新型CX-5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・CX-5のボディコーティングです!

フルモデルチェンジで更に精悍なお顔になりましたマツダCX-5です!

納車ホヤホヤの新車です。 納車ホヤホヤですが納車時は雨だったようで・・・まぁそんな事も御座います(^^;

でも納車時雨で汚れてしまっても当店で納車時以上に綺麗に致しますので安心してください(笑)

では各部の状態確認をしていきましょう。

まずはボンネットです。

ライトの映り込みがモヤモヤ~としてます。新車によく見られる曇り(白ボケ)です。写真ですとそれ程酷く

ないように見えますが実際は結構なモヤモヤ加減です(汗)

ルーフもシャキッとしてませんね~。

サイドもボヤ~としているのがわかって頂けると思います。

リアバンパーは・・・雨でしたから(笑)

ホイールも軽~く汚れていました。

基本的に新車ですのでキズやシミは少なくお綺麗なんですが先ほども少しお話ししました塗装表面の曇りが

やや酷かったです。 こちらのCX-5に限らずマツダ車は曇りがやや多い傾向のように感じます。

この曇りをスッキリと取ってより美しいCX-5に仕上でいきましょう!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからサクッ!といきましょう。

現状です↑水が掛かってるんですが油膜の付着もなく綺麗に親水状態になってます!!

とは言え、汚れは油膜以外に付いてますのでウインドウも綺麗に下地作り致します!

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

結構ポツポツと確認できます。

リアもやや多めですね(汗) 塗装の曇りと同様にマツダ車は新車でも鉄粉がやや多い印象です(^▽^;)

新車の保管場所(モータープール)の問題でしょうか??

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↑

リアもサッパリとしました。

その後にマスキングします!

今回は曇りが目立ちますので曇りをスッキリと除去していきたいんですが、新車ですのであまり磨き過ぎも

よくないし・・・そのバランスが難しい(笑) そこを注意しながら磨いていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちら・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしたんですが・・・写真だとイマイチ違いが分かりにくいかも(^▽^;)

施工前と比べてくださいね。モヤ~が取れてスッキリとしているのがわかりますよ~。

ルーフもサッパリしたんです!(笑)

↑こちらが一番違いが分かりやすいと思います。

いゃ、↑こっちの方がわかりやすい(笑)

ホイールもタイヤも艶出しを行ってます。

それと最後に樹脂モールドコーティングもご依頼いただいてます!

黒が引き締まります。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-5のボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

オーナー様は『うおぉ~ピカピカだぁ!』 『やっぱりモールが黒くなると引き締まりますね~』と、お喜びに

なられておりました!!ありがとうございます。

まさにオーナー様がおっしゃるとおりで黒いモールがより黒くなった事で白いボディと黒いモールのコントラストが

一層強調されキリッとした印象に仕上がったと思います!

 

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカと言うパールホワイトですが名前の通り雪のような白さの

パールホワイトです。 多くのパールホワイトはパールの色にもよりますが若干黄色に感じる事が多いんですけど

このスノーフレイクホワイトパールマイカは白いんです(笑) あまり黄色感は無くてとても綺麗な

白いパールホワイトです。でもソリットのホワイトともまた違うキラッと艶やかな高級感あるパールホワイトで

CX-5にもとても似合っていると思います!

そして何よりパールホワイトは維持が楽です(笑)

 

 

話は変わりますがこのCX-5を作業していた日の事ですが千葉にある『カービューティープロ 澄昭』の

林プロが訪ねてくださいました!

この後に林さんは用事があったんですが・・・時間が過ぎるのを忘れ、つい話が盛り上がってしまい

気が付いたら時間が(;”∀”)・・・慌ててお帰りになりました。

ギリギリセーフで間に合ったようでよかったです(笑)

林さんは昨年カービューティープロ 澄昭をオープンして頑張っている方です。

見てください!このやる気に満ち溢れているお顔!!

凛々しいじゃあ~りませんか!

こうして熱いコーティング談議が盛り上がってしまいアッ!と言う間にこんな時間でした(;”∀”)

話は尽きませんね~(笑)  また今度ゆっくり語り合いましょう!

カービューティープロ 澄昭のHPはこちらです → カービューティープロ 澄昭

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタC-HRのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタC-HRのボディーコーティングです!

こちらは納車間もない新車のメタルストリームメタリックのC-HRです!

メタルストリームメタリックは、いわゆる普通のシルバー程は明るくはなくガンメタほどは暗くないダークな

シルバーです(笑)

光の当たるっている面は明るく輝いて影の部分は落ち着いた輝きでとても質感の高いシルバーですね!

