トヨタ ラッシュのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ラッシュのボディコーティングです。

H19年チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュです!

こちらは最近ご購入されたお車で初期登録から10年以上経過していますが

走行距離も少なく内外装共にお綺麗でしかもお値段が (´∀`*)ウフフ と掘り出しものに

めぐり逢いご購入に至ったそうです! やっぱり人も車もめぐり逢いが大切です(笑)

そんなトヨタ ラッシュの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

程度がいいとは言えやはり10年分の痛みは確認できます。 シミスクラッチが多く艶が引けていました。

ルーフも・・・

スクラッチが目立ちますね(^^;)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程ではありませんがスクラッチが多くスッキリとしていないです。

リアも・・・

スクラッチやシミで塗装肌がガサついています。

それと背面に付いているスペアタイヤを外すと・・・

何年分の汚れでしょうか??汚れと言うより“泥汚れ”ですね(^^;)

普段の洗車でなかなかタイヤを外す事も無いでしょうからしょうがないです。

ホイールは年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか(^_^)

 

パッと見は確かにお綺麗ですけど、よくよく観察いたしますとそこにはやはり10年分の汚れや痛みは

付いております。しかしこのボディカラー的な事もあってそれ程シミやスクラッチが目立たないです(笑)

目立ちませんが色の奥行きや艶感が感じられないのもこれまた事実でございます(^^;)

せっかくめぐり逢えた相棒ですから、これから始まる相棒との光輝く未来の為にも、まずは相棒を

光輝かせましょう(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分が付いているようで何となく水を弾いています(^^;)

ガラス表面に付いている汚れや油分等を除去していきます。

ウインドウコーティングもボディコーティング同様下地が大切です。汚れた上にコーティング剤を

塗っても本来の力を発揮しません!

下地を整えてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水しています!

気持ちいいですね(*´▽`*) 撥水チェックに問題がなければウインドウコーティングは完成です!

撥水チェックに問題があれば・・・やり直しです(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車です。その後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

屋外展示の中古車などは鉄粉が多く付いている車両が多いので今回も覚悟していたのですが

意外と少なくてちょっとラッキーと思ったのはナイショの話です(笑)

リアも・・・

少なめでございました!

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを使って再チェックしたところです。

ボンネットも↑

リアも↓

スッキリとしました。 もちろん前と後ろだけではなくボディ全体おこなっております。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水のPCX-S8です!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチがスッキリとして艶も出ました!

ルーフも・・・

綺麗になってます(^_^)/

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになっています。

リアも・・・

綺麗ですね~(*‘∀‘) 艶が違います!

もちろんココも↑コーティングしています。

最後にタイヤとホイールも綺麗に艶出しをしましたら・・・

チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュ、ボディコーティング完成いたしました!

相棒が光り輝きましたよ~ヽ(^。^)ノ

艶感は新車にも負けていないと思います!

オーナー様も『10年以上に見えない!10年以上前の車でもこんなに綺麗になるんだ!』と、

とてもお喜びになられておりました!  ありがとうございます。

 

こちらのラッシュは・・・私知らなかったんですけど4WDと2WDがあるそうで2WDの方は

FRなんだそうです。 今回のこちらのラッシュは2WDのFRバージョンだそうです(*’▽’)

これもご購入の決め手でもあるようです(笑) なんせオーナー様は以前はジムカーナなどやっていた

走り好き(´▽`) そんな事もあってこのFRの走りが懐かしく、また楽しいようです。

ちゃんとFRの動きをするみたいです!!

色々とパーツも組みたいようですが、今回はパーツより先にコーティングにお越しくださった

そうで感謝です。そして嬉しい限りです。

ピカピカになったラッシュと共に光輝く未来へいってらっしゃ~い(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ブロンズパールのホンダN-BOXカスタムです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングです!

プレミアムグラマラスブロンズ・パールの新車N-BOXカスタムです!

以前にもこのプレミアムグラマラスブロンズ・パールを作業した事がありますが

これがまたとてもいい色なんです! ↑の写真ですとブラウンに見えますが見る角度や

光の当たり方でグリーンに見えるんです! しかも結構なグリーンです(*’▽’)

まさにプレミアム!!

そんなプレミアムでグラマラスなブロンズパールの新車N-BOXカスタムですが納車から約1ヶ月程

経過しています。では早速現状を確認していきましょう!

