ベンツC250ステーションワゴンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツのボディコーティングです!

H27年式のこちらのベンツCワゴンはご購入からちょうど3年のお車になります。

ご購入時にボディコーティングをされているようです。

毎回、車検のタイミングでボディコーティングを掛け直される方が多いんですよ(*^_^*)

確かにそれなら忘れることも無くてタイミング的にいいと思います!!

では3年が経過致しましたベンツのCワゴンの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

さすがにシミが目立ちますがスクラッチは少ないと思います。

ルーフです↓

こちらもやはりシミが気になりますね。しかし3年を考えますと悪くはないのではないでしょうか。

ボディサイドです↑  少しくすみがちですね(^^;)

それと・・・

特にライトカラーのお車は↑このようなモールの淵やパネルの合せ目、エンブレムなど蓄積した汚れが

目立ってしまいます。

タイヤとホイールは・・・

ブレーキダストの汚れが少なくてお綺麗ですね!

 

全体的に見ますとくすみが見られ透明感が損なわれています。また洗車キズなどのスクラッチは

少な目ですがやはりシミが目立ちます。しかし3年ですのでこれ位の痛みは普通だと思います。

と言うよりはお綺麗な方ではないかと思います!

中には3年で大変な事になっているお車もありますから~(笑)

ではベンツCワゴンを新車に近づけていきたいと思います! どこまで近づけるか楽しみです(´▽`)

作業開始~!!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

(゜o゜) いっぱい反応しちゃってます(笑)

リアも・・・

まあまあの付きようです(;´∀`)   ルーフも結構なものでした(笑)

そして鉄粉除去が終わりましたら再度専用のクリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶサッパリとしました!!

もちろんリアも・・・

綺麗になりました。

それが終わりましたら今度はマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が完了です。

ここまでがポリッシングの為の準備になります。

ポリッシングしてシミとくすみそしてスクラッチを除去していきます。

当店のボディコーティングは施工コースによってポリッシングの度合いが変わってきます。

もちろんどんなに磨き込んでも深いシミやキズは残ってしまいますし限度もございます。

施工コース選びは悩みどころだと思いますのでお気軽にご相談ください!

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが・・・

気持ちイイ水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやくすみが無くなりサッパリとクリヤーです!

ルーフもクリヤ~(*´▽`*)

ボディサイドだって・・・

スッキリと綺麗になりました!

細かな隙間や淵に付いた汚れを落とすと仕上がり感が一段上になります!

これだけでも見栄えが全然違いますよ(^_^)/

最後にホイールとタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

メルセデスベンツC250ステーションワゴンのボディコーティング完成です!

アッ アレ?? なんか綺麗になったのに↑の写真だとあんまり綺麗になったのが伝わりませんね(^▽^;)

でも安心してください!各部の仕上がり具合で見て頂いた通り実物は新車にかなり近づきましたよ!

艶もクリヤー感も新車に負けないベンツC250ステーションワゴンでした(^_-)-☆

 

ベンツCワゴンカッコイイですよね!特に現行のCワゴンはとてもスポーティーでカッコイイです(*´▽`*)

私、ワゴン好きなんです(笑) ベンツもBMWもアウディもワゴンが多数ラインナップされていますが

国産はすっかり数える程しかなくなってしまいました。悲しいっす(T_T)

ワゴンは荷物もいっぱい積めてとても便利です。それで走りはセダンに近くて街乗りでも

背の高いSUVやミニバンよりも扱いやすいです。そして中にはスポーツカー顔負けの

とんでもなく速いワゴンもあります!

そんな便利で使いやすいワゴンはもっと売れてもいいと思うんですけどね~。

ベンツやBMW・アウディなどのプレミアムブランドのワゴンは売れているようですけど(^▽^;)

プレミアムブランド・・・私には縁のない言葉です(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

プレミアムホワイトパール2のホンダN-BOXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXのボディコーティングです!

こちらは納車約1週間ほどのプレミアムホワイトパール2の新型N-BOXです!

街中で見る事も増えてきた新型N-BOXですが当店の新型N-BOXのご入庫は

こちらで2台目となります(*^_^*)

近々3台目もご紹介予定です(笑)

 

では早速、新車N-BOXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

一度雨に降られてしまったので少し汚れています(^^;)

ルーフは・・・

ボンネットと同じくらいの汚れ方なんですが、この距離からだと汚れがいまいちわかりませんね。

ボディサイドはと言うよりも全体的に新車時から見られる”曇り”が気になります。

ライトの映り込みがボヤッ~としています。ボンネットやルーフも曇っているんですが

汚れていてわかりにくいんです(笑)

リアゲートは・・・

ガラスに映り込んでいるタオルに目が行きがちですが(^^;)そこではなくてガラスの下を見てくださいね(笑)

雨筋が結構いっぱい付いていました。雨が降ればどうしても付いてしまいます(^^;

ホイールとタイヤも基本的にお綺麗です!

納車1週間程ですので基本的にお綺麗です(^_^)/ ただ今年花粉が凄いじゃないですか!?

たった1週間でも結構な量の花粉が付いて、その状態で雨に降られたのでボンネットやルーフの

水平面はちょっと汚れ気味でした(^▽^;)

でも幸い花粉による塗装への攻撃はなかったようで花粉による粒々のシミはありませんでした!

