ダイハツ コペンにコーティング再施工のご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです!

H20年式ダークレッドマイカのこちらのダイハツ コペンは2年程前にボディコーティングを

施工致しましたお車になります。

今回は再施工のご依頼を頂きました。 2年の間に数回メンテナンスにお越しくださっていますので

艶もあり、クスミも少ないんですがやはり洗車キズが少し目立ちます。

2年前のコーティングの様子はこちらです!

ダーク系のカラーは洗車キズなどのスクラッチやシミが目立つのでホワイトやシルバーなどの

ライトカラーのお車よりも再施工のタイミングは早めとなる事が多いと思います。

と言う事で綺麗に、そして大切に乗りたいとの事で再施工のご依頼を頂きました。

では2年経過のコペンの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

結構洗車キズが多いんですけど↑の写真だとあんまり伝わりませんね(汗)

↓もボンネットです。

こちらの写真の方が洗車キズが伝わりやすいですかね??

ルーフも・・・

それなりに洗車キズが多いんですけど・・・

あんまり伝わりませんね(^^;)  すいません!

トランクは・・・

こちらの方がキズキズ感が伝わってきますね(笑)

キズと言えば・・・

オーナー様も知らないうちに付いていたキズです。汚れかと思ったらやはりキズでした(;´∀`)

かなりの太さです。ただ深くはなさそうですので磨きで除去できると思います。

そしてボディサイドです↓

ボディサイドも洗車キズが目立ちますね(^^;)

 

ご覧頂きましたようにボディ全体に洗車キズが少し多めに入っています。

ダークカラーは色的に目立つのもありますが塗装も柔らかいのでキズが付きやすいんです(・´з`・)

気を付けて洗車していても簡単にキズが入ってしまいます。これがパールホワイトとかでしたら

同じ様に洗車キズが入っていても、ここまでは目立たないんですけど・・・

でも塗装が柔らかいと逆に比較的軽めのポリッシングでも結構キズが取れるんです。

キズが付きにくくて磨きやすい、そんな塗装があるといいんですけど・・・

まぁ無いものをねだっていてもしょうがないので早速作業を進めてまいりましょう(笑)

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

写真ですと全然わかりませんね(^^;)

2年前の施工時は鉄粉が凄~く多かったんですけど今回は少なかったです。

トラップネンドを使って鉄粉を取り除いていきますが・・・

↑は使用前のネンドです。

どれ位の鉄粉の量なのかネンドのビフォー&アフターを写真を撮ろうとしたんですけど・・・

アフターの写真撮るの忘れましたm(__)m  すっ すいません。

と言う事で鉄粉は少なかったという事でここはひとつ宜しくお願い致します。    m(__)m

謝罪しているうちに作業はマスキングへと進んだようです。

ではマスキングを確認してみましょう!

マスキング終了しておりました。

そして磨いていきます。今回の磨きですが今後も定期的にコーティングしていきたいとの

事ですのでクリヤー層の膜厚維持の為にもハードな磨きはしていません。

しかし先ほどもお話しました様に塗装が柔らかいので比較的軽めの磨きでもスクラッチは

結構除去できます。 その仕上がりは後ほど・・・

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回と同じ・・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティングです!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリしました~!

もう洗車キズも目立ちません!!

ルーフも・・・

深いキズやシミは残っています(残しています!)がスッキリとしました。

キズキズでしたトランクも・・・

綺麗になりましたね(^_^)/

それと”あの太い“キズも・・・

問題なく除去できました。

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗に仕上がっています!!

そしてダークレッドマイカのダイハツ コペン、ボディコーティング完成いたしました!

深みあるダークレッドマイカに復活いたしました。

ダーク系のカラーは洗車キズなどのスクラッチが増えると白っぽく見えてきてしまい

色の深みが感じられなくなってしまいます。スクラッチだけではなくクスミやシミなども

増えてくると塗装の透明感(クリヤー感)が無くなり深みを感じなくなってきます。

そうなってくるとコーティング再施工のタイミングの一つの目安かと思います。

あくまでも一つの目安ですけど再施工時期の判断はなかなか難しいと思いますので

再施工のタイミングでお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

そして最後にお知らせを失礼いたしますm(__)m

今月はキャンペーンを開催しております!

毎年この時期恒例となりました 『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も始めました!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン』です(笑)

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

詳しくはこちらをご覧ください!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン!!』

宣伝でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ CX-8のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ CX-8のボディコーティングです!

スノーフレイクホワイトパールマイカのCX-8です! CX-8は当店初入庫になります(^_^)/

こちらは昨年のクリスマスに納車された新車です。

サンタさん凄いプレゼントを届けてくれたようですね!

これが靴下の中に入っている姿はなかなか想像できませんが、羨ましい限りです(´▽`*)

今年のクリスマスは私も寝る時に靴下ぶら下げて寝て見ます。

あわてんぼうのサンタクロースがうっかり間違え私の家に来て、ついうっかり間違えて私の靴下に

車を入れていってくれるかもしれませんし。 なんたって彼はあわてんぼうですからね!

あわてて間違える可能性もありますし(笑) 1%でも可能性がある限りそれに掛けてみます(”◇”)ゞ

なんてどうでもいい私の妄想がついうっかり長くなりましたが早速、新車CX-8の現状を確認していきましょう!

