ブラックマイカメタリックのタントのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

最近ダークカラーのお車のボディーコーティングの施工(メンテナンスは除く)が多い気がしますが、

ここからまた黒い車シリーズの4部作が始まります(笑)

第1弾の今回はダイハツ・タントのボディーコーティングです!

黒です(^^;

ブラックマイカメタリックというブラックにマイカとメタリックが入った黒です(笑)

こちらは納車ホヤホヤの新車です。良~く見てください。ホヤホヤなんで湯気が出てます・・・出てません。

すいませんm(__)m

湯気は出てませんが艶は出ています!ピカピカですね!

しかし新車でもよ~く観察していくと何かしら出てくるものです。湯気は出ませんが・・・。

ではタントの現状を確認していきましょう! GO!

まずはボンネットです!

いつもダイハツ車を作業すると思うんですけど・・・塗装が綺麗なんです(^^)/

↑線状に見えるのはキズ・・・ではなくて保護シートの糊跡です。結構あちこちに沢山付いてました(^^;)

ルーフです。雨に降られた様ですね。  でもボンネットは綺麗だったのに・・・何故ルーフだけ??

フロントのフェンダーは擦れたキズがありました。 しかも写真ですとわかりませんがモヤモヤ~と磨きキズが

入っていたのでポリッシャーで磨いてキズを消そうとしたのでしょうね。  消えてませんが(^_^;)

ドアも磨いたようです。モヤモヤっと磨きキズが確認できました。

ホイールは既に社外品に交換済みです!

そして既に汚れてます。 ホイールに限らずお車は走れば汚れてしまうのはしょうがないですね。汚れてしまうのは

しょうがないので問題はそのお手入れです。汚れのこびり付きを低減して洗車を楽に!そして洗えば綺麗に!

それがコーティングです。と言うことで今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております!

先ほども少しお話いたしましたがダイハツ車は塗装が綺麗なんです。ルーフの汚れや磨きキズなどは後から付いた

ものです。これを綺麗にリセットしていきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・先に言っておきましょう・・・わからないです(^_^;)  どうぞ~

黒いボディに紫色に反応しても、よくわかりません。写真ですと尚更です(汗)

リアも・・・(汗)

写真ですとわかりませんが(大汗)鉄粉の付着は少なかったですよ!ですので今回は軽めの鉄粉除去を行いました。

そんな感じで(どんな感じ??)鉄粉除去も無事に済みましたのでマスキングに作業は進みます。

そして今回使用しましたコーティング剤ですが「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

PCX-S7です!

PCX-S7は低撥水タイプのコーティング剤です!  PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが更にスッキリと!

ルーフも綺麗ですよ~!

フェンダーのキズも綺麗に除去できてます(*^^)v

モヤモヤ~としていた磨き跡も無くなりスッキリとしました。

ホイールコーティングするとブレーキダストのこびり付きが低減してお掃除も楽になります!

新車時のコーティングがおすすめです(^.^)/

そしてブラックマイカメタリックのタントのボディーコーティング完了です!

いかがでございましょうか?良~く見てください。コーティングしたてなんで湯気が出てま・・・出てません。

すいませんm(__)m

元々お綺麗でございましたが更に黒々と艶のあるボディに仕上がったと思います!

施工前のお写真と見比べて下さいね(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でございました! ありがとうございます。

 

毎回お話し致しますが黒いお車はお手入れが大変です。でも艶のある黒いお車はボディが

引き締まって見え、それでいて迫力もあり更にフォーマルでもあります!

それがやはり黒ならではの魅力であり人々を魅了する魔力なんでしょうね(´▽`*)

 

でもだからって4台続かなくても(笑)・・・と言う事で次回は黒い車シリーズの第2弾です!

では次回黒い車でお会いしましょう。お楽しみに!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産・新型セレナのボディコーティングです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産の大人気ミニバン・セレナのボディコーティングです!

dscn2965

新型になって更に精悍でスタイリッシュになったブリリアントホワイトパールのセレナハイウェイスターです。

こちらは以前にC25型セレナでボディコーティングを施工頂きましたオーナー様のお車で今回新型にお乗り換えに

なりボディコーティングの施工をご依頼頂きました。 ありがとうございます。

納車まだ間もないこちらのセレナの現状を確認していきましょ~。

dscn2972

まずはボンネットです↑ 新車特有の白ボケ(曇り)が確認できます。ライトの輪郭がボヤッと見えるのが

曇りです。

dscn2982

↑もボンネットですが・・・汚れですね。 時間が経つと固着してしまったりシミ付いたりする場合が有りますので

なんだかよくわからない汚れ?に気が付いた時は早めに処置(落とす)した方が無難です(笑)

dscn2987

ルーフも若干曇りが確認できます。

dscn3024

サイドも同じく、と言うよりボディ全体が同じようにやや曇り気味です(^_^;) これは今回のセレナに限らず

どのメーカーにも新車に多く見られる症状です。  酷い物は酷いですよ~(笑)

 

dscn2963

タイヤもホイールも基本お綺麗です!

全体的に見ましても納車間もないお車という事もありとてもお綺麗な状態でございました。

お綺麗なセレナですが新車特有の曇りを取って更に綺麗なセレナに仕上げていきたいと思います!

では作業開始~!!

