新型CX-5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ・CX-5のボディコーティングです!

フルモデルチェンジで更に精悍なお顔になりましたマツダCX-5です!

納車ホヤホヤの新車です。 納車ホヤホヤですが納車時は雨だったようで・・・まぁそんな事も御座います(^^;

でも納車時雨で汚れてしまっても当店で納車時以上に綺麗に致しますので安心してください(笑)

では各部の状態確認をしていきましょう。

まずはボンネットです。

ライトの映り込みがモヤモヤ~としてます。新車によく見られる曇り(白ボケ)です。写真ですとそれ程酷く

ないように見えますが実際は結構なモヤモヤ加減です(汗)

ルーフもシャキッとしてませんね~。

サイドもボヤ~としているのがわかって頂けると思います。

リアバンパーは・・・雨でしたから(笑)

ホイールも軽~く汚れていました。

基本的に新車ですのでキズやシミは少なくお綺麗なんですが先ほども少しお話ししました塗装表面の曇りが

やや酷かったです。 こちらのCX-5に限らずマツダ車は曇りがやや多い傾向のように感じます。

この曇りをスッキリと取ってより美しいCX-5に仕上でいきましょう!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからサクッ!といきましょう。

現状です↑水が掛かってるんですが油膜の付着もなく綺麗に親水状態になってます!!

とは言え、汚れは油膜以外に付いてますのでウインドウも綺麗に下地作り致します!

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

結構ポツポツと確認できます。

リアもやや多めですね(汗) 塗装の曇りと同様にマツダ車は新車でも鉄粉がやや多い印象です(^▽^;)

新車の保管場所(モータープール)の問題でしょうか??

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↑

リアもサッパリとしました。

その後にマスキングします!

今回は曇りが目立ちますので曇りをスッキリと除去していきたいんですが、新車ですのであまり磨き過ぎも

よくないし・・・そのバランスが難しい(笑) そこを注意しながら磨いていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちら・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

だいぶスッキリとしたんですが・・・写真だとイマイチ違いが分かりにくいかも(^▽^;)

施工前と比べてくださいね。モヤ~が取れてスッキリとしているのがわかりますよ~。

ルーフもサッパリしたんです!(笑)

↑こちらが一番違いが分かりやすいと思います。

いゃ、↑こっちの方がわかりやすい(笑)

ホイールもタイヤも艶出しを行ってます。

それと最後に樹脂モールドコーティングもご依頼いただいてます!

黒が引き締まります。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-5のボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

オーナー様は『うおぉ~ピカピカだぁ!』 『やっぱりモールが黒くなると引き締まりますね~』と、お喜びに

なられておりました!!ありがとうございます。

まさにオーナー様がおっしゃるとおりで黒いモールがより黒くなった事で白いボディと黒いモールのコントラストが

一層強調されキリッとした印象に仕上がったと思います!

 

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカと言うパールホワイトですが名前の通り雪のような白さの

パールホワイトです。 多くのパールホワイトはパールの色にもよりますが若干黄色に感じる事が多いんですけど

このスノーフレイクホワイトパールマイカは白いんです(笑) あまり黄色感は無くてとても綺麗な

白いパールホワイトです。でもソリットのホワイトともまた違うキラッと艶やかな高級感あるパールホワイトで

CX-5にもとても似合っていると思います!

そして何よりパールホワイトは維持が楽です(笑)

 

 

話は変わりますがこのCX-5を作業していた日の事ですが千葉にある『カービューティープロ 澄昭』の

林プロが訪ねてくださいました!

この後に林さんは用事があったんですが・・・時間が過ぎるのを忘れ、つい話が盛り上がってしまい

気が付いたら時間が(;”∀”)・・・慌ててお帰りになりました。

ギリギリセーフで間に合ったようでよかったです(笑)

林さんは昨年カービューティープロ 澄昭をオープンして頑張っている方です。

見てください!このやる気に満ち溢れているお顔!!

凛々しいじゃあ~りませんか!

こうして熱いコーティング談議が盛り上がってしまいアッ!と言う間にこんな時間でした(;”∀”)

話は尽きませんね~(笑)  また今度ゆっくり語り合いましょう!

カービューティープロ 澄昭のHPはこちらです → カービューティープロ 澄昭

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

C230ステーションワゴンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティングでございます!

こちらのC230は前回のブログでご紹介致しましたBMW120i同様、1年ほど前に当店でボディコーティングを

施工させて頂きましたお車です! 前回のBMW120iと同じオーナーさんのお車でございます。

いつもありがとうございます。 今回こちらのC230もボディーコーティングの再施工のご依頼です。

前回ご入庫された時はかなりの汚れた状態でございましたが(笑)・・・はたして今回は如何に!!

