ノート e-POWER NISMO S のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングです!

納車から間もないブリリアントホワイトパールの新車のノートニスモです。

人気者のノートですので街中で見掛ける機会が多いんですけど、そのスポーツバージョンである

ノートニスモもよく見かけます。実際結構売れているそうですね!

そしてこのニスモSは通常のニスモよりパワーとトルクが向上していて特に最大トルクは320Nmと

ガソリン3リッター車クラス並みなんだそうです(*’▽’) この小さなボディにこのトルクなんで

遅い訳はないですね(笑)

話がそれましたがノートe-POWER NISMO Sの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ですが曇りが確認できますけどお綺麗でございました!

ルーフも・・・

曇りが少なくてお綺麗です。

ボディサイドも・・・

同じく若干曇っています。

この流れですとリアゲートも・・・

やはり少し曇り気味でございました(^^;)

ホイールは既に汚れ気味でした(^^;) 今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので

ホイールもコーティングしていきます!

 

全体的に各パネル共に若干曇りが確認できますが、曇りの程度で言いますと少ない方だと思ます。

それ以外に目立ったシミやスクラッチも確認できず塗装面の状態は良好でございました。

それでも軽い曇りがありますので、その曇りを無くせばもっとクリヤーで艶々肌になります!

では艶々のクリヤー肌を目指して作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

(*‘∀‘)とても少ないですね!  素晴らしい!!

リアも・・・

ポツポツは確認できますが少なかったです。

と言う事で今回の鉄粉除去は軽めにおこないました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの組み合わせを変えてポリッシングしています。

そして磨きが済みましたらやっとコーティング剤の出番です。

新車でもここまでの工程を経ないとコーティングが塗れないんです(*^_^*)

何故かと言いますと・・・コーティングは下地が大切だからです!!

磨かないとあの”曇りは”取れない訳で、ポリッシングしないでコーティングすれば曇りはそのままな

訳です。 となれば仕上がりも艶は上がるかもしれませんが曇りはそのままです(^^;)

ですので新車でもここまでの工程が必要になります!!

今回のノートニスモSにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ア アレ、写真だと違いがわからないぞぉ(汗)

ルーフは・・・

よ~く見比べて頂ければモヤモヤが取れてスッキリとしたのがわかって頂けると思います。

ですのでよ~く見比べてください(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらの方が違いがわかりやすいと思います。

スッキリとしてライトの輪郭もシャープになっています(^_^)/

リアも・・・

サッパリとしましたね!

そしてホイールも・・・

コーティングして艶々になりました。コーティング後は綺麗になっただけではなく

ホイールを洗うのが楽になります。

そしてブリリアントホワイトパールの日産ノートe-POWER NISMO S 新車コーティング完成です!

曇りが取れてよりクリヤーで艶々ボディに仕上がりました!

なかなか新車のパールホワイトは写真だと施工前後の違いが伝わらないんですけど

実車の方は艶感の向上を感じて頂けると思います(^_^)/

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしていては綺麗にはなりません。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

話は変わりまして・・・

先日、名古屋で行われました『名鉄AUTO 30th Anniversary. BMW&MINI FESTA in吹上』の

展示車両施工のお手伝いに行ってきました。 その時の様子をちょこっとだけご紹介致します。

何故ちょこっとかって?? それは展示車両が100台以上でそれを限られた時間で終わらせなくてはならず

写真を撮っている余裕もなかったので・・・(^^;)

せめて会場の吹上ホールの全景くらいは撮りたかったんですけど、なんせ到着したのが集合時間の数分前で、

ギリギリ間に合った~と思ったら・・・皆様は既に集合済でした(^_^;)  すいませんでした。

と言う事で写真撮っている余裕もなかったです(汗)

 

今回の名鉄AUTO 30th Anniversary. BMW&MINI FESTA in吹上』は100台以上の展示車を

22名で展示仕上げを行っていきました。

右を見ても左を見ても・・・

あたり前ですけどBMW&MINIだらけです。欲しい車がいっぱいでした(笑)

↑私です。  いやぁ~カッコイイですね! 車が。

いい色ですね!

他にも色とりどりのミニがいっぱいでした。

しかし残念な事に写真を撮ったのはこれくらいです(^^;)

これだけですと私、1台しか作業してないように見えますが(^_^;)もっとやっています。 本当です(笑)

21時頃に作業は終了して解散!!帰宅の途につくのですが・・・つかないんです(汗)

ナビが古いせいか・・・きっとそうだと思います。 まぁ~道に迷う迷う。

環状線を1週半くらいした挙げく全然違う方面に走ってしまって・・・一般道に出るに出れないし、

出たくもないのに一般道に降りてしまったりと・・・ここは何処??一体何処に向かっているの??

久々にわけわかりませんでした(;^ω^)

しかし奇跡的に気が付けば東名高速の名古屋IC近くに居るではないですか(笑)  奇跡です!

何がどうなって名古屋IC近くに居たのかわかりませんが、とにかく全く意図しない名古屋ICから

東名に乗って帰宅したのでした。 帰れてよかった~(笑)

まぁ正直、行く時もちょこっと迷ってたんですけどね(^▽^;)

 

 

そして最後にノートe-POWER NISMO Sのギャラリーでお別れです!

また次回のブログでお会いいたしましょう!!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コバルトブルーのフリードモデューロXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ フリードモデューロXのボディコーティングです!

