スチールシルバーメタリックのジムニー、メンテナンスです!

 

新年明けましておめでとうございます。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、今年もカービューティープロ カラーズを宜しくお願い致します。

今年もブログ頑張って書いていきますので引き続きお付き合い頂けると幸いです。

頑張って書くと言いながらも今年も既にブログ掲載1ヶ月遅れからのスタートです!

もう何年同じことを繰り返している事でしょう(^_^;)

たかが1ヶ月されど1ヶ月なんですが、私の場合その“されど”の壁が非常に高いんです(^▽^;)

自分で言うのもアレですが今年の12月の末にはどれ位まで遅れている取り戻しているか今から楽しみです(笑)

では今年も頑張っていきましょう!

 

では初めのお車をご紹介致しましょう!栄えある2019年一発目のご紹介は・・・

スズキ ジムニーのメンテナンスです!

昨年の6月にボディコーティングをさせて頂きましたスチールシルバーメタリックのジムニーです。

6ヶ月経過で1回目のメンテナンスにお越しくださいました。

普段はあまり乗らず&屋根有の駐車場との事で6ヶ月経過していますが撥水もピンピンに

効いていてコンディションは良かったです。

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽い雨ジミはありますが洗車キズなどのスクラッチは少ないです。

アフターです↓

軽い雨ジミが落ちてよりスッキリと気持ちいいです!

ルーフは・・・

こちらも軽く汚れています。

アフターです↓

ルーフもクリヤーになりました。

それとリアランプ下などは・・・

汚れが溜まりやすく、掃除しずらい場所でもあります。

アフターです↓

洗車時に“隙間”も綺麗にすると仕上がり感が一段と上がりますのでお試しください(^^)/

隙間以外も水平面は・・・

汚れがどうしても溜まりやすいです。

アフターです↓

コーティングが効いていますので洗車程度でも簡単に綺麗になります!

メンテナンスだと更に綺麗になります(笑)

それと鉄粉の付着状況の報告です。

黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応しました鉄粉です↓

意外と多めでした(^^;) 鉄粉の付着量はお車の使用頻度より周りの環境によって左右される事が

多いです。

↓は鉄粉除去後の再チェックです。

メンテナンス時の鉄粉除去は無理して除去すると塗装面にスクラッチが入ってしまいますので

基本的には軽く行います。 ですのでコーティング前に行う鉄粉除去程は除去できません。

と言いますか、しません!

鉄粉処理以外にも先ほどの“隙間”などの細部の洗浄なども行い、色々なケミカルを数種類使って

通常のシャンプーでは落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

メンテナンス方法や使うケミカルなどはお車の状態に合った物を考え、そして選んで作業しております。

 

↓はホイールです。

ホイールはブレーキダストの汚れと言うよりも雨の中の走行による汚れがメインという

軽めの汚れでした。

アフターです↓

ピカピカです(^^)/

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

まだ撥水していますが再施工のご依頼です。

ウインドウコーティングをご紹介する時にあまりお話していませんがウインドウも磨く前に

ネンドを使ってガラス表面の汚れを除去しています。

もちろん今回もネンド掛けしています。したんですけど・・・

予想以上に汚れが取れたので写真撮りました(笑)

フロント1面でこれだけ汚れが取れました。もちろん普通に洗車した後にネンド掛けしたのですが

洗車では落ちなかった汚れがこれだけあるって事です。やはりウインドウコーティングも下地作りが

大切です!

アフターです↑  水玉コロコロで気持ちいいです!

それとヘッドライト劣化防止の為にヘッドライトコーティングも施工しております。

ヘッドライトコーティングは定期的な施工がおすすめです。

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニー、メンテナンス完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!  元々お綺麗でしたが一段と綺麗になっていますよ~(^^)/

艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーもキッチリとメンテナンスしますと

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。 ありがとうございました。

 

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、どうしても

弱まってきます(;´∀`)

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが

実は違うんです。  誤解なんです(;”∀”)  撥水が無くなってもコーティング被膜は残っています。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

なので撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダ フリードのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダフリードのボディコーティングです!

最近ホンダ車のご紹介が多いですね! 今回もホンダ車です(*^_^*)

不思議と同じメーカーの車が偏る傾向なんです(笑) 一時期はマツダ車が多い時期もありましたし

輸入車が多くご入庫される月もございます。 同じ車種が続くこともあったりと不思議です(^_^)

そして今回のホンダ車ですがホワイトオーキッド・パールの新車のフリードです!

そんな納車からまだ間もない新車フリードの現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みが少しボヤッとボケています。

ルーフも・・・

写真ですとちょっとわかりませんがボンネットと同じ様に若干曇り気味でした。

ボディサイドは・・・

これまた少し曇り気味でした(^_^;)

リアゲートも・・・

ボディサイド程ではありませんがボヤッとしたライトの映り込みです。

ホイールはお綺麗でした!

 

ご覧頂きました様に全体的に塗装表面が曇り気味でクリヤー感が損なわれています。

前回のブログでもお話いたしましたがホンダ車は新車でも曇り気味のお車が多いです。(車種にもよります)

曇っているとせっかくの綺麗なホワイトオーキッド・パールの魅力を存分に発揮いたしません!

