新型CX-5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・CX-5のボディコーティングです!

フルモデルチェンジで更に精悍なお顔になりましたマツダCX-5です!

納車ホヤホヤの新車です。 納車ホヤホヤですが納車時は雨だったようで・・・まぁそんな事も御座います(^^;

でも納車時雨で汚れてしまっても当店で納車時以上に綺麗に致しますので安心してください(笑)

では各部の状態確認をしていきましょう。

まずはボンネットです。

ライトの映り込みがモヤモヤ~としてます。新車によく見られる曇り(白ボケ)です。写真ですとそれ程酷く

ないように見えますが実際は結構なモヤモヤ加減です(汗)

ルーフもシャキッとしてませんね~。

サイドもボヤ~としているのがわかって頂けると思います。

リアバンパーは・・・雨でしたから(笑)

ホイールも軽~く汚れていました。

基本的に新車ですのでキズやシミは少なくお綺麗なんですが先ほども少しお話ししました塗装表面の曇りが

やや酷かったです。 こちらのCX-5に限らずマツダ車は曇りがやや多い傾向のように感じます。

この曇りをスッキリと取ってより美しいCX-5に仕上でいきましょう!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからサクッ!といきましょう。

現状です↑水が掛かってるんですが油膜の付着もなく綺麗に親水状態になってます!!

とは言え、汚れは油膜以外に付いてますのでウインドウも綺麗に下地作り致します!

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

結構ポツポツと確認できます。

リアもやや多めですね(汗) 塗装の曇りと同様にマツダ車は新車でも鉄粉がやや多い印象です(^▽^;)

新車の保管場所(モータープール)の問題でしょうか??

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↑

リアもサッパリとしました。

その後にマスキングします!

今回は曇りが目立ちますので曇りをスッキリと除去していきたいんですが、新車ですのであまり磨き過ぎも

よくないし・・・そのバランスが難しい(笑) そこを注意しながら磨いていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちら・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしたんですが・・・写真だとイマイチ違いが分かりにくいかも(^▽^;)

施工前と比べてくださいね。モヤ~が取れてスッキリとしているのがわかりますよ~。

ルーフもサッパリしたんです!(笑)

↑こちらが一番違いが分かりやすいと思います。

いゃ、↑こっちの方がわかりやすい(笑)

ホイールもタイヤも艶出しを行ってます。

それと最後に樹脂モールドコーティングもご依頼いただいてます!

黒が引き締まります。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-5のボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

オーナー様は『うおぉ~ピカピカだぁ!』 『やっぱりモールが黒くなると引き締まりますね~』と、お喜びに

なられておりました!!ありがとうございます。

まさにオーナー様がおっしゃるとおりで黒いモールがより黒くなった事で白いボディと黒いモールのコントラストが

一層強調されキリッとした印象に仕上がったと思います!

 

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカと言うパールホワイトですが名前の通り雪のような白さの

パールホワイトです。 多くのパールホワイトはパールの色にもよりますが若干黄色に感じる事が多いんですけど

このスノーフレイクホワイトパールマイカは白いんです(笑) あまり黄色感は無くてとても綺麗な

白いパールホワイトです。でもソリットのホワイトともまた違うキラッと艶やかな高級感あるパールホワイトで

CX-5にもとても似合っていると思います!

そして何よりパールホワイトは維持が楽です(笑)

 

 

話は変わりますがこのCX-5を作業していた日の事ですが千葉にある『カービューティープロ 澄昭』の

林プロが訪ねてくださいました!

この後に林さんは用事があったんですが・・・時間が過ぎるのを忘れ、つい話が盛り上がってしまい

気が付いたら時間が(;”∀”)・・・慌ててお帰りになりました。

ギリギリセーフで間に合ったようでよかったです(笑)

林さんは昨年カービューティープロ 澄昭をオープンして頑張っている方です。

見てください!このやる気に満ち溢れているお顔!!

凛々しいじゃあ~りませんか!

こうして熱いコーティング談議が盛り上がってしまいアッ!と言う間にこんな時間でした(;”∀”)

話は尽きませんね~(笑)  また今度ゆっくり語り合いましょう!

カービューティープロ 澄昭のHPはこちらです → カービューティープロ 澄昭

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブルーリフレックスマイカのアクセラスポーツ!メンテナンスです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・アクセラスポーツのコーティングメンテナンスです!

ブルーリフレックスマイカのアクセラスポーツです! 淡いブルーの落ち着いた大人の色です。

こちらは昨年ボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

約1年ほどのタイミングでのメンテナンスのご依頼です。1年経過ですので、それなりの痛み具合が

予想されますが・・・

早速現状確認していきましょう!

