トヨタ アルファードにコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです!

ホワイトパールクリスタルシャインの新車のアルファードです!

ただでさえ大迫力のフロントマスクですけどスポイラーが付いているので更に迫力ある

アルファードになっています!

迫力あるのはフロントフェイスだけではなく店内に入れると・・・デカくて迫力満点です(笑)

外で見ても大きいんですけど店内に入れるとより大きく感じます(^^;

そして実際、作業してみても大きいです(笑)

そんな大迫力の新車アルファードの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗です! ボンネットは曇りもほぼ気にならないくらいお綺麗でございました。

ルーフも・・・

綺麗ですね。流石トヨタです。塗装のクオリティも高いです!

ボディサイドは・・・

こちらは若干ですがライトの映り込みがボヤッとしていました。

リアゲート・・・

こちらも若干ですが曇りが感じられます。

それとリアのバンパーには・・・

青い塗装でしょうか??  リアのアンダースポイラーを装着する時のマーキングの残りでしょうか??

何かはわかりませんが青い何かが付いていました(^^;)

納車してからほとんど乗っていないとの事でホイールもピカピカでした!

 

ご覧頂きました様に塗装面の曇りも少なくて綺麗な塗装肌でした。メーカーによって塗装の品質にも

差があります。それも結構差があるんです(^^;)

塗装表面の曇り具合や塗装自体の品質、また異物の混入(ゴミやホコリ)の有無や量など・・・

よくよく観察すると色々と品質の違いが見えるものです。

トヨタはこの辺りも全般的にクオリティ高いです!

話がそれましたが早速アルファードの新車コーティングを開始していきましょう!

作業はじめ~。

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。これでも水が掛かっています。油膜も無く綺麗ですね!

しかしサイドウインドウはまちまちの状態です↓

ちょっとわかりにくいんですけどピラーから前のウインドウ(2列目)は油膜も無く綺麗に親水状態ですが

ピラーから後ろ(3列目)のサイドウインドウは油分で水を弾いています。

実は運転席側も同じでした。ちなみにリアウインドウも水を弾いていました(笑)

同じ車なのに何でこうも違いが出るんでしょうかね??  ウインドウの製造上の何か??ロット違い??

何なんでしょうね?? 不思議です(*´ω`*)

まぁどちらにしろ磨くので問題はないんですけど(笑)

綺麗なウインドウもより綺麗に下地を整えます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

これまた非常に少なかったです!  素晴らしい!! 新車でもこんなに少ないのは珍しいです。

リアも・・・

お綺麗でございました!

と言う事で今回の鉄粉処理は極々軽く行いました。

そしてマスキングをして磨きの準備をいたします。

またしても写真がピンボケですね。すいませんm(__)m

今回の磨きは基本的に綺麗な塗装肌でしたので軽い磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

人気の水玉撥水です。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なくお綺麗でしたが、施工後はよりスカッとクリヤーな肌に仕上がっております。

ルーフも・・・

綺麗ですね!

若干曇り気味でしたボディサイドは・・・

スッキリとした透明感になっています。

リアゲートも・・・

スッキリです。

それとリアバンパーに付いていた例の青いアレも・・・

落ちました。 しかも簡単に(笑) なんだったのでしょう??

そして最後に・・・

綺麗だったタイヤとホイールも艶出しで仕上げましたら・・・

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、新車コーティング完成です!

元々とてもお綺麗なアルファードでしたが更に艶やかで透明感を感じて頂ける

ホワイトパールクリスタルシャインに仕上がったと思います(^_-)-☆

オーナー様『すげ~綺麗!』とお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

アルファード&ヴェルファイアは大迫力の強面のフロントフェイスですが車内は広くて優しい快適な

空間です(*^。^*) 一度この車に乗ってしまったらもうどんな車も狭く感じてしまいます(笑)

それくらい広くて快適です。最近では国内だけではなく海外でも人気があるようですね!

そんな世界で人気者のトヨタ アルファード、新車コーティングのご紹介でした!!

 

今回のアルファードはとてもお綺麗な塗装でしたが、新車でも新車特有の曇りが酷い車やシミや

キズが入っている車、また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。と言いますか何かしらの

不具合箇所がある新車の方が多いと私は感じています(^_^;)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型N-BOXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXは納車間もない新車です!

ピカピカの新車です!

新型のN-BOXもだいぶ街中で見掛けるようになりました。さすが日本一売れている車です。

確かによく出来ていますよね(*’▽’) 広いし便利だし燃費いいし、人気があるのも納得です!

そんな新車のN-BOXですが・・・しかし新車と言っても油断は禁物です。

何も無さそうで色々とあるのが新車です(笑)   はたしてこちらのN-BOXの現状は如何に!?

では新車N-BOXの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがモヤッ~と曇っています。

これですとお車全体の印象もボヤけて見えてしまうから不思議です(^^;)

ルーフは・・・

前日の雨の影響で少し汚れています。

その辺りを差し引いてもボンネットほど曇ってはいませんでした。

しかしボディサイドは・・・

結構ボヤボヤっと曇っていますね(^^;)

リアゲートも・・・

曇っていますね~。

ホイールは・・・

これまた少しだけ汚れ気味でした。

新車だろうと何だろうと車は走れば汚れてしまうのでしょうがないですね(^_^)

 

全体的に見ましても塗装表面の曇りがやはり気になります。基本的にはお綺麗なんですが

いまいちスカッとクリヤーな感じではないんです。N-BOXは全体的に程度の差はあれ、

この様に曇っている個体が多いです。

新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり加修(塗装の手直し)

の後が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

その不具合箇所を処理してからコーティングするのとそのままコーティングをしてしまうのとでは

完成時のクオリティが違ってきます。

もちろん当店では不具合箇所を処理してからコーティングしています!

