マツダRX-7(FD)のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダRX-7のボディコーティングです!

平成14年式イノセントブルーマイカのマツダRX-7です!

FDの最終型になります。最終型でも、もう17年前になるんですね(^^;)

こちらのお車は昨年ご購入されたそうで、塗装の痛みが激しかったので同じ色でオールペンされた

との事です。 昨年11月頃にオールペンされ、その後にコーティングのご相談があり、塗装が落ち着いた

年明け頃にコーティングの予定だったのですが色々とあったそうで(^^;) 今月ご入庫くださいました。

オールペンしてからまだ間もないのですが花粉のシーズンにご入庫となりましたので

早くも花粉の影響を・・・(^▽^;)

ではオールペンから約5ヶ月程経過致しましたRX-7の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

オールペン上がりと言う事で覚悟はしていましたが、やはり磨きキズ(バフ目)やオーロラマークが

広範囲に確認できます。

ルーフは・・・

分かりにくいかも知れませんがシミシミなんです。もちろん磨きキズも付いています(汗)

リアゲートも・・・

シミが目立ちますね(^^;)

ボディサイドも・・

磨きキズだらけでした。

ホイールは・・・

お綺麗です! よかった~(笑)

 

オールペンに限らずですけど再塗装した場合は今回のように磨きキズや光が当るとオーロラの

ようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できることが多いです。

これは再塗装後の磨きがしっかりと出来ていない証拠です。適正な機械やコンパウンドなどの

マッチングや照明、そして作業者のスキルなど要因は様々ですが要因はどうであれ、

ちゃんと磨けていない“事には違いありません(^_^;)

しかしこれは板金屋さんに限った話ではなくコーティング屋さんにも当てはまります(汗)

もちろん中には綺麗に磨いて仕上がっている板金屋さんもございます!

逆に綺麗に磨けていないコーティング屋さんもございます。  怖いですね~(^^;)

今回はこの磨きキズと花粉で出来たシミが多いのでちょっと大変そうですが張り切ってまいりましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の処理をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

見にくいですが少ないです!

鉄粉処理後も・・・

写真だとよくわかりませんね(汗) すいません。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

 

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとして、ボディの艶や光沢・質感がUPするプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちいい水玉撥水の・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズもスッキリと除去してスベスベになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしましたね!!

リアのシミも・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

大きなシミのように見えるのは天井の映り込みです(汗)

ボディサイドも・・

磨きキズが無くなってサッパリと艶々です。

ホイールは元々お綺麗でしたが更に艶やかです!

そしてイノセントブルーマイカのマツダRX-7、ボディコーティング完成いたしました!

綺麗になりましたよ~(^_-)-☆

写真だとあまり変わらないように見えるかもしれませんが(汗)実車の方は艶感が

全然違います。

お車を引き取りに来られたオーナー様もお店に入る前のガラス越しでも違いがお分かりいただけたようでした。

もちろん店内で見れば全然違います(笑)

『一目で違いがわかります。いや~嬉しい、すげ~綺麗』とオーナー様もビックリしておりました!

ありがとうございます!!

 

こちらのオーナー様は若い方で子供の時からRX-7が欲しかったそうです・・・子供の時ですか(^^;)

私はその時、もう既に大人でした(笑) 忘れもしません。だって大人の私も欲しかったんだもん(*´з`)

当時私はスカイライン(R32)タイプMかMR-2(SW11)か新型のRX-7を買おうか迷ったんです。

その時RX-7はまだ前のモデル(FC)だったんですが新型のRX-7が出るのを見てからどれにするか

決めようと思っていました。しかし・・・新型のRX-7が出て2つビックリしました。

一つ目のビックリは思っていた以上にカッコよくてビックリと、もう一つのビックリは・・・

値段が高くてビックリです(^^;)  FCより大幅に値段が上がってしまってこの時点でRX-7は夢と化しました(涙)

結局その時はスカイラインにしました。これはコレで非常に気に入っていました(*‘∀‘)

MR-2も15~6年前に訳あって短期間ですが保有する事が出来ました。

これはコレでまた非常に気に入っていました(笑) 今考えると手放さなければよかった(;´∀`)

残るはRX-7!

既に大人だった私も今ではもう、いい大人(笑)

そんないい大人になった私ですがやっぱりRX-7は欲しいっす!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスES”F SPORT”のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスES”F SPORT”のボディコーティングです。

納車間もない新車のレクサスES”F SPORT”です!

レクサスESはソリッドのブラックとグラファイトブラックガラスフレークの2種類のブラックが

用意されているようで、こちらのESはグラファイトブラックガラスフレークのキラキラとした

ブラックです!

写真だとそのキラキラ感が伝わりませんが実際近くで見るとガラスフレークがキラキラと輝いて

高級感漂う、とても綺麗なブラックなんです(^_^)/

そんな新車レクサスESの現状確認から始めていきましょう!

まずはボンネットです↓

やっぱりキラキラ感が全然伝わりませんね(^^;) それはさておきレクサスらしい曇りの無い

とても綺麗な塗装面でございました。

しかし所々に・・・

キズではないです。安心してください保護シートの糊残りです。

ボンネットやルーフに数か所確認できました。

そのルーフは・・・

塗装面自体はとてもお綺麗です!

