プリウスPHVのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ プリウスPHVのボディコーティングです!

30プリウスのPHVです!

こちらのプリウスはご購入後5年経過しており汚れが気になってきたとの事で当店に

お越しくださいました。  ありがとうございます。

上のお写真ですとお綺麗に感じますが、よくよく観察いたしますと5年分の汚れや痛みが

見えてまいります(^^;)

では5年間頑張ってくれましたプリウス君の現状を見ていきましょう!

 

今回はボディコーティングと同時にヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いておりますので

ヘッドライトから確認していきましょう。

右側のヘッドライトです↑

白濁が進んでいます(涙) ヘッドライトが曇っていると年式以上にお車が古く見えてしまいます。

反対側も・・・

全体的に・・・

曇っていて残念な状態です(*´з`)

ボンネットは・・・

洗車キズと思われる線キズも多く、くすみも進んでいてクリヤー感がないですね。

ルーフも結構キズキズでした。

ボディサイドもボヤッとしたライトの映り込み具合です。

↑のようなモールの淵やエンブレム類なども汚れが溜まっています。目に付きやすい位置なんで

尚更気になります。

ホイールもお掃除がしにくい”隅”に汚れが溜まっておりました。

ホイールに限らずボディも”溝”や”隅”に汚れが溜まるものです。またそのような場所はお掃除がしづらいので

汚れが残ってしまいがちです。

 

ご覧いただきましたように全体的にボディも、くすみが進んでいて洗車キズと思われる細いスクラッチが

多く、それらが重なってプリウスのボディから艶を奪ってしまっている状態でございました(^_^;)

5年間頑張ってくれたので劣化や痛みはしょうがないです! 頑張ってくれた証拠でもあります!!

今までありがとう!&これからもよろしくね!の意味を込めてプリウスPHVリフレッシュ開始です(^o^)丿

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

特別鉄粉が少ない訳ではなく、だからと言って特別多くもありません(笑)

リアも・・・

ここだけ見ますとやや多く感じると思いますが年式を考えますと平均的だと思います(*^^*)

そして鉄粉を除去致しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします↓

綺麗になりましたね!

リアもサッパリといたしました。

鉄粉なんて取る意味あるの??と思われる方も多いと思いますが鉄粉の付着が多いと

洗車時にスポンジの滑りが悪くなったり、撥水性(水の流れが)悪くなったり、特に白やシルバーなど

明るい色のボディカラーですとよ~く見ると黒くポツポツと確認できます(^^;) それから錆が広がり

茶色っぽくシミが広がることもございます。

↓は違うお車の画像ですが、このように鉄粉から錆が出てシミになります。

これ↑はまだ小さいシミですけど、中にはもっと大きく広がる物もあります(*´з`) 

これが沢山付いている状態・・・考えるだけで怖いですね(汗)

更に鉄粉の付着が進むと白い車が黄ばんで見える事もありますのでご注意ください!

黄ばんで見えるのは極端な例ですけど本当に黄ばみます(;’∀’)

 

話がそれましたが鉄粉処理が終わりましたら作業はマスキングへと進みます。

そしてまたピントが少しボケてますね(^^;) すいません。

ボケていると言えば写真撮っているときは全く気が付かないんですけど磨き始めてから気が付くんです・・・

タイヤにカバーを掛け忘れている事に(^▽^;)

そしてカバーを掛けて作業再開です(笑)

 

磨きが済みましたらいよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は水玉撥水が気持ちいい・・・

こちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはヘッドライトからです。  施工中の写真が無くてすいませんm(__)m

白濁が無くなってクリヤ~!

正面から見ても・・・

クリヤ~(^_-)-☆

反対側も・・・

バッチリ~!

近くで見ても・・・

バッチリ~!

ボンネットだって・・・

クリヤー感が戻りましたね!(^^)!

キズキズでしたルーフもいい感じになりました~。

ボヤッとしていたライト映り込みもシャープになりました。

汚れが溜まっていたモールの淵も・・・

サッパリといたしました。

それともう一つ、ホイールの汚れだって・・・

綺麗になりました!

そしてトヨタ プリウスPHVのボディコーティング完成いたしました!!

透明感ある艶々ボディに仕上がりました!

磨きでキズやシミ・くすみを除去しますと塗装本来の色と艶が出ます。更にそこにPCX-S8で

コーティングしますとより一層のツヤピカボディに仕上がります(^o^)丿  仕上がっているんですけど・・・

上の写真ですとツヤピカが伝わって来ないような・・・(;´∀`) スイマセン。

でも実車を見て頂ければ一目瞭然です! オーナー様も『おぉ!綺麗になった~』とおっしゃっておられました!

特にヘッドライトに驚かれているご様子でした(*^_^*)   ありがとうございました。

 

一見ノーマルな佇まいの今回のプリウスですが、実は結構色々とカスタマイズされており

ご購入から5年間、プリウスを楽しんでこられたようです(*^^*)

そしてこれからの5年、10年、そして15年~ と何時までもプリウスPHVを

楽しんじゃってください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミニクーパーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはMINIクーパーのボディコーティングです!

R56のミニクーパーです!

最近ご購入されました黒いお目目のこちらのミニは初めヘッドライトクリーニングのご依頼で

お越しくださいましたが、ヘッドライトクリーニング後にボディコーティングのご依頼も頂きました。

ありがとうございます。

と、言うことでヘッドライトクリーニングとボディコーティングの作業日は違う日だったんですけど

今回は両方合わせてご紹介してまいります!!

