「第45回東京モーターショー2017」の展示車両施工に行ってきました!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日は10月25日より東京ビッグサイトで開催されました「第45回東京モーターショー2017」の

展示車両施工に行った時の様子をご紹介致します!

私の今回の担当はUDトラックスと三菱、そしてBMWでした。

まずはモーターショー開催の前日にUDトラックスです!

この日は現地に朝8時集合です。家からだと道が空いていれば2時間もかかりませんが朝の通勤ラッシュを

避けるべく早朝4時00分出発です!

ご覧の様にさっそく10分遅れの出発です。 ( ̄∇ ̄)/ 予定どうり!!

ちなみにこの時聴いていた84.7のFM横浜からはモーニング娘。の曲が永遠に流がれてました。6時まで(笑)

はじめは”マジかよ!”って思ってましたが結局6時まで聴いてしまいました(^▽^;)

人生で”モーニング娘。”を2時間聴くのは最初で最後でしょうが、まぁ朝だけにモーニング娘。という事で

良しとしましょう!

事故渋滞なども無く順調に進み空が白み始めた頃、大黒PAで一休みです!

ここでモーニング娘。とはお別れでした(笑)   なんだかんだ言いながらも懐かしかったですけど。

そしてまだ人もまばらな東京ビックサイトに到着!

当初の予定では前日の23日も施工予定だったんですが諸般の事情により私はキャンセルになってしまい

残念だったんですが23日は台風21号が関東に接近!  ”23日担当の方々は大変だな~”。

道路も通行止めなどもあったので ”いゃ~23日はキャンセルでよかった~” なんて少しホッとしたりしたのは

秘密です(笑)  そして作業開始なんですが・・・

残念ながらこの日はショー開催の前ですので色々な事情により写真はございません。

UDトラックスのFacebookはこちらです → UDトラックス

 

そして2日目は三菱です!

この日は夕方6時集合でしたが・・・あろうことか、この日は台風22号が関東地方に接近(T_T)

そうですね。バチでしょうね。バチが当たったんでしょうね(汗)

雨です。雨が弱まったり強まったりです。 まさか2週連チャンで台風が来るとは思いもよりませんでした(涙)

しかしこんな時思うんです。   ウインドウコーティングしてあって良かった~と(笑)

結構な降りです(^▽^;)

でもこんな時思うんです・・・

やっぱりボディも水が弾いていると気持ちいいな~って(笑)

 

そしてズブ濡れになりながら仕事道具を搬入して作業開始です!

今回はデリカD5アクティブギヤが担当でした。

ちなみにこの日は既にショーが開催されてから数日が過ぎています。ショー開催の前に一度

展示仕上げを行っていますので、この日はメンテナンスになります!

ピカピカですよ~!  後ろにチラッと写っているコンセプトカーのe-エボリューション コンセプトは既に

カバーが掛けられて薄っすらとしか姿が見れませんでした(涙) それでも写真で見るより遥かに

スタイリッシュでカッコ良かったです(^_^)/

デリカD5もオレンジのアクセントが効いててカッコいいです!

最後にカバーを掛けて・・・

終了です!  車が大きいからでしょうか??デリカD5のカバーだけ透明でした(笑)

終わったころには台風も通過したようで雨も上がり夜景が綺麗に見えました。

 

そして最後はBMWです!

3日目の夜は8時集合だったんですが渋滞を考慮して早めに出発です!

案の定、多少の渋滞にはハマりましたが早めに到着したので・・・

一人場違いな格好でしたが人目を気にしつつ通路の真ん中からパシャリ!

都会だな~(笑)

 

お客様がお帰りになられましたら、作業開始!!

この日の私の担当はBMW M2です!!

この日はショー開催期間の真ん中位だったかな?という事で開催してから数日間ですがその間に

ボディに結構キズが入ってしまうんです。その為に今回は磨きを入れて仕上げていきます!

 

作業しているとたまに視線を感じると言うか、ひと気を感じるんでビックリしてそっちを見ると・・・

彼なんです(笑)  何度彼の方を見たことか(;´∀`)

彼の視線を感じつつ(私だけか??)他のPROの方々も 担当の車を仕上げていきます!

BMWも新型コンセプト8シリーズとコンセプトZ4にも既にカバーが掛けられていてシルエットしか

見れませんでした(涙)

そして最後に全ての車にカバーを掛けて作業は終了です!

こうして私の「第45回東京モーターショー2017」が終了いたしました!

他のブースも見て回りたいところですが既にカバーを掛けられている状態でシルエットしか

わからない状態です(;´∀`)  残念!!

こんなにガラガラな状態でショーカーを(一部のメーカーですけど)見れることは裏方冥利に尽きますが

カバーが掛かっている状態なんで見たというのか?言わないのか?? ラッキーなのかラッキーじゃないのか??

う~ん むずかしいところです(^▽^;)

しかし微力ながら今回も、東京モーターショーに携われた事に感謝してこれからも頑張っていこうと思います!

 

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございますm(__)m

 

 

 

クールグレーカーキの新型XVのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです!

新型のイメージカラーでもあるクールグレーカーキのXVです!

こちらは納車間もない新車ですが、なんと埼玉から当店にお越しくださいました。 ありがとうございます

ありがたいことに最近では遠方より当店にお越し下さりますお客様も多くなってまいりましたが、

今までも遠方記録は東京でしたが今回は埼玉という事で記録更新です(笑)

オーナー様も新記録を狙っていたそうです(*^^*)  ありがとうございます & おめでとうございます🎊

納車後数日は経過していますが、その間ほぼ乗ってなかったそうで今回当店にお越し下さるのが

実質、初ドライブだったそうです!