ボンネットです↑ まだ花粉が酷い時期でしたので・・・今でも飛んでますが(^^;)

ルーフは・・・雨の日にお越しでしたのでまだ濡れてます(汗)

濡れていてると状態がよくわかりませんね。 スイマセンm(__)m

リアバンパー部は半乾き状態です(笑)

給油口も汚れてました。

ホイールは綺麗ですね!

近くで見てもあまり汚れておりません!!

 

全体的に予想よりお綺麗でした(^^ゞ 花粉が付いているところに雨が降ったのでボディがまだら模様に

なっていますが水アカなどはあまりなく綺麗でございます。

 

メンテナンス作業ですが当店ではスタンダードメンテナンスとSPメンテナンスの2つのコースがございます。

スタンダードとSPメンテの違いは鉄粉除去を行うか行わないかの違いになりSPメンテナンスの方が

鉄粉除去を行うコースとなります。

今回はスタンダードメンテナンスでのご依頼と言うことで今回は鉄粉除去は行っていません。

細部の洗浄などを行いメンテナンス剤を塗り、コーティング被膜表面に付着している汚れや軽微なシミを

落とし荒れたコーティング表面を整える事で撥水性と艶を取り戻してあげます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミの輪郭は残っています。でも実車では写真程はシミは目立ちません。

ルーフもよ~く見るとシミが残ってます。

この辺りは問題なく綺麗になってますよ!

ここもバッチリです(^_^)/

ホイールは元々お綺麗でしたが更に綺麗になってます。

そしてブルーリフレックスマイカのアクセラスポーツのコーティングメンテナンス完成いたしました!

お車は汚れているとボヤッとした印象に見えます。疲れた感じとでも言いましょうか?

でもキッチリと洗車(メンテナンス)をするとお車がシャキッ!と見えるから不思議です(笑)

こちらのアクセラスポーツも顔がキリッ!とボディがシャキッ!と健康的な印象に仕上がったと思います!

 

ブルーリフレックスマイカは汚れやシミ、キズが目立ちにくくて、とてもお手入れがしやすい色ですね(*’▽’)

当店の代車の三菱アイも同じような色ですがキズや汚れが目立たずお手入れが楽で助かってます(笑)

代車はなるべく綺麗にしてお貸ししたいんですけど、洗車している時間が無いときなど、たまに汚れている事も

あります(^▽^;)すいません。  これが黒い車だったら、それこそコーティング屋の代車としてみすぼらしくて

恥ずかしいんですが・・・この色だとあまり汚れが目立たず助かってます! (^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ・ロードスターのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・ロードスターのコーティングメンテナンスです!

 

こちらのロードスターは半年前に当店でコーティングを施工させて頂きましたお車です。

コーティングして半年ほど経過しておりますが、その間洗車はほぼしていないそうです(笑)

オーナー様が確か1回だか2回だかとおっしゃっていたような・・・(^^;)

ではそんなロードスターの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ご覧の様にご入庫時は雨でした。 これはこれでリアルな撥水状態が確認できます(笑)

まだまだ撥水してます!

雨の中お越しいただいたので・・・汚れてます。

トランクも撥水効いてます!

ホイールはブレーキダストや汚れで白っぽくなっておりました。

雨で濡れているのでキズやシミなどはこの時点では確認困難なんですが半年間あまりお手入れされていなかった

割には全体的にお綺麗だと思います。撥水も効いてますし(笑)

 

メンテナンス作業ですが当店ではスタンダードメンテナンスとSPメンテナンスの2つのコースがございます。

スタンダードとSPメンテの違いは鉄粉除去を行うか行わないかの違いになります。

SPメンテナンスの方が鉄粉除去を行うコースとなります。

今回はSPメンテナンスでのご依頼と言うことで、まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます!

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットはボチボチですね(^_^;)

リア回りはそれなりに結構付いてます。

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になってます。  リアも↓

イイですね~。

その他にも細部の洗浄など行いメンテナンス剤を塗り、コーティング被膜表面に付着している汚れや軽微なシミを

落とし荒れたコーティング表面を整える事で撥水性と艶を取り戻してあげます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミや拭きキズのような線キズは少なかったですね(^^)/

サイドもサッパリとしました。

トランクも綺麗でしたよ!!

白く汚れたガンメタより、やっぱり綺麗なガンメタの方が足元が引き締まってかっこいいです(笑)

そしてセラミックメタリックのマツダ・ロードスターのコーティングメンテナンス完成いたしました!

