アウディA1のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディA1はボディコーティング施工から1年と少々経過致しましたお車です。

昨年の10月に一度メンテナンスをしていますので今回は2回目のメンテナンスのご依頼です。

コーティング施工から1年少々経過致しましたが塗装面の状態は如何に!?

早速ですが今回のメンテナンスの様子をbefore&afterでご紹介していきましょう!!

まずはボンネットからです。

↑はビフォーです。 汚れなど付いておりますがお綺麗ですね(^_^)/

アフターです↓

1年以上経過しておりますので、よくよく観察するとそれなりの痛みは確認できますが

状態は良好かと思います。

ルーフは・・・

ボンネットと違いルーフはグレーメタリックなんですけど、これまたシミもスクラッチも

少なくてとてもいい状態です!

ただ↑の写真だと分かりませんが、さすがに撥水はだいぶ弱まっていました。

アフターです↓

クスミも少なくて1年経過とは思えない程お綺麗ですね!

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や経年劣化等でコーティング被膜が傷むと、

どうしても弱まってきます。被膜の上に汚れが蓄積して撥水が落ちている場合は特殊なケミカルで

洗うだけで撥水が戻ってきます。 逆にコーティング被膜が傷んでいる場合は特殊なケミカルで

洗っても撥水は戻りません。

メンテナンではその特殊なケミカル&メンテナン剤を使って撥水とそして艶を復活させます。

それ以外にも↓の様な・・・

隙間に入り込んだ汚れも・・・

綺麗にしていきます(^_^)  これだけでもお車の印象が大幅に上がります!

それと鉄粉の付着状況の報告です。黒っぽく確認できますのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です↓

まぁそれなりに(^^; 特に多くもないですし特別少なくもないですね(笑)

リアは・・・

こちらは少し多めでしょうか。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

だいぶ落とせたと思います!

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました!

鉄粉処理ですがカー用品店などでも鉄粉除去用のネンドなど販売されています。

ただこれを使うには注意が必要です。注意が必要と言うより私はお薦めいたしません。

特にダークカラーの車に使用するとネンドで擦った跡(ネンド傷)が付いてしまいます。

もちろんライトカラーの車に使ってもネンド傷はつきますが目立つか目立たないかの

違いだけですのでご注意ください(^^;)

 

↓はボディサイドです。

ボディサイドもシミやスクラッチが少なくてお綺麗ですが、どうしても雨が降れば黒っぽく

雨筋が付いてしまいます。

アフターです↓

スッキリと艶々です(^_^)/

最後にホイールです。

ダスト汚れと言うより泥汚れっぽいですね。

アフターです↓

ブレーキダストの焼き付けなども少なくてお綺麗です!

そしてアウディA1のボディコーティングメンテナンス完成いたしました。

艶々ですヽ(^。^)ノ

 

先ほどもお話しいたしましたが塗装面のシミやスクラッチも少なくて1年経過と考えますと状態は

良好です!! このまま定期的にメンテナンスを行っていけば綺麗も長続きすると思います!

お車の美観維持の為にも皆様も定期的なコーティングメンテナンスを是非(^_^)/

 

お客様からの質問でよく聞かれるのが洗車の頻度です。洗車の頻度はお車の使用方法や保管状況で

違ってきますが月に1~2回程度が私はお薦めです。こればかりは人それぞれと申しますか、車それぞれと

言いますか(^^;) 環境によって様々です。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし

場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのも良くないですが洗車し過ぎも良くないです。

洗車だけではなくメンテナンスについても同じことが言えます。

どちらもそうなんですが、ポイントは汚れが酷くなる前に行うのが綺麗を長く保つ秘訣だと

思います。

車ってあまりに汚れてくると”洗車めんどくせ~”や“もういいや!”ってなりがちです(^▽^;)

不思議と綺麗だと綺麗にしたくなるじゃないですか!?

“洗車めんどくせ~””もういいや!”となるその前の洗車がおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングにEXE evo1のご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングのボディコーティングです!

こちらのBMW5ツーリングは昨年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

少し前にメンテナンスも致しましたが・・・再コーティングのご依頼です!

コーティングからまだ1年少々、メンテナンスしたばかりなのに何故??と思われるかもしれませんが

それは・・・

今年の春にカービューティープロから新しいコーティング剤”EXE evo1″が発売されました!

それを試してみたいとの事でご依頼を頂きました。ありがとうございます。

では早速現状を確認していきましょう!

