トヨタ マークXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタマークXのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのマークXです!

納車間もない新車です(*^_^*)

今回はマークXからマークXへお乗り換えでマークXが絶盤になる前、欲しいグレードや

仕様が選べるうちにお乗り換えになられたそうです。

確かに在庫車限りになってしまうと欲しいグレードやオプションが選べなくなってしまいますからね(^^;)

そんな真新しい新車マークXの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです!

曇りもなく綺麗です!  トヨタの塗装は綺麗ですね(*‘∀‘)

ルーフも・・・

少し汚れはありましたがお綺麗です。

トランクは・・・

基本的にお綺麗ですが少しだけ何故かシミが付いていました(^^;)

ボディサイドは・・・

少~しだけ曇っている感じです。

ホイールも・・・

少しだけ汚れが付いていますがピッカピカです(笑)

ピッカピカですけどこのピッカピカを維持する為にも今回はホイールコーティングの

ご依頼も頂いております!

 

ご覧頂きましたように流石トヨタ!って感じの綺麗な塗装面です。新車でもメーカーによって

塗装面の状態に違いが出ます(^^;)

トヨタは全般的に塗装の曇りも少なくて綺麗な車が多い印象です! パッと見は同じような塗装ですが

やはりメーカーごとに塗装も”品質”が違うんです。

いゃ~奥が深いですね(笑)

今回は綺麗な塗装面でしたがそれ以上に綺麗にしていきたいと思います。

では作業開始!

 

ボディの前にウインドウのコーティングもご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

まずは現状です↓

フロントは油の付着も少なくお綺麗でしたが・・・

リアは・・・

若干油っぽかったです。 何故だかウインドウごとに違う場合も多いです。不思議だぁ(笑)

綺麗なウインドウも、そうでないウインドウも下地を作ります。

運転席と助手席は撥水ガラスですので今回は作業していません(^.^)/

最近撥水ガラスを使っている車が多くなってきましたが同じ車種でもグレードごとに

ノーマルガラスだったり撥水ガラスだったりで正直、全てを把握する事が出来ません(^▽^;)

その都度確認しています。 ある車種ではリアウインドウ(バックドア)も撥水ガラスっぽいんですけど

カタログ見ても書いていないし、でも撥水ガラスっぽいし・・・

メーカーのお客様相談室に電話して聞きましたよ(笑)   やっぱり撥水ガラスでした。

磨かなくてよかった~。

でも↓は磨きましたよ。

油っぽさも無くなって綺麗になりました。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

結構多かったです(^^;)

リアも・・・

多めですね~。  新車でも結構付いているものです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

いい感じです!

リアも綺麗になりました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はお綺麗な塗装面ですので軽く磨いて塗装面を整え・・・

PCX-S8でコーティングしました!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとリアバンパー下部の樹脂部も樹脂コーティングしました。

ちょっと写真が分かりにくくてすいません。 黒さが増して艶々になってます。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで滑らかです。

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね!

トランクは・・・

シミも無くなりましたよ~。

ボディサイドも曇りが取れてクリヤーですね(*^_^*)

ピッカピカなホイールも更にピッカピカになりました。

オーナー様も驚いていましたが施工した私もピッカピカになってビックリしました(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのマークXボディコーティング完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

艶感が感じにくいパールホワイト、しかも新車・・・なんですがちゃんと磨いて

コーティングするとツヤッツヤの艶を感じる仕上がりになります(^_-)-☆

オーナー様も『うわぁ~スゲ~ 違う違う 違いますね~!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございました。

オーナー様も私と同じで、若かりし頃を車で遊んでいた世代のご様子です。それもどっぷりと(*^_^*)

オーナー様とお話していると私と同じ年代のようで、やってきたことや遊んできた場所(走ってきた)が

まぁ通じる通じる(笑)  もしかしたら何処かでお会いしていたかも??(笑)

だから尚更、FFの車じゃなくてFRに拘るのも凄~くよくわかります!

マークXはこの型が最後で次はカムリに統合されるという噂も聞こえます。オーナー様はカムリの購入を

少しお考えになられたようですが”やっぱりちょっとカムリは違うんですよね~”とマークXにされたようです。

きっと私と同世代で車でどっぷりと遊んできた方は“わかる~”とお思いになる事でしょう(笑)

いゃ~ある意味、あの頃は車好き、走り好きには本当にいい時代でしたよね!

昔はよかった~。

なんて言っているのは歳を取った証拠でしょうか??(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ブラキッシュアゲハガラスフレークのノア、メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ノアのボディコーティングメンテナンスです!

ブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアです!

こちらのお車は昨年の12月にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

10ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。今回が初メンテナンスになります。

屋外駐車で10ヶ月程経過しておりますので、ある程度の痛みは想像できますが・・・(^^;

さてさてどんな感じなのでしょうか??

