ダイハツ キャンバスにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングです。

ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバスです。

ホワイトのアクセントを効かせた “ホワイトアクセント リミテッド “ですね!

インテリアはアクセントカラーにブラウンが使われていて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

見ても、乗っても癒される可愛いキャンバスです(*^^*)

こちらのキャンバスは納車間もない新車になります。そんな新車キャンバスの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日なんですけど、その間に雨にも降られていますので少し汚れ気味でした。

しかし塗装自体はお綺麗です。

ダイハツの塗装は曇り(白ボケも)も少なくて全般的に綺麗です。

ルーフも・・・

少し汚れていました。

ボディサイドは・・・

少し白くボケている感じもします(^^;

リアも・・・

若干ですが白くボケているかな~。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話しいたしましたがダイハツは比較的、塗装が綺麗で曇り(白ボケ)も少ないと思います。

今回のキャンバスもボンネットやルーフに比べるとボディサイドは少しだけ白っぽくボケていました。

このボケですが、これがまた写真ですと上手く写らないんです(^^;)

白ボケと言うくらいですので白っぽく霞んでいてクリヤーじゃないんです。景色の映り込みなども

ピントの合っていない写真のようにシャキッとしないんです。

こちらのキャンバスはそこまで酷くはございませんが、世の中にはそのような新車もいっぱいございます(涙)

新車を新車以上にサッパリと綺麗にするにはやはり下地が大切です!

という事で下地をサッパリとしてコーティングしていきましょう。 作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

これは水が掛かっている状態です。水を弾く事もなく、とてもお綺麗です。

水を掛けて見て弾くようでしたら、何かしらの油分等の付着物があるという事ですので

そのままコーティングしてしまうと汚れをコーティングで閉じ込めてしまう事になります。

ですのでご自分でウインドウコーティングされる方は必ず油膜等を落としてからコーティングしてください。

もちろん当店にご依頼を頂ければ・・・

油膜が付いていようが、いまいがガラス面を綺麗にしていきます(笑)

綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車ですが結構付いていますね(^^;)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと・・・

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

白ボケも取れてスッキリとクリヤーになりましたよ~!

ライトの映り込みもキリッとシャープになりました。これ実車で見比べて頂くと

もっと施工前後の違いが分かるんですけど・・・(^^;)

リアの写真の方が違いがわかるかな??

どうですか??施工前の写真と見比べてくださいね。 スッキリとしているでしょう??

ホイールは違いがわかりやすいです↓

綺麗です(笑)

そしてナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバス、新車コーティングが完成です!

スッキリと艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

白ボケも無くなってキリッとシャープに景色が映り込むようになりました。

オーナー様も『うわっ!綺麗!!』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

そう!そうなんです!新車もちゃんと磨いてコーティングすると新車よりも更に綺麗になるんです(*^。^*)

皆様も是非お試しください!!

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も

実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーや

GSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

こちらのプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダは納車間もないピカピカの新車です!

マイナーチェンジでより精悍な顔つきになりましたスパーダです。現行ステップワゴンはパッと見た

感じでは、そのスタイリングからか意外とコンパクトに見えます。 がしかし・・・実寸は大きいですし、

作業をしてみれば、やっぱり大きなぁ~と実感します(笑)

そんな大きいのにミニバンと呼ばれる新車ステップワゴンスパーダも現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりと言いますか、お約束と言いますか・・・塗装面がやや曇り気味で映り込んでいるライトが

ボヤボヤッと見えますね(^^;)

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じような曇り具合でした。

ボディサイドも・・・

モヤモヤと結構な曇り様ですね(^▽^;)

リアゲートも・・・

モヤけていました。

ホイールは・・・

少しだけ汚れていますがお綺麗でした!

 

毎回と言いますか定番と言いますか??ホンダの新車ご紹介の時に定番となりました

塗装表面の曇りがやはり確認できま。 今回の曇りのレベルは・・・凄く酷い訳でもなく、

だからと言って、凄く少ない訳でもなく、まさに定番の曇り具合です(^^;)

ホンダの新車の塗装肌はこの様な状態の場合が多いので新車時のコーティングは磨きが必要です。

磨きをしないでコーティングするという事は、この曇りを閉じ込めてしまうと言う事になります。

ですので仕上がり具合が・・・曇ったまんまです。

と言う事で、もちろん当店の新車コーティングは磨きを入れて曇りもサッパリとしてからのコーティングです!

早速、新車を新車らしくキリッと仕上げていきましょう!

作業開始!

 

まずはウインドウコーティングをご紹介をしていきましょう。

ウインドウコーティングは人気のオプションメニューになります(^_^)/

まずは現状です↓

若干油分が付いているようでダラッと水を弾いていました。

油膜が付いていようが、いまいがガラス表面を綺麗にしていきます(笑)

ボディの曇りと同じで油膜を落としてからコーティングしないと油膜を閉じ込めてしまうようなものです。

何事も下地が大切です(^^)

下地が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水確認をします。

そしてウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車が終わりましたら鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

ポツポツと黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど、これ位↑の量は少ない方だと思います!

リアは・・・

凄く少なかったです(*’▽’)  いゃ~いいですね~!

