日産ルークスのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ルークスのボディコーティングです。

H22年式シルキーシルバーメタリックの日産ルークスです!

こちらは最近ご購入されたお車で少し気になる所もあるとの事でご来店下さいました。

シルバーと言う事もあってそれ程傷んでいる印象もないんですけど・・・ご入庫後に改めて観察してみると

思っていた以上に・・・(^_^;)

という事で早速ルークスの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

初期登録からだいぶ経ちますのでスクラッチやクスミ等がやはり気になります。

透明感もありませんね(^^;

ルーフも・・・

だいぶ傷んでいて塗装がガサガサとしています。

ルーフだけではなくボンネットもそうなんですけど、そのガサガサは見た目だけでは無く

撫でてもガサガサでした。と言うかザラザラでした。もうイヤな予感しかしません(笑)

ボディサイドは・・・

ボディサイドもスクラッチが多いんですけどシルバーという事で目立ちません。

しかしクスミもあってライトの映り込みがぼんやりとボヤけているのはお分かり頂けるかと

思います。

それとオーナー様が気にしていられた・・・

サイドステップのシミです。 ドア下部から流れ出てくるグリス分を含んだ雨水等が流れ出てきて

それによってシミになってしまったようです。 左右とも数か所ほど確認できました。

しかしシミと言うより既にクリヤー層が完全にやられてしまっている感じでしたので

磨いても多分落ちないと思います”とオーナー様にご了承いただいてからの作業となりました。

リアは・・・

ボディサイドよりライトの映り込みがスッキリとしていますね!

ホイールは・・・

年式を考えますと悪くない状態ではないかと思います(^^)

 

初期登録から約10年経過していますので、やはりそれ相応の痛みや劣化は確認できます。

特にボンネットやルーフのザラ付き感はなかなかのものです(^▽^;)

どうしても年月が経てば傷みや劣化は避けられないんですけど、だからと言ってそのまま諦める事も

ございません。 もちろん限界はございますがスッキリとそしてサッパリとリフレッシュする事が

可能です! では日産ルークスのリフレッシュを始めてまいりましょう!

作業開始!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。・・・といきたいところなんですけど・・・写真撮るのを忘れていたみたいです(T_T)

すいません。

ボディもそうだったんですけどウインドウも水玉コロコロに撥水しておりました。

後でオーナー様お聞きしたら、何もしていないと言われていましたので、おそらく販売店で

納車仕上げで撥水系のケミカルを使ったんでしょうね。 コロコロでした(^^)

しかし・・・

あくまでも納車仕上げ用の簡易的な撥水剤ですので惜しげもなく落としてガラス表面を

リセットいたします。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。 が・・・

先ほどのイヤな予感が的中です(^^;) 宝くじは当たらないのにイヤな予感はよく的中します(笑)

見た目のガサガサ感や撫でた時のザラザラ感の要因がこの鉄粉です。

ルーフも・・・

なかなかの鉄粉っプリです。 この鉄粉量のお車には、なんか久々にお会いした感じです(^^;

頑張って鉄粉を落としていきます!  がんばれ俺!!

そして鉄粉除去をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

おぉ! 綺麗!!

ルーフも・・・

だいぶサッパリとしましたね! 頑張った俺!!(笑)

鉄粉を落としただけでもボディに明るさが増しましたよ(^^)

その後マスキングをして・・・

ボディを磨いていきます。

その磨きですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチやシミ、そして鉄粉等の不純物もなくなって透明感が復活しました!

ツルツルですヽ(^o^)丿

そしてガサガサのルーフも・・

だいぶ綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

クスミもなくなりライトの映り込みもスッキリとシャープになりました。

それとサイドステップのシミですが・・・

やはり残ってしまいました。少し目立たなくなったかもしれませんが完全に治すなら

再塗装になってしまうと思います。

リアは・・・

こちらもスッキリと仕上がりました。

最後にホイールです。

艶も出て綺麗になりました。

そしてシルキーシルバーメタリックの日産ルークス、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_-)-☆  シルバーメタリックは洗車キズやシミなど塗装肌の

痛みはあまり目立ちません!

しかし目立たないだけで実際には付いています(汗)その洗車キズやシミ、そしてクスミがお車から

艶を奪っています(;´∀`) でも諦める事はございません!  磨けば光ります!

しっかりと塗装を整えてからコーティングをすればまだまだ艶も出て輝きを取り戻します!

中古車ご購入時やお車ご購入から数年、なんだか最近、愛車の艶がないなぁ~と感じたら皆様も

大切な愛車をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか!!きっと愛着がいっそう湧く事でしょうヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メルセデスベンツC220dのボディコーティングです。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、今年もカービューティープロ カラーズを宜しくお願い致します。

 

今年もブログ頑張って書いていきますので引き続きお付き合い頂けると幸いです。

昨年は約1か月遅れでのスタートでしたが今年はブログ掲載約2週間遅れからのスタートです!

今年の年末には、どれ位の遅れになっているのか今から楽しみです。    遅れてるのかよ~~~~~~。

では2020年カラーズブログの始まり始まり~~(^_^)/

 

今年初めに紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングです!

オブシディアンブラックのメルセデスベンツC220dです!

