マツダ プレマシーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ プレマシーのボディコーティングです!

納車当日にご入庫頂きましたピカピカの新車です(*´▽`*)

スノーフレイクホワイトパールマイカと言う雪の様に白いとても綺麗なパールホワイトです!

雪のように白いパールホワイトなんですが・・・

すいませんm(__)m上の写真ですと少し黄色っぽく見えますね(汗)

白い車を白く撮るのって結構難しいんです(^_^;)  照明の関係で黄色くなったり青っぽくなったり・・・

カメラやモニターの特性もあるんですけど・・・すいません。 いきなり話がそれましたが、無事に?言い訳も

済みましたので(大汗)早速プレマシーの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがボヤボヤ~としてますね。

ルーフはそれ程でもありません。

ボディサイドは結構な曇り具合でした(^^;)

納車後ほぼ走ってないのでホイールもお綺麗です(^_^)/

 

ご覧いただきましたように納車当日にご入庫くださいましたのでボディはとてもお綺麗です!全体的に

塗装面に曇りが確認できます。特にボディサイドは先ほどの写真の様にボヤ~と雲っていました。この曇りを

磨いてスッキリとした塗装肌に仕上げていきたいと思います!

では作業はじめ~!!

今回はボディコーティング以外にも盛沢山のご依頼を頂いております。ありがとうございます。

と言うことで、まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

こちらが↓現状です

↑これは水が掛かっている状態です。 油膜の付着も少なくていいですね~。 しかしリアは・・・

結構油膜が付いてます。フロントとリアで何故こんなに違うのでしょう??謎です(笑)

もちろん綺麗なフロントウインドウも下地作りはキッチリと行います!

油膜が落ちて綺麗になりました↑ あっ!これ水が掛かってる状態ですよ~。ガラスは油分や汚れが無くなると

水を弾かなくなります。その状態がガラス表面が綺麗な状態の証拠です!!

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でウインドウコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成しました!  コロコロに水を弾きます!(^^)!

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できます。 新車でもこの位は付いているものです。中にはちょっとビックリするくらい鉄粉が

付いている新車もございます(^^;)

リアもポツポツです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね~!

リアもいいね!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は軽めの磨きで塗装表面のボヤボヤっとした曇りを除去しスッキリとした塗装肌に

していきました!

そのスッキリとした塗装面には今回はこちらコーティング剤・・・

PCX-S8でコーティングです!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤になります!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 →  PCX-S8

人気の水玉撥水です(^_-)

それと未塗装樹脂部の樹脂コーティングのご依頼いただいております。プレマシーはリアバンパーが

未塗装部の割合が結構多いんですよね~。と言うことで・・・

コーティングです! 黒の深みが増して艶々になります。

フロントグリルやフォグランプベゼルなどもコーティング!!

それとヘッドライトもコーティングをして新車時より経年劣化防止に努めます(^_-)-☆

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。まずはボンネットからです。

写真ですとわかりにくいんですけどシャキッとしましたよ~。

ルーフも元々お綺麗でしたがよりスッキリとしました。

ボヤ~が解消しました。 曇りが一番酷かったボディサイドがやはり一番違いがわかりやすいと思います(笑)

ホイールもコーティングしましたので、よりツヤピカです。ホイールのお掃除が楽ですよ(^_^)/

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーのボディコーティングとその他沢山の

施工が完成いたしました!

ボディの白と樹脂の黒がメリハリが出てキリッとした印象に仕上がってるんですけど・・・

写真の色合いが悪くてすいませんm(__)m

でもオーナー様も一目で『引き締まりましたね~!』とおっしゃっていられましたので間違いないです!!

新車で元々おきれいでございましたが磨きで曇りを除去しましたので、よりクリヤー感が出て光沢も

上がってます。また先ほどもお話ししましたように樹脂コーティングで黒がより黒くなり、その黒が

白いボディを引き締めていてコーティング前よりスッキリと、そしてキリッといたしました(^o^)丿

 

はじめに言い訳いたしましたように(^▽^;) 白い車を写真に撮るのって難しいんです(汗)

特に当店はガラスの面積が大きくて太陽の位置によって日の当たり方が変わってしまい、それだけで

写真の色合いが変わってきてしまいます(;”∀”) 晴れの日と雨の日でも全然違ってきてしまいます。

もちろん色合いはカメラの特性もありますけど・・・それよりもやっぱり腕ですかね??

ちなみにカメラはコンデジなんですけど・・・コンデジも奥が深いですね(^_^;)

白い車を白く撮れるように写真も頑張りま~す(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

日産スカイラインのヘッドライトクリーニングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産スカイラインのヘッドライトクリーニングです!

V36スカイラインです!

