スズキ スペーシアカスタムのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングです!

こちらのブルーイッシュブラックパール3のスペーシアカスタムは納車間もない新車です!

新型のスペーシアはこちらが当店初入庫になります。

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからですが納車からまだ数日しか経っていませんが雨に降られてしまったので・・・

汚れていました(^^;)    洗車後の写真を撮ればよかったですね(すいません。)

汚れていてよくわからないので矢印入れときました(笑) 矢印で指しているような線が

何本も確認できると思います。 これは工場からディーラー迄、車にキズやシミなど付かないように

保護シートを張り付けているのですが、その保護シートの糊残りです。

納車前に除去するのですが・・・できてない事が非常に多いです(^_^;)

今回のように汚れているとハッキリと浮かび上がってきます。

ルーフは・・・

ボンネット同様よく見ると例の”“が確認できます。

それと鳥糞の跡でしょうか?たぶんそうだと思いますがライトの右横にシミが出来ていました。

ここ以外のも数か所鳥糞でシミが出来ていました。

ボディサイドは・・・

擦れたキズが!!

反対側にも・・・

擦れたキズが(^▽^;)

リアゲートは・・・

浅い線キズは確認できますがお綺麗でした!

ホイールも・・・

お綺麗でした。

 

ご覧頂きました様に納車からまだ日が浅いんですがルーフには鳥糞によるシミが!そしてボディサイドは

擦れたキズが!! と、ちょっとばかり痛みが確認できました。 大丈夫です!ちょっとだけです(^^ゞ

磨けばぜんぜん元通りに戻ります。 イャ、ごめんなさい。通りではないです。

元通り以上に綺麗になります(笑)

キズやシミのある所以外も元通り以上にしますよ~。では作業を始めていきましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボディが黒い&鉄粉が少なかったという事で↑の写真だと何が何だか・・・(笑)

今回は鉄粉が少なかったので軽く鉄粉除去をいたしました。

その後マスキングをしていきます。

マスキング姿もまた凛々しいですね(´▽`*)

そして磨いていきます。今回は塗装面の曇りも少なくてお綺麗でしたので基本的には

ごく軽めの磨きです。しかしシミやキズがある所は少しだけ”強め”の磨きでシミ・キズを

処置していきました。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がチョイスいたしましたのがこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の

仕上り具合をかくにんしていきましょう!

まずはボンネットからです。

施工前の写真がちょっとアレでしたので比較できませんが(すいません)サッパリと

綺麗になりました。 もちろん保護シートの糊跡もございません。

ルーフも・・・

綺麗になりました。 鳥糞の跡によるダメージも軽かったので綺麗に除去できました。

ボディサイドは・・・

こちらのキズも綺麗になりました。

もちろん反対側のキズも・・・

スッキリとし除去できました!  よかったよかった(*^。^*)

リアゲートは・・・

よりクリヤーな映り込み具合になりました。

最後にホイールとタイヤは・・・

艶出しをしてピッカピカです。

そしてブルーイッシュブラックパール3のスペーシアカスタム新車ボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

キズやシミがあった所以外も元通り以上に綺麗になってます(笑)

深み、そして艶も増したスペーシアカスタムにご対面しましたオーナー様も

すご~い!ピッカピカ!!』と、お喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

鳥の糞は実は想像以上に塗装を痛めます。特に夏場などボディが高温の時は痛みの進行が早くて

ほんの数時間で浸食してしまう事もあるようです。もちろん全ての鳥(鳥糞)がそうではないのですが

鳥糞は塗装には良くはありませんので(見た目にも)鳥糞に気が付きましたら早めに除去してあげてください。

腐食が進んでしまいますと磨きは対処できなくなってきます。そうなると再塗装するしかなくなって

しまいますのでご注意ください。

鳥糞の除去方法ですが水で流せるようでしたら水で流すのがいいと思いますが、カッチカチに固まってしまった

鳥糞は簡単には落ちません。また出先ではそうもいきませんし(汗)

その様な時は濡らしたティシュを鳥糞の上にのせて数分放置してください。数分して鳥糞が柔らかく

なりましたら優しく摘み上げるように拭き取ってください。横にサッと拭いたらダメですよ~(^o^)丿

横に拭くと鳥糞の中に入っている”色々な物“でキズが付いてしまう事もありますのでご注意ください。

出先で水が無いときは・・・

もしもの時の為に遠出する時はペットボトルに水を入れて車に積んで置く・・・とうマニアの方もいられます!

どうですか??皆様もこの機会にこちら側の世界へ来てみては( ̄▽ ̄)  さぁ勇気を出して~

それはともかくまずは早めの対処を心がけてください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ウェイクに樹脂パーツコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ウェイクの樹脂パーツコーティングです!

