MAZDA6のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ MAZDA6のボディコーティングです!

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6は納車から間もない新車になります!

ご存知の方も多いと思いますが今年の夏の一部改良時にアテンザからMAZDA6に車名変更されました。

フルモデルチェンジに車名が変更される事はよくある話ですけどモデルの途中での車名変更は

レアケースですね(*^_^*)

そんなアテンザ改めMAZDA6になったマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6の

現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車から間もないんですけど、その間に台風の直撃などもございまして、少し汚れ気味です。

でも台風によるキズやヘコミ等、お車へのダメージも無かったようで良かったです(*^^*)

ルーフも・・・

ちょっと汚れていますね。ちょっとです(笑)

ボディサイドは・・・

ちょこっとだけ曇り気味なんです。

実はボディサイドだけではなくボディ全体的にやや曇り気味(白ボケ)なんですけど写真ですと

上手く伝わらない程度の軽い白ボケです(^^;)

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですけど実は微妙に曇り気味なんです。

タイヤとホイールは・・・

ホイールは軽く汚れ気味ですね。↑の写真だとわからないんですけど実は・・・

タイヤは結構泥だらけなんです(^▽^;)   ホイールハウス内も泥が結構アレですね(笑)

 

納車から間もないお車ですけど連日の雨風でちょこっとだけ汚れ気味でした。

それ自体は全然問題ないですけど肝心の塗装肌の状態が・・・悪くありませんでした!

私的にはマツダ車は以前は新車時の塗装の曇り(白ボケ)が酷い車両が多い印象だったんですけど

最近の車両は以前に比べると白ボケがだいぶ少ない車両が多い気がしています。

でも相変わらず酷いという声も聴きますので、個体差なんでしょうね(^▽^;)

そして今回のMAZDA6ですけど若干の白ボケが確認できますのでスッキリとしていきたいと思います

では作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分の付着で水を弾いていました。

ただ程度としてはまだ“軽い”状態です。これが酷くなってしまうと油膜が簡単には落とせなくなりますので

油膜は早めの処置がお薦めです!

リアも・・・

油分の付着で水を弾いています。  この状態ですと視界が悪くて危険です(;´∀`)

その危険は油膜を・・・

除去してガラス表面をリセットします!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

綺麗に撥水しています。 高速走行時など水玉が流れて視界を確保してくれますヽ(^o^)丿

雨の多い日本では1年中活躍してくれる人気のメニューになります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的な事もあって写真だと相変わらず、いまいちわかりません(^^;) 写真の撮り方が悪いんじゃね~?? と

ツッコまれそうですけど、もう撮っちゃったので仕方ありません。    ← 開き直った~~(;´∀`)

実際のところは鉄粉も少なめでした。リアも・・・

よく見ると黒っぽく点々と確認できますがリアも少なかったです。

という事で今回の鉄板処置は軽めに行ないました。

一応処理後の再チェックの写真も撮りましたが・・・

相変わらず何が何だか・・・(^^;)

違いがわからないね~ っとツッコまれそうです。 でももう撮っちゃったので仕方ありません(^^;)

でもご安心ください。写真だとわからないだけで、ちゃんと綺麗になっています!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

ボディを磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

こちらの新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランです。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます。当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってスッキリとクリヤーになっているんですけど写真だと、どうしても違いが

わかりにくいと言いますか。写真撮るでのが下手と言いますか(^^;)

でも実車を見て頂ければ違いがもっとはっきりとわかります!

リアも・・・

より綺麗に仕上がりました!

そしてタイヤとホイールも・・・

綺麗に洗ってホイールコーティングしています。タイヤも艶出をして綺麗になりました!

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6新車コーティング完成いたしました!

クスミも取れてスッキリと艶々に仕上がりました!

“EXE evo1″もいい艶が出ています(´▽`*)

オーナー様も『ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。そして『外に出したくないなぁ~』と

言われていました。

そうですよね。そりゃそうです。だって外は雨ですもん(^▽^;) 私も出したくないですもん。

でも大丈夫です!洗車をすればまたピカピカになりますので(^_^)/

ピカピカのMAZDA6、何時までも大切にお乗りください!!

 

アクセラがMAZDA3に名称変更されたのを機にマツダは基本、車名を世界で統一にしていくそうです。

それに伴いデミオもモデル途中ですが先日、MAZDA2に車名が改められました。

マツダやることが早いです(笑)

でもロードスターはMX-5とはならずに例外でロードスターのままだそうです。

これは『車名に愛着をもつオーナーたちの意向にも配慮』した結果なんだそうですけど、アテンザもアクセラも

そしてデミオも十分、車名が浸透していますし車名に愛着をもつオーナーさん達も多かった気もしますが

決まってしまった以上私にはどうする事も出来ません。 まぁ、決まる前でも私にはどうする事も出来ませんが(^^;)

でも時間が少し経てばMAZDA6もMAZDA3もそしてMAZDA2の呼称も直ぐに浸透して愛着が湧いてくると思います。

そしていま開催中の東京モーターショーでマツダ初のEV「MX-30」を発表しました!