 

今回は鉄粉が少なかったので軽めに行ないました。元々少なかったので鉄粉処理後の写真でも

あまり変化ないように見えちゃいますが、せっかく写真を撮ったのでUPしましょう。

アフターです↓

確かに比べれば鉄粉が無くなっていると思います(笑)

リアは・・・

間違い探しの様です(^^;)  お時間がございましたら探してお楽しみください(笑)

間違い探しが済みましたら今度はマスキングへ進みます!

はい!進みました!! そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少し曇り気味ですので新車にしては少しだけ強めの磨きをしています。

 

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

コロコロとした水玉撥水がお楽しみいただける・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇り気味だった塗装面もスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりましたよ~(^_^)/

ボディサイドだって・・・

スカッとクリヤーにライトが映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

モヤけていましたリアゲートも・・・

スッキリとシャープですね。

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたがよ~く洗ってから艶出しで仕上げますとやっぱり違います。

そしてプラチナホワイト・パールのステップワゴンスパーダ新車コーティング完成いたしました!

元々新車でお綺麗でしたので、↑これ位引きの写真ですと違いが伝わらないかも知れませんが

各部の仕上がり具合の写真で見て頂きました様に曇りもサッパリとなくなってクリヤーな肌に

仕上がっております。実車の方を見て頂ければ違いを感じて頂けると思います!

 

新車時が一番塗装が綺麗だと思われますが、実際のところは新車時が最良の状態ではない事が

多いのが実情です。

曇りがあったり加修跡が残っていたりシミが付いていたり・・・色々とございます(涙)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをしているディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です。当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 新車を新車以上に仕上げるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

VWポロGTIのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWポロGTIのボディコーティングです!

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTIのボディコーティングです。

納車間もないピカピカの新車です!

現行型のポロGTIは2000ccの直4ターボなんだそうですね。このコンパクトなボディに

2000のターボだなんて考えただけでも速そうですね! 実際に結構速いそうです(*^^*)

また見た目にもノーマルのポロよりスポーティーに仕上げられています。ノーマルのポロとは

違いますが、“やり過ぎ”感がなくて落ち着いた雰囲気がまたいいですね!

では新車ポロGTIの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日ですが、その数日間でも嬉しくてドライブに行かれたそうですので

若干ですが汚れが載っている状態でした。

しかし塗装自体は曇りも少なくて、とてもお綺麗でした。

ルーフも・・・

少しだけ汚れていましたが基本的にお綺麗な塗装面です。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフもそうなんですけど、本当に少しだけ曇りがあるんですけど

写真だと上手く写せない程度の僅かな曇りです。

リアも・・・

写真より実際に見て頂いた方がライトもクッキリと綺麗に映り込んでいるんです。

毎回なんですけど実際の見た目どおりに写真が写らないんです(^^;)   むずかし~(汗)

ホイールは・・・

既に数百キロほど走られていますのでブレーキダストで少々・・・(^^;)

 

全体的に塗装の曇りも少なくてお綺麗でした。 ただ細かい事を言ってしまえば(^_^;)ルーフや

ボンネットに保護シートの糊がチラホラと残っていましたが、本当にチラホラ程度でしたので

ご報告するまでもないかと思いましたが、他に何も無いのであえてご報告だけしました(笑)

なので写真も撮ってません!!  すいません(^^;)

それくらいお綺麗だったという事で(笑)早速作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからいきましょう。

輸入車のフロントは撥水処理するとワイパーがビビる事もあるのでフロントウインドウ以外の

ご依頼です。

↓はリアウインドウの現状です。

若干ですけど油分が付いているようですね。

新車でも納車時には油分が付いている事も多いので、しっかりと落としてからコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! と言いたいところですが、その数日が経った頃に

オーナー様からご連絡があり、やはりフロントウインドウもコーティングしたい。とご依頼が

ございました(*^^*)

という事でフロントウインドウは別の日の作業ですけどご紹介致します(笑)

↓は現状です。

何となく撥水が掛かっている様な感じですね。

これも一旦綺麗に落として・・・

ウインドウ表面をリセットします。 そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後にチェックしましたら・・・

フロントウインドウのコーティングも完成いたしました!

輸入車のフロントウインドウは撥水処理後、ノーマルワイパーのまま使用するとワイパーが

ビビる事が多いです。 ですのでフロントウインドウをコーティングしましたら必ず撥水ワイパーに

交換してください!

 

そして話はボディに戻ります。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーも拭き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

が、しかし・・・鉄粉がとても少ないですね!

リアも・・・

反応がとても少なかったです。 ですので今回の鉄粉処理は軽めに行ないました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はとてもお綺麗でしたので塗装表面を整える程度の軽い磨きです。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗に仕上がっております!

ルーフも・・・

よりクリヤーになっていますよ(^_^)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ、そしてボディサイド等にあったごくわずかな曇りも無くなったんですけど

写真だと違いが出ないかと思います(^▽^;)

でもよりクリヤーにスカッとなっているんです。本当なんです(笑)

リアも・・・あまり違いがわからないかも知れませんがよ~く見比べて下さいね!

違いますから!(笑)

ホイールも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

ライムストーングレーメタリックのVWポロGTI、新車コーティング完成いたしました!

元々お綺麗でしたがご入庫より更にクリヤーで光沢も上がりツヤピカのボディに仕上がっております!

