トヨタ アクアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アクアのボディコーティングです。

H24年式のスーパーレッドVのトヨタ アクアです!

前期型のアクアになります。アクアも発売から7年以上経過していて、その間に実は2度ほど

マイナーチェンジでフロントフェイスが変更されています。

パッと見た感じでは、どのモデルも同じ様に見えますが微妙にライトの形状が変わっていたり

バンパーデザインが変わっていたりします。 各モデルを比較して何が変わったのか探してみるのも

楽しいですよ(笑)

そしてこちらのアクアは前期型という事もあって塗装の痛みも進んでいました。一度綺麗に

リフレッシュするのには、いいタイミングかと思います。

では7年経過致しましたアクアの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

↑の写真ですと少しわかりにくいんですが、意外とシミは少なめです。

ただスクラッチは多めでした(^^;

ルーフも・・・

傷んでいます。

ボディサイドは・・・

スクラッチ多めが伝わるかと思います。  実際に見るともっと多いです(^▽^;)

リアは・・・

意外と、と言ったらアレですが、意外と綺麗です(笑)

ホイールは・・・

汚れは少ないのですが、塗装が劣化しているようで”薄さ”を感じます。

 

7年経過していますので鉄板で出来ている部位の痛みは、それ相応の痛み具合だと思いますが

樹脂で出来ているパーツ類の塗装の痛みが激しくリアスポイラーなどは・・・

この様にクリヤーが浮いてきています(;´∀`)  触るとプカプカしています(汗)

この状態ですと磨く事はもちろん出来ません。と言いますかほとんど何も出来ません。

触るのも怖いです(大汗)と言う事で今回はこの様な状態の樹脂パーツの部位は優し~く洗うだけに

なってしまいますが早速作業を進めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の除去をおこなっていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

流れちゃっているので少しわかりにくいかも知れませんが黒っぽくダラ~と流れているのが

クリーナーに反応している鉄粉です。 結構多かったです。

リアも・・・

良く見ると黒っぽく流れ出ているのが確認できると思います。 リアもと言うよりボディ全体、鉄粉が

多めでした。

鉄粉を処置しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました(^_^)/

鉄板処置が済みましたらマスキングをして・・・

ポリッシング準備完了です。

そのポリッシングですが今回はベーシックプランでの磨きになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。

今回のアクアの様に現状より綺麗にしたい!”とお考えの方や、状態にもよりますが新車ご購入から

1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、塗装の傷や痛みがひどくないお車、また施工料金を抑えたい方等に

おススメのプランになります。  お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合も

ございます。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

今回は軽めの磨きでしたが、思っていた以上にスクラッチが除去出来ちゃいました(*^^*)

ベーシックプランは基本的に1度のポリッシュで仕上げます。その1度で出来る限り綺麗に

なるようにポリッシャーやバフ、コンパウンドの組み合わせを考えています。

しかし同じような組み合わせでも塗装によってスクラッチの取れる割合は変わってきます。

柔らかい塗装はスクラッチが取れやすいですし硬い塗装はスクラッチが取れません。

今回のアクアは柔らかいようで、1回のポリッシングでも予想以上にスクラッチが

取れました。

ルーフも・・・

良く見るとシミやスクラッチは残っていますが、だいぶ綺麗になりましたね!

ボディサイドは・・・

スッキリです(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

ホイールの塗装も痛みが進んでいましたので、あまり強いケミカルは使いませんでした。

それでもだいぶ綺麗になったかと思います。

そしてスーパーレッドVのトヨタ アクア、ボディコーティングが完成いたしました!

水アカやクスミも取れてスッキリと艶々のスーパーレッドVに復活いたしました!

赤くなったと思います(笑)

これでまた新たな気持ちで気持ちよ~くアクアにお乗り頂けるかと思います!

どうしても月日が経過していくとボディが汚れ透明感も無くなります。こちらのアクアは色褪せが

気になる程進んではいませんでしたが赤は色褪せが進行しやすいカラーの筆頭になりますので

注意が必要です。 ひと昔前の赤は本当に色褪せが酷かったんですが最近は塗装も進歩していて

昔ほどは色褪せしなくなりました(*^^*)

とは言えどのカラーも時間が経てば痛みが進み本来の色艶が無くなってきます。

そこで磨きです! 磨いてコーティングをしますと新車時のような色艶が復活いたします!

もちろん塗装がボロボロでしたら無理ですが(^▽^;)

定期的に磨いていけば何時までも綺麗なまま愛車に長~くお乗りになる事が出来ます。

長く乗りたいからこそ途中途中でボディをリフレッシュしていけば、より長く愛車に乗り続けようと

思う事でしょう。 乗り換えも勿論いいと思いますが1台の車と長~く付き合うのも、またいいものだと思います。

皆様も一度愛車のリフレッシュいかがですか??  気持ちいいですよ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャンバスにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングです。

ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバスです。

ホワイトのアクセントを効かせた “ホワイトアクセント リミテッド “ですね!

