クールグレーカーキの新型XVのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです!

新型のイメージカラーでもあるクールグレーカーキのXVです!

こちらは納車間もない新車ですが、なんと埼玉から当店にお越しくださいました。 ありがとうございます

ありがたいことに最近では遠方より当店にお越し下さりますお客様も多くなってまいりましたが、

今までも遠方記録は東京でしたが今回は埼玉という事で記録更新です(笑)

オーナー様も新記録を狙っていたそうです(*^^*)  ありがとうございます & おめでとうございます🎊

納車後数日は経過していますが、その間ほぼ乗ってなかったそうで今回当店にお越し下さるのが

実質、初ドライブだったそうです!

そんな新車XVの現状を確認していきましょう!

何度か雨に降られたので軽く汚れていますね。しかし塗装表面の曇りも少なくてお綺麗だと思います。

ルーフは・・・

ボンネットと同じく、ごく軽い汚れです!

ボディサイドはドアノブからのグリス汚れが目立ちます(^^; ドアノブだけでなく可動部に塗られている

グリスが雨水と一緒に流れ出てきます。 特に新車のうちはいっぱい出てきます(;´∀`)

逆に新車の証拠でもあります(笑)

リアゲート部です。なぜかスバルマークの上あたりだけ水アカ汚れが付いてました!? ここだけです(笑)

ディーラーさんが洗い忘れたのでしょうか??

ホイールも軽い汚れです。

 

全体的には新車と言うこともございまして軽い汚れはありますが塗装面自体はお綺麗です!

しかし若干新車特有の”曇りも”確認できますので、この曇りを除去して更にスッキリとした

クールグレーカーキにしていきましょう(^_^)/

作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できます。若干多い気も致しますが新車でもこの位は付いている事は

珍しくないです(^^;

リアは少ないです! いいですね~。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックです↓

ボンネットも綺麗になりましたよ~。

リアは元々少なかったんですけど・・・(笑)

そしてマスキングをしていきます。

マスキングは磨くレベルやお車の状態などによって貼る箇所が変わってきます。ハードに磨くときは

フルマスキング!軽めの磨きの時などは要所を抑えたマスキングになります。

今回は軽めですので↑このような感じです(^_^)/

そして磨いていきます。今回は曇りも少なく塗装表面もお綺麗ですので軽く磨いて塗装面を

スッキリと仕上げていきました!

スッキリと綺麗になったクールグレーカーキには今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が

特徴の低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと最近SUV系のお車では定番になりつつあるフェンダーアーチなどの未塗装樹脂部のコーティングも

ご依頼いただきました!

黒が引き締まります!!

 

それでは各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットです。

汚れも曇りも取れてスッキリです!

ルーフもサッパリとしました。

ドアノブからのグリス汚れも無く、また塗装面もスッキリです!

ドアノブやドア内部などから垂れてくるグリス汚れは通常の水アカ汚れと違いコーティングしてあっても

シャンプ-洗車では落ちないこともございます。

そのような時は無理にゴシゴシ擦らずにクリーナーなどを使ってください! 簡単に落ちますよ~(^_^)/

ここの水アカ汚れはもちろんございません(笑)

最後にタイヤとホイールを綺麗に仕上げましたら・・・

クールグレーカーキのスバル新型XV、ボディコーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。艶々でキリッ!っです!

艶々のボディに樹脂コーティングで黒さを増したモール類がXVをキリッと引き締めていてメリハリが

出たと思います。あらためて最初の施工前の写真を見て頂くと少しボヤ~とした印象だと思います。

是非見比べてください(笑)

オーナー様も『うわ~ すげ~ピカピカだぁ』と、喜んで頂けたご様子でした!

 

お帰りは夜だったんですが東名高速はこれまた大渋滞中(^^; という事で箱根で

温泉でも入って空いたころに帰ろ!って逆方面にお帰りになられました(笑)

遠くからお越し下さり本当にありがとうございました。m(__)m

当店から箱根まで小田原厚木道路で”空いていれば”10~15分程ですので

皆様も当店にお越しの際は箱根温泉いかがですか?! お薦めですよ~(^_^)/

 

クールグレーカーキ、いい色です! グレーと言うよりも水色じゃない??って感じなんです。

特に明るい所で見ますと水色なんですが、暗い所で(光の当たり方)で何となくグレーに見えて

来るんです(笑) カーキと言いますと人それぞれイメージする色が微妙に違う気がいたします。

緑っぽい色をイメージする方と黄色っぽい色をイメージする方、私は先代のXVのデザートカーキの

イメージが強いので緑っぽい色の方を思い浮かべます。

元々カーキとは”土ボコリ”が由来なんだそうです。しかし今では一つの色を指しているのではなく、

アースカラー全般をカーキと呼ぶんだそうです。 ですので緑っぽい色も黄色っぽい色も

そして水色っぽい色もカーキで正解です(笑)

 

XVを洗車した時、夕方だったんですが夕焼けと月が綺麗だったんで写真を撮りました↓

そしてXVのボンネットに映り込んだ夕焼けもこれまた綺麗でしたのでこちらもパシャリ!!

なんという事でしょう!! 空の色とクールグレーカーキの色が同じじゃないですか!(*”▽”)

まさにアースカラーですね!

海や山そして都会でも映えるクールグレーカーキの新型XVでした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クォーツブルーパール の新型XVです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです!

納車間もない新車のXVです!