艶々に仕上がりました!!

艶々に仕上がってるんですけど・・・写真ですとあまり伝わってこないですね(汗) スイマセン

でもオーナー様はニコニコしながら愛車を眺め『いいね~』『やっぱり違うね~!ピカピカだ~』と

とてもお喜びになられておりました(^_-)-☆

 

ご入庫時に降っていました雨ですがメンテナンスが終わりオーナー様がお車を取りに来られた時にはすっかりと

太陽が・・・顔を出さず雨は降り続いておりました(^▽^;)  いつも雨の日のお渡しはお客様に申し訳ない

気持ちなんですけど『いいよいいよ~!』とか『どうせ何時か雨に降られるんだから!』など皆様いつも

優しいお言葉をおかけ下さるんです。  そう言っていただけると少し気持ちが安らぎます(笑)

そして皆様優しいお言葉ありがとうございますm(__)m

 

 

先ほども少しお話いたしましたが当店ではスタンダードメンテナンスとSPメンテナンスの2つのコースが

ございます。違いは鉄粉除去を行うか行わないかです。

線路沿いや大きい幹線道路沿い、または工場の近くに駐車しているお車は鉄粉が多く付きます。気が付くと

ボディがザラザラになって艶が無くなってきます。特に白やシルバーなどのボディカラーは近くで見ると黒い

ポツポツが無数に付いたりと美観を低下させる要因になりますので、そのような環境でしたら定期的な

鉄粉除去がお薦めです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ・アテンザのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・アテンザのボディコーティングです!

dscn3700

お馴染みのソウルレッドプレミアムメタリックのアテンザです!納車1週間ほどの新車になります。

今回はボディコーティングとウインドウコーティング、ホイールコーティングとフルコースのご依頼です。

フルコースですのでご紹介も長くなりそうな予感がします(^▽^;) さっそく現状を確認していきましょ~。

まずはボンネットです!

dscn3708

若干ですが新車特有の曇りが見られます。

dscn3765

ボディサイは結構曇ってます(T_T)/

dscn3760

同じくルーフも曇っていて映り込みがボヤッ~としているのがわかって頂けると思います。

dscn3718

ハートが付いてました(*’▽’)

dscn3722

それと今回は未塗装樹脂部の樹脂コーティングのご依頼も頂いておりますので↑のフォグランプ周辺や

リアバンパーの樹脂コーティングなどもコーティングしていきます。

ソウルレッドは前から新車特有の塗装表面の曇りが酷かったんですが最近は改善されたのでしょうか?

最近のソウルレッドは曇りが低減しているように感じますが品質が向上したのでしょうか?それとも単に

個体差なんでしょうか?? どっちかは私が幾ら考えても答えは出ませんので早く作業も開始して

曇りを除去しちゃいましょう(笑)

作業開始~!!写真が多くなりそうなのでチャッチャとご紹介して行きますよ~(笑)

初めにウインドウコーティングからです!まずは現状確認です。

dscn3730

フロントはワイパーの払拭範囲外はやや油膜が付いてますね。

dscn3726

リアも油膜が付き始めています。サイドウインドウも同じような状態でした。

dscn3733

全面下地を整えて綺麗にしていきます。

dscn3737

油膜除去後です↑油膜のないガラスは水を掛けると水を弾かずに膜状に広がる親水状態になります。

dscn3741

リアも綺麗に油膜除去できてます!  下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

撥水処理を行ない・・・

dscn4038

完成です!

dscn4043

リアもバッチリと撥水してますよ!

続いてはボディです。まずは洗車を行った後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

dscn3745

見えにくいですが鉄粉は少なかったです。

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをしていきます。

dscn3768

新車磨きですのでマスキングは控えめです(笑) ここまでが磨き作業のための下準備になります。

今回のポリッシングは新車ですので軽めの磨きで、尚且つ曇りはしっかりと除去していきました(^_-)-☆

今回オーナー様にチョイス頂きましたコーティング剤はこちらの・・・

dscn3945

「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに求められた性能が集結しました

カービューティープロの最上級コーティング剤PROMAX EXEです!

dscn3823

高撥水タイプで光沢も非常に高いです!  プロマックス・エグゼの詳しい事はこちら! → PROMAX EXE

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

dscn3956

ボンネットです↑これまたわかりにくいんですが(汗)曇りが取れてスッキリとなってます。

dscn3795

サイドの方が違いがわかりやすいかな?施工前の写真と見比べて見るとボヤッ~とした感じが無くなり

スッキリとしてます。

dscn3948

ルーフもクリヤーになりました。

樹脂コーティングですが↓はリアバンパー部です。

dscn3776

黒く引き締まります!