良かった~(*´▽`*)

 

それでは今度は作業の方をご紹介していきましょう!

まずは洗車後に鉄粉付着状況を確認していきます。

専用のクリーナーをシュシュッっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと確認できますね。新車でも多かれ少なかれ鉄粉は付いているものです。

こちらのN-BOXは少ない方だと思います!

リアも・・・

少ないですねヽ(^o^)丿

今回は新車で、しかも鉄粉は少ないので軽めの鉄粉除去をおこないました。

そして再度専用のクリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

より綺麗に~!

リアは元々お綺麗なので・・・

あまり変わった感じがしない~(笑)

感じがしないだけで綺麗になってるんですよ(汗)

気を取り直してマスキングに進みましょう!

進みました。

そしていよいよ磨いていきます! と言いましても今回は新車ですのでガッツリとした磨きではなく

塗装表面を綺麗に整えるような軽い磨きでございます(^_^)/

磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れも、曇りも取れてスッキリとクリヤーです!

ルーフも艶々です。

ボディサイドも曇りが取れてライトの映り込みもクッキリとシャープですヽ(^o^)丿

雨筋も干してあったタオルもサッパリと無くなりました(笑)

最後にホイールとタイヤの艶出しをおこない・・・

プレミアムホワイトパール2のホンダN-BOX、ボディコーティング完成です!

コーティング前に比べますとクリヤー感、艶共に向上しております!

新車なのに新車以上の艶感とクリヤー感です(笑)

輝きを増したN-BOXでこれから始まるカーライフを楽しんでください!

 

新車と一言で言いましてもお車の状態は様々です。新車の納車ホヤホヤが一番お車の状態がいい(綺麗)と

思われる事が多いんですけど実は新車時より塗装表面が曇っているお車も多いのが実情です。

また何度かお話しいたしましたが新車は保護シートの糊残りが付いている事が多いです。(^_^;) また納車前に

付いたキズを除去する為にボディを磨いたりすることも多いんですが、その磨いた時に付いたキズ(磨きキズ)が

付いていたりと新車の納車ホヤホヤが一番いい状態ではないことが多いのもまた実情です。

ですので新車でもしっかりとした下地作りが大切です。 しっかりとした下地が新車を新車以上に輝かせます!!

新車のコーティング屋選びで迷われましたら・・・

迷わなくてもカービューティープロ・カラーズにお任せください! ← 宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ピュアホワイトパールのアルトターボRSです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ アルトターボRSのボディコーティングです!

H27年式のこちらのアルトターボRSはご購入から間もなく3年が経過致しますお車です。

以前にも当ブログで樹脂コーティングのご紹介でもご登場いただいております!

今回はボディコーティングのご依頼・・・なんですが実は塗装のミストが付着してしまった(つけられてしまった)

との事でそちらの除去も兼ねております。

こちらのオーナー様はお車をとてもお車を大切&お綺麗にしている方ですので基本的に

いつもお綺麗です。そのお綺麗なアルトターボRSの現状確認を早速していきましょう!

 

まずはボンネットからです!

マメにお手入れされていますので汚れなどは気になりませんが、時間の経過と共にどうしても

スクラッチが増えて、くすみも進んでいます。

ルーフです。パールホワイトなんで気が付きにくいんですが、やはりシミと洗車キズと思われる

スクラッチが付いてます。

ボディサイドもちょっとわかりにくいんですが結構スクラッチが付いてます(^^;)

ライトの映り込みもボヤッとしています。

リアゲートもスクラッチに光が乱反射して上方向に光が伸びているのがわかって頂けると思います。

ホイールは珍しく若干汚れ気味でした(*^^*)

 

全体的に見ますと、先ほども少しお話いたしました様にパールホワイトという事もあって

シミや洗車キズなどのスクラッチが付いてはいますが目立ちません。 目立ちはしませんが

それらが確実にボディから艶を奪いくすんだ印象にしてしまっているのも、また事実です。

しかし毎日見ていると少しづつですので気が付かないんですよね(^▽^;)

それと塗装のミストですがオーナー様がその場で直ぐに除去したそうで、それ程多く付いている訳では

ないのですが、しかしよく見れば確かにまだ付いておりました。 (すいません写真撮り忘れましたm(__)m)

今回はこのミストもよ~く目を凝らして除去していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウからご紹介していきます。

↓は現状です。

撥水はまだ効いている様子ですが水玉が潰れていて撥水力が弱まっています。

弱まった撥水コーティングを除去してガラス表面を一度リセットします。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後の撥水チェックを行います!

コロッコロの水玉に仕上がりましたらウインドウコーティングは完成です!

 

お次はボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ボンネットです↓

そこそこの量が付いてますが3年ですから、それを考えますと特別に多いと言うわけではないです(´▽`*)

リアは・・・

少ないですね(^_^)/  素晴らしい!!

そして鉄粉と同時に今回はミスト除去も目を凝らして(⦿◡⦿) 取り除いていきます。

それが終わりましたら再度専用のクリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になりました~!

