ホンダN-BOXカスタムにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングです!

こちらのプラチナホワイトパールが眩しいN-BOXカスタムは納車間もない新車です!

昨年の後半からN-BOXのご入庫が多いのですが・・・この後にもN-BOXが控えております(笑)

しかも同じプラチナホワイトパールのN-BOXです(*^_^*) 今年もN-BOXのご入庫が多い予感が

いたします(笑) それだけ人気車種だという事ですね!

そんな人気者の新車N-BOXカスタムの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れ気味ですので・・・洗車後に撮ったのが↓です。

ライトの輪郭がボヤッ~とボケています。

ルーフは・・・

こちらは洗車前の写真です。 ボンネットに比べるとボヤッとした曇りが少ないですね。

ボディサイドは・・・

こちらは曇り気味でした(^^;)

しかもよ~く見ると・・・

モヤモヤとした磨き跡(加修跡)も確認できます。 パールホワイトなので気が付きにくいんですけど

確かに付いています。

ちょっと意地悪な問題ですけど何処がモヤモヤしているか分かりますか??

正解はこちら↓

実車ですともう少し広範囲にモヤモヤと見えるんですけど写真だと何だかわかりにくいですね(^^;)

話を戻しましてリアです↓

こちらもやや曇り気味でした。

ホイールも軽く汚れていました。  この位は走ればすぐに付いてしまいますね(;´∀`)

 

全体的に見ますとルーフを除く部位は曇り気味でライトなどの映り込みがボヤッとボヤけています。

ルーフは何故か曇りが少ないんですけど、けっして珍しい事ではなくてよくある事です。

不思議とボディ全体が同じ曇り加減ではなく、ある車はボディ前半が曇っていたり、またある車は

ボディ後半が曇っていたり・・・と色々なんです。不思議ですね(笑)

もちろんボディ全体がクリヤーで綺麗な車も有りますしその逆もあるのも事実です。

こればかりはご自分で選べませんので仕方ないと言えば仕方ありませんが(汗)

でももしご自分の所に塗装が曇っているお車が納車されてもご安心ください。

磨けばクリヤーになります!

と言う事でN-BOXカスタムの新車コーティング開始していきましょう!

作業開始!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いております!ウインドウコーティングはボディコーティングと

同時にご依頼を頂く事が多い当店の人気のオプションメニューです!

その人気のウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です

油分などの付着の少なくお綺麗でした。

今回は全面のご依頼ですので全面磨いていきます。

N-BOXに限った事ではないんですけど最近の車は運転席と助手席が元々撥水ウインドウになっていたり

ノーマルガラスだったりとグレードや仕様などによって様々なんです。その都度確認して作業しています。

話がそれましたがガラスの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

チェックが済みましたらウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは雨だけではなく雪や霜にも有効ですので今の季節にもおすすめです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付着している鉄粉を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

ポツポツと黒っぽく見えているのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でもこれ位の量の鉄粉は付いています。

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗です!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回のN-BOXカスタムは新車ですので新車プランでの施工となります。新車でもお車の状態(塗装面の状態)に

よっては他のプランをおすすめする場合もございます。

新車プランの磨きは軽い磨きになりますが軽いとは言え曇りなどは除去致します。

ボディ磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です!今回オーナー様がお選びに

なりましたのは・・・

コロコロの水玉が楽しめる・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてクリヤーな映り込みになりました!

ルーフは・・・

よりスッキリとクリヤーになっていますよ(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

綺麗になりました。

もちろんモヤモヤとした磨きの痕跡も・・・

サッパリとなくなりました!!

リアゲートもライトの輪郭がハッキリ映るようになりました。

ホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

プラチナホワイトパールのN-BOXカスタム新車コーティング完成いたしました!

施工前の写真と色合いが違ってしまっているので、ちょっと比較が出来ませんね(^^;)  すいません。

でも各部の仕上がりの写真で見て頂いたように、曇りが無くなってスッキリとクリヤーな美しい

塗装肌に仕上がっています!

そして実車を見て頂ければ艶の向上、そして雨が降ればコロコロの水玉を楽しんで頂けることでしょう!

よく何事も初めが肝心と言うじゃないですか?お車も初めが肝心なんです。新車のうちにしっかりと

ボディをコーティングしておけば後々のお手入れも楽になります(^_^)/

新車コーティングも是非当店にお任せください! お待ちしております!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのクリスタルブラック・パール&レッドのツートンカラーのN-BOXカスタムは

昨年の3月にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

今回は初めてのメンテナンスになります。

洗車もそれ程していないとの事ですので・・・それなりに汚れていました(^▽^;)

ブラックなので余計に汚れが目立ってしまいます。これがホワイトですと、

ここまで目立たないんですけど・・・

その”ここまで“がどの程度なかは見てからのお楽しみという事で(笑)早速メンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

 

まずはボンネットのビフォーです↓

“ここまで”目立ってしまいます(^▽^;)

これが白い車だとここまで汚れている感は無いんですけどね~(汗)

アフターです↓

汚れてはいましたが、あくまでも表面的な汚れで、こびり付いているような汚れはありませんでした。

シミも少なくてコンディションは悪くなかったです!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような汚れ方ですが、黒い所ほど汚れが目立ちません(笑)

これが白い車だとここまで汚れている・・・くどい!

