赤いMINIクロスオーバーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはミニ クロスオーバーのボディコーティングです!

H23年式のミニクロスオーバーです! 赤/黒のツートンカラーですが赤と言うより朱色と言う感じでしょうか??

ややオレンジがかったとても発色のいい赤色です(^_^)/

オーナー様曰く・・・神社の鳥居の色。 確かにそう言われればそれが一番近いような気も致します(笑)

でも鳥居の色なんて何だか後利益がありそうでいいじゃないですか!! つい拝んでしまいたくなります(^^;)

そんな後利益カラーのクロスオーバーですが月日の流れにより塗装面も傷みが感じられるようになって・・・

今回ボディコーティングのご依頼を頂きました。  しかも遠方よりお越し頂きましてありがとうございます。

では早速ですが現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。 結構シミが・・・(^^;)

↑こちらもボンネットですがシミでシミシミです。そしてガサガサです(^^;

ルーフはブラックと言う事もあってキズが目立ちますね(涙)

ボディサイドもくすみが進んでます。写真ですとかりにくいんですがルーフ同様ボンネットやボディサイドも

実は線キズが沢山ついてます。  目立たないだけです(^▽^;)

リアゲートも同じです。

ピラーもキズとくすみでだいぶ傷んでます。

フェンダーアーチも色が褪せはじめてます。 若干縞模様気味です(^▽^;)

ホイールも外車らしく(笑)ブレーキダストで汚れてました。

発色がいい赤ですので一見お綺麗に見えますが近くで観察しますと年式相応の汚れと言うか塗装面の傷み具合が

確認できます。 それとフェンダーアーチなどの樹脂パーツも色が褪せてきてますので全体的な印象も

ややお疲れ気味に感じてしまいます(>_<)  折角の後利益カラーがこれではもったいないです。

後利益パワ-が上がるようリフレッシュしていきましょう!!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウから見ていきましょう。

↓は現状です

フロントウインドウは油膜の付着も少ないですね!  気のせいか私、カメラ目線のような気もしますが(笑)

どの角度から見ても私と目が合いますよ。 フフッ( ̄▽ ̄) お試しください!

サイドウインドウとリアはウロコが結構アレですね・・・(涙)

気を取りなおして頑張って作業を進めていきましょう!

頑張った結果・・・

だいぶ綺麗になりましたよ。  よかった~(*´▽`*)

撥水もバッチリと効いてます!!

 

そしてボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこなっていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。 赤いボディに紫色は・・・

よ~く見て頂くと確認できます。   しかも結構付いてます。でも年式を考えますと特別多い訳では

ございません。

リアも結構付いてました。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

綺麗になりましたね!!

リアもいい感じです! 鉄粉が多く付いていますと洗車時にスポンジの滑りが悪く手で撫でるとザラザラです。

皆様のお車は大丈夫ですか?? 洗車時に一度水を掛けながら手で撫でて確認してください。

ザラザラしていたら鉄粉だらけかもしれません。 鉄粉以外の場合もありますけど(;”∀”)

鉄粉除去が終わりましたら・・・

マスキングをしてポリッシング準備が整いました。

今回は磨き3工程で仕上げております!

そして使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに求められた性能が集結しました

カービューティープロの最上級コーティング剤『PRO MAX EXE』でございます!

水玉コロコロの高撥水タイプです!

プロマックス・エグゼの詳しい事はこちらからどうぞ  →  PROMAX・EXE

 

それとフェンダーアーチ部の樹脂コーティングのご依頼も頂いておりますので・・・Let’s樹脂コーティング!

色褪せていたフェンダーアーチもツヤッツヤです!!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミでシミシミだったボンネットもクリヤー感を感じて頂けると思います!

こちらも↑ボンネットです ガサガサだった塗装肌もだいぶツルン!としましたよ~(^_^)/

ルーフもくすみが無くなってクリヤーになりました。 深いキズは残ってますがサッパリとしましたよ!!

ボディサイドもいい感じです。

リアもいいですね!!

黒く艶やかに!!縞模様も目立たなくなりました!

ピラーもくすみが取れてスッキリとしました。

ホイールとタイヤも綺麗に艶出しをしましたら・・・

ミニクロスオーバーのボディコーティング完成いたしました!!

綺麗になりました(^_-)-☆ キリっと男前です!! そして後利益カラー復活です!!

気分も上がり運気も上がりそうな予感です(笑)

赤いボディも勿論、艶々で綺麗になりましたがフェンダーアーチが黒くなったことでお車全体をキリリッ!と

引き締めてメリハリのあるボディに仕上がりました!!

