チャンピオンイエロー4のスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです。

チャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです!

スズキのカラーと言えばやはりこのチャンピオンイエローです(^_^)/

本当に綺麗で鮮烈なイエローです! どこを切っても真っ黄色って感じのイエローです。

このチャンピオンイエローが写真だと綺麗に撮れないんですよ(;´∀`)

実際は↑の写真よりもう少し濃くてとても綺麗なイエローです!

そんな綺麗なチャンピオンイエローのこちらのスイフトスポーツは新車から約1ヶ月のお車です。

本当は納車直ぐに当店にご入庫予定だったのですが納車が予定より遅れてしまい、当店ご入庫予定日に

間に合わなくなってしまいました(^^;)

そして約1ヶ月程お待ちしていただく事になってしまいました(汗)  すいません。

では約1ヶ月経過致しましたスイフトスポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から1ヶ月程経過していますので少し汚れていました。

汚れていますので少しわかりにくいんですけど若干ですが塗装肌が曇っていてボヤっとしていました。

ルーフは・・・

ボンネット同様少し汚れています。でもルーフは曇りが少なかったです!

しかしボディサイドは・・・

モヤモヤっと曇ってますね~(^^;)

リアゲートも・・・

なかなかの曇り様なんですけど写真だとそれ程酷く見えないですね(^▽^;)

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れで茶色く少し汚れ気味でした。

 

全体的に新車と言うこともあって基本的にはお綺麗です。しかしやはり新車によくある塗装の

曇りが確認できます。 ボンネットやルーフはそれ程でもないんですけどボディサイドがね~(^_^;)

その新車特有の曇りを除去すればもっとクリヤーでスッキリとしたお車になりますので、早速スッキリとした

ボディを目指して作業を開始していきましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングからご紹介していきます。

ボディコーティングと同時施工される方が多い人気のメニューです!

↓はフロントウインドウの現状です。

油膜の付着もなくとてもお綺麗ですね!

しかしリアは・・・

少し油分の付着があるようで水をダラ~と弾いています。

ウインドウに付いている油分や汚れなど除去していきます。 もちろん綺麗なフロントウインドウも更に

綺麗にしていきます(^_^)

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウも・・・

リアも綺麗に撥水していますね!

綺麗に撥水をしているのを確認しましたらウインドウコーティング完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にいつもでしたら鉄粉の付着状況を確認していきますが、

このチャンピオンイエロー4はいわゆる鉄粉除去剤が使えません。

ですのでネンドで鉄粉の量を見ていきましょう!

↑はネンド掛けする前のネンドです。

↓はボンネットをネンド掛けした後のネンドです。

ちょっとわかりにくいかも知れませんが(汗)納車から1ヶ月と考えますと多めでした。

後でオーナー様に伺ったところ会社の駐車場の裏が解体屋さんとの事でした。

鉄粉が多い訳です(^^;)

鉄粉の付着量は駐車場の周りの環境によって大きく左右されます。金属を扱っている会社の近くはどうしても

多く付いてしまいます。  しかし先ほどもお話しいたしましたが、このチャンピオンイエローは

鉄粉除去剤を使ってはいけませんのでくれぐれもお気を付けください!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランになります。

逆に新車1ヶ月以内でも塗装面の状態によっては新車プランよりハードな磨きのプランを

お薦めする場合もござます。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

人気の水玉撥水です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなってスッキリと綺麗になりました!  もうボヤっとはしていません(^_^)/

ルーフは・・・

潤いを感じますね~(*´▽`*)

ボディサイドも・・・

モヤモヤが無くなってライトの映り込みがクッキリとしました(^_-)-☆

リアゲートは・・・

こちらもスッキリとクリヤーでシャープな映り込みになりました。

最後にタイヤとホイールも艶出しをしましたら・・・

チャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツの新車コーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。新車も磨けば新車以上に輝きます!!

