ホンダ ヴェゼルRSのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです。

R1年式プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRSです!

ご購入から約1年程のまだ新しいヴェゼルです。ご購入時にディーラーでコーティング施工を

されているそうですが早くも再施工のご依頼です。

と言いますのも実は色々とあったそうで・・・(^▽^;)

そのお話は後ほど!

では早速ですが1年経過のホンダ ヴェゼルの現状を確認してまいりましょう。

 

まずはボンネットからです。

初期登録から1年ですのでシミも少し付き始めていました。

それと、おそらく新車時からだと思いますが塗装面がモヤモヤと少し曇り気味です。

ルーフも・・・

シミが少し目立ちます。でも1年ですから、これ位は付いてしまいます。

それよりもモヤモヤとした曇りの方が気になります(^^;

ボディサイドは・・・

こちらもモヤけていてライトの映り込みがスッキリとしていません。

リアも・・・

ちょこっとね~(^^;

そしてある意味今回のメインイベントでもあります・・・

リアバンパーです!

これは・・・後ほどお話し致しますがリアバンパーがスクラッチだらけなんです(;”∀”)

 

ホイールは・・・

ブレーキダストで若干汚れていました。

 

全体的にやや曇り気味で、ご購入から約1年経つという事もあってシミも付き始めていました。

そこまでは通常の痛みの進行ですが、見て頂いたようにリアバンパーにスクラッチが沢山ついています。

これはオーナー様がディーラーに定期点検の為ヴェゼルを預けたらリアバンパーに拭き傷を付けられて

しまったそうです(T_T)  ディーラーにお話をしたら “磨いて直します!” と言うのでお願いしたら・・・

この様なスクラッチだらけの姿で戻って来たそうです(;´∀`)

直すどころか数倍酷い状態だそうです。  いゃ、数倍どころではないそうです。

このスクラッチは磨いた時に付く“バフ目”と言われるキズです。 原因は色々とあるんですけど、

簡単に言ってしまうと“ちゃんと磨けていない”という事です。 この“ちゃんと磨けていない” 原因も

色々とある訳ですが説明がとっても長くなりますので今回は割愛させていただきますm(__)m

そんな事もあってオーナー様は再度ディーラーには任せたくないと当店にご来店下さいました。

リアバンパーをよく見れば見るほど隅っこまで、そして意外と深めにバフ目が入っているんですけど(^^;

消せる所まで消していきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓はフロントウインドウの現状です。

ゆる~く、ダラ~っと水を弾いている感じですけど、これは油分の付着による水弾きだと思います。

そのダラ~としたゆる~い水弾きの原因である油分の付着を・・・

綺麗に除去してガラス表面を整えます!

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました。

一度雨の日にウインドウコーティングをした車に乗ってしまうと、ウインドウコーティングをしていない車には

戻れません(笑)    まだの方は是非一度お試し下さい(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

1年経過と考えますと多くないと思いますがポツポツと確認できますね。

リアも・・・

少ないですね!

そして処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも↑

リアも↓・・・

スッキリとしました!  もちろんボディ全体を鉄粉処理しております。

鉄粉の除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回、オーナー様がお選びになられましたプランですが当店の一番の人気のプランでございます

エクストラプランでのご依頼となります。 エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズや

シミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

クリヤーでスベスベですね(*^^*)

ボディサイドは・・・

クスミが取れてライトの輪郭がクッキリと映り込むようになりました!

リアも・・・

スッキリしました(^_^)/

そして壮大にスクラッチが付いていましたリアバンパーも・・・

だいぶスッキリと綺麗になったかと思います。  メタリックもキラキラとよく見えるようになりました(^.^)

深く入っていたスクラッチ(バフ目)が残っている所もございますが、ほぼ気になることはないと思います。

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRS、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりましたヽ(^o^)丿

曇りとシミが取れて透明感が増し艶々です!

リアバンパーのスクラッチも全てのキズは取れませんでしたが、屋外で見てもほぼ気になる事は

ないと思います。 私も屋外で確認しました(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『やっぱり違うな~!すげ―なぁ~』と、お喜びになられている

ご様子でございました。

 

コーティングはコーティング剤も大切ですけど、その前の下地調整が大切なんです。

塗装面には曇りがあったり、今回のヴェゼルのように加修跡が盛大に残っていたり、

更にシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしている販売店やGSのコーティングが

多いのが実情です。 下地が傷んでいたり、汚れたりしている塗装面にコーティング剤を塗るだけでは

綺麗には仕上がりません!

なんとなく艶は向上するかも知れませんがそれだけです(^_^;)  あっ!撥水もするかな(笑)

当店ではそれらの不具合を磨いて処理し下地を整えてからコーティングをしています。

ボディコーティングはコーティング剤も大切ですが下地作りは、も~っと重要ですよ~(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタムです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングです。

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタムです!