↓はボンネットです。

いつもお手入れされているので基本的にとてもお綺麗なんです(*^_^*)

それでも屋外駐車ですのでよく見るとシミなどございますがお綺麗です!

ルーフも・・・

シミなど確認できますがまだまだ艶もありお綺麗です!

ボディサイドは・・・

シミやスクラッチもとても少ないです!

リアも・・・

お綺麗です!

それと今回は・・・

アンダーグリルのメッシュが色褪せてきたとの事でグリルの樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

ホイールも申し分ない程お綺麗です(*´▽`*)

 

ご覧頂きました様にボンネットやルーフの水平面は確かにシミも確認できますがとてもお綺麗なんです!

前回のコーティングからまだ1年少々でその間にもメンテナンスを3回ほどお越し頂いておりますので

塗装面の状態も良好です! しかし今回の”EXE evo1″の効果を最大限発揮できるよう塗装面を磨いて

再度リセットしてコーティングしていきます(^_^)/

では作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

とっても少ないです(´▽`)  全くない訳ではないんですけど、とっても少ないです(笑)

リアも・・・

少ないですね~!  素晴らしい!!

と言う事で鉄粉除去は軽めに行ないました。とても少なかったので鉄粉除去後に再チェックしても・・・

写真だと違いが分からないと思います(^_^;)

リアも・・・

違いが分からないですね(笑)

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回の磨きですが基本的にお綺麗ですが水平面にシミもございますのでミディアムポリッシングの

エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

同じミディアムポリッシングのプランでも塗装面の状態によってポリッシャーやバフ、コンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティングはもちろん・・・

“EXE evo1″です  当店初施工となります!!

いゃ~ボトルからして神々しいですね~ヽ(^。^)ノ

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

ちなみに水玉撥水タイプです!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深いシミの輪郭など残っていますがサッパリと綺麗になりましたよ!

ルーフも・・・

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

よりシャープでクッキリとライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

リアも・・・

綺麗です!

そしてアンダーグリルも・・・

黒々とそして艶やかです。 やっぱり“黒い”パーツが“黒い”と引き締まります!!

ホイールは・・・

元々お綺麗なんで写真だと違いが分からないかも(^▽^;)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングが完成いたしました!

正直、写真ですとEXE-evo1の良さが伝わらないかも?です(^^;)     いゃ写真が下手なのか!?

ですが実車ですと膜厚感もあって、とてもいい艶です! 艶感の違いが分かりにくいパールホワイトでも

艶の向上を実感して頂けると思います。

オーナー様も『いいですね~。わかります!わかります!違いますね~!』と違いを感じて頂けた

ご様子でございました。 ありがとうございます。

 

新しい「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も”PRO-MAX EXE”より少し高めの設定となりますが、差額分以上の

効果を実感して頂けると思います!

そのお値段ですが価格表をHPにUPしようと思ったのですが・・・

未だにUP出来ずにいます(^▽^;) HPの価格表更新はもう少々お持ち下さい。

今月中にはケリをつけるつもりです(笑)

もちろんお電話やメールでのお問い合わせは大歓迎です!

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノートゥインゴにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのルノートゥインゴは昨年の4月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

ちょうど1年でメンテナンスにお越しくださいました。

ブルードラジェと言う淡いブルーなんですけど、これがまた写真だと上手く写せないんです(^^;)

色が出ない”と言えばいいかな? カメラの性能もあると思うんですけど実車の方が遥かに

いい色なんです!

そんな綺麗なブルードラジェのルノートゥインゴもコーティングから1年経過しましたのでメンテナンスの

ご依頼を頂きました。

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

これは花粉です(^^;)

ボンネット以外は花粉の影響はなかったんですけどボンネットはだいぶ花粉にやられていました(汗)

当店のスタンダードなメンテナンスプランでは基本的に磨きは入れませんが今回は花粉ジミが

酷かったので花粉処置をした後に軽く磨いて仕上げました。

ルーフは・・・

少し汚れていますが花粉の影響もなく、とてもお綺麗でした!

アフターです↓

スッキリとしましたよ~!

しかしボディサイドには・・・

花粉がついています(^^;)

ボディサイドも幸いシミにはなっていませんでしたので通常のメンテナンス内容でも

サッパリと綺麗になりました!

ヘッドライト下の隙間は・・・

汚れが溜まります。たぶん花粉が混ざっている事でしょうね(^_^;)

アフターです↓

ヘッドライト以外も細かな部位も洗浄をしています!