こちらのコバルトブルーパールのフリードモデューロXは昨年の11月にご購入されましたお車です。

ご購入から3ヶ月程経過しておりますが納車時にコーティングはしなかったそうで、今回当店に

お越しくださいました。

ボディコーティングとウインドウコーティングそしてホイールコーティングも纏めて

ご依頼頂きました。 ありがとうございます。

新車とは言え3ヶ月経過しているダーク系のボディカラーですので小キズなどあるとは思いますが・・・

それ以外にもあるんです(^_^;)

では3ヶ月経過致しましたコバルトブルーパールのフリードモデューロXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れていてよくわからないですね。よ~く目を凝らして見ると線キズが結構確認できると

思います。

しかし目を凝らしていると疲れると思いますので洗車後に撮った写真がこちらです↓

これなら目が疲れないと思います(笑)

初めからコッチ写真出せよ!って話ですよね。 すいませんm(__)m

ボンネットも線キズ(洗車キズ)があるんですけどルーフはもっと・・・

多いんです。 しかし写真ですとそのキズの多さがあまり伝わりません(汗)

しかも・・・

この辺りは加修の跡がバッチリと残っています。 もちろんオーナー様は磨いていないとの事ですので

納車前に何処かのタイミングで磨いたのでしょう。 キズやシミなど付いている場合に納車前に

磨いて手直しなどするんですが、その磨きが十分でないのでこの様に磨きキズやモヤモヤとした

通称オーロラマークが付きます。

ボディサイドは・・・

少し曇り気味です。

リアゲートも・・・

写真が下手ですいません。こちらも若干曇り気味でした。

ホイールも少し汚れていました。

 

3ヶ月経過ですので洗車キズなど付いているのは想定内です。オーナー様に伺ったところ納車から数回しか

洗っていないとの事ですのでボンネットのキズの量は納得です。しかしルーフはボンネットに比べると

明らかに多いです。ルーフに加修跡があるので、たぶん何かを手直ししてその後に一生懸命ルーフを

洗ったのでしょうね(^_^;)

納車前に付いたキズやシミなどの手直しは全然珍しい事でもなく実はよくある事です。

ある意味手直しはしょうがないとは思いますが、問題はその手直し跡が付いている事です。

しっかりとした知識と技術がある作業者が磨けば綺麗に仕上がりますが実際のところは・・・

そうじゃない方が磨くことが多いんです(汗)

でも安心してください! キッチリと磨けば綺麗になりますから!!

では作業を始めていきましょう!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水している感じはします(笑) 撥水と言うより油分ではじいてる感じです(^^;)

そのなんとな~く油っぽいウインドウを綺麗にしていきます。

そして綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! これが本当の撥水の状態です(^_-)-☆

 

続きましてはボディです。

洗車した後に鉄粉の除去をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

ボディが青い事もあって分かりにくいですね。ただあまり反応はなくとても少ないんです。

ネンド掛けしてみても・・・

使用前のネンドです↑

そしてこちらが使用後のネンドです↓

ネンドがあまり汚れていません! 鉄粉が少ないので今回は軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は納車から3ヶ月のまだ新しいお車ですが当店の新車プランは基本納車から1ヶ月以内のお車が

対象となります。 キズも少なければスタンダードプランでも可能ですが今回はその上の

エクストラプランでの磨きとなります。 エクストラプランはスタンダードプランより磨きの工程が

多くなり、よりシミやスクラッチが除去できる磨きとなります。

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリと!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

そして加修で付いた磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!  これで本当の加修終了ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスカッとクリヤーです!

リアゲートだって・・・

綺麗になったんですけどちょっと写真がアレですね(^^;)

ホイールも・・・

コーティングして艶々です(*^_^*)

そしてコバルトブルーパールのフリードモデューロX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^。^)ノ

塗装面がクリヤーになった事で色に深みが出ましたね!

オーナー様も『やっぱり違うなぁ~。全然違うよ!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございます。

 

今回は納車から少し時間が経っていましたが新車でもシミやキズが入っていることも多いです。

また納車前にシミやキズなど不具合箇所を手直し、その加修跡が付いているお車も非常に多いんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

新車も経年車もコーティングは是非当店で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディTTクーペのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディTTクーペのボディコーティングです!

デイトナグレーと言う名のパールグレーのアウディTTクーペです!

アウディTTクーペのパール塗装はこのデイトナグレーのみで、あとはソリッドとメタリックに

なるんだそうです。

そのデイトナグレーパールですが、とても綺麗なグレーでTTクーペのエッジの効いたボディに

とてもマッチしていると思います!

最近ご購入されたこちらのTTクーペはディーラーの試乗車として使われていたお車だったそうです。

納車前に磨きをしているそうで基本的には塗装面は悪くない状態でした。

 

ではアウディTTクーペの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言え、納車から少し経過していますので若干の汚れはございます(^_^;)

でもあくまでも表面の汚れで塗装を痛めているような深いシミやキズなどは少なかったです。

ルーフは・・・

何か付着しているのでしょうか??  ボンネットよりも汚れ気味でした。

リアは・・・

軽めのシミなどはございますが基本的にはお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも曇りやクスミもなくお綺麗ですが・・・ライトの右横あたりに薄い線キズが確認できます。

この手の線キズは深くキズが入っている事が多く磨いても除去できない事も多いんです(汗)

ホイールは・・・

ブレーキダストが多く出るアウディですがお綺麗でございました(^_^)/

 

ご覧頂きました様に若干の汚れは付いていましたが塗装面自体はシミやキズなど少なくて

とてもお綺麗でございました。展示車や試乗車は洗車キズが多く付いている事が多いのですが

今回は納車前に磨いてくれたそうですので綺麗な状態でございます!

とは言え、もちろんそのままコーティングする訳ではなくここから更に磨いて塗装面を

整えていきます!

では作業を進めていきましょう。 作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからのご紹介です。

ボディコーティングと同時にウインドウコーティングを施工される方が多く、今や定番メニューとなって

おります!  ありがとうございます。

↓は現状です

フロントウインドウは油分の付着も無く綺麗な親水状態です。 ↑は水が掛かっています!

