新車アルファードのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

ブラックのトヨタ アルファードです! 納車間もない新車でございます。

夏にご契約され約4ヶ月程の納車待ちの末、めでたく納車となりました(^_^)/

いゃ~納車待ち長かったですね! アルファードは現在でも納車待ちが長いとは噂では聞いておりましたが

ここまでとは(^^;)  やはり人気車ですね!!

そんな納車間もない新車アルファードの現状を早速確認していきたいのですが、

当店ご入庫時は雨でしたので・・・

現状を確認できません(^^;) まぁこれが現状と言えば現状ですが塗装面状態がわかりませんので

洗車後に撮影したのがこちらです↓

写真ですとライトが少しボヤッと見える感じですけど実際は曇りもなく綺麗にライトが

映り込んでいました!

ただ・・・

フロントフェンダーには何やら白くポツポツと異物が付着しています。

それを落とそうとして拭いたのでしょうか?拭きキズが付いています。

その割には全然落ちていません(^_^;)

助手席側にも・・・

同じような異物が付いているんですけど何でしょう? ワックスやコンパウンドの残りの様にも

見えますがこちら側には磨いた痕跡や拭いたような痕跡もありませんし・・・謎です。

ルーフは・・・

こちらも曇りも無くお綺麗です!

ただよ~く見ると軽めの線キズが数本確認できました(^^;)

ボディサイドは・・

こちらもお綺麗です!

ホイールは・・・

こちらは洗車前の状態です。 雨の走行後と言う事もあって若干汚れ気味でした。

 

全体に塗装面は曇りも無くとてもお綺麗な状態でございました。ただフロントフェンダーと助手席側に

謎の白い付着物と拭きキズが付いていました。おそらく納車時から付いていたのではないかと思いますが

今となってはそれが何なのかまでは残念ながら特定は出来ません(;´∀`)

毎回のように言っておりますが新車時(納車時)が実は一番いい状態ではなくて、何かしら不具合が

有る事がとても多いです。

その様な不具合箇所を修正してコーティングしますと新車以上に仕上げる事が出来ます!

今回も新車以上を目指して作業開始~!!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

新車ですけど何となく撥水しているような・・・??

油分による水弾きなのか、納車仕上げ時に撥水シャンプーを使っているのか??

でも撥水シャンプーにしては弱いので単なる油分のような気がいたします。

いずれにしろ・・・

ガラス表面をリセットします(笑)

ちなみに運転席と助手席のウインドウは元々、撥水ガラスですので今回はその他のガラスを施工致します!

市販品でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、下地が汚れたままコーティングしても

本来の性能を発揮しませんので必ず油膜除去をしてからコーティングして下さい。

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをしまして・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

実車で見ると反応しているのが分かるんですけど写真だとね~(;´∀`)

今回は鉄粉自体が少なかったのでケミカルを使用しての軽めの鉄粉処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたので写真だと違い感が分かりませんね(汗) いゃ~困った(^^;

しかし・・・

何だか分からないアレも、そしてアレを取ろうとして付いた拭きキズらしき物もスッキリと

除去できています!

もちろん反対側に付いていたアレも綺麗に除去できました!

反対側のアフターの写真を撮ろうとしたんですけど、あまりに綺麗に除去できたのでアレが付いていた場所が

何処だか特定できなくてなっちゃって・・・写真ありません(^^;)すいません。 でも綺麗に除去できています!

ルーフは・・・

綺麗ですね!  黒さの深みが増したと思います!

ボディサイドも・・・

黒々ですね!  いゃ~ホント黒いです(笑)

リアだって・・・

綺麗ですよ~(^_^)/

最後にタイヤとホイールも・・・

黒々と仕上げましたら・・・

ブラックのトヨタ アルファード新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

元々新車なんでお綺麗ですがそれでも施工後はより黒さに深みが出て艶々に仕上がります!

オーナー様も『うわぁ~めちゃくちゃ綺麗!光っている!!大満足です!!』と、

とてもお喜びになられておりましたので間違いないと思います(笑)

待ちに待ったアルファードの納車。待った分だけの魅力あるお車だと思います。

これから末永く大切にお乗りください(^_^)/~

 

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要です(^^)

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファロメオ スパイダーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファロメオ スパイダーのボディコーティングです!

H21年式のアルファロメオ スパイダーです。 モンテカルロブルーと言う名の綺麗で爽やかなブルーです!

まるでモンテカルロの海の色の様ですね! もちろん私、モンテカルロには行った事はございませんので

あくまでもイメージです(^▽^;)  きっとモンテカルロの海はこんな綺麗なブルーなんでしょうね!

アルファロメオと言うと、どうしても真っ赤なアルファレッドをイメージしてしまいますが

ブルーも似合っています。特にオープンカーにはブルーが似合うと私は勝手に思っています(笑)

そんな爽やかなモンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズと思われるスクラッチが結構凄かったです(^^;) 実際に見ると↑の写真より1,5倍は

凄い感じです(笑)

ルーフは・・・

幌ですのでスクラッチがありませんが(笑)猫の毛でしょうか??

