ベンツC250ステーションワゴンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツのボディコーティングです!

H27年式のこちらのベンツCワゴンはご購入からちょうど3年のお車になります。

ご購入時にボディコーティングをされているようです。

毎回、車検のタイミングでボディコーティングを掛け直される方が多いんですよ(*^_^*)

確かにそれなら忘れることも無くてタイミング的にいいと思います!!

では3年が経過致しましたベンツのCワゴンの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

さすがにシミが目立ちますがスクラッチは少ないと思います。

ルーフです↓

こちらもやはりシミが気になりますね。しかし3年を考えますと悪くはないのではないでしょうか。

ボディサイドです↑  少しくすみがちですね(^^;)

それと・・・

特にライトカラーのお車は↑このようなモールの淵やパネルの合せ目、エンブレムなど蓄積した汚れが

目立ってしまいます。

タイヤとホイールは・・・

ブレーキダストの汚れが少なくてお綺麗ですね!

 

全体的に見ますとくすみが見られ透明感が損なわれています。また洗車キズなどのスクラッチは

少な目ですがやはりシミが目立ちます。しかし3年ですのでこれ位の痛みは普通だと思います。

と言うよりはお綺麗な方ではないかと思います!

中には3年で大変な事になっているお車もありますから~(笑)

ではベンツCワゴンを新車に近づけていきたいと思います! どこまで近づけるか楽しみです(´▽`)

作業開始~!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

(゜o゜) いっぱい反応しちゃってます(笑)

リアも・・・

まあまあの付きようです(;´∀`)   ルーフも結構なものでした(笑)

そして鉄粉除去が終わりましたら再度専用のクリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶサッパリとしました!!

もちろんリアも・・・

綺麗になりました。

それが終わりましたら今度はマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が完了です。

ここまでがポリッシングの為の準備になります。

ポリッシングしてシミとくすみそしてスクラッチを除去していきます。

当店のボディコーティングは施工コースによってポリッシングの度合いが変わってきます。

もちろんどんなに磨き込んでも深いシミやキズは残ってしまいますし限度もございます。

施工コース選びは悩みどころだと思いますのでお気軽にご相談ください!

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが・・・

気持ちイイ水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやくすみが無くなりサッパリとクリヤーです!

ルーフもクリヤ~(*´▽`*)

ボディサイドだって・・・

スッキリと綺麗になりました!

細かな隙間や淵に付いた汚れを落とすと仕上がり感が一段上になります!

これだけでも見栄えが全然違いますよ(^_^)/

最後にホイールとタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

メルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティング完成です!

アッ アレ?? なんか綺麗になったのに↑の写真だとあんまり綺麗になったのが伝わりませんね(^▽^;)

でも安心してください!各部の仕上がり具合で見て頂いた通り実物は新車にかなり近づきましたよ!

艶もクリヤー感も新車に負けないベンツC250ステーションワゴンでした(^_-)-☆

 

ベンツCワゴンカッコイイですよね!特に現行のCワゴンはとてもスポーティーでカッコイイです(*´▽`*)

私、ワゴン好きなんです(笑) ベンツもBMWもアウディもワゴンが多数ラインナップされていますが

国産はすっかり数える程しかなくなってしまいました。悲しいっす(T_T)

ワゴンは荷物もいっぱい積めてとても便利です。それで走りはセダンに近くて街乗りでも

背の高いSUVやミニバンよりも扱いやすいです。そして中にはスポーツカー顔負けの

とんでもなく速いワゴンもあります!

そんな便利で使いやすいワゴンはもっと売れてもいいと思うんですけどね~。

ベンツやBMW・アウディなどのプレミアムブランドのワゴンは売れているようですけど(^▽^;)

プレミアムブランド・・・私には縁のない言葉です(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アウディS1のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディS1のボディコーティングです!

アウディA1の高性能バージョンになるS1です!

A1のコンパクトなボディに2リッターのDOHCターボを搭載した4WDモデルです(´▽`)

しかも6MTです。もう面白くないはずがありません(笑)  しかもこのボディに2リッターターボですから

速くない訳はありません(*^_^*)

スタイルもA1の上品なスタイルにスポーティーさが加わったスタイルに仕立てられています!

メーカーによってはスポーティーと言うとゴテゴテとした少し下品な(失礼!)モデルもございますが

そこはさすがアウディ! 上品な迫力です!!

 

そんなS1の現状を確認していきたいのですが・・・

少し汚れがアレですので(笑)洗車後の写真でご紹介いきましょう!   洗車前です↑

まずはボンネットからです!

ボンネット全体ではないんですが所々に↑のような少し深そうな拭きキズでしょうか??