新車ですので元々お綺麗ではあるんですけど、やはり塗装が曇っている分、クリヤー感がなくて

お車の印象がボヤッとしていました。その曇りを取り除きコーティングをする事で

クリヤーでスッキリとした艶々のボディが完成いたします(^_-)-☆

とても綺麗なチャンピオンイエローが更にスッキリと透明感あるチャンピオンイエロー4に

仕上がったと思います!

 

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは

塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車のコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

例えば、例えばですよ・・・

カービューティープロ カラーズなどいかがでしょうか( ̄▽ ̄)      以上宣伝でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

シルバーメタリックのトヨタ ヴォクシーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ヴォクシーのボディコーティングです!

H26式シルバーメタリックのトヨタ ヴォクシーです!

5年経過のヴォクシーになります。パッと見た感じではとても5年経っているとは思えない程

お綺麗ですが、よくよく観察しますとそこはやはり5年分の痛みが見えてきます(^^;)

では早速ですが5年経過のヴォクシーの状態を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

5年経過しておりますので、それ相応のシミやスクラッチが付いています。

ルーフも・・・

シミが多くクスんでいます。

ボディサイドは・・・

一度修理で再塗装をしているそうです。  という事で塗装が曇っています(^^;)

リアゲートは・・・

垂直面ですのでシミも少ないですね!

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

5年経過ですが色が明るいシルバーメタリックと言う事もあってパっと見た感じでは

お綺麗です。しかしよくよく観察しますとやはり全体的に年式相応の痛み具合ではないかと思います。

ボンネットやルーフはシミが多くあり塗装もクスミが進んでいました。それと再塗装部位の曇りが

かなり酷く、修理していないパネルと見比べると景色の映り込み具合が全然違ってしまっています。

今回はこの辺りも他のパネルと違和感が出ないように仕上げていきましょう!

では作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

多かった~(;´∀`) 洗車時にスポンジが引っかかるので多いとは思っていましたが

期待を裏切らない多さでした(笑)

リアも・・・

クリーナーが流れてしまっていて分かりにくいですけど、リアも多かったです(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュと吹き掛けて再チェックします↓

期待を裏切らない綺麗さです(笑)

リアも・・・

スッキリとしましたよ!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨き上げるだけでもボディの艶は出ますがコーティングする事で更に艶感がアップし、

そして塗装面を保護します!

そのコーティングがこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

人気の水玉撥水です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!ライトが綺麗に映り込んでいますヽ(^。^)ノ

ルーフも・・・

クスミが無くなってクリヤーですね!

ボディサイドは・・・

こちらも曇りが無くなってスカッとしました。修理していない他のパネルとの違和感も

無くなったと思います(^_^)

綺麗だったリアゲートも・・・

より綺麗に、そしてシャープにライトが映り込むようになりました。

ホイールも・・・

艶々です。

そしてシルバーメタリックのトヨタ ヴォクシー、ボディコーティングが完成いたしました。

透明感ある艶々ボディに仕上がりました!いい艶に仕上がりましたよ~(´▽`)

ツヤピカボディに復活です!

このシルバーメタリックはとても明るい綺麗なシルバーで洗車キズやシミなどあまり目立ちません!

しかし目立たないだけで実際には付いています(汗)その洗車キズやシミ、そしてクスミがお車から

艶を奪っています(;´∀`) 怖いですね~。 徐々に傷んで行くので毎日見ていると気が付かないんです。

そしてある時に気が付くんです。”なんか艶が無いな~”っと。特に新車が横に止まったら全然違う(;’∀’)と。

でも諦める事はございません!  磨けば光ります!

もう新車が横に止まっても大丈夫(笑)  艶感負けませんよ~(^_^)/

皆様も大切な愛車をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか!!

きっと愛着がいっそう湧く事でしょう!!

 

洗車すると多かれ少なかれ残念ながら洗車キズは付いてしまうものです(^^;)

少しでも洗車キズを低減するには洗車は泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます(^^;)洗いも拭き取りも優し~くです!!

