ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのDCダークグリーンマイカのダイハツ コペンは2年前に当店でボディコーティングを

施工させていただきましたお車です。

実は今回で3度目のボディコーティングのご依頼になります! いつもありがとうございますm(__)m

今回はヘッドライトの曇りが進んできたとの事でヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

では早速コペンの現状を見てまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチが多くなってきました(^▽^;) 塗装もクスミ気味ですね。

ルーフも・・・

同じような感じです。屋外駐車のダークカラーですので、どうしても痛みが進んでしまいます(^^;

トランクは・・・

やはりスクラッチが目立ちます。シミも結構ありますね(汗)

ボディサイドも・・・

所々にシミが付いています。

それとヘッドライトです。

真っ白ではないですけど白いです(^^;

反対側は・・・

こちら側の方が痛みが進んでいるようです。

中が見えません(^▽^;)

樹脂製のヘッドライトはボディの塗装同様に時間が経過すればするだけ傷んできます。

 

2年経過相応のスクラッチやシミなどございますが今回のコペンは軽い磨きでのご依頼となります。

と言いますのも2年毎にコーティングの再施工をご希望をされている事もあって、その都度強い磨きを

していたら塗装がどんどん薄くなってしまいます(^^;

まだまだ長~く大切にコペンにお乗りになられるそうですのでオリジナル塗装の膜厚維持の為に

塗装を多く研磨しない軽い磨きがご希望との事でした。

まさにその通りです。磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが塗装も減ってしまいます(^^

今回も如何に少ない研磨量で綺麗にしていくか? っと考えて作業するのが、この仕事の楽しい所でも

あるんです(笑)  さて今回はどうしようかしら?? 楽しみながら作業を進めてまいりましょう(笑)

作業開始~!!

 

まずは洗車です。 その後に鉄粉などの付着物を除去していきます。

↓の黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

2年ぶりですので、それなりに付いていますけど2年ぶりと考えますと多くはないと思います。

リアも・・・

それなりの量は付いていますが特に多くはないと思います。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉が多く付いていると水が綺麗に流れないなど撥水の妨げにもなるんです。

鉄粉処理は意外と重要なんです(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランは”塗装の研磨量を抑えたい”方や”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”

また状態にもよりますが新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、等におすすめのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。 今回使用いたしましたのはこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それとヘッドライトを磨く時はこんな感じです↓

カワイイ(笑)

ちなみにボンネットに見える白い筋状の物はボディ研磨時に出たコンパウンドの粉です。

1台磨くと店内も粉だらけになります(笑)

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

今回は軽めの磨きでしたので深めのシミやスクラッチが残っています。

しかし塗装面のクスミと浅めのスクラッチを除去しただけでも色と艶そしてクリヤー感が

全然違います(^_^)/

ルーフも・・・

もっと磨き込めば↑の線キズも除去できると思いますが磨きません!(笑)

トランクも・・・

軽い磨きですがだいぶサッパリとしました。もちろん良く見ればスクラッチやシミが残って

いますけど十分にお綺麗です!

ボディサイドも・・・

シミが消えて綺麗になりましたね!

そしてヘッドライトも・・・

クリヤーになりました(^_^)/

反対側も・・・

中が良く見えます(笑)

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツ コペン、ボディコーティングが完成いたしました!

少しクスんでいましたボディもまた艶々になりましたよ~ヽ(^o^)丿

そして今回もヘッドライトクリーニングの効果が出ていると思います!

ヘッドライトが綺麗になるだけでも、お車の印象が大きく異なります。ヘッドライトが白濁していたり

黄ばんでいると車が古く見えてしまいます。

そしてボディです!施工前はボディに光を当てるとキズがギラギラと乱反射して見えていましたが

施工後はスクラッチが減ったことでギラついた感じが無くなりスッキリと艶々にしました。

まだまだ人気物L880型ダイハツ コペンのボディ&ヘッドライトのリフレッシュでした!!

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダCX-8のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-8はボディコーティング施工から

ちょうど1年が経過して今回メンテナンスのご依頼をいただきました。

毎回毎回言い訳のように言ってますが(^▽^;)当店にメンテナンスでお越しくださるお車は

本当に綺麗にされているお車が多いんです! 皆さまとてもお手入れがよくホントにお綺麗でブログ的に

ビフォー&アフターが伝わらないんで毎度言い訳のようなブログになってしまいます(^^;

そして今回のCX-8も・・・お綺麗です(*”▽”)

という事でまたまた言い訳じみたブログになってしまいそうな予感がプンプン致しますが

頑張ってまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少しクスミを感じますが屋外屋根なし駐車でこの状態は全然悪くないです。

と言うより全然お綺麗です!

