スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

H28年式のスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーです!

ご購入から3年が経ちボディの汚れが気になってきたそうでボディコーティングのご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって、あまり”3年経った感“は感じません(*^^*)

とは言え3年と月日が流れたのは紛れもない事実(笑) よくよく観察していけばやはりそれ相応の痛みも

ございます。

では3年経過致しましたジムニーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様がお話していたように意外と傷んでいました(^^;)

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーでも、近くで見ると見えてしまいます。

ルーフも・・・

シミだらけでした(^▽^;)

ドアミラーの付け根なども・・・

汚れが溜まっております。  どうしても隙間や溝などに汚れが集まり、固着してきます。

ボディサイドは・・・

こちらは垂直面という事もあってシミは少ないですね! ただ少しクスんでいるようで

ライトの映り込みもボヤけています。

ホイールは・・・

少し汚れ気味ですね(^_^;)

 

こうやって近くで観察していくとオーナー様がお話ししていたように汚れや痛みが気になります。

確かにシルバーは汚れや痛みが目立ちませんが、目立たないだけで付いている事には違いありません。

この塗装面に付いているシミやスクラッチ、また塗装のクスミ原因である酸化被膜を除去する事で

艶や透明感が復活いたします!

ご購入から3年、お車をリフレッシュするいいタイミングだと思います!

艶々ボディを目指して作業開始~!!

 

ボディの前に今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水系のケミカルをご利用されていたのでしょうか? 何となく撥水していた感じがしますが

いずれにせよ、ほぼ撥水力は落ちている様です(^^;)

ガラス表面を磨いてリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

写真の撮り方が悪いのか(汗)それ程多く反応している様には見えませんが、

実際は結構凄かったです(^^;)

リアは・・・

ここもクリーナーで流れちゃったので少ないように見えますが実際は結構ゴイス~でした(古)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!  スッキリとしたのは見た目だけではなく、洗車時のスポンジの

動きがスムーズで引っ掛かりが無くなりますので洗車時にも実感して頂けるのではないでしょうか!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

その磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミだったボンネットのシミも綺麗になりました~!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっています(^_^)/~

クスミ気味だったボディサイドも・・・

スッキリとしてライトも綺麗に映り込むようになっています。

もちろんドアミラー付け根の汚れも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールも・・・

黒さも戻り艶々です!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

リフレッシュ完成です(^_^)/

シミやスクラッチ、クスミも無くなってスッキリと透明感ある仕上がりになりました!

スチールシルバーメタリックが少し明るくなったと思います(*’▽’)

シルバーやホワイトなどライトカラーは比較的シミやスクラッチが目立たずにお手入れも楽なボディカラーです。

しかしだからと言って傷まない訳ではございません。時間が経てば経つほどに嫌でも痛みが進んできます。

そしてある時に気が付くんです“あれっ、なんかこんなんだったっけ??”と。

いつしか艶も引け、光沢も失せてきます。 そこでもう買ってから時間が経つし、しょうがないと諦める事は

ございません!  磨くのです(笑)  磨けば綺麗になるんです(*’▽’)

ただコーティング剤を塗るだけでは車は綺麗になりません!  磨きなんです!

お車を綺麗にするのは磨きなんです。磨いて綺麗になったボディにコーティング剤を塗ることで

更に綺麗になるんです!! 皆様の愛車は大丈夫ですか?? 一度愛車をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

チャンピオンイエローのスイフトスポーツ、メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのチャンピオンイエローのスイフトスポーツは今年の4月にボディコーティングを

施工致しましたお車です。

施工から6ヶ月が経ち今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

いつ見ても目の覚るような綺麗なイエローですね!

そんな鮮やかなチャンピオンイエローのスイフトスポーツもコーティング施工から半年程経過していますが

艶もあってお綺麗です。お綺麗ですが実はよくよく見ますと結構汚れ気味なんです。でも↑の写真の様に、

意外と汚れが目立ちません(笑)

そんなスイフトスポーツのメンテナンスのご様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは汚れも少ないです。それより大事なのは塗装面の状態です。

ソリッドのイエローなので正直シミは多いかと思いましたがオーナー様のお手入れがいいようで

シミもスクラッチも少なめでした(^_^)/

アフターです↓

写真だとイマイチわかりませんね(^^;) シミも少ないです!!

ルーフも・・・

少し汚れていますが塗装面自体はそれ程傷んではなさそうです。

アフターです↓

屋外駐車とは思えない程お綺麗です。

リアは・・・

さすがに雨が降れば黒い雨筋は付いてしまいますが・・・

水アカのこびり付きも無く洗車で簡単に落とす事が出来ます。

ボディサイドも・・・

ドアノブから黒く筋が伸びていました。

アフターです↓

グリス分を含んでいる雨筋ですと洗車で落とせない事もございますが、そのような時はメンテナンス剤等で

優しく拭いてあげると簡単に落ちますのでお試しください。

そして更に下の方を見ていくと・・・

やっと汚れている感が感じられます(笑)  ちなみに中央付近に白っぽく横線が見えますが

これはキズではなくて店内の様子が映り込んでいるだけです(^^;)

アフターです↓

スッキリとしました。綺麗だと気持ちいいですね(*^^*)

ホイールは・・・

こちらも少し汚れていて黒がグレーになってしまっています。でも本当は・・・

艶ピカに黒なんです! 黒いと足元が引き締まりますね!!

そしてチャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツのコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。  ご入庫時も光沢もあって綺麗だな~ なんて思ったんですけど

やっぱりメンテナンスをしますと綺麗さが違います(笑)

光沢感がより向上して鮮やかなチャンピオンイエロー4が更に鮮やかになりました(^_-)-☆

 

コーティングメンテンスは早め早めに行うのがお薦めです。特にダーク系カラーのお車は早めがいいです。

と言いますのもコーティングを行っていても汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。

普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に洗車を行なえば汚れの付着が

低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。

そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に

渡り美観を維持するポイントです(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スペーシアギアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアギアのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3のスペーシアギアです!

納車間のない新車のお車になります。

スペーシアギアは当店初入庫になります(^_^)/

ブラックという事もあって一見、結構イカツイ印象ですけど見れば見るほど、つぶらな瞳で

カワイく見えてきます(*^^*)

そんなイカツさと可愛さが同居しているスペーシアギアの状態を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですけど納車から少し時間が経っています。その間に台風の襲来もあり少し汚れていました。

汚れ自体は全然問題ないんですが、よくよく観察してみると・・・

ボンネットの一部にポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 白っぽくモヤモヤと見えるのが

オーロラマークと言われるものでポリッシャーで磨いた時に付いた微細なキズにライトの光が

乱反射してこの様に光が当るとモヤモヤと見えます。

ルーフは・・・

少し汚れ気味です。ルーフはポリッシャーで磨いたような痕跡はございませんでしたが、

軽い拭きキズのようなスクラッチは確認できました(^^;)

ボディサイドは・・・

ドアノブから雨水と一緒にグリスも流れ出てきたようで汚れています。

それと若干塗装も曇り気味でした。

リアは・・・

こうやって見るとそれ程でもないんですけど、リアも若干曇り気味でございました。

 

ボンネットの一部に加修の痕跡も確認できました。これは新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を

除去する為に磨いて、そのキズやシミ等を処理しています。 それ自体はよくある事で、よくある事と言うよりも

黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい、よくある事なんです(笑)

問題はその加修の痕跡が残ってしまっている事です。 ちゃんと磨かないと(磨けない作業者だと)磨いた痕跡が

残ってしまいます。 しかも残念な事にこの状態のままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では加修の痕跡いをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も無く綺麗です。範囲外はちょっと油っぽい様です(^^;)

リアは・・・

もっと油っぽい様です(^▽^;)  ウインドウに油が付く要因は色々とあります。

その一つは油が大気中に舞っている事です。

車から排出されるガスや工場や焼却所、また美味しそうな焼肉屋さんの前を通ると、いい匂いの香りと共に

油も浴びてしまっています(笑)

また自宅の換気扇の近くに駐車している場合も、知らず知らずのうちにサンマのいい香りと共に油も浴びているかも

知れません(笑) から揚げ・天ぷら・野菜炒め・・・要因は沢山です。  ←  食べ物ばっかりかよ(^▽^;)

油自体は大気中に舞っていますので避けようがございません。

ただ、そのまま放置してしまうと頑固なウロコ状の油膜となってしまい簡単には除去する事が出来ませんので

ご注意ください。

話が長くなりましたが・・・

その油分を除去していきます。今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウを綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! ちなみに当店が使用していますウインドウコーティング剤は

撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!   ← 軽く宣伝です(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然伝わりません。

鉄粉自体は少なかったので今回はケミカルを使用しての軽めの鉄板処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。  もちろん加修痕もスッキリと処置いたします!

 

そして磨きが終わりましたら、コーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました~!

もちろん加修の痕跡も・・・

綺麗に無くなりました(^_^)/  白くモヤモヤと見えていたオーロラマークともおさらばです(笑)

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてよりスッキリとしました!

ただ雨が降ると、どうしてもドアノブ等からまた雨水と一緒にグリスが流れ出て来るかと思います。

お車が新しければ新しい程、沢山出てきます。ある意味、新車の証ですけど、困った証でもありますね(^^;)

そしてリアは・・・

こちらも曇りが無くなって、より綺麗にライトが写り込むようになりました。 スッキリです!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、新車コーティング完成いたしました。

いかがでしょうか。 光沢も上がり艶々に仕上がっております(´▽`*)

施工前と比べると、なんと申しましょうか?ボディがスッキリと言いますかクッキリといいましょうか?

