トヨタ ラッシュのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ラッシュのボディコーティングです。

H19年チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュです!

こちらは最近ご購入されたお車で初期登録から10年以上経過していますが

走行距離も少なく内外装共にお綺麗でしかもお値段が (´∀`*)ウフフ と掘り出しものに

めぐり逢いご購入に至ったそうです! やっぱり人も車もめぐり逢いが大切です(笑)

そんなトヨタ ラッシュの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

程度がいいとは言えやはり10年分の痛みは確認できます。 シミスクラッチが多く艶が引けていました。

ルーフも・・・

スクラッチが目立ちますね(^^;)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程ではありませんがスクラッチが多くスッキリとしていないです。

リアも・・・

スクラッチやシミで塗装肌がガサついています。

それと背面に付いているスペアタイヤを外すと・・・

何年分の汚れでしょうか??汚れと言うより“泥汚れ”ですね(^^;)

普段の洗車でなかなかタイヤを外す事も無いでしょうからしょうがないです。

ホイールは年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか(^_^)

 

パッと見は確かにお綺麗ですけど、よくよく観察いたしますとそこにはやはり10年分の汚れや痛みは

付いております。しかしこのボディカラー的な事もあってそれ程シミやスクラッチが目立たないです(笑)

目立ちませんが色の奥行きや艶感が感じられないのもこれまた事実でございます(^^;)

せっかくめぐり逢えた相棒ですから、これから始まる相棒との光輝く未来の為にも、まずは相棒を

光輝かせましょう(笑)

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分が付いているようで何となく水を弾いています(^^;)

ガラス表面に付いている汚れや油分等を除去していきます。

ウインドウコーティングもボディコーティング同様下地が大切です。汚れた上にコーティング剤を

塗っても本来の力を発揮しません!

下地を整えてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水しています!

気持ちいいですね(*´▽`*) 撥水チェックに問題がなければウインドウコーティングは完成です!

撥水チェックに問題があれば・・・やり直しです(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車です。その後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

屋外展示の中古車などは鉄粉が多く付いている車両が多いので今回も覚悟していたのですが

意外と少なくてちょっとラッキーと思ったのはナイショの話です(笑)

リアも・・・

少なめでございました!

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを使って再チェックしたところです。

ボンネットも↑

リアも↓

スッキリとしました。 もちろん前と後ろだけではなくボディ全体おこなっております。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水のPCX-S8です!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミやスクラッチがスッキリとして艶も出ました!

ルーフも・・・

綺麗になってます(^_^)/

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになっています。

リアも・・・

綺麗ですね~(*‘∀‘) 艶が違います!

もちろんココも↑コーティングしています。

最後にタイヤとホイールも綺麗に艶出しをしましたら・・・

チタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュ、ボディコーティング完成いたしました!

相棒が光り輝きましたよ~ヽ(^。^)ノ

艶感は新車にも負けていないと思います!

オーナー様も『10年以上に見えない!10年以上前の車でもこんなに綺麗になるんだ!』と、

とてもお喜びになられておりました!  ありがとうございます。

 

こちらのラッシュは・・・私知らなかったんですけど4WDと2WDがあるそうで2WDの方は

FRなんだそうです。 今回のこちらのラッシュは2WDのFRバージョンだそうです(*’▽’)

これもご購入の決め手でもあるようです(笑) なんせオーナー様は以前はジムカーナなどやっていた

走り好き(´▽`) そんな事もあってこのFRの走りが懐かしく、また楽しいようです。

ちゃんとFRの動きをするみたいです!!

色々とパーツも組みたいようですが、今回はパーツより先にコーティングにお越しくださった

そうで感謝です。そして嬉しい限りです。

ピカピカになったラッシュと共に光輝く未来へいってらっしゃ~い(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

チャンピオンイエロー4のスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです。

チャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです!

スズキのカラーと言えばやはりこのチャンピオンイエローです(^_^)/

本当に綺麗で鮮烈なイエローです! どこを切っても真っ黄色って感じのイエローです。

このチャンピオンイエローが写真だと綺麗に撮れないんですよ(;´∀`)

実際は↑の写真よりもう少し濃くてとても綺麗なイエローです!

そんな綺麗なチャンピオンイエローのこちらのスイフトスポーツは新車から約1ヶ月のお車です。

本当は納車直ぐに当店にご入庫予定だったのですが納車が予定より遅れてしまい、当店ご入庫予定日に

間に合わなくなってしまいました(^^;)

そして約1ヶ月程お待ちしていただく事になってしまいました(汗)  すいません。

では約1ヶ月経過致しましたスイフトスポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から1ヶ月程経過していますので少し汚れていました。

汚れていますので少しわかりにくいんですけど若干ですが塗装肌が曇っていてボヤっとしていました。

ルーフは・・・

ボンネット同様少し汚れています。でもルーフは曇りが少なかったです!

しかしボディサイドは・・・

モヤモヤっと曇ってますね~(^^;)

リアゲートも・・・

なかなかの曇り様なんですけど写真だとそれ程酷く見えないですね(^▽^;)

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れで茶色く少し汚れ気味でした。

 

全体的に新車と言うこともあって基本的にはお綺麗です。しかしやはり新車によくある塗装の

曇りが確認できます。 ボンネットやルーフはそれ程でもないんですけどボディサイドがね~(^_^;)

その新車特有の曇りを除去すればもっとクリヤーでスッキリとしたお車になりますので、早速スッキリとした

ボディを目指して作業を開始していきましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングからご紹介していきます。

ボディコーティングと同時施工される方が多い人気のメニューです!

