レガシィB4ブリッツェンのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル レガシィB4ブリッツェンのボディコーティングです!

H18年式のレガシィB4ブリッツェンです!

ブリッツェンと言えばこのプレミアムレッドのイメージが強いです!

まさにプレミアムなレッドでとても発色のいい明るい赤で街中で見掛けても、

つい目がいってしまうほど目立ちます!

と言いましても最近ではブリッツェンを街中で見掛ける事も少なくなってきました(涙)

そんな鮮やかなプレミアムレッドですが12年も経過していますので、さすがにスクラッチが多く

時間の経過を感じさせるのもまた事実でございます。

しかし まぁ 劣化していてもこの鮮やかさですけど(笑)   凄いです(*^_^*)

では現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

写真に撮ってしまうとキズの凄さがいまいち伝わりませんね(^^;)

結構凄いんです(汗) スクラッチは多いんですけどシミは少な目でした。

ルーフも・・・

キズキズなんです。しかしキズの凄さが伝わらないなぁ~(^_^;)

トランクは・・・

同じような痛み具合でした。

ボディサイドも・・・

こっちの写真の方がスクラッチの凄さが伝わりますね!

よかったよかった(笑)

ホイールも少し汚れ気味でした。 ご入庫時は雨でしたのでしょうがないです。

 

ご覧頂きました様に洗車キズと思われるスクラッチが盛大に付いています。

でも12年経過していますので、この位のキズの量は普通だと思います。これがパールホワイトや

シルバーなどでしたらここまで目立たないんですけど色的に余計目立ってしまいます(^^;)

これが黒い車でしたらもっと凄い事になっていたと思います。

12年の間に付いた洗車キズはそれだけ洗車してきた証拠でもあり、大切にされていた

証拠でもございます!

まだまだ輝きを放っているプレミアムレッドですが本当の鮮やかさはこんなものではござません!

もっともっと鮮やかなんです。その鮮やかを取り戻すべく早速作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

いつもは洗車後に鉄粉の付着確認をするのですが今回は行っていません。

何故かと言いますといつも使っているクリーナーが全ての塗装に使える訳ではないんです。

中には使ってはいけない塗装などございます。 怖いですね~(汗)

今回のプレミアムレッドはクリーナーを使用しても問題ないと思いますが、それ以外にも

塗装の状態など色々な事を総合的に判断して今回は使用しない事にしました。

もちろんクリーナーを使わないからと言って鉄粉除去が出来ない訳でもございません!

鉄粉除去の主役はこの・・・

ネンドです!  これさえあれば鉄粉を一網打尽!

さぁ鉄粉除去開始!

と思ったら鉄粉ではないものがイッパイ取れました(^^;) もちろん鉄粉も取れてますけど

この赤いのは塗装のミストだと思われます。

ボンネットやルーフなどの水平面に沢山付いていました(^▽^;)

予想外の獲物まで捕らえた後に今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。今回はスクラッチが凄いので出来る限りスクラッチを除去し

塗装面を綺麗にプレミアムレッド本来の発色と艶を出していきました。

その綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

PCX-S7でコーティング!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティングです!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深いキズは残っていますがサッパリとしました!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

トランクは・・・

こっちもいい感じです(^_^)/

キズキズだったボディサイドは・・・

これまた綺麗になりましたね!

ホイールも綺麗に!そしてタイヤも艶出しをおこないましたら・・・

スバル レガシィB4ブリッツェンのボディコーティングメンテナンス完成です!

元々発色のいい色でしたが更に輪を掛けて明るくそして艶やかに仕上がりました!

オーナー様も『うゎ~スゲ~スゲ~。 赤が増した~。大満足です!!』と少し興奮気味に

お喜びになられておりました(*^^*)

いゃ~そんなに喜んで頂けると頑張った甲斐があります!  ありがとうございます!!

ブリッツェンも少なくなってきましたので、是非とも何時までも大切に末永くお乗りください。

 

今回のブリッツェンは2代目のブリッツェンです。実はオーナー様は以前に初代のブリッツェンに

お乗りになっていたそうです。そしてまたブリッツェンに乗りたくてお探しになっていられたそうです。

そして今回状態のいいブリッツェンに巡り会い購入にいたったそうです。

元々生産台数も少なく販売から時間も経ってますので見掛ける機会も無くなって淋しい限りです。

ただ走ってると目立ちます(笑) 本当に鮮やかな赤ですので見掛けるとつい目が奪われちゃいますヽ(^o^)丿

皆様も運転中に目が奪われないようにお気を付けください(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

三菱デリカD5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱デリカD5のボディコーティングです!

前回のブログで予告いたしましたミニバンで車高が高くて磨きが大変そうな4輪駆動のお車です(笑)

ミニバンで四駆と言えばコレですよね!!  ↑のヒントで直ぐに判りましたか??

車マニアの皆様の事ですから間違いなく正解した事と思います!

次回はもっと難しいクイズにします(笑)

話はそれましたが、こちらはH26年式ダイヤモンドブラックマイカのデリカD5です!