アフターです↓

クスミもなくなってスッキリとクリヤーになりました!

それと少し前のブログでもお話いたしましたが、このクスミって言うのはシャンプーでは

落ちない汚れなんです。わかりやすく言うと汚れの膜と思ってください。

これはシャンプー洗車では落ちない頑固な汚れで特殊ケミカル等で落とします。

その頑固な汚れ(汚れの膜)が撥水力を落とします。

↓はシャンプー後に撮影した状態です。

撥水が乱れています。

そして↓はシャンプー後に特殊なケミカルで洗った後です。

コーティング表面の汚れを落とすだけでも、これ位撥水力が戻ります。

最終的にメンテナンス剤で仕上げますので↑より撥水力はもっと上がります!

もちろん撥水被膜が完全に傷んでいたら特殊なケミカルで洗っても撥水が戻ることはありません。

でもご安心ください。撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

コーティングの被膜はまだ残っています(^_^)/  撥水維持のためにも定期的なメンテナンスが大切です。

話が逸れましたがルーフも・・・

よくよく見れば確かにシミやスクラッチは確認できます。

アフターです↓

メンテナンスでは塗装を侵食しているような深いシミは取れませんがコーティング表面に

付いているようなシミはだいぶ落とすことができます。

また軽いクスミも落ちますのでメンテナンス後はスッキリ感が違います(^_^)/

リアは・・・

これまたとてもお綺麗です。それと保護シート(エッジガード)の除去のご依頼ですので・・・

保護シートの粘着が残らないように綺麗に取り除きました。

給油口の所も・・・

綺麗になりました(^^)

ボディサイドは・・・

こちらも軽い汚れは付いていました。

アフターです↓

ボディサイドもいい状態です!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

1年でこれ位でしたら少ない方かと思います。

車は基本屋外で使うものですのでイヤでも自然に鉄粉が増えてきます(^^; 勝手に増える事があっても勝手に

減っていく事はないのでやはり定期的に処置したほうがいいと思います。 鉄粉も撥水の妨げにもなりますし。

リアも・・・

まぁこれ位は普通です(^^;

鉄粉を処置しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

メンテナンス時の鉄粉処理はあまり無理ができないんですけど、でも鉄粉処理をするのと

しないのとでは大違いです!

リアも・・・

だいぶサッパリとしましたね!

最後はホイール。

ビフォーです↑ 十分お綺麗ですね(^^)

アフターです↓

元がお綺麗ですのであまり違いがわかりませんね(^▽^;)

そしてマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

クスミが取れてスッキリと仕上がりました!

艶も上がっております(^_^)/

オーナー様のお手入れも良く、とても大事に乗られていますので、いい状態をキープしておりました!

このままお手入れされていけば長く綺麗な状態でお乗りいただけると思いますので頑張って下さい!

そしてたまにお手伝いさせてください(笑) またのお越しお待ちしております(^_^)/~

 

それと今年も1月10~12日に幕張メッセで行われました「東京オートサロン2020」の展示車施工に

行ってまいりました!  今年もダイハツ工業様の展示車を担当させていただきました。

その時の様子をちょっとだけと言いたいのですが・・・大人の事情で施工中の写真はUPできません(^_^;)

今の時代コンプライアンスが大切ですので!

という事でダイハツ工業様のお写真を拝借しましてご紹介です(笑)

今回担当いたしましたのは・・・

雑誌「ピークス」とコラボした遊べるオーバーランダー【ハイゼット トラック PEAKS Ver.】

ボディ側面でボルダリングができます!? 室内の写真がないんですけどボルダリング用品で

満たされていてアウトドア感満載です、室内もかなりカッコよかったです!

結構欲しいです(笑)

次は・・・

初音ミクとコラボのカフェスタンド仕様のマルシェトラック【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer.】

カワイイです(#^.^#)  昨年はピンクのマルシェトラックでしたが今年は水色でした。

会期中は実際にこのマルシェトラックでダイハツグッズの物販もしていたようです。

続いては・・・

精悍なブラックフェイスで圧倒的な存在感を放つ至高のカスタム【タント カスタム Premium Ver.】

人気のタントカスタムのカスタマイズVer.です。近未来的なフロントフェイスで迫力も満点です。

ブルーのライティングが綺麗です! 結構現実的なカスタマイズですので市販も可能な気もします。

ダイハツ様お願いします!

そして私的に一番インパクトがあった・・・

音楽と共に街を彩るサイバートラック【ハイゼット トラック DJ Ver.】です!

荷台部分がDJブースになるようです!