ボディラインがクッキリとシャープと言いましょうか?? 上手く言えませんがとにかく見た目の印象が

スッキリとしたと思います(笑)  上手く言えなくてすいません(^▽^;)

上手くは言えませんが愛車とご対面されたオーナー様も『おっ!ピカピカだぁ!!』とお喜びになられて

おりましたので言葉では伝わらない何かが伝わったのだと思います(笑) いゃ~良かった~!(^^)!

 

最近の軽自動車は本当に良くできています。 こちらのオーナー様はミラジーノからの

お乗り換えだったそうですが同じ軽自動車とは思えない程広くて快適だそうです。

ホント最近の軽自動車は広いし荷物もいっぱい入るし静かだしで、これ一台で大抵の事は

まかなえてしまいます。特にスペーシアギアはギアって名前からしてアウトドアにもピッタリです!

BBQなんて最高です!でも焼肉は気を付けてください。  油飛んでますので(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジムニー シエラのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーシエラのボディコーティングです。

ジャングルグリーンのスズキ ジムニーシエラです!

新型のジムニーはシエラを含めて今回が当店初入庫になります(*^^*)

私も新型のジムニーを近くで見るのは実は初めてなんですけど、やっぱりカッコイイです!

雑誌やネット、また走ってる姿を見てカッコイイなぁ~とは思ってはいましたが、近くで見ても

やっぱりカッコイイですね(*’▽’)  大人気なのも納得のカッコよさです!!

そんなカッコイイ、シエラですけど納車は今年の春頃だっそうですが、忙しくなかなかコーティングに

出せなくて今になってしまったとの事です。

では納車から約半年経過致しましたジムニーシエラの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から今まで、あまり洗車もしていないとの事で汚れ気味です。

それと所々に猫の足跡が付いています。  (ライトの奥の方に見えてるやつです)

しかも所々で滑っている様です(=^・^=)

ルーフも・・・

半年経過していますのでシミも付いています。 そして・・・ここにも猫の足跡が(^^;)

ボディサイドは・・・

汚れています。色的にわかりにくいんですけど水アカ汚れも結構付いています。

よ~く見ると何となく縦縞模様に見えると思います。

リアも・・・

こちらも実はよ~く見ると水アカで縦縞模様なんです(^▽^;)

ホイールも・・・

汚れていました。 それとは全然関係ありませんが最近の車と言うかホイールはバランスのウエイトが

沢山付いている事が多いですね(^^;

 

ご覧いただきました様に納車から半年、そしてあまり洗車もしていないとの事で汚れ気味です。

黒い雨筋(水アカ)も沢山付いていて縦縞模様になっています。これが白い車だったらそれこそシマウマ状態に

なっている事間違いなし!ですが、いゃ~これがジャングルグリーン効果ですね!

そんな効果は初めて聞きましたが(^^;とにかく水アカも目立たないナイスなカラーです!

しかしそんなナイスなカラーも汚れていたのでは勿体ないので、早速綺麗にコーティングしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは鉄粉処理です。洗車後にボディに付着している鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、これまた色的に反応が分かりにくいのです。

これはまさにアレですね。ジャングルグリーン効果ですね(笑)

クリーナーの反応ですと分かりにくいのでネンドで見ていきましょう。

↑は使用前のネンドです。 このネンドで優し~くボディを擦ると鉄粉がネンドに吸着して

取れます。

↓が使用後のネンドです。

ネンドの淵の方が茶色っぽくなっていると思います。これが除去できた鉄粉です。

これがボンネット半分です。半年と考えると少し多めの印象でした。

ネンド掛けをボディ全体に掛けて鉄粉を除去していきます。

そして鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。    お口はチャックって感じですね(笑)

 

今回の磨きプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

ジムニーシエラはフロントバンパーとリアバンパーそしてオーバーフェンダー更にサイドステップも

未塗装の樹脂パーツになっています。その部分を樹脂コーテイングしました。

ジムニーに限らずなんですけど施工前は黒は黒なんですけど、↑の写真のように濃いグレーって感じなんです。

それが樹脂コーテイングすると黒くなるんです! こうやって塗り分けて見ると違いがよくわかります(笑)

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れもクスミも無くなってクリヤーなりました。もちろん猫の足跡もございません!

ルーフも・・・

シミも猫の足跡もスッキリとしました(=^・^=)

ボディサイドは・・・

水アカもサッパリとしましたよ~ヽ(^o^)丿

リアも・・・

ライトもクッキリと映りこんで気持ちいいですね~。

ホイールだって・・・

綺麗になって足元スッキリです。

そしてジャングルグリーンのスズキ ジムニーシエラ、ボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

施工前は汚れとクスミ等で艶も引けていていましたが、水アカを落とし、塗装面を磨いてリフレッシュ!