こちらのウェイクは以前に樹脂パーツコーティングで当店にお越しくださいましたお車です。

それから早いもので2年の月日が流れ、樹脂パーツコーティングした所も何となく白っぽくなって

来たとの事で再コーティングのご依頼です!

ご依頼の部位はフロントバンパーとカウルトップそしてドアミラー等々・・・

今回はビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはフロントバンパーです。

↓はビフォーです。

白っぽくなってきたとは言え、まだまだ黒々と艶もあってお綺麗です(*^^*)

そしてafterです↓

コーティング後は更に艶が出て黒さも増していますよ!

でも写真ですと違いがあんまり伝わりませんね(^^;)

しかしカウルトップは違いが分かりやすいかもです。

ビフォーです↑ バンパーより白っぽく退色しています。ここは紫外線をサンサンと浴びるので

どうしても劣化(退色)が早いです。

そしてアフターです↓

ここは違いがわかりやすいと思ます!  黒々と、そして艶々になりました!

ドアミラーも少し・・・

白っぽくなっています。しかしまだお綺麗です。

アフターです↓

やっぱり違うんです(^_-)-☆

その他にも・・・

ルーフアンテナや・・・

リアワイパーもコーティングしています!

それと今回は鉄粉が少し気になるとの事で鉄粉の除去のご依頼も頂いております。

専用のクリーナーを吹き掛けて、まずは鉄粉チェックです。

クリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

↑はボンネットです。ちょっと見にくい写真ですいませんm(__)m

多くはないんですけどポツポツと確認できます。 2年経過とは思えない程少ないと思います!

ルーフも・・・

オーナー様がご心配していたほど鉄粉は多くはありませんでした(^^)/

とは言え定期的に鉄粉処理するのはとてもいい事だと思います!

いっぱい付着してからだと大変ですから(笑)

 

そしてダイハツ ウェイクの樹脂パーツコーティング(鉄粉除去もね!)完成です!

樹脂パーツ黒くなるとお車全体の印象がキリッと引き締まります!

塗装面がいくら綺麗でも樹脂パーツ類が白っぽく色褪せているとそれだけでお車が

古臭く見えてしまいます。 不思議です(^^;)

でもこちらのウェイクをご覧下さい!とても2年ご使用したお車には見えないと思います!

新車と言っても信じてしまう方も多いのはないでしょうか‽!(^_-)-☆

オーナー様がとても大事に維持しているのがヒシヒシと伝わってくるダイハツ ウェイクの

樹脂パーツコーティングでした!

 

未塗装の樹脂パーツは結構外装に多く使われています! 特に最近のお車は樹脂パーツが多いです。

最初は黒くて艶もあっていいんですけど少しすると直ぐに白っぽくなってきます(涙)

最近人気のSUVに多いフェンダーアーチ部など数年でシマシマ模様になってしまう事も

ございます。

樹脂パーツコーティングは退色した樹脂を黒々とそして艶々に復活させます!

効果の持続期間はお車の保管状況によって大きく異なりますがおおよそ1~2年程です。

しかしあまりに劣化が進んでいたり樹脂の素材によってはあまり効果を発揮しない事も

ございます。 またコーティング剤との相性もあるようで劣化していない(新車)お車でも

素材によっては効果が続かない車種もありますので樹脂パーツコーティングをご検討でしたら

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ エッセの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ エッセのメンテナンスです!

予告通りエッセのメンテナンスです(笑)

前回のブログでご紹介致しましたステップワゴンスパーダのオーナー様のお車でボディコーテイングも

メンテナンスもいつも同時に施工させていただいております。

という事でこちらのエッセも前回のメンテナンスから10ヶ月経過!ボディコーティング施工から

2年3ヶ月経過致しました。

上の写真を見て頂くと、ややお疲れな雰囲気を醸し出していますが・・・(^▽^;)

では早速現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです↓

結構傷んでいますね(^▽^;) まぁ2年3ヶ月経過していますし毎日、結構な距離を走られる

そうですのでしょうがないですね。

ルーフも・・・

汚れが付いていて少しわかりにくいですね。ボンネットよりは痛みが少ない

感じでした。

リアゲートです↓

リアゲートなど垂直面はクスミも少なく艶もあってお綺麗です(´▽`)

しかし給油口の中は・・・

まぁまぁの汚れ具合でした(笑)

ホイールは毎日乗られている事を考えますと・・・

汚れも少ないと思います。

 

全体的に見ましてもボンネットやルーフなどの水平面はやはり2年経過を感じさせる痛み具合でしたが

垂直面はまだまだ艶もあり(汚れてはいましたけど)こちらは2年経過を感じさせない

状態でした。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼もいただいておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

まだまだ撥水はしていますね!しかし若干撥水力が落ちている感じです。

ガラスを磨いて弱まった撥水剤を除去します。

ガラスが綺麗になったらよ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティングでコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!  水玉の丸さの違いがわかって頂けると思います(^_-)-☆

 

それとボディに付いている鉄粉の付着状況です。

ボンネットです↑ 紫色に反応しているのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

結構付いていますけど特別に多いって訳でもありません(笑)

リアも・・・

同じく付いているのは付いていますが特別に多いって訳でもありません(^^ゞ

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~。

リアも・・・

スッキリ~!!