ボディコーティング以外にもホイールコーティングや樹脂コーティングなどもご依頼いただきましたので

今回は作業も盛りだくさん!写真も盛りだくさん!! ですので早速ご紹介していきましょう(^_^)/

 

まずはボンネットから現状を確認していきます。

ボディカラー的に目立ちにくいんですがシミが酷く、くすみも進んでいて艶が引けている状態です(^^;)

ルーフもボンネット同様でシミシミでした。

ボディサイドはシミは少ないんですけど、やはりくすんでいてクリヤー感が感じられません。

エンブレム回りの汚れはお車を古く感じさせる要因です(^_^;)

ルーフの隅には汚れが固着してしまい・・・

尚更、時間の経過を感じてしまいます。

時間の経過と言えば・・・

樹脂パーツも経年劣化による色褪せもまたしかりです(^_^;)

そして輸入車では定番の・・・

大量のブレーキダストによるホイールのよ・ご・れ(*^^*)

少し走るだけで・・・しかも走れば走る程汚れが付きます(笑)   これはしょうがないですね!

 

ご覧いただきましたように全体的に年式相応の痛み&汚れ具合です。

特にオーナー様が気にされていましたルーフの隅に固着している汚れや樹脂パーツの色褪せは余計に

お車を古く見せてしまいますし、汚れが気になって気分も良くないものです(笑)

せっかく気に入られてご購入されたミニですから、この先も気持ち良くお乗りいただく為にも

ミニをキリッとリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは先ほどもお話いたしましたように初めに作業させていただきましたヘッドライトから

サラ~とご紹介していきましょう!  すいません、ここはサラ~といきます(^▽^;)

まずは現状です↓

右側のヘッドライトは一度交換されたのでしょうか? よ~く見ますと、ごく軽い曇りはございますが

とてもお綺麗でした。

しかし反対側は・・・

だいぶ傷んでます(^_^;)  右と左の痛みが具合が違いすぎますので右側はやはり交換されていると

思います。  左のライトの白濁が酷かったのでオーナー様が市販のヘッドライトクリーナーで頑張った

そうで、当店にご入庫される前は↑の写真より白濁が酷かったようです。

そしてアフターです↓

こちら側は元々お綺麗でしたが、よりクリヤーになりましたよ!

そして反対側は・・・

痛みはだいぶ進んででいてヘッドライト表面に細かなクラックが入っています。

これはクリーニングではどうする事も出来ませんが、だいぶクリヤーになりました。

ヘッドライトを綺麗にするだけでお車の印象はグ~ンっとUPです!

 

そして日を改めましてボディ編です!

まずはウインドウコーティングから行きましょう。  ウインドウもサラ~と行きます(^▽^;)

現状も撥水が掛かっていた感じでしたが・・・

ガラスを磨いて一旦リセットしていきます!

リセット完了!  綺麗に親水状態になってます。  しかし・・・

変なカメラの持ち方してますな~(汗)右手はいいとして、なんで左手は指一本なんでしょう??

なんて考えているうちに最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウは完成です!

そして作業は続いていきます・・・

洗車後にいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応します。

ボンネットです↑  それなりの量は付いてますが年式を考えますと少ないですね(^_^)/

リアは・・・年式相応でしょうか?(笑)

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアもいいですよ~。

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

ガッツリと磨いていきました!

ガッツリと磨いてスベスベになりましたお肌に今回はこちらの・・・

水玉撥水のPCX-S8でコーティングです。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと色褪せが進んでいるフェンダーアーチなどの樹脂パーツも専用の樹脂コーティング剤で

コーティングです(^o^)丿

↑これくらい色艶に差が出ますよ~!!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

なんという事でしょう!

あのシミシミでくすんでいた塗装肌がクリヤーでスベスベに変身しました~!(^^)!

もちもんルーフだってご覧の様です!

ボディサイドもくすみが無くなりスッキリとしましたね。

そして古さ感を倍増させるエンブレム回りも・・・

サッパリとして時間の経過を感じさせません。

オーナー様が気にされていたルーフの頑固な汚れも・・・

綺麗になりました(^_-)-☆  隅が綺麗ですと清潔感あって本当に気持ちいいですよ!

フェンダーアーチやカウルトップも・・・

黒さが復活しました。

そしてホイールもコーティングで艶々です。 あたり前ですけどホイールコーティングした事で

ホイールダストの出る量が減る訳ではありませんが、ホイールに付いたダストのこびり付きが低減でき尚且つ、

ホイールのお掃除が楽になります。国産車はもちろん、ダストが大量に出る輸入車には特におすすめの

メニューでございます!

そしてミニクーパーのボディコーティング、その他諸々(*^^*)の完成です!!

リフレッ~シュ!!

しましたね(笑) ボディもくすみが無くなってクリヤーな透明感ある艶々ボディに仕上がりました!!

また白く色褪せていた黒い樹脂パーツが黒くなったことでボディをキリッと引き締めてメリハリが

効いたミニに変身しました(^o^)丿 変身じゃなくて新車に戻ったと言うのかな??(笑)

オーナー様も大変お喜びになられて下さり『うわぁ~凄い綺麗~!』『こんなに綺麗になるんだ~』

『本当に嬉しい~』と嬉しいお言葉の雨あられでございました(笑)

ありがとうございますm(__)m

 

こちらのオーナー様は今回、一度は乗ってみたかったミニクーパーの念願のご購入だったそうです。

そのお気持ちよ~くわかります(*´▽`*)

私も・・・見れば見るほど、触れば触る程ミニが欲しくなります。

リフレッシュも済み更に気持ち良~くお乗り頂けると思います。お車が綺麗だとやっぱり嬉しいですし

気持ちも上がります!これから始まる”ミニ ライフ”を楽しんでください!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバースポーツのヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレンジローバースポーツのヘッドライトクリーニングです!