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

dscn2993

紫色に見えますのが鉄粉です。結構多いですね~(^^;  特にドアを開けたところは・・・

dscn2991

鉄粉から滲みでた錆がシミのように広がってました(涙) でも安心してください。ボディが錆びている訳では

ありませんから!でも見ため的に気持ちいいものではないですね。

dscn2997

クリーナーが反応してます。 同じような錆が3ヶ所ほどありました。 この後にネンドを使って除去しました!

dscn3015

再度クリーナーを吹きかけて再チェックです↑    バッチリっす!

dscn3007

ボンネットもバッチリっす!

余談ですが・・・ 新型セレナの給油口は・・・

dscn2988

キャップレスなんです!私、キャップレスは初めてだったんで洗う時に水が入らないか心配でした(笑)

でもちゃんと2重構造になっているんで大丈夫なんですけど、ちょっとドキドキしながら慎重に緊張しながら

洗ったのはヒミツです。

話を戻しまして鉄粉除去が終わりましたらマスキングに進みます。

dscn3017

マスキングが終わった後にいよいよ磨いていきます。磨くと言いましても新車ですのでガンガンに磨くのではなく

ごく軽い磨きで”あの”曇りを取り除き塗装本来の艶を出してあげるのが目的になります。

そして”あの”曇りを取り取り除いた塗装面がこちらです!  (写真はコーティング後の状態です)

dscn3037

ボンネットです↑  ライトの輪郭がシャープになったのがお分かりいただけると思います。

dscn3062

ルーフもクリヤーになりました!

dscn3028

サイドもモヤッ~が取れてスッキリしました。

dscn3050

ホイールコーティングもしてます! ホイールコーティングは新車時に行うのがおすすめです!

最後に今回使用致しましたコーティング剤は「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに

求められた性能が集結しましたカービューティープロの最上級コーティングの・・・

dscn3188

PRO MAX EXE-2000でございます!

dscn3193

エグゼは高撥水タイプのコーティング剤です。 プロマックス・エグゼの詳しい事はこちら! → EXE-2000 

そして新型日産セレナのボディコーティング完了しました!

dscn3069

施工前に比べますと透明感が出てより艶やかなボディに仕上がってます!

新車でも鉄粉は付いているものです。特に今回のお車のようなホワイトのボディカラーですとよ~く見ると

見えてしまいます。小さい点々くらいでしたらそれ程気にならないんですけど先ほど見て頂いたような錆が出てきて

いるような鉄粉は見た目にも気になりますし精神的にもあまりよくありませんよね(^_^;)

という事もあり新車でも鉄粉確認&除去はやっぱり必要だと当店は考えております!ですので新車のコーティングも

カービューティープロ・カラーズにお任せ下さい!

 

ご存じの方も多いかと思いますが新型セレナには両手を塞いでいても足だけでスライドドアを開く&閉める事が

出来るハンズフリーオートスライドドアという超便利な機能があります。このオートスライドドアは誤作動防止や

猫などに反応しないように操作にちょっことコツがいるんだそうです。オーナー様に教えて頂いたんですけど・・・

コツをつかめば何てことないんでしょうが・・・

私、1度しか開けることができませんでした(^▽^;)  テヘッ ペロ~

 

dscn3078

dscn3099

dscn3089

dscn3117 dscn3136

dscn3148

dscn3158

 

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

 

今月はボディコーティングをご予約いただきましたお客様にカービューティープロ・カラーズ特製の

オリジナルトミカをプレゼントいたします!! 数量限定、無くなり次第終了となりますのでご予約は

お早めにお願いいたします。

dscn3676

詳しくはこちらからどうぞ! →  トミカプレゼント

 

 

 

トヨタ・86のホイールコーテイングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日のブログは短編です(^_^;)

なぜ短編かと申しますと、完成の写真しかないからです(汗)

と、いう事で今回のブログは86のホイールコーティングです。こちらの86は少し前に樹脂コーティングの

ご依頼でお越し頂きましたお車です。今回はホイールを新調したとの事でホイールコーティングのご依頼を

頂きました。 ありがとうございます。

今回は施工作業のご紹介と言うよりは86とホイールの写真集です(^▽^;) ではどうぞ~!

 

dscn2439

dscn2430

dscn2461

dscn2441

dscn2443

dscn2448

dscn2450

dscn2458

86にとってもマッチしています!車高の落ち具合といい、派手すぎないエアロといいホイールのデザインを

含めてトータルでとても良くまとまってますね~!

 

ホイールコーティングは新車時やホイール購入時、また輸入車にお乗りの方に特におすすめです。

ホイールコーティングを施すことで、美しくお手入れし易いアルミホイールを長期間持続させることができます。

当店ではシラン系(ガラス系)のアルミホイール専用コーティング剤を使用していますので高い艶感、撥水、

防汚効果を発揮します。

通常はホイール表面のコーティングしか行っておりませんが新品未装着品をお持ち込み頂ければ

裏面も施工致しますのでお気軽にお問い合わせください。

これからの季節スタッドレスタイヤに交換される方も多いと思います。この機会にホイールコーティングを

如何でしょうか?!コーティングしているとホイールを洗うのも楽になりますよ~(^_^)/

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

今月はボディコーティングを施工させて頂きましたお客様にカービューティープロ・カラーズ特製の

オリジナルトミカをプレゼントいたします!! 数量限定、無くなり次第終了となりますのでご予約は

お早めにお願いいたします。

詳しくはこちらからどうぞ!  → トミカプレゼント

 

シビックタイプRとスイフトのエンジンルームクリーニングです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日はエンジンルームクリーニングをメインに2台のお車をご紹介致します。