ボディサイドも・・

曇りもなくお綺麗です。

どこもかしこも塗装面はお綺麗なんでご紹介する所が早くも尽きたのですが最後に一ヶ所ほど

気になる所がございました。

それは・・・

ドアノブの上辺りにスクラッチが付いていました。 ポリッシャーで磨いた跡ではなさそうです。

何かで拭いた拭きキズだと思います。

暗い所では見えないんですけど光が当るとキラッと顔を出す目立ちたがり屋さんです(笑)

 

全体にレクサスらしいとてもお綺麗な塗装面でした。細かく観察しますと上でご紹介したような

細かな点もございますが、どれも深刻な問題ではありません。

新車と言えども加修跡が残っていたり保護シートの糊残りが盛大に付いていたり、はたまた塗装自体が

白っぽく曇っていたり(白ボケ)と色々あるのが意外とごく普通だったりするのですが、今回のESは

その様な事も少なくとてもいい状態でご納車されたようです!

この辺の仕上がり具合はディーラーによって結構違います。またメーカーによって塗装の白ボケ具合も

全然違います(^^;)

当店はそれらの問題点を処理してコーティングしております!

当店は??・・・と言うと当店じゃない所は??と思いますよね?? そうなんです。下地処理しない所も

あるんです(^▽^;) ご注意下さい!!

という事で綺麗なレクサスESも下地処理からスタートです!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

しかしお約束の黒ボディだとわかりませんね(^^;)

鉄粉の処理方法もいくつかあるんですが今回は鉄粉も少なかったので軽~く、そして優し~く

行ないました。

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。今回は拭きキズなどございますが塗装面自体はとてもお綺麗ですので

磨くと言うより塗装表面も均等にならすような軽い磨きです。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたので写真だと違い感が分かりませんね(汗)

しかし・・・

保護シートの糊残りは違いがハッキリと分かります! 全然違います(笑)

ルーフは・・・

綺麗ですね!

ボディサイドも・・

どこもかしこ写真だと違いがわかりませんね(^▽^;)

でも・・・

あの”拭きキズ”はスッキリと除去できています。これで光が当ってもキラッとヤツが顔を出す

事もございませんヽ(^。^)ノ

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスES”F SPORT”新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。と言うと“違いがわからね~”と総ツッコミを頂きそうですが(汗)実車の方は

より光沢も上がってキラキラなグラファイトブラックガラスフレークが更に艶やかでキラキラな

ESに仕上がっております。

オーナー様にも『ピカピカだなぁ!』と言われていましたのでキラキラにピカピカが追加されたと

思います(笑)

レクサスESは人気車種で納期も長いそうです。こちらのESのオーナー様も発表と同時に購入されたそうですが

それでも半年待ちだったそうです(;’∀’) もうちょい早く来るだろうと思っていたけど、やっぱり半年待ち

だったそうです。そんな人気のESですが実車を見ますと人気の訳も納得です! カッコイイんです(^_^)/

特に今回のF SPORTは黒いボディに赤い内装でこれがまたいいんです。

同じ内装でもシートが赤いと内装の雰囲気がガラリと変わります。最近では色々なシートカバーが

売られていますので車内のイメージチェンジを兼ねて交換してみるのもいいかもしれません(^_^)/

結構シートの色が変わると新鮮ですよ!

赤い内装(シート)と言えば当店の代車である三菱アイも赤いシートのオシャレさんです!

代車をご利用された方からもなかなかご好評という事をお伝えしたところで早くもお別れの時間です。

それではまた次回お会いいたしましょう!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

BMW320iにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW320iのボディコーティングです。

H29年式のBMW320iです!こちらは1年前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

毎年この時期にお越し頂いており今年も再施工のご依頼を頂きました。  ありがとうございます。

そしてこの時期のもう一つのイベントと言えば・・・そう。花粉です(笑)

こちらのBMWも基本的に屋外駐車ですので花粉をたくさん身に纏ってのご入庫です(^^;)

ではBMW320iの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉+雨攻撃で斑模様になっています(^^;)  ↑が現状と言えば現状ですけど、これだと塗装面が

わかりませんので洗車後に撮影したのが・・・

こちらです。1年程ですがシミが結構気になります。

屋外駐車で黒いボディですとどうしてもシミがね~(^_^;)

でも昨年より少ない気がいたします。

ルーフは・・・

ボンネットよりシミが少なかったです。 何故だろう??

トランクも・・・

雨ジミもありますが花粉のシミの方が気になりました。

(ライトの周りに白っぽくポツポツ見えているのが花粉ジミです)

ボディサイドは・・・

シミもスクラッチもとても少なくてお綺麗です(*^^*)

しかしホイールはお約束の・・・

ブレーキダストで茶色に覆われていました。

 

この時期にご入庫のお車はどうしても花粉が多く付いているお車が多いです。そしてその花粉に

よって花粉ジミが付いてしまっているお車も多いです。 今回のBMWは幸いそれ程酷いダメージを

受けてはいませんでした。しかし雨ジミとは違う花粉によるシミが付いているのも確かです。

この時期ご入庫されるお車は通常の施工よりも花粉処理をする工程が増えます。花粉処理してから

磨かないと後々不具合が出る恐れもありますので!  花粉って意外な程、厄介なヤツらなんです(^^;)

ではそんな厄介なヤツらをスッキリとしていきましょう(笑)

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介です。

↓は現状です。

こちらも昨年ウインドウコーティングをしたのですが・・・

落ちてしまったようです。

古いコーティング&汚れのなどを除去していきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら完成です!

