ソウルレッドのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

ソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2です! ソウルレッドクリスタルメタリックは

当店初入庫になります(^^)

少し前にセラミックメタリックのMazda2をご紹介致しましたがカラーが違うと全然雰囲気が

変わってきますね(*’▽’)  セラミックメタリックはカジュアル、ソウルレッドは重厚感あるプレミアムな

雰囲気ですね。  皆様はどちらがお好みですか??

そんな重厚感あるソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

上の写真だと少しライトの淵がモヤけて見えますが実際はもっとスッキリと綺麗に

映り込んでいます。

ルーフは・・・

こちらの写真ですと少しボヤッとしている感じですけど実際はもう少しお綺麗です(^_^)

ボディサイドは少し曇っているんですけど上の写真達との違いがわかりませんね(^▽^;)

このソウルレッドって塗料(塗り方の)関係でしょうか?写真だと上手く写せないんです(汗)

本当です(写真の腕かも知れませんけど)

リアは・・・

ホント若干なんですけど曇っているんです(^^;)

ホイールも・・・

少しだけ汚れていました。

 

全体的に塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態でした。

毎回マツダの新車時に言っている気がいたしますけど私的にはマツダ車は塗装の曇りがやや酷い傾向という

印象なんですが最近のマツダは品質が安定したのか?何かが改善されたのか??以前ほど

曇りの酷い車両には遭遇しません(^^) 特に以前のソウルレッド”プレミアム“メタリックは塗装の“塗り”

含めて個体差が激しかったんですが今回のソウルレッド”クリスタル“メタリックは塗装の質が向上している

印象を持ちました。  ただソウルレッド”クリスタル“メタリックは今回、当店初入庫ですので・・・(^▽^;)

今後のソウルレッド”クリスタル“メタリックがどのような”質”なのか楽しみです(笑)

では作業を始めてまいりましょう!作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご紹介です。

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼を頂く事が多い人気の

オプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

油分などの付着も少なく水を弾いていませんでした。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

たとえ綺麗だからと言ってそのままコーティングする訳ではございません(^_^)/

更にガラス表面を綺麗にしてからコーティングしていきます!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは雨だけではなく実は雪や霜にもとっても有効なアイテムなんです!

これからの季節にも是非どうぞ~(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボンネットも・・・

リアもほとんど反応がございませんでした!

全く付いていない訳ではございませんが、とっても少なかったです。

私的にはマツダの新車は比較的鉄粉が結構付いている印象なんですが、今回のMazda2はお綺麗でした(^_^)/

という事で軽めの鉄粉処理をしています。

それが終わったら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近ご指名が増えてきましたカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

こうやって見ると若干ですがイクラっぽい感じですけどイクラではございません! 水玉です(笑)

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真がね~(^▽^;) 実際はもっと綺麗にクッキリと綺麗なんです(汗) 本当なんです(^^;)

ルーフは・・・

こっちの写真の方が何となく施工前後の違いがわかって頂けるかも??

ボディサイドは・・・

写真がね~(笑) より綺麗になっているんですけどね~。

施工前後の写真をよ~く見比べて下さい。ライトの映り込みがクッキリとしていますから~(^^)

リアも・・・

是非見比べて下さいね(笑)

ホイールは・・・

違いがわかりやすいです(笑)

それもそのはず、今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますのでコーティングでツヤピカです!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々新車ですので艶もあったんですけどコーティング後は更に艶々でクリヤーなんです(^_-)-☆

EXE evo1がこれまたいい艶を出すんです。

EXE evo1のワンランク上の艶を皆様も是非お試し下さい! いいですよ~(*^^*)

オーナー様も『うわっ~すげ~。すげ~綺麗!!ピカピカ!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。 ピカピカMazda2を堪能してください!

より輝きを増したソウルレッドクリスタルメタリックのMazda2のご紹介でした!!

 

ソウルレッドと一言で言っても実は2種類ございまして、以前はソウルレッドプレミアムメタリックで

現在はソウルレッドクリスタルメタリックに進化しました。

以前のプレミアムより現在のクリスタルの方がより陰影がハッキリと出るカラーになっています。

光の当たっている面は鮮やかな赤に、そして影の面は深い赤に(黒っぽく)見えます。

ですので明るい所で見ると鮮やかな赤と深みある赤のメリハリが強調されボディの面やラインが際立ちます。

マツダ曰く・・・『「カラーも造形の一部」という思想の下、魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる

カラーの開発に力を入れています。』とボディカラーにも強い拘りがあるようです。

今後もどんなカラーが出てくるのか楽しみです!  ← ちょっとマニアかな(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

セラミックメタリックのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

セラミックメタリックの新車Mazda2です!

この型のモデルはデミオ時代から何台も作業させて頂いておりますが、このセラミックメタリックは

当店初入庫になります(^_^)/ と言うよりこのカラーが設定されている事すら知りませんでした(汗)

デミオ時代を含めてあまり見かけないカラーで少し新鮮です!