こちらのN-BOXカスタムは新車になります。

以前は先代のN-BOXカスタムに乗られていて、そのお車も当店でボディコーティングを施工させて

いただいたのですが今回お乗り換えになられたとの事で当店にお越しくださいました。

ありがとうございます(*^^*)

では新たな相棒となりました新型N-BOXカスタムの現状を確認してまいりましょう。

まずはボンネットからです。

ちょこっとばかり汚れ気味です(^^;  それでも線キズが確認できますね(汗)

この状態ですとわかりにくいので洗車後の撮影しましたのが↓です。

線キズやシミが確認できます。  ただ曇りは少なくクリヤーです(*’▽’)

ルーフも・・・

汚れています。汚れているので、これまたわかりにくいのですが洗車キズと思われるスクラッチが

結構多く付いているんですが・・・どこだかわかります??

正解は~~~こちら↓

全体的にでした!!  (^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらは洗車前ですけど細かな擦れ跡や小傷等が散見出来ました。

リアは・・・

ルーフほどではありませんがスクラッチが確認できます。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れていました(^^;

 

ホンダの新車施工の時に毎回のようにお話ししていますけど(汗)塗装面がモヤモヤと

曇っている事(白ボケ)が非常に多いのですが、このクリスタルブラックパールは曇りも少なくて

とてもお綺麗でした。昨年施工させていただいたクリスタルブラックパールのN-BOXも曇りが

少なかったのでクリスタルブラックパールは曇りが少ない傾向なのかもしれませんね(*’▽’)

しかし、とってもデリケートで有名なクリスタルブラックパールですのでスクラッチが付きやすいんです。

そしてその通り既にルーフには洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました(^^;

でも大丈夫です。ご安心ください! この程度の浅いキズでしたら磨けばスッキリと綺麗になります!

では作業を始めていきましょう。  作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の不純物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが黒いお車は毎度毎度の事なんですけど・・・

紫色に反応していても、よくわかりません(^^;

リアも・・・

全然わかりません。

写真では全然わかりませんが実際の所は新車らしく鉄粉も少なめでした。

もちろん新車でも全然付いていない訳ではありませんので処理していきます。

ただ基本的にとってもデリケートなブラック&鉄粉が少なめですので軽めの処理方法で

鉄粉を処理していきました。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも・・・

やっぱり全然わかりません(汗)

全然違いが伝わりませんが(^▽^;)異物の除去が終わりましたので作業はマスキングへと進みます。

マスキングはポリッシング時に出るコンパウンドの粉の侵入防止や塗装の薄い所、また”磨きたくない所“や

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店では塗装の状態によっては、あえてマスキングを

貼らない時もありますし、磨く直前に貼ったりとケースバイケースです。

 

マスキングが出来ましたら磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少しキズがアレでしたので(^^;新車にしては少しだけ

強めの磨きをしています。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミや線キズも綺麗に除去できました(^_^)/

スクラッチが多かったルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーですね! ちなみに白っぽい小さな点が、点 点 点 点 点・・・と無数に

見えると思いますが、それはパールです(*‘∀‘)

クリスタルブラックパールはパール感が少なくソリッドの黒のような漆黒に見えますが

ライトを当てたりするとちゃんとパールが顔を出します(笑) よく見ないとソリッドかと思っちゃいます。

それくらいソリッドに近いブラックパールです。

話が逸れましたがリアも・・・

サッパリと綺麗になりました。 よく見るとパールがわかると思います(笑)

最後ホイールも・・・

ピカピカにしましたら・・・

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタム新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

元々お綺麗で曇りも少ないお車でしたが更に黒々と艶のあるボディに仕上がったと思います!

施工前のお写真と見比べて下さいね!

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でございました! ありがとうございます

新しい相棒のN-BOXカスタムで楽しいカーライフをお楽しみください(^_^)/~

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと塗装の痛みが

どうしても早いです。特にソリッドブラックは洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので取り扱いには

注意が必要です。洗車キズとはその名の通り洗車時に付いてしまうキズです。スポンジで擦ったり

クロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチをつけてしまっています。

という事もあって洗車回数が多い方はどうしても洗車キズが多く入る傾向です(^▽^;)

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

それと使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-ONEの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-ONEのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのイノセントブルーのホンダ N-ONEは2018年の1月にボディコーティングを

施工させて頂きましたお車ですので施工から2年以上経過し今回はメンテナンスでご入庫くださいました。

昨年の6月に一度メンテナンスをしていますので今回は2回目のメンテナンスになります。

それでは早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は雨模様でしたのでまだ少し濡れているんですがボンネットはほぼ乾いている状態です。

2年以上経過していますのでシミやスクラッチも増えてきました(^^;

ちなみに洗車はあまりされていないとの事です。 そう考えますと水アカ汚れも少ないですね!

アフターです↓

とは言えコーティング被膜の上に付いた汚れを落とすとスッキリ感が全然違います(^_^)/

当店のメンテナンスは基本的に磨きをしませんので塗装を痛めてしまっているシミやスクラッチは

残ってしまいますがスッキリ感が違います!