リアも・・・

サッパリといたしました(^_^)/

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回の磨きはシミやスクラッチがやや目立ちますが、どれも深いものではないので

そこまでハードな磨きは必要ないとの判断でミドルポリッシュで仕上げていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもスッキリとしましたね!

ルーフも綺麗になってライトの映り込みもハッキリとしました。

ボディサイドもクッキリとシャープな映り込み具合です(´▽`*)

スクラッチを除去したことで光の乱反射が無くなり”光の筋“も出なくなりました。

ホイールとタイヤもしっかりと洗い、しっかりと艶出しを行なう事でピカピカに仕上がります!

そしてスズキ アルトターボRSのボディコーティング完成です!

いかがでございましょうか。艶・光沢・クリヤー感が上がり、より一層スポーティーで質感溢れる

ボディに仕上がったと思います(^_^)/

お引き渡し時の空模様が怪しく、お帰りの途中で雨に降られてしまったそうです。運転しながら・・・

“あぁ~あ、降られちゃったよ~。汚れちゃったな~”と思っていたそうですが、車を降りて確認したら、

あんまり汚れてないんですよ~。ウインドウも気持ち良く弾いて良く見えたよ~』と後日ご報告を

頂きました! ありがとうございます。

雨は残念でしたがコーティングを実感していただけてホッとした私でした(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです!

DCダークグリーンマイカのダイハツ コペンです!

少し前にも同じ色のコペンをご紹介致しましたが,そちらのお車とはまた別のお車になります。

さらにこの後にもコペンのご入庫がございます。 それも2台(笑)  そちらはまた近々ご紹介致します!

そして今回のコペンですが、こちらはH24年式のお車ですので6年経過のお車になります。

では6年経過のコペンの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

だいぶくすんでますね。くすみでクリヤー感がないです(^^;)

ルーフもスクラッチが多く、そしてくすんでます。

トランクもガサガサのシミシミに荒れております(^▽^;)

そしてボディサイドも・・・

シミシミです。 でもボンネットやルーフなどの水平面よりは少しいいかな?(笑)

ホイールはそれ程汚れてはいませんがタイヤが少しお疲れ気味な雰囲気ですね。

全体的にシミやスクラッチが多くて、くすみも進んでいます。年式相応の痛み具合と言ってしまえば

そうなんですが、だからと言ってそのままでは更に痛みは進んできます。

お車は知らず知らずのうちに少しづつ汚れていきます。しかし毎日のように見ていると、その少しづつは

気が付かないものです。そしてある時にフッっと気が付くのです。

昔はもっといい色だったよな??』っと。 『もっと輝いていたよな』っとも感じます。

そうです。そうなんです。こちらのコペンのDCダークグリーンマイカも本来はもっとクリヤーでいい色なんです!

その本来の輝きを取り戻していきましょう!

題して『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦の始まり始まり~(笑)

 

作戦その1・・・洗車からの鉄粉除去を行うべし!

まずは何はなくとも洗車です! その後、塗装面に付着している鉄粉を除去していきます。

毎回鉄粉除去とお話しておりますが、実は鉄粉だけではなくピッチやタール、樹液や塗装ミストなどの

固着した汚れも除去してます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。 ちなみにこれに反応するのは鉄粉だけです。

ボンネットです↓。

よく見ると結構反応していますが遠くて見えないですね(^^;)

近づくと・・・

こんな感じでポツポツと確認できます。

トランクも・・・

遠くて良く見えないので(笑)アップでどうぞ~

結構付いてました(^_^)/

その後ネンド掛けして固着物を除去します。

こんな感じで色々な汚れが取れます(^▽^;)

鉄粉除去が終わりましたら・・・

 

作戦その2・・・マスキングするべし!

とても地味な作戦&絵柄ですね(笑)

その名の通りマスキングを行います。地味ですがとても大切な作業です。(^_^)/

 

作戦その3・・・ポリッシングするべし!

ある意味一番大切で重要な作戦ですが・・・写真はございません(^^;)

今回はスクラッチとくすみをサッパリと除去して本来の輝きを取り戻しました!

 

作戦その4・・・コーティングするべし!

いよいよコーティング作業です。本来の輝きを取り戻したDCダークグリーンマイカを更に美しく

そして保護するべくコーティングしていきます。

今回使用致しましたのは・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

作戦その5・・・仕上がりを確認するべし!

作戦って程の事ではありませんが(笑)各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

まずはボンネットです。

くすみもなくなりクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも深いキズは残ってますがスッキリとクリヤーです!

ガサガサだったトランクも潤いを感じるようになりました。

シミシミだったボディサイドも綺麗ですよ。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しを行ないます。艶々になったタイヤはお車全体を

ビシッと引き締めます!

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツコペン、ボディコーティング完成です!

『輝けDCダークグリーンマイカ!あの頃のように!!』作戦無事成功です!!

ご入庫時は艶が引けグリーンのボディがやや黒ずんでいる印象でしたが、磨き上がりましたボディは

クリヤーで艶やかな本来の深みを感じて頂けるグリーンに仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

新車のような輝きを取り戻したコペンをこれからも沢山楽しんでください!

 

今回のDCダークグリーンマイカというカラー名のDCって何??って思いませんでしたか??

