シフォンアイボリーメタリックのジムニーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニーです!

こちらのジムニーは初期登録がH30年の新古車のような感じのお車をご購入されたとの

事でした。

ご購入から間もないのですが登録から1年以上経過しておりますので、それ相応の汚れや

痛みも心配ですがはたして!?

それでは早速ジムニーの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

色的な事もあってシミが思っていたより少なかっです(^_^)/

スクラッチも少ない・・・と言うより目立ちませんね(笑)

ルーフは・・・

汚れています。 ボンネットも同じように汚れているんですけど色が違うと汚れの

目立ち方もこんなに違うんです。 それはそうと、ルーフも想像していたよりシミは

少なかったです。もっと凄いのかと想像していました(^^;

ただスクラッチ(洗車キズ)は多かったです。

ボディサイドは・・・

若干ですけどモヤッと曇りを感じます。

リアは・・・

モヤけています。 それとよく見るとスクラッチも意外と多く付いているのですが・・・

目立ちませんね(笑)

それと背面のタイヤを外すと・・・

黒く雨筋が付いていました。

普段はタイヤで隠れていますので見えませんけど見えない分、汚れが溜まってしまう場所でも

あります。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

全体的に私が当初、勝手に想像していたより(笑)全然お綺麗な状態でした!

流石にルーフの洗車キズと思われるスクラッチは多めでしたがシミは少なかったです。

全体的に目立つシミやスクラッチもありませんでしたが若干モヤッと曇りを感じるのも

また事実でもございます。

しかし、いずれも程度としては軽いものですのでご安心ください。

スッキリと綺麗にリフレッシュして気持ち良くお乗りいただけますように作業を進めて

参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。 その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

すご~く多い訳ではありませんが多めです(^^;)

屋外に展示されていたお車は鉄粉が多く付いている傾向です。

リアは・・・

 

 

あっ あれ??・・・

撮り忘れましたm(__)m   すいません。

リアもボンネットそれなりの鉄粉量でした。

鉄粉以外にもボディには色々な異物が付着しています。その異物もこの工程で除去しています。

クリーナーに反応しているのは鉄粉だけなんです。

その異物も除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リア・・・

撮り忘れていません(笑)  こちらも綺麗になったんですけどビフォーの写真が無いので

あれですね(^▽^;)  すいません。

その後にボディをマスキングして磨きの準備が・・・

出来ました。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたね!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れて綺麗にライトが映り込むようになりました。

リアも・・・

スクラッチも取れてスッキリと仕上がっています。

それと・・・

ココも綺麗になっています。

普段の洗車では洗えない所にこそコーティングです!

水垢のこびり付きを低減してくれます(^_-)-☆

最後にホイールです。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げています。

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

登録から1年少々ですけど、されど1年少々なんです!

汚れを落とし、ボディを磨いてコーティングをすればビックリするくらい艶々になるんです。

艶感は新車時よりいいと思います(^_-)-☆

オーナー様も『すごーい! 綺麗で嬉しい!!愛着が湧く』と。とてもお喜びに

なられておりました! ありがとうございます。

そうなんですよ 不思議と愛車が綺麗だと愛着が湧くんですよ(*^_^*)

不思議です。 これはおそらく・・・

綺麗だと嬉しいので → 綺麗なままでいてほしい → 手入れする → 愛着が湧く →

愛着があるから綺麗にしたい → 手入れする → 愛着が湧く → 愛着があるから綺麗にしたい →

手入れする → 愛着が湧く → ・・・

の構図なんだと思います(笑)  この無限ループを維持すれば愛車は何年経っても

綺麗なままなんだと思います!

さぁ皆様もコーティングで愛着が更に増す無限ループを試してみませんか!?

お待ちしております( ̄▽ ̄)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ ヴェゼルRSのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです。

R1年式プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRSです!

ご購入から約1年程のまだ新しいヴェゼルです。ご購入時にディーラーでコーティング施工を

されているそうですが早くも再施工のご依頼です。

と言いますのも実は色々とあったそうで・・・(^▽^;)

そのお話は後ほど!

では早速ですが1年経過のホンダ ヴェゼルの現状を確認してまいりましょう。

 

まずはボンネットからです。

初期登録から1年ですのでシミも少し付き始めていました。

それと、おそらく新車時からだと思いますが塗装面がモヤモヤと少し曇り気味です。

ルーフも・・・

シミが少し目立ちます。でも1年ですから、これ位は付いてしまいます。

それよりもモヤモヤとした曇りの方が気になります(^^;

ボディサイドは・・・

こちらもモヤけていてライトの映り込みがスッキリとしていません。

リアも・・・

ちょこっとね~(^^;

そしてある意味今回のメインイベントでもあります・・・

リアバンパーです!