スクラッチが確認できました。

ルーフは通常の洗車キズの様です(^^;) それと少しくすみ気味ですね。

ボディサイドは洗車キズがございますがそれ程酷くはありません。

リアゲートもややスクラッチが付いてますね。

ホイールは高性能モデルらしくブレーキダスト多めです(^▽^;)  ↑これは洗車前の写真です。

全体的にボンネットなど一部に深めのスクラッチが付いていますが、間もなく3年経過のダーク系カラーの

割には洗車キズやシミは少ないと思います。 ただそれでも確実に3年分の痛みはございます。今回は

その痛みを優しく癒していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介していきます。

↓は現状の確認です。

ワイパーの払拭範囲内は油膜の付着も少ないですね。

ウインドウも磨いてガラス表面を綺麗にしていきます。

ガラス表面のリセットが終わりましたらウインドウ専用コーティングでコーティングして

最後に確認を行ないましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! 水玉コロコロで気持ちいいですね(^_^)/~

ウインドウコーティングは視界確保だけではなく油膜の付着も低減いたします!

 

続きましてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

色的によくわかりませんね(^▽^;)

リアもです(笑)  しかし実際によ~く見ましても少ない感じです。

この後にネンドで鉄粉を除去していきますがやっぱり少な目でした。

どれ程少なかったかと言いますと・・・

ネンド掛け前のネンドですが、これがこうです↓

ネンド掛け後です。ネンドがそれ程汚れていないのがわかって頂けると思います。

もちろん汚れてはいますよ(笑) でもこれ位は全然です。凄い車は凄いですから(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングへと作業は進みます。

進みました。

そして磨いていきますが今回はボンネットの深めのキズが気になります。ただその他のパネルは

シミ・キズ共にそれ程酷い訳ではありませんので、ここは各パネルの仕上がり具合が同じに

なるようバランスを考えて磨いていきました。

その磨きを終えましたボディに今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングしました!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしましたね!しかし深いキズの部分は少し残ってしまいました。

でもこちらはキズが見やすいようにライトを当ててますので実際はほぼ気にならないと思います。

ルーフはサッパリとクリヤーになりましたね!

ボディサイドも綺麗になりました。

リアゲートのスクラッチも無くなり艶々です(´▽`)

ブレーキダストが無くなりホイールの本当の色がわかりました(*^^*)

そしてアウディS1のボディコーティングが完成いたしました!

くすみやスクラッチが無くなったアウディS1はご入庫時よりも青味が増した感じですね(^^)/

上品な佇まいの中に迫力を感じさせ、よりスポーティーなS1に仕上がりました!

オーナー様も『いゃ~凄いなぁ。凄いピカピカじゃないですか!!』『こんな色だったんですね~(笑) 』っと

とてもお喜びになられておりました。

 

話は変わりますが今、お店のある神奈川県の小田原市は花粉が凄いです(^^;)

皆様は花粉症は大丈夫ですか?? 私は・・・たぶん大丈夫です。 よく言うじゃないですか?

花粉症は認めたら負けだと(*´з`)  ですので私もたまにくしゃみしながらも認めないように心がけて

います(^▽^;)

花粉はご存知の方も多いかと思いますが人間だけではなくお車にも悪影響を与えます。

花粉がただボディに乗っかっているだけならまだいいんですが、(良くはありませんが)雨に濡れると

最悪です。見た目も斑模様でよくありませんが、それ以上に塗装によくありません。

そのまま放っておくとシミシミになってしまいます。 ですので花粉が雨で濡れましたら

なるべく早く洗車して落としてください。 雨で濡れなくてもこの時期は大変ですがマメな洗車を

心がけてください! 大変ですが皆で頑張って花粉を乗り切りましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホワイト×グレーのアウディA1ボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングです!

H28年式のホワイト×グレーのアウディA1です!

車は小さいですが内外装の質感は高く、さすがアウディのプレミアムコンパクトです!

見るからにクオリティが高くて、”高品質”感がプンプン漂ってきます(*^^*)

なんでなんでしょう? 何が違うんでしょう?? 一体なんなんでしょうね(笑)

 

そんな小さな高級車のA1の現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

細かなシミはございますが洗車キズなどのスクラッチは少ないです。

ルーフもシミは確認できますがスクラッチが少ないです(*’▽’)

ボディサイドもお綺麗です。

リアゲートはやや汚れてますね(^^;)

ホイールはやはりと言うべきか・・・やはり汚れてます(^^;)

欧州車はどうしてもブレーキダストが多く出るのでしょうがないですね。

 

普段からそれ程お乗りにならないそうで走行距離も少なくお綺麗なお車です。

しかも青空駐車でお手入れも頻繁にされている訳ではないそうです。  洗車キズが少ない訳ですね(笑)

そう考えますとシミは少なく、くすみもあまり気になるような状態ではございませんでした。 スバラシイ!!

とは言いましても、このままシミを放置しておきますとシミは益々増え、塗装を浸食してしまい

磨いても取れないシミも増えてきます。シミやスクラッチが増えるその前、まさに今がリフレッシュする

いいタイミングだと思います。  ではリフレッシュをはじめていきましょう~!