C-HRにとても似合っていると思います!!

そんなメタルストリームメタリックのC-HRの現状を確認していきましょう。

まずはいつものようにボンネットからといきたいところですが・・・写真撮り忘れてました(T_T) スイマセン

と言うことでルーフからです!

納車間もない新車ですのでお綺麗です。少~し曇りがありますがトヨタの塗装はやっぱり曇りも少なく綺麗です!

所々に保護シートの糊残りがありました。

ボディサイドも綺麗ですね!

タイヤとホイールは少々の汚れ具合です。

ホイールの外側より内側の汚れの方が気になりますね(笑)

新車でもキズやシミが結構多く付いている個体もありますが、こちらのC-HRは全体的に見ましても気になるような

シミやキズも無く新車特有の曇りも少なくて、さすがトヨタクオリティ!と感じさせる状態でございました!(^^)!

 

では作業開始していきましょ~!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 新車でも結構多く付いている事もありますが、果たして・・・

鉄粉少ないです(^_^)/ ポツポツはありますけど少ないですね~!

リアもポツポツは確認できますが少ないですよ~。

鉄粉が少ないので鉄粉除去も軽めに行います。そして↓が鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックしたところです。

イイですね!

元々少ないですけど更に綺麗に!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングいたします。

マスキングはエッジやプレスラインなど塗装が薄い場所やゴムや樹脂パーツ類の保護の為、更にコンパウンドの

粉が隙間などに入らないようにマスキングをします。また磨きのレベルによってマスキングのレベルも変わって

きます。今回は新車ですので比較的軽めのマスキングです! ここまでが磨きの為の準備です。

当店は新車でもここまでやってます(^_-)-☆

そして磨いていきました!!今回は新車特有の曇りを除去してスッキリとした塗装肌に仕上げていきました。

そのスッキリとした塗装肌をコーティングして保護します!

今回使用しましたコーティング剤は水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと未塗装樹脂部が多いC-HRですので樹脂コーティングのご依頼も頂きました。

↑の写真はコーティング直後です。乾くともう少し色・艶が落ち着きますが艶々になります(*^^)v

↑は乾燥後の状態です。 ね!いい艶でしょ!!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです?!  施工後の写真は撮ってありました(笑)

施工前の写真がなかったんでアレですが・・・綺麗になってます(^^;)

ルーフもシャキッとしました!

もちろんサイドもよりスッキリとしました!

タイヤとホイールも艶出しをします。

内側も綺麗(笑)

そしてメタルストリームメタリックのトヨタ・C-HR、ボディコーティング完了です!

いかがでしょうか。 施工前と写真の色味が少し違ってしまっているので(スイマセン)単純に比べられませんが

ボディの艶の違いは一目瞭然だと思います。また黒樹脂部の黒さと艶がボディを引き締めて更にスポーティな

印象に仕上がりました(^_^)/  ツヤッツヤのムッキムキボディです(笑)

 

すでにご存知の方も多いと思いますがC-HRのデザインテーマは『セクシーダイヤモンド』だそうです。

『ダイヤモンドをイメージした菱形のボディに、ボリューム豊かなフェンダーを融合したシルエット』

なんだそうです。なるほど!そう言われてから改めてボディを見ますと納得です!室内にもダイヤモンドを

モチーフにしたデザインが所々に使われていてデザイナーのこだわりを感じます(´▽`)

C-HRに限らずデザインにしても、走りにしても車の作り手のこだわりを感じる車はやっぱりいいものですね!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スバル・CROSSOVER7のボディコーティングのご紹介です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル・クロスオーバー7のボディコーティングです!

納車当日、ディーラーからそのまま当店にご入庫頂きましたピカピカの新車です!

エクシ-ガの大幅改良モデルで名前も新たにエクシーガ・クロスオーバー7です。

しかし、カタログにはかろうじて”エクシーガ”の文字が小さく残ってますが車自体にはエクシーガのロゴは

どこにも見当たりません(^_^;)・・・さよならエクシーガ(涙)

と言う事でせっかくですので私のエクシーガで新旧エクシーガ記念撮影を行いました!(^^)!

ベースが同じでもクロスオーバー7はSUV方向にシフトしたので随分と印象が違いますね! しばし間違い探しの

如く『あっ!アレが違う』『ここも違う!』と違いを探してました(笑)   皆様もどうぞ~!!

