コペン&テリオスキッド、2回目のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツコペン&テリオスキッドのメンテナンスです!

以前にも2台同時にご紹介させて頂きました、こちらの2台ですが今回も同時です(笑)

同じオーナー様のお車で2台続けて作業させていただきましたのでご紹介も同時に(*^_^*)

前回のメンテナンスから約半年ほど経過しておりますこちらの2台のメンテナンスの様子を

今回はビフォー&アフターでご紹介していきます。

まずはコペンからいきましょう!

↓はボンネットのビフォーです。

大変な事になってます(^^;) 花粉の凄い時期でしたので(今も酷いですが)凄いです。

そしてアフターです↓

花粉がとれてサッパリとしました。幸い花粉による塗装の浸食はなかったようです(^_^)/~

逆に綺麗になったので洗車キズが確認しやすくなりました(^^;)

ルーフです↓

もちろんルーフも花粉だらけです(笑)

アフターです↑ こちらもシミやスクラッチがありますがスッキリとしました。

それとトランクも勿論・・・

同じような状態です。

綺麗になりましたね!しかしダーク系カラーのお車はどうしてもスクラッチが気になります(;´∀`)

普段はあまり乗らないそうなのでタイヤとホイールはお綺麗です!

アフターです↓

こちらもしっかりと洗い艶出しをおこないますと更に綺麗に艶やかに仕上がります。

そしてダークレッドマイカのダイハツコペン、メンテナンス完了です!

メンテナンス前は花粉を被り”茶色“と化していたダークレッドマイカが本来の色艶に復活しましたヽ(^o^)丿

先ほどから何度かお話いたしておりますが洗車時などに付く洗車キズが目立ちます。当店のメンテナンスは

基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいます。

余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、ポリッシングありのメンテナンスやキズを目立たなくする

処置などもできますのでスクラッチが気になる時はお気軽にご相談ください(^_^)/

 

続いてはテリオスキッドのご紹介です。

まずはボンネットのビフォーです↓

こちらはコペンとは打って変わって花粉も少なくとてもお綺麗です!

っと書きながらフッと思ったんですけど “打って変わって” の “打つ” とは一体何を打つのでしょうかね??

気にはなりますけどボールではなさそうですし(笑)

話がそれましたがアフターです↓

元々お綺麗でしたが更に綺麗になってますよ~。写真だとあまり伝わりませんが(^▽^;)

ルーフです↓

こちらもお綺麗ですね!

アフターです↓

写真ですと違いがわかりませんね(大汗)

一番違いがわかりやすいのは・・・

サイドステップでしょうか(笑)

って言いましてもこの程度の汚れ具合です(^^;)

アフターです↓

綺麗になったでしょう??(笑)

あっ!ホイールも・・・

違いがわかりやすいですよ~。

これが↑コレですから↓

そしてダイハツ テリオスキッドのコーティングメンテナンスも完了しました!

テリオスキッドも艶感が向上して、よりクリヤーな艶々ボディに仕上がりました!

2台ともピカピカになってオーナー様はとてもお喜びになられて笑顔でお帰りになられました!

 

カービューティープロでは洗車用品やメンテナンス用品の販売も致しております。

カービューティープロ本部からネット通販でもご購入できますので、私のブログをご覧下さっている

洗車マニアの方々(笑)、そうじゃない方々も是非一度カービューティープロの商品をお試しください!

カービューティープロの通販はこちらです → R-Collection

勿論当店でも取り扱っておりますので、ご購入したい商品がございましたら事前にお問い合わせ下さい。

在庫のない商品はお取り寄せいたします!!

 

そして最後にコペンとテリオスキッドのギャラリーをドドォ~ンとどうぞ~(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです!

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

少し前にも同じ色のコペンをご紹介致しましたが,そちらのお車とはまた別のお車になります。

さらにこの後にもコペンのご入庫がございます。 それも2台(笑)  そちらはまた近々ご紹介致します!

そして今回のコペンですが、こちらはH24年式のお車ですので6年経過のお車になります。

では6年経過のコペンの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

だいぶくすんでますね。くすみでクリヤー感がないです(^^;)

ルーフもスクラッチが多く、そしてくすんでます。

トランクもガサガサのシミシミに荒れております(^▽^;)

そしてボディサイドも・・・

シミシミです。 でもボンネットやルーフなどの水平面よりは少しいいかな?(笑)

ホイールはそれ程汚れてはいませんがタイヤが少しお疲れ気味な雰囲気ですね。

全体的にシミやスクラッチが多くて、くすみも進んでいます。年式相応の痛み具合と言ってしまえば

そうなんですが、だからと言ってそのままでは更に痛みは進んできます。

お車は知らず知らずのうちに少しづつ汚れていきます。しかし毎日のように見ていると、その少しづつは

気が付かないものです。そしてある時にフッっと気が付くのです。

昔はもっといい色だったよな??』っと。 『もっと輝いていたよな』っとも感じます。

そうです。そうなんです。こちらのコペンのDCダークグリーンマイカも本来はもっとクリヤーでいい色なんです!

