マツダCX-5、2回目のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダCX-5のボディコーティングメンテナンスです!

こちらのCX-5はボディコーティングを施工後2年経過致しましたお車です。

1年ほど前にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回は2度目のメンテナンスに

なります!

普段は屋外駐車だそうですが2年ほど経過しているとは思えない程とてもお綺麗です!

ボディもそうですが新車時にフロントバンパーやフェンダーアーチなどの樹脂コーティングも

施工しましたが、↑の写真のようにまだまだ黒々としています(*^^*)

ここが白っぽく色褪せしていくとお車の印象がボヤッとしてしまうんですけど、こちらのCX-5は

まだまだキリッとしています(^_^)/

そんなCX-5ですが細かく観察していけば2年なりの痛みや汚れもあるのもまた事実です(^^;

という事で早速現状確認をしていきましょう!!

フロントバンパーにキズ!? 何か擦ったような痕跡です。

↑はルーフです。細かなシミなどございますがくすみもあまり無くとてもお綺麗です!

最近のマツダ車はリアウインドウのデザインが同じで、みんなここに汚れが溜まります。

リアウインドウ中央に雨水(汚れが)溜まって溜まって下にダァ~っと流れていきます(^▽^;)

ですのでエンブレムを貫くように雨筋が付きます。(笑)

給油口はちょっぴり汚れてました(^^)

ホイールはブレーキダストが軽く乗っかっていますが見た感じではしつこい焼き付きは少なそうです。たぶん(笑)

 

以上のように全体的に軽微な汚れ付きなどございますが、とても屋外で2年ほど過ごしたお車とは

思えない程全体的にコンディションは上々でございました(^_^)/

上々ではございますが更に上を目指してメンテナンス開始~!!

 

今回フロントウインドウの撥水コーティングの再施工もご依頼いただいておりますので、まずはそちらから

見ていきましょう。  ↓は現状です

こちらは前回のメンテナンス時にも再施工致しております。 ですので↑は施工1年後の撥水状態になります。

まだまだ撥水はしていますが撥水力の低下を感じるのも事実です。

撥水コーティングを落としてガラス表面をリセットします!

リセットされたガラスに水を掛けると綺麗な親水状態になります。 ↑なってます(笑)

そしてウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をおこない最後にチェックしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

再施工前もまだまだ撥水していると思いましたけど、こうやって見比べるとやっぱり全然違いますね(笑)

 

そしてお次はボディの鉄粉の付着確認です。

洗車後のいつもの様に専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉の付着状況を確認いたします。

紫色に反応していますのが鉄粉です↓

ボンネットも・・・

リアウインドウ周りも、やや鉄粉多めでした(^^;

そして鉄粉除去後に再チェックです↓

ボンネットも・・・

リア周りもサッパリとしました!!

鉄粉除去以外にも細部の洗浄など行っております。更にクリーナーなどを状態によって使い分けて

汚れを落としていき、最後にメンテナンス剤を塗って荒れたコーティング表面を整える事で撥水性と艶を

取り戻してあげます!

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

バンパーの擦り跡?ですが幸いキズと言うほど深くキズにはなっていませんでした。よかった~(*’▽’)

ルーフもより綺麗になってますよ~。

マツダ車の”例の場所”もサッパリと(笑)

給油口も気持ちよく仕上がっております!

最後にタイヤとホイールの艶出しを行いましたら・・・

マツダCX-5のボディコーティングメンテナンス完了です!

元々お綺麗でしたがメンテナンスを行うとやっぱり艶も光沢感も向上いたします!!

キリッとしていたCX-5に艶が加わりツヤキリッ!に仕上がりました!(笑)

オーナー様も『おぉ!すげ~ピカピカだぁ!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

メンテナンスはお車の汚れ(痛みが)進んでいない状態で行っていくのがお薦めです!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば綺麗な状態が維持しやすくなり、またその状態が長く続きます!

と言いますのもコーティングを行っていても汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。

普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に洗車を行なえば

固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。

そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが

長期に渡り美観を維持するポイントです!

皆様も今回のCX-5のように、綺麗なうちに!綺麗だからこそ!!メンテナンスをどうぞ~(^O^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

黒いヴェルファイアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ヴェルファイアのボディコーティングです!

いきなりピンボケ気味の写真からスタートですいませんm(__)m

ソリッドブラックのヴェルファイアです! そしてやはり大きいです(^^;

こちらのヴェルファイアは最近ご購入されたそうですが所々に小キズが入っていて気になる

との事でご相談に来られました。

確かに確認しますと所々・・・と言うよりも結構付いてます(汗)見れば見るほど、ココにも

アッチにも・・・

では早速ヴェルファイアの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

ボンネットは通常の雨ジミと洗車キズです。

ルーフもシミシミですね(^^; ミニバンの特に黒い車のルーフはこの様な感じが多いです。

そして↓がボディサイドの小キズです・・・

それ程、小キズではなくてかなりのキズです(笑) 実はオーナー様がお話しておりましたキズは

↓の赤丸の様な・・・

線キズの事だったんですがライトを当てて見ると・・・

たぶん前オーナー様がキズを消そうとコンパウンドか何かで擦ったんでしょうね(^^;)

あちこち擦りキズだらけでした(汗)

↑こんな感じで(;´∀`)

擦りキズはボディサイドだけで、リアは普通の洗車キズでした。

ホイールもボチボチ汚れてますね~。

 

全体的に先程お話いたしました線キズとそれを消そうしたと思われる擦りキズが多く

全てのキズを消すことは無理なんですけど、果たして何処まで線キズを消せるか!?