前置きが長くなりましたので、この辺りでそろそろ話を戻して現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!若干新車特有の曇りは確認できますがお綺麗です。

ルーフも少~し曇りがありますがお綺麗です。

ドアもお綺麗です。  どこも綺麗でブログ的には困ってしまうので(笑)無理やりアラ探しをしますと・・・

探してもこの程度の汚れです(^▽^;) 水道水は拭き取らずに放置すると↑このように水道水に含まれている

カルキなどによって白く輪ジミになります。

それと・・・”R”の文字の下が擦れた跡がありました。最近のSUVに多く使われている黒いクラッディングパネルは

本当に簡単にキズや擦れた跡が付きます。 こちらのクロスオーバー7はディーラー様からそのまま当店に

お越しになられたので恐らく納車前から付いていた可能性が高いですね(・.・;)

その他は特に気になるところはありませんでした。

今回はボディコーティングとご一緒に樹脂コーティングのご依頼も頂きました!ありがとうございます。

ではその作業をご紹介していきましょう! 作業開始!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できますが少ないですね!さすが新車!!

リア回りはもっと少なかったです。 いいですね~(´▽`)

全体的に鉄粉が少なかったので、今回は軽~く除去を行いました! 除去後に再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックしたのが・・・

↑こちらです。 元々少なかったんですけどね(笑)

そしてマスキングして磨いていきました。 今回は若干塗装表面に曇りが見えますので軽めの磨きを入れて

曇りを除去してスッキリとした塗装肌に仕上げました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は当店の2トップでもある・・・

PCX-S7です!! PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂きましたので・・・

コーテイングします!

カウルトップもコーテイングしました!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

最初はボンネットから見ていきましょう。どうぞ~(^_^)/

曇りが無くなりスッキリとしましたね!

ルーフもよりクリヤーになりました。

サイドもバッチリですね(^_-)-☆

もちろん輪ジミも綺麗になってます。

樹脂コーティングしますと軽い擦れ跡やキズが目立たなくなります。 キズが消える訳ではありませんので

よ~く見ると分かりますけど、よ~く見ないと分かりません(笑)

そしてクリスタルホワイト・パールのスバル・クロスオーバー7、ボディコーティング完成いたしました!

白い所も黒い所も艶々になりました!白と黒のコントラストが一層引き立ちメリハリあるボディに

仕上がったと思います!

こちらのオーナー様はクロスオーバー7の前はエクシーガにお乗りになっていたんですが、車をぶつけられて

しまいお乗り換えになったそうです、本当はクロスオーバー7より以前のエクシーガの方がお好みらしいですけど

もう”普通のエクシーガ”がないので・・・(・´з`・) だそうです。

私はクロスオーバー7かなり好きなんですけど、と言うよりエクシーガが発売された時からエクシーガの

アウトバック版が出ないかな~と思っていましたので、クロスオーバー7が出た時は”待ってました!”って

感じです(笑) 私がエクシ-ガを買うときにクロスオーバー7があったら、きっとクロスオーバー7を

買っていただろうなぁ~( ̄▽ ̄)

お引き取りには奥様が来られたんですが、それまでほとんどお車を見られていなかったんで、この時初めて

『あっ!アレが違う』『ここも違う!』『屋根になんか付いてる(ルーフレール)』などなど(*^^*)

まるで間違い探しのようでした(*^^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メタルストリームメタリックのトヨタC-HRのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタの大人気SUV!C-HRのボディコーティングです!!

納車間もないピカピカの新車です!

ノーマルでも十分迫力があるC-HRですが、こちらのC-HRはモデリスタのエアロが装着されているので

更に迫力がUPしてます。 只者じゃない感が出てます(^_-)-☆

そんな迫力十分と言うより十二分なC-HRの現状確認を行っていきましょう!!

まずはボンネットからです。

シミやキズはなくてお綺麗ですが若干曇り気味ですね。 ライトの輪郭がボヤッと見えます。

ルーフも同じく若干の曇りは感じますが、お綺麗です。

ボディサイドも同じです。   基本的に綺麗なんで他のコメントが思いつきません(^▽^;)

しかし!・・・サイドのクラッディングパネルには既にキズが(・.・;)  アップで見ると・・・

ドアの前から後方まで一直線に入ってました。  オーナー様は心当たりがないとの事でしたので、

もしかしたら何処かで付けられたのか、納車時に既に付いていたか・・・

こればかりはもうわかりませんね(涙) でも幸いにも、ほとんど目立ちませんので良かったです!!