何故2台同時かと申しますと2台共同じオーナー様のお車ですので(笑)

まず1台目はシビックタイプRです。

DSCN0368

こちらのお車はエンジンルームクリーニングと洗車、それとカウルトップ部の樹脂コーティングのご依頼です。

ボディは・・・

DSCN0369

DSCN0370

DSCN0379

カウルトップ部は色褪せがやや進んでる感じです。樹脂部品ですので紫外線などによる経年劣化は避けられ

ません。こちらは今回樹脂コーティングで保護致します。

ご入庫時は少し汚れてはおりますが、とてもお綺麗にされているお車というのが拝見すればするほど

よ~く伝わってきます(^_^)   それはエンジンルームについても同じことで・・・

DSCN0358

とてもお綺麗です!  この綺麗さは日頃からお手入れされている証ですね!

DSCN0359

でもこの辺りの汚れなどが落ちないとの事でした。  でもとてもお綺麗です(*”▽”)

DSCN0362

十分お綺麗なんでプレッシャーが掛りますね(笑)

 

 

 

そして施工後です。

DSCN0395

全体的に艶感が違います!  それとカウルトップ部の違いもご覧ください! 黒いでしょ(笑)

DSCN0399

どうでしょう?

DSCN0397

樹脂部品類の艶と言いますか黒さ?が違います!

ボディを洗車して・・・

DSCN0386

綺麗になりました~。そしてシビックタイプRが完成です!

DSCN0404

と言いましても外からでは違いがわかりませんね(笑) でも洗車したのでボディもピカピカでしょ?!

下地が綺麗ですので通常の洗車でも綺麗になりますが、当店の洗車はひと手間かけているので更に艶が違います!

DSCN0406

DSCN0410

こちらのタイプRを施工致しましたのが実は6月のこと(汗)その後オーナー様が樹脂コーティングと

エンジンルームクリーニングがとても気に頂けたようで、もう一台の方もお願い致します。とご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

そのもう一台がこちらの・・・

DSCN0221

スズキのスイフトです!

スイフトはエンジンルームクリーニングとフロントバンパーの黒い樹脂部とカウルトップ部のコーティング、

それとホイールコーティングのご依頼もいただきました。

現状ですが・・・

DSCN0228

カウルトップ部も・・・

DSCN0246

アンダーグリルも酷くはありませんが色褪せが気になります。

DSCN0231

なんとなく白っぽい感じがします。

DSCN0222

ホイールはブレーキダストが付いてますが基本お綺麗です(^o^)丿

DSCN0286

エンジンルームもタイプRに負けず劣らずの綺麗さです。 またまたプレッシャーですね(笑)

DSCN0237

↑これはもう、アラ探しです(^▽^;)

 

 

そして施工後です。

DSCN0308

写真ですといまいち違いがわかりにくいですね~(涙)

DSCN0260

こっちの方が違いがわかりやすいかな?  施工中の写真でしたらもっと違いがわかりますよ~。どうぞ!!

DSCN0255

初めから勿体ぶらずにコレ出せって話ですよね。すいませんm(__)m  上の写真はコーティング直後ですので

まだコーティングが乾いてない状態です。乾燥しますともう少し艶と黒さが落ちつきます。

DSCN0261

落ちついた状態です↑

DSCN0272

ホイールもコーティングして2台目のスズキ・スイフトの完成です!

DSCN0292

仕上がり感の違いが写真ですとイマイチ伝わらないんですけどフロントのグリルを見比べていただけると、

艶と色の違いがわかって頂けると思います。そのグリルですが今回はコーティングしなかったんですがこちらは

掃除が大変なんで近々シンプルなデザインのグリルに交換予定だそうです。

その気持ち、もの凄く分かります(笑)

 

こちらのお車を施工させて頂いたのが7月の下旬の事。そして今日はもう8月の23日ですか!

子供には夏休みの宿題やってるか~?終わるか~? なんて偉そうに言ってますが・・・自分のブログの方が

遅れていたりしてます・・・反省します(T_T)

 

DSCN0294

DSCN0306

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

VW・ゴルフ6ヴァリアントのボディコーティングです。

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVW・ゴルフ6ヴァリアントのボディコーティングです。

DSCN9003

この距離からだとわかりませんがボディはシミが酷く艶も引けてます。駐車場が木の下と言う事もあり鳥糞も

多く付いております。アップで見ますと・・・

DSCN9005

ボンネットです。洗車前の写真ですので汚れていて状態がわかり難いんですが、結構シミシミです(^▽^;)

DSCN9023

ルーフもシミが多く、くすみも進行していてガッサガサです。そして鳥糞多めです。

DSCN9041

ボディサイドもシミ&キズが目立ちますね。

DSCN9016

リアのピラーも結構きてました(笑)

DSCN9053

リア回りも鳥糞多めでした。

ご覧いただいたように全体的にシミが多く、くすみも進行しております。更に追い打ちを駆けるがのごとく

鳥糞攻撃によるダメージも見受けられました。

なかなか楽しい作業になりそうな予感がしますね~(^.^) では行ってみましょう!