 

まずは洗車後の鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボチボチですね(笑) 鉄粉はお車に乗らず置いておくだけでも付いてしまいます。お車の使用場所や

駐車場の環境によって付着量は多く変わってきます。 交通量の多い道路の近くや線路の近くは鉄分が

多いです。

リアもボチボチですね。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になりました。

リアもサッパリとしました。

鉄粉が多く付いてますと洗車時にスポンジの滑りが悪く引っかかります。

皆様もお車は大丈夫ですか??   洗車する時お確かめください。

と言うより水を掛けながら手で”優しく“撫でるとブツブツと感じます。 そっちの方がわかりやすいです(笑)

水を掛けながら””優しくですよ! 強く撫でるとキズになりますのでお気を付けください(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら次にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はスクラッチは少ないんですけどシミがやや目立ちますのでシミを消す&目立たなく仕上げて

いきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

低撥水タイプのPCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

シミもスッキリとしてライトの映り込みがクッキリとしました!

ルーフもツルツルのクリヤー肌です。

リアゲートも・・・

綺麗になりましたよ~。

そしてブレーキダストで汚れていましたホイールも・・・

艶々になりました。もちろんタイヤも綺麗に洗い艶出ししております。

そしてアウディA1のボディコーティング完成いたしました!!

リフレッシュが済みましたアウディA1はクリヤー感と艶が向上し元々高かったクオリティが

更にアップした仕上がりになったと思います。

オーナー様も『うわぁ! ピカピカだぁ』と驚かれておりました(*^^*)

驚いて頂けると・・・凄く嬉しいです(笑)  ありがとうございます。

 

ご入庫時時もお綺麗だと思ったのですがやはり施工後は違います(笑) 写真ですと施工前後の写真の色味が

違っちゃってますので(すいません)、単純に写真で比較できませんがオーナー様なら一目で違いを

ご実感して頂けます。 毎日見ていると知らず知らずに少しづつ汚れていきますので気がつきにくいのですが、

今回のようにリフレッシュしますと、如何に汚れていた(傷んでいた)のかご実感して頂けると思います。

お車は汚れていないようで汚れていき、傷んでないように見えて実は傷んでいきます。

痛みが酷くなる前のリフレッシュがお勧めです(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバー イヴォーグのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレンジローバー イヴォーグのボディコーティングです!

こちらのイヴォーグですが、当ブログでも何度かご登場いただいております!

H27年式で新車ご購入時に当店でボディコーティングを施工させて頂いております。

それから早いもので3年。その間に何度かメンテナンスでご入庫下さっており、今回も初めはメンテナンスの

ご依頼でしたが・・・前回のメンテナンス時点で塗装面の痛みがだいぶ目立っておりました。

更にお車の使用状況や保管状況が変わる予定との事でしたので、その辺りも含めて考え、再コーティングの

ご提案させて頂きました。オーナー様もそろそろかな?とお考えの様でしたので、この機会に再コーティングに

変更頂きました。  ありがとうございます。

 

という事で3年経過のイヴォーグの現状を確認していきましょう!

何故、再コーティングをお薦めしたのか、お分かりいただけると思います(笑)

ではまずはボンネットからです!

写真ですと、ただ汚れているように感じますが実はかなりシミだらけ&スクラッチだらけ、更にくすみが

凄くて艶も引けている状態です。  ガサガサです(^^;) 

ルーフもボンネットと同じ傷み具合です。

ボディサイドは・・・

この様な感じです(^▽^;)  こちらの写真の方がシミが良く見えますね。 ボンネットやルーフも

同じ状態です。 イャ、それ以上なんです(涙)

更には・・・

ドアの下の方には擦ったのでしょうか??擦れたキズが!!

ホイールも・・・

ブレーキダストが多く出るので汚れ気味です。

 

以上の様になかなかヘビーなシミです(^^;) おそらくこのシミは雨によるシミではないと思います。

もちろん雨も影響しているのですがそれだけではないと思われます。

オーナー様に色々とお話を聴いたのですが・・・何のシミなのかは、なかなか断定はできないのですが

必ず何か原因があるはずです。 私的にはお車の駐車場所が関係していると思っているのですが

近々駐車場所が変わる予定との事ですので、今後、ボディの傷み具合を長期に渡り観察していこうと思ってます!

話がそれましたがちょっぴり残念な状態になってしまったレンジローバー イヴォーグに再び艶と光沢を

取り戻していきましょう(^o^)/

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉除去を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

写真ですと色的になかなか判別困難です(笑)

状態的には”凄く多い訳ではないけどそこそこ多いかな?”って感じでした(^^;)

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はとにかくシミとスクラッチが酷かったのでハードな磨きで仕上げていきました!

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

今回は更に”新たな試み”をオーナー様にお断りして試させて頂いております!

その経過も今後定期的に観察していきたいと思っております。 結果がどうなるか楽しみ~(´▽`)

 

それでは各部の仕上がり確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもスッキリとしましたよ~!(^^)!

ガサガサだったルーフも潤いを感じて頂けるようになりました!

ボディサイドもシミやくすみが無くなりサッパリです。

キラキラとしたメタリックが確認できるようになりましたね(笑)

ドア下の擦れた跡も無くなりました。しかしさすがにエッジの部分はどうしようもありません(^_^;)

でもかなり目立たなくなったと思います!

ホイールも再コーティングのご依頼を頂きました。

綺麗になりましたよ~。 ホイールコーティングはブレーキダストの固着を低減いたします。

お手入れが楽になりますので、特にブレーキダストが多く出るお車にはお薦めです!