ウインドウコーティングの寿命はお車の保管状況や使用状況、さらにワイパーの作動頻度などによって

大きく異なってきますが、おおよそ半年~1年程でないかと思います。お客様の中には1年以上経過していても

まだまだ撥水が続いているお車もございます(*”▽”)  ウインドウコーティングをしましたらワイパーを

撥水ワイパーに交換して頂くとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びますのでお薦めです!

 

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

まずは洗車して鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますがお約束の・・・

黒いボディですと、なにがなんだか・・・(^^;)

鉄粉処理後に再チェックしましても・・・

なにがなんだか・・・(^^;)     全然伝わりませんね(汗)

写真ですとなにがなんだか分かりませんが作業しているとよくわかります。

今回の鉄粉の量はそれ程多くも無く少なくも無く・・・そんな感じでした。  全然伝わらない(汗)

鉄粉処理がおわりましたらマスキングをしていきます。

こちらのBMWも定期的に再施工にお越しくださるので過度な磨きはしていません。

磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが磨けば磨くほど塗装(クリヤー層)が薄くなって

しまいますので無理な磨きは今回はしていません。

その磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は前回と同様の・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

トランクも・・・

花粉ジミもサッパリとしました(^_^)/

ボディサイドは・・・

薄いシミやスクラッチも無くなって更にスッキリとしたんですが・・・写真だと違いが分かりませんね(^_^;)

でもホイールは・・・

全然違います。本当は茶色じゃなくてグレーなんです(笑)

そしてBMW320iのボディコーティング完成いたしました!

施工前は花粉がボディに付いていたので何となく茶色っぽかったんですけど

艶々のブラックボディに甦りました(^_-)-☆

黒いボディは汚れやスクラッチが多くなってくると白っぽく見えてきてしまい見た感じの印象が

大幅にイメージダウンしてしまいます。黒いボディを維持管理するのは大変難しいんですが、

リフレッシュすれば↑のように艶々のボディになりますので定期的なメンテナンス&再施工が

お薦めです!

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツC230ステーションワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティングです。

こちらのメルセデスベンツC230ステーションワゴンは2年ほど前にボディコーティングを

施工致しましたお車です。

定期的に再施工にお越し頂いており今回も再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

基本的にほぼ洗車していないとの事ですが、正直想像していたほどは汚れていませんでした(^^;)

もう少しアレかな~?と思っていましたがそうでもありません(笑)

では2年経過致しましたベンツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

アレどころかとてもお綺麗なんです! もちろん汚れは付いていますがシミもスクラッチも

凄く少なくてちょっとビックリしました(*^^*)

ルーフも・・・

シミ、スクラッチ共に少ないです!

ボディサイドも・・・

綺麗なんです!

しかし洗車はしていないとの事ですので・・・

所々にコケが生えていたり(^^;)・・・

モールの溝には汚れが詰まっています。

しかもこの型のベンツはモールがボディをグルっと一周していますので・・・

もれなく汚れが付いてきます(;’∀’)

そしてもはや定番となりました欧州車のホイール汚れは・・・

ブレーキダストで覆われていました(^▽^;)

 

前回のコーティングから2年経ちましたが塗装面自体は本当にお綺麗でシミ・スクラッチなど

とても少ないです。スクラッチが少ないのは、おそらく洗車していないからだと思います(笑)

洗車するとどうしても少なからず洗車キズと言うスポンジやセーム皮などで拭いた時に

付いてしまうキズが付きます。またコンパウンドの入っているケミカルを使うとコンパウンドで

キズも付いてしまいます。ですので洗車方法にもよりますが洗車頻度の多い方ほど、洗車キズが多く

付いている傾向です。逆に洗車回数が少ない方のお車の方が洗車キズがやはり少ないんです。

洗車しないと汚れたままですし、洗車のし過ぎもよくありませんし・・・ここが難しい所ですね(^▽^;)

ちょっと話がそれましたがベンツCワゴンのリフレッシュを進めていきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

ちょっと見にくいですけど結構多いです(^^;

リアも・・・

付いています。  鉄粉は白やシルバーのお車だと塗装面をよ~く見ると黒く点々と見えるんです。

黒い車だと見えませんが水を流しながら手で優しく撫でるとザラザラとした感触が手のひらに伝わって

きますので一度お試しください。

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリとしましたね!

リアも・・・

綺麗になりました。

触ってもスベスベです(笑)

その後にマスキングをして・・・

磨いていきました。

定期的に再施工に来られる&塗装面が綺麗ですので今回は過度な磨きはしていません。

磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回は前回同様・・・

PCX-S8でコーティングしました。

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、よりクリヤーで綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリです!