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂きましたので、そちらからご紹介していきましょう。

DSCN9059

フロントウインドウはワイパーの払拭範囲は油膜も少ないんですが範囲外は油膜が目立ちます。

DSCN9057

↑リアウインドウやサイドウインドウは油膜が酷く視界不良です。

DSCN9065

ウインドウの下地作りを致します。この磨き作業で油膜除去&軽微なウロコ除去を行ないます。重度のウロコ除去を

ご希望の場合は別途料金が発生いたします。m(__)m

DSCN9089

↑はウインドウコーティング後です!気持ち良く撥水してます(^o^)丿今ブログ書いていて、ふと思ったんですけど

写真じゃなくて動画で撮影すればよかった~(^_^;)  今の時代に写真って・・・遅れてるな、わ・た・し(涙)

気を取り直してボディにいきましょう~!

まずは洗車していきます。その後に鉄粉の付着確認を行ないます。専用の溶剤をスプレー致しますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

DSCN9067

やっぱり黒いボディだと紫色はよく見えません! でも反応しているんです(笑)

DSCN9070

その後にネンド掛けを行ない鉄粉やピッチ・タールなどを除去していきます。 ネンド掛け前のネンドです↑

DSCN9072

こちらはボンネットをネンド掛けした後のネンドです。 それ程多くはないです。 でもどうしても目がいって

しまいますが気にしないでください・・・小指。

その後にマスキング致します。 小指は既にマスキング済みですが( ̄▽ ̄)

DSCN9080

マスキング姿が可愛いですね(笑)  マスキングしながら思っていたんですが、漫画 「伝染るんです」に出てくる

山崎先生に似ていると思うのは私だけでしょうか?

 

1509744858 ←山崎先生。 古い漫画ですが今でもたまに読んでます(^▽^;)

 

話しがそれましたがゴルフ・ヴァリアントに戻りましょう!

今回は特にルーフのくすみとシミが酷かったのでその辺りを考慮して磨いてまいりました。

そして使用致しましたコーティング剤はオーナー様と悩んだ末に撥水タイプのPCX-S8を使用することに

致しました!

DSCN9224

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴となっております。

詳しくはこちらをご覧ください → PCX-S8

DSCN9083

水玉撥水です!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう。 まずはボンネットです。

DSCN9170

だいぶスッキリとしました!

DSCN9162

ルーフもくすみが取れて透明感ある肌に仕上がってます。

DSCN9121

サイドも深いキズなどは残ってますがスッキリしました。

DSCN9185

ピラーもくすみが取れてメタリック塗装らしくメタリックの粒子が見えるようになりました(笑)

DSCN9148

鳥糞は取り返しがつかなくなる前に早めに早めに除去するように致しましょう!

それと今回はホイールを新調したので新品のうちにホイールコーティングをとの事で・・・

DSCN9127

DSCN9128

新品ホイールが更に光沢UPしております!

最後に外に出して最終チェックしたら・・・太陽の周りに虹が出てました! 空を見なくても気が付きます(笑)

DSCN9095

そして 山崎先生 VW・ゴルフ6ヴァリアントのボディコーティング完成です!!

DSCN9365

光沢や黒の深み、スッキリとした景色の映り込みのなど施工前の状態との違いがハッキリとわかって頂けると

思います。お車の印象も施工前の疲れた感じの雰囲気がビシッと引き締まってシャープな印象に変貌しました。

 

今回のゴルフですがオーナー様はこちらのゴルフに長く乗りたいとお考えとの事でした。

ですので一度リフレッシュを兼ねて今回当店にお越しいただきました。数多くあるコーティング店の中から

大切なお車のリフレッシュを当店にお任せ頂けた事は本当に嬉しく、感謝いたします。

オーナー様は当店のブログもよく読んで頂いているようで、そのようなお話しを聞きますと頑張ってブログを

書いている甲斐がございます。  頑張って書いているんですが・・・遅れています(^_^;)

ブログの遅れを取り戻そうとちょっと前に頑張ります!なんて事を以前ブログでも書いたような気が致しますが

その時よりも気のせいか?更に遅れているような気が致します。 どれどれ?と今回のゴルフの施工日を

確認しましたら・・・ちょうど1ヶ月前の作業でした(;”∀”)

伝染るんです。読んでる時間があったらブログ書けって話ですよね(^▽^;) 頑張りま~す!!

 

DSCN9367

DSCN9279

DSCN9253

DSCN9336

DSCN9323

DSCN9321

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産ノートNISMOのボディコーティングです。

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産ノートのボディコーティングです。ノートはノートでもただのノートではありません。

DSCN8550

ノートNISMOです!!

こちらは納車当日にご入庫されましたピカピカの新車です。新車なんですが状態確認をしていくと何やら気になる

ところがイッパイです(^▽^;) とりあえずご紹介していきましょう!

DSCN8556

DSCN8557

納車後に箱根をひとっ走りしてからのご入庫でしたのでホイールはダストなどで汚れてます。

DSCN8573

ボンネットはだいぶ白ボケ(曇り)してますね~。

DSCN8637

サイドもかなり曇っているんですが写真ですとわかりにくいですね(汗)

DSCN8558

それと新車特有の保護シートの糊残りが・・・

DSCN8582

↑こちらはルーフです。写真に写ってますのはルーフのごく一部で、全体的に派手に糊残りがございました。

ちょっと多すぎです(笑)

DSCN8569

サイドウインドウの隅には汚れが溜まってるし・・・

DSCN8570

グリルの下などは砂が溜まってるし・・・

DSCN8576

サイドステップには汚れが残ってるし・・・その他にもあちこち汚れが確認出来ました・・・新車なのに(*´з`)

新車でこの状態と言う事ですので、たぶん長期在庫車なんだと思います。 新車と言いましても工場から出て

お客様のところにすぐ届くお車と、メーカーのモータープールに何ヶ月も置いてあるお車もございます。

在庫車一掃セールでもやっていればわかりますが、基本的にお客様は出来立ての新車か在庫車かは選べないのが

辛い所ですね(^_^;)

では新車を新車以上に仕上げてまいりましょう!作業です!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN8592

白いボディに紫色はよくわかりますね~・・・なんて喜んでる場合じゃないです!鉄粉多いです(涙)

DSCN8586

全体的に多めです。 それよりもドアを開けてビックリ!