その本来の輝きを取り戻していきましょう!

題して『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦の始まり始まり~(笑)

 

作戦その1・・・洗車からの鉄粉除去を行うべし!

まずは何はなくとも洗車です! その後、塗装面に付着している鉄粉を除去していきます。

毎回鉄粉除去とお話しておりますが、実は鉄粉だけではなくピッチやタール、樹液や塗装ミストなどの

固着した汚れも除去してます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。 ちなみにこれに反応するのは鉄粉だけです。

ボンネットです↓。

よく見ると結構反応していますが遠くて見えないですね(^^;)

近づくと・・・

こんな感じでポツポツと確認できます。

トランクも・・・

遠くて良く見えないので(笑)アップでどうぞ~

結構付いてました(^_^)/

その後ネンド掛けして固着物を除去します。

こんな感じで色々な汚れが取れます(^▽^;)

鉄粉除去が終わりましたら・・・

 

作戦その2・・・マスキングするべし!

とても地味な作戦&絵柄ですね(笑)

その名の通りマスキングを行います。地味ですがとても大切な作業です。(^_^)/

 

作戦その3・・・ポリッシングするべし!

ある意味一番大切で重要な作戦ですが・・・写真はございません(^^;)

今回はスクラッチとくすみをサッパリと除去して本来の輝きを取り戻しました!

 

作戦その4・・・コーティングするべし!

いよいよコーティング作業です。本来の輝きを取り戻したDCダークグリーンマイカを更に美しく

そして保護するべくコーティングしていきます。

今回使用致しましたのは・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

作戦その5・・・仕上がりを確認するべし!

作戦って程の事ではありませんが(笑)各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

まずはボンネットです。

くすみもなくなりクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも深いキズは残ってますがスッキリとクリヤーです!

ガサガサだったトランクも潤いを感じるようになりました。

シミシミだったボディサイドも綺麗ですよ。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しを行ないます。艶々になったタイヤはお車全体を

ビシッと引き締めます!

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツコペン、ボディコーティング完成です!

『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦無事成功です!!

ご入庫時は艶が引けグリーンのボディがやや黒ずんでいる印象でしたが、磨き上がりましたボディは

クリヤーで艶やかな本来の深みを感じて頂けるグリーンに仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

新車のような輝きを取り戻したコペンをこれからも沢山楽しんでください!

 

今回のDCダークグリーンマイカというカラー名のDCって何??って思いませんでしたか??

思った方はかなりの『色マニア』か『好き者』だと思います(笑)

知っている方はコペンマニアでしょうか??(*^_^*)

私も『好き者』ですので調べたのですがDCとはDouble Clear』の事でクリヤーを2度塗りしているそうです!

凄いですね!! このカラーの場合は合計5層の塗装になるそうです!

軽自動車とは思えない程の高品位な塗装です!

だから磨くと、とても深みのある滑らかな質感になるんですね(*^_^*)

塗装と一言で言いましても種類は色々ございます。皆様の愛車はどのような塗装でしょうか??

一度調べてみるのもマニアだと面白いと思います!   是非マニアの世界へどうぞ~( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのコペンは以前当店でボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

約1年半ほど経過しており今回は再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

マメにお手入れされているとの事でまだまだ艶もあるのですが・・・

では早速現状確認していきましょう!

まずはボンネットからですが・・・

汚れが酷くて塗装面の状態が良くわかりません。 洗車キズが多いのはわかりますが(^_^;)

という事で洗車後の写真でご紹介していきましょう!

ボンネットです↑ やはり洗車キズがなかなかの入り具合です。しかしシミもくすみも少ないですね!

ルーフもシミの類は少ないです。 色的にどうしても洗車キズが入りやすく、また見えやすいです(^^;)

トランクもグルングルンのキズキズですね(^^;)

ドアはボンネットやルーフ程のキズではございません。

タイヤとホイールは洗車前に撮った写真です。お綺麗にされてますね!!

 

先ほども少しお話いたしましたがオーナー様はマメに洗車されているそうで基本的に

シミやくすみが少ないです。マメなお手入れの賜物です(^_^)/ しかし洗車回数が多ければ多い程

洗車キズが多くなってしまうのも、これまた事実でもございます(^^;

特にダーク系カラーのお車はどうしても洗車キズが目立ってしまいます。

でも逆に洗車キズが多いのは愛情の証です!キズの数が愛の数って事です(笑)

そう考えると、もの凄い愛ですね(´▽`)

今回その愛を消す訳ではありませんがキズはなるべく消していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛け鉄粉の状況を確かめます。

紫色に反応しているのが鉄粉ですが・・・

グリーンだと確認しにくいですね。

しかし↓はトランクですが近くで見ると・・・

こんな感じで見えます。 結構多いですね(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になってますよ~!