インテリアはアクセントカラーにブラウンが使われていて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

見ても、乗っても癒される可愛いキャンバスです(*^^*)

こちらのキャンバスは納車間もない新車になります。そんな新車キャンバスの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日なんですけど、その間に雨にも降られていますので少し汚れ気味でした。

しかし塗装自体はお綺麗です。

ダイハツの塗装は曇り(白ボケも)も少なくて全般的に綺麗です。

ルーフも・・・

少し汚れていました。

ボディサイドは・・・

少し白くボケている感じもします(^^;

リアも・・・

若干ですが白くボケているかな~。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話しいたしましたがダイハツは比較的、塗装が綺麗で曇り(白ボケ)も少ないと思います。

今回のキャンバスもボンネットやルーフに比べるとボディサイドは少しだけ白っぽくボケていました。

このボケですが、これがまた写真ですと上手く写らないんです(^^;)

白ボケと言うくらいですので白っぽく霞んでいてクリヤーじゃないんです。景色の映り込みなども

ピントの合っていない写真のようにシャキッとしないんです。

こちらのキャンバスはそこまで酷くはございませんが、世の中にはそのような新車もいっぱいございます(涙)

新車を新車以上にサッパリと綺麗にするにはやはり下地が大切です!

という事で下地をサッパリとしてコーティングしていきましょう。 作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

これは水が掛かっている状態です。水を弾く事もなく、とてもお綺麗です。

水を掛けて見て弾くようでしたら、何かしらの油分等の付着物があるという事ですので

そのままコーティングしてしまうと汚れをコーティングで閉じ込めてしまう事になります。

ですのでご自分でウインドウコーティングされる方は必ず油膜等を落としてからコーティングしてください。

もちろん当店にご依頼を頂ければ・・・

油膜が付いていようが、いまいがガラス面を綺麗にしていきます(笑)

綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車ですが結構付いていますね(^^;)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと・・・

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

白ボケも取れてスッキリとクリヤーになりましたよ~!

ライトの映り込みもキリッとシャープになりました。これ実車で見比べて頂くと

もっと施工前後の違いが分かるんですけど・・・(^^;)

リアの写真の方が違いがわかるかな??

どうですか??施工前の写真と見比べてくださいね。 スッキリとしているでしょう??

ホイールは違いがわかりやすいです↓

綺麗です(笑)

そしてナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバス、新車コーティングが完成です!

スッキリと艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

白ボケも無くなってキリッとシャープに景色が映り込むようになりました。

オーナー様も『うわっ!綺麗!!』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

そう!そうなんです!新車もちゃんと磨いてコーティングすると新車よりも更に綺麗になるんです(*^。^*)

皆様も是非お試しください!!

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も

実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーや

GSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWポロにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWポロのボディコーティングです!

納車ホヤホヤの新車VWポロのご入庫です!

ポロもこのモデルから車幅が3ナンバーサイズなんだそうですね! 大きさも少し前のゴルフくらいの

サイズなんだそうです。最近のコンパクトカーはそれ程コンパクトでは無い車も多いんですけど(^^;)

ポロは車幅こそ少しばかり大きいですけど長さは短くて十分コンパクトです!

これ位の大きさが普段使いには取り回しもよく使い勝手がいいですよね(*^^*)

ゴルフが大きくなってしまったのでポロに乗り換える方も多いと聞きますし!

そんな人気者ポロの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車後に少し走られていますので若干ですが汚れは付いておりますが塗装自体は

とてもお綺麗でした。

ルーフも・・・

とてもお綺麗です!  ↑の写真は塗装面にピントが合っているのでライトはピンボケで見えています。

少しわかりにくくて、すいませんm(__)m

ルーフも・・・

曇りもすくなくてとてもお綺麗です。

リアゲートも・・・

綺麗ですね~(^^)

ホイールは・・・

ちょこっとだけ汚れていますが、走れば汚れるのでしょうがないです。

 

VWは全般的に塗装が綺麗なんです! 今回のポロも曇りが気にならずスッキリとお綺麗でした!

塗装の”質”も車メーカーによって様々で“おっ!綺麗だな!”ってメーカーもございますし“あれ??”って

メーカーもあるのが実情です(^^;)

同じ車の同じ色でもロットの関係なんでしょうか? 綺麗だったり曇り(白ボケ)が酷かったりと

バラツキがあるから不思議です。

それだけ塗装は繊細なんだと思います。     まるで私のようです・・・( ̄▽ ̄)

なかなか信じがたい話なので私のどこがどう繊細なのか、じっくりとご説明したいところではございますが

時間もアレなんでまたの機会にいたしましょう(笑)

話しを戻しまして・・・新車でも下地作りは重要です。塗装の肌は綺麗でもその上に不純物が

付いていたりしますので、やはり下地作りは大切です。

ではポロの新車コーティングを始めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたしますが・・・

あまり反応していません(笑) 鉄粉も非常に少なかったです。

新車でも鉄粉が多く付いているお車もあるのですが今回のポロはとても少なかったですね!