アフターです↓

ルーフの方がシミが多く付いていました。

当店の通常のメンテナンスではポリッシングをいたしませんので深めに付いている

シミは残ってしまいます。

シミが気になるようでしたらポリッシング有りのメンテナンスプランもございますので

ご気軽にご相談ください。

 

ボディサイドは・・・

ビフォーです↑ いい感じに汚れています(笑)

アフターです↓

いい感じに仕上がりました(笑)  艶感が全然違います!

リアも・・・

これが↑

こんな感じです↓

やっぱりブラックは綺麗ですね~(*^_^*)

ホイールも・・・

どうしても汚れてしまいます。

でもしっかりと洗ってから艶出しをしますと・・・

ピカピカになります!

そしてクリスタルブラック・パール&レッドのツートンカラーの

N-BOXカスタム、コーティングメンテナンス完成いたしました!

ツヤッツヤです! そして黒くなりましたヽ(^。^)ノ

ブラックは汚れていると白っぽいなってしまいます。せっかくのブラックボディが台無しです。

しかしメンテナンスしますと深みある艶々のブラックに復活します!!

オーナー様も「また綺麗だ!」とお喜びになられておりました。 やっぱり綺麗は嬉しいですよね!

その嬉しい姿を見ると私も嬉しいです(笑)

 

なかなか見掛けない今回のクリスタルブラック・パール&レッドのツートンカラーの

N-BOXカスタムですが、私もこちらのオーナー様のN-BOXカスタムでしか見たことがないです。

実は昨年の秋ごろにこのツートンカラーは廃止になってしまったようです(^^;)

これで希少価値が一段と上がりました!!  これでオンリーワン感も更に上昇ですヽ(^。^)ノ

特にN-BOXはいっぱい街中で見掛けますのでオンリーワンな感じはとても大切です。

逆に目立ってしまうといえば目立ってしまいますが・・・(^_^;)

そんなレア度が増したN-BOXカスタムを何時までも大切にお乗りください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

モルフォブルーパールのホンダヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです!

H28年式モルフォブルーパールのホンダ ヴェゼルです!

新車時にボディコーティングをしてまだ2年程しか経過していませんがシミが酷くて・・・

と当店にご来店くださいました。

普段は屋外屋根なしの駐車場&元々シミが付きやすいカラーではあります。洗車は定期的にGSで

手洗い洗車しているとの事でしたが・・・もしかしたらシミの原因もそこにあるような気も致します。

そのお話は後ほど・・・(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにシミシミです。 写真だと少しわかりにくいんですけど洗車キズも多く付いていました。

ルーフは・・・

こちらもシミが多いです。それとだいぶクスんでいます。

ボディサイドは・・・

細かなシミが多い&クスんでいました。これは雨による雨ジミではなさそうです。

それと・・・

線キズが付いています。 しかも何ヶ所も(^^;)  オーナー様は山道(林道?)を走るのが

お好きなんだそうで・・・山道走るとどうしても木の枝やら植物達がコッチに向かって生えていますから

キズが付いてしまいます(^_^;)  なんでアッチに向かって生えないのでしょうね??(笑)

ホイールはやや汚れ気味でした。

 

ご覧頂きました様に確かにシミが酷いです。色的にシミが付きやすいのでしょうがない所も

あるんですけど、それよりも私が気になったのはクスミです。先ほども少しお話しましたが

シミも普通の雨ジミではなさそうです。この2つを合わせて考えて見ますとおそらくケミカルによる

シミではないかと考えられます。 定期的にGSで洗車とお話されていましたので、そこで使われている

シャンプーなどのケミカルが怪しい気がしますが実際に何を使っているのかわからないので断定はできません。

ただ撥水系のケミカルを頻繁に使用しますとシミやクスミの原因になりますのでご注意下さい。

話はそれましたがヴェゼルのボディコーティングを始めていきましょう!作業開始!!

 

その前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です

何か撥水剤塗られていたのでしょうか?? それとも単なる油分による水弾きなのでしょうか??

とにかくなんとな~く水を弾いている感じです(笑)

全面のご依頼ですので全面磨いていきます! もちろんドアバイザーの下も綺麗にしています!