新車も磨けば更に綺麗に!そして気持ち良くなります(*’▽’)

と言う事で更に綺麗に!そして気持ち良くしていきましょう! 作業開始~!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

ボディ同様、ウインドウも新車時(納車時)が一番綺麗という訳ではございません。

中には雨ジミが付いていたり油膜だらけの車もあるんですよ(^^;)

今回のフリードは少しばかり油膜っぽさがあって・・・標準的ですね(笑)

油膜があっても無くても一旦リセットしますのでご安心ください!

今回のフリードも運転席と助手席は撥水ガラスでしたので、それ以外のウインドウを

コーティングします。

コーティングが終わり最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

ウインドウコーティングは今の時期にも実は大変有効なアイテムなんです。

霜や雪・氷が付きにくく、また付いても取り易くなりますので冬にもウインドウコーティングは

おすすめです(^_^)/

 

そして次はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

ポチポチと黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

新車でもこの程度は付いているものです(^_^;)

リアは・・・

とても少なくお綺麗でした!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアは・・・

元々おきれいでしたけど(笑)

 

鉄粉除去が終わりましたらマスキングをします。

今回の磨きは新車ですので軽めの磨きですが、磨き過ぎず、しかし曇りを除去して・・・の塩梅が

少し難しい磨きでした(笑)

そして曇りが取れてスッキリとした塗装肌にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです。  こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が

特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてクリヤーになりました(^^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです。

ボディサイドは・・・

こちらも気持ち良く仕上がりました。

リアも・・・

綺麗ですよ~。

ホイールもタイヤも艶出しで仕上げましたら・・・

ホワイトオーキッド・パールのホンダ フリード、新車コーティング完成です!

元々お綺麗な新車の、それも施工前後の違いが分かりにくいパールホワイトなんで

引きの写真ですと施工前後の違いが分かりにくいですね(^▽^;)

ブログ泣かせの新車&パールホワイトですが、各部の仕上がりの写真を見て頂けると

違いがわかって頂けると思います。 そう願っています(笑)

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ~』とお喜びになられているご様子でした。

 

新車は綺麗で納車直後が最高の状態だと思ってはいませんか??

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車は本当に多く、

また鉄粉の付着が多い車も御座います。それはボディだけではなくウインドウも一緒です(^^;)

ボディもウインドウも下地作りが大切です!

なのに・・・ディーラーらGSなどの新車コーティングは下地作りをしないでコーティング剤を

塗っておしまい!って所が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダS660ご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダS660のボディコーティングです!

プレミアムスターホワイトパールのS660です!

新車でご購入されてから3年と少々経過されたお車です。ご購入時にディーラーでコーティングを

施工されたそうですが、3年経過したこの機会にリフレッシュしたいとの事でご来店くださいました。

見るからにやる気満々のS660ですけど実際、色々な所に走りに行っているそうです。いいですね~(*‘∀‘)

それではそのやる気満々のS660の現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

3年経過と考えますと洗車キズも少なかったです。シミもとても少ないです!

普段はボディカバーを使用しているとの事でしたので、シミが少ないのはカバーを使用しているから

だと思います(^_^)/ 素晴らしい!!

しかし塗装面は曇り気味です(^^;) これはおそらく新車時からの曇りだと思います。

↓はリアカウルです。

よ~く見ますと↑のような線キズが確認できますが、とても少ないです。

それよりも曇りが気になります(笑)

ボディサイドは・・・

こちらもボヤッと曇っていました(^^;)

ホイールは・・・

ややブレーキダストで汚れ気味で艶が引けていました。

 

全体的に先ほどもお話しいたしました様にシミも洗車キズもとても少なくて3年経過とは

思えない程のコンディションでございます。しかし、全体的に塗装表面がボヤッ~と

曇っていて透明感があまり感じられませんでした。前回のブログでもお話いたしましたけど

ホンダ車の特に軽自動車は曇り気味です。更にモデルチェンジ直後や新型のモデルの最初期モデルは

曇りが酷い傾向です(^_^;)  こちらのS660はご購入時ディーラーでコーティングしたとの事ですが

この曇り具合ですと、やはり磨き無しでコーティングだけしたと思われます。

3年経過していますが磨けば3年前の新車時よりクリヤーな塗装肌になると思います。 いゃ、します(笑)

ではクリヤーにしていきましょう(^_^)/ 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です

まだまだ綺麗に撥水していました(*^_^*)

しかし情け容赦なく(笑)・・・

磨きます。睨まれているような視線を感じますが(笑) 気にせず磨いてガラス表面をリセットします(^_^)/

話は突然変わりますけど↑の写真のドアミラー何かに似ていると思いませんか??

ほら!アレですよ! そうそれです(笑)

似てる(笑)  作業してたら、もうモンスターボールにしかみえませんでしたよ(笑)

オーナー様に偶然なのか意識していたのか?聞いてみようと思っていたのに、

すっかり忘れてしまいました(^_^;) 残念!

 

話を戻しまして・・・磨きが終わりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

お次はボディです。

洗車後の鉄粉の付着状況を確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

ブラボー!!  とっても少ないデ~スヽ(^。^)ノ

リアも・・・

少ないですね!

鉄粉が少ないのも、おそらくボディカバーを使用しているからだと思います。

凄いぜぇボディカバー!!