↓はフロントウインドウの現状です。

油膜の付着もなくとてもお綺麗ですね!

しかしリアは・・・

少し油分の付着があるようで水をダラ~と弾いています。

ウインドウに付いている油分や汚れなど除去していきます。 もちろん綺麗なフロントウインドウも更に

綺麗にしていきます(^_^)

その後よ~く乾燥させてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

そして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウも・・・

リアも綺麗に撥水していますね!

綺麗に撥水をしているのを確認しましたらウインドウコーティング完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にいつもでしたら鉄粉の付着状況を確認していきますが、

このチャンピオンイエロー4はいわゆる鉄粉除去剤が使えません。

ですのでネンドで鉄粉の量を見ていきましょう!

↑はネンド掛けする前のネンドです。

↓はボンネットをネンド掛けした後のネンドです。

ちょっとわかりにくいかも知れませんが(汗)納車から1ヶ月と考えますと多めでした。

後でオーナー様に伺ったところ会社の駐車場の裏が解体屋さんとの事でした。

鉄粉が多い訳です(^^;)

鉄粉の付着量は駐車場の周りの環境によって大きく左右されます。金属を扱っている会社の近くはどうしても

多く付いてしまいます。  しかし先ほどもお話しいたしましたが、このチャンピオンイエローは

鉄粉除去剤を使ってはいけませんのでくれぐれもお気を付けください!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランになります。

逆に新車1ヶ月以内でも塗装面の状態によっては新車プランよりハードな磨きのプランを

お薦めする場合もござます。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

人気の水玉撥水です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなってスッキリと綺麗になりました!  もうボヤっとはしていません(^_^)/

ルーフは・・・

潤いを感じますね~(*´▽`*)

ボディサイドも・・・

モヤモヤが無くなってライトの映り込みがクッキリとしました(^_-)-☆

リアゲートは・・・

こちらもスッキリとクリヤーでシャープな映り込みになりました。

最後にタイヤとホイールも艶出しをしましたら・・・

チャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツの新車コーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。新車も磨けば新車以上に輝きます!!

新車ですので元々お綺麗ではあるんですけど、やはり塗装が曇っている分、クリヤー感がなくて

お車の印象がボヤッとしていました。その曇りを取り除きコーティングをする事で

クリヤーでスッキリとした艶々のボディが完成いたします(^_-)-☆

とても綺麗なチャンピオンイエローが更にスッキリと透明感あるチャンピオンイエロー4に

仕上がったと思います!

 

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは

塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車のコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

例えば、例えばですよ・・・

カービューティープロ カラーズなどいかがでしょうか( ̄▽ ̄)      以上宣伝でした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールグレーカーキのXVです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングです。

こちらは納車間もない新車のスバルXVです!

新型XVのイメージカラーのクールグレーカーキです。 グレー??カーキ?? 水色じゃね??

と思われるかもしれませんがクールなグレーカーキです(笑)

グレーと言う名前を知ってしまうと確かに暗い所などで見るとグレーに見えてきます(笑)

言葉って不思議です(^▽^;)

そんな素敵なグレーのXVの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から数日程経っていますので軽く汚れています。

ただ塗装肌自体は曇りも少ないですね!

ルーフも・・・

軽く汚れています。しかし塗装肌はお綺麗でした。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんが、ボンネット同様、少しだけ曇り気味です。

リアは・・・

少しだけ曇っている感じなんですけど写真だと伝わらない程度です(^^;)

ホイールはお綺麗でした!

 

全体的に曇りも少なくてお綺麗ですが、少ないだけで実は若干曇り気味でした(^_^;)あまりに若干なので

写真だと上手く写せない程です(笑) 実際に見るとわかるんですけど白っぽく薄~いベールに

包まれている様な・・・と言ったら言い過ぎかな?? 何となく透明感がないんです。

新車に良くある、本当によくあるんですけど、いわゆる白ボケと言われるものでメーカーによって

少なかったり、濃かったりと色々です。 また同一メーカーの同一車種でも白ボケが少なかったり、

濃かったりとバラバラな事も多いです。

当店の新車コーティングはこの白ボケを磨いて除去してからコーティングしていきます。

今回も磨いてスッキリとしていきましょう! 白ボケ少ないですけど(笑)

では作業開始!!

 

ボディの前に今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓はフロントウインドウです。

油分の付着もありませんがリアは・・・

やや油分が付着している様です。  サイドウインドウも同じ様にやや油ギッシュでした(;´∀`)

運転席と助手席は元々撥水ウインドウですので、それ以外のウインドウを綺麗にしていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

フロントウインドウです。綺麗に撥水しています。

尚、スバルのアイサイト搭載車のフロントウインドウへの撥水コーティングはオーナー様の

ご依頼がある時のみ施工致しております。

やや油ギッシュだったリアウインドウも気持ち良く撥水していますね!