以前にも別のV36スカイラインのヘッドライトクリーニングを行いましたがV36のヘッドライトは黄ばみ(黄変)

しやすい印象ですね。街中で見掛けるV36も結構黄ばんでいる車が多いような・・・(^^;)

その以前に作業致しましたV36スカイラインのヘッドライトクリーニングのブログをご覧くださったようで

今回当店にヘッドライトクリーニングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

現状を見ていきますと・・・

写真ですとそれ程黄ばんでるようには見えませんが確かに黄ばんでます。

写真より実物の方が黄ばんでます(^^;)

反対側も同じく! 黄ばみもそうなんですがヘッドライト自体の痛みが進んでましてクラックが

だいぶ入ってました。

そして作業ですが・・・あまり(ほぼ)ご紹介できる写真がございません(^^; 何故かって??

それはマスキングをしたら、ひたすら磨いていくという地味な内容だからです(笑)

いゃ、マスキングだけじゃなくて、実際にはここまでにも色々やってますよ(^^)

やってますがそれも地味なんで(笑)

と言うことで今回はビフォー&アフターで見ていきましょう!

ではどうぞ~。

ビフォーです↑

アフターです↑

こちらもビフォーです↑

そしてアフターです↑  どちらのアフターも黄ばみが取れてクリヤーになったんですが・・・

よ~く見るとクラックが確認できると思います。

これもアフターです↑

そして反対側も・・・

ビフォーです↑ こちらの方が痛みがやや進んでいる感じです。 前後方向に縞模様の様になってます。

そしてアフターです↑  クリヤーになりました。

こちらも筋状に模様が付いてます(^^;)

アフターです↑ こちら側のライトもよ~く見るとクラックが確認できます。

 でもこの位離れるともうわかりません(*’▽’)

普段クラックが気になる事はそれ程無いと思います!

そして日産スカイラインのヘッドライトクリーニング完成いたしました。

いかがでしょうか。 やはりヘッドライトが綺麗だとお車の印象は大きく異なります!

ヘッドライトが黄ばんでいるとどうしてもお車が古臭い印象になってしまいます。逆にヘッドライトが

綺麗ですと年式を感じさせません!!

写真より実車で見て頂いた方がクリーニング前後の違いがわかりやすく、見た目の印象も大きく異なると

思います。

オーナー様も『おぉ!ライトの中が見える!』『これでまだ数年は乗れるよ~』ととてもお喜びに

なられてました(*^^*)

 

ヘッドライトクリーニングではヘッドライト表面に入ってしまったクラックまでは残念ですが除去できません。

しかし黄ばみや白濁を除去することは可能です。確かに先ほどの写真の様にもの凄くアップで見るとクラックが

確認できますが普段はそれ程気になる事は無いと思います。それよりもヘッドライトがクリヤーになった事で

お車の好感度UPの満足感の方が大きいと思いますので(笑)『黄ばんでるしクラックだらけだしなぁ~』と

諦める前に一度お試しください!

ヘッドライトが綺麗になったらきっと『まだまだ乗るぜぇ!』って気が変わりますよ(^_-)-☆

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

86のメンテナンス&ヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86のコーティングメンテナンス&ヘッドライトクリーニングです!

こちらの86は樹脂コーティングやホイールコーティングなどで以前より当店をご利用下さって頂いております!

いつもありがとうございます。

ボディコーティングはお車ご購入時に販売店で施工されたそうです。今回はボディコーティングのメンテナンスと

ヘッドライトクリーニングのご依頼を頂きました。

年内にコーティングの再施工をお考えとの事でしたが、まずはその前にメンテナンスをして現在の塗装面

(コーティングを含め)状態を確認してくださいとのご依頼です!   (>Д<)ゝ”イエッサ!!

 

では今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

ビフォーです↑ 少しわかりにくいんですが雨で少し汚れています。シミがやや目立ちますね(^_^;)

アフターです↑ ボディはサッパリ&スッキリしましたが・・・シミは残ってしまいました。

ボディサイドも汚れてますね。でも汚れていても普段からお綺麗にされている事はわかります!

アフターです↑サイドはシミもあまりなく綺麗です!

ルーフもシミが付いてますが・・・ピンボケですいません(^▽^;)

↑アフターです。 こちらもスッキリとしたんですがシミが残ってます。

しかもまたしても痛恨のピンボケ!(汗)・・・で分かりにくいです。 すいませんm(__)m

ホイールは昨年コーティング致しましたのでピカピカです!

でも洗うともっとピカピカです(^_-)-☆

それと鉄粉の付着具合ですが・・・紫色にポツポツ見えるのが薬剤に反応している鉄粉です。

ボンネットです↑ やや多めです。

リアもやや多めでした。

こちらが鉄粉除去後です↓

いい感じに取れました(笑)

そしてヘッドライトは・・・

ビフォーです↑凄く白濁している訳ではないですが曇り始めてます。

アフターです↓

中までバッチリ見えるようになりました!

