アバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

勇ましい音を轟かせてご来店くださいましたこちらのアバルト595コンペティツィオーネは

納車後、そのまま当店にご入庫されました。  ありがとうございます。

可愛いフィアット500がアバルトの手にかかると一気にスポーティーなやる気満々の

スタイリングに変貌しますね! インテリアもセンス良く仕立てられていてカッコいいんです(*’▽’)

そんなカッコ可愛いアバルト595コンペティツィオーネの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ぼやけて(曇って)いますがお綺麗ですね!それと写真だとよくわかりませんが結構線キズも付いてました。

こちらのアバルトはディーラーの試乗車だったそうですので少し洗車傷の類が多いです。

ルーフは・・・

曇りも少なくお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも若干ぼやけていますね。

気になるのはエンブレムの淵など・・・

結構水アカ多めで付いてます。(^^;)  その他にもモール類の淵や隙間などにも汚れが溜まっていました。

それと今回はホイールコーティングもご依頼いただいております。

まだお綺麗です(笑) この状態を維持するにもホイールコーティングは必須アイテムです(^o^)丿

 

ご覧いただきました様に基本的にお綺麗です。しかしよ~く観察いたしますと登録から少し経っている

お車ですので若干の汚れの付着と塗装面のダメージがございます。

それらをスカッ!と綺麗にしていきたいと思います!

では作業開始(^o^)丿

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介していきます。

↓は現状です。

何か塗っているのでしょうか??なんとな~く撥水していますね。ゆる~い感じで(笑)

そのゆる~い感じの撥水やら油膜やらを除去していきます。

綺麗になりましたら水を掛けて残りがないか確認します。

↑バッチリですね!

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをいたします。

ゆる~い撥水とはおさらばです(笑)撥水力と気持ち良さが違います(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

結構反応しちゃってます(^^;) やや多めですね。

リアも少し多めでした。

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします。 シュッシュ!

いい感じに・・・

鉄粉が除去出来ました!!

その後作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

ここまでがポリッシングするための下準備になります。

そして磨いていきました。今回はやや洗車キズが多いので少し強めの磨きでスッキリと仕上げていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリとクリヤーになりましたね~(*´▽`*)

ルーフも・・・

クリヤーです!

ボディサイドも曇りが無くなりライトの映り込みもシャープでクリヤーです。

エンブレム回りも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールもコーティングをして・・・

更に綺麗になりました。スポーツモデルや特に輸入車はブレーキダストが大量に出て

あっという間にホイールがダストで真っ黒けっけになってしまいます。そしてダストが焼き付いて

取れなくなってしまいます。ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのとしていないのとでは

お手入れのしやすさが違います。  ですのでホイールコーティングはダストの多いお車には

特におすすめいたします!

そしてアバルト595のボディコーティング完成いたしました!!

いかがでしょうか。

ホワイトでも光沢感を感じて頂けると思います(^o^)丿

オーナー様も『うわぁ ピカピカだぁ~!』と、とてもお喜びなられておりました!

そして更に嬉しいお言葉も頂きました。 それは・・・

『代車が綺麗で気持ちよかったよ!たまにあるじゃん?よごれててハンドル握りたくないやつ』

そう言って頂けると本当に嬉しいです。

私も以前にあるんです。そういう代車を借りた事が(^_^;) 私もディーラーなどから

たまに代車を借りる事があるんですけど結構汚れている車が多くて、特に嫌だったのは

シートが動物の毛だらけだった時は本当にまいりました(^^;

その他にも何だか汚れていてハンドル握りたくない車やシートが汚くて座りたくない車など

結構ありました。 そういう経験もあって当店の代車はなるべく綺麗な状態で

お貸しできるよう注意しております。

たまに時間の関係で(タイミング的に)洗車できずボディが汚れている場合もありますが(^▽^;)

室内、特に手の触れる所は常に綺麗にするように心がけています!

やっぱり車は綺麗が気持ちイイですねヽ(^o^)丿

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミネラルグレーメタリックのイグニスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ イグニスのボディコーティングです!

納車間もない新車のイグニスです!  こちらのミネラルグレーメタリックと言うカラーは

イグニスのFリミテッド専用のカラーだそうです。 オーナー様はフレイムオレンジパールメタリックと

悩みに悩んだ末、こちらのミネラルグレーメタリックに決められたそうです。 

今回はボディコーティングの他にもウインドウコーティングや樹脂コーティングと沢山のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

ちなみに普通のイグニスとこのFリミテッドの違いですがフェンダーモールとサイドアンダーモールが

追加されているそうです。余りにも自然に馴染んでいて逆に普通のは付いてないの??って感じがします。

むしろ付いてる方が自然でよく似あっていると思います(笑)

 

では新車イグニスの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車という事もあってお綺麗ですね。ただ若干曇り気味です。

ルーフは保護シートの糊残りが所々に残ってました。

左リアドアはポリッシングされた痕跡があり、光の当たり方によってモヤモヤっと見えますね(^^;)

キッチリと磨かないで中途半端に磨くとこの様にモヤモヤっとしちゃいます。

 

それとある意味今回のメインイベント・・・それはメッシュ部の樹脂コーティング!!

メッシュと言っても複雑な形状ではないので作業は少しやりやすそうですがメッシュ部が

イトの下や横まで・・・

回り込んでます(^▽^;)

そしてアンダーグリルも・・・

同じく(笑)  完全に穴が開いていると作業しやすいんですが穴空いていない所が多いんです(汗)

そして・・・

溝もあります(;´∀`)  頑張ります!!

ホイールもお綺麗ですね。

ご覧いただきました様に納車からまだ間のない新車ですので基本的にお綺麗な状態でご入庫くださいました。

塗装面は若干新車によく見られます”雲り”が確認できますのでポリッシングでスッキリとしていきたいと

思います!

