新車アルファードのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

ブラックのトヨタ アルファードです! 納車間もない新車でございます。

夏にご契約され約4ヶ月程の納車待ちの末、めでたく納車となりました(^_^)/

いゃ~納車待ち長かったですね! アルファードは現在でも納車待ちが長いとは噂では聞いておりましたが

ここまでとは(^^;)  やはり人気車ですね!!

そんな納車間もない新車アルファードの現状を早速確認していきたいのですが、

当店ご入庫時は雨でしたので・・・

現状を確認できません(^^;) まぁこれが現状と言えば現状ですが塗装面状態がわかりませんので

洗車後に撮影したのがこちらです↓

写真ですとライトが少しボヤッと見える感じですけど実際は曇りもなく綺麗にライトが

映り込んでいました!

ただ・・・

フロントフェンダーには何やら白くポツポツと異物が付着しています。

それを落とそうとして拭いたのでしょうか?拭きキズが付いています。

その割には全然落ちていません(^_^;)

助手席側にも・・・

同じような異物が付いているんですけど何でしょう? ワックスやコンパウンドの残りの様にも

見えますがこちら側には磨いた痕跡や拭いたような痕跡もありませんし・・・謎です。

ルーフは・・・

こちらも曇りも無くお綺麗です!

ただよ~く見ると軽めの線キズが数本確認できました(^^;)

ボディサイドは・・

こちらもお綺麗です!

ホイールは・・・

こちらは洗車前の状態です。 雨の走行後と言う事もあって若干汚れ気味でした。

 

全体に塗装面は曇りも無くとてもお綺麗な状態でございました。ただフロントフェンダーと助手席側に

謎の白い付着物と拭きキズが付いていました。おそらく納車時から付いていたのではないかと思いますが

今となってはそれが何なのかまでは残念ながら特定は出来ません(;´∀`)

毎回のように言っておりますが新車時(納車時)が実は一番いい状態ではなくて、何かしら不具合が

有る事がとても多いです。

その様な不具合箇所を修正してコーティングしますと新車以上に仕上げる事が出来ます!

今回も新車以上を目指して作業開始~!!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

新車ですけど何となく撥水しているような・・・??

油分による水弾きなのか、納車仕上げ時に撥水シャンプーを使っているのか??

でも撥水シャンプーにしては弱いので単なる油分のような気がいたします。

いずれにしろ・・・

ガラス表面をリセットします(笑)

ちなみに運転席と助手席のウインドウは元々、撥水ガラスですので今回はその他のガラスを施工致します!

市販品でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、下地が汚れたままコーティングしても

本来の性能を発揮しませんので必ず油膜除去をしてからコーティングして下さい。

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをしまして・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

実車で見ると反応しているのが分かるんですけど写真だとね~(;´∀`)

今回は鉄粉自体が少なかったのでケミカルを使用しての軽めの鉄粉処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたので写真だと違い感が分かりませんね(汗) いゃ~困った(^^;

しかし・・・

何だか分からないアレも、そしてアレを取ろうとして付いた拭きキズらしき物もスッキリと

除去できています!

もちろん反対側に付いていたアレも綺麗に除去できました!

反対側のアフターの写真を撮ろうとしたんですけど、あまりに綺麗に除去できたのでアレが付いていた場所が

何処だか特定できなくてなっちゃって・・・写真ありません(^^;)すいません。 でも綺麗に除去できています!

ルーフは・・・

綺麗ですね!  黒さの深みが増したと思います!

ボディサイドも・・・

黒々ですね!  いゃ~ホント黒いです(笑)

リアだって・・・

綺麗ですよ~(^_^)/

最後にタイヤとホイールも・・・

黒々と仕上げましたら・・・

ブラックのトヨタ アルファード新車ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

元々新車なんでお綺麗ですがそれでも施工後はより黒さに深みが出て艶々に仕上がります!

オーナー様も『うわぁ~めちゃくちゃ綺麗!光っている!!大満足です!!』と、

とてもお喜びになられておりましたので間違いないと思います(笑)

待ちに待ったアルファードの納車。待った分だけの魅力あるお車だと思います。

これから末永く大切にお乗りください(^_^)/~

 

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!どんなにいいコーティング剤を使っても

下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っても綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要です(^^)

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

H28年式のスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーです!

ご購入から3年が経ちボディの汚れが気になってきたそうでボディコーティングのご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって、あまり”3年経った感“は感じません(*^^*)

とは言え3年と月日が流れたのは紛れもない事実(笑) よくよく観察していけばやはりそれ相応の痛みも

ございます。

では3年経過致しましたジムニーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

確かにオーナー様がお話していたように意外と傷んでいました(^^;)

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーでも、近くで見ると見えてしまいます。

ルーフも・・・

シミだらけでした(^▽^;)

ドアミラーの付け根なども・・・

汚れが溜まっております。  どうしても隙間や溝などに汚れが集まり、固着してきます。

ボディサイドは・・・

こちらは垂直面という事もあってシミは少ないですね! ただ少しクスんでいるようで

ライトの映り込みもボヤけています。

ホイールは・・・

少し汚れ気味ですね(^_^;)

 

こうやって近くで観察していくとオーナー様がお話ししていたように汚れや痛みが気になります。

確かにシルバーは汚れや痛みが目立ちませんが、目立たないだけで付いている事には違いありません。

この塗装面に付いているシミやスクラッチ、また塗装のクスミ原因である酸化被膜を除去する事で

艶や透明感が復活いたします!