それとフロントバンパーには・・・

何かぶつけられたような痕跡がありました。

アフターです↓

無事除去できました。幸い塗装にはキズが付いていませんでした。 よかったよかった(*^^*)

ルーフは・・・

まだまだ濡れています(笑) ボンネットはあんなに乾いているのにルーフはビショビショです(^^;

濡れていますのでシミやスクラッチの状態は確認できませんが、リアルな水弾きの状況が

確認できます。 流石に2年以上経過していますので撥水は落ちてしまっていました(^_^;)

アフターです↓

ボンネットに比べてシミもスクラッチもだいぶ少なめでした! と言いますか2年以上経って

この状態でしたら凄く綺麗だと思います。

ボディサイドも・・・

所々に黒い雨筋は付いていますけど全体的にお綺麗です。

オーナー様が“洗車していないんだけど、あんまり汚れないんだよね~”と言われていました。

何故でしょう?? 多分コーティングが効いているのでしょう。

きっとそうです。そういう事にしておきましょう(笑)

アフターです↓

スッキリとクリヤーです!

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスから1年以上経っていますので、妥当なところです(笑)

リアは・・・

ボンネットより少し多めでした。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを使って再チェックします。

ボンネットも・・・

リアはもちろん、ボディ全体もスッキリしました!

それと細部の洗浄もしていきます。

雨だと汚れが集まる場所が良くわかります。

アフターです↓

気持ちイイですね!

最後にホイールです。

雨でしたので少し汚れ気味でした。

アフターです↓

黒さを取り戻し艶々です。

そしてイノセントブルーのホンダ N-ONEボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

ご入庫時は雨で濡れていましたのでビフォーの写真とアフターの写真で比較ができないと思いますが

それでもメンテナンス後は艶感と光沢が向上しツヤピカのボディに仕上がっております!

限界はございますがメンテナンスでは普段のシャンプー洗車では落とせない汚れを落としますので、

よりクリヤーでツヤツヤのボディに仕上がります。

オーナー様もツヤツヤのボディをお喜びいただけたご様子でした。

 

撥水の耐久性はお車の使用方法や保管状況によって大きく異なってきます。

撥水が弱まるタイミングもお車それぞれで一概には言えませんが屋外屋根なし駐車ですと

半年~1年位でしょうか。 屋根有りやガレージ保管されているお車ですと2~3年経過しても綺麗に

撥水している場合もございます。撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんです。 撥水が無くなっても防汚性等は維持しています。

撥水が落ちる要因の一つはコーティング被膜に汚れが蓄積してしまう場合です。

この汚れはシャンプーで洗車しても落ちない頑固な汚れです。その汚れを特殊な溶剤を使って落とすと

撥水力が回復することも多いんです。

(コーティング被膜そのものが傷んでる場合は特殊な溶剤で洗っても撥水は回復しません)

ですので撥水力維持や艶維持の為にも定期的なメンテナンスがお薦めです!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フィットのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールの新型フィットです!

新型フィットは当店初入庫になりますヽ(^o^)丿

新型フィットは今までのフィットとはイメージが大きく変わってまさにフルモデルチェンジですね。

従来のフィットとは違って愛嬌のある可愛いデザインになりました。何となく犬っぽい顔だなと

思った人も多いかと思います。それもそのはずデザインのキーワードは柴犬なんだそうです∪^ェ^∪

そう聞いてしまうともう柴犬に見えて仕方ありません(笑)

そんなカワイイ新型フィットの現状を早速確認していくんだワン!

まずはボンネットからです。

曇っています(^^;  ライトの淵がモヤモヤとしているがわかると思います。

↑の写真は洗車前で少し汚れている状態です。“汚れているからライトがモヤけて見えるんじゃね??”と

思われるかもしれませんが、洗車や鉄粉除去など磨き前までの作業を一通り終わらせた後に撮ったのが

こちらです↓

やっぱり曇っているんです(^^;)

車によっては新車時からこれくらい曇っているんです。

ルーフも・・・

こちらも洗車後に撮ったものです。 やはりモヤけていて透明感が損なわれています。

ボディサイドも・・・

同じですね(^▽^;) これでは綺麗な景色の映り込みが期待できません。

リアピラーも・・・

写真だとそれ程酷く感じませんが結構なモヤけっぷりでした(^_^;)

リアも・・・

ボヤけています。

ホイールは・・・

早くも社外品に交換済みです!交換したばかりという事もあってお綺麗ですね!

 

ボディ全体に曇りが確認できました。 この塗装面の曇りは白ボケと言われるもので新車時から

確認できるものです。この白ボケが酷い車もあれば綺麗な車もあって、こればかりは納車されてから

でないとわかりませんし、選ぶこともできません。

また車のメーカーによっても様々でホンダは・・・(^_^;)って感じの個体が多いです。

この白ボケを除去するには磨きが必要になってきます。磨きをしないでコーティングするという事は、

曇りを閉じ込めてしまうと言う事になります。ですので仕上がり具合が・・・曇ったまんまです。

と言う事で、もちろん当店の新車コーティングは磨きを入れて曇り(白ボケ)をサッパリとしてからの

コーティングです! 早速、新車を新車らしくキリッと仕上げていきましょう!