思った方はかなりの『色マニア』か『好き者』だと思います(笑)

知っている方はコペンマニアでしょうか??(*^_^*)

私も『好き者』ですので調べたのですがDCとはDouble Clear』の事でクリヤーを2度塗りしているそうです!

凄いですね!! このカラーの場合は合計5層の塗装になるそうです!

軽自動車とは思えない程の高品位な塗装です!

だから磨くと、とても深みのある滑らかな質感になるんですね(*^_^*)

塗装と一言で言いましても種類は色々ございます。皆様の愛車はどのような塗装でしょうか??

一度調べてみるのもマニアだと面白いと思います!   是非マニアの世界へどうぞ~( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディS1のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディS1のボディコーティングです!

アウディA1の高性能バージョンになるS1です!

A1のコンパクトなボディに2リッターのDOHCターボを搭載した4WDモデルです(´▽`)

しかも6MTです。もう面白くないはずがありません(笑)  しかもこのボディに2リッターターボですから

速くない訳はありません(*^_^*)

スタイルもA1の上品なスタイルにスポーティーさが加わったスタイルに仕立てられています!

メーカーによってはスポーティーと言うとゴテゴテとした少し下品な(失礼!)モデルもございますが

そこはさすがアウディ! 上品な迫力です!!

 

そんなS1の現状を確認していきたいのですが・・・

少し汚れがアレですので(笑)洗車後の写真でご紹介いきましょう!   洗車前です↑

まずはボンネットからです!

ボンネット全体ではないんですが所々に↑のような少し深そうな拭きキズでしょうか??

スクラッチが確認できました。

ルーフは通常の洗車キズの様です(^^;) それと少しくすみ気味ですね。

ボディサイドは洗車キズがございますがそれ程酷くはありません。

リアゲートもややスクラッチが付いてますね。

ホイールは高性能モデルらしくブレーキダスト多めです(^▽^;)  ↑これは洗車前の写真です。

全体的にボンネットなど一部に深めのスクラッチが付いていますが、間もなく3年経過のダーク系カラーの

割には洗車キズやシミは少ないと思います。 ただそれでも確実に3年分の痛みはございます。今回は

その痛みを優しく癒していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介していきます。

↓は現状の確認です。

ワイパーの払拭範囲内は油膜の付着も少ないですね。

ウインドウも磨いてガラス表面を綺麗にしていきます。

ガラス表面のリセットが終わりましたらウインドウ専用コーティングでコーティングして

最後に確認を行ないましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! 水玉コロコロで気持ちいいですね(^_^)/~

ウインドウコーティングは視界確保だけではなく油膜の付着も低減いたします!

 

続きましてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

色的によくわかりませんね(^▽^;)

リアもです(笑)  しかし実際によ~く見ましても少ない感じです。

この後にネンドで鉄粉を除去していきますがやっぱり少な目でした。

どれ程少なかったかと言いますと・・・

ネンド掛け前のネンドですが、これがこうです↓

ネンド掛け後です。ネンドがそれ程汚れていないのがわかって頂けると思います。

もちろん汚れてはいますよ(笑) でもこれ位は全然です。凄い車は凄いですから(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングへと作業は進みます。

進みました。

そして磨いていきますが今回はボンネットの深めのキズが気になります。ただその他のパネルは

シミ・キズ共にそれ程酷い訳ではありませんので、ここは各パネルの仕上がり具合が同じに

なるようバランスを考えて磨いていきました。

その磨きを終えましたボディに今回はこちらの・・・

PCX-S7でコーティングしました!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしましたね!しかし深いキズの部分は少し残ってしまいました。

でもこちらはキズが見やすいようにライトを当ててますので実際はほぼ気にならないと思います。

ルーフはサッパリとクリヤーになりましたね!

ボディサイドも綺麗になりました。

リアゲートのスクラッチも無くなり艶々です(´▽`)

ブレーキダストが無くなりホイールの本当の色がわかりました(*^^*)

そしてアウディS1のボディコーティングが完成いたしました!

くすみやスクラッチが無くなったアウディS1はご入庫時よりも青味が増した感じですね(^^)/

上品な佇まいの中に迫力を感じさせ、よりスポーティーなS1に仕上がりました!

オーナー様も『いゃ~凄いなぁ。凄いピカピカじゃないですか!!』『こんな色だったんですね~(笑) 』っと

とてもお喜びになられておりました。

 

話は変わりますが今、お店のある神奈川県の小田原市は花粉が凄いです(^^;)

皆様は花粉症は大丈夫ですか?? 私は・・・たぶん大丈夫です。 よく言うじゃないですか?

花粉症は認めたら負けだと(*´з`)  ですので私もたまにくしゃみしながらも認めないように心がけて

います(^▽^;)

花粉はご存知の方も多いかと思いますが人間だけではなくお車にも悪影響を与えます。

花粉がただボディに乗っかっているだけならまだいいんですが、(良くはありませんが)雨に濡れると

最悪です。見た目も斑模様でよくありませんが、それ以上に塗装によくありません。

そのまま放っておくとシミシミになってしまいます。 ですので花粉が雨で濡れましたら

なるべく早く洗車して落としてください。 雨で濡れなくてもこの時期は大変ですがマメな洗車を

心がけてください! 大変ですが皆で頑張って花粉を乗り切りましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホワイト×グレーのアウディA1ボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングです!