鉄粉除去以外に細部の洗浄などもおこない最後にメンテナンス剤を塗っていきます。お車の状態は

それぞれ違いますのでメンテナンス方法や使うケミカルなどはお車の状態に合った方法と

メンテナンス剤などを選んで作業しております!

 

ではメンテナンス後の状態を見ていきましょう。

↓ボンネットです。

当店の通常のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズ、

しつこいクスミなどは残ってしまいます。 でもだいぶサッパリしたと思います。

シミやキズ、クスミが酷くて気になるようでしたら、ポリッシングありのメンテナンスなども承って

おりますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

↓はルーフです。

ルーフは元々ボンネット程は傷んでいなかったので綺麗です(´▽`)

リアゲートなどの垂直面は・・・

艶々でクリヤーです!

給油口も綺麗ですよ~。

それとあまり汚れを感じなかったホイールも・・・

やっぱり汚れていたのね!って思っていただけると思います(笑)

そしてダイハツ エッセのボディコーティングメンテナンスの完成です!

メンテナンス前に比べて艶が向上しキリッとし健康的な雰囲気に仕上がったと思います(笑)

車って汚れていたり艶が引けていると見た目の印象が、なんだか疲れて見えたり、古臭く感じたり

してしまうものです。

お車を何時までも美しく、そして若々しく保つ為にも定期的なメンテナンスは欠かせませんよ~(^o^)丿

 

メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は使用状況や

保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングです!

パールホワイトⅢの納車間もない新車のミライースです!

ミライースは先代、現行型合わせて当店初入庫です(^_^)/

現行型はエッジの効いたデザインで纏められていますね。こちらのお車のフォグランプには

オプションの三角形のベゼルが付いているので尚更エッジ感を感じます(*´▽`*)

そんなエッジの効いた新型ミライースの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

新車によく見られる曇りもなく、とてもお綺麗ですね(^_^)/

ボディサイドは少しだけ曇っている感じはしますが、サイドもお綺麗です。

リアゲートも・・・

若干曇っていますが、あまり気にならないレベルです。

ホイールとタイヤは・・・

こちらは若干汚れていました。 ほんの少しです(笑)

 

ご覧いただきましたように全体的にとてもお綺麗です! 塗装の曇りも少なくクリヤーでした。

ダイハツ車の新車を作業しますといつも思うんですけど、どの車種も塗装の曇りが少ない

綺麗なお車が多いです。ダイハツ車は全体的に塗装の品質がいいと感じます!

トヨタ車も塗装の品質がいいので、この辺りはトヨタグループと言う事でダイハツもトヨタクオリティ

なのでしょうか??

ただでさえ新車のパールホワイトは施工前後の違いが伝わりにくくてアレなんですけど頑張って

ご紹介していきましょう(笑)  作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼頂いておりますのでウインドウから見ていきましょう。

↓は現状です。

ウインドウもお綺麗です(^^;) 油膜の付着も無く・・・ご紹介するところも無く(笑)

それでもしっかりと下地を整えていきます。

綺麗に磨いた跡によ~く乾燥させてからウインドウコーティングでコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!

ウインドウコーティングは梅雨にピッタリの実用的なメニューです(^_^)/

 

続きましてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

 

↑はボンネットです。

これまたとても鉄粉も少なく・・・ご紹介するところも少なく(笑)

リアは・・・

こちらは少し確認できますね。  でもやはり少ないです(*^^*)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

元々お綺麗でしたので変わった感じがありませんね(^▽^;)

でもリアは・・・

サッパリとしましたよ~。

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は塗装面がとてもお綺麗でしたので、ごく軽い磨きです。磨くというより塗装表面を“ならす”程度の

軽い磨きです。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

気持ちイイ水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで艶々なんですけど写真だとちょっとアレですね~(笑)

ルーフも・・・

施工前と違いがわからね~。 ってツッコまれそうです(^^;)

ボディサイドは曇りが無くなり、よりスッキリとクリヤーになったのがよ~く見比べると

わかって頂けると思います!

リアゲートも・・・

違うんです!写真だとわからないかもしれませんが違うんです(笑) 本当です!

一番違いがわかりやすいのが・・・

ホイールでしょうか?(笑)

そしてパールホワイトⅢの新車ミライースのボディコーティング完成です!

いかがでしょうか?? 光沢が上がってより艶々に仕上がっているんですけど(*^_^*)  どうでしょう??