オーナー様も『凄い~!ピカピカだぁ!!』『新車みたい!いゃ新車時よりピカピカかも!』と、一緒に来られた

奥様共々とてもお喜びになられており、オーナー様が『ありがとうと!』と手を出してくださったので男同士の熱い

握手をガッチリと交わしました!! そして夫婦共々ニコニコ笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。握手嬉しかったです(*^^*)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アバルト500の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアバルト500のボディコーティングメンテナンスです!

こちらのアバルトは2回目のメンテナンスになります!

上のお写真ですと艶もあってお綺麗な感じですけど至近距離で見ると時間経過に伴うそれ相応の

汚れが付いております(^^; 逆に汚れていてもこれだけ艶感を感じられるんですからいいと思います(笑)

今回のメンテナンスはbefore & afterでツラ~とご紹介していきましょう!

 

早速ボンネットからツラ~とどうぞ~!!

ビフォーです↓

ホワイトですのでシミやキズは目立ちますが、やはりよく見るとシミが付いてます(^^;)

アフターです↑  メンテナンスではポリッシングしませんのでシミは残ってしまいますが、それでもスッキリ感と

サッパリ感は全然違います!

↓はルーフです。

ビフォーです↑  写真だと分かりにくいんですが全体的に薄っすらと汚れています。

アフターです↑ こちらもサッパリとしましたね(^_^)/

↓はボディサイドです。

ここは汚れがわかりやすくてよかった~(笑)

アフターです↑ 綺麗になりました! やけに写真の色合いが違っちゃいましたが(汗)  m(__)m すいません

↑こちらはリアのエンブレム回りです。 エンブレム回りは汚れが溜まりやすいんですよね~( ;´Д`)

こちらも綺麗になりました。

給油口の中もシミが・・・

アフターです↑シミもだいぶスッキリとしました! 長期間放置しておくとシミが取れなくなることも多いです。

それと今回のメンテナンスは鉄粉除去を行うコースでしたので・・・

鉄粉の付着状況もご報告いたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットはやや多めでしたが・・・

リアはだいぶ多めでした(;”∀”)

鉄粉除去後です↓再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

綺麗です!  リアも・・・

綺麗になりました!!

タイヤとホイールは・・・

ブレーキダストで茶色く汚れてました。

こちらも本来の色を取り戻しましたら・・・

アバルト500のボディコーティングメンテナンス完成いたしました!!

コーティングもまだまだ効いてますのでメンテナンス前でも艶もあってお綺麗でしたがメンテナンスいたしますと

艶も光沢感もワンランクUPの仕上がりです! メンテナンスでもここまで艶々になります(^^)v

綺麗だとお車の雰囲気まで変わるから不思議です(笑)

メンテンス後の方が車の『迫力』と言いますか『やる気感』と言いますか『速そうな感じ』が違うと言いますか(笑)

とにかく雰囲気が違ってきますので、お時間がございましたらメンテナンス前の写真とメンテナンス後の写真を

見比べてください! メンテナンス後の方が『速そうな』感じがしますよ(笑)  と思うのは私だけでしょか??

 

コーティングはメンテナンスが重要です。メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は使用状況や

保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

コーティングは決して安いものではありません。ですのでコーティングを長持ちさせて、お車の美観を維持する

為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的におこないましょう(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフ6ヴァリアントのメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVW ゴルフ6ヴァリアントのコーティングメンテナンスです!

こちらは昨年の7月にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。 およそ1年ほど経過致しました。

上のお写真ですと艶もあってお綺麗な感じです!感じなんですが・・・

確かお車を止めている場所が木の下だったような・・・(^^;)1年経過の黒いお車、そして木の下の駐車場・・・

条件的にはかなり厳しい環境です(汗)

 

今回のメンテナンスはビフォー&アフターでご紹介していきましょう。ではどうぞ~

まずはボンネットからです。↑はビフォーです。やはりそれなりの痛み具合ですね(^_^;)

そして↓はアフターです。

シミが残ってしまいますがメンテナンス前にに比べますと汚れが落ちて塗装表面がだいぶスッキリとしました!

↓はルーフです。

こちらもやはり木の下と言うことで鳥糞攻撃によるダメージも何ヶ所かございます。

ダメージだけでなく鳥糞そのものも付いてました(笑)

メンテナンス後です↑

鳥糞そのものは除去できましたが(笑)残念ですが鳥糞攻撃によるダメージは残ってしまいます。

写真はシミやキズがわかりやすいようにライトを当ててますので実際に目て頂くとここまでは目立ちません。

ココにも木の下感が出てますね(^▽^;)

 

ここはシミもなくサッパリとしました!