これは・・・後ほどお話し致しますがリアバンパーがスクラッチだらけなんです(;”∀”)

 

ホイールは・・・

ブレーキダストで若干汚れていました。

 

全体的にやや曇り気味で、ご購入から約1年経つという事もあってシミも付き始めていました。

そこまでは通常の痛みの進行ですが、見て頂いたようにリアバンパーにスクラッチが沢山ついています。

これはオーナー様がディーラーに定期点検の為ヴェゼルを預けたらリアバンパーに拭き傷を付けられて

しまったそうです(T_T)  ディーラーにお話をしたら “磨いて直します!” と言うのでお願いしたら・・・

この様なスクラッチだらけの姿で戻って来たそうです(;´∀`)

直すどころか数倍酷い状態だそうです。  いゃ、数倍どころではないそうです。

このスクラッチは磨いた時に付く“バフ目”と言われるキズです。 原因は色々とあるんですけど、

簡単に言ってしまうと“ちゃんと磨けていない”という事です。 この“ちゃんと磨けていない” 原因も

色々とある訳ですが説明がとっても長くなりますので今回は割愛させていただきますm(__)m

そんな事もあってオーナー様は再度ディーラーには任せたくないと当店にご来店下さいました。

リアバンパーをよく見れば見るほど隅っこまで、そして意外と深めにバフ目が入っているんですけど(^^;

消せる所まで消していきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓はフロントウインドウの現状です。

ゆる~く、ダラ~っと水を弾いている感じですけど、これは油分の付着による水弾きだと思います。

そのダラ~としたゆる~い水弾きの原因である油分の付着を・・・

綺麗に除去してガラス表面を整えます!

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました。

一度雨の日にウインドウコーティングをした車に乗ってしまうと、ウインドウコーティングをしていない車には

戻れません(笑)    まだの方は是非一度お試し下さい(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

1年経過と考えますと多くないと思いますがポツポツと確認できますね。

リアも・・・

少ないですね!

そして処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも↑

リアも↓・・・

スッキリとしました!  もちろんボディ全体を鉄粉処理しております。

鉄粉の除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回、オーナー様がお選びになられましたプランですが当店の一番の人気のプランでございます

エクストラプランでのご依頼となります。 エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズや

シミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で塗装表面が

スッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

クリヤーでスベスベですね(*^^*)

ボディサイドは・・・

クスミが取れてライトの輪郭がクッキリと映り込むようになりました!

リアも・・・

スッキリしました(^_^)/

そして壮大にスクラッチが付いていましたリアバンパーも・・・

だいぶスッキリと綺麗になったかと思います。  メタリックもキラキラとよく見えるようになりました(^.^)

深く入っていたスクラッチ(バフ目)が残っている所もございますが、ほぼ気になることはないと思います。

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ ヴェゼルRS、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりましたヽ(^o^)丿

曇りとシミが取れて透明感が増し艶々です!

リアバンパーのスクラッチも全てのキズは取れませんでしたが、屋外で見てもほぼ気になる事は

ないと思います。 私も屋外で確認しました(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『やっぱり違うな~!すげ―なぁ~』と、お喜びになられている

ご様子でございました。

 

コーティングはコーティング剤も大切ですけど、その前の下地調整が大切なんです。

塗装面には曇りがあったり、今回のヴェゼルのように加修跡が盛大に残っていたり、

更にシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしている販売店やGSのコーティングが

多いのが実情です。 下地が傷んでいたり、汚れたりしている塗装面にコーティング剤を塗るだけでは

綺麗には仕上がりません!

なんとなく艶は向上するかも知れませんがそれだけです(^_^;)  あっ!撥水もするかな(笑)

当店ではそれらの不具合を磨いて処理し下地を整えてからコーティングをしています。

ボディコーティングはコーティング剤も大切ですが下地作りは、も~っと重要ですよ~(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コペン セロのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペン セロのボディコーティングです。

H28年式のマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロです!

当店はコペンのご入庫率が意外と高めなんですがコペンセロは当店初入庫になります!

皆様もご存じのように現行型のコペンデビュー時はローブがまず発売され、その後にエクスプレイが

追加、更にその後に今回の丸目のセロが追加され3つのスタイリングが楽しめるモデルになりました。

ここで終わりかと思いきや、まさかの第4のモデルとなるGR SPORTが追加され4つのバリエーションが

揃いました!

皆様のお好みはどれですか??  やっぱり可愛いのは今回のセロかな~と思います(^.^)

そんな丸目が可愛いコペンセロの現状を確認してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

シミが多いっス(^^; 雨ジミというより花粉によるシミだと思います。

ルーフも・・・

シミが多いっス(;´∀`)

そのせいもあって塗装面に滑らかさがなくガサガサとしています。

トランクもやはり・・・

シミが目立ちます。 スクラッチもあるにはあるんですけど年式を考えますと少なめでした。

ボディサイドは・・・

垂直面ということもあってシミは少ないですね!

スクラッチが少なめなのが分かって頂けるかと思います。

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

こちらのコペンセロはご購入されたばかりだそうです。初期登録がH28年ですので4年経過になり、

シミはございますが、その他のコンディションは良く、全体的にお綺麗だと思います。

しかし、やはりシミがオーナー様も気になるようですし、気持ち良くお乗りいただくためにも

ここは一度綺麗にリフレッシュをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~~!

 

まずは洗車後に鉄粉等を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

と~っても少ないんです! ホントに4年経過??と思う程少ないんです(*’▽’)

反応しているにはしているんですけど・・・わかりにくいですね(^^;  これです↓

矢印の先に黒っぽくシミのように見えるのが反応している鉄粉です。

他にもよく見ればあるんですけど、少ないですよ~~。

トランクも・・・

少ないですね~。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒っぽくシミのように見えていた鉄粉も綺麗になりましたね!  元々少なかったですけど(汗)

スッキリと綺麗になりました。  元々少なかったですけど(^▽^;)

今回鉄粉は少なかったんですけど実はボディには鉄粉以外にも色々な不純物が付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても鉄粉等の異物除去作業は必要なんです!

 

鉄粉等の除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いてまいります。 今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

 

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミもスッキリとして綺麗になりました(^_^)/~

ルーフも・・・

ガサガサでした塗装面も艶々のスベスベになりメタリックが顔を出しました!