リアもとても少ないのでご紹介する程の事でもないんですけど、せっかく写真を撮ったのでご覧ください(笑)

見ても探さないとわからないと思います。それくらい少なかったです(*’▽’)

ボディ全体、反応がとても少なかったですので今回の鉄粉処理は軽めに行ないました。

 

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回のポロはとてもお綺麗でしたので塗装表面の汚れを落とし

塗装表面を平滑化する程度の軽い磨きです。

 

磨きが終わりましたらいよいよコーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたよ!

ルーフも・・・

綺麗です!

ボディサイドも・・・

よりクッキリとクリヤーです。

リアゲートも・・・

スッキリとライトが映り込んでおります(^_^)/

ホイールは・・・

また走ると汚れてしまいますが(^^;) やっぱり綺麗だと気持ちいいですね!

そしてVWポロの新車コーティング完成いたしました!

施工前の写真と色味が違ってしまってすいません。元々とてもお綺麗なお車でしたので

写真ですと違いが伝わりにくいんですけど実車の方は艶感の向上を感じて頂ける仕上がりになったと

思います。

 

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは

塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

新車を新車以上に仕上げるには洗車をしてコーティング剤を塗るだけではダメなんです。

ですので新車コーティングも下地作りをしているお店がお薦めです。

新車も専門店の当店で是非!!  お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レクサスCT200hにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスCT200hのボディコーティングです。

ソニッククォーツの新車レクサスCT200hです!

このソニッククォーツと言うカラーですが一言で言ってしまえばホワイトですけど、とても硬質感のある

カチッとクリヤーで透明感と陰影感を楽しめるとても綺麗なホワイトです!

レクサスの中でも人気のカラーの様です。 納得です(*^_^*)

では早速レクサスCT200hの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

レクサスらしく曇りの無いとても綺麗な塗装です(*‘∀‘)

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です!!ボディサイドも・・・

申し分ございません。

しかし・・・

リアゲートの上面は少しだけ曇りが確認できますが、写真ですとあまり伝わらないレベルです(^^;)

ホイールも・・・

少し走られていますので汚れも確認できますが、基本的にお綺麗でございました。

 

レクサスの塗装はとてもお綺麗で、しかも施工前後の違いが伝わりにくいホワイトと言う事もあって

今回はもう既に書く事も無くなってきました(^▽^;)

もう磨かなくてこのままコーティングしてもいいんじゃないか?って思ってしまいますが、そうもいきません(笑)

いくら綺麗に見えても塗装面には色々な不純物が付いているものなんです。

綺麗な新車でも油断は出来ません! しっかりと下地を整えてからコーティングしていきますよ~。

では作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

鉄粉も非常に少なかったです。

全く付いていない訳ではないんですけどボンネットはとても少なかったです。

ただリアゲートの上面には・・・

それなりの量の鉄粉が付いていました。 (黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。)

ルーフも少なかったんですけど、ココだけ少し付いていました(^^;)

 

ボンネットはほぼ違いがわからないと思いますが(^^;)アフターです↓

綺麗です! 元々(笑)

リアは・・・

鉄粉も無くなってスッキリとしました。

そしてマスキングもして磨いていきます。

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はとてもお綺麗でしたので塗装表面の汚れを落とし

平滑化する程度の軽い磨きです。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

 

ルーフも・・・

綺麗です!

ボディサイドも・・・

いい感じです(*‘∀‘)

そして若干の曇りも見えましたリアゲートは・・・

曇りも無くなってよりクリヤーで艶々です!

最後にホイールも・・・

綺麗に仕上げましたら・・・

ソニッククォーツのレクサスCT200h、新車コーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。新車も磨けば新車以上に輝きます!!

と言いましても今回は元々お綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いが出ませんね(^^;)

しかし艶と光沢感は更に上がって艶々のレクサスCT200hに仕上がっております!!

CT200hは発売から8年ほど経ちました。まだまだ先の様ですけど時期型ではEVになるとの噂話も

聞こえますが、どうなるのでしょう?? しかし発売から8年とはいえ現行型もまだまだ魅力的で人気です。

私も実は、特にCT200hのインテリアデザインが好きでセンターコンソールのあたりがお気に入りです(笑)

なんかいいんですよ~(笑) スイッチやダイヤルがいっぱいあるだけで何だかワクワクしてきます(*^^*)

そんなワクワクのレクサスCT200hのご紹介でした!!

 

今回のCT200hはとてもお綺麗な塗装でしたが、新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした

下地作りが必要です。新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の

輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車のコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへお任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

こちらのプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダは納車間もないピカピカの新車です!