“CX”系とはまたひと味違うデザインテイストでこれまた日本での発売も楽しみです。

更にロータリースポーツ系の“RX”はどうなってしまうのか?? 興味は尽きません(*^_^*)

これからのマツダにも期待していきましょう!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

メルセデスAMG CLA45シューティングブレークです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスAMG CLA45シューティングブレークのボディコーティングです!

H28年式のメルセデスAMG CLA45シューティングブレークです!

ご購入からちょうど3年、車検のタイミングでコーティングの再施工のご依頼を頂きました。

上の写真ですと艶もまだまだ感じられてお綺麗ですが近くでよ~く観察いたしますと

そこには3年分の痛みも所々に見えてきます。

では3年経過致しましたメルセデスAMG CLA45シューティングブレークの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチが目立ちにくいホワイト、しかも写真と言う事で目立ちませんが実は結構シミや

洗車キズと思われるスクラッチが多いんです。

↓もボンネットですがこちらの写真の方がスクラッチが見えやすいかと思います。

と言っても何だかわかりませんね(^▽^;)  もっと拡大してみましょう。

よく見るとライトを中心にグルグルとキズが見えると思います。そのキズでライトの光が

拡散しています。 また塗装面のクスんでいて透明感が感じられません(^^;)

ルーフも・・・

写真ですと綺麗に見えますが実際は先ほどのボンネットの写真と同じ状態でした。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程シミやスクラッチは多くはありませんでしたがクスミが進んでいました。

リアゲートも・・・

ライトを中心にグルグルとキズが確認できると思います。

ホイールは・・・

少し洗い残しが気になります(^^;) おそらく車検時に洗ってくれたのかな??

 

ボンネットやルーフの水平面の痛みがやはり進んでいました。 どうしても水平面は紫外線の影響を

受けやすいですし、汚れやなども載りやすいです。しかも洗車時もスポンジやクロスに力が入りやすいので

細かな洗車キズが入りやすいです(^^;) まだまだコーティング自体は効いているので頑固な水アカの

固着などはなく艶もあってお綺麗かと思いますが、逆にまだお綺麗なうちにコーティングの再施工を

行っていった方が、結果塗装の研磨量も抑えられます。ですので今回はいいタイミングでの

再施工ではないかと思います。

では作業を進めていきましょう! 作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

反応しまくりです(^▽^;)  洗車時からスポンジが引っかかるので気にはなっていましたが

やはりそうでしたか(汗)

リアも・・・

沢山付いています。 もちろんルーフもボディサイドも、もれなく沢山付いておりました(^^;)

鉄板処置が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗にサッパリとしましたヽ(^o^)丿

リアも・・・

綺麗になりました~! 綺麗って気持ちいいですね(笑)

鉄板処置が無事終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

マスキング終了!そして磨いていきます。今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7やV-110がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

それとはまた違うコーティング剤となります。

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7やV-110よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりましたよ~。

もう一つのボンネットの写真で見ても・・・

グルグルと見えていたスクラッチもスッキリです。

もちろん拡大しても・・・

綺麗になりましたヽ(^o^)丿  スクラッチが無くなった事で光の拡散も無くなってますね!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

ボディサイドだって・・・

シミも取れてクッキリとスベスベですね。

リアゲートも・・・

グルグルと見えていたスクラッチが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールも・・・

隅々まで綺麗にしてホイールコーティングしました!

艶々です(*^^*)

そしてメルセデスAMG CLA45シューティングブレークのボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりましたよ~ヽ(^o^)丿

各部の仕上がりでも見て頂きましたが、写真よりも実車の方が違いを感じて頂けると思います!

スクラッチやシミが無くなって塗装がクリヤーになったことで塗装面が平らになり

変な光の反射がなくなり周りの景色も綺麗にスッキリと映り込むようになるんです。

オーナー様も『綺麗になった!』とお喜びになられているご様子でした。 ありがとうございます。

 

 

洗車すると多かれ少なかれ残念ながら洗車キズは付いてしまうものです(^^;)

少しでも洗車キズを低減するには泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます(^^;)洗いも、ふき取りも優し~くです!!

もう一つのポイントはスポンジや拭き取りに使っているセーム皮やマイクロファイバーなどは

定期的にお取替えください。

いっけん綺麗でまだまだ使えそうな気がしますが、そこが意外と落とし穴です。スポンジや繊維の間に

細かな砂などが入り込んでいる事も多いのでお気を付けください。

それと度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までにこちらをどうぞ!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スバルXV Advanceのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXV Advanceのボディコーティングをメンテナンスです。

こちらのスバルXV Advanceは今年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

6ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。

新車時にコーティングしてから早半年!人間のお肌と同じく春~夏の紫外線の強い時期を過ごしたので

お肌のケアが大切です(*^^*) 車に限らずですが紫外線はあらゆる物を劣化させます。 怖いですね~(^^;)

また紫外線だけではなく大気中には色々な物質が浮遊していて、それらが車に付着したりして

塗装面を痛めます。 ですのでボディも定期的なケアが必要です!