反対側は・・・

こちら側の方が綺麗です。でも正面から見るとあまり曇りを感じる事もないんですが・・・

ヘッドライトの上部は結構痛みが進んできてます。少し深い線キズも何本かあります(;’∀’)

↓がクリーニング後です。

綺麗だと思っていても磨くと、やっぱりもっと綺麗になります(笑)

深い線キズが残ってますが、だいぶクリヤーになりました。

ヘッドライトは白濁や黄ばみなど痛みが酷くなる前(今回くらい)にクリーニングするのがお薦めです(^_^)/

まだいいかな?まだいいかな??なんて放っておくと大変な事になります(笑)その前に是非!!

 

そしてトヨタ86のコーティングメンテナンス&ヘッドライトクリーニングの完成です!

施工前との写真の色合いが違ってしまってすいませんm(__)m

現車をお見せできればいいんですが・・・見て頂ければ艶やクリヤー感の違いなどハッキリと

わかっていただけます!

塗装面(コーティング含む)の状況ですが撥水はまだ効いておりました!でもややシミが目立つ状態です。

残念ながらシミやキズはメンテナンスでは除去できません。コーティング事態はまだまだ効いておりますが

シミやキズ、くすみなどが気になるようでしたら磨きが必要になります。逆にその辺りがまだ気にならない

ようでしたらまだまだメンテナンスで維持するのも良いと思います(^.^)/

 

こちらの86は昨年お車ご購入時に販売店の方でボディコーティングを施工されたそうです。

お車購入時にディーラーさんや車屋さんなどでボディコーテイングを施工したけど、購入したお店が遠かったり、

コーティングしただけで、その後のメンテナンスなどのアフターをやっていないお店などだったりで、

「他店でコーティングしたんですけど、こちらでメンテナンスをやってくれますか~?」と当店にご相談に

来られるお客様が多いです。

メンテナンス等でお困りでございましたら、まずはお気軽にご相談ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フェアレディZロードスターのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フェアレディZロードスターのボディコーティングです!!

プレミアムディープマルーンのZ34です!

上の写真でも艶があまり感じられないと思うんですが近くで見ますともっと艶がないんです(汗)

プレミアムディープマルーンのプレミアムはどこへやら・・・

では早速ですが現状を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

かなりハードにキズが入ってます。シミも凄いんですけどキズで目立ちませんね(^^;)

こちらもボンネットです。深~い拭きキズです。

トランクもだいぶダメージを負ってますね~。

ドアです。キズがグルグルです(笑)

リアフェンダーです。 艶がない訳です(^_^;)

 

ご覧いただきましたようにキズだらけです(涙)折角のプレミアムディープマルーンが普通の茶色にしか

見えません。パール感もゼロですね(ToT)

オーナー様も買ったときはフェンダーなんか艶々でウットリだったようですが気が付けば艶がなくキズだらけ・・・

これ綺麗になりますか~?と当店にご相談に来られました。

 

では作業を開始していきましょう!今回はなかなかハードな戦いになりそうな予感です(笑)

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします・・・ 写真だと見えませんけど(汗)

毎回ですが濃色系のカラーの車は紫色に鉄粉が反応していても写真だと分からないんです。でもなんで写真で

わからないのに鉄粉チェックをしているのかと言うと・・・これは専用のクリーナーがクリーナーだからです!?

紫色に反応しているのは鉄粉(正確に言うと鉄粉の錆)を溶かしているからなんです。 ですのでチェックと言い

ながらもクリーニングもしているんです!   まさに一石二鳥!!   一個の石と2羽の鳥ですよ!

どういう意味なんでしょう??

急に一石二鳥の由来が気になってしょうがないのでウィキペディアで調べてみました(^^; それによると・・・

鳥が2羽集っていたところに1羽の鳥を狙って石を投げたら鳥が2羽とも落ちてきたという17世紀のイギリスの

ことわざだそうです。 まさに一石二鳥!(^^)! な~るほど。そういう事だったんですね。スッキリした~(笑)

話が大幅にそれましたね。スイマセン  次は鉄粉をスッキリしていきましょう!

今度はネンドを使って鉄粉除去していきます。

↑はネンド掛け前の状態です。  ↓はボンネットをネンド掛けした後の状態です。

年式を考えますと鉄粉は少なかったです(^.^)/ ボディ全体をネンド掛けし作業はマスキングへ進みま・・・

した。

そして磨いていきます。今回は磨きごたえ十分でした(^^;)これだけ塗装面が傷んでますと磨き前後の違いが

よくわかって気持ちいいですよ(笑)

↓は1回目のポリッシュ途中です。右半分磨いてみました!磨くとこんなに色艶が変わるんです。

変わるというよりは本来の色に戻るっていった方がいいでしょうか。

↑はまだまだ磨き途中です。ここから更に磨き込んでいきました!

磨き上がったボディに今回はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

その前に今回はヘッドライトクリーニングのご依頼を頂いておりますのでそちらからいきましょう!

