ボルボV40のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV40のボディコーティングです!

H29年式デニムブルーメタリックのボルボV40です!

昨年ご購入されたそうですが年末年始辺り洗車して以来、今年は洗車していないとの事で

なかなかの汚れっぷりでございました(^▽^;)

デニムブルーと言うブルーなんですけどブルーっぽさがと言いますかデニムっぽい青さが・・・

見あたりせん(;^ω^)

近くで見るとブルーと言うよりも・・・

グレーっぽいです(汗)

↑のままですと現状をご紹介できないので(これが現状ですが(笑))洗車後に撮ったのが↓です。

ブルーになりました(笑)  シミはそれなりに付いていましたが洗車していない事もあってか

スクラッチは少ないですね!

ルーフも・・・

シミやクスミがありますが洗車キズなどは少ないです(^_^)

ボディサイドは・・・

お綺麗です。

ただドア下などからは・・・

グリスがだいぶ流れ出てきていました(洗車前の写真です)

それとホイールも・・・

汚れ気味です(^^;) 輸入車は国産車に比べるとブレーキダストが多く出る傾向です。

 

ご覧頂きました様に全体的に汚れ気味です。正直、気味と言うより汚れています(^^;)

話は少しそれますが車の汚れ方って地域差が結構出ます。その保管している場所や使用している

場所によって汚れ方も全然違うから面白いです(笑)砂埃や泥汚れの多い車や樹液や木の実、虫の付着が

多い車やコケの付いている車など様々です。また季節によっても汚れ方が違ってきます。

いつもお客様のお車を洗いながら、どんなシュチエーションでお使いなのか想像しています(笑)   マニアか!!

話がそれましたが早速ボルボV40の作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着も無くて綺麗な親水状態でした。

しかしリアは・・・

油分が付いているようでダラダラと水を弾いていました。

綺麗だったフロントもしっかりと綺麗にしていきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていき、

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも

↓リアも・・・

ムラなく弾いているのを確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは梅雨のこの季節にピッタリのおすすめアイテムです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 ボンネットです↓

意外と、と言ったら失礼ですが少なめでした。

何となくもっと多いかと勝手に想像していました(^^;)

リアも・・・

少なめでした。  わかりにくい写真ですいませんm(__)m

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも綺麗になりました。

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回の磨きプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとして綺麗になりました(*^^*)

ルーフも・・・

深いシミの輪郭など一部残っていますがサッパリとしました。

ボディサイドは・・・

クリヤーですよ~!

グリス汚れもサッパリとしました。

ひび割れが見えますが・・・下のコンクリートが映り込んでるだけです(^^;) ご安心ください!

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングのご依頼も頂きましたのでよ~く洗ってからコーティングしました!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストの固着も低減できホイールを

洗うのが楽になります。 ブレーキダストが多く出るお車には特におすすめです。

そしてデニムブルーメタリックのボルボV40ボディコーティング完成いたしました!

デニムっぽいブルーメタリックになりました(笑) これならデニムブルーメタリックの名前も納得です!

色に深みを感じて頂けるように仕上がったと思います。

オーナー様も『綺麗~。艶が出た!これからは大切に乗ります』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

今日で6月も終わりです。 早いもので今年も半分が過ぎていきます。本当に早いですね(^▽^;)

当店のございます神奈川県はまだまだ梅雨真っ只中で洗車しても洗車しても直ぐに汚れています。

昨年は関東地方梅雨明けが異常に早くて6月28日に梅雨明けでした。今年は例年通り7月20日前後の

平年並みの予測のようです。その予想通りでしたら、あと3週間ほどこのジメジメと不安定なお天気が

続く訳で洗車マニアには憂鬱な日がもう少し続きます(;´∀`) 洗車マニアでなくても梅雨時期は

なんだか何かと憂鬱になりがちですが、あと(たぶん)3週間頑張って乗り切りっていきましょう!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産エクストレイルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXになります!

ノーマルのエクストレイルに対して専用のアンダーガードやホイールを装着し、オフロード寄りの

タフなイメージを強調した人気のグレードです(*^^*)

近くで見ると意外とデカくてイカツイです。 黒ですので尚更です(笑)

こちらのエクストレイルは新車です。そんな新車エクストレイルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車とは言え納車から約10日程経過していて、しかも雨にも降られていますので

少し汚れています。 また花粉ジミや”蜂の糞“の付着が多かったです。

汚れていても何となく塗装面が曇っている感じが伝わってきます(^^;)

ルーフも・・・

汚れを差し引いても、少しボヤけ気味です。

ボディサイドも・・・

何となくスッキリしていません。

それと・・・

リアゲート部にはポリッシャーで磨いた痕跡が確認できます。

ライト右横が白っぽく見えると思います。これはキズやシミなどを加修した跡です。

ホイールもやや汚れ気味です。

 

写真が洗車前の状態ですので塗装面の曇りが少しわかりにくいんですけど、全体的に

ボヤけ気味でスッキリとしていませんでした。

また加修の痕跡も確認できます。新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を除去する為に

磨く事はよくある事です。よくある事と言うより黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい

よくある事なんです。 問題はその加修の痕跡が残ってしまってる事です。

普段はもしかしたら気が付かないかもしれませんが、日が当ったりライトが当たると

そこだけギラギラと光って不自然に見えます。これは加修跡(磨きキズ)に光が当るとキズで光が

乱反射して見えてしまう為です。

この加修跡もサッパリと仕上げていきたいと思います。では作業開始!!