こちらのXVのオーナー様は、このブログでも度々ご紹介しておりますタンジェリンオレンジのXVの

お客様で5月にメンテナンスをおこなったばかりでしたが・・・

その後、新型XVにお乗り換えになられたそうです(*^_^*)

前車は派手めなオレンジでしたので今度は地味めにクォーツブルーパールをお選びになられたそうですが

意外とジミじゃないですよ(笑) このクォーツブルーパールと言う名のカラーですが確かにパッと見た感じ

ジミな感じも致しますが、結構光沢感が高くて光の当たり方によっては意外と目立ちます(*’▽’)

光が強く当たると明るく薄いブルーに見えますが影の部分は深みのあるダークなブルーに見える

とてもいい色です!

そんな素敵なクォーツブルー・パールのXVの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽~く塗装面に曇りが確認できますがそれより気になるのが蜂の糞です。  どれだかわかります??

ルーフもお綺麗です。

そしてこれが↓

蜂の糞です(汗) ボンネットやルーフ、ピラーにも付いてました(*´з`)

以前のタンジェリンオレンジのXVの時にもご紹介しましたが駐車場が蜂の通り道?の

様でとにかく蜂が糞を落としていくそうです(一一”) 洗車している最中にも落としていくんだそうで、

キリがないみたいです(涙) しかも蜂糞は塗装を痛めるんで注意が必要です(T_T)

ボディも軽~く曇り気味です。軽~くです。

ホイールもお綺麗です!

 

全体的に新車と言うこともあってお綺麗です! 先ほどお話しました蜂糞が既に数か所付いているのが

気がかりですが早速作業を始めていきましょう!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よ~く見るとポツポツついてますが鉄粉少ないですよ~(^o^)丿

リアも少ないです!

今回は鉄粉少な目でしたので軽~く鉄粉除去をおこなった後、再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったので違いがわかりません(笑)

リアも違いがわかりませんね(^^;

そしてマスキングをしましたらポリッシングです!

今回は新車で曇りも軽いので磨きも軽めで塗装表面を整えてから・・・

コーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それと今回、フェンダーアーチなどの樹脂コーティングもご依頼も頂いておりますので・・・

コーティングしました。 新車時のコーティングがお薦めです!!

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

曇りもなくなりスッキリとしました。

ルーフもいい感じです!!

ボディサイドもライトの映り込みがキリッとしました。

ホイールとタイヤの艶出しが終わりましたら・・・

クォーツブルーパール の新型スバルXVのボディコーティング完成です!

いかがでございましょうか。 いい艶に仕上がってます!!

樹脂コーティングで黒さを増したクラッディングが艶やかなクォーツブルーパールのボディをキュッと

引き締めて、より力強くそしてよりスポーティな雰囲気のXVになったと思います!

オーナー様も『いゃ~イイね!』と、とてもお喜びになられておりました! ありがとうございました。

 

前のXVはタンジェリンオレンジとデザートカーキと言う独特の色合のグリーン?の個性的な色が用意されていて

どちらも人気色でした。新型は色味が少し変わりオレンジが設定されてますがデザートカーキが

無くなってしまいました(T_T) 私、結構好きだったのに・・・デザートカーキの新型も見て見たかったですが

残念です。

その代わりに新型にはクールグレーカーキと言う、これまた独特の色合の薄いブルーが新登場しましたね!

同じカーキなのに色目は全く異なります(笑)

クールグレーカーキもかなり独特の色合でソリッド感が満載です(笑)

そして今回のクォーツブルーパールですが先ほどもお話しいたしましたが、これがまた光沢感が高くて

ツヤッツヤでとても綺麗な色です。ジミそうでジミでない派手そうで派手でなく、落ち着いた大人な

カラーです(^o^)丿 そしてこの色は意外と汚れやキズが目立たずお手入れが楽です(笑)

車の色選びって楽しくて難しいものですよね(笑) 皆様も選びで悩んだら思い切って、思い切った方を選んで

みてはいかがでしょうか??  新たな世界が広がる・・・かもですよ(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ プレマシーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ プレマシーのボディコーティングです!

納車当日にご入庫頂きましたピカピカの新車です(*´▽`*)

スノーフレイクホワイトパールマイカと言う雪の様に白いとても綺麗なパールホワイトです!

雪のように白いパールホワイトなんですが・・・

すいませんm(__)m上の写真ですと少し黄色っぽく見えますね(汗)

白い車を白く撮るのって結構難しいんです(^_^;)  照明の関係で黄色くなったり青っぽくなったり・・・

カメラやモニターの特性もあるんですけど・・・すいません。 いきなり話がそれましたが、無事に?言い訳も

済みましたので(大汗)早速プレマシーの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがボヤボヤ~としてますね。

ルーフはそれ程でもありません。

ボディサイドは結構な曇り具合でした(^^;)

納車後ほぼ走ってないのでホイールもお綺麗です(^_^)/

 

ご覧いただきましたように納車当日にご入庫くださいましたのでボディはとてもお綺麗です!全体的に

塗装面に曇りが確認できます。特にボディサイドは先ほどの写真の様にボヤ~と雲っていました。この曇りを

磨いてスッキリとした塗装肌に仕上げていきたいと思います!

では作業はじめ~!!

今回はボディコーティング以外にも盛沢山のご依頼を頂いております。ありがとうございます。

と言うことで、まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

こちらが↓現状です

↑これは水が掛かっている状態です。 油膜の付着も少なくていいですね~。 しかしリアは・・・

結構油膜が付いてます。フロントとリアで何故こんなに違うのでしょう??謎です(笑)

もちろん綺麗なフロントウインドウも下地作りはキッチリと行います!

