ダイハツ ミライースのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングです!

パールホワイトⅢの納車間もない新車のミライースです!

ミライースは先代、現行型合わせて当店初入庫です(^_^)/

現行型はエッジの効いたデザインで纏められていますね。こちらのお車のフォグランプには

オプションの三角形のベゼルが付いているので尚更エッジ感を感じます(*´▽`*)

そんなエッジの効いた新型ミライースの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

新車によく見られる曇りもなく、とてもお綺麗ですね(^_^)/

ボディサイドは少しだけ曇っている感じはしますが、サイドもお綺麗です。

リアゲートも・・・

若干曇っていますが、あまり気にならないレベルです。

ホイールとタイヤは・・・

こちらは若干汚れていました。 ほんの少しです(笑)

 

ご覧いただきましたように全体的にとてもお綺麗です! 塗装の曇りも少なくクリヤーでした。

ダイハツ車の新車を作業しますといつも思うんですけど、どの車種も塗装の曇りが少ない

綺麗なお車が多いです。ダイハツ車は全体的に塗装の品質がいいと感じます!

トヨタ車も塗装の品質がいいので、この辺りはトヨタグループと言う事でダイハツもトヨタクオリティ

なのでしょうか??

ただでさえ新車のパールホワイトは施工前後の違いが伝わりにくくてアレなんですけど頑張って

ご紹介していきましょう(笑)  作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼頂いておりますのでウインドウから見ていきましょう。

↓は現状です。

ウインドウもお綺麗です(^^;) 油膜の付着も無く・・・ご紹介するところも無く(笑)

それでもしっかりと下地を整えていきます。

綺麗に磨いた跡によ~く乾燥させてからウインドウコーティングでコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!

ウインドウコーティングは梅雨にピッタリの実用的なメニューです(^_^)/

 

続きましてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

 

↑はボンネットです。

これまたとても鉄粉も少なく・・・ご紹介するところも少なく(笑)

リアは・・・

こちらは少し確認できますね。  でもやはり少ないです(*^^*)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

元々お綺麗でしたので変わった感じがありませんね(^▽^;)

でもリアは・・・

サッパリとしましたよ~。

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は塗装面がとてもお綺麗でしたので、ごく軽い磨きです。磨くというより塗装表面を“ならす”程度の

軽い磨きです。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

気持ちイイ水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで艶々なんですけど写真だとちょっとアレですね~(笑)

ルーフも・・・

施工前と違いがわからね~。 ってツッコまれそうです(^^;)

ボディサイドは曇りが無くなり、よりスッキリとクリヤーになったのがよ~く見比べると

わかって頂けると思います!

リアゲートも・・・

違うんです!写真だとわからないかもしれませんが違うんです(笑) 本当です!

一番違いがわかりやすいのが・・・

ホイールでしょうか?(笑)

そしてパールホワイトⅢの新車ミライースのボディコーティング完成です!

いかがでしょうか?? 光沢が上がってより艶々に仕上がっているんですけど(*^_^*)  どうでしょう??

写真ですと違い感がお伝わりしないかもしれませんがオーナー様にはわかります!

『いゃ~全然違いますよ!やっぱり綺麗ですね~』とオーナー様に言っていただき、ホッと一安心です(笑)

ホワイトなどのライトカラーのお車で更に新車ですと施工前後の違いが特に写真ですとわかりにくいんですが

新車でもしっかりと磨いてコーティングしますと光沢が上がり艶も出ます(^_^)v 実車を見て頂ければ

違いをしっかりと感じて頂けます!

と言いつつもオーナー様に『やっぱり違うね~』とか『綺麗だね~』とか言われると

ホッと一安心する私でした(笑)

 

最後に宣伝失礼しますm(__)m

只今キャンペーンを開催いたしております!

とうとう当店のございます神奈川県も梅雨入りしました(^_^;)

梅雨入りしましたがキャンペーン名はそのまま変わらず『もうすぐ梅雨だねキャンペーン!』

引き続き開催しております(笑)

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりのお得な内容となっております。この機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ダイハツ タントのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ タントのボディコーティングです!

H24年式のこちらのタントです!

ソリッドホワイトのタントですが水アカ汚れがなかなか凄くて艶も引けてしまっていて

お車が少し“疲れた”雰囲気を醸し出してしまっています。

その少しお疲れ気味のタントの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

水アカでボディが黒ずんでいて艶も引けてしまっています。

そしてルーフはもっと凄い事になっていました↓

水アカで斑点になっています(^^;)

別角度からですと・・・

この様な汚れ具合です。

ボディサイドは・・・

ルーフ程水アカは酷くはございませんが、だいぶクスミが進行しています。

リアゲートも・・・

クスんでいてライトの映り込みがボヤけていました。

 

こちらのタントは普段からお忙しい事もあり、ほぼ洗車していないそうです。

ですので、どうしてもお車は汚れがちになってしまいます。

特に水アカはこびり付いてしまうと、通常のシャンプ-洗車くらいでは落ちません(^_^;)

更にクスんでしまったボディはポリッシングをしないと落とすことはできません。

と言う事で水アカをスッキリとそして透明感を取り戻すべく作業開始!!