作業開始!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介をしていきましょう。↓は現状です。

少し油分の付着があるようです。

油分以外にもウインドウには様々な異物等が付いていますので例え綺麗に見えましても・・・

綺麗にしていきます。 毎回この状態の写真しか載せていませんが、この状態になる前に幾つかの工程を経て

最終的に↑状態になります。

そしてよ~く乾燥させた後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車をしてその後に塗装に付いている鉄粉等を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

多くはありませんがポツポツと確認できますね。

リアも・・・

多くはありませんでした。

ウインドウコーティングの所でも少しお話ししましたが綺麗に見えてもボディやウインドウには

色々な異物が付着しているんです。

樹液だったりピッチやタール、これからの時期は虫もいっぱい付きますし、ペンキのミストが

付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

そして処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしましたよ~! もちろん鉄粉以外も!!(笑)

リアも・・・

サッパリとしましたよ~! もちろん鉄粉以外も!!(笑)  ← くどい 

異物の除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少し曇り気味ですので新車にしては少しだけ強めの磨きをしています。

 

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

白く曇り気味だった塗装面もスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりましたよ~(^_^)/

ボディサイドだって・・・

スッキリとクリヤーになってライトの輪郭もシャキッとシャープに

映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

リアピラーも・・・

潤っていますねヽ(^o^)丿

リアも・・・

サッパリとしました!

それと今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングをして・・・

艶々になっています!

ホイールコーティングは新品時がおすすめです!

そしてホンダ フィットの新車コーティングが完成いたしました!!

曇りも無くなってスッキリとクリヤーそして艶々に仕上がりました!  いゃ、仕上がったワン ∪^ェ^∪

と、言っても新車のパールホワイトですので写真だとあまり違いがわからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように塗装がクリヤーになって透明感が感じて頂ける

ようになっております。 また景色の映り込みもスッキリとシャープになり新車以上の新車に仕上がりました。

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っている当店にお任せください。  お待ちしております(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ ヴェゼルの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのモルフォブルーパールのホンダ ヴェゼルはボディコーティング施工から間もなく1年半を

迎えようとしているお車になります。

前回のメンテナンスは昨年の夏でしたので短か過ぎず、だからと言って長過ぎずの何とも

絶妙なスパンでいつもメンテナンスにお越しくださっております(^_^)/  ありがとうございます。

ではボディコーティング施工から間もなく1年半、前回メンテナンスより8ヶ月経過いたしました、

ホンダ ヴェゼルのコーティングメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れています。さすがに1年半近く経ちますのでシミやスクラッチが増えてきました。

アフターです↓

そろそろ線キズやシミも気になる時期でもありましたので今回はメンテナンスplusでのご依頼となります。

メンテナンスplusと通常のメンテナンス作業の違いですが、ブラック等のダークカラーのお車はどうしても

月日が経過して行くにしたがって洗車キズ等スクラッチが目立ってきます。 そのスクラッチを目立たなくする

処置をするのがメンテナンスplusになります。 もちろん目立たなくするのも限界があって深めのスクラッチや

シミは残りますが、それでもギラつきが抑えられ色に深みが出ます。

ルーフも・・・

シミやスクラッチが少し多くなってきました(^^;

アフターです↓

今回はメンテナンスplusでも↑が限界でした。 深めのスクラッチは残っていますけど

それでもメンテナンス前に比べますとクスミも取れて全体的にスッキリとしました(^_^)/

それと以前(コーティング施工時)にもお話いたしましたがオーナー様は山道(林道?)を走るのが

お好きなんだそうで・・・

道に飛び出している草や枝等でキズが付いてしまいます(^_^;)

アフターです↓

若干残っていますけど探さないとわからないレベルにはなりました。

これ以上キズを消すとなると本格的な磨き直しが必要になってきますが普段は気にならないと思います!

フロントフェンダーも・・・

キズがぁ~(;´∀`)

でもこの手のキズは意外と浅いので・・・

メンテナンスplusの作業で消せました(^_-)-☆

更に・・・

給油口の上辺りには汚れを拭いて取ろうとしたのでしょうか??

擦った跡が残っていました。 結構目立っています(汗)

アフターです↓

こちらもここまで除去できました。

↑の写真はキズがわかりやすいようにライトを当てていますのでキズが見えますが

普段は気にならないと思います

ボディサイドは・・・

ちょろっと汚れ気味です(^^;

アフターです↓

艶も蘇りました!!

それといつものように鉄粉の付着状況です。

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

色的に少しわかりにくいです(^▽^;)

でもよ~く見るとポツポツと確認できるかと思います。

それ程多くはないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしましたよ~。 わかりにくいんですけど(^^;

最後にホイールです。

ビフォーです↑

アフターです↓

艶感が全然違います!

そしてモルフォブルーパールのホンダ ヴェゼル、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶、光沢、そしてクリヤー感が向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

各部のアフターで見て頂きましたように細かなシミは残っておりますが艶感などはまだまだ良好です!!

これも絶妙なスパンで定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います(^_^)/

オーナー様も“綺麗になると何処かに行きたくなっちゃうと”お喜びになられているご様子でした。

そんな時はやっぱり山道ですよね(笑)

お気を付けて山道(林道?)走行をお楽しみ下さい!!