H28年式のホワイト×グレーのアウディA1です!

車は小さいですが内外装の質感は高く、さすがアウディのプレミアムコンパクトです!

見るからにクオリティが高くて、”高品質”感がプンプン漂ってきます(*^^*)

なんでなんでしょう? 何が違うんでしょう?? 一体なんなんでしょうね(笑)

 

そんな小さな高級車のA1の現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

細かなシミはございますが洗車キズなどのスクラッチは少ないです。

ルーフもシミは確認できますがスクラッチが少ないです(*’▽’)

ボディサイドもお綺麗です。

リアゲートはやや汚れてますね(^^;)

ホイールはやはりと言うべきか・・・やはり汚れてます(^^;)

欧州車はどうしてもブレーキダストが多く出るのでしょうがないですね。

 

普段からそれ程お乗りにならないそうで走行距離も少なくお綺麗なお車です。

しかも青空駐車でお手入れも頻繁にされている訳ではないそうです。  洗車キズが少ない訳ですね(笑)

そう考えますとシミは少なく、くすみもあまり気になるような状態ではございませんでした。 スバラシイ!!

とは言いましても、このままシミを放置しておきますとシミは益々増え、塗装を浸食してしまい

磨いても取れないシミも増えてきます。シミやスクラッチが増えるその前、まさに今がリフレッシュする

いいタイミングだと思います。  ではリフレッシュをはじめていきましょう~!

 

まずは洗車後の鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボチボチですね(笑) 鉄粉はお車に乗らず置いておくだけでも付いてしまいます。お車の使用場所や

駐車場の環境によって付着量は多く変わってきます。 交通量の多い道路の近くや線路の近くは鉄分が

多いです。

リアもボチボチですね。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になりました。

リアもサッパリとしました。

鉄粉が多く付いてますと洗車時にスポンジの滑りが悪く引っかかります。

皆様もお車は大丈夫ですか??   洗車する時お確かめください。

と言うより水を掛けながら手で”優しく“撫でるとブツブツと感じます。 そっちの方がわかりやすいです(笑)

水を掛けながら””優しくですよ! 強く撫でるとキズになりますのでお気を付けください(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら次にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はスクラッチは少ないんですけどシミがやや目立ちますのでシミを消す&目立たなく仕上げて

いきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

低撥水タイプのPCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです!

シミもスッキリとしてライトの映り込みがクッキリとしました!

ルーフもツルツルのクリヤー肌です。

リアゲートも・・・

綺麗になりましたよ~。

そしてブレーキダストで汚れていましたホイールも・・・

艶々になりました。もちろんタイヤも綺麗に洗い艶出ししております。

そしてアウディA1のボディコーティング完成いたしました!!

リフレッシュが済みましたアウディA1はクリヤー感と艶が向上し元々高かったクオリティが

更にアップした仕上がりになったと思います。

オーナー様も『うわぁ! ピカピカだぁ』と驚かれておりました(*^^*)

驚いて頂けると・・・凄く嬉しいです(笑)  ありがとうございます。

 

ご入庫時時もお綺麗だと思ったのですがやはり施工後は違います(笑) 写真ですと施工前後の写真の色味が

違っちゃってますので(すいません)、単純に写真で比較できませんがオーナー様なら一目で違いを

ご実感して頂けます。 毎日見ていると知らず知らずに少しづつ汚れていきますので気がつきにくいのですが、

今回のようにリフレッシュしますと、如何に汚れていた(傷んでいた)のかご実感して頂けると思います。

お車は汚れていないようで汚れていき、傷んでないように見えて実は傷んでいきます。

痛みが酷くなる前のリフレッシュがお勧めです(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのコペンは以前当店でボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

約1年半ほど経過しており今回は再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

マメにお手入れされているとの事でまだまだ艶もあるのですが・・・

では早速現状確認していきましょう!

まずはボンネットからですが・・・

汚れが酷くて塗装面の状態が良くわかりません。 洗車キズが多いのはわかりますが(^_^;)

という事で洗車後の写真でご紹介していきましょう!

ボンネットです↑ やはり洗車キズがなかなかの入り具合です。しかしシミもくすみも少ないですね!

ルーフもシミの類は少ないです。 色的にどうしても洗車キズが入りやすく、また見えやすいです(^^;)

トランクもグルングルンのキズキズですね(^^;)

ドアはボンネットやルーフ程のキズではございません。

タイヤとホイールは洗車前に撮った写真です。お綺麗にされてますね!!

 

先ほども少しお話いたしましたがオーナー様はマメに洗車されているそうで基本的に

シミやくすみが少ないです。マメなお手入れの賜物です(^_^)/ しかし洗車回数が多ければ多い程

洗車キズが多くなってしまうのも、これまた事実でもございます(^^;

特にダーク系カラーのお車はどうしても洗車キズが目立ってしまいます。

でも逆に洗車キズが多いのは愛情の証です!キズの数が愛の数って事です(笑)

そう考えると、もの凄い愛ですね(´▽`)

今回その愛を消す訳ではありませんがキズはなるべく消していきたいと思います(笑)

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛け鉄粉の状況を確かめます。

紫色に反応しているのが鉄粉ですが・・・

グリーンだと確認しにくいですね。

しかし↓はトランクですが近くで見ると・・・

こんな感じで見えます。 結構多いですね(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

綺麗になってますよ~!