それらしい毛が付いています。

トランクは・・・

これまたスクラッチが盛大に付いておりました。

でも写真に撮ると盛大さが少し薄れてしまいます(笑)

ボディサイドは・・

やはりスクラッチが多いです。それと写真をよく見てもらうとわかるかと思いますが、塗装の肌が

ガサガサとしていてクスんでいます。

ホイールは・・・

汚れてはいますけどブレーキダストの付着は少ないですね。

 

水色系のカラーはシミやスクラッチが目立ちにくくてパッと見た感じではお綺麗に感じますが、

各部のアップでご覧いただきました様に塗装面に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いています。

また酸化被膜で塗装面が覆われてしまっているようでガサガサとした状態です。その為に透明感も引けていました。

オーナー様に伺ったところ、洗車の頻度も多いとの事でスクラッチが多いのも納得です(^^;)

しかし洗車の頻度が多いので雨ジミはとても少なかったという事実はご報告しておきましょう(*^^*)

では早速、作業を進めてまいります。作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ とても10年経っているとは思えない程鉄粉が少ないですね(*‘∀‘) 素晴らしい~。

トランクも・・・

お乗りになられた年月を考えると、とっても少ないと思います!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットもスッキリです。

トランクも綺麗になりました。

そしてマスキングをしましたら・・・

磨きの準備が整いました(^_^)/

そして磨いていきます。

今回のお選びいただいたプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤『PCX-V110』です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして艶々になりましたヽ(^o^)丿

ルーフは・・・

専用のクリーナーで洗っています! 写真だと少しわからないかも知れませんが、だいぶ黒さを

取り戻しております。 もちろん(=^・^=)の毛は付いていませんニャ~。

トランクも・・・

深いシミやスクラッチは残っていますが、9割は落とせたかな?(笑)

クリヤー感が全然違います!

ボディサイドは・・・

こちらも深いスクラッチは残っていますが酸化被膜を除去したので塗装に透明感が出ました。

ガサガサしていた肌も解消しています!

最後にホイールとタイヤも・・・

よ~く洗い艶出しをしましたら・・・

モンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダー、ボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 いい艶に仕上がりました(^_-)-☆

モンテカルロブルー本来の艶を取り戻したと思います。 クリヤー感、光沢感共に新車にも

負けていないかと思います(*^^*)

いゃ~これでモンテカルロの海沿いの道をオープンにして走ったら気持ちイイでしょうね~。

私の勝手なイメージだとアルファロメオ スパイダーはやっぱり山や高原と言うよりも海って感じです(笑)

海沿いをオープンにして颯爽と走りたいものです。 でもきっと私だと似合わないんだろうぁ~(;´∀`)

 

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の多い方は

どうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど

洗車キズはやはり少ない傾向です。 なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の動画がございますので、

ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

セラミックメタリックのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

セラミックメタリックの新車Mazda2です!

この型のモデルはデミオ時代から何台も作業させて頂いておりますが、このセラミックメタリックは

当店初入庫になります(^_^)/ と言うよりこのカラーが設定されている事すら知りませんでした(汗)

デミオ時代を含めてあまり見かけないカラーで少し新鮮です!

気になったので(笑)少し調べたらデミオの時代に限定車として設定されていたようです。そしてMazda2に

改名された現在は通常のカタログモデルとしてセラミックメタリックが設定されたようです。

いゃ~スッキリしたヽ(^。^)ノ  プチ情報でした(笑)

そんなセラミックメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

曇りでシャキッとしていませんね(;´∀`)

ボディサイドは・・・

同じくライトがモヤモヤッとした映り込み具合です。

これでは気持ちもモヤモヤとしてしまいます(^^;) 気持ちを切り替えてリアを見ていくと・・・

やっぱりモヤモヤとしていました(笑)

ホイールも・・・

若干汚れておりました。

と以上のように全体的に塗装面がモヤモヤと曇っていて気分もスッキリとしない状態でした。

これの曇りがよく新車に見られる白ボケと言われる状態です。

多くの方が新車時(納車時)が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に白ボケしている

新車が非常に多いです。またメーカーによっても状態は様々です(^^;)

今こそ全ての日本国民に問います! このままの状態でコーティング剤を塗ってもいいのか?」と(笑)

いい訳がありません!そんなことしたらチコちゃんに叱られてしまいます(^▽^;)

この状態のままコーティングをしてしまえば曇りを閉じ込めてしまう事になります。

結果、艶はあるけど何だか透明感がいまいち・・・そんな事になってしまいます。

ですので新車でもボディも磨きが必要になってきます!

もちろん当店では新車も磨いております。

ではワンランク上の新車を目指して作業を開始していきましょう(^_^)/ 作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので軽めの鉄板処置を行いました。

あまり変わり映えしませんけど、せっかくアフターの写真を撮ったので・・・

ボンネットもリアも更に・・・

スッキリと綺麗になりました!

綺麗になったら今度はマスキングをしていきます。

マスキング完了! ここまでがボディを磨く為の下準備となります(^_-)-☆

そしてボディを磨いていきます。今回の新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティングへと進みます!