トランクも・・・

深めのスクラッチやシミの輪郭が残っている所もございますが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

より透明感が上がりサッパリとしています。

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

そしてマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロ、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前より赤味が増したと思います(*’▽’)  これが本来のマタドールレッドパールの赤なんだと思います!

ガサガサの原因である酸化被膜やシミを磨きで除去し、塗装面を平滑化した事で光沢が復元し

潤い感のあるクリヤーなボディに仕上がります。  それだけでも十分綺麗になるんですけど

更にコーティング剤を塗って塗装面の保護と光沢の維持、そして更に艶感あるボディに仕上げます!!

ここまでくれば新車にも負けない光沢感・艶感です(^_^)/

オーナー様も『凄い綺麗!!』と、その仕上がりを実感されているご様子でした!

 

中古車に限らず新車の展示車(外の展示車)もそうなんですが、洗車は濡れたクロスで拭くだけの

拭き上げ洗車をする場合が多いですけど・・・拭き上げ洗車ってキズが凄く付くんです(T_T)

そういう事もあって中古車は洗車キズ(スクラッチ)が多く付いている車両が多いです。

そうなると当然、展示期間が長ければ長い程、洗車回数が増える訳で洗車回数が増えれば増えるほど

洗車キズは増える訳でして(^^;)

幸い今回のコペンは洗車キズは少なかったです。これはもしかしたら展示している期間が

短かったのかも知れませんね! または販売店の方の洗車方法が上手かったのかも知れません(*^^*)

いずれにしてもキズやシミが増えると光沢感や艶が無くなって更にクスミが進むと透明感も

損なわれてきます。

でも安心してください! 磨けば輝きます!!

ですので中古車ご購入時はお車のリフレッシュ、そして気分のリフレッシュも兼ねてボディコーティングが

おすすめです!  新しい愛車に気持ち良くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタムです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングです。

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタムです!

こちらのN-BOXカスタムは新車になります。

以前は先代のN-BOXカスタムに乗られていて、そのお車も当店でボディコーティングを施工させて

いただいたのですが今回お乗り換えになられたとの事で当店にお越しくださいました。

ありがとうございます(*^^*)

では新たな相棒となりました新型N-BOXカスタムの現状を確認してまいりましょう。

まずはボンネットからです。

ちょこっとばかり汚れ気味です(^^;  それでも線キズが確認できますね(汗)

この状態ですとわかりにくいので洗車後の撮影しましたのが↓です。

線キズやシミが確認できます。  ただ曇りは少なくクリヤーです(*’▽’)

ルーフも・・・

汚れています。汚れているので、これまたわかりにくいのですが洗車キズと思われるスクラッチが

結構多く付いているんですが・・・どこだかわかります??

正解は~~~こちら↓

全体的にでした!!  (^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらは洗車前ですけど細かな擦れ跡や小傷等が散見出来ました。

リアは・・・

ルーフほどではありませんがスクラッチが確認できます。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れていました(^^;

 

ホンダの新車施工の時に毎回のようにお話ししていますけど(汗)塗装面がモヤモヤと

曇っている事(白ボケ)が非常に多いのですが、このクリスタルブラックパールは曇りも少なくて

とてもお綺麗でした。昨年施工させていただいたクリスタルブラックパールのN-BOXも曇りが

少なかったのでクリスタルブラックパールは曇りが少ない傾向なのかもしれませんね(*’▽’)

しかし、とってもデリケートで有名なクリスタルブラックパールですのでスクラッチが付きやすいんです。

そしてその通り既にルーフには洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました(^^;

でも大丈夫です。ご安心ください! この程度の浅いキズでしたら磨けばスッキリと綺麗になります!

では作業を始めていきましょう。  作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の不純物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが黒いお車は毎度毎度の事なんですけど・・・

紫色に反応していても、よくわかりません(^^;

リアも・・・

全然わかりません。

写真では全然わかりませんが実際の所は新車らしく鉄粉も少なめでした。

もちろん新車でも全然付いていない訳ではありませんので処理していきます。

ただ基本的にとってもデリケートなブラック&鉄粉が少なめですので軽めの処理方法で

鉄粉を処理していきました。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも・・・

やっぱり全然わかりません(汗)

全然違いが伝わりませんが(^▽^;)異物の除去が終わりましたので作業はマスキングへと進みます。

マスキングはポリッシング時に出るコンパウンドの粉の侵入防止や塗装の薄い所、また”磨きたくない所“や

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店では塗装の状態によっては、あえてマスキングを

貼らない時もありますし、磨く直前に貼ったりとケースバイケースです。

 

マスキングが出来ましたら磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少しキズがアレでしたので(^^;新車にしては少しだけ

強めの磨きをしています。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミや線キズも綺麗に除去できました(^_^)/

スクラッチが多かったルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーですね! ちなみに白っぽい小さな点が、点 点 点 点 点・・・と無数に

見えると思いますが、それはパールです(*‘∀‘)

クリスタルブラックパールはパール感が少なくソリッドの黒のような漆黒に見えますが

ライトを当てたりするとちゃんとパールが顔を出します(笑) よく見ないとソリッドかと思っちゃいます。

それくらいソリッドに近いブラックパールです。

話が逸れましたがリアも・・・

サッパリと綺麗になりました。 よく見るとパールがわかると思います(笑)

最後ホイールも・・・

ピカピカにしましたら・・・

クリスタルブラックパールのホンダN-BOXカスタム新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

元々お綺麗で曇りも少ないお車でしたが更に黒々と艶のあるボディに仕上がったと思います!