それともう1つ注意して頂きたいのがスポンジや拭き取りに使っているセーム皮や

マイクロファイバータオルなどです。

パッと見ではわかりませんが使用していると細かな砂や異物が中の方に入り込んでいるものです。

そのスポンジでボディを擦ると・・・細かなキズが付いてしまいます。

そうならない為にも見た目が綺麗な感じでもスポンジやセーム皮・マイクロファイバータオルなどは

定期的に交換してください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスSCの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスSCのボディコーティングメンテナンスです!

メンテナンスのご紹介が続いておりますが今回もメンテナンスです(笑)

こちらのレクサスSCは昨年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

1年と少々経過していますが、その間に一度メンテナンスに来られておりますので

今回は2回目のメンテナンスになります。

毎回そうなんですけど、こちらのSCはいつもお綺麗なんです。どれくらい綺麗かと言いますと

ブログでご紹介してもビフォー&アフターの違いが分からないくらいと言ったら伝わりますでしょうか?(笑)

そんなお綺麗なレクサスSCのメンテナンスを違いが分からないかもしれませんがビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう(^^;)

まずはボンネットからです。

細かなシミは確認できますが艶もあってお綺麗なんです。

アフターです↓

ご覧のようにあまり変化が無いように見えます(大汗)

実際は軽めのシミなどは落ちているのですが写真だとどっちの写真がビフォーなんだか

アフターなんだか(^▽^;)

めげずにルーフに行きましょう↓

ビフォーです↑

アフターです↓

よ~く見て頂ければ綺麗になったのがわかって頂けると思います。よ~く見てください(笑)

えぇ!? わからないですか??

では今回一番違いが分かる所を早くもお見せいたしましょう!

それは鉄粉です。↓は専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ポツポツと黒っぽく確認できると思います。 少し多めです。

アフターです↓

黒いポツポツも無くなりサッパリとしましたね!

早くも一番違いが分かる見せ場をご紹介してしまったので後はひねり出すしかありません(笑)

例えば・・・

エンブレムの淵やバンパーとトランクの隙間の汚れなど汚れを探し出し・・・

綺麗にしていく(笑)   そしてもうネタ切れ(^_^;)

それくらいしかご紹介出来る所がございません。

だってトランクなんて・・・

これが↑ これ↓

ですから(笑)   写真だと違いが伝わりません!!

ホイールも・・・

とてもお綺麗です(^^;)

アフターです↓

とてもお綺麗です(笑)

それと毎回メンテナンスのタイミングで本革シートのクリーニング&メンテナンスの

ご依頼を頂いております。

ビフォー↑

アフター↓

これまた写真だと全然違いがわかりませんね(;´∀`)

でも実際はこれくらい↓

汚れが落ちています。 これで運転席の座面分の汚れです。

クリーナーで汚れを落とし本革の保護クリームを塗って保湿しています。

本革シートは定期的にローションを塗って保湿しないとカサカサになってヒビが入りやすくなりますので

ご注意下さい。

そしてレクサスSCの定期メンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。 正直写真だとちょっとアレかもしれませんが・・・(^▽^;)

でも実車の方は艶も上がって違いを実感して頂けます!

オーナー様にも“やっぱり違いますね~。やっぱり自分でやるのとは違うんだよなぁ~。”と

お喜びになられておりました! ありがとうございます。

こちらのレクサスSCは“EXE”でコーティングしてあります。EXEは高撥水が特徴でもありますが

光沢感がとてもいいんです!  こちらのレクサスSCは撥水はだいぶ弱まってはいましたが

EXEらしい光沢感はまだまだ健在でした!

会社の駐車場でも同僚の方に綺麗だな~と言われるそうです(*^^*)

そのEXEにこの春、新たな仲間が加わりました!

その名も・・・

「EXE-evo1」 

です。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も”PRO-MAX EXE”より少し高めの設定となりますが、差額分以上の

効果を実感して頂けると思います!

そのお値段ですが価格表をHPにUPしようと思ったのですが・・・

何故か上手くUPできず現在奮闘中です(^▽^;) 何が何だか全然わかりません。 エラーメッセージが出るのですが

エラーメッセージって英語じゃないですか??  僕、コテコテの日本人じゃないですか!