気になったので(笑)少し調べたらデミオの時代に限定車として設定されていたようです。そしてMazda2に

改名された現在は通常のカタログモデルとしてセラミックメタリックが設定されたようです。

いゃ~スッキリしたヽ(^。^)ノ  プチ情報でした(笑)

そんなセラミックメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

曇りでシャキッとしていませんね(;´∀`)

ボディサイドは・・・

同じくライトがモヤモヤッとした映り込み具合です。

これでは気持ちもモヤモヤとしてしまいます(^^;) 気持ちを切り替えてリアを見ていくと・・・

やっぱりモヤモヤとしていました(笑)

ホイールも・・・

若干汚れておりました。

と以上のように全体的に塗装面がモヤモヤと曇っていて気分もスッキリとしない状態でした。

これの曇りがよく新車に見られる白ボケと言われる状態です。

多くの方が新車時(納車時)が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に白ボケしている

新車が非常に多いです。またメーカーによっても状態は様々です(^^;)

今こそ全ての日本国民に問います! このままの状態でコーティング剤を塗ってもいいのか?」と(笑)

いい訳がありません!そんなことしたらチコちゃんに叱られてしまいます(^▽^;)

この状態のままコーティングをしてしまえば曇りを閉じ込めてしまう事になります。

結果、艶はあるけど何だか透明感がいまいち・・・そんな事になってしまいます。

ですので新車でもボディも磨きが必要になってきます!

もちろん当店では新車も磨いております。

ではワンランク上の新車を目指して作業を開始していきましょう(^_^)/ 作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので軽めの鉄板処置を行いました。

あまり変わり映えしませんけど、せっかくアフターの写真を撮ったので・・・

ボンネットもリアも更に・・・

スッキリと綺麗になりました!

綺麗になったら今度はマスキングをしていきます。

マスキング完了! ここまでがボディを磨く為の下準備となります(^_-)-☆

そしてボディを磨いていきます。今回の新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティングへと進みます!

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの淵モヤモヤもスッキリしましたね!

ルーフも・・・

曇りも取れてライトがシャキッと映り込むようになりました(^_^)/~

ボディサイドは・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)

リアも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになっています。

ホイールも・・・

綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

セラミックメタリックのマツダ Mazda2、新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました! これならチコちゃんに叱られる事はないでしょう(笑)

正直、写真ですと施工前後の違いが分からないかも知れませんが各部のアップで見て頂きました様に

曇りも取れてスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がっております。

実際に見て頂ければ艶やかさの違いを実感して頂けると思います(^_^)/

今回のMazda2は若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

チコちゃんに叱られる前に新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

MAZDA6のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ MAZDA6のボディコーティングです!

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6は納車から間もない新車になります!

ご存知の方も多いと思いますが今年の夏の一部改良時にアテンザからMAZDA6に車名変更されました。

フルモデルチェンジに車名が変更される事はよくある話ですけどモデルの途中での車名変更は

レアケースですね(*^_^*)

そんなアテンザ改めMAZDA6になったマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6の

現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車から間もないんですけど、その間に台風の直撃などもございまして、少し汚れ気味です。

でも台風によるキズやヘコミ等、お車へのダメージも無かったようで良かったです(*^^*)

ルーフも・・・

ちょっと汚れていますね。ちょっとです(笑)

ボディサイドは・・・

ちょこっとだけ曇り気味なんです。

実はボディサイドだけではなくボディ全体的にやや曇り気味(白ボケ)なんですけど写真ですと

上手く伝わらない程度の軽い白ボケです(^^;)

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですけど実は微妙に曇り気味なんです。

タイヤとホイールは・・・

ホイールは軽く汚れ気味ですね。↑の写真だとわからないんですけど実は・・・

タイヤは結構泥だらけなんです(^▽^;)   ホイールハウス内も泥が結構アレですね(笑)

 

納車から間もないお車ですけど連日の雨風でちょこっとだけ汚れ気味でした。

それ自体は全然問題ないですけど肝心の塗装肌の状態が・・・悪くありませんでした!

私的にはマツダ車は以前は新車時の塗装の曇り(白ボケ)が酷い車両が多い印象だったんですけど

最近の車両は以前に比べると白ボケがだいぶ少ない車両が多い気がしています。

でも相変わらず酷いという声も聴きますので、個体差なんでしょうね(^▽^;)

そして今回のMAZDA6ですけど若干の白ボケが確認できますのでスッキリとしていきたいと思います

では作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分の付着で水を弾いていました。

ただ程度としてはまだ“軽い”状態です。これが酷くなってしまうと油膜が簡単には落とせなくなりますので

油膜は早めの処置がお薦めです!