トランクもサッパリとしました。

そしてマスキングをします。

黄色いマスキングテープがピンストライプみたいでカッコイイですね(^_^)/

磨きの程度で除去できるキズの量も変わってきます。また同じ様に研磨しても塗装の”硬さ“に

よって消せる量(キズの深さ)も変わってきます。

塗装の”硬さと言いましてもピンとこないと思いますが塗装も硬かったり柔らかかったりと色々です。

車のメーカーにもよって違いますし同じ車種でも違ったりする事もございます。

柔らかいとキズは除去しやすいですし硬いと、なかなかキズが消えません(^^;

で、コペンですがこちらは柔らかくてキズの除去がしやすいです!

と言うより軽自動車は全般的に柔らかです。

コーティング屋さんのブログなどでよくあるじゃないですか!? 半分磨いて半分磨いてなくて

違いがわかりやすい画像が!?  今回私もコーティング屋のブログらしくやってみました(笑)

それがこちらです↓

これはトランクです。これはファーストポリッシュの後です。

もちろん真ん中より右側が磨いた所で左半分が磨いていない所です。塗装が柔らかいので一回目の磨きで

これくらいキズが取れます。 ここから更に磨いて艶を出して仕上げていきます!!

その磨き上がりましたボディには今回もこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです! これで更に艶と光沢が上がりますよ~(^_^)/

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

洗車キズもだいぶサッパリしました!

ルーフも綺麗ですよ(*^^*)

グルングルンに見えていた洗車キズもスッキリとしツルンツルンになりました。

ドアもいい感じです(´▽`)

タイヤとホイールもしっかりと洗い最後に艶出しをおこないましたら・・・

ダイハツ コペンのボディコーティング完成です!

キズは消えましたが愛情は益々深くなると思います(笑)

綺麗になった愛車は愛着が更に湧くものです! オーナー様はとてもコペンを大切にされていて

これからも乗り続けたいとお話しておりました。

お車は時間の経過と共に維持管理が大変になってくると思いますがこれからも愛情いっぱいで

大切にお乗りください!!

 

これからオープンにして走るのが気持ちいい時期ですね! ちょっと花粉症の方は辛いかと思いますが

屋根開けて走ったら気持ちいいでしょうね~(´▽`*) 私もオープンカーは大好きなんですが

一度も所有したことがないんです(^^;) 以前知人のロードスターを運転させてもらった事があるんですが

まぁ~気持ち良かった(笑)  それ以来いつかはオープンカーと思っているんですけど、なかなか・・・ね(笑)

最終手段として今乗っているエクシ-ガの屋根を切り取って7人乗りのオープンカーに仕立てようかしら(笑)

しかしオープンカーに7人乗っていたら、なんかちょっと不気味ですね(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ウェイクとTOKYO AUTO SALON 2018の様子を少々!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ウェイクのウインドウコーティングです!

こちらのウェイクは以前に当店でウインドウコーティングを施工させていただきましたお車です。

今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

 

前回のウインドウコーティングから2年半以上経過してますので現在の状態は何となくは

想像できますが(笑)早速ご紹介していきましょう(^_^)/

まずはフロントウインドウの現状です↓

おゃ?? 意外と撥水しております!  ワイパーを撥水ワイパーに交換しているのでしょうか??

はたまたご自分で撥水剤を塗られたのでしょうか??

すっかりオーナー様に確認するのを忘れてしまいました(^▽^;)

ウインドウコーティングして更にワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くと

2年以上↑の写真位の撥水効果が続く場合もございます。

サイドウインドウは・・・

だいぶ撥水が落ちています(^^;)

リアも・・・

もはや撥水ではございません(^^;

 

2年半以上経過していますので、撥水力が無くなっていました。ただ先ほどお話しいたしましたように

フロントウインドウは撥水力が残っていました。

ホントにオーナー様に聞き忘れたのが悔やまれます(^_^;) はたしてどっちだったんでしょう??

そして作業です。

弱まった撥水剤&油膜を除去していきます。

そして水を掛けて油膜&撥水残りを確認します↓

綺麗になりましたね! この時点で油膜や撥水剤が残っていると水を弾いてしまいます。

そしてウインドウ専用コーティングでコーティングして最後に撥水チェックをしていきます。

フロントです。水玉の丸さが違います! ウェイクのようにウインドウが立っているお車は

写真撮るの大変なんです。 水掛けて直ぐ写真撮らないと水玉が転がり落ちてしまうんです(笑)

サイドウインドウも・・・

コロコロです。そして同じく写真撮るの難しいです(笑)

リアも気持ち良く弾いて完成です!

