フィアット500Cのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはフィアット500Cのコーティングメンテナンスです。

こちらのフィアット500Cは半年ほど前に当店でボディコーティングを施工させて頂いたお車です。

ボディコーティングから6ヶ月のタイミングでのメンテナンスのご依頼です。ありがとうございます。

しかし今回のブログは困りそうです・・・何故か?

コーティングから半年ほど経ってますので、ある程度の痛みはあると思うんですが・・・

お車がお綺麗なんです(*’▽’)  もちろん綺麗でいいんです。嬉しいんです。でもお綺麗なんでブログで

ご紹介できるところが・・・あまりございません(^^;)

そんなお綺麗なフィアット500Cの現状を確認していきましょう。どうぞ~。

まずはボンネットからです↓

シミも少なくてお綺麗です!

サイドステップは少し汚れています。

所々に雨筋が付いてますけど雨に降られればどうしても付いてしまいます(^_^;)

給油口の中は汚れが溜まりやすいのでご注意ください!

ホイールも若干汚れてます。若干です(笑)

以上の様に意外と汚れてるじゃん!!と感じていただけましたでしょうか?? それは汚れを探したからです(笑)

雨筋や汚れの付着などはあるんですけど、塗装表面の傷み具合がとても少なくてマメにお手入れされている

オ-ナ-様の愛がヒシヒシと伝わってきました!

 

そしてメンテナンス後の状態でございます↓

ボンネットです↑元々お綺麗でしたが、よりサッパリとしてます!

雨筋はコーティングが効いてますので固着はなく、スポンジででサッ!と一拭きすればパッ!と綺麗になります!

サッ!とパッ!です!!  ← 何が??

サイドステップも問題なく綺麗です(笑)

給油口は洗車時にどうしても見落としがちですが、ここが綺麗ですと給油時にやっぱり嬉しいものです(*^^*)

ホイールは汚れてくると色が違って見えてしまいます。そうするとお車全体の印象も変わってきてしまいます。

でも走れば汚れてしまうのはしょうがないんですけど・・・悩ましいですね(;´∀`)

そしてフィアット500Cのコーティングメンテナンス完成しました!

いかがでしょうか。ご入庫前もお綺麗でしたがメンテナンスいたしますと更に綺麗になります!

先ほども少しお話いたしましたがコーティングが効いてますので水アカの固着もなく撥水もまだまだ効いてました。

お手入れや保管状況・使用状況によって「撥水」の持ち(期間)は全く変わってきてしまいますが「撥水」は

どうしても時間と共に落ちてきます。

でもこちらのフィアット500Cはオーナー様のお手入れがいいんでしょうね~!撥水もまだまだ落ちてませんし

塗装表面もお綺麗でした!(^^)!  さすが!!

私が施工させて頂いたお車が、綺麗に乗られていると私の車ではないんですけど、やっぱり嬉しくなります(笑)

そしてありがとうございます!っという気持ちなります(笑)  不思議ですね!作業している間に愛着が湧いて

しまうんでしょうね(*^^*)

 

コーティングを長持ちさせるコツは普段のお手入れと定期的なメンテナンスです。普段のお手入れも間違った

方法ですとコーティングを痛めてしまいます。適切なお手入れ&メンテナンスをしていればシミや洗車キズが

少なく、お綺麗な状態を長期間保てます。

適切な洗車方法ですが文章にすると書くのが大変上手く伝わらないのでカービューティープロの本部のHPに

おススメの洗車方法が動画でございますのでこちらをご覧ください!! → 洗車方法

また今の季節花粉が凄いです(^_^;)花粉は放置するとボディがシミシミボディになってしまいます。特に

雨に濡れた花粉はかなり塗装に悪いですの出来る限りマメに洗車することをおすすめいたします!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックパールのジムニーです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ・ジムニーのボディコーティングです!

ブルーイッシュブラックパール3のジムニーです!

私的にジムニーというとホワイトやシルバーが多くブラックのジムニーはあまり見かけないような気がします。

その為でしょうか?黒いジムニーは新鮮でカッコイイですね~(´▽`)

こちらのジムニーは新車なんですがコンプリートカーなんで初めからこの状態だそうです!

当店に来られるジムニーはリフトアップ仕様の方が多いです(笑)

では現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

花粉だらけです・・・(涙)

ルーフも大変な事になってます・・・これでは現状がよくわかりませんね ← これが現状なんですけど(笑)

ですので洗車後に確認しましたのがこちらです↓

花粉も放置しておくとシミだらけになりますが・・・大丈夫そうです!