ホイールも・・・

軽く汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールもしっかりと洗い艶出しをしましたら・・・

ブルードラジェのルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いい感じに仕上がっています!

出来る事なら本来のブルードラジェの色でお見せしたいです(笑)

 

今回のトゥインゴは屋根ありの駐車場に駐車しているそうです。屋根があるのと無いのとでは

お車の汚れ方が全然違います!という事はコーティング被膜の痛みも全然違います。

しかし屋根はあっても横から雨が降ってしまうとどうしても濡れてしまいます。

トゥインゴもボンネットが濡れてしまうそうです。今回ボンネットだけ花粉ジミが酷かったのはその為です。

花粉が付着していると撥水性も低下いたします。こちらのトゥインゴもボンネットは撥水がだいぶ弱まって

いましたが、その他はまだまだ水玉撥水になっていました。これは花粉の成分が撥水を妨げている為です。

しっかりと花粉処理をしただけでかなり撥水が戻ってきました(^_-)-☆

最終的にメンテナンス剤で仕上げていますがコーティング表面を綺麗にするだけで撥水力が戻る事も

多いんです!

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが

実は違うんです。撥水が無くなってもコーティング被膜は残っています。

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、どうしても弱まってきます。

ですので撥水維持や復活の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

VWゴルフ トゥーランの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWゴルフトゥーランのボディコーティングメンテナンスです。

こちらは昨年の5月にメンテナンスを施工致しましたお車です。

約1年ぶりの再会です! ↑の写真でもお綺麗な感じが伝わってくると思いますが(笑)実車の方も

前回のメンテナンスから約1年経過しているとは思えない程とてもお綺麗です(*^_^*)

と言う事で今回のメンテナンスもビフォー&アフターの違いが分かりにくいかもしれませんが(汗)

くじけず、心を強くもって頑張ってご紹介していきましょう(笑)

まずはボンネットからです。

とは言え、もうくじけてしまいそうです(^^;)

よ~く見ればシミなどもありますがクスミも無くお綺麗です!

アフターです↓

どうですか?? やっぱり写真だと違いが分からないでしょ??

でも僕は大丈夫です。 くじけずに次に行きましょう!

下はルーフです。

ルーフもクスミも少なくお綺麗です。しかしボンネット同様シミは確認できます。

アフターです↓

メンテナンスでは基本的に磨きませんので深いシミなどは除去できません。

ですのでよ~く見るとシミは残っていますが、だいぶサッパリと綺麗になりましたよ。

ボディサイドもお綺麗ですが・・・

何か擦ったのでしょうか??

キズ??かと思いましたが大丈夫でした!  汚れなのか?何を擦ったのかわかりませんが

除去できました(^_^)

それと・・・

リアウインドウの下はどうしても汚れが溜まってきます。

隙間が綺麗ですとお車全体の清潔感が違います!

全体的にとてもお綺麗にされていますが・・・

雨に降られればどうしてもドアノブやドアミラーなどから黒っぽい雨筋が付いてしまいます。

しかしコーティングがしっかりと効いていますので、こびり付いてはいません。

ホイールは・・・

ブレーキダストの多い欧州車ですが、それ程汚れていません!マメに洗車されている証拠ですね(´▽`)

洗車していない欧州車は直ぐに判っちゃいます(笑)

アフターです↓

サッパリと艶々です!

そしてVWゴルフトゥーランのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いゃ~綺麗ですね!  元々ですけど(^^;)

でも実車は艶々になっていますので違いを感じて頂けます。と思います(笑)

よくお話してますがブラックやダークブルーなどダークカラーのお車はボディコーティングや

メンテナンスをすると施工前後の違いが写真でもわかりやすんです。しかしパールホワイトは・・・(汗)

写真だと違いが分かりにくいです。特に新車や今回のようにとてもお綺麗にされているお車だと

尚更です(^^;)

しかし新車やお綺麗にされているパールホワイトでも実車を見て頂けると艶感の違いは感じて頂けます!

今回、メンテナンスの様子をサラ~と駆け足でご紹介してしまいましたが、写真ではご紹介していませんが、

いくつもの工程を経て最終的にメンテナンス剤で仕上げています。

メンテナンス方法はお店によって様々です。洗車して撥水剤をかけておしまいのお店や

軽く磨きを掛けて仕上げるお店もございます。当店のメンテナンスでは基本的に磨きは

掛けませんがお車の状態よっては”磨き”をご提案する事もございます。

当店では2つのメンテナンスプランをご用意していますがお客様のご希望により内容は

色々と変更できますのでお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

アウディS1の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディS1のメンテナンスです!