ご購入から3年、お車をリフレッシュするいいタイミングだと思います!

艶々ボディを目指して作業開始~!!

 

ボディの前に今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水系のケミカルをご利用されていたのでしょうか? 何となく撥水していた感じがしますが

いずれにせよ、ほぼ撥水力は落ちている様です(^^;)

ガラス表面を磨いてリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応します。

写真の撮り方が悪いのか(汗)それ程多く反応している様には見えませんが、

実際は結構凄かったです(^^;)

リアは・・・

ここもクリーナーで流れちゃったので少ないように見えますが実際は結構ゴイス~でした(古)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!  スッキリとしたのは見た目だけではなく、洗車時のスポンジの

動きがスムーズで引っ掛かりが無くなりますので洗車時にも実感して頂けるのではないでしょうか!

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は取れない場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

その磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミだったボンネットのシミも綺麗になりました~!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっています(^_^)/~

クスミ気味だったボディサイドも・・・

スッキリとしてライトも綺麗に映り込むようになっています。

もちろんドアミラー付け根の汚れも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールも・・・

黒さも戻り艶々です!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました!

リフレッシュ完成です(^_^)/

シミやスクラッチ、クスミも無くなってスッキリと透明感ある仕上がりになりました!

スチールシルバーメタリックが少し明るくなったと思います(*’▽’)

シルバーやホワイトなどライトカラーは比較的シミやスクラッチが目立たずにお手入れも楽なボディカラーです。

しかしだからと言って傷まない訳ではございません。時間が経てば経つほどに嫌でも痛みが進んできます。

そしてある時に気が付くんです“あれっ、なんかこんなんだったっけ??”と。

いつしか艶も引け、光沢も失せてきます。 そこでもう買ってから時間が経つし、しょうがないと諦める事は

ございません!  磨くのです(笑)  磨けば綺麗になるんです(*’▽’)

ただコーティング剤を塗るだけでは車は綺麗になりません!  磨きなんです!

お車を綺麗にするのは磨きなんです。磨いて綺麗になったボディにコーティング剤を塗ることで

更に綺麗になるんです!! 皆様の愛車は大丈夫ですか?? 一度愛車をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW5ツーリングの定期メンテナンスです!

こちらのBMW5ツーリングは今年の5月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から6ヶ月ですが、3ヶ月時に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので

今回は2度目のメンテナンスになります。 早いスパンでメンテナンスにお越しくださっていますので、

とてもお綺麗です。っと言うか、毎回毎回言っている気も致しますが何時見てもお綺麗なんです(*^^*)

そしてこれまた毎回言っている気も致しますが、何時もお綺麗なのでご紹介が大変です(笑)

今回もビフォー&アフターの違いが伝わりにくい予感がいたしますが、張り切ってまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 写真ですと少しわかりにくいんですけど若干汚れてはいます。

汚れてはいますがこの時点でも、すでに綺麗かと思います(笑)

アフターです↓

やっぱり違いが伝わらないと思います(^^;) それだけ元々お綺麗だって事です(笑)

ルーフは・・・

前日の雨の名残で少し汚れています。

アフターです↓

細かく見ていけば少しシミやスクラッチ等は確認できますが、普段は気になるような事も無いかと思います。

やはり塗装面自体はまだまだお綺麗ですので汚れている所を探して他の場所をご紹介していきましょう(笑)

と言いましてもあまり無いんです。強いて言えば・・・

窓枠の下に少し汚れが溜まっているくらいです。

この様な段差がある所やエンブレムの淵などの汚れは放置してしまうと時間が経てば経つほどに

汚れが固着してしまい、気が付いた時には汚れが簡単には落とせない状態になってしまいます。

そうなる前に定期的にお掃除をしておけば簡単に落とせます。

 

それと鉄粉の付着状況の報告ですが・・・

黒くポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

これまた、ご紹介するのが心苦しいくらいとても少なかったです(笑)

アフターの写真を載せるほどでもございませんけど、せっかく写真撮ったので・・・

↑アフターでした(笑)

それとホイールは・・・

これまたお綺麗です。

アフターです↓

光の加減で少し色味が違いますけど・・・綺麗になったでしょう? 元々ですが(^^;)

それと6ヶ月前にも樹脂コーティングをしたのですが・・・

リアワイパーが白く褪せてしまったとの事で、こちらは再コーティングしました。

コーティング時にフロントのアンダーグリル部も樹脂コーティングしたのですが、そちらはまだまだ黒く

艶もあるんですけどリアワイパーは落ちてしまったようです。

樹脂コーティングの効果は樹脂部の劣化具合や樹脂の素材などにもよってまちまちなんですけど

目安としては半年~1年程でしょうか。 2年位しても綺麗な場合もございますのでお車の環境などでも

違いが出てくると思います。

アフターです↓

今回は前回と違うコーティング剤を使用致しました。

どちらのコーティング剤が長持ちするか様子を観察していきたいと思います。

ただ素材との相性があると思いますので、どちらのコーティング剤がいいかは一概には判断できないかも

知れません。  経過観察していきます。

 

