ホンダN-BOXカスタムにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングです。

納車間もないプラチナホワイトパールが眩しい新車のホンダ N-BOXカスタムです!

N-BOX売れてますね~。この2代目N-BOXが発売されてから間もなく2年が経ちますが

未だに販売台数日本一をキープしています!

確かに見れば見るほどよく出来ていて売れるのも納得です(*^_^*)

そんな人気者の新車N-BOXの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

パールホワイトと言う事もあって写真だとそれ程酷く感じませんが結構曇っていました(^^;)

ライトなどの周りの景色の映り込みがボヤッとしていると思います。

ルーフは・・・

ボンネット程酷くはありませんが、やはり曇っていました。(↑写真だとあまりわからないですね(^^;))

それと・・・

ルーフの所々に保護シートの糊残りも付いています。

ボディサイドは・・・

こちらも塗装面の曇りでライトの映り込みがモヤモヤとしていました(^^;)

それとここにも・・・

保護シートの糊跡が横一直線に付いています(^▽^;) 毎回わかってはいても一瞬キズかと思って

ビックリします(笑)

リアもボヤけていました。

 

全体的にやや塗装面の曇りが気になります。毎回、N-BOXの新車の時にお話ししていますが

N-BOXは程度の差はあれ、この様に曇っている個体が多いです。そして保護シートの糊残りも

多いんです(^▽^;)

新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり加修(塗装の手直し)

の後が残っていたり糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をも~っとスッキリとした新車にしていきましょう(笑)

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分などの付着も少なく水を弾いていませんでした。

綺麗でも磨いて更に綺麗にしてからコーティングしていきます!

市販品でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、下地が汚れたままコーティングしても

本来の性能を発揮しませんので必ず油膜除去をしてからコーティングして下さい。

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをしました・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです

まずは洗車後に鉄粉の付着確認です。専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉をチェックします。

黒っぽい点々と見えますのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車という事もあって少ないですが、新車でもこの程度は付いています。

リアも・・・

少ないですね!

鉄粉の除去が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも綺麗になりました。もちろんボンネットやルーフ以外、ボディ全体の鉄粉処理を行っています!

鉄粉処理が済みましたら今度はボディをマスキングして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は曇りが酷いのでやや強めの磨きをしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8でコーティングです!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリです! ライトの回りに見えていたモヤモヤも無くライトの輪郭がシャープです(^_^)/

ルーフも透明感が増しました!

もちろん・・・

保護シートの糊残りもスッキリです。

ボディサイドは・・・

モヤモヤとした曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね。

それと・・・

一瞬、キズか?とビックリする保護シートの糊残りも綺麗さっぱりです。これでもうキズか?と

驚く事も無いでしょう(笑)

リアは・・・

こちらもクッキリとライトが映り込むようになりました(^_^)/

そしてプラチナホワイトパールのホンダ N-BOXカスタム、新車コーティング完成いたしました!

写真ですと伝わらないかも知れませんが曇りもスッキリと除去したので透明感が増し艶も向上しております!

施工前後の違いが分かりにくいパールホワイトの新車でも、しっかりと磨いてコーティングを

すれば艶感とクリヤー感の違いを感じて頂ける仕上がりになります(^_^)/

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜びになられておりました。  ありがとうございました。

 

こちらのN-BOXカスタムのオーナー様はこのN-BOXカスタムが初めての愛車なんだそうです(*^^*)

いゃ~いいですね~。夢広がりますヽ(^o^)丿

車があると気軽に足を延ばせますし遊びの行動範囲も広がります! N-BOXなら荷物も沢山積めるので

海や山遊び、キャンプだって行けます!もちろん遠出の旅行だって出来るし、お土産も沢山積めるし(笑)

大きな荷物のお買い物にも便利だし・・・っと勝手にお客様の車で夢を広げている私ですが(^▽^;)

これからN-BOXカスタムで始まる初めてのカーライフをお楽しみください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダS660にコーティングメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホンダS660は昨年の11月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

前回ご入庫時から更に勇ましい姿に進化してのご入庫です!

コーティングから8ヶ月程経過していますがとってもお綺麗です(^^)/

それもそのはず、普段はボディカバーを掛けて保管していて、基本雨天の時はお乗りにならないそうです。

お綺麗な訳ですね!