DSCN8613

何だかわかります?

DSCN8625

この茶色いヤツは・・・鉄粉です!しかも錆びてます。 その証拠に専用のクリーナーを吹き掛けますと・・・

DSCN8627

わかりやすいですね~(T_T)

そして鉄粉除去後に再度専用のクリーナーを吹き掛け確認していきます。

DSCN8604

いいですね~。

DSCN8602

サイドもスッキリしました。

DSCN8629

オーナー様安心して下さい。ちゃんと除去しておきました (゚ー^d)グッ!

その後にマスキングを行ない磨いてまいりました。

DSCN8640

今回はやや曇りが目立ちますので曇りを取り除きスッキリとした肌に仕上げました!

では見ていきましょう(写真はコーティング後の状態です)

DSCN8723

ボンネットです。スッキリしたのがわかっていただけるでしょうか?

写真ですとよく違いがわかりにくいなぁ~(^▽^;)  じぁ次の写真ならどうだ!!

DSCN8695

こっちの写真の方がスッキリ感・クッキリ感がわかりやすいと思います。施工前の写真と比べて下さいね~!

DSCN8664

ドアモールの汚れも・・・

DSCN8666

グリルの下も。そしてもちろん・・・

DSCN8688

サイドステップも綺麗になってます。それと今回はホイールコーティングのご依頼もいただきましたので・・・

DSCN8652

DSCN8653

ホイールも艶々です!

今回使用致しましたコーティング剤は「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに

求められた性能が集結しましたカービューティープロの最上級コーティング剤プロマックス・エグゼでございます!

DSCN8706

プロマックス・エグゼの詳しい事はこちらからどうぞ  →  PROMAX-EXE

DSCN8717

水玉が気持ちイイ高撥水タイプです!

そしてブリリアントパールホワイトの日産ノートNISMO、ボディコーティング完了です!

DSCN8764

これで新車と言える状態ではないかと思います。 いゃ!間違いなく新車以上です!!

オーナー様に糊残りや鉄粉のお話しを致しました所、”全く気がつかなかった!”とおっしゃっておりました。

ディーラーさんで引き渡し時に確認しますけど普通わかりません(笑) あの短時間にセールスマンが横に

張り付いている状態で確認しろっていわれてもね~(*´з`)  無理です(笑)

 

新車の状態が一番いいと思いがちですが実はそうではないのが実情です。特に新車と言いましても先ほども

お話し致しましたように作り立ての新車もあれば長期在庫車の場合もございます。作り立ての新車でも塗装面が

曇っている車は多い(曇っている車の方が多い)です。中にはキズが入っている事も少なくはありません。

その曇やキズを磨いて取り除く事で新車が新車以上の輝きになるんです。新車の磨き過ぎも良くはありませんが(笑)

在庫車と聞きますとなんかイメージが悪く感じてしまいがちですが、私は決してそんな事はないと

思ってます。特に在庫一掃セールの時なんてお安くご購入できますし(^o^)/狙い目です!

新車時にボディコーティングをお考えでしたら尚更です。 だって新車が新車以上になるんですから(笑)

その際のポイントはお店選びだと思います。 お店によっては新車は磨かずにコーティングしておしまい!って

所もございますので、お店選びはくれぐれも慎重に!  どこを選んでいいかわからない・・・そんな時は!

カービューティープロ・カラーズにお越しください! ← 宣伝 ( ̄▽ ̄)

 

DSCN8798

DSCN8796

DSCN8804

DSCN8750

DSCN8738

DSCN8761

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

夏期休暇のお知らせ。

夏期休暇の為8/2(火)~8/5(金)は誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。

申し訳ございませんが8/2(火)~8/5(金)の間はメール等でのお問い合わせの

返信が出来なくなりなす。お問い合わせの返信は8/6以降になります。

ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

 

 

 

フレームレッドのホンダS660です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングです!

DSCN0687

フレームレッドのS660です。 真っ赤って感じの綺麗な赤です!  たぶん私このフレームレッドのS660は

はじめて見るような気がいたします。やはりよく見かけますのはプレミアムスターホワイト・パールが一番多い

と思います。ですので余計に赤いS660は新鮮でカッコイイですね(*’▽’)

そんなS660の状態を確認していきましょう。

DSCN0694

ボンネットです。結構シミシミです(汗)

DSCN0705

フロントのスポイラーです。もちろん?シミシミです(^_^;)

DSCN0752

こちらはエンジンフードです。シミを落とそうと擦ったんでしょうか?

DSCN0761

リアのフェンダーはポリッシャーで磨いた後が付いてました。おそらくポイント磨きをしたのでしょう。

DSCN0757

こちらはフロントバンパー部です。こちらもシミを落とそうと擦ったのでしょう。キズキズです(^^;)

DSCN0703

ホイールの汚れはそれ程酷くはありませんが・・・・

DSCN0701

ホイールハウスの中はドロドロです(笑)

新しいお車なんですがややダメージを受けておりますので塗装面を整えていきたいと思います。

では作業を開始していきましょう!