余談ですが・・・リアウインドウの写真撮るの意外と難しいんです。シュっとスプレーすると

直ぐに水玉が流れ落ちちゃうんです(^_^;)

右手にカメラ左手にスプレーを用意してシュとしてカシャです(笑)

これがトシちゃんだったらハッとしてグーなんでしょうけど私はシュとしてカシャです。   何の話だ~。

昭和の香りがプンプンとしてきたのでボディへと進みましょう。

 

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

よく見るとポツポツはございますが、とても少ないですね!

リアも・・・

少なかったです。

今回はとても少なかったので軽めに鉄粉除去をしました。

元々少ないので鉄粉除去後の写真をUPしても違いが分からないと思いますが、せっかく撮ったので

UPしておきます(笑)

違いが分からな~い(汗)

リアは・・・

少しわかりやすかも(笑)

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

気持ちいい水玉撥水が特徴の・・・

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも無くなったんですけど↑の写真だと汚れが無くなっただけのように・・・(^_^;)

ルーフも・・・

サッパリとしたんですけど・・・(^^;) なんかすいません。

実車は綺麗になっています!

ボディサイドも・・・

スッキリとした映り込みになってるんです! 本当です(笑)

施工前の写真とよ~く見比べて下さい。違いますから(笑)

えっ!違いがわからない??    そんな時は目で見ちゃダメ。心で感じるんです( ̄▽ ̄)

感じて頂けたところでホイールに行きましょう。

ツヤッツヤです。それもそのはず今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングしています! ホイールコーティングするとやっぱり艶感、光沢感が

違います! そしてホイールを洗うのも楽になります。

そしてクールグレーカーキのスバルXV新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前の写真と色合いが違ってしまってすいません。

施工前の写真より水色ぽく写っていますがグレーカーキです(笑)

写真ですと微妙な違いが上手く写せないんですけど曇りが取れて透明感がいっそう上がり

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がっております。

オーナー様から『やっぱり綺麗ですね! ここでコーティングしてもらってよかった~』と嬉しいお言葉も

頂きました。 ありがとうございます(*^_^*)

新車でも曇りを除去してからコーティングしますと新車以上の艶と輝きになります!

曇りを除去しないでコーティングしてもスッキリとしないままです(;´∀`)

ですので新車も磨きが必要です!

今回のXVは写真ですと違いが分かりにくかったかと思いますが実車を見て頂ければ違いが分かって

頂けると思います。

新車より綺麗になった新車をあのトシちゃん見せたら、きっとハッとして!Goodとしてくれる事でしょう(笑)

ちなみに私はシュとしてカシャですけど。      いったい何の話だ~(;’∀’)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産エクストレイルのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXになります!

ノーマルのエクストレイルに対して専用のアンダーガードやホイールを装着し、オフロード寄りの

タフなイメージを強調した人気のグレードです(*^^*)

近くで見ると意外とデカくてイカツイです。 黒ですので尚更です(笑)

こちらのエクストレイルは新車です。そんな新車エクストレイルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車とは言え納車から約10日程経過していて、しかも雨にも降られていますので

少し汚れています。 また花粉ジミや”蜂の糞“の付着が多かったです。

汚れていても何となく塗装面が曇っている感じが伝わってきます(^^;)

ルーフも・・・

汚れを差し引いても、少しボヤけ気味です。

ボディサイドも・・・

何となくスッキリしていません。

それと・・・

リアゲート部にはポリッシャーで磨いた痕跡が確認できます。

ライト右横が白っぽく見えると思います。これはキズやシミなどを加修した跡です。

ホイールもやや汚れ気味です。

 

写真が洗車前の状態ですので塗装面の曇りが少しわかりにくいんですけど、全体的に

ボヤけ気味でスッキリとしていませんでした。

また加修の痕跡も確認できます。新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を除去する為に

磨く事はよくある事です。よくある事と言うより黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい

よくある事なんです。 問題はその加修の痕跡が残ってしまってる事です。

普段はもしかしたら気が付かないかもしれませんが、日が当ったりライトが当たると

そこだけギラギラと光って不自然に見えます。これは加修跡(磨きキズ)に光が当るとキズで光が

乱反射して見えてしまう為です。

この加修跡もサッパリと仕上げていきたいと思います。では作業開始!!

 

まずはウインドウからです。新車コーティングと同時にウインドウコーティングのご依頼を

いただく事が多い人気メニューです。

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでまずはウインドウコーティングからご紹介です。

↓は現状です。

↑フロントウインドウは油分の付着も無くお綺麗ですが・・・

リアウインドウはやや油っぽいです(^^;)

これを・・・

綺麗に落として下地を整えます。下地が出来ましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをします。

↑フロントも・・・

油っぽかったリアウインドウも綺麗に撥水しています!