ではそんなお綺麗なホンダS660のメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチ等はとても少ないのですがライトの周りが白っぽくモヤけていると思います。

ここです↓

これは洗車キズなどのスクラッチではなくてメンテナンス剤の余剰成分なんです。

実は数ヶ月前にメンテナンス剤をお使いになったのですが使用後にモヤモヤっと曇っちゃったと

ご相談に来られました。 カービューティープロのメンテナンス剤に限らずなんですけど撥水系の

メンテナンス剤は使い方が少しシビアな所があって

塗装面の温度や塗布量また拭き上げのタイミング等でこの様にモヤモヤとなってしまう事がございます。

上の写真ですと矢印の所だけの様に見えますが実際は広範囲に及んでいました(^^;)

アフターです↓

余剰なメンテナンス剤もスッキリと無くなり綺麗になりました。

リアのエンジンフードも・・・

↑この辺りはお綺麗なんですけど・・・

所々にモヤモヤとしたメンテナンス剤が付いていました。 ↑少しわかりにくいですね(^^;)すいません。

アフターです↓

↑この辺りは元々お綺麗でしたので違いがわかりませんが(^▽^;)・・・

↑この辺りはモヤモヤが無くなってスッキリとライトが映り込むようになりました!

ボディサイドも・・・

ライトの回りが白っぽくモヤモヤとしていました。

アフターです↓

こちらもスッキリですね(^_^)/

それといつもの鉄粉の付着報告ですが、これがまた少ないんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するんですが・・・

あまり反応がありませんね! 素晴らしい(^_^)/  もちろん全く付いていない訳ではありませんが

とても少なかったです。

リアも・・・

とても少なかったです。 という事で今回の鉄粉処理はケミカルを使って軽い鉄粉処理を

いたしました。

最後はホイールです。

ビフォーです↑

少し汚れ気味です。

アフターです↓

青さ違いますよ(*^^*)  鮮やかですね~。

そしてホンダS660のボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

元々お綺麗でしたが一段と綺麗になっていますよ~(^^)/

艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーもキッチリとメンテナンスしますと

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。 ありがとうございました。

 

メンテナンスはお車の汚れ(痛みが)進む前など早め早めに行うのが理想です!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを放置しておくと

より進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)落ちるうちに落としていけば、

綺麗な状態が長く続きます!ですので綺麗を長持ちさせる為にも,そして愛着復活の為にも

お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのがおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ オデッセイアブソルートのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ オデッセイアブソルートのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのオデッセイアブソルートは昨年の夏、ちょうど1年前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今回はメンテナンスのご依頼でご来店くださいました。

メンテナンスご入庫時は雨でしたので濡れていますが、それでも綺麗にされているのがよくわかる状態です(^^)

では1年経過致しましたオデッセイアブソルートのメンテナンスを今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 小粒な雨粒ですが綺麗に弾いています!

撥水もまだまだ気持ち良く効いていました(^^)/

アフターです↓

濡れている前と後ですので単純に比較はできませんがスクラッチやシミがとても少なく

お手入れの良さが伝わってきます。

ルーフも・・・

撥水が効いています。

アフターです↓

こちらもシミやスクラッチ等とても少なくて良好な状態を維持しておりました!

しかし雨が降れば・・・

隙間から汚れが流れ出てくるのは仕方のないところです(^_^;)

アフターです↓

気持ちいい~(^_^)/

でも実は1つ・・・メンテナンスに来られる数日前に道路に立っているポールに気が付かず・・・

軽くこすってしまったそうです(^_^;)

下の方にも・・・

痕跡がついています。

幸いキズやヘコミにはなっていませんでしたので・・・

綺麗に

元通りになりました!

ボディを軽く擦ってしまった場合、今回のように擦った対象物の塗装やゴム、樹脂等が付く事が

多いです。しかし付いているだけですのでケミカルやポリッシングで落とす事が出来る事も

多いので、諦めないで一度ご相談ください。

それと鉄粉の付着状況ですが、ポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少ないですね!

鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました!

最後はホイールです。

黒いホイールはどうしても汚れて来ると白っぽくなってきます(^^;)

アフターです↓

黒いと足元が引き締まりますね!

そしてホンダ オデッセイアブソルートのメンテナンスが完成致しました!

メンテナンス前は雨で濡れていたので比較が出来ませんけど、とても1年経過しているとは

思えない程お綺麗で良好な状態だと思います(^_^)/

撥水もまだまだ全然効いていました。でもメンテナンス後はもっとコロコロに弾く様になってます(笑)

1年経過していると撥水も落ちてしまっているお車も多いのでオーナー様にお話を伺ったところ

自宅の駐車場は屋根があって職場の駐車場もあまり雨風や日が当たらない環境なんだそうです。

納得です! 同じ屋外駐車でも屋根ありと屋根なしですとお車の痛み(コーティング含む)が全然違うんです。

それと普段のお手入れの良さですね! このお車の状態や環境でしたらメンテナンスは1年毎でも大丈夫だと

思います。

メンテナンスのタイミングはお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきますが

目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早いダークカラーで屋外屋根なし駐車のお車は

もっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします。

逆に屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと1年ごとでも十分な場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングもそれぞれ違ってくると

思います。 『判断つかないよ~・・・』とお困りでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダN-ONEのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-ONEのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのイノセントブルーのホンダ N-ONEは昨年の1月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

それから早1年半、久々に再会いたしましたN-ONEは以前とはお姿が随分と変わっておりました(*^。^*)

前回ご入庫時は納車から間もない事もあってまだノーマルに近いお姿でしたが現在の仕様は

無限のエアロを装着した走りの仕様に進化しております!