そんな新車XVの現状を確認していきましょう!

何度か雨に降られたので軽く汚れていますね。しかし塗装表面の曇りも少なくてお綺麗だと思います。

ルーフは・・・

ボンネットと同じく、ごく軽い汚れです!

ボディサイドはドアノブからのグリス汚れが目立ちます(^^; ドアノブだけでなく可動部に塗られている

グリスが雨水と一緒に流れ出てきます。 特に新車のうちはいっぱい出てきます(;´∀`)

逆に新車の証拠でもあります(笑)

リアゲート部です。なぜかスバルマークの上あたりだけ水アカ汚れが付いてました!? ここだけです(笑)

ディーラーさんが洗い忘れたのでしょうか??

ホイールも軽い汚れです。

 

全体的には新車と言うこともございまして軽い汚れはありますが塗装面自体はお綺麗です!

しかし若干新車特有の”曇りも”確認できますので、この曇りを除去して更にスッキリとした

クールグレーカーキにしていきましょう(^_^)/

作業開始!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できます。若干多い気も致しますが新車でもこの位は付いている事は

珍しくないです(^^;

リアは少ないです! いいですね~。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックです↓

ボンネットも綺麗になりましたよ~。

リアは元々少なかったんですけど・・・(笑)

そしてマスキングをしていきます。

マスキングは磨くレベルやお車の状態などによって貼る箇所が変わってきます。ハードに磨くときは

フルマスキング!軽めの磨きの時などは要所を抑えたマスキングになります。

今回は軽めですので↑このような感じです(^_^)/

そして磨いていきます。今回は曇りも少なく塗装表面もお綺麗ですので軽く磨いて塗装面を

スッキリと仕上げていきました!

スッキリと綺麗になったクールグレーカーキには今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が

特徴の低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと最近SUV系のお車では定番になりつつあるフェンダーアーチなどの未塗装樹脂部のコーティングも

ご依頼いただきました!

黒が引き締まります!!

 

それでは各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットです。

汚れも曇りも取れてスッキリです!

ルーフもサッパリとしました。

ドアノブからのグリス汚れも無く、また塗装面もスッキリです!

ドアノブやドア内部などから垂れてくるグリス汚れは通常の水アカ汚れと違いコーティングしてあっても

シャンプ-洗車では落ちないこともございます。

そのような時は無理にゴシゴシ擦らずにクリーナーなどを使ってください! 簡単に落ちますよ~(^_^)/

ここの水アカ汚れはもちろんございません(笑)

最後にタイヤとホイールを綺麗に仕上げましたら・・・

クールグレーカーキのスバル新型XV、ボディコーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。艶々でキリッ!っです!

艶々のボディに樹脂コーティングで黒さを増したモール類がXVをキリッと引き締めていてメリハリが

出たと思います。あらためて最初の施工前の写真を見て頂くと少しボヤ~とした印象だと思います。

是非見比べてください(笑)

オーナー様も『うわ~ すげ~ピカピカだぁ』と、喜んで頂けたご様子でした!

 

お帰りは夜だったんですが東名高速はこれまた大渋滞中(^^; という事で箱根で

温泉でも入って空いたころに帰ろ!って逆方面にお帰りになられました(笑)

遠くからお越し下さり本当にありがとうございました。m(__)m

当店から箱根まで小田原厚木道路で”空いていれば”10~15分程ですので

皆様も当店にお越しの際は箱根温泉いかがですか?! お薦めですよ~(^_^)/

 

クールグレーカーキ、いい色です! グレーと言うよりも水色じゃない??って感じなんです。

特に明るい所で見ますと水色なんですが、暗い所で(光の当たり方)で何となくグレーに見えて

来るんです(笑) カーキと言いますと人それぞれイメージする色が微妙に違う気がいたします。

緑っぽい色をイメージする方と黄色っぽい色をイメージする方、私は先代のXVのデザートカーキの

イメージが強いので緑っぽい色の方を思い浮かべます。

元々カーキとは”土ボコリ”が由来なんだそうです。しかし今では一つの色を指しているのではなく、

アースカラー全般をカーキと呼ぶんだそうです。 ですので緑っぽい色も黄色っぽい色も

そして水色っぽい色もカーキで正解です(笑)

 

XVを洗車した時、夕方だったんですが夕焼けと月が綺麗だったんで写真を撮りました↓

そしてXVのボンネットに映り込んだ夕焼けもこれまた綺麗でしたのでこちらもパシャリ!!

なんという事でしょう!! 空の色とクールグレーカーキの色が同じじゃないですか!(*”▽”)

まさにアースカラーですね!

海や山そして都会でも映えるクールグレーカーキの新型XVでした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メルセデスベンツSL550のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツSL550のボディコーティングです!

こちらのSL550は昨年ウインドウコーティングで当店をご利用くださいましたお車です。

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。ありがとうございます。

シルバーですが少し濃~いシルバーと言いますか? 明るいシルバーと言うより重厚感が

漂うダークなシルバーでSL550にとても良く似合っていると思います。

 

早速確認していきたいところですが・・・今回、各写真の中央のやや左斜め下辺りに黒くシミの様に

影が写ってますがこれはカメラ側の問題です(ToT)/

カメラのセンサーだかレンズだかにホコリが付いているようです。

前にも一度同じような状態になったんですがいつの間にか無くなったと思ったら、最近復活してしまった

様です・・・しかし更なる悲劇がこのカメラに襲い掛かるんですが、それはまた”その時”にお話いたします(^^;)

 

それでは言い訳がご説明が終わったところで気を取り直して現状を確認していきましょう!!