それとバンパーやフェンダアーチなどの樹脂部もコーティングしましたので黒さと艶が復活!

そしてレンジローバーイヴォークのボディコーティング完成です!!

艶と光沢を取り戻しましたイヴォークいかがですか!!

オーナー様は『新車みたい!』と、とてもお喜びになられておりました!

シミだらけになってしまった愛車を”もう気にしないようにしよう”と諦めていたとの事でした。

諦めないでください(^.^)/  諦めるには早過ぎです!これくらいは全然大丈夫です。磨けば光ります!!

いゃ光りました!(笑)

輝きを取り戻した愛車イヴォークでニコニコ笑顔でお帰りになられました。

お客様の笑顔はホントに嬉しいですね~(´▽`) ありがとうございました。

 

ダーク系カラーで屋外駐車のお車はどうしても塗装面の痛みが早くてシミが付きやすくキズも付きやすいです。

でもだからといって諦める事は全然ありません! 磨けば光ります(^_-)-☆

艶も光沢も復活して更には綺麗になった事でお車への愛情も復活すると思います!

皆様の愛車は大丈夫ですか?? たとえシミだらけでもキズだらけでも大丈夫です!

磨けば輝きを取り戻します! 諦めるその前に当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダCR-ZとメルセデスベンツW211のご紹介です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日は2台ご紹介していきます!その内容とは・・・

CR-Zのラッピング剥がしとベンツのヘッドライトクリーニングです。

まずはCR-Zからご紹介していきましょう。

今回のご依頼は当初ルーフラッピングのご依頼でございました。 今貼ってあるカーボンブラックが

大変な事になっているので、それを剥がして再ラッピングのご相談でした。

どれ位大変な事になっているのかといいますと・・・想像以上でした(^▽^;)

では早速ご覧いただきましょう!それがこちらです↓

ガビガビです(汗)

オーナー様にお話を聴きますと、CR-Z購入時には既にラッピングされていたそうで前オーナー様時に

貼られていたと思われます。おそらく通算で5年は貼ってあるようです。 ご購入時はまだ比較的お綺麗な

状態だったようですが、時間の経過と共に・・・(^^;)

で、今回は張り直しの予定だったんですが剥がした状態が良かったら(塗装面が綺麗なら)もう貼らずに

そのままでもいいかな?? との思いもあるそうですので貼る・貼らないは、とりあえず剥がして見て

塗装面を見てから考えましょう。という事になりました。  という事で剥がすんですが・・・

これがもう大変です(;´∀`)

近くで見ると・・・

これです(笑)

これを地道に少しづつ少しづつ剥がしていきます。 と言うより少しづつしか剥がれません(T_T)

ず~と見ているとカーボン調ラッピングと言うより海苔に見えてきます。

もう完全に焼いた海苔にしか見えません(笑)  このルーフに付いた海苔の収穫に丸1日かかりました。

餅を包んでも良し!  あったかいゴハンを包んでも良し! 使い方はあなた次第!!

なんて言っている場合じゃありません(;”∀”) 収穫が済んだルーフがこれまた大変な事になってました・・・

幾何学模様的な?柄がルーフ全体に付いてます。これはこれでオシャレな気がしないでもないですが

そんな柄を期待していた訳ではございませんので、あの手この手で柄を落とそうと試みたのですが・・・

完全に落とせる事が出来ませんでした。  あまりにも必死で作業していたので関心の最終的な状態の写真を

撮るのを忘れてしまったんですが(大汗) 上の写真の状態に比べるとだいぶ全体的に薄くなったんですが

手で撫でると柄に沿ってボコボコと感じられ、正直なかなか厳しい状態でした。

とりあえずオーナー様にはその状態で見てもらい、このまま再ラッピングも出来ますが後々の事など

考えますとルーフの再塗装もご検討頂いた方が良いかもとご提案いたしました。

という事でこの後どうするか検討して頂くことになりました。

 

ラッピングにも耐久性(耐候性)がございます。ラッピングのシートによって耐久性が違いますが

人気のカーボン調でしたら約3年程です。ですので3年を目安に張替えがお薦めです!

パリパリの海苔になる前に張替えましょう(^.^)/

 

 

続いてはメルセデスベンツのヘッドライトクリーニングです!

W211型のEクラスです!このW211型は2002年~2009年式になりますので最終型でも、

もう9年程経過するんですね(*^_^*)  個人的にこのW211型の顔が好きなんです!

その顔の特徴でもあります楕円の4灯式ヘッドライトのクリーニングが今回のご依頼です。

最終型でも9年、初期型だと16年経過しますのでヘッドライトも傷んでくるわけです(^^;)

もちろんお車の保管状況や使用状況によってヘッドライトの痛みは大きく異なりますので16年経っていても

お綺麗な車もあると思います。

で、こちらのベンツの傷み具合ですが上の写真ですとそれ程気になりません。

私も最初見た時はそれ程でもないかな??っと思いました(´▽`)

しかし作業を始めてみると、これがなかなか・・・(汗)

という事でビフォー&アフターで見ていきましょう!