そんな走りの仕様に変身しましたN-ONEのコーティングメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

少しピントがボケてしまってすいませんm(__)m

コーティング施工から1年半ほど経過していますがお仕事の都合で半年程お乗りにならず

ボディカバーを掛けて保管していたそうです。そのかいもあって汚れは付いていますが

シミも少なくてお綺麗です。

アフターです↓

細かなシミは残っていますが1年半経過とは思えないと思います!

それとフロントのバンパーですが・・・

季節柄、バグアタックの痕跡が多数です(^_^;)  この時期はしょうがないですね。

アフターです↓

綺麗になりました。

虫の付着も実は塗装に良くないんです。鳥糞のように塗装を痛めてしまう事も

ございますのでご注意ください。

ルーフは・・・

シミもスクラッチも少なくてとてもお綺麗です。

アフターです↓

汚れも落ちてスッキリです。

ボディサイドは・・・

こちらも雨による泥汚れは付いていましたが基本的にお綺麗です(^_^)/

アフターです↓

元々お綺麗ですが、それでもメンテナンスをしますと艶が違います!もちろん撥水力も違いますよ!

基本的にお綺麗なんであまりご紹介出来る所も無いんですが・・・鉄粉の付着が少し多めでした(^^;)

今回のビフォー&アフターで一番違いがわかりやすいと思いますのでご紹介致します(笑)

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

少し多いと言いましたが1年半でコレ↑ですから、むしろ全然少ないです(笑)

これが1~2ヶ月で↑でしたら少し多めですけど1年半ですから全然少ないです。

リアも・・・

少し多いですけど1年半を考えますと特別に多い訳ではありません。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと・・・

綺麗になりました!

最後はホイールのビフォーです↓

黒いホイールは汚れると白っぽくなってしまいます。

でも綺麗にすると・・・

黒々とそして艶々のピカピカになります!

そしてイノセントブルーのホンダ N-ONEボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

艶々に仕上がりました!  イノセントブルー本来の発色の良さ+メンテナンスで艶感更にUP!!

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でございました! ありがとうございます。

ノーマルですと可愛い顔つきのN-ONEですがグリルを変え黒いエアロの装着をするとキリッと引き締まり

ますね!

知っている方も多いと思いますがN-ONEは実はN-ONE OWNER‘S CUPと言うナンバー付き車両による

ワンメイクレースが開催されているんです!

可愛いからと言ってけっして侮ってはいけません!実力派です(^_^)/

今回のN-ONEも次回ご入庫時はどんな姿に進化しているか今から楽しみです!

またのご入庫お待ちしております(^_^)/

 

 

そして最後に宣伝を失礼いたします。

コーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

撥水が弱まった時や、手早く洗車を終わらせたい。そんな時に活躍する便利で簡単な

メンテナンス剤をご紹介致しまします。

今回は低撥水系や親水タイプのコーティングにピッタリの・・・

R-611 ウォーターヴェールです!

こちらは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで低撥水状態をスピーディーに復元します。 いゃ~便利ですね~(*´▽`*)

もちろんコーティング被膜にストレスを与えることなく、水が固まりで流れ落ちる低撥水状態を

よみがえらせます。洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。

美しいツヤ感と低撥水効果をお楽しみください。

こちらは¥1,944(税込)になります。

コーティング施工車はもちろん、コーティング未施工車にもご利用いただけますので是非一度お試しください!

宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ブロンズパールのホンダN-BOXカスタムです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングです!

プレミアムグラマラスブロンズ・パールの新車N-BOXカスタムです!

以前にもこのプレミアムグラマラスブロンズ・パールを作業した事がありますが

これがまたとてもいい色なんです! ↑の写真ですとブラウンに見えますが見る角度や

光の当たり方でグリーンに見えるんです! しかも結構なグリーンです(*’▽’)

まさにプレミアム!!

そんなプレミアムでグラマラスなブロンズパールの新車N-BOXカスタムですが納車から約1ヶ月程

経過しています。では早速現状を確認していきましょう!