ボディサイドも・・・

写真だと違いが分からないかも??(^_^;)

でも・・・

コケは無くなったので違いがよく分かります(笑)

モールの溝もサッパリと綺麗です。

もちろんボディをグルっと一周見ても・・・

綺麗です! ある意味今回のハイライトです(笑)

モールの溝と同じくらい違いがわかりやすいのが・・・

ホイールです。こちらも一目瞭然です(^_^)/

そしてメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々お綺麗でございましたが、やはりコーティング後は艶も光沢もそしてクリヤー感も

一枚も二枚も上手です(^_-)-☆

お車がパッと明るく若々しくなりますね!  とても14年経過しましたお車には見えません!!

塗装自体も14年経ったようには感じられずまだまだしっかりとしていました。

塗装にも寿命がありまして、見るからに色褪せていればすぐに分かりますが、色はそのままだけど

劣化“している塗装もあるんです。

塗装も人と同じで見た目だけで判断してはいけません(笑)

また車のメーカーによって塗装の質も違い高品質な塗装のメーカーもあれば、そうでない塗装のメーカーも

あります。 塗装の質でお車をお選びになる方は少ないと思いますが(聞いたことないです(笑))

ご購入時にどちらの車にするか悩んだ時は最終的に塗装の質で判断するのも・・・

いいかもしれません(笑)     いゃ 聞いたことないって!!(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

三菱ランサーエボリューション9のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは三菱ランサーエボリューション9のボディコーティングです。

H17年式の三菱ランサーエボリューション9です!

と言う事は、この型のランエボはもう14年も前の型になるんですね(;’∀’) 何だかまだちょっと前の

ような気がいたします(汗)

丁度本日、新元号の発表がありましたね! “令和”正直まだまだ違和感がございますがきっと直ぐに

なれてしまうのでしょう。 平成がそうだったように(笑)

来月登録のお車から令和○年式の○○となるんですね。なかなか言い慣れませんが楽しみでもあります(笑)

そして今回のランエボは平成を代表するスポーツカーでもございます!

オーナー様はご自分でコツコツとお手入れをして維持してきたそうですが、これ以上自分で

綺麗にするのは限界! 一度リフレッシュしようとの事で当店にお越しくださいました。

それではH17年式ランサーエボリューションの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですと綺麗に感じますが実際に見るとスクラッチが多く艶もありません(^^;

ルーフも・・・

こちらの写真の方がスクラッチがわかりやすいですね。 ボンネットも同じ感じです。

しかしスクラッチは多いんですけどそれに比べるとシミはとても少ないです。

普段はガレージ保管との事ですので納得です(*^^*)

トランクは・・・

同じ様にガサガサしていてスクラッチも多いです(汗) しかも深めな気がします・・・(^^;

それに比べますとボディサイドは・・・

綺麗です。 ↑の写真ですと凄く綺麗っぽい雰囲気ですが、でも実は水平面程ではないんですが

やはりスクラッチが結構付いています。  写真だとわかりませんね。すいませんm(__)m

そしてホイールも・・・

汚れ気味です。

 

オーナー様が一生懸命にお手入れをしていたので年式を考えますと綺麗だと思いますが

やはりスクラッチが多くクスミが進んでいてボディに艶が無いのもまた事実です。

ここまで塗装が傷んでいると、これ以上綺麗にするにはやはり塗装の研磨が必要になってきます。

傷んだ塗装面にいくら高価なコーティング剤を塗ってもけっして綺麗にはなりません。

市販の高価なコーティング剤を使ってみても、“いまいち綺麗にならないなぁ??

なんて経験はございませんか?  それは塗装面が傷んでいるからなんです。

傷んだ所に塗っても、なんとなく艶感は上がりますがあくまでもコーティング剤による艶なだけです。

逆にコーティング剤を塗らなくても塗装面を綺麗にすれば塗装本来の艶が出て艶々になります。

そうです!コーティングで大切なのは下地(塗装面)です!

下地を整えないとコーティングは始まりません(笑) と言う事で下地作りから始めていきましょう!

作業開始!!

 

下地作りその1・・・鉄粉を除去するべし!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

これがまた凄く少ないんです!!   オーナー様が以前に鉄粉を除去したそうです。

流石です!

リアも・・・

とても少ないです!

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です!

トランクも綺麗になりました!!

そして次に・・・

 

下地作りその2・・・マスキングをするべし!

しました。

マスキングが終わりましたら・・・

 

下地作りその3・・・磨くべし!

今回は当店の人気プランのエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や

中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

もの凄くおおまかな流れでしたが(笑)ここまでが下地作りとなります!

実際はもっとゴニョゴニョと色々な事をやっています(^_^)/

 

下地が出来たらコーティングを塗るべし!

 

下地が出来ましたらやっとコーティング剤の出番です!!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

コーティングが終わりましたら・・・確認するべし!

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーでスベスベになりました(^_^)/

コーティング剤を塗ったから綺麗になったのではなく綺麗になった塗装面にコーティング剤を

塗ったからより綺麗なんです(笑)

ルーフも・・・

深いキズは残っていますが、だいぶスッキリと綺麗になりました!