こちらのレンジローバースポーツはご購入されてから10年ほど経過されているそうですが

とてもお綺麗です! とても10年の時間を感じさせない状態です(*^_^*)

ただ一つだけオーナー様が気にされていましたのが今回ご紹介致しますヘッドライトです。

とは言いましても確かに痛みは(白濁)はございますが年式を考えますとヘッドライトも

痛みは少ないと思います。

 

ではヘッドライトクリーニングを今回はビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずは右側のヘッドライトです↓

こちらは数年前に交換されたそうで(ヘッドライトの白濁などでの交換ではなく機能的な不具合で)

とてもお綺麗です。

しかしよく見ますと・・・

若干の曇りがございますが↑カメラで撮るとあまりわからない程度です(^^;)

全体的にごく軽くですが曇っている状態ですので右側のヘッドライトは軽く磨いてクリヤーに

致しました。

そしてアフターです↓

スッキリとクリヤーになったのが感じて頂けると思います!

こちらの写真の方が↓わかりやすいかな??

ビフォー↑  アフターです↓

そして右側完成です!

元々お綺麗でしたが、より透明感あるヘッドライトに仕上がりました(^.^)

 

続きましては左側のヘッドライトです。

こちら側が今回のメインです(笑)  と言いましても先ほどからお話しているように

傷んではいますが10年経過を考えますと状態はけして悪くはないと思います。

一番傷んでいる所は・・・

ヘッドライトの上部です。↑

アップで見ると・・・

確かに傷んでました。

そして↓がアフターです↓

こちらもクリヤーに仕上がりました!

アップで見ますと・・・

微細な表面のクラックが残っておりますが、余程近づいて見ない限りは気にならないと思います!

そして左側も完成です!

正直写真ですと施工前後の違いがわかりにくいんですが引き取りに来られたオーナー様はひと目で

『綺麗になったね~』とおっしゃっていただけました!  ありがとうございます。

ヘッドライトクリーニングは今回のレンジローバースポーツのように白濁や黄ばみの

症状が軽いうちに行いますと、私のブログ的には施工前後の違いがわかりにくくてアレですが(笑)

お車的には酷くなる前に早め早めの処置を行うのがいい思います。

酷くなると施工料金も高くなってしまいますので(^^;)やはり早めがおすすめです!!

 

ヘッドライトは少しずつ黄ばみや白濁が進みます。毎日自分のお車を見ていると意外に気が付かない

ものです。そしてある時に気が付くんです『ヘッドライトが曇っている』と!

今回のレンジローバースポーツは比較的痛みの度合いは軽めでしたが、ヘッドライトが黄ばんでいたり

白濁していると・・・

ヘッドライト曇ってる → そのまま放置 → 痛みが進む → 車が古臭く見える → 愛着が薄れる → 車買い替え。

なんて事になりかねません(^▽^;)

更に最悪のシュミレーションをしますと・・・

車買った → お金が無くなった → 闇金 → そうだギャンブルだ!→ 負けた → 借金増えた → 返せない →

取り立て → 夜逃げ・・・   もうこれ以上怖くて書けないっす( ;´Д`)

ヘッドライトの痛み一つでこれです。 怖いですね~。

そこでヘッドライトクリーニングです! 不思議なものでヘッドライトがクリヤーなだけで

お車の印象は大きく異なります。ヘッドライトが綺麗になると・・・

ヘッドライト曇ってる → クリーニングする → 綺麗 → 愛着復活 → まだまだ乗るぞ! → 買い換えない

→ ECO → 地球に優しい(^_-)-☆

なんとヘッドライトクリーニングすると最終的には地球の環境保全に繋がるんです(笑)

いゃ~ビックリですね(*’▽’)  私も書いててビックリです!!

皆様のお車のヘッドライトは大丈夫ですか? 地球の為そしてお財布の為にもお車買い替えるその前に

lets’ヘッドライトクリーニング!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

黒いエスティマのボディコーティングです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ エスティマのボディコーティングです!

H24年式のエスティマです! 5年経過しキズもだいぶ目立つようになってきたとの事です。

ソリッドブラックなんで余計にキズも目立ってしまいます。しかしオーナー様はマメにお手入れされていた

そうで↑のお写真の様にパッと見はお綺麗な感じはしますが・・・(^^;)

今回は作業内容(写真)が多いので早速現状を確認していきましょう(笑)!

 

まずはボンネットからです。

やはり5年相応のキズが目立ちます。

ルーフです。こちらも洗車頑張ったキズとシミが目立ちますね。

ドアです。ドアもなかなかハードなキズですね(^▽^;) 楽しい作業になりそうな予感です(笑)

ホイールは比較的ダスト汚れが少なくてお綺麗でした。

 

ご覧いただきましたようにボディ全体がややハードなキズにやられてます(ToT)/ ルーフはシミも多く

5年間の疲れが感じられます。こちらのエスティマに限った事ではありませんが、ルーフの高いミニバンは

普段目が届かない&手が届かない事もあってやはり皆様ルーフが痛んでいるお車が多いです。

逆にルーフが綺麗ですと『やるな!』と思わせられます(笑)

少しお疲れ気味のエスティマですがリフレッシュしてキリッと仕上げていきたいと思います!!

なかなかハードな作業になりそうですが、どこまでキリッとなるのか!? 私も楽しみです(笑)

では作業開始!!