トランクもサッパリとしました。

そしてマスキングをします。

黄色いマスキングテープがピンストライプみたいでカッコイイですね(^_^)/

磨きの程度で除去できるキズの量も変わってきます。また同じ様に研磨しても塗装の”硬さ“に

よって消せる量(キズの深さ)も変わってきます。

塗装の”硬さと言いましてもピンとこないと思いますが塗装も硬かったり柔らかかったりと色々です。

車のメーカーにもよって違いますし同じ車種でも違ったりする事もございます。

柔らかいとキズは除去しやすいですし硬いと、なかなかキズが消えません(^^;

で、コペンですがこちらは柔らかくてキズの除去がしやすいです!

と言うより軽自動車は全般的に柔らかです。

コーティング屋さんのブログなどでよくあるじゃないですか!? 半分磨いて半分磨いてなくて

違いがわかりやすい画像が!?  今回私もコーティング屋のブログらしくやってみました(笑)

それがこちらです↓

これはトランクです。これはファーストポリッシュの後です。

もちろん真ん中より右側が磨いた所で左半分が磨いていない所です。塗装が柔らかいので一回目の磨きで

これくらいキズが取れます。 ここから更に磨いて艶を出して仕上げていきます!!

その磨き上がりましたボディには今回もこちらの・・・

PCX-S7でコーティングです! これで更に艶と光沢が上がりますよ~(^_^)/

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

洗車キズもだいぶサッパリしました!

ルーフも綺麗ですよ(*^^*)

グルングルンに見えていた洗車キズもスッキリとしツルンツルンになりました。

ドアもいい感じです(´▽`)

タイヤとホイールもしっかりと洗い最後に艶出しをおこないましたら・・・

ダイハツ コペンのボディコーティング完成です!

キズは消えましたが愛情は益々深くなると思います(笑)

綺麗になった愛車は愛着が更に湧くものです! オーナー様はとてもコペンを大切にされていて

これからも乗り続けたいとお話しておりました。

お車は時間の経過と共に維持管理が大変になってくると思いますがこれからも愛情いっぱいで

大切にお乗りください!!

 

これからオープンにして走るのが気持ちいい時期ですね! ちょっと花粉症の方は辛いかと思いますが

屋根開けて走ったら気持ちいいでしょうね~(´▽`*) 私もオープンカーは大好きなんですが

一度も所有したことがないんです(^^;) 以前知人のロードスターを運転させてもらった事があるんですが

まぁ~気持ち良かった(笑)  それ以来いつかはオープンカーと思っているんですけど、なかなか・・・ね(笑)

最終手段として今乗っているエクシ-ガの屋根を切り取って7人乗りのオープンカーに仕立てようかしら(笑)

しかしオープンカーに7人乗っていたら、なんかちょっと不気味ですね(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ワゴンRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです。

ルナグレーと言う若干、青味がかったグレーのMH23型のワゴンRです!

新車でご購入されてから7年くらい経過されているそうです。7年経過ですので、そろそろ買い替えもお考えに

なられたそうですが、新型ワゴンRのスタイルがお好みでないそうで・・・(^^;

こればかりは好みの問題もございますので・・・ね(笑)

という事でまだまだお乗りになられるとの事で一旦ここいらでリフレッシュ致しましょう!

 

では現状確認していきます!

まずはボンネットからです。

まぁ7年ですので・・・スクラッチが盛大に入ってます(^^;)

ルーフも・・・

ギラギラです!

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程ではありませんが結構入ってます。 ↑の写真ですといまいちわかりにくいので・・・

こちらの方がわかりやすいかな??

そしてリアゲートも同じくスクラッチが目立ちます。

タイヤとホイールも薄汚れていてお疲れな感じが滲み出ていますね(^▽^;)  お疲れ様です!!

 

ご覧いただきました様に7年の歳月の経過感じさせる佇まいです。 全体的に洗車キズのスクラッチが

多く艶も光沢も引けてしまっていて7年分の疲れがそのままお車の印象になってしまっています(^_^;)

イカン!それでじゃイカン!! まだ7年です! まだまだ磨けば光ります!

失われた艶と活力をビシッと取り戻して再び輝いてもらいましょう!!   そう、あの頃の私のように( ̄▽ ̄)

では作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

紫色が確認できますね。 結構多いんですが年月を考えますと特に多い訳ではないです。

↓はルーフですが・・・

ルーフも結構多かったです。 しかし写真だとあまり多く見えませんね(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

ボンネットもだいぶサッパリとしました。

ルーフも・・・

綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

いつもマスキングすると思うんですけどボディのラインが強調されメリハリが出てこれだけで

キリッとしてカッコイイですよね(*’▽’)  と思うのは私だけでしょうか??

それはそうと今回の磨きはスクラッチを無理に深追いはしないで、なるべくスクラッチを

除去して艶を取り戻していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

盛大に入っていた7年分のスクラッチもだいぶスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

深いキズは残ってますが綺麗になりました。

ボディサイドもサッパリです。

ガサガサだったピラーも・・・

スッキリとクリヤーです。

リアゲートだってクリヤーで気持ちいいッス(^o^)

タイヤとホイールもキリッと若々しく仕上げましたら・・・

スズキ ワゴンRのボディコーティング完成です!