それでは作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介致します。

↓は現状です。

水が掛かっている状態です。油膜の付着も無く綺麗な親水状態になってますね!  素晴らしい(´▽`*)

もちろんそれでも下地から整えていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤で撥水処理を行い最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

写真だとよく見えませんね(汗) 新車でも鉄粉が多く付着しているお車もございますが、こちらのお車は

少なかったです(^^ゞ

軽めの鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます!今回のお車はお綺麗でしたので軽い磨きで曇りを取っていきスッキリとした

塗装肌にしていきました。

そのスッキリとした塗装肌にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になります

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

そして樹脂コーティングです。こちらも専用のコーティングでコーティングしていきます!

黒くそして艶々に仕上がります(^^)/

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリとしましたよ~。

ルーフの糊残りも無くライトもクッキリと映り込むようになりました。

モヤモヤしていた磨き跡もなくなって、こちらもサッパリとしましたね(^_-)-☆

そしてメインの??メッシュコーティングです(笑)

綺麗ですね!

もちろんライトの横も・・・

アンダーグリルも・・・

フォグランプ下まで隅々と(笑)   そしてもちろん・・・

溝も頑張りました(*^^)v

ホイールも艶々&タイヤは黒々です。

そしてスズキ イグニスFリミテッドのボディコーティングや、あれやこれやの完成です!!(笑)

いかがでしょうか。新車も磨いてコーティングすると新車以上に仕上がるんです(´▽`*)

特にフェンダーアーチやサイドアンダーモールが樹脂コーティングでより黒くなり(メッシュ部もね)

お車をよりいっそう引き締めてくれてます! こんなに引き締め効果があるのなら私のおなか周りに塗って

試したいところですが・・・残念ながらウエストは引き締まっては見えません(^▽^;)  ホント残念です。

でも安心してください。車には見ての通り効果がございますので!!

オーナー様も『いゃ~やっぱり違うね~』と、とてもお喜びでございました。 ありがとうございます。

 

こちらのイグニスですが実は・・・このブログでよくご登場いただいておりますれれれのジムニーの

オーナー様のお車なんです。 ジムニーからお乗り換えです!  もう私ビックリでした(汗)

ジムニーはかなり弄りが進行していましてご来店下さる度にかっこよく進化して、オーナー様も

長く乗るおつもりと聞いていただけに尚更ビックリでした(^^;)

残念ながられれれのおじさんとはサヨナラになってしまいましたが、れれれのおじさんが最後に

I’ll be back』と言っていたかどうかは不明です(笑)

ところでなんでお乗り換えになられたのかと聞きましたら、オーナー様曰く・・・

『長距離が疲れる』

だそうです(笑)  あ~なるほど・・・と妙に納得する私(笑)  オーナー様は結構長距離を走る方で

度々『疲れるんだよね~』とお聞きしておりましたので(*^^*)

そんなこんなでこれからはイグニス君とのお付き合いをさせていただきますが、きっとこのノーマルな姿を

見るのはこれが最初で最後の様な気がいたします。と言うか既に交換されているパーツがありましたが(笑)

またジムニー同様ご来店下さる度にカッコ良くなってるんだろうな~と今から楽しみにしております(^.^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ86・14Rのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86・14Rのボディコーティングです!

86は86でもこちらはTRDのコンプリートカーの14Rです!

専用のエアロで武装された14Rはノーマルの86より見るからに走りを予感させる佇まいです!

特にリアのディフューザーは本格的なデザインでカッコイイです(^_-)-☆

そんな14Rさんですがオーナー様がシミが気になるとの事で今回当店にご相談に来られました。

確かに見てみるとシミが・・・(汗)

という事で14Rの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとそれ程でもないように見えますが実はシミが凄いです。

それに伴ってくすみも進んでいます。

ルーフも・・・

シミだらけです。

同じくトランクもシミシミなんですが・・・

写真だとシミシミ具合が伝わりませんね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

水平面ほどシミは付いてませんでした! ただクリヤー感はあまりないですね(汗)

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

写真ですとシミの凄さがイマイチ伝わりませんね(;´∀`) 実際見て頂くと結構シミシミです。

ご購入から2年程のお車だそうですが、シミが酷く、くすみも進んでいて透明感が無く、艶も引けている

状態です。納車間もない頃からシミが気になっていられたそうですが、オーナー様とお話していてシミの

原因が何となく分かってきました。それは・・・

後ほど! ( ̄▽ ̄)

では早速86・14Rのシミ抜きを始めていきましょう(笑)

 

まずはいつもの様に洗車!その後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

オーナー様がマメにお手入れされている事もあって鉄粉は少ないですね(^_^)/

トランクもポツポツと確認できますが少ないと思います。

そして鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします↓

更に少なくなってより綺麗に!!

トランクもスッキリ~(´▽`*)

鉄粉が取れてサッパリとしましたら今度はマスキングへと作業は進み・・・

ポリッシングの準備が整いました。ここまでが磨く為の下準備です!

その綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8は水玉コロコロの撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです!!

シミもだいぶスッキリとしました。クリヤー感も違います!

ルーフも・・・

深いシミの輪郭などは残っていますが艶々に仕上がりました。

トランクも”潤い“を感じますね(*’▽’)

ボディサイドもスッキリとライトが映り込むようになりました。

ホイールはオーナー様もおっしゃっておりましたが・・・意外と隙間が多くて意外と洗いづらかったです(笑)

そしてタイヤの艶出しも行いましたらトヨタ86・14Rのボディコーティング完成です!!