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの淵モヤモヤもスッキリしましたね!

ルーフも・・・

曇りも取れてライトがシャキッと映り込むようになりました(^_^)/~

ボディサイドは・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)

リアも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになっています。

ホイールも・・・

綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

セラミックメタリックのマツダ Mazda2、新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました! これならチコちゃんに叱られる事はないでしょう(笑)

正直、写真ですと施工前後の違いが分からないかも知れませんが各部のアップで見て頂きました様に

曇りも取れてスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がっております。

実際に見て頂ければ艶やかさの違いを実感して頂けると思います(^_^)/

今回のMazda2は若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

チコちゃんに叱られる前に新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

こちらのダイハツ キャストは納車間もない新車のお車になります!

ご存知の方も多いと思いますがダイハツ キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」

3つのタイプがあって、今回お越しくださったのは「スタイル」になります。

見ての通り「スタイル」はシックで落ち着いた大人な雰囲気になります!

そんな大人な雰囲気のキャスト スタイルの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

少しだけ汚れ気味ですけど、それを差し引いても若干曇り気味です。

ルーフも・・・

ボンネット程は曇りは気になりません。

ボディサイドは・・・

こちらの若干曇っていて映り込んでいるライトの輪郭がぼやけていますね。

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;)

ホイールは・・・

納車間もないとは言え、どうしても走れば汚れてしまうものですね(^_^;)

 

ご覧頂きました様に基本的にはお綺麗なんですけど、なんでしょう?なんと言いますか・・・

スッキリとしていないんです。 スカッ!っとしていないと言ったらわかりやすいかも??です。

オブラートに包まれているかのように透明感が足りません。

ちなみに・・・子供の時は薬を飲むのにはオブラートが無いと苦くてたまりませんでしたが

今ではオブラートなしでも苦い薬も飲めるようになりました(^_^)/  大人になったなぁ~俺。

ほんとアレがあって良かった~(笑) それとオブラートだけを一枚舌の上に乗せるとオブラートが

解けていくじゃないですか? あれって楽しくなかったですか??

好きだったなぁ~アレ。  ← どうでもいい話でした(笑)

話がそれましたが、車って新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり

加修(塗装の手直し)の後が残っていたり保護シートの糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をもっとスッキリとした気持ちいい状態に仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉の除去を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

意外と付いていますね(^_^;)  まぁでも新車でもこれ位付いてるのは珍しい事でもないんです。

リアは・・・

クリーナーで流れちゃっているので(汗)少しわかりにくいんですけど、よく見ると黒っぽく斑模様の

ように見えると思います。 結構付いていました(^_^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりましたね!

リアも・・・

綺麗になりました(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングが済みましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリしました!!

ルーフも・・・

クリヤーですね。

ボディサイドだって・・・

曇りが無くなってライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(^_^)/

リアも・・・

施工前の写真と見比べて頂くとスッキリ感の違いがよく分かると思います。

ホイールも・・・

艶出しをして仕上げております。

そしてダイハツ キャスト スタイルの新車コーティングが完成いたしました!

新車以上に綺麗に!そして輝いておりますヽ(^o^)丿

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取りってからコーティングしますと艶と透明感か向上致します!

更に今回使用致しました「EXE-evo1」がいい艶を出します(^_-)-☆

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試していますがやはりシミが付きにくい

印象です。 水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、曇り(白ボケ)が酷い等、何かしらの不具合が

ある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

H28年式のスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーです!

ご購入から3年が経ちボディの汚れが気になってきたそうでボディコーティングのご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって、あまり”3年経った感“は感じません(*^^*)

とは言え3年と月日が流れたのは紛れもない事実(笑) よくよく観察していけばやはりそれ相応の痛みも

ございます。

では3年経過致しましたジムニーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様がお話していたように意外と傷んでいました(^^;)

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーでも、近くで見ると見えてしまいます。

ルーフも・・・

シミだらけでした(^▽^;)

ドアミラーの付け根なども・・・

汚れが溜まっております。  どうしても隙間や溝などに汚れが集まり、固着してきます。

ボディサイドは・・・

こちらは垂直面という事もあってシミは少ないですね! ただ少しクスんでいるようで

ライトの映り込みもボヤけています。

ホイールは・・・

少し汚れ気味ですね(^_^;)

 

こうやって近くで観察していくとオーナー様がお話ししていたように汚れや痛みが気になります。

確かにシルバーは汚れや痛みが目立ちませんが、目立たないだけで付いている事には違いありません。

この塗装面に付いているシミやスクラッチ、また塗装のクスミ原因である酸化被膜を除去する事で

艶や透明感が復活いたします!

ご購入から3年、お車をリフレッシュするいいタイミングだと思います!

艶々ボディを目指して作業開始~!!