↑現状です  だいぶ白濁が進んでました。 近くで見ると・・・

中が見えませんね(^_^;)

実はこれ数か月前に某カー用品店でヘッドライトクリーニングをしてもらったんだそうです。その出来上がりが

この状態だったそうで・・・これで限界!っ言われたそうです・・・(^_^;)

そして当店での仕上がりがこちらです↓

中が見えるようになりました(笑)

反対側もこんな感じでしたが・・・

↓これくらい綺麗になりましたよ~(^_^)/

気持ちいいですね!

続いてボディを見ていきましょう。

まずはボンネットです。

深いシミやキズは残ってますが数年は若返りました(笑)

トランクもいいですね。

サイドも深いキズなど残ってますけど、かなりスッキリとしました。

リアフェンダーはナデナデしたくなっちゃいますね。 でもナデナデしちゃダメですよ(*^▽^*)

そしてプレミアムディープマルーンのフェアレディZロードスター、ボディコーティング完成しました!

いかがでしょうか。キズキズで白っぽかった茶色のZが色の深み艶を感じて頂けるプレミアムなディープマルーンに

仕上がったと思います。さすがに新車までは行きませんが数年は時間を巻き戻せたかな??(笑)

オーナー様も『こんなにピカピカになるんだ!もっと早くやってもらえばよかったな~』と、とてもお喜びに

なられておりました。

 

ダークカラーのお車はお手入れが大変とよく言われます。確かにそうです(^_^;)  誤った洗車方法はボディに

余計なキズを付け艶が低下して美観が損なわれてしまいます。白やシルバーなど同様にキズは入りますが

ダークカラーはキズが目立つので、より美観の低下を感じさせてしまいます。

洗車時のポイントは水をいっぱい使う・シャンプ-を泡立たせる・優しく洗う・です!

詳しい洗車方法はカービューティープロ本部のHPに動画がございますので、是非ご参考に!!

洗車方法の動画 → 洗車!!

正しい洗車方法で洗うと時間は短く・そして綺麗に仕上がります!!   それはまさにアレですね!

 

一石二鳥  ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW120iのボディコーティングです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回は遂に黒い車シリーズ4部作の最終話! 黒い車シリーズ第4弾のBMW120iのボディーコーティングです!

色はもちろん・・・

今回も黒です!

こちらは1年ほど前に当店でボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。まだ1年ですがコーティングの

再施工をご希望との事でお越し頂きました。ありがとうございます。

 

では早速、施工1年経過いたしましたBMW120iの現状を確認していきましょう!

↑はボンネットです。 結構シミが付いてますね(^^;)

こちらはルーフです。乾いたタオルか何かで拭いたのでしょうか?ルーフ全体ではないんですけど

拭きキズでギラギラとしていました。

ボディサイドも一部ですがギラギラとしています。何故でしょう??

リアゲートの中もだいぶ・・・(^^;

給油口もそれなりに(笑)

全体的にややお疲れ気味です。まだ1年なんですけど結構傷んでいました(^▽^;) シミも気になりますが

ルーフやリアフェンダーに付いている拭きキズと思われるギラギラが少し目立ちます。 でもルーフは普段あまり

見えないと思いますけど私的に凄く気になります(*´з`)

この気になる所を直してまたピカピカのボディにしていきましょう! 作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはそちらからサラ~と見ていきましょう。

現状です↓

だいぶ撥水が落ちてきてます。

弱まった撥水コーティングを除去していきます。

↑こちらは綺麗になったガラスに水を掛けた状態です。油膜や撥水剤を除去したガラスはこの様に水が

ガラスに均等に膜状に広がる親水状態になります。このままですと油膜が直ぐに付いてしまいます。

そうなる前にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティング!!

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 でも まぁ 黒い車シリーズの4回目ですから・・・前回同様もうお分かりですね(笑)

写真だと・・・黒いボディに紫色に反応していても良く見えません(汗)

その後にトラップネンドを使い鉄粉を除去します。 ↓が作業前のネンドです。

そして↓がネンド掛け後のネンドです。

鉄粉は少なかったですよ~!

そしてマスキングでボディを保護して・・・

磨いてまいります。今回は3回磨きで仕上げていきました(^_-)-☆

そして今回使用しましたコーティング剤ですが「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

PCX-S7です! 最近PCX-S7の登場の機会が多いですね(笑)  こちらは低撥水タイプのコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミもだいぶサッパリとしたと思います!

ルーフのギラギラも・・・

サイドのギラギラもスッキリと無くなりました(*’▽’)

リアゲートのヒンジもいい感じです。

もちろん給油口もバッチリです。

それと今回はもう一つ、ヘッドライトクリーニングもご依頼を頂いております。

こちらもサラ~っとご紹介していきましょう! サラ~とです(笑)

写真ですとそれ程酷くないように見えますね(汗) 実は結構傷んでます。

↑こちらはクリーニング後です。 見比べて頂くと・・・透明度が違います。

反対側です。こちらの方が痛みが更に進んでいます。

そしてこちらがクリーニング後です。 スッキリしましたね!