↓はボンネットです。

写真だとそれ程酷く感じませんが実はかなり曇っていました(^^;)

ライトなどの周りの景色の映り込みがボヤッとしていると思います。

ルーフも・・・

ボヤボヤなんですけどコレで見るとそれ程ボヤボヤではないですね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらの写真の方がわかりやすいと思います。 ライトの映り込みがボヤッとしています。

それと反対側は・・・

赤丸の中が何となく白っぽく見えると思います。これは磨きキズです。 微細なキズに光を

当てると光が乱反射して↑の様に白っぽく見えます。日陰や暗い所では見えないんですけど

光を当てたりするとギラギラと見えます。

実はこの磨きキズは・・・知らないうちにリアドアからリアフェンダーにかけて線キズが付いていたらしく

それを除去しようとオーナー様がコンパウンドで磨いたそうです。 その磨きの痕跡です(^▽^;)

明るいボディカラーだと目立たないんですけど濃い色ですとやっぱり目立ちます(汗)

そしてリアは・・・

こちらもやはり曇っていました。

 

全体的にご覧いただきました様に塗装面の曇り(白ボケ)がやや酷い状態です。少し前にご紹介しました

黒いN-BOXは曇りも少なくてお綺麗でしたが今回のN-BOXは全体的に曇り気味です。

以前施工させていただきました同じプレミアムグラマラスブロンズ・パールのN-BOXも結構な

曇り具合でしたので車種による違いと言うよりこの色の傾向なのでしょう。更に細かく言ってしまうと

同一車種の同一カラーでも生産ロットによって曇りの程度も違っています(^^;)

こればかりはご自分で選べませんので納車されないとわかりません。 もし納車されたお車の曇りが

酷かったら・・・大丈夫です。 諦める事はございません! 磨けばスッキリとし綺麗になります(^_^)/

と言う事で新車N-BOXカスタムをもっとスッキリと仕上げていきましょう。

作業開始!!

 

まずは鉄粉の付着確認です。

いつの様に洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉をチェックします。

クリーナーが鉄粉に反応すると紫色に見えるんですが・・・見えません(笑)

写真だと色的にわかりにくい&元々少ないので全然わかりませんね(^^;)

全体的に少なかったので今回は軽めに鉄粉処理をいたしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回も新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は曇りが酷いのでやや強めの磨きをしています。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとしました! 実車で見て頂くと↑の写真よりもっとスッキリとクリヤーで

綺麗に映り込んでます!

ルーフも・・・

ライトがクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。そして反対側の磨きキズも・・・

綺麗に除去できました。  乱反射が無くなって白っぽく見える光の拡散もありません!

曇りが無くなってサッパリとしたんですが・・・写真だとあまり変わらないので(大汗)是非皆様も

実車で違いを感じてください(笑)

そしてプレミアムグラマラスブロンズ・パールのN-BOXカスタム新車コーティング完成いたしました!

曇りもスッキリと取れてクリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

薄皮が一枚剥がれた感じと申しましょうか(笑) “白っぽさ”が無くなって

プレミアムグラマラスブロンズ・パール本来の色が出たと思います。 いゃ、艶は本来以上です(笑)

オーナー様『うわぁ ピカピカだぁ!』とお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、今回のN-BOXカスタムの様に曇り(白ボケ)が

酷い等、何かしら不具合がある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クリスタルブラックパールのN-BOXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

クリスタルブラックパールの新車のホンダN-BOXです!

新車ですが納車から当店にご入庫されるまで3週間近くお待ち頂きましたので(すいません)ご入庫時は

少々汚れ気味でした。 ↑の写真のように少し”引き”ですと汚れが見えずに艶々に感じますが

近くで見ると・・・

こんな感じです(^^;)

これだと塗装面の状態が確認できませんので洗車後に撮影した写真で現状を確認していきましょう!

それがこちらです↓

↑ボンネットです。

白ボケ(塗装面の曇り)が少なくてお綺麗ですね!