写真ですと違い感がお伝わりしないかもしれませんがオーナー様にはわかります!

『いゃ~全然違いますよ!やっぱり綺麗ですね~』とオーナー様に言っていただき、ホッと一安心です(笑)

ホワイトなどのライトカラーのお車で更に新車ですと施工前後の違いが特に写真ですとわかりにくいんですが

新車でもしっかりと磨いてコーティングしますと光沢が上がり艶も出ます(^_^)v 実車を見て頂ければ

違いをしっかりと感じて頂けます!

と言いつつもオーナー様に『やっぱり違うね~』とか『綺麗だね~』とか言われると

ホッと一安心する私でした(笑)

 

最後に宣伝失礼しますm(__)m

只今キャンペーンを開催いたしております!

とうとう当店のございます神奈川県も梅雨入りしました(^_^;)

梅雨入りしましたがキャンペーン名はそのまま変わらず『もうすぐ梅雨だねキャンペーン!』

引き続き開催しております(笑)

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりのお得な内容となっております。この機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ダイハツ タントのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ タントのボディコーティングです!

H24年式のこちらのタントです!

ソリッドホワイトのタントですが水アカ汚れがなかなか凄くて艶も引けてしまっていて

お車が少し“疲れた”雰囲気を醸し出してしまっています。

その少しお疲れ気味のタントの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

水アカでボディが黒ずんでいて艶も引けてしまっています。

そしてルーフはもっと凄い事になっていました↓

水アカで斑点になっています(^^;)

別角度からですと・・・

この様な汚れ具合です。

ボディサイドは・・・

ルーフ程水アカは酷くはございませんが、だいぶクスミが進行しています。

リアゲートも・・・

クスんでいてライトの映り込みがボヤけていました。

 

こちらのタントは普段からお忙しい事もあり、ほぼ洗車していないそうです。

ですので、どうしてもお車は汚れがちになってしまいます。

特に水アカはこびり付いてしまうと、通常のシャンプ-洗車くらいでは落ちません(^_^;)

更にクスんでしまったボディはポリッシングをしないと落とすことはできません。

と言う事で水アカをスッキリとそして透明感を取り戻すべく作業開始!!

 

まずいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツは確認できますが少ないですね(*^_^*)

リアゲートも・・・

年式を考えますと、とても少ないです!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

鉄粉の反応も少なくなりサッパリとしました。

リアもスッキリと綺麗になりました(^_^)/

その後にマスキングをしていきます。

ポリッシングの準備が出来ました! そしてポリッシングしていきます。

今回の磨きは水アカとクスミ、そしてシミが酷いので少しハードな磨きで塗装面を整えていきました。

整った塗装面には今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のPCX-S8でコーティングです!

気持ちイイ水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

水アカもスッキリとして艶が出ました!

ルーフも・・

もう斑模様ではありません(*^_^*)

別角度から見ても・・・

綺麗になりました。

そしてクスミが酷かったボディサイドも・・・

スッキリとしましたよ~。

リアもくすみが無くなりライトの映り込みがスッキリとシャープになりました。

そしてダイハツタントのボディコーティング完成です!!

水アカで黒ずんでいたボディがスッキリとした白さと艶を感じて頂けるボディに復活いたしました!

先ほども少しお話いたしましたように水アカはこびり付いてしまうと、通常のシャンプ-洗車くらいでは

落ちなくなってしまいます。  そこでコーティングです!

コーティングをしますと「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」事が出来ます。

水アカなど汚れの固着が低減して通常の洗車で汚れを簡単に落とすことができ洗車が簡単で

そして綺麗になります!  やっぱりお車が綺麗ですと見ていて気持ちいいですし乗っていても

気持ちいいものです。 さらに雨の日にボディが雨を弾いていると嬉しくなります!

晴れの日はもちろん、雨の日もお車を美しく演出するボディコーティング、皆様もいかがですか(笑)

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーンを開催いたしております!

とうとう当店のございます神奈川県も梅雨入りしました(^_^;)

梅雨入りしましたがキャンペーン名はそのまま変わらず『もうすぐ梅雨だねキャンペーン!』を

引き続き開催しております(笑)

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりのお得な内容となっております。この機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ムーブとクオンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツムーブのルームクリーニングです!

こちらのムーブはリアガラスが割れてしまい交換したそうです。交換時にガラス屋さんが

掃除をしてくれたそうですが、一度キッチリと掃除をしたいとの事で当店にお越しくださいました。

と言う事で今回はリア側のルームクリーニングのご依頼です。

では早速ご紹介していきましょう!