そして最後のコーティングで艶が更にUPしました。それとバンパーやオーバーフェンダーの

樹脂コーテイングが効いています! 黒さが増した事でボディを一層キリッと引き締めてくれています。

オーナー様にも『わぁ!綺麗になった!!』っと大変お喜び頂けたご様子でございました。

ありがとうございます。

最近少しずつ街中でもジムニーを見掛ける機会が増えてきましたが、相変わらずの大人気で納車が

全然追いつかない状態だそうです。 発売当初より増産している様ですが未だにジムニーで1年待ち、

シエラの方は1年半~2年待ちとの噂です(;´∀`)

こちらのオーナー様のシエラは発売後、実車を見る前に直ぐに注文されたそうで、比較的早めに納車された

そうです。 とっ言っても発売が昨年の夏で納車が今年の春との事ですので半年以上は

お待ちになられたんですね(^^;)

ジムニーご購入をお考えでしたら一刻も早くご契約を!(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ ワゴンRにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングメンテナンスです。

メンテナンスのご依頼が続きます!  今回もメンテナンスのご紹介です(*^^*)

こちらのワゴンRは新車でご購入されてから約4年半ほど経過しています車両です。

ご購入時に販売店でコーティングをされたそうですが、普段あまり洗車されない&メンテナンスも

していないとの事でした。

と言う事でなかなかのいい感じに汚れていましたので久々にメンテナンスでも

ビフォー&アフターの違いが伝わりやすいのではないかと思います(笑)

では早速ボンネットからいきましょう!

↓はビフォーです。

4年半ほど経過していますのでスクラッチやシミが多いです。しかしこの角度からですと

水アカ汚れが目立ちませんね(^^;)  全体的に水アカで黒ずんでいます。

アフターです↓

スクラッチやシミは残っていますが水アカも落ちて白さも復活しています。

しかしこの角度からだとあまりわかりません(^▽^;)

わかりやすい写真は後ほど!!

続けてはルーフです。

こちらもボンネット同様、シミやスクラッチそして水アカで黒ずんでいます。

アフターです↓

ルーフも白さを取り戻して艶も出ました(^_^)/

ボディサイドは・・・

水アカがなかなか凄いです(^_^;)

コーティングの効果が効いているとシャンプー洗車でも落ちるんですが、コーティング施工から

4年半経過しているのでどうやらコーティング効果が無くなっている様です。

ここまでしつこく水アカで付いてしまうと洗車程度では落ちません。

アフターです↓

結構しつこい水アカでした(笑)  ボディの黒ずみも無くなってスッキリとしたホワイトに

なりました!

更に・・・

ドアノブ上部の水アカがこれまたしつこいのなんの(^^;)

今回はケミカルを使って落としていきましたが、ここはなかなか落ちませんでした(汗)

アフターです↓

でも綺麗に仕上がっています!  艶も出ましたね!!

リアも・・・

ダラ~とした雨筋が何本も付いています。そして簡単に落ちません(笑)

アフターです↓

でも落とします。そして落としました(^_-)-☆

ガラス下の隙間も綺麗にしていきました!

それとエンブレムも・・・

時間が経てば経つほど汚れが蓄積していきます。

アフターです↓

ここが綺麗なだけでもお車の印象は全然違って見えます。

逆に新しいお車でもエンブレムの淵が汚れているとお車が古臭く見えてしまいますので

ご注意ください。

そして最後にホイールです。

あまり洗っていないと聞きますと意外と綺麗かな??と思いましたが・・・・

洗うと全然違いました(笑) 色も艶も全然違います!

そしてスズキ ワゴンRのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

水アカでボディ全体が少し黒ずんでて、あちこちから雨筋が付いていましたが

メンテナンスで白さと艶が復活しました。

オーナー様も『こんなに綺麗になるんだ!』と少し驚かれていましたが、実は作業した私もメンテナンスでも

ずいぶんと綺麗になるもんだな~と思っていたのは秘密です(笑)

メンテナンスで白さと艶を取り戻しましたスズキ ワゴンRのご紹介でした!!

 

コーティングの効果が落ちてくると水アカが落ちにくくなってきます。その効果もコーティング剤の種類、

そしてお車の使用状況や保管状況によってコーティングの耐久性は変わってきます。

ですので同じコーティング剤を使っていても全ての車で同じ様な効果を同じ期間、効果を維持するとは限りません。

気を付けて頂きたいのはよくディーラーコーティングだと1年耐久や3年または5年タイプなど

色々とありますが、あれはあくまでも決められた洗車道具(メンテナンス剤やシャンプー)で

決められた洗車方法、そして決められたタイミングでメンテナンス等をした時の話なんです。

ですのでコーティング(車)の維持、そして美観維持の為にも定期的な洗車そして定期的メンテナンスが

大切です(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スイフトのボディコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スイフトのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスイフトはボディコーティングを施工してから約4年半ほど経過致しましたお車になります。

その間に2回ほどメンテナンスにお越し頂いておりますが・・・

前回のメンテナンスからもう2年以上経過しております(^_^;)

コーティング施工から4年半のダークブルーですので塗装面の痛みも何となく想像できますが

果たして如何に!