という事でメンテナンスのご依頼です。

今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチも少なめです(^_^)/ 正直、塗装の柔らかいスバル車で普段は屋外駐車との

事ですのでシミなどもっと多いかと思いましたが少ないですね~!

アフターです↓

全くシミが無い訳ではありませんが、とても良好な状態だと思ます。

ルーフも・・・

現状は少し汚れていましたのでアレですが(^^;)メンテナンス後の状態で確認しましても・・・

シミもスクラッチも少なめでした!

基本的に定期的に洗車もされているそうですので・・・

ウインドウ下の隙間などの汚れも少ないです(^_^)/

マメに洗車されていても↑のような場所は気が付かない&スポンジが入らない等で

汚れが残りがちなんですけど、とてもよくお手入れされていました。

アフターです↓

あまり変わり映えしないかな(汗)

しかし綺麗に乗られていても雨が降るとどうしても・・・

黒い筋は付いてしまいます。

でもコーティングが効いていれば・・・

洗車で簡単に落とす事が出来ます。

でもコーティングが効いていてもグリス分を含んでいるような黒い筋は・・・

シャンプー洗車では落ちない事もございますので、そのような時はクリーナー等を使って

優しく除去してください。

車が新しければ新しい程、雨が降るとグリスも一緒にいっぱい流れ出て来ます(^^;) お気を付けください。

そして鉄粉の付着状況ですけど・・・

鉄粉は少し多めでした。 黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉の多い少ないは車の保管場所や使用場所によって大きく左右されます。

鉄粉が多く付着するお車はやはり定期的に鉄粉処理した方がいいと思います。

↓はアフターです。

だいぶサッパリしましたね!

それとホイールですが新車時にノーマルホイールもコーティング施工致しましたが

ノーマルホイールは冬タイヤ用でしたので今回は夏タイヤ用に違うホイールを装着していました。

今回はこちらのホイールにもコーティングのご依頼を頂きました。

ビフォーです↑

すこし汚れ気味です。よ~く洗ってからホイールコーティングをして・・・

出来上がりです。 いい艶出ています(*^^*)

そしてスバルXV Advanceのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

スッキリと綺麗に仕上がりました!

こちらのクォーツブルーパールは元々光沢感の高いカラーなんです。ただどうしても汚れてきたり

クスんできたりすると徐々に光沢感も引けてきます。

その光沢感を維持したり復活させるのにもメンテナンスはとても重要です!

と言いましても、今回のXVはとてもお綺麗でしたのでアレですが(^▽^;) それでも

愛車とご対面されたオーナー様には艶感、光沢感の違いを感じて頂けたご様子でした(*^。^*)

ありがとうございました。

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

VWアルテオンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWアルテオンのボディコーティングです!

納車から間もない新車のVWアルテオンです!

パイライトシルバーメタリックと言う少し濃い目のシルバーメタリックです。グレーと言うほど

ダークではなく、だからと言ってシルバーと言うほど明るい色でもない落ち着いた大人な感じの

シルバーメタリックです!陰影が強く出るカラーですのでパリッとエッジが効いたラインの

アルテオンにピッタリのカラーです!

納車間の無い新車ですので基本的にお綺麗なんですが・・・

では現状確認をおこなっていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干曇り気味ですけどお綺麗・・・に見えますが、実は見る角度変えると・・・

細かなシミが沢山付いています(^^;) シリカスケールでしょうか?洗車程度では落ちません(^▽^;)

ボンネット以外にもルーフやトランクにも沢山付いていました。

それとバンパーには・・・

既に線キズが~!!

バンパーの前部からホイールハウスにかけて20センチくらいでしょうか??線キズが付いておりました(^^;)

ルーフは・・・

基本的にお綺麗ですけど先ほどもお話しいたしましたように見る角度を変えると

シミが結構付いていました。

トランクも・・・

シミが付いていました。 でもボンネットに比べると少ないです。

ボディサイドは・・・

いまいちライトの映り込みがスッキリとしていませんね~(^_^;)

それとホイールは・・・

まだそれ程距離を走られていませんのでブレーキダストも少なめでした。

 

実は既にディーラーでボディコーティングを施工されているそうです。余談ですけど最近では、

特に輸入車などに多いんですがボディコーティングが頼んでもいないのにお見積りに入っている事が

多いんです(^^;) よくよく明細を見ると説明も無く、ましてや頼んでもいないのにボディコーティングが

組み込まれている事が多くて納車後に知ったというオーナー様も居られます。下手したら納車時にも

説明が無くコーティング屋さんに入庫してから知ったという方もいるほどです。 お車ご購入時は

皆様もご注意ください!!