 

今回のメンテナンスはメンテナンスplusプランでメンテナンスをいたしました。

メンテナンスplusはスクラッチやシミが気になるダークカラー系のお車におすすめのプランに

なりますがシミやスクラッチが少ないお車、そしてホワイトやシルバー等のライトカラー系のお車にも

おすすめです!通常のメンテナンスより艶感が上がります(^_^)/

最近メンテナンスplusでのご依頼が増えておりご好評を頂いております。

皆様も是非メンテナンスplusをお試しください!!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ステップワゴンスパーダの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのステップワゴンスパーダはコーティングから4年過致しましたお車です。

実はコーティング自体は他店で施工したのですが、その後のメンテナンスは当店を

ご利用いただいており今回で半年ぶり通算7回目のメンテナンスとなります(*^▽^*)

キッチリと半年毎にお越しくださっております! ありがとうございます。

では4年経過いたしましたステップワゴンスパーダのメンテナンスを今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

確か前回のメンテナンスの時も雨だったような気がします・・・と思い前回のブログを見てみたら

前回も“確か前回のメンテナンスの時も・・・”と同じくだりで書いてありました。という事は

3連続雨のご入庫という記録を更新されてしまったようです(;´∀`) そんな時もございます。

ご入庫時は雨でも全然構いません! 問題はお引渡しに降っていないか?ですからね!!

という事でビフォーは濡れていますのでアレですが、それでもシミやスクラッチが確認できます。

アフターです↓

コーティング施工から4年以上経過していることもあってメンテナンスでは落ちないシミも

増えてきました。スクラッチも経年相応の入り方かと思います。

しかしメンテナンスで白さと艶感が復活しております!

ルーフも・・・

濡れていますので状態が伝わりにくいですね(^^;

ボンネット同様スクラッチやシミが増えてきた印象です。

アフターです↓

シミやスクラッチは残っておりますがサッパリと綺麗になりました。

リアは・・・

あまり汚れていないんです。

しかも実は前回のメンテナンスから今回のメンテナンスまで1回しか洗車していないそうです。

その1回も車の点検時にディーラーで洗ってくれただけだそうです。

そう考えますと、とってもお綺麗ではないでしょうか(笑)

アフターです↓

こちらもサッパリと仕上がっております。

しかしサイドウインドウ下の段差などを見ると・・・

洗車していない感じが伝わってまいります(^^;

でもここはマメに洗車していても雨が降るとすぐに汚れが付いてしまう場所なんです。

アフターです↓

汚れの放置時間が長ければ長いほど洗車程度では落ちにくい頑固な汚れになってしまいますので

お気を付けください。  こちらのスパーダは頑固な汚れではなく簡単に落とせました(*^^*)

ボディサイドも・・・

意外と言ったら失礼ですけど意外とお綺麗です(笑)

1回しか洗車していないとは思えないです!!

アフターです↓

もちろん、より綺麗になっています。

それと鉄粉の付着状況です。黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

↑はボンネットです。

特に多い訳では無くボチボチといったところでしょうか。  あやふや~(^^;)

リアも・・・

ボチボチですね(笑)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶサッパリと除去できました。

リアも・・・

スッキリと綺麗です!

ホイールは・・・

若干汚れ気味です。

アフターです↓

黒さと艶感が違います!!

そして今回もウインドウコーティングの再施工のご依頼を頂いております。

ウインドウコーティングも半年毎に掛け直ししております!

↓は現状です。

半年経過ですので撥水力の低下を感じます。

上塗りは致しません。弱ったコーティングを除去しガラスを綺麗にしてから再施工します。

最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングも完成です。

そしてステップワゴンスパーダの定期メンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

メンテナンス前の写真はお車が濡れていましたので単純に写真でビフォーとアフターを比較できませんが

白さが違うと思います。もちろん艶も向上しております。

実際に実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感も向上していてメンテナンス前後の

違いを感じて頂けると思います!

皆様も是非ご自分の目でお確かめください! お待ちしております(笑)

あっ!そういえばお引渡し時のお天気ですが・・・ほぼほぼ雨は止んでいました!

若干、霧雨?のような気もしましたが、これはもう止んでいると言っていいのではないでしょうか(^▽^;)

いゃ止んでいました!

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

コロナウイルス自体まだまだ謎が多く情報も錯乱気味です(T_T)

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

N-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXは昨年の1月にボディコーティングを施工させて

頂きましたお車になります。 半年間隔でメンテナンスにお越しくださっており

今回は2度目のメンテナンスになります。

毎日の通勤の友として頑張ってくれているN-BOXカスタム君ですがコーティングを施工してから

早1年、そろそろ塗装面の痛みも気になってくる頃かと思いましたが・・・お綺麗です(*^^*)

では1年経過いたしましたN-BOXカスタム君のメンテナンスを今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

とは言え少しは汚れてはいます。でも塗装面そのものはスクラッチがとても少ないんです!

アフターです↓

シミも少ないんです! N-BOXは塗装がとても柔らかいのでシミやスクラッチが付きやすいんです。

でも毎日のようにお乗りになっていて、しかも1年経過でこれ位のシミの量は素晴らしいです!