疲れが感じられていたワゴンRがキリッとシャープにそして若さがみなぎる健康的な

ボディを取り戻しました!   そう、それはまるで若かりし頃の私のよう( ̄▽ ̄)

艶とクリヤー感を取り戻したワゴンRはとても7年経過のお車には見えないと思います!

これでまた気持ち良く、そして末永くワゴンRにお乗り頂けることでしょう。

これからも張り切ってどうぞ~ヽ(^o^)丿

 

お車は時間の経過と共に汚れそして傷んでいきます。それが積もり積もると古臭く見えて

まだまだ元気に走るのに、ただそれだけで買い替えたくなってきます。

しかし車は磨けば輝きを取り戻しますよ(^_^)/  愛情や思い出が詰まった愛車を

売ってしまうのはもったいないです。その前に磨いてみませんか??ピカピカになった愛車を

見るときっと大切に長くお乗りになろうと思いますよ。

お乗り換えをご検討する前に愛車のリフレッシュも是非ご検討ください(*^^*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバー イヴォーグのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレンジローバー イヴォーグのボディコーティングです!

こちらのイヴォーグですが、当ブログでも何度かご登場いただいております!

H27年式で新車ご購入時に当店でボディコーティングを施工させて頂いております。

それから早いもので3年。その間に何度かメンテナンスでご入庫下さっており、今回も初めはメンテナンスの

ご依頼でしたが・・・前回のメンテナンス時点で塗装面の痛みがだいぶ目立っておりました。

更にお車の使用状況や保管状況が変わる予定との事でしたので、その辺りも含めて考え、再コーティングの

ご提案させて頂きました。オーナー様もそろそろかな?とお考えの様でしたので、この機会に再コーティングに

変更頂きました。  ありがとうございます。

 

という事で3年経過のイヴォーグの現状を確認していきましょう!

何故、再コーティングをお薦めしたのか、お分かりいただけると思います(笑)

ではまずはボンネットからです!

写真ですと、ただ汚れているように感じますが実はかなりシミだらけ&スクラッチだらけ、更にくすみが

凄くて艶も引けている状態です。  ガサガサです(^^;) 

ルーフもボンネットと同じ傷み具合です。

ボディサイドは・・・

この様な感じです(^▽^;)  こちらの写真の方がシミが良く見えますね。 ボンネットやルーフも

同じ状態です。 イャ、それ以上なんです(涙)

更には・・・

ドアの下の方には擦ったのでしょうか??擦れたキズが!!

ホイールも・・・

ブレーキダストが多く出るので汚れ気味です。

 

以上の様になかなかヘビーなシミです(^^;) おそらくこのシミは雨によるシミではないと思います。

もちろん雨も影響しているのですがそれだけではないと思われます。

オーナー様に色々とお話を聴いたのですが・・・何のシミなのかは、なかなか断定はできないのですが

必ず何か原因があるはずです。 私的にはお車の駐車場所が関係していると思っているのですが

近々駐車場所が変わる予定との事ですので、今後、ボディの傷み具合を長期に渡り観察していこうと思ってます!

話がそれましたがちょっぴり残念な状態になってしまったレンジローバー イヴォーグに再び艶と光沢を

取り戻していきましょう(^o^)/

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉除去を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

写真ですと色的になかなか判別困難です(笑)

状態的には”凄く多い訳ではないけどそこそこ多いかな?”って感じでした(^^;)

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はとにかくシミとスクラッチが酷かったのでハードな磨きで仕上げていきました!

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

今回は更に”新たな試み”をオーナー様にお断りして試させて頂いております!

その経過も今後定期的に観察していきたいと思っております。 結果がどうなるか楽しみ~(´▽`)

 

それでは各部の仕上がり確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもスッキリとしましたよ~!(^^)!

ガサガサだったルーフも潤いを感じて頂けるようになりました!

ボディサイドもシミやくすみが無くなりサッパリです。

キラキラとしたメタリックが確認できるようになりましたね(笑)

ドア下の擦れた跡も無くなりました。しかしさすがにエッジの部分はどうしようもありません(^_^;)

でもかなり目立たなくなったと思います!

ホイールも再コーティングのご依頼を頂きました。

綺麗になりましたよ~。 ホイールコーティングはブレーキダストの固着を低減いたします。

お手入れが楽になりますので、特にブレーキダストが多く出るお車にはお薦めです!

それとバンパーやフェンダアーチなどの樹脂部もコーティングしましたので黒さと艶が復活!

そしてレンジローバーイヴォークのボディコーティング完成です!!

艶と光沢を取り戻しましたイヴォークいかがですか!!

オーナー様は『新車みたい!』と、とてもお喜びになられておりました!

シミだらけになってしまった愛車を”もう気にしないようにしよう”と諦めていたとの事でした。

諦めないでください(^.^)/  諦めるには早過ぎです!これくらいは全然大丈夫です。磨けば光ります!!