 

まずはウインドウからです。新車コーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼を

いただく事が多い人気メニューです。

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでまずはウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です。

↑フロントウインドウは油分の付着も無くお綺麗ですが・・・

リアウインドウはやや油っぽいです(^^;)

これを・・・

綺麗に落として下地を整えます。下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも・・・

油っぽかったリアウインドウも綺麗に撥水しています!

全ウインドウを確認しましたらウインドウコーティングは完成です。

 

そしてボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

見えません。実車だと近くでよ~く見るとポツポツ確認できますが写真だとキビシイですね~(^_^;)

今回は新車ですので軽めに行ないました。

そしてマスキングです。

黒いボディに黄色いマスキングテープ姿・・・結構好きなんです。私(笑)

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

特に今回はスクラッチシールド車ですのでマッチングがとても大切です。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤は…

低撥水性のハイディーンを使用致しました。

シミの付着が気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白っぽく点々と見えるのは・・・ホコリです(^^;) ごめんなさい。

花粉のシミは除去できていたのですが”蜂の糞”の跡は既に塗装面を痛めてしまっていて・・・

除去できませんでした。  蜂の糞は塗装を痛めます。

写真を撮ればよかったんですが・・・

撮らなかったので(汗)以前作業した違う車の画像です↓

塗装が↑のようにプクッと膨らんで来てしまいます。 結構短時間で↑こうなりますので

蜂糞は早めに対処してください。

話がそれましたがルーフです↓

ルーフも綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

あれっ!?写真だとあまり変わり映えしない??・・・(汗)

よ~く見てください!ライトの輪郭がシャープに映り込むようになっていますので(*^^*)

そしてリアの加修跡も・・・

スクラッチ除去出来ました!  白っぽく見えていたギラつきもスッキリと無くなりました。

そしてホイールはホイールコーティングしています。

意外と複雑な形状で大変でした(笑)

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX新車コーティング完成いたしました!

クリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

いゃ~気持ちいいですね!

最近の日産車やトヨタ車で、一般のクリヤ塗装よりキズが付きにくく、更にキズを自動修復してくれる

特殊なクリヤー塗装車が多くなってきました。

日産はスクラッチシールドでトヨタはセルフリストアリングコートですね!

こちらのエクストレイルもそのスクラッチシールドなんですが・・・加修跡は消えていません(^_^;)

自動修復なので消えてもいいんですが・・・実際は消えないんです。 逆に磨きキズが付きやすくて消しにくい、

違う意味でも”特殊な”クリヤー塗装なんです(^_^;)

このスクラッチシールドを磨くには特殊クリヤーの知識が必要なんですけど、そこを理解していないと

スクラッチシールド車を磨く事はできません。 いゃ磨く事は出来ても仕上がりは車全体が加修跡だらけのように

ギランギランになってしまいます(^▽^;)  怖いですね~

中にはスクラッチシールド車など特殊クリヤー塗装車はお断りするコーティング屋さんもあるようです(^^;)

スクラッチシールド車でお断りされてお困りでしたら当店にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバル インプレッサスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル インプレッサ スポーツのボディコーティングです。

クォーツブルーパールの新車のインプレッサ スポーツです!

こちらのオーナー様は以前よりスバルXV等で当店をご利用いただいており、今回はXVから

インプレッサ スポーツにお乗り換えになられたそうでコーティングのご依頼を頂きました。

ボディコーティング以外にもウインドウコーティングやホイールコーティングのご依頼も

頂いております。ありがとうございます。

では早速スバル インプレッサ スポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から数週間程経過しているという事もあって花粉によるシミも

確認できます。塗装面も若干曇り気味です。

ルーフも・・・

多くはないですが花粉の影響を既に受けておりました(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でライトの映り込みがボヤッとしています。

リアは・・・

こちらもボヤけ気味です。

ホイールは・・・

以前のXVに装着していたホイールを既に移植済みです。そして汚れ気味です(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干曇り気味(白ボケ)で更に季節柄、花粉の影響も受けていて花粉ジミが確認できます。

若干曇り気味の塗装面は、ある意味スバルらしいです(^^;) スバルに限らずですが同一車種の

同じボディカラーでもバラツキがあってスッキリと曇りの少ない車もあればちょっとビックリする程

曇っている車もあるんです。

こればかりは自分で車を選べる訳でもないですし、納車してからでないとわかりません。

もしビックリする程曇っている車が自分の所に来てしまったら・・・ご安心ください!

磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

今回のインプレッサはそこまで酷い曇りではないですが磨けば今以上にスッキリとクリヤーになりますので

磨きを入れて新車以上の塗装肌に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油膜の付着も無くお綺麗です。  これでも水が掛かっているんですよ!

しかし・・・

リアウインドウは少し油ぎっています(笑)

運転席と助手席は元々撥水ガラスですので・・・

それ以外のガラスを綺麗にしてコーティングしていきます。

最後に撥水力チェックをします↓

フロントもコロコロです。

リアもバッチグ~!  今、普段の会話でバッチグ~って言う人はあまり(全然??)いませんけどね(笑)

でもバッチグ~です(^_^)/

尚、アイサイト装着車(フロントウインドウ)へのウインドウコーティングはお客様のご希望が

ある場合のみとなります。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

新車ですがそれなりに付いている様です(^^;) XVの時もそうでしたがお車を止めている場所が

鉄粉が多い場所なんだそうです。

リアは・・・

鉄粉に反応した紫色が“流れ”ているので少しわかりにくいですがリアもやや多めに付いていました。

鉄粉処理をしたら再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました。

鉄粉が終わりましら磨きに備えてマスキングをしていきます。

マスキングは磨きの時に使うコンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店ではマスキングは塗装の状態によっては、

あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など様々です。

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉ジミも無くなりスッキリとしました。

リアも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

スッキリとしてライトの映り込みもクッキリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールもよ~く洗ってコーティング!  艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバル インプレッサ スポーツ、新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々新車で艶がいいので写真だと違いが分かりにくいんですけど(汗)近くで見ていただければ

塗装表面の曇りが無くなって透明感と光沢が更にあがったクォーツブルーパールに仕上がって

おります(^_-)-☆

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見るともちろんキラッといい艶感なんですけど夜の街灯の下

などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね!

きっと惚れ直すことでしょう(´▽`)

あっ!もちろんPAやSAなど安全な所でね(笑)

 

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

今回のインプレッサはそこまで酷い曇り(白ボケ)ではないですが曇りの酷いお車や納車前から花粉ジミが

付いているお車など新車でも何かしら不具合がある事が非常に多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル WRX S4のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX S4のボディコーティングです!

H28年式WRブルーパールのWRX S4です!

屋外屋根ありの駐車だったそうですが訳あって数か月ほど屋根なし駐車になってしまったそうです。

そしたらあっという間に汚れが進んでしまったとの事です。

屋外駐車でも屋根があるのと屋根がないのではお車の汚れ具合は全然違うんです(^^;

オーナー様もこんなに違うものかと驚いたそうですが、それくらい違うんです。

では3年経過致しましたWRX S4の現状を確認していきましょう!

少し汚れ気味で塗装面の状態が分かりにくいので↓は洗車後に撮った写真です。

花粉にシミも確認できます。しかし3年経過のスバル車と考えますとシミは少ないと思います!

屋根あり駐車場の威力です!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いているには付いていますが少ない方だと思います!

しかしトランクには・・・

局所的に盛大にスクラッチが付いていました。 よ~く見ると丸く何かの跡があったので

何か付いていたのかな?  と思い、あとでオーナー様に聞いたらアンテナがここに付ていたとの事でした。

その痕跡だったんですね(^^)

ボディサイドは・・・

若干曇っている感じでしたがシミもスクラッチも少なくてお綺麗です!

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れ気味です。

 

全体的に艶もあってまだまだお綺麗ですが近くで見ますと細かなシミやスクラッチが確認できます。

ちょうど花粉の時期に屋根なし駐車となってしまっ為にそれ程酷くはありませんでしたが

花粉のシミも確認できました。しかし先ほどお話しましたように3年経過のスバルの

ブルーと考えますと塗装面の痛みは少なく良好ではないかと思います(^_^)

傷んだ塗装面を綺麗にするには研磨(磨き)が必要で痛みが少ないうちに塗装面をリフレッシュすれば

研磨量も少なくて済みます。ですのでこちらのWRX S4もリフレッシュにはいいタイミングだと思います!!

ではWRX S4のリフレッシュを開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

青いボディに紫なんで写真だとよくわかりませんがよ~く目を凝らして見て頂くと

なんとな~く見えてくると思います(笑)

目が慣れると意外と鉄粉が多めに付いている事に気が付きます(^▽^;)

リアも・・・

こちらの方が確認しやすいですね!?

目を凝らして見えてくるはず!さぁウォーリーを探してみてください!  いゃウォーリーはいませんけど(^^;)

 

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックします↓

目を凝らして見ても綺麗です(笑)

トランクも・・・

目を凝らして見ても、もうウォーリーはいません!  まぁ初めからウォーリーはいませんけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

また違うコーティング剤となります。

私も自分の車などで試していましたがシミの付着も少なくて光沢感も良くとてもいい感じでした!