写真も凄いですが実際に見てもらうとラメがキラキラで凄いです(*”▽”)

ホントにキラッキラでのギランギランです。それと室内にもマイクが装着されていました(笑)走るカラオケBOXです。

そしてダイハツのブースでは近藤真彦さんの『ギンギラギンにさり気なく』が大音量で流れていました。

その時は、なんでマッチやねん!?と思っていたんですが後々考えるとこのハイゼット トラック DJ Ver.の

ギランギランと、マッチのギンギラギンにさり気なく』を掛けていたのでしょうか??

今更そんな気がしてきました(笑)

残念ながら幕張で行われた「東京オートサロン2020」は既に終了してしまいました。でもまだ見るチャンスは

ございます!2月14より開催される『大阪オートメッセ2020』にも展示されるそうですので

まだ見ていない方は大阪オートメッセ2020で是非ご覧ください!

ギンギラギンですよ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

こちらのダイハツ キャストは納車間もない新車のお車になります!

ご存知の方も多いと思いますがダイハツ キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」

3つのタイプがあって、今回お越しくださったのは「スタイル」になります。

見ての通り「スタイル」はシックで落ち着いた大人な雰囲気になります!

そんな大人な雰囲気のキャスト スタイルの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

少しだけ汚れ気味ですけど、それを差し引いても若干曇り気味です。

ルーフも・・・

ボンネット程は曇りは気になりません。

ボディサイドは・・・

こちらの若干曇っていて映り込んでいるライトの輪郭がぼやけていますね。

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;)

ホイールは・・・

納車間もないとは言え、どうしても走れば汚れてしまうものですね(^_^;)

 

ご覧頂きました様に基本的にはお綺麗なんですけど、なんでしょう?なんと言いますか・・・

スッキリとしていないんです。 スカッ!っとしていないと言ったらわかりやすいかも??です。

オブラートに包まれているかのように透明感が足りません。

ちなみに・・・子供の時は薬を飲むのにはオブラートが無いと苦くてたまりませんでしたが

今ではオブラートなしでも苦い薬も飲めるようになりました(^_^)/  大人になったなぁ~俺。

ほんとアレがあって良かった~(笑) それとオブラートだけを一枚舌の上に乗せるとオブラートが

解けていくじゃないですか? あれって楽しくなかったですか??

好きだったなぁ~アレ。  ← どうでもいい話でした(笑)

話がそれましたが、車って新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり

加修(塗装の手直し)の後が残っていたり保護シートの糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をもっとスッキリとした気持ちいい状態に仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉の除去を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

意外と付いていますね(^_^;)  まぁでも新車でもこれ位付いてるのは珍しい事でもないんです。

リアは・・・

クリーナーで流れちゃっているので(汗)少しわかりにくいんですけど、よく見ると黒っぽく斑模様の

ように見えると思います。 結構付いていました(^_^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりましたね!

リアも・・・

綺麗になりました(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングが済みましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリしました!!

ルーフも・・・

クリヤーですね。

ボディサイドだって・・・

曇りが無くなってライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(^_^)/

リアも・・・

施工前の写真と見比べて頂くとスッキリ感の違いがよく分かると思います。

ホイールも・・・

艶出しをして仕上げております。

そしてダイハツ キャスト スタイルの新車コーティングが完成いたしました!

新車以上に綺麗に!そして輝いておりますヽ(^o^)丿

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取りってからコーティングしますと艶と透明感か向上致します!

更に今回使用致しました「EXE-evo1」がいい艶を出します(^_-)-☆

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試していますがやはりシミが付きにくい

印象です。 水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、曇り(白ボケ)が酷い等、何かしらの不具合が

ある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースはボディコーティング施工から間もなく1年半ほど経過致しますお車になります。

今年の春に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2度目のメンテナンスのご依頼です。

少しだけ汚れてはいますけど、まだまだ艶も感じられます。

しかし各部をじっくりと見ていけば、やはり1年半ほどの痛みも見えてきます(^^;)

ではミライースのメンテナンスのご様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回メンテナンス時にボンネットは軽く磨いて再コーティングしていますのでシミや

スクラッチは少ないですね(^_^)/

アフターです↓

それでもメンテナンス後は更にスッキリとしたと思います。

ルーフは・・・

シミが増えてきました(^_^;) 同じ水平面でもボンネットは一度軽く磨いていますので

シミ等少なかったんですけど、ルーフは純粋に1年半ほど経過した痛み具合になります。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは磨きをしませんので、深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

それでも↑くらいまで綺麗になりました! もしシミが気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスの

ご用意もございますのでお気軽にご相談ください。

ルーフと言えば、ご紹介する程の事ではないんですけど・・・

松の葉が刺さっていました(^o^)

抜いておきました(笑)  安心してください。穴は空いていませんから!