ちなみに前回の様子はこちらです。 → 前回の様子。

では現状確認していきましょう! どうぞ~。

まずはボンネットからです。

少し線キズが目立ちます。

ルーフは綺麗ですね! ただ・・・

何故かエンブレムや・・・

モール類などの隙間は前回ほどではないものの・・・(^_^;)

リアゲートを開けた所にも汚れが溜まってました。

ホイールはブレーキダストに汚れがかなり酷いですね。 ダストコーティング状態です(^▽^;)

でもメルセデスでは標準的な汚れです(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ表面はシミは少なく艶もあり基本お綺麗なんですが、エンブレムやモールの

隙間などの汚れは前回程ではないんんですけど結構汚れが溜まってました(^▽^;)

 

では作業を開始して行きましょう。今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、

そちらからご紹介していきますしょう。

まずは現状確認です↓

まだ撥水はあります。しかし撥水力は弱まってきている様で少しダラ~とした撥水ですね。

弱まっているコーティングを除去して一旦リセットします。

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを行い撥水チェックをしたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

続いてはボディです。

こちらはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応致します。

前回までの黒い車シリーズと違い鉄粉の反応がわかりやすいですね(笑)

リアも少し多めに付いてました。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

いい感じですね!

リアの鉄粉も綺麗になりました。

そしてマスキングをして磨き準備が整いました。ここまでが磨きを入れるための準備です(^^)/

そして磨いてまいります。こちらのお車は毎年コーティングに出していたそうです。前回は当店で施工させて

頂きましたがその前までは他店で施工しておりましたので、どの位の量を研磨してきたかわかりません。

ですのでクリアー層がだいぶ薄くなっている恐れもあります。と言うことで磨き過ぎは危険かと思い今回も

キズやシミも少ないのでキズの除去などは深追いせずに磨き過ぎないよう磨いていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はPCX-S8です! PCX-S7が続いてましたので久々の登場です(^o^)丿

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽い線キズは取れてますが深いキズやシミなどはよ~く見ると残ってます。 でも普段はわからないと思います。

ルーフも綺麗です。

そしてエンブレムも・・・

モールの溝も・・・

リアゲートも綺麗になってます。 今回も細かな所の洗浄(ディテールウォッシュ)楽しめました(笑)

ホイールもシルバーに色替え?出来ました~(´▽`)

そしてメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーテイングの完成いたしました!

いい艶に仕上りました! お車の印象が明るく華やかになったと思います。

ホワイトやシルバーなどのライトカラー系のお車はブラックなどのダーク系の色に比べると、どうしても艶が

感じられ難いんですが、磨きを入れてあげるとご覧の様に艶々に仕上がります!

特にこちらのシルバーは光沢感の高いとても綺麗なシルバーですので尚更です(^.^)/

塗装の厚みはお車よって違いがございますが、おおよそ約100~150μ程と言われております。最近の車は

もっと薄く80~100μ程の車も少なくない様です。私たちコーティング屋や磨くクリヤー層はそのうちの

20~60μ程でしょうか。 非常に薄い層なんです。この薄い層に付いているキズやシミを研磨して除去すると

当然クリヤーは薄くなってきます。 確かにキズやシミのない塗装肌は気持ち良く綺麗なものです。

だからと言って毎回キズを除去するために研磨量を増やせばアッ!言う間にクリヤーが無くなってしまいます。

ですのでカービューティープロ・カラーズでは無理にキズを消すために深追いはしません!!

今回のオーナー様の様に毎年コーティングしたいと事前に仰って頂けるとそれに沿った磨きが出来ますので

非常に助かります(笑)

深いキズは残ります。深いシミも残ります!でも艶のあるボディには仕上がります(^_^)/

限りあるクリヤー層は大切に!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スパークリングブラックパールのエスティマのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回ご紹介致しますのは、黒い車シリーズ4部作の第3弾・トヨタ・エスティマのボディーコーティングです!

色はもちろん・・・

黒です!

スパークリングブラックパールクリスタルシャインと言うブラックですが明るい所で見ますと黒と言うよりは

紫色に近い感じです!  こちらのスパークリングブラックパールは人気のある色のようで最近、当店でもご入庫が

増えている色でもございます。  昼と夜で違う印象に見える、とてもいい色です(^^)/

こちらのエスティマは納車間もない新車です。

では早速現状を確認していきましょう!どうぞ~。

まずはボンネットからです。

花粉が多い時期でしたので・・・(^_^;)

↑こちらもボンネットです。写真だと上手く映らないんですけど(キズは見えますが)モヤモヤっとした

磨き跡が確認できました。

↑ルーフは・・・花粉が多い時期でしたので(笑)

↑こちらは右リアフェンダーです。既に拭きキズが結構入ってます(^^;)

反対側のリアドアも・・・(涙)

リアバンパーも汚れが集合してますね(笑)

タイヤ&ホイールはお綺麗です!

全体的に見まして、新車ですがブラックと言うこともあってやはり拭きキズが既に入ってます。それ以外にも

磨いた痕跡も確認できました。磨くのは仕方がないんですけど痕跡は綺麗に消してほしいですね(^▽^;)

では新車のエスティマを、これぞ新車!に仕上げていきましょう!!