↓はボンネットです。

写真だとそれ程酷く感じませんが実はかなり曇っていました(^^;)

ライトなどの周りの景色の映り込みがボヤッとしていると思います。

ルーフも・・・

ボヤボヤなんですけどコレで見るとそれ程ボヤボヤではないですね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらの写真の方がわかりやすいと思います。 ライトの映り込みがボヤッとしています。

それと反対側は・・・

赤丸の中が何となく白っぽく見えると思います。これは磨きキズです。 微細なキズに光を

当てると光が乱反射して↑の様に白っぽく見えます。日陰や暗い所では見えないんですけど

光を当てたりするとギラギラと見えます。

実はこの磨きキズは・・・知らないうちにリアドアからリアフェンダーにかけて線キズが付いていたらしく

それを除去しようとオーナー様がコンパウンドで磨いたそうです。 その磨きの痕跡です(^▽^;)

明るいボディカラーだと目立たないんですけど濃い色ですとやっぱり目立ちます(汗)

そしてリアは・・・

こちらもやはり曇っていました。

 

全体的にご覧いただきました様に塗装面の曇り(白ボケ)がやや酷い状態です。少し前にご紹介しました

黒いN-BOXは曇りも少なくてお綺麗でしたが今回のN-BOXは全体的に曇り気味です。

以前施工させていただきました同じプレミアムグラマラスブロンズ・パールのN-BOXも結構な

曇り具合でしたので車種による違いと言うよりこの色の傾向なのでしょう。更に細かく言ってしまうと

同一車種の同一カラーでも生産ロットによって曇りの程度も違っています(^^;)

こればかりはご自分で選べませんので納車されないとわかりません。 もし納車されたお車の曇りが

酷かったら・・・大丈夫です。 諦める事はございません! 磨けばスッキリとし綺麗になります(^_^)/

と言う事で新車N-BOXカスタムをもっとスッキリと仕上げていきましょう。

作業開始!!

 

まずは鉄粉の付着確認です。

いつの様に洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉をチェックします。

クリーナーが鉄粉に反応すると紫色に見えるんですが・・・見えません(笑)

写真だと色的にわかりにくい&元々少ないので全然わかりませんね(^^;)

全体的に少なかったので今回は軽めに鉄粉処理をいたしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回も新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は曇りが酷いのでやや強めの磨きをしています。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとしました! 実車で見て頂くと↑の写真よりもっとスッキリとクリヤーで

綺麗に映り込んでます!

ルーフも・・・

ライトがクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。そして反対側の磨きキズも・・・

綺麗に除去できました。  乱反射が無くなって白っぽく見える光の拡散もありません!

曇りが無くなってサッパリとしたんですが・・・写真だとあまり変わらないので(大汗)是非皆様も

実車で違いを感じてください(笑)

そしてプレミアムグラマラスブロンズ・パールのN-BOXカスタム新車コーティング完成いたしました!

曇りもスッキリと取れてクリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

薄皮が一枚剥がれた感じと申しましょうか(笑) “白っぽさ”が無くなって

プレミアムグラマラスブロンズ・パール本来の色が出たと思います。 いゃ、艶は本来以上です(笑)

オーナー様『うわぁ ピカピカだぁ!』とお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、今回のN-BOXカスタムの様に曇り(白ボケ)が

酷い等、何かしら不具合がある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

BMW5ツーリングにEXE evo1のご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングのボディコーティングです!

こちらのBMW5ツーリングは昨年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

少し前にメンテナンスも致しましたが・・・再コーティングのご依頼です!

コーティングからまだ1年少々、メンテナンスしたばかりなのに何故??と思われるかもしれませんが

それは・・・

今年の春にカービューティープロから新しいコーティング剤”EXE evo1″が発売されました!

それを試してみたいとの事でご依頼を頂きました。ありがとうございます。

では早速現状を確認していきましょう!

↓はボンネットです。

いつもお手入れされているので基本的にとてもお綺麗なんです(*^_^*)

それでも屋外駐車ですのでよく見るとシミなどございますがお綺麗です!

ルーフも・・・

シミなど確認できますがまだまだ艶もありお綺麗です!

ボディサイドは・・・

シミやスクラッチもとても少ないです!

リアも・・・

お綺麗です!

それと今回は・・・

アンダーグリルのメッシュが色褪せてきたとの事でグリルの樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

ホイールも申し分ない程お綺麗です(*´▽`*)

 

ご覧頂きました様にボンネットやルーフの水平面は確かにシミも確認できますがとてもお綺麗なんです!