そしてBMW120iのボディコーティングの完成です!!

いかがでございましょうか。ビシッ!とお車がリフレッシュ致しました!!

見た感じの”疲れ感”が違います(^_^)/

 

毎回お話し致しますが黒いお車はお手入れと維持が大変です。 白やシルバーなどのライトカラーのお車に比べると

塗装の痛みがどうしても早いです。特に屋根なしの屋外駐車の場合ですとその差は歴然です。特にお手入れしないで

放っておくとアッと言う間に大変なことになります(^▽^;) 黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れと

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

 

今回の黒い車シリーズ4部作はいかがでございましたでしょうか?(笑)  黒と言いましても色々ですね!

ソリッドの真っ黒や光の当たり方で紫色に見えたりと本当に色々あります。皆様はどの黒がお好みでございました

でしょうか?  えっ?私ですか??  私は綺麗ならどんな黒も好きです( ̄▽ ̄)

ちなみに次回は白い車です(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産フーガのメンテナンスです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フーガのボディーコーティングメンテナンスのご紹介です。

定期的にメンテナンスにお越し頂いております、こちらのフーガですが今回はコーティングメンテンスと同時に

ウインドウコーティングの再施工とヘッドライトクリーニングのご依頼も頂きました。 ありがとうございます。

内容が盛り沢山ですので早速各部の現状を確認していきましょう!

まずはヘッドライトからです。どうぞ~

それ程黄ばみが酷い訳ではないんですが(写真より実車の方が黄ばんでます)黄ばみが気になるので

クリーニングのご依頼です。

アップで見ると・・・確かにクリヤー感ないですね(^_^;)

反対側のヘッドライトも・・・

こちらの方が痛みが進んでます。前回のメンテナンス時(昨年の5月)にもヘッドライトクリーニングを

行ったんですけど時間の経過と共に少しづつ黄ばみが進んできてしまいます。

↑はボンネットです。 こちらも傷みが少しづつ進んできてます(汗)

ボンネット同様シミがやや目立ち始めました。屋根なし屋外駐車ですのでしょうがないんですけど(^▽^;)

全体的に少し汚れ気味です(笑)

ホイールの汚れはそれ程ではないですね!

ご覧いただきましたように全体的にやや汚れてはおります。先程も少しお話いたしましたが屋外駐車(屋根なし)と

いうことを考えれば、ボディーコーティングを施工してから約1年半ほどの状態としましてはお綺麗だと思います。

今回もメンテナンスして、また気持ち良~くフーガにお乗り頂ける様にお車をリフレッシュしていきましょう!

メンテナンス開始!

まずはウインドウコーティングからです。↓は現状です。

ウインドウコーティングしてから1年半ほどです。まだ撥水はしてますが・・・少し弱り気味ですね(^^;)

でも1年半でこの状態なら悪くはないです!でもウインドウは安全に繋がりますので早め早めに掛け直しして

いかれることをおすすめいたします。

↑弱まった撥水コーティングを除去して、再コーティングします!

最後に撥水チェックをおこなって・・・

ウインドウコーティングは完成です! 水玉コロコロ復活しました!(^^)!

次はボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。シュシュッ!

結構付いてました(^^;)

↑トランクも多めですね。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

サッパリしました。

トランクも気持ちよくなりました。

その他にも、あんな物やこんな物使ったりして(笑)ボディを綺麗にしていき最後にメンテナンス剤を

塗布して仕上げていきます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!まずはヘッドライトからです!!

綺麗になりましたね!

アップで見るとクリヤー感の違いが分かりやすいです(笑)

反対側も黄ばみはなくなりました。

よく見ると痛みが進んでいて細かなクラックが確認できます。これはクリーニングでは・・・

すいません!取れません!!

↑ボンネットです。シミは残ってますけど、だいぶスッキリしたと思います。

ルーフも綺麗になりましたね(^_^)/

艶が違います。

こっちも艶が違います(笑)

そして日産フーガのボディーコーティングメンテ&ヘッドライトクリーニング完成です! ウインドウもね(笑)

艶が違います∠( ̄∇ ̄)

オーナー様も『うわぁ~また綺麗だな~』と、とてもお喜びになっていられました!ありがとうございます。

やっぱりヘッドライトがクリヤーになるとお車の印象が激変します。こちらのフーガはそれ程ヘッドライトが

黄ばんでいた訳ではないんですが、それでもお車の『気持ち良さ』が全然違うと思います。

これでまた気持ち良~く愛車フーガにお乗り頂けると思います(^_-)-☆

 

ボディコーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産セレナのヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産セレナのヘッドライトクリーニングでございます。

dscn8618

↑の写真で見る限りヘットライトはクリヤーでまだまだお綺麗な感じが致します。

もう少し近づいて見てみましょう。

dscn8619

この距離まで近づいてもやっぱり綺麗です(笑)   ではも~と近づいて見てみましょう~!