今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

ウインドウはコーティングしてから6ヶ月以上経過していますので撥水力が少し落ちてきていました。

古くなったコーティングを一度落としてガラス表面をリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤で再コーティングをします。

最後に撥水チェックをして完成です(^_^)/

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

よくお話してますがブラックやダークブルーなどダークカラーのお車はボディコーティングや

メンテナンスをすると施工前後の違いが写真でもわかりやすいんです。しかしパールホワイトは・・・(汗)

写真だと違いが分かりにくいです。しかもいつもお綺麗にされているお車なので尚更です(^▽^;)

でも逆にいつも綺麗にお手入れされていて嬉しく思います。

私の車ではないんですけど(笑)私がお手伝いさせて頂いたお車を何時も綺麗にされているのを見ると

やはり嬉しくなります。 何時までも綺麗なまま大切にお乗りください!

そしてまたお手伝いさせてください(笑)

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースはボディコーティング施工から間もなく1年半ほど経過致しますお車になります。

今年の春に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2度目のメンテナンスのご依頼です。

少しだけ汚れてはいますけど、まだまだ艶も感じられます。

しかし各部をじっくりと見ていけば、やはり1年半ほどの痛みも見えてきます(^^;)

ではミライースのメンテナンスのご様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回メンテナンス時にボンネットは軽く磨いて再コーティングしていますのでシミや

スクラッチは少ないですね(^_^)/

アフターです↓

それでもメンテナンス後は更にスッキリとしたと思います。

ルーフは・・・

シミが増えてきました(^_^;) 同じ水平面でもボンネットは一度軽く磨いていますので

シミ等少なかったんですけど、ルーフは純粋に1年半ほど経過した痛み具合になります。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは磨きをしませんので、深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

それでも↑くらいまで綺麗になりました! もしシミが気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスの

ご用意もございますのでお気軽にご相談ください。

ルーフと言えば、ご紹介する程の事ではないんですけど・・・

松の葉が刺さっていました(^o^)

抜いておきました(笑)  安心してください。穴は空いていませんから!

リアは・・・

エンブレムから黒い雨筋がダァ~と付いていますが・・・

コーティングがまだまだ効いていますので、水アカがこびり付いているような事はなかったです(*^_^*)

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスからまだ半年くらいですけど、少しだけ多めな印象です。

鉄粉の付着量は周りの環境によって大きく左右されます。ですので気を付けたくても

どうしようも無い事が多いのが実情です。 出来る事と言えばやはり定期的に鉄粉処置を

行っていくしかないかと思います。

そしてその鉄粉を処理しましたミライースのアフターの写真が・・・

なんという事でしょう。写真撮るの忘れてしまったようです(汗) いくらメモリーカードの中を確認しても

アフターの写真が出てきませんでした。  すいませんm(__)m

 

気を取り直して・・・ボディサイドです↓

泥ハネ等の汚れが付着しています。 この辺りに付く汚れはピッチやタールなど“硬い”付着物が

多いので優しく洗わないとキズが入りやすいので洗車時に注意が必要です。

アフターです↓

汚れもサッパリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

しっかりと洗って最後に艶出しをして仕上げています(^_^)/

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングの

様子もご紹介していきます。

↓は現状です。

こちらもウインドウコーティング施工から1年半ほど経過いたしまして、だいぶ撥水が乱れてしまいました。

リアも・・・

撥水が落ちてしまっていました。

この弱った撥水コーティングを除去してガラス表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨の多い季節だけではなく、これからの冬のシーズンにも有効なアイテムに

なります(^_^)/

そしてダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時もまだまだ艶が感じられましたがメンテナンス後は白さと艶がやはり違います。

キッチリとメンテナンスしますと艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーでも

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様もお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

コーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

そんな撥水が弱まった時、そんな時に活躍するのが・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車におススメです!

こちらは¥1,980(税込)になります。

R-511 ウォーターアドヴァンスは簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

 

以上宣伝でした~。( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

スズキ スペーシアギアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアギアのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3のスペーシアギアです!