リアも・・・

油分の付着で水を弾いています。  この状態ですと視界が悪くて危険です(;´∀`)

その危険は油膜を・・・

除去してガラス表面をリセットします!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

綺麗に撥水しています。 高速走行時など水玉が流れて視界を確保してくれますヽ(^o^)丿

雨の多い日本では1年中活躍してくれる人気のメニューになります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的な事もあって写真だと相変わらず、いまいちわかりません(^^;) 写真の撮り方が悪いんじゃね~?? と

ツッコまれそうですけど、もう撮っちゃったので仕方ありません。    ← 開き直った~~(;´∀`)

実際のところは鉄粉も少なめでした。リアも・・・

よく見ると黒っぽく点々と確認できますがリアも少なかったです。

という事で今回の鉄板処置は軽めに行ないました。

一応処理後の再チェックの写真も撮りましたが・・・

相変わらず何が何だか・・・(^^;)

違いがわからないね~ っとツッコまれそうです。 でももう撮っちゃったので仕方ありません(^^;)

でもご安心ください。写真だとわからないだけで、ちゃんと綺麗になっています!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

ボディを磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

こちらの新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランです。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます。当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってスッキリとクリヤーになっているんですけど写真だと、どうしても違いが

わかりにくいと言いますか。写真撮るでのが下手と言いますか(^^;)

でも実車を見て頂ければ違いがもっとはっきりとわかります!

リアも・・・

より綺麗に仕上がりました!

そしてタイヤとホイールも・・・

綺麗に洗ってホイールコーティングしています。タイヤも艶出をして綺麗になりました!

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6新車コーティング完成いたしました!

クスミも取れてスッキリと艶々に仕上がりました!

“EXE evo1″もいい艶が出ています(´▽`*)

オーナー様も『ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。そして『外に出したくないなぁ~』と

言われていました。

そうですよね。そりゃそうです。だって外は雨ですもん(^▽^;) 私も出したくないですもん。

でも大丈夫です!洗車をすればまたピカピカになりますので(^_^)/

ピカピカのMAZDA6、何時までも大切にお乗りください!!

 

アクセラがMAZDA3に名称変更されたのを機にマツダは基本、車名を世界で統一にしていくそうです。

それに伴いデミオもモデル途中ですが先日、MAZDA2に車名が改められました。

マツダやることが早いです(笑)

でもロードスターはMX-5とはならずに例外でロードスターのままだそうです。

これは『車名に愛着をもつオーナーたちの意向にも配慮』した結果なんだそうですけど、アテンザもアクセラも

そしてデミオも十分、車名が浸透していますし車名に愛着をもつオーナーさん達も多かった気もしますが

決まってしまった以上私にはどうする事も出来ません。 まぁ、決まる前でも私にはどうする事も出来ませんが(^^;)

でも時間が少し経てばMAZDA6もMAZDA3もそしてMAZDA2の呼称も直ぐに浸透して愛着が湧いてくると思います。

そしていま開催中の東京モーターショーでマツダ初のEV「MX-30」を発表しました!

“CX”系とはまたひと味違うデザインテイストでこれまた日本での発売も楽しみです。

更にロータリースポーツ系の“RX”はどうなってしまうのか?? 興味は尽きません(*^_^*)

これからのマツダにも期待していきましょう!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ アテンザのボディメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマツダ アテンザは今年の2月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

ちょうど半年経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

定期的に洗車をされているそうですがご入庫時は前日の雨などの影響もあって少し汚れている

状態です。

コーティング施工から半年経過致しましたアテンザのメンテナンスの様子もビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

やや汚れ気味です(^^;) 雨が続けばしょうがないです。問題はこの後に洗車した時に

水アカのこびり付きも無く、そしてどれ位綺麗になるかです(笑)

アフターです↓

↑は洗車以上の事をしているので、より綺麗です(笑)  でも洗車だけでも水アカのこびり付きも

無く、またシミやスクラッチも少なく状態は良好でした(^_^)/

ルーフも・・・

軽く雨ジミ汚れなどはございますが・・・

ルーフもお綺麗です!

とても大事に扱われているのが伝わってきます。

トランクも・・・

少し汚れはありますが気になるようなシミやスクラッチもなく、とてもいいですね!

アフターです↓

クスミも無くてまだまだクリヤーで艶々です(^_^)/

ただやはり雨が流れ落ちる・・・

ドアミラーやドアノブなどからは黒い雨筋が付いていました。

アフターです↓

雨筋もスッキリとしました。

しかしボディサイドの下部は・・・

かなりの汚れ様です。  特に赤い矢印のタイヤの方を向いている面には謎の汚れがビッシリです(^^;)

なんだコレ??しかも全然落ちない(汗)

間違いなく道路の汚れをタイヤが巻き上げて付いた汚れだと思いますが一体何を巻き上げているのでしょう??

オーナー様にお聞きしても特に変わったところを走っていないそうですが・・・オーナー様も洗車しても

落ちないと気にされていたそうです。

アフターです↓

全然落ちないんですけど、あれやこれやを試して何とかここまで綺麗になりました(笑)

タイヤ側の面の写真も撮ればよかったですね(^^;)  後から気が付きました。すいません。

でも最後のホイールの写真でもなんとか確認できそうです!?

