤でも車の使われ方や保管状況、お手入れ状況は様々です。

ですので水弾きが落ちてしまうタイミングはバラバラです(^^;

メンテナンスにお越しくださるお車を見ていると屋外屋根なし駐車ですと半年~1年位で

水弾きが落ちてしまうお車も多いです。逆に2~3年経っても綺麗に水を弾いている

お車もございます。

ただ先ほどもお話ししましたように撥水がなくなった=コーティング被膜が

無くなった訳ではございません。 痛み具合によってメンテナンスのタイミングや

頻度が変わってきますが、おすすめは車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが

理想だと思います! 綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども

除去できます。シミや汚れを放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも

落ちなくなってきます(汗)

落ちる内に落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗と水弾きを長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのが

おすすめです(^_^)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スペーシア ギアのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシア ギアのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブルーイッシュブラックパール3のスペーシア ギアは昨年の秋にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。それから早いもので秋が過ぎ冬も過ぎ、そして春の3シーズンを

過ぎたタイミングでメンテナンスでご入庫くださいました!

ちなみにですが個人的に1年は四季ではなく五季あると勝手に思っています(^▽^;)

夏は8月

秋は9月~11月

冬は12月~3月

春は4月~5月

そして梅雨が6月~7月

の五季です(笑)

夏は暑くて嫌いなので1か月でいいです。冬は好きなので少し多めで4ヶ月!

梅雨時期は春の延長なのか夏の始まりなのか私にはよくわからないので“梅雨”で

いいと思います!   皆様はどう思いますか??

と言われても“どうも思わんわ!”と言われる位どうでもいいお話でしたので話を戻しましょう(笑)

では3つの季節を過ごしてきましたスペーシアギアのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

 

まずはボンネットからです。

この約6ヶ月ほどの間に洗車は1回位だそうですので・・・汚れています(^▽^;)

アフターです↓

ほぼ洗っていない事もあってスクラッチはとても少ないです!

シミも意外なほど少なめでした(^_^)/

ルーフも・・・

洗車していない感が大いに伝わってまいります(^▽^;)

アフターです↓

ルーフはボンネットに比べますと、やはりシミが多めです。

どうしてもミニバンや軽のハイトワゴン系のルーフが長いお車は雨水の滞留が多く

シミが付きやすいです。 特にダークカラー系は厳しいですね(^^;

と考えますと・・・今回のスペーシアギアは意外とシミが少なめではないかと感じています。

 

リアゲートは・・・

汚れの流れ方がよくわかりますね(笑)

アフターです↓

コーティングが効いていますので雨筋のこびり付きもなく、簡単に落とせます!

これがコーティングしていない場合は時間が経つと頑固な汚れとなって洗車程度では落ちないんです(^^;

コーティングの効果は見た目の艶の向上や水弾き性能ばかりではなく防汚性も備えているんです!!

ボディサイドも・・・

かなりハッキリと、そしてクッキリと雨筋が付いていました(^^;

アフターです↓

艶々で黒さ復活です。

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、黒いボディカラーですので・・・

全然わかりません(^^;

写真では全然わかりませんが実際の所はそこそこの鉄粉量でした。

リアも・・・

そこそこ付着量なんです。なんですけどわかりませんね(汗)  床は紫色になっていますけど(笑)

全体的にそこそこの鉄粉量ですけど、デリケートなブラックですので今回は軽めの処理方法で

鉄粉を処理していきました。 鉄粉除去以外にもメンテナンスではコーティング被膜表面に付いた

水アカ汚れや油分などを、多数のケミカルを使って除去し荒れたコーティング表面をケアして撥水性と

艶を取り戻してあげます。

ですのでメンテナンス後は光沢もUPして艶々になります(^_-)-☆

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

実は黒じゃなくてガンメタリックなんです(*’▽’)

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、コーティングメンテナンス完成です!