訳わかりません。 翻訳しても専門用語の意味も分からないし・・・(;´∀`)

と言う事でこの事態を解決できるよう頑張ってますので、HPの価格表更新はもう少々お持ち下さい。

もちろんお電話やメールでのお問い合わせは大歓迎です!

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

デザートカーキのXVにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデザートカーキのスバルXVは昨年の8月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

前回のルノートゥインゴのブルードラジェと同じで、このデザートカーキもなかなか写真だと

本来の”色が出ない“んです(^_^;)  カメラのせいでしょうか?それとも腕のせいでしょうか??

たぶん両方でしょう(汗)

ご利用されているPCやスマホのモニターによって”色”は違ってしまいますが少なくとも

私の使っているモニターで見ると今回のデザートカーキは実物より”薄い”色に見えています(^^;)

皆様はどうでしょう??  さりげな~く腕のせいではなくモニターのせいにしている感じもしますが(汗)

早速8ヶ月経過致しましたXVのメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れているので少しわかりにくいですが、以外とシミは少なめかと思います。

アフターです↓

細かなシミが確認できると思います。  柔らかくてシミが出来やすいスバルの塗装ですが

8ヶ月経過の屋外屋根なし駐車と考えますとシミは少ないと思います。

こちらは撥水タイプのPCX-S8でコーティングしていますがPCX-S8は水玉撥水にしては

シミが付きにくい印象のコーティング剤です。

 

それと塗装面ではありませんが・・・

コーティング時のブログでも書きましたが、こちらのオーナー様はXVでラフロードなど

走られるそうです。

今回もオーナー様に”ラフロード走ってるんですか??“とお聞きしたら、最近はあんまり走っていないと

言われていましたが・・・

結構走っていると思います(笑)  あんまりの度合いが違うでしょうね!

ワイパー下のカウル部が泥だらけです。水抜けの穴も塞がっているので水が溜まります(^^;)

アフターです↓

水抜けの穴も確認できるようになりました(笑) これで水が溜まる事もありません!!

↓はルーフです。

こちらも汚れ気味ですが・・・

細かなシミはありますがクスミも少ないですね!

しかしリアゲートは・・・

雨筋がダラ~と付いています。

アフターです↓

雨筋がダラ~もコーティングが効いていますので洗車で簡単に落ちます(^_^)/

それとボディサイドも・・・

ラフロード走ってます感が満載です(笑)

アフターです↓

サッパリとしましたよ~!

タイヤとホイールも・・・

少し汚れていました。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをしています。

そしてデザートカーキのスバルⅩVボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

所々泥汚れがタップリでしたが(笑)メンテナンスでバッチリとリフレッシュ致しました!

泥汚れが似合っちゃうのもXVの良さですが綺麗だとやっぱり気持ちいいですね。

これでまたラフロードも気持ち良~く走れると思います(笑) お気をつけていってらっしゃい(^_^)/

そしてまたお待ちしております!!

 

メンテンス時期はお車のボディカラーやお手入れ状況、保管状況によって異なってきます。

目安としては約6か月ごとです。保管状況がいい場合や塗装面の痛みが少ないようでしたら

1年毎でもいいかと思いますが、どうしても痛みの進行が早い青空駐車の方や黒などのダーク系カラー

のお車は早いタイミングでのメンテナンスをお勧めいたします。

ポイントは”まだ綺麗だからいいや!”ではなくて”綺麗なうちに!がお薦めです。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ルノートゥインゴにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのルノートゥインゴは昨年の4月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

ちょうど1年でメンテナンスにお越しくださいました。

ブルードラジェと言う淡いブルーなんですけど、これがまた写真だと上手く写せないんです(^^;)

色が出ない”と言えばいいかな? カメラの性能もあると思うんですけど実車の方が遥かに

いい色なんです!

そんな綺麗なブルードラジェのルノートゥインゴもコーティングから1年経過しましたのでメンテナンスの

ご依頼を頂きました。

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

これは花粉です(^^;)

ボンネット以外は花粉の影響はなかったんですけどボンネットはだいぶ花粉にやられていました(汗)

当店のスタンダードなメンテナンスプランでは基本的に磨きは入れませんが今回は花粉ジミが

酷かったので花粉処置をした後に軽く磨いて仕上げました。

ルーフは・・・

少し汚れていますが花粉の影響もなく、とてもお綺麗でした!