今回はウインドウコーティングもご依頼いただいておりますので、まずはそちらからご紹介していきましょう。

DSCN0704

ウインドウもドロドロですが洗ってみたところ油膜の付着は少なかったです。

DSCN0709

サイドウインドウはやや油膜が気になりますね~。

DSCN0711

油膜除去中! その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしてウインドウは完成です。

DSCN0785

コーティングされたウインドウに水を掛けますと・・・

DSCN0787

コロコロと流れ落ちていきます!

続きましてはボディです。まずは洗車後に鉄粉をチェックします。専用の溶剤をシュッシュと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN0725

お車は新しいんですが意外と鉄粉が多く反応してました。

DSCN0726

リア回りやエンジンフードの上も結構多かったです。そして鉄粉除去後に再度専用の溶剤で再確認致します。

DSCN0737

綺麗になりましたね!

DSCN0741

リアもいい感じです!その後にマスキングしていきます。

DSCN0769

そして磨いてまいります。今回はお車が新しいんですがキズやシミが気になりますのであまり磨き過ぎない程度に

その辺りを修正していきました。

今回使用致しましたコーティング剤は低撥水タイプのPCX-S7です。

DSCN0808

こちらのコーティング剤は極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れたタイプのコーティング剤です。

PCX-S7は詳しい事はこちら! → PCX-S7 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう。

DSCN1015

ボンネットのシミシミは除去済みです!

DSCN0897

スポイラーも綺麗ですよ~。 (゚∇^*)dグッ!

DSCN1010

エンジンフードキズも消えてます。

DSCN0919

フェンダーもスッキリしました。

DSCN0934

バンパー部のキズは(´ε`;)ウーン・・・どこにキズがあったのかもうわかりません!

DSCN0895

今回はホイールコーティングもしましたのでピカピカですよ!

DSCN0892

もちろんホイールハウスの中も綺麗になってます! そしてフレームレッドのS660ボディコーティング完了です。

DSCN0810

真っ赤な赤がより一層深みのある赤になりました!取りに来られたオーナー様も「テカテカじゃないですか~」と、

とてもお喜びになられておりました。

毎回お話ししていますが艶が出るとお車に張りが出てシャキッとシャープに感じられるんです。

また黒と赤の対比もいい感じですね~。 赤にS660は存在感があると言いますか、迫力があると言いまか、

はたまた威圧感があると申しましょうか?とにかくとても綺麗な赤いボディはホワイトのS660とはまた違う

魅力のS660でございました!

 

こちらのS660はお引渡しの次の日にオフ会に参加するとの事でした。逆に言いますと最高の状態でオフ会に

挑みたいとオフ会前日にお引渡しが出来るスケジュールにご予定組まれました(^o^)丿 やっぱりせっかくの

オフ会ですからね最高の状態で参加したいですよね! お天気が少々心配だったんですがオフ会当日も天気が

良かったようでなによりです。  オフ会は楽しいですよね!同じ車どうしで情報交換も出来ますし、

弄りの参考にもなり、それが刺激にもなります(笑) そして何よりも友達の輪が広がります!

ちなみに今回のオフ会ですがご友人のヴェロッサのオフ会なんだそうです(^_^)/

オフ会に参加されたことのない方は一度勇気を出して参加してみて下さい!

車ライフがより一層楽しくなりますよ!!

 

 

DSCN0825

DSCN0820

DSCN0835

DSCN0890

DSCN0860

DSCN0879

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メルセデスベンツGLKのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツGLKのボディコーティングです。

DSCN8472

カチッとしたスタイルが頼もしさを感じさせてくれます! オンロードからオフロードまでこなしてくれるまさに

頼れる相棒ですね(^^)/

そんな良き相棒の現状確認をしていきましょう。 まずはホイールからです。

DSCN8473

DSCN8475

ブレーキダストによる汚れです。 外車オーナー様共通の悩みの種ですね(^_^;)

DSCN8508

ボンネットです。

DSCN8512

ルーフも目立ちます。 でもまだまだですよ~!?

DSCN8519

おっ!!(゜.゜)

DSCN8514

おおっ!(”Д”)

DSCN8515

おおおっ~!!(;”∀”)   自宅の駐車場でご家族の方が自転車を出し入れするときに擦ってしまうそうです(涙)

深いキズはタッチアップしているようですがこの手のキズは逆にタッチアップの跡が目立ってしまいます。

限界はありますが今回はどこまで目立たなく出来るかがポイントですね!

ちょっとお疲れ気味の相棒ですが元気を取り戻すべく作業開始~!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはそちらから。

DSCN8499

洗浄→ネンド掛け→磨きでガラス表面を整えていきます!