では今回のメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチが目立ちます(^_^;)  塗装面が汚れていますのでスクラッチは↑の写真だと

あまり付いていないように感じますね。

アフターです↓

やはりスクラッチが多いです(^_^;) まぁ4年半以上経過していると考えるとシミは少なめでは

ないかと思います。

ルーフは・・・

ホワイトと言う事でボンネットと同じ様にシミやスクラッチは付いていましたが目立ちません(笑)

アフターです↓

目立たないだけで付いてはいますが、やはり目立ちません(笑)

いゃ~ホワイトはいいですね(^▽^;)

目立つと言えばお手入れしない時間が長ければ長い程・・・

ウインドウ下などの隙間や溝などに汚れが溜まってきます。そしてもの凄く目立ちます(^^;)

アフターです↓

メンテナンスでは限界はありますが隙間や溝等なども綺麗にしています(^_^)/

それと鉄粉も処理しています。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

これまたダークブルーだと紫色が確認しにくいです(^▽^;)

よくよく見ると実は結構反応しているんですけど写真だとわかりませんね(汗)

でも・・・

白いルーフは良く見えます! そして結構ついています。

結構付いていて鉄粉除去作業に没頭してしまったのでしょうか??

鉄粉除去後の写真を撮るのを忘れてしまいました(大汗) すいませんm(__)m

写真は忘れましたけど作業は忘れていませんのでご安心ください。

気を取り直して・・・

ボディサイドを見ていきましょう。

こちらの雨天走行による汚れが目立ちます。ボディ下部はそれ以外にもピッチやタールなどが

付きやすく洗車程度では落とせない事が多いです。

アフターです↓

サッパリとしましたね!

基本的に当店のメンテナンスでは磨きはしませんのでシミやスクラッチ、またしつこい汚れ等は落ちませんが

メンテナンスでも↑くらい色に深みとそして艶を出す事が出来ます!

最後にホイールとタイヤです。

最近は↑のような黒と切削加工のツートンカラーのホイールデザインの車が多いですね!

ただ黒は汚れてくると白っぽくなってしまいます。

アフターです↓

綺麗になりました! ホイールは意外と洗いにくく、洗っても汚れが残ってしまいがちです。また洗車しても

タイヤは何もしないという方が結多いんです。でもタイヤが黒いと最終的に仕上がり感が全然違ってきます!

折角洗車したんですから、最後にもうひと手間掛けてタイヤも艶出しをしましょう。

お車を綺麗に見せる大事なポイントです(*^^*)

そしてスズキ スイフトのボディコーティングメンテナン完成いたしました!

いかがでしょうか。近くで見るとシミやスクラッチ等確認できると思いますが

色に深みが出て艶も復活し艶々に仕上がりました(^_^)/

こちらのスイフトはコーティングから間もなく5年を迎えます。ご覧いただきました様にシミや

洗車キズなどのスクラッチは目立ってきました。車齢的にも、そして塗装面の状態的にも正直そろそろ

コーティングの再施工をお薦めしたい時期なんですが・・・

スクラッチ等、気にされないようでしたらまだもう少しだけメンテナンスでいけそうです(笑)

逆にシミやスクラッチが気になるようでしたら、シミやスクラッチが酷くなる前に再施工すれば磨きが

少なくて済みますので(クリヤーを削る量が少なくて済む)早めに再施工してしまうのもいいと思います。

コーティングの再施工のタイミングはお車によってそれぞれ違ってきます。

なかなか判断は難しいと思いますが再施工のタイミングにお悩みでございましたらお気軽にご相談ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アルトターボRSのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ アルトターボRSのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアルトターボRSは昨年の春にボディコーティングを施工致しましたお車です。

それから早1年と4ヶ月が過ぎ、撥水が落ちた!との事で今回メンテナンスにお越しくださいました。

お手入れを欠かさず行われていますので、何時見てもとってもお綺麗なんです。しかし流石に

1年以上経過、そして毎日お仕事で使用されている事もあって撥水はだいぶ落ちてしまったようです(^^;)

ではそんな撥水が弱ってしまったアルトターボRSのメンテナンスを今回もビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう! まずはボンネットからです。

細かなシミは付いていますがご覧の様にいつもお綺麗です(*^^*)

アフターです↓

細かなシミは残っていますが軽いクスミも取れてサッパリとしました。

メンテナンスでは塗装面を浸食して出来たシミなどは落とせませんので残ってしまいます。

ルーフも・・・

とてもお綺麗です! しかしよ~く見るとボンネット同様に細かなシミは付いています(^^;)

アフターです↓

メンテナンス前が綺麗なんで写真だと違いが伝わりませんね(^▽^;)  いゃ~困った困った(汗)