まずはボンネットからです。

シミが確認できますが少ない方だと思います。ただスクラッチが少し気になります。

特にルーフには・・・

特大のシミが(>_<)  これは雨ジミではなくて鳥糞によるシミではないでしょうか??塗装も少し

浸食されている感じです。

↓はトランクです。

全体的に洗車キズと思われるスクラッチが付いているんですが↑のココだけ何かで擦ったんでしょうか?

結構深そうなキズが付いてます(^^;

ボディサイドはシミも少なくお綺麗です!

ホイールは・・・

若干ブレーキダストで汚れています。

ご覧いただきましたように全体的にはシミも少なくて艶もいい感じですが、よ~く観察しますと

洗車キズと思われるスクラッチがあり、所々何やら深そうな感じのキズも見受けられます状態でした。

ただシルバーという事でシミやキズは目立たず、お綺麗なんですが近くでよ~く見ちゃうと・・・(^^;

まだまだお綺麗な状態ではございますが近くでよ~く観察してもお綺麗な状態にしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓が現状です

前回ウインドウコーティングしてから1年以上経過しています。撥水はしていますがだいぶ弱まっていました。

↑はリアウインドウです。リアも弱まっていますね。 サイドウインドウはまだしっかりと撥水してました。

弱まったウインドウコーティングを除去していきます↓

下地が整いましたらウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

最後に撥水チェックをしましたら↓

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングの寿命はお車の保管状況や使用状況、さらにワイパーの作動頻度などによって

大きく異なってきますが、おおよそ半年~1年程でないかと思います。お客様の中には1年以上経過していても

まだまだ撥水が続いているお車もございます(*”▽”)

でも安全の為にも弱まったな~と感じた時が再施工のタイミングです!!  お早めにどうぞ~!!

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。そこそこ多め・・・かも?

リアも少し多いですね。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを再チェックします↓

スッキリとしましたね!!

リアも綺麗になりました。

そしてマスキングをしていきます。

しました。

最初の写真より車高が上がっていると感じたアナタ! 鋭い!!

ボタン1つで車高がウィィィ~ンと上がります! 車高が高い方が作業しやすいのでこのまま(笑)

磨きは今回3工程で仕上げてまいりました(^_^)/

そして今回こちらのSL550に使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉コロコロの・・・

PCX-S8です!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミやスクラッチがスッキリとしました。 滑らかなベンツの塗装が更に滑らかになりました!

ルーフのシミはやはり一部浸食が進んでいて完全には除去できませんでしたが普段は気が付かない

レベルにはなったと思います。

トランクのキズも深いところは若干残ってしまいましたが、こちらも普段は気にならないと思います。

サイドもスッキリと!! 綺麗になればなる程カメラの黒いシミのような影が目立ちます(^▽^;) スイマセン。

最後にホイールとタイヤの艶出しをおこない・・・

メルセデスベンツSL550のボディコーティング完成いたしました!

光沢が上がって更に高級感と重厚感に磨きがかかりました!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだ!ピカピカだぁ!!』と言いながらお車を見られておりました!

ピカピカですよ~(^_-)-☆

 

SLは大人の雰囲気が漂っていて紳士&淑女のお車って雰囲気がしますね!もちろんこちらのオーナー様も

とても紳士的な方でSLがとてもお似合いでございました。

きっと私が運転していたら『似合わね~』で終わってしまうんでしょうね(^_^;)  無念!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クラシックMiniのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはクラシックMiniのボディコーティングです!

BMWミニは当店でよくご入庫されますがクラシックMiniは初です!

まさにミニの名前の如く小さいです。最近ではBMWミニは全然ミニじゃないとよく耳にしますが、

こうしてみますとBMWミニが大き過ぎるのか?クラシックミニが小さ過ぎるのか、わからなくなってきます(笑)

でもどちらのミニもその時代に合った大きさのサイズなんだと思います(^_^)/

そして今回の主役のクラシックMiniですがこれがまた・・・遂にラスボス現る!って感じなんです。

では早速ラスボスの戦闘力をミニの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットはなかなかハードなキズキズ状態ですが全体の部(パネル)で言いますとくすみが少なくて

一番いい塗装状態・・・なんです(^▽^;)

そして戦闘力が一番強そうなルーフです↓

モスグリーンが黒っぽく見えますが実物は同じです(汗)

艶?なんですかそれ?? キズ?付いてますけど何か・・・?? と塗装面が今にも語りかけてきそうです(^^;

ボディサイドは・・・

キズも凄いんですがシミがまた凄いんです。縦方向に垂れたようなシミや広範囲に大きなシミが

あったりとそれはもう大変です(笑)不思議な事にパネルごとに状態が違って少しキズが少ないパネルもあれば

シミが少ないパネル、シミ・キズ両方とも多いパネルなど・・・不思議です??

それと以前ワックスをお使いになっていられたようで、あちこちに・・・

拭き残しと言われるレベルを超越しました拭き残しが確認できます(;´∀`)

更にペンキのミストが・・・

付いてます。↑はフェンダーアーチですがボディにも広範囲に付いてました。

ボディの状態を考えますと・・・

ホイールは比較的お綺麗です(*^^*)

 

ご覧いただきようにかなりレアな状態です(^^;

今回の作業ですがだいぶ磨き込まないと綺麗にならないと思うんですが、写真ではわかりませんが実際かなり

塗装自体が劣化していて塗装が浮いている所や薄い所などもございます。 その辺りを考えますと

ハードに磨くのは少し危険です。そのことをオーナー様とお話しました所、いずれは全塗装をお考えで

今回はそれまでの繋ぎと言うわけではありませんが、それまで塗装を持たすためのコーティングなんで

キズやシミはそれ程気にしませんとの事でしたのでオーナー様とご相談の結果、今回は比較的軽い磨きで

艶出し&ディテール洗浄でクリーニングして全体的な印象をUPさせる事に致しました。

しかしこれがまた・・・(笑)

いつもでしたら作業開始!! まずは鉄粉確認から・・・といきたいところですが

塗装面の劣化を考え今回は シミなどになる恐れもありますので鉄粉除去のクリーナーは使いません!!