↓はボンネット。

納車から当店ご入庫まで少し時間が経ってしまったので若干汚れていました。

ルーフも・・・

雨が残っていました。 ただ塗装面自体は曇りも少なくてお綺麗です。

ボディサイドは・・・

こちらは少し曇り気味ですね。

それとピラーが・・・

ややキズが多めでした。

この手の素材は簡単にキズが付きます。乾いたタオルで少し強めに拭いてしまうと簡単に

キズが入ってしまうので注意が必要です。

リアは・・・

ちょっと汚れていてわかりにくいかもしれませんがリアも若干曇り気味でした。

ホイールは・・・

こちらもブレーキダストで少し汚れています。

納車から当店にご入庫されるまでちょこっとだけ時間が経ちその間に雨など降られたので少しだけ

汚れていました。しかし塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態です。

私的にはマツダ車は塗装の曇りがやや酷い傾向という印象なんですが

今回のCX-8は曇りも少なくて最近見たマツダ車の中でもお綺麗な塗装肌だと思いました。

しかしボディサイドなどは若干曇り気味の所もございましたので磨いてスッキリしていきたいと

思います! では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

反応しました(^^;) 黒っぽくポツポツと確認できるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でもこれ位の鉄粉は付いています。

中には新車でもビックリするくらい付いている車もございます(;´∀`)

リアは・・・

それなりの量が付いていました(^^;)

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました~。

リアも・・・

綺麗ですよ~(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

最近人気のSUVなどはフェンダーアーチやアンダーモールなど未塗装の樹脂パーツが多いので

コンパウンドが付かないようにしっかりとガードします。

そして磨いていきました。今回は新車磨きですので基本的には軽い磨きになります。

磨きが終わりましたら脱脂をしてからコーティングをしていきます。

 

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の人気のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですよ~(*^_^*)

ルーフも・・・

映り込みもハッキリで気持ちいいですね~。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてクリヤーになったんですけど・・・写真だと少し違いが分かりにくいですかね??

すいませんm(__)m

ピラーは・・・

だいぶキズがスッキリとしたと思います。

リアも・・・

サッパリと仕上がりました。

ホイールも艶々に仕上げましたら・・・

スノーフレイクホワイトパールマイカのCX-8、新車コーティング完成いたしました!

スッキリと気持ちよく仕上がりました!!

元々お綺麗でしたが、よりクリヤーで綺麗な光沢感あるスノーフレイクホワイトパールマイカ

なっております。

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~』とお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

CX-8などのSUVなどのお車は遊びの範囲が広がりますよね!

特にご家族でキャンプなんて最高だと思います(^_^)/

CX-8で海や山をいっぱい楽しんでください!!

 

今回のCX-8はお綺麗でしたが新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗)

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ NCロードスターのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ ロードスターのボディコーティングです!

前回のブログで予告いたしました様に今回のブログから2019年の施工紹介のスタートです!

リアルワールドでは昨日あたり鬼を追い出したり福を招いたりしたようですがブログワールドでは

まだ鏡開きどころか七草粥さえも食べていない・・・そんな時期のお話です(^▽^;)

そんな2019年最初にご入庫くださいましたのはH18年式のストーミブルーマイカのロードスターRHTです!

オーナー様がご自分で磨きをしてみたそうですが磨きキズやオーロラマークが付いてしまって

当店にお越しくださいました。

では早速ロードスターの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

この辺りは磨きキズはそれ程酷くありませんが(付いてはいますが(^_^;))

同じボンネットでもこの辺りは結構酷いです(^^;)

ルーフは・・・

磨きキズが・・・と言うレベルではなく塗装の劣化が酷くて残念ながら磨きで修復可能な状態では

ございませんでした。

トランクは・・・

これまた磨きの痕跡がバッチリとそしてハッキリと付いていました(^^;)

ボディサイドは・・・

ごめんなさい。写真だと分かりにくいんですけどボンネットやトランク程は痛みは少なかったです。

それとアンテナに取り付けられていました・・・

アヒル君です。いゃアヒルさんかな??  ここではアヒル君と呼ばせてもらいましょう(笑)

後頭部が汚れていますね(笑)  かわいそうなんでアヒル君も綺麗にしていきましょう!

ホイールは・・・

こちらもブレーキダストで汚れておりました。

 

全体的に見ますと初期登録から10年以上経過していますので年式相応の痛み具合ではあると

思いますが、そこに磨きキズがプラスされていますのでちょっとアレですね(^▽^;)

それとルーフとルーフ格納部のカバーは樹脂製のようで、この2ヶ所の塗装の劣化が激しかったです。

ボンネットやトランクなどと同じ水平面なんですが、材質が違うと痛みの進行具合も違ってくるのが

ハッキリとわかります。 あまりに痛みが激しいので磨くのにも限度がありますが様子を見ながら

磨いていきたいと思います。

では作業開始!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

撥水剤を塗られているようで撥水していました。

でも・・・

落としちゃいます(;´∀`)

撥水剤を落として下地から綺麗にしていきます。 ボディ同様ガラスも下地作りが大切なんです!