ガサガサでしたトランクも・・・

潤っています(笑)

ボディサイドも・・・

スカッとクリヤーです(^_^)/

ホイールは・・・

よ~く洗って艶出しをしましたら・・・

三菱ランサーエボリューション9のボディコーティング完成いたしましたべし!

今回も施工前の写真と色味が違ってしまってすいませんm(__)m

ただ艶感の違いは感じて頂けると思います! 実車は全然違いますのでご安心ください(笑)

オーナー様にも『うわぁ!すげ~綺麗!! ホントに綺麗ですね~』『大切に乗ろうと思います!』と

嬉しいお言葉も頂きましたので実車は全然違うと思います(笑)

オーナー様はこちらのランサーエボリューション9をとても大切にされていて、これからも長く大切に

お乗りになるそうです。

来月から“令和”になりますが“令和”も綺麗になった平成の名車で走り抜けてください!!

いゃ、走り抜けるべし!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

メルセデスベンツC250ステーションワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティングです。

H27年式のメルセデスベンツC250ステーションワゴンです!

こちらは昨年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車になります。

今回は再施工のご依頼です。ありがとうございます。

普段はほぼ洗車されないそうで、この1年間で1~2回洗車機で洗ったくらいだそうです(^^;

では早速ですがコーティング施工から1年経過致しましたベンツCワゴンの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチなど非常に少なくてとてもお綺麗です!

よく見ますと写真には映らないような薄いシミや線キズはございますが、とてもお綺麗です(*’▽’)

ルーフも・・・

汚れは付いていますがルーフも塗装面自体はとてもお綺麗でございました。

ボディサイドは・・・

ちょっと見にくいんですけどドアノブなどから黒っぽく雨筋が付いていました。

コーティングが効いていますので、こびり付きはないんですけど雨が降るとどうしても雨の流れた跡が

付いてしまいます。

そしてリアは・・・

洗車していない感がハッキリと感じられます(^▽^;)

特に・・・

エンブレムの淵やモールの隙間などに汚れが溜まっていました。

そして輸入車のホイールと言えば・・・

ブレーキダストで真っ茶色です。

あえてカッコよく言うならばマットブロンズでしょうか??  まぁ、あえてカッコよく言う

必要もないかもしれませんが(^^;  何となく聞こえがいいじゃないですか(笑)

 

あちらこちらに汚れは付いていますけど塗装面自体は本当にお綺麗でした。細かく見ますと線キズや

細かなシミなどあるにはあるんですけど、パールホワイトと言う事もあって

ほぼ目立ちません。 それよりもモールやエンブレムの淵、窓枠の下などに汚れが溜まっていて

それが余計に汚れている感を助長させていました。

エンブレムの淵などは汚れが蓄積してくると、いざ汚れを落とそうとしても固まってしまって

なかなか落とせなくなってしまいます。

普段の洗車時にひと手間かけてエンブレムも掃除するといいのですが正直なかなかそこまでやられる方は

少ないと思います。 もう洗車マニアの領域です(笑)

しかし間違いなく仕上がり感は上がりますので細かな場所のお掃除はやってみる価値はありです!

皆様も洗車マニア目指してLet’s Try !!

いゃ別に目指してね~よ(;^ω^) って聞こえてきそうなので早速作業を開始していきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

 

沢山反応しました(T_T)  1年でこれ位付いたのでお車の保管場所が鉄粉が多めの場所なのかと

思います。

リアも・・・

凄く多いって訳ではなかったです。 しかし少なっ!つて訳でもなかったです(笑)

鉄粉処理をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!!

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

こちらのオーナー様は比較的短いスパンでコーティングにお越し頂いておりますので塗装膜厚を

維持する為にも今回は必要以上の磨きはしていません。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回同様こちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですと違いが分からないかも(^▽^;) でも細かな薄いシミも無くなってより艶やかになっております。

ルーフも・・・

クリヤーに仕上がっています!

ボディサイドも・・

スッキリです(^_^)/

そして洗車していない感が漂っていたリアも・・・

コーティングした感を味わって頂けると思います(笑)

もちろんエンブレムやモールの淵なども・・・

 

綺麗にクリーニング!

これだけでもお車の綺麗感が全然違っていきますので皆様もLet’s Try !!      しつこいって!!

そしてホイールです。

本当はこんなに綺麗なダークなシルバーなんです!

あえてカッコよく言うならば・・・ダークシルバーです!        他に思いつかなかった(T_T)

そしてメルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティング完成いたしました!

艶々に仕上がっております!

白さが増してスッキリと清潔感ある佇まいです(^_^)/

一番違いが分かって頂けるのはホイールでしょうか??(笑)

輸入車、特に欧州の車はブレーキダストの出る量が多くすぐに汚れてしまいます。

本当に直ぐです(^^;)

ブレーキの”効き“を重視するとどうしてもダストが多く出てしまうようで、そう聞くとダストが多いのも

しょうがないと納得してしまいますね(^^;)

でもやっぱりホイールは綺麗だと間違いなく洗車後の仕上がり感が上がりますのでホイールのお掃除は

隅々までやってみる価値はありです!  そんな貴方は洗車マニアの領域です(^_-)-☆

皆様も洗車マニア目指してLet’s Try !!            いゃ別に目指してね~って??