話は戻りますが今回のアルテオンですがウインドウとホイールコーティングのご依頼+ボディを観て

あんまりだったらボディコーティングも掛け直して!とのご依頼でした。

オーナー様もディーラーのコーティングの仕上がりがいまいちと感じていたご様子で、私も実際に

確認いたしましたら、確かにいまいちの仕上がり具合でしたので(^▽^;)ボディもコーティングを

掛け直しさせて頂く事にいたしました。

では作業に取り掛かりましょう!作業始め~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分の付着もなくてお綺麗でございました。

全てのウインドウ+ガラスルーフの下地を整えていき、ウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

またまた余談ですがウインドウコーティングをしましたらワイパーブレードを撥水ワイパーに交換する事を

お薦めしております。撥水ワイパーに交換して頂けるとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びます。

それと特に輸入車はウインドウコーティングをするとノーマルのワイパーだとビビりが発生する

事が多いです。 そのビビり防止の為にも撥水ワイパーへの交換がお薦めです!

 

続いてはボディです。

洗車をしましたら鉄粉の付着確認をしていきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よ~く見ますとポツポツ確認できると思いますがとても少なかったです(^_^)/

リアも・・・

鉄粉が少ないのでポツポツを探すのが大変です(笑)

鉄粉が少なかったので今回は軽めに鉄粉除去をおこないました。

鉄粉除去後の再チェックです↓

まぁ元々少ないので(笑)

リアも・・・

違いがわかりませんね(^^;)

 

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。 今回はシミが気になるので少し新車プランにしては“しっかり”とした

磨きで下地を整えていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!

もちろん角度を変えて見ても・・・

シミも無くなってサッパリと綺麗です(^_^)/

バンパーのキズも・・・

除去できました! よかったよかった(*^。^*)

ルーフも・・・

スカッと綺麗です!

トランクは・・・

ツルンツルンです! いゃ、トゥルントゥルン です(笑)

ボディもスッキリとクリヤーになってます(^^ゞ

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイールコーティングをして仕上げております。

今回のホイールはマットブラックでしたのでホイールコーティングをしますと若干ですが艶が出てしまいます。

事前にオーナー様にご説明をしてご了承を頂いております。

 

そしてパイライトシルバーメタリックのVWアルテオン新車コーティングが完成いたしました!

元々コーティングしたての新車でしたので引きの写真だと違いが分かりにくいかと思いますが(^_^;)

各部の仕上がり具合で見て頂いた通り塗装面の曇りやシミ等が無くなってよりスッキリとクリヤーな

パイライトシルバーメタリックに仕上がっております!

VWアルテオンは当店初入庫でした。何度か見たことはあったんですけど作業させていただいたのは

初めてです。初めて作業して一つ驚いた事が! それは・・・

アルテオンは今流行りの4ドアのクーペかと思っていたんですけど5ドアのファストバックだったんですね!

知らなかったです(^^;) トランクを開けようと思ったらリアのガラスごと開いたのでビックリです(笑)

想像もしていなかった所まで開くと想像以上にビックリしますよ(笑)

えぇぇ~こんな所まで(;”∀”)って感じです。  何事も見た目で判断してはいけませんね!

何事も見た目で判断してはいけませんが、見た目も中身もとても魅力的なアルテオンのご紹介でした(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

シトロエンC3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはシトロエンC3のボディコーティングです!

こちらのシトロエンC3は納車後にそのまま当店にご入庫くださいましたピカピカの新車です!

個人的にC3は白×赤のツートンカラーのPOPなイメージが頭に浮かびますが、こちらのC3は

ブランバンキーズ×ノアール ペルラネラと言う、名前からして既にカッコイイ白黒のツートンカラーで

とてもシックなカラーリングの大人の雰囲気漂うC3です!

ルーフの色が違うだけで全然イメージが変わりますね(*^^*)

そんなシックな新車のシトロエンC3の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットはお綺麗でしたがルーフには・・・

無数のキズが! ではなくて保護シートの糊残りの様です(^^;)

最初見た時に私もキズかと思ってビックリしましたよ(笑)  ルーフのあちらこちらに付いていました。

いゃ~糊残りでよかったです。

ボディサイドは・・・

若干曇り気味ではありますがお綺麗です。

しかし・・・

良く見ると所々に↑のような拭きキズでしょうか??少し深めのスクラッチが付いておりました。

更にピラーは・・・

キズだらけです(^_^;) 最近このピアノブラック調のピラーの車が増えています。高級感があって

見栄えはいいのですが、とにかくデリケートでキズが付きやすいんです。乾いたクロスで少し力を入れて

拭くだけで簡単にキズが入ってしまいます(涙)

リアゲートは・・・

こちらはスクラッチや曇りも少なくてお綺麗でした!