少し心配でもあり楽しみでもあります(笑)

ではヴェルファイア小キズ除去作戦開始~!!

 

と、ボディに行く前に・・・

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングからご紹介です!

こちらは↓現状です。

撥水が掛かっていた・・・そんな感じですね。 だいぶ撥水力が落ちています。

弱まった撥水剤を除去して・・・

ウインドウをリセットします! これ↑水が掛かっている状態です。綺麗になったウインドウは

水を弾かない親水状態になります。

ガラスが綺麗になりましたらウインド専用コーティング剤でコーティングして、最後に撥水確認を

しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

転がり落ちる水玉を見てるだけでも気持ちいいです(笑)

運転中は見ないでくださいね!危ないですから(;^ω^)

 

そしてボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますがボディが黒いので・・・

紫色は確認困難です。 お約束です!

その後にネンド掛けして鉄粉やらピッチやらタールやらを除去していきます。

ネンド掛け前のネンドです↑ 綺麗ですね!

そしてネンド掛け後のネンドです↓

鉄粉以外の汚れもありますが、それ程鉄粉は多くはありませんでした。

そしてマスキングをしまして・・・

ポリッシングの準備が出来ました!

しか~し!またもや痛恨のピンボケ写真です(^▽^;)  すいません。

カメラを変えてからピンボケが多くて・・・カメラがいけないのか?ただ単に使いこなしていないのか!!

答えはwebで! 使い慣れていないんです。そういう事にしておいてください。 すいませんm(__)m

言い訳が済みましたので(汗)話を進めていきましょう。

今回のポリッシングは消せる小キズは消していき、消せない程深く付いたキズは目立たなくなるように・・・

そのようなポリッシングでした。

そしてこちらのヴェルファイアに使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それでは各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

くすみが取れてスッキリとした塗装面になりました!

ルーフです。こちらもシミやくすみがだいぶサッパリとしましたが深いシミの輪郭は

残っています。

そしてボディサイドの小キズ&スクラッチですが・・・

こちらも除去できたキズと残ってしまったキズがございます。 でも普段は気が付かない程度には

なりましたよ(^^)/

こちらもスクラッチは無くなりましたが深い線キズは残ってしまいました。↑はライトを当てているので

目立ちますがこちらも普段はそれ程気にならないと思います。

リアは問題なし!(笑)

ホイールも本来の輝きを取り戻しました!(^^)!

そしてトヨタ ヴェルファイアのボディコーティング完成です!

艶々です!

オーナー様も『うゎ~すげ~!すげ~!!』『ピカピカだぁ』よ。とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

ダーク系のカラーのお車はお手入れが大変です(^^;)特に今回のヴェルファイアのようなソリッドブラックは

尚更です。 小キズが付きやすく目立ってしまうんですが、そのキズを除去する方法としてコンパウンドで

磨いてキズを消す事が可能です。しかしこれが難しくて今回のヴェルファイアのようにコンパウンドの

擦りキズが入ってしまい余計に事態が悪化してしまう事が多いです(^^; 特にソリッドブラックを

仕上げるには知識と経験が必要です。 小キズでお悩みでございましたら、まずはご相談ください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールのトヨタ ノア、ボディコーテイングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ノアのボディコーティングです!

ホワイトパールクリスタルシャインのこちらのノアは納車から約3週間ほどの新車でございます。

最初のご予定では納車して直ぐに当店にご入庫予定だったんですがオーナー様のお仕事のご都合で

少し伸びてしまったんですけど・・・十分にお綺麗です(^_^)/

納車から当店ご入庫の間に一度台風がやってきましたが・・・確かに台風が直撃しなかったとは言え

台風に遭遇したとは思えないほどお綺麗です(笑)

では台風経験済みの新車ノアの状態を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

よ~く見ますと汚れはございますがお綺麗です!パールホワイトという事もあって尚更目立ちません(笑)

塗装自体も新車によくある”塗装の曇り”も少なくて綺麗です。

若干の雨シミはございますがルーフもお綺麗ですね!

でもオーナー様も言われていたんですが何ヶ所かに・・・

保護シートの糊残りでしょうか?黒い汚れが確認できました。

でも正直、糊残り少ない方だと思います。凄いのは凄いです(笑)

ボディサイドも・・・

曇りも少なくお綺麗でした!

ホイールは少し汚れています。汚れているというよりも汚れが乗っかているっていう程度ですけど(^_^;)

 

ご覧いただきましたように台風を1度経験しているとは思えないほどお綺麗でございます。

一度洗車でもされたのかと思ってオーナー様に尋ねたんですが・・・『一度も洗ってませんよ』との

事でした(;´∀`) 素晴らしいです!!  新車のパールホワイト・・・施工前後も違いが写真ですと特に

わかりにくいのである意味ハードルが高いです(^▽^;)

しかしブツブツは言っていられません(笑) 張り切って参りましょ~!  作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です

ワイパーの払拭範囲内は油膜も無くお綺麗ですが範囲外は少々って感じですね。

油膜を落としていきます。

クリーニングが済みましたら再度水を掛けて確認します。

油分や古い撥水コートが残っていると水を弾いてしまいますが、バッチリと水弾きも無くなり

綺麗な親水状態になりました!

その後にウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして・・・

ウインドウコーティングは完成です!