ご購入から4年程の状態は如何に!! 早速現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

ブラックという事もあってどうしてもシミが目立ってしまいます。

しかしご購入から4年、その間にコーティングのメンテナンスなども行っていたという事もあり

シミは少し少な目ではないかと思います。

ただクスミが進んでいて透明感が感じられません(^^;

↑はルーフです。ルーフもシミが多いですね(汗)

ミニバンのルーフは雨水が残りやすいのでシミが多く付きます。特に黒いお車は・・・(>_<)

ボディサイドです↓

ボディサイドは洗車キズやら線キズやら色々なキズが付いていました(^▽^;)

リアピラーは・・・

細かなシミが多く、しかもだいぶクスんでいました。

ちなみにこのダイヤモンドブラックマイカ、名前の通りマイカが入っているんですけど

マイカ感が全く感じられません。 言われなければソリッドのブラックかと思います(^^;)

って言いますか、そう思いました(笑)

↑はリアゲートです。こちらもシミ&スクラッチ、そしてクスミの3点セットでした。

ホイールも汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話いたしましたがご購入から4年の歳月そしてブラックと考えますとお綺麗な方では

ないかと思います。ルーフはシミシミですけど(^^;) ボンネットは少な目です(笑)

それとやはりクスミが結構進んでいて透明感も感じませんしマイカらしいキラキラも感じられなくなって

おります。黒などのダークカラーの車は白やシルバーなどのライトカラーの車に比べるとどうしても

痛みが進むのが早いです。 でも諦める事はございません!

磨けばキラッ!っと輝きます!!

あの頃の輝きを求めて作業開始~!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介です。

↓は現状です。

撥水力は落ちていましたが撥水剤が効いているようです。

その弱まった撥水剤を除去していきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤で撥水処理して最後に

コーティング剤の塗り残しが無いか撥水確認をします。

そして水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が反応いたしますが、今回も黒いお車と言う事で・・・

写真だと反応が確認しにくいですね(^^;)

実車だとよく見ると確認できるんですけど見た目的にも、そして触った感じ的にも

少な目です。

ネンドを掛けても・・・

ネンド掛け前↑  これが・・・

ネンド掛け後↓  こんな感じです。

鉄粉が多いとネンドが茶色くなるんですけど、あまり茶色くなっていませんね!

ネンドは鉄粉以外にも塗装のミストやピッチ&タールなども除去できる優れものです(笑)

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。

今回はシミが多く(特にルーフ)クスミも進んでいますので少しハードな磨きで

仕上げていきました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

よく水玉撥水は雨ジミが付きやすいと言われています。 特にダークカラーはその傾向が

強いと言われています。

確かにそうだと思います。 でもこれも難しいところで結局はお車の保管状況や使用状況、

そしてお手入れ方法などによって左右されることが多いと思います。

水玉撥水は走っていると雨水が流れていき意外とボディに残らない事も多いんです。

撥水がいいのか?低撥水がいいのか?それとも親水がいいのか?オーナー様のお好みもございますし・・・

コーティング剤選びは難しいですね(^_^;)

そして今回のオーナー様は水玉撥水です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしました!  クスミも無くなって透明感が出ましたね(*^^*)

ルーフも深いシミは残っていますがだいぶ綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

色々なキズもサッパリとしました!

リアゲートは・・・

シミもクスミも綺麗になりましたよ~。 白っぽく点々と見えるのはゴミではなくてマイカです。

ブラックマイカらしくキラキラとマイカが輝いているのが確認できるようになりましたヽ(^o^)丿

もうソリッドブラックとは言わせません(笑)

リアゲートも同じくクリヤー感を取り戻しました。

ホイールもシルバーに輝いていますよ!!

そしてダイヤモンドブラックマイカのデリカD5、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!  キズやシミ・クスミで白っぽかったデリカD5が再び

ギュっと引き締まって凝縮感を感じるボディに返り咲きました(笑)

黒光りしていると迫力も増します(*’▽’)

オーナー様も『スゲ~綺麗じゃないっすか!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

 

唯一無二のオフロードミニバンと言っていいデリカD5、確かに世界中探してもここまで本格的に

オフロード走れるミニバンは他にはないと思います! 動画を検索するとオフロードを走っている

デリカD5がいっぱい出てきますので是非ともご視聴ください!

結構ビックリするような所も走っちゃっていますから(;”∀”)

そのデリカD5も発売されてから11年程経過しているのですが今でも根強い人気を誇っています!

そしてそのデリカD5もいよいよモデルチェンジするそうですね!

早ければ年内って話だったようですが最新の情報では(ネット情報です(笑))来年2月に伸びた

との噂も聞こえてきます。  どちらにしてもそう遠くない時期にモデルチェンジすると思います。

実は結構楽しみにしているのは私だけではないはずです(笑)

早く見てみた~い!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ランクルプラドのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです!

ソリッドブラックのランクルプラドです!こちらのプラドは納車から1ヶ月程の新車になります。

シミやキズが付きやすい非常にデリケートなソリッドブラックです。納車から1ヶ月程

経過してしまいました現状が何となく想像できますが(^^;早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが付き始めておりました(汗)

ルーフは・・・

白っぽく点々と無数に見えるのは保護シートの粘着物でしょうか? ルーフの広範囲に付いていました。

ボディサイドは・・・

軽めの洗車キズが確認できます。

しかし反対側のドアには・・・

かなり深めのキズが入っていました(>_<)

オーナー様も“磨きで落ちます??”とご心配でしたが正直ちょっとキビシイ感じです(大汗)

それとリアピラーには・・・

既に沢山のシミが付いています。流石ソリッドブラックです。短期間でも情け容赦なくシミが

付きます(^^;

ホイールは既に社外品に交換済み! 納車して直ぐに交換されたそうです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。

 

ご覧頂きました様に納車からまだ1ヶ月程ですがシミが既に付き始めています。それと洗車キズも

所々に入り始めていました。そしてルーフの糊残りかと思うんですけど白っぽい点々が

付いています。 新車は糊残りが付いているお車が実は非常に多いんです。特にルーフの高い

ミニバンやSUVに多い気がしているんですが、コレはルーフが高くて作業がしにくいからなのか?