dscn8620

この位近づきますと曇りが確認できますね~(^^ゞ

dscn8623

酷い曇りではないんですけど確かに気になります。

dscn8622

全体的に薄く曇ってます。

運転席側のライトは・・・

dscn8626

こちら側のヘッドライトはもっとお綺麗です!  近づいて見ても・・・

dscn8631

あまり気になりません!!

dscn8629

綺麗ですね。よーく観察しますとこちらも全体的に薄っすらと曇ってはいますがそれ程気になるレベルでは

ありません。

状態的にはまだまだ軽微な曇りですが一度気になってしまうと気になってしかたないんですよね~(笑)

それではその気になる曇りをスッキリと解決していきましょう(^_^)/

まずはヘットライトを洗ってからマスキングを行ないます。

dscn8642

そしてヘッドライトの痛み具合に合わせて何段階かに分けて磨いていきます。

dscn8656

磨き前後の違いがわかりやすいように、お綺麗な運転席側のヘッドライトを半分(右側)だけ磨いてみました(^^;)

綺麗だと思っていても磨くと曇りが取れて透明度が上がります。写真は初期研磨後の状態です。この後にまだ

磨き込みますのでもっとクリヤーに仕上がります。

しかし今回作業しているとどうしても気になると言いますか?視線を感じると言いますか・・・セレナの横に・・・

 

dscn8702

つい目がいってしまい気になってしょうがないです(笑)  そのたびに心の中で ❝落ちるなぁ~ がんばれ~❞

と、応援してしまう自分がいました。(^▽^;)

では仕上がりを確認していきましょう。  まずは助手席側からです!

dscn8659

曇りも無くなりクリヤーになってます。

dscn8664

綺麗です!

dscn8666

曇りのない綺麗なブルーです(^_^)/

dscn8672

透明度が違います!

運転席側も・・・

dscn8680

元々お綺麗でしたが透明感が違います!

dscn8674

施工前と比べて頂けるとスッキリしているのがよくわかって頂けると思います。

dscn8677

いいですね~!

そして日産セレナのヘッドライトクリーニング完成いたしました。

dscn8689

オーナー様が「新車みたい~!!」と、とてもお喜びになられておりました!

オーナー様は「ここが白いと車が古臭く見えちゃってね~」ライトが曇っているのがとても気になっていた

ようですが、もう大丈夫ですよ! これでまた新車気分で気持ち良くお乗りにいただけると思います(*^^)v

 

ヘッドライトの黄ばみや白濁などは、今回のようになるべく痛みが早い段階で処置した方が良いかと思います。

まだいいかな?まだ大丈夫かな?と思っている間にどんどん痛み(白濁・黄ばみ)が進んで行きます。

気が付いたらアラッ?こんなに酷かったっけ??なんてことになってしまいます。

痛みが酷いと作業工程が増えてしまうのでその分、施工料金も高くなってしまいますので、そういう意味でも

痛みが酷くなる前に早め早めにクリーニングすることをお薦め致します(^_^)/

 

dscn8727

dscn8692

dscn8704

dscn8695

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

ホンダ・インサイトのヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ・インサイトのヘッドライトクリーニングです。

DSCN1278

この距離から見ますとヘットライトはまだまだ透明感があっていい感じに見えますが・・・

少し近づいて見てみましょう。

DSCN1282

このアングルから見てもまだまだ大丈夫そうな感じも致します。

これ以上近づいて見なければいいんですが、そうもいきませんのでもっと近づいて見てみましょう!(^▽^;)

DSCN1288

斜め上からの角度から見ますと白濁が確認できます。

DSCN1286

結構痛んでますね~。

DSCN1285

ここは磨きにくそうですね^_^;   反対側のライトは・・・

DSCN1289

反対側もこの距離からならまだ大丈夫? ギリギリセーフ?

DSCN1291

アウトでした(涙)

DSCN1297

こちら側のライトの方が傷が進んでいます。

DSCN1292

やっぱり磨きにくそう(笑)

この様な感じで少し離れて見ると透明感もあり痛みがわかり難いんですが、近くで見ますと白濁が進んで

おります。よく目は口程に物を言うと言いますが変な事を言い出す前(^_^)に綺麗にクリーニング致しましょう!

まずは磨く前の下準備からです。 と言いましても写真はほとんどございません・・・(汗)

ヘッドライトをよ~く洗いブツ取りなどを行いマスキング致します!

DSCN1300

その後に磨いていきます。痛みの状態によって磨き方も変わってきます。

DSCN1308

↑こちらは粗磨き後の状態です。ここから更に何段階かに分けて磨き込んでいきます!

それとオーナー様が以前に市販のクリーナーを使いクリーニングしたそうですが、その時のクリーナー?が

バンパーに付いてしまい落ちなくなってしまったのが、こちらの・・・

DSCN1295

青いヤツです。ヘッドライトは綺麗にならないし青いのが付いて落ちないし・・・だったそうです。

ですのでこちらもキッチリと落としておきましたよ~!