マイナーチェンジでより精悍な顔つきになりましたスパーダです。現行ステップワゴンはパッと見た

感じでは、そのスタイリングからか意外とコンパクトに見えます。 がしかし・・・実寸は大きいですし、

作業をしてみれば、やっぱり大きなぁ~と実感します(笑)

そんな大きいのにミニバンと呼ばれる新車ステップワゴンスパーダも現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりと言いますか、お約束と言いますか・・・塗装面がやや曇り気味で映り込んでいるライトが

ボヤボヤッと見えますね(^^;)

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じような曇り具合でした。

ボディサイドも・・・

モヤモヤと結構な曇り様ですね(^▽^;)

リアゲートも・・・

モヤけていました。

ホイールは・・・

少しだけ汚れていますがお綺麗でした!

 

毎回と言いますか定番と言いますか??ホンダの新車ご紹介の時に定番となりました

塗装表面の曇りがやはり確認できま。 今回の曇りのレベルは・・・凄く酷い訳でもなく、

だからと言って、凄く少ない訳でもなく、まさに定番の曇り具合です(^^;)

ホンダの新車の塗装肌はこの様な状態の場合が多いので新車時のコーティングは磨きが必要です。

磨きをしないでコーティングするという事は、この曇りを閉じ込めてしまうと言う事になります。

ですので仕上がり具合が・・・曇ったまんまです。

と言う事で、もちろん当店の新車コーティングは磨きを入れて曇りもサッパリとしてからのコーティングです!

早速、新車を新車らしくキリッと仕上げていきましょう!

作業開始!

 

まずはウインドウコーティングをご紹介をしていきましょう。

ウインドウコーティングは人気のオプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

若干油分が付いているようでダラッと水を弾いていました。

油膜が付いていようが、いまいがガラス表面を綺麗にしていきます(笑)

ボディの曇りと同じで油膜を落としてからコーティングしないと油膜を閉じ込めてしまうようなものです。

何事も下地が大切です(^^)

下地が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をします。

そしてウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車が終わりましたら鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

ポツポツと黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど、これ位↑の量は少ない方だと思います!

リアは・・・

凄く少なかったです(*’▽’)  いゃ~いいですね~!

 

今回は鉄粉が少なかったので軽めに行ないました。元々少なかったので鉄粉処理後の写真でも

あまり変化ないように見えちゃいますが、せっかく写真を撮ったのでUPしましょう。

アフターです↓

確かに比べれば鉄粉が無くなっていると思います(笑)

リアは・・・

間違い探しの様です(^^;)  お時間がございましたら探してお楽しみください(笑)

間違い探しが済みましたら今度はマスキングへ進みます!

はい!進みました!! そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少し曇り気味ですので新車にしては少しだけ強めの磨きをしています。

 

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

コロコロとした水玉撥水がお楽しみいただける・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇り気味だった塗装面もスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりましたよ~(^_^)/

ボディサイドだって・・・

スカッとクリヤーにライトが映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

モヤけていましたリアゲートも・・・

スッキリとシャープですね。

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたがよ~く洗ってから艶出しで仕上げますとやっぱり違います。

そしてプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダ新車コーティング完成いたしました!

元々新車でお綺麗でしたので、↑これ位引きの写真ですと違いが伝わらないかも知れませんが

各部の仕上がり具合の写真で見て頂きました様に曇りもサッパリとなくなってクリヤーな肌に

仕上がっております。実車の方を見て頂ければ違いを感じて頂けると思います!

 

新車時が一番塗装が綺麗だと思われますが、実際のところは新車時が最良の状態ではない事が

多いのが実情です。

曇りがあったり加修跡が残っていたりシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしているディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です。当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 新車を新車以上に仕上げるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

ボルボV40にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV40のボディコーティングです!

H28年式のボルボV40です!

今年の春頃にご購入されたそうですが、お仕事が忙しくコーティングが今になってしまったとの事です(*^_^*)

ここ数年、国内外で人気急上昇中のボルボです。ひと昔と言いますか、ふた昔くらい前まで

ボルボと言えばカクカクとした四角い形が定番でしたが今ではどの車種も非常にスタイリッシュで

オシャレです! 世界中で人気なのも納得ですね(*^_^*)

そんなスタイリッシュでオシャレなV40の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ホワイトと言う事もあって写真ですと綺麗に感じますけど実際は結構、拭きキズのような

スクラッチが多いんです(^_^;) しかも少し深めな感じがします(汗)

ルーフも・・・

写真だとわかりませんね(汗)すいません。

ルーフもボンネット同様にスクラッチが多めです。しかしシミは案外少ないんです。

ボディサイドは・・・

こちらはスクラッチが少なくてお綺麗でした!

リアも・・・

3年経過と考えますと悪くない状態です。

しかしホイールは・・・

少し汚れています。輸入車はやはりブレーキダストが多めに出ますね(^_^;)

 

全体的に見ましても大きな汚れや痛みも無くてお綺麗なんですが、見れば見るほどボンネットと

ルーフがスクラッチだらけなんです。 ボディサイドなどの垂直面に比べるとボンネットなどの

水平面はシミやスクラッチは多く付く傾向なんですが、今回のV40はボディサイドに比べると

水平面のスクラッチの量が少し多すぎる気がします。 逆に言いますとボンネットのスクラッチの量に

対してボディサイドのスクラッチ量が少な過ぎます。   まぁ逆に言う意味は全然ないんですけど(笑)

まぁとにかく意外と大変そうなので早速作業に取り掛かりましょう!