違いがわかりやすいのは・・・

ウインドウ下の↑こんな所ぐらいでしょうか?? これだって汚れが付いているだけですので・・・

洗車すればあっという間に綺麗になります(笑)

普段からお綺麗にされていますので↑のような溝や隙間の汚れが簡単に落ちましたが

長い時間汚れを放置したままにしますと汚れが固着してしまい、いざ落とそうとしても簡単には

落とせない場合が多いので時間が経てば経つほど差が出るポイントでもあります(*^^*)

ボディサイドも・・・

こちらは軽く汚れていますがこちらのアルトターボにしてみたら、これはかなり汚れている状態なんです(^^;)

アフターです↓

スッキリ艶々に復活です!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

↑の黒っぽい点々や筋状に確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

1年以上経過していますので、これ位は付いているものです。いゃ、むしろ少し少ないかと思います。

アフターです↓

鉄粉もだいぶスッキリと綺麗になりましたね!

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行っています。また数種類のケミカルを使い通常の

シャンプーでは落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

その最終的に使用するメンテナンス剤も数種類の中からお車の状態に合わせて選んで使っています。

 

そして最後はホイールとタイヤです。

ビフォーです↑ 黒ホイールはブレーキダストの茶色い汚れがどうしても目立ってしまいます。

アフターです↓

やっぱり黒いと足元が引き締まります!

そしてアルトターボRSのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!!

いかがでしょうか。  艶々に仕上がりましたよ~(^_^)/

これでまた水玉撥水が楽しめると思います(笑)

オーナー様がお話しされていましたように、やはりボンネットやルーフの撥水が落ちていました。

ボディサイドはまだまだ撥水していましたがボンネットやルーフなどの水平面はどうしても撥水が

弱まるのが早いです。撥水の耐久性はお車の使用方法や保管状況によって大きく異なってきます。

撥水が弱まるタイミングもお車それぞれで一概には言えませんが屋外屋根なし駐車ですと

半年~1年位でしょうか。 屋根有りやガレージ保管されているお車ですと2~3年経過しても綺麗に

撥水している場合もございます。撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんです。撥水が落ちる要因の一つはコーティング被膜に汚れが

蓄積してしまう場合です。この汚れはシャンプーで洗車しても落ちない頑固な汚れです。

その汚れを特殊な溶剤を使って落とすと撥水力が回復いたします。(コーティング被膜が傷んでる場合は

特殊な溶剤で洗っても撥水は回復しません)

ですので艶維持・撥水力維持の為にも定期的なメンテナンスがお薦めです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スペーシアカスタムにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

鮮やかなブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムです!

こちらのスペーシアカスタムはご購入から約1年程経過されております。

ご購入時ディーラーでコーティングをされたそうですが今回メンテナンスのご依頼で

当店にお越しくださいました。ありがとうございます。

では鮮やかなブリスクブルーメタリックのスペーシアカスタムのメンテナンスを

ビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

定期的に洗車をされているそうですので基本的にお綺麗ですが普段は屋外駐車という事もあって

やはりシミが少し気になりますね(^^;)

アフターです↓

今回はボンネットとルーフのシミが気になりますので軽く磨いています。

という事でシミもサッパリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

シミが少し気になりますね。普段はルーフが高いので目に入る事もないんですけど

見たら見たで気になってしまうのがルーフです(笑)

アフターです↓

こちらも軽く磨きましたのでスッキリ致しました!

当店のスタンダードなメンテナンスは基本的に磨きは入りません。ですのでシミやスクラッチは残って

しまいます。 もし気になるようであれば今回のスペーシアカスタムの様に気になるパネル毎に

磨きを入れる事も出来ますのでお気軽にご相談ください。

ボディサイドは・・・

シミなどは少くないのですが雨の影響で若干ですけど汚れ気味でした。

アフターです↓

綺麗ですよ~(*^。^*)

それとエンブレムの淵は・・・

まだ1年ですのでそれ程汚れていませんが・・・

綺麗にしていきます!

まだ1年と言えば・・・

ドア下部などからまだまだタップリとグリスが流れ出てきます(^^;)

コーティングをしていてもグリス汚れはシャンプー洗車程度では落ちない事も多いです。

その様な時はクリーナーなどを使って優しく除去してください。

アフターです↓

綺麗になりました。 しかしまた雨など降るとグリスが流れ出てくると思います(^^;)

時間が経てば経つほどグリスの量は少なくそして薄くはなってきますが・・・

グリスとの戦いは続くと思います(^▽^;)

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールもよ~く洗って艶出しをしましたら・・・

ブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタム コーティングメンテナンス完成いたしました!

元々お綺麗に乗られているスペーシアカスタムですがメンテナンスをいたしますとやはり光沢感が上がります。

ブリスクブルーメタリックは発色も光沢感も高い綺麗なカラーです!この発色や光沢感を

維持するにはマメなお手入れと定期的なメンテナンスが重要になってくるかと思います。

でも大丈夫!きっと大丈夫です!