 

ウィンドコーティングはガラスに付着した油膜や汚染物質を除去して一度ガラスをリフレッシュします。

これが非常に重要で仕上がりを左右します!ボディコーティングと同じで荒れた面にいくら高性能な

コーティング剤を塗っても100%の性能を発揮しません。ウィンドコーティングもボディコーティング同様

下地作りが重要です!

ガンコな窓ガラスの汚れや油膜は視界の妨げとなり、雨天の際の運転は危険がいっぱいです。

ウィンドコーティングすることにより、油分や汚れの再付着を防ぎます。視界の妨げになるガラスのギラギラから

解放され雨の日の運転も安心です。ウインドウコーティングは雨だけではなく雪や霜にも有効ですので

今の季節にもおすすめのメニューです(^_^)/

それと初めに少しお話しいたしましたようにワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換する事もお薦めしております。

撥水コーティングの寿命が大幅に伸びますのでお試しください!!

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

話は変わりますが1月12日より幕張メッセで開催されました「TOKYO AUTO SALON 2018」の出展車両の

施工に行ってきました! その時の様子を少しだけご紹介致します。

何故少しかって?? それは・・・少ししか写真を撮れなかったからです(^▽^;)

今回は日野自動車様とダイハツ工業様のお仕事です!

まずは日野自動車様の『プロフィア』です!

やはり大きいです(´▽`*)

他のプロの方々数名と作業しました。私は主にキャビンの中をクリーニングです。

それともう一台の方の『レンジャー』です!

I AM THE PRO いい響きです! こちらは他のPROの方々が作業を行いました!!

日野自動車様が終わりましたら今度はダイハツ工業様の番です。

ダイハツ様での私の担当はこちらの・・・

BOON SPORTO Packageでした!

カワイイBOONが一気にスポーティーに見えます。

あの懐かしの「シャレード デ・トマソ ターボ」を彷彿させるスタイリングです(*’▽’)

そしてそのシャレード デ・トマソ ターボも少しお手伝いさせていただきました!

こうやって奥に見えるブーンと手前のシャレードを見比べますと如何にシャレード デ・トマソ ターボ

意識してブーンを仕立てたのかが良くわかりますね!

しかしシャレード デ・トマソ ターボを見るのは何年振りでしょう??いゃ何十年ぶりでしょうね(笑)

こういう懐かしい車や珍しい車を見れるのが東京オートサロンの楽しいところですね!

東京モーターショーとは一味違う東京オートサロン、まだ一度も行った事のない方は

来年、是非足を運んでみてください!  楽しいですよ~!!

 

 

 

ダイハツ エッセ2回目のコーティングメンテナンス!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ エッセのコーティングメンテナンスです!

こちらのエッセはボディコーティング施工1年半ほど経過致しましたお車です。

その間に1度メンテナンスにお越し頂いております!

毎日通勤で結構長い距離を走られるそうですので、頑張ってくれているエッセ君もボディが少しお疲れ気味です。

日頃の感謝を込めてメンテナンスでリフレッシュしていきましょう!!

 

そして今回も前回同様、各写真の中央のやや左斜め下辺りに黒くシミの様に影が写ってますがこれは

カメラ側の問題です(^_^;)

カメラのセンサー?レンズ?にホコリが付いているようです。 いゃ付いていたようです ← 過去形です。

お車がシルバーなんで余計に目立ってしまいますが気にしないでください(^▽^;)   暫く続きますけど(大汗)

 

では気を取り直して現状です!

まずはボンネットからどうぞ~。

1年半経過していますので・・・結構洗車キズが付いてますね(^^;

よく見ますとボンネット同様キズが付いてますがシルバーはシミやキズが目立たなくていいですね~(笑)

ボディ下部はわかりやすい汚れです(^^)

ホイールとタイヤも艶が無く疲れた感を助長させてます(笑)

 

全体的に艶もやや落ちてきている感じです。しかしコーティング施工から1年半&毎日の長距離通勤を

考えますと標準的な痛みの進行ではないかと思います。

 

今回はメンテナンスという事で基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいますが

コーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去し荒れたコーティング表面をケアし軽微なシミを落として

撥水性と艶を取り戻してあげます!

それとウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでウインドウコーティングの方もご紹介していきましょう!

まずは現状を確認です↓

何となく撥水が残っている感じです(^^;

そして弱まってしまった撥水コーティングを落として・・・

綺麗にリセット!

油膜や撥水コーティングが落ちましたガラス面に水を掛けますと・・・

水を弾かない親水状態になります↑

その後にウインド専用コーティング剤で撥水コーティングをして最後に水を掛けて撥水チェックをいたします。

コロコロに仕上がりました!

それとボディの方ですが鉄粉チェックをしたところ・・・

多めです(^▽^;)

リアも・・・

液剤で少し流れてしまいましたが多めでした。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを掛けて再チェックです↓

だいぶスッキリとしました!