トラップネンドで鉄粉を除去していきます。  鉄粉除去前のネンドです↓

そして鉄粉除去後のネンドです↓

 

m(__)m

 

ごめんなさい。写真撮り忘れました。

鉄粉は意外な程少なかったです!!もうビックリするほどでした(^_^)/

そしてマスキングをして磨いていきます!

今回は比較的軽い磨きで・・・とお話いたしましたが・・・比較的軽い磨きですと全くシミやキズは疎か

くすみさえ取れません。むしろ磨けば磨くほど白く曇っていく・・・(;”∀”)

結局塗装面に気を付けながら磨き過ぎない程度に磨き込みました(笑)

そして今回使用致しましたコーティング剤はPCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

キズは残ってますがくすみは無くなりクリヤーになりました。

そしてラスボスのルーフですが・・・

こちらもキズは残ってますが緑だか黒だかわからなかったルーフが緑色になりました(笑)

周りの風景も映り込むようになりましたね(^_^)/

ボディサイドもだいぶクリヤーになりました!

ワックスの拭き残しはかなり頑固でした。

ミストもスッキリとしました。

ホイールも汚れが落ちて色が変わりましたね(^^)

そしてMINIのボディコーティング完成です!

くすみやシミで白っぽい印象だったグリーンがクリヤーで深みを感じられるグリーンのボディに

仕上がりました。

仕上り具合の写真でご覧いただきましたようにキズは残っていますが今回は最初にお話いたしましたように

無理にキズを除去せずにくすみを除去して色と艶を取り戻しワックスやペンキミストを除去していきました。

以上の作業でもかなりお車が綺麗になって十分綺麗感を感じて頂ける仕上がりになったと思います。

オーナー様も『ピカピカだぁ!』と、とてもお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

 

今回私はクラシックMiniを初めて動かしましたが、と言ってもお店の出し入れで程度ですが、これがまた

面白いんです(*”▽”)  ほんの数メートルの出し入れですがそれだけの運転が楽しいんです!

音や振動、ハンドルの重さなど昔の車はこうだったな~、なんて懐かしさがこみ上げてきます。

未だにクラシックMiniは人気がありますが実際に触って、そして動かすと人気の秘密がわかります(*^^*)

このままドライブに行ってしまいたくなるクラシックMiniのボディコーティングでした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ ウィッシュのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ウィッシュのボディコーティングです!

こちらのウィッシュは2010年式で間もなく7年を迎えるお車です。

パールホワイトという事もあって塗装面の傷み具合が目立ちません(笑) ですのでパッと見た

感じですとお綺麗なんですが近くで見ますと、これがまた結構アレでして・・・(^^;)

アレと言われても皆様に伝わりませんので早速、具体的に現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットです。

くすんでいます(^^; 写真ですとわかりませんが洗車キズと思われるスクラッチがかなりハードに

付いていて艶も無いです。

↑はルーフです。こちらの写真の方がスクラッチがわかりやすいですね。でも正直実物を見た方が

遥かにパンチがあります(笑)

ボディサイドです。これまた↑の写真ですとわかりにくいんですが(すいません)ボンネットやルーフ程は

キズキズではありませんが・・・キズキズなんです(^_^;)

それとウインドウ周辺、特にフロントウインドウ周辺には・・・

コンパウンド(油膜落とし)が至る所に付いてました。オーナー様がご自分で油膜除去をした時に

付いてしまったようです。

ドアやリアハッチを開けると・・・

長年の汚れが溜まっていました。

そして長年の汚れは・・・

エンブレムにも確認できます。 どうしても時間の経過と共に汚れが溜まってきてしまいます。

タイヤとホイールはボディの痛み具合に比べますと汚れてはいますがお綺麗ですね。

普段マメにお手入れされているようで全体的に汚れの付着は少なくてお綺麗にされておりますが、7年間

洗車を頑張ってきた分、洗車キズ(洗車頑張ったキズ!)が多く、しかも結構キズが深い感じです(汗)

それとドアの内側やエンブレムやモールの隙間に汚れが溜まっており7年の歳月を感じます。それと同時に

オーナー様の愛車への愛も感じ取れます(*^_^*)  これからもウィッシュに気持ち良くお乗りできますように

名付けて 『ウィッシュ・・・あの頃の様に! 2017’秋』 作戦の開始です!!

まぁ9月の作業でしたが・・・9月は秋かっ?って話はさておき(^^;)  とにかく開始です!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 シュシュッ!

正直思っていたより少なかったです。事前にお車の保管場所が大きい道路のすぐ近くだと聞いてましたので

もっと凄い事になっていると思っていました。

リアも付いてはいますが予想より少なかったです。

オーナー様に『鉄粉は意外と少なかったですよ~』とお引き渡し時にお話しましたところ、オーナー様は

何度かご自分で鉄粉取りネンドを使って鉄粉除去をおこなってたんだそうです・・・ボディのキズの多さと深さの

原因がわかった瞬間でもありました(笑)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアもいい感じになりました(^^)/

その後に作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシング準備が出来ました! 今回はポリッシング3工程で仕上げていきました。

ポリッシングが終わりましたら脱脂をおこないコーティングをしていきます。

今回使用致しましたコーティング剤は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の・・・

低撥水タイプのPCX-S7でコーティングです!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! →  PCX-S7

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼も頂いておりますので、ウインドウコーティングも

ご紹介していきましょう!!