ではクオリティUPを目指して作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと確認できます・・・それも結構多いですね(^▽^;)

リアは・・・

こちらは少なかったです。

鉄粉とは関係ありませんがHonda Dogのエンブレムが可愛いです(*^。^*)

知らない人が見たらこれが車名かと思っちゃいますね!?

話がそれましたが鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットです↑  綺麗になりました!

リアは・・・

やっぱり可愛いです(笑)

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

ちょっとピントがボケていますね。すいません。 ボケていたのはカメラか?はたまた撮影者か!?

答えは・・・まさかの両方でした(;´∀`)

それはともかくマスキングが終わりましたら磨いていきます。

磨きと言いましても新車磨きですので基本的には軽くなんですけど、各パネルの曇りの度合いを

見てパネルごとに磨きの程度を変えています。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

気持ちイイ水玉撥水が楽しめる・・・

PCX-S8です。

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の

仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとした塗装肌になりました。

ルーフは・・・

こちらもクッキリとクリヤーです!

ボヤボヤだったボディサイドも・・・

サッパリしましたよ(^o^)丿

リアゲートだって・・・

クリヤーになりました。

しかし可愛いな~。Honda Dogが(笑)

そうそう、Honda Dogの専用サイトがあるようですね!

リンク張っておきますのでワンちゃん好きの方は覗いてみて下さい。

Honda Dog  ←Honda Dogのサイトです。

最後にタイヤとホイールも艶出しをしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ新型N-BOX新車コーティング完成いたしました!

施工前後の違いが分かりにくい新車の白いお車でもしっかりと磨いてコーティングしますと

新車以上に輝きます。 特に今回のN-BOXのように曇りが確認できるようなお車だと

施工前後の違いをより実感して頂けると思います。

なかなか写真ですと上手く伝わらないんですが施工後はお車がキリッとしてクリヤーで清々しい

感じになります。   全く上手く伝わらないですね(^▽^;)

でもお引き取りに来られたオーナー様にはちゃんと伝わっております・・・

オーナー様に『うわぁ~ 綺麗~』と、言って頂けたので伝わったと思います(笑)

よかったよかった。一安心です。 個人的に(汗)

これからワンちゃんと共に始まるN-BOXライフを楽しんでください。U^ェ^U

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ スペーシアカスタムのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングです!

こちらのブルーイッシュブラックパール3のスペーシアカスタムは納車間もない新車です!

新型のスペーシアはこちらが当店初入庫になります。

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからですが納車からまだ数日しか経っていませんが雨に降られてしまったので・・・

汚れていました(^^;)    洗車後の写真を撮ればよかったですね(すいません。)

汚れていてよくわからないので矢印入れときました(笑) 矢印で指しているような線が

何本も確認できると思います。 これは工場からディーラー迄、車にキズやシミなど付かないように

保護シートを張り付けているのですが、その保護シートの糊残りです。

納車前に除去するのですが・・・できてない事が非常に多いです(^_^;)

今回のように汚れているとハッキリと浮かび上がってきます。

ルーフは・・・

ボンネット同様よく見ると例の”“が確認できます。

それと鳥糞の跡でしょうか?たぶんそうだと思いますがライトの右横にシミが出来ていました。

ここ以外のも数か所鳥糞でシミが出来ていました。

ボディサイドは・・・

擦れたキズが!!

反対側にも・・・

擦れたキズが(^▽^;)

リアゲートは・・・

浅い線キズは確認できますがお綺麗でした!

ホイールも・・・

お綺麗でした。

 

ご覧頂きました様に納車からまだ日が浅いんですがルーフには鳥糞によるシミが!そしてボディサイドは

擦れたキズが!! と、ちょっとばかり痛みが確認できました。 大丈夫です!ちょっとだけです(^^ゞ

磨けばぜんぜん元通りに戻ります。 イャ、ごめんなさい。通りではないです。

元通り以上に綺麗になります(笑)

キズやシミのある所以外も元通り以上にしますよ~。では作業を始めていきましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボディが黒い&鉄粉が少なかったという事で↑の写真だと何が何だか・・・(笑)

今回は鉄粉が少なかったので軽く鉄粉除去をいたしました。

その後マスキングをしていきます。

マスキング姿もまた凛々しいですね(´▽`*)

そして磨いていきます。今回は塗装面の曇りも少なくてお綺麗でしたので基本的には

ごく軽めの磨きです。しかしシミやキズがある所は少しだけ”強め”の磨きでシミ・キズを

処置していきました。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がチョイスいたしましたのがこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の

仕上り具合をかくにんしていきましょう!