ルーフは・・・

ボンネット同様、曇りも少ないんですけど線キズが確認できます。

とてもデリケートなホンダのクリスタルブラックパールですので納車時にはこれ位の

線キズが入っている事は全然珍しくありません(;´∀`)

線キズだけならまだしも・・・

加修跡も確認できます。 これは納車前に付いたシミやキズなど手直しをした跡です。

日陰や暗いところですと確認困難ですが日が当たる所やライトを照らすと白っぽくモヤモヤと

顔を出します。

キッチリと手直し(磨き)が出来ていればこのモヤモヤも出ないで綺麗に直るのですが・・・(^^;)

その様な加修跡が・・・

数か所確認できました。  ライトの周りが白っぽく見えるのが(光の拡散)磨き跡です。↑の写真だと

それ程広い範囲に見えませんが実際は結構広範囲に付いています。

リアも・・・

白っぽくモヤモヤと確認できました。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

ホンダのN-BOXの新車は塗装面がモヤモヤと曇っている事(白ボケ)が非常に多いのですが

このクリスタルブラックパールは曇りも少なくてとてもお綺麗でした。

何度かこのクリスタルブラックパールを施工させて頂いておりますが他のカラーに比べて

曇りが少ない印象です(*‘∀‘)

しかしとてもデリケートで有名なクリスタルブラックパールですのでスクラッチが付きやすいんです。

ホンダのクリスタルブラックパールに限らずですが“黒”はキズが付きやすく目立ちやすいので

納車前に付いたキズやシミを除去する為に”磨き”が入っている事が非常に多いんです(;’∀’)

この磨きキズが付いたままコーティングしてしまえば、もちろんこのままな訳ですし・・・

しかも残念な事にそのままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです!!

では早速、新車のホンダN-BOXを新車以上に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車をして、その後に鉄粉除去をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

毎度の事ながらボディが黒いと何が何だか(笑)   実際の所はちょっと付いてるかな~という感じです。

全然伝わりませんね(^^;) ごめんなさい。

ポツポツと付いてはいますが鉄粉が少なめ&デリケートな塗装ですので軽めに鉄粉処理を行ないました。

その後マスキングをして磨いていきます。

今回も新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたがよりスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ(^^)

それとボディサイドの磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!

これで日が当たっても白っぽいモヤモヤッとした奴らが顔を出す事もありません!

反対側も・・・

スッキリとしました。

リアも・・・

モヤモヤとした光の拡散が無くなってキリッとシャープな映り込みになりました(^_-)-☆

綺麗なホイールも艶出しで更に綺麗にしましたら・・・・

クリスタルブラックパールのホンダN-BOX新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々、引きで見るとお綺麗でしたけど(^^;) 今度は引きで見ても近くで見ても綺麗です(笑)

光沢も上がり艶々に仕上がっております。

こちらのクリスタルブラックパールはパールと言いながらもソリッドに近い風合いの

パール感を押さえたブラックです。ですので仕上がりもソリッドブラックの様な引き締まった凝縮感

あるブラックになります!

なんと言いましょうか??施工前と比べると、ボディがクッキリといいましょうか?シャープと

言いましょうか?はたまた立体感が出たといいましょうか??  上手く言えませんがとにかく違います(笑)

オーナー様も『すごい綺麗!!ちょっと感動しています』と感動して頂けたようです(笑) ありがとうございます。

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、花粉の季節には花粉ジミが付いているなど

何かしら不具合がある事が残念ながら非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダ ステップワゴン スパーダご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴン スパーダのボディコーティングです。

ご覧いただいておりますように雨の中のご入庫でした(^^;)

こちらのステップワゴンスパーダはマイナーチェンジ後の後期型になります。

正直、作業を始めて暫くしてから気が付きました(^^;) よくよく見ますとマイナーチェンジで

顔つきが結構変わったんですね! グリルのメッキパーツがヘッドライトまで食い込んでいる

最新のホンダフェイスになっています。 クールフェイスのイケメンです!

まさに水も滴っているイケメンです(^_-)-☆

こちらのイケメン号は納車からまだ間もない新車になります。

そんな新車のイケメン号の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからですと言いたいところですが・・・

なんせ空から水が滴ってきていたので濡れています。これですと塗装面の状態が

わからないと言いたいところですが、この状態でも塗装面が曇っているのが確認できます(^^;)

↓は洗車後です。

ライトの映り込みがボヤけています。  新車によく見られる白ボケと言われるものです。

ルーフも・・・

ボンネット程ではありませんがボヤボヤっとした映り込み具合でした。

ボディサイドも・・

シャキッとしていません(^▽^;)

リアゲートは・・・

同じ様にぼやけていました。

ホイールは洗車前の写真ですので・・・

濡れている&少し汚れている状態です。

 

全体的に白ボケと言われる曇りがやや酷くクリヤー感が損なわれていました。この状態ですと

景色の映り込みがハッキリとせずモヤモヤとしてしまいます。この白ボケは言われないと気が付かないかも

しれませんが、あまり酷いとお車全体の印象もシャキッと見えなくなるので不思議です(^_^;)

ホンダ車は白ボケ具合が比較的“濃い”場合が多いです。ですのでホンダ車のコーティングは磨きが必須です!!