まずはウインドウの現状です↓

油膜が少ないですね!

油膜や弱まった撥水コーティングを除去してガラス表面を綺麗にします。

ガラス表面が綺麗になったかどうか??水を掛けてチェックです↓

バッチリですね!  この段階で水を弾いていたらアウトです。やり直しになります(笑)

ウインドウが綺麗になりましたらウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

最後に撥水チェックしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成です!

それではその他の仕上がり具合も確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリとしました! 曇りが無くなりライトの映り込みもキリッとしました!!

ルーフもキズがだいぶ無くなってサッパリとしました(^_^)/

サイドも綺麗になってますよ~。

ウインドウ周辺のコンパウンド残りも綺麗になりました。コンパウンド類が未塗装の樹脂パーツに付着した

時は直ぐに洗った方がいいです。時間が経てば経つほど落ちにくくなります。

ドアやリアハッチのヒンジ部も、もう7年の月日を感じさせません(^_-)-☆

エンブレムもね!

比較的お綺麗でしたホイールとタイヤも色艶が違います(*´▽`*)

そして『ウィッシュ・・・あの頃の様に! 2017’秋』作戦の終了です!!

いかがでございましょうか。 あの頃に戻ったでしょうか?? 不覚にもあの頃がどの頃なのか曖昧なまま

作戦開始してしまったのでアレですが・・・(^▽^;)  さすがに新車の頃の様にではありませんが、

5年くらい前には戻ったかな??(笑)  でも艶感は新車にも負けていないと思います!!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

 

こちらのウィッシュは外観からはノーマルに見えますが見えない所に補強パーツなどが装着されていて

オーナー様のこだわりを感じます。そしてマニアックさすら感じます(笑) 実は私も同じで見えない所を

弄っているのが好きです( ̄▽ ̄)  いっけんノーマルで実は良く見ると・・・みたいなのが好きです(笑)

しかし残念ながら私の今の車は、いっけんノーマル・・・実はよく見てもノーマルです(;´∀`)  残念!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダークレッドマイカメタリックの新型ハリアーです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです!

納車間もないダークレッドマイカメタリックの新型ハリアーです!

マイナーチェンジで更にシャープで精悍な顔つきになって男前度がUPしました(^^)/

ハリアーはスパークリングブラックパールクリスタルシャインやブラックが多く、当店でも

何台か施工させて頂いておりますがダークレッドマイカメタリックのハリアーは当店初入庫です!

ダークレッドマイカはちょっと新鮮でいい感じです!!

そんな新鮮なハリアーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

雨の日のご入庫でしたので濡れてます。  これだと少しわかりにくいですね(汗)

という事で洗車後に撮影したのがこちらです↓

新車ですので基本的にお綺麗ですが若干ですが雨ジミも付いてます。

ルーフは・・・

スクラッチが結構付いてますね(^^;

洗車後の写真の方がわかりやすいかな??↓

ルーフの広範囲に付いてました。おそらく納車仕上げ時でしょうね。

ボディサイドは曇り気味です。  濡れている写真ですいません・・・(^^;)

タイヤとホイールは汚れている訳ではないんですがメリハリが無いと言うか?元気が無いというか?

シャッキとした感じではないですね(^_^;)

 

全体的に新車ですので艶もあってピカピカなんですが先ほどのルーフのスクラッチやボンネットやルーフの

雨ジミなど幾つか気になる所もございました。

この辺りを解消して新車らしくパシッ!とした状態にしていきたいと思います!

それでは作業を開始していきましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!!

こちらはフロントウインドウの現状です↓

油膜も少ないですね!

しかしリアウインドウは・・・

やや油ギッシュでした(笑)  フロント以外はこんな感じです(^^;)

油膜を除去してガラス表面を綺麗にします。 話は少しそれますが最近は運転席と助手席のウインドウは

撥水加工がされているお車が増えてきましたね! こちらのハリアーも運転席と助手席は撥水ガラスです!

ちなみに純正の撥水ガラスも経年で撥水が弱まってきます。

油膜除去チェックです↑ 水弾きも無くなりました。

リアウインドウも・・・↓

水弾きが無くなりましたね!

ウインドウが綺麗になりましたらウインド専用コーティング剤PGS-33でコーティングして撥水処理します。

最後に撥水チェックしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

リアウインドウも・・・

コロッコロに仕上がりました(^^)/

 

お次はボディの番です。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

ダークレッドですとわかりにくいですね(笑)  鉄粉は少なかったです。

鉄粉は少なかったので今回は軽めの鉄粉除去をおこない、その後に今度は・・・

マスキングします。 マスキングすると切れ長の目が、より協調されますね(笑)

そして磨いていきます。今回は新車ですのでなるベく軽い磨きでいきたいんですが、ルーフの

スクラッチは除去したいので、そこは少し多めに研磨してスクラッチを除去いたしました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! →  PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

雨ジミも無くなりサッパリとしました。

ルーフのスクラッチも除去できてます(^^)/

ボディサイドの曇りもスッキリとしました。

今回、ホイールコーティングのご依頼も頂いております。ホイールコーティングしますと光沢も

上がります!そしてお掃除も楽になります!! ホイールコーティングは新車時がおすすめですよ~(^o^)丿

タイヤも艶出しをして黒々としますとメリハリが出て足元がキリッと引き締まり健康的になります(笑)

そしてダークレッドマイカの新型ハリアー、ボディコーティング完成いたしました!!