リアは・・・

エンブレムから黒い雨筋がダァ~と付いていますが・・・

コーティングがまだまだ効いていますので、水アカがこびり付いているような事はなかったです(*^_^*)

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスからまだ半年くらいですけど、少しだけ多めな印象です。

鉄粉の付着量は周りの環境によって大きく左右されます。ですので気を付けたくても

どうしようも無い事が多いのが実情です。 出来る事と言えばやはり定期的に鉄粉処置を

行っていくしかないかと思います。

そしてその鉄粉を処理しましたミライースのアフターの写真が・・・

なんという事でしょう。写真撮るの忘れてしまったようです(汗) いくらメモリーカードの中を確認しても

アフターの写真が出てきませんでした。  すいませんm(__)m

 

気を取り直して・・・ボディサイドです↓

泥ハネ等の汚れが付着しています。 この辺りに付く汚れはピッチやタールなど“硬い”付着物が

多いので優しく洗わないとキズが入りやすいので洗車時に注意が必要です。

アフターです↓

汚れもサッパリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

しっかりと洗って最後に艶出しをして仕上げています(^_^)/

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングの

様子もご紹介していきます。

↓は現状です。

こちらもウインドウコーティング施工から1年半ほど経過いたしまして、だいぶ撥水が乱れてしまいました。

リアも・・・

撥水が落ちてしまっていました。

この弱った撥水コーティングを除去してガラス表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨の多い季節だけではなく、これからの冬のシーズンにも有効なアイテムに

なります(^_^)/

そしてダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時もまだまだ艶が感じられましたがメンテナンス後は白さと艶がやはり違います。

キッチリとメンテナンスしますと艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーでも

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様もお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

コーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

そんな撥水が弱まった時、そんな時に活躍するのが・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車におススメです!

こちらは¥1,980(税込)になります。

R-511 ウォーターアドヴァンスは簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

 

以上宣伝でした~。( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

ダイハツ キャンバスにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングです。

ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバスです。

ホワイトのアクセントを効かせた “ホワイトアクセント リミテッド “ですね!

インテリアはアクセントカラーにブラウンが使われていて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

見ても、乗っても癒される可愛いキャンバスです(*^^*)

こちらのキャンバスは納車間もない新車になります。そんな新車キャンバスの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日なんですけど、その間に雨にも降られていますので少し汚れ気味でした。

しかし塗装自体はお綺麗です。

ダイハツの塗装は曇り(白ボケも)も少なくて全般的に綺麗です。

ルーフも・・・

少し汚れていました。

ボディサイドは・・・

少し白くボケている感じもします(^^;

リアも・・・

若干ですが白くボケているかな~。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話しいたしましたがダイハツは比較的、塗装が綺麗で曇り(白ボケ)も少ないと思います。

今回のキャンバスもボンネットやルーフに比べるとボディサイドは少しだけ白っぽくボケていました。

このボケですが、これがまた写真ですと上手く写らないんです(^^;)

白ボケと言うくらいですので白っぽく霞んでいてクリヤーじゃないんです。景色の映り込みなども

ピントの合っていない写真のようにシャキッとしないんです。

こちらのキャンバスはそこまで酷くはございませんが、世の中にはそのような新車もいっぱいございます(涙)

新車を新車以上にサッパリと綺麗にするにはやはり下地が大切です!

という事で下地をサッパリとしてコーティングしていきましょう。 作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

これは水が掛かっている状態です。水を弾く事もなく、とてもお綺麗です。

水を掛けて見て弾くようでしたら、何かしらの油分等の付着物があるという事ですので

そのままコーティングしてしまうと汚れをコーティングで閉じ込めてしまう事になります。

ですのでご自分でウインドウコーティングされる方は必ず油膜等を落としてからコーティングしてください。

もちろん当店にご依頼を頂ければ・・・

油膜が付いていようが、いまいがガラス面を綺麗にしていきます(笑)

綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車ですが結構付いていますね(^^;)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと・・・

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

白ボケも取れてスッキリとクリヤーになりましたよ~!

ライトの映り込みもキリッとシャープになりました。これ実車で見比べて頂くと

もっと施工前後の違いが分かるんですけど・・・(^^;)

リアの写真の方が違いがわかるかな??

どうですか??施工前の写真と見比べてくださいね。 スッキリとしているでしょう??

ホイールは違いがわかりやすいです↓

綺麗です(笑)

そしてナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバス、新車コーティングが完成です!

スッキリと艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

白ボケも無くなってキリッとシャープに景色が映り込むようになりました。

オーナー様も『うわっ!綺麗!!』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

そう!そうなんです!新車もちゃんと磨いてコーティングすると新車よりも更に綺麗になるんです(*^。^*)

皆様も是非お試しください!!