作業はじめ~。

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはそちらから見ていきましょう。

現状です↓

油膜が気になりますね。特にワイパーの払拭範囲外は結構油膜が付いてます。

油膜を除去してガラス面を一度リセット致します。

↑油膜が除去できたガラス面に水を掛けますと、水が均等に膜状に広がる親水状態になります。 綺麗ですね~

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に・・・

撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続きましてはボディです。

まずは洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 でも まぁ 黒い車シリーズの3回目ですから・・・もうお分かりですね(ToT)/

黒いボディですと紫色の反応は良く見えません。 スイマセン

と言うことは次回の黒い車シリーズの4回目も・・・(笑)

そんなこんなで??鉄粉除去は鉄粉の付着は少なかったんで今回も軽めの除去を行いました。

そしてマスキングをおこなって磨きの準備完了です!

今回は新車ですので基本軽い研磨ですが、やや目立つキズは少~し磨き込んでサッパリと仕上げていきました。

そして使用しましたコーティング剤ですが今回も既にお馴染みになりました当店の2トップの一角である・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のPCX-S7です!

PCX-S7は低撥水タイプのコーティング剤です!  PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

幸い花粉の影響は少なくサッパリと仕上げることが出来ました。

キズもモヤモヤっとしていた磨きキズも綺麗になりました!

ルーフも気持ちいいですね(*’▽’)

リアフェンダーもバッチグ~。

反対側のドアは深いキズは残ってしまいましたが綺麗になりましたね(^_^)/

リアバンパーの花粉もサヨナラしておきました!

最後にタイヤ&ホイールの艶出しを行い・・・

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのトヨタ・エスティマ、ボディコーティング完成致しました!

いかがでしょうか。これぞ新車!に仕上がったと思います。 いゃ、新車以上の色艶です!

 

オーナー様は今までのお車はお手入れの大変さもあって白い車を選ぶ事が多かったそうですが今回はオーナー様的に

白のエスティマがお好みでなかったそうで黒系にされたんだそうですが・・・わかってはいたんですが

「やっぱりキズが気になりますね」と・・・。どうしてもダーク系のカラーはしょうがないですね(^^;)

でも白やシルバーにはない艶感や景色の映り込みなどはダーク系カラーの魅力です!

ライトカラーは確かにお手入れは楽です。逆に言うとダークカラーはお手入れのし甲斐があるっていうものです!

それに答えれくれるのがダークカラーですので前向きにいきましょう(笑)

 

と言う事で今回は黒い車シリーズ4部作の第3部はトヨタ・エスティマでした!

そして次回はいよいよ黒い車シリーズの最終話です。では次回も黒い車でお会いしましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産フーガのメンテナンスです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フーガのボディーコーティングメンテナンスのご紹介です。

定期的にメンテナンスにお越し頂いております、こちらのフーガですが今回はコーティングメンテンスと同時に

ウインドウコーティングの再施工とヘッドライトクリーニングのご依頼も頂きました。 ありがとうございます。

内容が盛り沢山ですので早速各部の現状を確認していきましょう!

まずはヘッドライトからです。どうぞ~

それ程黄ばみが酷い訳ではないんですが(写真より実車の方が黄ばんでます)黄ばみが気になるので

クリーニングのご依頼です。

アップで見ると・・・確かにクリヤー感ないですね(^_^;)

反対側のヘッドライトも・・・

こちらの方が痛みが進んでます。前回のメンテナンス時(昨年の5月)にもヘッドライトクリーニングを

行ったんですけど時間の経過と共に少しづつ黄ばみが進んできてしまいます。

↑はボンネットです。 こちらも傷みが少しづつ進んできてます(汗)

ボンネット同様シミがやや目立ち始めました。屋根なし屋外駐車ですのでしょうがないんですけど(^▽^;)

全体的に少し汚れ気味です(笑)

ホイールの汚れはそれ程ではないですね!

ご覧いただきましたように全体的にやや汚れてはおります。先程も少しお話いたしましたが屋外駐車(屋根なし)と

いうことを考えれば、ボディーコーティングを施工してから約1年半ほどの状態としましてはお綺麗だと思います。

今回もメンテナンスして、また気持ち良~くフーガにお乗り頂ける様にお車をリフレッシュしていきましょう!

メンテナンス開始!

まずはウインドウコーティングからです。↓は現状です。

ウインドウコーティングしてから1年半ほどです。まだ撥水はしてますが・・・少し弱り気味ですね(^^;)

でも1年半でこの状態なら悪くはないです!でもウインドウは安全に繋がりますので早め早めに掛け直しして

いかれることをおすすめいたします。

↑弱まった撥水コーティングを除去して、再コーティングします!

最後に撥水チェックをおこなって・・・

ウインドウコーティングは完成です! 水玉コロコロ復活しました!(^^)!

次はボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。シュシュッ!

結構付いてました(^^;)

↑トランクも多めですね。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

サッパリしました。

トランクも気持ちよくなりました。

その他にも、あんな物やこんな物使ったりして(笑)ボディを綺麗にしていき最後にメンテナンス剤を

塗布して仕上げていきます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!まずはヘッドライトからです!!

綺麗になりましたね!

アップで見るとクリヤー感の違いが分かりやすいです(笑)

反対側も黄ばみはなくなりました。

よく見ると痛みが進んでいて細かなクラックが確認できます。これはクリーニングでは・・・

すいません!取れません!!