dscn3779

それとホイールコーティングも行い・・・

dscn3929

ソウルレッドプレミアムメタリックのマツダ・アテンザ、ボディコーティング完成です!

dscn3827

ほぼフルコーティングです(^_-)-☆ 実はヘッドライトもコーテイングしてます(笑)

ボディは深みを増し黒い部分はより黒く艶やかになり赤と黒のコーディネートが一層引き立ってシャープな

印象に仕上がりました! オーナー様もとてもお喜びになっておりました!  ありがとうございます。

 

大型のセダンってホワイトやブラックがやはり多いと思いますが、この大きさのセダンで赤が似合う国産車は

アテンザくらいではないでしょうか。クラウンもジャパンカラーセレクションで色々と魅力的な色を多数用意

していますね!セダンに限らずSUVやスポーツカーも色々な色が増えれば街の景色もカラフルに変わって

てくると思います(*´▽`*)

 

こちらのアテンザが10月施工の最後のお車でした!11月施工のお客様お待たせいたしました!!次回のブログより

11月施工になります。

と思ったら11月がもう終わっちゃう~(;’∀’)

 

dscn3990

dscn3853

dscn3838

dscn3997

dscn3897

dscn4010

dscn4024

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

今月はボディコーティングをご予約いただきましたお客様にカービューティープロ・カラーズ特製の

オリジナルトミカをプレゼントいたします!! 数量限定、無くなり次第終了となりますのでご予約は

お早めにお願いいたします。

dscn3676

詳しくはこちらからどうぞ! → トミカプレゼント

 

 

 

マツダ・ロードスターのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・ロードスターのボディコーティングです!

dscn1728

納車当日にお持ちいただきましたピカピカの新車です!

こちらのロードスターはセラミックメタリックと言う白でもシルバーでもない、逆に言うと白と言われれば

白ですしシルバーと言われればシルバーに見えなくもない不思議な色です。噂では石膏をイメージしたとか。

確かにそれが一番近いような気がします(笑)

では現状確認をしていきましょう!

dscn1735

ボンネットです↑写真ですとわかりにくいんですが若干新車特有の曇りがあります。

dscn1743

シミが付いてます。

dscn1742

もう一つこちらにもシミが付いてます。

dscn1729

ホイールもタイヤもお綺麗です!

新車でしかも納車当日にご入庫頂きましたので基本とてもお綺麗です。お綺麗ですので重箱の隅をつついた

ような現状確認でした(^_^;)

 

では作業を開始していきましょう!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。新車でも鉄粉は付いているもんですよ~。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に・・・

dscn1749

反応いたします。 紫色の点々が鉄粉が付いている所です。

dscn1744

トランクです↑ トランクの方がやや多い感じでした。 やっぱり新車でも付いていたでしょ!

そして鉄粉除去後にクリーナーを吹きかけ再チェックします。

dscn1753

いい感じじゃないっすか(笑)

dscn1750

トランクもスッキリしました。 その後にマスキングを行い・・・

dscn1763

磨きの準備が整いました!  今回のポリッシングですが若干の曇りがございますのでそれをスッキリと

落として塗装表面を整えていきました。またシミがありましたのでシミを消してあげたいところですが・・・

新車ですので磨き過ぎない程度でシミの状態を確認ながら磨いてまいりました。

磨き後はコンパウンドの油分を落としてます。この脱脂も重要な作業なんです!

dscn1775

脱脂前です↑ 油分で水を弾いてます。

dscn1779

脱脂後です。違いがわかって頂けると思います(^_^)/

脱脂が済みましたら、いよいよボディコーティング剤の登場です!

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

dscn1796

dscn1791

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

dscn1947

曇りが取れてスッキリとしたんですが・・・写真ですと違いが分かりにくいですね(^▽^;)

dscn1948

シミですが1つは問題なく取れましたが、もう1つは意外と深くシミ付いてました。 でも普段気になる事はないと

思います。オーナー様にも確認してもらいましたが「わからない!」との事でした!よかった~(笑)

dscn1806

dscn1808

ホイールとタイヤも艶出しを行い・・・

マツダ・ロードスターのボディコーティング完了しました!

dscn1829

いかがでございましょうか。光沢の向上など感じていただけるのではないでしょうか(^.^)/~

オーナー様もご満足いただけたようで、腕を組んでニンマリとお車を眺めているお姿が印象的でした!