もしかしたらフロントウインドウも磨いてあるのかもしれません。 ありがたや~ありがたや~(笑)

しかしサイドウインドウは・・・

フロントウインドウとは明らかに違っています(^^;)

サイドは磨いていないのかな??

とにかく・・・

油膜が付いていようが付いてなかろうが全てのウインドウを磨き直していきます(^o^)

その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続きましてはボディです。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ よく見ますとポツポツと確認できますがとても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉除去が出来ましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

元々少なかったので(笑)

違いが分かりにくいですね(^^;)

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

なんかカッコイイ(笑)  輪郭が強調されてコレはコレでカッコイイと思いませんか??

それはともかく磨いていきます。

今回は基本的には綺麗な塗装面ですのでハードな磨きはしていません。気になるシミや線キズを

落として塗装面を更に綺麗に整えました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装面でしたが、滑らかな肌になっております(^^)/

ルーフも・・・

 

潤いすら感じる仕上がりです!

ボディサイドは・・・

先ほど写っていた線キズはそれ程深くはなかったようで無事消せました。

ただもちろん全ての線キズを消せた訳ではなく、深い線キズなどは残っております。

リアは・・・

スベスベで気持ちいいですね~。

そして最後はホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールもコーティングして

仕上げています! ホイールコーティングはもちろん艶も向上してツヤピカになりますが

それともう一つ嬉しい効果があります。  それはブレーキダストの固着低減です!

ホイールコーティングしているのと、していないのとではホイールを洗った時の”楽”さが違います。

特にブレーキダストの多く出る輸入車ではお手入れのしやすさが違いますのでブレーキダストの

多く出るお車も、そうでないお車もお薦めです!

そしてデイトナグレーパールのアウディTTクーペ、ボディコーティング完成です!!

いい艶に仕上がりました!

何度もお話しておりますように元々お綺麗な塗装面でしたが、そこから更に磨きを入れて

コーティングを掛けると一段と艶と光沢感が上がります!

ガラスコーティングは日中の太陽の下でももちろん綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますと

より一層光沢感を感じて頂けると思います  なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた

愛車を眺めるのもいいものです(笑)

更に綺麗でカッコよく見えて愛車に惚れ直す事間違いないです(*^。^*)

是非お試しを!!

 

今回のアウディTTクーペはお綺麗でしたが、試乗車や展示車は洗車キズや小傷が多く付いているお車が

多いのが実情です。 今回のTTクーペは磨きをしてから納車してくれたそうですので、

とても良心的いないいディーラーさんですね!

しかも展示車や試乗車はオプション装備も充実している事が多く結構お買い得です。

お得にご購入できた分をコーティング費用に回せば新車以上に車を光輝やかせることが可能です(^_-)-☆

ですので運よく展示車や試乗車が販売されていたらご検討するのもとても良い選択だと思います!

そして当店のコーティングもご検討頂けると嬉しいです。   宣伝でした~( ̄▽ ̄)ニヤッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱アウトランダーPHEVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱アウトランダーPHEVのボディコーティングです!

こちらのホワイトパールのアウトランダーPHEVは納車からまだ数日の新車のお車になります。

アウトランダーは圧倒的にノーマルよりPHEVの方が人気だそうで納車も少し待ちだったようです。

そんな人気者のアウトランダーPHEVの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです

若干汚れが付いていますが塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でございました(^_^)/

ルーフも・・・

ボンネット同様で塗装自体はお綺麗です。

しかしボディサイドは・・・

少し曇りが気になります。

色々なお車を見てきましたがボンネットは曇りが少ないんですけどドアなどのサイド面の方が

曇っている車が多い気がします。 不思議です(笑)

リアゲートも・・・

少し曇っていますね。

 

全体的に見ますと新車と言う事でシミなど無くお綺麗でした。それとボンネットなど水平面は

塗装の曇り(白ボケ)など少ないんですがサイドの垂直面はやや曇り気味でした。

この曇りを取ってあげると、よりスッキリとクリヤーな質感になります!

新車時が一番綺麗だと思われる方が多いんですけど実はそうでもなくて、磨きを入れた新車が

一番綺麗な状態だと思います(笑)

中には非常に綺麗な塗装の新車も有りますが、ごくごく稀です(^^;)

という事で新車の更なる上を目指して作業開始~!

 

まずはウインドウです。

新車コーティング時の定番、ウインドウコーティングです! いゃ、新車コーティング以外でも

ボディコーティングと同時施工してくださる方が多い人気メニューです(*‘∀‘) ありがとうございます!

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

フロントは油膜も無くお綺麗でしたが・・・

リアは少し水を弾いています。この弾き方はもちろん撥水剤による水弾きではありません。

塗装の曇りと同じで1台の車なのにフロントは水を弾かない(綺麗)なのにサイドはやけに油膜が

付いていたり、リアウインドウだけ油膜ぽかったりとバラバラな車が多いんです。

何故なんでしょう??不思議です(;´∀`)

綺麗だとろうと、そうでなかろうとどっちみち・・・

綺麗にしていきますのでいいんですけど(笑) 不思議です。

ウインドウを綺麗にしましたら撥水剤を塗ってコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

フロント↑

リア↓

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングしましたお車はコーティング被膜維持(耐久性が伸びる)&ワイパーのビビり防止の

為にも撥水ワイパーに交換する事をお勧めしています。

 

続いてはボディです。

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況の確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑   黒っぽく点々と見えるのが鉄粉です。

新車でも大体この位は付いている事が多いです(^^;)

リアは・・・

少なめでした。

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットです↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

いい感じになりました。

そして作業はマスキングへと進みます。

今回は新車磨きですので軽めの磨きで仕上げています。 軽めですがボディサイドの曇りはしっかりと

除去しています。

そして今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なくお綺麗でしたが更にクリヤーになっていますよ~(^^)/

ルーフも・・・

いいですね~!