ガラス表面がリセットできましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に

撥水チェックをします・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

いつものように洗車の後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

写真だとわかりません(^^;)

クリーナーが終わったら今度はネンドを使って鉄粉を除去していきます。↑は使用前のネンドです。

↓は使用後のネンドです。

これで約ボンネット1枚分の汚れです。結構付いていましたが10年以上経過と考えると

少ないかと思います。

それとアヒル君ですが・・・

遊んでいる訳ではありません! 洗っているんです!!

遊んでません!!

洗っているんです!!

カワイイなぁ~(´▽`*)

なんて遊んで間洗っている間にマスキングが終了しました!

今回はキズなど多いのでハードな磨きで仕上げていきましたが先ほどもお話いたしました様に

ルーフとルーフ格納部は状態を確認しながら磨き過ぎないように、でも少しでも磨きたい・・・

そんな悩ましい磨きでした(*^_^*)

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングしました!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

綺麗になりましたよ~(^_^)/

磨きキズもサッパリと無くなって艶々です!

ルーフは・・・

だいぶ綺麗にはなりましたがこの辺りが磨きでは限界でしょうか。

オーナー様にも『全然いいです!』とOKを頂きました。

トランクは・・・

こちらもスッキリと仕上がりました。

ボディサイドも・・・

綺麗です。しかし写真だとわかりませんね(汗) ごめんなさい。

そして・・・

アヒル君の後頭部も綺麗になりましたよ!  遊ばずに洗った甲斐があります( ̄▽ ̄)

最後に・・・

ホイールとタイヤも綺麗になりましたら・・・

ストーミブルーマイカのロードスターRHTボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

ストーミブルーマイカ本来の深みあるブルーに復活しました!

施工前は“紺色”って感じでしたが施工後は色の深みや透明感そして近くで見ればマイカ感も

感じて頂けます!

オーナー様も『うゎ~すげ~光ってる』『俺の車じゃないみたい!!』と、とてもお喜びに

なられておりました。 そうなんです!実は違う車なんです!! と言いたいところでは

有りますが間違いなくオーナー様が乗って来られたお車なんでご安心ください!!

 

実は今回のコーティングの数日後にオーナー様のご結婚式なんだそうです。その時にこちらの

ロードスターも飾るんだそうです。

このロードスターを通じてお二人がお知り合いになられた・・・のかどうかは、

オジサンが若い二人のエピソードを聞くのもなんだか悪いので聞きませんでしたが(^▽^;)

でも結婚式に愛車を飾るのなんて素敵ですね!

末永くお幸せに~ (^o^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディTTクーペのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディTTクーペのボディコーティングです!

デイトナグレーと言う名のパールグレーのアウディTTクーペです!

アウディTTクーペのパール塗装はこのデイトナグレーのみで、あとはソリッドとメタリックに

なるんだそうです。

そのデイトナグレーパールですが、とても綺麗なグレーでTTクーペのエッジの効いたボディに

とてもマッチしていると思います!

最近ご購入されたこちらのTTクーペはディーラーの試乗車として使われていたお車だったそうです。

納車前に磨きをしているそうで基本的には塗装面は悪くない状態でした。

 

ではアウディTTクーペの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言え、納車から少し経過していますので若干の汚れはございます(^_^;)

でもあくまでも表面の汚れで塗装を痛めているような深いシミやキズなどは少なかったです。

ルーフは・・・

何か付着しているのでしょうか??  ボンネットよりも汚れ気味でした。

リアは・・・

軽めのシミなどはございますが基本的にはお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも曇りやクスミもなくお綺麗ですが・・・ライトの右横あたりに薄い線キズが確認できます。

この手の線キズは深くキズが入っている事が多く磨いても除去できない事も多いんです(汗)

ホイールは・・・

ブレーキダストが多く出るアウディですがお綺麗でございました(^_^)/

 

ご覧頂きました様に若干の汚れは付いていましたが塗装面自体はシミやキズなど少なくて

とてもお綺麗でございました。展示車や試乗車は洗車キズが多く付いている事が多いのですが

今回は納車前に磨いてくれたそうですので綺麗な状態でございます!

とは言え、もちろんそのままコーティングする訳ではなくここから更に磨いて塗装面を

整えていきます!

では作業を進めていきましょう。 作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからのご紹介です。

ボディコーティングと同時にウインドウコーティングを施工される方が多く、今や定番メニューとなって

おります!  ありがとうございます。

↓は現状です

フロントウインドウは油分の付着も無く綺麗な親水状態です。 ↑は水が掛かっています!

もしかしたらフロントウインドウも磨いてあるのかもしれません。 ありがたや~ありがたや~(笑)

しかしサイドウインドウは・・・

フロントウインドウとは明らかに違っています(^^;)

サイドは磨いていないのかな??

とにかく・・・

油膜が付いていようが付いてなかろうが全てのウインドウを磨き直していきます(^o^)

その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続きましてはボディです。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ よく見ますとポツポツと確認できますがとても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉除去が出来ましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

元々少なかったので(笑)

違いが分かりにくいですね(^^;)

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

なんかカッコイイ(笑)  輪郭が強調されてコレはコレでカッコイイと思いませんか??