早速今回のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

雨による汚れも付いていますがシミも付いています(^^;) しかしスクラッチは少なくて

とても丁寧に洗車されているのが伝わってまいります。

アフターです↓

深いシミは残ってしまいますがスッキリとしましたね!  そのシミも写真に撮りやすいように

ライトを当てていますので実際は写真程は目立ちません。

ルーフは・・・

これまた汚れているのでアレですが(笑)

メンテナンス後は・・・

スッキリと綺麗になりましたよ~。 洗車キズも少ないですね!  洗車上手です(*´▽`*)

ボディサイドは・・・

こちらの雨による汚れですが基本的にお綺麗にされています。

アフターです↓

ツヤッツヤです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れています。

アフターです↓

いい艶に復活しました!

新車時にホイールコーティングしたのですが、今回オーナー様が『ホイールコーティングやって良かった!』

とご報告頂きました。  そうなんですよ!  ホイール洗うのも楽なんです。

汚れ落ちが良くてダストのこびり付きも低減できます!

ホイールコーティングは新車時やホイールご購入時に施工するのがおすすめですよ(^o^)丿

そしてブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアメンテナンス完成です!

落ちないシミなどは残っておりますが艶も復活してブラキッシュアゲハガラスフレークらしい

キラキラとした輝きを放っています!

しかし残念なことにそのキラキラが写真だと全く伝わってきませんね(^▽^;)

でも大丈夫です!

うゎ~光ってる スゲ~綺麗じゃないですか!』 『また輝いてる。いゃ~嬉しいなぁ~』とオーナー様が

とてもお喜びになられておりました!

やっぱり綺麗な愛車は嬉しいですよね。 私は喜んでいるお客様を見るのが嬉しいです(笑)

 

先ほども少しお話いたしましたがオーナー様、洗車がお上手ですね! どうしてもダークカラーは

洗車キズが目立ちやすいです。もちろん洗車自体多かれ少なかれ洗車キズ(拭きキズ)が

どうしても入ってしまいます(^^; その細かな洗浄のキズが増えるとボディの艶も無くなって

ダークカラーのお車は白っぽく見えてきます(汗) 白やシルバーなどのライトカラーの

お車も洗車すれば洗車キズは付いてしまいますが目立たないんです!

今回のノアはその洗車キズが少なかったです。 もちろん付いてはいますよ(笑)

ただ10ヶ月経過のダークカラーでこの程度でしたら少ないと思います(^_^)/

きっと愛情を込めて大切に洗車されているのでしょう!

いゃ~ やっぱり愛っていいですね~(*⌒3⌒*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングです!

H29年式プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

ご購入されたばかりのクラウンですが納車後にオーナー様が市販のコーティング剤を塗ったら

ムラムラになってしまったと当店にご相談に来られました。

ご相談に来られた時はコーティングの塗りムラが酷かったんですけど、施工時にご入庫された時は

コーティングが少し落ち着いたのでしょうか?? 少し塗りムラが低減していましたが光の

加減などによってはだいぶムラムラでした(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとムラムラ感が出ませんね(^^;) すいません。 基本的にスクラッチも少な目で

シミも多くはなくて塗装面自体はお綺麗でした。

ルーフも・・・

少し汚れてはいましたがスクラッチやシミは少なくてお綺麗です。

↑はトランクです。

こちらも少し汚れ気味ですけどよ~く見ますとシミもスクラッチも確認できますが少なめですね。

ボディサイドもお綺麗です(^_^)/

とてもデリケートなブラック系のカラーという事を考えますと少しビックリするほど

スクラッチは少ないです(*’▽’)

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れていました。

 

ご覧いただきました様に塗装面自体はシミやスクラッチが少なくてとてもお綺麗でした。

もちろん全くシミやスクラッチが付いていない訳ではないのですが登録から1年以上経過している

黒い車とは思えない程少ないです。 その間の維持管理がとても良かった証拠ですね!

それだけにコーティングのムラが尚更気になります(;´∀`)

でもご安心ください。 磨けば綺麗になります!

ムラの無いスッキリしたクラウンアスリートに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も一緒にいただきましたので

ウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

元々は何か撥水剤が塗ってあったのでしょうか?? 油膜とは違う感じがしますがどっちにしても

視界不良な事には違いないです(^^;)

ガラス表面を綺麗にしていきます。 ボディコーティングと同じで下地作りが大切です。

下地を整えてからコーティング剤を塗らないとコーティング剤本来の効果を発揮しません!

ご自分でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、その時は必ず油膜や

古いコーティングを落としてからウインドウコーティングをしてください。

話がそれてる間にウインドウコーティングが完成したようです。

早速撥水確認をしていきましょう!(笑)

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!   見てるだけでも気持ちイイですね(笑)

 

お次はボディです。

洗車後に鉄粉確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ながら黒い車ですと、いまいちわかりにくいです(汗)

その後にネンドを掛けて鉄粉を除去していきます。

↑はネンドを使う前です。

↓はネンド掛け後のネンドです。

ネンドが少し茶色っぽくなっているのがわかりますでしょうか??