ここ最近当店のございます小田原市は雨の日が続いてます。梅雨時期より降り続いている気がいたします(^^;

そんな時にこそウインドウコーティングです!視界確保の為にもウインドウコーティングはお薦めです。

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

新車ですけどやや多めですかね。でも新車でもこの位は付いているものです。

リアもポツポツと確認できます。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュッシュッとして再チェックです↓

スッキリとしました。

リアもいいですね!

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。今回は塗装面の曇りも少なくシミも軽いので、軽い磨きで塗装面を整えていきました。

そして綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

よりスッキリとしたボンネットになりましたよ~!

ルーフの軽い雨シミも無くなりサッパリとしました。

塗装の曇りは少なかったんですが磨くとやっぱり違います(^_^)/ ライトの映り込みがクッキリと

シャープに!

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングも行っております。ホイールコーティングは艶と光沢が一段と上がります。

そして何よりもホイールのお手入れが楽になる実用的なアイテムでもあります(^_-)-☆

ホイールもタイヤも艶々に仕上がりましたら・・・

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ノア、ボディコーテイング完成です!

いかがでございましょうか。新車のパールホワイトなんで写真ですとアレなんですけど(笑)

しかし引き取りに来られましたオーナー様は『おぉ~!ピカピカだぁ~』とお喜びになられておりました。

いゃ~違いを感じて頂けて良かった~(*^^*)

実は当初オーナー様はホイールコーティングを行うかどうかお悩みだったんですけど私の

『ホイールコーティングやるんでしたら新車の時がいいですよ~』のおすすめもあってか?(笑)

ホイールコーティングのご依頼も頂きました。そしてコーティングで光沢が上がり艶々になった

ホイールをみて『やっぱりホイールコーティングしてよかった~』とニコニコ笑顔で言って頂けました!

笑顔はやっぱり嬉しいです!ありがとうございました!!

 

お引き渡しの日は曇り空、今にも雨が降り出してきそうな空模様です。 しかも夜から雨の予報・・・

夕方にお引き渡しの予定だったんですが、オーナー様がお子様と遊んでいても空模様が気になって

落ち着かないと・・・(*^^*)

わかります!凄くよくわかります!! 実は私も同じ気持ちです(笑)  降るなよ~降るなよ~ って!

という事でオーナー様から1時間早く取りに行っていいですか?とお電話が。

オーナー様のナイス判断で無事雨が降る前にお帰りになられ車庫に入れる事が出来ました!  ・・・たぶん

ふっ 降られませんでしたよね??

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ エッセ2回目のコーティングメンテナンス!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ エッセのコーティングメンテナンスです!

こちらのエッセはボディコーティング施工1年半ほど経過致しましたお車です。

その間に1度メンテナンスにお越し頂いております!

毎日通勤で結構長い距離を走られるそうですので、頑張ってくれているエッセ君もボディが少しお疲れ気味です。

日頃の感謝を込めてメンテナンスでリフレッシュしていきましょう!!

 

そして今回も前回同様、各写真の中央のやや左斜め下辺りに黒くシミの様に影が写ってますがこれは

カメラ側の問題です(^_^;)

カメラのセンサー?レンズ?にホコリが付いているようです。 いゃ付いていたようです ← 過去形です。

お車がシルバーなんで余計に目立ってしまいますが気にしないでください(^▽^;)   暫く続きますけど(大汗)

 

では気を取り直して現状です!

まずはボンネットからどうぞ~。

1年半経過していますので・・・結構洗車キズが付いてますね(^^;

よく見ますとボンネット同様キズが付いてますがシルバーはシミやキズが目立たなくていいですね~(笑)

ボディ下部はわかりやすい汚れです(^^)

ホイールとタイヤも艶が無く疲れた感を助長させてます(笑)

 

全体的に艶もやや落ちてきている感じです。しかしコーティング施工から1年半&毎日の長距離通勤を

考えますと標準的な痛みの進行ではないかと思います。

 

今回はメンテナンスという事で基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいますが

コーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去し荒れたコーティング表面をケアし軽微なシミを落として

撥水性と艶を取り戻してあげます!

それとウインドウコーティングのご依頼を頂きましたのでウインドウコーティングの方もご紹介していきましょう!

まずは現状を確認です↓

何となく撥水が残っている感じです(^^;

そして弱まってしまった撥水コーティングを落として・・・

綺麗にリセット!

油膜や撥水コーティングが落ちましたガラス面に水を掛けますと・・・

水を弾かない親水状態になります↑

その後にウインド専用コーティング剤で撥水コーティングをして最後に水を掛けて撥水チェックをいたします。

コロコロに仕上がりました!

それとボディの方ですが鉄粉チェックをしたところ・・・

多めです(^▽^;)

リアも・・・

液剤で少し流れてしまいましたが多めでした。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを掛けて再チェックです↓

だいぶスッキリとしました!

リアも綺麗になりました。

それと鉄粉除去以外にも細部の洗浄などおこなっております。更にクリーナーなどを状態によって使い分けて

汚れを落としていきます。そして最後にメンテナンス剤を塗って仕上げてまいります!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズは残ってますが塗装面が綺麗になりました。

ルーフもスッキリ!

ボディ下部が一番違いがわかりやすいです(笑)

お疲れ気味でしたホイールとタイヤもビシッと引き締まりましたら・・・

ダイハツ エッセのボディコーティングメンテナンス完成です!

お疲れ気味でしたエッセ君でしたがメンテナンスでリフレッシュして元気な姿に復活しました!(^^)!

なんでしょうかね??メンテナンス前に比べますと若々しさが違うと言いますか??やる気が違うと言いますか??