オーナー様はマメにお手入れされていますし今回メンテナンスでバッチリとリフレッシュ致しましたので、

安心です(笑)

間違いなく次回のご入庫時もお綺麗だと思います(笑) 次回のご入庫楽しみにお待ちしております(^^)/

 

コーティングはご購入時にディーラーさんや車屋さんなどで施工したけど、購入したお店や施工したお店

が遠かったりコーティングは施工するけどその後のメンテナンスなどのアフターをやっていないお店など

色々なご事情で「他店でコーティングしたんですけどメンテナンスをやってくれますか~?」と当店に

ご相談に来られるお客様が実は多いんです(^_^)/

コーティングはしているんだけどメンテンスしてくれるお店がない!などでお困りでしたらお気軽に

当店にご相談ください!!

もちろんコーティングもお待ちしておりますよ~~~~~  ( ̄▽ ̄)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スズキ エスクードのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ エスクードのボディコーティングです。

クールホワイトパールの新車スズキ エスクードです!

エスクードは当店初入庫となります(^^)/

この現行車となる4代目エスクードはハンガリーにあるマジャールスズキ製の輸入車なんです!

そう聞くだけで何だかありがたみ感が更にUPするのは私だけでしょうか??(笑)

日本では正直あまり見かける事も少ない現行のエスクードですが海外では『ビターラ』と言う名で

人気者なんです。  人気者だけに探せばアフターパーツも結構あるんだそうです(*’▽’)

そんな海を越え、山を越え(たのか??は、わかりませんが)遠路はるばる異国の地ハンガリーから

いらしたエスクードの現状を早速確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から少しだけ時間が経ってのご入庫でしたので若干汚れは付いています。

汚れは別として塗装面自体は新車特有の曇りも少なくてお綺麗でございました。

ルーフは・・・

こちらもお綺麗です。

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味な感じですがお綺麗ですね!

リアは・・・

綺麗でございました。

ホイールは・・・

少し走られていますので軽く汚れ気味でした。

 

全体的に塗装面は曇りも少なくて良い状態です。目立つ汚れもござませんしシミやスクラッチも

ありません。   さぁ困った!ブログ的に困ったパターンです(笑)

もちろんお車は綺麗でいいのですがブログの見せ場がなくて・・・(^^;)  困った(笑)

よくよく見れば軽く塗装面が曇っているんですけど写真だと伝わらないレベルなんです。

でもやります!やりますよ~。写真で伝わらなくてもいいんです!!頑張っていきますよ~(^_^)/

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでそちらから

ご紹介です。

↓は現状です。

↑は水が掛かっている状態ですが油分の付着も無く水を弾かずに綺麗な親水状態になっていました。

油分の付着はなくても下地から作っていきます。ちなみにウインドウには油分以外の付着物など

ございますので油分がなくても、そのままコーティングする事はございません!ボディもウインドウも

下地が大切です。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティング完成です!

今回一番ビフォー&アフターがわかりやすい所です(笑)

 

そしてお次はボディです。

洗車をした後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。 ハンガリー産の鉄粉でしょうか??(笑)

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉の処理が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね(^_^)

リアも・・・

綺麗です!

そして作業はマスキングに進み・・・

ポリッシング準備が整いました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

人気の水玉撥水の・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

艶も上がりクリヤーな肌になっていますが・・・写真だとちょっとアレですね(^^;)

ルーフも・・・

違いがわからね~“っとツッコミが入りそうですね(汗)

ボディサイドは・・・

どうでしょう?? 施工前とよ~く見比べて頂ければ違いがあると思います。

曇りが取れてよりクッキリとライトが映り込んでいます!

リアも・・・

スッキリとクリヤーに仕上がっております(^_^)/

ホイールは・・・

ツヤツヤのピカピカです。

そしてスズキ エスクードの新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございますでしょうか。写真だと違いが伝わらないかもしれませんが実車の方は

クリヤー感と光沢そして艶の向上をしっかりと感じて頂けると思います!

オーナー様にも『うわ~ すげ~綺麗!ピカピカになったね!!』『ウチに納車された時より綺麗』と

納車時以上に仕上がった新車エスクードにお喜びになられておりました。  ありがとうございます。

 

こちらのオーナー様はこのエスクードの前もエスクードにお乗りになられていたそうです。

更にその前の愛車もエスクードと3台のエスクードを乗り継いだエスクード好きのオーナー様です。

オーナー様は山に入って行く事も多いそうです。林道など走った事がある方だとわかると思いますが

林道って細いじゃないですか!?最近のSUVは大きくて林道などでは取り回しが悪いんですよね。

その点エスクードは大き過ぎず小さ過ぎずでちょうどいい感じなんだそうです。

今までお乗りになってきたエスクードもそうだったようですがアウトドア遊びの相棒として

あまり汚れやキズなど気にしないで使いたいとの事でした! そういう使い方ってカッコイイですよね!