オーナー様にもとてもお喜び頂いたご様子でした。

『ディーラーから車もらって納車完了じゃなくて、ここでコーティングしてもらって本当の納車が完了!』と

嬉しいお言葉まで頂きました! ありがとうございます。

こちらのライムストーングレーメタリックはポロではGTI専用のカラーなんだそうです。

濃すぎず薄過ぎずのとても綺麗なグレーで名前の通り光の当たり方によっては薄っすらと緑(ライム)色に

見えるんです。そう言われてから見ると何となく緑がかったグレーに見えてきませんか(笑)

車のボディカラーの名前も色々あって名前を聞くだけで何となく想像できる色から、なんだか聞いただけでは

想像もつかないような、すんごい名前の色もあります(笑)

ボディカラーの名前を見ていても(調べて)結構面白いんですよ(笑)

皆様もお時間のある時に愛車のボディカラー名について色々と調べてといいかも知かもしれません。

新たな発見があるかも!?

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ルノー カングーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー カングーのボディコーティングです!

H28年式のルノー カングーです!

ちょうど3年程前、新車時にボディコーティングを施工させていただいたお車になります。

それから3年が過ぎ、気が付いたら色が褪せていた(^_^;)と言う事で当店にご相談に来られました。

ジョン アグリュムと言う元々淡いイエローなんですが淡いを通り越して白っぽくなっていました(;^ω^)

↑の写真ですとわかりませんがボンネットとルーフが特に酷かったです。ご相談に来られた時は

屋外で確認いたしました。その時はそれ程酷い印象ではなかったんですけど店内で見たら・・・

あっ、あれっ!? って感じでした(^^;

では3年経過致しましたルノー カングーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。の、その前に・・・

このジョン アグリュムと言う淡いイエローなんですけど、これがまた写真だと上手く写らないんです(汗)

私の使っているカメラの性能かも知れませんが、こちらのイエロー以外も淡いカラー全般、綺麗に

映らないんです(ーー;)  と言う事を考慮して今回はご覧くださいm(__)m  すいません。

写真ですと現状が伝わらないんですけど、汚れと色の退色がだいぶ進んでいました(^_^;)

ルーフも・・・

↑の写真だとやけに白っぽいですけど、実際はここまで色褪せはしていません。

ただ汚れ、そしてクスミも相まってライトの映り込みもボヤボヤでした。

それに比べますとボディサイドなどは・・・

色褪せは酷くありません。  しかし汚れや退色の進行がパネル毎と言うか部分的に違っているようで

全体的に色の統一感が感じられませんでした。

リアも・・・

汚れとクスミでライトの映り込みもモヤけています。

ホイールも・・・

汚れていました。

 

写真だと少し色味まで上手く伝わりませんがボンネットやルーフの水平面の痛みは進んでいます。

元々赤や黄色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいカラーです。そしてこちらのジョン アグリュム

クリヤー塗装がないソリッドカラーです。それもあって尚更、色褪せやすく粉を拭いたように塗装が傷みます。

オーナー様も元に戻りますか?とご心配されていましたが、まだまだ大丈夫ですよ!

元に戻します!(笑)

と言う事で作業開始~!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られているようですね。

しかし惜しげも無く・・・

落とします(笑)

磨いてガラス表面をリセットしてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングします。

最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは鉄粉を除去していきます。

いつもの様に専用のクリーナーで・・・と言いたいところですが黄色いカラーはクリーナーは使いません。

全ての黄色がつかえないわけでは無く、また黄色以外でもクリーナーを使えない色もございます。

今回は念の為クリーナーは使いません。

当ブログではオーナー様に鉄粉の付着報告を含めて、鉄粉がわかりやすいようにクリーナーを使って

ご報告しています。

鉄粉自体はクリーナーを使わなくても処理できますのでご安心ください。

で、ネンドの出番です!

ネンド以外も使ってますが鉄粉の付着量がわかりやすいようにネンドの写真です(笑)

↑はネンド使用前です。

↓はネンド使用後です

ネンドの淵の方が何となく茶色ぽくなっていると思いますが、これが鉄粉です。

3年経過と考えますと少ないですね!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングした感がありませんね(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランでの磨きになります。ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを

軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。 オーナー様はこちらのカングーを長くお乗りになりたい

との事なので過度の磨きで塗装を薄くするよりはキズやシミは残ってもいいので塗装の膜厚優先で

軽い磨きのプランにいたしました。

とは言えボンネットやルーフ想像以上でしたので(^_^;)ここは色が戻る所まで磨きました(笑)

クリヤーの無い塗装ですので磨くと・・・

バフも作業着も真っ黄黄(笑)

そして今回使用致しましたコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れやクスミ、劣化した塗装も除去してクリヤーになりました!

ルーフも・・・

同じくクリヤーになって色味が戻りました(^o^)丿

ボディサイドも・・・

キリッとライトが映り込むようになりましたね!

モヤけていたリアも・・・

ライトがキリッとシャープに映り込んでいます!

ホイール・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

そしてジョン アグリュムのルノー カングー、ボディコーティング完成いたしました!

艶々ボディに仕上がりました!