アフターです↓

スッキリとしましたよ~!

しかしボディサイドには・・・

花粉がついています(^^;)

ボディサイドも幸いシミにはなっていませんでしたので通常のメンテナンス内容でも

サッパリと綺麗になりました!

ヘッドライト下の隙間は・・・

汚れが溜まります。たぶん花粉が混ざっている事でしょうね(^_^;)

アフターです↓

ヘッドライト以外も細かな部位も洗浄をしています!

ホイールも・・・

軽く汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールもしっかりと洗い艶出しをしましたら・・・

ブルードラジェのルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いい感じに仕上がっています!

出来る事なら本来のブルードラジェの色でお見せしたいです(笑)

 

今回のトゥインゴは屋根ありの駐車場に駐車しているそうです。屋根があるのと無いのとでは

お車の汚れ方が全然違います!という事はコーティング被膜の痛みも全然違います。

しかし屋根はあっても横から雨が降ってしまうとどうしても濡れてしまいます。

トゥインゴもボンネットが濡れてしまうそうです。今回ボンネットだけ花粉ジミが酷かったのはその為です。

花粉が付着していると撥水性も低下いたします。こちらのトゥインゴもボンネットは撥水がだいぶ弱まって

いましたが、その他はまだまだ水玉撥水になっていました。これは花粉の成分が撥水を妨げている為です。

しっかりと花粉処理をしただけでかなり撥水が戻ってきました(^_-)-☆

最終的にメンテナンス剤で仕上げていますがコーティング表面を綺麗にするだけで撥水力が戻る事も

多いんです!

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが

実は違うんです。撥水が無くなってもコーティング被膜は残っています。

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、どうしても弱まってきます。

ですので撥水維持や復活の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

日産エクストレイルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXになります!

ノーマルのエクストレイルに対して専用のアンダーガードやホイールを装着し、オフロード寄りの

タフなイメージを強調した人気のグレードです(*^^*)

近くで見ると意外とデカくてイカツイです。 黒ですので尚更です(笑)

こちらのエクストレイルは新車です。そんな新車エクストレイルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車とは言え納車から約10日程経過していて、しかも雨にも降られていますので

少し汚れています。 また花粉ジミや”蜂の糞“の付着が多かったです。

汚れていても何となく塗装面が曇っている感じが伝わってきます(^^;)

ルーフも・・・

汚れを差し引いても、少しボヤけ気味です。

ボディサイドも・・・

何となくスッキリしていません。

それと・・・

リアゲート部にはポリッシャーで磨いた痕跡が確認できます。

ライト右横が白っぽく見えると思います。これはキズやシミなどを加修した跡です。

ホイールもやや汚れ気味です。

 

写真が洗車前の状態ですので塗装面の曇りが少しわかりにくいんですけど、全体的に

ボヤけ気味でスッキリとしていませんでした。

また加修の痕跡も確認できます。新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を除去する為に

磨く事はよくある事です。よくある事と言うより黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい

よくある事なんです。 問題はその加修の痕跡が残ってしまってる事です。

普段はもしかしたら気が付かないかもしれませんが、日が当ったりライトが当たると

そこだけギラギラと光って不自然に見えます。これは加修跡(磨きキズ)に光が当るとキズで光が

乱反射して見えてしまう為です。

この加修跡もサッパリと仕上げていきたいと思います。では作業開始!!

 

まずはウインドウからです。新車コーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼を

いただく事が多い人気メニューです。

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでまずはウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です。

↑フロントウインドウは油分の付着も無くお綺麗ですが・・・

リアウインドウはやや油っぽいです(^^;)

これを・・・

綺麗に落として下地を整えます。下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも・・・

油っぽかったリアウインドウも綺麗に撥水しています!