↓はスペアタイヤを外した所です↓

まだまだガラス片が残ってました(^_^;)

よく見ていくと・・・

隅っこの方にも残ってます。

アフターです↓

まぁアフターでお見せするほどの事でもありませんが(笑) ガラス片除去とクリーニングもしてます。

リアシートの下です↓

ポツポツとガラス片が出てきます。

こちらも綺麗にクリーニングしてます。

それと内装のパネルを外すと・・・

隠れていた汚れも出てきます(^_^;)

たぶんこれはチョコレートのような・・・(笑)

アフターです↓

チョコレートも綺麗に落ちましたよ~(^_^)/

食べ物や飲み物は臭いの発生源になりますのでお気を付けください。

リアシートやルーフなどもクリーニングして終了です!

パッと見た感じではガラス片はなかったのですがスペアタイヤの下やシート下そしてフロア下などに

結構な量のガラス片が残っていました。 またクリーニングしましたので全体的に綺麗サッパリとして

オーナー様も大変お喜びでお帰りになられておりました。ありがとうございました。

 

 

話は変わりまして先日、パシフィコ横浜で開催された「ジャパントラックショー」の展示車施工に

行ってきました。その時の様子を少しだけご紹介致します。少しだけです(笑)

少ししか写真がないので(^▽^;)

 

初めてパシフィコ横浜に行きました(笑)

今回、私が担当させていただきましたのは・・・

UDトラックス株式会社様です!

そして担当車両は大型トラックの・・・

『クオン』です! 

大きいです(*’▽’) この車両を私を含めて3名のPROで仕上げていきました!

周りはまだ準備中です! 色々な業者の方が忙しく準備を進めています。

高い所の作業はヘルメット着用です!  安全第一(^_-)-☆

それともう一台・・・

サポートカーも施工しました!

昔は正直、トラックは全く興味ありませんでしたが、このお仕事を始めて、何度もトラックを担当させて

頂くうちに、何となくトラックに興味が湧いてきます(笑) 街でトラックを見ても昔はメーカー名

位しかわかりませんでしたが、今は○○のメーカーの○○だ。なんて何となくわかるように

なってきました(笑)

そして “一度くらいは運転してみたいな~。”なんて思う私がいるんです(^o^)

でも大きくて私には難しいかな~??  その前にまずはサポートカーからですね(笑)

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーン開催いたしております!

名付けて・・・『もうすぐ梅雨だねキャンペーン』

なんか聞いたことあるような名前ですが(^^;)

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。このお得な機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

 

ブライトシルバーメタリックのコペンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツコペンのボディコーティングです!

最近ダーク系カラーのコペンのご入庫が少し多かったのですが、今回はDCブライトシルバーメタリックと

言うカラー名の明るいシルバーのコペンのご入庫です!

こちらはH14年式で最初期のモデルになりますが、なんという事でしょう! とてもお綺麗ですヽ(^o^)丿

隅々までお手入れされているようで本当にH14式??と思うほどgoodコンデションのコペンです!

そんなgoodでniceなコペンの現状を確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。(ご入庫時は雨でしたので洗車後の写真になります!)

洗車キズなどのスクラッチは確認できますがシミはとても少ないですね!

ルーフも・・・

スクラッチは確認できますがシミは少ないです(^_^)/

トランク↑も同じく気になるのはスクラッチくらいです。

ボディサイドもくすみも少なくお綺麗ですね(*^_^*)

ホイールは・・・

洗車前の写真です。ですがこちらもお綺麗です!

 

ご覧いただきました様に細かく観察していけば洗車キズなどは確認できますが年式を考えますと

くすみやシミはとても少なくて時間の経過を感じさせません!

しかし磨きを入れて更に時間の経過を感じさせなくしていきますよ~(*^^*)

では作業開始!!

 

まずは洗車後にいつもの様に鉄粉の付着状況を確認します。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑  鉄粉も少ないです。

リアも少ないですね~(*’▽’)

ただこの後にネンド掛けしたら鉄粉以外の固着物が結構取れました(笑)

ネンド掛けした後に手で撫でるとブツブツとしていた感触がツルツルのスベスベになって

気持ちいいんですよ(笑)

鉄粉除去が終わりましたら再度専用のクリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になりましたね!  元々ですけど(笑)

リアも・・・

更にサッパリとしましたよ!   今回は鉄粉以外の収穫が多かったですね(笑)

その後にマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

そして磨いていきます!今回はシミは少なくスクラッチが目立ちます。スクラッチも深いものでは

無いので今回はハードに磨き込むような事はしてません!

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回はヘッドライトのクリーニングのご依頼も頂いております。

曇りはそれ程酷い状態ではありませんが曇りが気になるとの事でクリーニングです!

ビフォーです↓

綺麗なんです(^o^)

近くで見ても・・・

それ程酷くないんです。 しかしヘッドライトの樹脂自体に細かなクラックが多数入って

いますが・・・これは残念ですがクリーニングではどうする事もできません。

アフターです↓

透明感が上がりました!

近くだとより違いがわかるかな??