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にトラップネンドを使って鉄粉を除去していきます。

↓は使用前のネンドです。

まだ綺麗な緑色ですけどボンネット1枚をネンド掛けしますと・・・

ネンドがこれ位汚れます。特にネンドの淵が茶色く汚れているのが確認できると思います。

これが鉄粉です。 まぁ鉄粉以外の汚れも有りますけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました! ここまでが磨きの準備になりますが写真でご紹介している事以外にも

ゴニョゴニョと、ひと手間ふた手間かけてます(笑) そして磨いていきました。

今回はミドルポリッシュでの磨きになります(エクストラプランになります)

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングしました!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

深いシミは残っていますがクスミも無くなりクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗です(^^)/

ボディサイドは・・・

細かなシミもクスミも無くなって気持ちいいですね!

更に・・・

線キズも綺麗になりました。 しかし残念ながら深い線キズは残ってしまった所もございます。

ホイールとタイヤも・・・

綺麗に洗って艶出しで仕上げましたら・・・

モルフォブルーパールのホンダ ヴェゼル、ボディコーティング完成です!

モルフォブルーパール本来の輝きを取り戻しました! クリヤー感が違います(^_-)-☆

このモルフォブルーパールは見る角度(光の当たり方)によってブルーに見えたりグリーンに見えたりと

とてもミステリアスで魅力的なカラーです。

モルフォブルーパールモルフォとはモルフォ蝶をイメージして名付けられたそうで、確かにモルフォ蝶の

ようで、とても綺麗なカラーです! 今にも蝶のように舞いそうです(笑)

かの有名な元世界ヘビー級王者モハメド・アリのファイトスタイルを表現したフレーズで・・・

「蝶のように舞い 蜂のように刺す」とありますが、まさにそんなヴェゼルに仕上がったと思います!

 

って、どんなヴェゼルよ??(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-WGN カスタムにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-WGN カスタムのボディコーティングです!

H27年式のホンダN-WGN カスタムです!

3年以上経過いたしましたのホンダのブラックという事で何となく現状も想像できますが(^^;

早速現状を確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズが目立ちます。でも正直、想像していたよりはシミは酷くなさそうです。 良かった~(笑)

ルーフも・・・

グルングルンにキズが確認できます。 パールホワイトやシルバーなども同じ様に

洗車キズは付きますが、それが目立つか目立たないかの違いです。

ブラック・・・もの凄く目立ちます(^▽^;)

ボディサイドは・・・

同じくグルングルンです。 ライトを当てるとキズで光が乱反射してしまいブラックが

白っぽく見えてしまいます。  お車の印象もボヤッとボケて見えてしまいます。

リアゲートも・・・

同じですね(汗)

ホイールは・・・

汚れが少なかったです!

全体的に見ますとボディ全体に洗車キズが多いです。ただウォータースポットなどの

塗装を酷く浸食しているようなシミは想像していたよりは少なくてホッと一安心していたのは

内緒です(笑)

と言いますのもホンダの特にブラックは塗装も薄くそして非常に柔らかいので磨きも非常に

神経を使います。  とてもデリケートな塗装ですので作業もデリケートに進めていきますが

これが想像以上にデリケートです(笑)

皆様が想像しているよりも2.5倍はデリケートです。 その2.5倍がよくわからない倍率ですがとても

デリケートという事が伝わっていただければ幸いです(^▽^;)

ではそのデリケートなN-WGNを優しく優し~く作業を進めていきましょう!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングをご紹介していきましょう。

↓は現状です

撥水剤を塗られているようで撥水していましたが、少し撥水力が落ちているようです。

ウインドウをよ~く洗いネンド掛けしてから・・・

磨きます。 ボディコーティング同様ウインドウも下地作りが大切です。

ウインドウ表面をリセットし、これまたよ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤で

コーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続きましてボディです。

洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますがブラックのボディですと・・・

何が何だかわかりません! 実際にはよ~く見るとか確認できますが

写真だと、もう何が何だか・・・(;´∀`)

そこでネンドの登場です。

使用前のネンドです↑

このネンドを使って優し~く鉄粉を除去していきます。

↓は使用後のネンドです。

ネンドが汚れたのが確認できると思います。 鉄粉以外の異物も除去できます。

これでボンネット1枚分です。

ネンド掛けをボディ全体に掛け鉄粉除去が済みましたら、今度はマスキングをします。

今回の磨きは当店のミドルポリッシュの磨きになります。キズの深さ(多さ)によって

おすすめのプランは変わってきます。同じようなキズでも塗装が硬ければもっとハードな磨きが

おすすめですが、比較的柔らかい塗装でしたらミドルポリッシュでも結構綺麗になります!

今回のN-WGNはミドルポリッシュで結構キズも除去できました。

その仕上がりは後ほど!!

それと今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ミドルポリッシュでも結構洗車キズは除去できましたね!

もちろん深いシミやキズは残っていますが普段は気にならないかと思います。

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

綺麗ですよ(^^)/

リアは・・・

こちらも綺麗になっています。

ホイールも・・・

気持ちいいですね!!