光が当たるとキラキラと輝くメタリックのブラックになります。

こちらのC220dはH30年式でディーラーの試乗車に使われていたお車だそうで昨年の夏ごろに

ご購入されたとの事でした。しかしシミが酷くて当店にご相談に来られました。

↑の写真ですと綺麗に見えますが近くで確認しますと確かにシミが凄いです(;”∀”)

なかなかの凄さなので文章では上手く伝わらないと思うので(^^;早速写真でご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

全面シミだらけです(;´∀`)

もう少し近くで見てみましょう!

何だかシミというよりシワに見えますね。 シミシミと言うよりシワシワって感じです。

もちろんメタリック感なしですね(^^;

ルーフも・・・

ゴイス~(;´∀`)  いゃ~凄いですね~。

新車登録から1年でこの状態ってかなり凄いです(汗)

当然トランクも・・・

シミシミです。いゃ、シワシワです。

ボディサイドは・・・

写真がいまいちですいませんm(__)m ボンネットなどの水平面程は酷くないんですけど

実は結構シミだらけなんです。 また深めの線傷も確認できます。

ホイールは・・・

あまり汚れていませんでした。

 

ご覧いただきました様になかなかのシミシミっぷりです(;´∀`)こちらのC220dはご購入時に販売店にて

ボディコーティングをお願いしたそうです。ですので艶感などは悪くはないんですけど、

いかんせんシミシミです。シミシミを通り越してシワシワです。

あまりにシミシミな仕上がりだったので販売店に磨き直してもらったそうですが、あまり変わり映えしない

仕上がりで戻ってきて“これ以上は無理です”と言われたそうです(;´∀`)

いゃ~多分これは磨き直しはしていないと思います。 と言うかコーティングを依頼した時点でも

ほぼ磨かないでコーティング剤を塗っただけなような・・・そんな気がします(汗)

そんな気はしますが実際は販売店がどの様な作業をしているか私にはわかりませんので

何とも言えませんが当店は当店の作業方法で早速作業を進めていきたいと思います(笑)

では作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に塗装面に付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、すでにお気づきかと思いますけど・・・

黒いボディですと紫色に反応していても写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも実は結構多めに付いていてボディだとわかりにくいけど・・・

下に垂れるクリーナー液は紫色なんです(^.^)

鉄粉を処理しましたら今度はマスキングをして・・・

いよいよ磨いてまいります。今回はボディの状態が少しアレなんで(^^;プレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

人気急上昇中のカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それと今回はフロント&リアバンパーのメッシュ部とドアミラー部の樹脂コーティングの

ご依頼もいただいております。

↓はフロント部のビフォーです。

こちら↓はリアです。

どちらもやりごたえ満点のメッシュ形状です(^▽^;)

アフターです↓

艶も出て黒さも増したと思います。

リアも・・・

引き締まりましたヽ(^o^)丿

 

それでは、その他の仕上がり具合も確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもサッパリとなくなりました!(^^)!

もちろん近くで見ても・・・

綺麗ですよ~!  メタリックも確認できますね!! 白っぽく点、点、点 点、点、点、・・・と無数に

見えるのがメタリックです。 埃じゃないです(笑)

ちなみに仕上がりをご覧になったオーナー様が『ライトの映り込みが綺麗。ライトの中の

模様まで綺麗に映り込んでいる』と、お喜びになられていました。 そう!そうなんです!!

いつも写真だと↑のようにライトが白い丸にしか映らないんですけど、実際はライトの中のブツブツとした

模様まで綺麗にボディに映り込んでいるんです!   皆様も是非ともご自分の目でご確認ください!!

 

ルーフも・・・

白っぽい点、点、点 点、点、点、・・・はメタリックです(笑)

シワシワだった塗装肌がクリヤーで滑らかになりましたね! よかったよかった(^.^)

トランクも・・・

シミシミのシワシワが潤いを感じるツルンツルンになってます。 いゃトゥルントゥルンでしょうか??

ボディサイドも・・・

サッパリとしました。

線傷は深かったので完全には消せませんでした。でも実際に見るとそれ程に気ならない程度には

なっていると思います。

最後にホイールです。

こちらは販売店にてホイールコーティングも行っていたそうですのでブレーキダストの

固着も少なくツヤツヤに仕上がりました。

そしてオブシディアンブラックのメルセデスベンツC220dのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 クリヤー感、艶感が違います(^_-)-☆

それとメッシュ部の樹脂コーティングが黒くなった事でフロントとリアをキリッと引き締めております!

結構印象が違うと思います。

オーナー様も『うわぁ~凄いなこれでモヤモヤとしていた気持ちがスッキリとした!!』と、とても

お喜びになられておりました! そして“うゎ~汚したくねぇ~”と叫びながらお帰りになられました(笑)

 

私がよくコーティングは下地が重要と言っていると思いますが、今回のC220dを見て頂いて

その意味が伝わったかと思います。

いくらどんなにいいコーティング剤を使っても下地がシミシミのシワシワだったり、また曇ったり傷んだりしている

塗装面にコーティング剤を塗っただけでは綺麗には仕上がりません! 塗装面はシミシミのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(^_^;)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください。

例えば例えばですよ、専門店の『カービューティープロ カラーズ』などはいかがでございましょう?? ( ̄▽ ̄)

お待ちしております(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ウィッシュのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ウィッシュのボディコーティングです。

H22年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュです!