健康的で体力余ってます!っ的な仕上がりになったと思います(笑)  今にも走り出しそうですね!

これで毎日の通勤も楽しくなること間違いなしですよ!      たぶん( ̄▽ ̄)

 

 

先ほどもお話いたしましたが当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや

線キズが残ってしまいます。余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、そろそろコーティングの

再施工をご検討の時期かと思います。

また、ポリッシングありのメンテナンスやボンネットやルーフだけなど気になる所だけのコーティングの

部分再施工(ポリッシングしてシミやキズの除去)なども承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

メルセデスベンツSL550のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツSL550のボディコーティングです!

こちらのSL550は昨年ウインドウコーティングで当店をご利用くださいましたお車です。

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。ありがとうございます。

シルバーですが少し濃~いシルバーと言いますか? 明るいシルバーと言うより重厚感が

漂うダークなシルバーでSL550にとても良く似合っていると思います。

 

早速確認していきたいところですが・・・今回、各写真の中央のやや左斜め下辺りに黒くシミの様に

影が写ってますがこれはカメラ側の問題です(ToT)/

カメラのセンサーだかレンズだかにホコリが付いているようです。

前にも一度同じような状態になったんですがいつの間にか無くなったと思ったら、最近復活してしまった

様です・・・しかし更なる悲劇がこのカメラに襲い掛かるんですが、それはまた”その時”にお話いたします(^^;)

 

それでは言い訳がご説明が終わったところで気を取り直して現状を確認していきましょう!!

まずはボンネットからです。

シミが確認できますが少ない方だと思います。ただスクラッチが少し気になります。

特にルーフには・・・

特大のシミが(>_<)  これは雨ジミではなくて鳥糞によるシミではないでしょうか??塗装も少し

浸食されている感じです。

↓はトランクです。

全体的に洗車キズと思われるスクラッチが付いているんですが↑のココだけ何かで擦ったんでしょうか?

結構深そうなキズが付いてます(^^;

ボディサイドはシミも少なくお綺麗です!

ホイールは・・・

若干ブレーキダストで汚れています。

ご覧いただきましたように全体的にはシミも少なくて艶もいい感じですが、よ~く観察しますと

洗車キズと思われるスクラッチがあり、所々何やら深そうな感じのキズも見受けられます状態でした。

ただシルバーという事でシミやキズは目立たず、お綺麗なんですが近くでよ~く見ちゃうと・・・(^^;

まだまだお綺麗な状態ではございますが近くでよ~く観察してもお綺麗な状態にしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓が現状です

前回ウインドウコーティングしてから1年以上経過しています。撥水はしていますがだいぶ弱まっていました。

↑はリアウインドウです。リアも弱まっていますね。 サイドウインドウはまだしっかりと撥水してました。

弱まったウインドウコーティングを除去していきます↓

下地が整いましたらウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

最後に撥水チェックをしましたら↓

ウインドウコーティングは完成です!

ウインドウコーティングの寿命はお車の保管状況や使用状況、さらにワイパーの作動頻度などによって

大きく異なってきますが、おおよそ半年~1年程でないかと思います。お客様の中には1年以上経過していても

まだまだ撥水が続いているお車もございます(*”▽”)

でも安全の為にも弱まったな~と感じた時が再施工のタイミングです!!  お早めにどうぞ~!!

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。そこそこ多め・・・かも?

リアも少し多いですね。

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを再チェックします↓

スッキリとしましたね!!

リアも綺麗になりました。

そしてマスキングをしていきます。

しました。

最初の写真より車高が上がっていると感じたアナタ! 鋭い!!

ボタン1つで車高がウィィィ~ンと上がります! 車高が高い方が作業しやすいのでこのまま(笑)

磨きは今回3工程で仕上げてまいりました(^_^)/

そして今回こちらのSL550に使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉コロコロの・・・

PCX-S8です!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミやスクラッチがスッキリとしました。 滑らかなベンツの塗装が更に滑らかになりました!

ルーフのシミはやはり一部浸食が進んでいて完全には除去できませんでしたが普段は気が付かない

レベルにはなったと思います。

トランクのキズも深いところは若干残ってしまいましたが、こちらも普段は気にならないと思います。

サイドもスッキリと!! 綺麗になればなる程カメラの黒いシミのような影が目立ちます(^▽^;) スイマセン。

最後にホイールとタイヤの艶出しをおこない・・・

メルセデスベンツSL550のボディコーティング完成いたしました!

光沢が上がって更に高級感と重厚感に磨きがかかりました!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだ!ピカピカだぁ!!』と言いながらお車を見られておりました!

ピカピカですよ~(^_-)-☆

 

SLは大人の雰囲気が漂っていて紳士&淑女のお車って雰囲気がしますね!もちろんこちらのオーナー様も

とても紳士的な方でSLがとてもお似合いでございました。

きっと私が運転していたら『似合わね~』で終わってしまうんでしょうね(^_^;)  無念!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

オデッセイアブソルートのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ オデッセイアブソルートのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのオデッセイアブソルートは今年の3月にボディコーティングを施工させて頂きました

お車です。 6ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。 ありがとうございます。

当店のお客様は比較的早めに、そしてマメにメンテナンスにお越し下さる方が多くて、皆様に共通して

いる事は、やはりお車が綺麗です(*^_^*)  そしてこちらのオデッセイも勿論お綺麗です。

が、しかし・・・よく見れば・・・

では半年経過のオデッセイの状態や如何に!! 早速確認していきましょう。

 