ホイールもピカピカです!

 

新車という事で基本的に塗装面はスクラッチやシミ等目立って付いている訳ではございません。ですが

よ~く観察しますとやや深めのスクラッチも確認できました。輸入車はどうしても工場を出てから

オーナー様に届くまで時間が掛かります。またその間に人が触れる機会も多くなります。人が触れる機会が

多いという事はそれだけキズ等付いてしまうリスクも増える訳でもあります。またノーダメージでディーラーに

届いても納車前仕上げでスクラッチ等を付けてしまう場合もございます(涙) では国産車は大丈夫かと

言いますと実はそんな事も無く国産車でもビックリするくらいキズやシミが多くついている車も多く

こればかりはある意味”運”ですのでご自分ではどうする事も出来ません(^▽^;)

でも大丈夫です!磨けば綺麗になりますのでご安心ください!!

という事で早速作業スタートです!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

ボディコーティングと同時にご依頼を頂く事の多い人気のオプションメニューです(^_^)/

↓は現状です。

撥水力はやや弱い感じですが何か簡易タイプの撥水剤でも掛かっている様ですね。

しかし・・・

全て落としていきます(笑)

今回はルーフがガラストップになっていますので、こちらにもウインドウコーティングのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

全てのウインドウの下地を整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に・・・

撥水チェックをしましたらウインドウコーティングは完成いたしました!

水玉の”丸”さが違います!!

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

↑はボンネットです。 すくないですね~(^^)/

リアは・・・

新車でもこれ位は付いているものです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったんですけど(笑) 綺麗です。

リアも・・・

サッパリとしました。

そしてマスキングをしていき・・・

磨いてまいります。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。少し深めにスクラッチが付いていた所はやや強めの磨きをしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

よりスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

糊残りもスッキリと無くなって綺麗になりましたよ~(*^^*)

ボディサイドも・・・

よりクッキリとライトが映り込むようになりました。

深めに付いていたスクラッチもだいぶ綺麗になりましたね!

そしてキズキズだったセンターピラーも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ただキズが付きやすいので普段のお取り扱いやお手入れ時は注意が必要です。

洗う時は優し~く洗ってください。

そしてリアも・・・

更にクッキリとクリヤーになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングです。

こちらも新車コーティングと同時にご依頼を頂く人気のオプションメニューです。

特に輸入車にはお薦めです!

そしてシトロエン3の新車コーティングが完成いたしました!

艶も更に向上し新車以上に輝やくシトロエンC3に仕上がりました(^_^)/

白と黒のコントラストが強調されよりメリハリのあるボディになったと思います。

黒といえばこちらのC3のドアに付いている大きなサイドモールのような黒い樹脂パーツですが

これはエアバンプと言ってシトロエンC4 カクタスで登場時に話題になりました。

エアバンプの名前の通り中には本当にエアが入っていて触ると柔らかいんです。

エア入の柔らか素材で出来ていてボディをキズから守る機能とデザイン性を兼ね備えた機能パーツでも

あるそうです。 さすがフランス車!!

内装などのデザインも国産車とは違うセンスでデザインされていてオシャレなんです!

このセンスと個性はやはりフランス車ならではでもあり、さすがシトロエンです(*^^*)

見れば見る程欲しくなっていくシトロエンC3でした!!    いいなぁ~(´▽`)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ボルボV40のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV40のボディコーティングです!

H29年式デニムブルーメタリックのボルボV40です!

昨年ご購入されたそうですが年末年始辺り洗車して以来、今年は洗車していないとの事で

なかなかの汚れっぷりでございました(^▽^;)

デニムブルーと言うブルーなんですけどブルーっぽさがと言いますかデニムっぽい青さが・・・

見あたりせん(;^ω^)

近くで見るとブルーと言うよりも・・・

グレーっぽいです(汗)

↑のままですと現状をご紹介できないので(これが現状ですが(笑))洗車後に撮ったのが↓です。

ブルーになりました(笑)  シミはそれなりに付いていましたが洗車していない事もあってか

スクラッチは少ないですね!

ルーフも・・・

シミやクスミがありますが洗車キズなどは少ないです(^_^)

ボディサイドは・・・

お綺麗です。

ただドア下などからは・・・

グリスがだいぶ流れ出てきていました(洗車前の写真です)

それとホイールも・・・

汚れ気味です(^^;) 輸入車は国産車に比べるとブレーキダストが多く出る傾向です。

 

ご覧頂きました様に全体的に汚れ気味です。正直、気味と言うより汚れています(^^;)

話は少しそれますが車の汚れ方って地域差が結構出ます。その保管している場所や使用している

場所によって汚れ方も全然違うから面白いです(笑)砂埃や泥汚れの多い車や樹液や木の実、虫の付着が

多い車やコケの付いている車など様々です。また季節によっても汚れ方が違ってきます。

いつもお客様のお車を洗いながら、どんなシュチエーションでお使いなのか想像しています(笑)   マニアか!!