油膜が落ちて綺麗になりました↑ あっ!これ水が掛かってる状態ですよ~。ガラスは油分や汚れが無くなると

水を弾かなくなります。その状態がガラス表面が綺麗な状態の証拠です!!

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でウインドウコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成しました!  コロコロに水を弾きます!(^^)!

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できます。 新車でもこの位は付いているものです。中にはちょっとビックリするくらい鉄粉が

付いている新車もございます(^^;)

リアもポツポツです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね~!

リアもいいね!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は軽めの磨きで塗装表面のボヤボヤっとした曇りを除去しスッキリとした塗装肌に

していきました!

そのスッキリとした塗装面には今回はこちらコーティング剤・・・

PCX-S8でコーティングです!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤になります!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 →  PCX-S8

人気の水玉撥水です(^_-)

それと未塗装樹脂部の樹脂コーティングのご依頼いただいております。プレマシーはリアバンパーが

未塗装部の割合が結構多いんですよね~。と言うことで・・・

コーティングです! 黒の深みが増して艶々になります。

フロントグリルやフォグランプベゼルなどもコーティング!!

それとヘッドライトもコーティングをして新車時より経年劣化防止に努めます(^_-)-☆

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。まずはボンネットからです。

写真ですとわかりにくいんですけどシャキッとしましたよ~。

ルーフも元々お綺麗でしたがよりスッキリとしました。

ボヤ~が解消しました。 曇りが一番酷かったボディサイドがやはり一番違いがわかりやすいと思います(笑)

ホイールもコーティングしましたので、よりツヤピカです。ホイールのお掃除が楽ですよ(^_^)/

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーのボディコーティングとその他沢山の

施工が完成いたしました!

ボディの白と樹脂の黒がメリハリが出てキリッとした印象に仕上がってるんですけど・・・

写真の色合いが悪くてすいませんm(__)m

でもオーナー様も一目で『引き締まりましたね~!』とおっしゃっていられましたので間違いないです!!

新車で元々おきれいでございましたが磨きで曇りを除去しましたので、よりクリヤー感が出て光沢も

上がってます。また先ほどもお話ししましたように樹脂コーティングで黒がより黒くなり、その黒が

白いボディを引き締めていてコーティング前よりスッキリと、そしてキリッといたしました(^o^)丿

 

はじめに言い訳いたしましたように(^▽^;) 白い車を写真に撮るのって難しいんです(汗)

特に当店はガラスの面積が大きくて太陽の位置によって日の当たり方が変わってしまい、それだけで

写真の色合いが変わってきてしまいます(;”∀”) 晴れの日と雨の日でも全然違ってきてしまいます。

もちろん色合いはカメラの特性もありますけど・・・それよりもやっぱり腕ですかね??

ちなみにカメラはコンデジなんですけど・・・コンデジも奥が深いですね(^_^;)

白い車を白く撮れるように写真も頑張りま~す(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

MINIクロスオーバー(F60)のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはMINIクロスオーバーのボディコーティングです!

こちらは納車間もない新車のクロスオーバーです! 先代に比べ少し大きく立派なボディに進化しましたね!

一見、先代(R60)とよく似たデザインですがR60はアウトドア寄りのクロスオーバーで新型は都会寄りの

クロスオーバーな感じで今回のお車のボディカラーもあって、とても落ち着いた大人の雰囲気が

漂っております(*^^*)

 

そんなオシャレな大人のクロスオーバーの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがボヤ~としてます。これは新車特有の塗装表面の曇りです。

ルーフは・・・保護シートの糊が大量に残ってます(T_T) よく見ると拭きキズでしょうかね?結構細かな

キズが多く入ってました(涙)

サイドも若干曇り気味です。

フェンダーアーチは・・・アレ?? 褪せている感じではありませんがよく見ると既に縞模様になってます(゜o゜)

フェンダーアーチ4枚とも同じ感じですので、きっとこれがディフォルトなんでしょう・・・か??

ホイールも少し汚れております。

ご覧いただきましたように若干ボディは曇りが確認できます。ルーフは糊残りがだいぶ多く、これを拭いたの

でしょうか?結構拭きキズが多い状態でした。車は高い買い物ですから納車時の仕上げはもう少し綺麗な状態で

お客様にお渡しして欲しいものです(^^;)   と私がブツブツ言っていてもしょうが無いので(笑)新車らしく

気持ちのいい状態に仕上げていきましょう!!

では作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはウインドウコーティングからご紹介致します。

まずは現状です↓

フロントは撥水していました。 でも・・・

除去して下地から作り直します(笑)

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です!

続きましてはボディです。 まずは洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑ よく見ますとポツポツ反応してますが少ないですね!

リアもポツポツ見えますが少ないと思います。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックです↓

元々少なかったですが(笑)

リアも・・・

綺麗になりました。

そして作業はマスキングへと進み・・・

磨きの常備が整いました! ここまでやってやっと磨けます(笑)

今回は新車ですので基本的には軽めの磨きなんですがルーフのキズが少し多いのでルーフはキズの除去を

考えながら磨き過ぎない程度で浅目のキズを除去していきました。

それとフェンダーアーチのコーティングのご依頼も頂いておりますのでこちらは樹脂コーティングです!