そのお姿を見て私もニンマリとしてました(笑)

 

新車でもシミやキズは付いてます。ガンガン磨けば落ちるシミやキズもありますが、ただでさえ薄いクリヤー層を

新車のうちからガンガンに磨いて薄くしてしまうのは得策とは思えません。そのシミ1つ取るのに新車のクリヤーを

削るのはもったいないです。ですので目立たなくなく程度に留める事も大切だと思います。

薄い塗装を大切にしましょう!(笑)

 

dscn1867

dscn1840

dscn1887

dscn1865

dscn1935

dscn1919

dscn1932

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

11月の告知です!!

今月はボディコーティングをご予約いただきましたお客様にカービューティープロ・カラーズ特製の

オリジナルトミカをプレゼントいたします!! 数量限定、無くなり次第終了となりますのでご予約は

お早めにお願いいたします。  詳しくはこちらからどうぞ! → トミカプレゼント

 

 

 

マツダ・CX-5のコーティングメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・CX-5のコーティングメンテナンスです!

dscn1604

こちらのCX-5は1年程前にボディコーティングを施工いたしましたお車です。1年前のボディコーティング時に

バンパーやフェンダーアーチの未塗装の黒樹脂部を樹脂コーティングしてますのでまだまだ黒くて艶やかですね!

やっぱり時間が経つにつれて違いが出てきます!

 

そんなCX-のまずは現状を確認していきましょう!

dscn1606

ボンネットです。よ~く見ますと水アカが確認できますが、シミやキズは少なくお綺麗です!

dscn1607

ドアミラーは虫が結構付着しています。 虫の付着は時間が経つと、なかなか落ちないんですよね~。

無理やり落とすと意外とキズが付くのでお気を付けください。

dscn1609

CX-5のはリアハッチの中央から水アカがダラ~と付きます(笑)

dscn1623

つい忘れがちな給油口です。

dscn1615

ホイールはダスト汚れが少々ですね。

全体的に見ましても虫の付着や水アカは確認できますが、施工後1年とは思えないほどお綺麗でございました。

普段のお手入れの賜物です(^_^)/~

 

では作業です。今回はフロントウインドウの撥水がやや弱まってきたのでフロントだけウインドウコーティングの

再施工をご依頼頂きました。そちらからご紹介していきます。

dscn1616

現状です↑。確かに少々撥水が弱まってますね。 ウインドウは安全にも関わりますので完全に弱ってから

再施工するよりも弱まってきたかな?と感じたら再施工をお薦めいたします。

dscn1618

古いコーティングを綺麗に落としてガラスをリセット!  よく乾燥させた後にコーティングを行い・・・

dscn1655

完成! やっぱり新しいのは気持ちイイ(笑)

 

続きましてはボディメンテナンスです。 メンテナンス作業はまず洗車です!何はなくとも洗車です!!

洗車後に水分を吹き飛ばすのにエアーブローをするんですが、この時に隙間に入り込んでいる葉っぱやら

小枝やらと色々と出てくることが多いんです。しかし今回は意外な物が出てきました。 それは・・・

 

dscn1650

丸ごと1匹のセミです(;’∀’)  どこから出てきたんでしょう??   ホントびっくりしましたよ(^_^;)

 

気を取り直して(笑)その後、鉄粉の付着確認をするのに専用のクリーナーを吹き掛けます。吹き掛けますと・・・

dscn1627

鉄粉が紫色に反応します。 してます!!

dscn1630

↑リヤも結構付いてますね。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹きかけて再チェックします。

dscn1648

いい感じになりました。

dscn1633

リアもサッパリしました。

一台一台お車の状態は違うものですので、その都度お車の状態に合わせて作業方法を変えたり使うケミカルを選び

作業を進めてます。最後にメンテナンス剤を塗って仕上げます。

そして仕上がりですが・・・

dscn1704

水アカもスッキリ~。

 

dscn1714

ドアミラーの虫も綺麗になってます。

dscn1716

雨が降るとまた付いてしまうんですけど・・・(涙)

dscn1726

給油時に気持ちよくて嬉しいです!

dscn1709

タイヤとホイールも艶出しを行います。

そしてマツダCX-5のボディコーティングメンテナンス完了いたしました!

dscn1657

初めの写真と色合いが随分と違ってしまってすいませんm(__)m

色合いなどが変わってしまっているので単純に写真では比較できないと思いますがメンテナンス前に比べますと

艶やかな質感あるボディに仕上がっております。

お手入れがいいのでとてもお綺麗なCX-5です。このまま同じようにお手入れもを続けていけば当分お綺麗な

状態を維持していけると思います。  まさに賜物です!!