光沢が上がり艶々ボディに仕上がりました(^_^)/  お車の印象もよりキリッと凛々しくなったと

思います。

オーナー様もご満足いただけたご様子で『おぉ~!』と言われながらお車を眺めておられました!

ありがとうございます。

 

私、個人的にこのワインレッドと言われるこの手のダークレッドが好きで今乗っているエクシーガと

その前のエスティマ、さらに以前に乗っていたR32スカイラインもこのダークレッドでした(*^^*)

この色を選ぶ度に周りからは『何故その色にした??』とよく言われたものです(笑)

いいんです。好きならそれでいいんです(笑)  お車はオーナー様が気に入った色を選べばそれでいいんです!

お車の色選びは悩みどころですよね。お手入れが楽な色や下取りがいい色などございますが、やはり1番は

オーナー様の好きな色が一番だと思います! 皆様も色選びに悩みましたら是非1番好きな色を(^o^)丿

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

MINIクーパーS(F56)のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはMINIクーパーSのボディコーティングです!

ペッパー・ホワイト・ソリッドと言うややベージュがかったホワイトのミニクーパーSです!

カッコいいです!! あちこち手が入っていて室内も含めてトータルでコーディネートされていて

内外装まとまった仕上がりのかっこいいミニクーパーSです(^^)/

そんなクーパーSですが何だか最近洗車してもあまり綺麗にならなくて・・・時間かけて洗車しても苦労したほど

綺麗にならないんだよね~特にルーフに施したユニオンジャックのカッコいいラッピングの汚れが落ちなくて・・・

とお困りのご様子でした。

では現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

確かに塗装面がシミだらけでくすんでますね(涙)

↑ユニオンジャックのルーフです。 こちらはラッピングです。こちらも汚れで色が少しくすんでいます。

ボディが白いと言うこともあって少しわかりにくいんですがボディサイドもシミが結構付いてます。

リアも同じような状態です。

ホイールはダストで汚れてますが・・・お綺麗にされていると思います(^o^)丿

でも隙間が掃除しにくいんですよね(笑)

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

鉄粉が付いてはいますが、年式を考えますと少なめだと思います!

リアも少ないと思います(^o^)丿

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですよ~。

リアもサッパリとしました!!

その後にボディをマスキングをしていきます。

今回のお車のルーフはラッピングシートが貼ってあります。ラッピングシートは塗装と違い磨いて

シミやキズを除去する事は残念ながらできません。ですのでルーフは軽い磨きで表面に付いた頑固な水アカ汚れ

などを除去して仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! →  PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

ガサガサだった塗装面が滑らかになりました(^_-)-☆

ルーフはやはり深いシミやキズは残ってしまいますが、だいぶ色艶が復活したと思います!!

上から見ると・・・

ユニオンジャックがハタハタとなびいてます!

ボディサイドも・・・

くすみが無くなってライトの映り込みもクッキリとしました。

リアも綺麗にライトが映り込んでます!

隙間も綺麗になるとより綺麗感UPします(笑)

そしてMINIクーパーSのボディコーティング完成いたしました!

透明感あるクリヤーボディに仕上がりました! 艶もいいですよ~!

オーナー様も『えぇ~こんなに綺麗なるの~!!ピカピカだぁ!!』と、とてもお喜びになられておりました!

ボンネットのストライプも、かなりくすんでいたので交換を考えていられたそうですが、ストライプの

くすみも軽い磨きを入れたのでだいぶ綺麗になりました。これならまだ交換しなくていいかな!

っとおっしゃっていられました(*^_^*)

 

MINIはやっぱりいいですね~。私も一度は乗ってみたい車でもあります。 私に似合うかどうかは別として(笑)

ノーマルでもカッコイイしカワイイんですけど弄れば更にカッコよくもなりますし可愛くも仕上がります。

またパーツもいっぱい出ているのでパーツ選びも楽しそうで、そして悩ましそうですね!

どの方向に弄るかは人それぞれ趣味や狙い、目的などありますが・・・・

車弄りは個性とセンスが試される時でもございます(笑) どう弄るかはあなた次第!

皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!

 

エッ!?私の車? 私の車はもちろん・・・ほぼノーマルです(^_^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうました。

 

 

 

 

 

 

スズキ ハスラーご入庫です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです!

ピュアホワイトパールとブラックルーフのツートンカラーのハスラーです!納車間もないピカピカの

新車です!

大人気のハスラーですので街中でも見掛ける事も多いですが、色によってイメージもだいぶ異なります!

色とりどりのハスラーが走ってますがそれもそのはず、カラーバリエーションも10種類以上あるようです。

ピンクやオレンジのポップカラーや今回のピュアホワイトパールやブラックなど落ち着いたカラーも

また似合ってますよね!!

そんな落ち着いたモダンな雰囲気のハスラーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

若干曇りがございますがお綺麗ですね!

サイドも少し曇りがあります。

ルーフは・・・

なにやらナスカの地上絵のような絵柄が描かれています!? 少し引いて見ると・・・

やはりナスカの地上絵のようです(^^;)

もちろん絵じゃないんですけど(笑) これは新車時に工場からディーラーにたどり着く間にキズやシミの

付着を防ぐためにボディに張り付けてある保護シートの糊残りです。 新車は結構付いていることが

多いんですが今回は間違いなく多めです(笑)  ルーフ全体に付いてました(^_^;)

タイヤもホイールもお綺麗ですね!!