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も

実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーや

GSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コペン&テリオスキッドのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンとテリオスキッドのメンテナンスです。

度々当ブログにご登場いただいております今回のコペン&テリオスキッドです!

そしてこれまた度々2台同時にご紹介させて頂いております、こちらの2台ですが今回も同時です(笑)

ブログのご紹介が溜まっているからあくまでも同じオーナー様のお車で2台続けて作業させて

いただきましたので同時と言う事でご理解とご協力のほど宜しくお願い致します(^▽^;)

という事でまずはコペンからご紹介していきましょう!

 

こちらのコペンは今年の1月にコーティングを施工致しましたお車になります。

↓はボンネットです。

少し汚れ気味です(^^;)

アフターです↓

メンテナンス前は汚れていましたので塗装面の状態まではわかりませんでしたが、一通りメンテナンスを

進めていきますとシミやスクラッチ等がとても少なくて良好な状態でした!(^^)!

ルーフも・・・

汚れてはいましたが・・・

スッキリと綺麗になりました!

普段は屋根のある駐車場に止めてあるそうで、シミも少ないんですね!

トランクも・・・

汚れていますがメンテナンス後は・・・

艶々で気持ちいいですね~(*´▽`*)

但し!こちらのコペンは普段駐車場に置きっぱなしと言う事で・・・

あちこちにクモの巣だらけです(;^ω^)

この時期はクモの活動も活発ですから尚更です。こちらのコペンに限らずご入庫される車の

多くは高確率でクモが付いてきます(^▽^;)  クモが付いていない車なんて無いんじゃないかと思う

くらいクモがもれなく付いてきます(笑)

中には室内にクモの巣を張っている車もございます(^^;)

多い時期ではありますが・・・

今回のコペンは多かったです(^^;)

この写真以外の場所にも沢山クモの巣が付いていました。

犯人は・・・

おまえか!! と思いましたが彼は既にもぬけの殻でした(笑)

クモの巣が無いとやっぱり綺麗感が全然違いますね(笑)メンテナンスのご紹介と言うよりは

クモの巣のご紹介のような感じになってしまいましたがコペンのメンテナンスが

完成いたしました!

色に深みが出て艶々に復活いたしました!

こちらのコペンをメンテナンスに出している間にオーナー様はコペンの駐車場の

クモの巣の掃除をしていたそうです(*^^*)

毎日乗っているとあまりクモの巣を張られる事も少ないんですけど、止めている時間が長い車は

どうしてもクモが寄ってきやすいので注意が必要です。注意してても張られちゃいますが(^^;)

 

そしてコペンと入れ替えで今度はテリオスキッドのご入庫です。

こちらはコーティング施工から約2年半ほど経過しています。2年半前にコペンと同時に

コーティング施工をしたのですがコペンは今年の1月にコーティングを再施工したのですが

テリオスキッドの方はまだまだお綺麗でしたのでメンテナンスで過ごしました。

それからまた半年経過致しましたがボディカラー的にもシミやスクラッチが目立たない、そして何より

まだまだコーティングが効いていますので今回もメンテナンスでいきます(^_^)/

ちなみにこちらのテリオスキッドは普段から通勤に使用されているそうでクモの巣は・・・

ここに1本あるくらいでした(笑)  よかったよかった!

 

ではボンネットから見ていきましょう!

シミやスクラッチが目立ちません(^^) 付いているには付いています少なめでもありました!

アフターです↓

写真だと違いがわかりませんね(汗)  少しライトがモヤッと曇って見えますが

これはうまく言えないんですけど塗装の曇りじゃないんですけど曇りなんです??

曇っているんですけど、いくら磨いても磨いてもこの曇りが取れないんです。

おそらく塗装そのものの特性なんだと思いますが、稀にそんな塗装がございます。

ルーフも・・・

よ~く見ればスクラッチが見えると思いますが目立ちません(*^^*) 維持管理がとても楽なカラーです!

アフターです↓

2年半以上経過していますが、まだ撥水も残っていて再施工はまだ勿体ないと思います。

細部の汚れも・・・

酷くはないです。

アフターです↓

よりスッキリです!!

ボディサイドは・・・

特に下の方は路面の汚れを跳ね上げるので汚れが進みます。

でも定期的にメンテナンスをしていけば・・・

汚れ落としも楽ですしコーティングの耐久性も上がります。

ホイールは・・・

汚れていましたが・・・

キッチリと洗えば艶々です!

そしてダイハツ テリオスキッドの定期メンテナンス完成いたしました!

テリオスキッドも艶々に仕上がりました!

コーティング施工から2年半以上経過している様には見えないと思います。(実車で見てね~)

オーナー様もこの色って汚れが目立たなくていいんだよね~!とテリオスキッドもお気に入りのご様子でした!