全ウインドウを確認しましたらウインドウコーティングは完成です。

 

そしてボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

見えません。実車だと近くでよ~く見るとポツポツ確認できますが写真だとキビシイですね~(^_^;)

今回は新車ですので軽めに行ないました。

そしてマスキングです。

黒いボディに黄色いマスキングテープ姿・・・結構好きなんです。私(笑)

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

特に今回はスクラッチシールド車ですのでマッチングがとても大切です。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤は…

低撥水性のハイディーンを使用致しました。

シミの付着が気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白っぽく点々と見えるのは・・・ホコリです(^^;) ごめんなさい。

花粉のシミは除去できていたのですが”蜂の糞”の跡は既に塗装面を痛めてしまっていて・・・

除去できませんでした。  蜂の糞は塗装を痛めます。

写真を撮ればよかったんですが・・・

撮らなかったので(汗)以前作業した違う車の画像です↓

塗装が↑のようにプクッと膨らんで来てしまいます。 結構短時間で↑こうなりますので

蜂糞は早めに対処してください。

話がそれましたがルーフです↓

ルーフも綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

あれっ!?写真だとあまり変わり映えしない??・・・(汗)

よ~く見てください!ライトの輪郭がシャープに映り込むようになっていますので(*^^*)

そしてリアの加修跡も・・・

スクラッチ除去出来ました!  白っぽく見えていたギラつきもスッキリと無くなりました。

そしてホイールはホイールコーティングしています。

意外と複雑な形状で大変でした(笑)

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX新車コーティング完成いたしました!

クリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

いゃ~気持ちいいですね!

最近の日産車やトヨタ車で、一般のクリヤ塗装よりキズが付きにくく、更にキズを自動修復してくれる

特殊なクリヤー塗装車が多くなってきました。

日産はスクラッチシールドでトヨタはセルフリストアリングコートですね!

こちらのエクストレイルもそのスクラッチシールドなんですが・・・加修跡は消えていません(^_^;)

自動修復なので消えてもいいんですが・・・実際は消えないんです。 逆に磨きキズが付きやすくて消しにくい、

違う意味でも”特殊な”クリヤー塗装なんです(^_^;)

このスクラッチシールドを磨くには特殊クリヤーの知識が必要なんですけど、そこを理解していないと

スクラッチシールド車を磨く事はできません。 いゃ磨く事は出来ても仕上がりは車全体が加修跡だらけのように

ギランギランになってしまいます(^▽^;)  怖いですね~

中にはスクラッチシールド車など特殊クリヤー塗装車はお断りするコーティング屋さんもあるようです(^^;)

スクラッチシールド車でお断りされてお困りでしたら当店にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

VWゴルフ トゥーランの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWゴルフトゥーランのボディコーティングメンテナンスです。

こちらは昨年の5月にメンテナンスを施工致しましたお車です。

約1年ぶりの再会です! ↑の写真でもお綺麗な感じが伝わってくると思いますが(笑)実車の方も

前回のメンテナンスから約1年経過しているとは思えない程とてもお綺麗です(*^_^*)

と言う事で今回のメンテナンスもビフォー&アフターの違いが分かりにくいかもしれませんが(汗)

くじけず、心を強くもって頑張ってご紹介していきましょう(笑)

まずはボンネットからです。

とは言え、もうくじけてしまいそうです(^^;)

よ~く見ればシミなどもありますがクスミも無くお綺麗です!

アフターです↓

どうですか?? やっぱり写真だと違いが分からないでしょ??

でも僕は大丈夫です。 くじけずに次に行きましょう!

下はルーフです。

ルーフもクスミも少なくお綺麗です。しかしボンネット同様シミは確認できます。

アフターです↓

メンテナンスでは基本的に磨きませんので深いシミなどは除去できません。

ですのでよ~く見るとシミは残っていますが、だいぶサッパリと綺麗になりましたよ。

ボディサイドもお綺麗ですが・・・

何か擦ったのでしょうか??

キズ??かと思いましたが大丈夫でした!  汚れなのか?何を擦ったのかわかりませんが

除去できました(^_^)

それと・・・

リアウインドウの下はどうしても汚れが溜まってきます。

隙間が綺麗ですとお車全体の清潔感が違います!