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ アテンザにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ アテンザのボディコーティングです。

H27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザです!

こちらは最近ご購入され、納車後すぐに当店にご入庫頂きました。

かる~くローダウンされているのでスポーティなアテンザがよりスポーティでカッコよく仕上がっています。

低すぎる事もなく言われなければノーマル車高かと思うくらい自然で品のある落ち具合です(´▽`)

またホイールがノーマルってところもポイントが高いですね!

そんなスポーティで品のあるアテンザの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとあまり傷んでないように見えますが、実は結構スクラッチやシミが多いんです。

パールホワイトですと写真に上手く写せないです。      もしや写真の腕の問題か??(^^;)

ルーフも・・・

綺麗・・・っぽく見えますがややスクラッチが多め・・・なんです(^_^;)

分かりにくくてすいません。

トランクは・・・

同じような状態なんです。 何となくライトの輪郭がガサガサしているのが分かって頂けるでしょうか??

ボンネットやルーフなど水平面はシミやスクラッチ・酸化被膜などの影響でこの様に塗装が

ガサガサしていました。

ボディサイドは・・・

こちらもクスんでいて透明感が損なわれている状態です。

ホイールは・・・

ご入庫時は雨だった事もあって少し汚れ気味でございました。

 

全体的にスクラッチがやや多めで細かなシミも多く透明感が損なわれていました。

中古車に限らず新車の展示車(外の展示車)もそうなんですが、洗車は濡れたクロスで拭くだけの

拭き上げ洗車をする場合が多いですけど・・・拭き上げ洗車ってキズが凄く付くんです(T_T)

と言う事もあって中古車は洗車キズ(スクラッチ)が多く付いている車両が多いです。

そうなると当然、展示期間が長ければ長い程、洗車回数が増える訳で洗車回数が増えれば増えるほど

洗車キズは増える訳でして(^^;)

キズやシミが増えると光沢感や艶が無くなって更にクスミが進むと透明感も損なわれてきます。

でも安心してください! 磨けば輝きます!!

それではアテンザをキリッとリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ 鉄粉もやや多めですね(^^;)

トランクも・・・

多めでした。

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーをシュシュッと吹きかけて再チェックしたところです。

ボンネットも↑ そしてトランクも↓

綺麗になりました!

鉄粉が多く付いていると洗車時にスポンジがスムーズに滑らずに引っかかります。

洗車時に試してみて下さい。 スポンジがスムーズに滑らないようでしたら、それはもしかしたら

鉄粉のせいかもしれません(;’∀’)

 

鉄粉の処置がおわりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

滑らかさが伝わりますでしょうか??

ルーフも・・・

艶々になりました。

トランクも・・・

ガサガサしていた塗装肌が潤いを感じるような肌に変身です(^_^)/

ボディサイドも・・

クスミが取れて透明感を取り戻しました!!

ホイールも・・・

サッパリと綺麗になりました!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、ボディコーティング完成です!

スノーフレイクホワイトパールマイカ本来の白さに復活しました(^_-)-☆

磨いているとよくわかるんですが、磨いた所と磨いていない所では白さが違うんです(笑)

磨いていると白くなっていくのが分かるんですよ(*^_^*) 施工前でも白く感じるんですけど

磨くとやっぱり白くなるんです。

オーナー様も『すげ~綺麗!ピカピカじゃないですか!』と違いを実感して頂けたご様子でございました!

ありがとうございます。

 

何度か書いたかもしれませんが、このスノーフレイクホワイトパールマイカは本当に

綺麗な”白い”パールホワイトなんです。

オーナー様も『マツダのパールホワイトは白くて綺麗なんですよね!』っとお気に入りのカラーの

ご様子です。

ホワイトは知らず知らずのうちに汚れで黒ずんできます。毎日見ていると気が付かないんですけど

今回のようにリフレッシュしますと違いがよ~く分かります(笑)

皆様のパールホワイトは大丈夫ですか??

気になられましたらお気軽に当店にご相談ください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コバルトブルーのフリードモデューロXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ フリードモデューロXのボディコーティングです!

こちらのコバルトブルーパールのフリードモデューロXは昨年の11月にご購入されましたお車です。

ご購入から3ヶ月程経過しておりますが納車時にコーティングはしなかったそうで、今回当店に

お越しくださいました。

ボディコーティングとウインドウコーティングそしてホイールコーティングも纏めて

ご依頼頂きました。 ありがとうございます。

新車とは言え3ヶ月経過しているダーク系のボディカラーですので小キズなどあるとは思いますが・・・

それ以外にもあるんです(^_^;)

では3ヶ月経過致しましたコバルトブルーパールのフリードモデューロXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れていてよくわからないですね。よ~く目を凝らして見ると線キズが結構確認できると

思います。

しかし目を凝らしていると疲れると思いますので洗車後に撮った写真がこちらです↓

これなら目が疲れないと思います(笑)