艶々に仕上がりました(^o^)丿

もちろん全てのシミやキズが除去出来るわけではございませんが艶感とクリヤー感は

新車時と遜色ございません!

全体的な印象も黒い樹脂部パーツ類とメリハリが出て更にシャープでスポーティーな雰囲気に

なったと思います(^_^)/

 

ところでシミの原因ですがオーナー様のお話によりますと新車時より洗車を結構マメに

行っていたそうです。それでこのシミとくすみという事は何か原因があるはずです。

更にお話を伺ってみますと洗車時に使っているカーシャンプーが撥水シャンプーとの事でした。

という事で原因はおそらく撥水シャンプーで間違いないと思います。

便利で簡単で艶々になる撥水シャンプーですがこれを頻繁に使うとシミやくすみが凄~く付きます(;’∀’)

同じくガソリンスタンドの洗車機によくある撥水洗車コースなども頻繁に使用致しますとシミが凄いです(汗)

カー用品店に行くとシャンプー以外でも今、色々と簡単撥水のケミカルが沢山売られていますね。

沢山種類がございますが基本的に撥水系のケミカルの成分は同じような感じです。

と、言うことは撥水系のケミカルはどれを使っても”頻繁に使うと”シミやくすみが付きやすいので

使用には注意が必要です(^^;)  ケミカル類の使い過ぎは塗装やコーティングを痛めますので

お気をつけください。

ですので私は基本的にはシャンプーは撥水など機能性があるものより何でもない普通のシャンプーの

使用をお薦めしております。

もちろんコーティングしたお車にはコーティング車用シャンプーを使用してくだい。

これ結構大切です(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ86にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86のボディコーティングです!

こちらの86は以前よりヘッドライトクリーニングやホイールコーティング等で何度か当店を

ご利用くださっておりますお車です!

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。  いつもありがとうございます。

 

早速ですが86の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

パールホワイトですのでシミや拭きキズなどはあまり目立ちませんが、ライトを当てて見ますと

結構シミシミです(^^;)

ルーフも・・・

シミが付いております。

トランクも同じ様に・・・

シミが気になりますね(^▽^;)

でも・・・

ボディサイドはシミも少なくてお綺麗です。 ボンネットやルーフなど水平面の雨の跡はどうしても

雨水が長時間残ってしまいます。また日当たりもいいので尚更シミが付きやすいんです。

それに比べてドアやフェンダーなど垂直面は雨水が落ちやすくて日当たりも悪いのでシミは少なく

なります。 同じ年月を経過しているのに部位によってこんなに違うものです(^_^;)

 

日当たりと言いますと塗装面もそうですが、より厳しいのが・・・

樹脂パーツですね(汗)どうしても色褪せしてきます。

実はこちらの86は以前に樹脂コーティングを行ったのですが・・・ご覧の様です(汗)

樹脂コーティングの効果の期間は樹脂の材質や痛み具合、また日当たり具合によって異なります。

短いと半年ほどで落ちてしまう事もありますし1年以上経っても黒いままの場合もございます。

一番いいのはやはり劣化が始まる前、なるべく早いうちからコーティングをしておくと痛みの進行を

遅らせる効果がございますので理想は新車時です!!

それとホイールとタイヤは・・・

お綺麗ですね(*’▽’)

こちらも以前にホイールコーティングをしておりコーティングがバッチリと効いていますね!

 

全体的に見ますと普段マメに洗車をされているそうで、お綺麗です。ただ先ほどもお話し致しました様に

よくよく見ますと雨ジミが結構酷く、くすみも進んでます。それらに寄ってボディのクリヤー感はなく

艶が引けて見えてしまいます。

このシミやくすみをポリッシングで落とすことで”あの頃“の様な輝きを取り戻します(^o^)丿

という事で早速86の輝きを取り戻すべく作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ まあまあの付着具合です(笑)  特に多いって感じではないです(^o^)

トランクです↑ 一見多く感じますがこの位は普通の付着量ですよ!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします↓

だいぶサッパリとしましたね!

トランクも綺麗になりました!

そして作業はマスキングへと進みます。

白いボディに黄色のマスキングは違和感ないですね!と思うのは私だけ??

そしてこの後ポリッシングして塗装面を綺麗にしていきました!

その綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです(^o^)丿

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

PCX-S8は水玉コロコロの撥水タイプのコーティング剤です。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーになりました!

ルーフも・・・

くすみが無くなりクリヤーな塗装肌になりました。

ボディサイドは元々お綺麗でしたが・・・

施工後は更に綺麗です。 ライトの映り込み具合が全然違いますので見比べてくださいね!

色褪せしていた樹脂パーツ類も・・・

黒さ復活です(´▽`)

最後にホイールとタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

トヨタ86のボディコーティング完成です!

如何でしょうか。

あの頃の様な輝きを取り戻しました!(^^)!   正直こちらの86の”あの頃”を見たことがないので

アレですが(笑) 艶はあの頃“に負けていないと思います! いゃ 艶はあの頃以上かもです(^_^)/

その位ツヤピカに仕上がりました。

オーナー様も『うゎ~ すげ~綺麗!』『イャ~ いいすっね!!』『大満足です!』と、とてもお喜びに

なられておりました。 ありがとうございます。

 

今年も残り僅かになってきましたね。 これからお車を洗車して年越しを迎える方も多いと思います。

水は冷たいし、時間はないし・・・で洗車が大変な時期でもございます。

効率良く洗車をすればお水に触れる時間も少なくて(笑)洗車時間も短縮できます。

当グログでも度々ご紹介しておりますが、カービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法が

動画でございますので、是非一度チェックしてみて下さい!

初級編 中級編 上級編がございますのでお見逃しなく!!  洗車方法はこちら!