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュと吹きかけて再チェックしますが・・・

なんという事でしょう!?

ボンネットの写真を撮るのを忘れていました。すいませんm(__)m

しかしリアの写真はありました(^^;)  こちらです↓

元々お綺麗でしたけど更に綺麗になっています!

その後マスキングをおこなって・・・

磨いていきました。今回の磨きは塗装面の曇りはございましたがシミやスクラッチが少なかったので

2工程の磨きで仕上げていきました。 1工程目でシミや曇りを除去して2工程目の磨きで

艶を出して仕上げる、今回はその様な磨き内容です。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回も・・・

水玉撥水でお馴染みの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと今回はソフトトップのコーティングのご依頼も頂きましたので、

ソフトトップをよ~く洗った後に・・・

コーティングしました。  ソフトトップのコーティングはPCX-S8ではなくてソフトトップ専用の

コーティング剤です!

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボヤッとしていたライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(*’▽’)

リアカウルのキズも・・・

スッキリと除去できました。 そしてライトの映り込みもこれまたスッキリです!

ボディサイドも・・・

曇りがなくなつて気持ちいいデ~スヽ(^。^)ノ

ややくすんで艶も引けていたホイールも・・・

綺麗なブルーに復活しました。

そしてプレミアムスターホワイトパールのホンダS660ボディコーティング完成しました!

いかがでしょうか。 透明感と艶は新車以上だと思います(^_-)-☆

曇りを除去するとクリヤーさが増し、透明感あるホワイトになります。言葉ですと上手く伝わりませんが

実際に見て頂くと違いがわかって頂けると思います。  上手く言えませんが綺麗な白になります(笑)

オーナー様も『うわぁ~すげ~ピカピカ!』と言って頂けたので間違いありません(笑)

皆様も是非ご自分の目で見て確かめてみて下さい(^^)/  お待ちしております!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

グラマラスブロンズのN-BOXカスタムのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ新型N-BOXのボディコーティングです!

プレミアムグラマラスブロンズ・パールの納車ホヤホヤの新車です!

こちらのオーナー様は以前マツダ デミオで当店をご利用下さっていたのですが今回N-BOXに

お乗り換えしたとの事で今回も当店をご利用下さいました。 ありがとうございます。

以前のデミオはパールホワイトでしたが今回はプレミアムなカラーをお選びになられました。

プレミアムでグラマラスなブロンズでしかもパールが入っています(笑) とてもいいカラーですね(^_^)/

このカラーをお選びになられたからなのか??納車まで3ヶ月くらい待ったとの事でした。

でも待った甲斐がある、いい色です。

そんなプレミアムでグラマラスなブロンズですが、よ~く観察しますとやはりホンダ車らしく・・・

モヤモヤに曇っています。  ライトの映り込みがモヤッ~としているのが確認できると思います。

ルーフも・・・

モヤモヤ~と言いますかボヤボヤ~っと言いますか(^^;) 合わせ言うとモヤボヤ~ですね!

合わせて言う必要もないんですけど( ̄▽ ̄)

ボディサイドは更に・・・

モヤボヤ~です(笑)  ある意味とてもホンダ車っぽいと言えなくもありませんが、

ちょっと酷いですね(汗)

リアゲートも・・・

同じような感じです(;´∀`)

ホイールは・・・

まだあまり走っていないのでお綺麗でした。

 

全体的に見まして曇りが少し酷いですね(^_^;) せっかくのプレミアムでグラマラスなブロンズが

これではもったいないです。本当の輝きはこんなもんではないはずです!!

何度かブログでも書いておりますがホンダ車、特に軽自動車は曇り気味の個体が多いんです。

しかもかなり多いんです(^_^;) 生産ロットの違いもあるのでしょうか??同じ色でもそれ程曇りが

酷く無かったり酷かったり・・・

バラツキは他のメーカーの車でもございます。しかしあるメーカーは曇りも少なく、バラツキも少なかったり

またあるメーカーは曇りも比較的多めでバラツキの幅も多いなど塗装にも品質の違いが現れます。

なかなかマニアな話ですが(笑)

しかし安心してください!磨けば綺麗になります!!

では早速新車磨き&コーティングの開始です(^_^)/

 

っとその前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です

フロントウインドウは油膜も無くお綺麗でしたがリアウインドウは・・・

少し油ギッシュでした。

運転席と助手席のウインドウは元々撥水ウインドウでしたので今回はそのままです。

それ以外のウインドウを磨いてガラス表面を綺麗にして、その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理し、

最後にチェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です

リアも・・・

コロコロに弾いています。  コロコロ過ぎて写真撮るの難しいんです(笑)

直ぐ水玉が転がり落ちちゃうので(^▽^;)

 

続いてはボディです。

洗車後に何時ものように鉄粉の付着確認を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的にわかりにくいのと、鉄粉自体が少なかったので写真だと確認困難です(笑)

リアも・・・

少なかったです。

新車でも鉄粉が多く付着しているお車もございますが今回のN-BOXは少なかったです。

という事で鉄粉除去は軽めに行ってマスキングへと・・・

進みました。

今回の新車磨きは塗装面の曇りが酷いので、やや強めの磨きで曇りを除去していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回は・・・

水玉撥水が気持ちいい当店の人気者の・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしましたね~(*^^*)

ルーフも・・・

クリヤーです。

モヤモヤ~と言いますかボヤボヤ~っと言いますか??合わせ言うとモヤボヤ~としていた

ボディサイドは・・・

サッパリとしました!