こちらのS1は昨年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今年の1月にもメンテナンスにお越しになられているのですが、再度メンテナンスのご依頼です。

前回のメンテナンスの時にもお話しいたしましたが、こちらのS1を駐車している場所が

木の下だそうです。 その木は可愛い小鳥たちの憩いの場なようで・・・

そうです鳥糞が凄いんだそうです(^▽^;)   更に木の葉や木の実、樹液やらであっと言う間に

大変な事になってしまうそうです。

という事で現在は短いサイクルでメンテナンスにお越し頂いております。

しかも今は花粉もありますし(^^;) 花粉+木+鳥のトリプルパンチです。     鳥だけに(;’∀’)

では3ヶ月経過しましたアウディS1のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は鳥糞はあまり付いてはいませんでしたが鳥糞の痕跡は何ヶ所も確認できました。

それと花粉もあって↑のような汚れ具合でした。

アフターです↓

細かなシミは残っていますがスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような汚れ具合です(^^;)

アフターです↓

ルーフも細かなシミや深めのスクラッチが確認できますがだいぶサッパリとしました。

リアは・・・

木の実が挟まっています(笑)

至る所に木の実が入り込んでいました。 これならリスも大喜びです!  リス居ませんけどね(^^;)

アフターです↓

これではリスも不満足です!もう来ることも無いでしょう!   リス居ませんけどね(^^;)

ボディサイドは・・・

汚れていて艶感ありません(^▽^;)

アフターです↓

艶も戻っていい感じです。

ホイールも・・・

いま流行りのマッドカラー風です(^^;)

アフターです↓

本来は艶有のグレーメタリックです(*’▽’)

そしてアウディS1の定期メンテナンス完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

ダークカラーのお車は汚れていると、どうしても白っぽく見えてしまい艶も感じられなくなってしまいます。

ですのでメンテナンスをすると見た目の印象が全然違います(笑)

今回メンテナンスで綺麗になりましたが、また木の下に置くので・・・次回のメンテナンスも早めの

ご予定との事です。

オーナー様は現在、駐車場に屋根を設置しようと画策中だそうです。お仕事が忙しくてなかなか前へ

進まないそうですけど気持ちは屋根設置へ向かっている様です(*^_^*)

同じ屋外駐車でも屋根があるのと屋根が無いのとではお車の汚れ具合は全然違ってきます。

特に今回のS1のように木の下に駐車している場合ですと全く違います。

鳥糞は塗装面に深刻なダメージを与えるので、それを防げるのは大きいです!!また木の実や

樹液も塗装を浸食してしまう場合もございます。

これから暑い季節がやってきます。つい木の下は日が当たらないので木の下が空いてると

駐車してしまいがちですが・・・危険です(^^;)

樹液がタラタラと垂れてきたり、木の実が落ちてきたり、それを狙ってリスが来たり・・・来ないですけどね。

私も若い時、一応若い時があったんですがボンネットに木の実(柑橘系の実だったのかな?)3つ落ちていて

それをどかしたら・・・塗装が割れてました(;”∀”)    ”酸”が原因だと思いますが酸性が強いと

短時間で塗装にダメージを与える事もありますので、あまりないかもしれませんが(^^;)塗装面に木の実が

(特に酸っぱそうな柑橘系)落ちていたらなるべく早く取り除いてください。

もちろん鳥糞も早めに取り除いてください。   鳥だけに( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW320iにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW320iのボディコーティングです。

H29年式のBMW320iです!こちらは1年前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

毎年この時期にお越し頂いており今年も再施工のご依頼を頂きました。  ありがとうございます。

そしてこの時期のもう一つのイベントと言えば・・・そう。花粉です(笑)

こちらのBMWも基本的に屋外駐車ですので花粉をたくさん身に纏ってのご入庫です(^^;)

ではBMW320iの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉+雨攻撃で斑模様になっています(^^;)  ↑が現状と言えば現状ですけど、これだと塗装面が

わかりませんので洗車後に撮影したのが・・・

こちらです。1年程ですがシミが結構気になります。

屋外駐車で黒いボディですとどうしてもシミがね~(^_^;)

でも昨年より少ない気がいたします。

ルーフは・・・

ボンネットよりシミが少なかったです。 何故だろう??