そして綺麗になった愛車でよい年越しを!!

 

と言うと今年のブログの更新はこれでおしまいになりそうな予感が致しますが・・・

まだ年内に更新する予定です(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

プリウスPHVのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ プリウスPHVのボディコーティングです!

30プリウスのPHVです!

こちらのプリウスはご購入後5年経過しており汚れが気になってきたとの事で当店に

お越しくださいました。  ありがとうございます。

上のお写真ですとお綺麗に感じますが、よくよく観察いたしますと5年分の汚れや痛みが

見えてまいります(^^;)

では5年間頑張ってくれましたプリウス君の現状を見ていきましょう!

 

今回はボディコーティングと同時にヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いておりますので

ヘッドライトから確認していきましょう。

右側のヘッドライトです↑

白濁が進んでいます(涙) ヘッドライトが曇っていると年式以上にお車が古く見えてしまいます。

反対側も・・・

全体的に・・・

曇っていて残念な状態です(*´з`)

ボンネットは・・・

洗車キズと思われる線キズも多く、くすみも進んでいてクリヤー感がないですね。

ルーフも結構キズキズでした。

ボディサイドもボヤッとしたライトの映り込み具合です。

↑のようなモールの淵やエンブレム類なども汚れが溜まっています。目に付きやすい位置なんで

尚更気になります。

ホイールもお掃除がしにくい”隅”に汚れが溜まっておりました。

ホイールに限らずボディも”溝”や”隅”に汚れが溜まるものです。またそのような場所はお掃除がしづらいので

汚れが残ってしまいがちです。

 

ご覧いただきましたように全体的にボディも、くすみが進んでいて洗車キズと思われる細いスクラッチが

多く、それらが重なってプリウスのボディから艶を奪ってしまっている状態でございました(^_^;)

5年間頑張ってくれたので劣化や痛みはしょうがないです! 頑張ってくれた証拠でもあります!!

今までありがとう!&これからもよろしくね!の意味を込めてプリウスPHVリフレッシュ開始です(^o^)丿

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

特別鉄粉が少ない訳ではなく、だからと言って特別多くもありません(笑)

リアも・・・

ここだけ見ますとやや多く感じると思いますが年式を考えますと平均的だと思います(*^^*)

そして鉄粉を除去致しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします↓

綺麗になりましたね!

リアもサッパリといたしました。

鉄粉なんて取る意味あるの??と思われる方も多いと思いますが鉄粉の付着が多いと

洗車時にスポンジの滑りが悪くなったり、撥水性(水の流れが)悪くなったり、特に白やシルバーなど

明るい色のボディカラーですとよ~く見ると黒くポツポツと確認できます(^^;) それから錆が広がり

茶色っぽくシミが広がることもございます。

↓は違うお車の画像ですが、このように鉄粉から錆が出てシミになります。

これ↑はまだ小さいシミですけど、中にはもっと大きく広がる物もあります(*´з`) 

これが沢山付いている状態・・・考えるだけで怖いですね(汗)

更に鉄粉の付着が進むと白い車が黄ばんで見える事もありますのでご注意ください!

黄ばんで見えるのは極端な例ですけど本当に黄ばみます(;’∀’)

 

話がそれましたが鉄粉処理が終わりましたら作業はマスキングへと進みます。

そしてまたピントが少しボケてますね(^^;) すいません。

ボケていると言えば写真撮っているときは全く気が付かないんですけど磨き始めてから気が付くんです・・・

タイヤにカバーを掛け忘れている事に(^▽^;)

そしてカバーを掛けて作業再開です(笑)

 

磨きが済みましたらいよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は水玉撥水が気持ちいい・・・

こちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはヘッドライトからです。  施工中の写真が無くてすいませんm(__)m

白濁が無くなってクリヤ~!

正面から見ても・・・

クリヤ~(^_-)-☆

反対側も・・・

バッチリ~!

近くで見ても・・・

バッチリ~!

ボンネットだって・・・

クリヤー感が戻りましたね!(^^)!

キズキズでしたルーフもいい感じになりました~。

ボヤッとしていたライト映り込みもシャープになりました。

汚れが溜まっていたモールの淵も・・・

サッパリといたしました。

それともう一つ、ホイールの汚れだって・・・

綺麗になりました!

そしてトヨタ プリウスPHVのボディコーティング完成いたしました!!

透明感ある艶々ボディに仕上がりました!

磨きでキズやシミ・くすみを除去しますと塗装本来の色と艶が出ます。更にそこにPCX-S8で

コーティングしますとより一層のツヤピカボディに仕上がります(^o^)丿  仕上がっているんですけど・・・

上の写真ですとツヤピカが伝わって来ないような・・・(;´∀`) スイマセン。

でも実車を見て頂ければ一目瞭然です! オーナー様も『おぉ!綺麗になった~』とおっしゃっておられました!

特にヘッドライトに驚かれているご様子でした(*^_^*)   ありがとうございました。

 

一見ノーマルな佇まいの今回のプリウスですが、実は結構色々とカスタマイズされており

ご購入から5年間、プリウスを楽しんでこられたようです(*^^*)

そしてこれからの5年、10年、そして15年~ と何時までもプリウスPHVを

楽しんじゃってください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミニクーパーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはMINIクーパーのボディコーティングです!

R56のミニクーパーです!

最近ご購入されました黒いお目目のこちらのミニは初めヘッドライトクリーニングのご依頼で

お越しくださいましたが、ヘッドライトクリーニング後にボディコーティングのご依頼も頂きました。

ありがとうございます。

と、言うことでヘッドライトクリーニングとボディコーティングの作業日は違う日だったんですけど

今回は両方合わせてご紹介してまいります!!