 

今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いておりますので、まずはそちらから見ていきましょう!

まずは現状です↓

黄ばみはそれ程酷くはないんですがキズが凄いです(^^;)

だいぶ傷んでます。写真より実物の方が酷いかも(^^;)

反対側も・・・

キズがキズキズですがこっちの方が少し痛みが少ない感じでした。

少しキズが少ない感じです。 少しね(笑)

作業途中の写真が無いのでいきなり完成です!    すいません。

完全にキズは消せませんでしたが綺麗になりました。

中がよく見えます(*^^*)

反対側も・・

中がよく見えるようになりました。

白濁も無くなりスッキリとしました。

ライトクリーニングだけでもだいぶお車の雰囲気が若返ったんですけど作業はまだまだ続きます。

と言うより、始まったばかりです(笑)

続いてはウインドウコーティングです。

現状です↓

ワイパーの払拭範囲外は油膜が目立ちます。

油膜を落としてガラスもリフレッシュします!

↑が油膜が除去できた状態です。これは水が掛かった状態です。油膜が落ちた状態ですと

水を掛けると水が膜状に広がる親水状態になります。 ↑なってます!

その後ウインドウコーティングで撥水コーティングして最後に撥水チェックをします↓

チェックOKです(^o^)丿  ウインドウコーティングはこれで完成です!!

更に作業は進み今度はボディです!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認いたします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 反応いたしますが・・・

ボディが黒いと確認しにくいです(^^;)

でも意外と、と言ったら失礼かもしれませんが・・・

5年の月日を考えますと意外と鉄粉少なかったです。  ← まぁ言っちゃってますけど(^^;)

そしてマスキングをおこない・・・

ポリッシングの準備が出来ました!

今回は痛みが進んでいるルーフとボンネットは4工程の磨き、その他は3工程で仕上げていきました。

そして磨きを終えましたボディには今回はこちらのコーティング剤で・・・

コーティングです! こちらのPCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

キズもサッパリとしました!

ルーフのシミもキズもだいぶスッキリとしました。

深いキズは残ってますがドアも綺麗になりましたよ~(*´▽`*)

写真撮り忘れましたがドアカップ(ドアノブ部)にキズ防止のプロテクションフィルムも貼りました!

↑の写真をよ~く見ますとドアノブの窪みに張ってあるのが何となく見えます(笑)

これでドアカップの爪による傷付きが低減します!

ホイールとタイヤも黒々と仕上げましたら・・・

トヨタ エスティマのボディコーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。黒い車はキズが多くなってきますと、そのキズに光が乱反射してしまい

白っぽく見えてしまいます。そのキズを磨いて除去(軽減)いたしますと光の乱反射が無くなり

黒が黒く!そしてお車が引き締まります!!

お引き取りに来られましたオーナー様からは『すげ~。ピカピカだぁ!』『お見事です!』とお褒めの

お言葉を頂きました。 ありがとうございますm(__)m

頑張ってよかった~(笑)

 

オーナー様は今回当店にコーティングを出すかディーラーに出すかお悩みのご様子でした。

お電話で何度か専門店とディーラーコーティングの違いをご説明させて頂きました。そしてご検討頂いた

結果、当店をお選びいただきました。 お選びいただいたからにはご期待以上を目指して頑張りました(笑)

もちろん当店にお越し頂きましたお車は常にご期待以上を目指して施工致しております(^^)/

皆様も当店にコーティングを出すかディーラーに出すか悩んだ時はお気軽にご相談ください!

もう、くどい!ってほど、ねっとりとご説明させていただきます( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダ プレマシーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ プレマシーのボディコーティングです!

納車当日にご入庫頂きましたピカピカの新車です(*´▽`*)

スノーフレイクホワイトパールマイカと言う雪の様に白いとても綺麗なパールホワイトです!

雪のように白いパールホワイトなんですが・・・

すいませんm(__)m上の写真ですと少し黄色っぽく見えますね(汗)

白い車を白く撮るのって結構難しいんです(^_^;)  照明の関係で黄色くなったり青っぽくなったり・・・

カメラやモニターの特性もあるんですけど・・・すいません。 いきなり話がそれましたが、無事に?言い訳も

済みましたので(大汗)早速プレマシーの現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトの映り込みがボヤボヤ~としてますね。

ルーフはそれ程でもありません。

ボディサイドは結構な曇り具合でした(^^;)

納車後ほぼ走ってないのでホイールもお綺麗です(^_^)/

 

ご覧いただきましたように納車当日にご入庫くださいましたのでボディはとてもお綺麗です!全体的に

塗装面に曇りが確認できます。特にボディサイドは先ほどの写真の様にボヤ~と雲っていました。この曇りを

磨いてスッキリとした塗装肌に仕上げていきたいと思います!

では作業はじめ~!!

今回はボディコーティング以外にも盛沢山のご依頼を頂いております。ありがとうございます。

と言うことで、まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

こちらが↓現状です

↑これは水が掛かっている状態です。 油膜の付着も少なくていいですね~。 しかしリアは・・・

結構油膜が付いてます。フロントとリアで何故こんなに違うのでしょう??謎です(笑)

もちろん綺麗なフロントウインドウも下地作りはキッチリと行います!

油膜が落ちて綺麗になりました↑ あっ!これ水が掛かってる状態ですよ~。ガラスは油分や汚れが無くなると

水を弾かなくなります。その状態がガラス表面が綺麗な状態の証拠です!!

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でウインドウコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成しました!  コロコロに水を弾きます!(^^)!