 

コーティングメンテナンスは重要です(^_^)/  コーテイングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、

艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく

変わってきます。弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻して

あげます。ですのでコーティングメンテナンスが必要です!これがコーティングを長持ちさせる秘訣でも

あるんです!! 定期的なメンテナンスをお勧めいたします!!

dscn1668

dscn1675

dscn1679

dscn1700

dscn1685

dscn1697

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

11月の告知です!!

今月はボディコーティングをご予約いただきましたお客様にカービューティープロ・カラーズ特製の

オリジナルトミカをプレゼントいたします!! 数量限定、無くなり次第終了となりますのでご予約は

お早めにお願いいたします。  詳しくはこちらからどうぞ! → トミカプレゼント

マツダデミオ、ウインドウコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・デミオです!

dscn1134

今回のご依頼内容はウインドウコーティングです。

お気づきの方もいられると思いますが??何気に当店マツダ車のお客様が多いんです。こちらのデミオのお客様にも

マツダ車多くないですか?なにか繋がりがあるんですか?と聞かれたんですが、全く繋がりはございません(笑)

不思議ですよね。私もなんとなくマツダ車多いな~とは思っていましたが、それだけマツダ車は人気があると

いうことではないでしょうか。 どれもカッコイイですもんね(^_-)-☆

 

そんなかっこいいデミオ君の現状チェックをしていきましょう!

まずはフロントウインドウコーティングからです。

dscn1045

油膜で視界が悪いですね。雨の日の視界不良は危険です!

dscn1030

リアも油膜が酷いですね~(^▽^;)  リアの視界確保も大切です。

dscn1060

サイドウインドウです。リアもそうでしたがウロコがこびりついてます。これも視界不良の要因ですが、その前に

美観不良です(笑)

dscn1049

水を掛けると↑のように見えにくいです(^^;)

全体的に油膜付着とプライバシーガラス部はウロコ付着がやや酷かったです。ウロコはごく軽い状態でしたら

市販の除去剤でも落ちますが酷くなると、かなり頑固で除去が困難になりますので早めに対処することをお薦め

致します。

作業ですがウインドウを洗った後にネンドを使ってウインドウに付いているブツを取り除いていきます。

その後に古いウインドウコーティングや油膜を除去します。

dscn1063

↑この段階で軽いウロコは除去できます。 (重度のウロコ除去をご希望の場合は別途料金がかかります)

dscn1066

油膜や古いコーティング剤の落ちたウインドウに水を掛けますと水が膜状に広がる親水状態になります。

その後によ~く乾燥させた後に・・・

3

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で撥水コーティングいたします! そして最後に撥水チェックします。

dscn1082

↑フロントも・・・

dscn1112

リアもバッチリと撥水してます(^_^)/

dscn1100

ウロコもスッキリしましたね!

dscn1078

もちろんサイドも水玉コロコロです。

撥水チェック完了!そしてマツダ・デミオのウインドウコーティング完成です!!

dscn1082

dscn1137

ウインドウの汚れはストレスになりますが、それ以前に視界不良は危険です。

特に雨の夜間走行時は視界が悪いのでストレスが溜まり長時間の運転では疲れも溜まってしまいます。クリアな

視界は安全への第一歩!疲労軽減も安全への第一歩です。まだ一度もウインドウコーティング(撥水)された事

のない方は是非一度お試しいただき効果を実感していただけたらと思います。(^_^)/

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

話は変わりますが、実は・・・なんと!カービューティープロ・カラーズ特製オリジナルトミカを作りました!!

 

dscn3682

dscn3676

どうですか?かっこいいでしょ!!  もちろん非売品です(^_^)/

こちらのオリジナルトミカを11月にボディコーティングをご予約いただきましたお客様にプレゼントいたします!

数量限定・無くなり次第終了となりますのでご予約はお早めにどうぞ~!

詳しくはこちら!→ トミカプレゼント

ご予約お待ちしております。

 

マツダ・アクセラスポーツのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは、マツダ・アクセラスポーツのコーティングメンテナンスです。

dscn0392

ソウルレッドのアクセラスポーツです! 一年ほど前にコーティングを施工いたしましたお車です。

一年ですのでそれなりの痛み具合が予想されますがどうでしょう~?