リアも綺麗になりました。

それと鉄粉除去以外にも細部の洗浄などおこなっております。更にクリーナーなどを状態によって使い分けて

汚れを落としていきます。そして最後にメンテナンス剤を塗って仕上げてまいります!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズは残ってますが塗装面が綺麗になりました。

ルーフもスッキリ!

ボディ下部が一番違いがわかりやすいです(笑)

お疲れ気味でしたホイールとタイヤもビシッと引き締まりましたら・・・

ダイハツ エッセのボディコーティングメンテナンス完成です!

お疲れ気味でしたエッセ君でしたがメンテナンスでリフレッシュして元気な姿に復活しました!(^^)!

なんでしょうかね??メンテナンス前に比べますと若々しさが違うと言いますか??やる気が違うと言いますか??

健康的で体力余ってます!っ的な仕上がりになったと思います(笑)  今にも走り出しそうですね!

これで毎日の通勤も楽しくなること間違いなしですよ!      たぶん( ̄▽ ̄)

 

 

先ほどもお話いたしましたが当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや

線キズが残ってしまいます。余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、そろそろコーティングの

再施工をご検討の時期かと思います。

また、ポリッシングありのメンテナンスやボンネットやルーフだけなど気になる所だけのコーティングの

部分再施工(ポリッシングしてシミやキズの除去)なども承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コペン&テリオスキッドのメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペン&テリオスキッドのボディコーティングメンテナンスです!

何故2台同時にご紹介かと言いますと、それはナ・イ・ショ! ではなく同じオーナー様のお車で

同じ日にメンテナンスをしましたのでご紹介も同時にさせていただきました(^▽^;)

こちらの2台は今年の初め・・・確か今年の年明け1台目のコーティングがこちらのコペン&テリオスでしたので

約7ヶ月の経過でのメンテナンスのご依頼を頂きました。  ありがとうございます。

 

今回は2台同時なんで写真が多いので(笑) 早速ですがメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介して

参りましょう!

まずはコペンからです!!

ボンネットです↑もちろんbeforeです(笑)  う~ん、なかなかの汚れっぷりです(^^;)

そしてafterです↓

光沢復活!  深いシミは残ってしまいますがスッキリとしました。

ルーフも同じく・・・

見事な汚れっぷりです。艶はあるんですけど・・・ね(笑)

そしてafterです↓

こちらも綺麗になってます!

もちろんトランクも・・・・(^^;

こんな感じです。コペンは普段乗らずに置いておくことが多いのでどうしても汚れがちになってしまうそうです。

afterです↑  本来の深い色合いが出ました!(^^)!

タイヤとホイールは・・・

お綺麗です。

それを更に綺麗に・・・

しました。

そしてダイハツコペンのコーティングメンテナンス完成いたしました!

メンテナンス前の白っぽく汚れていたボディが再び深みある艶やかなダークレッドマイカに復活いたしました!!

いゃ~いい色ですね(^_^)/

先ほど少しお話いたしましたが普段コペンはあまり乗らないで置きっぱなしの事が多いそうです。屋根付きの

駐車場なんですが、どうしても横から雨が入ってきてしまうので汚れてしまうんだそうです。特に色がダーク系

ですので汚れが必要以上に目立ってしまいます(^^;) またキズも目立ちやすいです。シルバーやホワイトなど

明るい色のボディカラーは同じ様に汚れていてもここまでは目立ちません。

その証拠にテリオスキッドの方は・・・

お綺麗です(笑) 汚れが目立つ目立たない以前に同じようには汚れてませんでした(^^;)

こっちの方が洗っているのでしょうか??

こちらはafterです↓

ライトカラーのお車のメリットはシミやキズが目立たない事で、ライトカラーのデメリットは綺麗にしても

その違いがブログでは伝わりにくい事でしょうか(笑) とっ言いますよりメンテナンス前から本当に

お綺麗でした(^o^)丿

ルーフも・・・

これですから(笑) これbeforeですよ~。

そしてafterが・・・↓

ブログ泣かせです(*^_^*)

ボディサイドも・・・

申し分ございません。

afterです↑

もちろん実際に見て頂ければ艶感が向上していて施工前後の違いがわかって頂けると思います(^_-)-☆

タイヤとホイールは・・・

少し汚れていました。

afterです↑    これ位違いがわかりやすいとブログ的に安心です(^▽^;)

そしてダイハツ テリオスキッドのコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いかがでございましょうか。艶感の違いを感じて頂けますでしょうか??(^^;

テリオスキッドの方は艶も撥水も申し分なくお綺麗でございましたが綺麗なうちにメンテナンスにお越し

くださいました。お綺麗な状態のときにメンテナンスをしていきますと綺麗な状態が維持しやすくなり、

またその状態が長く続きますので、この感じでお手入れを続けて頂ければ幸いです(*^▽^*)

 

コーティングはメンテナンスが重要です。 メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーテイングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は

使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

お車の美観を維持する為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的に行いましょ~(^.^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ダイハツ・ムーブコンテのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブコンテのボディコーティングです!