そしてホンダN-WGN カスタムのボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

ギラギラと見えていた洗車キズも無くなって深みを感じるブラックボディになりました。

先ほどもお話いたしましたがホンダのブラックはとてもデリケートでお手入れが大変です。

ホンダの黒に限らずダークカラーは維持管理が大変なんですけど(;´∀`)その苦労と引き換えに

ホワイトやシルバーとは一味も二味も違う艶や景色の映り込みを楽しめます!

車の色選びは難しいですよね!? ダークカラーもライトカラーもそれぞれメリットとデメリットが

あると思いますが、色で悩んだらそれぞれのメリットとデメリットを比べて見るといいかもしれません!

それでも並んだら・・・好きな方の色をお選びください(笑)

最終的には好きな色が一番です( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フリードのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダフリードのボディコーティングです!

最近ホンダ車のご紹介が多いですね! 今回もホンダ車です(*^_^*)

不思議と同じメーカーの車が偏る傾向なんです(笑) 一時期はマツダ車が多い時期もありましたし

輸入車が多くご入庫される月もございます。 同じ車種が続くこともあったりと不思議です(^_^)

そして今回のホンダ車ですがホワイトオーキッド・パールの新車のフリードです!

そんな納車からまだ間もない新車フリードの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みが少しボヤッとボケています。

ルーフも・・・

写真ですとちょっとわかりませんがボンネットと同じ様に若干曇り気味でした。

ボディサイドは・・・

これまた少し曇り気味でした(^_^;)

リアゲートも・・・

ボディサイド程ではありませんがボヤッとしたライトの映り込みです。

ホイールはお綺麗でした!

 

ご覧頂きました様に全体的に塗装表面が曇り気味でクリヤー感が損なわれています。

前回のブログでもお話いたしましたがホンダ車は新車でも曇り気味のお車が多いです。(車種にもよります)

曇っているとせっかくの綺麗なホワイトオーキッド・パールの魅力を存分に発揮いたしません!

新車も磨けば更に綺麗に!そして気持ち良くなります(*’▽’)

と言う事で更に綺麗に!そして気持ち良くしていきましょう! 作業開始~!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

ボディ同様、ウインドウも新車時(納車時)が一番綺麗という訳ではございません。

中には雨ジミが付いていたり油膜だらけの車もあるんですよ(^^;)

今回のフリードは少しばかり油膜っぽさがあって・・・標準的ですね(笑)

油膜があっても無くても一旦リセットしますのでご安心ください!

今回のフリードも運転席と助手席は撥水ガラスでしたので、それ以外のウインドウを

コーティングします。

コーティングが終わり最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

ウインドウコーティングは今の時期にも実は大変有効なアイテムなんです。

霜や雪・氷が付きにくく、また付いても取り易くなりますので冬にもウインドウコーティングは

おすすめです(^_^)/

 

そして次はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

ポチポチと黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

新車でもこの程度は付いているものです(^_^;)

リアは・・・

とても少なくお綺麗でした!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアは・・・

元々おきれいでしたけど(笑)

 

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをします。

今回の磨きは新車ですので軽めの磨きですが、磨き過ぎず、しかし曇りを除去して・・・の塩梅が

少し難しい磨きでした(笑)

そして曇りが取れてスッキリとした塗装肌にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです。  こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が

特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてクリヤーになりました(^^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです。

ボディサイドは・・・

こちらも気持ち良く仕上がりました。

リアも・・・

綺麗ですよ~。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げましたら・・・

ホワイトオーキッド・パールのホンダ フリード、新車コーティング完成です!

元々お綺麗な新車の、それも施工前後の違いが分かりにくいパールホワイトなんで

引きの写真ですと施工前後の違いが分かりにくいですね(^▽^;)

ブログ泣かせの新車&パールホワイトですが、各部の仕上がりの写真を見て頂けると

違いがわかって頂けると思います。 そう願っています(笑)

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ~』とお喜びになられているご様子でした。

 

新車は綺麗で納車直後が最高の状態だと思ってはいませんか??

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車は本当に多く、

また鉄粉の付着が多い車も御座います。それはボディだけではなくウインドウも一緒です(^^;)

ボディもウインドウも下地作りが大切です!

なのに・・・ディーラーらGSなどの新車コーティングは下地作りをしないでコーティング剤を

塗っておしまい!って所が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダS660ご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングです!

プレミアムスターホワイトパールのS660です!

新車でご購入されてから3年と少々経過されたお車です。ご購入時にディーラーでコーティングを

施工されたそうですが、3年経過したこの機会にリフレッシュしたいとの事でご来店くださいました。

見るからにやる気満々のS660ですけど実際、色々な所に走りに行っているそうです。いいですね~(*‘∀‘)

それではそのやる気満々のS660の現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

3年経過と考えますと洗車キズも少なかったです。シミもとても少ないです!