それはともかく磨いていきます。

今回は基本的には綺麗な塗装面ですのでハードな磨きはしていません。気になるシミや線キズを

落として塗装面を更に綺麗に整えました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装面でしたが、滑らかな肌になっております(^^)/

ルーフも・・・

 

潤いすら感じる仕上がりです!

ボディサイドは・・・

先ほど写っていた線キズはそれ程深くはなかったようで無事消せました。

ただもちろん全ての線キズを消せた訳ではなく、深い線キズなどは残っております。

リアは・・・

スベスベで気持ちいいですね~。

そして最後はホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールもコーティングして

仕上げています! ホイールコーティングはもちろん艶も向上してツヤピカになりますが

それともう一つ嬉しい効果があります。  それはブレーキダストの固着低減です!

ホイールコーティングしているのと、していないのとではホイールを洗った時の”楽”さが違います。

特にブレーキダストの多く出る輸入車ではお手入れのしやすさが違いますのでブレーキダストの

多く出るお車も、そうでないお車もお薦めです!

そしてデイトナグレーパールのアウディTTクーペ、ボディコーティング完成です!!

いい艶に仕上がりました!

何度もお話しておりますように元々お綺麗な塗装面でしたが、そこから更に磨きを入れて

コーティングを掛けると一段と艶と光沢感が上がります!

ガラスコーティングは日中の太陽の下でももちろん綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますと

より一層光沢感を感じて頂けると思います  なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた

愛車を眺めるのもいいものです(笑)

更に綺麗でカッコよく見えて愛車に惚れ直す事間違いないです(*^。^*)

是非お試しを!!

 

今回のアウディTTクーペはお綺麗でしたが、試乗車や展示車は洗車キズや小傷が多く付いているお車が

多いのが実情です。 今回のTTクーペは磨きをしてから納車してくれたそうですので、

とても良心的いないいディーラーさんですね!

しかも展示車や試乗車はオプション装備も充実している事が多く結構お買い得です。

お得にご購入できた分をコーティング費用に回せば新車以上に車を光輝やかせることが可能です(^_-)-☆

ですので運よく展示車や試乗車が販売されていたらご検討するのもとても良い選択だと思います!

そして当店のコーティングもご検討頂けると嬉しいです。   宣伝でした~( ̄▽ ̄)ニヤッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスNX Fスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスNX Fスポーツのボディコーティングです!

こちらは納車から間もない新車のレクサスNX Fスポーツです!

車高が低いなぁ~? と思ったら既に車高調が入っているそうで(*‘∀‘) それに加えてエアロも

装着されていますので、より低く迫力あるスタイルに仕上がっています!

まだまだこの先のプランをお考えのようで今から楽しみです(´▽`*)

そんな新車レクサスNXの現状を早速確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

曇りなくお綺麗でした。

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗ですね!

ボディサイドは・・・

こちらもお綺麗ですね。 何処も綺麗なんで、もうご紹介するところも無いです(^▽^;)

でも折角ですのでもう少し(笑)

リアゲートです↑  やっぱり綺麗でした。

でもホイールは・・・

少しだけ汚れていました。

全体的に見ましても曇りの無いとてもお綺麗な塗装肌でございました。レクサスは塗装も

綺麗でクオリティがいいです!

逆に私のブログ的にご紹介するところがなくて困っております(笑)

しかし困ってばかりもいられませんので早速作業していきましょう!

作業して開始~!

 

まずはウインドウコーティングからです!

↓は現状です。

油分の付着が付着しているようで何となく水を弾いていました。

新車でもガラスに油分が付着している事がとても多いです。それらの油分を除去してガラス表面を

リセットし、その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成しました。

 

次はボディです。

洗車をしましたら鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

↓はボンネットです。

鉄粉も少ないですね(^_^)/

リアも・・・

とても少なかったです。

鉄粉は少なかったんですけどウインドウと同様ちゃんと鉄粉除去致します。

鉄粉の除去も鉄粉の量によって作業方法が変わってきます。今回は少ないのでごく軽めに行っています。

↓は鉄粉除去後の再チェックをしたところです。

元々少なかったんですけど更に綺麗になってます。

リアも・・・

よりサッパリとしました!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きになります。 新車とは言えお車の状態はそれぞれ違いますので

塗装の状態に合わせて磨きを変えています。 今回のNXはとてもお綺麗でしたので軽い磨きで

塗装表面を整えました。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

元々お綺麗でしたので違いが分かりにくいですね・・・(^▽^;)

しかしよりクリヤーで艶々に仕上がっています!

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

ボディサイドも・・・

綺麗なんですけど・・・違いがわかりませんね(大汗)

リアは・・・

違いがわからね~ って声が聞こえてきそうです(^_^;)

ホイールは・・・

今回一番違いがわかりやすいですね(笑)

そしてレクサスNX Fスポーツの新車コーティング完成いたしました!