 

まずいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツは確認できますが少ないですね(*^_^*)

リアゲートも・・・

年式を考えますと、とても少ないです!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

鉄粉の反応も少なくなりサッパリとしました。

リアもスッキリと綺麗になりました(^_^)/

その後にマスキングをしていきます。

ポリッシングの準備が出来ました! そしてポリッシングしていきます。

今回の磨きは水アカとクスミ、そしてシミが酷いので少しハードな磨きで塗装面を整えていきました。

整った塗装面には今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のPCX-S8でコーティングです!

気持ちイイ水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

水アカもスッキリとして艶が出ました!

ルーフも・・

もう斑模様ではありません(*^_^*)

別角度から見ても・・・

綺麗になりました。

そしてクスミが酷かったボディサイドも・・・

スッキリとしましたよ~。

リアもくすみが無くなりライトの映り込みがスッキリとシャープになりました。

そしてダイハツタントのボディコーティング完成です!!

水アカで黒ずんでいたボディがスッキリとした白さと艶を感じて頂けるボディに復活いたしました!

先ほども少しお話いたしましたように水アカはこびり付いてしまうと、通常のシャンプ-洗車くらいでは

落ちなくなってしまいます。  そこでコーティングです!

コーティングをしますと「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」事が出来ます。

水アカなど汚れの固着が低減して通常の洗車で汚れを簡単に落とすことができ洗車が簡単で

そして綺麗になります!  やっぱりお車が綺麗ですと見ていて気持ちいいですし乗っていても

気持ちいいものです。 さらに雨の日にボディが雨を弾いていると嬉しくなります!

晴れの日はもちろん、雨の日もお車を美しく演出するボディコーティング、皆様もいかがですか(笑)

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーンを開催いたしております!

とうとう当店のございます神奈川県も梅雨入りしました(^_^;)

梅雨入りしましたがキャンペーン名はそのまま変わらず『もうすぐ梅雨だねキャンペーン!』を

引き続き開催しております(笑)

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりのお得な内容となっております。この機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミネラルグレーメタリックのクロスビーご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ クロスビーのボディコーティングです!

こちらは納車間もないミネラルグレーメタリックの新車のクロスビーになります!

クロスビーは当店初入庫です!(^^)!

その昔、いすゞ自動車からビークロスと言う宇宙船のような車がありましたが、

こちらはスズキのクロスビーです(笑)

最近の若い人はビークロス知らないと思うので間違える事はないと思いますが、若くはない私は

ビークロスかクロスビーだか一瞬考えてしまうのは内緒です(^▽^;)

 

では新車クロスビーの現状を確認していきましょう!

納車から数日が経過していますので少し汚れ気味でした。よく見ますと細かな線キズも確認できます。

ルーフも少し汚れています。花粉の凄い時期は過ぎていましたが、まだ少し花粉の飛散がありましたので

花粉も少し付いています。

ボディサイドです↑ 若干ですが曇り気味です。

リアゲートも少し曇り気味でライトの映り込みがぼやけています。

ホイールも少しばかり汚れ気味でございました。

全体的に少し塗装がぼやけ気味です。でもこれ位の曇りは全然少ない方で、中にはもの凄く

曇っていて映り込みがボヤボヤのお車もございます。同じ車でも製造の時期が違うと曇り具合も

違ってくる場合もございます(^^;) この曇りを除去すると透明感が出て、艶も向上します!

と言う事で新車を新車以上に輝かしていきましょう!

作業開始~!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでウインドウコーティングから

ご紹介致します。

↓は現状です。

油膜の付着もなくお綺麗でした!

お綺麗ですけど、しっかりと下地作りはおこない撥水処理していきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

さすが新車!少ないですね!!

リアもとても少なかったです(*^_^*)

今回は鉄粉が少なかったので除去作業も軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。

新車ですので基本的には軽い磨きですがボンネットの細かな線キズが少し気になるので

そこは少しだけ磨き込んで消せる線キズは消して、消せない線キズは目立たなくなるように

仕上げていきました。

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深い線キズは残っていますが普段は、ほぼ気にならないと思います。

ルーフは・・・

クリヤーで艶々です(*^_^*)

ボディサイドも曇りが取れてスッキリとしたんですが、写真ですと違いがあまりわかりませんね(^^;)

リアゲートもスッキリとクリヤーになってますよ~!

最後にタイヤとホイールを美しく仕上げましたら・・・

スズキ クロスビーのボディコーティング完成です!!

艶、光沢、そしてクリヤー感が向上しツヤピカのボディに仕上がりました!!

『お~綺麗だな~』と、お喜びになられておりました。ありがとうございます。

クロスビーは今回初めて近くで実車を見ました。 雑誌やCMなどで見るとハスラーを大きくした

印象ですけど、実際近くで見るとクロスビーは意外と大きくて、あまりハスラー感がないんです(笑)

フロントはハスラー感がありますが、リアはむしろ先代MINIクロスオーバーの雰囲気が漂っていて

なかなかのオシャレさんです! と言う事は少し弄ると更にオシャレになりそうな予感がします。

街中で楽しむもよし!海や山で楽しむもよし!弄って楽しむもよし!色々な楽しみ方が出来そうで

考えているだけでもワクワクするスズキ クロスビーでした!

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーン開催いたしております!