↑はコーティング直後の写真です。乾燥しますともう少し落ち着いた感じになります!

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤、PCX-S7です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです

ボヤ~とした感じがスッキリとしました。

ルーフも綺麗になりましたね。深めのキズは残っていますが普段は気にならないと思います。

サイドもライトの映り込みがスッキリとしました(^_^)/

縞模様も樹脂コーティングしますと分からなくなります!

ホイールもコーティングいたしましたのでピカピカです。輸入車はブレーキダストが大量に出てホイールが

汚れます。ホイールコーティングをしておくとダストのこびり付きが低減しますので特に輸入車は新車時の

ホイールコーティングがお薦めです!

そしてメルティングシルバーメタリックのMINIクロスオーバーのボディコーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。 元々お綺麗でしたので施工前後の違いがわかりにくいんですが(^▽^;)

でも各部の仕上がりを見て頂いたように塗装の曇りが取れてクリヤー感が増してます!それとルーフも

綺麗になりましたよ~! 深めのキズなどは新車ですので無理に磨き込みませんでしたので残ってますが、

普段気にならないレベルに仕上がってます。そしてフェンダーアーチ類がより黒く艶やかになった事で

ボディ全体がキリリと引き締まりました!!

 

こちらのクロスオーバーのオーナー様は以前スカイラインでボディコーティングを施工させて頂きました

オーナー様のお車です。スカイラインからクロスオーバーへのお乗り換えでございました。

ミニも大きくなり全然ミニじゃない!なんて声をよく聞きますが、ご家族でお使いになられるようでしたら

普通のミニではやはり小さくてクロスオーバーくらいのサイズが無いと4人乗車で遠出は厳しいですよね!

クロスオーバーでしたらスカイラインからのお乗り換えでも4人乗っても狭くなくて快適だと思います(^_^)/

と言うよりスカイラインより広いかも??(笑)  そして見れば見るほど魅力的でオシャレです。ミニシリーズの

中でも人気なのが納得のMINIクロスオーバーでした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

赤いMINIクロスオーバーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはミニ クロスオーバーのボディコーティングです!

H23年式のミニクロスオーバーです! 赤/黒のツートンカラーですが赤と言うより朱色と言う感じでしょうか??

ややオレンジがかったとても発色のいい赤色です(^_^)/

オーナー様曰く・・・神社の鳥居の色。 確かにそう言われればそれが一番近いような気も致します(笑)

でも鳥居の色なんて何だか後利益がありそうでいいじゃないですか!! つい拝んでしまいたくなります(^^;)

そんな後利益カラーのクロスオーバーですが月日の流れにより塗装面も傷みが感じられるようになって・・・

今回ボディコーティングのご依頼を頂きました。  しかも遠方よりお越し頂きましてありがとうございます。

では早速ですが現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。 結構シミが・・・(^^;)

↑こちらもボンネットですがシミでシミシミです。そしてガサガサです(^^;

ルーフはブラックと言う事もあってキズが目立ちますね(涙)

ボディサイドもくすみが進んでます。写真ですとかりにくいんですがルーフ同様ボンネットやボディサイドも

実は線キズが沢山ついてます。  目立たないだけです(^▽^;)

リアゲートも同じです。

ピラーもキズとくすみでだいぶ傷んでます。

フェンダーアーチも色が褪せはじめてます。 若干縞模様気味です(^▽^;)

ホイールも外車らしく(笑)ブレーキダストで汚れてました。

発色がいい赤ですので一見お綺麗に見えますが近くで観察しますと年式相応の汚れと言うか塗装面の傷み具合が

確認できます。 それとフェンダーアーチなどの樹脂パーツも色が褪せてきてますので全体的な印象も

ややお疲れ気味に感じてしまいます(>_<)  折角の後利益カラーがこれではもったいないです。

後利益パワ-が上がるようリフレッシュしていきましょう!!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウから見ていきましょう。

↓は現状です

フロントウインドウは油膜の付着も少ないですね!  気のせいか私、カメラ目線のような気もしますが(笑)

どの角度から見ても私と目が合いますよ。 フフッ( ̄▽ ̄) お試しください!

サイドウインドウとリアはウロコが結構アレですね・・・(涙)

気を取りなおして頑張って作業を進めていきましょう!

頑張った結果・・・

だいぶ綺麗になりましたよ。  よかった~(*´▽`*)

撥水もバッチリと効いてます!!

 

そしてボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこなっていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。 赤いボディに紫色は・・・

よ~く見て頂くと確認できます。   しかも結構付いてます。でも年式を考えますと特別多い訳では

ございません。

リアも結構付いてました。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

綺麗になりましたね!!

リアもいい感じです! 鉄粉が多く付いていますと洗車時にスポンジの滑りが悪く手で撫でるとザラザラです。

皆様のお車は大丈夫ですか?? 洗車時に一度水を掛けながら手で撫でて確認してください。

ザラザラしていたら鉄粉だらけかもしれません。 鉄粉以外の場合もありますけど(;”∀”)

鉄粉除去が終わりましたら・・・

マスキングをしてポリッシング準備が整いました。

今回は磨き3工程で仕上げております!

そして使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに求められた性能が集結しました

カービューティープロの最上級コーティング剤『PRO MAX EXE』でございます!

水玉コロコロの高撥水タイプです!

プロマックス・エグゼの詳しい事はこちらからどうぞ  →  PROMAX・EXE

 

それとフェンダーアーチ部の樹脂コーティングのご依頼も頂いておりますので・・・Let’s樹脂コーティング!