その前にマスキング姿を(笑)

ここから磨いていきました!

そしてビフォー&アフターの出番です(^o^)丿

まずはビフォーです↓

黄ばみとか白濁とかではないんですが傷んでます!

そしてアフターです↓

だいぶクリヤーになりました。

角度を変えて・・・

これが↑

こんな感じです↓

小さい方のビフォーです↓

小さい方も大きい方程ではないんですが傷んでます。

そしてアフターです↓

こちらも綺麗になりました~。

 

そして反対側です。

まずは大きい方のライトからです。

こちら側の方が少し痛みが少ないですね。

アフターです↓

全てのキズが無くなった訳ではありませんがクリヤーな瞳になりました。

こちらも別角度から↓

これが↑

これです↓

中が良く見えます(笑)

そして小さい方のライトは・・・

ビフォーです↑ 痛みが少ないですね。 !(^^)! わーい!

でもやっぱりクリーニングしますと違います。  !(^^)! !わーいわーい!

そして全体写真です!

白くキズだらけだったW211の楕円4灯式ヘッドライトがクリヤーになり表情が明るくイキイキと

しました(^_^)/

やっぱりヘッドライトが綺麗になりますとお車全体の印象が大幅に変わりますね!

綺麗になったW211をこれからも大切にお乗りください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングのボディコーティングです!

 

H26年式のBMW5ツーリングです! さり気なく弄っていて派手過ぎない大人な感じに仕上がっている

BMWです。文句なしのカッコよさですね(*^_^*)

エアロもさり気なくローダウンもいい塩梅でスッキリとスポーティーにきまってます!!

そんなカッコよくきまったBMW5ツーリングですが塗装面の状態はと言いますと・・・

汚れや水アカなど少なく基本的にとてもお綺麗なんですが、洗車キズと思われるスクラッチやシミが

確認できます。 しかし年式を考えますと少ないですね!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いてます。

リアバンパー上部はお荷物の出し入れでキズが付いてしまいます(^^;)

ボディサイドは・・・

パールホワイトなんで目立ちませんがスクラッチが付いてます。

それと・・・

この様な隙間の汚れが時間の経過を感じさせてしまいます。

ホイールは・・・

とてもお綺麗です! スバラシイ(^^)/

 

以上の様にスクラッチとシミが見れば見るほど見えてきます(^^;) でもマメにお手入れされているとの事で

くすみは少なくて3年経過しているとは思えない程お綺麗でございます! しかし隙間に蓄積した汚れや

キズなどが時間を感じさせてしまうのも悲しいかな、また事実です(・´з`・)

という事でリフレッシュして経過した時間を巻き戻していきたいと思います!

何処まで戻せるか!?  乞うご期待(笑)

では作業開始~!!

 

ボディのご紹介をする前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングからいきましょう!

↓は現状です。

ダラ~とした水弾きですね。

このダラ~とした水弾きを・・・

除去致します。 油膜や古い撥水剤が無くなったガラスに水を掛けると・・・

水を弾かずに膜状に広がる親水状態になります。

綺麗になったガラスを更に脱脂を行ってからウインドウコーティングしていきます。

余談ですが市販品でウインドウコーティングする時も脱脂してからコーティングした方が

いいですよ!

コーティングが終わりましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは終了~。  中途半端に落ちた撥水は逆に視界不良の恐れがありますので

ウインドウコーティングは早め早めに掛け直すのがおすすめです。

 

続いてはボディ編です。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

ボンネットです↓

紫色(黒っぽく)にポツポツ見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

3年経過でこれでしたら少ないと思います!

リアも・・・

確認できますが少ないですね(^^)/

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

サッパリとしました。

リアも綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

ここまでの作業がある意味ポリッシングをする為の準備になります。

ここまでと言いながらも写真ではご紹介していない、あんな事やこんな事もゴニョゴニョとしてます(笑)

マスキングが終わりましたら今度はゴニョゴニョと磨いていきます!!

いゃ、ゴニョゴニョとは磨きませんですけど(笑)  スッキリと磨いていきます!

そしてスッキリとした塗装肌には、美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ガサガサだった肌が潤いを感じさせる肌になりました~ヽ(^o^)丿

ルーフもクリヤーですね。

バンパーのキズはよく見れば残ってますが、普段はあまり気にならないと思います。

ボディサイドもライトの映り込みがシャープでクリヤーです!

隙間の汚れも無くなりました。これだけでもお車の印象が変わるから不思議です(笑)

最後にタイヤとホイールの艶出しを行ないましたら・・・

BMW5ツーリングのボディコーティング完成です!!

いかがでしょうか。

どれ位の時間が巻き戻りましたかね??  目測で2年半っといったところでしょうか??(笑)

艶とクリヤー感は新車に負けないと思います(^^)/

オーナー様も『すげ~ピカピカだぁ~』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

今まではガソリンスタンドで洗車してもらっていたそうですが、これからは自分で洗車しよ~!