ボディコーティング以外にもホイールコーティングや樹脂コーティングなどもご依頼いただきましたので

今回は作業も盛りだくさん!写真も盛りだくさん!! ですので早速ご紹介していきましょう(^_^)/

 

まずはボンネットから現状を確認していきます。

ボディカラー的に目立ちにくいんですがシミが酷く、くすみも進んでいて艶が引けている状態です(^^;)

ルーフもボンネット同様でシミシミでした。

ボディサイドはシミは少ないんですけど、やはりくすんでいてクリヤー感が感じられません。

エンブレム回りの汚れはお車を古く感じさせる要因です(^_^;)

ルーフの隅には汚れが固着してしまい・・・

尚更、時間の経過を感じてしまいます。

時間の経過と言えば・・・

樹脂パーツも経年劣化による色褪せもまたしかりです(^_^;)

そして輸入車では定番の・・・

大量のブレーキダストによるホイールのよ・ご・れ(*^^*)

少し走るだけで・・・しかも走れば走る程汚れが付きます(笑)   これはしょうがないですね!

 

ご覧いただきましたように全体的に年式相応の痛み&汚れ具合です。

特にオーナー様が気にされていましたルーフの隅に固着している汚れや樹脂パーツの色褪せは余計に

お車を古く見せてしまいますし、汚れが気になって気分も良くないものです(笑)

せっかく気に入られてご購入されたミニですから、この先も気持ち良くお乗りいただく為にも

ミニをキリッとリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは先ほどもお話いたしましたように初めに作業させていただきましたヘッドライトから

サラ~とご紹介していきましょう!  すいません、ここはサラ~といきます(^▽^;)

まずは現状です↓

右側のヘッドライトは一度交換されたのでしょうか? よ~く見ますと、ごく軽い曇りはございますが

とてもお綺麗でした。

しかし反対側は・・・

だいぶ傷んでます(^_^;)  右と左の痛みが具合が違いすぎますので右側はやはり交換されていると

思います。  左のライトの白濁が酷かったのでオーナー様が市販のヘッドライトクリーナーで頑張った

そうで、当店にご入庫される前は↑の写真より白濁が酷かったようです。

そしてアフターです↓

こちら側は元々お綺麗でしたが、よりクリヤーになりましたよ!

そして反対側は・・・

痛みはだいぶ進んででいてヘッドライト表面に細かなクラックが入っています。

これはクリーニングではどうする事も出来ませんが、だいぶクリヤーになりました。

ヘッドライトを綺麗にするだけでお車の印象はグ~ンっとUPです!

 

そして日を改めましてボディ編です!

まずはウインドウコーティングから行きましょう。  ウインドウもサラ~と行きます(^▽^;)

現状も撥水が掛かっていた感じでしたが・・・

ガラスを磨いて一旦リセットしていきます!

リセット完了!  綺麗に親水状態になってます。  しかし・・・

変なカメラの持ち方してますな~(汗)右手はいいとして、なんで左手は指一本なんでしょう??

なんて考えているうちに最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウは完成です!

そして作業は続いていきます・・・

洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

ボンネットです↑  それなりの量は付いてますが年式を考えますと少ないですね(^_^)/

リアは・・・年式相応でしょうか?(笑)

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアもいいですよ~。

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

ガッツリと磨いていきました!

ガッツリと磨いてスベスベになりましたお肌に今回はこちらの・・・

水玉撥水のPCX-S8でコーティングです。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと色褪せが進んでいるフェンダーアーチなどの樹脂パーツも専用の樹脂コーティング剤で

コーティングです(^o^)丿

↑これくらい色艶に差が出ますよ~!!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

なんという事でしょう!

あのシミシミでくすんでいた塗装肌がクリヤーでスベスベに変身しました~!(^^)!

もちもんルーフだってご覧の様です!

ボディサイドもくすみが無くなりスッキリとしましたね。

そして古さ感を倍増させるエンブレム回りも・・・

サッパリとして時間の経過を感じさせません。

オーナー様が気にされていたルーフの頑固な汚れも・・・

綺麗になりました(^_-)-☆  隅が綺麗ですと清潔感あって本当に気持ちいいですよ!

フェンダーアーチやカウルトップも・・・

黒さが復活しました。

そしてホイールもコーティングで艶々です。 あたり前ですけどホイールコーティングした事で

ホイールダストの出る量が減る訳ではありませんが、ホイールに付いたダストのこびり付きが低減でき尚且つ、

ホイールのお掃除が楽になります。国産車はもちろん、ダストが大量に出る輸入車には特におすすめの

メニューでございます!

そしてミニクーパーのボディコーティング、その他諸々(*^^*)の完成です!!

リフレッ~シュ!!

しましたね(笑) ボディもくすみが無くなってクリヤーな透明感ある艶々ボディに仕上がりました!!

また白く色褪せていた黒い樹脂パーツが黒くなったことでボディをキリッと引き締めてメリハリが

効いたミニに変身しました(^o^)丿 変身じゃなくて新車に戻ったと言うのかな??(笑)

オーナー様も大変お喜びになられて下さり『うわぁ~凄い綺麗~!』『こんなに綺麗になるんだ~』

『本当に嬉しい~』と嬉しいお言葉の雨あられでございました(笑)

ありがとうございますm(__)m

 

こちらのオーナー様は今回、一度は乗ってみたかったミニクーパーの念願のご購入だったそうです。

そのお気持ちよ~くわかります(*´▽`*)

私も・・・見れば見るほど、触れば触る程ミニが欲しくなります。

リフレッシュも済み更に気持ち良~くお乗り頂けると思います。お車が綺麗だとやっぱり嬉しいですし

気持ちも上がります!これから始まる”ミニ ライフ”を楽しんでください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型N-BOXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは新型N-BOXのボディコーティングです!