トランクも・・・

雨ジミもありますが花粉のシミの方が気になりました。

(ライトの周りに白っぽくポツポツ見えているのが花粉ジミです)

ボディサイドは・・・

シミもスクラッチもとても少なくてお綺麗です(*^^*)

しかしホイールはお約束の・・・

ブレーキダストで茶色に覆われていました。

 

この時期にご入庫のお車はどうしても花粉が多く付いているお車が多いです。そしてその花粉に

よって花粉ジミが付いてしまっているお車も多いです。 今回のBMWは幸いそれ程酷いダメージを

受けてはいませんでした。しかし雨ジミとは違う花粉によるシミが付いているのも確かです。

この時期ご入庫されるお車は通常の施工よりも花粉処理をする工程が増えます。花粉処理してから

磨かないと後々不具合が出る恐れもありますので!  花粉って意外な程、厄介なヤツらなんです(^^;)

ではそんな厄介なヤツらをスッキリとしていきましょう(笑)

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介です。

↓は現状です。

こちらも昨年ウインドウコーティングをしたのですが・・・

落ちてしまったようです。

古いコーティング&汚れのなどを除去していきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら完成です!

ウインドウコーティングの寿命はお車の保管状況や使用状況、さらにワイパーの作動頻度などによって

大きく異なってきますが、おおよそ半年~1年程でないかと思います。お客様の中には1年以上経過していても

まだまだ撥水が続いているお車もございます(*”▽”)  ウインドウコーティングをしましたらワイパーを

撥水ワイパーに交換して頂くとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びますのでお薦めです!

 

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

まずは洗車して鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますがお約束の・・・

黒いボディですと、なにがなんだか・・・(^^;)

鉄粉処理後に再チェックしましても・・・

なにがなんだか・・・(^^;)     全然伝わりませんね(汗)

写真ですとなにがなんだか分かりませんが作業しているとよくわかります。

今回の鉄粉の量はそれ程多くも無く少なくも無く・・・そんな感じでした。  全然伝わらない(汗)

鉄粉処理がおわりましたらマスキングをしていきます。

こちらのBMWも定期的に再施工にお越しくださるので過度な磨きはしていません。

磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが磨けば磨くほど塗装(クリヤー層)が薄くなって

しまいますので無理な磨きは今回はしていません。

その磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は前回と同様の・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

トランクも・・・

花粉ジミもサッパリとしました(^_^)/

ボディサイドは・・・

薄いシミやスクラッチも無くなって更にスッキリとしたんですが・・・写真だと違いが分かりませんね(^_^;)

でもホイールは・・・

全然違います。本当は茶色じゃなくてグレーなんです(笑)

そしてBMW320iのボディコーティング完成いたしました!

施工前は花粉がボディに付いていたので何となく茶色っぽかったんですけど

艶々のブラックボディに甦りました(^_-)-☆

黒いボディは汚れやスクラッチが多くなってくると白っぽく見えてきてしまい見た感じの印象が

大幅にイメージダウンしてしまいます。黒いボディを維持管理するのは大変難しいんですが、

リフレッシュすれば↑のように艶々のボディになりますので定期的なメンテナンス&再施工が

お薦めです!

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツC230ステーションワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティングです。

こちらのメルセデスベンツC230ステーションワゴンは2年ほど前にボディコーティングを

施工致しましたお車です。

定期的に再施工にお越し頂いており今回も再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

基本的にほぼ洗車していないとの事ですが、正直想像していたほどは汚れていませんでした(^^;)

もう少しアレかな~?と思っていましたがそうでもありません(笑)

では2年経過致しましたベンツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

アレどころかとてもお綺麗なんです! もちろん汚れは付いていますがシミもスクラッチも

凄く少なくてちょっとビックリしました(*^^*)

ルーフも・・・

シミ、スクラッチ共に少ないです!

ボディサイドも・・・

綺麗なんです!