前回のコーティングからまだ1年少々でその間にもメンテナンスを3回ほどお越し頂いておりますので

塗装面の状態も良好です! しかし今回の”EXE evo1″の効果を最大限発揮できるよう塗装面を磨いて

再度リセットしてコーティングしていきます(^_^)/

では作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

とっても少ないです(´▽`)  全くない訳ではないんですけど、とっても少ないです(笑)

リアも・・・

少ないですね~!  素晴らしい!!

と言う事で鉄粉除去は軽めに行ないました。とても少なかったので鉄粉除去後に再チェックしても・・・

写真だと違いが分からないと思います(^_^;)

リアも・・・

違いが分からないですね(笑)

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回の磨きですが基本的にお綺麗ですが水平面にシミもございますのでミディアムポリッシングの

エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

同じミディアムポリッシングのプランでも塗装面の状態によってポリッシャーやバフ、コンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティングはもちろん・・・

“EXE evo1″です  当店初施工となります!!

いゃ~ボトルからして神々しいですね~ヽ(^。^)ノ

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

ちなみに水玉撥水タイプです!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深いシミの輪郭など残っていますがサッパリと綺麗になりましたよ!

ルーフも・・・

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

よりシャープでクッキリとライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

リアも・・・

綺麗です!

そしてアンダーグリルも・・・

黒々とそして艶やかです。 やっぱり“黒い”パーツが“黒い”と引き締まります!!

ホイールは・・・

元々お綺麗なんで写真だと違いが分からないかも(^▽^;)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングが完成いたしました!

正直、写真ですとEXE-evo1の良さが伝わらないかも?です(^^;)     いゃ写真が下手なのか!?

ですが実車ですと膜厚感もあって、とてもいい艶です! 艶感の違いが分かりにくいパールホワイトでも

艶の向上を実感して頂けると思います。

オーナー様も『いいですね~。わかります!わかります!違いますね~!』と違いを感じて頂けた

ご様子でございました。 ありがとうございます。

 

新しい「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も”PRO-MAX EXE”より少し高めの設定となりますが、差額分以上の

効果を実感して頂けると思います!

そのお値段ですが価格表をHPにUPしようと思ったのですが・・・

未だにUP出来ずにいます(^▽^;) HPの価格表更新はもう少々お持ち下さい。

今月中にはケリをつけるつもりです(笑)

もちろんお電話やメールでのお問い合わせは大歓迎です!

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クリスタルブラックパールのN-BOXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

クリスタルブラックパールの新車のホンダN-BOXです!

新車ですが納車から当店にご入庫されるまで3週間近くお待ち頂きましたので(すいません)ご入庫時は

少々汚れ気味でした。 ↑の写真のように少し”引き”ですと汚れが見えずに艶々に感じますが

近くで見ると・・・

こんな感じです(^^;)

これだと塗装面の状態が確認できませんので洗車後に撮影した写真で現状を確認していきましょう!

それがこちらです↓

↑ボンネットです。

白ボケ(塗装面の曇り)が少なくてお綺麗ですね!

ルーフは・・・

ボンネット同様、曇りも少ないんですけど線キズが確認できます。

とてもデリケートなホンダのクリスタルブラックパールですので納車時にはこれ位の

線キズが入っている事は全然珍しくありません(;´∀`)

線キズだけならまだしも・・・

加修跡も確認できます。 これは納車前に付いたシミやキズなど手直しをした跡です。

日陰や暗いところですと確認困難ですが日が当たる所やライトを照らすと白っぽくモヤモヤと

顔を出します。

キッチリと手直し(磨き)が出来ていればこのモヤモヤも出ないで綺麗に直るのですが・・・(^^;)

その様な加修跡が・・・

数か所確認できました。  ライトの周りが白っぽく見えるのが(光の拡散)磨き跡です。↑の写真だと

それ程広い範囲に見えませんが実際は結構広範囲に付いています。

リアも・・・

白っぽくモヤモヤと確認できました。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

ホンダのN-BOXの新車は塗装面がモヤモヤと曇っている事(白ボケ)が非常に多いのですが

このクリスタルブラックパールは曇りも少なくてとてもお綺麗でした。

何度かこのクリスタルブラックパールを施工させて頂いておりますが他のカラーに比べて

曇りが少ない印象です(*‘∀‘)

しかしとてもデリケートで有名なクリスタルブラックパールですのでスクラッチが付きやすいんです。

ホンダのクリスタルブラックパールに限らずですが“黒”はキズが付きやすく目立ちやすいので

納車前に付いたキズやシミを除去する為に”磨き”が入っている事が非常に多いんです(;’∀’)

この磨きキズが付いたままコーティングしてしまえば、もちろんこのままな訳ですし・・・

しかも残念な事にそのままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです!!