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも綺麗サッパリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

トランクのスクラッチも・・・

無くなって艶々です。

ボディサイドだって・・・

ライトの映り込みもスッキリとクリヤーですね。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングして艶々です!

WRブルーパールのスバル WRX S4ボディコーティング完成いたしました!

相変わらず写真だといまいち艶感など伝わらないんですけど(^^;)今回使用したコーティング剤が

これまたいい艶を出しているんです!  クリヤーで艶々に仕上がってます!!

愛車とご対面したオーナー様も『なんじゃこりゃ!』と驚いていました(笑)

いゃ~想像以上に綺麗。映り込みが違う!色が変わった!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございます。

現在は駐車場に屋根が出来たそうで一安心です(*^_^*) 屋根ありと屋根なしでは汚れ方が

全然違うと言いましたがそれ以外にもコーティング剤の耐久性も全然違ってきます。

特に撥水(水弾き)の耐久性が全然違ってきます。

理想は室内空調付きのガレージですけど私には到底無理な案件です(笑)

望みはただ1つ!宝くじ売り場へレッツゴー!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ノート e-POWER NISMO S のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングです!

納車から間もないブリリアントホワイトパールの新車のノートニスモです。

人気者のノートですので街中で見掛ける機会が多いんですけど、そのスポーツバージョンである

ノートニスモもよく見かけます。実際結構売れているそうですね!

そしてこのニスモSは通常のニスモよりパワーとトルクが向上していて特に最大トルクは320Nmと

ガソリン3リッター車クラス並みなんだそうです(*’▽’) この小さなボディにこのトルクなんで

遅い訳はないですね(笑)

話がそれましたがノートe-POWER NISMO Sの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ですが曇りが確認できますけどお綺麗でございました!

ルーフも・・・

曇りが少なくてお綺麗です。

ボディサイドも・・・

同じく若干曇っています。

この流れですとリアゲートも・・・

やはり少し曇り気味でございました(^^;)

ホイールは既に汚れ気味でした(^^;) 今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので

ホイールもコーティングしていきます!

 

全体的に各パネル共に若干曇りが確認できますが、曇りの程度で言いますと少ない方だと思ます。

それ以外に目立ったシミやスクラッチも確認できず塗装面の状態は良好でございました。

それでも軽い曇りがありますので、その曇りを無くせばもっとクリヤーで艶々肌になります!

では艶々のクリヤー肌を目指して作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

(*‘∀‘)とても少ないですね!  素晴らしい!!

リアも・・・

ポツポツは確認できますが少なかったです。

と言う事で今回の鉄粉除去は軽めにおこないました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの組み合わせを変えてポリッシングしています。

そして磨きが済みましたらやっとコーティング剤の出番です。

新車でもここまでの工程を経ないとコーティングが塗れないんです(*^_^*)

何故かと言いますと・・・コーティングは下地が大切だからです!!

磨かないとあの”曇りは”取れない訳で、ポリッシングしないでコーティングすれば曇りはそのままな

訳です。 となれば仕上がりも艶は上がるかもしれませんが曇りはそのままです(^^;)

ですので新車でもここまでの工程が必要になります!!

今回のノートニスモSにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ア アレ、写真だと違いがわからないぞぉ(汗)

ルーフは・・・

よ~く見比べて頂ければモヤモヤが取れてスッキリとしたのがわかって頂けると思います。

ですのでよ~く見比べてください(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらの方が違いがわかりやすいと思います。

スッキリとしてライトの輪郭もシャープになっています(^_^)/

リアも・・・

サッパリとしましたね!

そしてホイールも・・・

コーティングして艶々になりました。コーティング後は綺麗になっただけではなく

ホイールを洗うのが楽になります。

そしてブリリアントホワイトパールの日産ノートe-POWER NISMO S 新車コーティング完成です!

曇りが取れてよりクリヤーで艶々ボディに仕上がりました!

なかなか新車のパールホワイトは写真だと施工前後の違いが伝わらないんですけど

実車の方は艶感の向上を感じて頂けると思います(^_^)/

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしていては綺麗にはなりません。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

話は変わりまして・・・

先日、名古屋で行われました『名鉄AUTO 30th Anniversary. BMW&MINI FESTA in吹上』の

展示車両施工のお手伝いに行ってきました。 その時の様子をちょこっとだけご紹介致します。

何故ちょこっとかって?? それは展示車両が100台以上でそれを限られた時間で終わらせなくてはならず

写真を撮っている余裕もなかったので・・・(^^;)

せめて会場の吹上ホールの全景くらいは撮りたかったんですけど、なんせ到着したのが集合時間の数分前で、

ギリギリ間に合った~と思ったら・・・皆様は既に集合済でした(^_^;)  すいませんでした。

と言う事で写真撮っている余裕もなかったです(汗)

 

今回の名鉄AUTO 30th Anniversary. BMW&MINI FESTA in吹上』は100台以上の展示車を

22名で展示仕上げを行っていきました。

右を見ても左を見ても・・・

あたり前ですけどBMW&MINIだらけです。欲しい車がいっぱいでした(笑)

↑私です。  いやぁ~カッコイイですね! 車が。

いい色ですね!