まずはボンネットからです。

汚れは少なくて、とてもお綺麗です! お綺麗ですがよく見ますと細かなシミが多数付いてます。

これは雨ジミではなさそうな感じです。

ルーフも同じく細かなシミがルーフ全体に付いてます。

ドアノブにも付いてます(汗) 何かは特定出来ませんがおそらくは油脂系の物だと思います。

これと同じものがボンネットやルーフのシミの原因だと思います。

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れてました。

 

全体的にはお手入れが良くされていて汚れの付着も少なくてお綺麗なんですが、先ほどの細かなシミが(汗)

この手のシミは意外と落とすのが困難な事が多いんです。特にメンテナンスですと限界はあるんですが

頑張っていってみましょう(^_^)/

 

今回はフロントウインドウの撥水コーティングも同時にご依頼いただきましたのでウインドウから

見ていきましょう。

まずは現状です↓

ワイパーの払拭範囲外は結構油膜でギラギラです(^^;

油膜を除去してウインドウを綺麗にしていきます。

その後、油膜残りチェックをして最後にウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

撥水チェックです↑  バッチリと水玉コロコロに仕上がりました(^_-)-☆

 

そしてお次はボディです。まずは鉄粉チェックです。いつもの様に洗車後に専用のクリーナーを

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少し色的に確認しにくいです目を凝らしてご覧ください(^▽^;)

よ~く見ますと黒っぽく点々と見えるのが鉄粉に反応している所です。でもよ~く見ないと分からないです(笑)

少な目でした(^_^)/

リアは・・・

こちらもよ~く見ますと確認できますが、こちらも少な目ですね!

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックです↓

綺麗になりました。 元々お綺麗でしたけど(^^;)

リアもいいですね~。

 

お車の状態は様々です。ですのでメンテナンス方法や使うケミカルなどもお車同様、様々です。お車の状態に

合った方法やケミカルを選んで作業していきます。 鉄粉除去以外にも細かなところの洗浄など色々な事を

行ってから最後にメンテナンス剤を塗布して艶と撥水を復元して塗装面を守ります!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。まずはボンネットからです!

細かなシミは完全除去はできませんでしたが表面がクリヤーになりました。

ルーフも落ちたシミと残ったシミがございますが、だいぶサッパリとしました。

ドアノブのシミは綺麗に落ちました!(^^)!

タイヤとホイールも艶々に仕上げましたら・・・

ホンダ オデッセイアブソルートのコーティングメンテナンス完成です!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時も艶があって綺麗だな~と思ってましたが、やはりメンテナンスを行いますと

光沢が更に上がって艶々になりモダンスティールメタリックがより輝いて見えますね!

そんなツヤピカながら風格すら漂わせるモダンスティールメタリックのオデッセイアブソルートの

コーティングメンテナンスでした!!

 

コーティングメンテンスは早め早めに行うのがお薦めです。と言いますのもコーティングを行っていても

汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが

固着してしまう前に洗車を行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも

落ちなくなってきます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに

落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ウィッシュのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ウィッシュのボディコーティングです!

こちらのウィッシュは2010年式で間もなく7年を迎えるお車です。

パールホワイトという事もあって塗装面の傷み具合が目立ちません(笑) ですのでパッと見た

感じですとお綺麗なんですが近くで見ますと、これがまた結構アレでして・・・(^^;)

アレと言われても皆様に伝わりませんので早速、具体的に現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットです。

くすんでいます(^^; 写真ですとわかりませんが洗車キズと思われるスクラッチがかなりハードに

付いていて艶も無いです。

↑はルーフです。こちらの写真の方がスクラッチがわかりやすいですね。でも正直実物を見た方が

遥かにパンチがあります(笑)

ボディサイドです。これまた↑の写真ですとわかりにくいんですが(すいません)ボンネットやルーフ程は

キズキズではありませんが・・・キズキズなんです(^_^;)

それとウインドウ周辺、特にフロントウインドウ周辺には・・・

コンパウンド(油膜落とし)が至る所に付いてました。オーナー様がご自分で油膜除去をした時に

付いてしまったようです。

ドアやリアハッチを開けると・・・

長年の汚れが溜まっていました。

そして長年の汚れは・・・

エンブレムにも確認できます。 どうしても時間の経過と共に汚れが溜まってきてしまいます。

タイヤとホイールはボディの痛み具合に比べますと汚れてはいますがお綺麗ですね。

普段マメにお手入れされているようで全体的に汚れの付着は少なくてお綺麗にされておりますが、7年間

洗車を頑張ってきた分、洗車キズ(洗車頑張ったキズ!)が多く、しかも結構キズが深い感じです(汗)

それとドアの内側やエンブレムやモールの隙間に汚れが溜まっており7年の歳月を感じます。それと同時に

オーナー様の愛車への愛も感じ取れます(*^_^*)  これからもウィッシュに気持ち良くお乗りできますように

名付けて 『ウィッシュ・・・あの頃の様に! 2017’秋』 作戦の開始です!!

まぁ9月の作業でしたが・・・9月は秋かっ?って話はさておき(^^;)  とにかく開始です!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 シュシュッ!