名付けて・・・『もうすぐ梅雨だねキャンペーン』

キャンペーンの詳しい内容はこちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりのお得な内容となっております。この機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

真っ赤なアルファロメオ ジュリエッタのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファロメオ ジュリエッタのボディコーティングです!

H28年式のジュリエッタです!

こちらのジュリエッタですが・・・今年花粉が凄かったじゃないですか!? 凄かったですよね?

その花粉でジュリエッタも凄い事になってしまったんです。

そうです。花粉でシミシミになってしまったんです(;”∀”)

ではどの位シミシミなのか早速確認していきましょう!

まずはボンネットです。

あれっ? この写真だとあまり凄さが伝わりませんね(^^;)

ルーフです↓

あれっ? この写真でもインパクトが伝わりませんね。ライトの周りをよく見てもらうと

細かな点々が沢山付いていると思います。

↓もルーフです。 こちらの方がよ~くわかります。

こんな感じです(;”∀”) これが花粉で出来たシミです。もうシミシミです(涙)

たかが花粉と思われがちですが、されど花粉なんです。 花粉を放置しておくと、この様に塗装面を

攻撃します。  花粉攻撃、恐るべしです!

ボディサイドはボンネットなどの水平面ほど酷くはありませんが花粉のシミが付いてます。

拭きキズも少し目立ちます。

ホイールは・・・

ボチボチの汚れ具合でした(*^^*)

 

ご覧いただきましたように花粉で出来たシミが酷いです。特にボンネットやルーフは全体にビッチリと

付いてます(^▽^;) 通常、花粉のシミは熱処理をする事でシミが消えるのですが、これも限度が

ありまして、本当に酷いと熱処理してもシミが残ります(汗)

今回も少し厳しい感じもしますが、あの手この手、そして、えぇ~そんな手も!? を試しながら

頑張っていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↓少しわかりにくいんですがポツポツと確認できます。

少ないですね!

リアも・・・

2年経過で、この付着量は少ないです!  素晴らしい!!

鉄粉は少ないんですが、少なくてもしっかりと鉄粉除去はおこない、再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックします↓

綺麗です!

リアも・・・

よりサッパリとしました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

この磨きの前までに既に、あの手この手を施しています。( ̄▽ ̄*)ニヤリ

そして最終的に磨きで塗装面を綺麗に整えていきました!

その整った塗装面には今回はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです!  PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が

特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

だいぶスッキリとスベスベに復活しましたよ!

ルーフも・・・

綺麗になりました~ヽ(^o^)丿

近くで見ると・・・

サッパリとしました。  もちろん”全て元通りって“訳ではありませんが、ほぼ気にならないレベルだと

思います。

ボディサイドは・・・

こちらもスッキリとしました。  拭きキズも綺麗になりましたね(^_^)/

ホイールもしっかりと洗うと本来のホイールの色が出てきます。 綺麗になったらホイールも

艶出しをおこない・・・

アルファロメオ ジュリエッタのボディコーティング完成です!

いかがでしょうか。

発色が良くなり、より鮮やかなアルファレッドに仕上がりました!

そして花粉のシミは全て除去はできませんでしたが、ほぼ気にならないレベルにはなりました(^_^)/~

オーナー様も『やっぱり違いますね~、鮮やかさが違いますよ~』と、とてもお喜びになられておりました。

 

花粉のシーズンは過ぎましたが今年は本当に花粉が多く、花粉によるダメージも大きいお車が多いと

感じました。先ほどもお話いたしましたが花粉は塗装にダメージを与えます。花粉が乗っかっているだけなら

まだいいですが(あまり良くはありません)雨に濡れた花粉を放置してしまうとシミシミになってしまいます。

更に悪化してしまうと今回のお車の様に塗装を陥没させてしまいます。

ですので花粉の多い時期は雨に降られましたら出来るだけ早めに洗車してください。

と言うより、雨に降られていなくても花粉が乗っかっている状態は塗装には良くありませんので

大変ですが、花粉の時期はこまめな洗車を心がけてください。 ← 来シーズンの話(笑)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーン開催いたしております!

名付けて・・・『もうすぐ梅雨だねキャンペーン』

なんか聞いたことあるような名前ですが(^^;)

キャンペーンの詳しい内容こちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。このお得な機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

ABARTH595のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアバルト595のボディコーティングです!

グリジオ・カンポヴォーロと言うカラー名の明るいソリッドグレーのアバルト595です!

こちらのアバルト595は約半年ほど前にご購入されたそうです。その時にコーティングされたそうですが

細かなシミが沢山付いているのが気になるとの事で当店にご来店くださいました。

では早速アバルト595の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様が言われていました様に細かなシミが結構付いています(^^;)

ルーフも・・・

シミが付いていますね。

ボディサイドもよく見るとボンネットやルーフ程ではありませんがシミが付いています。

リアゲートです↑こちらのボディサイドと同じような状態でした。

ホイールは若干汚れていますがマメに洗車されているようで基本的にお綺麗です!

 

全体的にお車自体は新しく、またオーナー様もマメにお手入れされているそうですので

お綺麗です。しかしシミがね~(^_^;)  いわゆるウォータースポットと言われるシミも付いていますが

細かなシミは何か付着したようなシミです。それが何かまでは特定は残念ながらできませんが

綺麗に除去する事は出来ます(笑)

と言う事で作業開始していきましょう!