シミは残っていますがメンテナンス後は”“と”“さが全然違います。

お車がビシッと引き締ってブラックパールらしく黒さの中にもキラッとしたパールの輝きを

取り戻しましたスズキ スペーシアギアのコーティングメンテナンスのご紹介でした(^_^)/~

 

ミニバンや軽のハイトワゴン系そしてSUVなどルーフが高い車は普段ルーフを見る事なく、

それ故にルーフの汚れ状況も把握しにくいです。 広くて平らなルーフは雨が止んでも何時までも

雨水がルーフに滞留してしまいシミができやすいんです。 更に黒いお車だと尚更シミが付きやすく

傷みやすいです。 また鳥糞が付いていても気が付かない事も多く、気が付いた時には既に塗装面に

ダメージを負っている事も少なくありません。

背の高いお車の維持管理も難しく、特に屋外屋根なしの駐車場ですと正直なかなか厳しいです。

対処としてはやはりマメなチェックとマメなお手入れになってしまうと思います。

背の高いお車はそのチェックもマメな洗車も大変なんですけど・・・頑張って参りましょう!!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ86の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86のボディコーティングメンテナンスです。

こちらの86は定期的にメンテナンスに来られていますので当ブログでご紹介する

機会が多く見覚えのある方も多いと思いますが・・・前回のご紹介時のお姿から更に

アップデートが進んでいて以前のお姿とは少し異なっております!

前回までのスタイルは → こちら!  違いわかります??

前回のメンテナンスから4ヶ月少々ですけど今回フロントスポイラーを塗り直したことも

ございまして、スポイラーのコーティングを兼ねてメンテナンスのご依頼を頂きました。

ちなみに初めて当店にご入庫くださった時のスタイリングは・・・

こちらです! 結構、色々と進化しているんです(*^^*)

間違い探しではないですけど違いを探すと面白いですよ(笑)

実際は上の写真では見えない所まで手が入っています!

こうやって見比べますと現在の仕様の方が迫力があってカッコイイですね!

皆様もご自分の愛車のビフォー&アフターをたまに見比べるのも楽しいものですよ!

 

話がそれましたが86のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで見比べていきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょこっと汚れ気味ですね。それとシミも少し多くなってきました(^^;

アフターです↓

クスミは少なくまだまだ透明感もあるんですけどメンテナンスでは落ちないシミも

やはり多くなってきた印象です。

それと再塗装しましたフロントスポイラーです↓

フォグランプベゼルが元々は未塗装の樹脂なんです。 その部分も塗装したそうです!

もうこれで樹脂の色褪せの心配とも。おさらばです!

“おさらば”・・・久しぶりに聞いたフレーズです(笑)

アフターです↓

写真だと違いがありませんけど(汗)再塗装という事で磨き跡が付いていました。

そこを磨き直して綺麗にしてからコーティングしました。

ルーフも・・・

少し汚れています。

アフターです↓

深いシミの輪郭が残っていますけど、スッキリと綺麗になりました!

ちなみに・・・

ルーフモールも交換されたとの事で、こちらもコーティングしています!

トランクも・・・

シミやスクラッチはございますがコーティングから2年半経過していると考えますと

まだまだ塗装面のクスミも少なくお綺麗だと思います。

これも普段からのオーナー様のお手入れとマメにメンテナンスにお越しくださっている

効果だと思います(^_^)/

アフターです↓

まだまだいけています!!

ボディサイドは・・・

いい感じの汚れ具合です(笑)

アフターです↓

サッパリとしました。

 

それといつものように鉄粉の付着状況です。

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

特別に多く付いている訳ではありませんが・・・特別に少なくもありません(^^;

でもリアは・・・

やや多めでしょうか。  比較的近くに線路が通っているそうなのでしょうがないですね。

線路の近くや大きな幹線道路沿いに駐車していると、どうしても鉄粉が多めに付いてしまうので

定期的な鉄粉処理がおすすめです!

鉄粉処理が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと綺麗です!