正直思っていたより少なかったです。事前にお車の保管場所が大きい道路のすぐ近くだと聞いてましたので

もっと凄い事になっていると思っていました。

リアも付いてはいますが予想より少なかったです。

オーナー様に『鉄粉は意外と少なかったですよ~』とお引き渡し時にお話しましたところ、オーナー様は

何度かご自分で鉄粉取りネンドを使って鉄粉除去をおこなってたんだそうです・・・ボディのキズの多さと深さの

原因がわかった瞬間でもありました(笑)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアもいい感じになりました(^^)/

その後に作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシング準備が出来ました! 今回はポリッシング3工程で仕上げていきました。

ポリッシングが終わりましたら脱脂をおこないコーティングをしていきます。

今回使用致しましたコーティング剤は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の・・・

低撥水タイプのPCX-S7でコーティングです!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! →  PCX-S7

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼も頂いておりますので、ウインドウコーティングも

ご紹介していきましょう!!

まずはウインドウの現状です↓

油膜が少ないですね!

油膜や弱まった撥水コーティングを除去してガラス表面を綺麗にします。

ガラス表面が綺麗になったかどうか??水を掛けてチェックです↓

バッチリですね!  この段階で水を弾いていたらアウトです。やり直しになります(笑)

ウインドウが綺麗になりましたらウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

最後に撥水チェックしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成です!

それではその他の仕上がり具合も確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリとしました! 曇りが無くなりライトの映り込みもキリッとしました!!

ルーフもキズがだいぶ無くなってサッパリとしました(^_^)/

サイドも綺麗になってますよ~。

ウインドウ周辺のコンパウンド残りも綺麗になりました。コンパウンド類が未塗装の樹脂パーツに付着した

時は直ぐに洗った方がいいです。時間が経てば経つほど落ちにくくなります。

ドアやリアハッチのヒンジ部も、もう7年の月日を感じさせません(^_-)-☆

エンブレムもね!

比較的お綺麗でしたホイールとタイヤも色艶が違います(*´▽`*)

そして『ウィッシュ・・・あの頃の様に! 2017’秋』作戦の終了です!!

いかがでございましょうか。 あの頃に戻ったでしょうか?? 不覚にもあの頃がどの頃なのか曖昧なまま

作戦開始してしまったのでアレですが・・・(^▽^;)  さすがに新車の頃の様にではありませんが、

5年くらい前には戻ったかな??(笑)  でも艶感は新車にも負けていないと思います!!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。 ありがとうございます。

 

こちらのウィッシュは外観からはノーマルに見えますが見えない所に補強パーツなどが装着されていて

オーナー様のこだわりを感じます。そしてマニアックさすら感じます(笑) 実は私も同じで見えない所を

弄っているのが好きです( ̄▽ ̄)  いっけんノーマルで実は良く見ると・・・みたいなのが好きです(笑)

しかし残念ながら私の今の車は、いっけんノーマル・・・実はよく見てもノーマルです(;´∀`)  残念!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

黒いエスティマのボディコーティングです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ エスティマのボディコーティングです!

H24年式のエスティマです! 5年経過しキズもだいぶ目立つようになってきたとの事です。

ソリッドブラックなんで余計にキズも目立ってしまいます。しかしオーナー様はマメにお手入れされていた

そうで↑のお写真の様にパッと見はお綺麗な感じはしますが・・・(^^;)

今回は作業内容(写真)が多いので早速現状を確認していきましょう(笑)!

 

まずはボンネットからです。

やはり5年相応のキズが目立ちます。

ルーフです。こちらも洗車頑張ったキズとシミが目立ちますね。

ドアです。ドアもなかなかハードなキズですね(^▽^;) 楽しい作業になりそうな予感です(笑)

ホイールは比較的ダスト汚れが少なくてお綺麗でした。

 

ご覧いただきましたようにボディ全体がややハードなキズにやられてます(ToT)/ ルーフはシミも多く

5年間の疲れが感じられます。こちらのエスティマに限った事ではありませんが、ルーフの高いミニバンは

普段目が届かない&手が届かない事もあってやはり皆様ルーフが痛んでいるお車が多いです。

逆にルーフが綺麗ですと『やるな!』と思わせられます(笑)

少しお疲れ気味のエスティマですがリフレッシュしてキリッと仕上げていきたいと思います!!

なかなかハードな作業になりそうですが、どこまでキリッとなるのか!? 私も楽しみです(笑)

では作業開始!!

 

今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いておりますので、まずはそちらから見ていきましょう!

まずは現状です↓

黄ばみはそれ程酷くはないんですがキズが凄いです(^^;)

だいぶ傷んでます。写真より実物の方が酷いかも(^^;)

反対側も・・・

キズがキズキズですがこっちの方が少し痛みが少ない感じでした。

少しキズが少ない感じです。 少しね(笑)

作業途中の写真が無いのでいきなり完成です!    すいません。

完全にキズは消せませんでしたが綺麗になりました。

中がよく見えます(*^^*)

反対側も・・

中がよく見えるようになりました。

白濁も無くなりスッキリとしました。

ライトクリーニングだけでもだいぶお車の雰囲気が若返ったんですけど作業はまだまだ続きます。

と言うより、始まったばかりです(笑)

続いてはウインドウコーティングです。

現状です↓

ワイパーの払拭範囲外は油膜が目立ちます。

油膜を落としてガラスもリフレッシュします!

↑が油膜が除去できた状態です。これは水が掛かった状態です。油膜が落ちた状態ですと

水を掛けると水が膜状に広がる親水状態になります。 ↑なってます!

その後ウインドウコーティングで撥水コーティングして最後に撥水チェックをします↓

チェックOKです(^o^)丿  ウインドウコーティングはこれで完成です!!