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できます。 新車でもこの位は付いているものです。中にはちょっとビックリするくらい鉄粉が

付いている新車もございます(^^;)

リアもポツポツです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね~!

リアもいいね!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は軽めの磨きで塗装表面のボヤボヤっとした曇りを除去しスッキリとした塗装肌に

していきました!

そのスッキリとした塗装面には今回はこちらコーティング剤・・・

PCX-S8でコーティングです!こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤になります!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 →  PCX-S8

人気の水玉撥水です(^_-)

それと未塗装樹脂部の樹脂コーティングのご依頼いただいております。プレマシーはリアバンパーが

未塗装部の割合が結構多いんですよね~。と言うことで・・・

コーティングです! 黒の深みが増して艶々になります。

フロントグリルやフォグランプベゼルなどもコーティング!!

それとヘッドライトもコーティングをして新車時より経年劣化防止に努めます(^_-)-☆

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。まずはボンネットからです。

写真ですとわかりにくいんですけどシャキッとしましたよ~。

ルーフも元々お綺麗でしたがよりスッキリとしました。

ボヤ~が解消しました。 曇りが一番酷かったボディサイドがやはり一番違いがわかりやすいと思います(笑)

ホイールもコーティングしましたので、よりツヤピカです。ホイールのお掃除が楽ですよ(^_^)/

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーのボディコーティングとその他沢山の

施工が完成いたしました!

ボディの白と樹脂の黒がメリハリが出てキリッとした印象に仕上がってるんですけど・・・

写真の色合いが悪くてすいませんm(__)m

でもオーナー様も一目で『引き締まりましたね~!』とおっしゃっていられましたので間違いないです!!

新車で元々おきれいでございましたが磨きで曇りを除去しましたので、よりクリヤー感が出て光沢も

上がってます。また先ほどもお話ししましたように樹脂コーティングで黒がより黒くなり、その黒が

白いボディを引き締めていてコーティング前よりスッキリと、そしてキリッといたしました(^o^)丿

 

はじめに言い訳いたしましたように(^▽^;) 白い車を写真に撮るのって難しいんです(汗)

特に当店はガラスの面積が大きくて太陽の位置によって日の当たり方が変わってしまい、それだけで

写真の色合いが変わってきてしまいます(;”∀”) 晴れの日と雨の日でも全然違ってきてしまいます。

もちろん色合いはカメラの特性もありますけど・・・それよりもやっぱり腕ですかね??

ちなみにカメラはコンデジなんですけど・・・コンデジも奥が深いですね(^_^;)

白い車を白く撮れるように写真も頑張りま~す(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

日産スカイラインのヘッドライトクリーニングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産スカイラインのヘッドライトクリーニングです!

V36スカイラインです!

以前にも別のV36スカイラインのヘッドライトクリーニングを行いましたがV36のヘッドライトは黄ばみ(黄変)

しやすい印象ですね。街中で見掛けるV36も結構黄ばんでいる車が多いような・・・(^^;)

その以前に作業致しましたV36スカイラインのヘッドライトクリーニングのブログをご覧くださったようで

今回当店にヘッドライトクリーニングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

現状を見ていきますと・・・

写真ですとそれ程黄ばんでるようには見えませんが確かに黄ばんでます。

写真より実物の方が黄ばんでます(^^;)

反対側も同じく! 黄ばみもそうなんですがヘッドライト自体の痛みが進んでましてクラックが

だいぶ入ってました。

そして作業ですが・・・あまり(ほぼ)ご紹介できる写真がございません(^^; 何故かって??

それはマスキングをしたら、ひたすら磨いていくという地味な内容だからです(笑)

いゃ、マスキングだけじゃなくて、実際にはここまでにも色々やってますよ(^^)

やってますがそれも地味なんで(笑)

と言うことで今回はビフォー&アフターで見ていきましょう!

ではどうぞ~。

ビフォーです↑

アフターです↑

こちらもビフォーです↑

そしてアフターです↑  どちらのアフターも黄ばみが取れてクリヤーになったんですが・・・

よ~く見るとクラックが確認できると思います。

これもアフターです↑

そして反対側も・・・

ビフォーです↑ こちらの方が痛みがやや進んでいる感じです。 前後方向に縞模様の様になってます。

そしてアフターです↑  クリヤーになりました。

こちらも筋状に模様が付いてます(^^;)

アフターです↑ こちら側のライトもよ~く見るとクラックが確認できます。

 でもこの位離れるともうわかりません(*’▽’)

普段クラックが気になる事はそれ程無いと思います!

そして日産スカイラインのヘッドライトクリーニング完成いたしました。

いかがでしょうか。 やはりヘッドライトが綺麗だとお車の印象は大きく異なります!

ヘッドライトが黄ばんでいるとどうしてもお車が古臭い印象になってしまいます。逆にヘッドライトが

綺麗ですと年式を感じさせません!!

写真より実車で見て頂いた方がクリーニング前後の違いがわかりやすく、見た目の印象も大きく異なると

思います。

オーナー様も『おぉ!ライトの中が見える!』『これでまだ数年は乗れるよ~』ととてもお喜びに

なられてました(*^^*)

 

ヘッドライトクリーニングではヘッドライト表面に入ってしまったクラックまでは残念ですが除去できません。

しかし黄ばみや白濁を除去することは可能です。確かに先ほどの写真の様にもの凄くアップで見るとクラックが

確認できますが普段はそれ程気になる事は無いと思います。それよりもヘッドライトがクリヤーになった事で

お車の好感度UPの満足感の方が大きいと思いますので(笑)『黄ばんでるしクラックだらけだしなぁ~』と

諦める前に一度お試しください!