↑ボンネットです。シミは残ってますけど、だいぶスッキリしたと思います。

ルーフも綺麗になりましたね(^_^)/

艶が違います。

こっちも艶が違います(笑)

そして日産フーガのボディーコーティングメンテ&ヘッドライトクリーニング完成です! ウインドウもね(笑)

艶が違います∠( ̄∇ ̄)

オーナー様も『うわぁ~また綺麗だな~』と、とてもお喜びになっていられました!ありがとうございます。

やっぱりヘッドライトがクリヤーになるとお車の印象が激変します。こちらのフーガはそれ程ヘッドライトが

黄ばんでいた訳ではないんですが、それでもお車の『気持ち良さ』が全然違うと思います。

これでまた気持ち良~く愛車フーガにお乗り頂けると思います(^_-)-☆

 

ボディコーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックパールのジムニーです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ・ジムニーのボディコーティングです!

ブルーイッシュブラックパール3のジムニーです!

私的にジムニーというとホワイトやシルバーが多くブラックのジムニーはあまり見かけないような気がします。

その為でしょうか?黒いジムニーは新鮮でカッコイイですね~(´▽`)

こちらのジムニーは新車なんですがコンプリートカーなんで初めからこの状態だそうです!

当店に来られるジムニーはリフトアップ仕様の方が多いです(笑)

では現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉だらけです・・・(涙)

ルーフも大変な事になってます・・・これでは現状がよくわかりませんね ← これが現状なんですけど(笑)

ですので洗車後に確認しましたのがこちらです↓

花粉も放置しておくとシミだらけになりますが・・・大丈夫そうです!

ルーフは線キズが少し気になります。

ボディサイドは若干曇りが見られますがお綺麗です。

フロントバンパーとリアバンパーは社外物の塗装品ですので磨きキズが凄いです(^_^;)    フロント↑

リアバンパー↑も凄い磨かれようです(^^;)

全体的に花粉汚れが凄かったんです。花粉が付いたまま放置しておくと通常のシャンプ-洗車では落ちなく、

頑固なシミとなります(汗) 今回は幸いそこまで花粉の影響を受けてなかったので一安心です!

でも後付けのバンパーは塗装時に付いた磨きキズが凄かったですね~。そのあたりを今回は除去して

新車らしい新車にしていこうと思います!

 

では作業開始~!の前に・・・

スペアタイヤを外して・・・今度こそ作業開始!!

ウインドウコーティングのご依頼も頂きましたのでまずはウインドウです。

こちらも現状を確認したところ・・・

↑写真左側は油膜の付着も少なく綺麗ですが、中央は油膜汚れでしょうか?そして右側は何故か綺麗に撥水が

効いてます(;’∀’) どうしてこんな状況になったんでしょう(笑)

何故だかはわかりませんが(^^;)とりあえずガラスを綺麗にリセットしていきます(笑)

今度は全面が綺麗に親水状態にリセットできました↑ そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして・・・

撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、いつものように・・・

黒いボディですと反応がわかりにくいです。写真ですと特に(笑)

その後鉄粉除去を行っていきマスキングへと作業が進みます。

無事進みました!タイヤが見えないとボディが浮かんでるように見えますね!

そして磨いていきました。ボディはキズも少なく新車ということもあって軽い磨きですが例の前後バンパーは

磨き込み過ぎない程度に磨き込んでキズを除去しました。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!(写真はコーティング済みの状態です)

まずはボンネットです↓

スッキリと仕上がってます!

ルーフも綺麗です(^_^)/

若干あった曇りを除去したのでスカッ!としたんですが・・・わかっていただけます??

こっちは直ぐにわかっていただけると思います(^.^)/~

↑リアバンパーのキズもだいぶスッキリとしましたよ~。

それと今回使用しましたコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

撥水タイプのPCX-S8です!!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

そしてブルーイッシュブラックパール3のジムニー、ボディコーティング完成しました!

カッコイイ! いゃ~イイですね(´▽`)

ツヤっツヤのピカッピカです。たぶんピカチュウよりピカピカだと思います。ピカチュウに会った事は

無いんですけどね・・・そもそもピカチュウ自体はピカピカしてませんがね(^▽^;)

オーナー様も愛車のピカピカぶりに驚いていられました!

 

オーナー様は今回撥水タイプのコーティング剤をお選びになられました。漢です(^_-)-☆

よく黒いボディに撥水タイプははウォータースポットが沢山出来るので低撥水や親水タイプがいいと言われて

おります。確かにその通りだと思います。でも使用状況や保管状況によっては撥水タイプでも問題ない場合も

ございます。 そして何よりオーナー様の好みが一番です! 黒い車でも撥水!漢です!!

私も撥水タイプが好きなんで黒い車を買っても撥水にすると思います(笑) 男じゃけんの~!!

毎回そうなんですけどジムニーがご入庫される度に私もジムニーが欲しくなるんですよね~。

実は今日、別のジムニーを作業していたんですけど・・・

そちらのご紹介はまた1ヶ月後になりそうです(^▽^;)  スイマセン

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ・エスクァイアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・エスクァイアのボディコーティングです!