ちょっと写真だと施工前後の違いが伝わりにくいかも知れませんが白っぽさが無くなり

黄色が濃くなっています。また全体的に色褪せや汚れで色味が所々違っていたのですが

色味の違和感が消えて統一感ある仕上がりになりました。

オーナー様も色が戻って『綺麗になった!満足です!!』とお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございます。

 

初めにも書きましたが赤や黄色は退色しやすいカラーです。 昔は本当に酷くて皆様も見た事

有ると思いますが赤い色がピンクや朱色に退色していました。その時代の塗装に比べると最近の

塗装は進化して赤や黄色も昔ほど色褪せはしなくなりました。

しかし赤や黄色に限らず油断は禁物です!皆様もお気を付けください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングです。

納車間もないプラチナホワイトパールが眩しい新車のホンダ N-BOXカスタムです!

N-BOX売れてますね~。この2代目N-BOXが発売されてから間もなく2年が経ちますが

未だに販売台数日本一をキープしています!

確かに見れば見るほどよく出来ていて売れるのも納得です(*^_^*)

そんな人気者の新車N-BOXの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

パールホワイトと言う事もあって写真だとそれ程酷く感じませんが結構曇っていました(^^;)

ライトなどの周りの景色の映り込みがボヤッとしていると思います。

ルーフは・・・

ボンネット程酷くはありませんが、やはり曇っていました。(↑写真だとあまりわからないですね(^^;))

それと・・・

ルーフの所々に保護シートの糊残りも付いています。

ボディサイドは・・・

こちらも塗装面の曇りでライトの映り込みがモヤモヤとしていました(^^;)

それとここにも・・・

保護シートの糊跡が横一直線に付いています(^▽^;) 毎回わかってはいても一瞬キズかと思って

ビックリします(笑)

リアもボヤけていました。

 

全体的にやや塗装面の曇りが気になります。毎回、N-BOXの新車の時にお話ししていますが

N-BOXは程度の差はあれ、この様に曇っている個体が多いです。そして保護シートの糊残りも

多いんです(^▽^;)

新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり加修(塗装の手直し)

の後が残っていたり糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をも~っとスッキリとした新車にしていきましょう(笑)

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分などの付着も少なく水を弾いていませんでした。

綺麗でも磨いて更に綺麗にしてからコーティングしていきます!

市販品でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、下地が汚れたままコーティングしても

本来の性能を発揮しませんので必ず油膜除去をしてからコーティングして下さい。

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをしました・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです

まずは洗車後に鉄粉の付着確認です。専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉をチェックします。

黒っぽい点々と見えますのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車という事もあって少ないですが、新車でもこの程度は付いています。

リアも・・・

少ないですね!

鉄粉の除去が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも綺麗になりました。もちろんボンネットやルーフ以外、ボディ全体の鉄粉処理を行っています!

鉄粉処理が済みましたら今度はボディをマスキングして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は曇りが酷いのでやや強めの磨きをしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8でコーティングです!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリです! ライトの回りに見えていたモヤモヤも無くライトの輪郭がシャープです(^_^)/

ルーフも透明感が増しました!

もちろん・・・

保護シートの糊残りもスッキリです。

ボディサイドは・・・

モヤモヤとした曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね。

それと・・・

一瞬、キズか?とビックリする保護シートの糊残りも綺麗さっぱりです。これでもうキズか?と

驚く事も無いでしょう(笑)

リアは・・・

こちらもクッキリとライトが映り込むようになりました(^_^)/

そしてプラチナホワイトパールのホンダ N-BOXカスタム、新車コーティング完成いたしました!

写真ですと伝わらないかも知れませんが曇りもスッキリと除去したので透明感が増し艶も向上しております!

施工前後の違いが分かりにくいパールホワイトの新車でも、しっかりと磨いてコーティングを

すれば艶感とクリヤー感の違いを感じて頂ける仕上がりになります(^_^)/

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜びになられておりました。  ありがとうございました。

 

こちらのN-BOXカスタムのオーナー様はこのN-BOXカスタムが初めての愛車なんだそうです(*^^*)

いゃ~いいですね~。夢広がりますヽ(^o^)丿

車があると気軽に足を延ばせますし遊びの行動範囲も広がります! N-BOXなら荷物も沢山積めるので

海や山遊び、キャンプだって行けます!もちろん遠出の旅行だって出来るし、お土産も沢山積めるし(笑)

大きな荷物のお買い物にも便利だし・・・っと勝手にお客様の車で夢を広げている私ですが(^▽^;)

これからN-BOXカスタムで始まる初めてのカーライフをお楽しみください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

VWアルテオンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWアルテオンのボディコーティングです!

納車から間もない新車のVWアルテオンです!

パイライトシルバーメタリックと言う少し濃い目のシルバーメタリックです。グレーと言うほど

ダークではなく、だからと言ってシルバーと言うほど明るい色でもない落ち着いた大人な感じの

シルバーメタリックです!陰影が強く出るカラーですのでパリッとエッジが効いたラインの

アルテオンにピッタリのカラーです!

納車間の無い新車ですので基本的にお綺麗なんですが・・・

では現状確認をおこなっていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干曇り気味ですけどお綺麗・・・に見えますが、実は見る角度変えると・・・

細かなシミが沢山付いています(^^;) シリカスケールでしょうか?洗車程度では落ちません(^▽^;)

ボンネット以外にもルーフやトランクにも沢山付いていました。

それとバンパーには・・・

既に線キズが~!!