では早速、新車のホンダN-BOXを新車以上に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車をして、その後に鉄粉除去をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

毎度の事ながらボディが黒いと何が何だか(笑)   実際の所はちょっと付いてるかな~という感じです。

全然伝わりませんね(^^;) ごめんなさい。

ポツポツと付いてはいますが鉄粉が少なめ&デリケートな塗装ですので軽めに鉄粉処理を行ないました。

その後マスキングをして磨いていきます。

今回も新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたがよりスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ(^^)

それとボディサイドの磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!

これで日が当たっても白っぽいモヤモヤッとした奴らが顔を出す事もありません!

反対側も・・・

スッキリとしました。

リアも・・・

モヤモヤとした光の拡散が無くなってキリッとシャープな映り込みになりました(^_-)-☆

綺麗なホイールも艶出しで更に綺麗にしましたら・・・・

クリスタルブラックパールのホンダN-BOX新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々、引きで見るとお綺麗でしたけど(^^;) 今度は引きで見ても近くで見ても綺麗です(笑)

光沢も上がり艶々に仕上がっております。

こちらのクリスタルブラックパールはパールと言いながらもソリッドに近い風合いの

パール感を押さえたブラックです。ですので仕上がりもソリッドブラックの様な引き締まった凝縮感

あるブラックになります!

なんと言いましょうか??施工前と比べると、ボディがクッキリといいましょうか?シャープと

言いましょうか?はたまた立体感が出たといいましょうか??  上手く言えませんがとにかく違います(笑)

オーナー様も『すごい綺麗!!ちょっと感動しています』と感動して頂けたようです(笑) ありがとうございます。

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、花粉の季節には花粉ジミが付いているなど

何かしら不具合がある事が残念ながら非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

シルバーメタリックのトヨタ ヴォクシーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ヴォクシーのボディコーティングです!

H26式シルバーメタリックのトヨタ ヴォクシーです!

5年経過のヴォクシーになります。パッと見た感じではとても5年経っているとは思えない程

お綺麗ですが、よくよく観察しますとそこはやはり5年分の痛みが見えてきます(^^;)

では早速ですが5年経過のヴォクシーの状態を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

5年経過しておりますので、それ相応のシミやスクラッチが付いています。

ルーフも・・・

シミが多くクスんでいます。

ボディサイドは・・・

一度修理で再塗装をしているそうです。  という事で塗装が曇っています(^^;)

リアゲートは・・・

垂直面ですのでシミも少ないですね!

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

5年経過ですが色が明るいシルバーメタリックと言う事もあってパっと見た感じでは

お綺麗です。しかしよくよく観察しますとやはり全体的に年式相応の痛み具合ではないかと思います。

ボンネットやルーフはシミが多くあり塗装もクスミが進んでいました。それと再塗装部位の曇りが

かなり酷く、修理していないパネルと見比べると景色の映り込み具合が全然違ってしまっています。

今回はこの辺りも他のパネルと違和感が出ないように仕上げていきましょう!

では作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

多かった~(;´∀`) 洗車時にスポンジが引っかかるので多いとは思っていましたが

期待を裏切らない多さでした(笑)

リアも・・・

クリーナーが流れてしまっていて分かりにくいですけど、リアも多かったです(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュと吹き掛けて再チェックします↓

期待を裏切らない綺麗さです(笑)

リアも・・・

スッキリとしましたよ!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨き上げるだけでもボディの艶は出ますがコーティングする事で更に艶感がアップし、

そして塗装面を保護します!

そのコーティングがこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

人気の水玉撥水です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!ライトが綺麗に映り込んでいますヽ(^。^)ノ

ルーフも・・・

クスミが無くなってクリヤーですね!