話がそれましたが早速ボルボV40の作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着も無くて綺麗な親水状態でした。

しかしリアは・・・

油分が付いているようでダラダラと水を弾いていました。

綺麗だったフロントもしっかりと綺麗にしていきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていき、

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも

↓リアも・・・

ムラなく弾いているのを確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは梅雨のこの季節にピッタリのおすすめアイテムです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 ボンネットです↓

意外と、と言ったら失礼ですが少なめでした。

何となくもっと多いかと勝手に想像していました(^^;)

リアも・・・

少なめでした。  わかりにくい写真ですいませんm(__)m

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも綺麗になりました。

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回の磨きプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとして綺麗になりました(*^^*)

ルーフも・・・

深いシミの輪郭など一部残っていますがサッパリとしました。

ボディサイドは・・・

クリヤーですよ~!

グリス汚れもサッパリとしました。

ひび割れが見えますが・・・下のコンクリートが映り込んでるだけです(^^;) ご安心ください!

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングのご依頼も頂きましたのでよ~く洗ってからコーティングしました!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストの固着も低減できホイールを

洗うのが楽になります。 ブレーキダストが多く出るお車には特におすすめです。

そしてデニムブルーメタリックのボルボV40ボディコーティング完成いたしました!

デニムっぽいブルーメタリックになりました(笑) これならデニムブルーメタリックの名前も納得です!

色に深みを感じて頂けるように仕上がったと思います。

オーナー様も『綺麗~。艶が出た!これからは大切に乗ります』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

今日で6月も終わりです。 早いもので今年も半分が過ぎていきます。本当に早いですね(^▽^;)

当店のございます神奈川県はまだまだ梅雨真っ只中で洗車しても洗車しても直ぐに汚れています。

昨年は関東地方梅雨明けが異常に早くて6月28日に梅雨明けでした。今年は例年通り7月20日前後の

平年並みの予測のようです。その予想通りでしたら、あと3週間ほどこのジメジメと不安定なお天気が

続く訳で洗車マニアには憂鬱な日がもう少し続きます(;´∀`) 洗車マニアでなくても梅雨時期は

なんだか何かと憂鬱になりがちですが、あと(たぶん)3週間頑張って乗り切りっていきましょう!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産エクストレイルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXになります!

ノーマルのエクストレイルに対して専用のアンダーガードやホイールを装着し、オフロード寄りの

タフなイメージを強調した人気のグレードです(*^^*)

近くで見ると意外とデカくてイカツイです。 黒ですので尚更です(笑)

こちらのエクストレイルは新車です。そんな新車エクストレイルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車とは言え納車から約10日程経過していて、しかも雨にも降られていますので

少し汚れています。 また花粉ジミや”蜂の糞“の付着が多かったです。

汚れていても何となく塗装面が曇っている感じが伝わってきます(^^;)

ルーフも・・・

汚れを差し引いても、少しボヤけ気味です。

ボディサイドも・・・

何となくスッキリしていません。

それと・・・

リアゲート部にはポリッシャーで磨いた痕跡が確認できます。

ライト右横が白っぽく見えると思います。これはキズやシミなどを加修した跡です。

ホイールもやや汚れ気味です。

 

写真が洗車前の状態ですので塗装面の曇りが少しわかりにくいんですけど、全体的に

ボヤけ気味でスッキリとしていませんでした。

また加修の痕跡も確認できます。新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を除去する為に

磨く事はよくある事です。よくある事と言うより黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい

よくある事なんです。 問題はその加修の痕跡が残ってしまってる事です。

普段はもしかしたら気が付かないかもしれませんが、日が当ったりライトが当たると

そこだけギラギラと光って不自然に見えます。これは加修跡(磨きキズ)に光が当るとキズで光が

乱反射して見えてしまう為です。

この加修跡もサッパリと仕上げていきたいと思います。では作業開始!!

 

まずはウインドウからです。新車コーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼を

いただく事が多い人気メニューです。

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでまずはウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です。

↑フロントウインドウは油分の付着も無くお綺麗ですが・・・

リアウインドウはやや油っぽいです(^^;)

これを・・・

綺麗に落として下地を整えます。下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも・・・

油っぽかったリアウインドウも綺麗に撥水しています!