給油口の中は・・・

少し汚れ気味です。

ここも綺麗ですと気持ちいいですよ(^_^)/

ホイールはダストで汚れてますが、欧州車は凄く汚れるイメージなんで正直思っていたより綺麗です(笑)

ホイールは1年前にホイールコーティングしてます!

まだまだバッチリとコーティングが効いてますね!!

ホイールコーティングしているとダストのこびり付きが少なくてお掃除が楽ですよ!

艶々ですヽ(^。^)ノ

それと何ヶ所かに・・・

擦った跡でしょうか??気になりますので・・・

除去しておきました。

こっちのキズはもっと気になりますので(笑)

こちらも綺麗にしておきましたよ~。

 そしてVWゴルフ6ヴァリアントのコーティングメンテナンスは完成です!!

いかがでございましょうか。

先ほども少しご覧いただきましたように近くで見ますとシミやキズは残っております。

残ってはいますがクリヤー感と艶感はメンテナンス前とは段違いです(^_-)-☆

メンテナンスでもここまで綺麗になるんです!!

 

オーナー様も『ピカピカだぁ』と、とてもお喜びになられておりました。ありがとうございました。

オーナー様はこちらのゴルフヴァリアントには長くお乗りになるご予定なんだそうです。何年、何十年経った時に

愛車がお綺麗ですとやっぱり嬉しいですよね。その嬉しさ目指して張り切っていきましょう~ヽ(^。^)ノ

もちろん私もお手伝いさせて頂きますよ~(笑)

実は私も楽しみなんです(笑) 1台のお車と長いお付き合いをさせて頂くと私の車ではありませんがやはり私も

愛着が湧いてくるものです(*^^*) ですので数年後、数十年後お車の状態がどうか??今から楽しみです!!

 

コーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

また、当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいます。余りに

シミやキズが酷くてが気になるようでしたら、ポリッシングありのメンテナンスなども承っておりますので

お気軽にご相談ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー・TWINGOのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー・トゥインゴのボディコーティングです!

ブルードラジェと言う淡いブルーの新車のトゥインゴです!!

いや~なんか、店内に置いておくだけでもパリの風が薫ってきますね~ヽ(^。^)ノ

なんでこうフランス車ってオシャレなんでしょうね~。

こちらは昨年に注文を入れたそうですが、想像以上の人気で注文が殺到して納期が当初の予定よりだいぶ伸びて、

やっと納車となられたそうです。 待つのはつらいですけど逆に納車時は嬉しさ倍増ですね!

そんなブルードラジェのトゥインゴの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れてます。

細かい所の汚れが気になってしまいます(^^;)

ルーフが軽く汚れていますが基本的にお綺麗です!

とは言え・・・下の方は・・・(笑)

ボディサイドも基本お綺麗です。

まだ走行距離は少ないんですが・・・ブレーキのダストが結構気になりますね(^^;

新車ですので基本的にお綺麗なんですが、全体的に少し塗装が曇り気味なんです。お車の色的に?又は写真を

取るのが下手的に?イャイャ・・・カメラの性能的に?? 上の写真ですとわからないです(^^;) すいません。

と言うことで、スカッ!とした塗装肌目指して早速作業を始めていきましょう! 作業開始!!

 

まずはオーナー様のご依頼で・・・

↑の黒いストライプを剥がします! 完成は後ほど(笑)

そしてウインドウコーティングに作業は進みます。まずは現状確認します。

↑綺麗ですね! これでも水が掛かってるんですよ。水を弾かずに綺麗に親水してます。

綺麗でも下地作りから初めていきますよ~(^_^)/ 下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティング!最後に撥水チェックをおこなったら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

(;”∀”) けっ 結構ついてますね・・・

リアも多めです(汗)

新車でも結構付いる事が多いんです。特に輸入車の場合ですと工場を出てお客様に届くまで、保管や輸送時間・

輸送経路によって鉄粉が多く付いてしまう事が多いです。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもいいですよ~(^_^)v

そしてマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました! あっ!ストライプがない(笑) 完成前に見えてしまった(;’∀’)

気を取り直して(笑)磨いていきましょう!!今回は軽めの磨きで曇りを除去して塗装表面を整えていきました。

そして整った塗装面には今回はこちらのコーティング剤で・・・

コーティングしました(^_-)-☆

水が幕状に流れ落ちるため防汚効果に優れ、雨シミなどの付着が少ない親水タイプのPRO MAX・PX-V300です!

PRO MAXシリーズは撥水タイプのPX-V200、低撥水タイプのPX-V250、親水タイプのPX-V300の3種類から

お選び頂けます!