憧れます(*’▽’)    今回も愛車エスクードもアウトドアで使い倒してください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ピュアホワイト/ブラックのハスラーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

ピュアホワイトパール ブラックのツートンカラーのスズキ ハスラーです!

ご購入から5年程経過して小傷も目立ってきたとの事でボディコーティングのご依頼を

頂きました。

5年経過していますので小傷も多くなるのはしょうがないんですが、今回はもう一つキズの

原因があるとの事でした。それは・・・猫だそうです (=^・^=) ニャー

猫がハスラーの上に良く乗っていて特にルーフがお気に入りの様だそうです(^^;)

確かに確認しますと猫の爪痕と思われる深めのキズも沢山ありました(汗)

ボンネットからルーフに上がるようでボンネットにもキズが・・・(^▽^;)

では猫も大好きスズキ ハスラーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

前振りで猫のキズと言っておきながらなんですが写真ですと、どれが猫の爪後かわからないかと

思います(汗) ライトの周りにグルングルンに見えているキズは拭きキズです。

猫の爪は直線的に付いていました。

ルーフも

キズが多いです(^▽^;) これも猫の爪跡もあるんですがグルングルンに見えるのは

拭いた時に付く拭きキズが大きな要因です。

猫の爪跡は・・・

こんな感じだニャ~(=^・・^=)

直線的なキズがソレです(汗) ルーフの後ろ側より前の方が爪跡が多かったのは爪を立てて

ボンネットから登ってくるからでしょうね(^^;)

ボディサイドは・・・

↑の写真だと少しわかりにくいんですけどボンネットやルーフ程酷くありませんが拭きキズが多めでした。

リアゲートの方がわかりやすいかな?↓

よく見るとライトの真ん中を中心に円周状に線キズが付いているのが分かると思います。

ボディの側面はこの様な感じでした。

 

ご覧頂きましたように猫キズも洗車キズも多く、特に黒いルーフはキズが目立ちます。

同じ様に白い所にもキズはあるんですが色的にあまり目立ちません。目立ちませんがこれ位キズが

多いと確実に艶も光沢も引けていますし”白さ”も無くなってきます。

このキズを消して艶と光沢そして“白さ”を取り戻していきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車後に塗装面に付いた鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

結構反応していますね。やや多めでした。

リアは・・・

ボンネットに比べると少ないです(*’▽’)

よく何で鉄粉が付くの??と聞かれます。色々と要因はあるんですが車はブレーキを掛けると

ブレーキダスト”が出ます。 ホイールが茶色く汚れるのはコレです。このブレーキダストは

簡単に言ってしまうと金属の屑です。これが大気中に舞っていて車に降り注いできます。

それと同じ様に電車です。車輪と線路が擦れ金属の屑となり舞っています。その他にも工場や

解体屋さん等々金属を扱っている所など要因はいっぱいあります。それらが車の塗装面に付いてしまいます。

その鉄粉が付くと洗車時にスポンジが滑らなかったり白い車だと黒くポツポツと見えたり、

酷くなると茶色くシミのように広がる事もございます。また撥水の妨げにもなります。

ですので定期的な鉄粉除去がお薦めです。  話がそれましたが鉄粉除去が終わったら再度クリーナーを

吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリです。

鉄粉除去が終わりましたらボディを磨く為にマスキングをします。

マスキング完成!そして磨いていきます。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です。

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

グルングルンに見えていた拭きキズもだいぶサッパリと除去できました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~(*’▽’)

猫の爪跡も・・・

深いキズは残っていますが、だいぶ取り除けたと思います!!

ボディサイドは・・・

スッキリとクリヤーになり・・・

ライトの映り込みもクッキリとシャープです。

そしてスズキ ハスラーのボディコーティング完成いたしました!

“白さ”が戻って艶も復活いたしました! オーナー様も『おぉ!綺麗になった』とお喜び頂けたご様子でした!!

白と黒のコントラストがハッキリとしてピリッとお車が引き締まったと思います。

これで猫達もまた大喜びする事間違いなしです!(笑)大喜びはいいんですけど上に乗るのは

困りますね(;´∀`)

私の車も自宅の駐車場に置いておくと、たまに夜コッソリとルーフに乗っている様です^^;)

なんでルーフなんでしょうね??やはり少しでも高い所が好きなんでしょうかね??

しかもよく滑るようでフロントガラスに滑った跡が付いています。

隣に嫁さんの車が止まっているんですが、そっちには乗らないんです(涙)

冬にはエンジンルームにも入るようでボンネットを開けると猫の毛が付いています(^_^;)

車だけでなく猫の被害でお悩みの方も多いと聞きます。最近では猫対策グッズも多く出ているようですので

お悩みの方は試してみるのもいいかと思います!

私は・・・諦めましたニャ~(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。