白ボケを除去しないでコーティングするとコーティングで閉じ込めてしまいます。磨かないでコーティングすると

艶はあるけどスッキリとしない仕上がりになってしまいますので、しっかりと磨いてコーティングしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉の除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ 少ないですね(^_^)/

リアも・・・

少なかったです。私的にはホンダ車は鉄粉がやや多めの印象なんですが今回のステップワゴンは

とても少なくて良好な状態でございました(^_^)/

しかし少ないからと言って何もしない訳ではありません(笑)

少なくても処理していきます↓

優しく除去してから再チェックします↑↓

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの組み合わせを変えてポリッシングしています。

今回は特にボンネットの白ボケがやや酷かったのでボンネットは通常の新車磨きよりも磨き込んで

仕上げています。

そして磨きが済みましたらやっとコーティング剤の出番です。

新車でもここまでの工程を経ないとコーティングが塗れないんです(*^_^*)

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白ボケがが無くなってスッキリとクリヤーになりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

サッパリとしました!!

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリと映り込むようになりました。

リアゲートだつて・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールも艶出しで艶々に仕上げましたら・・・

ホンダ ステップワゴン スパーダの新車コーティング完成いたしました!

クールフェイスのイケメン号が、粋でいなせなクールフェイスのイケメン号になりました(*’▽’)

曇りが取れてよりクリヤーで艶々です!!

新車のパールホワイトは写真だと施工前後の違いが伝わらないんですけど

実車の方は艶感の向上を感じて頂けると思います(^_^)/

オーナー様も『違う!やっぱり違いますね!』と違いを感じられているご様子でございました!

施工前後の違いが分かりにくい新車のパールホワイトで『違う!』と言って頂けると嬉しいです(笑)

ありがとうございます!

 

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要です(^^)

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダ ステップワゴンスパーダの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴンスパーダのコーティングメンテナンスです。

こちらのステップワゴンスパーダはコーティングから3年程経過致しましたお車です。

コーティング自体は他店で施工したのですが、その後のメンテナンスは当店をご利用いただいております。

ありがとうございます。

半年ごとにメンテナンスにお越しくださっていまして今回で5回目のメンテナンスになります!

前回ご紹介致しました日産フーガも5回目のメンテナンスでした。当店のお客様はメンテナンスに

定期的にお越しくださるオーナー様が多くて嬉しい限りです!

では半年ぶりに再開いたしましたステップワゴンスパーダのコーティングメンテナンスを

ビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日の雨の名残でまだ濡れています。花粉が付いているので雨が乾けば斑模様の出来上がりです(笑)

斑模様が出来上がる前に・・・

メンテナンスでサッパリです(^^)/

さすがに3年経過していますので通常のメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが

多くなってきました。

ルーフも・・・

斑模様になりかけていました(^^;)

アフターです↓

花粉は雨で濡れると『ペクチン』と言う物質が出てきて、長時間そのまま放置してしまうと

ペクチンが乾燥によって収縮しその時に塗装も一緒に収縮されてしまうようです。

そしてシミだらけになってしまいます。

ですので花粉が雨で濡れたらなるべく早く洗車して花粉を落としてください。

『ペクチン』名前は可愛いんですけど意外な程の攻撃力を持っていますのでお気を付けください!

そしてボディサイドは・・・

垂直面は綺麗でしたがサイドステップのちょこっとした出っ張りの上面に花粉が

溜まっていました(笑)    侮れないな『ペクチン』

アフターです↓

サッパリしました(^_^)/

それと鉄粉の付着状況の報告です。

↓は専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

半年でこれ位ですので少し多めかと思います。

鉄粉の多い少ないの基準は地域差などあり千差万別です。 なので何を基準に鉄粉が多いのか少ないのかを

判断をするのか難しいところですが、当店の場合は当店にお越し頂いている車両を基準に毎回お話しております。

鉄粉の多い地域だと1ヶ月位で↑位の量の鉄粉が付いてしまうようです(^_^;)

アフターです↓

綺麗になりました。

鉄粉が多く付いていると美観の低下や撥水の妨げなどに繋がりますので定期的に

鉄粉の処理がお薦めです。

とは言え市販の鉄粉取りネンドはキズだらけになるので・・・注意が必要です(;’∀’)

 

ホイールは・・・

これまた汚れ気味です。

ホイールとタイヤが汚れているとお車全体の印象も低下してしまうので・・・

綺麗にしました(笑)

これで足元もキリッとです(^_-)-☆

 

それと半年ごとにウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

そちらもご紹介していきましょう。

↓は現状です。

まだまだ撥水はしていますが、やや撥水力が落ちています。

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって大きく変わってきます。

目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が

延びますのでウインドウコーティングしましたお車にはワイパーの交換をお薦めしております。

古いコーティングを落としてガラス表面をリセット! その後にウインドウ専用コーティング剤で

コーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がり!  こうやって見比べると水玉の丸さが違いますね(^_^)

そしてホンダ ステップワゴンスパーダのメンテナンス&ウインドウコーティングの完成です!