早速確認していきましょう!

dscn0410

フロントスポイラーは痛みではなく汚れです。 ここは汚れが溜まりやすそうですね。

dscn0395

ボンネットもやや汚れが目立ちます。もっと近くで見ますと・・・

dscn0394

シミやキズは予想より少ないです! いいですね~(^.^)/

dscn0399

ルーフもシミやキズが少な目です。

dscn0403

給油口の中はやや汚れ気味でした

色的にシミやキズが付きやすい(目立ちやすい)色ですがコーティングして一年後の状態としては決して悪くない

状態だと思います。 悪くない状態ですがメンテナンスをして更にいい状態にしていこうと思います。

では作業開始!! と言いましても作業中の写真はほとんどありませんが・・・(T_T)スイマセン

 

まずはいつものように鉄粉確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、

ソウルレッドに紫色はよく見えません(汗)

dscn0420

ボンネットです↑目をよ~く凝らしてみるとポツポツと確認できます。

しかも少ないので見つけるのも大変ですね(笑)

dscn0418

リア回りの方がよく見えます!

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

dscn0426

よく見てください!綺麗になってますよ!!

dscn0423

リアもいいですね!

鉄粉除去以外にも細部の洗浄など行い最後にメンテナンス剤塗って仕上げていきます。

では仕上がり具合を確認していきましょう。

dscn0443

黒いと気持ちいいです。

dscn0437

dscn0441

ボンネットも艶が出ていい感じです。

dscn0434

ルーフも深いシミなど残ってますがいい艶出ました!

dscn0491

給油口もサッパリとして・・・

ソウルレッドプレミアムメタリックのアクセラスポーツ、コーティングメンテナンス完成です!

dscn0448

艶とクリヤー感が向上してソウルレッドの奥深い色合いを感じていただけるのではないでしょうか。

綺麗にしますと車がピシッと引き締まって精悍になり好感度上昇間違いなしです(*^^)v

 

最近マツダはマシーングレー プレミアムメタリックと言う新色を出しましたね。これまた魅力的な感じですけど

私はまだ実際にマシーングレーを見たことがないんです(^_^;)  早く見てみたい(笑)

マツダは色にこだわりがありソウルレッドやマシーングレー、そしてセラミックメタリックなど魅力的で個性的な

色を出してきますよね。  マツダに限らず他メーカーからも個性的な色がたくさん出てくると車がもっと楽しく

なると思うんです!  各メーカーさんからも魅力的で個性的な色の登場を期待しています(^.^)/~

 

dscn0450

dscn0453

dscn0490

dscn0462

dscn0472

dscn0482

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

マツダ・デミオのバンパーが!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日はマツダ・デミオのご紹介ですが・・・

dscn9992

「擦ってしまった~。磨きでどうにかなりますか~?」とご相談に来られましたが、これはさすがに厳しいですね~

茶色く色移りしている所や下側の薄い線キズは消せると思いますけど真ん中の深い線キズは消せませんんよ~(汗)

と言うより完全に塗装が削れてしまってますので消しようがないんです。

現状よりは良くなりますが・・・深い傷は残りますけどいけるところまでいってみますか!?とお話し

いたしましたら、お願いしますとのお返事をいただきました!!

という事で磨いていきました。ただどんなに磨いても深いキズが消えることはありませんので必要以上に塗装を

削ってしまってもそれはそれで得策ではありませんのでキズの消え具合(目立たなく)を確認しながら

磨いていきました。

ではビフォー&アフターで見ていきましょう!

dscn0002

↑before  茶色く色移りしてますね。

dscn0012

↑after  茶色の色移りは綺麗になくなりました。

dscn9992

before ↑  このキズは深いっス(・_・;)

dscn0038

after ↑  どうですか? 少しは目立たなくなりました・・・よね??

dscn9993

before ↑  黒い所の塗装は完全に欠けてしまってますので・・・

dscn0024

after ↑   簡易的にタッチアップペイントで塗っておきました(^_^;)

dscn0032

3歩下がって見ればあまり目立ちません(^▽^;) あとは光の加減で見えたり見えなかったりと・・・

dscn0034

このあたりが磨きでは限界だと思います(汗)

オーナー様も「おぉ!結構目立たなくなったね~。バンパーなんで錆びることはないからこれでいいかな!」と

おっしゃっていただけました。  ありがとうございますm(__)m

 

磨きで出来る事と磨きではどうにもならない事がございます。今回のお車のように塗装が完全に削れてしまって

いるのは再塗装しか完全に治す方法はありませんが、浅めのキズでしたら意外と磨きで消せる事も多いです。

もちろん磨きで消すという事はそれなりのリスクも御座います。(塗装が薄くなる) またキズの場所によっては

磨けないところもありますがキズでお悩みでございましたら、あきらめる前に一度お気軽にご相談ください。

 