納車間もない新車と言うこともございまして、全体的にはお綺麗なんですが先ほどのルーフに付いている

保護シートの糊残りがかなり大量に付いています。 ルーフが黒いので尚更目立ちます(笑)

新車を購入しますと保護シートの糊残りが付いてくる事が多いんです。でも最近の車は背が高くルーフが

見えないので意外とオーナー様は気が付かないことが多いです(^^;

ナスカの地上絵は世界遺産ですので消してはいけませんが、ハスラーの屋根絵は世界遺産ではないので

消してしまいましょう(笑)

と言うことで作業開始~!!

 

まずは洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(^o^)丿 お綺麗です!!

リアはボチボチと付いております。

今回は新車と言うこともあって全体的に鉄粉は少なめでしたので軽めの鉄粉除去をおこなった後、

再度クリーナーをシュシュッと掛けて再チェックします↓

元々お綺麗でしたので変わり映えがしませんが・・・(笑)

リアは変わり映えがありますね(^.^)

その後マスキングをしまして・・・

ポリッシング準備ができました。今回は少し塗装面が曇り気味でしたので曇りを除去して塗装本来の色と艶を

出してクリヤーな塗装肌にいたしました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水の・・・

PCX-S8です!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなりスッキリとしました。

こちらの方が違いがわかりやすいと思います。少しボヤッとしていたライトの映り込みがシャープになったのが

わかって頂けると思います。 施工前の写真と見比べてくださいね~(^.^)/

ルーフに描かれていましたナスカの地上絵も・・・

本物のナスカの地上絵は何故か消えないみたいですけど、ハスラーの屋根絵は消えてなくなってしまいました(笑)

タイヤとホイールも艶出しをおこない黒々&ピカピカです!

そして

そしてホワイトパールとブラックルーフ ツートンカラーのスズキ ハスラーボディコーティング完成です!

コーティング前に比べますとクリヤー感、艶共に向上しております! これぞ新車!に仕上がったと思います。

いゃ、新車以上の色艶です!

ルーフだって、もうナスカの地上絵とは言わせません! 言っていたのは私だけですけど・・・( ̄▽ ̄)

オンでもオフでも遊べる軽のハスラーをいっぱい楽しんでください!

 

新車と一言で言いましてもお車の状態は様々です。新車の納車ホヤホヤが一番お車の状態がいい(綺麗)と

思われる事が多いんですけど実は新車時より塗装表面が曇っているお車も多いのが実情です。

また何度かお話しいたしましたが新車は保護シートの糊残りが付いている事が多いです。(^_^;) また納車前に

付いたキズを除去する為にボディを磨いたりすることも多いんですが、その磨いた時に付いたキズ(磨きキズ)が

付いていたりと新車の納車ホヤホヤが一番いい状態ではないことが多いのもまた実情です。

ですので新車でもしっかりとした下地作りが大切です。 しっかりとした下地が新車を新車以上に輝かせます!!

新車のコーティング屋選びで迷われましたら・・・

迷わなくてもカービューティープロ・カラーズにお任せください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クォーツブルーパール の新型XVです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです!

納車間もない新車のXVです!

こちらのXVのオーナー様は、このブログでも度々ご紹介しておりますタンジェリンオレンジのXVの

お客様で5月にメンテナンスをおこなったばかりでしたが・・・

その後、新型XVにお乗り換えになられたそうです(*^_^*)

前車は派手めなオレンジでしたので今度は地味めにクォーツブルーパールをお選びになられたそうですが

意外とジミじゃないですよ(笑) このクォーツブルーパールと言う名のカラーですが確かにパッと見た感じ

ジミな感じも致しますが、結構光沢感が高くて光の当たり方によっては意外と目立ちます(*’▽’)

光が強く当たると明るく薄いブルーに見えますが影の部分は深みのあるダークなブルーに見える

とてもいい色です!

そんな素敵なクォーツブルー・パールのXVの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽~く塗装面に曇りが確認できますがそれより気になるのが蜂の糞です。  どれだかわかります??

ルーフもお綺麗です。

そしてこれが↓

蜂の糞です(汗) ボンネットやルーフ、ピラーにも付いてました(*´з`)

以前のタンジェリンオレンジのXVの時にもご紹介しましたが駐車場が蜂の通り道?の

様でとにかく蜂が糞を落としていくそうです(一一”) 洗車している最中にも落としていくんだそうで、

キリがないみたいです(涙) しかも蜂糞は塗装を痛めるんで注意が必要です(T_T)

ボディも軽~く曇り気味です。軽~くです。

ホイールもお綺麗です!

 

全体的に新車と言うこともあってお綺麗です! 先ほどお話しました蜂糞が既に数か所付いているのが

気がかりですが早速作業を始めていきましょう!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よ~く見るとポツポツついてますが鉄粉少ないですよ~(^o^)丿

リアも少ないです!

今回は鉄粉少な目でしたので軽~く鉄粉除去をおこなった後、再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったので違いがわかりません(笑)

リアも違いがわかりませんね(^^;

そしてマスキングをしましたらポリッシングです!

今回は新車で曇りも軽いので磨きも軽めで塗装表面を整えてから・・・

コーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それと今回、フェンダーアーチなどの樹脂コーティングもご依頼も頂いておりますので・・・

コーティングしました。 新車時のコーティングがお薦めです!!

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

曇りもなくなりスッキリとしました。

ルーフもいい感じです!!

ボディサイドもライトの映り込みがキリッとしました。

ホイールとタイヤの艶出しが終わりましたら・・・

クォーツブルーパール の新型スバルXVのボディコーティング完成です!