全ウインドウを確認しましたらウインドウコーティングは完成です。

 

そしてボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

見えません。実車だと近くでよ~く見るとポツポツ確認できますが写真だとキビシイですね~(^_^;)

今回は新車ですので軽めに行ないました。

そしてマスキングです。

黒いボディに黄色いマスキングテープ姿・・・結構好きなんです。私(笑)

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

特に今回はスクラッチシールド車ですのでマッチングがとても大切です。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤は…

低撥水性のハイディーンを使用致しました。

シミの付着が気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白っぽく点々と見えるのは・・・ホコリです(^^;) ごめんなさい。

花粉のシミは除去できていたのですが”蜂の糞”の跡は既に塗装面を痛めてしまっていて・・・

除去できませんでした。  蜂の糞は塗装を痛めます。

写真を撮ればよかったんですが・・・

撮らなかったので(汗)以前作業した違う車の画像です↓

塗装が↑のようにプクッと膨らんで来てしまいます。 結構短時間で↑こうなりますので

蜂糞は早めに対処してください。

話がそれましたがルーフです↓

ルーフも綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

あれっ!?写真だとあまり変わり映えしない??・・・(汗)

よ~く見てください!ライトの輪郭がシャープに映り込むようになっていますので(*^^*)

そしてリアの加修跡も・・・

スクラッチ除去出来ました!  白っぽく見えていたギラつきもスッキリと無くなりました。

そしてホイールはホイールコーティングしています。

意外と複雑な形状で大変でした(笑)

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX新車コーティング完成いたしました!

クリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

いゃ~気持ちいいですね!

最近の日産車やトヨタ車で、一般のクリヤ塗装よりキズが付きにくく、更にキズを自動修復してくれる

特殊なクリヤー塗装車が多くなってきました。

日産はスクラッチシールドでトヨタはセルフリストアリングコートですね!

こちらのエクストレイルもそのスクラッチシールドなんですが・・・加修跡は消えていません(^_^;)

自動修復なので消えてもいいんですが・・・実際は消えないんです。 逆に磨きキズが付きやすくて消しにくい、

違う意味でも”特殊な”クリヤー塗装なんです(^_^;)

このスクラッチシールドを磨くには特殊クリヤーの知識が必要なんですけど、そこを理解していないと

スクラッチシールド車を磨く事はできません。 いゃ磨く事は出来ても仕上がりは車全体が加修跡だらけのように

ギランギランになってしまいます(^▽^;)  怖いですね~

中にはスクラッチシールド車など特殊クリヤー塗装車はお断りするコーティング屋さんもあるようです(^^;)

スクラッチシールド車でお断りされてお困りでしたら当店にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバル インプレッサスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル インプレッサ スポーツのボディコーティングです。

クォーツブルーパールの新車のインプレッサ スポーツです!

こちらのオーナー様は以前よりスバルXV等で当店をご利用いただいており、今回はXVから

インプレッサ スポーツにお乗り換えになられたそうでコーティングのご依頼を頂きました。

ボディコーティング以外にもウインドウコーティングやホイールコーティングのご依頼も

頂いております。ありがとうございます。

では早速スバル インプレッサ スポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から数週間程経過しているという事もあって花粉によるシミも

確認できます。塗装面も若干曇り気味です。

ルーフも・・・

多くはないですが花粉の影響を既に受けておりました(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でライトの映り込みがボヤッとしています。

リアは・・・

こちらもボヤけ気味です。

ホイールは・・・

以前のXVに装着していたホイールを既に移植済みです。そして汚れ気味です(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干曇り気味(白ボケ)で更に季節柄、花粉の影響も受けていて花粉ジミが確認できます。

若干曇り気味の塗装面は、ある意味スバルらしいです(^^;) スバルに限らずですが同一車種の

同じボディカラーでもバラツキがあってスッキリと曇りの少ない車もあればちょっとビックリする程

曇っている車もあるんです。

こればかりは自分で車を選べる訳でもないですし、納車してからでないとわかりません。

もしビックリする程曇っている車が自分の所に来てしまったら・・・ご安心ください!

磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

今回のインプレッサはそこまで酷い曇りではないですが磨けば今以上にスッキリとクリヤーになりますので

磨きを入れて新車以上の塗装肌に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油膜の付着も無くお綺麗です。  これでも水が掛かっているんですよ!

しかし・・・

リアウインドウは少し油ぎっています(笑)

運転席と助手席は元々撥水ガラスですので・・・

それ以外のガラスを綺麗にしてコーティングしていきます。

最後に撥水力チェックをします↓

フロントもコロコロです。

リアもバッチグ~!  今、普段の会話でバッチグ~って言う人はあまり(全然??)いませんけどね(笑)

でもバッチグ~です(^_^)/

尚、アイサイト装着車(フロントウインドウ)へのウインドウコーティングはお客様のご希望が

ある場合のみとなります。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

新車ですがそれなりに付いている様です(^^;) XVの時もそうでしたがお車を止めている場所が

鉄粉が多い場所なんだそうです。

リアは・・・

鉄粉に反応した紫色が“流れ”ているので少しわかりにくいですがリアもやや多めに付いていました。

鉄粉処理をしたら再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました。

鉄粉が終わりましら磨きに備えてマスキングをしていきます。

マスキングは磨きの時に使うコンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店ではマスキングは塗装の状態によっては、

あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など様々です。

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉ジミも無くなりスッキリとしました。

リアも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

スッキリとしてライトの映り込みもクッキリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールもよ~く洗ってコーティング!  艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバル インプレッサ スポーツ、新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々新車で艶がいいので写真だと違いが分かりにくいんですけど(汗)近くで見ていただければ

塗装表面の曇りが無くなって透明感と光沢が更にあがったクォーツブルーパールに仕上がって

おります(^_-)-☆

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見るともちろんキラッといい艶感なんですけど夜の街灯の下

などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね!