タイヤとホイールも普通の軽い汚れ具合でした。

新車と言うこともあって、全体的にはお綺麗です。どのくらい綺麗かと言いますとコメントが思いつかない位、

お綺麗です(笑) ただ一つ、若干曇ってます!を除いて(^^)

その唯一のコメントの曇りも除去してスッキリとしたボディに仕上げていきましょう!

では作業開始!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。新車でも意外と多く付いている事もあるんですよ~。

ではシュシュッとして確認していきましょう!シュシュッ!

少なかった~(^▽^;)

いゃ、もちろん少なくていいんです。 いいんですけど私の見せ場がドンドン無くなっていく気がします(笑)

綺麗です。もちろん全く鉄粉が付いてない訳じゃないんですけど少ないですね~。

と言うことで今回は鉄粉除去は軽めに行いました。

そしてマスキングして磨いていきました。今回は軽く磨いてあの”曇り”を除去して塗装本来の輝きを出して

いきました。

その後本来の輝きを取り戻したメタルストリームメタリックを保護するべくLet’sコーティング(^_^)/

今回は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

PCX-S7を使用致しました。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂きましたので・・・

コーティングします。最近のSUVは未塗装樹脂のクラッディングパネルやフェンダーアーチが多いのですね。

樹脂は経年劣化で白っぽく色褪せしますので樹脂コーティングお薦めです。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

↑はボンネットです。 ライトの輪郭がスッキリと見えるようになりました。

ルーフはちょっとわかりにくいかも知れませんが、ライトがシャキッと写りこんでます。

サイドもスッキリとシャープにライトが確認できます!

クラッディングパネルも黒く艶やかになって・・・

キズも目立たなくなりました。  樹脂なんで塗装と違いポリッシャーで磨いてキズを消すことはできませんが

樹脂コーティングすると軽いキズは目立たなくなります(^_^)v

最後にタイヤとホイールの艶出しを行って・・・

メタルストリームメタリックのトヨタC-HR、ボディコーティング完成いたしました!

迫力が十二分だったC-HRが迫力十五分くらいになった気がします(笑)  いい艶出てます!!

元々凝縮感あるデザインのお車ですがクラッディングパネルやフェンダーアーチがより黒くなった事で

更にボディがギュッと引き締まって見えるようになりましたね(^_-)-☆

しかし・・・私の身体はどうしたらC-HRの様なギュッと引締まったボディになるのだろう・・・

まずは黒い所をより黒く艶々にコーティングしてみるかな(^▽^;)

 

発売と同時に人気物になったC-HRですが人気車ゆえに現在では納期が3~4ヶ月待ちのようですね。

こちらのオーナー様は早めにオーダーされたそうですので、それ程待たずにすんだようです。最近街中でも

チラホラと見掛けるようになりましたがまだまだ少ないです。少ないんですが存在感があるので目立ちます(笑)

納車が進めば街中で見掛ける事も多くなるんでしょうね!C-HRに限らずやっぱりカッコイイ車を見掛けると

嬉しくなります! ← 車マニアにしかわからない気持ちかも(笑)

実は今回のブログを書いているこの日も、同じ色のC-HRをボディコーティングしてます(笑)

そちらのご紹介は相変わらず1ヶ月ほど先に先になりそうです(^_^;)  スイマセン。

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BPレガシィに樹脂コーティング&ラッピング!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル・レガシィです!

4代目レガシィですね!  黒いボディを綺麗に維持するのは本当に大変なんですが、大切にお乗りになられている

ようでとてもお綺麗です!

でも樹脂部品はどうしても経年劣化が避けられません(^_^;) という事で今回は未塗装樹脂パーツの

樹脂コーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

今回はビフォーアフターでご紹介していきましょう!!

before↑ 年式を考えますと状態は決して悪くはないです! むしろいいです(^_^)/ 素晴らしい!!

afterです↑  艶やかになりました。

ドアミラー付け根は真ん中がまだ黒さが残ってますが上と下が白っぽく退色してます。

after↑ 全体的に黒くなりましたね!

リアワイパーも色あせして白っぽくなってます。

こちらも黒さが増して綺麗になりました。

フロントカウルは交換したそうでお綺麗でした!綺麗なうちにここもコーティング!!

↑はコーティング直後ですのでまだ濡れている状態です。乾くともう少し落ち着いた感じになります。

↑は乾いてます(笑)

それとリアのガーニッシュのメッキが傷んできたのでこちらはブラックカーボンでラッピングです(^^)/

↑before

after↑リアビューが引き締まりましたね!ちょっとしたラッピングですけど、これだけで結構イメージが

変わります(^_-)-☆

そしてBPレガシィ完成です!!