こちらのお車は約2年程前に一度ボディコーティングを施工させていただいたお車になります。

まだ2年ですが再施工のご依頼なんですけど、これには深~い訳がございまして・・・

と言いますのも今年の秋にやって来た大型のアノ台風の影響でボディが傷だらけに

なってしまったそうです(;´∀`) 傷が付いたのはボディだけではなくウインドウにも傷が付いてしまい

ボディの一部を除いて・・・というよりほぼほぼ全塗装と言ってもいいくらい広範囲を再塗装されたそうです。

ウインドウも数か所ほど交換です(T_T)

という事で、ほぼほぼ全塗装ですので全部再施工するのと変わりませんので再施工のご依頼となりました。

ではほぼほぼ全塗装されましたウィッシュの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットです。

意外と、と言ったら失礼かもしれませんが意外と綺麗でした(^^; 再塗装された車は

再塗装後に行う磨きで、磨きキズだらけの場合が非常に多いので今回も覚悟していたんですが

磨きキズもそれほど多くはなかったです。 ↑の写真だと全然わからないと思いますが

場所を少し変えると・・・

こんな感じでギラギラと磨きキズが見えてきます。 と言われてもどれ?

これです。 写真ですと光の線に見えますが実際はもっと光を当てるとギラギラと光って見えます。

これが磨きキズです。今回パールホワイトですのであまり目立ちませんがこれがダークカラーの色ですと

もうギンギラギンです。

ギンギラギンにさりげなくと言われてもマッチそれは無理だよって話です。 ← なんの話だぁ。

ルーフは・・・

軽い汚れはございますが塗装自体はこれまた意外と綺麗でした。

もちろんよく見ると所々に深い磨きキズは確認できます(^_^;)

ボディサイドも・・・

思っていたよりは綺麗に磨かれているんですけど実は場所場所によって磨きにかなり差があって・・・

少し場所を移動すると↑のように磨きキズがございます。(光の線に見えるやつです)

ホイールは・・・

お綺麗ですね! 以前は違うホイールでしたが今回を機にノーマルホイールに戻されたそうです(*^^*)

 

何度も言っていますが正直思っていたよりは磨きキズが少ない状態でした。

もっと磨きキズがグルングルンのギランギランかと覚悟していました(^▽^;) 少しホッとはしましたが

所々にかなり深い磨きキズがございます。 それも点在しているんです。

それが少し心配ですが頑張って作業していきましょう!

では作業開始~!!

 

ボディの前にウインドウです。今回フロントウインドウとリアのサイドウインドウも交換されたので

ついでにウインドウも全て再コーティングのご依頼です。

↓は現状です。

交換されたばかりですので油分の付着も少なかったです。

とは言え何も付着していない訳ではないので新品のウインドウも綺麗にしていきます。

綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

コロコロと綺麗に撥水していますね!

これでウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後に塗装面に付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

↑ボンネットです。 流石に再塗装からそれ程、月日が経っている訳ではないので少ないですね!

リアは・・・

ここはフロントに比べると少し多めに付いています。と言いますのも、ここ再塗装していないからです(^.^)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったですけど綺麗です(笑)

リアは・・・

こちらもスッキリとしましたね!

その後に今度はマスキングをしていきます。

いつもよりマスキングが少ないと思ったあなた! そうです!少ないんです!!

いつもなら初めにほぼ全部マスキングしてから磨きをするんですが、塗装の状態や部位などによっては

磨く直前に貼って磨いたらすぐに剥がす方法で作業しています。 今回も色々と総合的に判断して

とりあえずここまでマスキングして残りは磨きながらマスキングしていきました。

そして磨いていきます。

今回の磨きプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

施工前より滑らかな肌になったと思います。

もちろん・・・

ギラギラと見えていた磨きキズも綺麗になり光の線もみえなくなりました。

ルーフは・・・

艶やかで潤いを感じますねヽ(^o^)丿

ボディサイドも・・・

綺麗に仕上がっています。

所々にあった深い磨きキズですが今回の磨きでは完全に消せないものもありましたが

それでも施工前のように光が当たってもギラギラと見える事はございません。

ギラギラしてないでしょ(笑)

最後はホイールです。

元々お綺麗でしたがよ~く洗って艶出しもしていますのでツヤピカです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュ、ボディコーティング完成いたしました!

塗装から上がってきたお車でしたのでパっと見た感じではお綺麗でしたが

所々に磨きキズが残っている状態でした。その磨きキズが艶を引かせたり、クリヤー感を奪ったり

また光を乱反射させてしまいギラギラと見えたりしていました。 その磨きキズを無くし、塗装の肌を

滑らかに整える事でギラギラもなくなり艶もクリヤー感も向上します!  いゃ しました!!

少し余談ですけどボンネットのエンブレムが付いていない事が気になっている方も多いかと思います(笑)

これは当初、ボンネットはカーボン柄でラッピングをご希望でしたので、わざわざエンブレムを付けないで

ご入庫くださったんです。 しかし色々とご相談の末、今回はラッピングなしとなりました。

そんな経緯でエンブレムは付いていないんです(^_-)

エンブレムを取り付けて本当の意味での完成になります。その記念すべき最後の仕上げはオーナー様の手に

委ねられました! という事で本当の意味での完成形は私も見ていません(^▽^;)

次回のご入庫楽しみにしています!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクサスRX200tのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスRX200tのボディコーティングです!