色褪せていたフェンダーアーチもツヤッツヤです!!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミでシミシミだったボンネットもクリヤー感を感じて頂けると思います!

こちらも↑ボンネットです ガサガサだった塗装肌もだいぶツルン!としましたよ~(^_^)/

ルーフもくすみが無くなってクリヤーになりました。 深いキズは残ってますがサッパリとしましたよ!!

ボディサイドもいい感じです。

リアもいいですね!!

黒く艶やかに!!縞模様も目立たなくなりました!

ピラーもくすみが取れてスッキリとしました。

ホイールとタイヤも綺麗に艶出しをしましたら・・・

ミニクロスオーバーのボディコーティング完成いたしました!!

綺麗になりました(^_-)-☆ キリっと男前です!! そして後利益カラー復活です!!

気分も上がり運気も上がりそうな予感です(笑)

赤いボディも勿論、艶々で綺麗になりましたがフェンダーアーチが黒くなったことでお車全体をキリリッ!と

引き締めてメリハリのあるボディに仕上がりました!!

オーナー様も『凄い~!ピカピカだぁ!!』『新車みたい!いゃ新車時よりピカピカかも!』と、一緒に来られた

奥様共々とてもお喜びになられており、オーナー様が『ありがとうと!』と手を出してくださったので男同士の熱い

握手をガッチリと交わしました!! そして夫婦共々ニコニコ笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。握手嬉しかったです(*^^*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スペーシア カスタムZのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ・スペーシア カスタムZのボディコーティングです!

ブリスクブルーメタリックが鮮やかな納車間もない新車のスペーシアカスタムZです!

いい色ですね~(*‘∀‘) 私、鮮やかな色好きです!

スペーシアのカスタムもいつの間にやら2種類になっていたんですね。今までのカスタムも十分迫力が

ありましたが、カスタムZは更に迫力があるフロントマスクに仕立てられています!鮮やかなブルーメタリックと

この迫力のフロントマスクでかなりの存在感を醸し出しております(^^)/

では迫力あるカスタムZの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干新車特有の白ボケ(曇り)でボヤッ~としています。

ルーフも同じような感じですが、それよりも鳥糞が・・・

↓は洗車後に撮影しましたが・・・

既に鳥糞攻撃によるダメージが・・・(T_T)

それとルーフやボンネットには保護シートの糊跡が結構付いてました。

ボディサイドもボヤけてますね。

ホイールは・・・走れば汚れるものです(笑)

全体的に新車特有のボヤ~っとした曇りが確認できますが、私的にはダイハツは塗装が綺麗で曇りは少ないと

思ってます。それよりも今回は鳥糞によるダメージを受けている所がございましたので、そちらの方が若干

気がかりでした。

そんなスペーシアカスタムZですが新車のツヤピカボディを更にクリヤーなボディに仕上げていきましょう!!

では作業はじめ~!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウからご紹介していきます。

↓こちらは現状ですね。

油膜の付着も少ないです。

油膜の付着は少なくても、もちろんウインドウを綺麗にしていきますよ~!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。最後に・・・

撥水チェックをおこないウインドウコーティングは完成です!

次はボディです。

まずは洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 新車でも結構付いている車は付いてますが、カスタムZは如何に・・・

ポツポツ見えますが少ないですね~(^^)/

リアも少なかったです!

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↑↓

バッチリです。

そしてマスキングをして・・・

磨きの準備は整いました!

今回は新車ですので基本的には軽い磨きですが鳥の糞で付いてしまったシミの所は磨き過ぎないように注意しながら

最低限の研磨で済むように仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・

PCX-S7です!!PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それとカウルトップなど未塗装部の樹脂コーティングのご依頼を頂いております。

艶々になりますよ!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

ボンネットです↑ 写真ですとイマイチ違いがわかりにくいかもしれませんが曇りが取れてだいぶスッキリと

しましたよ~。

ルーフもキリッとしました(^_-)-☆

鳥糞ダメージのシミも綺麗に除去できました。

サイドも曇りが無くなりスッキリしました。

ホイールコーティングもしましたので艶々です(´▽`)

そしてブリスクブルーメタリックのスペーシアカスタムZ、ボディコーティング完成いたしました!

やっぱりいい色です(笑)

とても発色のいい華やかなブルーメタリックですが更に艶やかでクリヤーなボディに仕上がったと思います!

鮮やかなカラーのお車は気分も上がりますし、周りの景色も明るくなります!! お店で作業していると店内も

明るくなって作業していても明るく楽しくなるものなんですよ(*^^*)

もっともっと明るく華やかなカラーのお車が増えるといいな~と思う今日この頃でございました!!

 

鳥糞は危険です(^▽^;)今回は鳥糞によるダメージは最小で済みましたが(ご入庫時には鳥糞が付いている

状態でした)あのまま気が付かずに更にあと数日経過していたら塗装にクラックが入ってしまい磨きでは

どうにもならない状態になっていたかもしれません。 クラックを直そうとすると再塗装するしかありません(涙)

そうなる前に鳥糞チェックを忘れずに!! と言いたいところですけど・・・最近の車は背が高くてルーフに

鳥糞が付いていても気が付かないんですよね~(^_^;)

でも鳥糞は塗装を非常に痛めますので気が付きましたら、皆様もなるべく早く鳥糞を取り除いてあげてください!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

今月はキャンペーン開催しております!