そしてボディは・・・

曇りが取れてスッキリとクリヤーです。

リアゲートも・・・

サッパリとしました。

そしてホイールなんですが・・・

実は納車前にホイールをお預かりして先にホイールコーティングしております!

それと後日、純正ホイールもお預かりしてホイールコーティングいたしました。

ホイールは車両装着前にホイールもお持ち下さればホイールの内側もコーティングできますので

ホイールコーティングは車両装着前がお薦めです。

そしてホワイトパールの三菱アウトランダーPHEV、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_-)-☆

艶感の感じにくいパールホワイトしかもピカピカの新車ですが、ちゃんと磨いて下地を整えてから

コーティングしますと、ちゃんと施工前後の艶の違いを感じて頂けると思います!

オーナー様も『すげ~綺麗!』!と艶・光沢の違いを実感して頂けたご様子でございました!

 

ご覧頂きました様に新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗)

新車だからと言って油断してはいけません(;’∀’)  新車も油断大敵なんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで下地を整えてからコーティングをしています。

ですから新車を新車以上に輝かせられるのです!(^^)!

今回は新車以上に仕上がりました新車三菱アウトランダーPHEVのご紹介でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

フィアット500にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500のボディコーティングです!

H22年式のこちらのフィアット500は最近ご購入されたお車です。

シミが酷くてとご相談に来られました。お車を見に行った時からシミが気にはなっていたそうですが

これがまたかなり酷くて・・・(^^;)

よくよく観察するとシミだけではなくてキズも凄くて・・・(汗)

では早速各部の現状を紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは雨ジミが結構凄いんです。 実物は写真より1.7倍は凄いです(勝手な目測です)

ルーフも・・・

シミシミです。しかもだいぶ深そうな感じがヒシヒシと伝わって参りました。(勝手な感想です)

そして運転席側は・・・

洗車キズだと思われるスクラッチが入っています。 でも運転席側はまだいいんです(汗)

問題は助手席側です↓

これはポリッシャーで磨いた時につけた”バフ傷”です。

左側面はどうやら再塗装されているようで前から後ろまでこの様なバフ傷だらけでした(^▽^;)

それだけならまだしも・・・

その上からコーティングを掛けたようで、もうムラムラでした(T_T)

リアゲートは・・・

ここはオリジナルの塗装の様でした。 左側面のキズを見てしまうとリアは綺麗に感じてしまいます(笑)

ホイールは・・・

こちらもよく見ると(見なくても)線キズだらけです。しかも深いキズです。

前オーナー様はいったい何で洗っていたのでしょう??

 

ご覧頂きました様にボディの状態はかなり厳しい状態でした。シミ、クスミ、スクラッチ・・・

何でもそろっています(;´∀`)

写真だとオーナー様が気にされていたシミの凄さが全く伝わっていない感じですが(すいません)実際に

見て頂くとシミと言うかクスミと言うか曇っていると言うか・・・どれも正解のような状態です。

このシミの原因ですがどうやらコーティングのムラのような感じです。塗りムラなのか拭きムラなのか

わかりませんが正直な印象は“コーティング塗るだけ塗って拭き取ってないんじゃない??”と言う感じです。

拭き残しと言うレベルではないです(笑)

今回はだいぶハードな戦いになる予感がヒシヒシと伝わって参りますが、あくまでも個人的な

感想であり、感じ方には個人差がございますのでご了承ください(笑)

では張り切って作業を開始しましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状。

やや油膜が付ているようですが、よ~く見ると所々に・・・

ボディに付いている例のアレがガラスにも付いています。

一体何をどう塗ってたのでしょうね??

とにかく磨いて落としてガラス表面をリセットします。

例のアレも綺麗に落ちましたよ(^o^)丿

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

手で触るとかなりブツブツと感じるんですけど意外と反応が少なかったです。

リアも少なめです。

手で触るとブツブツ&ザラザラ感が凄いんですけど反応が少ないという事は

鉄粉以外の異物がいっぱい付いているって事です(^▽^;)

ボンネットをネンド掛けすると・・・

鉄粉も付いていますがその他の物も色々と取れました(笑)

ボディ全体のネンド掛けが終わりましたら今度はマスキングをします。

そして磨きと言う名の長い戦いが始まりました!ボディが小さいからと言って油断してはいけません(´゚д゚`)

覚悟はしていましたが、まぁ~時間かかりました(笑)

そして戦いの後はいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

深いシミは残ってしまいますがだいぶサッパリとしました(^_^)/

ルーフのシミも・・・

だいぶ除去できました!

運転席側は・・・

いいですね~。 これはあれですね! NTNですね♪

なんてなめらか~。なんてなめらか~♪

そんなCMがありましたね(笑)

そしていよいよ助手席側です↓

NTN!!   NTNですよ~(´▽`*)

バフ傷も深いのは残ってしまいましたがサッパリしました。“例のアレ”もなくなり

クリヤーで艶々です(^_-)-☆

リアも綺麗です。

キズが深いのはどうしようもありませんがホイールもよ~く洗って落とせる汚れは落とし

コーティングしました。

そしてフィアット500のボディコーティングの完成いたしました!

艶々のボディに復活いたしました!