全ウインドウを確認しましたらウインドウコーティングは完成です。

 

そしてボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

見えません。実車だと近くでよ~く見るとポツポツ確認できますが写真だとキビシイですね~(^_^;)

今回は新車ですので軽めに行ないました。

そしてマスキングです。

黒いボディに黄色いマスキングテープ姿・・・結構好きなんです。私(笑)

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

特に今回はスクラッチシールド車ですのでマッチングがとても大切です。

そしてコーティング剤の出番です。今回使用いたしましたコーティング剤は…

低撥水性のハイディーンを使用致しました。

シミの付着が気になる方にはお薦めのコーティング剤です!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

白っぽく点々と見えるのは・・・ホコリです(^^;) ごめんなさい。

花粉のシミは除去できていたのですが”蜂の糞”の跡は既に塗装面を痛めてしまっていて・・・

除去できませんでした。  蜂の糞は塗装を痛めます。

写真を撮ればよかったんですが・・・

撮らなかったので(汗)以前作業した違う車の画像です↓

塗装が↑のようにプクッと膨らんで来てしまいます。 結構短時間で↑こうなりますので

蜂糞は早めに対処してください。

話がそれましたがルーフです↓

ルーフも綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

あれっ!?写真だとあまり変わり映えしない??・・・(汗)

よ~く見てください!ライトの輪郭がシャープに映り込むようになっていますので(*^^*)

そしてリアの加修跡も・・・

スクラッチ除去出来ました!  白っぽく見えていたギラつきもスッキリと無くなりました。

そしてホイールはホイールコーティングしています。

意外と複雑な形状で大変でした(笑)

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX新車コーティング完成いたしました!

クリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

いゃ~気持ちいいですね!

最近の日産車やトヨタ車で、一般のクリヤ塗装よりキズが付きにくく、更にキズを自動修復してくれる

特殊なクリヤー塗装車が多くなってきました。

日産はスクラッチシールドでトヨタはセルフリストアリングコートですね!

こちらのエクストレイルもそのスクラッチシールドなんですが・・・加修跡は消えていません(^_^;)

自動修復なので消えてもいいんですが・・・実際は消えないんです。 逆に磨きキズが付きやすくて消しにくい、

違う意味でも”特殊な”クリヤー塗装なんです(^_^;)

このスクラッチシールドを磨くには特殊クリヤーの知識が必要なんですけど、そこを理解していないと

スクラッチシールド車を磨く事はできません。 いゃ磨く事は出来ても仕上がりは車全体が加修跡だらけのように

ギランギランになってしまいます(^▽^;)  怖いですね~

中にはスクラッチシールド車など特殊クリヤー塗装車はお断りするコーティング屋さんもあるようです(^^;)

スクラッチシールド車でお断りされてお困りでしたら当店にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバル インプレッサスポーツのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル インプレッサ スポーツのボディコーティングです。

クォーツブルーパールの新車のインプレッサ スポーツです!

こちらのオーナー様は以前よりスバルXV等で当店をご利用いただいており、今回はXVから

インプレッサ スポーツにお乗り換えになられたそうでコーティングのご依頼を頂きました。

ボディコーティング以外にもウインドウコーティングやホイールコーティングのご依頼も

頂いております。ありがとうございます。

では早速スバル インプレッサ スポーツの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですが納車から数週間程経過しているという事もあって花粉によるシミも

確認できます。塗装面も若干曇り気味です。

ルーフも・・・

多くはないですが花粉の影響を既に受けておりました(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でライトの映り込みがボヤッとしています。

リアは・・・

こちらもボヤけ気味です。

ホイールは・・・

以前のXVに装着していたホイールを既に移植済みです。そして汚れ気味です(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干曇り気味(白ボケ)で更に季節柄、花粉の影響も受けていて花粉ジミが確認できます。

若干曇り気味の塗装面は、ある意味スバルらしいです(^^;) スバルに限らずですが同一車種の

同じボディカラーでもバラツキがあってスッキリと曇りの少ない車もあればちょっとビックリする程

曇っている車もあるんです。

こればかりは自分で車を選べる訳でもないですし、納車してからでないとわかりません。

もしビックリする程曇っている車が自分の所に来てしまったら・・・ご安心ください!

磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

今回のインプレッサはそこまで酷い曇りではないですが磨けば今以上にスッキリとクリヤーになりますので

磨きを入れて新車以上の塗装肌に仕上げていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油膜の付着も無くお綺麗です。  これでも水が掛かっているんですよ!

しかし・・・

リアウインドウは少し油ぎっています(笑)

運転席と助手席は元々撥水ガラスですので・・・

それ以外のガラスを綺麗にしてコーティングしていきます。

最後に撥水力チェックをします↓

フロントもコロコロです。

リアもバッチグ~!  今、普段の会話でバッチグ~って言う人はあまり(全然??)いませんけどね(笑)

でもバッチグ~です(^_^)/

尚、アイサイト装着車(フロントウインドウ)へのウインドウコーティングはお客様のご希望が

ある場合のみとなります。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

新車ですがそれなりに付いている様です(^^;) XVの時もそうでしたがお車を止めている場所が

鉄粉が多い場所なんだそうです。

リアは・・・

鉄粉に反応した紫色が“流れ”ているので少しわかりにくいですがリアもやや多めに付いていました。

鉄粉処理をしたら再チェックします↓

綺麗になりました!