この茶色っぽいのが塗装面に付いていた鉄粉です。

これではボンネット一枚分です。 少し多いかな~。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきました。 基本的にシミやスクラッチが少なくお綺麗な塗装面ですが今回は

3工程の磨きを入れて仕上げています。  磨き3工程(3回の磨き)と言いましても綺麗な塗装面を

3工程と痛みの激しい塗装面の3工程では磨きの内容(方法)が全然異なってきます。

使うポリッシャーやバフ、コンパウンドなどによって同じ3工程でも研磨量が異なってきますので

この組み合わせを考え工夫しながら磨きます。

ここが磨きの難しさでもあり楽しさでもあります(笑)

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れた低撥水タイプのPCX-S7です!

PCX-S7は詳しい事はこちら → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリしましたよ~!

もちろんコーティングの塗りムラもございません!

しかし写真だとわからないと言う・・・(^▽^;) すいません。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

そしてトランクも・・・

もちろん綺麗です。  しみもスクラッチもサッパリです(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたがよりクリヤーな映り込みになりました。

ホイールも本来はブラックのメッキだったんですね(^^;)

ピカピカに光っています!

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ クラウンアスリート、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

プレシャスブラックパールはソリッドブラックとはまた、ひと味違う独特の輝きを放つ

とても魅力的なブラックです! そのプレシャスブラックパールが光沢も艶も更に上がり

ツヤッツヤです(笑)  もちろんコーティングの塗りムラも解消しています。 !(^^)!

オーナー様も『凄いですね~。凄く綺麗です!』と、ご満足いただけたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今や市販のコーティング剤がいっぱい発売されています。カー用品店で売っている物や

ネット通販でしか売っていない物など様々です。特にネットの通販物は商品レビューや口コミが

掲載されていて購入意欲を掻き立てられます(笑)

しかしどの製品を使うにしても、一つだけ間違いなく言える事がございます。

それは”下地“が大切だと言う事です。

ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、

曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心ですよ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタC-HRに鉄粉が!!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ C-HRの鉄粉除去です!

こちらのC-HRは昨年12月登録の試乗車だったお車をご購入されたそうです。

試乗車と言う事で走行距離も少なく装備も満載、その上にトヨタ純正のコーティングも施工されていたそうです。

しかし、いざ購入して洗車をすると何やら黒いプツプツとした物が沢山付いている(>_<)

これはもしや鉄粉??  と言う事で当店にご相談に来られました。

試乗車などは道路に面した場所に展示されている事が多いです。道路のすぐ横などは鉄粉が多く舞っている

いて、そうなると展示している車にも鉄粉も降り注ぎます(;´∀`)

特に白い車は鉄粉がポツポツと目立ちます。

今回はその鉄粉除去と、せっかくなのでコーティングのメンテナンスそしてウインドウコーティングの

ご依頼も頂きました。

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

 

↓は現状です。

撥水剤が塗られているようです。しかし撥水力が弱まっている感じですね。

弱まった撥水剤を除去していきます↓

その後よ~く乾燥してからウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして最後に

撥水チェックをしてウインドウコーティングは完成です。

水玉コロコロで気持ちいいッス(^_-)-☆

 

そしてお次は鉄粉除去です。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑ やはり多いですね(^▽^;)

ボディサイドはボンネット程多くはなかったんですけどルーフは多めでした。

↓はリアバンパーです。

やはり多いですね。

そしてアフターです↓

だいぶサッパリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その他もメンテナンスしましたので各部をビフォー&アフターで見ていきましょう。

↓はボンネットです。

よく見るとスクラッチはそこそこ付いていましたが(^^;)シミも少なかったです。

アフターです↓

スッキリとしましたよ!  でも写真だとわかりませんね(大汗)

↓こちらもボンネットです

シミやスクラッチは少ないんですけど・・・

ボンネットの窪みに雨が溜まるようで水アカで黒ずんでいます。

アフターです↓

水アカもすスッキリです!  ただ窪んでいるので雨が降った後はまた水アカが付くと思います。

雨が溜まる所や流れ落ちる所はどうしても黒く水アカが付いてしまいますがコーティングが

効いていますので水アカのこびり付きは無く洗車で簡単に落ちますのでご安心を!!

ルーフは・・・

ルーフの方が少しシミが目立ちます。

アフターです↓

ルーフもサッパリとしましたよ~。

今回は鉄粉除去後に、ごく軽い磨きをしましたので軽いシミは除去できました。

しかし深めのスクラッチは残っています。

それと所々に・・・

雨筋が・・・(^^;)

アフターです↑  綺麗ですよ~ヽ(^o^)丿

最後にホイールです↓

ダスト汚れではなく泥汚れですね~。

タイヤもホイールも良く洗って艶出しをしましたら・・・

トヨタ C-HRの鉄粉除去&メンテナンスそしてウインドウコーティングの完成です!