H28年式のレクサスRX200tです!

グラファイトブラックガラスフレークと言う名のブラックです。 ガラスフレークと言う事で光が

当るとキラッキラに輝くブラックなんです(^^)

黒にしてはシミやスクラッチが目立たなく、ソリッドブラックほど神経質な黒でもない、比較的お手入れが

楽なブラックカラーです!

とは言え光の加減ではやはりスクラッチが気になってしまうのも事実で、オーナー様も細かなスクラッチや

シミが気になるとの事で当店にご入庫くださいました。

では早速ですが3年経過のレクサスRXの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

こちらの写真だとそれ程酷くない感じに見えますが、スクラッチがやや多めに付いていました。

ルーフは・・・

ライトを当てるとガラスフレークがキラキラとして写真だと上手く写らないんです(^^;)

でも3年程経過しているブラックカラーと思うと状態は悪くない方だと思います!

ボディサイドは・・・

これまたライトを当てるとキラッキラなんであれですが(^^;)実は細かなスクラッチが意外と多いんです。

でもクスミも少なくてクリヤー感はそれ程損なわれていない感じですね!

リアは・・・

↑の写真が一番スクラッチが見やすいと思います。(赤枠) この様な細かなスクラッチがボディ全体に

入っていました。

それとリアバンパーには・・・

傷付き防止のプロテクションフィルムを剥がした跡が残っておりました。

ボディが黒いので尚更目立ってしまいますね(^^;)

ホイールも少し汚れ気味でした。

 

全体的に細かなスクラッチが付いておりますが3年経過のブラックカラーと考えますと

お綺麗ではないかと思います。

今年の夏ごろにご購入されたそうですが、その時に販売店がサービスでコーティングをしてくれたそうです。

オーナー様も言われていましたがコーティング剤を塗っただけじゃないのかな??と。

確かにコーティングからまだ数ヶ月でこのスクラッチの多さを考えると・・・

おそらく軽くは磨いているような気がします(笑) クスミも無いので。ですので塗装表面の

汚れを落とす程度のかる~い磨きをしてコーティングしたのではないでしょうか?? たぶん(笑)

または比較的状態がいい車両でしたので、オーナー様の推理どおりコーティング剤塗っただけかも知れません。

いずれにしろ車を綺麗にするのはコーティングではなく下地となる塗装表面を如何に綺麗にするかです。

もちろんコーティング剤を塗ればコーティング剤による艶は出ます。

しかし、いい艶が出る高価なコーティング剤を傷んだ(汚れた)塗装面に塗っても・・・勿体ないだけです(^^;)

綺麗な塗装面に塗ってこそコーティング剤が効果を発揮するというものです!

という事で早速、塗装面を綺麗にしてコーティングしていきましょう。作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉などの異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

黒いボディカラーですとわかりません(^^;)

リアも・・・

付いているんだかついていないんだか??  実は付いているんです(笑)

写真だとわかりませんが実際に見て頂くと反応しているのが確認できますよ(^_-)-☆

鉄粉処置をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

ボンネットもリアも・・・

違いがわかりませんね(^▽^;)  すいません。

その後にマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-V110ですが、ボンネットとルーフにはPCX-V110とは違うコーティング剤を使用しています。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7やPCX-V110がスタンダードですが今回ボンネットとルーフに使用した

コーティング剤はそれとはまた違う低撥水性のコーティング剤となります。

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

クリヤーで艶々です!

ボディサイドは・・・

より一層ガラスフレーク感を味わえると思います!

リアも・・・

スクラッチも無くなって綺麗です。塗装面の滑らかさも違います(^_^)/

リアバンパーの剥がし跡も・・・

綺麗になりましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX200t、ボディコーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました!! 同じコーティングでも下地を綺麗にしてからコーティングすると

輝きが違うんです(^_^)/ 特にブラックカラーはスクラッチが多いと光が乱反射してしまい

白と言うかグレーっぽく車が見えてきてしまいます。

そのままコーティングしても何だか艶を感じるグレーっぽい黒に仕上がるだけです(笑)

ですのでコーティング前の下地が大切です。スクラッチを除去すると透明感のある深い黒に仕上がる事が

出来るんです。

オーナー様も『色が変わったみたい。黒が違う!大満足です。』と、その違いを実感して頂けたご様子でした!

そうなんです黒が違うんです。よりガラスフレークがキラキラと輝き華やかな黒になったと思いますヽ(^。^)ノ

実はオーナー様の息子さんも同じレクサスRXの色違いに乗られているそうです。ほぼ同じ時期にご購入された

そうですが息子さんのRXの方が綺麗で、ちょっと悔しい思いをされていたようです。

でももう大丈夫です!!

輝きを増したグラファイトブラックガラスフレークのRXを息子さんに自慢しちゃってください(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ソウルレッドのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

ソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2です! ソウルレッドクリスタルメタリックは

当店初入庫になります(^^)

少し前にセラミックメタリックのMazda2をご紹介致しましたがカラーが違うと全然雰囲気が

変わってきますね(*’▽’)  セラミックメタリックはカジュアル、ソウルレッドは重厚感あるプレミアムな

雰囲気ですね。  皆様はどちらがお好みですか??