普段はボディカバーを使用しているとの事でしたので、シミが少ないのはカバーを使用しているから

だと思います(^_^)/ 素晴らしい!!

しかし塗装面は曇り気味です(^^;) これはおそらく新車時からの曇りだと思います。

↓はリアカウルです。

よ~く見ますと↑のような線キズが確認できますが、とても少ないです。

それよりも曇りが気になります(笑)

ボディサイドは・・・

こちらもボヤッと曇っていました(^^;)

ホイールは・・・

ややブレーキダストで汚れ気味で艶が引けていました。

 

全体的に先ほどもお話しいたしました様にシミも洗車キズもとても少なくて3年経過とは

思えない程のコンディションでございます。しかし、全体的に塗装表面がボヤッ~と

曇っていて透明感があまり感じられませんでした。前回のブログでもお話いたしましたけど

ホンダ車の特に軽自動車は曇り気味です。更にモデルチェンジ直後や新型のモデルの最初期モデルは

曇りが酷い傾向です(^_^;)  こちらのS660はご購入時ディーラーでコーティングしたとの事ですが

この曇り具合ですと、やはり磨き無しでコーティングだけしたと思われます。

3年経過していますが磨けば3年前の新車時よりクリヤーな塗装肌になると思います。 いゃ、します(笑)

ではクリヤーにしていきましょう(^_^)/ 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です

まだまだ綺麗に撥水していました(*^_^*)

しかし情け容赦なく(笑)・・・

磨きます。睨まれているような視線を感じますが(笑) 気にせず磨いてガラス表面をリセットします(^_^)/

話は突然変わりますけど↑の写真のドアミラー何かに似ていると思いませんか??

ほら!アレですよ! そうそれです(笑)

似てる(笑)  作業してたら、もうモンスターボールにしかみえませんでしたよ(笑)

オーナー様に偶然なのか意識していたのか?聞いてみようと思っていたのに、

すっかり忘れてしまいました(^_^;) 残念!

 

話を戻しまして・・・磨きが終わりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

お次はボディです。

洗車後の鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

ブラボー!!  とっても少ないデ~スヽ(^。^)ノ

リアも・・・

少ないですね!

鉄粉が少ないのも、おそらくボディカバーを使用しているからだと思います。

凄いぜぇボディカバー!!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュと吹きかけて再チェックしますが・・・

なんという事でしょう!?

ボンネットの写真を撮るのを忘れていました。すいませんm(__)m

しかしリアの写真はありました(^^;)  こちらです↓

元々お綺麗でしたけど更に綺麗になっています!

その後マスキングをおこなって・・・

磨いていきました。今回の磨きは塗装面の曇りはございましたがシミやスクラッチが少なかったので

2工程の磨きで仕上げていきました。 1工程目でシミや曇りを除去して2工程目の磨きで

艶を出して仕上げる、今回はその様な磨き内容です。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回も・・・

水玉撥水でお馴染みの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと今回はソフトトップのコーティングのご依頼も頂きましたので、

ソフトトップをよ~く洗った後に・・・

コーティングしました。  ソフトトップのコーティングはPCX-S8ではなくてソフトトップ専用の

コーティング剤です!

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボヤッとしていたライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(*’▽’)

リアカウルのキズも・・・

スッキリと除去できました。 そしてライトの映り込みもこれまたスッキリです!

ボディサイドも・・・

曇りがなくなつて気持ちいいデ~スヽ(^。^)ノ

ややくすんで艶も引けていたホイールも・・・

綺麗なブルーに復活しました。

そしてプレミアムスターホワイトパールのホンダS660ボディコーティング完成しました!

いかがでしょうか。 透明感と艶は新車以上だと思います(^_-)-☆

曇りを除去するとクリヤーさが増し、透明感あるホワイトになります。言葉ですと上手く伝わりませんが

実際に見て頂くと違いがわかって頂けると思います。  上手く言えませんが綺麗な白になります(笑)

オーナー様も『うわぁ~すげ~ピカピカ!』と言って頂けたので間違いありません(笑)

皆様も是非ご自分の目で見て確かめてみて下さい(^^)/  お待ちしております!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

グラマラスブロンズのN-BOXカスタムのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ新型N-BOXのボディコーティングです!

プレミアムグラマラスブロンズ・パールの納車ホヤホヤの新車です!

こちらのオーナー様は以前マツダ デミオで当店をご利用下さっていたのですが今回N-BOXに

お乗り換えしたとの事で今回も当店をご利用下さいました。 ありがとうございます。

以前のデミオはパールホワイトでしたが今回はプレミアムなカラーをお選びになられました。

プレミアムでグラマラスなブロンズでしかもパールが入っています(笑) とてもいいカラーですね(^_^)/

このカラーをお選びになられたからなのか??納車まで3ヶ月くらい待ったとの事でした。

でも待った甲斐がある、いい色です。

そんなプレミアムでグラマラスなブロンズですが、よ~く観察しますとやはりホンダ車らしく・・・

モヤモヤに曇っています。  ライトの映り込みがモヤッ~としているのが確認できると思います。

ルーフも・・・

モヤモヤ~と言いますかボヤボヤ~っと言いますか(^^;) 合わせ言うとモヤボヤ~ですね!