他にも色とりどりのミニがいっぱいでした。

しかし残念な事に写真を撮ったのはこれくらいです(^^;)

これだけですと私、1台しか作業してないように見えますが(^_^;)もっとやっています。 本当です(笑)

21時頃に作業は終了して解散!!帰宅の途につくのですが・・・つかないんです(汗)

ナビが古いせいか・・・きっとそうだと思います。 まぁ~道に迷う迷う。

環状線を1週半くらいした挙げく全然違う方面に走ってしまって・・・一般道に出るに出れないし、

出たくもないのに一般道に降りてしまったりと・・・ここは何処??一体何処に向かっているの??

久々にわけわかりませんでした(;^ω^)

しかし奇跡的に気が付けば東名高速の名古屋IC近くに居るではないですか(笑)  奇跡です!

何がどうなって名古屋IC近くに居たのかわかりませんが、とにかく全く意図しない名古屋ICから

東名に乗って帰宅したのでした。 帰れてよかった~(笑)

まぁ正直、行く時もちょこっと迷ってたんですけどね(^▽^;)

 

 

そして最後にノートe-POWER NISMO Sのギャラリーでお別れです!

また次回のブログでお会いいたしましょう!!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コバルトブルーのフリードモデューロXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ フリードモデューロXのボディコーティングです!

こちらのコバルトブルーパールのフリードモデューロXは昨年の11月にご購入されましたお車です。

ご購入から3ヶ月程経過しておりますが納車時にコーティングはしなかったそうで、今回当店に

お越しくださいました。

ボディコーティングとウインドウコーティングそしてホイールコーティングも纏めて

ご依頼頂きました。 ありがとうございます。

新車とは言え3ヶ月経過しているダーク系のボディカラーですので小キズなどあるとは思いますが・・・

それ以外にもあるんです(^_^;)

では3ヶ月経過致しましたコバルトブルーパールのフリードモデューロXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れていてよくわからないですね。よ~く目を凝らして見ると線キズが結構確認できると

思います。

しかし目を凝らしていると疲れると思いますので洗車後に撮った写真がこちらです↓

これなら目が疲れないと思います(笑)

初めからコッチ写真出せよ!って話ですよね。 すいませんm(__)m

ボンネットも線キズ(洗車キズ)があるんですけどルーフはもっと・・・

多いんです。 しかし写真ですとそのキズの多さがあまり伝わりません(汗)

しかも・・・

この辺りは加修の跡がバッチリと残っています。 もちろんオーナー様は磨いていないとの事ですので

納車前に何処かのタイミングで磨いたのでしょう。 キズやシミなど付いている場合に納車前に

磨いて手直しなどするんですが、その磨きが十分でないのでこの様に磨きキズやモヤモヤとした

通称オーロラマークが付きます。

ボディサイドは・・・

少し曇り気味です。

リアゲートも・・・

写真が下手ですいません。こちらも若干曇り気味でした。

ホイールも少し汚れていました。

 

3ヶ月経過ですので洗車キズなど付いているのは想定内です。オーナー様に伺ったところ納車から数回しか

洗っていないとの事ですのでボンネットのキズの量は納得です。しかしルーフはボンネットに比べると

明らかに多いです。ルーフに加修跡があるので、たぶん何かを手直ししてその後に一生懸命ルーフを

洗ったのでしょうね(^_^;)

納車前に付いたキズやシミなどの手直しは全然珍しい事でもなく実はよくある事です。

ある意味手直しはしょうがないとは思いますが、問題はその手直し跡が付いている事です。

しっかりとした知識と技術がある作業者が磨けば綺麗に仕上がりますが実際のところは・・・

そうじゃない方が磨くことが多いんです(汗)

でも安心してください! キッチリと磨けば綺麗になりますから!!

では作業を始めていきましょう!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水している感じはします(笑) 撥水と言うより油分ではじいてる感じです(^^;)

そのなんとな~く油っぽいウインドウを綺麗にしていきます。

そして綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! これが本当の撥水の状態です(^_-)-☆

 

続きましてはボディです。

洗車した後に鉄粉の除去をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

ボディが青い事もあって分かりにくいですね。ただあまり反応はなくとても少ないんです。

ネンド掛けしてみても・・・

使用前のネンドです↑

そしてこちらが使用後のネンドです↓

ネンドがあまり汚れていません! 鉄粉が少ないので今回は軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は納車から3ヶ月のまだ新しいお車ですが当店の新車プランは基本納車から1ヶ月以内のお車が

対象となります。 キズも少なければスタンダードプランでも可能ですが今回はその上の

エクストラプランでの磨きとなります。 エクストラプランはスタンダードプランより磨きの工程が

多くなり、よりシミやスクラッチが除去できる磨きとなります。

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリと!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

そして加修で付いた磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!  これで本当の加修終了ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスカッとクリヤーです!