特にスクラッチが少ないんですが、これも1度目のメンテナンスの時にお話ししました

“ちょこっと変わった洗車方法”が絶大な効果を発揮しているんだと思います(^_^)/

そしてその“ちょこっと変わった洗車方法”があまり一般的に出来る方法ではありませんので

今回も敢えてヒ・ミ・ツとさせて頂きます(^▽^;)  すいません!

続いてはルーフです↓

少し汚れていますね。

アフターです↓

サッパリとしましたね! しかしボンネットよりルーフの方がシミが多いです。

でもやはりスクラッチは少ないです(笑)

ルーフの長い軽のハイト系ワゴンやミニバンなどはどうしても雨水が滞留しやすくシミが多く

付いてしまう傾向です。

リアは・・・

黒く雨筋が付いています。 雨筋が付いてはいますけど・・・

コーティングが効いていますので洗車でも簡単に落とせます。

今回はメンテナンスですので洗車より綺麗に仕上がっています(笑)

サイドウインドウからも・・・

雨が流れ汚れが残ります(^^;

流れ出て来るポイントは大体同じ場所ですので雨上がりはいつも同じところが汚れるものです(^^;)

アフターです↓

気持ちいいですね~!

ボディ下部も・・・

雨天走行で少し汚れ気味でした。

話は少し前後いたしますがスクラッチと言っても色々あって洗車時にスポンジやクロスで

擦った時に付くキズや拭き上げる時に付くキズ等、要因は色々です。

そのスクラッチ(洗車キズ)が付くのを少しでも低減するには・・・洗車回数を減らすのも一つの手なんです。

ボディ(塗装面)は触れれば触るほどスクラッチが付くものです。ですので触る回数を減らせばスクラッチを

減らすことができます。

ただ洗車回数が減れば減るほど今度は汚れが気になってくるものです(^▽^;)

ですので軽い汚れの時はスクラッチ低減の為!と自分に言い聞かせ洗車を我慢すると

気持ちが少し楽になるかもしれません(笑)

アフターです↑ サッパリと綺麗になりました。

それと・・・

給油口の中は汚れが溜まりが

ちです。

アフター↓

給油時に蓋を開けた時に綺麗だと少し“おっ!”って思います(笑)

それといつもの鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

今回のお車も鉄粉が少ないです!

リアは・・・

フロントより多く付いていていますが、それでもあまり多くはないですね(;”∀”)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です。

リアも・・・

スッキリとしました。

最後にタイヤとホイールです。

ホイールは汚れ気味ですね。最近の車のホイールは黒っぽいホイールが流行りのようで

黒いホイールが多いですね。  ただどうしても黒いと汚れが目立ちやすいのでマメなお手入れが

必要になってきます。

アフターです↓

こちらのホイールは1年前にホイールコーティングを施工しています。 それもあってダストの焼き付きも

少なく洗えばピカピカになります(^_^)/

そしてホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶感と白さが増しました!

今回、ご入庫時は少し汚れてはいましたが、それでも十分艶を感じる状態でしたがメンテナンス後は

も~っと艶を感じて頂けると思います。

シミやスクラッチがとても少なくてメンテナンスをすれば更にツヤッピカです(*´▽`*)

とても良好な状態を維持されていると思いますので、今後も“アノ”洗車方法で宜しくお願い致します(笑)

 

そして最後に宣伝を失礼いたします!

今年もこの時期恒例となりました当店の名物企画、冬真っただ中ですが・・・

『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も開催いたしております!

キャンペーンの内容ですがボディコーティングが今年も「2台同時ご予約で2台共20%OFF!!」です!!

ご家族のお車はもちろん、ご親族やご友人などなど…組み合わせは自由です。

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!今が大チャンスです(^_^)/

キャンペーン期間は2月1日~2月29日です。期間内にご予約いただいた方限定となります。

お得なこの機会に是非どうぞ!!ご予約お待ちしております。

詳しくはこちらからどうぞ! →『もうすぐ春だねキャンペーン』

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クリスタルブラックのN-BOXにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクリスタルブラックパールのN-BOXは昨年の春にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

見ての通りクリスタルブラックパールなのに青みが強い・・・訳ではなく写真が全体的に青いです(^_^;)

すいませんm(__)m まず先に言い訳を失礼いたします。

今回のN-BOXから実は使用しているカメラが変わりました。

毎回1台あたり2~300枚ほど撮影していまして(^^; その為でしょうか?いつも1年位で壊れてしまうんです。

そして今年から新しいカメラを導入したのですが、使い方を理解していない&設定を間違えたようで

作業がおわって写真を見たら・・・青い。  青いんです(;”∀”)  でももう作業終わっちゃったし(汗)

という事で今回は全体的に写真が青いのでご了承ください。 すいませんm(__)m

言い訳が長くなりましたが(^^; こちらのN-BOXはコーティング施工から約7ヶ月ほど経過したタイミングで

メンテナンスにお越しくださいました。

艶もあってお綺麗なんですがよくよく観察いたしますと色々と見えてまいります。

では早速ですが7ヶ月経過いたしましたN-BOXのメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介して

参りましょう!