ツヤッツヤに仕上がりましたよ~!

間違いなくお客様がご購入された時より綺麗です(^_-)-☆

新車と言っても大丈夫です! 言っちゃってください(笑)

オーナー様も大変お喜びになられておりました! ありがとうございます。

当店はディーラーや他店でコーティングされたお車のメンテナンスも承っております。

メンテナンスでお悩みの方やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

コーティングはどうしても時経劣化などによって撥水は弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

本格的なメンテナンスでしたらもちろん当店にご依頼ください!(笑)

しかしまだそこまでは・・・と言う方やご自分でメンテナンスしてみたい!という方に

おススメの洗車用品やメンテナンス用品の販売も致しております。

今回は便利で簡単なメンテナンス剤を2つ程ご紹介致しましょう!

まずは水玉撥水系のコーティング剤にピッタリの・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで撥水を復元します!!  いゃ~簡単ですね~(´▽`*)

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。美しいツヤ感と撥水効果をお楽しみください。

PCX-S8やPRO MAX EXEを施工のお車におススメです!

こちらは¥1,944(税込)になります。

 

そしてもう1つは・・・

R-611 ウォーターヴェールです!

こちらも洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで低撥水状態をスピーディーに復元します。 いゃ~便利ですね~(*´▽`*)

もちろんコーティング被膜にストレスを与えることなく、水が固まりで流れ落ちる低撥水状態を

よみがえらせます。洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。

美しいツヤ感と低撥水効果をお楽しみください。

こちらも¥1,944(税込)になります。

R-611 ウォーターヴェールはPCX-S7施工のお車におススメです!

 

R-511 ウォーターアドヴァンス・R-611 ウォーターヴェールどちらも簡単便利でいい艶が出ますので

是非お試しください!!

 

以上宣伝でした!! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ86 14Rのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86 14Rのコーティングメンテナンスです!

TRDコンプリートカーの14Rです!

こちらの14Rは昨年の12月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

いつもお綺麗にされていて艶もまだまだ感じますが店内に入れてライトを当てて見て見ると・・・アレ??

シミが多いような・・・(^^;

 

では早速現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

雨あがりのご入庫でしたので、まだ雨が残っている所もございます。雨が乾いて多少汚れ気味ですが

それを差し引いても、ややシミが多い感じです(^^;)

ルーフも・・・

シミが気になりますね(^^;)

それとドアノブなどからは・・・

黒い雨筋が付いています。雨が降るとどうしても付いてしまいます。

そして・・・

サイドスポイラーとボディの間のゴム製のモールも時間の経過と共に黒ずんできます。

コレは気になりだすと気になってしょうがないです(笑)

ホイールも若干ブレーキダストで薄っすらと茶色く見えます。

2ピースホイールなので隙間があるんですけど、どうしても隙間が汚れ気味になってしまいます。

 

全体的に見ますとシミが少し気になります。皆様もご存じのように86はスバルが製造しているので

塗装もスバルです。という事はスバルの塗装は柔らかいのでシミやキズが付きやすいです。

当店にも他の86やスバルのお車がご入庫いたしますが、やはりシミが多く、また付きやすい傾向だと

感じています。

 

通常のメンテナンスは基本的に磨きは致しません。数種類のケミカルなどを

使いコーティング表面に付いている油分や水アカなど除去していくのですが今回は少しシミが

多いので、軽い磨きをして浅めのシミを除去しました。

それといつもの鉄粉の付着状況ですが・・・

黒っぽくポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

それ程多くなかったです。

リアも・・・

少なかったです!

↓は鉄粉除去後、再度クリーナーをかけて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

軽く磨いたのでだいぶスッキリとしました!

ルーフもサッパリと綺麗です!

もちろん雨筋なんて跡形もございません(笑)

ゴム製のモールも頑張って綺麗にしました。 だいぶ黒ずみがなくなったでしょ??

これ以上は・・・交換しないとダメかもです・・・(;´∀`)

そしてホイールです。

隙間も綺麗になりましたよ~(*^^*) 最後にタイヤもホイールも艶出しをしましたら・・・

トヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンス完成です!

いい艶に仕上がりました!

艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーもキッチリとメンテナンスしますと

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

話は変わりますが当店のございます神奈川県の小田原市では花粉が飛んでいる気がいたします(>_<)

秋の花粉はなんでしょう?? この時期はブタクサでしょうか?? 細かく見ると1年中なんかしらの

花粉がとんでいるようです。 先週くらいから車の上が微かに黄色くなっているので秋の花粉が

飛んでいるようです。

花粉は身体だけではなくお車にも良くないのでマメな洗車を心がけてください。

その洗車ですが洗車は泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

それとスポンジもクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは定期的に交換してください。

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クラウンロイヤルサルーンの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンロイヤルサルーンの定期メンテナンスです!

メンテナンスのご紹介が続いておりますが今回もメンテナンスのご紹介です!