リアゲートだって・・・

綺麗になったんですけどちょっと写真がアレですね(^^;)

ホイールも・・・

コーティングして艶々です(*^_^*)

そしてコバルトブルーパールのフリードモデューロX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^。^)ノ

塗装面がクリヤーになった事で色に深みが出ましたね!

オーナー様も『やっぱり違うなぁ~。全然違うよ!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございます。

 

今回は納車から少し時間が経っていましたが新車でもシミやキズが入っていることも多いです。

また納車前にシミやキズなど不具合箇所を手直し、その加修跡が付いているお車も非常に多いんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

新車も経年車もコーティングは是非当店で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディTTクーペのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディTTクーペのボディコーティングです!

デイトナグレーと言う名のパールグレーのアウディTTクーペです!

アウディTTクーペのパール塗装はこのデイトナグレーのみで、あとはソリッドとメタリックに

なるんだそうです。

そのデイトナグレーパールですが、とても綺麗なグレーでTTクーペのエッジの効いたボディに

とてもマッチしていると思います!

最近ご購入されたこちらのTTクーペはディーラーの試乗車として使われていたお車だったそうです。

納車前に磨きをしているそうで基本的には塗装面は悪くない状態でした。

 

ではアウディTTクーペの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言え、納車から少し経過していますので若干の汚れはございます(^_^;)

でもあくまでも表面の汚れで塗装を痛めているような深いシミやキズなどは少なかったです。

ルーフは・・・

何か付着しているのでしょうか??  ボンネットよりも汚れ気味でした。

リアは・・・

軽めのシミなどはございますが基本的にはお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも曇りやクスミもなくお綺麗ですが・・・ライトの右横あたりに薄い線キズが確認できます。

この手の線キズは深くキズが入っている事が多く磨いても除去できない事も多いんです(汗)

ホイールは・・・

ブレーキダストが多く出るアウディですがお綺麗でございました(^_^)/

 

ご覧頂きました様に若干の汚れは付いていましたが塗装面自体はシミやキズなど少なくて

とてもお綺麗でございました。展示車や試乗車は洗車キズが多く付いている事が多いのですが

今回は納車前に磨いてくれたそうですので綺麗な状態でございます!

とは言え、もちろんそのままコーティングする訳ではなくここから更に磨いて塗装面を

整えていきます!

では作業を進めていきましょう。 作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからのご紹介です。

ボディコーティングと同時にウインドウコーティングを施工される方が多く、今や定番メニューとなって

おります!  ありがとうございます。

↓は現状です

フロントウインドウは油分の付着も無く綺麗な親水状態です。 ↑は水が掛かっています!

もしかしたらフロントウインドウも磨いてあるのかもしれません。 ありがたや~ありがたや~(笑)

しかしサイドウインドウは・・・

フロントウインドウとは明らかに違っています(^^;)

サイドは磨いていないのかな??

とにかく・・・

油膜が付いていようが付いてなかろうが全てのウインドウを磨き直していきます(^o^)

その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続きましてはボディです。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ よく見ますとポツポツと確認できますがとても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉除去が出来ましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

元々少なかったので(笑)

違いが分かりにくいですね(^^;)

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

なんかカッコイイ(笑)  輪郭が強調されてコレはコレでカッコイイと思いませんか??

それはともかく磨いていきます。

今回は基本的には綺麗な塗装面ですのでハードな磨きはしていません。気になるシミや線キズを

落として塗装面を更に綺麗に整えました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装面でしたが、滑らかな肌になっております(^^)/

ルーフも・・・

 

潤いすら感じる仕上がりです!

ボディサイドは・・・

先ほど写っていた線キズはそれ程深くはなかったようで無事消せました。

ただもちろん全ての線キズを消せた訳ではなく、深い線キズなどは残っております。

リアは・・・

スベスベで気持ちいいですね~。

そして最後はホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールもコーティングして

仕上げています! ホイールコーティングはもちろん艶も向上してツヤピカになりますが

それともう一つ嬉しい効果があります。  それはブレーキダストの固着低減です!

ホイールコーティングしているのと、していないのとではホイールを洗った時の”楽”さが違います。

特にブレーキダストの多く出る輸入車ではお手入れのしやすさが違いますのでブレーキダストの

多く出るお車も、そうでないお車もお薦めです!

そしてデイトナグレーパールのアウディTTクーペ、ボディコーティング完成です!!

いい艶に仕上がりました!

何度もお話しておりますように元々お綺麗な塗装面でしたが、そこから更に磨きを入れて

コーティングを掛けると一段と艶と光沢感が上がります!

ガラスコーティングは日中の太陽の下でももちろん綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますと

より一層光沢感を感じて頂けると思います  なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた

愛車を眺めるのもいいものです(笑)

更に綺麗でカッコよく見えて愛車に惚れ直す事間違いないです(*^。^*)

是非お試しを!!