バンパーの前部からホイールハウスにかけて20センチくらいでしょうか??線キズが付いておりました(^^;)

ルーフは・・・

基本的にお綺麗ですけど先ほどもお話しいたしましたように見る角度を変えると

シミが結構付いていました。

トランクも・・・

シミが付いていました。 でもボンネットに比べると少ないです。

ボディサイドは・・・

いまいちライトの映り込みがスッキリとしていませんね~(^_^;)

それとホイールは・・・

まだそれ程距離を走られていませんのでブレーキダストも少なめでした。

 

実は既にディーラーでボディコーティングを施工されているそうです。余談ですけど最近では、

特に輸入車などに多いんですがボディコーティングが頼んでもいないのにお見積りに入っている事が

多いんです(^^;) よくよく明細を見ると説明も無く、ましてや頼んでもいないのにボディコーティングが

組み込まれている事が多くて納車後に知ったというオーナー様も居られます。下手したら納車時にも

説明が無くコーティング屋さんに入庫してから知ったという方もいるほどです。 お車ご購入時は

皆様もご注意ください!!

話は戻りますが今回のアルテオンですがウインドウとホイールコーティングのご依頼+ボディを観て

あんまりだったらボディコーティングも掛け直して!とのご依頼でした。

オーナー様もディーラーのコーティングの仕上がりがいまいちと感じていたご様子で、私も実際に

確認いたしましたら、確かにいまいちの仕上がり具合でしたので(^▽^;)ボディもコーティングを

掛け直しさせて頂く事にいたしました。

では作業に取り掛かりましょう!作業始め~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分の付着もなくてお綺麗でございました。

全てのウインドウ+ガラスルーフの下地を整えていき、ウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

またまた余談ですがウインドウコーティングをしましたらワイパーブレードを撥水ワイパーに交換する事を

お薦めしております。撥水ワイパーに交換して頂けるとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びます。

それと特に輸入車はウインドウコーティングをするとノーマルのワイパーだとビビりが発生する

事が多いです。 そのビビり防止の為にも撥水ワイパーへの交換がお薦めです!

 

続いてはボディです。

洗車をしましたら鉄粉の付着確認をしていきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よ~く見ますとポツポツ確認できると思いますがとても少なかったです(^_^)/

リアも・・・

鉄粉が少ないのでポツポツを探すのが大変です(笑)

鉄粉が少なかったので今回は軽めに鉄粉除去をおこないました。

鉄粉除去後の再チェックです↓

まぁ元々少ないので(笑)

リアも・・・

違いがわかりませんね(^^;)

 

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。 今回はシミが気になるので少し新車プランにしては“しっかり”とした

磨きで下地を整えていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!

もちろん角度を変えて見ても・・・

シミも無くなってサッパリと綺麗です(^_^)/

バンパーのキズも・・・

除去できました! よかったよかった(*^。^*)

ルーフも・・・

スカッと綺麗です!

トランクは・・・

ツルンツルンです! いゃ、トゥルントゥルン です(笑)

ボディもスッキリとクリヤーになってます(^^ゞ

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイールコーティングをして仕上げております。

今回のホイールはマットブラックでしたのでホイールコーティングをしますと若干ですが艶が出てしまいます。

事前にオーナー様にご説明をしてご了承を頂いております。

 

そしてパイライトシルバーメタリックのVWアルテオン新車コーティングが完成いたしました!

元々コーティングしたての新車でしたので引きの写真だと違いが分かりにくいかと思いますが(^_^;)

各部の仕上がり具合で見て頂いた通り塗装面の曇りやシミ等が無くなってよりスッキリとクリヤーな

パイライトシルバーメタリックに仕上がっております!

VWアルテオンは当店初入庫でした。何度か見たことはあったんですけど作業させていただいたのは

初めてです。初めて作業して一つ驚いた事が! それは・・・

アルテオンは今流行りの4ドアのクーペかと思っていたんですけど5ドアのファストバックだったんですね!

知らなかったです(^^;) トランクを開けようと思ったらリアのガラスごと開いたのでビックリです(笑)

想像もしていなかった所まで開くと想像以上にビックリしますよ(笑)

えぇぇ~こんな所まで(;”∀”)って感じです。  何事も見た目で判断してはいけませんね!

何事も見た目で判断してはいけませんが、見た目も中身もとても魅力的なアルテオンのご紹介でした(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ エスクードのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ エスクードのボディコーティングです。

クールホワイトパールの新車スズキ エスクードです!

エスクードは当店初入庫となります(^^)/

この現行車となる4代目エスクードはハンガリーにあるマジャールスズキ製の輸入車なんです!

そう聞くだけで何だかありがたみ感が更にUPするのは私だけでしょうか??(笑)

日本では正直あまり見かける事も少ない現行のエスクードですが海外では『ビターラ』と言う名で

人気者なんです。  人気者だけに探せばアフターパーツも結構あるんだそうです(*’▽’)

そんな海を越え、山を越え(たのか??は、わかりませんが)遠路はるばる異国の地ハンガリーから

いらしたエスクードの現状を早速確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から少しだけ時間が経ってのご入庫でしたので若干汚れは付いています。

汚れは別として塗装面自体は新車特有の曇りも少なくてお綺麗でございました。

ルーフは・・・

こちらもお綺麗です。

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味な感じですがお綺麗ですね!