更に作業は進み今度はボディです!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認いたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 反応いたしますが・・・

ボディが黒いと確認しにくいです(^^;)

でも意外と、と言ったら失礼かもしれませんが・・・

5年の月日を考えますと意外と鉄粉少なかったです。  ← まぁ言っちゃってますけど(^^;)

そしてマスキングをおこない・・・

ポリッシングの準備が出来ました!

今回は痛みが進んでいるルーフとボンネットは4工程の磨き、その他は3工程で仕上げていきました。

そして磨きを終えましたボディには今回はこちらのコーティング剤で・・・

コーティングです! こちらのPCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズもサッパリとしました!

ルーフのシミもキズもだいぶスッキリとしました。

深いキズは残ってますがドアも綺麗になりましたよ~(*´▽`*)

写真撮り忘れましたがドアカップ(ドアノブ部)にキズ防止のプロテクションフィルムも貼りました!

↑の写真をよ~く見ますとドアノブの窪みに張ってあるのが何となく見えます(笑)

これでドアカップの爪による傷付きが低減します!

ホイールとタイヤも黒々と仕上げましたら・・・

トヨタ エスティマのボディコーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。黒い車はキズが多くなってきますと、そのキズに光が乱反射してしまい

白っぽく見えてしまいます。そのキズを磨いて除去(軽減)いたしますと光の乱反射が無くなり

黒が黒く!そしてお車が引き締まります!!

お引き取りに来られましたオーナー様からは『すげ~。ピカピカだぁ!』『お見事です!』とお褒めの

お言葉を頂きました。 ありがとうございますm(__)m

頑張ってよかった~(笑)

 

オーナー様は今回当店にコーティングを出すかディーラーに出すかお悩みのご様子でした。

お電話で何度か専門店とディーラーコーティングの違いをご説明させて頂きました。そしてご検討頂いた

結果、当店をお選びいただきました。 お選びいただいたからにはご期待以上を目指して頑張りました(笑)

もちろん当店にお越し頂きましたお車は常にご期待以上を目指して施工致しております(^^)/

皆様も当店にコーティングを出すかディーラーに出すか悩んだ時はお気軽にご相談ください!

もう、くどい!ってほど、ねっとりとご説明させていただきます( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ダークレッドマイカメタリックの新型ハリアーです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです!

納車間もないダークレッドマイカメタリックの新型ハリアーです!

マイナーチェンジで更にシャープで精悍な顔つきになって男前度がUPしました(^^)/

ハリアーはスパークリングブラックパールクリスタルシャインやブラックが多く、当店でも

何台か施工させて頂いておりますがダークレッドマイカメタリックのハリアーは当店初入庫です!

ダークレッドマイカはちょっと新鮮でいい感じです!!

そんな新鮮なハリアーの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

雨の日のご入庫でしたので濡れてます。  これだと少しわかりにくいですね(汗)

という事で洗車後に撮影したのがこちらです↓

新車ですので基本的にお綺麗ですが若干ですが雨ジミも付いてます。

ルーフは・・・

スクラッチが結構付いてますね(^^;

洗車後の写真の方がわかりやすいかな??↓

ルーフの広範囲に付いてました。おそらく納車仕上げ時でしょうね。

ボディサイドは曇り気味です。  濡れている写真ですいません・・・(^^;)

タイヤとホイールは汚れている訳ではないんですがメリハリが無いと言うか?元気が無いというか?

シャッキとした感じではないですね(^_^;)

 

全体的に新車ですので艶もあってピカピカなんですが先ほどのルーフのスクラッチやボンネットやルーフの

雨ジミなど幾つか気になる所もございました。

この辺りを解消して新車らしくパシッ!とした状態にしていきたいと思います!

それでは作業を開始していきましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!!

こちらはフロントウインドウの現状です↓

油膜も少ないですね!

しかしリアウインドウは・・・

やや油ギッシュでした(笑)  フロント以外はこんな感じです(^^;)

油膜を除去してガラス表面を綺麗にします。 話は少しそれますが最近は運転席と助手席のウインドウは

撥水加工がされているお車が増えてきましたね! こちらのハリアーも運転席と助手席は撥水ガラスです!

ちなみに純正の撥水ガラスも経年で撥水が弱まってきます。

油膜除去チェックです↑ 水弾きも無くなりました。

リアウインドウも・・・↓

水弾きが無くなりましたね!

ウインドウが綺麗になりましたらウインド専用コーティング剤PGS-33でコーティングして撥水処理します。

最後に撥水チェックしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

リアウインドウも・・・

コロッコロに仕上がりました(^^)/

 

お次はボディの番です。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をいたします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

ダークレッドですとわかりにくいですね(笑)  鉄粉は少なかったです。

鉄粉は少なかったので今回は軽めの鉄粉除去をおこない、その後に今度は・・・

マスキングします。 マスキングすると切れ長の目が、より協調されますね(笑)

そして磨いていきます。今回は新車ですのでなるベく軽い磨きでいきたいんですが、ルーフの

スクラッチは除去したいので、そこは少し多めに研磨してスクラッチを除去いたしました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! →  PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

雨ジミも無くなりサッパリとしました。

ルーフのスクラッチも除去できてます(^^)/

ボディサイドの曇りもスッキリとしました。

今回、ホイールコーティングのご依頼も頂いております。ホイールコーティングしますと光沢も

上がります!そしてお掃除も楽になります!! ホイールコーティングは新車時がおすすめですよ~(^o^)丿

タイヤも艶出しをして黒々としますとメリハリが出て足元がキリッと引き締まり健康的になります(笑)

そしてダークレッドマイカの新型ハリアー、ボディコーティング完成いたしました!!