ルナシルバーの新型ホンダN-BOXです!

当店でも何台かN-BOXは作業させて頂いておりますが新型はこちらが初入庫です(^o^)丿

フロントから見ますと旧型と見分けがつきません(^^;パッと見で見分けがつく方はなかなかのマニアです(笑)

でもリアは結構新旧の違いがあってマニアじゃなくても見分けがつくと思います。

そんな新型N-BOXですが旧型同様、いゃそれ以上に??既に人気者のようですね!

こちらのオーナー様も発売前の8月にオーダーを入れたそうですが納車は11月までずれ込んだようです。

発売前のオーダーでこれですから、今オーダーすると納車は何時になることやら・・・(汗)

人気者はつらいですね(´▽`)

 

ではそんな人気者の新型N-BOXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

くっ 曇ってます(汗) しかもかなりの曇り様です。

おる意味ホンダの新型車って感じがしないでもないです(^▽^;)

ルーフは・・・

同じくボヤッっと曇ってますね~。

この流れで行けば当然ボディサイドもという事になりますが・・・

その通りです(笑)  ベールに包まれているかの如くです。

同じ流れで・・・

リアもボヤボヤにぼやけてますね。

タイヤとホイールは・・・

若干ぼやけてました。写真のピントが。  すいませんm(__)m

納車当日にお越し下さったのでお綺麗でした。

 

全体的にご覧いただきましたように新車特有の曇り(白ボケ)が酷くクリヤー感がございません。

塗装面が曇つていますと本来の艶と光沢が出ません。

新車でもこの様な状態のお車がけっして少なくないのが実情でございます。

という事で曇りを除去して新車本来の、いゃ、それ以上の状態に仕上げていきましょう!!

作業のはじまりはじまり~。

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウから

ご紹介です!

まずは現状です↓

油汚れもなく綺麗な親水状態ですね~。

例えお綺麗でも・・・

キッチリとクリーニングして下地を作ります(^_^)/

そして撥水コーティングをして最後に撥水チェック行いましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

お次はボディです。

まずはいつもの様に鉄粉確認です。洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けて確認していきます。

クリーナーが鉄粉に反応して紫色になります。

なってません(^^; よ~く見るとポツポツと黒(紫色に)反応している所もございますが

少ないですね!!

リアも・・・

少なかったです(^.^)/

という事で今回の鉄粉除去は軽めに行いました。

それが済みましたら今度はマスキングです。

新車で軽めの磨きですのでマスキングも軽めです(笑)

磨きのレベル(程度)によってマスキングのレベルも変わってきます。

そして磨いていきました! 今回は曇りが酷いので新車にしては少しばかりハード目な磨きです。

安心してください。新車にしてはですので、けしてハードな磨きではございません(笑)

そして磨き上がったボディには今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

曇りがスッキリと取れて艶々になりました!(^^)!

ルーフも透明感を感じて頂けると思います!

この流れで行けば当然ボディサイドもという事になりますが・・・

その通りです(笑)  ベールを取り去ったの如くです(´▽`)

同じ流れで・・・

ボヤボヤにぼやけていましたリアもサッパリと仕上がってます!

それと写真がボヤけていましたタイヤとホイールは・・・

ピントもそしてタイヤとホイールもシャキッとしました(笑)

タイヤとホイールも仕上がりましたらルナシルバーの新型ホンダN-BOX、ボディコーティング完成です!

本来の、いゃそれ以上のルナシルバーになりました~(*´▽`*)

曇りを除去すると透明感が出てクリヤーな塗装肌になります。それが光沢の向上にもつながり

更には質感が向上し新車以上の新車になりました。(^_-)-☆

広くて便利!荷物もいっぱい乗るので普段のお買い物から遠方へのドライブや車旅など

使い方も色々と人気があるのが納得のホンダ新型N-BOXでした!!

 

新車は綺麗で納車直後が最高の状態だと思ってはいませんか??

でも今回ご覧いただきましたように実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが

入っているお車も多く、また鉄粉の付着が多い車も御座います。

なのに・・・ディーラーさんなどは新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を

塗っておしまい!って所が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

コーティング屋さん選びは難しいですよね(^^;)そのお店がどのような作業をしているか?なんて事は

わからない事が多いですし不安だと思います。

そんな事もございまして当店ではこの様な感じでブログにて作業内容(の一部)とビフォー&アフターで

ご紹介させて頂いております!もちろんブログの掲載はオーナー様のOKを頂いたお車に限っておりますので

ご安心ください!

という事でコーティング屋さん選びでお悩みになられましたら是非一度カービューティープロ・カラーズへ

お気軽にご相談ください。   お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスRX450hのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスRX450hのボディコーティングです!

こちらのレクサスRX450hは以前にも当店でボディコーティングを施工させて頂きましたお車ですが

今回はフロントドアなどを再塗装されたので、この機会にボディ全体の再コーティングのご依頼を頂きました。

確かに確認していきますとシミや擦り傷なども目立ちますので、再コーティングのいい時期だと思います(笑)

ではRX450hの現状を確認していきましょう!

ではどうぞ~(^.^)/

 

まずはボンネットです。

だいぶシミが目立ちますね(^^;)

ルーフも汚れでわかりずらいですがシミシミです。(汗)

そしてボディサイドは・・・

キズキズです(^_^;)

更に反対側は・・・

モヤモヤです!

↑はリアのドアですが今回再塗装したのはフロントのドアなんです。

リアドアは再塗装していないはずなんですが?? フロントのドアは比較的綺麗に仕上がっていましたが何故か

その後ろのドアはモヤモヤです(笑) おそらくフロントドアと一緒にリアドアも磨いたんでしょうが

フロントドアだけ仕上げてリアドアは仕上げるのを忘れたのでしょうか??