全体的にとてもお綺麗にされていますが・・・

雨に降られればどうしてもドアノブやドアミラーなどから黒っぽい雨筋が付いてしまいます。

しかしコーティングがしっかりと効いていますので、こびり付いてはいません。

ホイールは・・・

ブレーキダストの多い欧州車ですが、それ程汚れていません!マメに洗車されている証拠ですね(´▽`)

洗車していない欧州車は直ぐに判っちゃいます(笑)

アフターです↓

サッパリと艶々です!

そしてVWゴルフトゥーランのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いゃ~綺麗ですね!  元々ですけど(^^;)

でも実車は艶々になっていますので違いを感じて頂けます。と思います(笑)

よくお話してますがブラックやダークブルーなどダークカラーのお車はボディコーティングや

メンテナンスをすると施工前後の違いが写真でもわかりやすんです。しかしパールホワイトは・・・(汗)

写真だと違いが分かりにくいです。特に新車や今回のようにとてもお綺麗にされているお車だと

尚更です(^^;)

しかし新車やお綺麗にされているパールホワイトでも実車を見て頂けると艶感の違いは感じて頂けます!

今回、メンテナンスの様子をサラ~と駆け足でご紹介してしまいましたが、写真ではご紹介していませんが、

いくつもの工程を経て最終的にメンテナンス剤で仕上げています。

メンテナンス方法はお店によって様々です。洗車して撥水剤をかけておしまいのお店や

軽く磨きを掛けて仕上げるお店もございます。当店のメンテナンスでは基本的に磨きは

掛けませんがお車の状態よっては”磨き”をご提案する事もございます。

当店では2つのメンテナンスプランをご用意していますがお客様のご希望により内容は

色々と変更できますのでお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ダイハツ ミライースのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

約1年程経過しメンテナンスのご依頼を頂きました。

今回は板金修理をした所もあるので、そこは再施工のご依頼です。

では早速ミライースのメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

コーティングからまだ1年程ですが、何故かボンネットだけクスんでいます。

アフターです↓

スッキリとしました! 今回フロント左フェンダーを板金されたそうですがよくよく見ると

ボンネットにも“ぼかし”が入っていたのでボンネットも軽く磨いて再コーティングしました。

ルーフは・・・

お綺麗です。シミやスクラッチはありますがルーフとボンネットのクスミ具合が

全然違うのがわかって頂けると思います。

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミなど残っていますがよりスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

雨筋ダラ~~~です(笑) ボディサイドも雨筋ダラ~~~でした(^^;)

アフターです↓

コーティングが効いていますので雨筋ダラ~~のこびり付きはありませんでした。通常の洗車でも

簡単に落ちますよ(*^_^*)

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

ポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とても少ないです! でもルーフやリア回りはボンネットに比べると明らかに少し多めに付いていたので

やはり板金時にボンネットも手が入っているのでしょうね!

アフターです↓

ボンネット以外もスッキリとしておきました(笑)

そして板金したフェンダーですが・・・

もの凄く曇っています(^^;) 久々にちょっとビックリしたのは内緒です(笑)

パールホワイトなので写真だと尚更分かりにくいんですけど磨きキズもしっかりと、

そして沢山入っていました(^▽^;)

マスキングをして磨いていきました。 ちなみにドアにも“ぼかし”が入っていたのでドアも磨いて

再コーティングしています。

アフターです↓

曇りが無くなって透明感が出ました。 いゃ、出しました(笑)

艶も全然違いますよ~!

ホイールも・・・

やや汚れ気味ですね。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

ダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンス&部分再施工の完成です!

綺麗なパールホワイトに復活しました(^_-)-☆

お車がパッと明るくなったと思います!!