早いものでもう6月です!当店のある神奈川県では梅雨入りしました(^^;)

ちょっと憂鬱な梅雨を少しでも快適に過ごしていただく為に今月は梅雨にぴったりの

キャンペーンをご用意いたしました(*’▽’)

キャンペーンの詳しい内容はこちらからご確認ください! →  6月のキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。 この機会をお見逃しなく!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

ジェットブラックマイカのデミオです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ デミオのボディコーティングです!

新車のデミオです!

デミオと言いますとソウルレッドやパールホワイトが多い気がいたしますが、こちらのデミオは

ジェットブラックマイカと言うブラックです! ソウルレッドやパールホワイトとはまた違った

雰囲気でとても精悍でカッコイイですね(*‘∀‘)

そんな精悍なデミオ君、新車ですのでもちろんボディはピカピカな・・・なん・・・なんで??

花粉と黄砂がまだ降り注いでいる時期でしたので・・・全体的にこんな感じでした(^^;)

これだは現状確認できませんので(まぁ これが現状なんですけど(笑))洗車後の状態をご紹介して

いきましょう!まずはボンネットです。

綺麗になりました(笑) ただ写真にするとわからないんですが、若干塗装表面に曇りが出ていました。

ルーフも綺麗です。

ドアです↑  ドアはボンネットより映り込みがボヤッ~としていてボンネットよりも曇りがちです。

↑こちらはサイドステップです。 白くモヤモヤしているのはオーロラマークと呼ばれるポリッシャーで

磨いた痕跡です。キチンと正しく磨かないとこの様に白くモヤモヤとしたオーロラが残ってしまいます。

タイヤとホイールは綺麗ですね!

 

納車間もないお車だったんですがお越し頂いた時の季節柄、少々の花粉と黄砂に更に少々の雨が加わり見事なまでの

斑模様を描き出しておりました。まさに自然が作り出した、まったく嬉しくもない迷惑な芸術です(^▽^;)

アーティスティックな斑模様のデミオ君を早速ツヤピカな肌男君に仕上げてまいりましょう!

作業開始!!

今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングからご紹介して

いきましょう。

こちらが現状です↓

油膜もなく綺麗でした(^o^)丿

油膜が無くても違う汚れはありますので下地作りをちゃんと行います。

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして最後に撥水チェックをおこない・・・

ウインドウコーティングは完成です!

お次はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

そうです。その通りです。

お約束の黒いボディですと紫色は確認困難です(^^;)

あくまでも私感ですがマツダ車は新車でも鉄粉がやや多めのような気がしてます。

鉄粉除去を優し~くおこなった後はお待ちかねのマスキングです!   全然待ってなかったですか??

今回は新車ですので磨きとしましては軽めの磨きです。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

低撥水タイプのPCX-S7です!!PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

コーティング剤です。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それとリアバンパー未塗装部の樹脂コーティングのご依頼を頂いております。

コーティングしたところは、より黒く艶やかになります!  デミオはリアバンパーの未塗装部が広いので

樹脂コーティングお薦めです。

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。まずはボンネットからどうぞ~。

曇りもスッキリとしたんですが・・・写真だと違いが判りにくいのが難点です(^^;

ルーフも気持ちいいですね。

施工前の写真と見比べてみてくださいね! ボンネットよりは違いがわかりやすいと思います。

サイドステップの違いは分かりやすいですね(笑)白くモヤモヤ見えていたオーロラマークもしっかりと正しく

磨けば綺麗になくなります(^_-)-☆

ホイールもコーティングして艶UPしました。ホイールコーティングは艶が上がるだけでは無くブレーキから出る

ダスト汚れなどがこびり付きにくくなりますのでホイール掃除が楽になります。

そしてジェットブラックマイカの精悍なマツダ デミオのボディコーティング完成致しました!

いかがでしょうか。 あの自然が作り出した神秘的な?斑模様とはおさらばです(^.^)/~

より一層色の深さ・艶やかさを感じて頂ける仕上がりになったと思います!

黒い車はやっぱりカッコイイですよね!特に磨いて綺麗にしてあげると独特の凝縮感と迫力、そして鏡のような

綺麗な映り込みが楽しめます。 これだから黒はやめられまへんな~(´▽`)

黒はお手入れが大変ですが綺麗にすればするほど、手を掛ければ掛けるほどしっかりと答えてくれるのが

黒でもあります! お手入れ大変ですが張り切っていきましょう!!

黒いボディに白い内装がとても映えているオシャレなデミオでした!

 

 

新車は綺麗だから磨く必要はあるの??と、思われる方が多いと思います。

実際ディーラーの新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を塗っておしまい!って所が多いです。

でも実は新車でもシミやキズが入っていることも多く、鉄粉の付着が多い車も御座います。また新車特有の曇りが

確認できるお車が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

今月はキャンペーン開催しております!

早いものでもう6月です!当店のある神奈川県では間もなく梅雨入りです(^^;)

ちょっと憂鬱な梅雨を少しでも快適に過ごしていただく為に今月は梅雨にぴったりの

キャンペーンをご用意いたしました(*’▽’)

キャンペーンの詳しい内容はこちらからご確認ください! →  6月のキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容になっております。 この機会をお見逃しなく!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

C63AMGのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC63AMGのコーティングメンテナンスです!