合わせて言う必要もないんですけど( ̄▽ ̄)

ボディサイドは更に・・・

モヤボヤ~です(笑)  ある意味とてもホンダ車っぽいと言えなくもありませんが、

ちょっと酷いですね(汗)

リアゲートも・・・

同じような感じです(;´∀`)

ホイールは・・・

まだあまり走っていないのでお綺麗でした。

 

全体的に見まして曇りが少し酷いですね(^_^;) せっかくのプレミアムでグラマラスなブロンズが

これではもったいないです。本当の輝きはこんなもんではないはずです!!

何度かブログでも書いておりますがホンダ車、特に軽自動車は曇り気味の個体が多いんです。

しかもかなり多いんです(^_^;) 生産ロットの違いもあるのでしょうか??同じ色でもそれ程曇りが

酷く無かったり酷かったり・・・

バラツキは他のメーカーの車でもございます。しかしあるメーカーは曇りも少なく、バラツキも少なかったり

またあるメーカーは曇りも比較的多めでバラツキの幅も多いなど塗装にも品質の違いが現れます。

なかなかマニアな話ですが(笑)

しかし安心してください!磨けば綺麗になります!!

では早速新車磨き&コーティングの開始です(^_^)/

 

っとその前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です

フロントウインドウは油膜も無くお綺麗でしたがリアウインドウは・・・

少し油ギッシュでした。

運転席と助手席のウインドウは元々撥水ウインドウでしたので今回はそのままです。

それ以外のウインドウを磨いてガラス表面を綺麗にして、その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理し、

最後にチェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です

リアも・・・

コロコロに弾いています。  コロコロ過ぎて写真撮るの難しいんです(笑)

直ぐ水玉が転がり落ちちゃうので(^▽^;)

 

続いてはボディです。

洗車後に何時ものように鉄粉の付着確認を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的にわかりにくいのと、鉄粉自体が少なかったので写真だと確認困難です(笑)

リアも・・・

少なかったです。

新車でも鉄粉が多く付着しているお車もございますが今回のN-BOXは少なかったです。

という事で鉄粉除去は軽めに行ってマスキングへと・・・

進みました。

今回の新車磨きは塗装面の曇りが酷いので、やや強めの磨きで曇りを除去していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回は・・・

水玉撥水が気持ちいい当店の人気者の・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたね~(*^^*)

ルーフも・・・

クリヤーです。

モヤモヤ~と言いますかボヤボヤ~っと言いますか??合わせ言うとモヤボヤ~としていた

ボディサイドは・・・

サッパリとしました!

リアも・・・

ライトの輪郭がシャープに見えるようになりました。

ホイールとタイヤも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

プレミアムグラマラスブロンズ・パールのホンダ 新型N-BOXカスタムの新車コーティング完成いたしました。

プレミアムでグラマラスなブロンズパールに仕上がりました!

施工前はお車全体的が白っぽくモヤっとしておりましたがコーティング後は白いモヤも取れて

クリヤーで深みあるブロンズになりました。

お車の印象もスッキリとシャープになったと思います(*^_^*)

以前のデミオはお引き渡し時、お店から出した途端に大雨が降ってきましたが今回は・・・

大丈夫でした(*^_^*)  よかったよかった(笑)

 

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは

塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車を新車以上に仕上げるにはコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

例えば、例えばですよ・・・

カービューティープロ カラーズとかはいかがでしょうか??  ( ̄▽ ̄) 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クリスタルブラックパールの新型N-BOXご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

こちらのクリスタルブラックパールの新型N-BOXは納車からまだ間もない新車です!

前回のブログでご紹介致しましたルナシルバーメタリックのN-BOXとは雰囲気が随分と

違って見えますね。 ボディカラーの違いだけで車の雰囲気と言いますか印象が全然変わるので

車のカラー選びは難しくて、そして楽しいです(笑)

では早速クリスタルブラックパールの新車N-BOXの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

雨に降られて汚れているのでわかりにくいんですけど実は結構線キズが多いんです。

上の写真だとわかりませんので洗車後に撮った写真がこちらです↓

線キズが多いんです(T_T) 洗車キズだと思います。納車前の洗車などで付いたと思われます。

確かに線キズが目立ちやすい黒ですけど・・・ちょっと酷いですね(^_^;)

それ以外にも・・・

所々に研磨した痕跡が確認できます。 ↑のように白っぽくモヤモヤと見えるのがそうです。

これはオーロラマークと言って微細な磨きキズが沢山付いていて、そこに光が当るとまるでオーロラの

ようにモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

少しキズが多めですね(涙)