そんな重厚感あるソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

上の写真だと少しライトの淵がモヤけて見えますが実際はもっとスッキリと綺麗に

映り込んでいます。

ルーフは・・・

こちらの写真ですと少しボヤッとしている感じですけど実際はもう少しお綺麗です(^_^)

ボディサイドは少し曇っているんですけど上の写真達との違いがわかりませんね(^▽^;)

このソウルレッドって塗料(塗り方の)関係でしょうか?写真だと上手く写せないんです(汗)

本当です(写真の腕かも知れませんけど)

リアは・・・

ホント若干なんですけど曇っているんです(^^;)

ホイールも・・・

少しだけ汚れていました。

 

全体的に塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態でした。

毎回マツダの新車時に言っている気がいたしますけど私的にはマツダ車は塗装の曇りがやや酷い傾向という

印象なんですが最近のマツダは品質が安定したのか?何かが改善されたのか??以前ほど

曇りの酷い車両には遭遇しません(^^) 特に以前のソウルレッド”プレミアム“メタリックは塗装の“塗り”

含めて個体差が激しかったんですが今回のソウルレッド”クリスタル“メタリックは塗装の質が向上している

印象を持ちました。  ただソウルレッド”クリスタル“メタリックは今回、当店初入庫ですので・・・(^▽^;)

今後のソウルレッド”クリスタル“メタリックがどのような”質”なのか楽しみです(笑)

では作業を始めてまいりましょう!作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご紹介です。

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼を頂く事が多い人気の

オプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

油分などの付着も少なく水を弾いていませんでした。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

たとえ綺麗だからと言ってそのままコーティングする訳ではございません(^_^)/

更にガラス表面を綺麗にしてからコーティングしていきます!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは雨だけではなく実は雪や霜にもとっても有効なアイテムなんです!

これからの季節にも是非どうぞ~(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボンネットも・・・

リアもほとんど反応がございませんでした!

全く付いていない訳ではございませんが、とっても少なかったです。

私的にはマツダの新車は比較的鉄粉が結構付いている印象なんですが、今回のMazda2はお綺麗でした(^_^)/

という事で軽めの鉄粉処理をしています。

それが終わったら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近ご指名が増えてきましたカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

こうやって見ると若干ですがイクラっぽい感じですけどイクラではございません! 水玉です(笑)

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真がね~(^▽^;) 実際はもっと綺麗にクッキリと綺麗なんです(汗) 本当なんです(^^;)

ルーフは・・・

こっちの写真の方が何となく施工前後の違いがわかって頂けるかも??

ボディサイドは・・・

写真がね~(笑) より綺麗になっているんですけどね~。

施工前後の写真をよ~く見比べて下さい。ライトの映り込みがクッキリとしていますから~(^^)

リアも・・・

是非見比べて下さいね(笑)

ホイールは・・・

違いがわかりやすいです(笑)

それもそのはず、今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますのでコーティングでツヤピカです!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックの新車Mazda2、新車コーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々新車ですので艶もあったんですけどコーティング後は更に艶々でクリヤーなんです(^_-)-☆

EXE evo1がこれまたいい艶を出すんです。

EXE evo1のワンランク上の艶を皆様も是非お試し下さい! いいですよ~(*^^*)

オーナー様も『うわっ~すげ~。すげ~綺麗!!ピカピカ!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。 ピカピカMazda2を堪能してください!

より輝きを増したソウルレッドクリスタルメタリックのMazda2のご紹介でした!!

 

ソウルレッドと一言で言っても実は2種類ございまして、以前はソウルレッドプレミアムメタリックで

現在はソウルレッドクリスタルメタリックに進化しました。

以前のプレミアムより現在のクリスタルの方がより陰影がハッキリと出るカラーになっています。

光の当たっている面は鮮やかな赤に、そして影の面は深い赤に(黒っぽく)見えます。

ですので明るい所で見ると鮮やかな赤と深みある赤のメリハリが強調されボディの面やラインが際立ちます。

マツダ曰く・・・『「カラーも造形の一部」という思想の下、魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる

カラーの開発に力を入れています。』とボディカラーにも強い拘りがあるようです。

今後もどんなカラーが出てくるのか楽しみです!  ← ちょっとマニアかな(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新車アルファードのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

ブラックのトヨタ アルファードです! 納車間もない新車でございます。

夏にご契約され約4ヶ月程の納車待ちの末、めでたく納車となりました(^_^)/

いゃ~納車待ち長かったですね! アルファードは現在でも納車待ちが長いとは噂では聞いておりましたが

ここまでとは(^^;)  やはり人気車ですね!!

そんな納車間もない新車アルファードの現状を早速確認していきたいのですが、

当店ご入庫時は雨でしたので・・・

現状を確認できません(^^;) まぁこれが現状と言えば現状ですが塗装面状態がわかりませんので

洗車後に撮影したのがこちらです↓

写真ですとライトが少しボヤッと見える感じですけど実際は曇りもなく綺麗にライトが

映り込んでいました!

ただ・・・

フロントフェンダーには何やら白くポツポツと異物が付着しています。

それを落とそうとして拭いたのでしょうか?拭きキズが付いています。

その割には全然落ちていません(^_^;)

助手席側にも・・・

同じような異物が付いているんですけど何でしょう? ワックスやコンパウンドの残りの様にも

見えますがこちら側には磨いた痕跡や拭いたような痕跡もありませんし・・・謎です。

ルーフは・・・

こちらも曇りも無くお綺麗です!