リアも・・・

ライトの輪郭がシャープに見えるようになりました。

ホイールとタイヤも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

プレミアムグラマラスブロンズ・パールのホンダ 新型N-BOXカスタムの新車コーティング完成いたしました。

プレミアムでグラマラスなブロンズパールに仕上がりました!

施工前はお車全体的が白っぽくモヤっとしておりましたがコーティング後は白いモヤも取れて

クリヤーで深みあるブロンズになりました。

お車の印象もスッキリとシャープになったと思います(*^_^*)

以前のデミオはお引き渡し時、お店から出した途端に大雨が降ってきましたが今回は・・・

大丈夫でした(*^_^*)  よかったよかった(笑)

 

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは

塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車を新車以上に仕上げるにはコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

例えば、例えばですよ・・・

カービューティープロ カラーズとかはいかがでしょうか??  ( ̄▽ ̄) 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レヴォーグのウインドウとBMWのバンパー磨きをご紹介です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル レヴォーグとBMW3ツーリングの2台をご紹介致します。

まずはレヴォーグからご紹介していきましょう!

レヴォーグはウインドウコーティングのご依頼です。

ウインドウのシミが酷くてお困りとの事で当店にご相談に来られました。

こちらのレヴォーグはまだ比較的新しいお車でウインドウコーティングも掛かっているそうですが

既にシミが多く付いていて、同じようなシミがボディにも付いているとの事です。

確認してい見ますと・・・

フロントはまだまだ撥水していてシミもそれ程酷くはありません。

しかしリアウインドウは・・・

こうやって見ますとシミはわかりませんが水滴を拭き上げると・・・

この様にシミが浮かび上がってきます。

これは雨ジミではなくて油の付着によるシミです。

オーナー様にお話を伺ったら何となく原因と思われるところに辿り着きましたが

それは後ほど(笑)

と言う事で作業です↓

ウインドウを磨いて油分やコーティングを除去していきます。

磨き後です↑ 撥水が無くなって親水の状態です。(水が掛かっています)

綺麗なガラス面は水を掛けると弾かずに↑のように水が膜状に広がります。

もし撥水剤も掛けていないのに水を弾いているようでしたら、それは油膜によるものです(^_^;)

お気を付けください。

シミシミのリアウインドウも綺麗な親水状態になりました。

その後ウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして最後に撥水確認します。

気持ち良く撥水していますね(^_-)-☆

リアウインドウも・・・

完成いたしました!

先ほどお話いたしました油の原因ですけど、お車を駐車している場所から数メートル離れた

所の家(よその家)の換気扇がこちらを向いているそうです(^_^;)

なぜリアウインドウの方が酷いのかというと、リアが換気扇の方を向いているからだと思います。

少し前のブログでシミだらけになってしまったハリアーのメンテナンスをご紹介致しましたが

それの原因も家の換気扇かと思われます。

この時はお車のすぐ後ろに換気扇があったので直撃でしたが今回のレヴォーグは5m位離れている

との事ですが、5m位だと風に乗って飛んでくると思います。

対策はボディーカバーを掛けるか駐車場を変えるかになってしまうと思います。

月極の駐車場でしたら駐車場を変える事も出来ますが、これが自宅の駐車場だとなかなか難しいですね。

普段、換気扇の場所まで考えて駐車する事も無いと思いますが、意外と盲点ですのでお気を付けください。

 

続いてはBMW3ツーリングです。 少し前の作業なんですけど・・・

しかもいきなりピンボケ気味の写真ですいませんm(__)m

こちらのご依頼は・・・

バンパーをぶつけてしまいキズが付いてしまった・・・磨きで目立たなく出来ますか??

との事でご相談に来られました。  できますよ~(^^)/

少しわかりにくいんですけど擦れた跡と塗装?が少々付いていました。

若干押しつぶされているの&塗装が掛けている所もあるので完璧に直すことは

出来ませんが磨けば、だいぶ目立たなくなります!

と言う事でアフターです↓

さすがに“折れ線やら細かなクラック”はどうにもなりませんが、かなり目立たなくなったと思います。

別角度からだと・・・

こんな感じになりました。    もちろんコーティングして仕上げています!

パッと見だとあまり気にならない位にはなったでしょうかね??

オーナー様も“これ位ならあまり気にならなくていいかな!”とお喜びになられておりました(^^ゞ

完璧に直すのならやはりバンパー交換になってしまいますが、比較的軽い擦り傷などでしたら

磨きでも直る&キズを目立たなくする事も出来ますので、交換する前に是非一度ご相談ください!

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ アルファードにコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです!

ホワイトパールクリスタルシャインの新車のアルファードです!

ただでさえ大迫力のフロントマスクですけどスポイラーが付いているので更に迫力ある

アルファードになっています!