まずはボンネットからです。

雨の影響で汚れています(^^; ↑の写真だとシミが凄く感じますけど汚れているだけで塗装を

痛めているようなシミはそれ程多くはありません。

アフターです↓

白っぽく見えているのがメンテナンスでは落とせなかったシミです。

7ヶ月経過の屋外屋根なし駐車でこの状態でしたら悪くないと思います。

ルーフも・・・

少し?汚れていますね(^^;) ルーフもボンネットと同じで汚れが付いている程度なんですけど

↑の写真だと汚れで目立ちませんが実はよ~く見て頂くとスクラッチ(洗車キズ)が多いんです。

アフターです↓

綺麗にするとスクラッチ(洗車キズ)がよく見えます(^^;

洗車キズが多いのは洗車を頑張っている証拠でもあります。洗車回数が多いのでシミが少なめなんでしょうね!

それとリアウインドウ下の隙間など普段あまりお掃除しない所も・・・

綺麗にしていきます。

サッパリした~ヽ(^o^)丿  隙間の汚れを落とすだけでもお車の見栄えが全然違ってきます。

逆に新車でも隙間や段差に汚れが溜まっていると何だか古臭く見えてくるから不思議です。

ボディサイドです↓

青いですね~(^▽^;)  それは置いといて汚れも少なくてお綺麗でした。

って言っても青くてわからね~と言われそうです。すいません(汗)

アフターです↓

青いです。相変わらず青いです。

それは置いといて青さの中に黒さを感じて頂ければと思います。  ←意味不明

それともちろん鉄粉も処理しておりますが・・・

これがまた痛恨のピンボケです(T_T)  本当に何から何まですいません。

でもたとえ奇跡的にもピントが合っても黒にボディですと鉄粉の反応がわからないのが

これまた何といいましょうか。 とにかく今回は鉄粉もそれほど多くはありませんでした。

無理やり話を終わらせた感がハンパないですけど(^▽^;)最後にホイールです↓

ホイールも綺麗にされていますね! 汚れが蓄積している感じはありませんでした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

クリスタルブラックパールのN-BOX、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いかがでしょうか。思っていた以上の青さだったと思います(^^;

でも安心してください。 実車の方は黒く艶々に仕上がっております!

一緒にお引取りに来られましたお子様も『わぁ!ピカピカだぁ!!』と言われていたので

間違いありません(*^^*) お子様にも、そう言っていただけると本当に嬉しいですね!

大人になって車買ったらお店に来てね~! それまでず~っと待ってます(笑)

 

洗車キズとは洗車時に付いてしまう細かな線キズの事を言います。スポンジで洗ったりクロスで

拭き上げた時にどうしても付いてしまいます。どんなに気をつけていても残念ながら多かれ少なかれ

付いてしまいます。という事は基本的に洗車回数が多ければ多いほど洗車キズは多くなります。

でも洗車回数が多いほどシミなどは少ない傾向になります。 逆に洗車回数が少ないと洗車キズは

少ない傾向ですがシミが多くなります。  なかなかバランスが難しいところですね(^▽^;)

もちろん洗車の仕方によってキズが多く入ったり少なく出来たりし、また車の塗装の“質”に

よってもキズが付きやすい車やキズが付きにくい車があったりと様々です。

そして1番やってはいけない洗車方法は・・・濡れたタオルで拭くだけのいわゆる“拭き上げ洗車”です。

拭き上げ洗車は基本的に、もの凄くキズが入ります。それも深くダメージが及びます。

磨きではリカバリーできない程キズが深く入りますのでくれぐれもお気を付けください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

N-BOX+の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOX+のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホンダ N-BOX+はH28年の11月にボディコーティングを施工させていただいたお車です。

それから早3年が経過いたしました。

定期的にメンテナンスにお越しいただいており、今回で1年ぶり通算4度目のメンテナンスのご依頼になります!

では早速ですが3年経過いたしましたN-BOX+のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです↓

さすがに3年経過していますので拭きキズと思われるスクラッチやシミが多くなってきました(^_^;)

でも屋根付きの駐車場という事もあって3年経過と思うと悪くないかと思います。

アフターです↓

シミやスクラッチは残っていますが、だいぶスッキリしたと思います!

ルーフは・・・

ボンネットよりスクラッチもシミも少ない感じです。

アフターです↓

こちらもシミやスクラッチは残っていますけど綺麗になったと思います。

ボディサイドは・・・

THE泥ハネ汚れ!って感じの泥のハネようですね(^^;

しかも泥の残量を考えるとまだ新鮮そうです(笑)

アフターです↓

サッパリとしました。

泥等の付着が多い場合は、そのままいきなりスポンジで洗うとスポンジも泥だらけになってしまい

そのスポンジでボディをこすると塗装面に沢山のキズが入ってしまいますので、とにかく泥を水で

流せるだけ流してから洗車してください。 理想は下部等の汚れ洗い専用のスポンジを用意すると

いいです(*^_^*)

スポンジも数個用意して部分的に使い分けるとなおマニアですよ(笑)

それとやはり・・・

ドアミラーなどからは黒く雨筋が付いていました。

雨が降るとどうしてもついてしまいますね(^^;

でも・・・

まだコーティングが聞いているのでこびりつきもなく洗車でも簡単に落とすことが

出来ました。

これがコーティングしていなかったりコーティングが弱ってきますと黒い水アカが洗車では

落ちなくなってきます。  よく水弾きがなくなるとコーティングが落ちてしまったと

思われる方が多いんですけど水弾きがなくなっても水アカ汚れの固着防止やお手入れのしやすさ、

また艶感の維持等の効果は残っています(^_^)/

 

リアは・・・

こちらの黒い雨筋(水アカ)が何本も付いていてシマウマになりかけています(^▽^;)

アフターです↓

白馬に戻りました! よかったよかった!(^^)!