初めからコッチ写真出せよ!って話ですよね。 すいませんm(__)m

ボンネットも線キズ(洗車キズ)があるんですけどルーフはもっと・・・

多いんです。 しかし写真ですとそのキズの多さがあまり伝わりません(汗)

しかも・・・

この辺りは加修の跡がバッチリと残っています。 もちろんオーナー様は磨いていないとの事ですので

納車前に何処かのタイミングで磨いたのでしょう。 キズやシミなど付いている場合に納車前に

磨いて手直しなどするんですが、その磨きが十分でないのでこの様に磨きキズやモヤモヤとした

通称オーロラマークが付きます。

ボディサイドは・・・

少し曇り気味です。

リアゲートも・・・

写真が下手ですいません。こちらも若干曇り気味でした。

ホイールも少し汚れていました。

 

3ヶ月経過ですので洗車キズなど付いているのは想定内です。オーナー様に伺ったところ納車から数回しか

洗っていないとの事ですのでボンネットのキズの量は納得です。しかしルーフはボンネットに比べると

明らかに多いです。ルーフに加修跡があるので、たぶん何かを手直ししてその後に一生懸命ルーフを

洗ったのでしょうね(^_^;)

納車前に付いたキズやシミなどの手直しは全然珍しい事でもなく実はよくある事です。

ある意味手直しはしょうがないとは思いますが、問題はその手直し跡が付いている事です。

しっかりとした知識と技術がある作業者が磨けば綺麗に仕上がりますが実際のところは・・・

そうじゃない方が磨くことが多いんです(汗)

でも安心してください! キッチリと磨けば綺麗になりますから!!

では作業を始めていきましょう!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水している感じはします(笑) 撥水と言うより油分ではじいてる感じです(^^;)

そのなんとな~く油っぽいウインドウを綺麗にしていきます。

そして綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! これが本当の撥水の状態です(^_-)-☆

 

続きましてはボディです。

洗車した後に鉄粉の除去をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

ボディが青い事もあって分かりにくいですね。ただあまり反応はなくとても少ないんです。

ネンド掛けしてみても・・・

使用前のネンドです↑

そしてこちらが使用後のネンドです↓

ネンドがあまり汚れていません! 鉄粉が少ないので今回は軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は納車から3ヶ月のまだ新しいお車ですが当店の新車プランは基本納車から1ヶ月以内のお車が

対象となります。 キズも少なければスタンダードプランでも可能ですが今回はその上の

エクストラプランでの磨きとなります。 エクストラプランはスタンダードプランより磨きの工程が

多くなり、よりシミやスクラッチが除去できる磨きとなります。

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリと!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

そして加修で付いた磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!  これで本当の加修終了ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスカッとクリヤーです!

リアゲートだって・・・

綺麗になったんですけどちょっと写真がアレですね(^^;)

ホイールも・・・

コーティングして艶々です(*^_^*)

そしてコバルトブルーパールのフリードモデューロX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^。^)ノ

塗装面がクリヤーになった事で色に深みが出ましたね!

オーナー様も『やっぱり違うなぁ~。全然違うよ!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございます。

 

今回は納車から少し時間が経っていましたが新車でもシミやキズが入っていることも多いです。

また納車前にシミやキズなど不具合箇所を手直し、その加修跡が付いているお車も非常に多いんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

新車も経年車もコーティングは是非当店で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ソアラにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ソアラのボディコーティングです!

H13年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ソアラです!

この40ソアラは根強い人気があって、こちらのお車のオーナー様も発表時からその国産者離れした

スタイルに恋い焦がれていて遂に昨年ご購入されたそうです。

ご購入後に一部のパネルを再塗装されたそうで、ソアラの長期維持の為にもコーティングの

ご依頼を頂きました。

ではH13年式ソアラの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

さすがに初期登録から18年経過していますのでスクラッチが目立ちます。

でも逆に18年経過と考えますと痛みは酷くはないと思います。

ルーフも・・

スクラッチが目立ちますけどシミは少ないと思います。

トランクも・・・

所々に深い線キズなどございますが、こちらもシミは少なめでした。

それとボディサイドですが・・・

こちらは再塗装されています。再塗装は再塗装後の磨きでポリッシャーで磨いた”磨きキズ“が

付いている事が非常に多いんですが、磨きキズも無くお綺麗に塗装されていました・・・

されていたんですけど何故か磨きキズが思いっきり残っている所もありました(^^;)

↑ここです。 おそらく磨き残しでしょうね(^^;)  ここ以外にも磨きが”甘い“所が所々に

ありました(汗)

 

今回再塗装したとの事ですので、もちろん再塗装のパネルとオリジナル塗装のパネルとでは

スクラッチやシミで塗装の状態が違います。 オリジナルの塗装の部位は艶がなくクスんでいました。

深いキズも見受けられましたが今回はオーナー様とのご相談&ご希望、そして何よりオリジナルの塗装の

膜厚維持の為にも深いキズは無理には消さない方向の磨きで行くことにしました。

ではソアラのリフレッシュをはじめていきなしょう! 作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

無数のポツポツが確認できます(笑)

18年も経っていますからね。やっぱりいっぱい付いていました(^_^;)

ボディサイドは再塗装しているので、とても少なかったんですけどボンネットやルーフ・トランクは

いっぱいでした。

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

だいぶスッキリと綺麗になりました。

鉄粉除去が済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回の磨きは先ほどもお話しましたように深いキズなどありますがハードな磨きではなく

もう少し軽いミディアムポリッシングで磨いてます。

ミディアムポリッシングで取れる範囲内のシミやスクラッチ・クスミを除去し艶を出していきました。

そして今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤はこちらの・・・

『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

コロコロが気持ちいい水玉撥水になります。

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ミディアムポリッシングですけど、スクラッチもだいぶスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・

深いキズは残っていますけど塗装に透明感が出て気持ちいいです!