 

ボディの前に今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水系のケミカルをご利用されていたのでしょうか? 何となく撥水していた感じがしますが

いずれにせよ、ほぼ撥水力は落ちている様です(^^;)

ガラス表面を磨いてリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

写真の撮り方が悪いのか(汗)それ程多く反応している様には見えませんが、

実際は結構凄かったです(^^;)

リアは・・・

ここもクリーナーで流れちゃったので少ないように見えますが実際は結構ゴイス~でした(古)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!  スッキリとしたのは見た目だけではなく、洗車時のスポンジの

動きがスムーズで引っ掛かりが無くなりますので洗車時にも実感して頂けるのではないでしょうか!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

その磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミだったボンネットのシミも綺麗になりました~!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっています(^_^)/~

クスミ気味だったボディサイドも・・・

スッキリとしてライトも綺麗に映り込むようになっています。

もちろんドアミラー付け根の汚れも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールも・・・

黒さも戻り艶々です!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

リフレッシュ完成です(^_^)/

シミやスクラッチ、クスミも無くなってスッキリと透明感ある仕上がりになりました!

スチールシルバーメタリックが少し明るくなったと思います(*’▽’)

シルバーやホワイトなどライトカラーは比較的シミやスクラッチが目立たずにお手入れも楽なボディカラーです。

しかしだからと言って傷まない訳ではございません。時間が経てば経つほどに嫌でも痛みが進んできます。

そしてある時に気が付くんです“あれっ、なんかこんなんだったっけ??”と。

いつしか艶も引け、光沢も失せてきます。 そこでもう買ってから時間が経つし、しょうがないと諦める事は

ございません!  磨くのです(笑)  磨けば綺麗になるんです(*’▽’)

ただコーティング剤を塗るだけでは車は綺麗になりません!  磨きなんです!

お車を綺麗にするのは磨きなんです。磨いて綺麗になったボディにコーティング剤を塗ることで

更に綺麗になるんです!! 皆様の愛車は大丈夫ですか?? 一度愛車をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スペーシアギアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアギアのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3のスペーシアギアです!

納車間のない新車のお車になります。

スペーシアギアは当店初入庫になります(^_^)/

ブラックという事もあって一見、結構イカツイ印象ですけど見れば見るほど、つぶらな瞳で

カワイく見えてきます(*^^*)

そんなイカツさと可愛さが同居しているスペーシアギアの状態を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですけど納車から少し時間が経っています。その間に台風の襲来もあり少し汚れていました。

汚れ自体は全然問題ないんですが、よくよく観察してみると・・・

ボンネットの一部にポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 白っぽくモヤモヤと見えるのが

オーロラマークと言われるものでポリッシャーで磨いた時に付いた微細なキズにライトの光が

乱反射してこの様に光が当るとモヤモヤと見えます。

ルーフは・・・

少し汚れ気味です。ルーフはポリッシャーで磨いたような痕跡はございませんでしたが、

軽い拭きキズのようなスクラッチは確認できました(^^;)

ボディサイドは・・・

ドアノブから雨水と一緒にグリスも流れ出てきたようで汚れています。

それと若干塗装も曇り気味でした。

リアは・・・

こうやって見るとそれ程でもないんですけど、リアも若干曇り気味でございました。

 

ボンネットの一部に加修の痕跡も確認できました。これは新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を

除去する為に磨いて、そのキズやシミ等を処理しています。 それ自体はよくある事で、よくある事と言うよりも

黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい、よくある事なんです(笑)

問題はその加修の痕跡が残ってしまっている事です。 ちゃんと磨かないと(磨けない作業者だと)磨いた痕跡が

残ってしまいます。 しかも残念な事にこの状態のままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では加修の痕跡いをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も無く綺麗です。範囲外はちょっと油っぽい様です(^^;)

リアは・・・

もっと油っぽい様です(^▽^;)  ウインドウに油が付く要因は色々とあります。

その一つは油が大気中に舞っている事です。

車から排出されるガスや工場や焼却所、また美味しそうな焼肉屋さんの前を通ると、いい匂いの香りと共に

油も浴びてしまっています(笑)

また自宅の換気扇の近くに駐車している場合も、知らず知らずのうちにサンマのいい香りと共に油も浴びているかも

知れません(笑) から揚げ・天ぷら・野菜炒め・・・要因は沢山です。  ←  食べ物ばっかりかよ(^▽^;)

油自体は大気中に舞っていますので避けようがございません。

ただ、そのまま放置してしまうと頑固なウロコ状の油膜となってしまい簡単には除去する事が出来ませんので

ご注意ください。

話が長くなりましたが・・・

その油分を除去していきます。今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウを綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! ちなみに当店が使用していますウインドウコーティング剤は

撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!   ← 軽く宣伝です(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然伝わりません。

鉄粉自体は少なかったので今回はケミカルを使用しての軽めの鉄板処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。  もちろん加修痕もスッキリと処置いたします!

 

そして磨きが終わりましたら、コーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました~!

もちろん加修の痕跡も・・・

綺麗に無くなりました(^_^)/  白くモヤモヤと見えていたオーロラマークともおさらばです(笑)

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてよりスッキリとしました!