施工前のお写真と見比べて下さいね!

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でございました! ありがとうございます

新しい相棒のN-BOXカスタムで楽しいカーライフをお楽しみください(^_^)/~

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと塗装の痛みが

どうしても早いです。特にソリッドブラックは洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので取り扱いには

注意が必要です。洗車キズとはその名の通り洗車時に付いてしまうキズです。スポンジで擦ったり

クロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチをつけてしまっています。

という事もあって洗車回数が多い方はどうしても洗車キズが多く入る傾向です(^▽^;)

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

それと使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ライズのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズのボディコーティングです。

ブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズです!

トヨタ ライズは当店初入庫になりますヽ(^o^)丿 昨年ライズが発表された時にすぐに、ご契約され

年末には納車されたそうです。こちらのオーナー様は以前より当店をご利用いただいており今回も納車後に

早くコーティングを施工したかったそうですがお仕事が忙しく今になってしまったとの事です。

では納車から約5ヶ月経過いたしましたライズの状態を確認してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチなどは少ないです。

若干ですが曇っていてスッキリとしない感じです。

ルーフも・・・

シミなどは少なくお綺麗ですね!

ボディサイドは・・・

やはり少し曇っていてモヤけている感じです。

リアピラーも・・・

綺麗は綺麗なんですけど・・・磨けばもっと綺麗になる予感がいたします(笑)

リアは・・・

今回一番モヤッ~~としているポイントでした(^▽^;)

 

全体的に見ますと塗装面が少しばかり曇り気味です。これはおそらく新車時からのものと思われます。

更に約5ヶ月分の汚れ(汚れの被膜)により透明感が若干損なわれている感じでした。

個人的にダイハツは比較的新車時の曇り(白ボケ)が少なくてクリヤーで綺麗な車が多い

印象です。 今回のラッシュも納車時でしたら、もう少しクリヤーな塗装肌だったのでは

ないかと思います。

しかし、いずれも程度としては、ごく軽いものですのでご安心ください。

それではブライトシルバーメタリックのライズをスッキリと新車時の状態にリフレッシュしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車です。 その後に鉄粉などの付着物を除去していきます。

↓の黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

結構多いんです(^_^;)

お車を置いている場所が鉄粉が多く舞っている場所だそうで・・・しょうがないですね(汗)

同じく水平面のルーフも鉄粉が多かったです。

リアは・・・

水平面に比べると少なかったです。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも・・・

サッパリとしました。

余談ですけど鉄粉が多く付いていると水が綺麗に流れないなど撥水の妨げにもなるんです。

なので鉄粉処理は撥水機能的にも意外と重要だったりするんです(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプラン状態にもよりますが“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”や

”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”また、塗装の研磨量を抑えたい方”等におすすめのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。 今回使用いたしましたのはこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

当店では低撥水タイプのコーティング剤と言えばPCX-S7もございます。

PCX-V110にはPCX-V110の良さ、そしてPCX-S7にはPCX-S7の良さがございますので

低撥水タイプのコーティング剤をご希望のオーナー様とご相談の上でPCX-S7とV-110を使い分けています。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが磨いてよりスッキリとしたんですけど・・・

写真で見るとあまり変わらないかな~??(^_^;)

ルーフも・・・

軽いシミやスクラッチも無くなって綺麗になっているんですけど・・・

施工前の写真と見比べてくださいね!  よりクリヤーでスッキリしていますから~~~!!

ボディサイドは・・・

こちらの方が施工前後の違いがわかりやすいと思います(^_^)/

ライトがスッキリとクリヤーに見えています!

ピラーも・・・

潤いました。

モヤけていましたリアも・・・

綺麗になりました。

そしてブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズ、ボディコーティングが完成いたしました!!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

お車全体がパッと明るくなった印象です!!

こちらのライズはご購入から約5ヶ月程の比較的新しい車両でしたが、それでも磨くとよりスッキリとした

クリヤーは塗装肌になり艶も光沢も向上致しました!

塗装面を整えてからコーティングをしますと滑らかで艶やかな肌になります。もちろん見た目だけではなく

防汚性や耐薬品性などの機能性も兼ね備えています。

まだコーティングされたことのない方、是非一度ボディガラスコーティングをお試しください!

 

大人気のトヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー。ご存じの方も多いと思いますが二つはダイハツが開発&生産を

行っている兄弟車です。 どちらも人気で売り上げも絶好調だそうです(*”▽”)

最近の車はどれも大きくなって取り回しが大変です。特にSUVは背も高くて威圧感も抜群です(笑)

そこに現れましたコンパクトボディのトヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー。人気が出るのも納得です。

やはり普段使いにはコンパクトな方が使いやすいですよね! コンパクトとは言え室内は広いですし

ラゲッジスペースも結構大きいのがまたトヨタ ライズ&ダイハツ ロッキーの魅力でもあります。

もう発売前から売れるのが約束されているようなものです(笑)

そんな海や山そして街乗りと様々なシーンで大活躍間違いなし!の大人気とトヨタ ライズのご紹介でした!!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

シャア専用オーリスのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ オーリスのボディコーティングです。

2013年に発売されました『シャア・アズナブル』の専用機をイメージした“シャア専用オーリス”です!

私はてっきり↑の状態で販売されたと思っていたんですが全てオプションなんだそうです。

色々なパーツが用意されていて自分で装着したいパーツを選べるんだそうです。

なので外観だけシャア専用仕様にしたり、インテリアだけシャア専用にしたり、そしてデカールを付けたり

ちなみに今回のオーナー様のお車はほぼフルオプションだそうですヽ(^o^)丿

インテリアもカッコよかったです!!