シミシミ&キズキズだったボディサイドもクリヤーに仕上がりました。

オーナー様も『新車みたいだね!』『こんなに綺麗になるんだ!いゃ~シミも取れて良かった』と

とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。 喜んで頂けると頑張って磨いた甲斐があります。

お車が綺麗になって嬉しいのは実はオーナー様だけではないんです。

実は私も凄く嬉しくてニヤニヤしています(笑)

 

今回のコーティング剤の拭き残し?(拭きムラ??)と思われる物でボディがもの凄く曇っていました。

誰が何をどう使ったのかはわかりませんけど、とにかく酷かったです(汗)

今の時代、色々なコーティング剤がネットなどで手軽に入手できます。コーティング剤に限らず

クリーナーなど色々なケミカルも入手できます。

それらを使う時は必ず説明書どおりに使用してください。 中には使い方を間違えると一発で

取り返しのつかなくなるような(再塗装)物まで売られているのも見掛けます。

コーティング剤も間違った使い方をするとムラムラになったり曇ったり・・・色々と不具合が出ます。

ですので使用時は取扱説明書をよ~く読んで(特に注意書き)から使用してください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ マークXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタマークXのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのマークXです!

納車間もない新車です(*^_^*)

今回はマークXからマークXへお乗り換えでマークXが絶盤になる前、欲しいグレードや

仕様が選べるうちにお乗り換えになられたそうです。

確かに在庫車限りになってしまうと欲しいグレードやオプションが選べなくなってしまいますからね(^^;)

そんな真新しい新車マークXの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです!

曇りもなく綺麗です!  トヨタの塗装は綺麗ですね(*‘∀‘)

ルーフも・・・

少し汚れはありましたがお綺麗です。

トランクは・・・

基本的にお綺麗ですが少しだけ何故かシミが付いていました(^^;)

ボディサイドは・・・

少~しだけ曇っている感じです。

ホイールも・・・

少しだけ汚れが付いていますがピッカピカです(笑)

ピッカピカですけどこのピッカピカを維持する為にも今回はホイールコーティングの

ご依頼も頂いております!

 

ご覧頂きましたように流石トヨタ!って感じの綺麗な塗装面です。新車でもメーカーによって

塗装面の状態に違いが出ます(^^;)

トヨタは全般的に塗装の曇りも少なくて綺麗な車が多い印象です! パッと見は同じような塗装ですが

やはりメーカーごとに塗装も”品質”が違うんです。

いゃ~奥が深いですね(笑)

今回は綺麗な塗装面でしたがそれ以上に綺麗にしていきたいと思います。

では作業開始!

 

ボディの前にウインドウのコーティングもご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

まずは現状です↓

フロントは油の付着も少なくお綺麗でしたが・・・

リアは・・・

若干油っぽかったです。 何故だかウインドウごとに違う場合も多いです。不思議だぁ(笑)

綺麗なウインドウも、そうでないウインドウも下地を作ります。

運転席と助手席は撥水ガラスですので今回は作業していません(^.^)/

最近撥水ガラスを使っている車が多くなってきましたが同じ車種でもグレードごとに

ノーマルガラスだったり撥水ガラスだったりで正直、全てを把握する事が出来ません(^▽^;)

その都度確認しています。 ある車種ではリアウインドウ(バックドア)も撥水ガラスっぽいんですけど

カタログ見ても書いていないし、でも撥水ガラスっぽいし・・・

メーカーのお客様相談室に電話して聞きましたよ(笑)   やっぱり撥水ガラスでした。

磨かなくてよかった~。

でも↓は磨きましたよ。

油っぽさも無くなって綺麗になりました。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

結構多かったです(^^;)

リアも・・・

多めですね~。  新車でも結構付いているものです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

いい感じです!

リアも綺麗になりました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はお綺麗な塗装面ですので軽く磨いて塗装面を整え・・・

PCX-S8でコーティングしました!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとリアバンパー下部の樹脂部も樹脂コーティングしました。

ちょっと写真が分かりにくくてすいません。 黒さが増して艶々になってます。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで滑らかです。

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね!

トランクは・・・

シミも無くなりましたよ~。

ボディサイドも曇りが取れてクリヤーですね(*^_^*)

ピッカピカなホイールも更にピッカピカになりました。

オーナー様も驚いていましたが施工した私もピッカピカになってビックリしました(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのマークXボディコーティング完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

艶感が感じにくいパールホワイト、しかも新車・・・なんですがちゃんと磨いて

コーティングするとツヤッツヤの艶を感じる仕上がりになります(^_-)-☆

オーナー様も『うわぁ~スゲ~ 違う違う 違いますね~!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございました。

オーナー様も私と同じで、若かりし頃を車で遊んでいた世代のご様子です。それもどっぷりと(*^_^*)

オーナー様とお話していると私と同じ年代のようで、やってきたことや遊んできた場所(走ってきた)が

まぁ通じる通じる(笑)  もしかしたら何処かでお会いしていたかも??(笑)

だから尚更、FFの車じゃなくてFRに拘るのも凄~くよくわかります!

マークXはこの型が最後で次はカムリに統合されるという噂も聞こえます。オーナー様はカムリの購入を

少しお考えになられたようですが”やっぱりちょっとカムリは違うんですよね~”とマークXにされたようです。

きっと私と同世代で車でどっぷりと遊んできた方は“わかる~”とお思いになる事でしょう(笑)

いゃ~ある意味、あの頃は車好き、走り好きには本当にいい時代でしたよね!

昔はよかった~。

なんて言っているのは歳を取った証拠でしょうか??(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ランクルプラドのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです!