そして作業順は前後しますがウインドウフィルムのリア3面のご依頼も頂きましたので・・・

いつもフィルム張りをお願いしている”フィルムのプロ!”に依頼して張って頂きました! さすが上手いです!!

しかもピッタリです!? 何がって?? もちろんツナギの色とボディの色がですよ(笑) トータルコーディネート

しちゃってます。こんなところにこだわりるのも”プロ”です( ̄▽ ̄)

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですよ~。

綺麗になりましたが・・・汚れが溜まりそうな形状ですね(笑)

ルーフもスッキリとしました(^^ゞ

下の方もサッパリとしました。

曇りが取れてライトの映り込みがキリッとしたのがわかって頂けると思います。

黒くなりました(笑)

そしてブルードラジェのルノー トゥインゴ、ボディコーティング&その他諸々(笑)完成いたしました!!

いかがでございましょうか。 施工前に比べますとかなりスッキリとした印象です!

それもそのはず!ストライプがないからですね(笑)ストライプが無いだけで印象が随分と違いますね(*´▽`*)

オーナー様も最初はストライプを剥がすのは少しためらいがあったご様子でしたが・・・やっぱり剥がして

正解! 最近同じ色の同じ車をちょくちょく見掛けるようになっていたので逆に違いが出て良かった!!っと

とてもお喜びになられておりました。 ちょっとした違いですがオンリーワンの出来上がりです(^_^)/

話がストライプに持っていかれましたが(笑)もちろんボディもピカピカになり2重のお喜びでございました!!

 

ルノー トゥインゴいいですね~。 スタイルも良いですしインテリアもオシャレな仕上がりでした。国産の

コンパクトカーに比べてしまうと確かに室内は狭いですが普段使いには十分です! そして何よりカワイイです。

可愛いけどよ~く見れば見るほどカルロス ゴーンさんの顔に見えてくるのは私だけでしょうか??・・・

と言うことは逆にゴーンさんはよく見ればカワイイ顔しているってことでしょか?? なんて事を勝手に考えている

カービューティープロ・カラーズの寺尾でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

今月はキャンペーン開催しております!

早いものでもう6月です!当店のある神奈川県では梅雨入りしました(^^;)

ちょっと憂鬱な梅雨を少しでも快適に過ごしていただく為に今月は梅雨にぴったりの

キャンペーンをご用意いたしました(*’▽’)

キャンペーンの詳しい内容はこちらからご確認ください! →  6月のキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。 この機会をお見逃しなく!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

アウディA1のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です!

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のコーティングメンテナンスです!

昨年の12月にコーティングを施工させて頂きましたお車です。

この距離から見ますと艶々でお綺麗に見えますが・・・ボディの状態やいかに!

では早速アウディA1の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

よ、汚れてます(^_^;) 花粉と黄砂の時期が落ち着いた時期(5月の出来事です)にメンテナンスにお越し頂き

ましたので、なかなかの斑模様です(笑)

ルーフも同じく、なかなかいい斑模様ですね(笑) 黒なんで余計に汚れが目立ってしまいます。

リアハッチも同様です。

ホイールはダスト汚れが少なくてお綺麗ですね!

全体的に見ましても花粉と黄砂でボディが覆われていて美観が残念な事になっていました。ただ汚れている割に

艶があって数メートル離れてみますと汚れが目立たず、いい感じに見えます(^▽^;)

 

そして作業ですが、今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはそちらからご紹介して

いきましょう!

↓は現状です

かろうじて撥水している感じですね。 でも中途半端な撥水は逆に視界不良になることもありますので

早めに再施工がおすすめです。

古い撥水を除去してガラスを綺麗にリセットします。

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33で撥水処理します!

最後に撥水チェックをおこないウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングはこれからの季節には欠かせないアイテムですよ(^_^)/

 

そしてボディです。まずは洗車して・・・いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を致します。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますがお察しの通り・・・

黒いボディですと確認しにくいです(汗)

鉄粉除去は優し~くおこなっていき、その他の細部の洗浄などもお車の状態に合わせてその都度、使うケミカルや

作業方法を変えたりしてメンテナンス作業を行っています!

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

だいぶ綺麗サッパリしましたが深いシミの輪郭が残ってます。

ルーフもよく見ればシミや線キズなどございますが綺麗になりましたね!

リアハッチも綺麗になりました。

ホイールとタイヤも艶出しをおこない・・・

アウディA1のコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。 今度は近くで見ても綺麗ですよ(^_-)-☆  当店のメンテナンスでは基本的にポリッシングは

行いませんので深いシミやキズは残念ですが残ってしまいます。でも屋外屋根なし駐車の黒いボディと考えれば

シミも少なく艶もバッチリでコンディションは上々だと思います(^o^)丿

オーナー様も『ピカピカだ!』とお喜びになられておりました。 やっぱり綺麗だと嬉しいですよね!