いやいや、本当に新車のパールホワイトはブログ泣かせです(^^;)

写真ですと正直違いがよくわかりませんね。しかし実車の方は光沢、そして艶も上がっており

綺麗を実感して頂けますので、皆様も新車のパールホワイトでお越しください(笑)

なかなかブログですと違いは伝わりませんが、お引き取りに来られましたオーナー様は

しっかりと違いを実感しております。『うゎ~すげ~ピカピカ』とお喜びになられておりましたので

たぶん間違いございません(笑)  ありがとうございました。

 

今回のレクサスNXはとてもお綺麗な塗装でしたが、新車でも新車特有の曇りが酷い車やシミや

キズが入っている車、また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。と言いますか何かしらの

不具合箇所がある新車の方が多いと私は感じています(^_^;)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしているディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です。当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 新車を新車以上に仕上げるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

モルフォブルーパールのホンダヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです!

H28年式モルフォブルーパールのホンダ ヴェゼルです!

新車時にボディコーティングをしてまだ2年程しか経過していませんがシミが酷くて・・・

と当店にご来店くださいました。

普段は屋外屋根なしの駐車場&元々シミが付きやすいカラーではあります。洗車は定期的にGSで

手洗い洗車しているとの事でしたが・・・もしかしたらシミの原因もそこにあるような気も致します。

そのお話は後ほど・・・(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにシミシミです。 写真だと少しわかりにくいんですけど洗車キズも多く付いていました。

ルーフは・・・

こちらもシミが多いです。それとだいぶクスんでいます。

ボディサイドは・・・

細かなシミが多い&クスんでいました。これは雨による雨ジミではなさそうです。

それと・・・

線キズが付いています。 しかも何ヶ所も(^^;)  オーナー様は山道(林道?)を走るのが

お好きなんだそうで・・・山道走るとどうしても木の枝やら植物達がコッチに向かって生えていますから

キズが付いてしまいます(^_^;)  なんでアッチに向かって生えないのでしょうね??(笑)

ホイールはやや汚れ気味でした。

 

ご覧頂きました様に確かにシミが酷いです。色的にシミが付きやすいのでしょうがない所も

あるんですけど、それよりも私が気になったのはクスミです。先ほども少しお話しましたが

シミも普通の雨ジミではなさそうです。この2つを合わせて考えて見ますとおそらくケミカルによる

シミではないかと考えられます。 定期的にGSで洗車とお話されていましたので、そこで使われている

シャンプーなどのケミカルが怪しい気がしますが実際に何を使っているのかわからないので断定はできません。

ただ撥水系のケミカルを頻繁に使用しますとシミやクスミの原因になりますのでご注意下さい。

話はそれましたがヴェゼルのボディコーティングを始めていきましょう!作業開始!!

 

その前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です

何か撥水剤塗られていたのでしょうか?? それとも単なる油分による水弾きなのでしょうか??

とにかくなんとな~く水を弾いている感じです(笑)

全面のご依頼ですので全面磨いていきます! もちろんドアバイザーの下も綺麗にしています!

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にトラップネンドを使って鉄粉を除去していきます。

↓は使用前のネンドです。

まだ綺麗な緑色ですけどボンネット1枚をネンド掛けしますと・・・

ネンドがこれ位汚れます。特にネンドの淵が茶色く汚れているのが確認できると思います。

これが鉄粉です。 まぁ鉄粉以外の汚れも有りますけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました! ここまでが磨きの準備になりますが写真でご紹介している事以外にも

ゴニョゴニョと、ひと手間ふた手間かけてます(笑) そして磨いていきました。

今回はミドルポリッシュでの磨きになります(エクストラプランになります)

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングしました!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

深いシミは残っていますがクスミも無くなりクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗です(^^)/

ボディサイドは・・・

細かなシミもクスミも無くなって気持ちいいですね!

更に・・・

線キズも綺麗になりました。 しかし残念ながら深い線キズは残ってしまった所もございます。

ホイールとタイヤも・・・

綺麗に洗って艶出しで仕上げましたら・・・

モルフォブルーパールのホンダ ヴェゼル、ボディコーティング完成です!

モルフォブルーパール本来の輝きを取り戻しました! クリヤー感が違います(^_-)-☆

このモルフォブルーパールは見る角度(光の当たり方)によってブルーに見えたりグリーンに見えたりと

とてもミステリアスで魅力的なカラーです。

モルフォブルーパールモルフォとはモルフォ蝶をイメージして名付けられたそうで、確かにモルフォ蝶の

ようで、とても綺麗なカラーです! 今にも蝶のように舞いそうです(笑)

かの有名な元世界ヘビー級王者モハメド・アリのファイトスタイルを表現したフレーズで・・・

「蝶のように舞い 蜂のように刺す」とありますが、まさにそんなヴェゼルに仕上がったと思います!

 

って、どんなヴェゼルよ??(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱アウトランダーPHEVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱アウトランダーPHEVのボディコーティングです!

こちらのホワイトパールのアウトランダーPHEVは納車からまだ数日の新車のお車になります。

アウトランダーは圧倒的にノーマルよりPHEVの方が人気だそうで納車も少し待ちだったようです。

そんな人気者のアウトランダーPHEVの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです

若干汚れが付いていますが塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でございました(^_^)/

ルーフも・・・

ボンネット同様で塗装自体はお綺麗です。

しかしボディサイドは・・・

少し曇りが気になります。

色々なお車を見てきましたがボンネットは曇りが少ないんですけどドアなどのサイド面の方が

曇っている車が多い気がします。 不思議です(笑)

リアゲートも・・・

少し曇っていますね。

 

全体的に見ますと新車と言う事でシミなど無くお綺麗でした。それとボンネットなど水平面は

塗装の曇り(白ボケ)など少ないんですがサイドの垂直面はやや曇り気味でした。

この曇りを取ってあげると、よりスッキリとクリヤーな質感になります!