ソリッドブラックのランクルプラドです!こちらのプラドは納車から1ヶ月程の新車になります。

シミやキズが付きやすい非常にデリケートなソリッドブラックです。納車から1ヶ月程

経過してしまいました現状が何となく想像できますが(^^;早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが付き始めておりました(汗)

ルーフは・・・

白っぽく点々と無数に見えるのは保護シートの粘着物でしょうか? ルーフの広範囲に付いていました。

ボディサイドは・・・

軽めの洗車キズが確認できます。

しかし反対側のドアには・・・

かなり深めのキズが入っていました(>_<)

オーナー様も“磨きで落ちます??”とご心配でしたが正直ちょっとキビシイ感じです(大汗)

それとリアピラーには・・・

既に沢山のシミが付いています。流石ソリッドブラックです。短期間でも情け容赦なくシミが

付きます(^^;

ホイールは既に社外品に交換済み! 納車して直ぐに交換されたそうです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。

 

ご覧頂きました様に納車からまだ1ヶ月程ですがシミが既に付き始めています。それと洗車キズも

所々に入り始めていました。そしてルーフの糊残りかと思うんですけど白っぽい点々が

付いています。 新車は糊残りが付いているお車が実は非常に多いんです。特にルーフの高い

ミニバンやSUVに多い気がしているんですが、コレはルーフが高くて作業がしにくいからなのか?

はたまたルーフが高くて気が付かないからこれ位でいいゃ!なのかはわかりませんが

とにかく背の高い車は糊残りが多い気がします(ーー;)

まぁ私がブチブチ言っていてもしょうがないので(笑)早速新車以上の姿に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車をしてから鉄粉除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

黒い車だと何だかわかりませんね。特に写真だと(^^;) 実車だとよ~く見ると確認できるんですよ(笑)

今回は新車と言う事もあって少なかったです。

少ないので軽めの除去作業をしました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですが通常の新車磨きでは除去できそうにないシミやキズもありますので

新車磨き以上の磨きで仕上げています!

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回は新たに導入を予定しているコーティング剤を

使用致しました。

今回当店初使用です(^_^)/

何を使ったかはヒ・ミ・ツ♥  撥水の仕方は低撥水に近い感じです。

こちらのコーティング剤も近々導入予定ですのでご興味ある方はお問い合わせください!

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。

ボディサイドの洗車キズもサッパリしましたが・・・

反対側のドアのキズは・・・

やはり完全には消せませんでした(・´з`・) 写真に写りやすいようにライトを当てていますので

白く線が入っていますが実際は写真程は目立ちません。

オーナー様も『いゃ全然大丈夫です!』とお喜びになられておりました!  良かった~(*^^*)

リアピラーのシミも綺麗になりました。

ホイールもコーティングして光沢UP!!

そしてブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、ボディコーティング完成です!

ピカピカに仕上がりました!

新しく使用したコーティング剤もクリヤーで綺麗な艶を出しています(´▽`*)

オーナー様も『スゲ~。スゲ~綺麗!!』!!『やっぱり違うな~』と、

とてもお喜びになられておりおりました!

そうです!そうなんです!!やっぱり新車も磨いてコーティングすると違うんです!!

ただコーティング剤を塗るだけではダメなんです。しっかりと下地を作るから

いい艶が出るってものです(^_^)/

ですので新車コーティングは新車も磨いている当店で是非どうぞ~!!

 

現行型150系のプラドが登場したのは2009年ですから、もう9年も経つんですね!

その間に2回程顔が変わっていますので3つの顔があるという事になります。

今回のプラドが最新の顔ですが、なかなかスマートでイケメンです。この前の型の顔は

少し“アク”が強く好みの分かれる顔でした。最初期モデルは今見ると、おとなしい雰囲気で

優しい顔ですね! どの顔も良さがあり各モデル人気があってプラドに憧れている方も多いです。

何を隠そう私もその内の一人でもあります(笑)

やっぱり一度くらいは大型の本格四駆を乗ってみたいものです(´▽`*)

そうそう。大型と言えば次回も大きくて黒いお車のご紹介です!

車種は・・・ミニバンで車高が高くて磨きが大変そうな4輪駆動のお車です(笑)

何かわかりました??  ミニバンで四駆と言えばアレですよ!!

そう!それです! 正解は・・・次回をお楽しみに~(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

日産エルグランドのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エルグランドのボディコーティングです!

こちらのブリリアントホワイトパールのエルグランドは納車から約10日の新車です!

エルグランドは実は当店初入庫だっていうのは内緒です。  全然内緒でもなんでもないですけど( ̄▽ ̄)

アルファードなどに比べると背が低いので、外で見るとそれ程大きく感じないんですけど

お店に入れるとやっぱり大きいですね(;´∀`) それもそのはず全高以外はエルグランドの方が

若干大きいようです。  大きい訳だ(笑)

そんな新車エルグランドの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真で見るとあまり気になりませんが若干曇っていました。よく見ると雨ジミも付いているようです。

ルーフは・・・

ボンネットと同じ感じで少し曇り気味です。 それと↑の写真のライトの右下に見えるのが

保護シートの糊残りです。数ヶ所に確認できました。

ボディサイドも少し曇っていてライトがボヤッと見えます。

リアゲート同じくボヤッとしています。

ホイールもブレーキダストで少々汚れ気味でした。

 

全体的に少々塗装面が曇り気味です。新車でもこの程度の曇りはよくある事なんですけど、

よくあるからってしょうがないで諦めてはいけません(笑) 新車でも磨けば更に美しくなります!

曇りを除去すると光沢や透明感が出て新車より綺麗な新車になります(^_^)/

今回の新車も新車以上に仕上げていきますよ~。

ではでは作業開始~!!

 

ボディコーティングの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

結構油膜が付いていて油ギッシュですね(^^;)

油ギッシュなガラスを磨いて油膜を除去していきます。

油も無くなって水を弾きません。 これがガラスの素の状態です。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして・・・

撥水処理完成です!