オープンカーのコペンと4WDのテリオスキッドはある意味最高の組み合せだと思います。

気分によって使い分けれるなんてとっても羨ましいです(´▽`)

何時までも大切にお乗りください!!

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ダイハツ キャンバスのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャンバスのボディコーティングです。

パールホワイト×ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ キャンバスです!

キャンバスは当店初入庫になります。このホワイト×ベージュのツートンが上品でいいですね~。

いゃ~キャンバス可愛いなぁ~(*´▽`*)

キャンバスは正式名称はムーブ キャンバスなんですね。いままであまり意識した事も無く”キャンバス”かと

思っていましたが車に付いているエンブレムに凄く小っちゃくMOVEって入っていました(笑)

確かにCMでもムーブ キャンバスって言ってますね(^^;)

話がそれましたが、そんなカワイイこちらのキャンバスの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと見えにくいかもしれませんが洗車キズと思われるスクラッチが意外と多かったです。

それと保護シートの糊残りだと思うんですけど・・・

左上から右下に黒い筋のように何本も付いているんですが・・・これは保護シートを剥がした時の糊に

汚れが付いて黒っぽく見えてくるんです。 キッチリと糊を除去しないとこうなります(^^;)

意外としつこくてシャンプー洗車程度では落ちないです(汗)

ルーフは・・・

ボンネット程は洗車キズが付いていませんでした。

ボディサイドは・・・

少し汚れているという事もあるんですが若干曇り気味ですね(^_^;)

リアは・・・

こちらも若干曇り気味ではありますがスクラッチも少なくてお綺麗です。

ホイールは・・・

少し汚れていました(^^;)

 

他のパネルと比べるとボンネットがやや洗車キズが多いです。詳しい事はお聞きしていないんですけど

元々は展示車だった?または新古車だった??そうです。

それを聞いてボンネットのキズの多さも納得です(^^;) 展示車などは頻繁に濡れたクロスや

乾いたクロスなどで拭かれますので洗車キズが多めの傾向です。

ボンネットはパールホワイトなので洗車キズが目立ちませんが洗車キズが多ければ多い程

例え目立たなくても確実に艶が引けてくるもの事実です(;^ω^)

今回のキャンバスは幸いそこまでキズが多い訳ではございませんが展示車や新古車の

ご購入をお考えでしたらご注意ください。

またまた話がそれてしまいましたが(汗)キャンバスの作業を進めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

結構多いです(^^;)

リアも・・・

結構付いていました。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ除去できましたね!

リアも・・・

綺麗になりました!!

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はベーシックプランでの磨きになります。ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを

軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。

状態にもよりますが新車購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車や、塗装の傷や痛みがひどくないお車に

おススメのプランです。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、

PCX-S8でコーティングです!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズも無くなってサッパリとしました!

保護シートの糊残りもサッパリとしましたよ(^_-)-☆

ルーフも・・・

気持ちいいですね~(^_^)

ボディサイドだって・・・

クッキリとクリヤーです!!

リアも・・・

曇りが取れて映り込みがよりシャープになりました。

ホイールも艶々です(*´▽`*)

そしてダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(*´▽`*)

お車全体がパッと明るくなった印象です!!  可愛いキャンバスに更に磨きが掛かった感じですね!

実際磨きましたが(笑)  こちらのキャンバスはご購入から半年程の比較的新しい車両でしたが

それでも磨くとよりスッキリとしたクリヤー肌になり艶も光沢も向上致します。

皆様も是非一度ボディコーティングをお試しください!

 

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

洗車シャンプーを使いそのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジもクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは定期的に交換してください。

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

約1年程経過しメンテナンスのご依頼を頂きました。

今回は板金修理をした所もあるので、そこは再施工のご依頼です。

では早速ミライースのメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

コーティングからまだ1年程ですが、何故かボンネットだけクスんでいます。

アフターです↓

スッキリとしました! 今回フロント左フェンダーを板金されたそうですがよくよく見ると

ボンネットにも“ぼかし”が入っていたのでボンネットも軽く磨いて再コーティングしました。

ルーフは・・・

お綺麗です。シミやスクラッチはありますがルーフとボンネットのクスミ具合が

全然違うのがわかって頂けると思います。

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミなど残っていますがよりスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

雨筋ダラ~~~です(笑) ボディサイドも雨筋ダラ~~~でした(^^;)

アフターです↓

コーティングが効いていますので雨筋ダラ~~のこびり付きはありませんでした。通常の洗車でも

簡単に落ちますよ(*^_^*)

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

ポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とても少ないです! でもルーフやリア回りはボンネットに比べると明らかに少し多めに付いていたので

やはり板金時にボンネットも手が入っているのでしょうね!