リアもサッパリとしました。

鉄粉が終わりましら磨きに備えてマスキングをしていきます。

マスキングは磨きの時に使うコンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、

樹脂パーツ保護の為などに貼ります。 また当店ではマスキングは塗装の状態によっては、

あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など様々です。

そして磨いていきます。

今回は新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしてコーティング剤の出番です。今回オーナー様がチョイスいたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉ジミも無くなりスッキリとしました。

リアも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

ボディサイドの曇りも・・・

スッキリとしてライトの映り込みもクッキリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールもよ~く洗ってコーティング!  艶々です。

そしてクォーツブルーパールのスバル インプレッサ スポーツ、新車コーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。

元々新車で艶がいいので写真だと違いが分かりにくいんですけど(汗)近くで見ていただければ

塗装表面の曇りが無くなって透明感と光沢が更にあがったクォーツブルーパールに仕上がって

おります(^_-)-☆

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見るともちろんキラッといい艶感なんですけど夜の街灯の下

などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね!

きっと惚れ直すことでしょう(´▽`)

あっ!もちろんPAやSAなど安全な所でね(笑)

 

新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません! むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

今回のインプレッサはそこまで酷い曇り(白ボケ)ではないですが曇りの酷いお車や納車前から花粉ジミが

付いているお車など新車でも何かしら不具合がある事が非常に多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW320iにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはBMW320iのボディコーティングです。

H29年式のBMW320iです!こちらは1年前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

毎年この時期にお越し頂いており今年も再施工のご依頼を頂きました。  ありがとうございます。

そしてこの時期のもう一つのイベントと言えば・・・そう。花粉です(笑)

こちらのBMWも基本的に屋外駐車ですので花粉をたくさん身に纏ってのご入庫です(^^;)

ではBMW320iの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉+雨攻撃で斑模様になっています(^^;)  ↑が現状と言えば現状ですけど、これだと塗装面が

わかりませんので洗車後に撮影したのが・・・

こちらです。1年程ですがシミが結構気になります。

屋外駐車で黒いボディですとどうしてもシミがね~(^_^;)

でも昨年より少ない気がいたします。

ルーフは・・・

ボンネットよりシミが少なかったです。 何故だろう??

トランクも・・・

雨ジミもありますが花粉のシミの方が気になりました。

(ライトの周りに白っぽくポツポツ見えているのが花粉ジミです)

ボディサイドは・・・

シミもスクラッチもとても少なくてお綺麗です(*^^*)

しかしホイールはお約束の・・・

ブレーキダストで茶色に覆われていました。

 

この時期にご入庫のお車はどうしても花粉が多く付いているお車が多いです。そしてその花粉に

よって花粉ジミが付いてしまっているお車も多いです。 今回のBMWは幸いそれ程酷いダメージを

受けてはいませんでした。しかし雨ジミとは違う花粉によるシミが付いているのも確かです。

この時期ご入庫されるお車は通常の施工よりも花粉処理をする工程が増えます。花粉処理してから

磨かないと後々不具合が出る恐れもありますので!  花粉って意外な程、厄介なヤツらなんです(^^;)

ではそんな厄介なヤツらをスッキリとしていきましょう(笑)

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介です。

↓は現状です。

こちらも昨年ウインドウコーティングをしたのですが・・・

落ちてしまったようです。

古いコーティング&汚れのなどを除去していきます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら完成です!

ウインドウコーティングの寿命はお車の保管状況や使用状況、さらにワイパーの作動頻度などによって

大きく異なってきますが、おおよそ半年~1年程でないかと思います。お客様の中には1年以上経過していても

まだまだ撥水が続いているお車もございます(*”▽”)  ウインドウコーティングをしましたらワイパーを

撥水ワイパーに交換して頂くとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びますのでお薦めです!

 

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

まずは洗車して鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますがお約束の・・・

黒いボディですと、なにがなんだか・・・(^^;)

鉄粉処理後に再チェックしましても・・・

なにがなんだか・・・(^^;)     全然伝わりませんね(汗)

写真ですとなにがなんだか分かりませんが作業しているとよくわかります。

今回の鉄粉の量はそれ程多くも無く少なくも無く・・・そんな感じでした。  全然伝わらない(汗)

鉄粉処理がおわりましたらマスキングをしていきます。

こちらのBMWも定期的に再施工にお越しくださるので過度な磨きはしていません。

磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが磨けば磨くほど塗装(クリヤー層)が薄くなって

しまいますので無理な磨きは今回はしていません。

その磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は前回と同様の・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶスッキリとしましたね!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

トランクも・・・

花粉ジミもサッパリとしました(^_^)/

ボディサイドは・・・

薄いシミやスクラッチも無くなって更にスッキリとしたんですが・・・写真だと違いが分かりませんね(^_^;)

でもホイールは・・・

全然違います。本当は茶色じゃなくてグレーなんです(笑)

そしてBMW320iのボディコーティング完成いたしました!

施工前は花粉がボディに付いていたので何となく茶色っぽかったんですけど

艶々のブラックボディに甦りました(^_-)-☆

黒いボディは汚れやスクラッチが多くなってくると白っぽく見えてきてしまい見た感じの印象が

大幅にイメージダウンしてしまいます。黒いボディを維持管理するのは大変難しいんですが、

リフレッシュすれば↑のように艶々のボディになりますので定期的なメンテナンス&再施工が

お薦めです!