そんな“シャア専用オーリス”の現状確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

汚れていてわかりにくいんですけど7年経過と考えますとシミが少ないんです(*^^*)

ルーフも・・・

汚れてはいますけどシミは少なめです。 でもスクラッチは確認できますね(^^;

ボディサイドは・・・

よく見て頂けるとスクラッチが多いのが見えると思います。

おそらく洗車時に付くキズだと思います。

リアは・・・

リアゲートの開閉時に手が当たる場所です。 リアゲートだけではなくドアハンドル周辺も

開閉時に爪が当たってキズが付きやすい場所です。

爪や手など当たる所は使用年数が長くなればなるほどキズも多くなってきます。

ホイールは・・・

マッドブラックであろうホイールですが、やや?汚れ気味でそして傷み気味でした(^▽^;)

マッドブラックを更にマッド化した感じです(笑)

 

初期登録から7年経過していますので各部それ相応の痛み具合ではありますが基本的にガレージ保管と

いう事もあってシミは少なめだと思います。

少しお疲れ気味のオーリス君ですがリフレッシュしてキリッと仕上げていきたいと思います!!

では作業開始していきましょ~!

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よく見えません(汗) でも7年経過を感じさせない程の少なさなんです(*’▽’)

リアも・・・

ポツポツとは見えると思いますが少ないですね~。

こちらは↓鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

良く見えませんが綺麗になっています。  本当なんです(笑)

リアも・・・

こっちの方が違いを感じて頂けるかと思います(笑)

 

そして鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしますが・・・

ステッカーが多くて大変でした(^▽^;)

今回の磨きプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

深めの線キズは残っていますけどクスミも無くなってスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

洗車キズもスッキリとして綺麗にライトが映り込むようになりました(^_^)/

キズキズでしたリアも・・・

深いキズは残っていますけど、かなりキズが除去できたと思います!

そして最後にホイールも・・・

綺麗になりました!

マッドブラックはお手入れが大変ですがやっぱり独特の鈍い輝きがカッコイイですね!

そしてレッドマイカメタリックのトヨタ オーリス、ボディコーティングが完成いたしました!!

いい艶に仕上がりました!   これならきっとシャアも喜んでくれるでしょう(笑)

小傷やシミなど残ってはいますが艶感は新車にも負けていないと思いますヽ(^o^)丿

ご入庫時は艶がやや引け、色の深みを感じられない印象でしたが、磨き上がりましたボディは

クリヤーで艶やかな本来の深みを感じて頂けるレッドマイカメタリックに仕上がりました(^_^)/

新車のような輝きを取り戻したシャア専用オーリスをこれからも大切にお乗りください!!

 

今回のオーリスは洗車キズが登録から7年と考えますと少なめだったと思います。

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の多い方は

どうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど

洗車キズはやはり少ない傾向です。 なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

また使用しているスポンジ類も定期的な交換が必要です。見た目が綺麗でも奥の方に細かな砂埃等が

付いていて知らず知らずのうちにキズをつけてしまっているものです(^^;

また定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の

動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フィットのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールの新型フィットです!

新型フィットは当店初入庫になりますヽ(^o^)丿

新型フィットは今までのフィットとはイメージが大きく変わってまさにフルモデルチェンジですね。

従来のフィットとは違って愛嬌のある可愛いデザインになりました。何となく犬っぽい顔だなと

思った人も多いかと思います。それもそのはずデザインのキーワードは柴犬なんだそうです∪^ェ^∪

そう聞いてしまうともう柴犬に見えて仕方ありません(笑)

そんなカワイイ新型フィットの現状を早速確認していくんだワン!

まずはボンネットからです。

曇っています(^^;  ライトの淵がモヤモヤとしているがわかると思います。

↑の写真は洗車前で少し汚れている状態です。“汚れているからライトがモヤけて見えるんじゃね??”と

思われるかもしれませんが、洗車や鉄粉除去など磨き前までの作業を一通り終わらせた後に撮ったのが

こちらです↓

やっぱり曇っているんです(^^;)

車によっては新車時からこれくらい曇っているんです。

ルーフも・・・

こちらも洗車後に撮ったものです。 やはりモヤけていて透明感が損なわれています。

ボディサイドも・・・

同じですね(^▽^;) これでは綺麗な景色の映り込みが期待できません。

リアピラーも・・・

写真だとそれ程酷く感じませんが結構なモヤけっぷりでした(^_^;)

リアも・・・

ボヤけています。

ホイールは・・・

早くも社外品に交換済みです!交換したばかりという事もあってお綺麗ですね!

 

ボディ全体に曇りが確認できました。 この塗装面の曇りは白ボケと言われるもので新車時から

確認できるものです。この白ボケが酷い車もあれば綺麗な車もあって、こればかりは納車されてから

でないとわかりませんし、選ぶこともできません。

また車のメーカーによっても様々でホンダは・・・(^_^;)って感じの個体が多いです。

この白ボケを除去するには磨きが必要になってきます。磨きをしないでコーティングするという事は、

曇りを閉じ込めてしまうと言う事になります。ですので仕上がり具合が・・・曇ったまんまです。

と言う事で、もちろん当店の新車コーティングは磨きを入れて曇り(白ボケ)をサッパリとしてからの

コーティングです! 早速、新車を新車らしくキリッと仕上げていきましょう!