ここです! 赤い矢印です。 本当はホイールのビフォーなんですけど矢印の所も見て下さいね(笑)

ちなみにホイールは汚れも少ないです!

ホイール後ろ赤い矢印の所のアフターです↓

ホイールもつやが出てピカピカになりました!

そして赤い矢印の所の汚れは、これ位まで除去できました。

しかし一体何の汚れなのでしょう?? 普通のピッチ&タールでもなさそうですし・・・

あまり見かけない汚れでした(;^ω^)

そしてマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶と白さが復活しました!!

今回、ご入庫時は少し汚れてはいましたが、シミやスクラッチがとても少なくて

メンテナンスをすれば元通りのツヤッピカです(*´▽`*) スクラッチの少なさを見ますと、

おそらく優し~く丁寧に洗車されていると思います。

(違ったらごめんなさい(笑) ゴシゴシと洗ってはいないはず!)

この感じでこれからもお手入れ頑張ってください!

 

コーティングメンテンスは早め早めに行うのがお薦めです。特にダーク系カラーのお車は早めがいいです。

と言いますのもコーティングを行っていても汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。

普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に洗車を行なえば汚れの付着が

低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。

そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に

渡り美観を維持するポイントです(^.^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダのマツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

マシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKです!

納車ホヤホヤの新車です。皆様も既にご存じの通りモデルチェンジのタイミングでアクセラから

マツダ3に改名されました。初めは“3”が車名なのかと思っていたら“マツダ3”が車名なんだそうですね。

更に今まではアクセラ スポーツと言われていました5ドアが今回からファストバックと呼び名も

変わりました。 もう名前からしてカッコイイんですけどカッコイイのは名前だけではなく

お車の方も勿論カッコイイです!  カッコイイだけではなくて美しい(´▽`*)

マツダがこだわったボディサイドの面への映り込みが美しい~。これは皆様も是非とも実車で

ご確認ください!  綺麗ですよ~(*^^*)

いきなり話がそれてしまいましたが早速新型マツダ3の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ですが曇りが確認できます。

ただ写真だと上手く写らない程度の軽い曇りです(^^;)

ルーフも・・・

少し曇っています。

ボディサイドは・・・

リアピラーの辺りは曇りも気になりませんが・・・

フロントのドアはやはり若干曇り気味でした。

リアゲートは・・・

新車ですので基本的にはお綺麗です。 ただ少しだけ曇っているかなぁ~って感じでした(笑)

実車でもほぼ気にならないと思います(^^)

 

マツダ車は新車でも結構塗装面が曇っている車両が多い印象なんですが、最近品質が上がったのか

安定したのか、はたまたロットの関係なのか最近の車は以前ほど曇りが酷くないです。

今回のマツダ3も若干曇り気味ではありますが以前のマツダ車に比べると遥かにクリヤーで

お綺麗です! お綺麗ですが更に磨いてコーティングするともっと綺麗になります(笑)

と言う事で早速も~っと綺麗にしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

あまり反応していません! 鉄粉が少ない証拠です(^^ゞ

これまた少し前のマツダ車は新車でも鉄粉が多く付いている車両が多かった印象なんですが(個人の感想です)

こちらのマツダ3は鉄粉も少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので鉄粉除去は軽く行いました。

元々少なかったので写真で見比べても違いがわからないと思いますが、せっかくアフターの

写真も撮ったの載せておきましょう(笑)

ボンネットも・・・

リアも・・・

違いがわからず!!(^^;)

鉄粉処理終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きとなります。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

当店では低撥水タイプのコーティング剤と言えばPCX-S7を使う事が多かったのですが

PCX-V110にはPCX-V110の良さ、そしてPCX-S7にはPCX-S7の良さがございますので

低撥水タイプのコーティング剤をご希望のオーナー様とご相談の上でPCX-S7とV-110を使い分けています。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしたんですが・・・写真ですとあまり変わらないな~(^_^;)

ルーフも・・・

スッキリとしたんですが~(^^;)

施工前と比べてくださいね~(笑)

リアピラーは・・・

元々曇りも気にならなかったんですけど磨くとやっぱり綺麗になります!

ドアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとシャープになりました。

リアゲートも・・・

よりクッキリとクリヤーになっているんですが~(汗) あまり違いが伝わりません(大汗)

 

そしてマシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。  PCX-V110らしいキラッ!っとした綺麗な艶に仕上がりました!

と言っても写真だと違いが・・・(^▽^;)

光沢感も更に上がっていますのでボディサイドへの映り込みも更にクリヤーにそして綺麗になっています!

私たちコーティング屋さんの人間がボディサイドの映り込みがああだこうだとよく言いますが(笑)

マツダ3はメーカー自らボディサイドへの景色の映り込みに拘って作られ、そしてそれを見てくださいと

宣伝している、まさにマニアにはたまらない車です!