納車間のない新車のお車になります。

スペーシアギアは当店初入庫になります(^_^)/

ブラックという事もあって一見、結構イカツイ印象ですけど見れば見るほど、つぶらな瞳で

カワイく見えてきます(*^^*)

そんなイカツさと可愛さが同居しているスペーシアギアの状態を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですけど納車から少し時間が経っています。その間に台風の襲来もあり少し汚れていました。

汚れ自体は全然問題ないんですが、よくよく観察してみると・・・

ボンネットの一部にポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 白っぽくモヤモヤと見えるのが

オーロラマークと言われるものでポリッシャーで磨いた時に付いた微細なキズにライトの光が

乱反射してこの様に光が当るとモヤモヤと見えます。

ルーフは・・・

少し汚れ気味です。ルーフはポリッシャーで磨いたような痕跡はございませんでしたが、

軽い拭きキズのようなスクラッチは確認できました(^^;)

ボディサイドは・・・

ドアノブから雨水と一緒にグリスも流れ出てきたようで汚れています。

それと若干塗装も曇り気味でした。

リアは・・・

こうやって見るとそれ程でもないんですけど、リアも若干曇り気味でございました。

 

ボンネットの一部に加修の痕跡も確認できました。これは新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を

除去する為に磨いて、そのキズやシミ等を処理しています。 それ自体はよくある事で、よくある事と言うよりも

黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい、よくある事なんです(笑)

問題はその加修の痕跡が残ってしまっている事です。 ちゃんと磨かないと(磨けない作業者だと)磨いた痕跡が

残ってしまいます。 しかも残念な事にこの状態のままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では加修の痕跡いをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も無く綺麗です。範囲外はちょっと油っぽい様です(^^;)

リアは・・・

もっと油っぽい様です(^▽^;)  ウインドウに油が付く要因は色々とあります。

その一つは油が大気中に舞っている事です。

車から排出されるガスや工場や焼却所、また美味しそうな焼肉屋さんの前を通ると、いい匂いの香りと共に

油も浴びてしまっています(笑)

また自宅の換気扇の近くに駐車している場合も、知らず知らずのうちにサンマのいい香りと共に油も浴びているかも

知れません(笑) から揚げ・天ぷら・野菜炒め・・・要因は沢山です。  ←  食べ物ばっかりかよ(^▽^;)

油自体は大気中に舞っていますので避けようがございません。

ただ、そのまま放置してしまうと頑固なウロコ状の油膜となってしまい簡単には除去する事が出来ませんので

ご注意ください。

話が長くなりましたが・・・

その油分を除去していきます。今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウを綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! ちなみに当店が使用していますウインドウコーティング剤は

撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!   ← 軽く宣伝です(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然伝わりません。

鉄粉自体は少なかったので今回はケミカルを使用しての軽めの鉄板処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。  もちろん加修痕もスッキリと処置いたします!

 

そして磨きが終わりましたら、コーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました~!

もちろん加修の痕跡も・・・

綺麗に無くなりました(^_^)/  白くモヤモヤと見えていたオーロラマークともおさらばです(笑)

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてよりスッキリとしました!

ただ雨が降ると、どうしてもドアノブ等からまた雨水と一緒にグリスが流れ出て来るかと思います。

お車が新しければ新しい程、沢山出てきます。ある意味、新車の証ですけど、困った証でもありますね(^^;)

そしてリアは・・・

こちらも曇りが無くなって、より綺麗にライトが写り込むようになりました。 スッキリです!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、新車コーティング完成いたしました。

いかがでしょうか。 光沢も上がり艶々に仕上がっております(´▽`*)

施工前と比べると、なんと申しましょうか?ボディがスッキリと言いますかクッキリといいましょうか?

ボディラインがクッキリとシャープと言いましょうか?? 上手く言えませんがとにかく見た目の印象が

スッキリとしたと思います(笑)  上手く言えなくてすいません(^▽^;)

上手くは言えませんが愛車とご対面されたオーナー様も『おっ!ピカピカだぁ!!』とお喜びになられて

おりましたので言葉では伝わらない何かが伝わったのだと思います(笑) いゃ~良かった~!(^^)!

 

最近の軽自動車は本当に良くできています。 こちらのオーナー様はミラジーノからの

お乗り換えだったそうですが同じ軽自動車とは思えない程広くて快適だそうです。

ホント最近の軽自動車は広いし荷物もいっぱい入るし静かだしで、これ一台で大抵の事は

まかなえてしまいます。特にスペーシアギアはギアって名前からしてアウトドアにもピッタリです!

BBQなんて最高です!でも焼肉は気を付けてください。  油飛んでますので(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

MAZDA6のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ MAZDA6のボディコーティングです!

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6は納車から間もない新車になります!

ご存知の方も多いと思いますが今年の夏の一部改良時にアテンザからMAZDA6に車名変更されました。

フルモデルチェンジに車名が変更される事はよくある話ですけどモデルの途中での車名変更は

レアケースですね(*^_^*)

そんなアテンザ改めMAZDA6になったマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6の

現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車から間もないんですけど、その間に台風の直撃などもございまして、少し汚れ気味です。

でも台風によるキズやヘコミ等、お車へのダメージも無かったようで良かったです(*^^*)

ルーフも・・・

ちょっと汚れていますね。ちょっとです(笑)

ボディサイドは・・・

ちょこっとだけ曇り気味なんです。

実はボディサイドだけではなくボディ全体的にやや曇り気味(白ボケ)なんですけど写真ですと

上手く伝わらない程度の軽い白ボケです(^^;)

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですけど実は微妙に曇り気味なんです。

タイヤとホイールは・・・

ホイールは軽く汚れ気味ですね。↑の写真だとわからないんですけど実は・・・

タイヤは結構泥だらけなんです(^▽^;)   ホイールハウス内も泥が結構アレですね(笑)

 

納車から間もないお車ですけど連日の雨風でちょこっとだけ汚れ気味でした。

それ自体は全然問題ないですけど肝心の塗装肌の状態が・・・悪くありませんでした!