ありがとうございました。

 

コーティングしていてもお車は徐々に汚れてきますし艶も引けて撥水性能も落ちてきます。メンテナンスでは

弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると

綺麗な状態を維持しやすくなりますしコーティングも長持ち致します。ですので定期的なメンテナンスが

おススメです!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

今月はキャンペーン開催しております!

早いものでもう6月です!当店のある神奈川県では間もなく梅雨入りです(^^;)

ちょっと憂鬱な梅雨を少しでも快適に過ごしていただく為に今月は梅雨にぴったりの

キャンペーンをご用意いたしました(*’▽’)

 

キャンペーンの詳しい内容はこちらからご確認ください!→6月のキャンペーン!

 

まさに梅雨にぴったりの内容になっております。 この機会をお見逃しなく!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

C63AMGのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC63AMGのコーティングメンテナンスです!

こちらのC63AMGは昨年の夏にコーティングを施工させて頂きましたお車です。

約9ヶ月ほど経過しており、艶も少し引けてきたかな?との事でメンテナンスのご依頼を頂きました。

とは言いましても屋外屋根なし駐車との事ですので少しは汚れてはいますが基本お綺麗です(^_^)/

では約9ヶ月経過致しましたC63の各部の現状と仕上がり具合を今回はビフォー&アフターでご紹介して

いきましょう! ではどうぞ~。

 

まずはボンネットのビフォーです↓

少し??汚れてはいますがキズやシミは少ないですね!

アフターです↑ サッパリとしました。シミ少ないです(*’▽’)

ルーフです。こちらも少しばかり(笑)汚れてますがシミもキズもあまり気になりませんね!

そしてアフターです↓

状態はいいですよ~!

ボディサイドも・・・

若干の雨筋があります。これだけでダラ~とした印象に見えてしまいます(^^;

6.3AMG!って感じに戻りました(笑) これだけでもシャキッとした感じになるから不思議ですね!

トランクも軽く?水アカに覆われてましたが・・・

綺麗になってます。

それとリアのディフューザー部は・・・

だいぶ汚れてました(^▽^;)ここは約2年ほど前に樹脂コーティングを施工致しましたが少し落ちてきた感じ

との事でしたのでリアディフューザー部は今回再コーティングのご依頼を頂きました。

洗えばまだまだ綺麗だと思ったんですが、こうやって塗り比べるとやっぱり違いますね!

やっぱり綺麗です(*^_^*)

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

リア周りはそれなりの量ですがボンネットやルーフはそれ程多くはありませんでした。でもボディサイドは

ホイールからのダストでやはりそれなりに・・・(^▽^;)

鉄粉除去後です↑ サッパリとしました。

給油口の中には桜の花びらが・・・季節も感じます(笑) と言うよりメンテナンスしたのに桜吹雪で桜だらけに

ならないように実はオーナー様は桜の花が散るのを待ってからメンテナンスに来られたんです! さすがです!!

と言うことで今年の桜はこれで完全終了としました(笑) また来年!!

ホイールはダストで茶色と化してます(^^; これはしょうがないですね。高性能車の証です!!

本来はこんなシルバーなんです(笑)

そしてメルセデスベンツC63AMGのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。 コーティングもまだまだ効いてますので洗車した時点でも十分綺麗になったんですが

更に突っ込んだメンテナンスですとやはり洗車以上の仕上がりです!

艶も光沢感もワンランクUPの仕上がりです! いゃそれ以上です(^_-)-☆

オーナー様は『やっぱり違うね!ピカピカだぁ』と、とてもお喜びいただけたご様子でした!

ありがとうございます。

 

ボディコーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早いダークカラーで

屋外屋根なし駐車のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします。

逆に屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと1年ごとでも十分な場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングもそれぞれ違ってくると

思います。 『判断つかないよ~・・・』とお困りでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ボルボV60クロスカントリーのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV60クロスカントリーのコーティングメンテナンスです!

こちらのV60クロスカントリーは半年ほど前に当店でコーティングを施工させて頂きましたお車です。

半年ほど経過しておりますが艶・光沢感共に申し分ございません!