 

今回のアウディTTクーペはお綺麗でしたが、試乗車や展示車は洗車キズや小傷が多く付いているお車が

多いのが実情です。 今回のTTクーペは磨きをしてから納車してくれたそうですので、

とても良心的いないいディーラーさんですね!

しかも展示車や試乗車はオプション装備も充実している事が多く結構お買い得です。

お得にご購入できた分をコーティング費用に回せば新車以上に車を光輝やかせることが可能です(^_-)-☆

ですので運よく展示車や試乗車が販売されていたらご検討するのもとても良い選択だと思います!

そして当店のコーティングもご検討頂けると嬉しいです。   宣伝でした~( ̄▽ ̄)ニヤッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱アウトランダーPHEVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱アウトランダーPHEVのボディコーティングです!

こちらのホワイトパールのアウトランダーPHEVは納車からまだ数日の新車のお車になります。

アウトランダーは圧倒的にノーマルよりPHEVの方が人気だそうで納車も少し待ちだったようです。

そんな人気者のアウトランダーPHEVの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです

若干汚れが付いていますが塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でございました(^_^)/

ルーフも・・・

ボンネット同様で塗装自体はお綺麗です。

しかしボディサイドは・・・

少し曇りが気になります。

色々なお車を見てきましたがボンネットは曇りが少ないんですけどドアなどのサイド面の方が

曇っている車が多い気がします。 不思議です(笑)

リアゲートも・・・

少し曇っていますね。

 

全体的に見ますと新車と言う事でシミなど無くお綺麗でした。それとボンネットなど水平面は

塗装の曇り(白ボケ)など少ないんですがサイドの垂直面はやや曇り気味でした。

この曇りを取ってあげると、よりスッキリとクリヤーな質感になります!

新車時が一番綺麗だと思われる方が多いんですけど実はそうでもなくて、磨きを入れた新車が

一番綺麗な状態だと思います(笑)

中には非常に綺麗な塗装の新車も有りますが、ごくごく稀です(^^;)

という事で新車の更なる上を目指して作業開始~!

 

まずはウインドウです。

新車コーティング時の定番、ウインドウコーティングです! いゃ、新車コーティング以外でも

ボディコーティングと同時施工してくださる方が多い人気メニューです(*‘∀‘) ありがとうございます!

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

フロントは油膜も無くお綺麗でしたが・・・

リアは少し水を弾いています。この弾き方はもちろん撥水剤による水弾きではありません。

塗装の曇りと同じで1台の車なのにフロントは水を弾かない(綺麗)なのにサイドはやけに油膜が

付いていたり、リアウインドウだけ油膜ぽかったりとバラバラな車が多いんです。

何故なんでしょう??不思議です(;´∀`)

綺麗だとろうと、そうでなかろうとどっちみち・・・

綺麗にしていきますのでいいんですけど(笑) 不思議です。

ウインドウを綺麗にしましたら撥水剤を塗ってコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

フロント↑

リア↓

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングしましたお車はコーティング被膜維持(耐久性が伸びる)&ワイパーのビビり防止の

為にも撥水ワイパーに交換する事をお勧めしています。

 

続いてはボディです。

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況の確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑   黒っぽく点々と見えるのが鉄粉です。

新車でも大体この位は付いている事が多いです(^^;)

リアは・・・

少なめでした。

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットです↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

いい感じになりました。

そして作業はマスキングへと進みます。

今回は新車磨きですので軽めの磨きで仕上げています。 軽めですがボディサイドの曇りはしっかりと

除去しています。

そして今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なくお綺麗でしたが更にクリヤーになっていますよ~(^^)/

ルーフも・・・

いいですね~!

そしてボディは・・・

曇りが取れてスッキリとクリヤーです。

リアゲートも・・・

サッパリとしました。

そしてホイールなんですが・・・

実は納車前にホイールをお預かりして先にホイールコーティングしております!

それと後日、純正ホイールもお預かりしてホイールコーティングいたしました。

ホイールは車両装着前にホイールもお持ち下さればホイールの内側もコーティングできますので

ホイールコーティングは車両装着前がお薦めです。

そしてホワイトパールの三菱アウトランダーPHEV、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_-)-☆

艶感の感じにくいパールホワイトしかもピカピカの新車ですが、ちゃんと磨いて下地を整えてから

コーティングしますと、ちゃんと施工前後の艶の違いを感じて頂けると思います!

オーナー様も『すげ~綺麗!』!と艶・光沢の違いを実感して頂けたご様子でございました!

 

ご覧頂きました様に新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗)

新車だからと言って油断してはいけません(;’∀’)  新車も油断大敵なんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで下地を整えてからコーティングをしています。

ですから新車を新車以上に輝かせられるのです!(^^)!

今回は新車以上に仕上がりました新車三菱アウトランダーPHEVのご紹介でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

フィアット500にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500のボディコーティングです!