謎です(^^)

しかも実はリアドアだけでなくフェンダーも少し磨いた跡がついてました(笑)

ホイールとタイヤは普通の汚れ具合です。

全体的にご覧いただきましたようにだいぶお疲れ気味の状態です。こちらのRXはお仕事で使われていて

お仕事柄どうしてもお車に小傷や擦り傷が付きやすい環境でご使用との事。

キズはしょうがないですね(^^;)

今回の再塗装部分も含めてRXをシャキッとリフレッシュしていきましょう。

作業開始~!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが、これまたいつものようにボディが黒いと・・・

確認困難です(^^;)

クリーナーで確認が終わりましたら?ネンド掛けして鉄粉やらピッチやらタールやらを除去していきます!

ちなみに確認困難なのに何でいつも黒い車でもクリーナーで確認するのかと言いますと、それは・・・

クリーナーだからです(笑)  鉄粉クリーナーですので軽い鉄粉の除去も出来るので確認困難でも

クリーナーを使ってます。でもクリーナーだけですと鉄粉は取れませんので、その後にネンドで鉄粉を

除去しています!

そして鉄粉除去後のネンドです↓

長々と鉄粉除去の事を書いた割には・・・鉄粉はそれ程多くはなかったですね(;´∀`)

そしてマスキングしましたら・・・

シミシミ、キズキズ、モヤモヤを磨いて除去していきました!

今回の磨きはミドルポリッシュですので深いシミやキズなどは残ってしまいますがスッキリとしました(^_^)/

そのスッキリとしたボディにはこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリとしました!

ルーフもだいぶサッパリとしましたね!

そしてキズキズでしたボディサイドは・・・

綺麗になりました!(^^)!

反対側のモヤモヤも・・・

スッキリ~

もちろん再塗装されたフロントドアもバッチリと仕上げております! 写真ありませんが(^▽^;) すいません。

そして最後にタイヤとホイールも艶々に仕上げましたら・・・

レクサスRX450hのボディコーティング完成です!!

リフレッシュ成功です! 艶々ですよ~(´▽`)

ブラックは磨くと鏡のような艶々ボディになり迫力がググ~~ッンとUPします!

やっぱり黒は黒くないとね(^_-)-☆

 

ボンネットやルーフはシミが結構酷かったんですけど今回の磨きはあまりハードには研磨していません。

それは以前にも数回磨いてあり、この先もまだ磨く可能性がありますので、むやみにクリヤー層を薄く

するのを避けるためです。磨くという事は塗装を薄くすることでもあります。 ハードに磨けば磨くほど

シミやキズは薄くなったり消えたりするものです。しかし塗装は薄くなる・・・この辺りのバランスが

難しいところです(*^^*)

何処まで磨くかはオーナー様のご希望もございますので、ご相談の上で施工コースをご提案・決定いたして

おります!

その他にもご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください!!

お待ちしております。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW523iツーリングのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW523iツーリングのボディコーティングです!

2013年式のBMW523iツーリングです!

納車当日に当店にご入庫くださいましたこちらのBMW523iツーリングはBMW アプルーブドカーと

いう事でお車のコンディションはバッチリです(*´▽`*)

さすがBMW アプルーブドカー!!

では早速どれくらいのコンディションかをご紹介していきましょう!

まずはボンネットからどうぞ~。

綺麗ですね~。シミやキズは少なかったんですが少~しくすみが見られました。 

でも写真ですとわかりませんね(^^;)

ルーフもシミやキズが少なく、とてもお綺麗です!

ボディサイドもお綺麗ですね。こちらも良く見ますと若干くすんでいますが、目立ちませんね(笑)

ホイールは・・・

あれっ? 結構汚れていますね(^^;)  スポークに付いている汚れはわかりますが、隅っこの汚れは

洗い忘れでしょうか??  今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので、この辺りの

汚れもきっちりと落としてコーティングしていきます!

 

全体的にご覧いただきましたように2013年登録のお車とは思えない程状態はよく、とてもお綺麗です。

それもそのはず?!前オーナー様は地下駐車場に保管されていたそうで、それを聞いて納得の

状態でございました(^_^)/  納得のお綺麗さでございましたが、これから更に気持ちよ~くお乗り

いただく為にリフレッシュしていきましょう!

作業開始~!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

まずは現状を確認していきます!

ダラダラと撥水しています。この状態を撥水していると言っていいのかわかりませんが(笑)

ダラダラと弱まった撥水を落としていきます。

ウインドウのクリーニングが済みましたら再度水を掛けて確認します。

古い撥水コートや油膜が残っていると水を弾いてしまいます。しっかり下地を整えますと↑のように

水弾きも無くなり綺麗な親水状態になります!

下地作りが出来ましたらウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして・・・

最後に撥水チェックをしてウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

↑はボンネットです。鉄粉は多めでした(^^;)

リアも・・・

多いですね。写真以外のルーフやボディサイドなど全体的に鉄粉の付着は多めでございました。

そして鉄粉除去後に再度専用のクリーナーを吹き掛けて再チェックいたします。

だいぶスッキリと除去できましたよ~!

リアも気持ちです!

鉄粉除去後が済みましたら今度はボディをマスキングしていきます。

いきました!

若干写真がピンボケ気味の気がいたしますが、よく見れば見るほど気のせいではなさそうです。スイマセンm(__)m

今回の磨きですがご覧いただきましたように塗装面が比較的お綺麗ですのでホワイトコースで仕上げていきました!