施工したのは小さいパーツですがそれが白いのと黒いのでは印象が大きく変わってきます。先ほどもお話し

致しましたようにこちらのレガシィは年式を考えますと本当に樹脂パーツの劣化が少なかったんですが、劣化の

激しいお車に樹脂コーティングを致しますと大きく印象が変わってきます(*’▽’) ボディが綺麗でも小物類が

色あせしているとそれだけでお車が古臭く見えてきます。色あせしたパーツも色あせしていないパーツも

樹脂コーティングお勧めです!

 

樹脂コーティングは樹脂の劣化が極端に進んでいる場合や樹脂の材質などによっては、あまり黒くならなかったり

短期間でコーティングが落ちてしまうなど十分な効果が得られない場合もございますので詳しくはご相談下さい。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

年末年始のご予約はお早めにお願い致します。

 

ダイハツ・ウェイクご入庫いたしました!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ・ウェイクです!

dscn8746

こちらのお車は納車間もないお綺麗なお車です。今回のご依頼は未塗装部の樹脂コーティングのご依頼を

頂きました。

ご依頼部位ですが・・・

dscn8732

dscn8735

フロントバンパーと・・・

dscn8737

サイドミラー。  ん・・・フィンの間がシミでしょうか?白いですね(汗) 反対側のミラーにも同じような

シミが付いてました。  艶出し剤の塗り残し??

dscn8745

フロントカウルです。

作業はよ~く洗ってから脱脂を行ない更によ~く乾燥させてからコーティング致します。

dscn8753

ビフォー&アフターですがお車が新しい事もあって写真ですと違いがあまりないように見えちゃいますね(^▽^;)

よく見て頂ければアフターの方が艶が出てるでしょ?!(笑)

そしてコーテイング後の仕上がり具合です。

dscn8828

dscn8766

艶々になってます!

dscn8776

シミ?も分からなくなりました。

dscn8770

写真ですと違いがわからないですね(^▽^;)

dscn8784

リアワイパーもコーティング!

dscn8795

アンテナのコーティングをしてダイハツ・ウェイクの樹脂コーティング完成です!!

dscn8802

黒いパーツは黒く! 黒いパーツが黒いとお車が引き締まってシャープな印象になります!

オーナー様も「おぉ!綺麗だ~」と驚いておりました(^_^)/   ありがとうございます。

 

屋外駐車の場合、未塗装の樹脂部は常に雨風にさらされ太陽からの紫外線攻撃にあってます。ですので屋内駐車の

お車に比べますとどうしても劣化が早いです。知らず知らずに劣化が進んでいて気が付いたら白く色あせしていた!

なんて事はよくある事です(^^;)

そうならないように新車時に樹脂部コーティングをしておくことをお薦め致します!

 

dscn8806

dscn8809

dscn8807

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スズキ・イグニスご入庫しました!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはブーストブルーパールメタリックのスズキ・イグニスのボディコーティングです!

dscn8324

いい色ですね~。こちらのイグニスは納車間もないピカピカの新車です。 ピカピカの新車なんですが

ご入庫前日に雨に降られてしまい・・・^_^;

その辺りを含めて現状のご紹介を行なっていきましょ~。 どうぞ~!

dscn8329

まずはホイールです。薄っすらと汚れております。 こちらのイグニスに限らずなんですが最近の新車はタイヤの

艶出しをしていないお車が多い気が致します。  これも経費削減なんでしょうかね??

dscn8374

ボンネットは若干ですが新車時に多いボヤッとした曇りが確認できます。 (上の写真は洗車後に撮影)

dscn8355

バンパーの汚れです。汚れと言うよりは付着物?です(笑)  これを見てミノムシが思い浮かんだのは私だけで

しょうか?  全然関係ありませんがミノムシって今では絶滅危惧種になってしまったそうです。 確かに最近は

すっかり見かけなくなった気がします。

dscn8351

一瞬キズかと思いましたが保護シートの糊跡でした。 何ヶ所か付いてましたが・・・

dscn8349

↑こちらは本物のキズでした(涙)保護シートを剥がすときに付いたんでしょうかね?

dscn8359

泥ハネの汚れがサイドからリアにかけて結構付いてました^_^;

新車ですので塗装面はやや曇りなどが確認出来ますが基本的にお綺麗なんです。でも前日の雨のせいでしょうか?