作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。 シュシュッ!

結構多かったです(^^;)

洗車している時から黒いポツポツがいっぱい付いているなぁ~なんて思ってはいましたが、

やはり多かったです。

リアも・・・

多いですね。

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~(*^^*)

リアも・・・

スッキリとしました。

その後に今度はマスキングをしまして・・・

磨いていきます。

今回の磨きプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもだいぶ取り除けたかと思います。 今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでの

磨きでしたので深めの線キズなどよく見ますと残っていますがだいぶ綺麗になったと思います。

↑の写真ですとスクラッチが分かりにくいんですけど、潤い感の違いは感じて頂けると思います。

ルーフも・・・

だいぶスクラッチが無くなって綺麗になったんですけど・・・ う~ん。あまり伝わらないな~(^▽^;)

ボディサイドは・・・

もっともっと違いがわからないかも??(汗)

それでもよ~く見比べるとライトの映り込みのクッキリとしたシャープさの違いが

わかって頂ければ幸いです(^^;)

いゃ~白い車を紹介するのは難しいです(笑)   写真の腕か??  カメラの性能か???

リアも・・・

クッキリとクリヤーに仕上がっていますよ!

そして最後にホイールです。

綺麗にすると実はマットブラック調のシブいホイールなんです!

そしてボルボV40のボディコーティング完成いたしました!!

スクラッチもスッキリとしてクリヤー感もそして艶も復活いたしました!

施工前後の違いが写真ですと伝わりにくいホワイトですけど実際に見て頂ければ艶と光沢、

そして白さの違いをしっかりと実感して頂けます!是非皆様もご自分の目で実感してみて下さい(^o^)丿

 

水平面と水直面のスクラッチ量がやけに違うなと不思議に思いながら作業していたんですけど、

お引き渡し時にオーナー様とお話していたら・・・

こちらのV40の前オーナー様は北海道で使用してたそうです。との有力情報入手です!

謎が解けました。 たぶん(^^;)

おそらく前オーナー様はスノーブラシを使用していたのではないでしょうか??

車に積もった雪を下すアレです。雪国では必需品のスノーブラシなんですけど実はボディに

沢山キズが付きます。でも無くてはならない物ですし・・・う~ん。なかなか悩ましいですね(^_^;)

スノーブラシに限らずですが洗車用品や便利グッズなど、誤った使い方をするとお車にキズを付けてしまう

事もございますのでお気を付け下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWポロGTIのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWポロGTIのボディコーティングです!

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTIのボディコーティングです。

納車間もないピカピカの新車です!

現行型のポロGTIは2000ccの直4ターボなんだそうですね。このコンパクトなボディに

2000のターボだなんて考えただけでも速そうですね! 実際に結構速いそうです(*^^*)

また見た目にもノーマルのポロよりスポーティーに仕上げられています。ノーマルのポロとは

違いますが、“やり過ぎ”感がなくて落ち着いた雰囲気がまたいいですね!

では新車ポロGTIの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日ですが、その数日間でも嬉しくてドライブに行かれたそうですので

若干ですが汚れが載っている状態でした。

しかし塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でした。

ルーフも・・・

少しだけ汚れていましたが基本的にお綺麗な塗装面です。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフもそうなんですけど、本当に少しだけ曇りがあるんですけど

写真だと上手く写せない程度の僅かな曇りです。

リアも・・・

写真より実際に見て頂いた方がライトもクッキリと綺麗に映り込んでいるんです。

毎回なんですけど実際の見た目どおりに写真が写らないんです(^^;)   むずかし~(汗)

ホイールは・・・

既に数百キロほど走られていますのでブレーキダストで少々・・・(^^;)

 

全体的に塗装の曇りも少なくてお綺麗でした。 ただ細かい事を言ってしまえば(^_^;)ルーフや

ボンネットに保護シートの糊がチラホラと残っていましたが、本当にチラホラ程度でしたので

ご報告するまでもないかと思いましたが、他に何も無いのであえてご報告だけしました(笑)

なので写真も撮ってません!!  すいません(^^;)

それくらいお綺麗だったという事で(笑)早速作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからいきましょう。

輸入車のフロントは撥水処理するとワイパーがビビる事もあるのでフロントウインドウ以外の

ご依頼です。

↓はリアウインドウの現状です。

若干ですけど油分が付いているようですね。

新車でも納車時には油分が付いている事も多いので、しっかりと落としてからコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! と言いたいところですが、その数日が経った頃に

オーナー様からご連絡があり、やはりフロントウインドウもコーティングしたい。とご依頼が

ございました(*^^*)

という事でフロントウインドウは別の日の作業ですけどご紹介致します(笑)

↓は現状です。

何となく撥水が掛かっている様な感じですね。

これも一旦綺麗に落として・・・

ウインドウ表面をリセットします。 そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後にチェックしましたら・・・

フロントウインドウのコーティングも完成いたしました!