今回のマシーングレープレミアムメタリックですが、あのソウルレッドプレミアムメタリックに続く

「匠塗」シリーズの第2弾となります。金属の質感を追求したカラーとの事です。

光の当たり方でコントラストがハッキリと出るカラーですので走っている時にボディサイドに映り込む光や

景色の移ろいがいっそう味わえるマツダ3にピッタリの色だと思います。 

いや~色々とマニアックな世界ですね~( ̄▽ ̄)

是非走っているマツダ3に映り込む景色の移ろいにも注目してください!

いや~マニアですね~(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ プレマシーの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ プレマシーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレマシーは2017年の7月にボディコーティング施工致しましたお車になります。

1年毎に定期的にメンテナンスにお越し下さっていて今回は2度目のメンテナンスのご依頼です!

前回のメンテナンス時もそうでしたが今回もとてもお綺麗なんです。本当にお綺麗で

とても2年経過しているお車には見えません。

と言う事で今回もご紹介出来る所も少ない&ビフォー&アフターの違いが分かりにくいという

なんとも私泣かせな内容になりそうな予感がいたしますが泣かずに頑張っていきたいと思います(笑)

では早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットのビフォーです↓

オーナー様曰くそれ程洗車していませんよ!って言われていましたが・・・マジッすか!?

2年経っているとは思えない程お綺麗です。

アフターです↓

もう泣きそう(^^;) 早くも泣きたいですけど頑張ります(笑)

違いが伝わりませんね(汗)

ルーフも・・・

お綺麗です。もちろん細かなシミやスクラッチもあるんですけどパールホワイトですと

目立たないです。

アフターです↓

たまにはビフォー&アフターの違いを探してみるのもいいかも知れません(^▽^;)

っと言いたくらい写真だと違いが伝わりません。

ボディサイドも・・・

基本的にお綺麗ですので・・・

これがアフターですと言っても“ああぁ、そうですか”と言われそうですけど、言わないでください(;´∀`)

実際は違いを感じて頂けると思いますので(笑)

それといつもの鉄粉です。

こちらは違いを少しは感じて頂けるかと思います。

黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

↑はボンネットです。ボンネットは少なめでしたが・・・

リアはちょこっとだけ多めです。とは言えボンネットに比べての話で2年経過と考えますと

ボディ全体、鉄粉は少なめでした!

アフターです↓

ボンネットも・・・

リアも、もちろんボディ全体スッキリしました!

それとオーナー様が気にされていました・・・

細かな所の汚れです。ボディは基本的にお綺麗でしたがウインドウ下や隙間、↑のような

ウォッシャーノズルの淵などに汚れが蓄積していました。

ウォッシャーノズルが綺麗になるだけでも印象は全然違ってくると思います!

ウインドウやピラー下の隙間も・・・

綺麗にすると・・・

印象がガラリと変わります(^_^)/

小さな汚れなんですけど、この汚れを落とすだけでお車全体の印象も大きく違ってきます!

そして最後にホイールです。

ビフォーです↑ もう何も言う事はございません(笑) 十分お綺麗です(´▽`)

アフターです↓

綺麗でも、ちゃんとタイヤもホイールも洗って艶出しをしていますよ!

そしてマツダ プレマシーのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!!

いかがでしょうか。 と言っても“何がですか??”とか言わないでくださいね(^▽^;)

元々がお綺麗なんでしょうがないです(笑)  もう開き直るしかないです(´▽`)

でも実車の方を見て頂ければより艶々ボディに仕上がっておりますので皆様もご自身の目で見て

感じてください(笑)   そして感じる為にお越しください! お待ちしております(笑)

確かこちらのプレマシーは前回のメンテナンスの時もとってもお綺麗でブログで書く事がなくて泣きながら

書いていました(嘘です。)  それから早1年が経ったんですけど、相変わらず本当にお綺麗でした!

今回も書く事がなくて泣きながら書いていました(嘘です) と言う事は次回のメンテナンス時も

泣きながら書く事になる事でしょう(*^。^*)  コーティング施工をさせて頂いたお車を

何時までも綺麗にお乗りくださるのは嬉しいですね! ブログを書くのは泣きが入りますが

何年経っても綺麗に乗られていると・・・うれし泣きです(´▽`*)  うれし泣きは大歓迎です!

当店に定期的にメンテナンスなどにお越しくださるお車は本当に皆様お綺麗にされています。

その度にブログでご紹介するのが四苦八苦していますが・・・なんという事でしょう!?

この後もメンテナンスが続きます(^^;)

今、ご紹介しているのはまだ7月分なんですけど今年は7月から8月にかけてメンテナンスのご依頼を

多く頂きました。 ありがとうございます。

この次もその次も、またその次もまだまだメンテナンスが続きますので涙枯れるまで頑張って書いていく所存です!