泥ハネが結構な高さまでついてました(^_^;)

 

では作業を開始!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが

ボディが青いので写真ですとよくわかりませんね(笑)

dscn8363

とても鉄粉は少なかったです。

dscn8361

リアもとても少なかったですよ~!  その後のマスキングを行ないます。

dscn8391

ブルーにイエローのライン?がいいアクセントになってます(´▽`) と思うのは私だけ?

そして磨いてまいります。今回は新車ですので軽い磨きですがキッチリと曇りを除去して、ルーフのキズの

所だけは少しやや強めに磨いてキズを目立たなく致しました。もっとハードに磨けば完全に消せると思うんです

けど新車ですので必要以上に磨くのも得策とは思いませんので、普段は気にならない程度まで目立たないように

して磨きは終了に致しました。

 

今回使用致しましたコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

PCX-S8です!  PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

dscn8569

dscn8578

コロコロ撥水が気持ちいいです!

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

dscn8457

曇りも無くなりスッキリと致しました!

dscn8444

ミノムシ状の付着物はもうありません(笑)

dscn8586

保護シートの糊跡は問題なく落ちます。

dscn8582

ルーフのキズは先ほどもお話し致しましたが普段キズが気になる(見える)事はないと思います(^^)v

dscn8448

ツルツルですよ!

dscn8450

タイヤもキッチリと艶出しを行ないます。

それとリアバンパー部の未塗装部の樹脂コーティングのご依頼をいただきましたので・・・

dscn8413

dscn8535

樹脂コーティングを行ないブーストブルーパールメタリックのスズキ・イグニスのボディコーティング完成です!!

dscn8473

いかがでございましょうか。元々お綺麗でしたのでオーナー様は違いを分かって頂けるかなぁ~?と、ちょっと

心配だったんですがオーナー様は「やっぱり艶が違いますね~」とひと目でわかって頂けました! よかった~。

ルーフのキズもオーナー様にご確認してもらったんですが「全然分からなよ~」とのことでした。(^^)v

 

新車と言えどもキズが付いている事は残念ながら決して珍しいことではございません。お車が出来上がり、

工場を出てお客様に届くまでに運搬やら整備やら納車仕上げやらと色々な工程を経てお客様に届きます。

その間にキズが付いてしまう要素は実はいっぱいあります。この手のキズを消す為に納車前に磨きを入れて

キズを消すこともありますが、技術と知識のない作業者が作業しますと逆に磨きキズを多く付けてしまう事も、

これまた残念ながら決して少なくはないんです。 たかが磨きされど磨きなんです!

コーティングの仕上がり具合は磨き次第と言っても過言ではございません。ですのでお店選びはくれぐれも

慎重に検討下さい!!

 

dscn8495

dscn8483

dscn8521

dscn8506

dscn8560

dscn8553

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

トヨタ86ご入庫です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86です!

DSCN1112

今回のご依頼内容ですがウインドウコーティングと未塗装樹脂部のコーティングです。

具体的に見ていきますと・・・

DSCN1114

DSCN1119

グリル部のメッシュ部は今回はなしで周りの❝くちびる❞のみのご依頼です! 結構色褪せが気になります。

DSCN1116

更に横にあるフォグランプ周辺です。

DSCN1126

上に行きまして、フロントカウル部と・・・

DSCN1120

うしろに回ってリアディフューザー部です! それとウインドウ全面のコーティングになります。

未塗装の樹脂部は経年劣化で色褪せが始まってます。特にカウルトップ部は痛みが進んでいてだいぶ白っぽく

なっておりました。

では作業を見ていきましょう!

と、言いたいところではありますが内容が内容なんで写真も少ししか無いよ・・・(;’∀’)

ハイセンスなダジャレもビシッ!と決まったところで早速数少ない写真をご紹介していきましょう!

まずはウインドウのクリーニングです。洗い→ネンド掛け→油膜除去の順で進んで行きます。

DSCN1146

進みました! その後に脱脂をしてからコーティングしていきます。

DSCN1152

コーティングしました! 最後に撥水チェックしてウインドウコーティングは完成です!!

そしてお次は樹脂コーティングです。こちらはよ~く洗浄・脱脂を行ないコーティング剤を塗っていきます。

DSCN1168

 

↑途中経過です(笑) 右側がコーティング剤を塗ったところです。こちらの写真はコーティング剤を塗った

直後ですので濡れたような感じですが(濡れてますが)乾きますともう少し落ち着いた仕上がりになります。

施工中の写真は以上です!   (^▽^;)  スイマセン。

樹脂コーティングの仕上がりはこちらです。どうぞ~!