輸入車のフロントウインドウは撥水処理後、ノーマルワイパーのまま使用するとワイパーが

ビビる事が多いです。 ですのでフロントウインドウをコーティングしましたら必ず撥水ワイパーに

交換してください!

 

そして話はボディに戻ります。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーも拭き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

が、しかし・・・鉄粉がとても少ないですね!

リアも・・・

反応がとても少なかったです。 ですので今回の鉄粉処理は軽めに行ないました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はとてもお綺麗でしたので塗装表面を整える程度の軽い磨きです。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗に仕上がっております!

ルーフも・・・

よりクリヤーになっていますよ(^_^)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ、そしてボディサイド等にあったごくわずかな曇りも無くなったんですけど

写真だと違いが出ないかと思います(^▽^;)

でもよりクリヤーにスカッとなっているんです。本当なんです(笑)

リアも・・・あまり違いがわからないかも知れませんがよ~く見比べて下さいね!

違いますから!(笑)

ホイールも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTI、新車コーティング完成いたしました!

元々お綺麗でしたがご入庫より更にクリヤーで光沢も上がりツヤピカのボディに仕上がっております!

オーナー様にもとてもお喜び頂いたご様子でした。

『ディーラーから車もらって納車完了じゃなくて、ここでコーティングしてもらって本当の納車が完了!』と

嬉しいお言葉まで頂きました! ありがとうございます。

こちらのライムストーングレーメタリックはポロではGTI専用のカラーなんだそうです。

濃すぎず薄過ぎずのとても綺麗なグレーで名前の通り光の当たり方によっては薄っすらと緑(ライム)色に

見えるんです。そう言われてから見ると何となく緑がかったグレーに見えてきませんか(笑)

車のボディカラーの名前も色々あって名前を聞くだけで何となく想像できる色から、なんだか聞いただけでは

想像もつかないような、すんごい名前の色もあります(笑)

ボディカラーの名前を見ていても(調べて)結構面白いんですよ(笑)

皆様もお時間のある時に愛車のボディカラー名について色々と調べてといいかも知かもしれません。

新たな発見があるかも!?

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ノートe-POWER NISMO Sのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO Sは今年の2月に

ボディコーティングを施工致しましたお車です。

それから半年経過でメンテナンスにお越しくださいました。

雨続きのお天気で最近はあまり洗車していないとの事でしたので少し汚れ気味です。せっかくの

ブリリアントなホワイトパールですが、その肝心のブリリアントが所々、行方不明になっています(^^;)

失われたブリリアントを求めてメンテナンスしていきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットの後端(↑のライト右側)部分に雨が降ると水が溜まるようで大きなリング状に

水アカが付いています。 ノートに限らずですがボディの形状によって雨が溜まる部位があります。

そこはどうしてもリング状に水アカが付いてしまいます。

アフターです↓

ただコーティングが効いていますので洗車で簡単に落とす事が出来ます!

それとスクラッチやウォータースポットなども、とても少なかったです(^_^)/

ルーフも・・・

全体的に黒っぽく汚れていてブリリアントさが失われておりました(^^;)

アフターです↓

汚れもサッパリとして白さが戻ったんですが写真だとそのサッパリ感や白さが・・・

伝えわらないなぁ~(^^;)  すいません。

実際は↑のボンネット位違います。

それとウインドウ下の隙間なども・・・

汚れが溜まります。

ここを綺麗にするだけでも・・・

綺麗さが全然違います。

ウインドウ下と言えば・・・

雨が流れる場所は黒く雨筋が付いてしまいます。 ココだけではなくドアノブやドアミラーなども

お約束の雨筋ポイントです。

アフターです↓

スッキリと艶々です(´▽`*)

ボディ下部も・・・

少し汚れ気味でしたが・・・

気持ちいいですね~。

ホイールも・・・

若干??汚れていましたが・・・

綺麗になりました。こちらのホイールは新車時にホイールコーティングも施工していますので

汚れ落としも楽です!

そしてブリリアントホワイトパールの日産ノートe-POWER NISMO S、ボディコーティングメンテナンス完成です!

ブリリア~ント! な輝きに復活しました(笑)

写真ですといまいちブリリアントさがわかりませんが、艶々の綺麗なパールホワイトに仕上がって

おります! コーティングが効いておりますので洗車だけでも綺麗になりますがメンテナンスですと

シャンプー洗車では落ちない汚れも落としますので通常の洗車より更に綺麗で艶々に仕上がります。

皆様も定期的なメンテナンスを是非!!

 

雨の日が多いと洗車するタイミングも難しいですよね。やっと晴れたのに翌日が雨予報だと

洗車してもなぁ~ってなっちゃいます(^^;)

洗車したい気持ちもわかりますし、洗車しない気持ちもわかります(笑) 要は気持の持ちようです(笑)

どうせ洗車しても直ぐに雨だと思ったら洗車しなくていいと思います。 その時の自分への言い訳として・・・

洗車キズ低減の為、と自分に言い聞かせれば幾分気持ちが楽になるのではないでしょうか??