 

反対側も・・・

若干曇り気味ですね。

近くで見ると・・・

こちらのライトも方が少し痛みが進んでいるようです。

アフターです↓

ライトの中がハッキリと見えるようになりました。

近くで見ても・・・

クッキリとしました!!

 

それでは各部の仕上り具合も見ていきましょう(^_^)/

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(´▽`)

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。

トランクも潤い感を感じます!

ボディサイドも更に綺麗になってライトの映り込みもクッキリとシャープです。

最後にタイヤとホイールの艶出しをしましたら・・・

ブライトシルバーメタリックのコペン、ボディコーティング完成です!!

いかがでございしょうか。艶もクリヤー感も増して更に新車により近づきました。

とても15年以上経過したお車には見えないと思いますヽ(^o^)丿

これからも大切に末永くお乗り頂きたい、そう思わずにはいられない車内も車外も

goodでniceなダイハツコペンでした!!

 

話は変わりますが・・・

今回コペンを作業していて気が付いたんですが・・・

ハイマウントストップランプにトヨタの刻印が!!

今まで何台もコペンを作業致しましたが今回初めて気が付きました(^▽^;)

ダイハツとトヨタは同じグループなんで今の時代パーツの共用は全然珍しくはありませんが

それより興味があるのがトヨタのどの車種と共用しているか??です(笑)

正直それを知ったからって”ヘェ~ そうなんだぁ~”で終わってしまうとは思いますが

気になってしょうがないです(笑)

本日作業していた軽自動車のルームランプが私のエクシ-ガのルームランプと同じ気がしましたが

本当に同じだとちょっとアレなんで(笑)、あえてじっくりとは見比べなかったのは秘密です(^^;)

今はグループ関係なく共用パーツは多く使われているようです。それを探してみるのも

また楽しいかもしれませんよ(笑)  そして間違いなくマニアですよ( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コペン&テリオスキッド、2回目のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツコペン&テリオスキッドのメンテナンスです!

以前にも2台同時にご紹介させて頂きました、こちらの2台ですが今回も同時です(笑)

同じオーナー様のお車で2台続けて作業させていただきましたのでご紹介も同時に(*^_^*)

前回のメンテナンスから約半年ほど経過しておりますこちらの2台のメンテナンスの様子を

今回はビフォー&アフターでご紹介していきます。

まずはコペンからいきましょう!

↓はボンネットのビフォーです。

大変な事になってます(^^;) 花粉の凄い時期でしたので(今も酷いですが)凄いです。

そしてアフターです↓

花粉がとれてサッパリとしました。幸い花粉による塗装の浸食はなかったようです(^_^)/~

逆に綺麗になったので洗車キズが確認しやすくなりました(^^;)

ルーフです↓

もちろんルーフも花粉だらけです(笑)

アフターです↑ こちらもシミやスクラッチがありますがスッキリとしました。

それとトランクも勿論・・・

同じような状態です。

綺麗になりましたね!しかしダーク系カラーのお車はどうしてもスクラッチが気になります(;´∀`)

普段はあまり乗らないそうなのでタイヤとホイールはお綺麗です!

アフターです↓

こちらもしっかりと洗い艶出しをおこないますと更に綺麗に艶やかに仕上がります。

そしてダークレッドマイカのダイハツコペン、メンテナンス完了です!

メンテナンス前は花粉を被り”茶色“と化していたダークレッドマイカが本来の色艶に復活しましたヽ(^o^)丿

先ほどから何度かお話いたしておりますが洗車時などに付く洗車キズが目立ちます。当店のメンテナンスは

基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいます。

余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、ポリッシングありのメンテナンスやキズを目立たなくする

処置などもできますのでスクラッチが気になる時はお気軽にご相談ください(^_^)/

 

続いてはテリオスキッドのご紹介です。

まずはボンネットのビフォーです↓

こちらはコペンとは打って変わって花粉も少なくとてもお綺麗です!

っと書きながらフッと思ったんですけど “打って変わって” の “打つ” とは一体何を打つのでしょうかね??

気にはなりますけどボールではなさそうですし(笑)

話がそれましたがアフターです↓

元々お綺麗でしたが更に綺麗になってますよ~。写真だとあまり伝わりませんが(^▽^;)

ルーフです↓

こちらもお綺麗ですね!

アフターです↓

写真ですと違いがわかりませんね(大汗)

一番違いがわかりやすいのは・・・

サイドステップでしょうか(笑)

って言いましてもこの程度の汚れ具合です(^^;)

アフターです↓

綺麗になったでしょう??(笑)

あっ!ホイールも・・・

違いがわかりやすいですよ~。

これが↑コレですから↓

そしてダイハツ テリオスキッドのコーティングメンテナンスも完了しました!

テリオスキッドも艶感が向上して、よりクリヤーな艶々ボディに仕上がりました!