こちらのクラウンは昨年の5月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

一度メンテナンスに来られておりますので今回は2回目のメンテナンスとなります。

コーティング施工から約1年半!  クラウンの状態や如何に!!

早速メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

コーティング施工から1年半近く経過致しますのでシミも洗車キズもだいぶ増えていました(^^;)

アフターです↓

当店の通常メンテナンスは磨きをいたしませんので深いシミや洗車キズは残ってしまいます。

しかしクスミもだいぶ取れてスッキリと“青さ”を取り戻しました!

ルーフも・・・

洗車キズが目立ちます。  キズが見やすいようにライトを当てているので尚更目立ちます(^^;)

アフターです↓

ルーフもスッキリと綺麗になりましたね!

どうしてもダークブルーなどの色の濃いボディカラーは洗車キズなどのスクラッチが

目立ってしまいます。パールホワイトやシルバーでも同じく洗車キズは付いてしまうんですけど

目立たないだけで実際は結構多く付いているお車が多いんです。

このスクラッチが増えていくとパールホワイトなどでも艶が感じられなくなり光沢も無くなります。

逆にパールホワイトで艶も光沢も感じられないようでしたら、かなり塗装面がダメージを受けている

状態です。 でも大丈夫です!  磨けば輝きます(^_-)-☆

 

それともちろん鉄粉処理も行っています。

少なかったですよ(*^^*)

それ以外にも細部の洗浄なども行っています。 また色々なケミカルを数種類使って通常のシャンプーでは

落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げていきます。

メンテナンス方法や使うケミカルなどはお車の状態に合った物を考え、そして選んで作業しております!

話がそれましたが、↓はトランクです。

こちらもキズが確認できます。

アフターです↓

当店の通常メンテナンスは磨きをしていませんと先ほどお話いたしまいたが

シミやスクラッチが気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスも承っておりますので

お気軽にご相談ください。

それとドア下の水抜きの穴から雨水と一緒にグリスが流れ出てきます↓

ドア下以外にもドアノブなどからも流れ出て来るんですけど、これが少し時間が経って

乾いてしまうとシャンプ-洗車では落ちない事が多いです。

そのような時はクリーナーなどで優しく拭いてください。

簡単に落ちます!

ホイールも・・・

少しばかり汚れ気味でした。

最後にタイヤとホイールも艶々に仕上げて・・・

トヨタ クラウンロイヤルサルーンのコーティングメンテナンス完了です!

深みあるダークブルーに復活しました!

ダークブルーやブラックなどは汚れが蓄積すると色の深みが無くなってしまいます。

なんとなく白っぽくて締まりがないと言いますか・・・(;´∀`)

今回はメンテナンスと言う事で限界はございますが、それでもご覧の様にクスミが無くなり

透明感も感じられるようになりました。

各部の仕上がりをアップで見るとスクラッチやシミなど目立ってしまいますけど

艶や光沢そしてクリヤー感などはまだまだ健在です(*^^*)

お引き取りに来られたオーナー様も『おぉ!綺麗だ!!やっぱり違いますね~』と

お喜びになられているご様子でした。

 

メンテナンスはお車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが理想です!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを放置しておくと

より進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

落ちるうちに落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗を長持ちされる為にも綺麗なうちにメンテナンスがおすすめです(^_^)/

ちなみに次回もメンテナンスのご紹介予定です(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ランクルプラドのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです!

ソリッドブラックのランクルプラドです!こちらのプラドは納車から1ヶ月程の新車になります。

シミやキズが付きやすい非常にデリケートなソリッドブラックです。納車から1ヶ月程

経過してしまいました現状が何となく想像できますが(^^;早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが付き始めておりました(汗)

ルーフは・・・

白っぽく点々と無数に見えるのは保護シートの粘着物でしょうか? ルーフの広範囲に付いていました。

ボディサイドは・・・

軽めの洗車キズが確認できます。

しかし反対側のドアには・・・

かなり深めのキズが入っていました(>_<)

オーナー様も“磨きで落ちます??”とご心配でしたが正直ちょっとキビシイ感じです(大汗)

それとリアピラーには・・・

既に沢山のシミが付いています。流石ソリッドブラックです。短期間でも情け容赦なくシミが

付きます(^^;

ホイールは既に社外品に交換済み! 納車して直ぐに交換されたそうです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。

 

ご覧頂きました様に納車からまだ1ヶ月程ですがシミが既に付き始めています。それと洗車キズも

所々に入り始めていました。そしてルーフの糊残りかと思うんですけど白っぽい点々が

付いています。 新車は糊残りが付いているお車が実は非常に多いんです。特にルーフの高い

ミニバンやSUVに多い気がしているんですが、コレはルーフが高くて作業がしにくいからなのか?