トランクも・・・

深いキズが残っていますね。ただキズがわかりやすいようにライトを当てていますので

普段はあまり気にならないと思います。

元々お綺麗でしたが、更にモヤモヤが取れてライトの映り込みもスッキリとクリヤーに

なりましたよ(^_^)

それと磨き残しも・・・

クリヤーになりました! よかったよかった!!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ソアラ、ボディコーティングが完成しました!

いかがでしょうか。

写真だとちょっと綺麗さがいまいち伝わらないような・・・(^▽^;)  ごめんなさい。

全体的に艶と光沢が向上して透明感を感じて頂けるホワイトパールクリスタルシャインに

仕上がっております。

オーナー様も『すげ~綺麗、新車みたい!!』と、とてもお喜びになられておりました。

間違いなく18年前のお車にはとても見えません(^_-)-☆

18年前のお車も磨けばまだまだお綺麗にご利用できます!

やっと手にいれた憧れのお車ですからやはり綺麗に、そして大切に維持したいです。

その為の今回のコーティングのご依頼でした。その大切なお車のリフレッシュに当店をお選びいただいて

本当に嬉しく思います。 そしてありがとうございました!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムの新車コーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムの新車コーティングです!

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは納車の翌日にご入庫されましたピカピカの新車です。

人気のN-BOXカスタムのプラチナホワイトパールです!

このプラチナホワイトパールはとても綺麗な”“いパールホワイトです。少し前のパールホワイトは

若干黄色味がかった白が多かったんですけど最近はより白いパールホワイトが人気のようで今は

各メーカーも”白い“にパールホワイトを出していますね!

そんな綺麗なプラチナホワイトパールですけど新車と言えども何かしらあるものです(^^;)

では新車N-BOXカスタムの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの輪郭がモヤモヤっとしています。これは塗装表面が曇っているのでモヤモヤとした

映り込みになってしまいます。

ルーフも・・

この写真ですとちょっと分かりにくいんですけどボンネット同様曇りがありました。

ボディサイドも・・・

ボヤッ~とボヤけていますね(^_^;)

リアも・・・

お同じ様ですね(汗)

ホイールは・・・

冬用に交換したばかりなのでピカピカです!

 

全体的にまんべんなく曇り気味でございました(^^;)

ホンダ車の新車の時は毎回書いている気もしますが(汗)ホンダの新車はだいたいこれ位の曇り様です。

もちろん他のメーカーでも曇っていますけどホンダは少し曇りが多い場合が多いです(^_^;)

とても綺麗なプラチナホワイトパールなんですけど、この曇りでクリヤー感が若干損なわれてしまってるのも

また事実です。でも大丈夫です。 磨けばスカッと綺麗になります!

では早速スカッとしていきましょう!  作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分などの付着も少なくてお綺麗でした。

綺麗でも更に綺麗にしてまいります(笑)

ガラス表面を綺麗にしましたら脱脂→乾燥→コーティングをして最後に撥水チェックをします↓

バッチリです!

綺麗に撥水しているのを確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車してその後に塗装に付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

とってもすくないですね~ヽ(^。^)ノ よく見ればポツポツは確認できますけど

とても少なかったです。 新車だから少なくて当然かと思われるんですけど実は新車でも

ビックリする程鉄粉が多く付いているお車もあるんです。

そしてリアも・・・

お綺麗でございました。

とても少ないんですけど鉄粉処理はします。 今回は軽くですが(笑)

↓は鉄粉除去後の再チェックです。

あまり違いが分からないと思いますけど(^^;)

 

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車ですので基本的に軽い磨きになりますが曇りはしっかりと除去していきました。

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスカッとしました!

ルーフも・・

綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

ボヤボヤが無くなってシャキッとクリヤーですね。

リアもスッキリとしました。

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたので違いがわかりませんね(^^;)

そしてプラチナホワイトパールのホンダN-BOXカスタム新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車のパールホワイトですので引きの写真ですと違いがわかりませんね(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

もちろん曇りが無くなった事でよりクリヤーなプラチナホワイトパールの輝きに仕上がっています(^_-)-☆

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

そして最後にお知らせを失礼いたしますm(__)m

今月はキャンペーンを開催しております!

毎年この時期恒例となりました 『もうすぐ春だねキャンペーン』を今年も始めました!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン』です(笑)

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

 

キャンペーンは間もなく終了ですのでご予約はお早めにどうぞ!

詳しくはこちらをご覧ください!

平成最後の『もうすぐ春だねキャンペーン!!』

宣伝でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。