こちらは25年式のムーブコンテになります。  とてもお綺麗に乗られています! ご購入されてから3年半ほど

経過していますが月日の経過を感じさせませんね!

でも近くでじっくりと観察すると色々と見えてきます(笑)

ではお車の現状をじっくりと確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

パールホワイトですので目立ちにくいんですが実は結構細かなキズが多いです。

ルーフです。こちらの方がキズが見やすいですね。ライトの回りに線状のキズが見えると思います。 これは主に

洗車時にスポンジやクロスなどで擦ったり拭き上げる時に付く拭きキズと言われるものです(^_^;)

ボディサイドも拭きキズが多いんですけど写真ですとわかりにくいですね(^^;)

それと・・・

モールの淵やエンブレムなどの回りには汚れが蓄積しています。特にパールホワイトなど明るいお車は

余計に目立ってしまいます。

ドアやリアハッチも開けてみると・・・

(゜o゜)  OH! NO~!!   長年の汚れが蓄積しております!

ホイールは・・・

キラッキラですが、よ~く見るとダストで汚れています。でもキラッキラです(笑)

 

全体的に見ますと水アカ汚れなどは少なくお綺麗にされているのが伝わって参りますが、よく観察いたしますと

シミは少な目ですが拭きキズは多く艶が低下している感じです。オーナー様も『最近艶が無くて・・・前はもっと

艶があったのに~』と、それと『前より車が黄ばんでいる気がする。特にボンネットとルーフはもっと白かった

気がします』とおっしゃっていられました。

そんな少しお疲れ気味なコンテ君を『あの頃』のようにシャキッと若返らせていきましょう!

はたして!どこまで若返るか!?(笑)

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。こちらが↓現状です

これ水が掛かっているんですけど・・・油膜の付着も少なくお綺麗ですね!

綺麗でもちゃんと下地を整えますよ~(^o^)丿

ウインドウが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に・・・

撥水チェックをしたらウインドウコーティング完成です!

 

続きましてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ボンネットは・・・

OH! NO~!!   鉄粉多めでした(^▽^;) ルーフもかなり多かったので最近黄ばんで見えると言うのは・・・

もしかしたら鉄粉のせいかもしれません(汗)

リアも多かったです。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。 今度は・・・

Oh~ Yeah~!!   いい感じデス!

リアも綺麗になりました。

鉄粉除去が済みましたら今度はマスキングへと作業は進み・・・

ポリッシングの準備が整いました。 今回は3工程の磨きで仕上げております!

そして今回使用致しました若返りの薬コーティング剤は低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです

艶と透明感を感じて頂けると思います(^_-)-☆

ルーフも拭きキズがだいぶ除去できました!

ボディサイドも綺麗ですよ!!

いくら塗装面が綺麗になってもモールの淵が汚れていると見栄えが悪くなってしまいます。 逆にここを綺麗にして

おくとお車がキリッと見えるから不思議です(笑)

リアゲートもキリッと!と言いますかスカッと!と言いますか・・・とにかく綺麗になりました。

リアハッチ部やドアのヒンジ部などは普段外からは見えませんが開けた時に綺麗ですとやっぱり気持ちがいいです!

ホイールは・・・

更にキラッキラです(笑)

この他にまだまだお綺麗でしたが綺麗なうちにヘッドライトをクリーニングをしてからヘッドライトの

コーティングをしました。早めの早めのケア&保護です!

そしてダイハツムーブコンテのボディコーティングメンテナンス完成致しました!

何年くらい若返ったでしょうか?! 3年くらいでしょうか??(*’▽’)

新車と言ってもおそらくは疑われないと思います(笑)

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でございました!  ありがとうございました。

こちらのコンテはオーナー様がコツコツとご自分で色々とカスタマイズされて楽しんでいられるようです!

見れば見るほどアチコチ弄ってあるオーナー様の拘りを感じるムーブコンテでございました(^_^)/

 

私、知らなかったですがコンテは今年の3月で販売が終了になっていたんですね(涙)昨年から既に生産は

終了していたそうです。 全然知りませんでした(T_T) デビューから9年ほどのロングライフモデルだった

ようですが今見てもスタイルは古臭さは無くて、まだまだイケてます! と言うことはカクカク・シカジカで

お馴染みのカクシカ君も登場してから9年経っているってことですよね?? 早いな~。いゃ~時間が過ぎるのが

早過ぎです。この早さで時間が経過したら私、アッと言う間に『いい歳』になってしまいます(怖)

私も『あの頃』のようにシャキッと若返りたいもんです(^▽^;)

はたして!どこまで若返るか!?(笑)  3年くらい??