 

そしてお次はボディの番です。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をおこなっていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットは少なかったんですけどフェンダーは結構付いています。

そしてルーフも少なかったんですけど・・・

リアゲート上部も多いですね(;´∀`)

新車なのに何故こんなに??  それは・・・ボンネットやルーフに鉄粉が少ないって事がヒントに

なります。

答えはWEBで!!

 

WEBでしたね(;´∀`)

後でオーナー様に伺いましたらこちらのエルグランドは長期在庫車だったそうです。

長期在庫車は在庫場所(モータープール)の場所によりますが鉄粉が多く発生する場所でしたら

そこに置いている車も鉄粉が多く付きます(涙)

たぶんそのような場所に保管してあったのでしょう。(あくまでも予測です)

では何故ボンネットやルーフには鉄粉が少なかったかと言いますと・・・

答えはCMの後で!!  しつこい!!

それは保護シートが張り付けてあるからなんです。 保護シートが張り付けてあるボンネットやルーフは

当然鉄粉が付きません。しかし保護されてない所はやっぱり鉄粉が付いてしまうんです(*´з`)

凄いぜ保護シート!!

まぁその保護シートの糊残りがルーフに付いてはいますけど・・・凄いぜ保護シート!!

話がそれましたが鉄粉処理をして再度クリーナーを吹き掛けて再チェックです↓

綺麗になりましたよ~ん。

リアゲートもスッキリとしました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車で基本的にはお綺麗ですので軽めの磨きで塗装表面の曇りを除去してスッキリと

仕上げていきました。

そしてコーティング剤の登場です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

当店の人気者、PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなって艶やかです。

ルーフも糊残り無く綺麗ですね!

ボディサイドもライトがスッキリと映り込むようになりましたね。

リアゲートも綺麗です。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでキッチリとコーティングしました!

やっぱり光沢も上がって綺麗になります(^_^)/

そしてブリリアントホワイトパールの日産エルグランド新車コーティング完成です!

クリヤーで艶やかなブリリアントなホワイトパールに仕上がりました~!(^^)!

新車も磨くと更に艶が出て透明感も増します!

仕上がったエルグランドとご対面いたしましたオーナー様もとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

新車と言いましても状態は様々です。

工場を出て直ぐにお客様の手元に届くお車もあれば長期在庫として置いてあった車も

新車としてお客様に届きます。

今回のお客様は長期在庫車とわかっていてご購入されたので問題ありませんが、中には何もお客様に

伝えない場合もあるようです(^^;) 長期在庫車と聞くと何故か良い印象をお持ちになられない方も

多いようですが全然そんなことはございません。 確かに今回のように鉄粉が多く付いていたり

シミが付いていたりする車もありますが、長期在庫車とわかっていてご購入されればむしろいい事も

ございます。 それは・・・値・引・き♥

今回のオーナー様もちょっとビックリするほど値引いてくれたそうです。

値引き額を聞いた私もビックリです(;’∀’)

これなら値引き額分でコーティングすれば新車より綺麗になるんですから問題ないどころか

ウハウハです(笑)

いやいやその値引き額なら、あと数回はコーティングできますので・・・

 

またのお越しをお待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノーメガーヌのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー メガーヌのボディコーティングです!

ブルーアイロンメタリックの新型メガーヌです!

とても綺麗で鮮やかなブルーのこちらのメガーヌは納車当日に当店にご入庫くださいました

新車でございます(*^^*)

今回はボディコーティングとホイールコーティング、ウインドウコーティングそしてウインドウの

断熱フィルム等々フルコースの施工メニューとなりますので早速ご紹介していきましょう!

 

まずは現状確認です。↓はボンネットです。

洗車キズでしょうか?よく見るとボンネットはキズがやや多く付いていました(^^;)

ルーフも・・・

写真ですとあまり付いていない感じですけどルーフも結構キズが多いんです(汗)

↑はリアピラーです。ここも拭きキズでしょうね~。横の黒いスポイラー部もグルグルとした

巻きキズがついています。

ホイールはやはりブレーキダストが多く出るようで既に茶色く付着していました。

特にホイールの内側はかなり茶色くなっています(^▽^;)

 

全体的に見ますと洗車時などに付いたと思われる拭きキズがやや多く付いています。色的にもキズが

付きやすいとは思います。しかし新車でもこれ位キズが付いている事は実は珍しい事ではなく

残念ながら良くある事です。 今回はこのキズを磨いて除去して新車らしい塗装肌にしていきたいと思います。

では作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

↑は水が掛かっている状態です。 油膜も無く綺麗に親水の状態になっていました!

しかし綺麗でも下地を整えていきます。  油膜付いていなくても油膜以外の物も付いていますので(笑)

その後にウインドウ専用コーティングでコーティングし最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。多くはありませんがポツポツと

確認できます。

リアも少し付いていました。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶサッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりましたね。

その後、今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回の磨きですが通常新車は軽めの磨きで塗装表面の曇りなどを除去し塗装表面を整える

のですが今回は拭きキズが多いので通常の新車磨きよりも少し強めの磨きでキズを除去して

仕上げていきました。

その仕上がりました塗装面には今回はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとドアノブのカップ部にキズ防止のプロテクションフィルムを張ったり・・・

フロントウインドウとサイドウインドウには透明の断熱フィルムを貼ってもらったり・・・

↓は透明フィルム貼り付け後の可視光線透過率です。70%以上無いと車検はアウトになります。

貼り付け後で76%で問題なしです(^_^)/

 

ではその他の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズもだいぶ除去できスッキリとしました。

ルーフのキズもスッキリです!

リアピラーとその横のスポイラー部も綺麗になりましたよ~(´▽`)

ホイールもコーティングしています。 ブレーキダストが多く出る輸入車にはホイールコーティングは

必須アイテムです! ダストのこびり付きが低減するだけではなく光沢も上がり綺麗です!