ルーフは線キズが少し気になります。

ボディサイドは若干曇りが見られますがお綺麗です。

フロントバンパーとリアバンパーは社外物の塗装品ですので磨きキズが凄いです(^_^;)    フロント↑

リアバンパー↑も凄い磨かれようです(^^;)

全体的に花粉汚れが凄かったんです。花粉が付いたまま放置しておくと通常のシャンプ-洗車では落ちなく、

頑固なシミとなります(汗) 今回は幸いそこまで花粉の影響を受けてなかったので一安心です!

でも後付けのバンパーは塗装時に付いた磨きキズが凄かったですね~。そのあたりを今回は除去して

新車らしい新車にしていこうと思います!

 

では作業開始~!の前に・・・

スペアタイヤを外して・・・今度こそ作業開始!!

ウインドウコーティングのご依頼も頂きましたのでまずはウインドウです。

こちらも現状を確認したところ・・・

↑写真左側は油膜の付着も少なく綺麗ですが、中央は油膜汚れでしょうか?そして右側は何故か綺麗に撥水が

効いてます(;’∀’) どうしてこんな状況になったんでしょう(笑)

何故だかはわかりませんが(^^;)とりあえずガラスを綺麗にリセットしていきます(笑)

今度は全面が綺麗に親水状態にリセットできました↑ そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして・・・

撥水チェックをしたらウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉確認します。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、いつものように・・・

黒いボディですと反応がわかりにくいです。写真ですと特に(笑)

その後鉄粉除去を行っていきマスキングへと作業が進みます。

無事進みました!タイヤが見えないとボディが浮かんでるように見えますね!

そして磨いていきました。ボディはキズも少なく新車ということもあって軽い磨きですが例の前後バンパーは

磨き込み過ぎない程度に磨き込んでキズを除去しました。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!(写真はコーティング済みの状態です)

まずはボンネットです↓

スッキリと仕上がってます!

ルーフも綺麗です(^_^)/

若干あった曇りを除去したのでスカッ!としたんですが・・・わかっていただけます??

こっちは直ぐにわかっていただけると思います(^.^)/~

↑リアバンパーのキズもだいぶスッキリとしましたよ~。

それと今回使用しましたコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

撥水タイプのPCX-S8です!!   PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

そしてブルーイッシュブラックパール3のジムニー、ボディコーティング完成しました!

カッコイイ! いゃ~イイですね(´▽`)

ツヤっツヤのピカッピカです。たぶんピカチュウよりピカピカだと思います。ピカチュウに会った事は

無いんですけどね・・・そもそもピカチュウ自体はピカピカしてませんがね(^▽^;)

オーナー様も愛車のピカピカぶりに驚いていられました!

 

オーナー様は今回撥水タイプのコーティング剤をお選びになられました。漢です(^_-)-☆

よく黒いボディに撥水タイプははウォータースポットが沢山出来るので低撥水や親水タイプがいいと言われて

おります。確かにその通りだと思います。でも使用状況や保管状況によっては撥水タイプでも問題ない場合も

ございます。 そして何よりオーナー様の好みが一番です! 黒い車でも撥水!漢です!!

私も撥水タイプが好きなんで黒い車を買っても撥水にすると思います(笑) 男じゃけんの~!!

毎回そうなんですけどジムニーがご入庫される度に私もジムニーが欲しくなるんですよね~。

実は今日、別のジムニーを作業していたんですけど・・・

そちらのご紹介はまた1ヶ月後になりそうです(^▽^;)  スイマセン

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ・エスクァイアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・エスクァイアのボディコーティングです!

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのエスクァイアです!

とても長いボディカラーの名前ですね~(;´∀`)  23文字ありました(笑)

こちらのエスクァイアは納車約2週間ほどの新車でございます。

納車時にボディのキズ確認をしたところ、細かい線の傷が多数確認されたそうです(汗)ボンネットやドアなどに

結構見えてしまったので、営業担当の方に伝えると・・・

「新車といっても、それなりに付いてしまいますね」とすまなそうにお話していたそうです・・・(^_^;)

では現状確認をしていきましょう!

↑ボンネットです。納車2週間ほど経ってますので、それなりに汚れてます。

↑こちらもボンネットです。確かにキズがあります。写真ですと一部ですが結構広範囲に付いてました(^^;)

↑ドアです。こちらも洗車時に付いた拭きキズかな?

ルーフは目立つようなキズはありませんが軽~くシミが付いてます。

リアゲートも吹きキズでしょうね~。こちらも結構広範囲に付いてました(^^;)

タイヤとホイールは綺麗ですよ(笑)

それとウインドウのコーテイングのご依頼を頂きましたのでウインドウもチェックします!