まずはボンネットからです。

施工前の写真がちょっとアレでしたので比較できませんが(すいません)サッパリと

綺麗になりました。 もちろん保護シートの糊跡もございません。

ルーフも・・・

綺麗になりました。 鳥糞の跡によるダメージも軽かったので綺麗に除去できました。

ボディサイドは・・・

こちらのキズも綺麗になりました。

もちろん反対側のキズも・・・

スッキリとし除去できました!  よかったよかった(*^。^*)

リアゲートは・・・

よりクリヤーな映り込み具合になりました。

最後にホイールとタイヤは・・・

艶出しをしてピッカピカです。

そしてブルーイッシュブラックパール3のスペーシアカスタム新車ボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

キズやシミがあった所以外も元通り以上に綺麗になってます(笑)

深み、そして艶も増したスペーシアカスタムにご対面しましたオーナー様も

すご~い!ピッカピカ!!』と、お喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

鳥の糞は実は想像以上に塗装を痛めます。特に夏場などボディが高温の時は痛みの進行が早くて

ほんの数時間で浸食してしまう事もあるようです。もちろん全ての鳥(鳥糞)がそうではないのですが

鳥糞は塗装には良くはありませんので(見た目にも)鳥糞に気が付きましたら早めに除去してあげてください。

腐食が進んでしまいますと磨きは対処できなくなってきます。そうなると再塗装するしかなくなって

しまいますのでご注意ください。

鳥糞の除去方法ですが水で流せるようでしたら水で流すのがいいと思いますが、カッチカチに固まってしまった

鳥糞は簡単には落ちません。また出先ではそうもいきませんし(汗)

その様な時は濡らしたティシュを鳥糞の上にのせて数分放置してください。数分して鳥糞が柔らかく

なりましたら優しく摘み上げるように拭き取ってください。横にサッと拭いたらダメですよ~(^o^)丿

横に拭くと鳥糞の中に入っている”色々な物“でキズが付いてしまう事もありますのでご注意ください。

出先で水が無いときは・・・

もしもの時の為に遠出する時はペットボトルに水を入れて車に積んで置く・・・とうマニアの方もいられます!

どうですか??皆様もこの機会にこちら側の世界へ来てみては( ̄▽ ̄)  さぁ勇気を出して~

それはともかくまずは早めの対処を心がけてください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

フィアット500にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500のボディコーティングです!

H22年式のこちらのフィアット500は最近ご購入されたお車です。

シミが酷くてとご相談に来られました。お車を見に行った時からシミが気にはなっていたそうですが

これがまたかなり酷くて・・・(^^;)

よくよく観察するとシミだけではなくてキズも凄くて・・・(汗)

では早速各部の現状を紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは雨ジミが結構凄いんです。 実物は写真より1.7倍は凄いです(勝手な目測です)

ルーフも・・・

シミシミです。しかもだいぶ深そうな感じがヒシヒシと伝わって参りました。(勝手な感想です)

そして運転席側は・・・

洗車キズだと思われるスクラッチが入っています。 でも運転席側はまだいいんです(汗)

問題は助手席側です↓

これはポリッシャーで磨いた時につけた”バフ傷”です。

左側面はどうやら再塗装されているようで前から後ろまでこの様なバフ傷だらけでした(^▽^;)

それだけならまだしも・・・

その上からコーティングを掛けたようで、もうムラムラでした(T_T)

リアゲートは・・・

ここはオリジナルの塗装の様でした。 左側面のキズを見てしまうとリアは綺麗に感じてしまいます(笑)

ホイールは・・・

こちらもよく見ると(見なくても)線キズだらけです。しかも深いキズです。

前オーナー様はいったい何で洗っていたのでしょう??

 

ご覧頂きました様にボディの状態はかなり厳しい状態でした。シミ、クスミ、スクラッチ・・・

何でもそろっています(;´∀`)

写真だとオーナー様が気にされていたシミの凄さが全く伝わっていない感じですが(すいません)実際に

見て頂くとシミと言うかクスミと言うか曇っていると言うか・・・どれも正解のような状態です。

このシミの原因ですがどうやらコーティングのムラのような感じです。塗りムラなのか拭きムラなのか

わかりませんが正直な印象は“コーティング塗るだけ塗って拭き取ってないんじゃない??”と言う感じです。

拭き残しと言うレベルではないです(笑)

今回はだいぶハードな戦いになる予感がヒシヒシと伝わって参りますが、あくまでも個人的な

感想であり、感じ方には個人差がございますのでご了承ください(笑)

では張り切って作業を開始しましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状。

やや油膜が付ているようですが、よ~く見ると所々に・・・

ボディに付いている例のアレがガラスにも付いています。

一体何をどう塗ってたのでしょうね??

とにかく磨いて落としてガラス表面をリセットします。

例のアレも綺麗に落ちましたよ(^o^)丿

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

手で触るとかなりブツブツと感じるんですけど意外と反応が少なかったです。

リアも少なめです。

手で触るとブツブツ&ザラザラ感が凄いんですけど反応が少ないという事は

鉄粉以外の異物がいっぱい付いているって事です(^▽^;)

ボンネットをネンド掛けすると・・・

鉄粉も付いていますがその他の物も色々と取れました(笑)

ボディ全体のネンド掛けが終わりましたら今度はマスキングをします。

そして磨きと言う名の長い戦いが始まりました!ボディが小さいからと言って油断してはいけません(´゚д゚`)

覚悟はしていましたが、まぁ~時間かかりました(笑)

そして戦いの後はいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

深いシミは残ってしまいますがだいぶサッパリとしました(^_^)/

ルーフのシミも・・・

だいぶ除去できました!

運転席側は・・・

いいですね~。 これはあれですね! NTNですね♪

なんてなめらか~。なんてなめらか~♪

そんなCMがありましたね(笑)

そしていよいよ助手席側です↓

NTN!!   NTNですよ~(´▽`*)

バフ傷も深いのは残ってしまいましたがサッパリしました。“例のアレ”もなくなり

クリヤーで艶々です(^_-)-☆

リアも綺麗です。

キズが深いのはどうしようもありませんがホイールもよ~く洗って落とせる汚れは落とし

コーティングしました。

そしてフィアット500のボディコーティングの完成いたしました!

艶々のボディに復活いたしました!