そしてタイヤの艶出しもおこないましたら・・・

ブルーアイロンメタリックの新型ルノー メガーヌのボディコーティングやその他諸々の

完成です!

いかがでしょうか。

より深みのあるブルーアイロンメタリックに仕上がりました(^_^)/~

ルノーのメガーヌは新旧含めて当店初入庫でした!新型のメガーヌはCシェイプヘッドライトと言う

特徴的なヘッドライトが目を引きますね!リアランプも立体的でクールな雰囲気のデザインで

とてもカッコイイです。メガーヌに限らず最近のルノーのデザインはどれもカッコよくて国産車とは

また違う雰囲気を醸し出しています!

最近日本ではルノーやシトロエン、プジョーなどのフランス車の売り上げが伸びているそうです。

確かにどのメーカーも国産車とは違い個性的なデザインで魅力溢れています。

その昔はフランス車に乗っている方は間違いなく”マニア”の方でしたが(笑)今は以前よりディーラーも増えて

より身近になって買いやすい環境にもなりました。

最近の国産車は”どうもなぁ~“と思いでしたらフランス車などいかがでしょうか??

国産車とは一味違う雰囲気を楽しんでいただけると思いますよ(^_^)/

フランス車の営業マンみたいな事を言っている私ですが、まぁ正直私は一度もフランス車を

所有したことはありませんのでアレですけど(^▽^;)  一度は所有してみたいです!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ノア“W×B”のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ノアのボディコーティングです!

こちらの納車間もない新車のトヨタ ノアは“W×B”と言う特別仕様車のお車になります。 ノアのホワイトは

ホワイトパールクリスタルシャインとラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークと

言う非常に長い名前の2つのパールホワイトが設定されているそうです。

同じパールホワイトですがラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(長が!)は少し

イエローが強く見えますがホワイトパールクリスタルシャインは白って感じのパールホワイトです。

今回のノアは白って感じの方のホワイトパールクリスタルシャインです(笑)

そんな白いパールホワイトのノアの現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から2日程しか経っていませんのでお綺麗です。

ルーフも・・・

基本的にはお綺麗なんですが、よく見ると所々に・・・

ワックスの拭き残しでしょうか?? 最初は保護シートの糊残りかと思いましたが違うようです。

何かケミカル類の拭き残しのようです。 ルーフに数ヶ所程付いていました。

ボディサイドです↑塗装の曇りも少なくて綺麗ですね! トヨタ車は全般的に塗装が綺麗で

曇りも少ないです(^_^)/

リアゲートも・・・

お綺麗です。

ホイールは・・・

ブレーキダストで少々汚れていました。

全体的にトヨタの塗装らしく曇りも少なくお綺麗でした! ルーフの”何かの“拭き残しはディーラーの

納車前仕上げをした時の名残でしょうね。 確かにミニバンはルーフが高くて大変ですが・・・(^^;)

それ以外は特に問題もございませんでした。

 

では作業の方をご紹介していきましょう(^_^)/

まずはウインドウコーティングです。↓は現状です

なんでしょう?なんとな~く、そしてものすご~く弱々しく撥水?しています。撥水剤による撥水では

なさそうです。

とにかく綺麗にしていきましょう(笑)

撥水?している要因と思われる”何かの油分を“除去します。

油分が無くなったガラスは水を掛けると水を弾かずに膜状に広がる親水の状態になります。

親水の状態です↓

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティングでコーティングして最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です!  しっかりと力強く水を弾いています!(^^)!

 

次はボディです。

まずはいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ポツポツと確認できますね。しかし新車と言う事もありまして全体的に鉄粉の付着は少ないです。

リアも・・・

少なかったです。

少ない&新車という事で今回の鉄粉除去は軽めに行いました。

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきました。

磨くと言いましても今回ノアは曇りも少ないので塗装表面を整える程度の軽めの磨きをしました。

そして整った塗装面には今回はこちらの・・・

気持いい水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、軽い磨きでも比べて頂くと違うんですが・・・

写真だとわからないですね(^^;)

ルーフも・・・

正直写真だと違いがわかりません(汗)

でも

何かケミカル類の拭き残しのような物が無くなったのはわかって頂けると思います。 よ~く見ると(笑)

ボディサイドもよりスッキリとしました!

リアも若干の曇りも無くなり更にクリヤーになってます。

それと今回はホイールのコーティングもご依頼頂いております! ホイールコーティングをしますと

汚れの固着が低減してお手入れが楽になります。そして光沢感が上がります!!

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新車トヨタ ノア“W×B”のボディコーティング完成です!

ホワイトパールクリスタルシャインの名にふさわしくクリスタルのように輝くパールホワイトに

仕上がりました!(^^)!

でも写真ですとちょっと上手く伝わらないんですけどね(^▽^;)

写真ですと伝わりませんがノアを引き取りに来られましたオーナー様は『うわぁ~すげ~ピカピカ』っと、

とてもお喜びになられておりましたのでご安心ください(笑)  私が一番安心していますが(^^;)

 

このクラスのミニバンは大き過ぎなくて使い勝手が良くファミリーカーとして考えると最強です(笑)

特に小さいお子様のいらっしゃるご家族には最高です。 最強で最高です(^_-)-☆

室内は広くて快適そして室内で着替えも楽々!しかも最近は燃費も良くてお財布にも優しい。

特に2列目は広くて快適なんでどうしても運転席のお父さんは、一人でポツンと運転手さんに

なりがちですが(^^; ご家族の為にめげずに安全運転で頑張りましょう(笑)

そして楽しい思い出をいっぱい作ってください!!ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。