ボディサイドは・・・

こちらも曇りが無くなってスカッとしました。修理していない他のパネルとの違和感も

無くなったと思います(^_^)

綺麗だったリアゲートも・・・

より綺麗に、そしてシャープにライトが映り込むようになりました。

ホイールも・・・

艶々です。

そしてシルバーメタリックのトヨタ ヴォクシー、ボディコーティングが完成いたしました。

透明感ある艶々ボディに仕上がりました!いい艶に仕上がりましたよ~(´▽`)

ツヤピカボディに復活です!

このシルバーメタリックはとても明るい綺麗なシルバーで洗車キズやシミなどあまり目立ちません!

しかし目立たないだけで実際には付いています(汗)その洗車キズやシミ、そしてクスミがお車から

艶を奪っています(;´∀`) 怖いですね~。 徐々に傷んで行くので毎日見ていると気が付かないんです。

そしてある時に気が付くんです。”なんか艶が無いな~”っと。特に新車が横に止まったら全然違う(;’∀’)と。

でも諦める事はございません!  磨けば光ります!

もう新車が横に止まっても大丈夫(笑)  艶感負けませんよ~(^_^)/

皆様も大切な愛車をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか!!

きっと愛着がいっそう湧く事でしょう!!

 

洗車すると多かれ少なかれ残念ながら洗車キズは付いてしまうものです(^^;)

少しでも洗車キズを低減するには洗車は泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます(^^;)洗いも拭き取りも優し~くです!!

それともう1つ注意して頂きたいのがスポンジや拭き取りに使っているセーム皮や

マイクロファイバータオルなどです。

パッと見ではわかりませんが使用していると細かな砂や異物が中の方に入り込んでいるものです。

そのスポンジでボディを擦ると・・・細かなキズが付いてしまいます。

そうならない為にも見た目が綺麗な感じでもスポンジやセーム皮・マイクロファイバータオルなどは

定期的に交換してください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産エクストレイルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXになります!

ノーマルのエクストレイルに対して専用のアンダーガードやホイールを装着し、オフロード寄りの

タフなイメージを強調した人気のグレードです(*^^*)

近くで見ると意外とデカくてイカツイです。 黒ですので尚更です(笑)

こちらのエクストレイルは新車です。そんな新車エクストレイルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車とは言え納車から約10日程経過していて、しかも雨にも降られていますので

少し汚れています。 また花粉ジミや”蜂の糞“の付着が多かったです。

汚れていても何となく塗装面が曇っている感じが伝わってきます(^^;)

ルーフも・・・

汚れを差し引いても、少しボヤけ気味です。

ボディサイドも・・・

何となくスッキリしていません。

それと・・・

リアゲート部にはポリッシャーで磨いた痕跡が確認できます。

ライト右横が白っぽく見えると思います。これはキズやシミなどを加修した跡です。

ホイールもやや汚れ気味です。

 

写真が洗車前の状態ですので塗装面の曇りが少しわかりにくいんですけど、全体的に

ボヤけ気味でスッキリとしていませんでした。

また加修の痕跡も確認できます。新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を除去する為に

磨く事はよくある事です。よくある事と言うより黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい

よくある事なんです。 問題はその加修の痕跡が残ってしまってる事です。

普段はもしかしたら気が付かないかもしれませんが、日が当ったりライトが当たると

そこだけギラギラと光って不自然に見えます。これは加修跡(磨きキズ)に光が当るとキズで光が

乱反射して見えてしまう為です。

この加修跡もサッパリと仕上げていきたいと思います。では作業開始!!

 

まずはウインドウからです。新車コーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼を

いただく事が多い人気メニューです。

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでまずはウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です。

↑フロントウインドウは油分の付着も無くお綺麗ですが・・・

リアウインドウはやや油っぽいです(^^;)

これを・・・

綺麗に落として下地を整えます。下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも・・・

油っぽかったリアウインドウも綺麗に撥水しています!

全ウインドウを確認しましたらウインドウコーティングは完成です。

 

そしてボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

見えません。実車だと近くでよ~く見るとポツポツ確認できますが写真だとキビシイですね~(^_^;)

今回は新車ですので軽めに行ないました。

そしてマスキングです。

黒いボディに黄色いマスキングテープ姿・・・結構好きなんです。私(笑)

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

特に今回はスクラッチシールド車ですのでマッチングがとても大切です。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤は…

低撥水性のハイディーンを使用致しました。

シミの付着が気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白っぽく点々と見えるのは・・・ホコリです(^^;) ごめんなさい。