アフターです↓

ボンネット以外もスッキリとしておきました(笑)

そして板金したフェンダーですが・・・

もの凄く曇っています(^^;) 久々にちょっとビックリしたのは内緒です(笑)

パールホワイトなので写真だと尚更分かりにくいんですけど磨きキズもしっかりと、

そして沢山入っていました(^▽^;)

マスキングをして磨いていきました。 ちなみにドアにも“ぼかし”が入っていたのでドアも磨いて

再コーティングしています。

アフターです↓

曇りが無くなって透明感が出ました。 いゃ、出しました(笑)

艶も全然違いますよ~!

ホイールも・・・

やや汚れ気味ですね。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

ダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンス&部分再施工の完成です!

綺麗なパールホワイトに復活しました(^_-)-☆

お車がパッと明るくなったと思います!!

板金修理などで再塗装をすると今回のように曇っている事が非常に多いです。また磨きキズや光が当ると

オーロラのようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できる事もとても多いです。

これは再塗装後の磨きがしっかりと出来ていない証拠です。適正な機械やコンパウンドなどの

マッチングや照明、そして作業者のスキルなど要因は様々です。

今回のミライースは曇りやキズが目立ちにくいパールホワイトでしたので、パッと見では目立ちませんが

これがブラックやダークブルーなどダークカラーだともの凄く違和感を感じると思います。

再塗装なんでしょうがないと・・・と諦めないでください。しっかりと磨けばギラギラしたオーロラマークも

透明感の無い塗装面も綺麗になります(^_^)/

再塗装だからしょうがない”と諦めないで、まずは当店にご相談ください。

 

記念すべき平成最後のご紹介はダイハツ ミライースでした!

そして明日からはいよいよ令和です。次回令和の時代でお会いしましょう!

残り数時間ですが、よい平成を!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

テリオスキッドの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ テリオスキッドの定期メンテナンスです!

こちらのテリオスキッドは前回ご紹介致しましたダイハツ コペンのオーナー様の

お車で2年前にコペンと同時期にコーティングを施工致しました。

テリオスキッドの方は色的な事もあってシミやスクラッチが目立ちませんので今回はメンテナンスの

ご依頼を頂きました。

昨年の3月にメンテナンスをしていて今回は3回目のメンテナンスになります。

ではコーティング施工から2年経過致しましたテリオスキッドのメンテナンスを

今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ よく見ますとシミやスクラッチが付いているんですけど

全然目立ちません(笑)

アフターです↓

さすがに2年経過していますのでコーティング施工直後に比べますとライトの映り込み具合が

ボヤッとしていますが実際に見て頂くと↑の写真程ボヤけてはいないんです(^_^)

写真って難しいです(笑)

ルーフも・・・

スクラッチやシミは付いていますけどあまり目立ちません(^_^) いい色です(笑)

アフターです↓

だいぶスッキリとしました。スクラッチやシミなどございますが、まだまだ艶もあって

撥水も残っておりました。

リアガラスの溝なども・・・

汚れが溜まりやすい場所です。

アフターです↓

リアガラス以外の”隙間”もクリーニングしています(^_^)/

例えばこんな所も↓

ビフォーです↑ アフターです↓

細かな汚れを落とすと全体の仕上がり感は大きく違ってきますよ!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

紫色にポツポツやらタラ~と垂れて見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

やや多めです。コペンの方は少なかったんですけど・・・

テリオスの方は通勤などで使われているとの事ですので通勤先の駐車場がおそらく鉄粉が

多く舞っている場所なのではないでしょうか。

鉄粉除去後に再チェックです↓

だいぶ綺麗になりましたね!

そして最後にホイールです。

窪みに汚れが溜まるようです(^^;)

アフターです↓

窪みも綺麗ですよ(笑)

そしてダイハツ テリオスキッドの定期メンテナンス完成いたしました!

ツルンと仕上がりました~!

仕上がりの写真で見て頂いたようにシミやスクラッチが付いていますけど

1歩下がって見れば全然目立ちません(笑)

艶感も良くまだまだ再施工の必要はなさそうです(^o^)丿

 

同時期にコーティングを施工致しましたコペンとテリオスキッドですがお車の色や使用状況・

お手入れ状況など様々な要因で塗装の痛み(コーティングも含む)の進み方が違ってきます。

特に今回のコペンの方はスクラッチが目立ちやすいダークカラーでテリオスキッドはスクラッチが

目立たない水色でしたので尚更違いが出たと思います。

そんな事もあってライトカラーに比べてダークカラーの方が再施工のタイミングが早めに

なる事がおおいかと思います。しかし前回のブログでもお話しましたが、再施工時期の判断は

なかなか難しいと思いますので再施工のタイミングでお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

そして最後にお知らせを失礼いたしますm(__)m

今月はキャンペーンを開催しております!