リアは・・・

綺麗でございました。

ホイールは・・・

少し走られていますので軽く汚れ気味でした。

 

全体的に塗装面は曇りも少なくて良い状態です。目立つ汚れもござませんしシミやスクラッチも

ありません。   さぁ困った!ブログ的に困ったパターンです(笑)

もちろんお車は綺麗でいいのですがブログの見せ場がなくて・・・(^^;)  困った(笑)

よくよく見れば軽く塗装面が曇っているんですけど写真だと伝わらないレベルなんです。

でもやります!やりますよ~。写真で伝わらなくてもいいんです!!頑張っていきますよ~(^_^)/

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでそちらから

ご紹介です。

↓は現状です。

↑は水が掛かっている状態ですが油分の付着も無く水を弾かずに綺麗な親水状態になっていました。

油分の付着はなくても下地から作っていきます。ちなみにウインドウには油分以外の付着物など

ございますので油分がなくても、そのままコーティングする事はございません!ボディもウインドウも

下地が大切です。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティング完成です!

今回一番ビフォー&アフターがわかりやすい所です(笑)

 

そしてお次はボディです。

洗車をした後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。 ハンガリー産の鉄粉でしょうか??(笑)

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉の処理が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね(^_^)

リアも・・・

綺麗です!

そして作業はマスキングに進み・・・

ポリッシング準備が整いました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

人気の水玉撥水の・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

艶も上がりクリヤーな肌になっていますが・・・写真だとちょっとアレですね(^^;)

ルーフも・・・

違いがわからね~“っとツッコミが入りそうですね(汗)

ボディサイドは・・・

どうでしょう?? 施工前とよ~く見比べて頂ければ違いがあると思います。

曇りが取れてよりクッキリとライトが映り込んでいます!

リアも・・・

スッキリとクリヤーに仕上がっております(^_^)/

ホイールは・・・

ツヤツヤのピカピカです。

そしてスズキ エスクードの新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございますでしょうか。写真だと違いが伝わらないかもしれませんが実車の方は

クリヤー感と光沢そして艶の向上をしっかりと感じて頂けると思います!

オーナー様にも『うわ~ すげ~綺麗!ピカピカになったね!!』『ウチに納車された時より綺麗』と

納車時以上に仕上がった新車エスクードにお喜びになられておりました。  ありがとうございます。

 

こちらのオーナー様はこのエスクードの前もエスクードにお乗りになられていたそうです。

更にその前の愛車もエスクードと3台のエスクードを乗り継いだエスクード好きのオーナー様です。

オーナー様は山に入って行く事も多いそうです。林道など走った事がある方だとわかると思いますが

林道って細いじゃないですか!?最近のSUVは大きくて林道などでは取り回しが悪いんですよね。

その点エスクードは大き過ぎず小さ過ぎずでちょうどいい感じなんだそうです。

今までお乗りになってきたエスクードもそうだったようですがアウトドア遊びの相棒として

あまり汚れやキズなど気にしないで使いたいとの事でした! そういう使い方ってカッコイイですよね!

憧れます(*’▽’)    今回も愛車エスクードもアウトドアで使い倒してください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

シトロエンC3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはシトロエンC3のボディコーティングです!

こちらのシトロエンC3は納車後にそのまま当店にご入庫くださいましたピカピカの新車です!

個人的にC3は白×赤のツートンカラーのPOPなイメージが頭に浮かびますが、こちらのC3は

ブランバンキーズ×ノアール ペルラネラと言う、名前からして既にカッコイイ白黒のツートンカラーで

とてもシックなカラーリングの大人の雰囲気漂うC3です!

ルーフの色が違うだけで全然イメージが変わりますね(*^^*)

そんなシックな新車のシトロエンC3の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットはお綺麗でしたがルーフには・・・

無数のキズが! ではなくて保護シートの糊残りの様です(^^;)

最初見た時に私もキズかと思ってビックリしましたよ(笑)  ルーフのあちらこちらに付いていました。

いゃ~糊残りでよかったです。

ボディサイドは・・・

若干曇り気味ではありますがお綺麗です。

しかし・・・

良く見ると所々に↑のような拭きキズでしょうか??少し深めのスクラッチが付いておりました。

更にピラーは・・・

キズだらけです(^_^;) 最近このピアノブラック調のピラーの車が増えています。高級感があって

見栄えはいいのですが、とにかくデリケートでキズが付きやすいんです。乾いたクロスで少し力を入れて

拭くだけで簡単にキズが入ってしまいます(涙)

リアゲートは・・・

こちらはスクラッチや曇りも少なくてお綺麗でした!

ホイールもピカピカです!