DSCN1360

では仕上がり具合を見ていきましょう。

DSCN1342

磨き前でも透明感あった気がしましたが、こうやって見ますとそれ程透明じゃなかったのがよくわかります。

DSCN1334

いい感じです。

DSCN1339

中もハッキリと見えます!

DSCN1336

磨きにくかった~(笑)

DSCN1364

反対側もスッキリとシャープになりました! と言うよりこちらが本来の表情です!

DSCN1355

丸見えです(笑)

DSCN1348

ブルーのインナーが引き立ちます!

DSCN1358

やっぱり磨きにくかった~(^^ゞ

そしてホンダ・インサイトのヘッドライトクリーニング完成です!

DSCN1366

いかがでございましょうか。

あっ あれ~ あまり変わった気がしない! なんて言わないでくださいよ~(汗)

実物を見て頂ければハッキリと違いがわかって頂けますから~(笑) オーナー様もスッキリと凛々しくなった

お車を見て「おぉ!綺麗になったね~」とお喜びになっておりました!  ありがとうございます。

 

それと今回ヘッドライトクリーニングの他にお車に付いたシミの事でもご相談がございました。

そのシミがこちらです・・・

DSCN1325

こちらは木の実がボディに落ちていたそうで、それがシミになってしまったとの事でした。これは磨けば

消えますか?とご相談だったんですが、残念ながらこれは磨いても落ちません。

一見は単なるシミのように見えますが実は塗装が侵食してしまっている状態なんです。

アップで見てみますと・・・

DSCN1318

DSCN1323

DSCN1396

シミの部分にクラックが入っているのがわかって頂けると思います。ごく軽いシミでしたらシミを除去できる事も

ありますが、ここまで塗装が浸食していると残念ながら磨きではどうする事も出来ません。

木の実に限らず鳥の糞なども同じように塗装面を侵食してしまいますのでくれぐれもご注意下さい。

木の実や鳥糞がボディに付着していましたら、少しでも早く除去することがトラブル回避になりますのでまずは

早期発見、早期除去に限ります!

 

実は私も以前に(20年以上前かな((笑))お気に入りの当時の愛車R32のスカイラインのボンネットに木の実が

落ちていてシミが出来てしまった事があるんです(T_T)  7~8か所ほどだったかな?もの凄くショックでした。

その頃の私は現在とは違うお仕事をしてましたので、木の実で塗装がやられるなんて事は全く思ってもいません

でした。私の記憶が確かならボンネットに木の実が落ちていたのは1日だったと思います。朝、車に乗る時に

気がつきその日の夜に木の実を取り除いたらそこにはシミが orz

鳥糞・木の実は時間との戦いですので皆様もお気をつけください!!

 

DSCN1383

DSCN1376

DSCN1387

 

 

 

この度はご利用いただき誠にありがとうございました。

トヨタ86のヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86のヘッドライトクリーニングとウインドウコーティングです。

DSCN9137

ホイールといい、リアスポレスといい、私好みに仕上がっている(笑)86です!

そんなシブイこちらの86ですが遠目から見ますとヘッドライトは綺麗な感じがします。でも近くで見ると・・・

DSCN9141

ヘッドライトの上面が白濁しています。

DSCN9143

下半分はまだまだ綺麗なんですけど・・・

DSCN9142

どうしても日当たりの良い上側から痛みが進んでまいります。

DSCN9145

反対側も同じような状態です。

DSCN9147

上側がね~(^_^;)

そしてウインドウの方ですが、こちらはまんべんなくなく汚れてます(笑)

DSCN9149

ですが洗って確認しますと・・・

DSCN9163

意外と?と言ったら失礼ですが(^▽^;)油膜の付着も少なかったです。

DSCN9168

サイドと

DSCN9171

リアは油膜が付いて視界不良でした。

 

まずはヘッドライトクリーニングですが・・・マスキングの写真しかありません(汗)

DSCN9158

ここから何段階かに分けて磨いていきます。

DSCN9161

磨いた後は(写真は磨き前です)ヘッドライトもコーテイングします。

そして仕上がり具合です。どうぞ~!

DSCN9191

DSCN9226

白濁も取れてクリヤーになりました!

DSCN9195

DSCN9218

反対側も仕上がってます!

続いてはウインドウです。 まずは撥水剤を塗るための下地作りを行います。この下地作りで古い撥水剤や

油膜、軽いウロコの除去を行い下地を整えます。(酷いウロコの除去は別途料金が掛ります)

DSCN9179

ウインドウの状態によって磨き方やコンパウンドなど変えます。

DSCN9180

綺麗になりましたウインドウに水を掛けますと・・・

DSCN9181

水を弾かずに膜状に均等に広がる親水状態になります。

IMGP661513

下地が出来たところでウインドウをよく乾燥させてウインドウ専用撥水剤PGS-33で撥水処理を行います!