やっぱりシンデレラを向かいに行くのにシマウマだと、なんか少しアレですよね(笑)

それと鉄粉の付着状況も見ていきましょう。

黒っぽく見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

1年ぶりですのでそれなりに付いてはいますけど、特に多いこともないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリとリセットできました!

鉄粉の付着が多くなってくると洗車時にスポンジがスムーズに滑らなくなります。それだけでしたら

まだいいんですけど、特に白い車は見た目的にも塗装面にポツポツと見えて美観の低下にも

なりますので定期的な処理がおすすめです。

そして最後にホイールです。

それ程汚れてはいませんでしたが、放置してしまうとブレーキダストは固着してしまい

落ちなくなってきます。

アフターです↓

艶々で綺麗になりました。

そしてホンダ N-BOX+のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

サッパリと艶々に復活しました!!

さすがに3年経過するとだんだんとシミやスクラッチが増えてきますが定期的にメンテナンスに

お越しくださっている事もあってまだまだお綺麗です!!もしシミやスクラッチが気になるようでしたら・・・

そろそろコーティング再施工の時期かもしれませんが艶もまだ有りますし水アカの固着もないので、

まだまだメンテナンスでも行けると思います。 いゃ行きましょう!!

オーナー様も『やっぱり違うわ~。いいね~』とお喜びになられていました(*^^*)

 

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチもあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ブロンズ パールのN-BOXカスタムのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタムは昨年の11月に

ボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

ちょうど1年経つタイミングでメンテナンスのご依頼を頂きました。ありがとうございます。

ダークカラーでしかも塗装の柔らかいホンダ車と言うことで何となく1年経過の状態も想像できますが(^▽^;)

早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが多いように見えますが・・・

アフターです↓

多くのシミは塗装面の上に乗っているような軽いシミでしたので磨き無しのメンテナンスでも

だいぶ綺麗になりました!  塗装を浸食している様なシミは残っています。

ルーフも・・・

良く見て頂くとボンネットと同じような状態なんですけど・・・

アフターは・・・

ルーフもだいぶスッキリと綺麗になりました(^_^)/~

リアウインドウ下などの隙間には・・・

どうしても汚れが溜まってしまいます。

アフターです↓

隙間が綺麗になるだけでお車の綺麗感がワンランクもツーランクも上がります!

このような細かな所が汚れていると車が古く見えてきますのでご注意下さい。

ボディサイドは・・・

すこし汚れていますが艶もあって塗装面自体はお綺麗だと思います。

アフターです↓

もちろんメンテナンス後は更にいい状態になります(*^^*)

そしていつもの鉄粉の付着状況ですが専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

この色がまた写真だとわかりにくいんです(^▽^;)

コーティングから1年程経過していますので、それなりの量の鉄粉は付いていました。

でも写真だと何が何だか・・・(;´∀`)

今回は塗装も柔らかいのでケミカル等を使って優しく鉄粉処理をいたしました。

そして最後はホイールです。

やや汚れています(^^;) 余談ですが最近の純正のアルミホイールもデザインが複雑でカッコイイのが

多いんですけど・・・洗いづらい(^^;)  洗いづらいですね~(笑)

複雑になればなる程洗いづらいですね~。

N-BOXカスタムのホイールも意外と複雑なデザインなんで洗い残しが無いように・・・

洗って最後に艶出しをしております。 もちろんタイヤも綺麗に仕上げております!

そしてプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタム、ボディコーティングメンテナンス完成です!

いい艶に仕上がりましたヽ(^o^)丿

最初にお話いたしました様にダークカラーで塗装の柔らかいホンダという事で正直もっとシミが

多いかと想像していましたが、予想がいい方に外れてくれました(*^^*)

洗車キズも少なくて、とても大切にお手入れされているのが伝わって参ります。

おそらく、とても優しく洗車されているのでしょうね!これからもこの感じでお手入れ頑張って下さい(^.^)/

次回のご入庫も楽しみにお待ちしております!!

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと塗装の痛みが

どうしても早いです。また屋根なしの屋外駐車の場合ですとその差は歴然です。特にソリッドブラックの黒系は

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので取り扱いには注意が必要です。

それと意外と見落としがちなのが洗車に使っているスポンジやクロスです。

ある程度使っているとパッと見は綺麗に見えても非常に細かな砂など異物が付いているものです。

そのまま使用すると洗車時に塗装面を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは、ある程度使用したら

定期的に新品に交換してください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。