スバルWRX STIのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX STIのボディコーティングです!

WRブルーパールのスバルWRX STIです!

こちらのWRXは納車当日にご入庫くださいました新車のWRXになります。

こちらのオーナー様は今年の春ごろにランエボ9のコーティングでお越し頂いたのですが、

その後しばらくしてランエボ9が故障してしまい、修理をしようと思ったら結構なお値段になると言われ、

思い切ってWRXにお乗り換えになられたそうです。

ランエボ9から乗り換えると静かで快適で車の進化を感じるそうです(*^^*)

そんな快適マシーンの新車WRX STIの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

若干、白っぽく曇っていました。 新車によくある白ボケですね(^^;)

ルーフも・・・

少し新車特有の白ボケが確認できます。 丸いライトの淵がモヤモヤってしているのが確認できると

思います。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいんですがボディサイドも白っぽくモヤけていました。

トランクは・・・

同じような感じですね(^^;)

ホイールは・・・

まだ少ししか走っていませんがブレーキダストで汚れています。

ドリルドのディスクローターなのでダストが出やすいのは仕方ないですね(汗)

しかし黄色いキャリパーがカッコイイなぁ~(´▽`*)

 

スバルの塗装は白っぽく曇りがちの車両が多いです(^^;)個体差もあって綺麗な車もあれば、結構酷い車も

ございます。今回のWRXはそれ程酷くはございませんでしたが、やはり見れば見るほど気になってきます。

白っぽく曇っているとクリヤー感を損ない、また色自体も本来の色に白みがかかってしまいます。

という事で新車もポリッシングが必要になって参ります。

ポリッシングして白い曇りを除去する事でより一層綺麗な新車に仕上がります!

ではWRX STIの新車コーティングを始めていきましょう~。作業開始!!

 

まずは洗車です。その後に今度はボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

鉄粉少なかったです(*^^*)  よくよく見るとポツポツと確認できると思いますが

その位の付着量でした。

ちなみにリアも・・・

とても少なかったです!

という事で今回の鉄板処置はケミカルでの軽い除去作業に致しました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしたんですが・・・写真だとどうしてもスッキリと映らないです(^▽^;)

ルーフの写真の方がスッキリの具合がわかりやすいと思います↓

モヤモヤとしていた丸いライトの輪郭がスッキリとしたと思います!

ボディサイドは・・・

こちらも施工前と見比べて頂くとスッキリ感が違うと思います。

実車で見て頂く方が違いがよくわかるんですけど・・・(^^;)

是非皆様もご自分の目でお確かめください!

トランクは・・・

こちらもスッキリとクリヤーになりました。

そして最後のホイールです。

サッパリと綺麗になりました!

が・・・走ればドリルドローターからの贈り物が届く事でしょう(^^;) 

でもそれと引き換えに強烈なストッピングパワーが手に入ると思えば大丈夫です!

何が大丈夫かはよくわかりませんが(汗)とにかく・・・

WRブルーパールのスバルWRX STIの新車コーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

白っぽい曇りも無くなり青味が増しました。また透明感も出て、よりクリヤーで艶やかなボディに

なったと思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗ですね~。色が濃くなった気がする!』と言われていました。

おそらく気のせいではないと思います(笑) 青さの深みが違います!!

このモデルのWRX STIも年内で生産が終わってしまします。(WRX S4は継続です)

綺麗なWRブルーパールのWRX、まさにスバルのイメージそのものですね!

そんな最終型WRXを何時までも大切にお乗りください(^.^)/

 

スバルの長年にわたって主力エンジン、EJ20型が今年12月で生産終了とのアナウンスがありました。

1989年から30年に渡りスバル車に使われていた主力エンジンです。

一言でEJ20と言いましてもNAだったりターボがあったり、またDOHCやSOHC等バリエーションが

非常に多いエンジンでした。 もちろん形式名は同じEJ20でも初期のエンジンと現在のエンジンとでは

別物と言っていい程、毎年のように進化してきました。あのWRCや現在のスーパーGTで走っている

BRZにも使われています。(レース用ですけど)

そんな名機と言われたEJ20を新車で買えるのも今が最後のチャンスです!