フロントフェンダーからドアにかけても・・・

凄いです。

リアゲートも・・・

オーロラマークが確認できました。

上記以外も所々にオーロラが確認できました(^▽^;)

ホイールは軽い汚れでした。

 

ご覧頂きました様に全体的に線キズや磨きキズが多く確認できます。ちょっと新車にしては

可愛そうな状態です(;´∀`)

なぜ新車、それも納車前にこんなに磨かれているのか?そして磨きキズだらけなのか??と思われる

方も多いと思います。 それは・・・

まず工場内での加修です。塗装後の検査で異物混入などの不具合箇所を手直ししています。その手直しした

跡です。 これもおそらく作業者のスキルにもよって仕上がりが左右されると思います。

そして工場を出た後に付いたキズの手直しです。工場を出てお客様に届くまでに何人もの人の手に触れます。

そしていつの間にやら細かなキズが!!  その手直しで磨きが入ります。

手直し自体はある意味仕方がない事なんですが問題はその手直しの仕上がり具合なんです。

上手な作業者が手直し(磨き)をすれば手直しの跡もわからなく仕上げますが、そうでない作業者だと・・・

今回のように磨き跡(オーロラ)がバッチリと確認できます。いゃ出来ちゃいます(^_^;)

今回のN-BOXはどのタイミングで手直ししたのかは私たちには知る由もありませんが、

手直しする余地はございます(笑)

という事で新車らしい塗装肌に戻していきましょう!

作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

黒いボディだと確認困難ですが(^^;)鉄粉はボチボチと付いていました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングを行い・・・

磨いていきます。

基本的に新車は軽い磨きで仕上げる事が多いんですけど今回はキズが多いので新車にしては

やや強めの磨きでキズを除去して仕上げて行きました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリとしました~(^_^)/

ボンネットの磨きキズもスッキリです!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~!

それとフェンダーからドアにかけて付いていたオーロラも・・・

スッキリと除去完了です(^_-)-☆

リアゲートも・・・

綺麗になっています。

ホイールも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

クリスタルブラックパールの新型N-BOX、新車コーティング完了です!

磨きキズもスッキリとして新車本来の塗装肌に仕上がりました!

いゃ新車以上の輝きですよ~(*‘∀‘)

オーナー様にも『ピッカピカだぁ!』とお喜び頂けたご様子でございました。

ホンダの黒に限らず黒は維持管理がとても大変ですが黒特有の魅力もございます。

この魅力を維持する為にもお手入れ頑張ってください!!

 

今回のN-BOXは少し痛みが多めでしたが新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は全然珍しい事ではございません。

これらの不具合箇所を処理しないで洗車してコーティング剤塗っておしまい!

いうディーラーやGSが多いのが実情です(汗) そうすると当然キズやシミ、曇りはコーティングで

覆われてしまいますので仕上がりも想像できると思います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますし耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店の当店でどうぞ~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ新型N-BOXのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ新型N-BOXのコーティングメンテナンスです!

こちらの新型N-BOXは昨年の11月のボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

当店初入庫の新型N-BOXでした! あれから早いものでもう1年も経つんですね(´▽`*)

本当に早いですね~。2018年ももうすぐ終わってしまいます。年の瀬が迫ってくると

なんだかソワソワして落ち着きませんよね!?

まぁソワソワしていても勝手に時間は過ぎて行ってしまいますけど(笑)

ちょっと前までは12月とは思えない程暖かでしたが、ここ数日は急に冬の寒さです。

これが本当のいつもの気温なんでしょうけど・・・気温差は身体にこたえますので

皆様も体調にはお気を付けください。

さて話は戻りましてN-BOXのメンテナンスです。

施工から1年経過、その間あまり洗車していないとの事でした。そんなN-BOXのメンテナンスを

今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

あまり洗車していないとの事でしたが・・・シミは少ないんですけど洗車キズが結構付いています(^_^;)

アフターです↓

メンテナンスでは基本的に磨きをしませんので洗車キズは残ってしまいます。

洗車キズ等気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスも承っておりますので

お気軽にご相談ください。

ルーフは・・・

こちらはボンネット程洗車キズが多くはありませんでした。

アフターです↓

ツヤッ!と綺麗になりました(^^ゞ

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

黒っぽく点々と確認できますのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

↑はボンネットです。少ないですね!!