新車時が一番綺麗だと思われる方が多いんですけど実はそうでもなくて、磨きを入れた新車が

一番綺麗な状態だと思います(笑)

中には非常に綺麗な塗装の新車も有りますが、ごくごく稀です(^^;)

という事で新車の更なる上を目指して作業開始~!

 

まずはウインドウです。

新車コーティング時の定番、ウインドウコーティングです! いゃ、新車コーティング以外でも

ボディコーティングと同時施工してくださる方が多い人気メニューです(*‘∀‘) ありがとうございます!

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

フロントは油膜も無くお綺麗でしたが・・・

リアは少し水を弾いています。この弾き方はもちろん撥水剤による水弾きではありません。

塗装の曇りと同じで1台の車なのにフロントは水を弾かない(綺麗)なのにサイドはやけに油膜が

付いていたり、リアウインドウだけ油膜ぽかったりとバラバラな車が多いんです。

何故なんでしょう??不思議です(;´∀`)

綺麗だとろうと、そうでなかろうとどっちみち・・・

綺麗にしていきますのでいいんですけど(笑) 不思議です。

ウインドウを綺麗にしましたら撥水剤を塗ってコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

フロント↑

リア↓

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングしましたお車はコーティング被膜維持(耐久性が伸びる)&ワイパーのビビり防止の

為にも撥水ワイパーに交換する事をお勧めしています。

 

続いてはボディです。

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況の確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑   黒っぽく点々と見えるのが鉄粉です。

新車でも大体この位は付いている事が多いです(^^;)

リアは・・・

少なめでした。

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットです↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

いい感じになりました。

そして作業はマスキングへと進みます。

今回は新車磨きですので軽めの磨きで仕上げています。 軽めですがボディサイドの曇りはしっかりと

除去しています。

そして今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なくお綺麗でしたが更にクリヤーになっていますよ~(^^)/

ルーフも・・・

いいですね~!

そしてボディは・・・

曇りが取れてスッキリとクリヤーです。

リアゲートも・・・

サッパリとしました。

そしてホイールなんですが・・・

実は納車前にホイールをお預かりして先にホイールコーティングしております!

それと後日、純正ホイールもお預かりしてホイールコーティングいたしました。

ホイールは車両装着前にホイールもお持ち下さればホイールの内側もコーティングできますので

ホイールコーティングは車両装着前がお薦めです。

そしてホワイトパールの三菱アウトランダーPHEV、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_-)-☆

艶感の感じにくいパールホワイトしかもピカピカの新車ですが、ちゃんと磨いて下地を整えてから

コーティングしますと、ちゃんと施工前後の艶の違いを感じて頂けると思います!

オーナー様も『すげ~綺麗!』!と艶・光沢の違いを実感して頂けたご様子でございました!

 

ご覧頂きました様に新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗)

新車だからと言って油断してはいけません(;’∀’)  新車も油断大敵なんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで下地を整えてからコーティングをしています。

ですから新車を新車以上に輝かせられるのです!(^^)!

今回は新車以上に仕上がりました新車三菱アウトランダーPHEVのご紹介でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-WGN カスタムにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-WGN カスタムのボディコーティングです!

H27年式のホンダN-WGN カスタムです!

3年以上経過いたしましたのホンダのブラックという事で何となく現状も想像できますが(^^;

早速現状を確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズが目立ちます。でも正直、想像していたよりはシミは酷くなさそうです。 良かった~(笑)

ルーフも・・・

グルングルンにキズが確認できます。 パールホワイトやシルバーなども同じ様に

洗車キズは付きますが、それが目立つか目立たないかの違いです。

ブラック・・・もの凄く目立ちます(^▽^;)

ボディサイドは・・・

同じくグルングルンです。 ライトを当てるとキズで光が乱反射してしまいブラックが

白っぽく見えてしまいます。  お車の印象もボヤッとボケて見えてしまいます。

リアゲートも・・・

同じですね(汗)

ホイールは・・・

汚れが少なかったです!

全体的に見ますとボディ全体に洗車キズが多いです。ただウォータースポットなどの

塗装を酷く浸食しているようなシミは想像していたよりは少なくてホッと一安心していたのは

内緒です(笑)

と言いますのもホンダの特にブラックは塗装も薄くそして非常に柔らかいので磨きも非常に

神経を使います。  とてもデリケートな塗装ですので作業もデリケートに進めていきますが

これが想像以上にデリケートです(笑)

皆様が想像しているよりも2.5倍はデリケートです。 その2.5倍がよくわからない倍率ですがとても

デリケートという事が伝わっていただければ幸いです(^▽^;)

ではそのデリケートなN-WGNを優しく優し~く作業を進めていきましょう!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングをご紹介していきましょう。