 

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↓

少ないですね(^_^)/

リアも・・・

少ないですね!  少し前のブログでアバルトのメンテナンスをご紹介した時に

アバルト(フィアット含めて)はここに鉄粉が多く付きやすい傾向と書きましたが

今回のお車は少なかったです(笑)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けチェックします↓

いい感じです(^_^)/

リアもスッキリと仕上がりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度は・・・

マスキングをして磨いていきます。

今回はシミが多いですが幸い深くシミが進行している感じではありませんので比較的軽めの磨きで

シミの除去と艶出しを行ないました!

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと実はコーティングした時との別の作業日なんですが・・・

コーティングしてから数週間後、オーナー様からお電話を頂き・・・

リアライトの真ん中の所をラッピングしたい!とのご依頼を頂きました。

ですので作業日は違いますが一緒にご紹介しちゃいます(笑)

↓はビフォーです。 マイナーチェンジ後のフィアット500はランプ中央がボディと同色に

なりました。

これが賛否両論でマイナー前の方が良かった~って話はよく耳にします(^^;)

これはこれで可愛いくていいと思うんですけどアバルトになると可愛いイメージより

カッコ良くとかスポーティーとかの方向にしたいのも確かです。

そこで今回のオーナー様のご依頼は、この中央部をカーボンブラックでラッピングしたらカッコイイのでは

ないかと! と言う事で・・・

イメージチェンジです!  だいぶ雰囲気がかわりましたヽ(^o^)丿

オーナー様の狙い通りです!!

ちょっと引きで見て見ると・・・これが↓

これです↓

これだけでだいぶイメージチェンジが出来たと思います。  狙い通りスポーティーでカッコイイですね!!

 

ではその他の各部の仕上がり具合も確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなりツルツルのスベスベになりました~。

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。

ボディサイドも・・・

クリヤーで気持ち良くライトが映り込んでおります。

リアゲートもサッパリしました。

そして最後にタイヤとホイールも綺麗に艶出しをおこないましたら・・・

グリジオ・カンポヴォーロのアバルト595のボディコーティング完成です!

ソリッドカラーらしい艶感に仕上がりましたよ~

オーナー様も『うわぁ~綺麗だな~。よかった~』と、お喜びになられておりました。

今回のグリジオ・カンポヴォーロは何とも魅力的な色ですね!私好きです(笑)

イタリアの車っていえば情熱的なイタリアンレッドをイメージしますがアバルトは伝統的に

グレーを大切にしているメーカーらしいですね。

ちなみに“グリジオ”はイタリア語でグレーを意味するらしいです。← WEB情報です(^^;)

更に”カンポヴォーロ”は飛行場の意味らしいです。← WEB情報です(笑)

なんでも航空機に使われていた塗料をレーシングカーに採用したのが始まりとかなんとか。

いゃ~ ロマン感じますね~。(*´▽`*)

このようにご自分のお車のボディカラーの名前の由来を調べてみるのもマニア的楽しみ方だと

思います(笑)  是非どうぞ~(^_^)/

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーン開催いたしております!

昨年は6月から始めました梅雨時期のキャンペーンですが昨年ご好評頂きましたので

今年は少し早めにキャンペーンを始めました!!

名付けて・・・『もうすぐ梅雨だねキャンペーン』

なんか聞いたことあるような名前ですが(^^;)

キャンペーンの詳しい内容こちらをご覧ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。このお得な機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ビューティフル モンスター現る!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ カムリのボディコーティングです!

当店初入庫になりますプラチナホワイトパールマイカの新型のカムリです!

新型に限らずカムリは当店では初です!(^^)!

ビューティフル モンスターのキャッチフレーズと共にデビューしました新型カムリですが

今までのカムリのイメージとは異なりスポーツなルックスへとイメージチェンジしましたね!

こちらのカムリはモデリスタのスポイラーが付いているので尚更スポーティーな雰囲気を醸し出しております!

ビューティフル!

そんなこちらのお車は納車間もない新車でございます! では新車のビューティーカムリの現状を

確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

作業自体はまだまだ花粉の多い4月でしたので(^^;)花粉が付いてます。 また雨にも降られたようで

少し斑模様になっていました(^^;)

ルーフです↑ こちらもボンネットと同じ状態ですね。

ボンネットとルーフがこの様な感じですので、もちろんトランクも・・・

同じですね(笑)

ボディサイドは・・・

花粉の付着も少なくてお綺麗です。汚れも付着は少ないんですが若干塗装表面が曇り気味ですね。

ライトの映り込みがボヤッとしていると思います。

 

納車から数日経過していますのでその間に付いた花粉などの汚れが確認できます。新車特有の塗装表面の

曇りも確認できますがトヨタ車は全般的に曇りが少なくてクリヤーです(^_^)/ 今回のカムリも全体的には

曇りも少なくてクリヤーですが若干曇っているのもまた事実です(^^;

この曇りを除去すればビューティフル度は更に上がるはず! 更なるビューティを目指し作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングからご紹介して

いきます。 ↓は現状です。

油膜の付着もなくてお綺麗ですね。(水が掛かっています↑)

リアは・・・

少し油膜が付いているようで水を弾いています。

油膜が付いていなくてもしっかりと下地を作っていきます。

最近は運転席と助手席は撥水ガラスを採用しているお車が増えてますね。

こちらのカムリも撥水ガラスでした。

ガラスの下地が整いましたらウインドウ専用コーティングでコーティングして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

リアも・・・

気持ち良く弾いてます(^_^)/~

 

続いてはボディです。

洗車が終わりましたら鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットからフェンダーにかけて結構鉄粉が付いていました。

トランクもポツポツ確認できますが新車でもこれ位は付いています。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になりました~!