私的にはマツダ車は以前は新車時の塗装の曇り(白ボケ)が酷い車両が多い印象だったんですけど

最近の車両は以前に比べると白ボケがだいぶ少ない車両が多い気がしています。

でも相変わらず酷いという声も聴きますので、個体差なんでしょうね(^▽^;)

そして今回のMAZDA6ですけど若干の白ボケが確認できますのでスッキリとしていきたいと思います

では作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分の付着で水を弾いていました。

ただ程度としてはまだ“軽い”状態です。これが酷くなってしまうと油膜が簡単には落とせなくなりますので

油膜は早めの処置がお薦めです!

リアも・・・

油分の付着で水を弾いています。  この状態ですと視界が悪くて危険です(;´∀`)

その危険は油膜を・・・

除去してガラス表面をリセットします!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

綺麗に撥水しています。 高速走行時など水玉が流れて視界を確保してくれますヽ(^o^)丿

雨の多い日本では1年中活躍してくれる人気のメニューになります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的な事もあって写真だと相変わらず、いまいちわかりません(^^;) 写真の撮り方が悪いんじゃね~?? と

ツッコまれそうですけど、もう撮っちゃったので仕方ありません。    ← 開き直った~~(;´∀`)

実際のところは鉄粉も少なめでした。リアも・・・

よく見ると黒っぽく点々と確認できますがリアも少なかったです。

という事で今回の鉄板処置は軽めに行ないました。

一応処理後の再チェックの写真も撮りましたが・・・

相変わらず何が何だか・・・(^^;)

違いがわからないね~ っとツッコまれそうです。 でももう撮っちゃったので仕方ありません(^^;)

でもご安心ください。写真だとわからないだけで、ちゃんと綺麗になっています!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

ボディを磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

こちらの新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランです。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます。当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってスッキリとクリヤーになっているんですけど写真だと、どうしても違いが

わかりにくいと言いますか。写真撮るでのが下手と言いますか(^^;)

でも実車を見て頂ければ違いがもっとはっきりとわかります!

リアも・・・

より綺麗に仕上がりました!

そしてタイヤとホイールも・・・

綺麗に洗ってホイールコーティングしています。タイヤも艶出をして綺麗になりました!

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6新車コーティング完成いたしました!

クスミも取れてスッキリと艶々に仕上がりました!

“EXE evo1″もいい艶が出ています(´▽`*)

オーナー様も『ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。そして『外に出したくないなぁ~』と

言われていました。

そうですよね。そりゃそうです。だって外は雨ですもん(^▽^;) 私も出したくないですもん。

でも大丈夫です!洗車をすればまたピカピカになりますので(^_^)/

ピカピカのMAZDA6、何時までも大切にお乗りください!!

 

アクセラがMAZDA3に名称変更されたのを機にマツダは基本、車名を世界で統一にしていくそうです。

それに伴いデミオもモデル途中ですが先日、MAZDA2に車名が改められました。

マツダやることが早いです(笑)

でもロードスターはMX-5とはならずに例外でロードスターのままだそうです。

これは『車名に愛着をもつオーナーたちの意向にも配慮』した結果なんだそうですけど、アテンザもアクセラも

そしてデミオも十分、車名が浸透していますし車名に愛着をもつオーナーさん達も多かった気もしますが

決まってしまった以上私にはどうする事も出来ません。 まぁ、決まる前でも私にはどうする事も出来ませんが(^^;)

でも時間が少し経てばMAZDA6もMAZDA3もそしてMAZDA2の呼称も直ぐに浸透して愛着が湧いてくると思います。

そしていま開催中の東京モーターショーでマツダ初のEV「MX-30」を発表しました!

“CX”系とはまたひと味違うデザインテイストでこれまた日本での発売も楽しみです。

更にロータリースポーツ系の“RX”はどうなってしまうのか?? 興味は尽きません(*^_^*)

これからのマツダにも期待していきましょう!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダイハツ キャンバスにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングです。

ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバスです。

ホワイトのアクセントを効かせた “ホワイトアクセント リミテッド “ですね!

インテリアはアクセントカラーにブラウンが使われていて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

見ても、乗っても癒される可愛いキャンバスです(*^^*)

こちらのキャンバスは納車間もない新車になります。そんな新車キャンバスの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日なんですけど、その間に雨にも降られていますので少し汚れ気味でした。

しかし塗装自体はお綺麗です。

ダイハツの塗装は曇り(白ボケも)も少なくて全般的に綺麗です。

ルーフも・・・

少し汚れていました。

ボディサイドは・・・

少し白くボケている感じもします(^^;

リアも・・・

若干ですが白くボケているかな~。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話しいたしましたがダイハツは比較的、塗装が綺麗で曇り(白ボケ)も少ないと思います。

今回のキャンバスもボンネットやルーフに比べるとボディサイドは少しだけ白っぽくボケていました。

このボケですが、これがまた写真ですと上手く写らないんです(^^;)

白ボケと言うくらいですので白っぽく霞んでいてクリヤーじゃないんです。景色の映り込みなども

ピントの合っていない写真のようにシャキッとしないんです。

こちらのキャンバスはそこまで酷くはございませんが、世の中にはそのような新車もいっぱいございます(涙)

新車を新車以上にサッパリと綺麗にするにはやはり下地が大切です!