板金修理などで再塗装をすると今回のように曇っている事が非常に多いです。また磨きキズや光が当ると

オーロラのようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できる事もとても多いです。

これは再塗装後の磨きがしっかりと出来ていない証拠です。適正な機械やコンパウンドなどの

マッチングや照明、そして作業者のスキルなど要因は様々です。

今回のミライースは曇りやキズが目立ちにくいパールホワイトでしたので、パッと見では目立ちませんが

これがブラックやダークブルーなどダークカラーだともの凄く違和感を感じると思います。

再塗装なんでしょうがないと・・・と諦めないでください。しっかりと磨けばギラギラしたオーロラマークも

透明感の無い塗装面も綺麗になります(^_^)/

再塗装だからしょうがない”と諦めないで、まずは当店にご相談ください。

 

記念すべき平成最後のご紹介はダイハツ ミライースでした!

そして明日からはいよいよ令和です。次回令和の時代でお会いしましょう!

残り数時間ですが、よい平成を!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディS1の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディS1のメンテナンスです!

こちらのS1は昨年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今年の1月にもメンテナンスにお越しになられているのですが、再度メンテナンスのご依頼です。

前回のメンテナンスの時にもお話しいたしましたが、こちらのS1を駐車している場所が

木の下だそうです。 その木は可愛い小鳥たちの憩いの場なようで・・・

そうです鳥糞が凄いんだそうです(^▽^;)   更に木の葉や木の実、樹液やらであっと言う間に

大変な事になってしまうそうです。

という事で現在は短いサイクルでメンテナンスにお越し頂いております。

しかも今は花粉もありますし(^^;) 花粉+木+鳥のトリプルパンチです。     鳥だけに(;’∀’)

では3ヶ月経過しましたアウディS1のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は鳥糞はあまり付いてはいませんでしたが鳥糞の痕跡は何ヶ所も確認できました。

それと花粉もあって↑のような汚れ具合でした。

アフターです↓

細かなシミは残っていますがスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような汚れ具合です(^^;)

アフターです↓

ルーフも細かなシミや深めのスクラッチが確認できますがだいぶサッパリとしました。

リアは・・・

木の実が挟まっています(笑)

至る所に木の実が入り込んでいました。 これならリスも大喜びです!  リス居ませんけどね(^^;)

アフターです↓

これではリスも不満足です!もう来ることも無いでしょう!   リス居ませんけどね(^^;)

ボディサイドは・・・

汚れていて艶感ありません(^▽^;)

アフターです↓

艶も戻っていい感じです。

ホイールも・・・

いま流行りのマッドカラー風です(^^;)

アフターです↓

本来は艶有のグレーメタリックです(*’▽’)

そしてアウディS1の定期メンテナンス完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

ダークカラーのお車は汚れていると、どうしても白っぽく見えてしまい艶も感じられなくなってしまいます。

ですのでメンテナンスをすると見た目の印象が全然違います(笑)

今回メンテナンスで綺麗になりましたが、また木の下に置くので・・・次回のメンテナンスも早めの

ご予定との事です。

オーナー様は現在、駐車場に屋根を設置しようと画策中だそうです。お仕事が忙しくてなかなか前へ

進まないそうですけど気持ちは屋根設置へ向かっている様です(*^_^*)

同じ屋外駐車でも屋根があるのと屋根が無いのとではお車の汚れ具合は全然違ってきます。

特に今回のS1のように木の下に駐車している場合ですと全く違います。

鳥糞は塗装面に深刻なダメージを与えるので、それを防げるのは大きいです!!また木の実や

樹液も塗装を浸食してしまう場合もございます。

これから暑い季節がやってきます。つい木の下は日が当たらないので木の下が空いてると

駐車してしまいがちですが・・・危険です(^^;)

樹液がタラタラと垂れてきたり、木の実が落ちてきたり、それを狙ってリスが来たり・・・来ないですけどね。

私も若い時、一応若い時があったんですがボンネットに木の実(柑橘系の実だったのかな?)3つ落ちていて

それをどかしたら・・・塗装が割れてました(;”∀”)    ”酸”が原因だと思いますが酸性が強いと

短時間で塗装にダメージを与える事もありますので、あまりないかもしれませんが(^^;)塗装面に木の実が

(特に酸っぱそうな柑橘系)落ちていたらなるべく早く取り除いてください。

もちろん鳥糞も早めに取り除いてください。   鳥だけに( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。