迫力あるのはフロントフェイスだけではなく店内に入れると・・・デカくて迫力満点です(笑)

外で見ても大きいんですけど店内に入れるとより大きく感じます(^^;

そして実際、作業してみても大きいです(笑)

そんな大迫力の新車アルファードの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗です! ボンネットは曇りもほぼ気にならないくらいお綺麗でございました。

ルーフも・・・

綺麗ですね。流石トヨタです。塗装のクオリティも高いです!

ボディサイドは・・・

こちらは若干ですがライトの映り込みがボヤッとしていました。

リアゲート・・・

こちらも若干ですが曇りが感じられます。

それとリアのバンパーには・・・

青い塗装でしょうか??  リアのアンダースポイラーを装着する時のマーキングの残りでしょうか??

何かはわかりませんが青い何かが付いていました(^^;)

納車してからほとんど乗っていないとの事でホイールもピカピカでした!

 

ご覧頂きました様に塗装面の曇りも少なくて綺麗な塗装肌でした。メーカーによって塗装の品質にも

差があります。それも結構差があるんです(^^;)

塗装表面の曇り具合や塗装自体の品質、また異物の混入(ゴミやホコリ)の有無や量など・・・

よくよく観察すると色々と品質の違いが見えるものです。

トヨタはこの辺りも全般的にクオリティ高いです!

話がそれましたが早速アルファードの新車コーティングを開始していきましょう!

作業はじめ~。

 

ボディの前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。これでも水が掛かっています。油膜も無く綺麗ですね!

しかしサイドウインドウはまちまちの状態です↓

ちょっとわかりにくいんですけどピラーから前のウインドウ(2列目)は油膜も無く綺麗に親水状態ですが

ピラーから後ろ(3列目)のサイドウインドウは油分で水を弾いています。

実は運転席側も同じでした。ちなみにリアウインドウも水を弾いていました(笑)

同じ車なのに何でこうも違いが出るんでしょうかね??  ウインドウの製造上の何か??ロット違い??

何なんでしょうね?? 不思議です(*´ω`*)

まぁどちらにしろ磨くので問題はないんですけど(笑)

綺麗なウインドウもより綺麗に下地を整えます。

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着状況を確認いたします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

これまた非常に少なかったです!  素晴らしい!! 新車でもこんなに少ないのは珍しいです。

リアも・・・

お綺麗でございました!

と言う事で今回の鉄粉処理は極々軽く行いました。

そしてマスキングをして磨きの準備をいたします。

またしても写真がピンボケですね。すいませんm(__)m

今回の磨きは基本的に綺麗な塗装肌でしたので軽い磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

人気の水玉撥水です。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なくお綺麗でしたが、施工後はよりスカッとクリヤーな肌に仕上がっております。

ルーフも・・・

綺麗ですね!

若干曇り気味でしたボディサイドは・・・

スッキリとした透明感になっています。

リアゲートも・・・

スッキリです。

それとリアバンパーに付いていた例の青いアレも・・・

落ちました。 しかも簡単に(笑) なんだったのでしょう??

そして最後に・・・

綺麗だったタイヤとホイールも艶出しで仕上げましたら・・・

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、新車コーティング完成です!

元々とてもお綺麗なアルファードでしたが更に艶やかで透明感を感じて頂ける

ホワイトパールクリスタルシャインに仕上がったと思います(^_-)-☆

オーナー様『すげ~綺麗!』とお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

アルファード&ヴェルファイアは大迫力の強面のフロントフェイスですが車内は広くて優しい快適な

空間です(*^。^*) 一度この車に乗ってしまったらもうどんな車も狭く感じてしまいます(笑)

それくらい広くて快適です。最近では国内だけではなく海外でも人気があるようですね!

そんな世界で人気者のトヨタ アルファード、新車コーティングのご紹介でした!!

 

今回のアルファードはとてもお綺麗な塗装でしたが、新車でも新車特有の曇りが酷い車やシミや

キズが入っている車、また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。と言いますか何かしらの

不具合箇所がある新車の方が多いと私は感じています(^_^;)

しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーやGSのコーティングが

多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

フィアット500にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500のボディコーティングです!

H22年式のこちらのフィアット500は最近ご購入されたお車です。

シミが酷くてとご相談に来られました。お車を見に行った時からシミが気にはなっていたそうですが

これがまたかなり酷くて・・・(^^;)

よくよく観察するとシミだけではなくてキズも凄くて・・・(汗)

では早速各部の現状を紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは雨ジミが結構凄いんです。 実物は写真より1.7倍は凄いです(勝手な目測です)

ルーフも・・・

シミシミです。しかもだいぶ深そうな感じがヒシヒシと伝わって参りました。(勝手な感想です)

そして運転席側は・・・

洗車キズだと思われるスクラッチが入っています。 でも運転席側はまだいいんです(汗)

問題は助手席側です↓

これはポリッシャーで磨いた時につけた”バフ傷”です。

左側面はどうやら再塗装されているようで前から後ろまでこの様なバフ傷だらけでした(^▽^;)

それだけならまだしも・・・

その上からコーティングを掛けたようで、もうムラムラでした(T_T)

リアゲートは・・・

ここはオリジナルの塗装の様でした。 左側面のキズを見てしまうとリアは綺麗に感じてしまいます(笑)

ホイールは・・・

こちらもよく見ると(見なくても)線キズだらけです。しかも深いキズです。

前オーナー様はいったい何で洗っていたのでしょう??