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのエスクァイアです!

とても長いボディカラーの名前ですね~(;´∀`)  23文字ありました(笑)

こちらのエスクァイアは納車約2週間ほどの新車でございます。

納車時にボディのキズ確認をしたところ、細かい線の傷が多数確認されたそうです(汗)ボンネットやドアなどに

結構見えてしまったので、営業担当の方に伝えると・・・

「新車といっても、それなりに付いてしまいますね」とすまなそうにお話していたそうです・・・(^_^;)

では現状確認をしていきましょう!

↑ボンネットです。納車2週間ほど経ってますので、それなりに汚れてます。

↑こちらもボンネットです。確かにキズがあります。写真ですと一部ですが結構広範囲に付いてました(^^;)

↑ドアです。こちらも洗車時に付いた拭きキズかな?

ルーフは目立つようなキズはありませんが軽~くシミが付いてます。

リアゲートも吹きキズでしょうね~。こちらも結構広範囲に付いてました(^^;)

タイヤとホイールは綺麗ですよ(笑)

それとウインドウのコーテイングのご依頼を頂きましたのでウインドウもチェックします!

地味~に弾いてるような感じです。油膜かな??(笑)

リアも油膜汚れですね。

ご覧いただきましたように、確かにキズが目立ちます。でも正直凄~くキズが多い訳ではなくて、黒いお車で

このキズでしたら、むしろ少ない方かと思います(^_^;) 実は新車でもこの位はキズはが入っているのが

実情です。せっかくの新車なのにオーナー様もショックだったそうです。

そんなオーナー様が元気が出るように早速新車以上を目指して作業開始~!!

 

まずはウインドウです。

油膜を除去していきます!新車でもこれまた油膜が付いているのは珍しい事ではなくて一般的です(笑)

そして撥水チェックをして・・・いきなり完成の写真です(笑)

リアも気持ちよく撥水してます!

そしてお次はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用クリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応するんですが・・・

ボディが黒いと分かりません(^^;

今回は鉄粉は少なかったですよ!!少なかったんで軽めに鉄粉除去を行った後・・・

マスキングへと進みました!そして磨きです!!

新車ですのであまり磨き過ぎはよくありませんがキズが目立ちますので、磨き過ぎない程度に気を付けながら

キズを除去していきました。

そして今回こちらのエスクァイアに使用致しましたコーティング剤は低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!

ボンネットにあったキズもスッキリとしました。取り切っていないキズもありますが新車ですので無理に磨き

込んでキズを除去するよりもキズが目立たない程度に仕上げてます。

サイドもスッキリとしました!

ルーフはシミがサッパリと!

リアゲートもいい感じに仕上がってますよ(*^^)v

最後にタイヤとホイールの艶出しを行って・・・

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのエスクァイア、ボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がってますよ!!色に深みが出て濃くなった感じです(^_^)v   オーナー様も違いを感じて

くださったようで「色が変わった感じがする!」と、とてもお喜びになっておられました!

ありがとうございます!  少し元気になって頂けたようです(^^ゞ  よかった~(笑)

今まではシルバー系のお車にお乗りになっていたそうですが今回はブラックパール!お手入れは正直大変ですが

エスクァイアでカーライフをトコトン楽しんでください!!

 

先程も少しお話いたしましたが新車でもキズが入っているのが実情です。工場からディーラーに行くまでや

保管時、ディーラーで納車仕上げ時などキズやシミが付いてしまう要素は沢山あります。その傷やシミを取るために

納車前にキチンと磨けない作業者が磨きを入れて逆に磨きキズが入ってギラギラしてしまってる・・・

なんていうのも決して珍しくはありません。

ですので新車を新車以上に仕上げるのにはお店選びが重要です!一言でコーティングと言いましてもキズやシミが

付いていても洗車してコーティング剤を塗っておしまい!ってお店や下地をきちんと作ってからコーティングする

お店まで色々です・・・でもどちらもコーティングなんです。 どちらもコーティングなんですが仕上がり具合は

もちろん全然違います。

コーティングで大切なのはあくまでも下地作りです!! それは新車でも同じなんです!!

ですのでコーティング店選びはくれぐれも慎重に!!

お店選びに迷ったら・・・迷わなくても・・・

 

カービューティープロ・カラーズがお待ちしております(笑)

 

最後はバシッ~!と文字大き目で宣伝してみました。 ( ̄▽ ̄)フフッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

エスティマ・ハイブリッドのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・エスティマハイブリッドのボディコーティングです!

 

3代目のエスティマです!この型のエスティマも昨年マイナーチェンジでまたまた顔が変わりましたね!

3代目の型だけで4つの顔があるので段々と順番がわからなくなってきます(^_^;)

こちらの顔は3度目の(2度目のマイナーチェンジ)の顔だと思います(笑)

こちらのオーナー様は今回エスティマからエスティマにお乗り換えになられたそうです。走行距離も

少なくてとてもお綺麗なお車です!