現在開催中の東京モーターショーに最後の限定車となる「EJ20 ファイナルエディション」が、公開されました!

555台限定です!こちらは11月11日までのエントリーで抽選になりますので欲しい方は今すぐお申し込みを!!

私も欲しいところですが・・・買えません。 高いっす(^▽^;)

でもまぁ私のエクシーガもEJ20なので、それで良しとしましょう(笑)

NAですけど(^^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバルXV Advanceのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXV Advanceのボディコーティングをメンテナンスです。

こちらのスバルXV Advanceは今年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

6ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。

新車時にコーティングしてから早半年!人間のお肌と同じく春~夏の紫外線の強い時期を過ごしたので

お肌のケアが大切です(*^^*) 車に限らずですが紫外線はあらゆる物を劣化させます。 怖いですね~(^^;)

また紫外線だけではなく大気中には色々な物質が浮遊していて、それらが車に付着したりして

塗装面を痛めます。 ですのでボディも定期的なケアが必要です!

という事でメンテナンスのご依頼です。

今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチも少なめです(^_^)/ 正直、塗装の柔らかいスバル車で普段は屋外駐車との

事ですのでシミなどもっと多いかと思いましたが少ないですね~!

アフターです↓

全くシミが無い訳ではありませんが、とても良好な状態だと思ます。

ルーフも・・・

現状は少し汚れていましたのでアレですが(^^;)メンテナンス後の状態で確認しましても・・・

シミもスクラッチも少なめでした!

基本的に定期的に洗車もされているそうですので・・・

ウインドウ下の隙間などの汚れも少ないです(^_^)/

マメに洗車されていても↑のような場所は気が付かない&スポンジが入らない等で

汚れが残りがちなんですけど、とてもよくお手入れされていました。

アフターです↓

あまり変わり映えしないかな(汗)

しかし綺麗に乗られていても雨が降るとどうしても・・・

黒い筋は付いてしまいます。

でもコーティングが効いていれば・・・

洗車で簡単に落とす事が出来ます。

でもコーティングが効いていてもグリス分を含んでいるような黒い筋は・・・

シャンプー洗車では落ちない事もございますので、そのような時はクリーナー等を使って

優しく除去してください。

車が新しければ新しい程、雨が降るとグリスも一緒にいっぱい流れ出て来ます(^^;) お気を付けください。

そして鉄粉の付着状況ですけど・・・

鉄粉は少し多めでした。 黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉の多い少ないは車の保管場所や使用場所によって大きく左右されます。

鉄粉が多く付着するお車はやはり定期的に鉄粉処理した方がいいと思います。

↓はアフターです。

だいぶサッパリしましたね!

それとホイールですが新車時にノーマルホイールもコーティング施工致しましたが

ノーマルホイールは冬タイヤ用でしたので今回は夏タイヤ用に違うホイールを装着していました。

今回はこちらのホイールにもコーティングのご依頼を頂きました。

ビフォーです↑

すこし汚れ気味です。よ~く洗ってからホイールコーティングをして・・・

出来上がりです。 いい艶出ています(*^^*)

そしてスバルXV Advanceのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

スッキリと綺麗に仕上がりました!

こちらのクォーツブルーパールは元々光沢感の高いカラーなんです。ただどうしても汚れてきたり

クスんできたりすると徐々に光沢感も引けてきます。

その光沢感を維持したり復活させるのにもメンテナンスはとても重要です!

と言いましても、今回のXVはとてもお綺麗でしたのでアレですが(^▽^;) それでも

愛車とご対面されたオーナー様には艶感、光沢感の違いを感じて頂けたご様子でした(*^。^*)

ありがとうございました。

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ラピスブルーパールのレヴォーグsti sportです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル レヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのラピスブルーパールのスバルレヴォーグsti sportは約1年程前にご購入されディーラーにて

ボディコーティングを施工されたお車になります。

以前にもウインドウコーティングで当店をご利用くださっており、今回はコーティングメンテナンスの

ご依頼を頂きました。

前回(ウインドウコーティング時)の時にウインドウのシミが酷くて当店にお越しくださったのですが

実は同じようなシミがボディにも付いていてボディも気になるとの事です(^^;)   前回のブログです。

おそらくウインドウのシミと同じ油系のシミだと思われるのでメンテナンスで落とせるとは思いますが・・・

如何に!

では今回もビフォー&アフターでメンテナンスの様子をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

そのシミですが・・・雨の中のご入庫でしたので現状は↑こんな感じです(^^;)

油系のシミとか言っておきながら、そのシミがどれだかわかりませんm(__)m  すいません。

アフターです↓

その油系のシミは無事除去できたのですが・・・すいません。写真だと全然わかりません。

↑の写真のライトの回りに白っぽく見える細かなシミはウォータースポットのシミです(^^;)

このシミは当店の通常のメンテナンスでは磨きを入れませんので落とせません。

実際に見て頂くとここまで目立ちませんが、もし気になるようでしたら磨き有りの

メンテナンスもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

ルーフも・・・

濡れていてよくわかりませんね(^^;) でも普段からマメにお手入れされていますのでお綺麗なんです!

アフターです↓

1年経過していて、しかも屋外屋根なしの駐車場、更に柔らかいスバルの塗装と考えますと

とてもシミが少ないと思ます!

雨の中を走ってきたのに・・・

こんなに綺麗なんです(笑)撥水が効いている証拠です!

アフターです↓

更に綺麗にそして撥水力も上がっていますよ(^_^)/

今回のお車もあまりにお綺麗なんでもうご紹介出来る所も無くなってしまったので

鉄粉の付着状況もご紹介したいんですけど・・・

なんせ色が色なんで専用のクリーナーを吹き掛けても写真だと何が何だか・・・(^^;)

写真だと何が何だかわかりませんが(汗)実際は鉄粉も少なめで軽めに鉄粉除去をおこないました。

それ以外にも細部の洗浄など行っています。

そして早くも最後のホイールです。

とってもお綺麗です。本当に雨の中走ってきたの??と思うほどお綺麗です(笑)

アフターです↓

水滴が無くなっただけ・・・ではありませんよ(^^;) タイヤもホイールも艶出しして仕上げております!

そしてスバルレヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

メンテナンス前はお車が濡れていましたので写真で比較はできませんがツヤピカに仕上がっております!

オーナーも『おぉ!ピッカピカ』と言われていたので間違いないと思います(笑)

最初にお話した油系のシミも無事落ちました。今回のシミはメンテナンスで落ちたんですが

シミの種類によってはメンテナンスで落ちるとも限りません。磨きが必要な時もありますし

最悪の場合は磨いても落ちないシミもございます。 シミにも色々な種類がありますので

シミでお困りでしたらお気軽に当店にご相談ください!

 

ダーク系カラーはどうしても塗装の痛みの進行が早いです。特に水平面のボンネットやルーフは

雨ジミが付きやすいです。シミを少なくするには本当は雨上がりにすぐ洗車するのが

一番いいんですが、なかなかそれも難しいですね(汗)

メンテナンスの時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきますが

目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバルXVの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクォーツブルーパールのXVはH29年8月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、前回は昨年10月にメンテナンスにお越しにくださって

おります。今回で3回目のメンテナンスになります。  洗車もマメにされているので艶もあって

お綺麗です(^^ゞ

しかしコーティング施工から間もなく2年経過、普段は屋外駐車ですので痛みも少しづつ出てきました。

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

少し離れて見れば艶もまだまだありますしクリヤー感もありますが、近くでよ~く観察しますと

細かなシミや洗車キズも多くなってきました。ただクスミも少なくて屋外駐車のダークカラーと

考えますと状態は悪くないと思います。

アフターです↓

細かなシミは残ってしまいますがスッキリ気持ち良くなりましたね!

ルーフも・・・

シミが少し目立ってきました。

アフターです↓

当店の通常のメンテナンスは磨きはしませんので深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

↑はシミが見えやすいようにライトを当てていますが普段はボディカラー的にもそれ程シミは気にならないかと

思います。 気になるようでしたら・・・磨き有りのメンテナンスもございますのでご相談ください(^_^)/

それと・・・

モールの淵なども汚れの蓄積も無くとてもお綺麗です!

アフターです↓

細かな所の汚れ落としもしていますが・・・元々お綺麗なんで全然違いがわかりません(^▽^;)

↑のような所を見ると、よくお手入れされてるのが伝わって参ります。 素晴らしい!!

細かな所はお綺麗でしたが・・・

下の方は雨天の走行で若干汚れていました(^^;)

アフターです↓

サッパリと綺麗になりましたよ~。

ホイールも・・・

少し汚れていて“黒さ”が損なわれていました。

アフターです。

タイヤもホイールも“黒さ”が復活!!艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバルXV、定期メンテナンス完成いたしました!

元々お綺麗ですがメンテナンス後はやっぱり違います(^_-)-☆

このクォーツブルーパールは光沢感の高いカラーですがコーティング&メンテナンスしますと

よりいっそう光沢が上がります。

オーナー様も『いゃ~イイね!また綺麗になったよ! 素晴らしい!!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

毎年の事ながら今年も関東地方が梅雨入りしました(^^;)

毎年行事なので仕方ありませんがジメジメ&ベタベタで嫌ですね。車も汚れ気味ですし洗っても直ぐに

雨が降るし・・・洗車のタイミングも難しいです。

しかしこの時期だからこそ水玉撥水の気持ち良さが味わえるってもんです。 梅雨の間、何日も何日も(笑)

その撥水ですがコーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

このコロコロ撥水をせっかく何日も何日も楽しめる時期なのに撥水が乱れていたら悲しいじゃないですか!?

そんな撥水が弱まった時や、この時期雨が降り出すかわからないので手早く洗車を終わらせたい。

でも水玉コロコロを味わいたい。そんな時に活躍するのが・・・

 

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!  いゃ~簡単ですね~(´▽`*)

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。美しいツヤ感と撥水効果をお楽しみください。

PCX-S8やPRO MAX EXEなど撥水タイプのコーティング施工車におススメです!

こちらは¥1,944(税込)になります。

これで思う存分コロコロ撥水を楽しんでください。 梅雨の間、何日も何日も(*´▽`*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

デザートカーキのXVにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデザートカーキのスバルXVは昨年の8月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

前回のルノートゥインゴのブルードラジェと同じで、このデザートカーキもなかなか写真だと

本来の”色が出ない“んです(^_^;)  カメラのせいでしょうか?それとも腕のせいでしょうか??

たぶん両方でしょう(汗)

ご利用されているPCやスマホのモニターによって”色”は違ってしまいますが少なくとも

私の使っているモニターで見ると今回のデザートカーキは実物より”薄い”色に見えています(^^;)

皆様はどうでしょう??  さりげな~く腕のせいではなくモニターのせいにしている感じもしますが(汗)

早速8ヶ月経過致しましたXVのメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れているので少しわかりにくいですが、以外とシミは少なめかと思います。

アフターです↓

細かなシミが確認できると思います。  柔らかくてシミが出来やすいスバルの塗装ですが

8ヶ月経過の屋外屋根なし駐車と考えますとシミは少ないと思います。

こちらは撥水タイプのPCX-S8でコーティングしていますがPCX-S8は水玉撥水にしては

シミが付きにくい印象のコーティング剤です。

 

それと塗装面ではありませんが・・・

コーティング時のブログでも書きましたが、こちらのオーナー様はXVでラフロードなど

走られるそうです。

今回もオーナー様に”ラフロード走ってるんですか??“とお聞きしたら、最近はあんまり走っていないと

言われていましたが・・・

結構走っていると思います(笑)  あんまりの度合いが違うでしょうね!

ワイパー下のカウル部が泥だらけです。水抜けの穴も塞がっているので水が溜まります(^^;)

アフターです↓

水抜けの穴も確認できるようになりました(笑) これで水が溜まる事もありません!!

↓はルーフです。

こちらも汚れ気味ですが・・・

細かなシミはありますがクスミも少ないですね!

しかしリアゲートは・・・

雨筋がダラ~と付いています。

アフターです↓

雨筋がダラ~もコーティングが効いていますので洗車で簡単に落ちます(^_^)/

それとボディサイドも・・・

ラフロード走ってます感が満載です(笑)

アフターです↓

サッパリとしましたよ~!

タイヤとホイールも・・・

少し汚れていました。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをしています。

そしてデザートカーキのスバルⅩVボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

所々泥汚れがタップリでしたが(笑)メンテナンスでバッチリとリフレッシュ致しました!

泥汚れが似合っちゃうのもXVの良さですが綺麗だとやっぱり気持ちいいですね。

これでまたラフロードも気持ち良~く走れると思います(笑) お気をつけていってらっしゃい(^_^)/

そしてまたお待ちしております!!

 

メンテンス時期はお車のボディカラーやお手入れ状況、保管状況によって異なってきます。

目安としては約6か月ごとです。保管状況がいい場合や塗装面の痛みが少ないようでしたら

1年毎でもいいかと思いますが、どうしても痛みの進行が早い青空駐車の方や黒などのダーク系カラー

のお車は早いタイミングでのメンテナンスをお勧めいたします。

ポイントは”まだ綺麗だからいいや!”ではなくて”綺麗なうちに!がお薦めです。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スバル インプレッサスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル インプレッサ スポーツのボディコーティングです。

クォーツブルーパールの新車のインプレッサ スポーツです!

こちらのオーナー様は以前よりスバルXV等で当店をご利用いただいており、今回はXVから

インプレッサ スポーツにお乗り換えになられたそうでコーティングのご依頼を頂きました。

ボディコーティング以外にもウインドウコーティングやホイールコーティングのご依頼も

頂いております。ありがとうございます。

では早速スバル インプレッサ スポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から数週間程経過しているという事もあって花粉によるシミも

確認できます。塗装面も若干曇り気味です。

ルーフも・・・

多くはないですが花粉の影響を既に受けておりました(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でライトの映り込みがボヤッとしています。

リアは・・・

こちらもボヤけ気味です。

ホイールは・・・

以前のXVに装着していたホイールを既に移植済みです。そして汚れ気味です(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干曇り気味(白ボケ)で更に季節柄、花粉の影響も受けていて花粉ジミが確認できます。

若干曇り気味の塗装面は、ある意味スバルらしいです(^^;) スバルに限らずですが同一車種の

同じボディカラーでもバラツキがあってスッキリと曇りの少ない車もあればちょっとビックリする程

曇っている車もあるんです。

こればかりは自分で車を選べる訳でもないですし、納車してからでないとわかりません。

もしビックリする程曇っている車が自分の所に来てしまったら・・・ご安心ください!

磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

今回のインプレッサはそこまで酷い曇りではないですが磨けば今以上にスッキリとクリヤーになりますので

磨きを入れて新車以上の塗装肌に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油膜の付着も無くお綺麗です。  これでも水が掛かっているんですよ!

しかし・・・

リアウインドウは少し油ぎっています(笑)

運転席と助手席は元々撥水ガラスですので・・・

それ以外のガラスを綺麗にしてコーティングしていきます。

最後に撥水力チェックをします↓

フロントもコロコロです。

リアもバッチグ~!  今、普段の会話でバッチグ~って言う人はあまり(全然??)いませんけどね(笑)

でもバッチグ~です(^_^)/

尚、アイサイト装着車(フロントウインドウ)へのウインドウコーティングはお客様のご希望が

ある場合のみとなります。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

新車ですがそれなりに付いている様です(^^;) XVの時もそうでしたがお車を止めている場所が

鉄粉が多い場所なんだそうです。

リアは・・・

鉄粉に反応した紫色が“流れ”ているので少しわかりにくいですがリアもやや多めに付いていました。

鉄粉処理をしたら再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました。

鉄粉が終わりましら磨きに備えてマスキングをしていきます。

マスキングは磨きの時に使うコンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店ではマスキングは塗装の状態によっては、

あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など様々です。

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉ジミも無くなりスッキリとしました。

リアも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

スッキリとしてライトの映り込みもクッキリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールもよ~く洗ってコーティング!  艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバル インプレッサ スポーツ、新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々新車で艶がいいので写真だと違いが分かりにくいんですけど(汗)近くで見ていただければ

塗装表面の曇りが無くなって透明感と光沢が更にあがったクォーツブルーパールに仕上がって

おります(^_-)-☆

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見るともちろんキラッといい艶感なんですけど夜の街灯の下

などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね!

きっと惚れ直すことでしょう(´▽`)

あっ!もちろんPAやSAなど安全な所でね(笑)

 

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

今回のインプレッサはそこまで酷い曇り(白ボケ)ではないですが曇りの酷いお車や納車前から花粉ジミが

付いているお車など新車でも何かしら不具合がある事が非常に多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル WRX S4のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX S4のボディコーティングです!

H28年式WRブルーパールのWRX S4です!

屋外屋根ありの駐車だったそうですが訳あって数か月ほど屋根なし駐車になってしまったそうです。

そしたらあっという間に汚れが進んでしまったとの事です。

屋外駐車でも屋根があるのと屋根がないのではお車の汚れ具合は全然違うんです(^^;

オーナー様もこんなに違うものかと驚いたそうですが、それくらい違うんです。

では3年経過致しましたWRX S4の現状を確認していきましょう!

少し汚れ気味で塗装面の状態が分かりにくいので↓は洗車後に撮った写真です。

花粉にシミも確認できます。しかし3年経過のスバル車と考えますとシミは少ないと思います!

屋根あり駐車場の威力です!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いているには付いていますが少ない方だと思います!

しかしトランクには・・・

局所的に盛大にスクラッチが付いていました。 よ~く見ると丸く何かの跡があったので

何か付いていたのかな?  と思い、あとでオーナー様に聞いたらアンテナがここに付ていたとの事でした。

その痕跡だったんですね(^^)

ボディサイドは・・・

若干曇っている感じでしたがシミもスクラッチも少なくてお綺麗です!

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れ気味です。

 

全体的に艶もあってまだまだお綺麗ですが近くで見ますと細かなシミやスクラッチが確認できます。

ちょうど花粉の時期に屋根なし駐車となってしまっ為にそれ程酷くはありませんでしたが

花粉のシミも確認できました。しかし先ほどお話しましたように3年経過のスバルの

ブルーと考えますと塗装面の痛みは少なく良好ではないかと思います(^_^)

傷んだ塗装面を綺麗にするには研磨(磨き)が必要で痛みが少ないうちに塗装面をリフレッシュすれば

研磨量も少なくて済みます。ですのでこちらのWRX S4もリフレッシュにはいいタイミングだと思います!!

ではWRX S4のリフレッシュを開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

青いボディに紫なんで写真だとよくわかりませんがよ~く目を凝らして見て頂くと

なんとな~く見えてくると思います(笑)

目が慣れると意外と鉄粉が多めに付いている事に気が付きます(^▽^;)

リアも・・・

こちらの方が確認しやすいですね!?

目を凝らして見えてくるはず!さぁウォーリーを探してみてください!  いゃウォーリーはいませんけど(^^;)

 

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックします↓

目を凝らして見ても綺麗です(笑)

トランクも・・・

目を凝らして見ても、もうウォーリーはいません!  まぁ初めからウォーリーはいませんけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

また違うコーティング剤となります。

私も自分の車などで試していましたがシミの付着も少なくて光沢感も良くとてもいい感じでした!

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも綺麗サッパリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

トランクのスクラッチも・・・

無くなって艶々です。

ボディサイドだって・・・

ライトの映り込みもスッキリとクリヤーですね。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングして艶々です!

WRブルーパールのスバル WRX S4ボディコーティング完成いたしました!

相変わらず写真だといまいち艶感など伝わらないんですけど(^^;)今回使用したコーティング剤が

これまたいい艶を出しているんです!  クリヤーで艶々に仕上がってます!!

愛車とご対面したオーナー様も『なんじゃこりゃ!』と驚いていました(笑)

いゃ~想像以上に綺麗。映り込みが違う!色が変わった!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございます。

現在は駐車場に屋根が出来たそうで一安心です(*^_^*) 屋根ありと屋根なしでは汚れ方が

全然違うと言いましたがそれ以外にもコーティング剤の耐久性も全然違ってきます。

特に撥水(水弾き)の耐久性が全然違ってきます。

理想は室内空調付きのガレージですけど私には到底無理な案件です(笑)

望みはただ1つ!宝くじ売り場へレッツゴー!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レヴォーグのウインドウとBMWのバンパー磨きをご紹介です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル レヴォーグとBMW3ツーリングの2台をご紹介致します。

まずはレヴォーグからご紹介していきましょう!

レヴォーグはウインドウコーティングのご依頼です。

ウインドウのシミが酷くてお困りとの事で当店にご相談に来られました。

こちらのレヴォーグはまだ比較的新しいお車でウインドウコーティングも掛かっているそうですが

既にシミが多く付いていて、同じようなシミがボディにも付いているとの事です。

確認してい見ますと・・・

フロントはまだまだ撥水していてシミもそれ程酷くはありません。

しかしリアウインドウは・・・

こうやって見ますとシミはわかりませんが水滴を拭き上げると・・・

この様にシミが浮かび上がってきます。

これは雨ジミではなくて油の付着によるシミです。

オーナー様にお話を伺ったら何となく原因と思われるところに辿り着きましたが

それは後ほど(笑)

と言う事で作業です↓

ウインドウを磨いて油分やコーティングを除去していきます。

磨き後です↑ 撥水が無くなって親水の状態です。(水が掛かっています)

綺麗なガラス面は水を掛けると弾かずに↑のように水が膜状に広がります。

もし撥水剤も掛けていないのに水を弾いているようでしたら、それは油膜によるものです(^_^;)

お気を付けください。

シミシミのリアウインドウも綺麗な親水状態になりました。

その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして最後に撥水確認します。

気持ち良く撥水していますね(^_-)-☆

リアウインドウも・・・

完成いたしました!

先ほどお話いたしました油の原因ですけど、お車を駐車している場所から数メートル離れた

所の家(よその家)の換気扇がこちらを向いているそうです(^_^;)

なぜリアウインドウの方が酷いのかというと、リアが換気扇の方を向いているからだと思います。

少し前のブログでシミだらけになってしまったハリアーのメンテナンスをご紹介致しましたが

それの原因も家の換気扇かと思われます。

この時はお車のすぐ後ろに換気扇があったので直撃でしたが今回のレヴォーグは5m位離れている

との事ですが、5m位だと風に乗って飛んでくると思います。

対策はボディーカバーを掛けるか駐車場を変えるかになってしまうと思います。

月極の駐車場でしたら駐車場を変える事も出来ますが、これが自宅の駐車場だとなかなか難しいですね。

普段、換気扇の場所まで考えて駐車する事も無いと思いますが、意外と盲点ですのでお気を付けください。

 

続いてはBMW3ツーリングです。 少し前の作業なんですけど・・・

しかもいきなりピンボケ気味の写真ですいませんm(__)m

こちらのご依頼は・・・

バンパーをぶつけてしまいキズが付いてしまった・・・磨きで目立たなく出来ますか??

との事でご相談に来られました。  できますよ~(^^)/

少しわかりにくいんですけど擦れた跡と塗装?が少々付いていました。

若干押しつぶされているの&塗装が掛けている所もあるので完璧に直すことは

出来ませんが磨けば、だいぶ目立たなくなります!