DSCN1179

DSCN1184

❝くちびる❞が黒くなったのがわかって頂けますでしょうか?メッシュ部はコーティングしていませんので色の違いを

比べて下さいね!

DSCN1170

フォグランプ回りも黒く艶やかになってます。

DSCN1193

こちらの写真が一番違いがわかりやすいですね(^_^)/

DSCN1187

一転してこちらは写真ですと違いがわかりにくい・・・(汗)

そして完成した全体像です!!

DSCN1195

いかがでございましょうか!?

自分で言うのもアレですがこの↑写真ですと施工前後の違いがよくわかりませんね(T_T) スイマセン。

でもいいんです。よくはないんですけど、いいんです。お引き取りに来られたオーナー様は「黒くなった~」と

とても喜んでくださってましたので!

 

樹脂部のコーティングは経年劣化によって白く色褪せした部分を黒く艶やかな状態にして、その状態を長期間保って

くれます。(劣化が激しい場合や材質によってはあまり黒くならず短期間でもとに戻ってしまう場合もございます)

もちろん新車時に行っていればお綺麗な状態を長期間維持してくれますので新車時施工もお薦め致します!

 

DSCN1203

DSCN1215

DSCN1217

DSCN1230

DSCN1237

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メルセデスベンツC63AMGのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC63AMGのボディコーティングです!

DSCN0785

こちらのC63は昨年、リアディフューザー部の樹脂コーティングのご依頼でご来店いただいたお車です。

その時の模様はこちらです → C63  リアディフューザー部の樹脂コーティングがとても気に入って頂けたようで

今回はフロントグリル部(メッシュ部!!)の樹脂コーティングとボディのコーティングのご依頼を頂きました。

では現状を確認していきましょう。

DSCN0745

やりごたえタップリのメッシュ! しかも汚れてます(笑)

DSCN0755

塗装面は結構綺麗なんです。シミや拭きキズも少ないですね!若干くすみが確認できます。

DSCN0756

ルーフもお綺麗です(^_^)/

DSCN0772

サイドは泥ハネの汚れが付いてますが洗車後に確認したところ、こちらの塗装面もお綺麗でした。

DSCN0765

ホイールはやや汚れが気になります。

DSCN0768

オーナー様がキャリパーの汚れが気になるとのことでした。   確かにきになりますね(笑)

DSCN0782

全体的にお綺麗だからこそ、↑この様な隙間の汚れが余計に気になってしまいます。

と言う事で基本的にとても塗装面はお綺麗な状態で御座いました!!

 

では作業も開始していきましょう。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 シュシュとな!

DSCN0793

鉄粉も少ないですね~(´▽`*)

DSCN0790

リアはフロントに比べますとやや多いですけど少な目です(笑)  鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックしますよ~。

DSCN0812

それがこちらです! 元々少なかったですけど更にスッキリとしてます。

DSCN0803

リアもサッパリしました。

DSCN0824

その後にマスキングを行ないポリッシングの準備が完成です! 今回の磨きはキズやシミが少ないので艶出し重視で

磨いていきました。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

DSCN0848

PCX-S8です! PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴となっております。

詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

DSCN1059

気持ちの良い水玉撥水タイプです。

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう。

DSCN1035

こちらはいきなりの完成画像で申し訳ありませんが、よ~く洗浄してからメッシュ部を1つ1つコーティングして

いきました!! なかなか大変ですやりがいを感じます。(^^;)

DSCN1017

くすみも取れてスッキリしました!

DSCN0881

ルーフもスカッと仕上がってます。

DSCN0868

サイドもいいですよ~(^o^)丿

DSCN1094

DSCN1092

キャリパーも綺麗になりました。 しかしシルバーのでっかいキャリパーってカッコイイですね! シブい!!

DSCN0873

 

細部も仕上がってます。 こういう細部や隙間が綺麗ですと仕上がり感が更に上がります。

そしてメルセデスベンツC63AMGのボディコーティング完成です!!

DSCN0889

艶感の向上と、くすみが取れた事によるクリヤー感の違いがわかって頂けるのではないでしょうか。

またフロントのグリル部(メッシュ部)が黒くなった事で一層キリッと引き締まった表情になったと思います。

オーナー様もグリル部を見て「うおぁ~黒い!」ととてもお喜びになっておりました(^o^)/ 喜んでいるお姿を

見ていると私まで嬉しくなってきます!  ありがとうございます!!

 

C63ってエンジン始動時にクォ~ン!ってとてもいい音がするんです。本当にいい音なんですよ!