お綺麗なんですがよく観察いたしますと・・・では現状確認をしていきましょう!

↑ボンネットです。 シミも少ないですね!

ルーフも綺麗ですよ~。

サイドも年月を感じさせません。

でもフロントのピラーは年月を感じさせる状態です(^▽^;)  キズキズ&シミシミですね~。

エンブレムやモール類なども汚れが溜まっており時間の経過を感じずにはいられません(^^;)

タイヤとホイールに何の汚れでしょうか??泥汚れではなさそうでした。

全体にパッと見た感じはシミやキズが少なくてお綺麗なんですが、やや水アカで汚れているようで

パールホワイトのボディが少し黒ずんでいる状態です。上の写真ですとわからないんですけど・・・

白いんですが黒いんです(笑)

Tシャツやワイシャツなどもスカッ!と白いと気持ちイイじゃないですか!? こちらのエスティマも

スカッ!と気持ちイイ白にリフレッシュしていきましょう(^_^)/  作業開始!!

 

今回はウインドウコーテイングもご依頼も頂きましたのでまずはそちらから。

現状です↑ 撥水コートがが掛かってる様ですね。

でも惜しげもなく除去しちゃいます(笑)

除去が終わったら水を掛けて油膜や古いコーティング剤が残っていないかチェックします↑ OKです!!

そして仕上げにウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

最後に撥水チェックをしてウインドウコーテイングは完成です(^_^)/

 

お次はボディです。 まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

白いボディは反応が見やすくていいですね~(笑) でもこの鉄粉の多さはよくないですね~(^^;)

こちらは↓鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

今度はいいね~!

そしてマスキングをして磨いていきました。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スカッ!としました !(^^)!

ルーフもより綺麗になってますよ~。

サイドもライトの映り込みがクッキリとそしてハッキリとしました!

ピラーが一番施工前後の違いが分かりやすいですね(笑)

あっ!こっちもわかりやすいです!!

↑これも(*^^*)

今回のエスティマに使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!! PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

そしてトヨタ・エスティマハイブリッドのボディコーティング完成いたしました!

洗いたてのシャツの様にスカッ!とサッパリ気持ちいい白に仕上がってます(^_^)/

凛々しいエスティマがより一層キリッと精悍な雰囲気になったと思います!!

 

先ほども少しお話いたしましたが、こちらのオーナー様はエスティマからエスティマへとお乗り換えです。

前のエスティマもとてもお気に入りだったそうですが、訳あって急遽手放す事になったそうです。

そして次を考えた時に・・・奥様とよく旅にも行くそうで広いし、高速も楽だし荷物も積めるし・・・

やっぱりエスティマなんです!

わかります!わかります!!私も以前エスティマに乗っていたんでよ~くわかります(*´▽`*)

 

エスティマを当店にご入庫される数日前にオーナー様は旅行に行かれてたそうです。お話を聴くと同じ日に

同じ場所に私も居ました。奇遇ですなぁ~(笑) そして温泉街にお泊りになられたそうですが・・・奇遇ですなぁ~

私も同じ温泉街に泊まってました(笑)

立ち寄った道の駅も同じようで(*^^*)  ひょっとしたら何処かで遭遇していたかもしれませんね!

PAのトイレとかで(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

新車のホンダ・ステップワゴンをもっとスカッと!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ・ステップワゴンのボディーコーティングです!

ミルクグラス・パールと言うカラーで淡い緑色の白? 白に近い緑色?です!光の加減で緑が強く見える時と

白が強く見えたりと二通り楽しめるカラーです(*’▽’)

こちらのステップワゴンは納車間もない新車です。今回はボディーコーティングとウインドウコーテイングの

ご依頼を頂きました。

それでは早速現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです!

納車から当店にご入庫されるまでの間に雨が降ってしまった事もあって少し汚れてますね。汚れはさて置き、

新車特有の塗装の曇りが確認できます。

ルーフも曇り気味です。それと保護シートの糊残りもやや多めでした(^^;

ボディサイドも同じくライトの映り込みが若干モヤッとしていて曇りがちですね。

雨が降れば汚れちゃいますね。しょうがないです(笑)

ホイールとタイヤも通常の汚れ方です。

全体的に雨に降られて事で少々汚れはありますが新車と言うこともあって基本的にはお綺麗です。

新車特有の曇りを除去すればもっとクリヤーでスッキリとしたお車になりますので、早速スッキリボディを

目指して作業開始!!

ボディの前にウインドウからスッキリとしていきましょう。

まずは水を掛けて現状を確認していきます。

すっ 既にスッキリしてました(;”∀”)  油膜の付着もなくお綺麗です。

でもウインドウの汚れは油だけではないので、キッチリと下地を整えます! これ大事です(笑)

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして最後に撥水チェックします。

「スッキリと仕上がりました!!」?とはこの場合は言わないのかな? 「スッキリと撥水してます!!」も

強引な気がしますので(笑)スッキリではなくてキッチリと仕上がってます(^_^)/

続いてボディを見ていきましょう。まずは鉄粉確認です。洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

紫色が確認できます。結構付いてますね~。

リアも確認できます。ルーフもやや多めに付いてました。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックした所です↑

リアも綺麗になりました。そしてマスキングへと作業は進み・・・

ポリッシング準備が整いました!今回の磨きの目的は曇り除去ですので磨き過ぎないように軽めの磨きで

塗装表面を綺麗にしていきました。

では仕上がり具合を確認していきましょう!