宜しくお願い致します!  ← 何を??

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

チタニウムフラッシュマイカのアテンザにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ アテンザスポーツワゴンのコーティングメンテナンスです。

メンテナンスのご紹介が続きます!今回も次回もそのまた次回もメンテナンスです(笑)

そして今回のメンテナンスの主役はチタニウムフラッシュマイカのアテンザです!

昨年の7月にボディコーティングを施工致しましたお車です。まだ半年位の感覚だったんですが

もう少しで1年経つんですね!早いです(^^;)

その間に外観からはわからない所から、わかる所までカスタマイズが進んだようで

いっそうスポーティーなアテンザに進化していました!  シブいっす(^_^)/

そんなスポーティーなアテンザですが間もなく1年と言う事でボディの方も痛みが進化進んでいます(^^;)

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

屋外屋根なし駐車ですのでどうしても汚れがちです。しかし意外とシミや洗車キズは少なさそうです。

アフターです↓

もちろんシミが無い訳ではありませんが少ないです(*´▽`*)

洗車キズもとても少なく状態は良好です!

ルーフは・・・

ボンネット同様少し汚れてはいますが・・・

シミも洗車キズも少ないですね~!  素晴らしい!!

ボディサイドも汚れていますが・・・

ボディカラー的にあまり目立ちません(笑)

写真の角度を変えると・・・

雨筋が確認できます。 しかしこの色はあまり汚れが目立ちませんね!新たな発見でした(笑)

アフターです↓

↑この角度だと違いがわかりません(笑)

別角度からだと・・・

艶々になったのが分かります(^_^) もちろん雨筋などございません!!

ホイールも・・・

↑のようなスポークの隅って洗い残しが出やすい場所です。

アフターです↓

隅っこまで綺麗に洗って艶出しを行ないましたら・・・

チタニウムフラッシュマイカのアテンザスポーツワゴンのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

色の深みと艶・光沢も向上しチタニウムフラッシュマイカらしいシックで落ち着いた

アテンザに復活いたしました!

オーナー様も『うわぁ!また綺麗になった~。やっぱり自分ではこうは出来ない

『いゃ~何処かへドライブ行きたい』とお喜びになられておりました。

いゃ~わかる!わかります!! 車が綺麗になるとドライブに行きたくなりますよね!?

アレは何でしょうね??運転しているとボディが綺麗か汚れているかわからないんで関係なさそうですけど、

綺麗にすると走りたくなります(笑)

それだけ気分が上がるって事でしょうか??きっとそうでしょう!そういう事にしておきましょう(笑)

ではお気を付けて行ってらっしゃ~い(^o^)/

 

コーティングしていてもお車は徐々に汚れてきますし艶も引けて撥水性能も落ちてきます。メンテナンスでは

弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると

綺麗な状態を維持しやすくなりますしコーティングも長持ち致します。と言いますのも汚れや雨ジミなどが

固着してしまう前に洗車を行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車や

メンテナンスでも落ちなくなってきます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、

落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダRX-7(FD)のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダRX-7のボディコーティングです!

平成14年式イノセントブルーマイカのマツダRX-7です!

FDの最終型になります。最終型でも、もう17年前になるんですね(^^;)

こちらのお車は昨年ご購入されたそうで、塗装の痛みが激しかったので同じ色でオールペンされた

との事です。 昨年11月頃にオールペンされ、その後にコーティングのご相談があり、塗装が落ち着いた

年明け頃にコーティングの予定だったのですが色々とあったそうで(^^;) 今月ご入庫くださいました。

オールペンしてからまだ間もないのですが花粉のシーズンにご入庫となりましたので

早くも花粉の影響を・・・(^▽^;)

ではオールペンから約5ヶ月程経過致しましたRX-7の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

オールペン上がりと言う事で覚悟はしていましたが、やはり磨きキズ(バフ目)やオーロラマークが

広範囲に確認できます。

ルーフは・・・

分かりにくいかも知れませんがシミシミなんです。もちろん磨きキズも付いています(汗)

リアゲートも・・・

シミが目立ちますね(^^;)

ボディサイドも・・

磨きキズだらけでした。

ホイールは・・・

お綺麗です! よかった~(笑)

 

オールペンに限らずですけど再塗装した場合は今回のように磨きキズや光が当るとオーロラの

ようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できることが多いです。

これは再塗装後の磨きがしっかりと出来ていない証拠です。適正な機械やコンパウンドなどの

マッチングや照明、そして作業者のスキルなど要因は様々ですが要因はどうであれ、

ちゃんと磨けていない“事には違いありません(^_^;)

しかしこれは板金屋さんに限った話ではなくコーティング屋さんにも当てはまります(汗)

もちろん中には綺麗に磨いて仕上がっている板金屋さんもございます!

逆に綺麗に磨けていないコーティング屋さんもございます。  怖いですね~(^^;)

今回はこの磨きキズと花粉で出来たシミが多いのでちょっと大変そうですが張り切ってまいりましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の処理をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

見にくいですが少ないです!