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クラウンアスリートにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウン アスリートのボディコーティングです。

こちらのクラウンアスリートは2015年の秋にボディコーティングを施工致しましたお車です。

それから3年と少々経過致しまして今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

3年の間に定期的にメンテナンスにお越し頂いておりましたので、まだまだ艶もあって撥水も

残っていましたが少しシミも気になるし3年経過したので再施工のご依頼です。

ではクラウンアスリートの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

ご入庫時は花粉の影響もありましてやや汚れ気味です。

ルーフも・・・

少しシミが目立ちます(^^;)

トランクは・・・

ここは少し窪んでいるので雨が溜まりやすく、そして乾くと黄色い花粉が大きなシミとなって

現れます(^^;) 早めに洗車して落とせば花粉の影響を受けずに済みますが、このまま放置して

しまうと塗装を痛めてしまう恐れもありますのでご注意下さい。

ボディサイドは・・・

クスミも少なく、またシミやスクラッチも少なくてお綺麗でした。

ホイールは・・・

ピッカピカなので汚れが目立ちませんが、よく見ますと若干汚れ気味でした。

 

全体的に花粉の影響もあって写真で見て頂いた様にシミが気になります。でもこれは塗装面に乗っかっている

汚れですので洗車してしまえば汚れは綺麗になります。しかし洗車しても落ちない汚れや塗装表面を

浸食している様な深めのシミ、洗車キズなどが付いているのも事実です。

当店の通常のメンテナンスですと深いシミや線キズなどは除去できません。そうなると磨きが必要に

なってきます。磨き有りのメンテナンスもございますが色々な事をトータルで考えますと今回は

再施工のいいタイミングではないかと思います。

では早速作業を始めていきましょう!  作業開始!!

 

今回、ボディコーティングと同時にウインドウコーティングの再施工もご依頼頂きましたので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

昨年ウインドウコーティングは掛け直していますが1年経過でだいぶ撥水力が落ちてしまっていました。

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって大きく変わってきます。

目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が

延びますのでウインドウコーティングをしましたお車にはワイパーの交換をお薦めいたします。

今回は全面再施工致しました。運転席と助手席は元々撥水ガラスです。撥水はまだありましたが

ウロコ(シミ)が多くなってきましたのでウロコ除去をして撥水コーティングします。

純正の撥水ガラスも時間が経過しますと撥水が弱まってきます。それだけでしたらまだいいのですが

撥水ガラスもやっぱりウロコが付きますので、いずれはウロコ除去が必要になってきます。

ウインドウコーティングが終わりましたら最後に撥水チェックをします↓

以上でウインドウコーティングは完成です(^_^)/

いつも写真3~4枚でご紹介していますが、実はもっと色々とやっています(笑)

 

そして今度はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉処理をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

ボンネットです↑  少なめですけどトランクは・・・

少し多めでした(^^; でも前回のメンテナンスから一年経過でこれ位でしたら少ない方だと

思います。

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを掛けてチェックしたところです↓

スッキリとしました。トランクも・・・

だいぶスッキリとしました!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回も前回と同じく・・・

水玉撥水の・・・

PCX-S8でコーティングしました!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとクリヤーになりましたよ~(^_^)

ルーフも・・・

クリヤーです!

トランクのシミも・・・

綺麗になってスベスベです。

ボディサイドも・・

ライトの輪郭がシャキッと!

そしてホイールも・・・

更にピカピカです(笑)

そしてクラウンアスリートのボディコーティング完成いたしました!

施工前の写真と色味が違ってすいませんm(__)m

色味が違うので単純に施工前後の写真で比較はできませんが各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

シミやスクラッチが無くなってサッパリとクリヤーでスベスベに仕上がっております!

艶を感じ難いパールホワイトですが艶感をしっかりと感じる仕上がりになったと思います(^_-)-☆

パールホワイトは艶を感じにくいんですが逆にシミやスクラッチも目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ ステップワゴンスパーダの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ステップワゴンスパーダのコーティングメンテナンスです。

こちらのステップワゴンスパーダはコーティングから3年程経過致しましたお車です。

コーティング自体は他店で施工したのですが、その後のメンテナンスは当店をご利用いただいております。

ありがとうございます。

半年ごとにメンテナンスにお越しくださっていまして今回で5回目のメンテナンスになります!

前回ご紹介致しました日産フーガも5回目のメンテナンスでした。当店のお客様はメンテナンスに

定期的にお越しくださるオーナー様が多くて嬉しい限りです!

では半年ぶりに再開いたしましたステップワゴンスパーダのコーティングメンテナンスを

ビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日の雨の名残でまだ濡れています。花粉が付いているので雨が乾けば斑模様の出来上がりです(笑)

斑模様が出来上がる前に・・・

メンテナンスでサッパリです(^^)/

さすがに3年経過していますので通常のメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが

多くなってきました。

ルーフも・・・

斑模様になりかけていました(^^;)

アフターです↓

花粉は雨で濡れると『ペクチン』と言う物質が出てきて、長時間そのまま放置してしまうと

ペクチンが乾燥によって収縮しその時に塗装も一緒に収縮されてしまうようです。

そしてシミだらけになってしまいます。

ですので花粉が雨で濡れたらなるべく早く洗車して花粉を落としてください。

『ペクチン』名前は可愛いんですけど意外な程の攻撃力を持っていますのでお気を付けください!