作業開始!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介をしていきましょう。↓は現状です。

少し油分の付着があるようです。

油分以外にもウインドウには様々な異物等が付いていますので例え綺麗に見えましても・・・

綺麗にしていきます。 毎回この状態の写真しか載せていませんが、この状態になる前に幾つかの工程を経て

最終的に↑状態になります。

そしてよ~く乾燥させた後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車をしてその後に塗装に付いている鉄粉等を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

多くはありませんがポツポツと確認できますね。

リアも・・・

多くはありませんでした。

ウインドウコーティングの所でも少しお話ししましたが綺麗に見えてもボディやウインドウには

色々な異物が付着しているんです。

樹液だったりピッチやタール、これからの時期は虫もいっぱい付きますし、ペンキのミストが

付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

そして処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしましたよ~! もちろん鉄粉以外も!!(笑)

リアも・・・

サッパリとしましたよ~! もちろん鉄粉以外も!!(笑)  ← くどい 

異物の除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少し曇り気味ですので新車にしては少しだけ強めの磨きをしています。

 

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

白く曇り気味だった塗装面もスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりましたよ~(^_^)/

ボディサイドだって・・・

スッキリとクリヤーになってライトの輪郭もシャキッとシャープに

映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

リアピラーも・・・

潤っていますねヽ(^o^)丿

リアも・・・

サッパリとしました!

それと今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングをして・・・

艶々になっています!

ホイールコーティングは新品時がおすすめです!

そしてホンダ フィットの新車コーティングが完成いたしました!!

曇りも無くなってスッキリとクリヤーそして艶々に仕上がりました!  いゃ、仕上がったワン ∪^ェ^∪

と、言っても新車のパールホワイトですので写真だとあまり違いがわからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように塗装がクリヤーになって透明感が感じて頂ける

ようになっております。 また景色の映り込みもスッキリとシャープになり新車以上の新車に仕上がりました。

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っている当店にお任せください。  お待ちしております(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

プリウスαのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスαのボディコーティングです。

H27年式のトヨタ プリウスαです!

アティチュードブラックマイカと言うマイカ入りのブラックです。

こちらのプリウスαは昨年ご購入されたとの事です。以前より毎年この時期に愛車を他店にコーティングに

出していたそうですが今年は当店をお選び頂きご来店くださいました(*^^*)  ありがとうございます。

では早速ですが初期登録より5年経過いたしましたプリウスαの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

5年経過との事でシミが多いかと覚悟していたのですが・・・正直思っていたより全然少なかったです。

スクラッチも少なめですね。 ただやはりクスミが進んでいるようです(^^;

↓もボンネットです。

スクラッチです。付いているのは付いていますけど5年経過した黒い車でこの程度でしたら

少ない方なんです!

ルーフは・・・

ボンネットに比べると明らかにシミが多くガサガサです(^▽^;)

何故なんでしょう??

ボディサイドは・・・

シミは少ないんですが細かなスクラッチが多いですね(^^;)

それとオーナー様もご購入時に気になったそうですが・・・

細かな線キズが多いんです。 ここ以外にも数か所に気になるような線キズが付いていました。

幸い見た感じではそれ程深いキズではなさそうです。

リアは・・・

こちらもスクラッチが気になりました。

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチが気になりました。 それとオーナー様もご購入時に

気になった細かな線キズも多かったです。ご購入時に線キズも気になったそうですが

中古車だからと割り切ってご購入されたそうです。でもやっぱり気になるようです(^^;

分かっててご購入されても気になるものは気になります(笑)

でも諦める事はございません! もちろん限界はございますが磨けば結構キズが消せるんです(^_^)/

たとえ完全に消えなくてもキズのエッジを丸めるだけでも意外と線キズって目立たなくなります。

諦める前にまずはコーティングです!  って言いますかキズを消すのはコーティングじゃなくて

磨きなんですけどね(笑)

という事で早速ですが磨いてコーティングしていきましょう(^_^)/~

作業開始~!!

 

まずはボディを磨いてコーティングしていく前にウインドウを磨いてコーティングしていきましょう!

↓は現状です

元々何か撥水が掛かっていたような感じです。それが落ちてこの様な感じになっています。

弱まっている撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

そしていよいよボディを磨いてコーティングしていくんですが、いきなり磨くのではなく

磨くまでの段取りがございます。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の不純物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが毎度毎度の事ですけど・・・

黒い車ですと紫色に反応していても、よくわかりません(^^;

実物で見ると何となくポツポツと確認できるんですが写真だとわかりません!!  すいません!!

リアも・・・

わかりません!! (キッパリ)

ちなみに毎回鉄粉の除去作業と言っていますが実は鉄粉以外にも色々な不純物が車には付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても異物除去作業は必要なんです!

当ブログでの鉄粉除去作業とは鉄粉を含めた異物除去作業と思ってください。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わらず全然わかりません(^▽^;) 毎回黒い車の時は鉄粉除去のご紹介は止めようかと

悩むんですが、せっかく撮ったので結局毎回ご紹介しています(笑)

リアもやはりわからないと思いますが・・・

一応ね!(笑)

そしてマスキングをして・・・

やっと磨きになります!

ここまでがボディを磨くための準備になります。

そして今回の磨きのプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

当初オーナー様はエクストラプランの上のプレシャスプランをご希望でしたが毎年コーティングを

掛け直すご予定との事を伺いましたのでハードな磨きのプレシャスプランより塗装の研磨量を

抑える為にエクストラプランの方をお勧めさせていただきました。

ハードな磨き(研磨量が多い)はキズやシミがより多く除去できますが、その分塗装の研磨量が

多くなります。多くなるという事は塗装が薄くなることでもございます。

毎年磨くと塗装が無くなってしまう・・・そうならない為にミディアムポリッシングの

エクストラプランになりました。

 

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がチョイスいたしましたのは、やっぱり水玉撥水が好き!という事で・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です!  私も水玉撥水が好きです(笑)

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

もう一つボンネットも・・・

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました!