 

新車という事で基本的に塗装面はスクラッチやシミ等目立って付いている訳ではございません。ですが

よ~く観察しますとやや深めのスクラッチも確認できました。輸入車はどうしても工場を出てから

オーナー様に届くまで時間が掛かります。またその間に人が触れる機会も多くなります。人が触れる機会が

多いという事はそれだけキズ等付いてしまうリスクも増える訳でもあります。またノーダメージでディーラーに

届いても納車前仕上げでスクラッチ等を付けてしまう場合もございます(涙) では国産車は大丈夫かと

言いますと実はそんな事も無く国産車でもビックリするくらいキズやシミが多くついている車も多く

こればかりはある意味”運”ですのでご自分ではどうする事も出来ません(^▽^;)

でも大丈夫です!磨けば綺麗になりますのでご安心ください!!

という事で早速作業スタートです!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

ボディコーティングと同時にご依頼を頂く事の多い人気のオプションメニューです(^_^)/

↓は現状です。

撥水力はやや弱い感じですが何か簡易タイプの撥水剤でも掛かっている様ですね。

しかし・・・

全て落としていきます(笑)

今回はルーフがガラストップになっていますので、こちらにもウインドウコーティングのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

全てのウインドウの下地を整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に・・・

撥水チェックをしましたらウインドウコーティングは完成いたしました!

水玉の”丸”さが違います!!

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

↑はボンネットです。 すくないですね~(^^)/

リアは・・・

新車でもこれ位は付いているものです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったんですけど(笑) 綺麗です。

リアも・・・

サッパリとしました。

そしてマスキングをしていき・・・

磨いてまいります。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。少し深めにスクラッチが付いていた所はやや強めの磨きをしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

よりスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

糊残りもスッキリと無くなって綺麗になりましたよ~(*^^*)

ボディサイドも・・・

よりクッキリとライトが映り込むようになりました。

深めに付いていたスクラッチもだいぶ綺麗になりましたね!

そしてキズキズだったセンターピラーも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ただキズが付きやすいので普段のお取り扱いやお手入れ時は注意が必要です。

洗う時は優し~く洗ってください。

そしてリアも・・・

更にクッキリとクリヤーになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングです。

こちらも新車コーティングと同時にご依頼を頂く人気のオプションメニューです。

特に輸入車にはお薦めです!

そしてシトロエン3の新車コーティングが完成いたしました!

艶も更に向上し新車以上に輝やくシトロエンC3に仕上がりました(^_^)/

白と黒のコントラストが強調されよりメリハリのあるボディになったと思います。

黒といえばこちらのC3のドアに付いている大きなサイドモールのような黒い樹脂パーツですが

これはエアバンプと言ってシトロエンC4 カクタスで登場時に話題になりました。

エアバンプの名前の通り中には本当にエアが入っていて触ると柔らかいんです。

エア入の柔らか素材で出来ていてボディをキズから守る機能とデザイン性を兼ね備えた機能パーツでも

あるそうです。 さすがフランス車!!

内装などのデザインも国産車とは違うセンスでデザインされていてオシャレなんです!

このセンスと個性はやはりフランス車ならではでもあり、さすがシトロエンです(*^^*)

見れば見る程欲しくなっていくシトロエンC3でした!!    いいなぁ~(´▽`)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ボルボV40のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV40のボディコーティングです!

H29年式デニムブルーメタリックのボルボV40です!

昨年ご購入されたそうですが年末年始辺り洗車して以来、今年は洗車していないとの事で

なかなかの汚れっぷりでございました(^▽^;)

デニムブルーと言うブルーなんですけどブルーっぽさがと言いますかデニムっぽい青さが・・・

見あたりせん(;^ω^)

近くで見るとブルーと言うよりも・・・

グレーっぽいです(汗)

↑のままですと現状をご紹介できないので(これが現状ですが(笑))洗車後に撮ったのが↓です。

ブルーになりました(笑)  シミはそれなりに付いていましたが洗車していない事もあってか

スクラッチは少ないですね!

ルーフも・・・

シミやクスミがありますが洗車キズなどは少ないです(^_^)

ボディサイドは・・・

お綺麗です。

ただドア下などからは・・・

グリスがだいぶ流れ出てきていました(洗車前の写真です)

それとホイールも・・・

汚れ気味です(^^;) 輸入車は国産車に比べるとブレーキダストが多く出る傾向です。

 

ご覧頂きました様に全体的に汚れ気味です。正直、気味と言うより汚れています(^^;)

話は少しそれますが車の汚れ方って地域差が結構出ます。その保管している場所や使用している

場所によって汚れ方も全然違うから面白いです(笑)砂埃や泥汚れの多い車や樹液や木の実、虫の付着が

多い車やコケの付いている車など様々です。また季節によっても汚れ方が違ってきます。

いつもお客様のお車を洗いながら、どんなシュチエーションでお使いなのか想像しています(笑)   マニアか!!

話がそれましたが早速ボルボV40の作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着も無くて綺麗な親水状態でした。

しかしリアは・・・

油分が付いているようでダラダラと水を弾いていました。

綺麗だったフロントもしっかりと綺麗にしていきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていき、

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも

↓リアも・・・

ムラなく弾いているのを確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングは梅雨のこの季節にピッタリのおすすめアイテムです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 ボンネットです↓

意外と、と言ったら失礼ですが少なめでした。

何となくもっと多いかと勝手に想像していました(^^;)

リアも・・・

少なめでした。  わかりにくい写真ですいませんm(__)m

鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも綺麗になりました。

その後作業はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回の磨きプランですが当店の一番人気エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとして綺麗になりました(*^^*)

ルーフも・・・

深いシミの輪郭など一部残っていますがサッパリとしました。

ボディサイドは・・・

クリヤーですよ~!