トランクもサッパリとしました(^^ゞ

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回の磨きですが先ほどもお話しました様に少しですが塗装面に曇りが見えます。この曇りを除去する為に

磨きを入れますが、曇り自体は軽微ですので軽い磨きで仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回は使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

人気の水玉撥水です。  PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーで艶々です!

ルーフも気持ち良いですね~(*´▽`*)

トランクもサッパリとしました。

曇りがなくなりライトの映り込みもスッキリとシャープになりました。

ホイールコーティングもしています! ホイールコーティングは新車時がおすすめですよ~!

そしてプラチナホワイトパールマイカのトヨタ カムリ、ボディコーティング完成です!

ビューティフル~ヽ(^o^)丿

コーティング施工前より確実にビューティ度が上がったんですが・・・

写真ですと違いがわかりにくいですね。パールホワイトだと尚更です(^^;)

しかしお引き取りに来られたオーナー様にはわかります!!

『やっぱり違うね~。艶がちがうよ~』『ディーラーのコーティングにしなくてよかった~』と、とても

お喜びになられておりました(*^^*)

 

こちらのオーナー様はカムリの前はエスティマにお乗りになられていたそうです。そのエスティマは

ご購入時にディーラーでコーティングをされたそうですが、その仕上がりに納得がいかなったそうです。

ですので今回はディーラーには出さずに当店にお越しくださいました。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いている

お車も多いのですが下地処理をしないで洗車してコーティング剤塗っておしまい!

っていうディーラーが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますし耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店の当店でどうぞ~

ビューティフルな新車を更にビューティフルに仕上げるカービューティーフルプロ・カラーズからの

お知らせでした!   ( ̄▽ ̄)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

只今キャンペーン開催いたしております!

昨年は6月から始めました梅雨時期のキャンペーンですが昨年ご好評頂きましたので

今年は少し早めにキャンペーンを始めました!!

 

名付けて・・・『もうすぐ梅雨だねキャンペーン』

なんか聞いたことあるような名前ですが(^^;)

キャンペーンの詳しい内容はこちらからご確認ください! → もうすぐ梅雨だねキャンペーン!

まさに梅雨にぴったりの内容となっております。このお得な機会に是非!!

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

トヨタ ハリアーのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです!

H21年式ソリッドブラックのトヨタ ハリアーです!

こちらのハリアーは知り合いの方がお乗りになっていてお車でしたが、買い替えする事になり、

譲り受けたそうです。

大切に乗りたいので一度綺麗にしたく当店にお越しくださいました。 ありがとうございます。

 

では早速現状確認していきたいのですが、まだまだ花粉が凄かった時期ですので・・・

花粉やら何やらで塗装面が良くわかりません。という事で洗車後の状態でご紹介していきましょう!

洗車後です↓

ソリッドブラックと言う事もあり痛みが凄いです。シミ、スクラッチ・クスミ・いずれも凄いです(^▽^;)

鳥糞によるダメージと思われるシミもボンネットやルーフに数か所確認できます。

一見シミに見えますが(単なるシミも有ります)よく見ますと非常に細かなひび割れになっているので

磨きでは修復不可能です。 これを直すには残念ながら再塗装するしかありません。

ルーフです↑

ボンネットと同じく痛みがかなり進んでいます(汗)

ボディサイドは・・・

何かで擦ったのでしょうか?? 同じようなスクラッチが数か所ほど確認できました。

リアゲートも洗車キズでしょうね。キズキズです(^^;)

ホイールは・・・

こちらもやや薄汚れている感じでブレーキダストの付着も少し多めでした。

 

全体的にH21年式のソリッドブラックと言う事でソリッドブラックらしい痛み具合です(^^;)

ボンネットやルーフはシミが酷く磨きでは修復不可能な程、鳥糞による塗装の浸食(クラック)が

進んでいます。また、所々に通常の洗車キズとは違うスクラッチも多く入っておりました。

なかなか今回は厳しい戦いが予想されますが張り切っていきましょう!

では作業開始!!

 

ボディコーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤を塗られているようですね! 若干撥水力が弱い感じですが綺麗に撥水していました。

しかし・・・

惜しげもなく除去します(笑)

ガラスを磨いて一旦リセットです!

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングをおこない、最後に撥水チェックを

行ないましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

水玉の”丸さ“が違います(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

しかし黒いボディですと何が何だか・・・(笑) 写真だとよりみえません(^^;)

クリーナーの後はネンドを使って鉄粉を取っていきます。

使用前のネンドです↑

使用後のネンドです↓

ネンドが茶色く(特にネンドの淵)なったのがわかると思います。これがボディに付いていた鉄粉です。

↑の写真はボンネット1枚分の鉄粉です。 年式を考えますと少ない方かと思います。

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをします。

いつ見ても黒いボディに黄色いマスキングはカッコイイです(笑)  私だけ??