花粉のシミは除去できていたのですが”蜂の糞”の跡は既に塗装面を痛めてしまっていて・・・

除去できませんでした。  蜂の糞は塗装を痛めます。

写真を撮ればよかったんですが・・・

撮らなかったので(汗)以前作業した違う車の画像です↓

塗装が↑のようにプクッと膨らんで来てしまいます。 結構短時間で↑こうなりますので

蜂糞は早めに対処してください。

話がそれましたがルーフです↓

ルーフも綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

あれっ!?写真だとあまり変わり映えしない??・・・(汗)

よ~く見てください!ライトの輪郭がシャープに映り込むようになっていますので(*^^*)

そしてリアの加修跡も・・・

スクラッチ除去出来ました!  白っぽく見えていたギラつきもスッキリと無くなりました。

そしてホイールはホイールコーティングしています。

意外と複雑な形状で大変でした(笑)

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX新車コーティング完成いたしました!

クリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

いゃ~気持ちいいですね!

最近の日産車やトヨタ車で、一般のクリヤ塗装よりキズが付きにくく、更にキズを自動修復してくれる

特殊なクリヤー塗装車が多くなってきました。

日産はスクラッチシールドでトヨタはセルフリストアリングコートですね!

こちらのエクストレイルもそのスクラッチシールドなんですが・・・加修跡は消えていません(^_^;)

自動修復なので消えてもいいんですが・・・実際は消えないんです。 逆に磨きキズが付きやすくて消しにくい、

違う意味でも”特殊な”クリヤー塗装なんです(^_^;)

このスクラッチシールドを磨くには特殊クリヤーの知識が必要なんですけど、そこを理解していないと

スクラッチシールド車を磨く事はできません。 いゃ磨く事は出来ても仕上がりは車全体が加修跡だらけのように

ギランギランになってしまいます(^▽^;)  怖いですね~

中にはスクラッチシールド車など特殊クリヤー塗装車はお断りするコーティング屋さんもあるようです(^^;)

スクラッチシールド車でお断りされてお困りでしたら当店にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバル インプレッサスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル インプレッサ スポーツのボディコーティングです。

クォーツブルーパールの新車のインプレッサ スポーツです!

こちらのオーナー様は以前よりスバルXV等で当店をご利用いただいており、今回はXVから

インプレッサ スポーツにお乗り換えになられたそうでコーティングのご依頼を頂きました。

ボディコーティング以外にもウインドウコーティングやホイールコーティングのご依頼も

頂いております。ありがとうございます。

では早速スバル インプレッサ スポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から数週間程経過しているという事もあって花粉によるシミも

確認できます。塗装面も若干曇り気味です。

ルーフも・・・

多くはないですが花粉の影響を既に受けておりました(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でライトの映り込みがボヤッとしています。

リアは・・・

こちらもボヤけ気味です。

ホイールは・・・

以前のXVに装着していたホイールを既に移植済みです。そして汚れ気味です(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干曇り気味(白ボケ)で更に季節柄、花粉の影響も受けていて花粉ジミが確認できます。

若干曇り気味の塗装面は、ある意味スバルらしいです(^^;) スバルに限らずですが同一車種の

同じボディカラーでもバラツキがあってスッキリと曇りの少ない車もあればちょっとビックリする程

曇っている車もあるんです。

こればかりは自分で車を選べる訳でもないですし、納車してからでないとわかりません。

もしビックリする程曇っている車が自分の所に来てしまったら・・・ご安心ください!

磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

今回のインプレッサはそこまで酷い曇りではないですが磨けば今以上にスッキリとクリヤーになりますので

磨きを入れて新車以上の塗装肌に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油膜の付着も無くお綺麗です。  これでも水が掛かっているんですよ!

しかし・・・

リアウインドウは少し油ぎっています(笑)

運転席と助手席は元々撥水ガラスですので・・・

それ以外のガラスを綺麗にしてコーティングしていきます。

最後に撥水力チェックをします↓

フロントもコロコロです。

リアもバッチグ~!  今、普段の会話でバッチグ~って言う人はあまり(全然??)いませんけどね(笑)

でもバッチグ~です(^_^)/

尚、アイサイト装着車(フロントウインドウ)へのウインドウコーティングはお客様のご希望が

ある場合のみとなります。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

新車ですがそれなりに付いている様です(^^;) XVの時もそうでしたがお車を止めている場所が

鉄粉が多い場所なんだそうです。

リアは・・・

鉄粉に反応した紫色が“流れ”ているので少しわかりにくいですがリアもやや多めに付いていました。

鉄粉処理をしたら再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました。

鉄粉が終わりましら磨きに備えてマスキングをしていきます。

マスキングは磨きの時に使うコンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店ではマスキングは塗装の状態によっては、

あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など様々です。

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉ジミも無くなりスッキリとしました。

リアも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

スッキリとしてライトの映り込みもクッキリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールもよ~く洗ってコーティング!  艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバル インプレッサ スポーツ、新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々新車で艶がいいので写真だと違いが分かりにくいんですけど(汗)近くで見ていただければ

塗装表面の曇りが無くなって透明感と光沢が更にあがったクォーツブルーパールに仕上がって

おります(^_-)-☆

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見るともちろんキラッといい艶感なんですけど夜の街灯の下

などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね!

きっと惚れ直すことでしょう(´▽`)

あっ!もちろんPAやSAなど安全な所でね(笑)

 

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

今回のインプレッサはそこまで酷い曇り(白ボケ)ではないですが曇りの酷いお車や納車前から花粉ジミが

付いているお車など新車でも何かしら不具合がある事が非常に多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ ステップワゴン スパーダご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴン スパーダのボディコーティングです。

ご覧いただいておりますように雨の中のご入庫でした(^^;)

こちらのステップワゴンスパーダはマイナーチェンジ後の後期型になります。

正直、作業を始めて暫くしてから気が付きました(^^;) よくよく見ますとマイナーチェンジで

顔つきが結構変わったんですね! グリルのメッキパーツがヘッドライトまで食い込んでいる

最新のホンダフェイスになっています。 クールフェイスのイケメンです!

まさに水も滴っているイケメンです(^_-)-☆

こちらのイケメン号は納車からまだ間もない新車になります。

そんな新車のイケメン号の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからですと言いたいところですが・・・

なんせ空から水が滴ってきていたので濡れています。これですと塗装面の状態が

わからないと言いたいところですが、この状態でも塗装面が曇っているのが確認できます(^^;)

↓は洗車後です。

ライトの映り込みがボヤけています。  新車によく見られる白ボケと言われるものです。

ルーフも・・・

ボンネット程ではありませんがボヤボヤっとした映り込み具合でした。

ボディサイドも・・

シャキッとしていません(^▽^;)

リアゲートは・・・

同じ様にぼやけていました。

ホイールは洗車前の写真ですので・・・

濡れている&少し汚れている状態です。

 

全体的に白ボケと言われる曇りがやや酷くクリヤー感が損なわれていました。この状態ですと

景色の映り込みがハッキリとせずモヤモヤとしてしまいます。この白ボケは言われないと気が付かないかも

しれませんが、あまり酷いとお車全体の印象もシャキッと見えなくなるので不思議です(^_^;)

ホンダ車は白ボケ具合が比較的“濃い”場合が多いです。ですのでホンダ車のコーティングは磨きが必須です!!

白ボケを除去しないでコーティングするとコーティングで閉じ込めてしまいます。磨かないでコーティングすると

艶はあるけどスッキリとしない仕上がりになってしまいますので、しっかりと磨いてコーティングしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉の除去をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↑ 少ないですね(^_^)/

リアも・・・

少なかったです。私的にはホンダ車は鉄粉がやや多めの印象なんですが今回のステップワゴンは

とても少なくて良好な状態でございました(^_^)/

しかし少ないからと言って何もしない訳ではありません(笑)

少なくても処理していきます↓

優しく除去してから再チェックします↑↓

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの組み合わせを変えてポリッシングしています。

今回は特にボンネットの白ボケがやや酷かったのでボンネットは通常の新車磨きよりも磨き込んで

仕上げています。

そして磨きが済みましたらやっとコーティング剤の出番です。

新車でもここまでの工程を経ないとコーティングが塗れないんです(*^_^*)

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白ボケがが無くなってスッキリとクリヤーになりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

サッパリとしました!!

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリと映り込むようになりました。

リアゲートだつて・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールも艶出しで艶々に仕上げましたら・・・

ホンダ ステップワゴン スパーダの新車コーティング完成いたしました!

クールフェイスのイケメン号が、粋でいなせなクールフェイスのイケメン号になりました(*’▽’)

曇りが取れてよりクリヤーで艶々です!!