ヘッドライトが綺麗になったらきっと『まだまだ乗るぜぇ!』って気が変わりますよ(^_-)-☆

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

86のメンテナンス&ヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86のコーティングメンテナンス&ヘッドライトクリーニングです!

こちらの86は樹脂コーティングやホイールコーティングなどで以前より当店をご利用下さって頂いております!

いつもありがとうございます。

ボディコーティングはお車ご購入時に販売店で施工されたそうです。今回はボディコーティングのメンテナンスと

ヘッドライトクリーニングのご依頼を頂きました。

年内にコーティングの再施工をお考えとの事でしたが、まずはその前にメンテナンスをして現在の塗装面

(コーティングを含め)状態を確認してくださいとのご依頼です!   (>Д<)ゝ”イエッサ!!

 

では今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

ビフォーです↑ 少しわかりにくいんですが雨で少し汚れています。シミがやや目立ちますね(^_^;)

アフターです↑ ボディはサッパリ&スッキリしましたが・・・シミは残ってしまいました。

ボディサイドも汚れてますね。でも汚れていても普段からお綺麗にされている事はわかります!

アフターです↑サイドはシミもあまりなく綺麗です!

ルーフもシミが付いてますが・・・ピンボケですいません(^▽^;)

↑アフターです。 こちらもスッキリとしたんですがシミが残ってます。

しかもまたしても痛恨のピンボケ!(汗)・・・で分かりにくいです。 すいませんm(__)m

ホイールは昨年コーティング致しましたのでピカピカです!

でも洗うともっとピカピカです(^_-)-☆

それと鉄粉の付着具合ですが・・・紫色にポツポツ見えるのが薬剤に反応している鉄粉です。

ボンネットです↑ やや多めです。

リアもやや多めでした。

こちらが鉄粉除去後です↓

いい感じに取れました(笑)

そしてヘッドライトは・・・

ビフォーです↑凄く白濁している訳ではないですが曇り始めてます。

アフターです↓

中までバッチリ見えるようになりました!

反対側は・・・

こちら側の方が綺麗です。でも正面から見るとあまり曇りを感じる事もないんですが・・・

ヘッドライトの上部は結構痛みが進んできてます。少し深い線キズも何本かあります(;’∀’)

↓がクリーニング後です。

綺麗だと思っていても磨くと、やっぱりもっと綺麗になります(笑)

深い線キズが残ってますが、だいぶクリヤーになりました。

ヘッドライトは白濁や黄ばみなど痛みが酷くなる前(今回くらい)にクリーニングするのがお薦めです(^_^)/

まだいいかな?まだいいかな??なんて放っておくと大変な事になります(笑)その前に是非!!

 

そしてトヨタ86のコーティングメンテナンス&ヘッドライトクリーニングの完成です!

施工前との写真の色合いが違ってしまってすいませんm(__)m

現車をお見せできればいいんですが・・・見て頂ければ艶やクリヤー感の違いなどハッキリと

わかっていただけます!

塗装面(コーティング含む)の状況ですが撥水はまだ効いておりました!でもややシミが目立つ状態です。

残念ながらシミやキズはメンテナンスでは除去できません。コーティング事態はまだまだ効いておりますが

シミやキズ、くすみなどが気になるようでしたら磨きが必要になります。逆にその辺りがまだ気にならない

ようでしたらまだまだメンテナンスで維持するのも良いと思います(^.^)/

 

こちらの86は昨年お車ご購入時に販売店の方でボディコーティングを施工されたそうです。

お車購入時にディーラーさんや車屋さんなどでボディコーテイングを施工したけど、購入したお店が遠かったり、

コーティングしただけで、その後のメンテナンスなどのアフターをやっていないお店などだったりで、

「他店でコーティングしたんですけど、こちらでメンテナンスをやってくれますか~?」と当店にご相談に

来られるお客様が多いです。

メンテナンス等でお困りでございましたら、まずはお気軽にご相談ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フェアレディZロードスターのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フェアレディZロードスターのボディコーティングです!!

プレミアムディープマルーンのZ34です!

上の写真でも艶があまり感じられないと思うんですが近くで見ますともっと艶がないんです(汗)

プレミアムディープマルーンのプレミアムはどこへやら・・・

では早速ですが現状を見ていきましょう!

まずはボンネットです。

かなりハードにキズが入ってます。シミも凄いんですけどキズで目立ちませんね(^^;)

こちらもボンネットです。深~い拭きキズです。

トランクもだいぶダメージを負ってますね~。

ドアです。キズがグルグルです(笑)

リアフェンダーです。 艶がない訳です(^_^;)

 

ご覧いただきましたようにキズだらけです(涙)折角のプレミアムディープマルーンが普通の茶色にしか

見えません。パール感もゼロですね(ToT)

オーナー様も買ったときはフェンダーなんか艶々でウットリだったようですが気が付けば艶がなくキズだらけ・・・

これ綺麗になりますか~?と当店にご相談に来られました。

 

では作業を開始していきましょう!今回はなかなかハードな戦いになりそうな予感です(笑)

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします・・・ 写真だと見えませんけど(汗)

毎回ですが濃色系のカラーの車は紫色に鉄粉が反応していても写真だと分からないんです。でもなんで写真で

わからないのに鉄粉チェックをしているのかと言うと・・・これは専用のクリーナーがクリーナーだからです!?

紫色に反応しているのは鉄粉(正確に言うと鉄粉の錆)を溶かしているからなんです。 ですのでチェックと言い

ながらもクリーニングもしているんです!   まさに一石二鳥!!   一個の石と2羽の鳥ですよ!