ガサガサでしたルーフは・・・

スベスベになりましたよ~(^_-)-☆

今回はミディアムポリッシングのプランでしたが、だいぶ綺麗になったと思います。

深いスクラッチやシミの輪郭など残っている所もありますが艶々に仕上がっています!

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチが無くなって綺麗なりました。

線キズは・・・

ここはほぼ除去できています。

他の部位の線キズもだいぶ除去できた&ほぼ気にならない程度まで仕上げられました。

リアも・・・

クリヤーでスッキリとしました。

クスミが取れたことでマイカの粒子もキラキラと輝いています!

そしてアティチュードブラックマイカのトヨタ プリウスα、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗に仕上がりました(^_-)-☆

艶感なら新車にも負けていないと思います。 クリヤー感、艶感そして黒さが違います!!

オーナー様も『うわぁ~凄いな!凄いな!! 今までのコーティングは何だったの??』と、今までのコーティングとの

仕上がりの違いにお喜びになられておりました!   ありがとうございます。

コーティングはよく”下地“が大切だと言います。ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、

塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤を傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心です!!

コーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください。

 

 

あっ!そうそう。そう言えば『カービューティープロ カラーズ』はコーティング専門店らしいですよ!

お待ちしております(笑)    ( ̄▽ ̄)

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ノアハイブリッドにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアハイブリッドのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ノアハイブリッドです!

こちらはピカピカの新車です(*”▽”)

最近人気のSUVって車の大きさの割に意外とラゲッジスペースが狭くて荷物が思っているより

載らないんですよね(^^; その点やっぱりミニバンです!!

キャンプやアウトドアスポーツにも大活躍してくれます。オーナー様もご入庫時にロードバイクを

載せてきて代車を使わずに自転車で颯爽とお帰りになりました(*’▽’)  カッコイイっす!

 

話が逸れましたが早速、新車ノア ハイブリッドの現状確認から始めていきましょう!

まずはボンネットです↓

少しわかりにくいかもしれませんがライトの淵が白っぽくモヤっとしています。

これは新車によく見られる白ボケと言われるものです。

ルーフも・・・

ライトの輪郭がシャキッとしていないと思います。これも白ボケの影響なんです(^^;

ボディサイドも・・・

綺麗は綺麗なんですけど少しシャキッ!としていないんです。

リアは・・・

わかります?? キズが付いているんです(^^;

ここです↓

実際は横方向に15センチくらいでしょうか?

パールホワイトですので目立ちませんが線キズが付いていました(;´∀`)

ホイールは・・・

新車とは言え少し走っていますのでちょろっと汚れ気味です。

 

全体的に若干ですが白ボケと言われる曇りがあり、少しクリヤー感が損なわれていました。この状態ですと

景色の映り込みがスッキリとせずモヤモヤとしてしまいます。この白ボケは言われないと気が付かないかも

しれませんが、あまり酷いとお車全体の印象もシャキッと見えなくなるので不思議です。

トヨタ車は全体的にこの白ボケ(曇り)が少なく綺麗な塗装の車が多いんですけど今回のノアはトヨタ車にしては

珍しく曇り気味でした。

でもご安心ください!当店は新車でもボディを磨いて曇りを除去してからコーティングしていますので(^_^)/

白ボケを除去しないでコーティングするとコーティング剤で白ボケ閉じ込めてしまいます。ですので磨かないで

コーティングをすると艶はあるけどスッキリとしない仕上がりになってしまいますので、新車もしっかりと磨いて

コーティングしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼をいただく事の多い当店の

人気オプションメニューでもあります!

↓は現状です。

ウインドウは油分の付着も少ないんですけど、だからと言って綺麗な親水の状態でもございません(^^;

水を掛けるとダラダラと弾いている感じですのでガラス表面に油分などの付着があるのでしょう。

その付着物を・・・

除去してガラスを表面を綺麗にします!

今回は全面のご依頼ですので全面綺麗にしていきます(^_^)/

そしてよく乾燥された後にウインドウ専用コーティングPGS-33でコーティングして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました(^_-)-☆

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉等の付着物を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。新車でも鉄粉は多かれ少なかれ付いているもので、

新車でこれ位の量でしたら“普通”です(^^;

リアは・・・

こちらは“少ない”ですね!

ちなみに毎回鉄粉の除去作業と言っていますが実は鉄粉以外にも色々な不純物が車には付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

毎回のようにご紹介している専用のクリーナーはあくまでも鉄粉にのみ紫色に反応しますので、その他の

異物が付いていても反応はしません。ですので例え鉄粉の反応がなくても異物除去作業は

必要なんです!  当ブログでの鉄粉除去作業とは鉄粉を含めた異物除去作業と思ってください。

話が逸れましたが・・・鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

元々少なかったのでアレですけど(笑)

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

しています(^_^)/

そしてそのコーティング剤ですが今回は・・・

当店の人気コーティング剤でもあるカービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリ綺麗です!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

モヤモヤとした曇りが無くなってクッキリと映り込むようになりました。

リアも・・・

線キズもほぼ取れました。よ~く見ると若干痕跡が残っている所もあるんですけど、

気が付かないと思います。

オーナー様にご確認してもらいまいたが“わからない”と言われていました(^_-)-☆ よかったよかった!