しかし半年もしますと多かれ少なかれ何かしらあるのも、また事実でございまして・・・

では早速ボルボV60クロスカントリーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れてはおりますが、良い艶出てますね~(^_^)/

ルーフです。よく見ると細かなシミが無数に付いてます(汗)何のシミでしょう?? ウォータースポットのような

雨水によるシミではないような気がします(・.・;) 何だろう・・・

ボディサイドはよ~く見ますと雨筋が付いてます。

下の方も泥ハネによる汚れが付いてます。

ホイールはブレーキダストで汚れてます。

全体的にボディを見ますと艶があってお綺麗です!ダークカラーのお車は保管状況やお手入れ状況によっては

半年もすると光沢や艶が少しづつ引けてくる場合もございますが、こちらのV60はツヤピカの状態でございました!

ルーフのシミは気になりますが・・・(^▽^;)

 

メンテナンス作業ですが、今回はSPメンテナンスでの作業のご依頼ですので鉄粉除去を行います。

まずは洗車を行って鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応して・・・

と言いたいところなんですが・・・黒いお車ですと写真ではよくわかりません(^^;

ちなみにですが当店のメンテナンスはスタンダードメンテナンスとSPメンテナンスの2つのコースがございます。

SPメンテナンスは鉄粉除去を行いますので鉄粉が多く付いているお車や鉄粉が付着しやすい環境(交通量の多い

道路沿いや線路の近く・工場の近くなどに駐車している)のお車はこちらのコースがお薦めです。

 

優し~く鉄粉を除去しましたら細部の細部の洗浄などもおこないます。そしてお車の状態によってクリーナーを

使い分けて汚れを落としますがアレにはアレがいいかな?コレにはコレがいいかな??と色々考えながら工夫して

作業をしております(笑) そして最後にメンテナンス剤を塗り、荒れたコーティング表面を整える事で撥水性と

艶を取り戻してあげます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

深いシミの輪郭などは残ってますが、だいぶサッパリとしましたね!

ルーフのシミも除去できました! よかったよかった!(^^)!

雨筋もスッキリ!  しかし綺麗になるとメタリックがよく見えますね(笑)

サイドも問題なく綺麗になりました。

これが本来のホイールの色なんです(*’▽’)  ビバンダム君も艶々です!

そしてボルボV60クロスカントリーのコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。元々艶・光沢感共に申し分ない感じでしたが・・・やっぱりメンテンス致しますと

違います! 艶・光沢感共に更に上です!(^^)!

ツヤピカボディコーティングがツヤツヤピカピカになった感じです(笑)

 

コーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

特に今回のお車のように知らないうちに『何だかよくわからないシミ』などが付いている場合もございます(^^;)

『何だかよくわからないシミ』や『何だかよくわからない汚れ』などは早めに処置をした方が良いと思います。

気になる汚れやシミなどございましたら早めにご相談ください!!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノーカングーのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー・カングーのコーティングメンテナンスです!

こちらは半年ほど前にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。コーティングから半年の

タイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

確か「ジョン アグリュム」と言うボディカラーでしたよね? うん、間違いない(*’▽’)

そんなジョンですが(勝手に命名)この半年間で洗車は・・・オーナー様が『していない』又は『1回』と

おっしゃっていたような・・・ごめんなさい。どっちか忘れてしまいましたm(__)m

とにかくほぼ『していない』事に間違いはありません(^▽^;)

と言うことでご入庫時は結構な ヨ・ゴ・レ 具合でした(笑)

 

今回のメンテナンスはビフォー&アフターでご紹介していきましょう。  ではどうジョン!  (;”∀”)

まずはバンパー部からです↓

↑はメンテナンス前です。水アカでだいぶ黒ずんでいます(汗)

↑はアフターです。やけに黄色が濃く写ってますが・・・そこは気にしないでください(^▽^;)

カメラが勝手に補正してしまうんです(汗)すいません。

水アカによる黒ずみが無くなってスッキリとしました。   そこは気にして見てください(笑)

↑こちらはルーフです。一見お綺麗に見えますが・・・よ~く見ると水アカで黒ずんでおります。

アフターです↑ よ~く見てください・・・綺麗になってます!!

リアゲートもかなりアレですね(笑)

アレじゃなくなりました(^_-)-☆

ボディサイドも雨筋でシマウマ状態です。 もう少し進めばキリン状態になりそうです(笑)

キリンにさせません。    ̄ー ̄)ニヤリ

ホイールの汚れもアグレッシブな感じでした(笑)

半年分の汚れをリセットしました!

それと今回メンテナンスと同時にウインドウコーティングもご依頼も頂きましたのでウインドウも

見ていきましょう!

↑現状です これ水掛かっている状態なんです。 油膜の付着もあまりなくお綺麗でした!

↑こちらはリアです。 リアは若干油膜が付いてました。

ガラスを磨いてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

アフターです↑  気持ち良く撥水しています (⌒~⌒)ニンマリ

リアもコロコロです!