新車のパールホワイトは写真だと施工前後の違いが伝わらないんですけど

実車の方は艶感の向上を感じて頂けると思います(^_^)/

オーナー様も『違う!やっぱり違いますね!』と違いを感じられているご様子でございました!

施工前後の違いが分かりにくい新車のパールホワイトで『違う!』と言って頂けると嬉しいです(笑)

ありがとうございます!

 

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要です(^^)

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スバル WRX S4のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルWRX S4のボディコーティングです!

H28年式WRブルーパールのWRX S4です!

屋外屋根ありの駐車だったそうですが訳あって数か月ほど屋根なし駐車になってしまったそうです。

そしたらあっという間に汚れが進んでしまったとの事です。

屋外駐車でも屋根があるのと屋根がないのではお車の汚れ具合は全然違うんです(^^;

オーナー様もこんなに違うものかと驚いたそうですが、それくらい違うんです。

では3年経過致しましたWRX S4の現状を確認していきましょう!

少し汚れ気味で塗装面の状態が分かりにくいので↓は洗車後に撮った写真です。

花粉にシミも確認できます。しかし3年経過のスバル車と考えますとシミは少ないと思います!

屋根あり駐車場の威力です!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いているには付いていますが少ない方だと思います!

しかしトランクには・・・

局所的に盛大にスクラッチが付いていました。 よ~く見ると丸く何かの跡があったので

何か付いていたのかな?  と思い、あとでオーナー様に聞いたらアンテナがここに付ていたとの事でした。

その痕跡だったんですね(^^)

ボディサイドは・・・

若干曇っている感じでしたがシミもスクラッチも少なくてお綺麗です!

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れ気味です。

 

全体的に艶もあってまだまだお綺麗ですが近くで見ますと細かなシミやスクラッチが確認できます。

ちょうど花粉の時期に屋根なし駐車となってしまっ為にそれ程酷くはありませんでしたが

花粉のシミも確認できました。しかし先ほどお話しましたように3年経過のスバルの

ブルーと考えますと塗装面の痛みは少なく良好ではないかと思います(^_^)

傷んだ塗装面を綺麗にするには研磨(磨き)が必要で痛みが少ないうちに塗装面をリフレッシュすれば

研磨量も少なくて済みます。ですのでこちらのWRX S4もリフレッシュにはいいタイミングだと思います!!

ではWRX S4のリフレッシュを開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

青いボディに紫なんで写真だとよくわかりませんがよ~く目を凝らして見て頂くと

なんとな~く見えてくると思います(笑)

目が慣れると意外と鉄粉が多めに付いている事に気が付きます(^▽^;)

リアも・・・

こちらの方が確認しやすいですね!?

目を凝らして見えてくるはず!さぁウォーリーを探してみてください!  いゃウォーリーはいませんけど(^^;)

 

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックします↓

目を凝らして見ても綺麗です(笑)

トランクも・・・

目を凝らして見ても、もうウォーリーはいません!  まぁ初めからウォーリーはいませんけど(^^;)

鉄粉除去が済みましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

低撥水性のコーティング剤でコーティングしました。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7がスタンダードですが今回使用したコーティング剤は

また違うコーティング剤となります。

私も自分の車などで試していましたがシミの付着も少なくて光沢感も良くとてもいい感じでした!

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

2度塗りと言う事もあってスタンダードなPCX-S7よりお値段は上がってしまいますがシミの付着が

気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも綺麗サッパリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です。

トランクのスクラッチも・・・

無くなって艶々です。

ボディサイドだって・・・

ライトの映り込みもスッキリとクリヤーですね。

今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングして艶々です!

WRブルーパールのスバル WRX S4ボディコーティング完成いたしました!

相変わらず写真だといまいち艶感など伝わらないんですけど(^^;)今回使用したコーティング剤が

これまたいい艶を出しているんです!  クリヤーで艶々に仕上がってます!!

愛車とご対面したオーナー様も『なんじゃこりゃ!』と驚いていました(笑)

いゃ~想像以上に綺麗。映り込みが違う!色が変わった!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございます。

現在は駐車場に屋根が出来たそうで一安心です(*^_^*) 屋根ありと屋根なしでは汚れ方が

全然違うと言いましたがそれ以外にもコーティング剤の耐久性も全然違ってきます。

特に撥水(水弾き)の耐久性が全然違ってきます。

理想は室内空調付きのガレージですけど私には到底無理な案件です(笑)

望みはただ1つ!宝くじ売り場へレッツゴー!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。