 

ご覧頂きました様にボディの状態はかなり厳しい状態でした。シミ、クスミ、スクラッチ・・・

何でもそろっています(;´∀`)

写真だとオーナー様が気にされていたシミの凄さが全く伝わっていない感じですが(すいません)実際に

見て頂くとシミと言うかクスミと言うか曇っていると言うか・・・どれも正解のような状態です。

このシミの原因ですがどうやらコーティングのムラのような感じです。塗りムラなのか拭きムラなのか

わかりませんが正直な印象は“コーティング塗るだけ塗って拭き取ってないんじゃない??”と言う感じです。

拭き残しと言うレベルではないです(笑)

今回はだいぶハードな戦いになる予感がヒシヒシと伝わって参りますが、あくまでも個人的な

感想であり、感じ方には個人差がございますのでご了承ください(笑)

では張り切って作業を開始しましょう!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状。

やや油膜が付ているようですが、よ~く見ると所々に・・・

ボディに付いている例のアレがガラスにも付いています。

一体何をどう塗ってたのでしょうね??

とにかく磨いて落としてガラス表面をリセットします。

例のアレも綺麗に落ちましたよ(^o^)丿

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

手で触るとかなりブツブツと感じるんですけど意外と反応が少なかったです。

リアも少なめです。

手で触るとブツブツ&ザラザラ感が凄いんですけど反応が少ないという事は

鉄粉以外の異物がいっぱい付いているって事です(^▽^;)

ボンネットをネンド掛けすると・・・

鉄粉も付いていますがその他の物も色々と取れました(笑)

ボディ全体のネンド掛けが終わりましたら今度はマスキングをします。

そして磨きと言う名の長い戦いが始まりました!ボディが小さいからと言って油断してはいけません(´゚д゚`)

覚悟はしていましたが、まぁ~時間かかりました(笑)

そして戦いの後はいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤PCX-S7になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

深いシミは残ってしまいますがだいぶサッパリとしました(^_^)/

ルーフのシミも・・・

だいぶ除去できました!

運転席側は・・・

いいですね~。 これはあれですね! NTNですね♪

なんてなめらか~。なんてなめらか~♪

そんなCMがありましたね(笑)

そしていよいよ助手席側です↓

NTN!!   NTNですよ~(´▽`*)

バフ傷も深いのは残ってしまいましたがサッパリしました。“例のアレ”もなくなり

クリヤーで艶々です(^_-)-☆

リアも綺麗です。

キズが深いのはどうしようもありませんがホイールもよ~く洗って落とせる汚れは落とし

コーティングしました。

そしてフィアット500のボディコーティングの完成いたしました!

艶々のボディに復活いたしました!

シミシミ&キズキズだったボディサイドもクリヤーに仕上がりました。

オーナー様も『新車みたいだね!』『こんなに綺麗になるんだ!いゃ~シミも取れて良かった』と

とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。 喜んで頂けると頑張って磨いた甲斐があります。

お車が綺麗になって嬉しいのは実はオーナー様だけではないんです。

実は私も凄く嬉しくてニヤニヤしています(笑)

 

今回のコーティング剤の拭き残し?(拭きムラ??)と思われる物でボディがもの凄く曇っていました。

誰が何をどう使ったのかはわかりませんけど、とにかく酷かったです(汗)

今の時代、色々なコーティング剤がネットなどで手軽に入手できます。コーティング剤に限らず

クリーナーなど色々なケミカルも入手できます。

それらを使う時は必ず説明書どおりに使用してください。 中には使い方を間違えると一発で

取り返しのつかなくなるような(再塗装)物まで売られているのも見掛けます。

コーティング剤も間違った使い方をするとムラムラになったり曇ったり・・・色々と不具合が出ます。

ですので使用時は取扱説明書をよ~く読んで(特に注意書き)から使用してください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディA1ボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングです。

こちらのA1は約2年程前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今回はボディコーティングの再施工のご依頼です。

2年近く経過していますが、その間何度かメンテナンスにお越し頂いておりましたので

シミなどは比較的少ないと思います。

では各部の現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言えシミは付いていますが(^^;)屋外駐車で2年経過と考えますとシミもスクラッチも

少ないと思います。

ルーフも・・・

シミは少なめです。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフなどの水平面と比べるとシミも全然少なくてクスミもとても少ないですね!

大体のお車は水平面と垂直面では傷み方が全然違います。  それだけ水平面は過酷な状況だと

言う事ですね。

リアゲートは・・・

こちらはシミは少ないんですが洗車キズでしょうね~。スクラッチが目立ちます。

ホイールは・・・

軽~く汚れていました。

 

先ほどもお話ししましたがシミは付いてはいますが2年経過の黒と考えますと少ないと思います。

特にボディサイドはまだまだお綺麗でした(*‘∀‘)

黒いボディはシミやスクラッチが付きやすく、しかも目立ちやすいです(^^;)

しかし定期的にメンテナンスにお越しくださったこともあって塗装面の痛みは比較的に少なく

2年を過ごしたのではないかと思います。

そして2年経過で再施工です。お車の使用状態やお手入れ状況にもよりますがダークカラーで

屋外屋根なし駐車でしたら、2年が再施工の一つのタイミングだと思います。 まだまだお綺麗でも

逆に綺麗なうちに再施工した方が塗装の研磨量も少なくて済むことも多いです。

という事で作業を開始していきましょう!