ただ雨が降ると、どうしてもドアノブ等からまた雨水と一緒にグリスが流れ出て来るかと思います。

お車が新しければ新しい程、沢山出てきます。ある意味、新車の証ですけど、困った証でもありますね(^^;)

そしてリアは・・・

こちらも曇りが無くなって、より綺麗にライトが写り込むようになりました。 スッキリです!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、新車コーティング完成いたしました。

いかがでしょうか。 光沢も上がり艶々に仕上がっております(´▽`*)

施工前と比べると、なんと申しましょうか?ボディがスッキリと言いますかクッキリといいましょうか?

ボディラインがクッキリとシャープと言いましょうか?? 上手く言えませんがとにかく見た目の印象が

スッキリとしたと思います(笑)  上手く言えなくてすいません(^▽^;)

上手くは言えませんが愛車とご対面されたオーナー様も『おっ!ピカピカだぁ!!』とお喜びになられて

おりましたので言葉では伝わらない何かが伝わったのだと思います(笑) いゃ~良かった~!(^^)!

 

最近の軽自動車は本当に良くできています。 こちらのオーナー様はミラジーノからの

お乗り換えだったそうですが同じ軽自動車とは思えない程広くて快適だそうです。

ホント最近の軽自動車は広いし荷物もいっぱい入るし静かだしで、これ一台で大抵の事は

まかなえてしまいます。特にスペーシアギアはギアって名前からしてアウトドアにもピッタリです!

BBQなんて最高です!でも焼肉は気を付けてください。  油飛んでますので(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

MAZDA6のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ MAZDA6のボディコーティングです!

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6は納車から間もない新車になります!

ご存知の方も多いと思いますが今年の夏の一部改良時にアテンザからMAZDA6に車名変更されました。

フルモデルチェンジに車名が変更される事はよくある話ですけどモデルの途中での車名変更は

レアケースですね(*^_^*)

そんなアテンザ改めMAZDA6になったマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6の

現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車から間もないんですけど、その間に台風の直撃などもございまして、少し汚れ気味です。

でも台風によるキズやヘコミ等、お車へのダメージも無かったようで良かったです(*^^*)

ルーフも・・・

ちょっと汚れていますね。ちょっとです(笑)

ボディサイドは・・・

ちょこっとだけ曇り気味なんです。

実はボディサイドだけではなくボディ全体的にやや曇り気味(白ボケ)なんですけど写真ですと

上手く伝わらない程度の軽い白ボケです(^^;)

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですけど実は微妙に曇り気味なんです。

タイヤとホイールは・・・

ホイールは軽く汚れ気味ですね。↑の写真だとわからないんですけど実は・・・

タイヤは結構泥だらけなんです(^▽^;)   ホイールハウス内も泥が結構アレですね(笑)

 

納車から間もないお車ですけど連日の雨風でちょこっとだけ汚れ気味でした。

それ自体は全然問題ないですけど肝心の塗装肌の状態が・・・悪くありませんでした!

私的にはマツダ車は以前は新車時の塗装の曇り(白ボケ)が酷い車両が多い印象だったんですけど

最近の車両は以前に比べると白ボケがだいぶ少ない車両が多い気がしています。

でも相変わらず酷いという声も聴きますので、個体差なんでしょうね(^▽^;)

そして今回のMAZDA6ですけど若干の白ボケが確認できますのでスッキリとしていきたいと思います

では作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分の付着で水を弾いていました。

ただ程度としてはまだ“軽い”状態です。これが酷くなってしまうと油膜が簡単には落とせなくなりますので

油膜は早めの処置がお薦めです!

リアも・・・

油分の付着で水を弾いています。  この状態ですと視界が悪くて危険です(;´∀`)

その危険は油膜を・・・

除去してガラス表面をリセットします!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

綺麗に撥水しています。 高速走行時など水玉が流れて視界を確保してくれますヽ(^o^)丿

雨の多い日本では1年中活躍してくれる人気のメニューになります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的な事もあって写真だと相変わらず、いまいちわかりません(^^;) 写真の撮り方が悪いんじゃね~?? と

ツッコまれそうですけど、もう撮っちゃったので仕方ありません。    ← 開き直った~~(;´∀`)

実際のところは鉄粉も少なめでした。リアも・・・

よく見ると黒っぽく点々と確認できますがリアも少なかったです。

という事で今回の鉄板処置は軽めに行ないました。

一応処理後の再チェックの写真も撮りましたが・・・

相変わらず何が何だか・・・(^^;)

違いがわからないね~ っとツッコまれそうです。 でももう撮っちゃったので仕方ありません(^^;)

でもご安心ください。写真だとわからないだけで、ちゃんと綺麗になっています!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

ボディを磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

こちらの新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランです。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます。当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってスッキリとクリヤーになっているんですけど写真だと、どうしても違いが

わかりにくいと言いますか。写真撮るでのが下手と言いますか(^^;)

でも実車を見て頂ければ違いがもっとはっきりとわかります!

リアも・・・

より綺麗に仕上がりました!

そしてタイヤとホイールも・・・

綺麗に洗ってホイールコーティングしています。タイヤも艶出をして綺麗になりました!

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6新車コーティング完成いたしました!

クスミも取れてスッキリと艶々に仕上がりました!