光沢が上がり艶々ボディに仕上がりました(^_^)/  お車の印象もよりキリッと凛々しくなったと

思います。

オーナー様もご満足いただけたご様子で『おぉ~!』と言われながらお車を眺めておられました!

ありがとうございます。

 

私、個人的にこのワインレッドと言われるこの手のダークレッドが好きで今乗っているエクシーガと

その前のエスティマ、さらに以前に乗っていたR32スカイラインもこのダークレッドでした(*^^*)

この色を選ぶ度に周りからは『何故その色にした??』とよく言われたものです(笑)

いいんです。好きならそれでいいんです(笑)  お車はオーナー様が気に入った色を選べばそれでいいんです!

お車の色選びは悩みどころですよね。お手入れが楽な色や下取りがいい色などございますが、やはり1番は

オーナー様の好きな色が一番だと思います! 皆様も色選びに悩みましたら是非1番好きな色を(^o^)丿

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ プレマシーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ プレマシーのボディコーティングです!

納車当日にご入庫頂きましたピカピカの新車です(*´▽`*)

スノーフレイクホワイトパールマイカと言う雪の様に白いとても綺麗なパールホワイトです!

雪のように白いパールホワイトなんですが・・・

すいませんm(__)m上の写真ですと少し黄色っぽく見えますね(汗)

白い車を白く撮るのって結構難しいんです(^_^;)  照明の関係で黄色くなったり青っぽくなったり・・・

カメラやモニターの特性もあるんですけど・・・すいません。 いきなり話がそれましたが、無事に?言い訳も

済みましたので(大汗)早速プレマシーの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがボヤボヤ~としてますね。

ルーフはそれ程でもありません。

ボディサイドは結構な曇り具合でした(^^;)

納車後ほぼ走ってないのでホイールもお綺麗です(^_^)/

 

ご覧いただきましたように納車当日にご入庫くださいましたのでボディはとてもお綺麗です!全体的に

塗装面に曇りが確認できます。特にボディサイドは先ほどの写真の様にボヤ~と雲っていました。この曇りを

磨いてスッキリとした塗装肌に仕上げていきたいと思います!

では作業はじめ~!!

今回はボディコーティング以外にも盛沢山のご依頼を頂いております。ありがとうございます。

と言うことで、まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

こちらが↓現状です

↑これは水が掛かっている状態です。 油膜の付着も少なくていいですね~。 しかしリアは・・・

結構油膜が付いてます。フロントとリアで何故こんなに違うのでしょう??謎です(笑)

もちろん綺麗なフロントウインドウも下地作りはキッチリと行います!

油膜が落ちて綺麗になりました↑ あっ!これ水が掛かってる状態ですよ~。ガラスは油分や汚れが無くなると

水を弾かなくなります。その状態がガラス表面が綺麗な状態の証拠です!!

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でウインドウコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成しました!  コロコロに水を弾きます!(^^)!

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できます。 新車でもこの位は付いているものです。中にはちょっとビックリするくらい鉄粉が

付いている新車もございます(^^;)

リアもポツポツです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね~!

リアもいいね!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は軽めの磨きで塗装表面のボヤボヤっとした曇りを除去しスッキリとした塗装肌に

していきました!

そのスッキリとした塗装面には今回はこちらコーティング剤・・・

PCX-S8でコーティングです!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤になります!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 →  PCX-S8

人気の水玉撥水です(^_-)

それと未塗装樹脂部の樹脂コーティングのご依頼いただいております。プレマシーはリアバンパーが

未塗装部の割合が結構多いんですよね~。と言うことで・・・

コーティングです! 黒の深みが増して艶々になります。

フロントグリルやフォグランプベゼルなどもコーティング!!

それとヘッドライトもコーティングをして新車時より経年劣化防止に努めます(^_-)-☆

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。まずはボンネットからです。

写真ですとわかりにくいんですけどシャキッとしましたよ~。

ルーフも元々お綺麗でしたがよりスッキリとしました。

ボヤ~が解消しました。 曇りが一番酷かったボディサイドがやはり一番違いがわかりやすいと思います(笑)

ホイールもコーティングしましたので、よりツヤピカです。ホイールのお掃除が楽ですよ(^_^)/

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーのボディコーティングとその他沢山の

施工が完成いたしました!

ボディの白と樹脂の黒がメリハリが出てキリッとした印象に仕上がってるんですけど・・・

写真の色合いが悪くてすいませんm(__)m

でもオーナー様も一目で『引き締まりましたね~!』とおっしゃっていられましたので間違いないです!!

新車で元々おきれいでございましたが磨きで曇りを除去しましたので、よりクリヤー感が出て光沢も

上がってます。また先ほどもお話ししましたように樹脂コーティングで黒がより黒くなり、その黒が

白いボディを引き締めていてコーティング前よりスッキリと、そしてキリッといたしました(^o^)丿

 

はじめに言い訳いたしましたように(^▽^;) 白い車を写真に撮るのって難しいんです(汗)

特に当店はガラスの面積が大きくて太陽の位置によって日の当たり方が変わってしまい、それだけで

写真の色合いが変わってきてしまいます(;”∀”) 晴れの日と雨の日でも全然違ってきてしまいます。

もちろん色合いはカメラの特性もありますけど・・・それよりもやっぱり腕ですかね??

ちなみにカメラはコンデジなんですけど・・・コンデジも奥が深いですね(^_^;)

白い車を白く撮れるように写真も頑張りま~す(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。