はたまたルーフが高くて気が付かないからこれ位でいいゃ!なのかはわかりませんが

とにかく背の高い車は糊残りが多い気がします(ーー;)

まぁ私がブチブチ言っていてもしょうがないので(笑)早速新車以上の姿に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車をしてから鉄粉除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

黒い車だと何だかわかりませんね。特に写真だと(^^;) 実車だとよ~く見ると確認できるんですよ(笑)

今回は新車と言う事もあって少なかったです。

少ないので軽めの除去作業をしました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですが通常の新車磨きでは除去できそうにないシミやキズもありますので

新車磨き以上の磨きで仕上げています!

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回は新たに導入を予定しているコーティング剤を

使用致しました。

今回当店初使用です(^_^)/

何を使ったかはヒ・ミ・ツ♥  撥水の仕方は低撥水に近い感じです。

こちらのコーティング剤も近々導入予定ですのでご興味ある方はお問い合わせください!

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。

ボディサイドの洗車キズもサッパリしましたが・・・

反対側のドアのキズは・・・

やはり完全には消せませんでした(・´з`・) 写真に写りやすいようにライトを当てていますので

白く線が入っていますが実際は写真程は目立ちません。

オーナー様も『いゃ全然大丈夫です!』とお喜びになられておりました!  良かった~(*^^*)

リアピラーのシミも綺麗になりました。

ホイールもコーティングして光沢UP!!

そしてブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、ボディコーティング完成です!

ピカピカに仕上がりました!

新しく使用したコーティング剤もクリヤーで綺麗な艶を出しています(´▽`*)

オーナー様も『スゲ~。スゲ~綺麗!!』!!『やっぱり違うな~』と、

とてもお喜びになられておりおりました!

そうです!そうなんです!!やっぱり新車も磨いてコーティングすると違うんです!!

ただコーティング剤を塗るだけではダメなんです。しっかりと下地を作るから

いい艶が出るってものです(^_^)/

ですので新車コーティングは新車も磨いている当店で是非どうぞ~!!

 

現行型150系のプラドが登場したのは2009年ですから、もう9年も経つんですね!

その間に2回程顔が変わっていますので3つの顔があるという事になります。

今回のプラドが最新の顔ですが、なかなかスマートでイケメンです。この前の型の顔は

少し“アク”が強く好みの分かれる顔でした。最初期モデルは今見ると、おとなしい雰囲気で

優しい顔ですね! どの顔も良さがあり各モデル人気があってプラドに憧れている方も多いです。

何を隠そう私もその内の一人でもあります(笑)

やっぱり一度くらいは大型の本格四駆を乗ってみたいものです(´▽`*)

そうそう。大型と言えば次回も大きくて黒いお車のご紹介です!

車種は・・・ミニバンで車高が高くて磨きが大変そうな4輪駆動のお車です(笑)

何かわかりました??  ミニバンで四駆と言えばアレですよ!!

そう!それです! 正解は・・・次回をお楽しみに~(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

VWザ・ビートルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWザ・ビートルのボディコーティングです!

納車間もない新車のVWザ・ビートルです!

ピュアホワイトと言う、とても綺麗で清潔感あるピュアなホワイトです。

早速ですが現状の確認を行っていきましょう!

まずはボンネットです↓

よく見ると雨ジミが多少ございますが曇りもなくお綺麗です。

ルーフも・・・

綺麗です! VWは曇りも少なくて綺麗な塗装肌な車が多い印象です。

しかし・・・

ボディサイドは少し汚れています。汚れはしょうがないんですけど、ドア下から垂れてくる

グリスが少し厄介なんです。固まってしまうと通常のシャンプ-洗車では簡単に落ちない事が

多いんで(^^;)

ボディサイドです↑ こちらも綺麗ですが若干曇っている感じもします。  若干です(^^;

リアゲートも・・・

同じく若干曇っている感じもします。若干です(笑)

ホイールも少し汚れていました。

 

全体的に雨に降られているので少し汚れていますけど塗装肌自体はとてもお綺麗です!

新車だからあたり前“と思われがちですが、そのあたり前のような事があたり前では

無いのが新車なんです(>_<)

こちらのザ・ビートルはお綺麗でしたが、塗装面が曇っていたり加修の痕跡が残っていたり・・・

実は色々とございます。 その不具合箇所を処理してコーティングをするのが

当店の新車コーティングです!

そしてお綺麗な新車を新車以上にするのも当店の新車コーティングです!

では新車コーティング開始していきましょう(^_^)/

作業開始~!!

 

ウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

ウインドウコーティングと言いますとフロントウインドウを真っ先にイメージしますが、

今回はフロントではなくてサイドウインドウのご依頼です!

と言う事で↓は現状です。

なんとなく撥水しているようにも感じますが、コレは撥水剤による弾きではなくて

油分による水弾きだと思います(^_^;)

その油分などをスッキリと落としていきます。

綺麗になったガラスは水を掛けると全く弾かずにガラス面に馴染みます(親水状態)

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちの良いコロコロ撥水の出来上がりです(^_^)/

 

お次はボディの番です!

まずは洗車です。その後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

↑はボンネットです。 とても少ないですね(*^^*)

リアは・・・

フロントに比べると多めでした。

何故でしょう??  もしかしたら輸送中に貼ってある保護シートがリアには貼られていないのかな??

ちょっとボンネットやルーフに対してリアの鉄粉が多かったです

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットは元々少なかったんですけど(笑)さらにスッキリとしました。

リアは・・・

こちらも綺麗になりましたよ~!