毎年この時期恒例となりました 『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も始めました!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン』です(笑)

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

詳しくはこちらをご覧ください!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン!!』

宣伝でした!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダイハツ コペンにコーティング再施工のご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです!

H20年式ダークレッドマイカのこちらのダイハツ コペンは2年程前にボディコーティングを

施工致しましたお車になります。

今回は再施工のご依頼を頂きました。 2年の間に数回メンテナンスにお越しくださっていますので

艶もあり、クスミも少ないんですがやはり洗車キズが少し目立ちます。

2年前のコーティングの様子はこちらです!

ダーク系のカラーは洗車キズなどのスクラッチやシミが目立つのでホワイトやシルバーなどの

ライトカラーのお車よりも再施工のタイミングは早めとなる事が多いと思います。

と言う事で綺麗に、そして大切に乗りたいとの事で再施工のご依頼を頂きました。

では2年経過のコペンの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

結構洗車キズが多いんですけど↑の写真だとあんまり伝わりませんね(汗)

↓もボンネットです。

こちらの写真の方が洗車キズが伝わりやすいですかね??

ルーフも・・・

それなりに洗車キズが多いんですけど・・・

あんまり伝わりませんね(^^;)  すいません!

トランクは・・・

こちらの方がキズキズ感が伝わってきますね(笑)

キズと言えば・・・

オーナー様も知らないうちに付いていたキズです。汚れかと思ったらやはりキズでした(;´∀`)

かなりの太さです。ただ深くはなさそうですので磨きで除去できると思います。

そしてボディサイドです↓

ボディサイドも洗車キズが目立ちますね(^^;)

 

ご覧頂きましたようにボディ全体に洗車キズが少し多めに入っています。

ダークカラーは色的に目立つのもありますが塗装も柔らかいのでキズが付きやすいんです(・´з`・)

気を付けて洗車していても簡単にキズが入ってしまいます。これがパールホワイトとかでしたら

同じ様に洗車キズが入っていても、ここまでは目立たないんですけど・・・

でも塗装が柔らかいと逆に比較的軽めのポリッシングでも結構キズが取れるんです。

キズが付きにくくて磨きやすい、そんな塗装があるといいんですけど・・・

まぁ無いものをねだっていてもしょうがないので早速作業を進めてまいりましょう(笑)

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

写真ですと全然わかりませんね(^^;)

2年前の施工時は鉄粉が凄~く多かったんですけど今回は少なかったです。

トラップネンドを使って鉄粉を取り除いていきますが・・・

↑は使用前のネンドです。

どれ位の鉄粉の量なのかネンドのビフォー&アフターを写真を撮ろうとしたんですけど・・・

アフターの写真撮るの忘れましたm(__)m  すっ すいません。

と言う事で鉄粉は少なかったという事でここはひとつ宜しくお願い致します。    m(__)m

謝罪しているうちに作業はマスキングへと進んだようです。

ではマスキングを確認してみましょう!

マスキング終了しておりました。

そして磨いていきます。今回の磨きですが今後も定期的にコーティングしていきたいとの

事ですのでクリヤー層の膜厚維持の為にもハードな磨きはしていません。

しかし先ほどもお話しました様に塗装が柔らかいので比較的軽めの磨きでもスクラッチは

結構除去できます。 その仕上がりは後ほど・・・

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回と同じ・・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティングです!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリしました~!

もう洗車キズも目立ちません!!

ルーフも・・・

深いキズやシミは残っています(残しています!)がスッキリとしました。

キズキズでしたトランクも・・・

綺麗になりましたね(^_^)/

それと”あの太い“キズも・・・

問題なく除去できました。

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗に仕上がっています!!

そしてダークレッドマイカのダイハツ コペン、ボディコーティング完成いたしました!

深みあるダークレッドマイカに復活いたしました。

ダーク系のカラーは洗車キズなどのスクラッチが増えると白っぽく見えてきてしまい

色の深みが感じられなくなってしまいます。スクラッチだけではなくクスミやシミなども

増えてくると塗装の透明感(クリヤー感)が無くなり深みを感じなくなってきます。

そうなってくるとコーティング再施工のタイミングの一つの目安かと思います。

あくまでも一つの目安ですけど再施工時期の判断はなかなか難しいと思いますので

再施工のタイミングでお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

そして最後にお知らせを失礼いたしますm(__)m

今月はキャンペーンを開催しております!

毎年この時期恒例となりました 『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も始めました!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン』です(笑)

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

詳しくはこちらをご覧ください!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン!!』

宣伝でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。