鉄粉処理後も・・・

写真だとよくわかりませんね(汗) すいません。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

 

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとして、ボディの艶や光沢・質感がUPするプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちいい水玉撥水の・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズもスッキリと除去してスベスベになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしましたね!!

リアのシミも・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

大きなシミのように見えるのは天井の映り込みです(汗)

ボディサイドも・・

磨きキズが無くなってサッパリと艶々です。

ホイールは元々お綺麗でしたが更に艶やかです!

そしてイノセントブルーマイカのマツダRX-7、ボディコーティング完成いたしました!

綺麗になりましたよ~(^_-)-☆

写真だとあまり変わらないように見えるかもしれませんが(汗)実車の方は艶感が

全然違います。

お車を引き取りに来られたオーナー様もお店に入る前のガラス越しでも違いがお分かりいただけたようでした。

もちろん店内で見れば全然違います(笑)

『一目で違いがわかります。いや~嬉しい、すげ~綺麗』とオーナー様もビックリしておりました!

ありがとうございます!!

 

こちらのオーナー様は若い方で子供の時からRX-7が欲しかったそうです・・・子供の時ですか(^^;)

私はその時、もう既に大人でした(笑) 忘れもしません。だって大人の私も欲しかったんだもん(*´з`)

当時私はスカイライン(R32)タイプMかMR-2(SW11)か新型のRX-7を買おうか迷ったんです。

その時RX-7はまだ前のモデル(FC)だったんですが新型のRX-7が出るのを見てからどれにするか

決めようと思っていました。しかし・・・新型のRX-7が出て2つビックリしました。

一つ目のビックリは思っていた以上にカッコよくてビックリと、もう一つのビックリは・・・

値段が高くてビックリです(^^;)  FCより大幅に値段が上がってしまってこの時点でRX-7は夢と化しました(涙)

結局その時はスカイラインにしました。これはコレで非常に気に入っていました(*‘∀‘)

MR-2も15~6年前に訳あって短期間ですが保有する事が出来ました。

これはコレでまた非常に気に入っていました(笑) 今考えると手放さなければよかった(;´∀`)

残るはRX-7!

既に大人だった私も今ではもう、いい大人(笑)

そんないい大人になった私ですがやっぱりRX-7は欲しいっす!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ アテンザにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ アテンザのボディコーティングです。

H27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザです!

こちらは最近ご購入され、納車後すぐに当店にご入庫頂きました。

かる~くローダウンされているのでスポーティなアテンザがよりスポーティでカッコよく仕上がっています。

低すぎる事もなく言われなければノーマル車高かと思うくらい自然で品のある落ち具合です(´▽`)

またホイールがノーマルってところもポイントが高いですね!

そんなスポーティで品のあるアテンザの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとあまり傷んでないように見えますが、実は結構スクラッチやシミが多いんです。

パールホワイトですと写真に上手く写せないです。      もしや写真の腕の問題か??(^^;)

ルーフも・・・

綺麗・・・っぽく見えますがややスクラッチが多め・・・なんです(^_^;)

分かりにくくてすいません。

トランクは・・・

同じような状態なんです。 何となくライトの輪郭がガサガサしているのが分かって頂けるでしょうか??

ボンネットやルーフなど水平面はシミやスクラッチ・酸化被膜などの影響でこの様に塗装が

ガサガサしていました。

ボディサイドは・・・

こちらもクスんでいて透明感が損なわれている状態です。

ホイールは・・・

ご入庫時は雨だった事もあって少し汚れ気味でございました。

 

全体的にスクラッチがやや多めで細かなシミも多く透明感が損なわれていました。

中古車に限らず新車の展示車(外の展示車)もそうなんですが、洗車は濡れたクロスで拭くだけの

拭き上げ洗車をする場合が多いですけど・・・拭き上げ洗車ってキズが凄く付くんです(T_T)

と言う事もあって中古車は洗車キズ(スクラッチ)が多く付いている車両が多いです。

そうなると当然、展示期間が長ければ長い程、洗車回数が増える訳で洗車回数が増えれば増えるほど

洗車キズは増える訳でして(^^;)

キズやシミが増えると光沢感や艶が無くなって更にクスミが進むと透明感も損なわれてきます。

でも安心してください! 磨けば輝きます!!

それではアテンザをキリッとリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ 鉄粉もやや多めですね(^^;)

トランクも・・・

多めでした。

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーをシュシュッと吹きかけて再チェックしたところです。

ボンネットも↑ そしてトランクも↓

綺麗になりました!

鉄粉が多く付いていると洗車時にスポンジがスムーズに滑らずに引っかかります。

洗車時に試してみて下さい。 スポンジがスムーズに滑らないようでしたら、それはもしかしたら

鉄粉のせいかもしれません(;’∀’)

 

鉄粉の処置がおわりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

滑らかさが伝わりますでしょうか??