ただよ~く見ると軽めの線キズが数本確認できました(^^;)

ボディサイドは・・

こちらもお綺麗です!

ホイールは・・・

こちらは洗車前の状態です。 雨の走行後と言う事もあって若干汚れ気味でした。

 

全体に塗装面は曇りも無くとてもお綺麗な状態でございました。ただフロントフェンダーと助手席側に

謎の白い付着物と拭きキズが付いていました。おそらく納車時から付いていたのではないかと思いますが

今となってはそれが何なのかまでは残念ながら特定は出来ません(;´∀`)

毎回のように言っておりますが新車時(納車時)が実は一番いい状態ではなくて、何かしら不具合が

有る事がとても多いです。

その様な不具合箇所を修正してコーティングしますと新車以上に仕上げる事が出来ます!

今回も新車以上を目指して作業開始~!!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

新車ですけど何となく撥水しているような・・・??

油分による水弾きなのか、納車仕上げ時に撥水シャンプーを使っているのか??

でも撥水シャンプーにしては弱いので単なる油分のような気がいたします。

いずれにしろ・・・

ガラス表面をリセットします(笑)

ちなみに運転席と助手席のウインドウは元々、撥水ガラスですので今回はその他のガラスを施工致します!

市販品でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、下地が汚れたままコーティングしても

本来の性能を発揮しませんので必ず油膜除去をしてからコーティングして下さい。

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをしまして・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

実車で見ると反応しているのが分かるんですけど写真だとね~(;´∀`)

今回は鉄粉自体が少なかったのでケミカルを使用しての軽めの鉄粉処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたので写真だと違い感が分かりませんね(汗) いゃ~困った(^^;

しかし・・・

何だか分からないアレも、そしてアレを取ろうとして付いた拭きキズらしき物もスッキリと

除去できています!

もちろん反対側に付いていたアレも綺麗に除去できました!

反対側のアフターの写真を撮ろうとしたんですけど、あまりに綺麗に除去できたのでアレが付いていた場所が

何処だか特定できなくてなっちゃって・・・写真ありません(^^;)すいません。 でも綺麗に除去できています!

ルーフは・・・

綺麗ですね!  黒さの深みが増したと思います!

ボディサイドも・・・

黒々ですね!  いゃ~ホント黒いです(笑)

リアだって・・・

綺麗ですよ~(^_^)/

最後にタイヤとホイールも・・・

黒々と仕上げましたら・・・

ブラックのトヨタ アルファード新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

元々新車なんでお綺麗ですがそれでも施工後はより黒さに深みが出て艶々に仕上がります!

オーナー様も『うわぁ~めちゃくちゃ綺麗!光っている!!大満足です!!』と、

とてもお喜びになられておりましたので間違いないと思います(笑)

待ちに待ったアルファードの納車。待った分だけの魅力あるお車だと思います。

これから末永く大切にお乗りください(^_^)/~

 

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要です(^^)

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファロメオ スパイダーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファロメオ スパイダーのボディコーティングです!

H21年式のアルファロメオ スパイダーです。 モンテカルロブルーと言う名の綺麗で爽やかなブルーです!

まるでモンテカルロの海の色の様ですね! もちろん私、モンテカルロには行った事はございませんので

あくまでもイメージです(^▽^;)  きっとモンテカルロの海はこんな綺麗なブルーなんでしょうね!

アルファロメオと言うと、どうしても真っ赤なアルファレッドをイメージしてしまいますが

ブルーも似合っています。特にオープンカーにはブルーが似合うと私は勝手に思っています(笑)

そんな爽やかなモンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズと思われるスクラッチが結構凄かったです(^^;) 実際に見ると↑の写真より1,5倍は

凄い感じです(笑)

ルーフは・・・

幌ですのでスクラッチがありませんが(笑)猫の毛でしょうか??

それらしい毛が付いています。

トランクは・・・

これまたスクラッチが盛大に付いておりました。

でも写真に撮ると盛大さが少し薄れてしまいます(笑)

ボディサイドは・・

やはりスクラッチが多いです。それと写真をよく見てもらうとわかるかと思いますが、塗装の肌が

ガサガサとしていてクスんでいます。

ホイールは・・・

汚れてはいますけどブレーキダストの付着は少ないですね。

 

水色系のカラーはシミやスクラッチが目立ちにくくてパッと見た感じではお綺麗に感じますが、

各部のアップでご覧いただきました様に塗装面に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いています。

また酸化被膜で塗装面が覆われてしまっているようでガサガサとした状態です。その為に透明感も引けていました。

オーナー様に伺ったところ、洗車の頻度も多いとの事でスクラッチが多いのも納得です(^^;)

しかし洗車の頻度が多いので雨ジミはとても少なかったという事実はご報告しておきましょう(*^^*)

では早速、作業を進めてまいります。作業開始~!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ とても10年経っているとは思えない程鉄粉が少ないですね(*‘∀‘) 素晴らしい~。

トランクも・・・

お乗りになられた年月を考えると、とっても少ないと思います!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットもスッキリです。

トランクも綺麗になりました。

そしてマスキングをしましたら・・・

磨きの準備が整いました(^_^)/

そして磨いていきます。

今回のお選びいただいたプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤『PCX-V110』です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして艶々になりましたヽ(^o^)丿

ルーフは・・・

専用のクリーナーで洗っています! 写真だと少しわからないかも知れませんが、だいぶ黒さを

取り戻しております。 もちろん(=^・^=)の毛は付いていませんニャ~。

トランクも・・・

深いシミやスクラッチは残っていますが、9割は落とせたかな?(笑)

クリヤー感が全然違います!