そしてボディサイドは・・・

垂直面は綺麗でしたがサイドステップのちょこっとした出っ張りの上面に花粉が

溜まっていました(笑)    侮れないな『ペクチン』

アフターです↓

サッパリしました(^_^)/

それと鉄粉の付着状況の報告です。

↓は専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

半年でこれ位ですので少し多めかと思います。

鉄粉の多い少ないの基準は地域差などあり千差万別です。 なので何を基準に鉄粉が多いのか少ないのかを

判断をするのか難しいところですが、当店の場合は当店にお越し頂いている車両を基準に毎回お話しております。

鉄粉の多い地域だと1ヶ月位で↑位の量の鉄粉が付いてしまうようです(^_^;)

アフターです↓

綺麗になりました。

鉄粉が多く付いていると美観の低下や撥水の妨げなどに繋がりますので定期的に

鉄粉の処理がお薦めです。

とは言え市販の鉄粉取りネンドはキズだらけになるので・・・注意が必要です(;’∀’)

 

ホイールは・・・

これまた汚れ気味です。

ホイールとタイヤが汚れているとお車全体の印象も低下してしまうので・・・

綺麗にしました(笑)

これで足元もキリッとです(^_-)-☆

 

それと半年ごとにウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

そちらもご紹介していきましょう。

↓は現状です。

まだまだ撥水はしていますが、やや撥水力が落ちています。

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって大きく変わってきます。

目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が

延びますのでウインドウコーティングしましたお車にはワイパーの交換をお薦めしております。

古いコーティングを落としてガラス表面をリセット! その後にウインドウ専用コーティング剤で

コーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がり!  こうやって見比べると水玉の丸さが違いますね(^_^)

そしてホンダ ステップワゴンスパーダのメンテナンス&ウインドウコーティングの完成です!

塗装面にはスクラッチやシミなど残っていますがお車全体の印象はサッパリと

綺麗になったと感じて頂けると思います。

写真より実車の方が違いがわかると思います(笑)

先ほども花粉のお話をしましたが、花粉が雨で濡れると斑模様になってしまいます。

これは斑模様になって美観が低下するだけではないんです。美観が低下するだけでしたら

花粉のシーズンが終わってから洗車すればいいだけなんですけど、塗装そのものを痛めてしまうので

花粉の時期はマメな洗車が必要になってきます。

夏になって気温が高くなると花粉シミは自然と無くなる事もありますが酷いとそのままシミに

なってしまう事もございます。 ですのでトラブル回避のためにも花粉時期はこまめな洗車が

お薦めです!  恐るべしペクチン!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ デミオに定期メンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ デミオのメンテナンスです!

ジェットブラックマイカのデミオです!

こちらのデミオは定期的にメンテナンスにお越し頂いております。前回のメンテナンスは

昨年の夏でしたので約半年ぶりのご対面です(^^ゞ

普段は駐車場に置いておくことが多く、しかも駐車場の近くに畑があるそうで風が強い日には

砂埃がお車を襲うようです(^▽^;)

しかもこの時期は花粉が・・・こちらのデミオは2月作業でしたが、この辺りから今シーズンの

花粉が舞いだした事もあってご入庫時はそれはそれは結構なお姿でございました(^^;)

砂埃&花粉それに雨の3つが重なれば何となく状態はご想像できると思います(汗)

果たしてご想像通りの汚れなのか、はたまたそれ以上なのか??

では早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

なかなかのホコリっぽさです(^^;) ボディカラーが黒ですので余計に目立ってしまいます。

ジェットブラックマイカのブラックが何処かへ行ってしまったようです(涙)

これではジェット斑模様マイカです(謎)

アフターです↓

黒くなりました(笑) コーティング施工から間もなく2年が経ちますのでシミなども

付いていますが洗車キズなどのスクラッチは少なめですね(*’▽’)

ボディサイドも・・・

斑模様になっています(^^;)

アフターです↓

汚れが付いているだけですのでキッチリとメンテナンスすれば艶々に復活します。

ボディサイドは目立つようなシミも無くとてもお綺麗です!

ルーフも・・

もちろん汚れています。ただよく見るとボンネットと汚れ方が違います。汚れの模様と言ったら

わかりやすいかも? こちらの方が綺麗に汚れていました(笑)

アフターです↓

サッパリとしましたよ(^_^)/

リア周りも・・・

斑模様です。

アフターです↓

ツヤッツヤです。

反対側は・・・

ガラスの下の窪みに汚れが溜まります。

アフターです↓

窪みや溝など細かな汚れも落としていきます。

そしてホイールは・・・

ブレーキダストの汚れと言うよりはボディ同様の汚れです。

アフターです↓

新車時にホイールコーティングもしていますので洗えばまだまだピカピカです(^^)/

そして今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介していきましょう。

今回はフロントウインドウの再施工のご依頼です。 弱まっている古いコーティングを除去して

一旦リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成です。

ウインドウコーティングはお車を使用しなくても紫外線の影響などで効果が弱まってきますので

定期的な施工をお薦めいたします。

そしてジェットブラックマイカのマツダ デミオ、ウインドウコーティング&メンテナンス完成です!

ジェットブラックマイカが戻ってきました! 斑模様ともサヨナラです。

もう“ジェット斑模様マイカ”とは言わせません。 私しか言っていませんが!!