そしてルノーカングーのボディコーティングメンテナンス完了致しました!

ジョン アグリュ~ム!!   艶々のジョンの出来上がりです(^.^)/

メンテナンス前に比べてボディに張りが出て質感が上がりました。少しお疲れ気味だったジョンが健康的に

輝いて見えます(*^▽^*)  お綺麗になった愛車に再会したオーナー様もとても喜んで頂けたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今回半年ほど、ほぼ洗車していなかった状態で水アカでボディが黒ずんでいましたが、水アカのこびり付きは

無くスポンジで軽く擦るだけで落ちました。コーティングが効いている証拠です(笑)

さすがにシミなどは付いていてメンテナンスでは落としきれませんでしたがだいぶサッパリと出来ました。

コーティングしていてもお車は徐々に汚れてきますし艶も引けて撥水性能も落ちてきます。メンテナンスでは

弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると

綺麗な状態を維持しやすくなりますし、コーティングも長持ち致します。ですので定期的なメンテナンスが

おススメです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

C230ステーションワゴンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティングでございます!

こちらのC230は前回のブログでご紹介致しましたBMW120i同様、1年ほど前に当店でボディコーティングを

施工させて頂きましたお車です! 前回のBMW120iと同じオーナーさんのお車でございます。

いつもありがとうございます。 今回こちらのC230もボディーコーティングの再施工のご依頼です。

前回ご入庫された時はかなりの汚れた状態でございましたが(笑)・・・はたして今回は如何に!!

ちなみに前回の様子はこちらです。 → 前回の様子。

では現状確認していきましょう! どうぞ~。

まずはボンネットからです。

少し線キズが目立ちます。

ルーフは綺麗ですね! ただ・・・

何故かエンブレムや・・・

モール類などの隙間は前回ほどではないものの・・・(^_^;)

リアゲートを開けた所にも汚れが溜まってました。

ホイールはブレーキダストに汚れがかなり酷いですね。 ダストコーティング状態です(^▽^;)

でもメルセデスでは標準的な汚れです(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ表面はシミは少なく艶もあり基本お綺麗なんですが、エンブレムやモールの

隙間などの汚れは前回程ではないんんですけど結構汚れが溜まってました(^▽^;)

 

では作業を開始して行きましょう。今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、

そちらからご紹介していきますしょう。

まずは現状確認です↓

まだ撥水はあります。しかし撥水力は弱まってきている様で少しダラ~とした撥水ですね。

弱まっているコーティングを除去して一旦リセットします。

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを行い撥水チェックをしたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

続いてはボディです。

こちらはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応致します。

前回までの黒い車シリーズと違い鉄粉の反応がわかりやすいですね(笑)

リアも少し多めに付いてました。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

いい感じですね!

リアの鉄粉も綺麗になりました。

そしてマスキングをして磨き準備が整いました。ここまでが磨きを入れるための準備です(^^)/

そして磨いてまいります。こちらのお車は毎年コーティングに出していたそうです。前回は当店で施工させて

頂きましたがその前までは他店で施工しておりましたので、どの位の量を研磨してきたかわかりません。

ですのでクリアー層がだいぶ薄くなっている恐れもあります。と言うことで磨き過ぎは危険かと思い今回も

キズやシミも少ないのでキズの除去などは深追いせずに磨き過ぎないよう磨いていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はPCX-S8です! PCX-S7が続いてましたので久々の登場です(^o^)丿

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽い線キズは取れてますが深いキズやシミなどはよ~く見ると残ってます。 でも普段はわからないと思います。

ルーフも綺麗です。

そしてエンブレムも・・・

モールの溝も・・・

リアゲートも綺麗になってます。 今回も細かな所の洗浄(ディテールウォッシュ)楽しめました(笑)

ホイールもシルバーに色替え?出来ました~(´▽`)

そしてメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーテイングの完成いたしました!

いい艶に仕上りました! お車の印象が明るく華やかになったと思います。

ホワイトやシルバーなどのライトカラー系のお車はブラックなどのダーク系の色に比べると、どうしても艶が

感じられ難いんですが、磨きを入れてあげるとご覧の様に艶々に仕上がります!

特にこちらのシルバーは光沢感の高いとても綺麗なシルバーですので尚更です(^.^)/

塗装の厚みはお車よって違いがございますが、おおよそ約100~150μ程と言われております。最近の車は

もっと薄く80~100μ程の車も少なくない様です。私たちコーティング屋や磨くクリヤー層はそのうちの

20~60μ程でしょうか。 非常に薄い層なんです。この薄い層に付いているキズやシミを研磨して除去すると

当然クリヤーは薄くなってきます。 確かにキズやシミのない塗装肌は気持ち良く綺麗なものです。

だからと言って毎回キズを除去するために研磨量を増やせばアッ!言う間にクリヤーが無くなってしまいます。

ですのでカービューティープロ・カラーズでは無理にキズを消すために深追いはしません!!