一度聴いたら癖になります(^^)/ もうエンジン掛けるのが楽しみになります(笑) 音量はやや大きめで迫力が

あるんですけど決して下品な感じではないんですよね~。 でもオーナー様曰く「やっぱり朝は気を使いますよ~」

との事でした(笑)

 

DSCN0923

DSCN0950

DSCN0947

DSCN0931

DSCN0958

DSCN0992

DSCN0972

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

シビックタイプRとスイフトのエンジンルームクリーニングです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日はエンジンルームクリーニングをメインに2台のお車をご紹介致します。

何故2台同時かと申しますと2台共同じオーナー様のお車ですので(笑)

まず1台目はシビックタイプRです。

DSCN0368

こちらのお車はエンジンルームクリーニングと洗車、それとカウルトップ部の樹脂コーティングのご依頼です。

ボディは・・・

DSCN0369

DSCN0370

DSCN0379

カウルトップ部は色褪せがやや進んでる感じです。樹脂部品ですので紫外線などによる経年劣化は避けられ

ません。こちらは今回樹脂コーティングで保護致します。

ご入庫時は少し汚れてはおりますが、とてもお綺麗にされているお車というのが拝見すればするほど

よ~く伝わってきます(^_^)   それはエンジンルームについても同じことで・・・

DSCN0358

とてもお綺麗です!  この綺麗さは日頃からお手入れされている証ですね!

DSCN0359

でもこの辺りの汚れなどが落ちないとの事でした。  でもとてもお綺麗です(*”▽”)

DSCN0362

十分お綺麗なんでプレッシャーが掛りますね(笑)

 

 

 

そして施工後です。

DSCN0395

全体的に艶感が違います!  それとカウルトップ部の違いもご覧ください! 黒いでしょ(笑)

DSCN0399

どうでしょう?

DSCN0397

樹脂部品類の艶と言いますか黒さ?が違います!

ボディを洗車して・・・

DSCN0386

綺麗になりました~。そしてシビックタイプRが完成です!

DSCN0404

と言いましても外からでは違いがわかりませんね(笑) でも洗車したのでボディもピカピカでしょ?!

下地が綺麗ですので通常の洗車でも綺麗になりますが、当店の洗車はひと手間かけているので更に艶が違います!

DSCN0406

DSCN0410

こちらのタイプRを施工致しましたのが実は6月のこと(汗)その後オーナー様が樹脂コーティングと

エンジンルームクリーニングがとても気に頂けたようで、もう一台の方もお願い致します。とご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

そのもう一台がこちらの・・・

DSCN0221

スズキのスイフトです!

スイフトはエンジンルームクリーニングとフロントバンパーの黒い樹脂部とカウルトップ部のコーティング、

それとホイールコーティングのご依頼もいただきました。

現状ですが・・・

DSCN0228

カウルトップ部も・・・

DSCN0246

アンダーグリルも酷くはありませんが色褪せが気になります。

DSCN0231

なんとなく白っぽい感じがします。

DSCN0222

ホイールはブレーキダストが付いてますが基本お綺麗です(^o^)丿

DSCN0286

エンジンルームもタイプRに負けず劣らずの綺麗さです。 またまたプレッシャーですね(笑)

DSCN0237

↑これはもう、アラ探しです(^▽^;)

 

 

そして施工後です。

DSCN0308

写真ですといまいち違いがわかりにくいですね~(涙)

DSCN0260

こっちの方が違いがわかりやすいかな?  施工中の写真でしたらもっと違いがわかりますよ~。どうぞ!!

DSCN0255

初めから勿体ぶらずにコレ出せって話ですよね。すいませんm(__)m  上の写真はコーティング直後ですので

まだコーティングが乾いてない状態です。乾燥しますともう少し艶と黒さが落ちつきます。

DSCN0261

落ちついた状態です↑

DSCN0272

ホイールもコーティングして2台目のスズキ・スイフトの完成です!

DSCN0292

仕上がり感の違いが写真ですとイマイチ伝わらないんですけどフロントのグリルを見比べていただけると、

艶と色の違いがわかって頂けると思います。そのグリルですが今回はコーティングしなかったんですがこちらは

掃除が大変なんで近々シンプルなデザインのグリルに交換予定だそうです。

その気持ち、もの凄く分かります(笑)

 

こちらのお車を施工させて頂いたのが7月の下旬の事。そして今日はもう8月の23日ですか!

子供には夏休みの宿題やってるか~?終わるか~? なんて偉そうに言ってますが・・・自分のブログの方が

遅れていたりしてます・・・反省します(T_T)

 

DSCN0294

DSCN0306

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございます。