シフォンアイボリーメタリックのジムニーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニーです!

こちらのジムニーは初期登録がH30年の新古車のような感じのお車をご購入されたとの

事でした。

ご購入から間もないのですが登録から1年以上経過しておりますので、それ相応の汚れや

痛みも心配ですがはたして!?

それでは早速ジムニーの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

色的な事もあってシミが思っていたより少なかっです(^_^)/

スクラッチも少ない・・・と言うより目立ちませんね(笑)

ルーフは・・・

汚れています。 ボンネットも同じように汚れているんですけど色が違うと汚れの

目立ち方もこんなに違うんです。 それはそうと、ルーフも想像していたよりシミは

少なかったです。もっと凄いのかと想像していました(^^;

ただスクラッチ(洗車キズ)は多かったです。

ボディサイドは・・・

若干ですけどモヤッと曇りを感じます。

リアは・・・

モヤけています。 それとよく見るとスクラッチも意外と多く付いているのですが・・・

目立ちませんね(笑)

それと背面のタイヤを外すと・・・

黒く雨筋が付いていました。

普段はタイヤで隠れていますので見えませんけど見えない分、汚れが溜まってしまう場所でも

あります。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

全体的に私が当初、勝手に想像していたより(笑)全然お綺麗な状態でした!

流石にルーフの洗車キズと思われるスクラッチは多めでしたがシミは少なかったです。

全体的に目立つシミやスクラッチもありませんでしたが若干モヤッと曇りを感じるのも

また事実でもございます。

しかし、いずれも程度としては軽いものですのでご安心ください。

スッキリと綺麗にリフレッシュして気持ち良くお乗りいただけますように作業を進めて

参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。 その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

すご~く多い訳ではありませんが多めです(^^;)

屋外に展示されていたお車は鉄粉が多く付いている傾向です。

リアは・・・

 

 

あっ あれ??・・・

撮り忘れましたm(__)m   すいません。

リアもボンネットそれなりの鉄粉量でした。

鉄粉以外にもボディには色々な異物が付着しています。その異物もこの工程で除去しています。

クリーナーに反応しているのは鉄粉だけなんです。

その異物も除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リア・・・

撮り忘れていません(笑)  こちらも綺麗になったんですけどビフォーの写真が無いので

あれですね(^▽^;)  すいません。

その後にボディをマスキングして磨きの準備が・・・

出来ました。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたね!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れて綺麗にライトが映り込むようになりました。

リアも・・・

スクラッチも取れてスッキリと仕上がっています。

それと・・・

ココも綺麗になっています。

普段の洗車では洗えない所にこそコーティングです!

水垢のこびり付きを低減してくれます(^_-)-☆

最後にホイールです。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げています。

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

登録から1年少々ですけど、されど1年少々なんです!

汚れを落とし、ボディを磨いてコーティングをすればビックリするくらい艶々になるんです。

艶感は新車時よりいいと思います(^_-)-☆

オーナー様も『すごーい! 綺麗で嬉しい!!愛着が湧く』と。とてもお喜びに

なられておりました! ありがとうございます。

そうなんですよ 不思議と愛車が綺麗だと愛着が湧くんですよ(*^_^*)

不思議です。 これはおそらく・・・

綺麗だと嬉しいので → 綺麗なままでいてほしい → 手入れする → 愛着が湧く →

愛着があるから綺麗にしたい → 手入れする → 愛着が湧く → 愛着があるから綺麗にしたい →

手入れする → 愛着が湧く → ・・・

の構図なんだと思います(笑)  この無限ループを維持すれば愛車は何年経っても

綺麗なままなんだと思います!

さぁ皆様もコーティングで愛着が更に増す無限ループを試してみませんか!?

お待ちしております( ̄▽ ̄)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スペーシア ギアのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシア ギアのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブルーイッシュブラックパール3のスペーシア ギアは昨年の秋にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。それから早いもので秋が過ぎ冬も過ぎ、そして春の3シーズンを

過ぎたタイミングでメンテナンスでご入庫くださいました!

ちなみにですが個人的に1年は四季ではなく五季あると勝手に思っています(^▽^;)

夏は8月

秋は9月~11月

冬は12月~3月

春は4月~5月

そして梅雨が6月~7月

の五季です(笑)

夏は暑くて嫌いなので1か月でいいです。冬は好きなので少し多めで4ヶ月!

梅雨時期は春の延長なのか夏の始まりなのか私にはよくわからないので“梅雨”で

いいと思います!   皆様はどう思いますか??

と言われても“どうも思わんわ!”と言われる位どうでもいいお話でしたので話を戻しましょう(笑)

では3つの季節を過ごしてきましたスペーシアギアのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

 

まずはボンネットからです。

この約6ヶ月ほどの間に洗車は1回位だそうですので・・・汚れています(^▽^;)

アフターです↓

ほぼ洗っていない事もあってスクラッチはとても少ないです!

シミも意外なほど少なめでした(^_^)/

ルーフも・・・

洗車していない感が大いに伝わってまいります(^▽^;)

アフターです↓

ルーフはボンネットに比べますと、やはりシミが多めです。

どうしてもミニバンや軽のハイトワゴン系のルーフが長いお車は雨水の滞留が多く

シミが付きやすいです。 特にダークカラー系は厳しいですね(^^;

と考えますと・・・今回のスペーシアギアは意外とシミが少なめではないかと感じています。

 

リアゲートは・・・

汚れの流れ方がよくわかりますね(笑)

アフターです↓

コーティングが効いていますので雨筋のこびり付きもなく、簡単に落とせます!

これがコーティングしていない場合は時間が経つと頑固な汚れとなって洗車程度では落ちないんです(^^;

コーティングの効果は見た目の艶の向上や水弾き性能ばかりではなく防汚性も備えているんです!!

ボディサイドも・・・

かなりハッキリと、そしてクッキリと雨筋が付いていました(^^;

アフターです↓

艶々で黒さ復活です。

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、黒いボディカラーですので・・・

全然わかりません(^^;

写真では全然わかりませんが実際の所はそこそこの鉄粉量でした。

リアも・・・

そこそこ付着量なんです。なんですけどわかりませんね(汗)  床は紫色になっていますけど(笑)

全体的にそこそこの鉄粉量ですけど、デリケートなブラックですので今回は軽めの処理方法で

鉄粉を処理していきました。 鉄粉除去以外にもメンテナンスではコーティング被膜表面に付いた

水アカ汚れや油分などを、多数のケミカルを使って除去し荒れたコーティング表面をケアして撥水性と

艶を取り戻してあげます。

ですのでメンテナンス後は光沢もUPして艶々になります(^_-)-☆

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

実は黒じゃなくてガンメタリックなんです(*’▽’)

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、コーティングメンテナンス完成です!

シミは残っていますがメンテナンス後は”“と”“さが全然違います。

お車がビシッと引き締ってブラックパールらしく黒さの中にもキラッとしたパールの輝きを

取り戻しましたスズキ スペーシアギアのコーティングメンテナンスのご紹介でした(^_^)/~

 

ミニバンや軽のハイトワゴン系そしてSUVなどルーフが高い車は普段ルーフを見る事なく、

それ故にルーフの汚れ状況も把握しにくいです。 広くて平らなルーフは雨が止んでも何時までも

雨水がルーフに滞留してしまいシミができやすいんです。 更に黒いお車だと尚更シミが付きやすく

傷みやすいです。 また鳥糞が付いていても気が付かない事も多く、気が付いた時には既に塗装面に

ダメージを負っている事も少なくありません。

背の高いお車の維持管理も難しく、特に屋外屋根なしの駐車場ですと正直なかなか厳しいです。

対処としてはやはりマメなチェックとマメなお手入れになってしまうと思います。

背の高いお車はそのチェックもマメな洗車も大変なんですけど・・・頑張って参りましょう!!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スペーシアカスタムのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

ブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムです!

いつ見ても鮮やかで綺麗なブルーですね! 個人的にすごく好きなカラーです(笑)

車だけではなく普段の生活でも“色”とか“匂い”不思議ですよね。落ち着く“色”や“匂い”もありますし、気分の上がる

“色”や“匂い”もあります。 このブリスクブルーメタリックは“気分の上がる”又は元気の出る色かと

思います。  買い物やドライブに行く時に“やる気が”上がります(笑)

そんな綺麗なブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムですがご購入から約2年、そして

前回のメンテナンスから約1年経過し今回は2度目のメンテナンスにご入庫くださいました。

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ご覧の通りご入庫時は雨でした。 オーナー様によりますと1年前のメンテナンス時も

雨だったそうです(^▽^;)   ご入庫時は雨でもお引渡し時に降っていなければ全然問題ないです!!

それよりも塗装面です。 雨でわかりにくいかもしれませんが若干クスミを感じます。

アフターです↓

クスミも取れてスッキリとクリヤーです! そしてシミスクラッチがとっても少ないです!

と言いますのも前回のメンテナンス時にボンネットとルーフは軽~くポリッシングして

一度リセットしているんです(*^^*) そんなこともあってシミやスクラッチは少ないんです!!

それでも屋外屋根なし駐車でしかも2年経過でこの状態は素晴らしいです!!

ルーフも・・・

雨でアレなんですけど(^^;少しクスんでいます。 よく見るとシミも確認できます。

アフターです↓

流石にボンネットよりシミは多めですが良好な状態をキープしています。

ちなみに今回のメンテナンスはメンテナンスplusのプランでおこなっております。

メンテナンスplusと通常のメンテナンス作業の違いですが、ダーク系カラーのお車はどうしても

時間の経過と共に洗車キズ等やシミが目立ってきます。 そのスクラッチやシミを目立たなくする

処置をするのがメンテナンスplusになります。 もちろん目立たなくするのも限界があって深めの

スクラッチはシミは残りますが、色に深みが出て通常のメンテナンスよりも更にワンランク上の

仕上がりになります。

 

リアも・・・

濡れていますけど、普段からマメに洗車されているとの事で基本的にお綺麗なんです。

アフターです↓

問題ございません(*^^*) 良好です!

ボディサイドも・・・

濡れていますけど黒っぽい雨筋もなく普段から綺麗にされているのが伝わってまいります。

アフターです↓

ボディ側面も全体的にスクラッチも少なく良好でした!

 

それといつものように鉄粉の付着状況です。

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

鉄粉も少ないです(*‘∀‘)

リアも・・・

少ないですね~。少しビックリの少なさでした。

鉄粉が少なめですので軽めの処理方法で鉄粉を処理していきました。

鉄粉を除去しましたら・・・ あまり絵的に変わり映えしないかもしれませんが(笑)再度クリーナーを

吹き掛けて再チェックします↓

やはりあまり変わり映えしません(汗)

リアも・・・

(;´∀`)       困ったことにあまり変化ありません(笑)

最後にタイヤとホイールです↓

いつみてもリムが深いです!軽のサイズでもこんなに深く出来るんですね(驚) 

それはそうとホイールも雨の中お越しくださいましたので少し汚れていました。

アフターです↓

艶々です。

そしてブリスクブルーメタリックのスペーシアカスタム2度目のコーティングメンテナンス完成いたしました!

艶々に仕上がりました!  まぁ正直、元々いつもお綺麗なんですが(汗)

それでもメンテナンス後はクスミも取れて更にクリヤーで艶々に仕上がっております(^_-)-☆

“やる気が”上がるブリスクブルーメタリックが更に綺麗になって“やる気も”更に上がること間違いなしです!

上がると言えばご入庫時に降っていた雨もお引渡しの時間にはすっかり上がる・・・事もなく降り続けて

おりました(^_^;)  でもそこは“やる気が”上がるブリスクブルーメタリックです。

オーナー様は雨にも負けず“やる気”満々。気分もアゲアゲでお帰りになられました。

そう思いたい。そうあって欲しいと思う私でした(^^;)

次回こそ晴れの日にお渡ししたいのですが・・・実は来週にオーナー様のもう一台のお車がメンテナンスで

ご入庫される予定になっています。 しかし、図らずしも当店のある神奈川県は本日梅雨入りしました(^▽^;)

オーナー様に “雨じゃない時にメンテナンスしましょうか??” とお話ししたのですが・・・

『いいよ、いいよ!』と頼もしいお言葉です!

これも“やる気”も気分もアゲアゲになるブリスクブルーメタリック効果でしょうか??きっとそうです(笑)

恐るべしブリスクブルーメタリック!  凄いぞブリスクブルーメタリック!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

新型ハスラーのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

ピュアホワイトパールの納車間もない新車の新型ハスラーです。

新型ハスラーは当店初入庫になります!

初めて新型のハスラーを見た時は“先代のハスラーとあまり変わらないなぁ~”という印象でしたが

実際に近くで見ると雰囲気が全然違います! 先代は四角い中にもやや丸みがある愛嬌ある

デザインでしたが新型は四角いです(*”▽”)

特にリアからの眺めは軽とは思えないほど逞しくてワイルドでカッコイイです!

そんなアウトドアテイストを強めました新型ハスラーの現状を早速確認してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

ボンネット程ではありませんが少し曇り気味ですね(^^;

ボディサイドは・・・

モヤモヤッとしてライトの輪郭もはっきりとしません。

リアには・・・

パンダ君がいました(笑)  しかも3匹も!  真ん中のパンダ君は少し小さいので子パンダ君でしょうか?

という事は左がお母さんで寝ているのがお父さんでしょうか? などと、どうでもいいような私の

勝手な妄想ですが皆さんはどう思います??

いゃ今はそんな話ではないんです。

大事なのは塗装面の状態です。 リアもやはりちょこっとだけ曇り気味でした。

 

ホイールは・・・

当店ご入庫前に交換されたそうです。

サイズ以上に大きく見えるデザインでハスラーによく似あっていますね! カッコイイです(*”▽”)

交換されたばかりですが・・・ブレーキダストで少し汚れていました。

 

全体的に少し白ボケと言われる曇りが気になります。普段、特に白いボディカラーですと

気が付かないと思いますが、この白ボケが本来の色やツヤそして透明感を妨げているんです。

この曇り(白ボケ)を磨いて取り除くと本来の色艶になります。 同じカラーの車でも白ボケの無い車と

白ボケの酷い車を見比べてみると色の深みだったり発色の違いが出るんです。

ですので新車でもボディの磨きが必要になってきます!もちろん当店では新車も磨いております。

ではワンランク上の新車を目指して作業を開始していきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時に施工のご依頼を頂く事の多い、

当店の人気オプションメニューでもあるんです(*^^*)

↓は現状になります。

油分の付着も少なめですね。

例え油分が付いていなくてもガラス表面には色々な付着物が付いていますので・・・

ガラスの表面を綺麗にします!今回は全面のご依頼ですので全面綺麗にしていきます(^_^)/

その後、よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

 

洗車後に鉄粉等の付着物を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

新車ですが新車でもこれ位の鉄粉は付いているものです(^^;

リアは・・・

気のせいでしょうか?クリーナーを吹き掛けられたパンダ君が迷惑そうな顔をしているような

気もしますが・・・気のせいですね。  そんな事よりも鉄粉は少ないですね!

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリとしました!

ちなみにウインドウ同様にボディにも鉄粉以外の異物の付着物があるものです。その異物もこの時に

処理しています。

リアも・・・

気のせいでしょうか?お父さんパンダ君が “目の上の泡ウザッ” って言っている気がしますが

気のせいでしょうね(*^^*)

そんな事より鉄粉が・・・元々お綺麗でしたね(笑)

目の上の泡を流し終わりましたら今度はマスキングへと進み・・・

ました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

しています(^_^)/

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でもEXE evo1のご指名が増えております!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

曇りも無くなってスッキリ綺麗になりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりました。

モヤモヤとしていましたボディサイドも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになりました。

リアも・・・

スッキリとしましたね! 気のせいかパンダの親子も喜んでいる気がいたします(笑)

気のせいかな??

最後にホイールです。

ピカピカのツヤツヤになっています!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングのお値段が

20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです!

そしてピュアホワイトパールのスズキ新型ハスラー、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取ってからコーティングしますと艶と透明感が向上致します!

更に「EXE-evo1」がいい仕事をしています(笑)

「EXE-evo1」は艶感の違いを感じづらい新車のパールホワイト等のライトカラーでも

艶感の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

「EXE-evo1」は2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを

塗るという事になります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが

従来のコーティング剤との違いを実感して頂けると思います!

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試して経過観察をしています。

自分の車に施工して約10ヶ月程になりますが、シミが付きやすいスバル車でも、やはりシミが付きにくい印象です。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんが従来のコーティング剤に比べますとかなり少ないです。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ワゴンRスティングレーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ワゴンRスティングレーのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3の新型ワゴンRスティングレーです!

こちらのワゴンRスティングレー納車後にディーラーからそのまま当店に

ご入庫くださいましたピカピカの新車です(*”▽”)

ピッカピカの新車なんですけど、意外と何かしらある事も多いのが新車でもあります(汗)

今回もよくよく観察していくと・・・

では早速ですがワゴンRスティングレーの現状を確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

スクラッチが確認できます。

拭きキズのような感じです。納車前仕上げの時に付いたのでしょうか??

ルーフは・・・

若干ですが曇り気味です。それと気になるようなスクラッチはなかったんですけど

よく見て頂くとルーフ全体に洗車後の拭き上げ跡(水分が乾いた跡)が残っています。

キズとかではないのでいいんですが少し気になります(^^;

ボディサイドは・・・

ここにもスクラッチが確認できます。 こっちのスクラッチはキズ等を磨きで消した

痕跡かと思います。  磨いた時に付いたキズで光が乱反射してしまい↑のように

ギラギラと見えてしまいます。綺麗に磨き切れていない状態です。

反対側のドアも・・・

写真だと目立ちませんがモヤモヤとした磨きキズが確認できました。

赤い矢印の先に見える白っぽいモヤモヤが赤い枠の中全体にある感じなんです。

結構なモヤモヤ加減でした(^^;

リアは・・・

スクラッチも無くお綺麗でした!

 

納車ホヤホヤの新車ですので艶感は良好でした!しかし、よくよく観察していくと

スクラッチが数か所ほど確認できました。 デリケートなブラックカラーですので

どうしてもスクラッチが付きやすいんです。 “黒”はキズが付きやすく目立ちやすいので

納車前に付いたキズやシミを除去する為に”磨き”が入っている事が非常に多いです(;’∀’)

この磨きキズが付いたままコーティングしてしまえば、もちろんこのままな訳ですし・・・

しかし残念な事にそのままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです!!

という事でキッチリと磨いてスッキリと艶々なワゴンRスティングレーに仕上げて

いきたいと思います!

作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

ボディコーティングと同時施工される方が多い当店の人気オプションメニューです(^_^)/

↓はフロントウインドウの現状です。

油分の付着もなく良いですね!

新車時でも油分の付着が多く、水を中途半端に弾いてしまう車も多いんです。

ウインドウには油分以外の汚れも付いていますので油分の付着が無くても

一度ガラス表面を綺麗にしていきます。

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをします。

綺麗に撥水をしているのを確認しましたらウインドウコーティング完成です!

 

そしてお次はボディです。

洗車をした後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたしますが、いつもどおり黒い車ですと・・・

写真で撮ってしまうと何が何だかわかりません(^▽^;)

リアも・・・

もう何が何だか・・・(汗)

実際の所は新車らしくポツポツと少ない感じでした。

少ないとは言え付いている物は付いていますので処理していきます。

ポツポツと鉄粉が少なめ&デリケートな塗装ですので今回は軽めの処理方法で

鉄粉を処理していきました。

そして鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはり写真だと何が何だかわかりません(^^;

リアも・・・

処理していますが写真だと違いがわかりません(汗)

 

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回、所々にスクラッチが確認できますのでしっかりとスクラッチを除去していきました。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・

PCX-V110ですが、ボンネットとルーフにはPCX-V110とは違うコーティング剤を使用しています。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7やPCX-V110がスタンダードですが今回ボンネットとルーフに

使用したコーティング剤はそれとはまた違う低撥水性のコーティング剤となります。

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも無くなって新車本来の綺麗さを取り戻しました!

いゃ新車以上に綺麗です(^_-)-☆

ルーフも・・・

もちろん拭き跡なんてございません(笑)

ボディサイドのスクラッチも・・・

スッキリと除去できています!

反対側も・・・

スッキリと、そしてクリヤーになりました!

リアは・・・

綺麗に仕上がっております!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ ワゴンRスティングレー、新車コーティングが

完成いたしました!

納車時より一段上の仕上がりです(^_-)-☆

元々新車ですので艶感などは良好ですがボディに付いていたスクラッチや塗装の

曇りを除去しコーティング剤で仕上げますと新車以上の新車の輝きになります!

オーナー様もその輝きに『いゃ~凄いな!!』と、お喜びになられておりました。

ありがとうございます。

これから始まる新しい愛車との新しいカーライフをお楽しみください(^_^)/~

 

先ほどもお話いたしましたが新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、

花粉の季節には花粉ジミが付いているなど何かしら不具合がある事が残念ながら

非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ エブリィ ワゴンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ エブリィ ワゴンのボディコーティングです。

パールホワイトの新車エブリィ ワゴンです!

こちらのオーナー様は他のお車で当店を何度もご利用くださって頂いているんですけど、今回は

お仕事に使用されているお車を新調されたとの事でコーティングのご依頼を頂きました。

いつもありがとうございます。

お仕事用と言えば商用車登録のエブリィが定番ですけど軽乗用車登録のエブリィ ワゴンをお選びに

なられるところに拘りを感じます(*^^*)

そんな新車エブリィ ワゴンですが当店ご入庫時には雨でしたので・・・

濡れています(^^;

この状態でも線キズが確認できますね(汗)

↓は洗車後に撮影した状態です。

ライトの下に線キズが数本見えると思います。 写真だと短く見えますが実際はボンネットの

端から端まで長いんです(^^;  しかも結構いっぱい付いているんです(涙)

それとバンパーの下の方に・・・

キズかな(;”∀”)

ルーフは・・・

線キズとかは無いんですが少し曇り気味でライトの映り込みがモヤッとしていました。

ボディサイドも・・・

モヤけていますね。

リアは・・・

これまたシャキッ!とはしていませんでした(^^;)

 

ご覧頂きましたようにボンネットにスクラッチ(線キズ)が新車にしては多く付いていました。

ルーフやボディサイドには目立ったスクラッチは無いのですがボンネットだけ付いています。

オーナー様も気になっていたそうです。納車後に洗車もしていないので納車前から付いていたのでしょう(^^;)

それと全体的に塗装が曇り気味でもありました。

納車時の塗装が一番いい状態と思われる方が多いのですが、残念ながら実際はスクラッチが付いていたり

シミが付いていたり、そして曇っていたりと新車でも色々とあるが実情です。

しかもそれは珍しいことではなく全然よくある事なんです。

そんな不具合箇所を整えてからコーティングをするのが当店の新車コーティングです!

では新車コーティングを開始していきましょう!!

 

その前にウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です

撥水剤と言うよりも油分の付着による水弾きっぽいですね(^^;

今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウの下地を整えてまいります。

その後にウインドウ専用コーティングPGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました。

一度雨の日にウインドウコーティングをした車に乗ってしまうと、ウインドウコーティングをしていない車には

戻れません(笑)    まだの方は是非一度お試し下さい(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をしてその後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

とっても少ないですね! 反応している所を探すのが大変なくらい少なかったです。

リアは・・・

こちらはポツポツと見えますね。 とは言え全体的に鉄粉は少なかったです。

少なかったので軽めの鉄粉除去方法で作業しました。

少なかったんですけど一応アフターの写真も撮ったので・・・

ボンネットは違いがわかりません(^▽^;)

リアは・・・

黒っぽいポツポツが無くなったので違いがわかりやすいですね!?  よね??

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回ボンネットにスクラッチが多かったので新車にしては少し強めの磨きをしています。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

コロコロとした水弾きが気持ちイイ・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の当店の

人気コーティング剤です! PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

線キズも無くなってスッキリとして綺麗になりました!

バンパー下も・・・

幸いキズではなく汚れのようでした! よかったよかったヽ(^o^)丿

ルーフも・・・

曇りも取れてスッキリとしました。

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになっています。

リアも・・・

ライトがシャキッ!と映り込むようになりました。

そしてパールホワイトのスズキ エブリィ ワゴンの新車コーティングが完成いたしました!!

綺麗に仕上がりましたよ~!

でも新車のパールホワイトは写真だと施工前後の違いが伝わりにくいんです・・・(汗)

実車の方は艶感の向上をバッチリと感じて頂けると思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ビカビカだぁ!!』と、とってもお喜びになられているご様子でございましたので

間違いありません(笑)

施工前後の違いが分かりにくい新車のパールホワイトで『違う!』とわかって頂けるのは嬉しいです(*^^*)

ありがとうございます!

新車を新車以上に輝かせるには新車でも下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要なんです。新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも

磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

そして最後にコロナウイルスについて。

今だコロナウイルスの収束の気配を感じません。

最近毎回書かせていただいておりますが当店では少しでもお客様に安心していただけますよう、

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

手洗いや手指アルコール消毒も頻繁におこなっております。元々仕事柄、手洗いは

凄~く頻繁なんですけど(^▽^;)

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブル、ボールペン類等もその都度消毒しています。

最近ではお客様のイスの近くに、こちらの・・・

その名も・・・『ウイルスとれる~ん』を設置!

なんでも、浮遊するウイルスをキャッチして離さないという布地なんだそうです。

そして更にテーブルの上に・・・

その名も・・・『ウイルスブロックする~ん』を追加!  ← 名前は勝手に命名しました(笑)

最近ではスーパーやコンビニもレジなどでシールドを使い感染拡大防止に努めている所が

増えてきました。 そこで当店でもと考えシールドを自作してみました!

どうしてもお客様とお話する時にソーシャルディスタンス2mを取ってしまうとご説明などが

できなくなってしまいます。そこで考えたのがシールドです。

座って見るとこんな感じです。

テーブルの幅だけですが真正面ですので至近距離での会話による飛沫感染のリスクを軽減する為に、

そして少しでもお客様が安心していただけるかな?と思い設置いたしました。

自作ですのでクオリティ的に少しアレなんであまり細部は見ないでくださいね。(^^;   特に裏側。

それとアルコール消毒スプレーも置いてありますので、ご自由にご利用ください。

当店の現在のコロナウイルス対策はこの様な感じですが今後もその都度、追加対策やアップデートを

していきます。 皆様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

シフォンアイボリーメタリックのジムニーシエラです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーシエラのボディコーティングです。

こちらのジムニーシエラは納車間もない新車のお車になります!

ジムニーシエラは今だに納車待ちが長く、こちらのオーナー様もご契約から随分と長い事お待ちに

なられたとの事でした。 人気車はつらいですね(^^;

そしてこちらのシフォンアイボリーメタリックと言う名のアイボリーですが私、ソリッドのアイボリーかと

思っていたんですけどカラー名を見てビックリです。メタリックなんですね(;”∀”)

近くで見ても正直、メタリック感が無いんですけど、おそらくそれも開発者の狙いなんでしょう!

ソリッドらしい力強さと、それでいて光が当たった時のキラッと光る高級感を狙ったのかどうかは

あくまでも私の推測です(笑)

いずれにしろジムニーシエラにとても良く似合っているカラーだと思います!

ではシフォンアイボリーメタリックの新車ジムニーシエラの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れているのは置いといて・・・ライトの淵がボヤボヤとしています。

汚れているからではないかと思われるかもしれませんが、これは汚れでボヤボヤしている訳では

無いんです。  若干汚れの関係もありますけど(^^;

これは塗装表面が曇っているんです(白ボケ)

ルーフも・・・

ごめんなさい。少しピントがぼけていましたm(__)m

それでも何となくボンネット同様、少し白ボケしているのがわか・・・わかりませんね(汗) すいません。

そのお詫びと言っては何ですが、ボディサイドはわかりやすいです↓

何となくライトの映り込みがシャキッとしていないと思います。

特にライトの中心を見て頂くとわかるんですが白っぽくボヤっとしています。

リアも・・・

クッキリしていませんでした(^^;

それとリアのスペアタイヤブラケットの後ろ側は・・・

納車からまだあまり時間が経っていない事もあって、あまり汚れていませんでした。

ここは普段の洗車では手が入りませんのでどうしても汚れが溜まってしまう場所です。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でした。

 

全体的に白ボケが気になります。普段は気が付かないと思いますが、この白ボケが本来の色艶を

妨げているんです。 この曇り(白ボケ)を磨いて取り除くと本来の色艶になります。

同じカラーの車でも白ボケの無い車と白ボケの酷い車を見比べてみると色の深みだったり発色の違いなどで

結構印象が違ってきます。

以前違う車のお客様から『同じ色の車が横に止まっていると何か違うんだよね~。色味が違うと

言うか、深みが違うと言うか。やっぽり綺麗なんだよね~』と嬉しいご報告を頂きました(*^_^*)

いゃ~、違いを分かって頂いて嬉しいです(*´▽`*)

そうなんです。やっぱり白ボケを除去すると全体の印象も違うんです。

更にコーティングをして艶感もUPするんです!!

今回もそんな “隣の車とは違うんだぜぇ” なジムニーシエラを目指して作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。新車での鉄粉は付いているものです(^^; 逆に新車でこの位でしたら

少ない方なんです。

リアも・・・

とっても少ないですね!

もちろん少なくても処理していきます。

処理方法も何通りかあるんですけど今回は軽めの処理法で除去しました。

除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

更にキレイに!

リアは・・・

元々少ないのであまり変わらないかな(^^;

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをして磨いていきます!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます! 今回使用致しましたコーティング剤ですが・・・

今回はこちらのPCX-V110ともう一つ別の低撥水のコーティングの2種類を使用しています。

PCX-V110はボディのサイド面に、そしてもう一つのコーティング剤はボンネットと

ルーフの水平面に使用いたしました。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

そしてもう一つのコーティング剤も耐薬品性・防汚性に優れた高硬度・高膜厚の低撥水タイプの

コーティング剤です。

 

それと今回もフェンダーアーチやバンパーの未塗装部の樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑は塗り立てです。乾燥しますともう少し艶感は落ち着きます。

最近は、この手のフェンダーアーチのお車が増えていますね!しかし未塗装の樹脂パーツ類は時間の

経過と共にあっと言う間に白っぽく汚れ、そして退色してしまいます。

その予防にも樹脂コーティングは有効なんです。 汚れのこびり付きも低減されて洗車も楽になります(^_^)/

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

スッキリとライトが映り込むようになりましたよ!

施工前の写真がピンボケでしたので比較にならないかもしれませんが(^▽^;)

でもボディサイドの写真なら・・・

施工前後の違いが良くわかると思います。

モヤモヤがなくなってスッキリです!!

リアも・・・

ライトの輪郭がクッキリとシャープに映り込むようになっています。

もちろんスペアタイヤブラケットの後ろ側も・・・

コーティングしています。

普段なかなかお手入れできない所だからこそコーティングで保護しておきましょう!

最後にホイールです。

ピカピカで気持ちいいです!

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニーシエラ、新車コーティングが完成いたしました!

“隣の車とは違うんだぜぇ” なジムニーシエラが出来ましたヽ(^o^)丿

同じ色の同じ車が止まっていたら横に止めて見比べてください(笑)

きっと色と艶、そして透明感も違っていると思います!!

オーナー様も『やっぱり違いますね!』とお喜びになられておりました。

特にフェンダーアーチ等の樹脂コーティング部の違いに少し驚かれているご様子でした(*^_^*)

少し前にジャングルグリーンのジムニーシエラをご紹介しましたが、色が違うだけで雰囲気も全然違いますね!

ジャングルグリーンも、これぞジムニー!って雰囲気で逞しくてカッコいいです。

しかしアイボリーはそれとは一転して優しくて懐かしい感じがします。

色が違うだけでイメージも全然違うから面白いですし色選びは難しく楽しいものです!

ボディカラーで悩んでいる貴方!そう、そこの貴方!! いっぱい悩んで楽しんでください(^_^)/

柔らかくて優しいアイボリーの少しレトロチックな雰囲気がカッコいいジムニーシエラのご紹介でした。

 

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いています。

最近毎回書かせていただいておりますが当店では少しでもお客様に安心していただけますよう、

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

手洗いや手指アルコール消毒も頻繁におこなっております。元々仕事柄、手洗いは

凄~く頻繁なんですけど(^▽^;)  私の手、カラッカラのガッサガサです(笑)

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

最近ではお客様のイスの近くに、こちらの・・・

その名も・・・『ウイルスとれる~ん』を設置!

なんでも、浮遊するウイルスをキャッチして離さないという布地なんだそうです。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策等を続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ ハスラーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

クールカーキパールメタリック / ホワイトルーフのスズキ ハスラー JスタイルⅡです!

新車でご購入されてから既に4年以上が経過し少しお疲れ気味のご様子です。

新車時にディーラーでコーティングを行っている事もあってかご入庫時の第一印象は車齢などを

考えますと『キレイ』という印象でしたが、よくよく見てみると・・・(^^;

では早速ですが現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し前に洗車したとの事で汚れは少ないんですけど、やはりシミが多いですね(^^;

クスミも進んでいて透明感が損なわれガサガサです。

ルーフはもっと・・・

クスんでいます。 ライトが映り込みません(^▽^;

ボディサイドも・・・

クスんでいてライトもボヤボヤです。 色的にわかりにくいんですが実は水アカでシマウマ状態なんです。

縦方向に黒い筋が沢山ついています(^^;

リアも・・・

クスんでます。それとライトが明るくて目立ちませんがスクラッチもボディ全体に結構付いているんです。

そしてフェンダーアーチ等の黒樹脂部は・・・

白くなっていました。

リアバンパーも・・・

白いです(^^;

 

全体的にクスミが進んでいて透明感がありませんでした。色に深みが無いと言い換えてもいいかと思います。

ダークカラー系のお車は時間が経つにつれ塗装面に付くスクラッチやシミそしてクスミの進行で色に

深みが無くなり全体的に白っぽくなってしまいます(^^;

それとフェンダーアーチ等の黒樹脂部の白さは・・・オーナー様曰く『ワックスのような物』を塗ったら

白くなってしまったそうです(汗)

未塗装の黒樹脂部にワックスを塗ると樹脂の凹凸部にワックスが入り込みシャンプーで洗った程度では

落とす事ができませんのでお気を付けください。

それでは全体的にややお疲れ気味のハスラー君をリフレッシュして参りましょう!

作業開始~!!

 

ボディの前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

何か撥水剤でも塗られているのでしょうか? 何となく撥水している感じも致します。

ガラス表面を磨いて油膜や撥水剤などを除去し、その後にウインドウ専用コーティング剤で

コーティングします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずはいつも様に洗車後にボディに付いている鉄粉などの異物を除去します。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

色的に少しわかりにくいんですけど黒っぽくポツポツと見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

結構多いんです(^▽^;)

白いルーフの方がわかりやすいです↓

多いっス(^▽^;)

4年ぶり以上ですから、これ位の量は付いているものです。

異物除去が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリとしましたよ~!(^^)!

ルーフも・・・

綺麗です!!

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングでの磨きになります。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ガサガサでした塗装面がスベスベ潤いました。ヽ(^o^)丿

ルーフも・・・

クスミが無くなって透明感がでました。ライトも映り込むようになりましたね!!

ボディサイドも・・・

水アカも無くなりスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

クスミが無くなってスッキリとライトが映り込むようになりました。

それとフェンダーアーチも・・・

ワックスの様な物を落としてから樹脂コーティングしました。

黒さと艶が復活しています(^_^)/

ちなみに↓は・・・

真ん中から左側がワックスの様な物を落とした状態です。

ワックスの様なものは落ちましたが既に経年劣化でだいぶ白っぽくなっています。

それとシミやキズなども散見出来る状態でした。

そして右側は樹脂コーティングをした状態です。 ↑は塗り立てです。乾燥しますともう少し

艶感は落ち着きますが違いは歴然です!

リアバンパーも綺麗になりましたよ~(^_-)-☆

そしてクールカーキパールメタリック / ホワイトルーフのスズキ ハスラーの

ボディコーティングが完成いたしました!

色に深みを感じていただける仕上がりになりました。

ややお疲れ気味でしたハスラー君ですがリフレッシュしてシャキッと凛々しく見えるから不思議です(笑)

黒が黒く、そして白が白くなったことでメリハリが出てシャキッと見えるのでしょうね!

オーナー様も『うぉ~すげ~~!すげ~綺麗!!』と、とてもお喜びになられておりました!

艶感などは新車にも負けていないと思います(^_^)/

皆様の愛車も一度リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

より一層愛着が湧きますよ~(*^_^*)

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いています(涙)

最近毎回書かせていただいておりますが当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

最近ではお客様のイスの近くに、こちらの・・・

その名も・・・『ウイルスとれる~ん』を設置!

なんでも、浮遊するウイルスをキャッチして離さないという布地なんだそうです。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策等を続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ジムニーシエラのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーシエラのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのジャングルグリーンのスズキ ジムニーシエラは昨年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

半年経過でメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から半年ですがオーナー様曰く・・・全然洗っていない! との正直なご申告を

頂きました(笑) ありがとうございます(*^^*)

そう考えますと、あまり汚れていない気も致しますが?? これもコーティング効果でしょうか(笑)

ではコーティング施工から半年経過いたしましたジムニーシエラのメンテナンスの様子を

ビフォーとアフターでご紹介してまいりましょう!!

まずはボンネットからです。

3月でしたので花粉の影響もございます。ところで今年は花粉の飛散量が少なくないですか??

昨年が多かったから余計に今年は少なく感じますけど、これ位が例年の量なんでしょうか?

今年は屋外に駐車していても明らかに昨年より車に付く花粉の量が少ないです(*’▽’)

とは言え飛んでいる事には違いはありません(^▽^;)

アフターです↓

メンテナンスでは落ちなかったシミなどはございますが比較的、良い状態をキープして

いると思います。 洗車キズ等のスクラッチも少ないんです!!

ルーフも・・・

汚れています(^▽^;)

アフターです↓

こちらも落ちないシミもありますがスクラッチも少なく悪くないですね!

そして・・・

ウインドウ下の段差などには汚れがやや溜まっていました。

アフターです↓

細かな場所の汚れなんですが、綺麗感が全然違います。

そして3月と言えばこれです↓

蜘蛛の巣です(^▽^;)  暖かくなってくると色々なムシ達も行動が活発になってきます。

特に今年は暖冬のせいか、例年より早い時期からムシ達が動き出している気がいたします。

暖かいのは嬉しいですけどムシは嬉しくないですね(汗)

アフターでお見せする程でもありませんがアフターです↓

蜘蛛の巣スッキリ!

気を抜くとすぐに巣を作るのでお気を付けください(笑)

ボディサイドは・・・

泥ハネ汚れはございますがシミも少なくお綺麗でした。

アフターです↓

フェンダーアーチやサイドスカート部も樹脂コーティングしていますので洗えば、

黒さと艶も復活します!  樹脂コーティングしていると汚れのこびりつきが低減できます!

それと鉄粉の付着状況です。

↓のポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

半年でこれ位ですので少ないですね!

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました~(^_^)/~

そして最後はホイールです↓

ホイールも少し汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールもよ~く洗った後に艶出しで仕上げています。

そしてジャングルグリーンのスズキ ジムニーシエラ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶も復活してピカピカです(*”▽”)

先ほどもお話しましたがフェンダーアーチやバンパーも艶々です!

これが結構お車の印象UPに貢献していると思います!!

未塗装の樹脂パーツ類は時間の経過と共にあっと言う間に白っぽく

汚れ、そして退色してしまいます。 その予防にも樹脂コーティングは有効なんです。

新車時に施工するのがいいんですけど、白っぽく退色してからでも黒さが戻り艶も出ますので

未塗装樹脂の劣化でお悩みでしたらお気軽にご相談下さい!

 

お客様からの質問でよく聞かれるのが洗車の頻度です。洗車の頻度はお車の使用方法や保管状況で

違ってきますが月に1~2回程度が私はお薦めです。こればかりは人それぞれと申しますか、

車それぞれと言いますか?環境によって様々です。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし

場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのも良くないですが洗車し過ぎも良くないです。

洗車キズとは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです。どうしても洗車すると多かれ少なかれ

キズは入ってしまいます。ですので洗車キズを低減する為にも必要以上の洗車は控えた方が

いいかと思います。ポイントは汚れが酷くなる前に行うのが綺麗を長く保つ秘訣だと思います。

暖かくなってきて洗車をするのに気持ちいい季節です! コロナの影響で遊びにも

行けません(涙) そこで洗車です!

自宅で洗車できる環境でしたらジックリと洗車でもいかがですか??

意外とストレス解消にもなるものです(^_^)/

そのコロナですが、最近毎回書かせていただいておりますが少しでもお客様に安心して

いただけますようお客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

最近ではお客様のイスの近くに、こちらの・・・

その名も・・・『ウイルスとれる~ん』を設置!

なんでも、浮遊するウイルスをキャッチして離さないという布地なんだそうです。

デザイン的に当店の雰囲気にはマッチしていない気もしないではないですけど(^^;

今はデザインより機能重視で!! そんな期待の新人も設置しました!

ちなみにこの『ウイルスとれる~ん』は『花粉もとれる~ん』だそうです(笑) まさに一石二鳥!!

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策等を続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ワゴンRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです!

こちらのルナグレーのワゴンRは2年程前に当店でボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。

今回は再施工のご依頼を頂きました。ありがとうございますm(__)m

ご購入から10年くらい経つようですが10年の月日の経過を感じさせない状態だと思います!

2年前に一度、塗装面をリセットしましたのでまだまだ艶も感じられお綺麗です。

前回のコーティング時の様子 →  ワゴンR

とは言え2年経過すると少し痛みも出てきます(^_^;)

ではコーティング施工から2年経過いたしましたワゴンRの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回は盛大に付いていましたスクラッチですが今回は少ないです(^^)

前回は7年以上経過している状態でしたので当然ですね(^^; 比べてはいけません(笑)

ルーフも・・・

スクラッチが少し増えてきました。

ボディサイドは・・・

ライトが明るくて写真に撮るとわからなくなってしまうのですが、全体的にやはり洗車キズと

思われる浅めのスクラッチが全体に付いていました。

特に・・・

ドアノブ周辺は開閉時に爪などが当たってしまうので深めのキズが付いてしまいます(^^;)

リアは・・・

当店ご入庫前にリアバンパーを修理されたそうで、その時に一緒にリアゲートも

塗装してくれたんだそうです。 そんな事もあってリアゲート全体に磨きキズが残っています(^^;)

少しわかりにくいかもしれませんが光のモヤモヤと見えるのが磨きキズ(オーロラマーク)です。

光を当てると細かな磨きキズに光が乱反射してオーロラのようにユラユラ~、モヤモヤ~と見えるんです。

それと今回はヘッドライトのクリーニングもご依頼を頂いております。

すご~く酷く白濁している訳ではございませんが全体的に白く濁っています(^^;)

ご購入から10年ですからどうしても傷んできます。

反対側も・・・

白く濁っていてライトの中がよく見えませんね(^^;)

 

全体的には2年前に塗装面を一度リセットしていますので10年経過とは思えない状態です(^^)

まだ2年ですのでシミやスクラッチが少なめです。まだ2年ですので再施工がもったいないように

思われる方も多いかもしれませんが逆に、この位の痛みの具合で再施工をしていった方が

少ない研磨量で綺麗になるので結果、塗装被膜の厚みを維持できます。

塗装の厚みは限りあるものですので研磨量は少ない方がいいんです(^_^)/

今回は軽い磨きでのご依頼ですが、はたして軽い磨きでどこまで綺麗になるのか!?

結果はWEBで! じゃなくて後ほど!!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を除去してまいります。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少し色的にわかりにくいかもしれませんが黒っぽく点々と確認できると思います。

よ~く見ると結構多いんです(^^;)

リアは・・・

ボンネットに比べると意外と少ないんです。

という事は駐車している場所に鉄粉が舞っているのかも知れません。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも更にスッキリです。

そして今度はマスキングをして磨いていきます。

そのポリッシングですが今回は先程も少しお話いたしましたように軽い磨きのベーシックプランでの

ご依頼になります! ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

今回のワゴンRの様に”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”や、状態にもよりますが新車ご購入から

1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、また施工料金を抑えたい方等おススメのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回コーティングされた時と同じ低撥水タイプの・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

今回は軽めの磨きでしたが、だいぶ綺麗に仕上がってると思います(*^^*)

ベーシックプランは基本的に1度のポリッシュで仕上げます。柔らかい塗装は1回のポリッシング仕上げでも

スクラッチが結構取れます。

ルーフも・・・

スクラッチが残っていますけど浅めのスクラッチが減ったのでだいぶスッキリとしました!

ボディサイドは・・・

こちらもスッキリとしています。

ドアノブ周辺の小傷も・・・

綺麗になっています!!

リアのモヤモヤッとした磨きキズもなくなってライトを当ててもスッキリです(*^_^*)

それとヘッドライトクリーニンです↓

白濁もなくなって綺麗になりました。

反対側も・・・

ヘッドライトがクリヤーになりましたね!ライトの中も良く見えます(笑)

ちなみに・・・

ヘッドライトを磨く時もこんな感じにマスキングします(^_^)/

そしてルナグレーのスズキ ワゴンR、ボディコーティングが完成いたしました!

軽い磨きとは言え浅めのスクラッチやシミ、そしてクスミを除去すれば色に深みが出て

艶々のボディに仕上がりますヽ(^o^)丿 特に今回はヘッドライトも綺麗にしましたので

より一層、お車全体が明るくそして綺麗になりとても10年頑張ってきたお車の色艶には

見えないと思います!

これからも大切にお乗りください!!

 

車に細かな線キズが付いてしまう要因は色々とあります。その一つが洗車時に付くキズです。

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

洗車用のシャンプーを使いそのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジもクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは定期的に交換してください。

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。