ボンネットです↑曇りが取れてスッキリとしたのがわかって頂けると思います。

ルーフも綺麗になりました。

モヤッ~としていた映り込みがスカッ!に変わりました。

やっぱりモヤッよりスカッ!ですよ!! カタカナ的にも見た目的にもモヤッよりスカッの方が

なんか気持ち良くないでスカッ?・・・(;’∀’)   話がそれたので話を元に戻しまスカッ!

リアは軽い汚れでしたので問題なく綺麗になってます!

ホイールとタイヤが綺麗ですと全体の印象まで上がります!

それと今回こちらのミルクグラス・パールのステップワゴンに使用致しましたコーティング剤は・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

そしてホンダ・ステップワゴンのボディーコーティング完成いたしました!

いかがでございまスカッ! ご入庫時のお写真は少々お車が汚れていたので単純にお写真では比較できませんが

お車全体がスッキリとクリヤーで、しかもボディの質感も上がったと思います(^_-)-☆

こちらのミルクグラス・パールですがとても不思議でいい色ですね。私好きなんですチョット変わった色が

気になったんで少しミルクグラス・パールについて調べてみました(^^;) まぁネットですけどね(笑)

開発者の着想は昔の食器からなんだそうです。ファイヤーキングと言うアメリカの耐熱ガラスのブランドの

食器からインスパイヤされてこのミルクグラス・パールを開発したそうです。

(画像はネットから拾ってきた写真です。m(__)mスイマセン)

納得です(笑)  この色を車に使うなんて発想が素晴らしいですね(*’▽’)

この様にご自分のお車の色の名前の由来など調べてみるのもいいんじゃないかと思います。楽しいですよ~

かなりマニアックですけど(笑)

 

先ほどもお話いたしました、新車によく見られる特有の曇りですが、これを除去して塗装本来の色と艶を

出してあげるだけで光沢が上がり、よりクリヤーで艶やかなボディに変わります。ですので新車でも

磨きは必要だと当店は考えております。もちろん1台1台曇り具合は違いのますので磨き方も変わってきます。

新車を新車以上に仕上げるのがカービューティープロのお仕事です(^_^)v 新車ご購入をご検討の時には

専門店のボディコーティングも是非ご検討くださいませ。   専門店の仕上がりは違いますよ~(笑)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

最後に宣伝ですm(__)m

今月はキャンペーン開催しております!

昨年の3月におこないました『もうすぐ春だねキャンペーン』ですが

昨年大変好評でしたので今年は2月よりキャンペーンを始めました!

その内容ですがボディコーティングが「2台同時ご予約で2台共20%OFF!!」です!!

ご家族のお車はもちろん、ご親族やご友人などなど・・・組み合わせは自由です。

2台同時ご予約でボディコーティングが2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

詳しくはこちらをご覧ください! → まだ2月なのに『もうすぐ春だねキャンペーン』

2月のコーテイング枠が埋まってしまいましたので施工は3月になりますが2月中の

ご予約でしたらキャンペーンは適用できますのでご予約はお早めにお願いいたします。

レクサスHS250hのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスHSのボディコーティングです!

こちらのHSはご入庫前日に納車されましたレクサス認定中古車です!という事で、とってもお綺麗なんです(^^)/

さすがレクサスです!クオリティが違います!あまりにお綺麗なんで逆にコーティング屋泣かせです(笑)

何故かって?? だってご入庫時よりお引渡し時の方が綺麗でなくてはいけないじゃないですか!それなのに既に

お綺麗なんですから。プレッシャーです(笑)

でも負けません!もっと綺麗に仕上げますよ~!

では現状を確認していきましょう。

ボンネットです↑   きっ きれいだ~(^^;)

ルーフも綺麗です!

大人げなく?アラ探しをした訳ではないんですけど隙間などに汚れが少々溜まってました。

ホイールもタイヤも綺麗ですね~!

以上のようにとてもお綺麗な状態でございます・・・  う~ん やっぱりプレッシャーです(^▽^;)

でも負ける訳にはいきません!!もっと綺麗にしていきますよ~(^.^)/ 作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

最初に現状を見ますと・・・

撥水処理されている感じですが、撥水力が落ちているようでダラッ~とした水玉になってました。

油膜や弱まっている撥水コーティングを落とします。

リセットされたガラスに水を掛けますと水を弾かずに膜状に広がる親水状態になります。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをします。

バッチリと気持ち良く撥水しました! ウインドウコーティングは雨だけではなく雪や霜にも有効ですので

今の季節もおススメのアイテムです(^^)/

続きましてはボディです。まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。 シュシュッ!

少ないですね~!