その後にマスキングをします。

今回は新車で、また塗装面の曇りも少なかったので基本的にはごく軽い磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなりスッキリとしました。

ルーフも綺麗です。 元々お綺麗でしたけど(^^;)

グリスの垂れた後も綺麗になりました・・・けど、たぶん雨が降ると雨と一緒に流れ出てくると

思います(・´з`・)  雨の後、早めにシャンプ-洗車をすればグリス汚れも落ちると思いますが、

時間が経ってからですとグリスが固まってしまってシャンプ-洗車程度では落ちない事が多いです。

その時はクリーナーを使って優しく拭いてください。

ボディサイドも・・・

クリヤーです!

リアゲートも・・・

よりクリヤーでスッキリとしました。

ホイールも艶々に仕上げましたら・・・

VWザ・ビートルのボディコーティング完成です!

キリッとした佇まいです!

より白くそして艶やかに仕上がっております(*’▽’)

オーナー様もとてもお喜びになられており写真を沢山お撮りになられておりました!!

ありがとうございました。

 

先月、VWが2019年7月でザ・ビートルの生産を終了すると発表しました。

ザ・ビートルは2011年に発表され日本では2012年より販売が開始されました。まだまだ新しい

モデルかと思っていたんですが既に6年以上経っていたんですね(^^;

でも今見ても全然デザインも古い感じもなくてモダンでいてスポーティなデザインだと思います。

オーナー様もこのデザインがお気に入りだそうで買えなくなる前にご購入に踏み切ったそうです!

先代のニュービートルとパッと見は似ていますが、見れば見るほど違うんです(笑)

ニュービートルは全体的にもっと丸みがあり柔らかく女性的な雰囲気ですがザ・ビートルは

丸さの中にもシャープさがあって、しかもスポーティな雰囲気で男性的なデザインです。

実際ニュービートルは女性に人気が有り、ザ・ビートルは男性に人気があるそうです。

今回のオーナー様もニュービートルじゃなくてザ・ビートルなんだそうです(*^^*)

似てるけど違うんです!!  似ていればいいってもんじゃないんですよね!

わかります、わかります!!

例えば・・・

近藤春菜と角野卓造。似ているけど全然違いますよね!?または「ウッチャンナンチャン」の

ウッチャンと宮川一朗太。この二人もよく似てるけど全然違います! 

そういう事です!!            

 

どういう事??(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アクセラ セダンご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ アクセラのボディコーティングです!

H28年式チタニウムフラッシュマイカのアクセラ セダンです!

オーナー様拘りのカスタマイズが施されているこちらのアクセラですが

スクラッチやシミもとても少なくて非常にお手入れが行き届いています!

今回のオーナー様のご依頼はもう少し綺麗にしたいけど磨きを入れての本格的なコーティングを

する程でもないかな。との事でしたので今回は簡易タイプのコーティングをする事に致しました。

 

今回はビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

とてもお綺麗と言っていてなんですが・・・

この日は少し汚れ気味です(^^;)

雨による汚れで塗装面に付いているシミは少ないんです。

アフターです↓

シミが少ないでしょう!?  今回簡易コーティングという事で磨きは入れてないので

基本的に塗装面に付いているシミは残ってしまうのですが、元々少ないのでアフターもとても

お綺麗です!

 

ルーフも・・・

ビフォーです↑ ボンネット同様少し汚れ気味です。

そしてafterです↓

こちらもシミが少なくてスッキリと仕上がりました!

ボディサイドのビフォーです↓

雨で汚れてしまっていますがボディサイドもスクラッチが少なかったです。

アフターです↓

なんの問題も無くお綺麗です(笑)

ホイールは・・・

こちらも若干汚れ気味です。

アフターです↓

あまり違いが分からないですね・・・(;´∀`)

ちなみに元々はアルミホイールなんだそうですが、鉄チンホイールに履き替えたそうです。

拘りです!!

そしてチタニウムフラッシュマイカのアクセラ セダンの簡易コーティング完成いたしました!

今回は磨きの無い簡易コーティングでございますが、元々スクラッチもシミも少ないので

簡易的なコーティングでもいい艶に仕上がっております!

当店の通常メニューには無い簡易コーティングですけど、車を綺麗にしたいけど

本格的なコーティングをするのもなぁ~。というご相談を頂いた時にご提案していたメニューです。

この簡易コーティングですが間もなく当店の通常メニューに導入予定になっています。

あくまでもポリッシング無しの簡易的なコーティングですので『塗装面がとても綺麗なお車』や

『あと1年くらいで乗り換える予定なんだけど、でも汚れたまま1年乗るのは嫌だなぁ』

はたまた『デートの前に綺麗にしたい』等々、とりあえず現状より綺麗にしたい!という方向けの

メニューになります。

簡易コーティングの導入が決まりましたらお知らせいたしますので、もう少々お待ちください!

 

話は変わりまして少し前の話ですが都内のホテルで行われましたYANASEのイベントで

展示車両施工に行って来ました。

夜中の3時に集合という事で・・・

夜中12時41分に出発! 少し早いんですけど何が起こるかわからないのが東京都内なので(笑)

早めの出発です!

目的地は・・・

東京タワーの次ぐ近く!

何時になってもやっぱり東京タワーはカッコイイ(笑)

リアガラスに美しく映り込んだ東京タワーだったんですけど・・・写真の画像が粗いし(^^;)

そして作業スタート!朝の9時までに44台を5人のPROで仕上げます!

今回は磨きなしの展示仕上げですが44台を5人はなかなか厳しいです(;´∀`)

ベンツや・・・

ベンツ!そして・・・

ベンツ!

メルセデスコーナーが終了したら今度は・・・

GMです!

もうコルベットなんか天井からの無数の照明で・・・

何が何だかわからない程テッカテカです(*‘∀‘)

その後はBMWからの・・・

アウディ・・・

そしてVWです!