↓は現状です

撥水剤を塗られているようで撥水していましたが、少し撥水力が落ちているようです。

ウインドウをよ~く洗いネンド掛けしてから・・・

磨きます。 ボディコーティング同様ウインドウも下地作りが大切です。

ウインドウ表面をリセットし、これまたよ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤で

コーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続きましてボディです。

洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますがブラックのボディですと・・・

何が何だかわかりません! 実際にはよ~く見るとか確認できますが

写真だと、もう何が何だか・・・(;´∀`)

そこでネンドの登場です。

使用前のネンドです↑

このネンドを使って優し~く鉄粉を除去していきます。

↓は使用後のネンドです。

ネンドが汚れたのが確認できると思います。 鉄粉以外の異物も除去できます。

これでボンネット1枚分です。

ネンド掛けをボディ全体に掛け鉄粉除去が済みましたら、今度はマスキングをします。

今回の磨きは当店のミドルポリッシュの磨きになります。キズの深さ(多さ)によって

おすすめのプランは変わってきます。同じようなキズでも塗装が硬ければもっとハードな磨きが

おすすめですが、比較的柔らかい塗装でしたらミドルポリッシュでも結構綺麗になります!

今回のN-WGNはミドルポリッシュで結構キズも除去できました。

その仕上がりは後ほど!!

それと今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ミドルポリッシュでも結構洗車キズは除去できましたね!

もちろん深いシミやキズは残っていますが普段は気にならないかと思います。

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

綺麗ですよ(^^)/

リアは・・・

こちらも綺麗になっています。

ホイールも・・・

気持ちいいですね!!

そしてホンダN-WGN カスタムのボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

ギラギラと見えていた洗車キズも無くなって深みを感じるブラックボディになりました。

先ほどもお話いたしましたがホンダのブラックはとてもデリケートでお手入れが大変です。

ホンダの黒に限らずダークカラーは維持管理が大変なんですけど(;´∀`)その苦労と引き換えに

ホワイトやシルバーとは一味も二味も違う艶や景色の映り込みを楽しめます!

車の色選びは難しいですよね!? ダークカラーもライトカラーもそれぞれメリットとデメリットが

あると思いますが、色で悩んだらそれぞれのメリットとデメリットを比べて見るといいかもしれません!

それでも並んだら・・・好きな方の色をお選びください(笑)

最終的には好きな色が一番です( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フリードのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダフリードのボディコーティングです!

最近ホンダ車のご紹介が多いですね! 今回もホンダ車です(*^_^*)

不思議と同じメーカーの車が偏る傾向なんです(笑) 一時期はマツダ車が多い時期もありましたし

輸入車が多くご入庫される月もございます。 同じ車種が続くこともあったりと不思議です(^_^)

そして今回のホンダ車ですがホワイトオーキッド・パールの新車のフリードです!

そんな納車からまだ間もない新車フリードの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みが少しボヤッとボケています。

ルーフも・・・

写真ですとちょっとわかりませんがボンネットと同じ様に若干曇り気味でした。

ボディサイドは・・・

これまた少し曇り気味でした(^_^;)

リアゲートも・・・

ボディサイド程ではありませんがボヤッとしたライトの映り込みです。

ホイールはお綺麗でした!

 

ご覧頂きました様に全体的に塗装表面が曇り気味でクリヤー感が損なわれています。

前回のブログでもお話いたしましたがホンダ車は新車でも曇り気味のお車が多いです。(車種にもよります)

曇っているとせっかくの綺麗なホワイトオーキッド・パールの魅力を存分に発揮いたしません!

新車も磨けば更に綺麗に!そして気持ち良くなります(*’▽’)

と言う事で更に綺麗に!そして気持ち良くしていきましょう! 作業開始~!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

ボディ同様、ウインドウも新車時(納車時)が一番綺麗という訳ではございません。

中には雨ジミが付いていたり油膜だらけの車もあるんですよ(^^;)

今回のフリードは少しばかり油膜っぽさがあって・・・標準的ですね(笑)

油膜があっても無くても一旦リセットしますのでご安心ください!

今回のフリードも運転席と助手席は撥水ガラスでしたので、それ以外のウインドウを

コーティングします。

コーティングが終わり最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

ウインドウコーティングは今の時期にも実は大変有効なアイテムなんです。

霜や雪・氷が付きにくく、また付いても取り易くなりますので冬にもウインドウコーティングは

おすすめです(^_^)/

 

そして次はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

ポチポチと黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

新車でもこの程度は付いているものです(^_^;)

リアは・・・

とても少なくお綺麗でした!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアは・・・

元々おきれいでしたけど(笑)

 

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをします。

今回の磨きは新車ですので軽めの磨きですが、磨き過ぎず、しかし曇りを除去して・・・の塩梅が

少し難しい磨きでした(笑)

そして曇りが取れてスッキリとした塗装肌にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです。  こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が

特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてクリヤーになりました(^^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです。

ボディサイドは・・・

こちらも気持ち良く仕上がりました。

リアも・・・

綺麗ですよ~。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げましたら・・・

ホワイトオーキッド・パールのホンダ フリード、新車コーティング完成です!