汚れてはいましたが、それさえ落としてしまえば施工から間もなく2年経過の、しかも屋外駐車の

黒い車とは思えない程お綺麗ではないかと思います。

それもやはり定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果ではないかと思います。

ダーク系のカラーのお車はライトカラーのお車より早いスパンでのメンテナンスがお薦めです。

 

この時期は屋外駐車のお車には厳しい季節です。特に黒いお車はお手入れが大変です。

花粉は塗装に悪影響を及ぼします。見た目が斑模様になるだけではなく塗装面に侵食しシミだらけ、

になってしまいます。これからピークを迎える黄砂もやはり塗装面を痛めてしまいます。

ですので花粉や黄砂は放置せずに、この時期はこまめに洗車を心掛けてください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コバルトブルーのフリードモデューロXです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ フリードモデューロXのボディコーティングです!

こちらのコバルトブルーパールのフリードモデューロXは昨年の11月にご購入されましたお車です。

ご購入から3ヶ月程経過しておりますが納車時にコーティングはしなかったそうで、今回当店に

お越しくださいました。

ボディコーティングとウインドウコーティングそしてホイールコーティングも纏めて

ご依頼頂きました。 ありがとうございます。

新車とは言え3ヶ月経過しているダーク系のボディカラーですので小キズなどあるとは思いますが・・・

それ以外にもあるんです(^_^;)

では3ヶ月経過致しましたコバルトブルーパールのフリードモデューロXの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ちょっと汚れていてよくわからないですね。よ~く目を凝らして見ると線キズが結構確認できると

思います。

しかし目を凝らしていると疲れると思いますので洗車後に撮った写真がこちらです↓

これなら目が疲れないと思います(笑)

初めからコッチ写真出せよ!って話ですよね。 すいませんm(__)m

ボンネットも線キズ(洗車キズ)があるんですけどルーフはもっと・・・

多いんです。 しかし写真ですとそのキズの多さがあまり伝わりません(汗)

しかも・・・

この辺りは加修の跡がバッチリと残っています。 もちろんオーナー様は磨いていないとの事ですので

納車前に何処かのタイミングで磨いたのでしょう。 キズやシミなど付いている場合に納車前に

磨いて手直しなどするんですが、その磨きが十分でないのでこの様に磨きキズやモヤモヤとした

通称オーロラマークが付きます。

ボディサイドは・・・

少し曇り気味です。

リアゲートも・・・

写真が下手ですいません。こちらも若干曇り気味でした。

ホイールも少し汚れていました。

 

3ヶ月経過ですので洗車キズなど付いているのは想定内です。オーナー様に伺ったところ納車から数回しか

洗っていないとの事ですのでボンネットのキズの量は納得です。しかしルーフはボンネットに比べると

明らかに多いです。ルーフに加修跡があるので、たぶん何かを手直ししてその後に一生懸命ルーフを

洗ったのでしょうね(^_^;)

納車前に付いたキズやシミなどの手直しは全然珍しい事でもなく実はよくある事です。

ある意味手直しはしょうがないとは思いますが、問題はその手直し跡が付いている事です。

しっかりとした知識と技術がある作業者が磨けば綺麗に仕上がりますが実際のところは・・・

そうじゃない方が磨くことが多いんです(汗)

でも安心してください! キッチリと磨けば綺麗になりますから!!

では作業を始めていきましょう!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水している感じはします(笑) 撥水と言うより油分ではじいてる感じです(^^;)

そのなんとな~く油っぽいウインドウを綺麗にしていきます。

そして綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! これが本当の撥水の状態です(^_-)-☆

 

続きましてはボディです。

洗車した後に鉄粉の除去をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

ボディが青い事もあって分かりにくいですね。ただあまり反応はなくとても少ないんです。

ネンド掛けしてみても・・・

使用前のネンドです↑

そしてこちらが使用後のネンドです↓

ネンドがあまり汚れていません! 鉄粉が少ないので今回は軽めにおこないました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は納車から3ヶ月のまだ新しいお車ですが当店の新車プランは基本納車から1ヶ月以内のお車が

対象となります。 キズも少なければスタンダードプランでも可能ですが今回はその上の

エクストラプランでの磨きとなります。 エクストラプランはスタンダードプランより磨きの工程が

多くなり、よりシミやスクラッチが除去できる磨きとなります。

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤PCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリと!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

そして加修で付いた磨きキズも・・・

サッパリと除去できました!  これで本当の加修終了ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスカッとクリヤーです!

リアゲートだって・・・

綺麗になったんですけどちょっと写真がアレですね(^^;)

ホイールも・・・

コーティングして艶々です(*^_^*)

そしてコバルトブルーパールのフリードモデューロX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^。^)ノ

塗装面がクリヤーになった事で色に深みが出ましたね!

オーナー様も『やっぱり違うなぁ~。全然違うよ!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございます。

 

今回は納車から少し時間が経っていましたが新車でもシミやキズが入っていることも多いです。

また納車前にシミやキズなど不具合箇所を手直し、その加修跡が付いているお車も非常に多いんです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのではどちらが仕上がり具合がいいか?

もちろん下地作りをした方が仕上がりはいいです(^_^)/

新車でも塗装面の状態はそれぞれ違います。当店ではお車の状態に合わせた磨きを新車にも施しております!!

新車も経年車もコーティングは是非当店で!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。