ルーフも・・・

艶々になりました。

トランクも・・・

ガサガサしていた塗装肌が潤いを感じるような肌に変身です(^_^)/

ボディサイドも・・

クスミが取れて透明感を取り戻しました!!

ホイールも・・・

サッパリと綺麗になりました!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、ボディコーティング完成です!

スノーフレイクホワイトパールマイカ本来の白さに復活しました(^_-)-☆

磨いているとよくわかるんですが、磨いた所と磨いていない所では白さが違うんです(笑)

磨いていると白くなっていくのが分かるんですよ(*^_^*) 施工前でも白く感じるんですけど

磨くとやっぱり白くなるんです。

オーナー様も『すげ~綺麗!ピカピカじゃないですか!』と違いを実感して頂けたご様子でございました!

ありがとうございます。

 

何度か書いたかもしれませんが、このスノーフレイクホワイトパールマイカは本当に

綺麗な”白い”パールホワイトなんです。

オーナー様も『マツダのパールホワイトは白くて綺麗なんですよね!』っとお気に入りのカラーの

ご様子です。

ホワイトは知らず知らずのうちに汚れで黒ずんできます。毎日見ていると気が付かないんですけど

今回のようにリフレッシュしますと違いがよ~く分かります(笑)

皆様のパールホワイトは大丈夫ですか??

気になられましたらお気軽に当店にご相談ください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ デミオに定期メンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ デミオのメンテナンスです!

ジェットブラックマイカのデミオです!

こちらのデミオは定期的にメンテナンスにお越し頂いております。前回のメンテナンスは

昨年の夏でしたので約半年ぶりのご対面です(^^ゞ

普段は駐車場に置いておくことが多く、しかも駐車場の近くに畑があるそうで風が強い日には

砂埃がお車を襲うようです(^▽^;)

しかもこの時期は花粉が・・・こちらのデミオは2月作業でしたが、この辺りから今シーズンの

花粉が舞いだした事もあってご入庫時はそれはそれは結構なお姿でございました(^^;)

砂埃&花粉それに雨の3つが重なれば何となく状態はご想像できると思います(汗)

果たしてご想像通りの汚れなのか、はたまたそれ以上なのか??

では早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

なかなかのホコリっぽさです(^^;) ボディカラーが黒ですので余計に目立ってしまいます。

ジェットブラックマイカのブラックが何処かへ行ってしまったようです(涙)

これではジェット斑模様マイカです(謎)

アフターです↓

黒くなりました(笑) コーティング施工から間もなく2年が経ちますのでシミなども

付いていますが洗車キズなどのスクラッチは少なめですね(*’▽’)

ボディサイドも・・・

斑模様になっています(^^;)

アフターです↓

汚れが付いているだけですのでキッチリとメンテナンスすれば艶々に復活します。

ボディサイドは目立つようなシミも無くとてもお綺麗です!

ルーフも・・

もちろん汚れています。ただよく見るとボンネットと汚れ方が違います。汚れの模様と言ったら

わかりやすいかも? こちらの方が綺麗に汚れていました(笑)

アフターです↓

サッパリとしましたよ(^_^)/

リア周りも・・・

斑模様です。

アフターです↓

ツヤッツヤです。

反対側は・・・

ガラスの下の窪みに汚れが溜まります。

アフターです↓

窪みや溝など細かな汚れも落としていきます。

そしてホイールは・・・

ブレーキダストの汚れと言うよりはボディ同様の汚れです。

アフターです↓

新車時にホイールコーティングもしていますので洗えばまだまだピカピカです(^^)/

そして今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介していきましょう。

今回はフロントウインドウの再施工のご依頼です。 弱まっている古いコーティングを除去して

一旦リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成です。

ウインドウコーティングはお車を使用しなくても紫外線の影響などで効果が弱まってきますので

定期的な施工をお薦めいたします。

そしてジェットブラックマイカのマツダ デミオ、ウインドウコーティング&メンテナンス完成です!

ジェットブラックマイカが戻ってきました! 斑模様ともサヨナラです。

もう“ジェット斑模様マイカ”とは言わせません。 私しか言っていませんが!!

汚れてはいましたが、それさえ落としてしまえば施工から間もなく2年経過の、しかも屋外駐車の

黒い車とは思えない程お綺麗ではないかと思います。

それもやはり定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果ではないかと思います。

ダーク系のカラーのお車はライトカラーのお車より早いスパンでのメンテナンスがお薦めです。

 

この時期は屋外駐車のお車には厳しい季節です。特に黒いお車はお手入れが大変です。

花粉は塗装に悪影響を及ぼします。見た目が斑模様になるだけではなく塗装面に侵食しシミだらけ、

になってしまいます。これからピークを迎える黄砂もやはり塗装面を痛めてしまいます。

ですので花粉や黄砂は放置せずに、この時期はこまめに洗車を心掛けてください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。