元々お綺麗な新車の、それも施工前後の違いが分かりにくいパールホワイトなんで

引きの写真ですと施工前後の違いが分かりにくいですね(^▽^;)

ブログ泣かせの新車&パールホワイトですが、各部の仕上がりの写真を見て頂けると

違いがわかって頂けると思います。 そう願っています(笑)

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ~』とお喜びになられているご様子でした。

 

新車は綺麗で納車直後が最高の状態だと思ってはいませんか??

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車は本当に多く、

また鉄粉の付着が多い車も御座います。それはボディだけではなくウインドウも一緒です(^^;)

ボディもウインドウも下地作りが大切です!

なのに・・・ディーラーらGSなどの新車コーティングは下地作りをしないでコーティング剤を

塗っておしまい!って所が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダS660ご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングです!

プレミアムスターホワイトパールのS660です!

新車でご購入されてから3年と少々経過されたお車です。ご購入時にディーラーでコーティングを

施工されたそうですが、3年経過したこの機会にリフレッシュしたいとの事でご来店くださいました。

見るからにやる気満々のS660ですけど実際、色々な所に走りに行っているそうです。いいですね~(*‘∀‘)

それではそのやる気満々のS660の現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

3年経過と考えますと洗車キズも少なかったです。シミもとても少ないです!

普段はボディカバーを使用しているとの事でしたので、シミが少ないのはカバーを使用しているから

だと思います(^_^)/ 素晴らしい!!

しかし塗装面は曇り気味です(^^;) これはおそらく新車時からの曇りだと思います。

↓はリアカウルです。

よ~く見ますと↑のような線キズが確認できますが、とても少ないです。

それよりも曇りが気になります(笑)

ボディサイドは・・・

こちらもボヤッと曇っていました(^^;)

ホイールは・・・

ややブレーキダストで汚れ気味で艶が引けていました。

 

全体的に先ほどもお話しいたしました様にシミも洗車キズもとても少なくて3年経過とは

思えない程のコンディションでございます。しかし、全体的に塗装表面がボヤッ~と

曇っていて透明感があまり感じられませんでした。前回のブログでもお話いたしましたけど

ホンダ車の特に軽自動車は曇り気味です。更にモデルチェンジ直後や新型のモデルの最初期モデルは

曇りが酷い傾向です(^_^;)  こちらのS660はご購入時ディーラーでコーティングしたとの事ですが

この曇り具合ですと、やはり磨き無しでコーティングだけしたと思われます。

3年経過していますが磨けば3年前の新車時よりクリヤーな塗装肌になると思います。 いゃ、します(笑)

ではクリヤーにしていきましょう(^_^)/ 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です

まだまだ綺麗に撥水していました(*^_^*)

しかし情け容赦なく(笑)・・・

磨きます。睨まれているような視線を感じますが(笑) 気にせず磨いてガラス表面をリセットします(^_^)/

話は突然変わりますけど↑の写真のドアミラー何かに似ていると思いませんか??

ほら!アレですよ! そうそれです(笑)

似てる(笑)  作業してたら、もうモンスターボールにしかみえませんでしたよ(笑)

オーナー様に偶然なのか意識していたのか?聞いてみようと思っていたのに、

すっかり忘れてしまいました(^_^;) 残念!

 

話を戻しまして・・・磨きが終わりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

お次はボディです。

洗車後の鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

ブラボー!!  とっても少ないデ~スヽ(^。^)ノ

リアも・・・

少ないですね!

鉄粉が少ないのも、おそらくボディカバーを使用しているからだと思います。

凄いぜぇボディカバー!!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュと吹きかけて再チェックしますが・・・

なんという事でしょう!?

ボンネットの写真を撮るのを忘れていました。すいませんm(__)m

しかしリアの写真はありました(^^;)  こちらです↓

元々お綺麗でしたけど更に綺麗になっています!

その後マスキングをおこなって・・・

磨いていきました。今回の磨きは塗装面の曇りはございましたがシミやスクラッチが少なかったので

2工程の磨きで仕上げていきました。 1工程目でシミや曇りを除去して2工程目の磨きで

艶を出して仕上げる、今回はその様な磨き内容です。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回も・・・

水玉撥水でお馴染みの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと今回はソフトトップのコーティングのご依頼も頂きましたので、

ソフトトップをよ~く洗った後に・・・

コーティングしました。  ソフトトップのコーティングはPCX-S8ではなくてソフトトップ専用の

コーティング剤です!

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボヤッとしていたライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(*’▽’)

リアカウルのキズも・・・

スッキリと除去できました。 そしてライトの映り込みもこれまたスッキリです!

ボディサイドも・・・

曇りがなくなつて気持ちいいデ~スヽ(^。^)ノ

ややくすんで艶も引けていたホイールも・・・

綺麗なブルーに復活しました。

そしてプレミアムスターホワイトパールのホンダS660ボディコーティング完成しました!

いかがでしょうか。 透明感と艶は新車以上だと思います(^_-)-☆

曇りを除去するとクリヤーさが増し、透明感あるホワイトになります。言葉ですと上手く伝わりませんが

実際に見て頂くと違いがわかって頂けると思います。  上手く言えませんが綺麗な白になります(笑)

オーナー様も『うわぁ~すげ~ピカピカ!』と言って頂けたので間違いありません(笑)

皆様も是非ご自分の目で見て確かめてみて下さい(^^)/  お待ちしております!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。