っとおっしゃっておりました。 是非是非~(´▽`*)

 

不思議なもので車って綺麗だと愛着が深まるんですよね(笑) 汚れてくると段々洗車もしなくなっていき

汚れが目立つ → 洗わない → 汚れる → もういいや → 負のスパイラルに陥り最悪の場合、なんか汚いし

古臭く見えるから買い替えよ。なんて事になりかねません(^_^;)

でもマメにお手入れしていると、綺麗 → 汚れが気になる → 洗車 → 綺麗 →愛 着が湧く → お手入れする→

愛着度UP → 愛車最高!! → 乗り続ける!  なんて事になりかねません(笑)

皆様のお車は大丈夫ですか? 汚れてませんか??  たとえ汚れていても大丈夫ですよ!!!

磨けば綺麗になります(^_-)-☆

皆様も、愛着UP → 愛車最高!!にしてみませんか??     カービューティープロ カラーズで( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファロメオ ジュリエッタのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファロメオ ジュリエッタのボディコーティングです!

アンスラサイトグレーと言うカラー名のこちらのジュリエッタは2012年式ですので

5年経過のお車になります。

アルファロメオと言うと、どうしても真っ赤なアルファレッドのイメージですがこちらのアンスラサイトグレー

落ち着いた大人のジュリエッタって感じで、とても雰囲気があっていいですね(*´▽`*)

そんな大人な雰囲気のジュリエッタの状態を早速見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとイマイチ伝わりませんが、かなり洗車キズと思われるスクラッチが多いです。

それと・・・シミもね(^^;)

ルーフは・・・

ボンネット同様スクラッチが多いです。こちらの写真の方がわかりやすいと思います。ライトの光が

キズで拡散(乱反射)しています。

ボディサイドは・・・

これまた写真だとよくわかりませんが(すいません)ボンネットやルーフよりはスクラッチもシミも

少なくて、5年の歳月を考えますと悪く無い状態でした!(^^)!

しかし洗車キズなどのスクラッチ少ないんですけど・・・

↑の様な前後方向に引っ掻いたような線キズが所々に(^_^;) こちらのキズはまだいいんです。

しかし↓は・・・

深いです(^▽^;)  こちらのキズは5年前ジュリエッタが納車された当日に駐車場でキズを付けられて

しまったそうです。ここ以外にも何ヶ所か同じくらい深いキズがございました(T_T)

5年の月日と言いますと・・・

この様なエンブレム回りやモール類の淵、そして・・・

ドアの内側も時間の経過を感じさせてしまいます。

それとホイールです。ブレーキダストが焼き付いてしまうとなかなか落ちなくなってしまいます。

 

全体に見ますとやはりスクラッチが多くて艶が落ちている状態です。それと線キズですね(汗)

浅いキズは消せる&ほぼ気にならなくなる程度、まで仕上げられますが深いのは厳しいと思います。

消せるキズと消せないキズを見極めて作業していきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュッシュっと

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

↑の写真ですとよくわかりませんね(^^;) よくわからないので近づいてみましょう。

見えてきましたね~(笑) 近くで見ると実は結構鉄粉多いんです。

リアも・・・

わかりにくいんですが、近づいてみると・・・

多いんです(汗)

写真だとそれ程多く感じませんが実際は全体的に結構多かったです(^▽^;)

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします。

いい感じです! って言いたいところですが遠いとわかりませんね。

近くで見ると・・・

やっぱりいい感じです(^^ゞ

リアだって・・・

同じく・・・

綺麗になりましたよ~。

そしてマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

いつもジュリエッタを見ると思うんですけどジュリエッタってカピバラっぽくてかわいいですよね!?

って思うのは私だけでしょうか?? 横に並べたらおそらく、どっちがどっちなのか見分けが

つかないと思いますよ~(;´∀`)   見分け方としては、やや毛深い方がカピバラです!

話はそれましたが今回は深いキズも多かったのでハードな磨きでカピバラジュリエッタを磨いていきました。

そして磨き上がりましたカピバラジュリエッタにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズもシミもだいぶ少なくなってツルツルです!

ルーフもキズが無くなったのでライトの光が乱反射してませんね!

ボディサイドもクリヤーで艶々です。

そしてボディサイドの深いキズ達ですが・・・

リアフェンダーはほぼ消えました!

その他にもあった浅目のキズは消せた&ほぼ気にならなくなる程度まで仕上げられました(^_^)/

ただ・・・

ドアのキズは残念ながら消えません(T_T)  深いです・・・ドア以外の深いキズも残っています。

ここまで深いと磨きでは残念ながらリカバリーできません。

 

リアゲートの内側は・・・

綺麗になりました~(^_^)/  もう時間の経過を感じさせません(笑)

そしてエンブレムだって・・・

時間を巻き戻したの如くです!