どういう意味なんでしょう??

急に一石二鳥の由来が気になってしょうがないのでウィキペディアで調べてみました(^^; それによると・・・

鳥が2羽集っていたところに1羽の鳥を狙って石を投げたら鳥が2羽とも落ちてきたという17世紀のイギリスの

ことわざだそうです。 まさに一石二鳥!(^^)! な~るほど。そういう事だったんですね。スッキリした~(笑)

話が大幅にそれましたね。スイマセン  次は鉄粉をスッキリしていきましょう!

今度はネンドを使って鉄粉除去していきます。

↑はネンド掛け前の状態です。  ↓はボンネットをネンド掛けした後の状態です。

年式を考えますと鉄粉は少なかったです(^.^)/ ボディ全体をネンド掛けし作業はマスキングへ進みま・・・

した。

そして磨いていきます。今回は磨きごたえ十分でした(^^;)これだけ塗装面が傷んでますと磨き前後の違いが

よくわかって気持ちいいですよ(笑)

↓は1回目のポリッシュ途中です。右半分磨いてみました!磨くとこんなに色艶が変わるんです。

変わるというよりは本来の色に戻るっていった方がいいでしょうか。

↑はまだまだ磨き途中です。ここから更に磨き込んでいきました!

磨き上がったボディに今回はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

その前に今回はヘッドライトクリーニングのご依頼を頂いておりますのでそちらからいきましょう!

↑現状です  だいぶ白濁が進んでました。 近くで見ると・・・

中が見えませんね(^_^;)

実はこれ数か月前に某カー用品店でヘッドライトクリーニングをしてもらったんだそうです。その出来上がりが

この状態だったそうで・・・これで限界!っ言われたそうです・・・(^_^;)

そして当店での仕上がりがこちらです↓

中が見えるようになりました(笑)

反対側もこんな感じでしたが・・・

↓これくらい綺麗になりましたよ~(^_^)/

気持ちいいですね!

続いてボディを見ていきましょう。

まずはボンネットです。

深いシミやキズは残ってますが数年は若返りました(笑)

トランクもいいですね。

サイドも深いキズなど残ってますけど、かなりスッキリとしました。

リアフェンダーはナデナデしたくなっちゃいますね。 でもナデナデしちゃダメですよ(*^▽^*)

そしてプレミアムディープマルーンのフェアレディZロードスター、ボディコーティング完成しました!

いかがでしょうか。キズキズで白っぽかった茶色のZが色の深み艶を感じて頂けるプレミアムなディープマルーンに

仕上がったと思います。さすがに新車までは行きませんが数年は時間を巻き戻せたかな??(笑)

オーナー様も『こんなにピカピカになるんだ!もっと早くやってもらえばよかったな~』と、とてもお喜びに

なられておりました。

 

ダークカラーのお車はお手入れが大変とよく言われます。確かにそうです(^_^;)  誤った洗車方法はボディに

余計なキズを付け艶が低下して美観が損なわれてしまいます。白やシルバーなど同様にキズは入りますが

ダークカラーはキズが目立つので、より美観の低下を感じさせてしまいます。

洗車時のポイントは水をいっぱい使う・シャンプ-を泡立たせる・優しく洗う・です!

詳しい洗車方法はカービューティープロ本部のHPに動画がございますので、是非ご参考に!!

洗車方法の動画 → 洗車!!

正しい洗車方法で洗うと時間は短く・そして綺麗に仕上がります!!   それはまさにアレですね!

 

一石二鳥  ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW120iのボディコーティングです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回は遂に黒い車シリーズ4部作の最終話! 黒い車シリーズ第4弾のBMW120iのボディーコーティングです!

色はもちろん・・・

今回も黒です!

こちらは1年ほど前に当店でボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。まだ1年ですがコーティングの

再施工をご希望との事でお越し頂きました。ありがとうございます。

 

では早速、施工1年経過いたしましたBMW120iの現状を確認していきましょう!

↑はボンネットです。 結構シミが付いてますね(^^;)

こちらはルーフです。乾いたタオルか何かで拭いたのでしょうか?ルーフ全体ではないんですけど

拭きキズでギラギラとしていました。

ボディサイドも一部ですがギラギラとしています。何故でしょう??

リアゲートの中もだいぶ・・・(^^;

給油口もそれなりに(笑)

全体的にややお疲れ気味です。まだ1年なんですけど結構傷んでいました(^▽^;) シミも気になりますが

ルーフやリアフェンダーに付いている拭きキズと思われるギラギラが少し目立ちます。 でもルーフは普段あまり

見えないと思いますけど私的に凄く気になります(*´з`)

この気になる所を直してまたピカピカのボディにしていきましょう! 作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、まずはそちらからサラ~と見ていきましょう。

現状です↓

だいぶ撥水が落ちてきてます。

弱まった撥水コーティングを除去していきます。

↑こちらは綺麗になったガラスに水を掛けた状態です。油膜や撥水剤を除去したガラスはこの様に水が

ガラスに均等に膜状に広がる親水状態になります。このままですと油膜が直ぐに付いてしまいます。

そうなる前にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティング!!

最後に撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 でも まぁ 黒い車シリーズの4回目ですから・・・前回同様もうお分かりですね(笑)

写真だと・・・黒いボディに紫色に反応していても良く見えません(汗)

その後にトラップネンドを使い鉄粉を除去します。 ↓が作業前のネンドです。

そして↓がネンド掛け後のネンドです。

鉄粉は少なかったですよ~!