IMGP661513

その後にウインドウ専用撥水コーティング剤PGS-33で・・・

DSCN8539

撥水コーティングいたしました! 続いてはボディです。

洗車後に鉄粉チェックをした後ネンド掛けをしていきます。  鉄粉はそれ程多くはなかったんですが・・・

DSCN8501

ネンド掛け前のネンド↑

DSCN8505

ネンド掛け後のネンドです↑ 写真ですとわかりませんが塗装ミストの付着が多くてミスト落としに時間が

掛ってしまいました(^▽^;)

その後にマスキング致します。

DSCN8529

磨き作業の準備が完了しました。先ほどもお話し致しましたが擦りキズを目立たなくさせるかがポイントに

なってきますが今回はフル磨きのコースではありませんので結構キビシイところもございます。でも出来る範囲で

消せるキズは消して、目立たなく出来るキズは目立たなくしていきました。

その仕上がりがこちらです!(写真はコーティング済みの画像です)

DSCN8615

ボンネットも・・・

DSCN8618

ルーフもサッパリしましたが深いキズは残ってます。でもキズが見やすいようにライトを当てていますので

実際は見て頂くと気にならないと思ます。 そしてボディサイドは・・・

DSCN8681

どうでしょう?

DSCN8673

だいぶ目立たなく・・・

DSCN8651

なってますよ・・・ね?  リアランプ前や給油口のキズなどは先ほどのボンネットやルーフのキズと違い

ライトを当てなくてもキズは確認出来てしまいますがスッキリとしたのではないでしょうか。

 

使用致しましたコーティング剤はオーナ様と悩んだ末にPCX-S8を使用することに致しました。

DSCN8545

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になっております!

詳しい事はこちらからどうぞ → PCX-S8

それとホイールもコーティングして・・・

DSCN8693

DSCN8696

メルセデスベンツGLKの完成です!

DSCN8555

いかがでございましょうか。元気になりました!って感じではないでしょうか(笑)

輝きを取り戻したボディは張りと質感を与えシャキッとシャープでありながら、フォーマルで気品すら感じさせて

くれます。やはり艶やかな黒は魅力的ですね!

 

今回のように自転車 (に限らず)などで擦れてできた浅いキズなどは磨きで消せることも多いです。もちろん深い

キズは消えませんが目立たなくなる場合もございます。

タッチアップでの補修は私もやった事がありますが結構難しいんですよね~(^▽^;)キズによってはタッチアップ

すると補修跡が逆に目立ってしまう事もあります。 ですのでまずはタッチアップで補修する前に一度お近くの

磨き屋さんにご相談ください!        カービューティープロ・カラーズ  ←  磨き屋です ( ̄▽ ̄)/

 

 

DSCN8574

DSCN8565

DSCN8569

DSCN8580

DSCN8593

DSCN8597

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

ホンダ・S660のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ・S660です。当初はもう少し前に施工予定だったのですが無限のエアロとホイール

を装着してからと言う事になり、ご入庫時はご覧のような勇ましいお姿でのご入庫となられました!

かっこいいですね!

DSCN7897

今回こちらのS660はボディコーティングとホイールコーティング、樹脂コーティングのご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

では各部の状態を見ていきましょう。

DSCN7898

まずはホイールです。 綺麗です!それもそのはず装着してからまだほとんど走っていないそうです。

DSCN7899

近づいて見ればわずかに汚れておりますが、わずかです(^.^)

DSCN7908

ボンネットも綺麗ですが若干ですが白ボケ(曇って)してます。

DSCN7900

それと全体的にすすけた汚れが付いております。

DSCN7962

ドアノブを引いたら・・・砂ぼこりが!! 両側共になってました。

全体的にはとてもお綺麗です。お綺麗なんで上記のようにほとんどもう、あら探しに近い感じでした(^.^)

 

作業ですが、まずはウインドウコーティングからご紹介していきたいと思います。

DSCN7917

まずはウインドウをクリーニングしてから油膜を落とします。

IMGP661513

ウインドウが綺麗になったところでウインドウ専用撥水コーティング剤PGS-33 の登場!

DSCN7982

↑はPGS-33で撥水コーティング後です。 気持ち良く撥水します!

続いてはボディです。

まずは洗車してその後に鉄粉確認を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN7922

ボンネットです。多い訳ではありませんが意外と付いてます。

DSCN7923

リアのエンジンフードも結構多いです。 フロントよりリアの方が多く付いてました。

DSCN7932

鉄粉除去後に再度専用のクリーナーを吹き掛けて確認致します。 ↑いいですね!

DSCN7937

エンジンフードも綺麗になりました。鉄粉除去後はマスキング致します。

DSCN7945

幌車ですのでルーフもスッポリと(笑)  マスキングが終わりましたらいよい磨いてまいります。今回は曇りを

除去してスッキリとした塗装肌に仕上げました。

スッキリとしました塗装肌には美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

DSCN8004

DSCN7975

PCX-S8を使用致しました。 PCX-S8の詳しい事はこちらからどうぞ → PCX-S8 

作業がひと通り済みましたらお天気もいいのでお日様の下で仕上がりチェックします!

DSCN7972

カッコイイ!そして外は気持ちイイ(笑)

気持ち良くチェックも出来ましたので各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。ややボヤッとしていたボンネットですが・・・

DSCN8073

スッキリと致しました!

DSCN8086

すすけてません(笑)

DSCN7965

ドアノブの内側も綺麗になりました。

ホイールは・・・

DSCN8091

DSCN8094

ピカピカです。もともとお綺麗でしたが、より艶が出てます!

それと樹脂部のコーティングもしましたので・・・

DSCN8084

ここも艶が違います(^_^)/

そしてプレミアムスターホワイト・パールのホンダ・S660完成です!!