なんとかギリギリ9時までに全て無事終了しました!

他の車の写真も撮りたかったんですけど、なんせギリギリでしたので(笑)

普段はお店に一人引きこもって作業していますので、たまにこの様なイベント施工に行くと

とても新鮮です!

でも首都高は何度走っても慣れませんね(笑) 田舎者の私には怖すぎです(^▽^;)

ず~っと下道で行こうかと思っていたんですけどナビの言うがままに走っていったらいつの間にやら

首都高の入り口でした(笑) 恐るべしナビ! そして首都高!!

夜中でも怖かったです(≧▽≦)

 

そして最後はアクセラのフォトギャラリーでお別れです! ではまた次回お会いいたしましょう(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

デザートカーキのスバルXVご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

H24年式デザートカーキのスバルXVです!

この型の最初期モデルは早いもので登場から6年も経つんですね。早いな~。

つい最近のような気がします(笑)

つい最近のような気はしますが確実に6年経過していますのでお車の痛みも6年分蓄積しています(^^;)

その6年分の痛みを早速ご紹介していきましょう

まずはボンネットからです。

シミが凄いッス!確かにオーナー様もシミが凄くてとは、お話になられていましたが

本当に凄かったです(^^;)

ルーフも・・・

シミだらけですね。

ボンネットやルーフはスクラッチが意外と少なめなんですが・・・

ボディサイドは結構ハードにキズが付いています。

しかしリアゲートは更に凄くて・・・

大変な事になっていました。

これはオーナー様が“XV”のエンブレムを取り外しその後に磨いたら、こうなってしまったそうです(^^;)

確かにXVの文字の名残が確認できます。

ホイールも汚れ気味でした。

 

ご覧くださいました様にとにかくシミが凄いです。そしてボディサイドはスクラッチも凄いです(;´∀`)

6年経過していますのでシミの付着はしょうがないんですね。このシミやスクラッチがボディから

艶や透明感を奪ってしまい、お車全体の印象の低下につながります。

特に私のエクシ-ガもそうですがスバルは塗装が柔らかいせいかシミやスクラッチが付きやすい傾向

ですので尚更です(^_^;)

でも諦める事はございません!まだまだ磨けば綺麗になりますよ~

ではXVのリフレッシュを始めていきましょう!作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

鉄粉も多いのね~(^^;) まぁ6年ですから大体こんな感じです(笑)

リアも・・・

なかなかです(笑)  でもボンネットが多い割にはリアは少し少ない感じです。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします。

だいぶ綺麗になりましたよ~(^_^)v

触った感触もザラザラからスルッに変わります!!

リアも・・・

スルッとなりました!

そして今度はマスキング作業に進み・・・

磨きの準備ができました。

今回はハードに磨きたいところではございますが、ミディアムポリッシングでのご依頼ですので

深めのキズは残ってしまいましたが、シミもスクラッチもだいぶスッキリと除去出来ました。

そのスッキリとしました塗装面には今回はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい

当店の人気コーティング剤PCX-S8でコーティングです!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

深いキズは残っていますがシミはだいぶスッキリとしクリヤーになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました(*’▽’)

キズキズだったボディサイドも・・・

いい感じに仕上がっていますよ!

そして更にキズキズだったリアゲートも・・・

潤いを感じます!

コンパウンド磨きは正しく行わないと塗装がキズキズになりますのでご注意ください。

でも相当酷い深いキズでない限りリカバリーは可能ですので既にキズキズになって困って

いられたら諦めずにご相談ください!

最後にタイヤとホイールの艶出しを行ないましたら・・・

デザートカーキのスバルXVボディコーティング完了です!

シミやクスミが無くなって透明感を感じて頂けるデザートカーキに仕上がりました!

6年の歳月はマメにお手入れされていてもどうしても痛みが進んでしまっている

状態だと思います。特に屋外駐車ですと厳しいです。

でも全然諦める事はございません! 今回のXVのように磨けば光ります!!

輝きを取り戻したXVとご対面したオーナー様もお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

オーナー様はこのXVでラフロードなども走られるそうです!いいですね~(*’▽’)

最近人気のSUVは実は車高(地上最低高)が低い車も多いんです。特にスタイリッシュなエアロなど

付けていると結構低いんです(;´∀`)

でもスバルXVの地上最低高は200mmを誇ります!!輸出仕様は220mmなんですけどね~(^^;)

オーナー様もお話していましたけど日本仕様も220mmにして欲しかったなぁ~と!

私もそう思います。たった2cmなんですけど、されど2cmなんですよね!

この2㎝がラフロードやスノーロードでは威力を発揮する時があるんです。

私のエクシ-ガも“あの時”あと2cm車高が高かったらスタックしないで済んだんだろうなぁ~(^▽^;)

“あの時”の様子はこちらです(笑) → あの時

皆様も無理しないで楽しんでくださいね!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産エルグランドのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エルグランドのボディコーティングです!

こちらのブリリアントホワイトパールのエルグランドは納車から約10日の新車です!

エルグランドは実は当店初入庫だっていうのは内緒です。  全然内緒でもなんでもないですけど( ̄▽ ̄)

アルファードなどに比べると背が低いので、外で見るとそれ程大きく感じないんですけど

お店に入れるとやっぱり大きいですね(;´∀`) それもそのはず全高以外はエルグランドの方が

若干大きいようです。  大きい訳だ(笑)

そんな新車エルグランドの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真で見るとあまり気になりませんが若干曇っていました。よく見ると雨ジミも付いているようです。

ルーフは・・・

ボンネットと同じ感じで少し曇り気味です。 それと↑の写真のライトの右下に見えるのが

保護シートの糊残りです。数ヶ所に確認できました。

ボディサイドも少し曇っていてライトがボヤッと見えます。

リアゲート同じくボヤッとしています。

ホイールもブレーキダストで少々汚れ気味でした。

 

全体的に少々塗装面が曇り気味です。新車でもこの程度の曇りはよくある事なんですけど、

よくあるからってしょうがないで諦めてはいけません(笑) 新車でも磨けば更に美しくなります!