シミシミ&キズキズだったボディサイドもクリヤーに仕上がりました。

オーナー様も『新車みたいだね!』『こんなに綺麗になるんだ!いゃ~シミも取れて良かった』と

とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。 喜んで頂けると頑張って磨いた甲斐があります。

お車が綺麗になって嬉しいのは実はオーナー様だけではないんです。

実は私も凄く嬉しくてニヤニヤしています(笑)

 

今回のコーティング剤の拭き残し?(拭きムラ??)と思われる物でボディがもの凄く曇っていました。

誰が何をどう使ったのかはわかりませんけど、とにかく酷かったです(汗)

今の時代、色々なコーティング剤がネットなどで手軽に入手できます。コーティング剤に限らず

クリーナーなど色々なケミカルも入手できます。

それらを使う時は必ず説明書どおりに使用してください。 中には使い方を間違えると一発で

取り返しのつかなくなるような(再塗装)物まで売られているのも見掛けます。

コーティング剤も間違った使い方をするとムラムラになったり曇ったり・・・色々と不具合が出ます。

ですので使用時は取扱説明書をよ~く読んで(特に注意書き)から使用してください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディA1ボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングです。

こちらのA1は約2年程前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今回はボディコーティングの再施工のご依頼です。

2年近く経過していますが、その間何度かメンテナンスにお越し頂いておりましたので

シミなどは比較的少ないと思います。

では各部の現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言えシミは付いていますが(^^;)屋外駐車で2年経過と考えますとシミもスクラッチも

少ないと思います。

ルーフも・・・

シミは少なめです。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフなどの水平面と比べるとシミも全然少なくてクスミもとても少ないですね!

大体のお車は水平面と垂直面では傷み方が全然違います。  それだけ水平面は過酷な状況だと

言う事ですね。

リアゲートは・・・

こちらはシミは少ないんですが洗車キズでしょうね~。スクラッチが目立ちます。

ホイールは・・・

軽~く汚れていました。

 

先ほどもお話ししましたがシミは付いてはいますが2年経過の黒と考えますと少ないと思います。

特にボディサイドはまだまだお綺麗でした(*‘∀‘)

黒いボディはシミやスクラッチが付きやすく、しかも目立ちやすいです(^^;)

しかし定期的にメンテナンスにお越しくださったこともあって塗装面の痛みは比較的に少なく

2年を過ごしたのではないかと思います。

そして2年経過で再施工です。お車の使用状態やお手入れ状況にもよりますがダークカラーで

屋外屋根なし駐車でしたら、2年が再施工の一つのタイミングだと思います。 まだまだお綺麗でも

逆に綺麗なうちに再施工した方が塗装の研磨量も少なくて済むことも多いです。

という事で作業を開始していきましょう!

作業開始~。

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

少し撥水力が落ちていますが、まだ撥水していますね。

しかし惜しげも無く落としていきます(笑)

磨いて撥水剤を落としてガラス表面をリセットします。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

コーティング剤の塗り残しが無いか確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

見比べて頂くと”撥水力“の違いがよ~くわかると思います(^o^)丿

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

黒い車はわかりにくいです(^^;)

クリーナーだけですと鉄粉は落ちませんのでネンドを使って落としていきます。

↑はネンド掛け前のネンドです。

↓はネンド掛けした後のネンドです。

ネンドの淵が茶色っぽくなっているのが見えると思います。

これが鉄粉です。これでボンネット1枚分です。 これも2年経過と考えますと少ないと思います!!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

コンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、樹脂パーツ保護の為など

にマスキングをします。

そして磨いていきました。

今回使用致しましたコーティング剤ですが、前回は低撥水タイプのPCX-S7を使用致しましたが

今回はこちらの・・・

水玉撥水タイプの・・・

PCX-S8をお選びになられました!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとした塗装肌になりましたね(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリです!

リアゲートのスクラッチも綺麗になりました。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

アウディA1のボディコーティング完成いたしました!!

スッキリとした透明感を感じて頂けるブラックボディに仕上がりました。

どのボディカラーもそうですが特に黒は綺麗な方が良いです(笑)

オーナー様も『おぉ!綺麗。 スッキリとした~。』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

VWゴルフのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWゴルフのボディコーティングです!

こちらは納車間もない新車のVWゴルフです!

トルネードレッドと言う名のとても発色のいい鮮やかな赤です!

私の中ではゴルフは紺色のイメージが強いんですけど、この鮮やかな赤もゴルフにとても

似合っていますね(*´▽`*)

そんな鮮やかなトルネードレッドのゴルフの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

ほんのちょっとだけ曇っている感じですがとてもお綺麗です!

ルーフも・・・

塗装面自体はとてもお綺麗ですが・・・

所々に何かの拭き残しでしょうか??

保護シートの糊でもなさそうです。糊を落とすのに使った何かしらの溶剤でしょうかね。

たぶんそんな気がします(笑)

ボディサイドは・・・

こちらもお綺麗です!

VWは塗装が綺麗です(*^_^*)

リアゲートは・・・

薄い線キズが入っていました。 新車でもこの位の線キズは実は結構入っています(^^;)

ホイールは少しブレーキダストが付き始めていました。

輸入車はブレーキダストが多く付きますので新車時にホイールコーティングがお薦めです。

という事で今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。

 

ご覧頂きました様にとてもお綺麗です!新車なのであたり前と言えば当たり前なんですが

あたり前ではない事が実は多いんです(^^;)

今回のゴルフは不具合箇所がとても少なくて”あたり”ですが新車でも塗装面の曇りが酷い車両や

ビックリするくらいキズキズだったりシミが沢山付いていたり・・・

そのような新車も全然珍しくありません(>_<)

ですので当店の新車コーティングは新車であっても磨きをいれて、その不具合箇所を処理してから

コーティングしています!