ボディサイドは・・・

こちらも深いスクラッチは残っていますが酸化被膜を除去したので塗装に透明感が出ました。

ガサガサしていた肌も解消しています!

最後にホイールとタイヤも・・・

よ~く洗い艶出しをしましたら・・・

モンテカルロブルーのアルファロメオ スパイダー、ボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 いい艶に仕上がりました(^_-)-☆

モンテカルロブルー本来の艶を取り戻したと思います。 クリヤー感、光沢感共に新車にも

負けていないかと思います(*^^*)

いゃ~これでモンテカルロの海沿いの道をオープンにして走ったら気持ちイイでしょうね~。

私の勝手なイメージだとアルファロメオ スパイダーはやっぱり山や高原と言うよりも海って感じです(笑)

海沿いをオープンにして颯爽と走りたいものです。 でもきっと私だと似合わないんだろうぁ~(;´∀`)

 

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の多い方は

どうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど

洗車キズはやはり少ない傾向です。 なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の動画がございますので、

ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

セラミックメタリックのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです!

セラミックメタリックの新車Mazda2です!

この型のモデルはデミオ時代から何台も作業させて頂いておりますが、このセラミックメタリックは

当店初入庫になります(^_^)/ と言うよりこのカラーが設定されている事すら知りませんでした(汗)

デミオ時代を含めてあまり見かけないカラーで少し新鮮です!

気になったので(笑)少し調べたらデミオの時代に限定車として設定されていたようです。そしてMazda2に

改名された現在は通常のカタログモデルとしてセラミックメタリックが設定されたようです。

いゃ~スッキリしたヽ(^。^)ノ  プチ情報でした(笑)

そんなセラミックメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

曇りでシャキッとしていませんね(;´∀`)

ボディサイドは・・・

同じくライトがモヤモヤッとした映り込み具合です。

これでは気持ちもモヤモヤとしてしまいます(^^;) 気持ちを切り替えてリアを見ていくと・・・

やっぱりモヤモヤとしていました(笑)

ホイールも・・・

若干汚れておりました。

と以上のように全体的に塗装面がモヤモヤと曇っていて気分もスッキリとしない状態でした。

これの曇りがよく新車に見られる白ボケと言われる状態です。

多くの方が新車時(納車時)が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に白ボケしている

新車が非常に多いです。またメーカーによっても状態は様々です(^^;)

今こそ全ての日本国民に問います! このままの状態でコーティング剤を塗ってもいいのか?」と(笑)

いい訳がありません!そんなことしたらチコちゃんに叱られてしまいます(^▽^;)

この状態のままコーティングをしてしまえば曇りを閉じ込めてしまう事になります。

結果、艶はあるけど何だか透明感がいまいち・・・そんな事になってしまいます。

ですので新車でもボディも磨きが必要になってきます!

もちろん当店では新車も磨いております。

ではワンランク上の新車を目指して作業を開始していきましょう(^_^)/ 作業開始~!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので軽めの鉄板処置を行いました。

あまり変わり映えしませんけど、せっかくアフターの写真を撮ったので・・・

ボンネットもリアも更に・・・

スッキリと綺麗になりました!

綺麗になったら今度はマスキングをしていきます。

マスキング完了! ここまでがボディを磨く為の下準備となります(^_-)-☆

そしてボディを磨いていきます。今回の新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティングへと進みます!

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの淵モヤモヤもスッキリしましたね!

ルーフも・・・

曇りも取れてライトがシャキッと映り込むようになりました(^_^)/~

ボディサイドは・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)

リアも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになっています。

ホイールも・・・

綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

セラミックメタリックのマツダ Mazda2、新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました! これならチコちゃんに叱られる事はないでしょう(笑)

正直、写真ですと施工前後の違いが分からないかも知れませんが各部のアップで見て頂きました様に

曇りも取れてスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がっております。

実際に見て頂ければ艶やかさの違いを実感して頂けると思います(^_^)/

今回のMazda2は若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

チコちゃんに叱られる前に新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

こちらのダイハツ キャストは納車間もない新車のお車になります!

ご存知の方も多いと思いますがダイハツ キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」

3つのタイプがあって、今回お越しくださったのは「スタイル」になります。

見ての通り「スタイル」はシックで落ち着いた大人な雰囲気になります!