いかがでございましょうか。 いい艶に仕上がってます!!

樹脂コーティングで黒さを増したクラッディングが艶やかなクォーツブルーパールのボディをキュッと

引き締めて、より力強くそしてよりスポーティな雰囲気のXVになったと思います!

オーナー様も『いゃ~イイね!』と、とてもお喜びになられておりました! ありがとうございました。

 

前のXVはタンジェリンオレンジとデザートカーキと言う独特の色合のグリーン?の個性的な色が用意されていて

どちらも人気色でした。新型は色味が少し変わりオレンジが設定されてますがデザートカーキが

無くなってしまいました(T_T) 私、結構好きだったのに・・・デザートカーキの新型も見て見たかったですが

残念です。

その代わりに新型にはクールグレーカーキと言う、これまた独特の色合の薄いブルーが新登場しましたね!

同じカーキなのに色目は全く異なります(笑)

クールグレーカーキもかなり独特の色合でソリッド感が満載です(笑)

そして今回のクォーツブルーパールですが先ほどもお話しいたしましたが、これがまた光沢感が高くて

ツヤッツヤでとても綺麗な色です。ジミそうでジミでない派手そうで派手でなく、落ち着いた大人な

カラーです(^o^)丿 そしてこの色は意外と汚れやキズが目立たずお手入れが楽です(笑)

車の色選びって楽しくて難しいものですよね(笑) 皆様も選びで悩んだら思い切って、思い切った方を選んで

みてはいかがでしょうか??  新たな世界が広がる・・・かもですよ(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ デミオご入庫です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ デミオのボディコーティングです!

こちらはH27年式のデミオです!ご購入から約2年ほど経過致しましたデミオですがシミが酷いと

ご相談に来られました。新車ご購入直後に専門店でコーティングをおこなったそうなんですが・・・

早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

シミが付いてますね。この角度からだと少しわかりにくいので少し角度を変えて見ると・・・

確かにシミシミです。洗車前ですので汚れもあるんですが洗車後に見てもシミシミでした(^_^;)

ルーフもシミシミです。

ドアもシミシミなんです。通常の雨シミでしたらボディサイドはここまでシミだらけにはなりにくいんですが・・・

これは雨ジミでは無さそうです(^_^;)

実は塗装面以外もシミシミで・・・

ワイパーやら未塗装の樹脂パーツやらも全てシミシミなんです(^▽^;)

よく見ればヘッドライトやグリルのメッキまで・・・(T_T)

タイヤとホイールはシミシミという訳ではなくブレーキダストによる汚れです。

 

全体的にとにかくシミシミで特に樹脂に付いているシミは新車時にコーティングをおこなった時から気になって

いたそうです。ご自分で落とそうと色々と試したそうですが何をやっても全く落ちなかったそうです。

このシミは『何か』かは断定はできませんが何処かで『何か』が付着したのは間違えないです。

走行中なのか? 駐車中なのか?? いずれも可能性はございます。

また、よく撥水性のシャンプーやケミカル剤を頻繁に使うとこの様なシミが付くことがあるんですが

オーナー様に確認しましても洗車は水洗いだけでシャンプーは使っていないとの事でした。

今となっては原因は突き詰められませんが、しかし綺麗にすることは可能です!!

と言うことで『デミオ君・シミを除去してお肌ツルッツル』作戦開始です(^_^)/

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

年式を考えますと少ないと思います!

リアも少なめです(^_^)/

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました!!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。今回の磨きは軽めの磨きで仕上げていきました(^_^)/

磨きが終わりましたらボディコーティング剤の登場です!今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

気持ちいい水玉撥水です(^o^)丿

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

いいですね~!シミもサッパリとしましたよ~(^o^)丿  角度を変えて見ても・・・

バッチグ~です(笑)

ガサガサしていたルーフもクリヤーで滑らかです!

サイドのシミもスッキリとしました(^_-)

未塗装部に付いていたシミも綺麗になりました! 実は完全には除去できなくて少し残っている所も

ありますが施工前より9割減です(笑) それ以上かな!!

ホイール&タイヤも綺麗に艶出しをおこないましたら・・・

マツダ デミオのボディコーティング完了です(^_-)-☆

『デミオ君・シミを除去してお肌ツルッツル』作戦は無事に完遂いたしました(笑)

オーナー様もシミが無くなってとてもお喜びになられておりました!  ボディのシミが取れた事よりも樹脂の

シミが綺麗になった事の方が嬉しそうでしたが(笑) 確かにパールホワイトなんでパッと見はシミが見えませんが

樹脂部のシミはパッと見でもわかってしまう状態でしたから(*^_^*)

しかも諦め気味な感じでしたので尚更ですね!!  『ボディも白くなった!』と、喜んでいただけました。

ありがとうございます。

 

今回のシミの原因はわからないんですが先ほども少しお話しいたしましたように撥水性のケミカルを使うと

この様な状態になることもございます。ガソリンスタンドの撥水洗車や撥水シャンプーなど頻繁に使うと

シミになったり、くすみの原因になります。ボディコーティング後のお手入れは私は基本的にシャンプー洗車を

お薦めいたしております。

今では市販の撥水シャンプーや簡易コーティング剤なども魅力的な商品が多数出ております。それらを

たまに使う分には悪くは無いと思ってますが、頻繁に使い過ぎるのはやはりよくないと思います。

普段はシャンプー洗車で艶や撥水が弱まってきたら専用クリーナーでお手入れしてください!

それでも『なんか綺麗にならないな』と感じましたらメンテナンスお待ちしております!(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。