こちらのC63AMGは昨年の夏にコーティングを施工させて頂きましたお車です。

約9ヶ月ほど経過しており、艶も少し引けてきたかな?との事でメンテナンスのご依頼を頂きました。

とは言いましても屋外屋根なし駐車との事ですので少しは汚れてはいますが基本お綺麗です(^_^)/

では約9ヶ月経過致しましたC63の各部の現状と仕上がり具合を今回はビフォー&アフターでご紹介して

いきましょう! ではどうぞ~。

 

まずはボンネットのビフォーです↓

少し??汚れてはいますがキズやシミは少ないですね!

アフターです↑ サッパリとしました。シミ少ないです(*’▽’)

ルーフです。こちらも少しばかり(笑)汚れてますがシミもキズもあまり気になりませんね!

そしてアフターです↓

状態はいいですよ~!

ボディサイドも・・・

若干の雨筋があります。これだけでダラ~とした印象に見えてしまいます(^^;

6.3AMG!って感じに戻りました(笑) これだけでもシャキッとした感じになるから不思議ですね!

トランクも軽く?水アカに覆われてましたが・・・

綺麗になってます。

それとリアのディフューザー部は・・・

だいぶ汚れてました(^▽^;)ここは約2年ほど前に樹脂コーティングを施工致しましたが少し落ちてきた感じ

との事でしたのでリアディフューザー部は今回再コーティングのご依頼を頂きました。

洗えばまだまだ綺麗だと思ったんですが、こうやって塗り比べるとやっぱり違いますね!

やっぱり綺麗です(*^_^*)

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

リア周りはそれなりの量ですがボンネットやルーフはそれ程多くはありませんでした。でもボディサイドは

ホイールからのダストでやはりそれなりに・・・(^▽^;)

鉄粉除去後です↑ サッパリとしました。

給油口の中には桜の花びらが・・・季節も感じます(笑) と言うよりメンテナンスしたのに桜吹雪で桜だらけに

ならないように実はオーナー様は桜の花が散るのを待ってからメンテナンスに来られたんです! さすがです!!

と言うことで今年の桜はこれで完全終了としました(笑) また来年!!

ホイールはダストで茶色と化してます(^^; これはしょうがないですね。高性能車の証です!!

本来はこんなシルバーなんです(笑)

そしてメルセデスベンツC63AMGのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。 コーティングもまだまだ効いてますので洗車した時点でも十分綺麗になったんですが

更に突っ込んだメンテナンスですとやはり洗車以上の仕上がりです!

艶も光沢感もワンランクUPの仕上がりです! いゃそれ以上です(^_-)-☆

オーナー様は『やっぱり違うね!ピカピカだぁ』と、とてもお喜びいただけたご様子でした!

ありがとうございます。

 

ボディコーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早いダークカラーで

屋外屋根なし駐車のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします。

逆に屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと1年ごとでも十分な場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングもそれぞれ違ってくると

思います。 『判断つかないよ~・・・』とお困りでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダS660ふたたび!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングです!

こちらのS660は昨年末にメンテナンスでご来店されたお車です。その後更にカスタマイズが進行して

今回は無限のリアフェンダーに交換!色合わせの為にドアも塗装し前回交換したばかりのボンネットが

飛び石でキズが付いてしまったので再塗装!無限製のハードトップもまたキズが(;’∀’)

との事でそれぞれの部分施工も考えたんですが・・・

これだけの部位を部分施工するよりトータルで全体を再施工した方が仕上がりも均一ですし施工料金自体も

変わらなくなってしまう(むしろ高い)ので部分施工より全体の再施工をご提案させていただきました。

と言うことで再施工です!

 

では現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

再塗装したという事ですので・・・塗装時の仕上げ磨き時に付いた磨きキズがバッチリと付いてます(^▽^;)

こちらはグリルです。普段はボディカバーを掛けているそうですが、そのカバーの一部が風などでバタつき

擦れて曇ってしまったそうです。 現在は既に対策済だそうです! さすがです(^o^)丿

無限のハードトップも昨年末に磨いてコーティングしたんですが・・・これ凄くキズが付きやすいです(^_^;)

昨年の作業風景はこちらです!

ドアにも磨きキズが!っと言うより再塗装したところは全部磨きキズ入ってます(^^;)

リアフェンダーも磨きキズだらけなんですがパールホワイトだとキズがわかりにくいですね~。

お越しになられた時お車の雰囲気が何か違うな~と思ったら、ホイールを交換したそうです! 納得です!!

 

先程もお話いたしましたが再塗装部は磨きキズが多いんですが・・・さすがパールホワイト!

あまりキズは目立ちません。まさにパールホワイト効果(笑) しかし目立たないだけでキズが入っている事には

変わりません。キズを除去してより一層綺麗なボディに仕上げて行きましょう! 作業開始!!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

がしかし!!  再塗装して間もないので鉄粉の付着は非常に少ないです!

リアも綺麗でした。

と言うことで今回の鉄粉除去は軽めに行いました。

そしてマスキングをして磨きの準備は完了です。

今回の磨きは再塗装していない所はお綺麗ですので、そこの磨きは軽く、そして再塗装部位は磨きキズだらけ

ですのでそこはしっかりと磨き、全体的に同じ様な仕上がり感になるように磨いていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8です。  PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズがサッパリとしました!

グリルの擦れたキズも綺麗になりましたよ~。

ルーフも綺麗になりましたが・・・キズが付きやすいのでお手入れは大変そうです(^▽^;)

ドアの磨きキズも、もう気になりません。

リアフェンダーも綺麗になったんですが・・・写真だと分かりにくいですね(^^;)

それとリアの樹脂部も樹脂コーティングしてます!