洗車1回分のキズを付けなくて済むと思えば、あら不思議!? なんだか車にいい事した感じがするじゃないですか(笑)

逆に洗車を選んだあなた! そう貴方!! 雨の日に車が綺麗なんて羨ましい限りです。

羨望の眼差しで見られること間違いなし!(マニアに!)

雨の日の綺麗に撥水している車を見ると“いいなぁ~”“やるなぁ~”と思うのは私だけではないはず(´▽`)

そんな目で見られる為にも雨が降るとわかっていて、あえて洗車するなんてまさに漢!

“洗車キズ低減”を取るか“漢”を取るかは貴方次第!! 

さぁ どっち??

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー カングーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー カングーのボディコーティングです!

H28年式のルノー カングーです!

ちょうど3年程前、新車時にボディコーティングを施工させていただいたお車になります。

それから3年が過ぎ、気が付いたら色が褪せていた(^_^;)と言う事で当店にご相談に来られました。

ジョン アグリュムと言う元々淡いイエローなんですが淡いを通り越して白っぽくなっていました(;^ω^)

↑の写真ですとわかりませんがボンネットとルーフが特に酷かったです。ご相談に来られた時は

屋外で確認いたしました。その時はそれ程酷い印象ではなかったんですけど店内で見たら・・・

あっ、あれっ!? って感じでした(^^;

では3年経過致しましたルノー カングーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。の、その前に・・・

このジョン アグリュムと言う淡いイエローなんですけど、これがまた写真だと上手く写らないんです(汗)

私の使っているカメラの性能かも知れませんが、こちらのイエロー以外も淡いカラー全般、綺麗に

映らないんです(ーー;)  と言う事を考慮して今回はご覧くださいm(__)m  すいません。

写真ですと現状が伝わらないんですけど、汚れと色の退色がだいぶ進んでいました(^_^;)

ルーフも・・・

↑の写真だとやけに白っぽいですけど、実際はここまで色褪せはしていません。

ただ汚れ、そしてクスミも相まってライトの映り込みもボヤボヤでした。

それに比べますとボディサイドなどは・・・

色褪せは酷くありません。  しかし汚れや退色の進行がパネル毎と言うか部分的に違っているようで

全体的に色の統一感が感じられませんでした。

リアも・・・

汚れとクスミでライトの映り込みもモヤけています。

ホイールも・・・

汚れていました。

 

写真だと少し色味まで上手く伝わりませんがボンネットやルーフの水平面の痛みは進んでいます。

元々赤や黄色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいカラーです。そしてこちらのジョン アグリュム

クリヤー塗装がないソリッドカラーです。それもあって尚更、色褪せやすく粉を拭いたように塗装が傷みます。

オーナー様も元に戻りますか?とご心配されていましたが、まだまだ大丈夫ですよ!

元に戻します!(笑)

と言う事で作業開始~!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られているようですね。

しかし惜しげも無く・・・

落とします(笑)

磨いてガラス表面をリセットしてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングします。

最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは鉄粉を除去していきます。

いつもの様に専用のクリーナーで・・・と言いたいところですが黄色いカラーはクリーナーは使いません。

全ての黄色がつかえないわけでは無く、また黄色以外でもクリーナーを使えない色もございます。

今回は念の為クリーナーは使いません。

当ブログではオーナー様に鉄粉の付着報告を含めて、鉄粉がわかりやすいようにクリーナーを使って

ご報告しています。

鉄粉自体はクリーナーを使わなくても処理できますのでご安心ください。

で、ネンドの出番です!

ネンド以外も使ってますが鉄粉の付着量がわかりやすいようにネンドの写真です(笑)

↑はネンド使用前です。

↓はネンド使用後です

ネンドの淵の方が何となく茶色ぽくなっていると思いますが、これが鉄粉です。

3年経過と考えますと少ないですね!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングした感がありませんね(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランでの磨きになります。ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを

軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。 オーナー様はこちらのカングーを長くお乗りになりたい

との事なので過度の磨きで塗装を薄くするよりはキズやシミは残ってもいいので塗装の膜厚優先で

軽い磨きのプランにいたしました。

とは言えボンネットやルーフ想像以上でしたので(^_^;)ここは色が戻る所まで磨きました(笑)

クリヤーの無い塗装ですので磨くと・・・

バフも作業着も真っ黄黄(笑)

そして今回使用致しましたコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れやクスミ、劣化した塗装も除去してクリヤーになりました!

ルーフも・・・

同じくクリヤーになって色味が戻りました(^o^)丿

ボディサイドも・・・

キリッとライトが映り込むようになりましたね!

モヤけていたリアも・・・

ライトがキリッとシャープに映り込んでいます!

ホイール・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

そしてジョン アグリュムのルノー カングー、ボディコーティング完成いたしました!