3年半のお車が3年若返るのは凄い事ですが、40代後半の私が3年若返っても『あの頃』ではなく『つい最近』って

感じですね(^_^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジョーヌイエローのコペンローブ、メンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツコペンローブのコーティングメンテナンスです!

今回はジョーヌイエローのコペンローブです!

前々回のブログでご紹介致しましたコペンローブはクリアブルークリスタルメタリックと言うとても綺麗な

ブルーでしたがこちらのジョーヌイエローもまた綺麗な色ですね!

こちらのコペンは定期的にメンテナンスにお越し頂いておりまして今回は3回目のメンテナンスになります。

コーティング施工から1年半ほど経過しておりますがとってもお綺麗です。どれくらい綺麗かと言いますと、

ブログでご紹介できる所がないくらい綺麗です(笑)

オーナー様にも今回もブログでご紹介させていただきます!でも綺麗で紹介するところがありませんよ~(^_^;)

とお断りしておきました(笑)

と言うことで今回はサラ~っとビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

では早速サラ~っとどうぞ~!!

 

まずはボンネットからです。

↑ビフォーですが綺麗です。困ります(笑) もちろん綺麗でいいんです。いいんですけど綺麗だと紹介するところ

がなくて困ります(笑)

ちなみに前回のブログ同様・・・ライトの左横の黒くシミの様に見えているのは・・・カメラのせいです(汗)

今回もバッチリ写ってます。すいませんm(__)m

こちらが↑アフターです。 より綺麗になっているんですけど・・・写真ですと違いがわかりませんね(^^;

↓はトランクです。

↑こちらもビフォーですが綺麗ですね。

アフターです。  もうコメントが思い浮かばないです(笑)

ルーフです↑ よく見ますとシミやキズはございますが1年半という時間の経過を考えますとシミやキズは少なくて

とても状態はいいと思います。

アフターです↑ 綺麗になってるんですけどね~(笑) 写真だとね~(^^;)

ホイールも・・・

綺麗にされてますね。 近くで見ると・・・

よかった~。汚れてた~(^▽^;)

そしてアフターです↓

もしかしたら今回最大の見せ場かも(笑)  ここは一つ胸を張って・・・

綺麗になりましたよ~!!

 

そしてジョーヌイエローのコペンローブ、コーティングメンテナンス完了致しました(^_^)/

いかがでございましょうか。元々お綺麗なコペンでしたがメンテナンスをおこなうと艶とクリヤー感は

一枚上手です!より綺麗でツヤピカなボディに仕上がります(^_^)/

これも普段からお手入れされていて塗装面が綺麗な分メンテンスが更に冴えるというものです!!

オーナー様の愛情溢れるとてもお綺麗なジューヌイエローのコペンローブでした!

 

ところでジョーヌイエローのジョーヌが気になるんで調べてみました! そんなの調べなくても知ってるよ!

と言われるかもしれませんが(笑)

思った通りフランス語です。まぁそう思ったのは私だけではないでしょうが(^^;)  ジューヌはフランス語で

黄色なんだそうです。と言うことはジョーヌイエローとは黄色/黄色と言う事でしょうか??

黄色の更に上って事?? 黄色の中の黄色?? 真っ黄黄?? とにかくすごい黄色のようです(*’▽’)

確かにそう言われると黄色らしい黄色に見えてくるから不思議ですね(笑)

 

メンテナンスはお車の汚れ(痛みが)進んでいない状態で行っていくのがお薦めです!綺麗な状態のときに

メンテナンスをしていけば綺麗な状態が維持しやすくなり、またその状態が長く続きます!メンテナンスでは

コーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして軽微なシミを落とし

撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なって

きますが目安としては約6か月ごとがお薦めです(^_^)/

綺麗を長持ちされるためにも綺麗なうちにメンテナンスです!!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クリアブルーのコペンローブのメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンローブのボディコーティングメンテナンスです!

クリアブルークリスタルメタリックと言う、まさに名前のとおりクリアなブルーのクリスタルメタリックで

とても綺麗なカラーのコペンローブです!

こちらのコペンは約半年ほど前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

半年のタイミングでのメンテナンスのご依頼です。半年経過ですので、ご覧のとおりまだまだ艶も光沢感も

バッチリですね(*´▽`*)

では早速ご紹介していきましょう。今回のメンテナンスもbefore&afterでご紹介です!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 若干汚れが見えますが綺麗ですね~! シミもキズも少ないです。

アフターです↑ 元々がお綺麗だったんでアレですけど(笑)・・・見比べて頂ければ違いがわかって頂けると

思います!