塗装面にはスクラッチやシミなど残っていますがお車全体の印象はサッパリと

綺麗になったと感じて頂けると思います。

写真より実車の方が違いがわかると思います(笑)

先ほども花粉のお話をしましたが、花粉が雨で濡れると斑模様になってしまいます。

これは斑模様になって美観が低下するだけではないんです。美観が低下するだけでしたら

花粉のシーズンが終わってから洗車すればいいだけなんですけど、塗装そのものを痛めてしまうので

花粉の時期はマメな洗車が必要になってきます。

夏になって気温が高くなると花粉シミは自然と無くなる事もありますが酷いとそのままシミに

なってしまう事もございます。 ですのでトラブル回避のためにも花粉時期はこまめな洗車が

お薦めです!  恐るべしペクチン!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダS660にメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のコーティングメンテナンスです。

プレミアムスターホワイトパールのホンダS660です!

こちらのお車はコーティング施工から3年と少々経過致しましたお車になります。

いゃいゃ3年なんてアッ!と言う間ですね(笑) こちらのお車を施工させて頂いてからもう3年ですか!

よく、桃栗三年 柿八年とか言いますが、あの頃に蒔いた種がそろそろ実を付ける年頃なんですね。(何の話だ!)

ところで桃栗三年 柿八年の後につづく言葉があるんだそうです。 私もさっき知りました(笑)

しかも地域によって色々なパターンがあって『梨の馬鹿めは十八年』や『林檎にこにこ二十五年』などの

果物系から『女房の不作は60年』『亭主の不作はこれまた一生』など、しまいには女房や旦那まで

登場するんだそうです(笑)

しかも亭主は一生成長途中だそうで・・・(^_^;)  イャ~なんかドキッとしますね~(笑)

全然メンテナンスとは全く関係の無い話に脱線しましたが何が言いたかったと言いますと

コーティングから“早いもので3年経ちました”と言う事です(笑)

話がまとまらなくなってきましたのでメンテナンスの話に戻しましょう(^▽^;)

 

ではS660のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチなど確認できますがオーナー様が大切にされていますので3年経過していると

考えますとお綺麗だと思います。

アフターです↓

メンテナンスですので限界はございますが軽めのシミやクスミが取れてスッキリとしました。

ルーフは・・・

ソフトトップですので何となく白っぽくホコリを含んでいるような汚れです。

アフターです↓

ソフトトップも専用のクリーナーで洗います。

ホコリっぽさが無くなってスッキリと黒くなりましたね!

リアカウルも・・・

細かなシミなどございますがお綺麗だと思います。

アフターです↓

当店の通常のメンテナンスでは基本的に磨きをいたしません。

ですので深いシミなどは残っています。シミが気になるようでしたらポリッシング有りの

メンテナンスプランもございますのでご気軽にご相談ください。

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

3年経っていますので少し多めに付いていました。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けてチェックします↓

だいぶ除去できましたね!

それ以外にも細部の洗浄などもおこないます。例えば・・・

汚れが溜まりやすいエンブレムの淵。ここは汚れが固着していますと簡単には落ちなくなるんです(^^;)

アフターです↓

エンブレムの淵なども専用のクリーナーで綺麗にします。

そして最後にタイヤとホイールです。

ホイールもそれ程汚れてはいませんでした。

それと今回は新品のホイールをご購入され、そちらのホイールは装着前にホイールコーティングをいたしました。

装着前でしたらホイールの裏側もコーティング出来ます! ホイールご購入時は装着前に是非(^_^)/

しかし・・・そちらのホイールの写真を撮るのを忘れました。 すいませんm(__)m

アフターです↑

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

プレミアムスターホワイトパールのホンダS660完成です!

艶も光沢もUPしてオーナー様もとてもお喜びになられておりました。

こちらのS660をご購入されてから3年経っていますが”全然飽きない”そうです(*’▽’)

今でも色々と走りに行かれているそうで羨ましい限りです!

当店はS660のご入庫が多いのですが皆様、S660を楽しんでいるように感じますし実際楽しいようです(笑)

私も一度はS660で箱根でも走ってみたいです!