DSCN9239

最後に撥水チェックして・・・

DSCN9234

終了です(^_^)v

DSCN9243

上の写真ですと違いがわかりにくいですね~(*´з`)   でも実車を見て頂けると一目瞭然です!

特にオーナー様は一発で違いがわかっていただけます。今回のお車はそれ程酷くヘッドライトがくすんでいた

訳ではありませんが、それでもヘッドライトクリーニング後に見るお車の印象はスッキリとシャープにそして

輝いて見えます!

ヘッドライトは少しずつ黄ばみや白濁が進みます。毎日自分のお車を見ていると意外に気が付かない

ものです。  ヘッドライトが黄ばんでいたり白濁しているとそれだけでお車が古臭く見えたりヤレた感じに

見えてしまいます。  黄ばみや白濁が酷くなる前にヘッドライトクリーニングお薦め致します。

皆様のお車は大丈夫ですか? 自分の車は大丈夫です!なんて思っている貴方!本当に大丈夫ですか?!

と言いつつ自分の車を確認する私でございました(^▽^;)

 

DSCN9253

DSCN9254

DSCN9250

DSCN9256

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

日産フーガのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フーガのボディコーティングメンテナンスです。

DSCN8932

こちらのフーガは半年ほど前に当店でコーティングを施工させて頂いたお車です!

半年前のコーティング施工時にヘッドライトのクリーニングも行ったんですが、ヘットライトがやや曇ってきたので

今回もヘッドライトクリーニングも同時にご依頼を頂きました。  でも↑のお写真を見て頂けると・・・

ライトまだまだ結構綺麗なんです(笑)  オーナー様曰く正面から見ると綺麗なんだけど斜め後方から見ると

曇りが気になるとの事で・・・まずはヘッドライトから確認していきましょう!

DSCN8947

近くで見ますと確かに

DSCN8950

少し曇ってますね~。

DSCN8953

反対側も

DSCN8962

曇りが気になりますね~。 確認ついでにボディも見ていきましょう。

DSCN8933

全体的にやや黒くすすけてます。 ちょっとわかりにくいですね。すいません(^▽^;)

DSCN8940

こちらの写真の方がわかりやすいかな?   あまり変わらないっすね(T_T)

DSCN8935

所々に雨の通り道が出来てます。

DSCN8966

トランクを開けたら・・・砂埃などが溜まってました!

DSCN8938

ホイールもそろそろ掃除の時期ですね(笑)

オーナー様がメンテナンスに出すからと1ヶ月くらい洗車していなかったそうです。ですのでやや汚れてはおりますが

基本的にお綺麗な状態を維持しておりました。

 

作業ですがまず洗車後に鉄粉をチェックします。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN8973

ボンネットも

DSCN8970

トランクも鉄粉が多いです(汗) と言うよりボディ全体に鉄粉が多めに付いておりました。

確か半年前のコーティング時はこんなに鉄粉が多く付いていなかった記憶なんですが・・・・この半年の間に

使用状況や保管状況などが変わったのかな~と思ってオーナー様に訪ねたところ、何も変わってないとの

ことでした(笑)

DSCN8988

鉄粉除去後です。いい感じですね!

DSCN8996

もちろんトランクも綺麗です(^^)/ その後にメンテナンス剤の塗布などをおこないます!

DSCN9026

すすけた汚れも綺麗になり艶も戻りました。

DSCN9022

雨の通り道も綺麗です。まだまだコーティングがバッチリと効いてますので簡単に汚れが落ちましたよ~。

DSCN9016

ここが綺麗だとトランクを開けた時に嬉しいですよね(笑)

DSCN9002

ホイールもキラッと!

DSCN9027

DSCN9033

クリアーになってます!

DSCN9047

DSCN9055

反対側も綺麗にです!

そして日産フーガのコーティングメンテナンス完了いたしました!

DSCN9058

オーナー様がマメにお手入れされているお車はひと目でわかるものです。こちらのお車もマメにお手入れされてい

るのがメンテナンスをしているとヒシヒシと伝わってまいります。先ほども少しお話し致しましたがコーティングが

効いてますので水アカなどがこびり付いておりません。ですので洗車で簡単に落ちます。屋外駐車と言う事もあり

撥水が落ち始めてきていましたがコーティング自体が落ちている訳ではありませんのでご安心ください!

メンテナンスでその落ち始めた撥水力や艶を取り戻します。 メンテナンス作業は基本的に塗装を研磨致しません

ので洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると綺麗な状態を維持しやすく

なります!コーテイングしてあっても車は徐々に汚れてきますし艶も引けてきますので定期的なメンテナンスを

お薦め致します(^.^)/

 

 

DSCN9130

DSCN9065

DSCN9083

DSCN9095

DSCN9106

DSCN9110

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。