はたまたルーフが高くて気が付かないからこれ位でいいゃ!なのかはわかりませんが

とにかく背の高い車は糊残りが多い気がします(ーー;)

まぁ私がブチブチ言っていてもしょうがないので(笑)早速新車以上の姿に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車をしてから鉄粉除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

黒い車だと何だかわかりませんね。特に写真だと(^^;) 実車だとよ~く見ると確認できるんですよ(笑)

今回は新車と言う事もあって少なかったです。

少ないので軽めの除去作業をしました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですが通常の新車磨きでは除去できそうにないシミやキズもありますので

新車磨き以上の磨きで仕上げています!

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回は新たに導入を予定しているコーティング剤を

使用致しました。

今回当店初使用です(^_^)/

何を使ったかはヒ・ミ・ツ♥  撥水の仕方は低撥水に近い感じです。

こちらのコーティング剤も近々導入予定ですのでご興味ある方はお問い合わせください!

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。

ボディサイドの洗車キズもサッパリしましたが・・・

反対側のドアのキズは・・・

やはり完全には消せませんでした(・´з`・) 写真に写りやすいようにライトを当てていますので

白く線が入っていますが実際は写真程は目立ちません。

オーナー様も『いゃ全然大丈夫です!』とお喜びになられておりました!  良かった~(*^^*)

リアピラーのシミも綺麗になりました。

ホイールもコーティングして光沢UP!!

そしてブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、ボディコーティング完成です!

ピカピカに仕上がりました!

新しく使用したコーティング剤もクリヤーで綺麗な艶を出しています(´▽`*)

オーナー様も『スゲ~。スゲ~綺麗!!』!!『やっぱり違うな~』と、

とてもお喜びになられておりおりました!

そうです!そうなんです!!やっぱり新車も磨いてコーティングすると違うんです!!

ただコーティング剤を塗るだけではダメなんです。しっかりと下地を作るから

いい艶が出るってものです(^_^)/

ですので新車コーティングは新車も磨いている当店で是非どうぞ~!!

 

現行型150系のプラドが登場したのは2009年ですから、もう9年も経つんですね!

その間に2回程顔が変わっていますので3つの顔があるという事になります。

今回のプラドが最新の顔ですが、なかなかスマートでイケメンです。この前の型の顔は

少し“アク”が強く好みの分かれる顔でした。最初期モデルは今見ると、おとなしい雰囲気で

優しい顔ですね! どの顔も良さがあり各モデル人気があってプラドに憧れている方も多いです。

何を隠そう私もその内の一人でもあります(笑)

やっぱり一度くらいは大型の本格四駆を乗ってみたいものです(´▽`*)

そうそう。大型と言えば次回も大きくて黒いお車のご紹介です!

車種は・・・ミニバンで車高が高くて磨きが大変そうな4輪駆動のお車です(笑)

何かわかりました??  ミニバンで四駆と言えばアレですよ!!

そう!それです! 正解は・・・次回をお楽しみに~(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ ソアラのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ソアラのボディコーティングです!

H13年式のトヨタ ソアラです!

4代目ソアラの登場がH13年ですので最初期のモデルになります。H13年と言えば今からもう17年も

前のお車になるんですね! しかしとてもお綺麗です(*^^*)

とてもとても17年も経過しているとは思えない程のコンディションです!

一時期乗らないで保管している期間もあったそうですが、少し前から復活させてお乗りになられている

との事です。

今回はボディのリフレッシュを兼ねてのボディコーティングのご依頼です。

では現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズと思われるスクラッチが確認できますがシミやクスミはとても少ないです。

ルーフも・・・

スクラッチやシミなど確認できますが年式を考えますと少ないですね(*‘∀‘)

トランクです↑ 所々に深めのスクラッチが見受けられます。

ボディサイドはクスミが進行しているようでライトの映り込みがボヤッとしていました。

ホイールもとてもお綺麗で申し分ござませんでした(^o^)

 

ご覧頂きましたように登録から17年も経過しているとは思えない程お綺麗です!

なんでこんなにシミも少なくクスミも酷くないのかと思ってオーナー様に伺いましたところ・・・

ご自分で何度か磨いているとの事でした!  なーるほど!! お綺麗な訳です(^_-)

ご自分で磨きなんて、なかなか出来る事ではございません。

流石です! もうマニアの世界です(笑)   こちらの世界へようこそ!!

なんて言っている場合じゃございませんね! プロらしく仕上げないと・・・プレッシャーを押しのけて

作業開始です!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ちょっと見えにくくてすいません。 黒く点々としているのがクリーナーに反応している鉄粉です。

見えにくいんですけど結構多かったです。

トランクも・・・

見えにくいんですけどだいぶ多かったです。 まぁ17年経過していますのでしょうがないですね

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックします。

シュシュッ!

だいぶ綺麗になりましたね!