そして最後にホイールです。

ホイールも少し汚れていますが、色的に汚れを感じません(^_-)-☆

アフターです↓

でも洗うとやっぱり違います(笑)

そしてトヨタ86のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

近くでよ~く見ればメンテナンスでは落ちきれないシミやスクラッチが

多くなってはきましたが、艶感と透明感はまだまだいい感じでお綺麗です!

オーナー様も『やっぱイイっすね!』と、お喜びになられておりました。

毎回ご入庫時もアップデートされたお姿でご入庫されるので、今から次回ご入庫時の

お姿が楽しみです!  次回のご入庫楽しみに待っております(^_^)/~

 

オーナー様は次回あたりボディコーティングの再施工をお考えとの事です。

再施工のタイミングはお車の使用方法や保管状況そして、お手入れ状況等様々ですので

一概には言えませんが屋外屋根なしの駐車場の場合ですとコーティング施工から3年が

一つの目安かなと私は思っています。

これが黒い車で屋外屋根なしの駐車場ですと2年でしょうか。

シミやスクラッチが酷くなってから再施工(磨き)しても除去できないシミやスクラッチが

多くなってきます。 そして塗装の研磨量も増えてしまいます。

シミやスクラッチが少ないうちに磨けば研磨量が少なめでもシミやスクラッチが

除去できる事も多いです。

メンテナンスもそうですがコーティング再施工もシミやスクラッチが酷くなる前の

早めが、おすすめです(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ ヴェゼルRSのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです。

R1年式プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRSです!

ご購入から約1年程のまだ新しいヴェゼルです。ご購入時にディーラーでコーティング施工を

されているそうですが早くも再施工のご依頼です。

と言いますのも実は色々とあったそうで・・・(^▽^;)

そのお話は後ほど!

では早速ですが1年経過のホンダ ヴェゼルの現状を確認してまいりましょう。

 

まずはボンネットからです。

初期登録から1年ですのでシミも少し付き始めていました。

それと、おそらく新車時からだと思いますが塗装面がモヤモヤと少し曇り気味です。

ルーフも・・・

シミが少し目立ちます。でも1年ですから、これ位は付いてしまいます。

それよりもモヤモヤとした曇りの方が気になります(^^;

ボディサイドは・・・

こちらもモヤけていてライトの映り込みがスッキリとしていません。

リアも・・・

ちょこっとね~(^^;

そしてある意味今回のメインイベントでもあります・・・

リアバンパーです!

これは・・・後ほどお話し致しますがリアバンパーがスクラッチだらけなんです(;”∀”)

 

ホイールは・・・

ブレーキダストで若干汚れていました。

 

全体的にやや曇り気味で、ご購入から約1年経つという事もあってシミも付き始めていました。

そこまでは通常の痛みの進行ですが、見て頂いたようにリアバンパーにスクラッチが沢山ついています。

これはオーナー様がディーラーに定期点検の為ヴェゼルを預けたらリアバンパーに拭き傷を付けられて

しまったそうです(T_T)  ディーラーにお話をしたら “磨いて直します!” と言うのでお願いしたら・・・

この様なスクラッチだらけの姿で戻って来たそうです(;´∀`)

直すどころか数倍酷い状態だそうです。  いゃ、数倍どころではないそうです。

このスクラッチは磨いた時に付く“バフ目”と言われるキズです。 原因は色々とあるんですけど、

簡単に言ってしまうと“ちゃんと磨けていない”という事です。 この“ちゃんと磨けていない” 原因も

色々とある訳ですが説明がとっても長くなりますので今回は割愛させていただきますm(__)m

そんな事もあってオーナー様は再度ディーラーには任せたくないと当店にご来店下さいました。

リアバンパーをよく見れば見るほど隅っこまで、そして意外と深めにバフ目が入っているんですけど(^^;

消せる所まで消していきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓はフロントウインドウの現状です。

ゆる~く、ダラ~っと水を弾いている感じですけど、これは油分の付着による水弾きだと思います。

そのダラ~としたゆる~い水弾きの原因である油分の付着を・・・

綺麗に除去してガラス表面を整えます!

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました。

一度雨の日にウインドウコーティングをした車に乗ってしまうと、ウインドウコーティングをしていない車には

戻れません(笑)    まだの方は是非一度お試し下さい(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

1年経過と考えますと多くないと思いますがポツポツと確認できますね。

リアも・・・

少ないですね!

そして処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも↑

リアも↓・・・

スッキリとしました!  もちろんボディ全体を鉄粉処理しております。

鉄粉の除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回、オーナー様がお選びになられましたプランですが当店の一番の人気のプランでございます

エクストラプランでのご依頼となります。 エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズや

シミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

クリヤーでスベスベですね(*^^*)

ボディサイドは・・・

クスミが取れてライトの輪郭がクッキリと映り込むようになりました!

リアも・・・

スッキリしました(^_^)/

そして壮大にスクラッチが付いていましたリアバンパーも・・・

だいぶスッキリと綺麗になったかと思います。  メタリックもキラキラとよく見えるようになりました(^.^)

深く入っていたスクラッチ(バフ目)が残っている所もございますが、ほぼ気になることはないと思います。

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRS、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりましたヽ(^o^)丿

曇りとシミが取れて透明感が増し艶々です!

リアバンパーのスクラッチも全てのキズは取れませんでしたが、屋外で見てもほぼ気になる事は

ないと思います。 私も屋外で確認しました(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『やっぱり違うな~!すげ―なぁ~』と、お喜びになられている

ご様子でございました。

 

コーティングはコーティング剤も大切ですけど、その前の下地調整が大切なんです。

塗装面には曇りがあったり、今回のヴェゼルのように加修跡が盛大に残っていたり、

更にシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしている販売店やGSのコーティングが

多いのが実情です。 下地が傷んでいたり、汚れたりしている塗装面にコーティング剤を塗るだけでは

綺麗には仕上がりません!

なんとなく艶は向上するかも知れませんがそれだけです(^_^;)  あっ!撥水もするかな(笑)

当店ではそれらの不具合を磨いて処理し下地を整えてからコーティングをしています。

ボディコーティングはコーティング剤も大切ですが下地作りは、も~っと重要ですよ~(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コペン セロのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペン セロのボディコーティングです。

H28年式のマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロです!

当店はコペンのご入庫率が意外と高めなんですがコペンセロは当店初入庫になります!

皆様もご存じのように現行型のコペンデビュー時はローブがまず発売され、その後にエクスプレイが

追加、更にその後に今回の丸目のセロが追加され3つのスタイリングが楽しめるモデルになりました。

ここで終わりかと思いきや、まさかの第4のモデルとなるGR SPORTが追加され4つのバリエーションが

揃いました!

皆様のお好みはどれですか??  やっぱり可愛いのは今回のセロかな~と思います(^.^)

そんな丸目が可愛いコペンセロの現状を確認してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

シミが多いっス(^^; 雨ジミというより花粉によるシミだと思います。

ルーフも・・・

シミが多いっス(;´∀`)

そのせいもあって塗装面に滑らかさがなくガサガサとしています。

トランクもやはり・・・

シミが目立ちます。 スクラッチもあるにはあるんですけど年式を考えますと少なめでした。

ボディサイドは・・・

垂直面ということもあってシミは少ないですね!

スクラッチが少なめなのが分かって頂けるかと思います。

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

こちらのコペンセロはご購入されたばかりだそうです。初期登録がH28年ですので4年経過になり、

シミはございますが、その他のコンディションは良く、全体的にお綺麗だと思います。

しかし、やはりシミがオーナー様も気になるようですし、気持ち良くお乗りいただくためにも

ここは一度綺麗にリフレッシュをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~~!

 

まずは洗車後に鉄粉等を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

と~っても少ないんです! ホントに4年経過??と思う程少ないんです(*’▽’)

反応しているにはしているんですけど・・・わかりにくいですね(^^;  これです↓

矢印の先に黒っぽくシミのように見えるのが反応している鉄粉です。

他にもよく見ればあるんですけど、少ないですよ~~。

トランクも・・・

少ないですね~。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒っぽくシミのように見えていた鉄粉も綺麗になりましたね!  元々少なかったですけど(汗)

スッキリと綺麗になりました。  元々少なかったですけど(^▽^;)

今回鉄粉は少なかったんですけど実はボディには鉄粉以外にも色々な不純物が付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても鉄粉等の異物除去作業は必要なんです!

 

鉄粉等の除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いてまいります。 今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

 

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミもスッキリとして綺麗になりました(^_^)/~

ルーフも・・・

ガサガサでした塗装面も艶々のスベスベになりメタリックが顔を出しました!

トランクも・・・

深めのスクラッチやシミの輪郭が残っている所もございますが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

より透明感が上がりサッパリとしています。

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

そしてマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロ、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前より赤味が増したと思います(*’▽’)  これが本来のマタドールレッドパールの赤なんだと思います!

ガサガサの原因である酸化被膜やシミを磨きで除去し、塗装面を平滑化した事で光沢が復元し

潤い感のあるクリヤーなボディに仕上がります。  それだけでも十分綺麗になるんですけど

更にコーティング剤を塗って塗装面の保護と光沢の維持、そして更に艶感あるボディに仕上げます!!

ここまでくれば新車にも負けない光沢感・艶感です(^_^)/

オーナー様も『凄い綺麗!!』と、その仕上がりを実感されているご様子でした!

 

中古車に限らず新車の展示車(外の展示車)もそうなんですが、洗車は濡れたクロスで拭くだけの

拭き上げ洗車をする場合が多いですけど・・・拭き上げ洗車ってキズが凄く付くんです(T_T)

そういう事もあって中古車は洗車キズ(スクラッチ)が多く付いている車両が多いです。

そうなると当然、展示期間が長ければ長い程、洗車回数が増える訳で洗車回数が増えれば増えるほど

洗車キズは増える訳でして(^^;)

幸い今回のコペンは洗車キズは少なかったです。これはもしかしたら展示している期間が

短かったのかも知れませんね! または販売店の方の洗車方法が上手かったのかも知れません(*^^*)

いずれにしてもキズやシミが増えると光沢感や艶が無くなって更にクスミが進むと透明感も

損なわれてきます。

でも安心してください! 磨けば輝きます!!

ですので中古車ご購入時はお車のリフレッシュ、そして気分のリフレッシュも兼ねてボディコーティングが

おすすめです!  新しい愛車に気持ち良くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW5ツーリングは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

その間に2度メンテナンスにお越しくださっていますので今回は3度目のメンテナンスのご依頼です。

何時も早めのタイミングでメンテナンスに来られますので、当ブログの登場回数も多く、

よくお見掛けすると思います(^.^)

そして毎回の事ですが、いつもお綺麗なんです。

ではいつもお綺麗なBMW5ツーリングのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は雨でしたので濡れております。

この状態でも少しクスミ感じます。

アフターです↓

落ちないシミも少しありますがクスミも取れてスッキリと綺麗になりました!

基本的に塗装面はお綺麗なんですけど、時間の経過と共に・・・

バンパーとフェンダーの隙間等に汚れが溜まってきます。

アフターです↓

隙間汚れもサッパリとします!

隙間の汚れはボディが綺麗なら綺麗なほど目立ってしまいます。

お車を綺麗にみせるポイントでもあります!

ルーフは・・・

可愛いです。絵文字に例えると・・・ (^^;) こんな感じでしょうか?(笑)

そんな事より塗装面です。 ルーフもボンネット同様に少しクスんでいる感じです。

アフターです↓

こちらもスッキリと綺麗になりました。

シミも少しありますけど1年経過と考えますと少ないと思います!

こちらのBMW5ツーリングはカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″で

コーティングを施工しています。屋外屋根なし駐車で1年経過でこれ位のシミでしたら、やはり“EXE evo1″

従来のコーティング剤に比べますとシミが付きにくい傾向だと思います。

 

それと鉄粉の付着状況の報告です。

黒っぽく点々と確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスから半年でこれ位の付着量です。少ないですね(*‘∀‘)

リアも・・・

少なめでした!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも綺麗です!

リアも・・・

綺麗になりました!

鉄粉の付着量が多くなってくると洗車時、スポンジの滑りが悪くなってきます。また撥水の妨げにも

なりますし、美観の低下にもなりますので、やっぱり鉄粉は定期的に処理した方がいいです(^_^)/

 

それとお綺麗なのであまりご紹介できるところもないんで困っているんですけど・・・

例えばリアウインドウ下の隙間も汚れが溜まりやすい場所ですが・・・

お綺麗です(笑)

さぁ困った(^▽^;)

一応メンテナンス後の写真も撮りましたので・・・

比べてください(笑)

ボディサイドも・・・

綺麗に撥水していますのでお綺麗でした!

アフターです↓

ボディサイドも良好な状態を維持しております。

そして早くも最後にホイールです。

ホイールもいつ見てもお綺麗なんです(*’▽’)

アフターです↓

あまり変わらないような気がします(^▽^;)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

元々お綺麗ですので各部のビフォーとアフターで見比べてもあまり違い感が感じられなかったかも

知れませんが、それでもボンネットとルーフのクスミも取れてクリヤー感も戻り艶の向上を

感じて頂ける仕上がりになっております(^_-)-☆

メンテナンスにもマメにお越しくださっており、またオーナー様のお手入れも良く、

とても大事に乗られていますので1年経過していますが、とてもいい状態をキープしておりました!

このままお手入れされていけば、長く綺麗な状態を維持できると思いますので頑張って参りましょう(^_^)/

 

そして最後に宣伝です。

関東地方も梅雨入りしましたね(;´∀`) この時期は雨が多く車の運転にもいつも以上に注意が必要です。

そんな雨天の時の視界を少しでも確保する為に有効なのがウインドウコーティングです。

ウインドウコーティングをしておくと雨の日の運転時の視認性が高まります。またガラスの

汚れ固着防止&窓ガラスの掃除がしやすくなります。

カー用品店でも今は色々な商品が発売されていますが、もちろんカービューティープロからも

ウインドウコーティング剤が発売されています!

その名もR-009スピードガラスミストです。

撥水被膜をガラス面に定着させ透明感の高い視界と強力な撥水力を発揮します。若干の水分があっても

作業ができ、簡単な汚れなら除去することも可能。スピーディーな作業を実現するガラス撥水剤です。

こちらは¥1,980(税込)になります。

R-009スピードガラスミストは簡易タイプのウインドウコーティング剤です。

本格的なウインドウコーティングでしたら当店のウインドウコーティングがお薦めですが、

R-009スピードガラスミストはウインドウコーティング(当店の)のメンテナンス剤としても

お使いいただけますので1本あると便利です。もちろんウインドウコーティングをしていないお車にも

お使いいただけます。

雨の日の運転を少しでも楽に、そして安全にするためにもウインドウコーティングを是非お試しください!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ ラッシュのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ラッシュのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのチタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュは昨年の5月にボディコーティングを

施工させていただきましたお車になります。

ちょうど1年のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

この1年間で洗車は1度だけのほぼノー洗車状態だそうです(^▽^;)

いゃ~、そうお聞きしただけでドキドキ ワクワクしてきますね(笑)

では早速ですが、コーテイング施工から1年経過いたしましたトヨタ ラッシュのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

いゃ~ドキドキしますね(笑)

まずはボンネットからですが・・・

これが意外とお綺麗なんです!  実際は汚れてはいるんですけど目立つ水アカ汚れや

シミは少なかったです(*’▽’) しかしさすがに撥水力は落ちていました。

アフターです↓

汚れも落ちてスッキリとクリヤーになりました!