ルーフは黒いんで汚れがよ~く見えます。

↑アフターです。黒いと違いがわかりやすくて嬉しいデス(*^^*)

こちらはトランクです。こちらも薄っすら汚れが付いてます。

そしてアフターです。 サッパリとしました。

サイドもお綺麗です。 あんまり綺麗だとアフターとの違いがわかりずらくて困っちゃいます(^^;)

アフター↑ 困っちゃいます(笑) 見せ場ないっす(^▽^;)

タイヤとホイールも・・・

綺麗ですね~。 近くで見ると・・・

それなりに汚れてはいますが、それより気になるのがバルブキャップですね(笑)  手榴弾型です(;’∀’)

バルブキャップ交換されている方は多いですけど手榴弾は初めて見ました。今はいろんなのがあるんですね!

アフターです↑ 艶が違います!!

そしてクリアブルークリスタルメタリックのコペン ローグコーティングメンテナンス完成いたしました!

いい感じです!元々お綺麗なコペンでしたがメンテナンスをおこなうと艶とクリヤー感がやっぱり違います。

より綺麗でツヤピカなボディに仕上がります(^_^)/

 

コーティングはメンテナンスが重要です。メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は使用状況や

保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

コーティングは決して安いものではありません。ですのでコーティングを長持ちさせて、お車の美観を維持する

為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的におこないましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ブラックマイカメタリックのタントのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

最近ダークカラーのお車のボディーコーティングの施工(メンテナンスは除く)が多い気がしますが、

ここからまた黒い車シリーズの4部作が始まります(笑)

第1弾の今回はダイハツ・タントのボディーコーティングです!

黒です(^^;

ブラックマイカメタリックというブラックにマイカとメタリックが入った黒です(笑)

こちらは納車ホヤホヤの新車です。良~く見てください。ホヤホヤなんで湯気が出てます・・・出てません。

すいませんm(__)m

湯気は出てませんが艶は出ています!ピカピカですね!

しかし新車でもよ~く観察していくと何かしら出てくるものです。湯気は出ませんが・・・。

ではタントの現状を確認していきましょう! GO!

まずはボンネットです!

いつもダイハツ車を作業すると思うんですけど・・・塗装が綺麗なんです(^^)/

↑線状に見えるのはキズ・・・ではなくて保護シートの糊跡です。結構あちこちに沢山付いてました(^^;)

ルーフです。雨に降られた様ですね。  でもボンネットは綺麗だったのに・・・何故ルーフだけ??

フロントのフェンダーは擦れたキズがありました。 しかも写真ですとわかりませんがモヤモヤ~と磨きキズが

入っていたのでポリッシャーで磨いてキズを消そうとしたのでしょうね。  消えてませんが(^_^;)

ドアも磨いたようです。モヤモヤっと磨きキズが確認できました。

ホイールは既に社外品に交換済みです!

そして既に汚れてます。 ホイールに限らずお車は走れば汚れてしまうのはしょうがないですね。汚れてしまうのは

しょうがないので問題はそのお手入れです。汚れのこびり付きを低減して洗車を楽に!そして洗えば綺麗に!

それがコーティングです。と言うことで今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております!

先ほども少しお話いたしましたがダイハツ車は塗装が綺麗なんです。ルーフの汚れや磨きキズなどは後から付いた

ものです。これを綺麗にリセットしていきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・先に言っておきましょう・・・わからないです(^_^;)  どうぞ~

黒いボディに紫色に反応しても、よくわかりません。写真ですと尚更です(汗)

リアも・・・(汗)

写真ですとわかりませんが(大汗)鉄粉の付着は少なかったですよ!ですので今回は軽めの鉄粉除去を行いました。

そんな感じで(どんな感じ??)鉄粉除去も無事に済みましたのでマスキングに作業は進みます。

そして今回使用しましたコーティング剤ですが「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

PCX-S7です!

PCX-S7は低撥水タイプのコーティング剤です!  PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが更にスッキリと!

ルーフも綺麗ですよ~!

フェンダーのキズも綺麗に除去できてます(*^^)v

モヤモヤ~としていた磨き跡も無くなりスッキリとしました。

ホイールコーティングするとブレーキダストのこびり付きが低減してお掃除も楽になります!

新車時のコーティングがおすすめです(^.^)/

そしてブラックマイカメタリックのタントのボディーコーティング完了です!

いかがでございましょうか?良~く見てください。コーティングしたてなんで湯気が出てま・・・出てません。

すいませんm(__)m

元々お綺麗でございましたが更に黒々と艶のあるボディに仕上がったと思います!

施工前のお写真と見比べて下さいね(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でございました! ありがとうございます。

 

毎回お話し致しますが黒いお車はお手入れが大変です。でも艶のある黒いお車はボディが

引き締まって見え、それでいて迫力もあり更にフォーマルでもあります!

それがやはり黒ならではの魅力であり人々を魅了する魔力なんでしょうね(´▽`*)

 

でもだからって4台続かなくても(笑)・・・と言う事で次回は黒い車シリーズの第2弾です!

では次回黒い車でお会いしましょう。お楽しみに!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。