曇りを除去すると光沢や透明感が出て新車より綺麗な新車になります(^_^)/

今回の新車も新車以上に仕上げていきますよ~。

ではでは作業開始~!!

 

ボディコーティングの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

結構油膜が付いていて油ギッシュですね(^^;)

油ギッシュなガラスを磨いて油膜を除去していきます。

油も無くなって水を弾きません。 これがガラスの素の状態です。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして・・・

撥水処理完成です!

 

そしてお次はボディの番です。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をおこなっていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットは少なかったんですけどフェンダーは結構付いています。

そしてルーフも少なかったんですけど・・・

リアゲート上部も多いですね(;´∀`)

新車なのに何故こんなに??  それは・・・ボンネットやルーフに鉄粉が少ないって事がヒントに

なります。

答えはWEBで!!

 

WEBでしたね(;´∀`)

後でオーナー様に伺いましたらこちらのエルグランドは長期在庫車だったそうです。

長期在庫車は在庫場所(モータープール)の場所によりますが鉄粉が多く発生する場所でしたら

そこに置いている車も鉄粉が多く付きます(涙)

たぶんそのような場所に保管してあったのでしょう。(あくまでも予測です)

では何故ボンネットやルーフには鉄粉が少なかったかと言いますと・・・

答えはCMの後で!!  しつこい!!

それは保護シートが張り付けてあるからなんです。 保護シートが張り付けてあるボンネットやルーフは

当然鉄粉が付きません。しかし保護されてない所はやっぱり鉄粉が付いてしまうんです(*´з`)

凄いぜ保護シート!!

まぁその保護シートの糊残りがルーフに付いてはいますけど・・・凄いぜ保護シート!!

話がそれましたが鉄粉処理をして再度クリーナーを吹き掛けて再チェックです↓

綺麗になりましたよ~ん。

リアゲートもスッキリとしました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車で基本的にはお綺麗ですので軽めの磨きで塗装表面の曇りを除去してスッキリと

仕上げていきました。

そしてコーティング剤の登場です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

当店の人気者、PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなって艶やかです。

ルーフも糊残り無く綺麗ですね!

ボディサイドもライトがスッキリと映り込むようになりましたね。

リアゲートも綺麗です。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでキッチリとコーティングしました!

やっぱり光沢も上がって綺麗になります(^_^)/

そしてブリリアントホワイトパールの日産エルグランド新車コーティング完成です!

クリヤーで艶やかなブリリアントなホワイトパールに仕上がりました~!(^^)!

新車も磨くと更に艶が出て透明感も増します!

仕上がったエルグランドとご対面いたしましたオーナー様もとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

新車と言いましても状態は様々です。

工場を出て直ぐにお客様の手元に届くお車もあれば長期在庫として置いてあった車も

新車としてお客様に届きます。

今回のお客様は長期在庫車とわかっていてご購入されたので問題ありませんが、中には何もお客様に

伝えない場合もあるようです(^^;) 長期在庫車と聞くと何故か良い印象をお持ちになられない方も

多いようですが全然そんなことはございません。 確かに今回のように鉄粉が多く付いていたり

シミが付いていたりする車もありますが、長期在庫車とわかっていてご購入されればむしろいい事も

ございます。 それは・・・値・引・き♥

今回のオーナー様もちょっとビックリするほど値引いてくれたそうです。

値引き額を聞いた私もビックリです(;’∀’)

これなら値引き額分でコーティングすれば新車より綺麗になるんですから問題ないどころか

ウハウハです(笑)

いやいやその値引き額なら、あと数回はコーティングできますので・・・

 

またのお越しをお待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

3代目 ワゴンRにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです!

H17年式のスズキ ワゴンRです!ワゴンRとしては3代目のモデルにあたります。

新車でご購入されて以来早13年!毎日の通勤の相棒として頑張って走っているそうです!

乗り換えも考えた事もあったそうですが13年も乗っているとやっぱり愛着があり、お乗りになっている

との事でした。

しかし13年の月日は確実にお車にダメージを与えます。オーナー様はマメにお手入れされているそうですが

水アカやシミ・キズが凄くてさすがに手におえなくなったと当店にご来店くださいました。

では早速ですが現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

キズが凄いんです(^_^;)  写真でもキズが確認できますが実際はこの写真より2.5倍は

凄い感じです(笑)

しかも一目で深いなぁ~とわかるほどでした(汗)

ルーフも・・・

凄いんです。 写真だと凄さが伝わってきません(^^;)

更にボディサイドも・・・

キズキズなんですけどパールホワイトという事もあって写真だと伝わりませんね(^▽^;)

リアゲート実は凄いんです。

ホイールもよく見て頂くとキズが凄いのが確認できると思います。

ホイールがこんなにキズキズってなかなか見たことないです。ってくらい凄いです(^^;)

 

ご覧いただきました様にとにかくキズが凄いんです。ボディの隅々まで、まんべんなくキズが入っています。

しかもかなり深いです。クリヤー層を貫通してその下のカラー層まで達しているようです。

これは厳しいです。 よく観察すると塗装自体が所々薄くなっているようで磨き込むことも

難しい感じです。

困った。非常に困った(^_^;)

でも困ってばかりでは先に進みません!