当店のボディコーティングは4つのコースからお選びいただけます。その中のホワイトコースは経年車や

中古車に比較的多く見られます小キズやシミなどをある程度除去するミディアムポリッシングの

コースになります。   各コースのご説明はこちらをご覧ください。 → コーティングメニュー!

 

そして磨きが終わり綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

くすみが取れてスッキリとした塗装肌になりました! でも写真ですとわかりませんね(^^;)

ルーフもライトの映り込み方がスカッ!と!なったんですが・・・同じく写真だと少しわかりにくいですね(汗)

ボディサイド↑の写真の方が違いがわかりやすいと思います(*^^*)  スカッ!でしょ?!

ホイールはしっかりと洗浄を行った後にアルミホイールコーティングです。

 

焼き付いて落とせない汚れもありますがサッパリとします。コーティング後はホイールのお手入れが

らくになります。今や輸入車の、特にヨーロッパ車には必須アイテムです(^_^)/

もちろん国産車にもおすすめです!!

そしてタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

BMW523iツーリングのボディコーティング完成です!!

ピカピカに仕上がりました!   施工前の写真と色合いが違ってスイマセンm(__)m

色合いが違っちゃってますので単純に見比べられませんが艶々になっております!

オーナー様も『ピカピカだねぇ!』とお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

アプルードカーいわゆるメーカー認定の厳選中古車ですがBMWに限らずやはりコンディションがいいお車で

保証やサポートもしっかりとしているので安心してご購入できると思います!

中古車をお探しでしたら認定中古車は一度はチェックした方がいいですよ。そしてご購入されましたら・・・

 

ボディコーティングはカービューティープロ・カラーズへどうぞ~ !!

最後は宣伝でした ( ̄▽ ̄)  しかも大き目の文字で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

FIAT 500Cソフトトップコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500Cのソフトトップコーティングのご紹介です!

こちらの500Cは昨年の夏にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

その時にソフトトップのコーティングも同時に行ったんですが、さすがに1年以上経ちますので

撥水が無くなってしまったようで・・・(^^;

撥水の水玉コロコロが無くなってしまい幌に浸み込んでいくのが悲しいと再施工のご依頼を頂きました。

幌コーティングの寿命は保管環境や使用状況によって異なってきますが、屋外保管ですとおおよそ

半年~1年くらいだと思います。

という事でこちらの500Cも1年経過ですのでタイミング的に再施工のいい時期だった!という事で(笑)

 

そして作業のご紹介ですが・・・

あまり写真がございません! 結構作業自体は地味なんで(^_^;)

↓は施工前です

まずはソフトトップ専用のクリーナーでよ~く洗浄していきます!

ゴシゴシといきたいところですが生地を傷めないように優し~く洗っていきます。

幌が綺麗になったらコーティング剤が他に付着しないようボディを養生いたします。

コーティングします!

そしていきなり完成です!!

↑の写真は少し赤が赤過ぎに撮れちゃってますが・・・(汗)実際はここまで赤く仕上がってませんが

幌に付いていた汚れやシミなども綺麗になって幌がサッパリとして明るくなりましたよ~(^^)/

オーナー様は『雨が降るのが楽しみ!』とおっしゃっておりました(笑)

ボディも幌も水玉コロコロはやっぱり気持ちイイです!!

ソフトトップと言いましても素材は色々です。素材によってお手入れ方法も変わってきますし、

お手入れしないと痛みも進みます。

ですので幌の維持の為にも定期的なお手入れ&幌コーティングがお薦めです!

 

 

話は全く変わりますが・・・

↓は私の愛車エクシ-ガのエンジンルームです。

いっけん何の変哲もないエンジンルームに見えますが、実はよ~く見ますと・・・

アレッ! こ これは・・・

猫の毛です。 そうです、嫁さんに内緒でこっそりと猫を飼っているんです・・・(^_^;) なんて訳は

なく、どうやら夜な夜な猫がエンジンルームで暖を取っているようです(汗)

昨年から飼っています頻繁に暖を取るようになったみたいで、初めはアレ~?って感じで

半信半疑だったんですが毎日ボンネットを開けて確認すると確実に毛が増えていたので

間違いないと思います。私が家に帰って翌日仕事に行くまでの間にヌクヌクと温まっているようです。

と言いますのも猫そのものを確認したわけではないので(^^;

冬が終わり暖かくなった頃から侵入しなくなっていたようでしたが・・・

寒くなりだした11月頃からだと思いますが今シーズンもここで過ごしているようです。

猫もちゃんと覚えているんですね(笑)

隣に止めている嫁さんの車には入らないようで何故かエクシ-ガばかり・・・

なんでだろ~?と考えた末に私が導き出した答えは・・・

地面からのアクセスのしやすさ!?

でしょうか?? エクシ-ガはエンジンルームが結構スカスカで地面からもアクセスしやすく

エンジンとボンネットに適度な空間があって過ごしやすいのでしょう! それと私が家に帰る時間も

関係があるのでしょうか??

いずれにしろエンジンルームで暖を取るのはいいんですけど、中に居る時に気が付かず走り出して

しまうのがやっぱり怖いです( ;´Д`)  悲惨な結果にはしたくないので昨シーズンも色々と

対策を試みたんですが、どれもこれも・・・

とりあえずは猫バンバンを忘れずにしよ~!っていつも思うんですけどすぐ忘れてしまうんです(汗)

今シーズンはどんな対策をしてみようかな?? 猫と私の知恵比べの始まりです(笑)

対策とその結果もこちらのブログでも報告したいと思います!

皆様もお気を付けください! まさか自分の車に・・・なんて思っていませんか??

私も思ってました(笑) でも居ました(^▽^;)

皆様も一度ボンネットを開けて確認した方がいいですよ~!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。