ただ少し残念なのは後ろの黄色いウエスを片付けてから写真撮ればよかったかなと・・・(;´∀`)

丸見えで恥ずかしいっス(汗)

ホイールは・・・

艶々に復活しました。

そしてアンスラサイトグレーのアルファロメオ ジュリエッタ、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

ツルンっとしたフロントフェイスが特徴のジュリエッタですが施工前はややカサカサとした

乾燥肌の様な印象でしたがコーティング後は潤いと透明感を感じさせる、フロントフェイス

仕上ったと思います。もちろんフロントフェイス以外も艶々の潤い肌です(*^^*)

オーナー様も『うわぁ~ 新車みたい! すげ~綺麗!!』・『キズがなかったら新車だね~(笑)』っと

とてもお喜びになられておりました。  ありがとうございます。

 

アルファロメオいいですよね~。 最新モデルのジュリアは少しと言うか随分とBMWっぽいスタイリングに

なってしまいイタリアンなデザインでなく残念だな~なんて思っていたんですが、雑誌やネットの

記事を読んでいると、どうやら走りが凄いらしいです! 特にジュリア クアドリフォリオは

かなり過激だそうですね。走りが凄いって聞いていると不思議なものでスタイリングもかっこよく見えてくる

ものです(笑)  すっかり今ではジュリアいいな~(´▽`*) クアドリフォリオ欲しいなぁ~という気持ちに

なっている事は言うまでもございません(^▽^;)   ほすぃ~!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ボルボV60のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV60のボディコーティングメンテナンスです!

こちらの真っ赤なパッションレッドのボルボV60は昨年の2月にボディコーティングを施工させて

いただきましたお車です。 10ヶ月ぶりの再会です!

いつも遠方よりありがとうございますm(__)m

久々に再会いたしましたV60はよくよく観察していきますと汚れの付着もありますが基本的に

艶もあってお綺麗です!  お車の保管場所も雨風の影響を受けない所なのでシミも少なくて

撥水もバッチリと残っている状態でございました(^o^)丿

 

では今回のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↓

先ほどシミが少ないと書きましたが、ご覧の様に細かなシミがあります。しかしこれは固着している

または陥没しているようなハードなシミではなく比較的軽いシミで・・・

メンテナンスでもだいぶサッパリと仕上がります!

ルーフは・・・

同じような汚れ具合です。

こちらも・・・

サッパリとしましたね~(^_^)/

ボディサイドは・・・

雨天走行時に付くよくある汚れです(笑)

この手の汚れは洗車する時は注意が必要です。このままいきなりスポンジで擦ると付着物で塗装を

擦ってしまうので塗装面へのダメージがでかいです(^^;)

まずは水圧で落とせる付着物は水圧で落とします

そしてシャンプーの泡をたっぷり使って

優し~く洗ってください。 そしてマメにすすいでください。

アフター↑ 綺麗になりました~。

 

更にこちらも↓ボディサイドになるんですが・・・

ホイールハウスの後ろ側ですね。 各ホイールハウス後方はブレーキダストで黒ずんでおります。

ダストの多いお車はここが結構汚れます(^▽^;)

そしてアフターです↓

綺麗な赤が顔を出しました! 本来のカラーです(^^ゞ

ブレーキダストが多いという事はもちろんホイールは・・・

真っ黒です(笑)

ホイールは数か月洗っていなかったそうです。真っ黒って言うより濃い茶色でしょうか(^▽^;)

こちらも本来のカラーを・・・

取り戻しました! タイヤも艶出しを行ないましたら・・・

パッションレッドのボルボV60のボディコーティングメンテナンス完成です!

本来のパッションレッドを取り戻しました!!

始めに艶もあってお綺麗と書きましたが、それでもメンテナンスいたしますと全然違います(*´▽`*)

パッションレッドらしい発色でお車が生き生きとそして若々しく見えます!!

オーナー様も『いいね~』と言いながら愛車を眺めておられました!  ありがとうございます。

 

 

コーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。

それと普段の行う洗車の方法ですが洗車は泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます(^^;)洗いもふき取りも優し~くです!!

度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

勇ましい音を轟かせてご来店くださいましたこちらのアバルト595コンペティツィオーネは

納車後、そのまま当店にご入庫されました。  ありがとうございます。

可愛いフィアット500がアバルトの手にかかると一気にスポーティーなやる気満々の

スタイリングに変貌しますね! インテリアもセンス良く仕立てられていてカッコいいんです(*’▽’)

そんなカッコ可愛いアバルト595コンペティツィオーネの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ぼやけて(曇って)いますがお綺麗ですね!それと写真だとよくわかりませんが結構線キズも付いてました。

こちらのアバルトはディーラーの試乗車だったそうですので少し洗車傷の類が多いです。

ルーフは・・・

曇りも少なくお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも若干ぼやけていますね。

気になるのはエンブレムの淵など・・・

結構水アカ多めで付いてます。(^^;)  その他にもモール類の淵や隙間などにも汚れが溜まっていました。

それと今回はホイールコーティングもご依頼いただいております。

まだお綺麗です(笑) この状態を維持するにもホイールコーティングは必須アイテムです(^o^)丿

 

ご覧いただきました様に基本的にお綺麗です。しかしよ~く観察いたしますと登録から少し経っている

お車ですので若干の汚れの付着と塗装面のダメージがございます。

それらをスカッ!と綺麗にしていきたいと思います!