グリス汚れもサッパリとしました。

ひび割れが見えますが・・・下のコンクリートが映り込んでるだけです(^^;) ご安心ください!

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングのご依頼も頂きましたのでよ~く洗ってからコーティングしました!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストの固着も低減できホイールを

洗うのが楽になります。 ブレーキダストが多く出るお車には特におすすめです。

そしてデニムブルーメタリックのボルボV40ボディコーティング完成いたしました!

デニムっぽいブルーメタリックになりました(笑) これならデニムブルーメタリックの名前も納得です!

色に深みを感じて頂けるように仕上がったと思います。

オーナー様も『綺麗~。艶が出た!これからは大切に乗ります』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

今日で6月も終わりです。 早いもので今年も半分が過ぎていきます。本当に早いですね(^▽^;)

当店のございます神奈川県はまだまだ梅雨真っ只中で洗車しても洗車しても直ぐに汚れています。

昨年は関東地方梅雨明けが異常に早くて6月28日に梅雨明けでした。今年は例年通り7月20日前後の

平年並みの予測のようです。その予想通りでしたら、あと3週間ほどこのジメジメと不安定なお天気が

続く訳で洗車マニアには憂鬱な日がもう少し続きます(;´∀`) 洗車マニアでなくても梅雨時期は

なんだか何かと憂鬱になりがちですが、あと(たぶん)3週間頑張って乗り切りっていきましょう!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ラッシュのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ラッシュのボディコーティングです。

H19年チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュです!

こちらは最近ご購入されたお車で初期登録から10年以上経過していますが

走行距離も少なく内外装共にお綺麗でしかもお値段が (´∀`*)ウフフ と掘り出しものに

めぐり逢いご購入に至ったそうです! やっぱり人も車もめぐり逢いが大切です(笑)

そんなトヨタ ラッシュの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

程度がいいとは言えやはり10年分の痛みは確認できます。 シミスクラッチが多く艶が引けていました。

ルーフも・・・

スクラッチが目立ちますね(^^;)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程ではありませんがスクラッチが多くスッキリとしていないです。

リアも・・・

スクラッチやシミで塗装肌がガサついています。

それと背面に付いているスペアタイヤを外すと・・・

何年分の汚れでしょうか??汚れと言うより“泥汚れ”ですね(^^;)

普段の洗車でなかなかタイヤを外す事も無いでしょうからしょうがないです。

ホイールは年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか(^_^)

 

パッと見は確かにお綺麗ですけど、よくよく観察いたしますとそこにはやはり10年分の汚れや痛みは

付いております。しかしこのボディカラー的な事もあってそれ程シミやスクラッチが目立たないです(笑)

目立ちませんが色の奥行きや艶感が感じられないのもこれまた事実でございます(^^;)

せっかくめぐり逢えた相棒ですから、これから始まる相棒との光輝く未来の為にも、まずは相棒を

光輝かせましょう(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分が付いているようで何となく水を弾いています(^^;)

ガラス表面に付いている汚れや油分等を除去していきます。

ウインドウコーティングもボディコーティング同様下地が大切です。汚れた上にコーティング剤を

塗っても本来の力を発揮しません!

下地を整えてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水しています!

気持ちいいですね(*´▽`*) 撥水チェックに問題がなければウインドウコーティングは完成です!

撥水チェックに問題があれば・・・やり直しです(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車です。その後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

屋外展示の中古車などは鉄粉が多く付いている車両が多いので今回も覚悟していたのですが

意外と少なくてちょっとラッキーと思ったのはナイショの話です(笑)

リアも・・・

少なめでございました!

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを使って再チェックしたところです。

ボンネットも↑

リアも↓

スッキリとしました。 もちろん前と後ろだけではなくボディ全体おこなっております。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水のPCX-S8です!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチがスッキリとして艶も出ました!

ルーフも・・・

綺麗になってます(^_^)/

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになっています。

リアも・・・

綺麗ですね~(*‘∀‘) 艶が違います!

もちろんココも↑コーティングしています。

最後にタイヤとホイールも綺麗に艶出しをしましたら・・・

チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュ、ボディコーティング完成いたしました!

相棒が光り輝きましたよ~ヽ(^。^)ノ

艶感は新車にも負けていないと思います!

オーナー様も『10年以上に見えない!10年以上前の車でもこんなに綺麗になるんだ!』と、

とてもお喜びになられておりました!  ありがとうございます。

 

こちらのラッシュは・・・私知らなかったんですけど4WDと2WDがあるそうで2WDの方は

FRなんだそうです。 今回のこちらのラッシュは2WDのFRバージョンだそうです(*’▽’)

これもご購入の決め手でもあるようです(笑) なんせオーナー様は以前はジムカーナなどやっていた

走り好き(´▽`) そんな事もあってこのFRの走りが懐かしく、また楽しいようです。

ちゃんとFRの動きをするみたいです!!

色々とパーツも組みたいようですが、今回はパーツより先にコーティングにお越しくださった

そうで感謝です。そして嬉しい限りです。

ピカピカになったラッシュと共に光輝く未来へいってらっしゃ~い(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。