DSCN8007

写真ですとどうしても施工前後の違い感がわかりにくいんですがオーナー様は「なんか色が変わった!」って

おっしゃられておられました! わかっていただけてよかった~(笑)

こちらのプレミアムスターホワイト・パールは写真ですと普通のホワイトに見えますが(失礼!)塗装面を磨いて

綺麗になりますと、より一層イエローのパールが強調されて本来の美しい色に出会えます!ホワイト・パールに

限らず塗装は磨くことで本来の色が出てきます。”本当はこんな色だったんだ~”とおっしゃるお客様が多いんです。

皆様も一度は是非とも本当の愛車の色をご覧になってください!

 

こちらのS660、シートをフルバケに交換してありまして、オーナー様が  「フルバケにしたら想像以上に乗降性が

悪くなって大変です(笑)」なんておっしゃっておられましたが実際に乗り降りしてみますと確かに想像の遥か上を

いくほど乗り降りが大変でした(^_^;)

私が太っているゆるキャラ体型なのでより大変(笑)でも一度シートに座ってしまえば本当にスッポリと収まっている

感じで、狭い所が好きな私は妙に安心感があってやけに落ち着きます!

ゆるキャラ体型なのでホントにもうピッタリでしたけど(笑)

 

DSCN8016

DSCN8034

DSCN8026

DSCN8040

DSCN8046

DSCN8054

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

メルセデスベンツ・SLK200ご入庫です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツのSLKのボディコーティングです。

DSCN6393

ウインドウコーティングとホイールコーティングのご依頼も頂きました。ありがとうございます。

少し前のブログでエブリィワゴンのメンテナンスをご紹介いたしましたが、メンテナンス数週間後

にオーナー様からご連絡があり・・・

オーナー様 「急なんですけど・・・エブリィ売っちゃった」

私  「エェ~!まじですか~! で、何買ったんですか?」

オーナー様 「ベンツのSLKって知ってます?」

私   「エェ~!まじですか~(;”∀”) 知ってますよ~」 本当にビックリしました。

エブリィがだいぶお気に入りのご様子でしたので。しかもエブリィからオープンカー!(笑)

と言う事でSLKの状態を確認していきましょう!

DSCN6405

ホイールですがブレーキダストが気になります。ダスト汚れが酷くなる前にホイールコーティング

しましょう(笑)

DSCN6416

ボンネットです。キズやシミは少な目ですが、やや曇っていてクリヤー感がありません。

DSCN6406

細かい所に汚れが溜まってました。

DSCN6425

酷くはありませんが油膜が気になります。

全体的に見ますと年式が比較的新しく走行距離も少ない事もあり状態は悪くはありませんでした。

では作業を開始していきましょう!

まずはウインドウコーティングからご紹介致します。

DSCN6428

クリーニング後にネンド掛けしてから磨いて、ガラスを綺麗な状態にリセット致します!

IMGP661513

リセットされたガラス面にはガラス専用撥水コーティング剤PGS-33でコーティング致します!

DSCN6522

撥水確認して完了です! 綺麗に撥水しています。

続いてはボディです。洗車後に鉄粉をチェックしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN6434

ボンネットです↑ シルバーのボディはわかりやすくていいですね~(笑) 結構付いてます!

DSCN6431

リアです↑なぜかエンブレム周りの写真を撮ってしまったんですが(汗)トランクの上部も結構

鉄粉が多かったです。

そして鉄粉除去後に再度、専用のクリーナーを吹き掛けてチェックします。

DSCN6449

ボンネットです↑ 綺麗になりましたね(^^)/

DSCN6447

リア周りもいい感じになりました!その後、マスキング作業に進みます・・・

DSCN6482

進みました!塗装の薄いエッジや樹脂部分の保護やコンパウンドの粉が隙間に入り込まないよう

にする為にマスキング致します。ここまでが磨く為の準備です!

今回はキズやシミは少な目ですが、やや曇りがありクリヤー感がありませんので曇りを取って

透明感のあるボディになるように磨いていきました。

その後にコーティングに進みます。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

DSCN6705

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です。

PCX-S8の詳しい事はこちらから!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう。

DSCN6492

磨き前はライトの映り込みがボヤッとしていましたが、曇りが取れてスッキリとした映り込みに

なりました。

DSCN6490

ダクトの汚れもサッパリです。細かい所なんですが、この様な細かな所の汚れを落としますと

全体的に見た時に仕上がり感が変わってきます!

DSCN6673

ホイールもコーティング致しましたので洗車時に汚れ落ちの違いがわかって頂けると思います。

そしてメルセデスベンツSLKのボディコーティング完成です!

DSCN6707

いかがでございましょうか。透明感のある艶がボディに張りを与え上質な感じに仕上がったのでは

ないでしょうか! オーナー様も「綺麗だと思ってたけどやっぱり磨いてもらうと違うね~」と

とてもお喜びでございました! よかった~。

ところで前のお車のエブリィですが、オーナー様から嬉しいお話しを伺いますした。それは・・・

下取りに出す時に、オーナー様がとてもお綺麗にお乗りになっていましたので「凄く綺麗だ!」と

言う事で買い取り額をウン万円も上乗せしてくれたそうです!しかも下取りしたエブリィを店先に

置いていたら「凄く綺麗だ」って事で展示する前にすぐに売れてしまったそうです!!

綺麗のお手伝いをさせてもらえたお車が高く売れたなんて本当に嬉しいです。

ありがとうございました!!

しかしSLKいいです!作業していたら欲しくなっちゃいましたよ~(´▽`*)

 

DSCN6585

DSCN6708

DSCN6602

DSCN6594

DSCN6542

DSCN6550

DSCN6634

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。