H22年式のこちらのフィアット500は最近ご購入されたお車です。

シミが酷くてとご相談に来られました。お車を見に行った時からシミが気にはなっていたそうですが

これがまたかなり酷くて・・・(^^;)

よくよく観察するとシミだけではなくてキズも凄くて・・・(汗)

では早速各部の現状を紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは雨ジミが結構凄いんです。 実物は写真より1.7倍は凄いです(勝手な目測です)

ルーフも・・・

シミシミです。しかもだいぶ深そうな感じがヒシヒシと伝わって参りました。(勝手な感想です)

そして運転席側は・・・

洗車キズだと思われるスクラッチが入っています。 でも運転席側はまだいいんです(汗)

問題は助手席側です↓

これはポリッシャーで磨いた時につけた”バフ傷”です。

左側面はどうやら再塗装されているようで前から後ろまでこの様なバフ傷だらけでした(^▽^;)

それだけならまだしも・・・

その上からコーティングを掛けたようで、もうムラムラでした(T_T)

リアゲートは・・・

ここはオリジナルの塗装の様でした。 左側面のキズを見てしまうとリアは綺麗に感じてしまいます(笑)

ホイールは・・・

こちらもよく見ると(見なくても)線キズだらけです。しかも深いキズです。

前オーナー様はいったい何で洗っていたのでしょう??

 

ご覧頂きました様にボディの状態はかなり厳しい状態でした。シミ、クスミ、スクラッチ・・・

何でもそろっています(;´∀`)

写真だとオーナー様が気にされていたシミの凄さが全く伝わっていない感じですが(すいません)実際に

見て頂くとシミと言うかクスミと言うか曇っていると言うか・・・どれも正解のような状態です。

このシミの原因ですがどうやらコーティングのムラのような感じです。塗りムラなのか拭きムラなのか

わかりませんが正直な印象は“コーティング塗るだけ塗って拭き取ってないんじゃない??”と言う感じです。

拭き残しと言うレベルではないです(笑)

今回はだいぶハードな戦いになる予感がヒシヒシと伝わって参りますが、あくまでも個人的な

感想であり、感じ方には個人差がございますのでご了承ください(笑)

では張り切って作業を開始しましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状。

やや油膜が付ているようですが、よ~く見ると所々に・・・

ボディに付いている例のアレがガラスにも付いています。

一体何をどう塗ってたのでしょうね??

とにかく磨いて落としてガラス表面をリセットします。

例のアレも綺麗に落ちましたよ(^o^)丿

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

手で触るとかなりブツブツと感じるんですけど意外と反応が少なかったです。

リアも少なめです。

手で触るとブツブツ&ザラザラ感が凄いんですけど反応が少ないという事は

鉄粉以外の異物がいっぱい付いているって事です(^▽^;)

ボンネットをネンド掛けすると・・・

鉄粉も付いていますがその他の物も色々と取れました(笑)

ボディ全体のネンド掛けが終わりましたら今度はマスキングをします。

そして磨きと言う名の長い戦いが始まりました!ボディが小さいからと言って油断してはいけません(´゚д゚`)

覚悟はしていましたが、まぁ~時間かかりました(笑)

そして戦いの後はいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

深いシミは残ってしまいますがだいぶサッパリとしました(^_^)/

ルーフのシミも・・・

だいぶ除去できました!

運転席側は・・・

いいですね~。 これはあれですね! NTNですね♪

なんてなめらか~。なんてなめらか~♪

そんなCMがありましたね(笑)

そしていよいよ助手席側です↓

NTN!!   NTNですよ~(´▽`*)

バフ傷も深いのは残ってしまいましたがサッパリしました。“例のアレ”もなくなり

クリヤーで艶々です(^_-)-☆

リアも綺麗です。

キズが深いのはどうしようもありませんがホイールもよ~く洗って落とせる汚れは落とし

コーティングしました。

そしてフィアット500のボディコーティングの完成いたしました!

艶々のボディに復活いたしました!

シミシミ&キズキズだったボディサイドもクリヤーに仕上がりました。

オーナー様も『新車みたいだね!』『こんなに綺麗になるんだ!いゃ~シミも取れて良かった』と

とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。 喜んで頂けると頑張って磨いた甲斐があります。

お車が綺麗になって嬉しいのは実はオーナー様だけではないんです。

実は私も凄く嬉しくてニヤニヤしています(笑)

 

今回のコーティング剤の拭き残し?(拭きムラ??)と思われる物でボディがもの凄く曇っていました。

誰が何をどう使ったのかはわかりませんけど、とにかく酷かったです(汗)

今の時代、色々なコーティング剤がネットなどで手軽に入手できます。コーティング剤に限らず

クリーナーなど色々なケミカルも入手できます。

それらを使う時は必ず説明書どおりに使用してください。 中には使い方を間違えると一発で

取り返しのつかなくなるような(再塗装)物まで売られているのも見掛けます。

コーティング剤も間違った使い方をするとムラムラになったり曇ったり・・・色々と不具合が出ます。

ですので使用時は取扱説明書をよ~く読んで(特に注意書き)から使用してください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。