艶々ボディに仕上がりました!

ちょっと写真だと施工前後の違いが伝わりにくいかも知れませんが白っぽさが無くなり

黄色が濃くなっています。また全体的に色褪せや汚れで色味が所々違っていたのですが

色味の違和感が消えて統一感ある仕上がりになりました。

オーナー様も色が戻って『綺麗になった!満足です!!』とお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございます。

 

初めにも書きましたが赤や黄色は退色しやすいカラーです。 昔は本当に酷くて皆様も見た事

有ると思いますが赤い色がピンクや朱色に退色していました。その時代の塗装に比べると最近の

塗装は進化して赤や黄色も昔ほど色褪せはしなくなりました。

しかし赤や黄色に限らず油断は禁物です!皆様もお気を付けください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダのマツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

マシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKです!

納車ホヤホヤの新車です。皆様も既にご存じの通りモデルチェンジのタイミングでアクセラから

マツダ3に改名されました。初めは“3”が車名なのかと思っていたら“マツダ3”が車名なんだそうですね。

更に今まではアクセラ スポーツと言われていました5ドアが今回からファストバックと呼び名も

変わりました。 もう名前からしてカッコイイんですけどカッコイイのは名前だけではなく

お車の方も勿論カッコイイです!  カッコイイだけではなくて美しい(´▽`*)

マツダがこだわったボディサイドの面への映り込みが美しい~。これは皆様も是非とも実車で

ご確認ください!  綺麗ですよ~(*^^*)

いきなり話がそれてしまいましたが早速新型マツダ3の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ですが曇りが確認できます。

ただ写真だと上手く写らない程度の軽い曇りです(^^;)

ルーフも・・・

少し曇っています。

ボディサイドは・・・

リアピラーの辺りは曇りも気になりませんが・・・

フロントのドアはやはり若干曇り気味でした。

リアゲートは・・・

新車ですので基本的にはお綺麗です。 ただ少しだけ曇っているかなぁ~って感じでした(笑)

実車でもほぼ気にならないと思います(^^)

 

マツダ車は新車でも結構塗装面が曇っている車両が多い印象なんですが、最近品質が上がったのか

安定したのか、はたまたロットの関係なのか最近の車は以前ほど曇りが酷くないです。

今回のマツダ3も若干曇り気味ではありますが以前のマツダ車に比べると遥かにクリヤーで

お綺麗です! お綺麗ですが更に磨いてコーティングするともっと綺麗になります(笑)

と言う事で早速も~っと綺麗にしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

あまり反応していません! 鉄粉が少ない証拠です(^^ゞ

これまた少し前のマツダ車は新車でも鉄粉が多く付いている車両が多かった印象なんですが(個人の感想です)

こちらのマツダ3は鉄粉も少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので鉄粉除去は軽く行いました。

元々少なかったので写真で見比べても違いがわからないと思いますが、せっかくアフターの

写真も撮ったの載せておきましょう(笑)

ボンネットも・・・

リアも・・・

違いがわからず!!(^^;)

鉄粉処理終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きとなります。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

当店では低撥水タイプのコーティング剤と言えばPCX-S7を使う事が多かったのですが

PCX-V110にはPCX-V110の良さ、そしてPCX-S7にはPCX-S7の良さがございますので

低撥水タイプのコーティング剤をご希望のオーナー様とご相談の上でPCX-S7とV-110を使い分けています。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしたんですが・・・写真ですとあまり変わらないな~(^_^;)

ルーフも・・・

スッキリとしたんですが~(^^;)

施工前と比べてくださいね~(笑)

リアピラーは・・・

元々曇りも気にならなかったんですけど磨くとやっぱり綺麗になります!

ドアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとシャープになりました。

リアゲートも・・・

よりクッキリとクリヤーになっているんですが~(汗) あまり違いが伝わりません(大汗)

 

そしてマシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。  PCX-V110らしいキラッ!っとした綺麗な艶に仕上がりました!

と言っても写真だと違いが・・・(^▽^;)

光沢感も更に上がっていますのでボディサイドへの映り込みも更にクリヤーにそして綺麗になっています!

私たちコーティング屋さんの人間がボディサイドの映り込みがああだこうだとよく言いますが(笑)

マツダ3はメーカー自らボディサイドへの景色の映り込みに拘って作られ、そしてそれを見てくださいと

宣伝している、まさにマニアにはたまらない車です!

今回のマシーングレープレミアムメタリックですが、あのソウルレッドプレミアムメタリックに続く

「匠塗」シリーズの第2弾となります。金属の質感を追求したカラーとの事です。

光の当たり方でコントラストがハッキリと出るカラーですので走っている時にボディサイドに映り込む光や

景色の移ろいがいっそう味わえるマツダ3にピッタリの色だと思います。 

いや~色々とマニアックな世界ですね~( ̄▽ ̄)

是非走っているマツダ3に映り込む景色の移ろいにも注目してください!

いや~マニアですね~(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。