 

当店のございます神奈川県では花粉が只今、絶賛飛散中のようです(;´∀`)

花粉が付いているところに雨でも降ったら、それはそれは大変な事になります。

見た目が大変なだけではなく花粉は塗装面に侵食しシミが付くなど塗装に悪影響を及ぼします。

ですのでこの時期は洗車の頻度を上げて花粉が付いている時間を減らしてください。

その洗車ですが少しでも洗車キズを低減するには洗車は泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

『桃栗三年 柿八年』ですが『花粉』はなるべくお早めに(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コバルトブルーのフリードモデューロXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ フリードモデューロXのボディコーティングです!

こちらのコバルトブルーパールのフリードモデューロXは昨年の11月にご購入されましたお車です。

ご購入から3ヶ月程経過しておりますが納車時にコーティングはしなかったそうで、今回当店に

お越しくださいました。

ボディコーティングとウインドウコーティングそしてホイールコーティングも纏めて

ご依頼頂きました。 ありがとうございます。

新車とは言え3ヶ月経過しているダーク系のボディカラーですので小キズなどあるとは思いますが・・・

それ以外にもあるんです(^_^;)

では3ヶ月経過致しましたコバルトブルーパールのフリードモデューロXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れていてよくわからないですね。よ~く目を凝らして見ると線キズが結構確認できると

思います。

しかし目を凝らしていると疲れると思いますので洗車後に撮った写真がこちらです↓

これなら目が疲れないと思います(笑)

初めからコッチ写真出せよ!って話ですよね。 すいませんm(__)m

ボンネットも線キズ(洗車キズ)があるんですけどルーフはもっと・・・

多いんです。 しかし写真ですとそのキズの多さがあまり伝わりません(汗)

しかも・・・

この辺りは加修の跡がバッチリと残っています。 もちろんオーナー様は磨いていないとの事ですので

納車前に何処かのタイミングで磨いたのでしょう。 キズやシミなど付いている場合に納車前に

磨いて手直しなどするんですが、その磨きが十分でないのでこの様に磨きキズやモヤモヤとした

通称オーロラマークが付きます。

ボディサイドは・・・

少し曇り気味です。

リアゲートも・・・

写真が下手ですいません。こちらも若干曇り気味でした。

ホイールも少し汚れていました。

 

3ヶ月経過ですので洗車キズなど付いているのは想定内です。オーナー様に伺ったところ納車から数回しか

洗っていないとの事ですのでボンネットのキズの量は納得です。しかしルーフはボンネットに比べると

明らかに多いです。ルーフに加修跡があるので、たぶん何かを手直ししてその後に一生懸命ルーフを

洗ったのでしょうね(^_^;)

納車前に付いたキズやシミなどの手直しは全然珍しい事でもなく実はよくある事です。

ある意味手直しはしょうがないとは思いますが、問題はその手直し跡が付いている事です。

しっかりとした知識と技術がある作業者が磨けば綺麗に仕上がりますが実際のところは・・・

そうじゃない方が磨くことが多いんです(汗)

でも安心してください! キッチリと磨けば綺麗になりますから!!

では作業を始めていきましょう!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水している感じはします(笑) 撥水と言うより油分ではじいてる感じです(^^;)

そのなんとな~く油っぽいウインドウを綺麗にしていきます。

そして綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! これが本当の撥水の状態です(^_-)-☆

 

続きましてはボディです。

洗車した後に鉄粉の除去をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

ボディが青い事もあって分かりにくいですね。ただあまり反応はなくとても少ないんです。

ネンド掛けしてみても・・・

使用前のネンドです↑

そしてこちらが使用後のネンドです↓

ネンドがあまり汚れていません! 鉄粉が少ないので今回は軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は納車から3ヶ月のまだ新しいお車ですが当店の新車プランは基本納車から1ヶ月以内のお車が

対象となります。 キズも少なければスタンダードプランでも可能ですが今回はその上の

エクストラプランでの磨きとなります。 エクストラプランはスタンダードプランより磨きの工程が

多くなり、よりシミやスクラッチが除去できる磨きとなります。

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリと!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

そして加修で付いた磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!  これで本当の加修終了ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスカッとクリヤーです!

リアゲートだって・・・

綺麗になったんですけどちょっと写真がアレですね(^^;)

ホイールも・・・

コーティングして艶々です(*^_^*)

そしてコバルトブルーパールのフリードモデューロX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^。^)ノ

塗装面がクリヤーになった事で色に深みが出ましたね!

オーナー様も『やっぱり違うなぁ~。全然違うよ!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございます。

 

今回は納車から少し時間が経っていましたが新車でもシミやキズが入っていることも多いです。

また納車前にシミやキズなど不具合箇所を手直し、その加修跡が付いているお車も非常に多いんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

新車も経年車もコーティングは是非当店で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。