2台ともピカピカになってオーナー様はとてもお喜びになられて笑顔でお帰りになられました!

 

カービューティープロでは洗車用品やメンテナンス用品の販売も致しております。

カービューティープロ本部からネット通販でもご購入できますので、私のブログをご覧下さっている

洗車マニアの方々(笑)、そうじゃない方々も是非一度カービューティープロの商品をお試しください!

カービューティープロの通販はこちらです → R-Collection

勿論当店でも取り扱っておりますので、ご購入したい商品がございましたら事前にお問い合わせ下さい。

在庫のない商品はお取り寄せいたします!!

 

そして最後にコペンとテリオスキッドのギャラリーをドドォ~ンとどうぞ~(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです!

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

少し前にも同じ色のコペンをご紹介致しましたが,そちらのお車とはまた別のお車になります。

さらにこの後にもコペンのご入庫がございます。 それも2台(笑)  そちらはまた近々ご紹介致します!

そして今回のコペンですが、こちらはH24年式のお車ですので6年経過のお車になります。

では6年経過のコペンの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

だいぶくすんでますね。くすみでクリヤー感がないです(^^;)

ルーフもスクラッチが多く、そしてくすんでます。

トランクもガサガサのシミシミに荒れております(^▽^;)

そしてボディサイドも・・・

シミシミです。 でもボンネットやルーフなどの水平面よりは少しいいかな?(笑)

ホイールはそれ程汚れてはいませんがタイヤが少しお疲れ気味な雰囲気ですね。

全体的にシミやスクラッチが多くて、くすみも進んでいます。年式相応の痛み具合と言ってしまえば

そうなんですが、だからと言ってそのままでは更に痛みは進んできます。

お車は知らず知らずのうちに少しづつ汚れていきます。しかし毎日のように見ていると、その少しづつは

気が付かないものです。そしてある時にフッっと気が付くのです。

昔はもっといい色だったよな??』っと。 『もっと輝いていたよな』っとも感じます。

そうです。そうなんです。こちらのコペンのDCダークグリーンマイカも本来はもっとクリヤーでいい色なんです!

その本来の輝きを取り戻していきましょう!

題して『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦の始まり始まり~(笑)

 

作戦その1・・・洗車からの鉄粉除去を行うべし!

まずは何はなくとも洗車です! その後、塗装面に付着している鉄粉を除去していきます。

毎回鉄粉除去とお話しておりますが、実は鉄粉だけではなくピッチやタール、樹液や塗装ミストなどの

固着した汚れも除去してます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。 ちなみにこれに反応するのは鉄粉だけです。

ボンネットです↓。

よく見ると結構反応していますが遠くて見えないですね(^^;)

近づくと・・・

こんな感じでポツポツと確認できます。

トランクも・・・

遠くて良く見えないので(笑)アップでどうぞ~

結構付いてました(^_^)/

その後ネンド掛けして固着物を除去します。

こんな感じで色々な汚れが取れます(^▽^;)

鉄粉除去が終わりましたら・・・

 

作戦その2・・・マスキングするべし!

とても地味な作戦&絵柄ですね(笑)

その名の通りマスキングを行います。地味ですがとても大切な作業です。(^_^)/

 

作戦その3・・・ポリッシングするべし!

ある意味一番大切で重要な作戦ですが・・・写真はございません(^^;)

今回はスクラッチとくすみをサッパリと除去して本来の輝きを取り戻しました!

 

作戦その4・・・コーティングするべし!

いよいよコーティング作業です。本来の輝きを取り戻したDCダークグリーンマイカを更に美しく

そして保護するべくコーティングしていきます。

今回使用致しましたのは・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

作戦その5・・・仕上がりを確認するべし!

作戦って程の事ではありませんが(笑)各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

まずはボンネットです。

くすみもなくなりクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも深いキズは残ってますがスッキリとクリヤーです!

ガサガサだったトランクも潤いを感じるようになりました。

シミシミだったボディサイドも綺麗ですよ。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しを行ないます。艶々になったタイヤはお車全体を

ビシッと引き締めます!

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツコペン、ボディコーティング完成です!

『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦無事成功です!!

ご入庫時は艶が引けグリーンのボディがやや黒ずんでいる印象でしたが、磨き上がりましたボディは

クリヤーで艶やかな本来の深みを感じて頂けるグリーンに仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

新車のような輝きを取り戻したコペンをこれからも沢山楽しんでください!

 

今回のDCダークグリーンマイカというカラー名のDCって何??って思いませんでしたか??

思った方はかなりの『色マニア』か『好き者』だと思います(笑)

知っている方はコペンマニアでしょうか??(*^_^*)

私も『好き者』ですので調べたのですがDCとはDouble Clear』の事でクリヤーを2度塗りしているそうです!