作業開始~。

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

少し撥水力が落ちていますが、まだ撥水していますね。

しかし惜しげも無く落としていきます(笑)

磨いて撥水剤を落としてガラス表面をリセットします。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

コーティング剤の塗り残しが無いか確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

見比べて頂くと”撥水力“の違いがよ~くわかると思います(^o^)丿

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

黒い車はわかりにくいです(^^;)

クリーナーだけですと鉄粉は落ちませんのでネンドを使って落としていきます。

↑はネンド掛け前のネンドです。

↓はネンド掛けした後のネンドです。

ネンドの淵が茶色っぽくなっているのが見えると思います。

これが鉄粉です。これでボンネット1枚分です。 これも2年経過と考えますと少ないと思います!!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

コンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、樹脂パーツ保護の為など

にマスキングをします。

そして磨いていきました。

今回使用致しましたコーティング剤ですが、前回は低撥水タイプのPCX-S7を使用致しましたが

今回はこちらの・・・

水玉撥水タイプの・・・

PCX-S8をお選びになられました!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとした塗装肌になりましたね(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリです!

リアゲートのスクラッチも綺麗になりました。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

アウディA1のボディコーティング完成いたしました!!

スッキリとした透明感を感じて頂けるブラックボディに仕上がりました。

どのボディカラーもそうですが特に黒は綺麗な方が良いです(笑)

オーナー様も『おぉ!綺麗。 スッキリとした~。』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ マークXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタマークXのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのマークXです!

納車間もない新車です(*^_^*)

今回はマークXからマークXへお乗り換えでマークXが絶盤になる前、欲しいグレードや

仕様が選べるうちにお乗り換えになられたそうです。

確かに在庫車限りになってしまうと欲しいグレードやオプションが選べなくなってしまいますからね(^^;)

そんな真新しい新車マークXの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです!

曇りもなく綺麗です!  トヨタの塗装は綺麗ですね(*‘∀‘)

ルーフも・・・

少し汚れはありましたがお綺麗です。

トランクは・・・

基本的にお綺麗ですが少しだけ何故かシミが付いていました(^^;)

ボディサイドは・・・

少~しだけ曇っている感じです。

ホイールも・・・

少しだけ汚れが付いていますがピッカピカです(笑)

ピッカピカですけどこのピッカピカを維持する為にも今回はホイールコーティングの

ご依頼も頂いております!

 

ご覧頂きましたように流石トヨタ!って感じの綺麗な塗装面です。新車でもメーカーによって

塗装面の状態に違いが出ます(^^;)

トヨタは全般的に塗装の曇りも少なくて綺麗な車が多い印象です! パッと見は同じような塗装ですが

やはりメーカーごとに塗装も”品質”が違うんです。

いゃ~奥が深いですね(笑)

今回は綺麗な塗装面でしたがそれ以上に綺麗にしていきたいと思います。

では作業開始!

 

ボディの前にウインドウのコーティングもご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

まずは現状です↓

フロントは油の付着も少なくお綺麗でしたが・・・

リアは・・・

若干油っぽかったです。 何故だかウインドウごとに違う場合も多いです。不思議だぁ(笑)

綺麗なウインドウも、そうでないウインドウも下地を作ります。

運転席と助手席は撥水ガラスですので今回は作業していません(^.^)/

最近撥水ガラスを使っている車が多くなってきましたが同じ車種でもグレードごとに

ノーマルガラスだったり撥水ガラスだったりで正直、全てを把握する事が出来ません(^▽^;)

その都度確認しています。 ある車種ではリアウインドウ(バックドア)も撥水ガラスっぽいんですけど

カタログ見ても書いていないし、でも撥水ガラスっぽいし・・・

メーカーのお客様相談室に電話して聞きましたよ(笑)   やっぱり撥水ガラスでした。

磨かなくてよかった~。

でも↓は磨きましたよ。

油っぽさも無くなって綺麗になりました。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

結構多かったです(^^;)

リアも・・・

多めですね~。  新車でも結構付いているものです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

いい感じです!

リアも綺麗になりました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はお綺麗な塗装面ですので軽く磨いて塗装面を整え・・・

PCX-S8でコーティングしました!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとリアバンパー下部の樹脂部も樹脂コーティングしました。

ちょっと写真が分かりにくくてすいません。 黒さが増して艶々になってます。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで滑らかです。

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね!

トランクは・・・

シミも無くなりましたよ~。

ボディサイドも曇りが取れてクリヤーですね(*^_^*)

ピッカピカなホイールも更にピッカピカになりました。

オーナー様も驚いていましたが施工した私もピッカピカになってビックリしました(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのマークXボディコーティング完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

艶感が感じにくいパールホワイト、しかも新車・・・なんですがちゃんと磨いて

コーティングするとツヤッツヤの艶を感じる仕上がりになります(^_-)-☆

オーナー様も『うわぁ~スゲ~ 違う違う 違いますね~!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございました。

オーナー様も私と同じで、若かりし頃を車で遊んでいた世代のご様子です。それもどっぷりと(*^_^*)

オーナー様とお話していると私と同じ年代のようで、やってきたことや遊んできた場所(走ってきた)が

まぁ通じる通じる(笑)  もしかしたら何処かでお会いしていたかも??(笑)

だから尚更、FFの車じゃなくてFRに拘るのも凄~くよくわかります!