ホイールも艶出しをしていますのでピカピカです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ノアハイブリッド、新車コーティングが完成いたしました!

シャキッとクリヤーで艶々に仕上がっております!

でも正直、写真ですとEXE-evo1の良さが伝わらないかも?です(^^;)   Oh~No~!

ですが実車を見て頂くと膜厚感もあって、とてもいい艶です!

艶感の違いが分かりにくい新車のパールホワイトでも艶の向上を実感して頂けると思います。

オーナー様も『うわぁ!綺麗だ!』と違いを感じて頂けたご様子でございました。

ありがとうございます。

もちろんお引取りに来られた時はロードバイクで来られノアに載せて颯爽とお帰りになられました!

そういうのってなんかやっぱりカッコイイです(笑)

 

当店でも人気の「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為にお値段も少し高めの設定となりますが、EXE-evo1の極上の深い艶と

抜群の保護機能を実感して頂けると思います!

皆様も是非お試しください(^_^)/~   いいですよ~(笑)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました

 

 

マツダ デミオの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングメンテナンスです。

ジェットブラックマイカのマツダデミオです!

こちらのデミオは2017年の5月に当店でコーティングを施工させていただきましたお車で

それから間もなく3年を迎えるお車になります。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており前回のメンテナンスが昨年の今頃でしたので

1年ぶり4回目のメンテナンスのご依頼になります。  いつもありがとうございます。

そして毎年この時期にご入庫くださるので毎回花粉が・・・なんですけど、今回はどうでしょう!?

では早速ですが間もなくコーティング施工から3年を迎えますデミオ君のメンテナンスを

ビフォーとアフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

毎年、花粉が沢山付いているんですけど(^^;今年は花粉の飛散量が少ない事もあって

想像していたより全然花粉の付着が少なかったです(*^^*)

とは言え・・・

↑はアフターですがメンテナンスでは落ちないシミがだいぶ増えてきて少しガサガサとしてきました。

普段は乗ることも少なく洗車もあまりしていないとの事でした。

しかし黒い車で3年経過と考えますと艶感などは悪くないのではないでしょうか。

この距離でライトを当てて見ていますのでシミが目立ちますが、屋外で見ますと↑ここまでは

目立たないと思います。

しかしバンパーには・・・

蜘蛛の巣が張ってあるので目立ちます(^^;

暖かくなるとすぐに蜘蛛が活動を開始しますよね(汗)最近ご入庫されるお車には必ずと言っていいくらい

蜘蛛が付いてきます(笑)

ご紹介する程でもありませんが蜘蛛の巣もしっかりと除去してます(笑)

ルーフは・・・

ビフォーです↑

意外と綺麗に感じますが実はよ~く見ると結構スクラッチが多いんです。

黒い車はどうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいんですけど、↑は少し汚れていますので

スクラッチが目立ちません。

アフターです↓

綺麗にすると汚れで隠れていたスクラッチが顔を出します。

今回はスタンダードメンテナンスでしたがメンテナンスplusのプランですとスクラッチを目立たなくなる処置を

しますのでスクラッチが気になるようでしたらお気軽にご相談ください。

それともちろん今回も鉄粉の確認もしていますけど黒いボディカラーですと・・・

いつもの事ですが写真だとやっぱり全然わかりません(^^;

白っぽいボディカラーの場合は専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応して写真でも確認が

容易なんですけど黒いとどうしても確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗) 特に多く付いている訳ではありませんでしたが1年ぶりですので、

それ相応の量という感じでした。    ← 凄~くあやふやな表現ですいません(^▽^;)

それと放置気味&洗車あまりしないという事で・・・

それを証明しているかのような光景です(;´∀`)

アフターです↓

放置時間が長ければ長いほど汚れが落ちにくくなります。 また汚れは落ちてもシミとなってしまっている

場合もございますのでご注意ください。

ボディサイドは・・・

これまた洗車していない感が満載でした(笑)

アフターです↑ ボンネットやルーフ程のシミはありません!

サイドアンダースカートも・・・

雨で付いた汚れが確認できます。  意外と上を向いている面積が広いんで目立ってしまいます。

アフターです↓

スッキリとしましたね!

最後にホイールです。

あまり乗っていないという事もあってかブレーキダストによる汚れは少ないですね。

そんな事もあってか新車時に行ったホイールコーティングもまだまだ効いているようで

ホイールを洗えば、まだまだ撥水していました(^_^)/~

ピカピカ!

そしてジェットブラックマイカのマツダデミオ、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ツヤピカのボディに仕上がりました!!

各部のアフターで見て頂きましたように細かなシミやスクラッチは多くなってきましたが

艶感等は今だいい感じだと思います!

これも定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います(^_^)/

オーナー様にもお話いたしましたが次回あたりが、そろそろ再施工のタイミングかと思います。

シミやスクラッチが気にならないようでしたら、まだまだメンテナンスでも行けるかと思いますが

ダーク系カラーで屋外屋根なし駐車のお車ですとコーティング施工から3年がコーティング再施工の

一つの目安かと思います。 もちろん車は保管状況やお手入れ状況、またボディカラー等、皆様条件は

同じではないので3年経ったからすべて再施工!と言う訳ではございません。 あくまでも一つの目安です。

また痛みが進んでいるパネルのみの部分再施工も一つの手だと思います(^.^)

再施工か部分再施工か?なかなか判断が難しいと思いますのでお気軽にご相談ください!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。