しかし洗車はしていないとの事ですので・・・

所々にコケが生えていたり(^^;)・・・

モールの溝には汚れが詰まっています。

しかもこの型のベンツはモールがボディをグルっと一周していますので・・・

もれなく汚れが付いてきます(;’∀’)

そしてもはや定番となりました欧州車のホイール汚れは・・・

ブレーキダストで覆われていました(^▽^;)

 

前回のコーティングから2年経ちましたが塗装面自体は本当にお綺麗でシミ・スクラッチなど

とても少ないです。スクラッチが少ないのは、おそらく洗車していないからだと思います(笑)

洗車するとどうしても少なからず洗車キズと言うスポンジやセーム皮などで拭いた時に

付いてしまうキズが付きます。またコンパウンドの入っているケミカルを使うとコンパウンドで

キズも付いてしまいます。ですので洗車方法にもよりますが洗車頻度の多い方ほど、洗車キズが多く

付いている傾向です。逆に洗車回数が少ない方のお車の方が洗車キズがやはり少ないんです。

洗車しないと汚れたままですし、洗車のし過ぎもよくありませんし・・・ここが難しい所ですね(^▽^;)

ちょっと話がそれましたがベンツCワゴンのリフレッシュを進めていきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

ちょっと見にくいですけど結構多いです(^^;

リアも・・・

付いています。  鉄粉は白やシルバーのお車だと塗装面をよ~く見ると黒く点々と見えるんです。

黒い車だと見えませんが水を流しながら手で優しく撫でるとザラザラとした感触が手のひらに伝わって

きますので一度お試しください。

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリとしましたね!

リアも・・・

綺麗になりました。

触ってもスベスベです(笑)

その後にマスキングをして・・・

磨いていきました。

定期的に再施工に来られる&塗装面が綺麗ですので今回は過度な磨きはしていません。

磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回は前回同様・・・

PCX-S8でコーティングしました。

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、よりクリヤーで綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリです!

ボディサイドも・・・

写真だと違いが分からないかも??(^_^;)

でも・・・

コケは無くなったので違いがよく分かります(笑)

モールの溝もサッパリと綺麗です。

もちろんボディをグルっと一周見ても・・・

綺麗です! ある意味今回のハイライトです(笑)

モールの溝と同じくらい違いがわかりやすいのが・・・

ホイールです。こちらも一目瞭然です(^_^)/

そしてメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々お綺麗でございましたが、やはりコーティング後は艶も光沢もそしてクリヤー感も

一枚も二枚も上手です(^_-)-☆

お車がパッと明るく若々しくなりますね!  とても14年経過しましたお車には見えません!!

塗装自体も14年経ったようには感じられずまだまだしっかりとしていました。

塗装にも寿命がありまして、見るからに色褪せていればすぐに分かりますが、色はそのままだけど

劣化“している塗装もあるんです。

塗装も人と同じで見た目だけで判断してはいけません(笑)

また車のメーカーによって塗装の質も違い高品質な塗装のメーカーもあれば、そうでない塗装のメーカーも

あります。 塗装の質でお車をお選びになる方は少ないと思いますが(聞いたことないです(笑))

ご購入時にどちらの車にするか悩んだ時は最終的に塗装の質で判断するのも・・・

いいかもしれません(笑)     いゃ 聞いたことないって!!(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

メルセデスベンツC250ステーションワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティングです。

H27年式のメルセデスベンツC250ステーションワゴンです!

こちらは昨年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車になります。

今回は再施工のご依頼です。ありがとうございます。

普段はほぼ洗車されないそうで、この1年間で1~2回洗車機で洗ったくらいだそうです(^^;

では早速ですがコーティング施工から1年経過致しましたベンツCワゴンの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチなど非常に少なくてとてもお綺麗です!

よく見ますと写真には映らないような薄いシミや線キズはございますが、とてもお綺麗です(*’▽’)

ルーフも・・・

汚れは付いていますがルーフも塗装面自体はとてもお綺麗でございました。

ボディサイドは・・・

ちょっと見にくいんですけどドアノブなどから黒っぽく雨筋が付いていました。

コーティングが効いていますので、こびり付きはないんですけど雨が降るとどうしても雨の流れた跡が

付いてしまいます。

そしてリアは・・・

洗車していない感がハッキリと感じられます(^▽^;)

特に・・・

エンブレムの淵やモールの隙間などに汚れが溜まっていました。

そして輸入車のホイールと言えば・・・

ブレーキダストで真っ茶色です。

あえてカッコよく言うならばマットブロンズでしょうか??  まぁ、あえてカッコよく言う

必要もないかもしれませんが(^^;  何となく聞こえがいいじゃないですか(笑)

 

あちらこちらに汚れは付いていますけど塗装面自体は本当にお綺麗でした。細かく見ますと線キズや

細かなシミなどあるにはあるんですけど、パールホワイトと言う事もあって

ほぼ目立ちません。 それよりもモールやエンブレムの淵、窓枠の下などに汚れが溜まっていて

それが余計に汚れている感を助長させていました。

エンブレムの淵などは汚れが蓄積してくると、いざ汚れを落とそうとしても固まってしまって

なかなか落とせなくなってしまいます。

普段の洗車時にひと手間かけてエンブレムも掃除するといいのですが正直なかなかそこまでやられる方は

少ないと思います。 もう洗車マニアの領域です(笑)

しかし間違いなく仕上がり感は上がりますので細かな場所のお掃除はやってみる価値はありです!