そして新調いたしましたホイールもホイールコーティングして・・・

ホンダS660のボディコーティング完成致しました!!

磨きキズもスッキリとして、より艶感を感じていただけるボディに仕上がったと思います!

オーナー様はとてもお車を大切にされていて、いつも申し分ないほどお綺麗にされてます。お車が綺麗ですと

綺麗に乗りますし洗車も楽です(*^^*)

逆に汚れが酷いと洗車する気も無くなってしまうんですよね~(笑)

何時までも大切にお乗り下さい!!

 

ほぼ無限S660仕様のこちららのお車ですが見れば見るほど無限のS660以上の仕上がりです!

前回お越し頂いた時の写真と見比べてみますとアッ!あそこが違う!! おっ!ここも違う!!と細かな所まで

仕様変更されてます! こだわりの仕上がり具合です(*‘∀‘)

↓前回ご入庫時の写真です。

皆様は何ヶ所違いが判りましたか?(笑) ジックリ見比べてみてくださいね!

さすがにもう弄る所は無さそうですが・・・カスタマイズは続きます・・・(*’▽’)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

新型CX-5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・CX-5のボディコーティングです!

フルモデルチェンジで更に精悍なお顔になりましたマツダCX-5です!

納車ホヤホヤの新車です。 納車ホヤホヤですが納車時は雨だったようで・・・まぁそんな事も御座います(^^;

でも納車時雨で汚れてしまっても当店で納車時以上に綺麗に致しますので安心してください(笑)

では各部の状態確認をしていきましょう。

まずはボンネットです。

ライトの映り込みがモヤモヤ~としてます。新車によく見られる曇り(白ボケ)です。写真ですとそれ程酷く

ないように見えますが実際は結構なモヤモヤ加減です(汗)

ルーフもシャキッとしてませんね~。

サイドもボヤ~としているのがわかって頂けると思います。

リアバンパーは・・・雨でしたから(笑)

ホイールも軽~く汚れていました。

基本的に新車ですのでキズやシミは少なくお綺麗なんですが先ほども少しお話ししました塗装表面の曇りが

やや酷かったです。 こちらのCX-5に限らずマツダ車は曇りがやや多い傾向のように感じます。

この曇りをスッキリと取ってより美しいCX-5に仕上でいきましょう!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからサクッ!といきましょう。

現状です↑水が掛かってるんですが油膜の付着もなく綺麗に親水状態になってます!!

とは言え、汚れは油膜以外に付いてますのでウインドウも綺麗に下地作り致します!

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

結構ポツポツと確認できます。

リアもやや多めですね(汗) 塗装の曇りと同様にマツダ車は新車でも鉄粉がやや多い印象です(^▽^;)

新車の保管場所(モータープール)の問題でしょうか??

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↑

リアもサッパリとしました。

その後にマスキングします!

今回は曇りが目立ちますので曇りをスッキリと除去していきたいんですが、新車ですのであまり磨き過ぎも

よくないし・・・そのバランスが難しい(笑) そこを注意しながら磨いていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちら・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしたんですが・・・写真だとイマイチ違いが分かりにくいかも(^▽^;)

施工前と比べてくださいね。モヤ~が取れてスッキリとしているのがわかりますよ~。

ルーフもサッパリしたんです!(笑)

↑こちらが一番違いが分かりやすいと思います。

いゃ、↑こっちの方がわかりやすい(笑)

ホイールもタイヤも艶出しを行ってます。

それと最後に樹脂モールドコーティングもご依頼いただいてます!

黒が引き締まります。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-5のボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

オーナー様は『うおぉ~ピカピカだぁ!』 『やっぱりモールが黒くなると引き締まりますね~』と、お喜びに

なられておりました!!ありがとうございます。

まさにオーナー様がおっしゃるとおりで黒いモールがより黒くなった事で白いボディと黒いモールのコントラストが

一層強調されキリッとした印象に仕上がったと思います!

 

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカと言うパールホワイトですが名前の通り雪のような白さの

パールホワイトです。 多くのパールホワイトはパールの色にもよりますが若干黄色に感じる事が多いんですけど

このスノーフレイクホワイトパールマイカは白いんです(笑) あまり黄色感は無くてとても綺麗な

白いパールホワイトです。でもソリットのホワイトともまた違うキラッと艶やかな高級感あるパールホワイトで

CX-5にもとても似合っていると思います!

そして何よりパールホワイトは維持が楽です(笑)

 

 

話は変わりますがこのCX-5を作業していた日の事ですが千葉にある『カービューティープロ 澄昭』の

林プロが訪ねてくださいました!

この後に林さんは用事があったんですが・・・時間が過ぎるのを忘れ、つい話が盛り上がってしまい

気が付いたら時間が(;”∀”)・・・慌ててお帰りになりました。

ギリギリセーフで間に合ったようでよかったです(笑)

林さんは昨年カービューティープロ 澄昭をオープンして頑張っている方です。

見てください!このやる気に満ち溢れているお顔!!

凛々しいじゃあ~りませんか!

こうして熱いコーティング談議が盛り上がってしまいアッ!と言う間にこんな時間でした(;”∀”)

話は尽きませんね~(笑)  また今度ゆっくり語り合いましょう!

カービューティープロ 澄昭のHPはこちらです → カービューティープロ 澄昭

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。