凄いですね!! このカラーの場合は合計5層の塗装になるそうです!

軽自動車とは思えない程の高品位な塗装です!

だから磨くと、とても深みのある滑らかな質感になるんですね(*^_^*)

塗装と一言で言いましても種類は色々ございます。皆様の愛車はどのような塗装でしょうか??

一度調べてみるのもマニアだと面白いと思います!   是非マニアの世界へどうぞ~( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのコペンは以前当店でボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

約1年半ほど経過しており今回は再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

マメにお手入れされているとの事でまだまだ艶もあるのですが・・・

では早速現状確認していきましょう!

まずはボンネットからですが・・・

汚れが酷くて塗装面の状態が良くわかりません。 洗車キズが多いのはわかりますが(^_^;)

という事で洗車後の写真でご紹介していきましょう!

ボンネットです↑ やはり洗車キズがなかなかの入り具合です。しかしシミもくすみも少ないですね!

ルーフもシミの類は少ないです。 色的にどうしても洗車キズが入りやすく、また見えやすいです(^^;)

トランクもグルングルンのキズキズですね(^^;)

ドアはボンネットやルーフ程のキズではございません。

タイヤとホイールは洗車前に撮った写真です。お綺麗にされてますね!!

 

先ほども少しお話いたしましたがオーナー様はマメに洗車されているそうで基本的に

シミやくすみが少ないです。マメなお手入れの賜物です(^_^)/ しかし洗車回数が多ければ多い程

洗車キズが多くなってしまうのも、これまた事実でもございます(^^;

特にダーク系カラーのお車はどうしても洗車キズが目立ってしまいます。

でも逆に洗車キズが多いのは愛情の証です!キズの数が愛の数って事です(笑)

そう考えると、もの凄い愛ですね(´▽`)

今回その愛を消す訳ではありませんがキズはなるべく消していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛け鉄粉の状況を確かめます。

紫色に反応しているのが鉄粉ですが・・・

グリーンだと確認しにくいですね。

しかし↓はトランクですが近くで見ると・・・

こんな感じで見えます。 結構多いですね(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になってますよ~!

トランクもサッパリとしました。

そしてマスキングをします。

黄色いマスキングテープがピンストライプみたいでカッコイイですね(^_^)/

磨きの程度で除去できるキズの量も変わってきます。また同じ様に研磨しても塗装の”硬さ“に

よって消せる量(キズの深さ)も変わってきます。

塗装の”硬さと言いましてもピンとこないと思いますが塗装も硬かったり柔らかかったりと色々です。

車のメーカーにもよって違いますし同じ車種でも違ったりする事もございます。

柔らかいとキズは除去しやすいですし硬いと、なかなかキズが消えません(^^;

で、コペンですがこちらは柔らかくてキズの除去がしやすいです!

と言うより軽自動車は全般的に柔らかです。

コーティング屋さんのブログなどでよくあるじゃないですか!? 半分磨いて半分磨いてなくて

違いがわかりやすい画像が!?  今回私もコーティング屋のブログらしくやってみました(笑)

それがこちらです↓

これはトランクです。これはファーストポリッシュの後です。

もちろん真ん中より右側が磨いた所で左半分が磨いていない所です。塗装が柔らかいので一回目の磨きで

これくらいキズが取れます。 ここから更に磨いて艶を出して仕上げていきます!!

その磨き上がりましたボディには今回もこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです! これで更に艶と光沢が上がりますよ~(^_^)/

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

洗車キズもだいぶサッパリしました!

ルーフも綺麗ですよ(*^^*)

グルングルンに見えていた洗車キズもスッキリとしツルンツルンになりました。

ドアもいい感じです(´▽`)

タイヤとホイールもしっかりと洗い最後に艶出しをおこないましたら・・・

ダイハツ コペンのボディコーティング完成です!

キズは消えましたが愛情は益々深くなると思います(笑)

綺麗になった愛車は愛着が更に湧くものです! オーナー様はとてもコペンを大切にされていて

これからも乗り続けたいとお話しておりました。

お車は時間の経過と共に維持管理が大変になってくると思いますがこれからも愛情いっぱいで

大切にお乗りください!!

 

これからオープンにして走るのが気持ちいい時期ですね! ちょっと花粉症の方は辛いかと思いますが

屋根開けて走ったら気持ちいいでしょうね~(´▽`*) 私もオープンカーは大好きなんですが

一度も所有したことがないんです(^^;) 以前知人のロードスターを運転させてもらった事があるんですが

まぁ~気持ち良かった(笑)  それ以来いつかはオープンカーと思っているんですけど、なかなか・・・ね(笑)

最終手段として今乗っているエクシ-ガの屋根を切り取って7人乗りのオープンカーに仕立てようかしら(笑)

しかしオープンカーに7人乗っていたら、なんかちょっと不気味ですね(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。