皆様も洗車マニア目指してLet’s Try !!

いゃ別に目指してね~よ(;^ω^) って聞こえてきそうなので早速作業を開始していきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

 

沢山反応しました(T_T)  1年でこれ位付いたのでお車の保管場所が鉄粉が多めの場所なのかと

思います。

リアも・・・

凄く多いって訳ではなかったです。 しかし少なっ!つて訳でもなかったです(笑)

鉄粉処理をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!!

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

こちらのオーナー様は比較的短いスパンでコーティングにお越し頂いておりますので塗装膜厚を

維持する為にも今回は必要以上の磨きはしていません。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回同様こちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですと違いが分からないかも(^▽^;) でも細かな薄いシミも無くなってより艶やかになっております。

ルーフも・・・

クリヤーに仕上がっています!

ボディサイドも・・

スッキリです(^_^)/

そして洗車していない感が漂っていたリアも・・・

コーティングした感を味わって頂けると思います(笑)

もちろんエンブレムやモールの淵なども・・・

 

綺麗にクリーニング!

これだけでもお車の綺麗感が全然違っていきますので皆様もLet’s Try !!      しつこいって!!

そしてホイールです。

本当はこんなに綺麗なダークなシルバーなんです!

あえてカッコよく言うならば・・・ダークシルバーです!        他に思いつかなかった(T_T)

そしてメルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティング完成いたしました!

艶々に仕上がっております!

白さが増してスッキリと清潔感ある佇まいです(^_^)/

一番違いが分かって頂けるのはホイールでしょうか??(笑)

輸入車、特に欧州の車はブレーキダストの出る量が多くすぐに汚れてしまいます。

本当に直ぐです(^^;)

ブレーキの”効き“を重視するとどうしてもダストが多く出てしまうようで、そう聞くとダストが多いのも

しょうがないと納得してしまいますね(^^;)

でもやっぱりホイールは綺麗だと間違いなく洗車後の仕上がり感が上がりますのでホイールのお掃除は

隅々までやってみる価値はありです!  そんな貴方は洗車マニアの領域です(^_-)-☆

皆様も洗車マニア目指してLet’s Try !!            いゃ別に目指してね~って??

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングのコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW5ツーリングは昨年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

ちょうど1年経ちますが、その間に2回メンテナンスに来られておりますので今回は3回目の

メンテナンスとなります。

短期間でメンテナンスに来られておりますのでお車はもちろんお綺麗です(^^)/

ですので今回もあまりご紹介出来るような所も無いのですがビフォー&アフターで

張り切ってご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日の雨でまだ濡れています。 濡れているのでリアルな撥水状態が確認できます!

まだまだ弾いていますが若干水玉が潰れ気味ではあります。

オーナー様はコロコロの撥水がお好みなのだそうです(^_^)

アフターです↓

細かなシミやスクラッチは付いていますがとてもお綺麗でした。

撥水力も上がってコロコロになってるんですけど・・・すっかり写真撮るの忘れていました。

比較できないですね(ーー;)  すいませんm(__)m

ルーフも・・・

まだまだお綺麗です。

アフターです↓

ルーフもボンネットと同じで軽いシミやスクラッチはございますがお綺麗です!

普段は屋外の屋根なし駐車なんだそうですが、そう考えますとシミもとても少なくてお綺麗です(^_^)/

リアは・・・

特に目立つような汚れも無く・・・紹介する所も無く(笑)

アフターです↓

元々お綺麗なので(笑)

ボディサイドも・・・

濡れてはいますけど汚れらしい汚れはないですね~(^^;)

アフターです↓

 

写真ですと濡れているか濡れていないかの違いにしか見えませんね(^_^;)

このままですとビフォー&アフターの違いが分からないままブログが終わってしまうので

鉄粉の付着状況をご紹介をしていこうと思ったんですが・・・

鉄粉も少なかった~(^▽^;)

点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉なんですけど少ないですね~

リアも・・・

少なかったです。

それでも一応アフターです(笑)

よ~く見比べて頂ければ綺麗になったのが分かって頂ける・・・のではないでしょうか??