今回のゴルフはとてもお綺麗ですが若干の曇りもござますのでもちろん磨きます!!

では作業を進めていきましょう! 作業開始~。

 

まずは洗車後の鉄粉確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

これまたとても少なくてお綺麗でした!!  素晴らしい(*’▽’)

リアも・・・

とても少なかったです!  中には新車でもビックリするくらい鉄粉が付いている車もございます。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回は曇りも少なくて基本的にお綺麗ですので、ごく軽い磨きをしました。

塗装を削るというより塗装表面の汚れを除去して塗装面を整えるような磨きになります。

整った塗装面には今回はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤

PCX-S7でコーティングしました。  PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りもスッキリとしたんですが・・・写真ですとあまりわからないですね(^^;)

ルーフは・・・

よりスッキリと艶々に仕上がっていますよ~(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリと見えます。

リアゲートは・・・

薄い線キズは除去できました。

ホイールもコーティングをしましたので艶々です。

ホイールコーティングをしているとブレーキダストの固着が低減できます。洗うのも楽ですので

新車時の同時施工が本当にお薦めです!

そしてトルネードレッドのVWゴルフ新車コーティング完成です!

元々とてもお綺麗なゴルフでしたが、より一層艶々ボディに仕上がりましたよ~!

発色・艶、共に申し分ございません(^_-)-☆

綺麗な新車も磨いて塗装面を平滑化してあげると艶が上がります。その後にコーティングを

する事で更に艶が上がります! いゃ上がりました!!(笑)

新車以上に綺麗になりました新車VWゴルフのご紹介でした(^o^)丿

 

先ほどもお話いたしましたが、新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、

また鉄粉が多く付いているお車も実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないで

コーティングをするディーラーやGSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングです!

H29年式プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

ご購入されたばかりのクラウンですが納車後にオーナー様が市販のコーティング剤を塗ったら

ムラムラになってしまったと当店にご相談に来られました。

ご相談に来られた時はコーティングの塗りムラが酷かったんですけど、施工時にご入庫された時は

コーティングが少し落ち着いたのでしょうか?? 少し塗りムラが低減していましたが光の

加減などによってはだいぶムラムラでした(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとムラムラ感が出ませんね(^^;) すいません。 基本的にスクラッチも少な目で

シミも多くはなくて塗装面自体はお綺麗でした。

ルーフも・・・

少し汚れてはいましたがスクラッチやシミは少なくてお綺麗です。

↑はトランクです。

こちらも少し汚れ気味ですけどよ~く見ますとシミもスクラッチも確認できますが少なめですね。

ボディサイドもお綺麗です(^_^)/

とてもデリケートなブラック系のカラーという事を考えますと少しビックリするほど

スクラッチは少ないです(*’▽’)

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れていました。

 

ご覧いただきました様に塗装面自体はシミやスクラッチが少なくてとてもお綺麗でした。

もちろん全くシミやスクラッチが付いていない訳ではないのですが登録から1年以上経過している

黒い車とは思えない程少ないです。 その間の維持管理がとても良かった証拠ですね!

それだけにコーティングのムラが尚更気になります(;´∀`)

でもご安心ください。 磨けば綺麗になります!

ムラの無いスッキリしたクラウンアスリートに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も一緒にいただきましたので

ウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

元々は何か撥水剤が塗ってあったのでしょうか?? 油膜とは違う感じがしますがどっちにしても

視界不良な事には違いないです(^^;)

ガラス表面を綺麗にしていきます。 ボディコーティングと同じで下地作りが大切です。

下地を整えてからコーティング剤を塗らないとコーティング剤本来の効果を発揮しません!

ご自分でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、その時は必ず油膜や

古いコーティングを落としてからウインドウコーティングをしてください。

話がそれてる間にウインドウコーティングが完成したようです。

早速撥水確認をしていきましょう!(笑)

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!   見てるだけでも気持ちイイですね(笑)

 

お次はボディです。

洗車後に鉄粉確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ながら黒い車ですと、いまいちわかりにくいです(汗)

その後にネンドを掛けて鉄粉を除去していきます。

↑はネンドを使う前です。

↓はネンド掛け後のネンドです。

ネンドが少し茶色っぽくなっているのがわかりますでしょうか??

この茶色っぽいのが塗装面に付いていた鉄粉です。

これではボンネット一枚分です。 少し多いかな~。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきました。 基本的にシミやスクラッチが少なくお綺麗な塗装面ですが今回は

3工程の磨きを入れて仕上げています。  磨き3工程(3回の磨き)と言いましても綺麗な塗装面を

3工程と痛みの激しい塗装面の3工程では磨きの内容(方法)が全然異なってきます。

使うポリッシャーやバフ、コンパウンドなどによって同じ3工程でも研磨量が異なってきますので

この組み合わせを考え工夫しながら磨きます。

ここが磨きの難しさでもあり楽しさでもあります(笑)

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れた低撥水タイプのPCX-S7です!

PCX-S7は詳しい事はこちら → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリしましたよ~!

もちろんコーティングの塗りムラもございません!

しかし写真だとわからないと言う・・・(^▽^;) すいません。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

そしてトランクも・・・

もちろん綺麗です。  しみもスクラッチもサッパリです(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたがよりクリヤーな映り込みになりました。

ホイールも本来はブラックのメッキだったんですね(^^;)

ピカピカに光っています!