 

10月に入りましたがまだまだ暑い日もありますね(汗)でも朝晩は涼しくなってきて秋を感じる事も

あります。・・・秋か。   もう10月か。  実は今回のデミオ君は8月最後の施工車両だったんです。

もう10月か・・・(汗)  ブログの遅れを取り戻すべく頑張ります!って言っておきながら更にジリジリと

遅れている気が致します・・・(T_T)  ブログ掲載お待たせして申し訳ございません。次回から9月分です。

頑張りま~す!!(^▽^;)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

マツダ・CX-3の鉄粉除去のご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日はこちらの・・・

dscn9862

マツダ・CX-3の鉄粉除去のご依頼です。購入してまだ1年ほどなんだそうですが鉄粉の付着が酷く当店にご相談に

来られました。

駐車場は交通量の多い道沿いで平日は乗らずに置きっぱなしなんだそうです。たぶんその間に大量の鉄粉がCX-3に

降り注いでいるんでしょう(^_^;)

ちょっと確認しただけでも・・・

dscn9878

確かにいっぱい鉄粉が確認できます(涙)

dscn9868

黒いポツポツ(よく見ると茶色です)が鉄粉です。

dscn9881

この様な感じでボンネットやルーフに付いてます。ボディサイドにも付いてはいますが、やはり水平面のルーフや

ボンネットの方が鉄粉が乗っかりやすいようでサイドは水平面に比べると少なめでした。

今回もなかなか楽しい作業になりそうですね(笑)

では作業を進めていきましょう!

 

鉄粉除去の前にウインドウコーティングのご依頼も同時に頂きましたので、そちらからご紹介していきます。

まずはウインドウの現状チェックをいたします。

dscn9869

フロントは油膜も少ないですね!

dscn9872

サイドウインドウは油膜が目立ちます。

dscn9870

リアも油膜ギラギラで見えにくいです。

dscn9875

油膜を除去してガラス表面を綺麗にしていきます!

dscn9943

綺麗になったガラスに水を掛けますと・・・

dscn9948

ガラス表面の水が膜状に広がる親水状態になります。  ↑なってます(笑)

その後にウインド専用コーティング剤PGS-33で撥水処理を行い最後に撥水チェックします。

dscn9951

フロントも・・・

dscn9954

サイドも・・・

dscn9958

そしてリアもバッチリと撥水しているのを確認してウインドウコーティングは完成です(^^)v

 

続きましては鉄粉除去にいきましょう~。

洗車後のボディに専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。  洗車時にスポンジの

滑りが悪かったので結構ついてそうな予感です。期待が高まります!

どのくらい紫に反応するのか、いゃ~楽しみですね!ではシュシュッとな!!

 

dscn9901

いかがでございましょうか?

dscn9891

期待どおり?(笑)

dscn9894

リアは若干少なめですけど・・・

dscn9898

ルーフはいい感じです(^▽^;)

dscn9895

ご購入1年でこの状態ですからやはり多いです。このままですと・・・

dscn8613-1024x768

↑のように時間が経つと鉄粉の錆が滲み出てシミのように広がってしまいます。(写真は別のお車のものです。)

時間が経てば経つほどシミが広がっていきます。怖いですね~!!

 

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて付着状態を再チェックします。

dscn9937

dscn9930

だいぶ減りました。

dscn9905

リアもスッキリと!

dscn9918

dscn9903

ルーフもいい感じになってます!

そしてマツダ・CX-3の鉄粉除去完了しました!!

dscn9978

オーナー様が「うわぁ ピカピカだぁ!!」と驚いておりました!! 今回は鉄粉除去作業ですが、内容的には

コーティングメンテナンス的な要素になりますので鉄粉が取れただけではなくてコーティング表面をケアしたことで

艶や撥水性の向上など感じて頂けると思います(^_^)/

 

お車の使用場所や保管場所によって鉄粉の付着具合は大きく異なります。大きな幹線道路や線路の近く、鉄工所など

金属を扱っている場所の近くに駐車している場合はどうしても鉄粉が多くついてしまいます。

先ほどもお話しいたしましたが鉄粉は時間が経つと鉄粉の錆が滲み出てシミのように広がってしまいますので

マメなお手入れが必要になってきます。またダークカラー系は鉄粉が目立ちませんが目立たないだけで確実に

付いてますので注意が必要です。鉄粉が酷くてお困りでしたら当店にお気軽にご相談ください。

 

dscn9991

dscn9982

dscn9990

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。