マークXはこの型が最後で次はカムリに統合されるという噂も聞こえます。オーナー様はカムリの購入を

少しお考えになられたようですが”やっぱりちょっとカムリは違うんですよね~”とマークXにされたようです。

きっと私と同世代で車でどっぷりと遊んできた方は“わかる~”とお思いになる事でしょう(笑)

いゃ~ある意味、あの頃は車好き、走り好きには本当にいい時代でしたよね!

昔はよかった~。

なんて言っているのは歳を取った証拠でしょうか??(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングです!

H29年式プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

ご購入されたばかりのクラウンですが納車後にオーナー様が市販のコーティング剤を塗ったら

ムラムラになってしまったと当店にご相談に来られました。

ご相談に来られた時はコーティングの塗りムラが酷かったんですけど、施工時にご入庫された時は

コーティングが少し落ち着いたのでしょうか?? 少し塗りムラが低減していましたが光の

加減などによってはだいぶムラムラでした(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとムラムラ感が出ませんね(^^;) すいません。 基本的にスクラッチも少な目で

シミも多くはなくて塗装面自体はお綺麗でした。

ルーフも・・・

少し汚れてはいましたがスクラッチやシミは少なくてお綺麗です。

↑はトランクです。

こちらも少し汚れ気味ですけどよ~く見ますとシミもスクラッチも確認できますが少なめですね。

ボディサイドもお綺麗です(^_^)/

とてもデリケートなブラック系のカラーという事を考えますと少しビックリするほど

スクラッチは少ないです(*’▽’)

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れていました。

 

ご覧いただきました様に塗装面自体はシミやスクラッチが少なくてとてもお綺麗でした。

もちろん全くシミやスクラッチが付いていない訳ではないのですが登録から1年以上経過している

黒い車とは思えない程少ないです。 その間の維持管理がとても良かった証拠ですね!

それだけにコーティングのムラが尚更気になります(;´∀`)

でもご安心ください。 磨けば綺麗になります!

ムラの無いスッキリしたクラウンアスリートに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も一緒にいただきましたので

ウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

元々は何か撥水剤が塗ってあったのでしょうか?? 油膜とは違う感じがしますがどっちにしても

視界不良な事には違いないです(^^;)

ガラス表面を綺麗にしていきます。 ボディコーティングと同じで下地作りが大切です。

下地を整えてからコーティング剤を塗らないとコーティング剤本来の効果を発揮しません!

ご自分でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、その時は必ず油膜や

古いコーティングを落としてからウインドウコーティングをしてください。

話がそれてる間にウインドウコーティングが完成したようです。

早速撥水確認をしていきましょう!(笑)

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!   見てるだけでも気持ちイイですね(笑)

 

お次はボディです。

洗車後に鉄粉確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ながら黒い車ですと、いまいちわかりにくいです(汗)

その後にネンドを掛けて鉄粉を除去していきます。

↑はネンドを使う前です。

↓はネンド掛け後のネンドです。

ネンドが少し茶色っぽくなっているのがわかりますでしょうか??

この茶色っぽいのが塗装面に付いていた鉄粉です。

これではボンネット一枚分です。 少し多いかな~。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきました。 基本的にシミやスクラッチが少なくお綺麗な塗装面ですが今回は

3工程の磨きを入れて仕上げています。  磨き3工程(3回の磨き)と言いましても綺麗な塗装面を

3工程と痛みの激しい塗装面の3工程では磨きの内容(方法)が全然異なってきます。

使うポリッシャーやバフ、コンパウンドなどによって同じ3工程でも研磨量が異なってきますので

この組み合わせを考え工夫しながら磨きます。

ここが磨きの難しさでもあり楽しさでもあります(笑)

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れた低撥水タイプのPCX-S7です!

PCX-S7は詳しい事はこちら → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリしましたよ~!

もちろんコーティングの塗りムラもございません!

しかし写真だとわからないと言う・・・(^▽^;) すいません。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

そしてトランクも・・・

もちろん綺麗です。  しみもスクラッチもサッパリです(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたがよりクリヤーな映り込みになりました。

ホイールも本来はブラックのメッキだったんですね(^^;)

ピカピカに光っています!

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ クラウンアスリート、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

プレシャスブラックパールはソリッドブラックとはまた、ひと味違う独特の輝きを放つ

とても魅力的なブラックです! そのプレシャスブラックパールが光沢も艶も更に上がり

ツヤッツヤです(笑)  もちろんコーティングの塗りムラも解消しています。 !(^^)!

オーナー様も『凄いですね~。凄く綺麗です!』と、ご満足いただけたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今や市販のコーティング剤がいっぱい発売されています。カー用品店で売っている物や

ネット通販でしか売っていない物など様々です。特にネットの通販物は商品レビューや口コミが

掲載されていて購入意欲を掻き立てられます(笑)

しかしどの製品を使うにしても、一つだけ間違いなく言える事がございます。

それは”下地“が大切だと言う事です。

ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、

曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心ですよ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。