という事で下地をサッパリとしてコーティングしていきましょう。 作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

これは水が掛かっている状態です。水を弾く事もなく、とてもお綺麗です。

水を掛けて見て弾くようでしたら、何かしらの油分等の付着物があるという事ですので

そのままコーティングしてしまうと汚れをコーティングで閉じ込めてしまう事になります。

ですのでご自分でウインドウコーティングされる方は必ず油膜等を落としてからコーティングしてください。

もちろん当店にご依頼を頂ければ・・・

油膜が付いていようが、いまいがガラス面を綺麗にしていきます(笑)

綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車ですが結構付いていますね(^^;)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと・・・

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

白ボケも取れてスッキリとクリヤーになりましたよ~!

ライトの映り込みもキリッとシャープになりました。これ実車で見比べて頂くと

もっと施工前後の違いが分かるんですけど・・・(^^;)

リアの写真の方が違いがわかるかな??

どうですか??施工前の写真と見比べてくださいね。 スッキリとしているでしょう??

ホイールは違いがわかりやすいです↓

綺麗です(笑)

そしてナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバス、新車コーティングが完成です!

スッキリと艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

白ボケも無くなってキリッとシャープに景色が映り込むようになりました。

オーナー様も『うわっ!綺麗!!』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

そう!そうなんです!新車もちゃんと磨いてコーティングすると新車よりも更に綺麗になるんです(*^。^*)

皆様も是非お試しください!!

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も

実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーや

GSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

こちらのプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダは納車間もないピカピカの新車です!

マイナーチェンジでより精悍な顔つきになりましたスパーダです。現行ステップワゴンはパッと見た

感じでは、そのスタイリングからか意外とコンパクトに見えます。 がしかし・・・実寸は大きいですし、

作業をしてみれば、やっぱり大きなぁ~と実感します(笑)

そんな大きいのにミニバンと呼ばれる新車ステップワゴンスパーダも現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりと言いますか、お約束と言いますか・・・塗装面がやや曇り気味で映り込んでいるライトが

ボヤボヤッと見えますね(^^;)

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じような曇り具合でした。

ボディサイドも・・・

モヤモヤと結構な曇り様ですね(^▽^;)

リアゲートも・・・

モヤけていました。

ホイールは・・・

少しだけ汚れていますがお綺麗でした!

 

毎回と言いますか定番と言いますか??ホンダの新車ご紹介の時に定番となりました

塗装表面の曇りがやはり確認できま。 今回の曇りのレベルは・・・凄く酷い訳でもなく、

だからと言って、凄く少ない訳でもなく、まさに定番の曇り具合です(^^;)

ホンダの新車の塗装肌はこの様な状態の場合が多いので新車時のコーティングは磨きが必要です。

磨きをしないでコーティングするという事は、この曇りを閉じ込めてしまうと言う事になります。

ですので仕上がり具合が・・・曇ったまんまです。

と言う事で、もちろん当店の新車コーティングは磨きを入れて曇りもサッパリとしてからのコーティングです!

早速、新車を新車らしくキリッと仕上げていきましょう!

作業開始!

 

まずはウインドウコーティングをご紹介をしていきましょう。

ウインドウコーティングは人気のオプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

若干油分が付いているようでダラッと水を弾いていました。

油膜が付いていようが、いまいがガラス表面を綺麗にしていきます(笑)

ボディの曇りと同じで油膜を落としてからコーティングしないと油膜を閉じ込めてしまうようなものです。

何事も下地が大切です(^^)

下地が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をします。

そしてウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車が終わりましたら鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

ポツポツと黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど、これ位↑の量は少ない方だと思います!

リアは・・・

凄く少なかったです(*’▽’)  いゃ~いいですね~!

 

今回は鉄粉が少なかったので軽めに行ないました。元々少なかったので鉄粉処理後の写真でも

あまり変化ないように見えちゃいますが、せっかく写真を撮ったのでUPしましょう。

アフターです↓

確かに比べれば鉄粉が無くなっていると思います(笑)

リアは・・・

間違い探しの様です(^^;)  お時間がございましたら探してお楽しみください(笑)

間違い探しが済みましたら今度はマスキングへ進みます!

はい!進みました!! そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少し曇り気味ですので新車にしては少しだけ強めの磨きをしています。

 

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

コロコロとした水玉撥水がお楽しみいただける・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇り気味だった塗装面もスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりましたよ~(^_^)/

ボディサイドだって・・・

スカッとクリヤーにライトが映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

モヤけていましたリアゲートも・・・

スッキリとシャープですね。

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたがよ~く洗ってから艶出しで仕上げますとやっぱり違います。

そしてプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダ新車コーティング完成いたしました!