今回はシミが酷いのですが残念ながら磨きではどうにもならない程シミ(クラック)も

多いので、そこはある程度までにして全体的に各パネルの統一感が出るように磨いていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなりスッキリとしましたね。しかし・・・

浸食(クラック)している所は残ってしまいます。

ルーフは・・・

こちらも深いシミやクラックは残っていますがクスミが無くなりクリヤーに

なりましたね!

ボディサイドの何かで擦ったようなスクラッチもサッパリとしました!(^^)!

リアも・・・

綺麗になりました!!

ホイールとタイヤもよ~く洗い艶出しをおこないましたら・・・

トヨタ ハリヤーのボディコーティング完成です!

黒さと艶が違います!!

お車がキリッと引き締まりソリッドブラックらしい凝縮感を感じてもらえると思います(^_^)/

オーナー様も『すげ~綺麗!!』ととても驚かれていました!

この維持する自信がないな~。なんか緊張するな~』と言われていましたが、大丈夫ですよ!

メンテナンスもお任せください(笑)

ソリッドブラックは正直、維持管理するのはとても大変だと思います。しかしソリッドブラックには

ソリッドブラックにしかない良さもあります(^_^)/  維持管理は大変ですがこれから始まるハリアーライフを

楽しんで、そして何時までも大切にお乗りください(^^)/

 

先ほどから何度かお話しておりますが鳥糞は塗装面に甚大なダメージを与えます。

鳥糞は放置しておくと塗装の陥没や今回のお車の様にひび割れを引き起こす事がございます。

そうなると残念ながら再塗装するしか補修法は無くなります。

ですので鳥糞に気が付きましたら速やかに除去致しましょう!

除去方法ですが鳥糞の中に小石などが混ざっている事もありますので乾いたティッシュなどでは

拭かないでください。キズになります(-“-) ティッシュを軽く濡らして擦らずに取り除いてください。

特に鳥糞がカッチカチに乾燥している場合は濡らしたティッシュ(水多めで)を鳥糞の上に数分間置き、

柔らかくなってから取るようにしてください。この時も擦るように拭くのではなく、上につまみ挙げるように

取り除いてくださいね。拭くとキズになりますから(^^;)

同じく虫のこびり付きも塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ルノートゥインゴのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です

 

本日ご紹介致しますのはルノートゥインゴのボディコーティングです!

ブルードラジェと言う淡いブルーのルノートゥインゴです!

キュートなボディに淡いブルーが目を引きますが、ある意味それ以上に目がいってしまうのが・・・

ニャ~。

ニャ~!

猫型のヘッドレストです(*^^*)  なんというクオリティ! 見れば見る程リアルです。

もう気になってしょうがないです(笑)

熱い眼差しを感じつつ早速ルノートゥインゴの現状確認をおこなっていきましょう!

まずはボンネットからです。

色的に少しわかりにくいですが、細かなシミがやや多く付いています。

ルーフは・・・

こちらの写真の方がシミが大きくて見やすいですね。 ボンネットの方はもう少し細かなシミです。

ボディサイドもよく見ますと細かなシミが付いています。

それとオーナー様が気にされていたのが・・・

納車時に行った防錆塗装(アンダコート)と思われる物が”少しはみ出しちゃっている“状態です。

何ヶ所かありました。

ホイールはお綺麗ですね(*^^*)

 

ご購入から約半年ほどですがオーナー様が言われていました様に確かに細かなシミが多数確認できます。

昨年ご購入店でボディコーティングをされたそうですが、屋外屋根なし駐車だった事もあって

シミが付いてしまったそうです。最近駐車場が屋根有りに変わったことに伴い、気になっていたシミを

一旦リセットしたく当店に遠方よりご来店くださいました。 ありがとうございます。

まだまだ新しいお車ですが早くも一旦リセットしていきましょう(笑)

ニャンコに見守られながら作業開始ニャ~(=^・^=)

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこなうニャ~。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

半年ですので、まぁまぁボチボチですね(笑)

リアは・・・

ボチボチですね。でも全体的に少ない方だと思います。

鉄粉除去が終わりましたら再度専用のクリーナー吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも同じく・・・

サッパリと綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

マスキングが終わったところですが↑マスキングしていない所もございます!? バンパーやボディサイドの

黒樹脂部は↑の段階ではマスキングしてません。最近は磨く直前にマスキングしています!

そして今回の磨きですがシミが気になるとの事ですが、お車自体もまだ新しくシミは比較的軽い状態ですので

あまりハードな磨きはせずにシミ消え具合を確認しながら、なるべく研磨量が少なく済むように

磨きました。

磨きが済みましたらいよいよコーティング剤の出番です。

今回は使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

人気の水玉コロコロ撥水です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

細かなシミも無くなりスッキリとしました。  ↑の写真ですとわかりにくいんですが(^▽^;)

ルーフの写真だと・・・

綺麗になったのがわかって頂けると思います(笑)  綺麗でしょ(^_^)/

ボディサイドもシミやクスミも無くなりクリヤーです!