そんな大人な雰囲気のキャスト スタイルの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

少しだけ汚れ気味ですけど、それを差し引いても若干曇り気味です。

ルーフも・・・

ボンネット程は曇りは気になりません。

ボディサイドは・・・

こちらの若干曇っていて映り込んでいるライトの輪郭がぼやけていますね。

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;)

ホイールは・・・

納車間もないとは言え、どうしても走れば汚れてしまうものですね(^_^;)

 

ご覧頂きました様に基本的にはお綺麗なんですけど、なんでしょう?なんと言いますか・・・

スッキリとしていないんです。 スカッ!っとしていないと言ったらわかりやすいかも??です。

オブラートに包まれているかのように透明感が足りません。

ちなみに・・・子供の時は薬を飲むのにはオブラートが無いと苦くてたまりませんでしたが

今ではオブラートなしでも苦い薬も飲めるようになりました(^_^)/  大人になったなぁ~俺。

ほんとアレがあって良かった~(笑) それとオブラートだけを一枚舌の上に乗せるとオブラートが

解けていくじゃないですか? あれって楽しくなかったですか??

好きだったなぁ~アレ。  ← どうでもいい話でした(笑)

話がそれましたが、車って新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり

加修(塗装の手直し)の後が残っていたり保護シートの糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をもっとスッキリとした気持ちいい状態に仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉の除去を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

意外と付いていますね(^_^;)  まぁでも新車でもこれ位付いてるのは珍しい事でもないんです。

リアは・・・

クリーナーで流れちゃっているので(汗)少しわかりにくいんですけど、よく見ると黒っぽく斑模様の

ように見えると思います。 結構付いていました(^_^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりましたね!

リアも・・・

綺麗になりました(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングが済みましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリしました!!

ルーフも・・・

クリヤーですね。

ボディサイドだって・・・

曇りが無くなってライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(^_^)/

リアも・・・

施工前の写真と見比べて頂くとスッキリ感の違いがよく分かると思います。

ホイールも・・・

艶出しをして仕上げております。

そしてダイハツ キャスト スタイルの新車コーティングが完成いたしました!

新車以上に綺麗に!そして輝いておりますヽ(^o^)丿

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取りってからコーティングしますと艶と透明感か向上致します!

更に今回使用致しました「EXE-evo1」がいい艶を出します(^_-)-☆

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試していますがやはりシミが付きにくい

印象です。 水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、曇り(白ボケ)が酷い等、何かしらの不具合が

ある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

H28年式のスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーです!

ご購入から3年が経ちボディの汚れが気になってきたそうでボディコーティングのご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって、あまり”3年経った感“は感じません(*^^*)

とは言え3年と月日が流れたのは紛れもない事実(笑) よくよく観察していけばやはりそれ相応の痛みも

ございます。

では3年経過致しましたジムニーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様がお話していたように意外と傷んでいました(^^;)

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーでも、近くで見ると見えてしまいます。

ルーフも・・・

シミだらけでした(^▽^;)

ドアミラーの付け根なども・・・

汚れが溜まっております。  どうしても隙間や溝などに汚れが集まり、固着してきます。

ボディサイドは・・・

こちらは垂直面という事もあってシミは少ないですね! ただ少しクスんでいるようで

ライトの映り込みもボヤけています。

ホイールは・・・

少し汚れ気味ですね(^_^;)

 

こうやって近くで観察していくとオーナー様がお話ししていたように汚れや痛みが気になります。

確かにシルバーは汚れや痛みが目立ちませんが、目立たないだけで付いている事には違いありません。

この塗装面に付いているシミやスクラッチ、また塗装のクスミ原因である酸化被膜を除去する事で

艶や透明感が復活いたします!

ご購入から3年、お車をリフレッシュするいいタイミングだと思います!

艶々ボディを目指して作業開始~!!

 

ボディの前に今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水系のケミカルをご利用されていたのでしょうか? 何となく撥水していた感じがしますが

いずれにせよ、ほぼ撥水力は落ちている様です(^^;)

ガラス表面を磨いてリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

写真の撮り方が悪いのか(汗)それ程多く反応している様には見えませんが、

実際は結構凄かったです(^^;)

リアは・・・

ここもクリーナーで流れちゃったので少ないように見えますが実際は結構ゴイス~でした(古)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!  スッキリとしたのは見た目だけではなく、洗車時のスポンジの

動きがスムーズで引っ掛かりが無くなりますので洗車時にも実感して頂けるのではないでしょうか!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

その磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミだったボンネットのシミも綺麗になりました~!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっています(^_^)/~

クスミ気味だったボディサイドも・・・

スッキリとしてライトも綺麗に映り込むようになっています。

もちろんドアミラー付け根の汚れも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールも・・・

黒さも戻り艶々です!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

リフレッシュ完成です(^_^)/

シミやスクラッチ、クスミも無くなってスッキリと透明感ある仕上がりになりました!

スチールシルバーメタリックが少し明るくなったと思います(*’▽’)

シルバーやホワイトなどライトカラーは比較的シミやスクラッチが目立たずにお手入れも楽なボディカラーです。

しかしだからと言って傷まない訳ではございません。時間が経てば経つほどに嫌でも痛みが進んできます。

そしてある時に気が付くんです“あれっ、なんかこんなんだったっけ??”と。

いつしか艶も引け、光沢も失せてきます。 そこでもう買ってから時間が経つし、しょうがないと諦める事は

ございません!  磨くのです(笑)  磨けば綺麗になるんです(*’▽’)

ただコーティング剤を塗るだけでは車は綺麗になりません!  磨きなんです!

お車を綺麗にするのは磨きなんです。磨いて綺麗になったボディにコーティング剤を塗ることで

更に綺麗になるんです!! 皆様の愛車は大丈夫ですか?? 一度愛車をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。