“EXE evo1″もいい艶が出ています(´▽`*)

オーナー様も『ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。そして『外に出したくないなぁ~』と

言われていました。

そうですよね。そりゃそうです。だって外は雨ですもん(^▽^;) 私も出したくないですもん。

でも大丈夫です!洗車をすればまたピカピカになりますので(^_^)/

ピカピカのMAZDA6、何時までも大切にお乗りください!!

 

アクセラがMAZDA3に名称変更されたのを機にマツダは基本、車名を世界で統一にしていくそうです。

それに伴いデミオもモデル途中ですが先日、MAZDA2に車名が改められました。

マツダやることが早いです(笑)

でもロードスターはMX-5とはならずに例外でロードスターのままだそうです。

これは『車名に愛着をもつオーナーたちの意向にも配慮』した結果なんだそうですけど、アテンザもアクセラも

そしてデミオも十分、車名が浸透していますし車名に愛着をもつオーナーさん達も多かった気もしますが

決まってしまった以上私にはどうする事も出来ません。 まぁ、決まる前でも私にはどうする事も出来ませんが(^^;)

でも時間が少し経てばMAZDA6もMAZDA3もそしてMAZDA2の呼称も直ぐに浸透して愛着が湧いてくると思います。

そしていま開催中の東京モーターショーでマツダ初のEV「MX-30」を発表しました!

“CX”系とはまたひと味違うデザインテイストでこれまた日本での発売も楽しみです。

更にロータリースポーツ系の“RX”はどうなってしまうのか?? 興味は尽きません(*^_^*)

これからのマツダにも期待していきましょう!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバルWRX STIのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX STIのボディコーティングです!

WRブルーパールのスバルWRX STIです!

こちらのWRXは納車当日にご入庫くださいました新車のWRXになります。

こちらのオーナー様は今年の春ごろにランエボ9のコーティングでお越し頂いたのですが、

その後しばらくしてランエボ9が故障してしまい、修理をしようと思ったら結構なお値段になると言われ、

思い切ってWRXにお乗り換えになられたそうです。

ランエボ9から乗り換えると静かで快適で車の進化を感じるそうです(*^^*)

そんな快適マシーンの新車WRX STIの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

若干、白っぽく曇っていました。 新車によくある白ボケですね(^^;)

ルーフも・・・

少し新車特有の白ボケが確認できます。 丸いライトの淵がモヤモヤってしているのが確認できると

思います。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいんですがボディサイドも白っぽくモヤけていました。

トランクは・・・

同じような感じですね(^^;)

ホイールは・・・

まだ少ししか走っていませんがブレーキダストで汚れています。

ドリルドのディスクローターなのでダストが出やすいのは仕方ないですね(汗)

しかし黄色いキャリパーがカッコイイなぁ~(´▽`*)

 

スバルの塗装は白っぽく曇りがちの車両が多いです(^^;)個体差もあって綺麗な車もあれば、結構酷い車も

ございます。今回のWRXはそれ程酷くはございませんでしたが、やはり見れば見るほど気になってきます。

白っぽく曇っているとクリヤー感を損ない、また色自体も本来の色に白みがかかってしまいます。

という事で新車もポリッシングが必要になって参ります。

ポリッシングして白い曇りを除去する事でより一層綺麗な新車に仕上がります!

ではWRX STIの新車コーティングを始めていきましょう~。作業開始!!

 

まずは洗車です。その後に今度はボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

鉄粉少なかったです(*^^*)  よくよく見るとポツポツと確認できると思いますが

その位の付着量でした。

ちなみにリアも・・・

とても少なかったです!

という事で今回の鉄板処置はケミカルでの軽い除去作業に致しました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしたんですが・・・写真だとどうしてもスッキリと映らないです(^▽^;)

ルーフの写真の方がスッキリの具合がわかりやすいと思います↓

モヤモヤとしていた丸いライトの輪郭がスッキリとしたと思います!

ボディサイドは・・・

こちらも施工前と見比べて頂くとスッキリ感が違うと思います。

実車で見て頂く方が違いがよくわかるんですけど・・・(^^;)

是非皆様もご自分の目でお確かめください!

トランクは・・・

こちらもスッキリとクリヤーになりました。

そして最後のホイールです。

サッパリと綺麗になりました!

が・・・走ればドリルドローターからの贈り物が届く事でしょう(^^;) 

でもそれと引き換えに強烈なストッピングパワーが手に入ると思えば大丈夫です!

何が大丈夫かはよくわかりませんが(汗)とにかく・・・

WRブルーパールのスバルWRX STIの新車コーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

白っぽい曇りも無くなり青味が増しました。また透明感も出て、よりクリヤーで艶やかなボディに

なったと思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗ですね~。色が濃くなった気がする!』と言われていました。

おそらく気のせいではないと思います(笑) 青さの深みが違います!!

このモデルのWRX STIも年内で生産が終わってしまします。(WRX S4は継続です)

綺麗なWRブルーパールのWRX、まさにスバルのイメージそのものですね!