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ クラウンアスリート、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

プレシャスブラックパールはソリッドブラックとはまた、ひと味違う独特の輝きを放つ

とても魅力的なブラックです! そのプレシャスブラックパールが光沢も艶も更に上がり

ツヤッツヤです(笑)  もちろんコーティングの塗りムラも解消しています。 !(^^)!

オーナー様も『凄いですね~。凄く綺麗です!』と、ご満足いただけたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今や市販のコーティング剤がいっぱい発売されています。カー用品店で売っている物や

ネット通販でしか売っていない物など様々です。特にネットの通販物は商品レビューや口コミが

掲載されていて購入意欲を掻き立てられます(笑)

しかしどの製品を使うにしても、一つだけ間違いなく言える事がございます。

それは”下地“が大切だと言う事です。

ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、

曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心ですよ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ホワイトオーキッド・パールのホンダ ヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです!

H27年式ホワイトオーキッド パールのホンダ ヴェゼルです!

当店にご入庫される2日前に納車されたばかりのこちらのヴェゼルですがオーナー様曰く・・・

お車ご契約後の帰り際に街灯に照らされていたヴェゼルを見たらボンネットが洗車キズだらけだった・・・

と、とてもご心配されていました。

では早速現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

オーナー様が気にされていましたボンネットのスクラッチです。

写真ですと少しわかりにくいんですけど結構洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました。

初期登録から3年経過していますので、そう考えますと特別に多い訳ではなく標準的な痛み具合では

ないかと思います。

ルーフも・・・

結構キズキズですがパールホワイト&写真と言う事もあってあまり酷い感じがしませんね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

結構グルングルンと洗車キズが入っているんですけど(^^;)

写真の撮り方が悪いのかカメラがいけないのか?? まぁテクニックがいけないんでしょうけど(汗)

全然スクラッチがわかりませんね(ごめんなさいm(__)m)

リアゲートは・・・

少し曇り気味でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストが薄っすらと乗っていますが、それを差し引いても黒さが引けている

感じでした。

 

全体的によくよく見ていけばやはり3年経過の痛みや汚れが見受けられます。 写真でご紹介した所以外にも

モールの淵やエンブレムなどにも汚れが蓄積していて時間の経過を感じさせる状態でございました。

しかし逆に考えれば“まだ3年”しか経過していません!!

49歳の人間(私)からしてみたら3年前って言ったら46歳ですよ。

そんなのつい最近の事ですよ~(笑)         なんの話??

ちなみについ最近まで自分は48歳かと本気で思っていました(;´∀`) 自分が49歳って知って

それはそれはショックでした(涙) まぁ48歳を2年間楽しんだと思って自分を納得させましたけど(笑)

話がそれまくりましたが、まだ3年ですから磨けばまだまだ光輝きます!! そう46歳の頃の私のように( ̄▽ ̄)

ところで光輝くと言えば車の中から光輝いた瞳で私のことを見守ってくれている方がいるんです。

ご紹介しましょう!

柴犬の「まる」です!!

柴犬「まる」皆さんご存知ですか??

エッ? 知らないんですか??  ネットを中心に今や大人気の柴犬です! 

私? もちろん私も初めて知りました(笑) 全然知りませんでした(^^;)

オーナー様に教えて頂きました(笑)

今では「まる」のショップもありグッズも充実しているようです。

オーナー様も“まる”の笑顔に癒されているそうです!

そんな柴犬のまるちゃんに見守られながら作業スタートです!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です

なんとなく撥水している感じですが撥水していると言うには抵抗がある程度の撥水です(笑)

これでは逆に視界不良になってしまいます。

運転席と助手席のサイドガラスは元々撥水ウインドウのようでした。 少し悩んだのですが、まだまだ撥水もしているので

今回は運転席と助手席はそのままにしました。 最近のお車は運転席と助手席のウインドウは

撥水ウインドウになっているお車が多いんですけど、それもけっして永久的ではなく時間の経過と共に

撥水が無くなってきます。またウロコも付いてきて視界不良にも繋がってきます。

そうなったら撥水ウインドウも再コーティングが必要になります!

話がそれましたが下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、

最後に撥水チェックをします。

おっといけない! ピントがボケてしまった(汗)

ん? まる??    まるだぁ!  癒される~(*^^*)

なんて言っている場合じゃなく、ピントを合わせないと(汗)

水玉コロコロでウインドウコーティングは完成です!

 

そしてお次はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↓

oh~ no~! テップンイッパイデ~ス(;´∀`)

中古車など道路沿いに展示している車両はどうしても鉄粉が多く付いてしまう傾向デ~ス!

リアも・・・

テップンオオメデ~ス!  

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックします。

Oh Yeah~!  イイカンジデ~ス(^_-)-☆

スッキリと綺麗になったデ~ス!

リアも・・・

スッキリシマシタデ~ス!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回はスクラッチが少し多く、特にボンネットやルーフが多いのでボンネット・ルーフは

少しハードな磨きをしています。 もちろんその他のパネルもしっかりと磨いて全体が統一に

仕上がるように磨いていきました。

その磨き上がりましたヴェゼルに使用致しましたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもサッパリと無くなってツルツルです!

ルーフも・・・

艶やかに輝いています!

ボディサイドは・・・

スクラッチもサッパリとしたんですけど・・・いまいち写真だと伝わらないなぁ~(^^;)

スクラッチのサッパリ差は伝わりにくいかもしれませんがライトを映り込みの

綺麗さは伝わっているのではないでしょうか??  伝わりました?? よね??