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉の除去以外にも↓のような・・・

エンブレムの回り等、細部の汚れも綺麗にしていきます。

これだけでも見た目の“綺麗感”と“新しい感”が全然違ってきます。  気持ちいいですね~。

ボディサイドは・・・

雨の中走れば汚れが付いてしまいます。ここはタイヤが色々な物を跳ね上げます。

ブレーキダストやピッチやタールなども付きやすく、それらは通常の洗車では落ちません。

パッと見で綺麗になっても手で撫でるとザラザラ&ブツブツとしています。それらが撥水の妨げにも

なります。

アフターです↓

写真ですと伝わりませんがザラザラ&ブツブツも除去できています(^_^)

タイヤとホイールは・・・

洗い残しがありました。数日前にディーラーに定期点検に出されたそうで、その時に

サービス洗車をしてくれたそうです。

アフターです↓

洗い残しありません(笑) もちろん最後に艶出しで仕上げています。

そしてルナシルバーメタリックのホンダN-BOXコーティングメンテナンス完成いたしました!

パッと明るくなった印象ですね!

車は汚れているとボヤッ~と疲れた雰囲気が出てしまうものです。

これが綺麗だとキリッと凛々しく見えてくるから綺麗って不思議ですね(笑)

それと艶があると車の質感が上がって曲面もより強調されて見えます。 艶って不思議ですね(笑)

キリッと艶ややかに仕上がりましたホンダ新型N-BOXのコーティングメンテナンスのご紹介でした!

 

コーティングはどうしても時経劣化などによって撥水は弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型N-BOXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXは納車間もない新車です!

ピカピカの新車です!

新型のN-BOXもだいぶ街中で見掛けるようになりました。さすが日本一売れている車です。

確かによく出来ていますよね(*’▽’) 広いし便利だし燃費いいし、人気があるのも納得です!

そんな新車のN-BOXですが・・・しかし新車と言っても油断は禁物です。

何も無さそうで色々とあるのが新車です(笑)   はたしてこちらのN-BOXの現状は如何に!?

では新車N-BOXの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがモヤッ~と曇っています。

これですとお車全体の印象もボヤけて見えてしまうから不思議です(^^;)

ルーフは・・・

前日の雨の影響で少し汚れています。

その辺りを差し引いてもボンネットほど曇ってはいませんでした。

しかしボディサイドは・・・

結構ボヤボヤっと曇っていますね(^^;)

リアゲートも・・・

曇っていますね~。

ホイールは・・・

これまた少しだけ汚れ気味でした。

新車だろうと何だろうと車は走れば汚れてしまうのでしょうがないですね(^_^)

 

全体的に見ましても塗装表面の曇りがやはり気になります。基本的にはお綺麗なんですが

いまいちスカッとクリヤーな感じではないんです。N-BOXは全体的に程度の差はあれ、

この様に曇っている個体が多いです。

新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり加修(塗装の手直し)

の後が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

その不具合箇所を処理してからコーティングするのとそのままコーティングをしてしまうのとでは

完成時のクオリティが違ってきます。

もちろん当店では不具合箇所を処理してからコーティングしています!

ではクオリティUPを目指して作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと確認できます・・・それも結構多いですね(^▽^;)

リアは・・・

こちらは少なかったです。

鉄粉とは関係ありませんがHonda Dogのエンブレムが可愛いです(*^。^*)

知らない人が見たらこれが車名かと思っちゃいますね!?

話がそれましたが鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットです↑  綺麗になりました!

リアは・・・

やっぱり可愛いです(笑)

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

ちょっとピントがボケていますね。すいません。 ボケていたのはカメラか?はたまた撮影者か!?

答えは・・・まさかの両方でした(;´∀`)

それはともかくマスキングが終わりましたら磨いていきます。

磨きと言いましても新車磨きですので基本的には軽くなんですけど、各パネルの曇りの度合いを

見てパネルごとに磨きの程度を変えています。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

気持ちイイ水玉撥水が楽しめる・・・

PCX-S8です。

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の

仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとした塗装肌になりました。

ルーフは・・・

こちらもクッキリとクリヤーです!

ボヤボヤだったボディサイドも・・・

サッパリしましたよ(^o^)丿

リアゲートだって・・・

クリヤーになりました。

しかし可愛いな~。Honda Dogが(笑)

そうそう、Honda Dogの専用サイトがあるようですね!

リンク張っておきますのでワンちゃん好きの方は覗いてみて下さい。

Honda Dog  ←Honda Dogのサイトです。

最後にタイヤとホイールも艶出しをしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ新型N-BOX新車コーティング完成いたしました!

施工前後の違いが分かりにくい新車の白いお車でもしっかりと磨いてコーティングしますと

新車以上に輝きます。 特に今回のN-BOXのように曇りが確認できるようなお車だと

施工前後の違いをより実感して頂けると思います。

なかなか写真ですと上手く伝わらないんですが施工後はお車がキリッとしてクリヤーで清々しい

感じになります。   全く上手く伝わらないですね(^▽^;)

でもお引き取りに来られたオーナー様にはちゃんと伝わっております・・・

オーナー様に『うわぁ~ 綺麗~』と、言って頂けたので伝わったと思います(笑)

よかったよかった。一安心です。 個人的に(汗)

これからワンちゃんと共に始まるN-BOXライフを楽しんでください。U^ェ^U

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。