と言う事でアフターです↓

さすがに“折れ線やら細かなクラック”はどうにもなりませんが、かなり目立たなくなったと思います。

別角度からだと・・・

こんな感じになりました。    もちろんコーティングして仕上げています!

パッと見だとあまり気にならない位にはなったでしょうかね??

オーナー様も“これ位ならあまり気にならなくていいかな!”とお喜びになられておりました(^^ゞ

完璧に直すのならやはりバンパー交換になってしまいますが、比較的軽い擦り傷などでしたら

磨きでも直る&キズを目立たなくする事も出来ますので、交換する前に是非一度ご相談ください!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クォーツブルーパールのスバルXV定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVの定期メンテナンスです!

こちらのクォーツブルーパールのXVは昨年の8月にコーティングを施工致しました

お車です。 今年の3月に一度メンテナンスでお越しになられておりますので

今回は2回目のメンテナンスになります!

オーナー様がマメに洗車されていますので艶もあり、いつ見てもお綺麗です。 しかし普段は屋外駐車で、

しかもスバルのダークカラーですのでライトを照らして見てみると・・・(^▽^;)

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 前日の雨の影響で雨つぶが少し残っています。 その為に実際の撥水状態が

確認できました(笑)  それと細かなシミも多数確認できますね(^▽^;)

アフターです↓

細かなシミはメンテナンスでは完全除去できませんが、だいぶスッキリと綺麗になりました。

ルーフは・・・

こちらも細かなシミは確認できますがマメに洗車されているのに洗車キズなどの

スクラッチは少なめですね!

アフターです↓

ルーフも細かなシミは残っていますがサッパリとしています。

ボディサイドは・・・

こちらもお綺麗ですね! ただ写真ですとわかりませんがフロントバンパーからリアドア前方辺りまで

薄めの線キズがサァ~と入っていました。

オーナー様によると台風24号の翌日に山道を走っていたら、とあるカーブを曲がった先に木が倒れていて

急ブレーキ&ハンドルで避け・・・きれなかったそうです(^^;)

その倒木の枝か何かで前から真ん中あたりまで線キズが入ってしまったとの事でした。

アフターです↓

その線キズは幸いなことに、ごく浅いキズでしたので除去できました! 写真だとわかりませんが(^_^;)

すいません。

そして最後はホイールのビフォーです↓

ホイールのこの”角”って汚れが溜まりやすく、そして洗いにくいんですよね~(^^;)

アフターです↓

“角”も綺麗になりましたら・・・

クォーツブルーパールのスバルXV定期メンテナンス完成です!

ピカピカに仕上がりました!!

オーナー様も『いゃいゃまた綺麗になったね! 素晴らしい!!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

最近台風のネタが多く出ているのは、ブログが1ヶ月程遅れているからなんですが(;´∀`)

折角ですので台風ネタをもう一つ・・・

私って台風の中を車で走るのが好きじゃないですか!(知らね~よ) もう何年も前の話ですが

納車間もない(1週間くらいだったかなぁ??)新車のエスティマで台風の中わざわざ走りに行きました

を町内パトロールに出かけました。

うわぁ~ 風スゲ~なぁ~。雨スゲ~なぁ~。なんてワクワクドキドキしながら細心の注意を払いながら

町内をパトロールをしていたら、歩道の方から開いた傘が私の真新しいエスティマ目掛けて

やって来るではないですか!!

今でもハッキリと覚えてます。透明なビニール傘です(笑)

もちろんブレーキ&ハンドルで避け・・・られませんでした(T_T)

普段ほぼ開いた傘がおちているのって見かけませんよね?? おそらく台風だからの光景なんでしょうが

台風の後って傘がよく落ちていますよね(^_^;)  だから何だって訳ではないんですけど台風の時は

傘は凶器にもなりますので注意が必要です。 人にも車にも(笑)

ところでエスティマですけど・・・傘アタックの“跡”はしっかりと付いていました(^_^;)

教訓としまして台風のドライブ町内パトロールは控える事にしました(笑)

皆様も台風の日と翌日にはご注意ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。