そんな最終型WRXを何時までも大切にお乗りください(^.^)/

 

スバルの長年にわたって主力エンジン、EJ20型が今年12月で生産終了とのアナウンスがありました。

1989年から30年に渡りスバル車に使われていた主力エンジンです。

一言でEJ20と言いましてもNAだったりターボがあったり、またDOHCやSOHC等バリエーションが

非常に多いエンジンでした。 もちろん形式名は同じEJ20でも初期のエンジンと現在のエンジンとでは

別物と言っていい程、毎年のように進化してきました。あのWRCや現在のスーパーGTで走っている

BRZにも使われています。(レース用ですけど)

そんな名機と言われたEJ20を新車で買えるのも今が最後のチャンスです!

現在開催中の東京モーターショーに最後の限定車となる「EJ20 ファイナルエディション」が、公開されました!

555台限定です!こちらは11月11日までのエントリーで抽選になりますので欲しい方は今すぐお申し込みを!!

私も欲しいところですが・・・買えません。 高いっす(^▽^;)

でもまぁ私のエクシーガもEJ20なので、それで良しとしましょう(笑)

NAですけど(^^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

メルセデスAMG CLA45シューティングブレークです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスAMG CLA45シューティングブレークのボディコーティングです!

H28年式のメルセデスAMG CLA45シューティングブレークです!

ご購入からちょうど3年、車検のタイミングでコーティングの再施工のご依頼を頂きました。

上の写真ですと艶もまだまだ感じられてお綺麗ですが近くでよ~く観察いたしますと

そこには3年分の痛みも所々に見えてきます。

では3年経過致しましたメルセデスAMG CLA45シューティングブレークの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチが目立ちにくいホワイト、しかも写真と言う事で目立ちませんが実は結構シミや

洗車キズと思われるスクラッチが多いんです。

↓もボンネットですがこちらの写真の方がスクラッチが見えやすいかと思います。

と言っても何だかわかりませんね(^▽^;)  もっと拡大してみましょう。

よく見るとライトを中心にグルグルとキズが見えると思います。そのキズでライトの光が

拡散しています。 また塗装面のクスんでいて透明感が感じられません(^^;)

ルーフも・・・

写真ですと綺麗に見えますが実際は先ほどのボンネットの写真と同じ状態でした。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程シミやスクラッチは多くはありませんでしたがクスミが進んでいました。

リアゲートも・・・

ライトを中心にグルグルとキズが確認できると思います。

ホイールは・・・

少し洗い残しが気になります(^^;) おそらく車検時に洗ってくれたのかな??

 

ボンネットやルーフの水平面の痛みがやはり進んでいました。 どうしても水平面は紫外線の影響を

受けやすいですし、汚れやなども載りやすいです。しかも洗車時もスポンジやクロスに力が入りやすいので

細かな洗車キズが入りやすいです(^^;) まだまだコーティング自体は効いているので頑固な水アカの

固着などはなく艶もあってお綺麗かと思いますが、逆にまだお綺麗なうちにコーティングの再施工を

行っていった方が、結果塗装の研磨量も抑えられます。ですので今回はいいタイミングでの

再施工ではないかと思います。

では作業を進めていきましょう! 作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

反応しまくりです(^▽^;)  洗車時からスポンジが引っかかるので気にはなっていましたが

やはりそうでしたか(汗)

リアも・・・

沢山付いています。 もちろんルーフもボディサイドも、もれなく沢山付いておりました(^^;)

鉄板処置が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗にサッパリとしましたヽ(^o^)丿

リアも・・・

綺麗になりました~! 綺麗って気持ちいいですね(笑)

鉄板処置が無事終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

マスキング終了!そして磨いていきます。今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7やV-110がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

それとはまた違うコーティング剤となります。

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7やV-110よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりましたよ~。

もう一つのボンネットの写真で見ても・・・

グルグルと見えていたスクラッチもスッキリです。

もちろん拡大しても・・・

綺麗になりましたヽ(^o^)丿  スクラッチが無くなった事で光の拡散も無くなってますね!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

ボディサイドだって・・・

シミも取れてクッキリとスベスベですね。

リアゲートも・・・

グルグルと見えていたスクラッチが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールも・・・

隅々まで綺麗にしてホイールコーティングしました!

艶々です(*^^*)

そしてメルセデスAMG CLA45シューティングブレークのボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりましたよ~ヽ(^o^)丿

各部の仕上がりでも見て頂きましたが、写真よりも実車の方が違いを感じて頂けると思います!

スクラッチやシミが無くなって塗装がクリヤーになったことで塗装面が平らになり

変な光の反射がなくなり周りの景色も綺麗にスッキリと映り込むようになるんです。

オーナー様も『綺麗になった!』とお喜びになられているご様子でした。 ありがとうございます。

 

 

洗車すると多かれ少なかれ残念ながら洗車キズは付いてしまうものです(^^;)

少しでも洗車キズを低減するには泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます(^^;)洗いも、ふき取りも優し~くです!!