“少しはみ出しちゃっていた”防錆塗装(アンダコート)も綺麗になっているニャ~。 ← いきなりですが(笑)

元々お綺麗でしたホイールとタイヤも・・・

より黒く艶やかに仕上げましたら・・・

素敵なブルードラジェのルノートゥインゴ、ボディコーティング完成です!

いかがでございますでしょうか。新車時よりクリヤーで艶やかに仕上がったと思います!

クリヤーで艶やになるとお車全体の質感が上がって見えるから不思議です(´▽`)

今回のオーナー様はこちらのトゥインゴはほぼ衝動買いだったそうです(*^^*)

そういうのってありますよね~。 きっとそれが運命の出会いってヤツなんですよ!

そういう出会いの方が長~いお付き合いになる気がいたします!

正直、私衝動買いはしたことはありませんが(笑)買いそうになった

事は何度もあります。それはもう何度も何度も(^▽^;)

今でもネットで中古車サイトなんて見てしまうと心がゆすられますが、でも揺れるだけで

買う事はございません。  いゃ買えません(笑)  宝くじが当たるまでは( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型N-BOXカスタムのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムです!

クリスタルブラック パール&レッドのツートンカラーの新型N-BOXカスタムです!

新型のN-BOXカスタムはこちらが当店初入庫でございます(*^_^*)

こちらのN-BOXカスタムは納車してディーラーからそのまま当店にご入庫くださいました!

くださったのですが数分前に納車されたばかりなのに・・・やけに花粉が(;´∀`)

ではN-BOXカスタムの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

花粉が(*´з`) 確かに花粉が凄い時期でしたけど納車時にこの状態でお客様にお引き渡しするのは・・・

しかも、よくよく観察いたしますと・・・

ボンネットは磨きが入っているようです。  モヤモヤっと見えるのがポリッシャーで磨いた時に付いた

磨きキズです。お客様に引き渡される前に磨きが入ることは実は珍しい事ではなく、

よくある事なんです。問題はその磨きが中途半端で逆に磨きキズを付けてしまっている事です。

その磨きキズに光が当たる↑の写真のようにモヤモヤっと見えてしまいます(*´з`)

ルーフも・・・

一部に磨きが入っているようでモヤモヤっとしてますね。

更にリアドアは・・・

結構広範囲に磨きが入れられたようで、ボヤボヤのモヤモヤです(^▽^;)

リアゲートも磨き跡が確認できます(^_^;)

ホイールも、もう少し”仕上げて“ほしいデス(^^;)

 

ご覧いただきました様に全体的に少し汚れ気味です(汗)新車なのにこの状態でお引き渡しは

正直お客様の立場でしたら少し残念に感じます。先ほどもお話いたしましたが新車でも

色々な訳があって磨きが入ることが多いんです。それはある意味しょうがない事なんですけど

問題はその磨きのレベルです。(磨く作業者のレベルといってもいいです。)

特にブラックなどはキチンと磨ける作業者でないと磨きキズが入ってしまい、このように

モヤモヤとした磨きキズがはいってしまいます。(何度も言いますがけして珍しい事ではなく、よくある事です)

しかも納車時に確認してくださ~い!なんて営業の方に言われても普通は気が付きませんし、

日の当たらない(ライトの当たらない)場所で見せられても見えるのものでもありません。

という事でほとんど気が付かない方が多いです。 と言うか普通は気が付きません(+_+)

そんなところで見せられても私も気がつきません(笑)

でもしっかりとライトを当てて見ると見えちゃいます(^_-)

ではその見えちゃったところもキッチリと仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから見ていきましょう。

↓は現状です。

若干油膜が付いている感じです。

ガラスを磨いて油膜を落とします。

そしてウインドウ専用コーティングで撥水処理して最後にチェックしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!気持ちよく撥水していますね~(^_^)/

今や定番となりましたウインドウコーティングですがボディコーティングと同時にご依頼を

頂くことも多いです! ありがとうございます。

ウインドウコーティングはとても実用的なアイテムでもありますので私もお薦めさせていただいております(笑)

 

続いてはボディです。

まずは洗車をしましたら鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

しかしボディが黒いとよくわかりませんね(^^;)

ルーフの方が見えると思いますが・・・

鉄粉は少なかったです!

少ないので軽めの鉄粉除去をおこない、その後マスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですが磨きキズが目立ちますので、それらを除去して新車らしい、いゃ新車以上を

目指して磨いていきました(^_^)/

そして今回使用しましたコーティング剤ですが、今回は当店のツートップの・・・

ツートップ共使いました(笑)  ブラックパールには低撥水タイプのPCX-S7を、そしてルーフとドアミラーの

レッドには撥水タイプのPCX-S8を使用!!

拘りです(^_-)-☆

PCX-S8の詳細はこちらを → PCX-S8

PCX-S7の詳しい事はこちらをどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

あたり前ですが花粉は無くなり(笑)クリヤーで艶やかです!

磨きキズがも無くなってスッキリです!

ちなみに白く点々に見えるのはパールが光って見えていてホコリじゃありません(笑)

ルーフの磨き跡も・・・

モヤモヤが無くなりスッキリした映り込みですね!

それと広範囲に磨き跡がありましたリアドアも・・・

ボヤボヤのモヤモヤもありません!! 

リアゲートもいいですね(*^^*)

そして汚れ気味でしたホイールも・・・

ピカピカです! 新車ですからこれくらいピカピカじゃないと。 ね!