今回のオーナー様の様に毎年コーティングしたいと事前に仰って頂けるとそれに沿った磨きが出来ますので

非常に助かります(笑)

深いキズは残ります。深いシミも残ります!でも艶のあるボディには仕上がります(^_^)/

限りあるクリヤー層は大切に!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW120iのボディコーティングです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回は遂に黒い車シリーズ4部作の最終話! 黒い車シリーズ第4弾のBMW120iのボディーコーティングです!

色はもちろん・・・

今回も黒です!

こちらは1年ほど前に当店でボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。まだ1年ですがコーティングの

再施工をご希望との事でお越し頂きました。ありがとうございます。

 

では早速、施工1年経過いたしましたBMW120iの現状を確認していきましょう!

↑はボンネットです。 結構シミが付いてますね(^^;)

こちらはルーフです。乾いたタオルか何かで拭いたのでしょうか?ルーフ全体ではないんですけど

拭きキズでギラギラとしていました。

ボディサイドも一部ですがギラギラとしています。何故でしょう??

リアゲートの中もだいぶ・・・(^^;

給油口もそれなりに(笑)

全体的にややお疲れ気味です。まだ1年なんですけど結構傷んでいました(^▽^;) シミも気になりますが

ルーフやリアフェンダーに付いている拭きキズと思われるギラギラが少し目立ちます。 でもルーフは普段あまり

見えないと思いますけど私的に凄く気になります(*´з`)

この気になる所を直してまたピカピカのボディにしていきましょう! 作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはそちらからサラ~と見ていきましょう。

現状です↓

だいぶ撥水が落ちてきてます。

弱まった撥水コーティングを除去していきます。

↑こちらは綺麗になったガラスに水を掛けた状態です。油膜や撥水剤を除去したガラスはこの様に水が

ガラスに均等に膜状に広がる親水状態になります。このままですと油膜が直ぐに付いてしまいます。

そうなる前にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティング!!

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 でも まぁ 黒い車シリーズの4回目ですから・・・前回同様もうお分かりですね(笑)

写真だと・・・黒いボディに紫色に反応していても良く見えません(汗)

その後にトラップネンドを使い鉄粉を除去します。 ↓が作業前のネンドです。

そして↓がネンド掛け後のネンドです。

鉄粉は少なかったですよ~!

そしてマスキングでボディを保護して・・・

磨いてまいります。今回は3回磨きで仕上げていきました(^_-)-☆

そして今回使用しましたコーティング剤ですが「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

PCX-S7です! 最近PCX-S7の登場の機会が多いですね(笑)  こちらは低撥水タイプのコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミもだいぶサッパリとしたと思います!

ルーフのギラギラも・・・

サイドのギラギラもスッキリと無くなりました(*’▽’)

リアゲートのヒンジもいい感じです。

もちろん給油口もバッチリです。

それと今回はもう一つ、ヘッドライトクリーニングもご依頼を頂いております。

こちらもサラ~っとご紹介していきましょう! サラ~とです(笑)

写真ですとそれ程酷くないように見えますね(汗) 実は結構傷んでます。

↑こちらはクリーニング後です。 見比べて頂くと・・・透明度が違います。

反対側です。こちらの方が痛みが更に進んでいます。

そしてこちらがクリーニング後です。 スッキリしましたね!

そしてBMW120iのボディコーティングの完成です!!

いかがでございましょうか。ビシッ!とお車がリフレッシュ致しました!!

見た感じの”疲れ感”が違います(^_^)/

 

毎回お話し致しますが黒いお車はお手入れと維持が大変です。 白やシルバーなどのライトカラーのお車に比べると

塗装の痛みがどうしても早いです。特に屋根なしの屋外駐車の場合ですとその差は歴然です。特にお手入れしないで

放っておくとアッと言う間に大変なことになります(^▽^;) 黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れと

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

 

今回の黒い車シリーズ4部作はいかがでございましたでしょうか?(笑)  黒と言いましても色々ですね!

ソリッドの真っ黒や光の当たり方で紫色に見えたりと本当に色々あります。皆様はどの黒がお好みでございました

でしょうか?  えっ?私ですか??  私は綺麗ならどんな黒も好きです( ̄▽ ̄)

ちなみに次回は白い車です(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。