出来る限りの事を考え、それを実行していきましょう!!

作業開始!!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

鉄粉が多いですね。 13年間頑張ってくれた証拠です(^^)/

リアは・・・

フロントに比べるとやや少ない感じでした。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

だいぶ綺麗になりましたね!

リアもスッキリ~!

そしてマスキングをしてみがいていきます。

そして問題の磨きです。  キズは凄い。しかし塗装の薄さも感じます(汗)

特にボディの側面が薄っ!って感じです(;´∀`)

キズが深いのでなるべく多く研磨したいのですが研磨量が多ければ多い程塗装が薄くなるわけで・・・

最悪の場合塗装が無くなり下地が出てしまう事も考えられます。

ですのでとにかく注意しながら、そしてキズの除去量を観察しながら磨いていきました。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

ではお待たせしました(笑)各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

だいぶスッキリとしたでしょ??  でもよく見て頂くと深いキズが残っています。

施工前に比べると7割くらいキズが減ったかな??

ルーフは・・・

施工前に比べるとサッパリとしたんですがシミが・・・

そのシミですが通常の雨によるシミではないようです。シミが陥没しているといいますか?

陥没していてシミに見えると言いますか??ちょっと今まで見たことのない感じです。

原因は正直わかりませんが何か必ずあるはずです。しかしそれが何なのかな・・・(+_+) わかりません。

そしてボディサイドですがこちらもよく見ると深いキズがだいぶ残っていますがクスミも、

そしてスクラッチも少なくなったので、だいぶスッキリとライトが映り込むようになりました。

しかし所々に・・・

わかりますか?? 黒っぽい線が縦横無尽に走っています。 残念ながらこれ以上はどうする事も

出来ませんでした。

リアもサッパリとしましたが所々に先ほどと同じ様に黒っぽい線達が縦横無尽に走りまわっています(>_<)

ホイールも線キズはどうしようもございませんがスッキリと綺麗になりました。

そしてスズキ ワゴンRのボディコーティング完成です!

いかがでございましょうか。

今回はキズが深くて正直取り切れませんでした。おそらくクリヤー層を貫通しているので

どんなに磨いてもキズの除去は不可能と判断いたしました。ですのでキズの除去より現状が

如何に綺麗に感じて頂けるかを考えて仕上げていきました。

キズは残っておりますが艶感を感じて頂ける仕上がりになったと思います。

オーナー様も『綺麗 これだけ綺麗になれば十分です!』『これでまた暫く乗れる!』と

お喜び頂けました!   よかった~(笑)

愛車は長く乗れば乗るほど愛着が湧くものです!13年間、毎日の様に一緒に通勤していた

良き相棒ですから乗り換えは淋しいですよね。 でもリフレッシュも済んだ事ですし、

これからはもっ~と、そして気持ち良~く通勤に活躍してくれることでしょう!

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のキズの原因ですが、オーナー様に伺ったところ・・・濡れたタオルで拭くだけの

拭き上げ洗車をされていたとの事でした。 それも結構マメに(^▽^;)

納得です(笑) 隅々までキズが入っている訳です。  最初はGSの洗車機かなと思ったんですけど

ホントに隅々までキズが入っていたので、たぶん拭き上げかな?とは思っていたんですけど(^^;)

洗車場所の問題で意外と拭き上げ洗車をされている方多いんです。でもお勧めいたしません。

やはり今回見て頂いたように、もの凄くキズが入ります。それも深くダメージが及びます。

磨きではリカバリーできない程キズが深く入りますのでお気を付けください!!

度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の

動画がございますので、参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ソアラのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ソアラのボディコーティングです!

H13年式のトヨタ ソアラです!

4代目ソアラの登場がH13年ですので最初期のモデルになります。H13年と言えば今からもう17年も

前のお車になるんですね! しかしとてもお綺麗です(*^^*)

とてもとても17年も経過しているとは思えない程のコンディションです!

一時期乗らないで保管している期間もあったそうですが、少し前から復活させてお乗りになられている

との事です。

今回はボディのリフレッシュを兼ねてのボディコーティングのご依頼です。

では現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズと思われるスクラッチが確認できますがシミやクスミはとても少ないです。

ルーフも・・・

スクラッチやシミなど確認できますが年式を考えますと少ないですね(*‘∀‘)

トランクです↑ 所々に深めのスクラッチが見受けられます。

ボディサイドはクスミが進行しているようでライトの映り込みがボヤッとしていました。

ホイールもとてもお綺麗で申し分ござませんでした(^o^)

 

ご覧頂きましたように登録から17年も経過しているとは思えない程お綺麗です!

なんでこんなにシミも少なくクスミも酷くないのかと思ってオーナー様に伺いましたところ・・・

ご自分で何度か磨いているとの事でした!  なーるほど!! お綺麗な訳です(^_-)

ご自分で磨きなんて、なかなか出来る事ではございません。

流石です! もうマニアの世界です(笑)   こちらの世界へようこそ!!

なんて言っている場合じゃございませんね! プロらしく仕上げないと・・・プレッシャーを押しのけて

作業開始です!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ちょっと見えにくくてすいません。 黒く点々としているのがクリーナーに反応している鉄粉です。

見えにくいんですけど結構多かったです。

トランクも・・・

見えにくいんですけどだいぶ多かったです。 まぁ17年経過していますのでしょうがないですね

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックします。

シュシュッ!

だいぶ綺麗になりましたね!