いゃ光りました!(笑)

輝きを取り戻した愛車イヴォークでニコニコ笑顔でお帰りになられました。

お客様の笑顔はホントに嬉しいですね~(´▽`) ありがとうございました。

 

ダーク系カラーで屋外駐車のお車はどうしても塗装面の痛みが早くてシミが付きやすくキズも付きやすいです。

でもだからといって諦める事は全然ありません! 磨けば光ります(^_-)-☆

艶も光沢も復活して更には綺麗になった事でお車への愛情も復活すると思います!

皆様の愛車は大丈夫ですか?? たとえシミだらけでもキズだらけでも大丈夫です!

磨けば輝きを取り戻します! 諦めるその前に当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングのボディコーティングです!

 

H26年式のBMW5ツーリングです! さり気なく弄っていて派手過ぎない大人な感じに仕上がっている

BMWです。文句なしのカッコよさですね(*^_^*)

エアロもさり気なくローダウンもいい塩梅でスッキリとスポーティーにきまってます!!

そんなカッコよくきまったBMW5ツーリングですが塗装面の状態はと言いますと・・・

汚れや水アカなど少なく基本的にとてもお綺麗なんですが、洗車キズと思われるスクラッチやシミが

確認できます。 しかし年式を考えますと少ないですね!

ルーフも・・・

シミやスクラッチが付いてます。

リアバンパー上部はお荷物の出し入れでキズが付いてしまいます(^^;)

ボディサイドは・・・

パールホワイトなんで目立ちませんがスクラッチが付いてます。

それと・・・

この様な隙間の汚れが時間の経過を感じさせてしまいます。

ホイールは・・・

とてもお綺麗です! スバラシイ(^^)/

 

以上の様にスクラッチとシミが見れば見るほど見えてきます(^^;) でもマメにお手入れされているとの事で

くすみは少なくて3年経過しているとは思えない程お綺麗でございます! しかし隙間に蓄積した汚れや

キズなどが時間を感じさせてしまうのも悲しいかな、また事実です(・´з`・)

という事でリフレッシュして経過した時間を巻き戻していきたいと思います!

何処まで戻せるか!?  乞うご期待(笑)

では作業開始~!!

 

ボディのご紹介をする前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングからいきましょう!

↓は現状です。

ダラ~とした水弾きですね。

このダラ~とした水弾きを・・・

除去致します。 油膜や古い撥水剤が無くなったガラスに水を掛けると・・・

水を弾かずに膜状に広がる親水状態になります。

綺麗になったガラスを更に脱脂を行ってからウインドウコーティングしていきます。

余談ですが市販品でウインドウコーティングする時も脱脂してからコーティングした方が

いいですよ!

コーティングが終わりましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは終了~。  中途半端に落ちた撥水は逆に視界不良の恐れがありますので

ウインドウコーティングは早め早めに掛け直すのがおすすめです。

 

続いてはボディ編です。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

ボンネットです↓

紫色(黒っぽく)にポツポツ見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

3年経過でこれでしたら少ないと思います!

リアも・・・

確認できますが少ないですね(^^)/

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

サッパリとしました。

リアも綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

ここまでの作業がある意味ポリッシングをする為の準備になります。

ここまでと言いながらも写真ではご紹介していない、あんな事やこんな事もゴニョゴニョとしてます(笑)

マスキングが終わりましたら今度はゴニョゴニョと磨いていきます!!

いゃ、ゴニョゴニョとは磨きませんですけど(笑)  スッキリと磨いていきます!

そしてスッキリとした塗装肌には、美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ガサガサだった肌が潤いを感じさせる肌になりました~ヽ(^o^)丿

ルーフもクリヤーですね。

バンパーのキズはよく見れば残ってますが、普段はあまり気にならないと思います。

ボディサイドもライトの映り込みがシャープでクリヤーです!

隙間の汚れも無くなりました。これだけでもお車の印象が変わるから不思議です(笑)

最後にタイヤとホイールの艶出しを行ないましたら・・・

BMW5ツーリングのボディコーティング完成です!!

いかがでしょうか。

どれ位の時間が巻き戻りましたかね??  目測で2年半っといったところでしょうか??(笑)

艶とクリヤー感は新車に負けないと思います(^^)/

オーナー様も『すげ~ピカピカだぁ~』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

今まではガソリンスタンドで洗車してもらっていたそうですが、これからは自分で洗車しよ~!

っとおっしゃっておりました。 是非是非~(´▽`*)

 

不思議なもので車って綺麗だと愛着が深まるんですよね(笑) 汚れてくると段々洗車もしなくなっていき

汚れが目立つ → 洗わない → 汚れる → もういいや → 負のスパイラルに陥り最悪の場合、なんか汚いし

古臭く見えるから買い替えよ。なんて事になりかねません(^_^;)

でもマメにお手入れしていると、綺麗 → 汚れが気になる → 洗車 → 綺麗 →愛 着が湧く → お手入れする→

愛着度UP → 愛車最高!! → 乗り続ける!  なんて事になりかねません(笑)

皆様のお車は大丈夫ですか? 汚れてませんか??  たとえ汚れていても大丈夫ですよ!!!

磨けば綺麗になります(^_-)-☆

皆様も、愛着UP → 愛車最高!!にしてみませんか??     カービューティープロ カラーズで( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。