きっと惚れ直すことでしょう(´▽`)

あっ!もちろんPAやSAなど安全な所でね(笑)

 

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

今回のインプレッサはそこまで酷い曇り(白ボケ)ではないですが曇りの酷いお車や納車前から花粉ジミが

付いているお車など新車でも何かしら不具合がある事が非常に多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル WRX S4のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX S4のボディコーティングです!

H28年式WRブルーパールのWRX S4です!

屋外屋根ありの駐車だったそうですが訳あって数か月ほど屋根なし駐車になってしまったそうです。

そしたらあっという間に汚れが進んでしまったとの事です。

屋外駐車でも屋根があるのと屋根がないのではお車の汚れ具合は全然違うんです(^^;

オーナー様もこんなに違うものかと驚いたそうですが、それくらい違うんです。

では3年経過致しましたWRX S4の現状を確認していきましょう!

少し汚れ気味で塗装面の状態が分かりにくいので↓は洗車後に撮った写真です。

花粉にシミも確認できます。しかし3年経過のスバル車と考えますとシミは少ないと思います!

屋根あり駐車場の威力です!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いているには付いていますが少ない方だと思います!

しかしトランクには・・・

局所的に盛大にスクラッチが付いていました。 よ~く見ると丸く何かの跡があったので

何か付いていたのかな?  と思い、あとでオーナー様に聞いたらアンテナがここに付ていたとの事でした。

その痕跡だったんですね(^^)

ボディサイドは・・・

若干曇っている感じでしたがシミもスクラッチも少なくてお綺麗です!

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れ気味です。

 

全体的に艶もあってまだまだお綺麗ですが近くで見ますと細かなシミやスクラッチが確認できます。

ちょうど花粉の時期に屋根なし駐車となってしまっ為にそれ程酷くはありませんでしたが

花粉のシミも確認できました。しかし先ほどお話しましたように3年経過のスバルの

ブルーと考えますと塗装面の痛みは少なく良好ではないかと思います(^_^)

傷んだ塗装面を綺麗にするには研磨(磨き)が必要で痛みが少ないうちに塗装面をリフレッシュすれば

研磨量も少なくて済みます。ですのでこちらのWRX S4もリフレッシュにはいいタイミングだと思います!!

ではWRX S4のリフレッシュを開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

青いボディに紫なんで写真だとよくわかりませんがよ~く目を凝らして見て頂くと

なんとな~く見えてくると思います(笑)

目が慣れると意外と鉄粉が多めに付いている事に気が付きます(^▽^;)

リアも・・・

こちらの方が確認しやすいですね!?

目を凝らして見えてくるはず!さぁウォーリーを探してみてください!  いゃウォーリーはいませんけど(^^;)

 

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックします↓

目を凝らして見ても綺麗です(笑)

トランクも・・・

目を凝らして見ても、もうウォーリーはいません!  まぁ初めからウォーリーはいませんけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

また違うコーティング剤となります。

私も自分の車などで試していましたがシミの付着も少なくて光沢感も良くとてもいい感じでした!

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも綺麗サッパリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

トランクのスクラッチも・・・

無くなって艶々です。

ボディサイドだって・・・

ライトの映り込みもスッキリとクリヤーですね。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングして艶々です!

WRブルーパールのスバル WRX S4ボディコーティング完成いたしました!

相変わらず写真だといまいち艶感など伝わらないんですけど(^^;)今回使用したコーティング剤が

これまたいい艶を出しているんです!  クリヤーで艶々に仕上がってます!!

愛車とご対面したオーナー様も『なんじゃこりゃ!』と驚いていました(笑)

いゃ~想像以上に綺麗。映り込みが違う!色が変わった!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございます。

現在は駐車場に屋根が出来たそうで一安心です(*^_^*) 屋根ありと屋根なしでは汚れ方が

全然違うと言いましたがそれ以外にもコーティング剤の耐久性も全然違ってきます。

特に撥水(水弾き)の耐久性が全然違ってきます。

理想は室内空調付きのガレージですけど私には到底無理な案件です(笑)

望みはただ1つ!宝くじ売り場へレッツゴー!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。