元々新車でお綺麗でしたので、↑これ位引きの写真ですと違いが伝わらないかも知れませんが

各部の仕上がり具合の写真で見て頂きました様に曇りもサッパリとなくなってクリヤーな肌に

仕上がっております。実車の方を見て頂ければ違いを感じて頂けると思います!

 

新車時が一番塗装が綺麗だと思われますが、実際のところは新車時が最良の状態ではない事が

多いのが実情です。

曇りがあったり加修跡が残っていたりシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしているディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です。当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 新車を新車以上に仕上げるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

VWポロGTIのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWポロGTIのボディコーティングです!

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTIのボディコーティングです。

納車間もないピカピカの新車です!

現行型のポロGTIは2000ccの直4ターボなんだそうですね。このコンパクトなボディに

2000のターボだなんて考えただけでも速そうですね! 実際に結構速いそうです(*^^*)

また見た目にもノーマルのポロよりスポーティーに仕上げられています。ノーマルのポロとは

違いますが、“やり過ぎ”感がなくて落ち着いた雰囲気がまたいいですね!

では新車ポロGTIの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日ですが、その数日間でも嬉しくてドライブに行かれたそうですので

若干ですが汚れが載っている状態でした。

しかし塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でした。

ルーフも・・・

少しだけ汚れていましたが基本的にお綺麗な塗装面です。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフもそうなんですけど、本当に少しだけ曇りがあるんですけど

写真だと上手く写せない程度の僅かな曇りです。

リアも・・・

写真より実際に見て頂いた方がライトもクッキリと綺麗に映り込んでいるんです。

毎回なんですけど実際の見た目どおりに写真が写らないんです(^^;)   むずかし~(汗)

ホイールは・・・

既に数百キロほど走られていますのでブレーキダストで少々・・・(^^;)

 

全体的に塗装の曇りも少なくてお綺麗でした。 ただ細かい事を言ってしまえば(^_^;)ルーフや

ボンネットに保護シートの糊がチラホラと残っていましたが、本当にチラホラ程度でしたので

ご報告するまでもないかと思いましたが、他に何も無いのであえてご報告だけしました(笑)

なので写真も撮ってません!!  すいません(^^;)

それくらいお綺麗だったという事で(笑)早速作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからいきましょう。

輸入車のフロントは撥水処理するとワイパーがビビる事もあるのでフロントウインドウ以外の

ご依頼です。

↓はリアウインドウの現状です。

若干ですけど油分が付いているようですね。

新車でも納車時には油分が付いている事も多いので、しっかりと落としてからコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! と言いたいところですが、その数日が経った頃に

オーナー様からご連絡があり、やはりフロントウインドウもコーティングしたい。とご依頼が

ございました(*^^*)

という事でフロントウインドウは別の日の作業ですけどご紹介致します(笑)

↓は現状です。

何となく撥水が掛かっている様な感じですね。

これも一旦綺麗に落として・・・

ウインドウ表面をリセットします。 そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後にチェックしましたら・・・

フロントウインドウのコーティングも完成いたしました!

輸入車のフロントウインドウは撥水処理後、ノーマルワイパーのまま使用するとワイパーが

ビビる事が多いです。 ですのでフロントウインドウをコーティングしましたら必ず撥水ワイパーに

交換してください!

 

そして話はボディに戻ります。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーも拭き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

が、しかし・・・鉄粉がとても少ないですね!

リアも・・・

反応がとても少なかったです。 ですので今回の鉄粉処理は軽めに行ないました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はとてもお綺麗でしたので塗装表面を整える程度の軽い磨きです。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗に仕上がっております!

ルーフも・・・

よりクリヤーになっていますよ(^_^)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ、そしてボディサイド等にあったごくわずかな曇りも無くなったんですけど

写真だと違いが出ないかと思います(^▽^;)

でもよりクリヤーにスカッとなっているんです。本当なんです(笑)

リアも・・・あまり違いがわからないかも知れませんがよ~く見比べて下さいね!

違いますから!(笑)

ホイールも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTI、新車コーティング完成いたしました!

元々お綺麗でしたがご入庫より更にクリヤーで光沢も上がりツヤピカのボディに仕上がっております!

オーナー様にもとてもお喜び頂いたご様子でした。

『ディーラーから車もらって納車完了じゃなくて、ここでコーティングしてもらって本当の納車が完了!』と

嬉しいお言葉まで頂きました! ありがとうございます。

こちらのライムストーングレーメタリックはポロではGTI専用のカラーなんだそうです。

濃すぎず薄過ぎずのとても綺麗なグレーで名前の通り光の当たり方によっては薄っすらと緑(ライム)色に

見えるんです。そう言われてから見ると何となく緑がかったグレーに見えてきませんか(笑)

車のボディカラーの名前も色々あって名前を聞くだけで何となく想像できる色から、なんだか聞いただけでは

想像もつかないような、すんごい名前の色もあります(笑)

ボディカラーの名前を見ていても(調べて)結構面白いんですよ(笑)

皆様もお時間のある時に愛車のボディカラー名について色々と調べてといいかも知かもしれません。

新たな発見があるかも!?