では作業開始(^o^)丿

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介していきます。

↓は現状です。

何か塗っているのでしょうか??なんとな~く撥水していますね。ゆる~い感じで(笑)

そのゆる~い感じの撥水やら油膜やらを除去していきます。

綺麗になりましたら水を掛けて残りがないか確認します。

↑バッチリですね!

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをいたします。

ゆる~い撥水とはおさらばです(笑)撥水力と気持ち良さが違います(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

結構反応しちゃってます(^^;) やや多めですね。

リアも少し多めでした。

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします。 シュッシュ!

いい感じに・・・

鉄粉が除去出来ました!!

その後作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

ここまでがポリッシングするための下準備になります。

そして磨いていきました。今回はやや洗車キズが多いので少し強めの磨きでスッキリと仕上げていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリとクリヤーになりましたね~(*´▽`*)

ルーフも・・・

クリヤーです!

ボディサイドも曇りが無くなりライトの映り込みもシャープでクリヤーです。

エンブレム回りも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールもコーティングをして・・・

更に綺麗になりました。スポーツモデルや特に輸入車はブレーキダストが大量に出て

あっという間にホイールがダストで真っ黒けっけになってしまいます。そしてダストが焼き付いて

取れなくなってしまいます。ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのとしていないのとでは

お手入れのしやすさが違います。  ですのでホイールコーティングはダストの多いお車には

特におすすめいたします!

そしてアバルト595のボディコーティング完成いたしました!!

いかがでしょうか。

ホワイトでも光沢感を感じて頂けると思います(^o^)丿

オーナー様も『うわぁ ピカピカだぁ~!』と、とてもお喜びなられておりました!

そして更に嬉しいお言葉も頂きました。 それは・・・

『代車が綺麗で気持ちよかったよ!たまにあるじゃん?よごれててハンドル握りたくないやつ』

そう言って頂けると本当に嬉しいです。

私も以前にあるんです。そういう代車を借りた事が(^_^;) 私もディーラーなどから

たまに代車を借りる事があるんですけど結構汚れている車が多くて、特に嫌だったのは

シートが動物の毛だらけだった時は本当にまいりました(^^;

その他にも何だか汚れていてハンドル握りたくない車やシートが汚くて座りたくない車など

結構ありました。 そういう経験もあって当店の代車はなるべく綺麗な状態で

お貸しできるよう注意しております。

たまに時間の関係で(タイミング的に)洗車できずボディが汚れている場合もありますが(^▽^;)

室内、特に手の触れる所は常に綺麗にするように心がけています!

やっぱり車は綺麗が気持ちイイですねヽ(^o^)丿

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディA1、3回目の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1の定期メンテナンスです!!

こちらのアウディA1は昨年の12月にボディーコーティングを施工させて頂きましたお車ですので

ちょうど1年経過ですね!

今年の春と夏にメンテナンスにお越に頂いておりますので今回は3回目のメンテナンスになります。

黒いボディで屋外屋根なし駐車という事もございまして早めのメンテナンスにお越し下さっております。

ありがとうございます。

 

では1年経過のアウディA1のメンテナンスを今回はbefore&afterでご紹介していきましょう!!

それではどうぞ~。

まずはボンネットのビフォーです↓

汚れてました(^^;)  汚れていますがマメにメンテナンスに来られている事もあり

屋外屋根なし駐車を考えますと悪くはない方だ思います。

メンテナンス後です↓

シミも少なくていい感じですよ(^_^)/

ルーフは・・・

んん?? このシミは・・・

樹液でしょうか??  何なのかを断定するのは難しいですけど、この種のシミと言うか付着物は

大抵、塗装には良くないものがほとんどですので気が付いた時は早めに洗車して除去してください。

樹液ですと時間が経過してしまうとカッチカチに固まってしまう場合もございます。また塗装を浸食して

しまう場合もございますのでご注意ください。

そしてアフターです↓

付着物も無くなりサッパリとしましたね!

ボディサイドは・・・

付着物は付着物でも、ルーフのとは種類の違う付着物ですね(笑)

雨の中を走ればもれなく付いてきます(^▽^;)

アフターです↓

こちらも綺麗になりました。

ホイールは・・・

意外と、と言ったら失礼ですがブレーキダストが少なくてお綺麗です。

アフターです↑ ホイールもタイヤも艶出しを行なっています!

そしてアウディA1の3回目の定期メンテナンス完成です!!

メンテナンス前はやや白っぽく汚れていて黒がぼやけた感じでしたが、メンテナンス後はボディが

深みのある黒になりシャキッとしたA1に復活しました!(^^)!

やっぱり黒はこうじゃないとね(笑)

手を掛ければ掛けるほど違いが出るのがダーク系カラーのいい所であり怖い所でもあります(笑)

こちらのA1は定期的にメンテナンスに来られておりますので、その成果が出ていると思いました。

シミの少なさと艶はやはり黒いお車で屋外屋根なし駐車を考えますと、とてもお綺麗な状態でございました!

 

コーティングはメンテナンスが重要です。メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は

使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

また、メンテンス時期もお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきますが

目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や濃色系のお車はもっと早い

タイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。