そしてホンダN-BOXカスタムのボディコーティングが完成いたしました!

ツヤっツヤに仕上がりましたよ~!(^^)!

ご入庫は奥様がお越しくださったんですが奥様曰く『全然違う!』と、そして実はこの日初めて

N-BOXカスタムとご対面する旦那様は『うぉ!すげ~。外に出すのもったいない!このまま置いておきたい』

とお喜びになられておりました!  ありがとうございます。

黒さと艶やかさがUPし迫力が増したN-BOXカスタムのボディコーティングでした(^_^)/

 

新車は綺麗で納車直後が最高の状態だと思ってはいませんか??

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車は本当に多く、

また鉄粉の付着が多い車も御座います。また今回のお車の様に磨きキズが付いている事も実に多いです。

なのに・・・ディーラーさんなどの新車コーティングはこの状態のままコーティング剤を

塗っておしまい!って所が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックマイカのトヨタ C-HRです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタC-HRのボディコーティングです!

最近ご購入されました、こちらのC-HRはディーラーの試乗車として1年程使用されていたお車だそうです。

試乗車という事もあってフル装備で走行距離も少なくとてもお綺麗に使用されていた感じが

いたします。

しかし試乗車ですから洗車の頻度が多い訳で・・・洗車の頻度が多ければ多いほど洗車キズが

入ってしまう場合が多いです(^^;)

試乗車や展示車が汚れているとお車の印象も悪くなるのでマメに掃除されます。それも濡れたクロスで

拭くだけの拭き上げ洗車をしている所が多いのでどうしても洗車キズが多く付いてしまいます。

ましてやボディーカラーがブラックなどのダーク系カラーのお車は・・・(^_^;)

という事でこちらのC-HRの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

シミなどは少ないんですが、前フリ通りキズキズです(^_^;)

ルーフもスクラッチが凄いです(^^;)

ピラー部も・・・

黒いボディがキズで白っぽくなり、ブラックと言うよりグレーに見えてしまいます。

ドアも・・・

なかなかのスクラッチっぷりです(笑) 写真ですとわかりませんが実は撥水系のケミカル剤の

影響と思われるシミも付いていてオーナー様もご心配になられておりました。

リアゲートも同じくキズキズです。

ホイールは比較的お綺麗です(*^_^*)

 

ご覧いただきました様にボディ全体が洗車キズで覆われています(汗)1年間でこのキズですので

やはりかなりの頻度で洗車されていたのでしょう。

実はオーナー様もこのキズとボディサイドのシミは納車後に気が付いたそうです。もちろんご購入前に

現車を確認したそうですが、その日の天候は曇りだった事もありここまでキズが付いている事に

お気づきになられなかったそうで、納車されてビックリ(;”∀”)

この様な状態だったんだそうです。  確かにこの状態を知らずに納車されてたら少しヘコミますね(^^;)

オーナー様のへこんだお気持ちを盛り上げるべく作業開始していきましょう!!

 

まずは洗車した後、いつもの様に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが黒いボディに紫色は・・・

いまいちよくわかりません(笑)

その後にネンドを使って鉄粉やらピッチやらタールやらも除去します。

使用前のネンド↑

使用後のネンド↓

結構色々と付着していたようです(^▽^;)

鉄粉除去が終わりましたら今度は・・・

マスキングして磨きに備えます。

その磨きですが今回は洗車キズが酷いので洗車キズの除去がメインになりますが

お車自体は比較的新しいので今後の事も考えますと磨き過ぎても良くないと思います。

ですので今回はそこまでハードには磨いていません。

と言うと仕上がりが心配になるかもしれませんが大丈夫です(^_-)-☆

その仕上り具合を見て頂く前に今回使用しましたコーティング剤のご紹介です(笑)

今回はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

ではお待たせいたしました。各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズがだいぶサッパリとしました!(^^)!

ルーフも・・・

深いキズやシミは残ってますがグルングルンに見えていたキズがなくなって気持ちいいですね。

ピラー部も艶々です。

オーナー様がご心配されていたケミカルによるシミも綺麗サッパリと落とせました!

写真だとわかりませんが(^^;)

リアゲートもいい感じです。

それと比較的お綺麗でしたホイールもキッチリと洗って艶出しをしますと・・・

更に綺麗になります!

そしてブラックマイカのトヨタ C-HR、ボディコーティング完成です!

施工前はボディに光が当たると光がキズでギラギラと乱反射し、せっかくのブラックのボディカラーが

なんとなくグレーっぽく見えてしまってましたが、施工後はギラギラが無くなり、その変わりと言っては

何ですが(笑)キラキラとしたブラックマイカ本来の輝きを感じられるようになりました!

ピカピカになったC-HRとご対面しましたオーナー様は『よかった~』と、とてもお喜びに

なられておりました!

 

ところで今更なんですけどC-HRって表記はC-HRなんですね! なんか勝手にCH-Rかと思っていました。

GT-Rとかのノリです(笑) 何度かC-HRのご紹介していていてなんですけど今頃になって

フッと思い(心配になり)以前のブログを確認したら、ちゃんとC-HRになってました(笑)

その時は何も気にしてなかったんですけどね(^_^;) なんでCH-Rにしなかったのか逆に不思議です(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。