もう一つのポイントはスポンジや拭き取りに使っているセーム皮やマイクロファイバーなどは

定期的にお取替えください。

いっけん綺麗でまだまだ使えそうな気がしますが、そこが意外と落とし穴です。スポンジや繊維の間に

細かな砂などが入り込んでいる事も多いのでお気を付けください。

それと度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までにこちらをどうぞ!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ アクアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アクアのボディコーティングです。

H24年式のスーパーレッドVのトヨタ アクアです!

前期型のアクアになります。アクアも発売から7年以上経過していて、その間に実は2度ほど

マイナーチェンジでフロントフェイスが変更されています。

パッと見た感じでは、どのモデルも同じ様に見えますが微妙にライトの形状が変わっていたり

バンパーデザインが変わっていたりします。 各モデルを比較して何が変わったのか探してみるのも

楽しいですよ(笑)

そしてこちらのアクアは前期型という事もあって塗装の痛みも進んでいました。一度綺麗に

リフレッシュするのには、いいタイミングかと思います。

では7年経過致しましたアクアの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

↑の写真ですと少しわかりにくいんですが、意外とシミは少なめです。

ただスクラッチは多めでした(^^;

ルーフも・・・

傷んでいます。

ボディサイドは・・・

スクラッチ多めが伝わるかと思います。  実際に見るともっと多いです(^▽^;)

リアは・・・

意外と、と言ったらアレですが、意外と綺麗です(笑)

ホイールは・・・

汚れは少ないのですが、塗装が劣化しているようで”薄さ”を感じます。

 

7年経過していますので鉄板で出来ている部位の痛みは、それ相応の痛み具合だと思いますが

樹脂で出来ているパーツ類の塗装の痛みが激しくリアスポイラーなどは・・・

この様にクリヤーが浮いてきています(;´∀`)  触るとプカプカしています(汗)

この状態ですと磨く事はもちろん出来ません。と言いますかほとんど何も出来ません。

触るのも怖いです(大汗)と言う事で今回はこの様な状態の樹脂パーツの部位は優し~く洗うだけに

なってしまいますが早速作業を進めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の除去をおこなっていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

流れちゃっているので少しわかりにくいかも知れませんが黒っぽくダラ~と流れているのが

クリーナーに反応している鉄粉です。 結構多かったです。

リアも・・・

良く見ると黒っぽく流れ出ているのが確認できると思います。 リアもと言うよりボディ全体、鉄粉が

多めでした。

鉄粉を処置しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました(^_^)/

鉄板処置が済みましたらマスキングをして・・・

ポリッシング準備完了です。

そのポリッシングですが今回はベーシックプランでの磨きになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。

今回のアクアの様に現状より綺麗にしたい!”とお考えの方や、状態にもよりますが新車ご購入から

1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、塗装の傷や痛みがひどくないお車、また施工料金を抑えたい方等に

おススメのプランになります。  お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合も

ございます。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

今回は軽めの磨きでしたが、思っていた以上にスクラッチが除去出来ちゃいました(*^^*)

ベーシックプランは基本的に1度のポリッシュで仕上げます。その1度で出来る限り綺麗に

なるようにポリッシャーやバフ、コンパウンドの組み合わせを考えています。

しかし同じような組み合わせでも塗装によってスクラッチの取れる割合は変わってきます。

柔らかい塗装はスクラッチが取れやすいですし硬い塗装はスクラッチが取れません。

今回のアクアは柔らかいようで、1回のポリッシングでも予想以上にスクラッチが

取れました。

ルーフも・・・

良く見るとシミやスクラッチは残っていますが、だいぶ綺麗になりましたね!

ボディサイドは・・・

スッキリです(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

ホイールの塗装も痛みが進んでいましたので、あまり強いケミカルは使いませんでした。

それでもだいぶ綺麗になったかと思います。

そしてスーパーレッドVのトヨタ アクア、ボディコーティングが完成いたしました!

水アカやクスミも取れてスッキリと艶々のスーパーレッドVに復活いたしました!

赤くなったと思います(笑)

これでまた新たな気持ちで気持ちよ~くアクアにお乗り頂けるかと思います!

どうしても月日が経過していくとボディが汚れ透明感も無くなります。こちらのアクアは色褪せが

気になる程進んではいませんでしたが赤は色褪せが進行しやすいカラーの筆頭になりますので

注意が必要です。 ひと昔前の赤は本当に色褪せが酷かったんですが最近は塗装も進歩していて

昔ほどは色褪せしなくなりました(*^^*)

とは言えどのカラーも時間が経てば痛みが進み本来の色艶が無くなってきます。

そこで磨きです! 磨いてコーティングをしますと新車時のような色艶が復活いたします!

もちろん塗装がボロボロでしたら無理ですが(^▽^;)

定期的に磨いていけば何時までも綺麗なまま愛車に長~くお乗りになる事が出来ます。

長く乗りたいからこそ途中途中でボディをリフレッシュしていけば、より長く愛車に乗り続けようと

思う事でしょう。 乗り換えも勿論いいと思いますが1台の車と長~く付き合うのも、またいいものだと思います。

皆様も一度愛車のリフレッシュいかがですか??  気持ちいいですよ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。