シミも少なくて正直意外なほど良好な状態ではないかと思います。

ルーフは・・・

こちらも写真だと感じませんが汚れているんです。 しかしこのグレーメタリック系のカラーは

汚れがあまり目立たないんです。

そんな事もあって写真だと綺麗に見えますが汚れています。ただボンネット同様に黒っぽく水アカが

付いていることもございません。 しかし・・・ルーフは少しスクラッチが目立ちますね(^^;

アフターです↓

ボンネットに比べますとスクラッチとシミが多めです。それでも屋外屋根なし駐車で1年経過と

考えますと悪くない状態だと思います。

ボンネットやルーフは意外なほどお綺麗なんですけど・・・

リアバンパーなどはやはりそれなりの汚れが(^^;

アフターです↓

リアバンパーもコーティングが効いていますので水アカのこびり付きはありませんでした。

ボディサイドも・・・

ノー洗車感が味わえます(笑)  至る所から黒い雨筋が付いていてシマウマ状態になっていました。

艶も透明感もあまり感じられませんね(^^;)

アフターです↓

艶も透明感も復活です!

雨筋が沢山ついていましたがボディサイドもまだまだコーテイングが効いていますので

水アカのこびり付きも無く洗車で簡単に落とす事が出来ました。

もちろん今回はメンテナンスですので最終的に洗車以上の事を行っております!

例えば・・・

ウインドウ下に付いてしまう汚れも・・・

綺麗にしています。

もちろん鉄粉等の異物除去も行います↓

上の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

これまた意外なほどの少なさでした(^.^)

リアも・・・

すっごく少ないんです! いやいや、驚きの結果でした(笑)

今回はとっても少なかったので鉄粉を含めた異物除去は軽めに行いました。

そして再チェックです↓

元々が少ないのであまり再チェックしてもアレなんですけどね(^^;)

リアもせっかく撮影しましたので・・・

載せましたが・・・載せなくてもいいレベルです(^▽^;)

最後にホイールです。

ホイールはやや汚れ気味でございます。

アフターです↓

ホイールもピカピカになりました。もちろんタイヤも黒々と仕上げましたら・・・

チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュ、ボディコーティングメンテナンスの完成です!

メンテナンス前の写真の色合いが変わってしまってすいませんm(__)m

青みが強く映ってしまいましたので単純に写真で比較できませんが艶の向上や

クリヤー感の違いを感じて頂けるかと思います。

オーナー様も『いゃ~またピカピカになったよ!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

今回のラッシュは洗車をほぼしていないとの事でしたので、特にボディ側面は納得の汚れ具合でした(汗)

しかしボンネットやルーフは意外なほどお綺麗でした。

メンテナンスでリフレッシュした後に再確認しても塗装面のシミやスクラッチも少なく、

これまた意外なほど良好な状態を維持しておりました! 特にスクラッチの少なさはノー洗車効果の

賜物ではないかと思います(笑)

スクラッチが付く原因も色々とありますが、やはり洗車時に付くスクラッチ(洗車キズ)が多いと思います。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりする時に付いてしまうキズです。

塗装は柔らかいものです。スポンジやクロスに砂などの異物が付いていると、それだけで簡単にキズが

付いてしまいます。ソリッドブラックなどは綺麗なクロスで拭いてもキズが簡単に付いてしまうぐらい

デリケートなんです(^_^;) ですのでキズ低減の為にもスポンジやクロスは常に綺麗な状態で使用してください。

また綺麗に見えても細かな砂などが混入していますのでスポンジやクロス定期的に交換してください(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。