そしてマスキングでボディを保護して・・・

磨いてまいります。今回は3回磨きで仕上げていきました(^_-)-☆

そして今回使用しましたコーティング剤ですが「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

PCX-S7です! 最近PCX-S7の登場の機会が多いですね(笑)  こちらは低撥水タイプのコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミシミもだいぶサッパリとしたと思います!

ルーフのギラギラも・・・

サイドのギラギラもスッキリと無くなりました(*’▽’)

リアゲートのヒンジもいい感じです。

もちろん給油口もバッチリです。

それと今回はもう一つ、ヘッドライトクリーニングもご依頼を頂いております。

こちらもサラ~っとご紹介していきましょう! サラ~とです(笑)

写真ですとそれ程酷くないように見えますね(汗) 実は結構傷んでます。

↑こちらはクリーニング後です。 見比べて頂くと・・・透明度が違います。

反対側です。こちらの方が痛みが更に進んでいます。

そしてこちらがクリーニング後です。 スッキリしましたね!

そしてBMW120iのボディコーティングの完成です!!

いかがでございましょうか。ビシッ!とお車がリフレッシュ致しました!!

見た感じの”疲れ感”が違います(^_^)/

 

毎回お話し致しますが黒いお車はお手入れと維持が大変です。 白やシルバーなどのライトカラーのお車に比べると

塗装の痛みがどうしても早いです。特に屋根なしの屋外駐車の場合ですとその差は歴然です。特にお手入れしないで

放っておくとアッと言う間に大変なことになります(^▽^;) 黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れと

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

 

今回の黒い車シリーズ4部作はいかがでございましたでしょうか?(笑)  黒と言いましても色々ですね!

ソリッドの真っ黒や光の当たり方で紫色に見えたりと本当に色々あります。皆様はどの黒がお好みでございました

でしょうか?  えっ?私ですか??  私は綺麗ならどんな黒も好きです( ̄▽ ̄)

ちなみに次回は白い車です(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産フーガのメンテナンスです!

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産フーガのボディーコーティングメンテナンスのご紹介です。

定期的にメンテナンスにお越し頂いております、こちらのフーガですが今回はコーティングメンテンスと同時に

ウインドウコーティングの再施工とヘッドライトクリーニングのご依頼も頂きました。 ありがとうございます。

内容が盛り沢山ですので早速各部の現状を確認していきましょう!

まずはヘッドライトからです。どうぞ~

それ程黄ばみが酷い訳ではないんですが(写真より実車の方が黄ばんでます)黄ばみが気になるので

クリーニングのご依頼です。

アップで見ると・・・確かにクリヤー感ないですね(^_^;)

反対側のヘッドライトも・・・

こちらの方が痛みが進んでます。前回のメンテナンス時(昨年の5月)にもヘッドライトクリーニングを

行ったんですけど時間の経過と共に少しづつ黄ばみが進んできてしまいます。

↑はボンネットです。 こちらも傷みが少しづつ進んできてます(汗)

ボンネット同様シミがやや目立ち始めました。屋根なし屋外駐車ですのでしょうがないんですけど(^▽^;)

全体的に少し汚れ気味です(笑)

ホイールの汚れはそれ程ではないですね!

ご覧いただきましたように全体的にやや汚れてはおります。先程も少しお話いたしましたが屋外駐車(屋根なし)と

いうことを考えれば、ボディーコーティングを施工してから約1年半ほどの状態としましてはお綺麗だと思います。

今回もメンテナンスして、また気持ち良~くフーガにお乗り頂ける様にお車をリフレッシュしていきましょう!

メンテナンス開始!

まずはウインドウコーティングからです。↓は現状です。

ウインドウコーティングしてから1年半ほどです。まだ撥水はしてますが・・・少し弱り気味ですね(^^;)

でも1年半でこの状態なら悪くはないです!でもウインドウは安全に繋がりますので早め早めに掛け直しして

いかれることをおすすめいたします。

↑弱まった撥水コーティングを除去して、再コーティングします!

最後に撥水チェックをおこなって・・・

ウインドウコーティングは完成です! 水玉コロコロ復活しました!(^^)!

次はボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。シュシュッ!

結構付いてました(^^;)

↑トランクも多めですね。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

サッパリしました。

トランクも気持ちよくなりました。

その他にも、あんな物やこんな物使ったりして(笑)ボディを綺麗にしていき最後にメンテナンス剤を

塗布して仕上げていきます。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!まずはヘッドライトからです!!

綺麗になりましたね!

アップで見るとクリヤー感の違いが分かりやすいです(笑)

反対側も黄ばみはなくなりました。

よく見ると痛みが進んでいて細かなクラックが確認できます。これはクリーニングでは・・・

すいません!取れません!!

↑ボンネットです。シミは残ってますけど、だいぶスッキリしたと思います。

ルーフも綺麗になりましたね(^_^)/

艶が違います。

こっちも艶が違います(笑)

そして日産フーガのボディーコーティングメンテ&ヘッドライトクリーニング完成です! ウインドウもね(笑)

艶が違います∠( ̄∇ ̄)

オーナー様も『うわぁ~また綺麗だな~』と、とてもお喜びになっていられました!ありがとうございます。

やっぱりヘッドライトがクリヤーになるとお車の印象が激変します。こちらのフーガはそれ程ヘッドライトが

黄ばんでいた訳ではないんですが、それでもお車の『気持ち良さ』が全然違うと思います。

これでまた気持ち良~く愛車フーガにお乗り頂けると思います(^_-)-☆

 

ボディコーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。