リアゲートは・・・

こちらの方が施工前後を見比べて頂ければ違いがわかりやすいと思います!

ぜひ見比べてください(笑)

曇りが無くなってスッキリしましたね!

ホイールも黒く艶々になりました。そしてもちろんタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

ホワイトオーキッド・パールが眩しいホンダ ヴェゼルのボディコーティングが完成しましたデ~ス!

綺麗に仕上がりましたよ~(^_^)/

白さが増したと言いますか、クリヤー差を増したと言いますか!! 実はどちらもなんですけど(笑)

スクラッチやシミそしてクスミが進んだ塗装面は艶も引け、透明感も無くなってきます。

その傷んだ塗装面を磨いて本来のカラーを取り戻します。そして仕上げにコーティングする事で

新車にも負けない程の艶と光沢、そして透明感に仕上がります!

いゃ新車以上と言っても過言ではございません!

オーナー様も『やっぱり違う全然違ういいね~!』とお喜びになられておりました!

それと『白いね!』ともおっしゃっておりました(笑)     やっぱり白いんです(*^^*)

そんな白さと輝きを取り戻しホンダ ヴェゼルと柴犬まるのご紹介でした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レガシィB4ブリッツェンのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル レガシィB4ブリッツェンのボディコーティングです!

H18年式のレガシィB4ブリッツェンです!

ブリッツェンと言えばこのプレミアムレッドのイメージが強いです!

まさにプレミアムなレッドでとても発色のいい明るい赤で街中で見掛けても、

つい目がいってしまうほど目立ちます!

と言いましても最近ではブリッツェンを街中で見掛ける事も少なくなってきました(涙)

そんな鮮やかなプレミアムレッドですが12年も経過していますので、さすがにスクラッチが多く

時間の経過を感じさせるのもまた事実でございます。

しかし まぁ 劣化していてもこの鮮やかさですけど(笑)   凄いです(*^_^*)

では現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

写真に撮ってしまうとキズの凄さがいまいち伝わりませんね(^^;)

結構凄いんです(汗) スクラッチは多いんですけどシミは少な目でした。

ルーフも・・・

キズキズなんです。しかしキズの凄さが伝わらないなぁ~(^_^;)

トランクは・・・

同じような痛み具合でした。

ボディサイドも・・・

こっちの写真の方がスクラッチの凄さが伝わりますね!

よかったよかった(笑)

ホイールも少し汚れ気味でした。 ご入庫時は雨でしたのでしょうがないです。

 

ご覧頂きました様に洗車キズと思われるスクラッチが盛大に付いています。

でも12年経過していますので、この位のキズの量は普通だと思います。これがパールホワイトや

シルバーなどでしたらここまで目立たないんですけど色的に余計目立ってしまいます(^^;)

これが黒い車でしたらもっと凄い事になっていたと思います。

12年の間に付いた洗車キズはそれだけ洗車してきた証拠でもあり、大切にされていた

証拠でもございます!

まだまだ輝きを放っているプレミアムレッドですが本当の鮮やかさはこんなものではござません!

もっともっと鮮やかなんです。その鮮やかを取り戻すべく早速作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

いつもは洗車後に鉄粉の付着確認をするのですが今回は行っていません。

何故かと言いますといつも使っているクリーナーが全ての塗装に使える訳ではないんです。

中には使ってはいけない塗装などございます。 怖いですね~(汗)

今回のプレミアムレッドはクリーナーを使用しても問題ないと思いますが、それ以外にも

塗装の状態など色々な事を総合的に判断して今回は使用しない事にしました。

もちろんクリーナーを使わないからと言って鉄粉除去が出来ない訳でもございません!

鉄粉除去の主役はこの・・・

ネンドです!  これさえあれば鉄粉を一網打尽!

さぁ鉄粉除去開始!

と思ったら鉄粉ではないものがイッパイ取れました(^^;) もちろん鉄粉も取れてますけど

この赤いのは塗装のミストだと思われます。

ボンネットやルーフなどの水平面に沢山付いていました(^▽^;)

予想外の獲物まで捕らえた後に今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。今回はスクラッチが凄いので出来る限りスクラッチを除去し

塗装面を綺麗にプレミアムレッド本来の発色と艶を出していきました。

その綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

PCX-S7でコーティング!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティングです!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深いキズは残っていますがサッパリとしました!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

トランクは・・・

こっちもいい感じです(^_^)/

キズキズだったボディサイドは・・・

これまた綺麗になりましたね!

ホイールも綺麗に!そしてタイヤも艶出しをおこないましたら・・・

スバル レガシィB4ブリッツェンのボディコーティングメンテナンス完成です!

元々発色のいい色でしたが更に輪を掛けて明るくそして艶やかに仕上がりました!

オーナー様も『うゎ~スゲ~スゲ~。 赤が増した~。大満足です!!』と少し興奮気味に

お喜びになられておりました(*^^*)

いゃ~そんなに喜んで頂けると頑張った甲斐があります!  ありがとうございます!!

ブリッツェンも少なくなってきましたので、是非とも何時までも大切に末永くお乗りください。

 

今回のブリッツェンは2代目のブリッツェンです。実はオーナー様は以前に初代のブリッツェンに

お乗りになっていたそうです。そしてまたブリッツェンに乗りたくてお探しになっていられたそうです。

そして今回状態のいいブリッツェンに巡り会い購入にいたったそうです。

元々生産台数も少なく販売から時間も経ってますので見掛ける機会も無くなって淋しい限りです。

ただ走ってると目立ちます(笑) 本当に鮮やかな赤ですので見掛けるとつい目が奪われちゃいますヽ(^o^)丿

皆様も運転中に目が奪われないようにお気を付けください(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

三菱デリカD5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱デリカD5のボディコーティングです!