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ルノー カングーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー カングーのボディコーティングです!

H28年式のルノー カングーです!

ちょうど3年程前、新車時にボディコーティングを施工させていただいたお車になります。

それから3年が過ぎ、気が付いたら色が褪せていた(^_^;)と言う事で当店にご相談に来られました。

ジョン アグリュムと言う元々淡いイエローなんですが淡いを通り越して白っぽくなっていました(;^ω^)

↑の写真ですとわかりませんがボンネットとルーフが特に酷かったです。ご相談に来られた時は

屋外で確認いたしました。その時はそれ程酷い印象ではなかったんですけど店内で見たら・・・

あっ、あれっ!? って感じでした(^^;

では3年経過致しましたルノー カングーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。の、その前に・・・

このジョン アグリュムと言う淡いイエローなんですけど、これがまた写真だと上手く写らないんです(汗)

私の使っているカメラの性能かも知れませんが、こちらのイエロー以外も淡いカラー全般、綺麗に

映らないんです(ーー;)  と言う事を考慮して今回はご覧くださいm(__)m  すいません。

写真ですと現状が伝わらないんですけど、汚れと色の退色がだいぶ進んでいました(^_^;)

ルーフも・・・

↑の写真だとやけに白っぽいですけど、実際はここまで色褪せはしていません。

ただ汚れ、そしてクスミも相まってライトの映り込みもボヤボヤでした。

それに比べますとボディサイドなどは・・・

色褪せは酷くありません。  しかし汚れや退色の進行がパネル毎と言うか部分的に違っているようで

全体的に色の統一感が感じられませんでした。

リアも・・・

汚れとクスミでライトの映り込みもモヤけています。

ホイールも・・・

汚れていました。

 

写真だと少し色味まで上手く伝わりませんがボンネットやルーフの水平面の痛みは進んでいます。

元々赤や黄色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいカラーです。そしてこちらのジョン アグリュム

クリヤー塗装がないソリッドカラーです。それもあって尚更、色褪せやすく粉を拭いたように塗装が傷みます。

オーナー様も元に戻りますか?とご心配されていましたが、まだまだ大丈夫ですよ!

元に戻します!(笑)

と言う事で作業開始~!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られているようですね。

しかし惜しげも無く・・・

落とします(笑)

磨いてガラス表面をリセットしてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングします。

最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは鉄粉を除去していきます。

いつもの様に専用のクリーナーで・・・と言いたいところですが黄色いカラーはクリーナーは使いません。

全ての黄色がつかえないわけでは無く、また黄色以外でもクリーナーを使えない色もございます。

今回は念の為クリーナーは使いません。

当ブログではオーナー様に鉄粉の付着報告を含めて、鉄粉がわかりやすいようにクリーナーを使って

ご報告しています。

鉄粉自体はクリーナーを使わなくても処理できますのでご安心ください。

で、ネンドの出番です!

ネンド以外も使ってますが鉄粉の付着量がわかりやすいようにネンドの写真です(笑)

↑はネンド使用前です。

↓はネンド使用後です

ネンドの淵の方が何となく茶色ぽくなっていると思いますが、これが鉄粉です。

3年経過と考えますと少ないですね!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングした感がありませんね(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランでの磨きになります。ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを

軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。 オーナー様はこちらのカングーを長くお乗りになりたい

との事なので過度の磨きで塗装を薄くするよりはキズやシミは残ってもいいので塗装の膜厚優先で

軽い磨きのプランにいたしました。

とは言えボンネットやルーフ想像以上でしたので(^_^;)ここは色が戻る所まで磨きました(笑)

クリヤーの無い塗装ですので磨くと・・・

バフも作業着も真っ黄黄(笑)

そして今回使用致しましたコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れやクスミ、劣化した塗装も除去してクリヤーになりました!

ルーフも・・・

同じくクリヤーになって色味が戻りました(^o^)丿

ボディサイドも・・・

キリッとライトが映り込むようになりましたね!

モヤけていたリアも・・・

ライトがキリッとシャープに映り込んでいます!

ホイール・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

そしてジョン アグリュムのルノー カングー、ボディコーティング完成いたしました!

艶々ボディに仕上がりました!

ちょっと写真だと施工前後の違いが伝わりにくいかも知れませんが白っぽさが無くなり

黄色が濃くなっています。また全体的に色褪せや汚れで色味が所々違っていたのですが

色味の違和感が消えて統一感ある仕上がりになりました。

オーナー様も色が戻って『綺麗になった!満足です!!』とお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございます。

 

初めにも書きましたが赤や黄色は退色しやすいカラーです。 昔は本当に酷くて皆様も見た事

有ると思いますが赤い色がピンクや朱色に退色していました。その時代の塗装に比べると最近の

塗装は進化して赤や黄色も昔ほど色褪せはしなくなりました。

しかし赤や黄色に限らず油断は禁物です!皆様もお気を付けください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。