トランクもサッパリとしました。

そして今度はマスキングをします。

しました。

マスキングはコンパウンドの粉の侵入の防止や磨きたくない所の保護などの為に行います。

そして磨いていきます。今回の磨きはオーナー様のご希望もございましてあまりハードには

磨いていません。この先も大事に、そして長くお乗りになるご予定で、その間も定期的にコーティングを

お考えとの事です。という事で今回は塗装の研磨量を減らしたいので無理に深めのキズを消すような磨きは

おこなっていません。

磨きが終わりましたらいよいよコーティングです。

今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

人気の水玉撥水です!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

深めのキズやシミは残っていますがだいぶ綺麗になりました。

トランクも艶やかですね(^^)/

ボディサイドのクスミも綺麗になってライトもクッキリと映ってます。

ホイールもお綺麗でしたけどちゃんと洗って艶出しもしています(^^)

そしてトヨタ ソアラのボディコーティング完成いたしました!!

ツヤッツヤに仕上がりました!

元々この型のソアラ(レクサスSC)の塗装は高品質な塗装なのでスクラッチやクスミを除去して

塗装面を整えてあげると滑らかで艶やかな肌になります。

そこにコーティング剤で更に艶感UPです(^_-)-☆

もちろん見た目だけではなく機能性も兼ね備えています。

後日オーナー様から『汚れが付きにくくて洗車が楽です!』『いままで自分が使っていたワックスとは違うね~』

と嬉しいお言葉を頂きました!  ありがとうございます。

これからも大事にそして末永くソアラにお乗りください!!

 

 

今回ご紹介致しましたソアラですが細かな所まで手が入っているのですがパッと見た目が

ノーマルっぽく感じます。 バンパーなども社外品なんだそうですがとても自然で知らなければ

ノーマルだと思ってしまうくらいノーマルな雰囲気です。

それ以外にも大技、小技があちらこちらに散りばめられているのですが全体としてはとても自然で

ノーマルな感じです。 もちろんオーナー様はそこを狙ってカスタムをしているそうです(^^)/

流石です!   とてもカッコよく自然に仕上がっているトヨタ ソアラのご紹介でした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ランクルプラドのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタランドクルーザープラドのコーティングメンテナンスです!

こちらのトヨタランドクルーザープラドはボディコーティングを施工後まもなく1年半ほど

経過致しますお車です。 今回は初めてのメンテナンスになります。

ソリッドブラックで1年半経過ですので何となく状態は想像できますが・・・(^^;)

では間もなく1年半経過致しますランクルプラドのメンテナンスをビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

ご入庫時は雨でしたのでご覧のような感じです。雨で濡れていて状態がわかりにくいので

洗車後に写真撮ろうとしたら・・・ごめんなさい。 すっかり撮るの忘れてしまいましたm(__)m

気が付いた時はメンテナンスも終わりに近づいている時でした。ですので今回写真が少ないです(>_<)

すいません。

と言う事で写真がアレなんで簡単に状態をご説明いたしますと・・・

ボンネットはソリッドブラックと言う事もありましてソリッドブラックらしくシミシミです(^^;

艶もだいぶ引けていましたのでオーナー様とご相談のうえで今回はボンネットとルーフは

磨きを入れて再コーティングする事になりました。

そしてアフターです↓

塗装を浸食してしまっているシミもあり、そのシミは残ってしまいますが、だいぶサッパリとして

艶が復活しました。

ルーフも・・・

雨で濡れていて何が何だかわかりませんが(^^;ボンネット同様でシミが多く付いていました。

アフターです↓

こちらの磨きを入れシミを除去しましたので綺麗に復活!!

 

その他のパネルももっとご紹介したいのですが・・・なんせビフォーの写真撮り忘れましたので(>_<)

しかし施工中の写真はあるんです!

それがこちらの・・・

鉄粉の付着確認の写真です。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するんですが・・・

これまた残念な事に黒いボディカラーなので写真だと鉄粉の反応が確認できません(>_<)

ちなみに鉄粉はやや多めでした。

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。こちらはビフォー&アフターが

あります!(^^;

ビフォーです↓

撥水もだいぶ落ちていました。

その弱まったコーティング剤を落としてガラスを綺麗にしていきます。

綺麗になりましたガラスは水を掛けると水を弾かずにガラスに馴染みます↓

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングの完成です!

弱まったウインドウの撥水は視界が逆に悪くなってしまう事もありますので早めの再コーティングが

お薦めです。

 

それと最後にタイヤとホイールです。

ビフォーです↑  汚れも少なくてお綺麗ですね!

タイヤもホイールも綺麗に洗って艶出しをしています!

そしてトヨタランドクルーザープラドのコーティングメンテナンス完成です!

施工前の写真は雨で濡れていますので単純に比較できませんがソリッドブラックらしい

艶々のボディに復活しオーナー様もお喜びになられておりました(^_^)/

 

ダーク系カラーはどうしても塗装の痛みの進行が早いです。特にソリッドブラックはかなり

デリケートで維持管理が本当に難しいです。 特に水平面のボンネットやルーフはどうしても

雨ジミが付きやすいです。シミを少なくするには本当は雨上がりにすぐ洗車するのが一番いいんですが、

なかなかそれも難しいですね(汗) メンテンスの時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みや進行が早い

屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでのメンテナンスを

お勧めいたします(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スティールブロンドメタリックのプリウスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタプリウスのボディコーティングです!

H28年式のスティールブロンドメタリックのトヨタ プリウスです!

納車してそのまま当店にご入庫くださいました。

こちらはトヨタのアプルーブドカーと言う事ではじめに見た時は塗装面もとても綺麗に

感じたのですが・・・その辺りも含めて早速現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトカラーと言う事もあってパッと見では綺麗に感じましたがライトの下で見ますと

スクラッチが良く見えます。実は結構多かったです(^_^;)

それとフロントバンパー下部には・・・

前後方向に線キズが付いています。

ここ以外にも・・・

細かなキズが確認できました。

↓はルーフです。

こちらも結構なスクラッチです(^^;

と言う事は同じくリアハッチも・・・

同じ様にスクラッチが多いです。おそらく洗車時に付いたキズでしょうね。

ボディサイドは・・・

ボンネットなどの水平面に比べるとスクラッチは少ないです。すいません。写真だとよくわかりませんね(^^;

ホイールはそれ程汚れている感じではありませんね。近くで見ても・・・

軽い汚れです!  しかし・・・

プリウスの15インチホイールはアルミホイールなんですけど実はホイールキャップが

付いていて、キャップを外すと・・・

こんなデザインのホイールなんです。 これはこれでカッコいいと思うんですけど何故か

キャップ付きなんです。 トヨタ的には “軽量化と空力性能の向上を両立” だそうです。

そのせっかくかっこいいアルミホイールも汚れが蓄積していました。 まぁ普通はホイールキャップを

外して洗う人は・・・少数派だとは思います(笑)

 

ご覧いただきましたように全体的に初期登録から2年以上経過していますので洗車キズと思われる

スクラッチも多く付いていました。それと深めのキズも何ヶ所かあります。さすがに深いキズは

磨きでは取り切れませんが出来る範囲で除去していきたいと思います!

では作業開始~!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

見ていきましょう!

↓は現状です。

何かの撥水剤が塗ってあるようですね。しかし撥水力は少し落ちているようで水玉が潰れています。

撥水はしていますが一度キッチリと・・・

撥水剤を落としてリセットします。

リセットしたガラスに水を掛けると今度は・・・

水を弾かずにガラスに水が馴染んでいる状態になります(親水状態)

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!  先程のとは水玉の丸さがちがうでしょ!(^_-)-☆

 

そして今度はボディです。

まずは洗車後にいつもの鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

↑はボンネットです。 結構多いですね(^^;)

リアは・・・

こちらも少し多く付いていました。

鉄粉はお車の使用環境や保管環境によって鉄粉の付着量が大きく異なります。

ですので新車でも保管場所が鉄粉が多く舞っているような場所の場合は鉄粉が多く

付いている車もあるんです(^_^;)

話は逸れましたが鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

ボンネットです↑  だいぶサッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりましたね!

その後にマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました! ここまでの作業が磨く為の準備になります。

(写真では紹介していない作業もごにょごにょとしていますよ(笑))

今回はスクラッチがやや多いので、少しハードな磨きでスクラッチを除去していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

当店の人気者、PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとしました!

フロントバンパーのキズもほぼ消えましたね(*^^*)

深いキズはよく見ると若干残っていますが普段は気にならないと思います。

ルーフも・・・

綺麗になりました。

リアハッチもいい感じです(^.^)/

ボディサイドもサッパリと綺麗になったんですけど写真だと伝わりませんね(^▽^;)

それとホイールは・・・

綺麗になりました!

キャップ付けなくてこのままでもいいと思います(^o^)/

でもちゃんと・・・

付けておきました(笑)  お好みでお楽しみください!!

確かにこっちの方が見るからに “空力性能” は良さそうですね(笑)

そしてスティールブロンドメタリックのトヨタ プリウス、ボディコーティング完成です!

クリヤーな透明感を感じる仕上がりになりました!

光沢も上がり本来のスティールブロンドメタリックの輝きを取り戻したと思います!(^^)!

スティールブロンドメタリックはシャンパンゴールドのような、シルバーのような、はたまた光の

当たり方によっては薄いピンクにも見える綺麗なカラーです。

それもそのはずでトヨタは”ピンクゴールドとベージュの間の新しい色域”を狙って

開発したカラーなんだそうです。なんだか難しいですね(笑)

難しいんですけど、そう言われると私はもうピンクに見えて仕方ありません(笑)

街中でもこのスティールブロンドメタリックのプリウスは見掛ける機会が多いですね。

人気があるようです!

光の当たり方によって色味が変わって感じますので皆様も街中でこのスティールブロンドメタリック

見掛けたら観察してみるのも楽しいかもしれません。

天気によってシャンパンゴールドに感じたり薄いピンクに感じたりと・・・

マニアならではの楽しみ方です( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。