前回のブログで予告いたしましたミニバンで車高が高くて磨きが大変そうな4輪駆動のお車です(笑)

ミニバンで四駆と言えばコレですよね!!  ↑のヒントで直ぐに判りましたか??

車マニアの皆様の事ですから間違いなく正解した事と思います!

次回はもっと難しいクイズにします(笑)

話はそれましたが、こちらはH26年式ダイヤモンドブラックマイカのデリカD5です!

ご購入から4年程の状態は如何に!! 早速現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

ブラックという事もあってどうしてもシミが目立ってしまいます。

しかしご購入から4年、その間にコーティングのメンテナンスなども行っていたという事もあり

シミは少し少な目ではないかと思います。

ただクスミが進んでいて透明感が感じられません(^^;

↑はルーフです。ルーフもシミが多いですね(汗)

ミニバンのルーフは雨水が残りやすいのでシミが多く付きます。特に黒いお車は・・・(>_<)

ボディサイドです↓

ボディサイドは洗車キズやら線キズやら色々なキズが付いていました(^▽^;)

リアピラーは・・・

細かなシミが多く、しかもだいぶクスんでいました。

ちなみにこのダイヤモンドブラックマイカ、名前の通りマイカが入っているんですけど

マイカ感が全く感じられません。 言われなければソリッドのブラックかと思います(^^;)

って言いますか、そう思いました(笑)

↑はリアゲートです。こちらもシミ&スクラッチ、そしてクスミの3点セットでした。

ホイールも汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話いたしましたがご購入から4年の歳月そしてブラックと考えますとお綺麗な方では

ないかと思います。ルーフはシミシミですけど(^^;) ボンネットは少な目です(笑)

それとやはりクスミが結構進んでいて透明感も感じませんしマイカらしいキラキラも感じられなくなって

おります。黒などのダークカラーの車は白やシルバーなどのライトカラーの車に比べるとどうしても

痛みが進むのが早いです。 でも諦める事はございません!

磨けばキラッ!っと輝きます!!

あの頃の輝きを求めて作業開始~!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介です。

↓は現状です。

撥水力は落ちていましたが撥水剤が効いているようです。

その弱まった撥水剤を除去していきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤で撥水処理して最後に

コーティング剤の塗り残しが無いか撥水確認をします。

そして水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が反応いたしますが、今回も黒いお車と言う事で・・・

写真だと反応が確認しにくいですね(^^;)

実車だとよく見ると確認できるんですけど見た目的にも、そして触った感じ的にも

少な目です。

ネンドを掛けても・・・

ネンド掛け前↑  これが・・・

ネンド掛け後↓  こんな感じです。

鉄粉が多いとネンドが茶色くなるんですけど、あまり茶色くなっていませんね!

ネンドは鉄粉以外にも塗装のミストやピッチ&タールなども除去できる優れものです(笑)

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。

今回はシミが多く(特にルーフ)クスミも進んでいますので少しハードな磨きで

仕上げていきました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

よく水玉撥水は雨ジミが付きやすいと言われています。 特にダークカラーはその傾向が

強いと言われています。

確かにそうだと思います。 でもこれも難しいところで結局はお車の保管状況や使用状況、

そしてお手入れ方法などによって左右されることが多いと思います。

水玉撥水は走っていると雨水が流れていき意外とボディに残らない事も多いんです。

撥水がいいのか?低撥水がいいのか?それとも親水がいいのか?オーナー様のお好みもございますし・・・

コーティング剤選びは難しいですね(^_^;)

そして今回のオーナー様は水玉撥水です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしました!  クスミも無くなって透明感が出ましたね(*^^*)

ルーフも深いシミは残っていますがだいぶ綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

色々なキズもサッパリとしました!

リアゲートは・・・

シミもクスミも綺麗になりましたよ~。 白っぽく点々と見えるのはゴミではなくてマイカです。

ブラックマイカらしくキラキラとマイカが輝いているのが確認できるようになりましたヽ(^o^)丿

もうソリッドブラックとは言わせません(笑)

リアゲートも同じくクリヤー感を取り戻しました。

ホイールもシルバーに輝いていますよ!!

そしてダイヤモンドブラックマイカのデリカD5、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!  キズやシミ・クスミで白っぽかったデリカD5が再び

ギュっと引き締まって凝縮感を感じるボディに返り咲きました(笑)

黒光りしていると迫力も増します(*’▽’)

オーナー様も『スゲ~綺麗じゃないっすか!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

 

唯一無二のオフロードミニバンと言っていいデリカD5、確かに世界中探してもここまで本格的に

オフロード走れるミニバンは他にはないと思います! 動画を検索するとオフロードを走っている

デリカD5がいっぱい出てきますので是非ともご視聴ください!

結構ビックリするような所も走っちゃっていますから(;”∀”)

そのデリカD5も発売されてから11年程経過しているのですが今でも根強い人気を誇っています!

そしてそのデリカD5もいよいよモデルチェンジするそうですね!

早ければ年内って話だったようですが最新の情報では(ネット情報です(笑))来年2月に伸びた

との噂も聞こえてきます。  どちらにしてもそう遠くない時期にモデルチェンジすると思います。

実は結構楽しみにしているのは私だけではないはずです(笑)

早く見てみた~い!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。