リアも・・・

綺麗になっていますよ(笑)

ホイールも・・・

軽く汚れていましたが本当に軽くです。

アフターです↓

サッパリとしました!

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介致しましょう。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも少し撥水力が落ちている状態でした。

弱まったコーティング剤を落としてガラス表面を綺麗にします。そしてよ~く乾燥させてから

ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロ撥水の出来上がりです。

そしてBMW5ツーリングのメンテナンス&ウインドウコーティング完成いたしました!

施工前と写真の色合いが違ってしまいすいません。

元々お綺麗なBMW5ツーリングですが艶感は更に上がっています(^_^)/

上がったのは艶だけではなく撥水力も上がっていますのでコロコロの水玉撥水がお楽しみいただけます!

その撥水ですがコーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でかなり撥水が弱っているお車もございます。

そんな時やコロコロの水玉がお好みでございましたら撥水コーティングをスピーディーに復元させる

簡易メンテナンス剤がございます。

 

 

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで撥水を復元します!!  いゃ~簡単ですね~(´▽`*)

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。美しいツヤ感と撥水効果をお楽しみください。

PCX-S8やPRO MAX EXEを施工のお車におススメです!

こちらは¥1,944(税込)になります。

R-511 ウォーターアドヴァンスは簡単便利で、いい艶が出ますので是非一度お試しください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ポルシェ911ターボのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはポルシェ911ターボのボディコーティングメンテナンスです!

メンテナンスのご紹介が続いていますが今回もメンテナンスです(笑)

こちらのポルシェはコーティング施工から約2年半ほど経過致しましたお車です。

今回は初めてのメンテナンスになります!

2年半経過していますがお手入れと保管状況が良いようでまだまだピカピカです(^_^)/

とてもお綺麗でピカピカなんですがピカピカならピカピカなほど困ることが1つだけございます。

それは・・・そう。私のブログです(笑)  ご紹介出来る所がございません(^^;)

もちろんピカピカに乗られていてとても嬉しいんですけどブログ的にご紹介出来る所がなくて・・・(笑)

そんなピカピカなポルシェ911のメンテナンスを今回も頑張ってご紹介していきましょう!

 

↓はボンネットです。

流石に2年半経過していますので洗車キズは付いています。しかし気になるようなシミもなく

とてもお綺麗です!

↓はアフターです↓

同じ写真ではございません(笑) アフターです!

見ての通り写真ですと違いが分からないと思います(^▽^;)

それほど元々がお綺麗だったという事です(笑)

ルーフは・・・

ボンネットに比べますとスクラッチが多いです。

と言う事で今回は軽~くルーフだけ磨いています。

スクラッチがだいぶサッパリとしましたね! ごく軽い磨きですので深いキズは残っていますけど

サッパリ感は全然違います。

それとボディサイドは・・・

ごくごく軽い汚れが付いていました。

もうそれくらいしかご紹介出来る所がございません(汗)

アフターです↓

ご紹介する程の汚れではなかったんですけど(笑)綺麗になりましたよ~(^^;)

そして早くも最後のホイールです。

ブレーキダストで汚れています。

アフターです↓

ホイールは塗装の痛みがやや進んでいたので無理しない程度の洗浄に留めました。

ですのでリムなど落ち切れない黒ずみなどが残っています。

ここはオーナー様の了解を頂きました。

そしてポルシェ911ターボのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。

写真ですと違いがわからないですね~(^^;)

しかし現車の方は光沢も上がって更にピカピカになっています!

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~やっぱり違うな~』とお喜びになられておりました。

今回のポルシェはお手入れと保管方法がよかったので2年半経過とは思えない程お綺麗でしたが

ブラックはどうしてもホワイトなどのライトカラーのお車に比べてお手入れが大変です(汗)

そしてシミが付きやすくて目立ちやすいです(^_^;)  特に屋根なしの駐車場であまりお手入れしないで

放っておくとアッと言う間に大変なことになります。黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れが必要に

なってきますが、その苦労と引き換えにライトカラーには無い独特の艶感と景色の映り込みが味わえます(笑)

これがやはりブラックの魅力ですよね(^_^)/

 

そして最後にお知らせを失礼いたしますm(__)m

今月はキャンペーンを開催しております!

毎年この時期恒例となりました 『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も始めました!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン』です(笑)

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

詳しくはこちらをご覧ください!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン!!』

宣伝でした!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。