トランクもサッパリとしました。

そして今度はマスキングをします。

しました。

マスキングはコンパウンドの粉の侵入の防止や磨きたくない所の保護などの為に行います。

そして磨いていきます。今回の磨きはオーナー様のご希望もございましてあまりハードには

磨いていません。この先も大事に、そして長くお乗りになるご予定で、その間も定期的にコーティングを

お考えとの事です。という事で今回は塗装の研磨量を減らしたいので無理に深めのキズを消すような磨きは

おこなっていません。

磨きが終わりましたらいよいよコーティングです。

今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

人気の水玉撥水です!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

深めのキズやシミは残っていますがだいぶ綺麗になりました。

トランクも艶やかですね(^^)/

ボディサイドのクスミも綺麗になってライトもクッキリと映ってます。

ホイールもお綺麗でしたけどちゃんと洗って艶出しもしています(^^)

そしてトヨタ ソアラのボディコーティング完成いたしました!!

ツヤッツヤに仕上がりました!

元々この型のソアラ(レクサスSC)の塗装は高品質な塗装なのでスクラッチやクスミを除去して

塗装面を整えてあげると滑らかで艶やかな肌になります。

そこにコーティング剤で更に艶感UPです(^_-)-☆

もちろん見た目だけではなく機能性も兼ね備えています。

後日オーナー様から『汚れが付きにくくて洗車が楽です!』『いままで自分が使っていたワックスとは違うね~』

と嬉しいお言葉を頂きました!  ありがとうございます。

これからも大事にそして末永くソアラにお乗りください!!

 

 

今回ご紹介致しましたソアラですが細かな所まで手が入っているのですがパッと見た目が

ノーマルっぽく感じます。 バンパーなども社外品なんだそうですがとても自然で知らなければ

ノーマルだと思ってしまうくらいノーマルな雰囲気です。

それ以外にも大技、小技があちらこちらに散りばめられているのですが全体としてはとても自然で

ノーマルな感じです。 もちろんオーナー様はそこを狙ってカスタムをしているそうです(^^)/

流石です!   とてもカッコよく自然に仕上がっているトヨタ ソアラのご紹介でした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル エクシ-ガのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル エクシ-ガのボディコーティングです!

こちらのエクシ-ガはいつもお世話になっておりますエクシーガオーナーズクラブのメンバーの

方のお車です!

私のエクシーガと同じB型のエクシ-ガですがヘッドライトも違うしグリルも違うし・・・

もちろんバンパーは別物ですし(笑)  私のエクシ-ガより全然カッコイイです(*^^*)

こちらのオーナー様は箱根で行われるエクシ-ガ箱根ブチオフ2018に参加する前(2日前!)に

リフレッシュにお越しくださいました!

やっぱりオフ会は綺麗な姿で参加したいですよね(^_^)/~

という事で早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

結構シミシミです(^^;) 更にクスミも進んでいて透明感が損なわれています。

ルーフも・・・

シミとクスミが目立ちますね(^_^;)

ぼでぃさボディサイドは・・・

ボンネットなどの水平面程はシミが付いていません。

 

全体的に見ますとやはりシミが酷くクスミも進んでいます。屋外で見た時はシルバーという事もあって

パッと見た感じではそこまで酷く感じませんでしたが店内でライトを当てて見て見ると・・・

(^_^;)結構なシミシミでした(笑)

これはイカン!この状態でオフ会で皆様にお見せする訳にはイカン! せっかく多くの方に見ていただくの

ですから綺麗な姿で見て頂きましょう!

という事でリフレッシュ開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

鉄粉が少なかったです!

リアも少なかったです!

あとでオーナー様に伺ったら少し前にご自分でネンド掛けして鉄粉処理をしたそうです!

だから少なかったんですね(^_^)

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

綺麗になりましたよ~

リアも更にサッパリとしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

そして磨いていきます。

今回はシミが酷いんですけど軽めの磨き1回で仕上げています!

そしてコーティング剤も今回はポリマー系のコーティング剤でコーティングしました。

では各部の仕上り具合を見ていきましょう。

まずはボンネットです。

シミが酷かったんですけど1回の磨きでも結構綺麗になりました!(^^)!

よく見ればシミもスクラッチも残ってい居ます。

塗装の柔らかい車は1回でも結構綺麗になる事も多いです。もちろん全ての車が1回の

磨きで綺麗になるものではありませんし、塗装が柔らかいって事は逆にキズが付きやすいって事でも

ございます(^^;)

ルーフもだいぶ綺麗になりましたが、まだまだシミが残っていますね(^^;)

今回の磨きではこの位が限界です。

 

ボディサイドはクスミも無くなりライトが綺麗に映り込むようになりました!

そしてスバル エクシ-ガのリフレッシュ完成です!

いかがでございましょうか。

今回は通常のコーティングメニューとは違う内容で仕上げていきました!

ですので細かく見ていくとスクラッチも結構残っていますしシミも付いています。

しかし塗装表面に付いていた酸化被膜(クスミ)を除去したので透明感が出て光沢も向上しました。

シルバーも明るさが増して艶も十分に感じて頂ける仕上がり具合になりました(^_-)-☆

これで箱根ブチオフにも綺麗な姿で参加できる・・・はずだったんですけど。

帰りの途中で雨が・・・(>_<)

そのおかげで気持ちいい水玉撥水を体験できたそうです(笑)

 

毎年箱根で行われるエクシーガオーナーズクラブのオフ会ですが今年は9回目だったそうです。

正直、お世辞にも人気車とは言えないエクシ-ガですが(汗)今年も日本各地から80台位集合したようです。

多い年には100台位集合した年もあるらしく盛況を極めています(^_^)/~

もちろん集まってくるエクシ-ガはなかなかディープな改造を施している車も多く見ごたえ十分です。

エクシ-ガにお乗りでしたら是非参加してみて下さい!

ディープなエクシーガの世界が覗けますよ(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。