 

リアも少ないです。さすがです(´▽`) 少ないですけど除去していきますよ~。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹きかけて再チェックしているところです↑ 一段と少なくなってます(笑)

リアもいいですね!

そしてマスキングをして磨きの準備が整いました。今回は塗装面の状態がいいので軽い磨きで軽いスクラッチや

シミを処理して塗装表面を整えました。

そして今回こちらのHSに使用致しましたコーティング剤は水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

写真ですと違いがわかりにくいかな~(^▽^;) 綺麗になってるんですよ~(笑)

ルーフも一段と綺麗になってます。

ココの違いが一番わかりやすいですね(笑)  お車が綺麗な分、逆に細かな所の汚れが目立ってしまうので、

隙間などの細部が汚れているのと綺麗なのでは仕上がり具合を大きく異なってきます!

タイヤとホイールも艶出しを行ない・・・

レクサスHS250hのボディコーティング完了致しました!

いかがでございましょうか。 もともと綺麗で御座いましたので写真ですとアレですね・・・(^_^;)

違いがわかりにくいですね(笑)

でもオーナー様はちゃんと違いがわかって頂けまして「ピカピカじゃないですか!」とお喜びになられて

おりました。  わかって頂けて本当にうれしいです。ありがとうございます!

 

こちらのオーナー様はレクサスHSの前にお乗りになっていたのがレクサスのHSだったそうです。

そうなんです!HSからHSにお乗り換えされたそうです。とってもお気に入りだったそうなんですが距離を走ったので

お気に入りのHSにお乗り換えになられたそうです。私はHSを施工させて頂いたのは今回が初めてだったんですが

HSいいですね!サイズ感も大き過ぎず、室内も広いしインパネも独創的でかっこいいです!

HSからHSにお乗り換えしたお気持ちがわかったような気がいたしました(*^_^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

BMW325&ミニクーパーSのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW325とミニクーパーSのコーティングメンテナンスです!

なぜ2台同時に?ご紹介かと言いますと同じオーナー様のお車だからです(笑)

2台共、今年の春にボディコーティングを施工させて頂いたお車です。

まずはBMWの方から今回はbefore&afterでご紹介していきましょう!

ボンネットです↑  屋外駐車ですのでどうしても塗装面の痛みはライトカラーのお車に比べますと

早いです。でもお綺麗な方だと思います。

深いシミなどは残ってしまいますがだいぶ綺麗になりました。

ボディサイドは雨筋などはございますがシミは少なく状態はいいです。

水アカのこびり付きなどはございませんでした。

こちらはトランクです。BMWに限らずセダンはここに雨水が溜まってシミになるお車が多いです。

afterです↑やはり深いシミは残ってしまいますが、実車はこちらの写真で見るよりは目立たないと思います。

ホイールもマメにお手入れされているようでダストは少な目でした。

とは言え、洗いますと本来のシルバーに戻り、やっぱりダストで汚れていたのがわかります(^_^)/

そしてまずはBMW325のボディーコーティングメンテナンス完成です!

シミやスクラッチなどは残ってしまいますがメンテナンスでもコーティング時に引けを取らない位の

艶や光沢になったと思います(´▽`)

 

そしてお次はミニクーパーSです。BMWと入れ替えでご入庫頂きました!

こちらはBMWより若干痛みが進んでいるような・・・(^▽^;)

ではこちらもbefore&afterでご紹介していきましょう!

ボンネットのbeforeです↑ 所々に深そうなシミが付いてます(汗)

afterです↑やはり深いシミは残ってしまいました(^_^;)  写真はライトを当ててますのでシミが目立ちますが

普段はここまで気にはならないと思います。

ボディサイドはBMWと同じく汚れてはいますがシミやスクラッチは少ないです!

afterです↑綺麗ですね!

ルーフは水アカが目立ちます。

汚れてはいましたがルーフも水アカのこびり付きは無く綺麗になりました(^^)

ホイールも白ですのでブレーキダストが目立ちやすいです。

タイヤとホイールも艶出しをおこない・・・終了しました!と言いたいところですが・・・

ミニの方はウインドウコーテイングのご依頼もいただきましたので・・・

まずはウインドウの現状確認を行います。 油膜は少ないですね!

ウインドウの下地を整えてからウインドウコーテイングしていきます! 最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングも完成です。

そして今度こそ(笑)ミニクーパーSのコーティングメンテナンス終了しました!

こちらのミニもBMWに勝るとも劣らない艶に仕上がったと思います!

やはり黒いお車の艶感は癖になりますね(^_^)/  ライトカラーには無い魅力です!!

 

ダーク系カラーはどうしても塗装の痛みの進行が早いです。特に屋外駐車の場合ですと尚更です(涙)

水平面のボンネットやルーフはどうしても雨ジミが付きやすいです。シミを少なくするには本当は雨上がりに

すぐ洗車するのが一番いいんですが、なかなかそれも現実的ではありません。

メンテナンスではポリッシングは行いませんので深いシミやキズは残念ですが取れません。シミが気になるよう

でしたらボンネットだけやルーフだけなど、コーティングの部分再施工(ポリッシングしてシミやキズの除去)も

承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。