地味~に弾いてるような感じです。油膜かな??(笑)

リアも油膜汚れですね。

ご覧いただきましたように、確かにキズが目立ちます。でも正直凄~くキズが多い訳ではなくて、黒いお車で

このキズでしたら、むしろ少ない方かと思います(^_^;) 実は新車でもこの位はキズはが入っているのが

実情です。せっかくの新車なのにオーナー様もショックだったそうです。

そんなオーナー様が元気が出るように早速新車以上を目指して作業開始~!!

 

まずはウインドウです。

油膜を除去していきます!新車でもこれまた油膜が付いているのは珍しい事ではなくて一般的です(笑)

そして撥水チェックをして・・・いきなり完成の写真です(笑)

リアも気持ちよく撥水してます!

そしてお次はボディです。

いつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用クリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応するんですが・・・

ボディが黒いと分かりません(^^;

今回は鉄粉は少なかったですよ!!少なかったんで軽めに鉄粉除去を行った後・・・

マスキングへと進みました!そして磨きです!!

新車ですのであまり磨き過ぎはよくありませんがキズが目立ちますので、磨き過ぎない程度に気を付けながら

キズを除去していきました。

そして今回こちらのエスクァイアに使用致しましたコーティング剤は低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴のコーティング剤です!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!

ボンネットにあったキズもスッキリとしました。取り切っていないキズもありますが新車ですので無理に磨き

込んでキズを除去するよりもキズが目立たない程度に仕上げてます。

サイドもスッキリとしました!

ルーフはシミがサッパリと!

リアゲートもいい感じに仕上がってますよ(*^^)v

最後にタイヤとホイールの艶出しを行って・・・

スパークリングブラックパールクリスタルシャインのエスクァイア、ボディコーティング完成いたしました!

いい艶に仕上がってますよ!!色に深みが出て濃くなった感じです(^_^)v   オーナー様も違いを感じて

くださったようで「色が変わった感じがする!」と、とてもお喜びになっておられました!

ありがとうございます!  少し元気になって頂けたようです(^^ゞ  よかった~(笑)

今まではシルバー系のお車にお乗りになっていたそうですが今回はブラックパール!お手入れは正直大変ですが

エスクァイアでカーライフをトコトン楽しんでください!!

 

先程も少しお話いたしましたが新車でもキズが入っているのが実情です。工場からディーラーに行くまでや

保管時、ディーラーで納車仕上げ時などキズやシミが付いてしまう要素は沢山あります。その傷やシミを取るために

納車前にキチンと磨けない作業者が磨きを入れて逆に磨きキズが入ってギラギラしてしまってる・・・

なんていうのも決して珍しくはありません。

ですので新車を新車以上に仕上げるのにはお店選びが重要です!一言でコーティングと言いましてもキズやシミが

付いていても洗車してコーティング剤を塗っておしまい!ってお店や下地をきちんと作ってからコーティングする

お店まで色々です・・・でもどちらもコーティングなんです。 どちらもコーティングなんですが仕上がり具合は

もちろん全然違います。

コーティングで大切なのはあくまでも下地作りです!! それは新車でも同じなんです!!

ですのでコーティング店選びはくれぐれも慎重に!!

お店選びに迷ったら・・・迷わなくても・・・

 

カービューティープロ・カラーズがお待ちしております(笑)

 

最後はバシッ~!と文字大き目で宣伝してみました。 ( ̄▽ ̄)フフッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ステップワゴン・スパーダのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ・ステップワゴン・スパーダのコーティングメンテナンスです!

定期的にメンテナンスにお越し頂いておりますこちらのスパーダですが、今回お越しいただいた時は生憎の

雨模様(・´з`・)  ご入庫時は雨でも全然かまわないですけど、お引き渡し時に雨ですと・・・

何だか申し訳ない気持ちになります(^_^;)  さて今回は雨は止んでくれるのでしょうか??それは後ほど!!

 

では早速現状をご紹介していきたいんですけど・・・今回はあまり参考にならないかもしれません。なぜかって??

それは雨で濡れているからです(笑)  それでも行きましょう!!ではどうぞ~!!

やっぱりわかりませんね(^▽^;)

サイドも勿論濡れてますが雨筋がよくわかります。汚れがここから流れ落ちてるんですね~。 (´・ω・)フムフム

雨だと汚れの溜まる場所がわかりやすいですね!

ホイールとタイヤは意外と言ったら失礼ですが・・・意外と綺麗ですね(笑)

それと今回はウインドウコーテイングもご依頼頂きましたのでウインドウも確認します!

完全に落ちている訳ではありませんが、撥水が弱くなってきてます。これ以上撥水が弱まってくると

視界が悪くなってきますので再施工のいいタイミングだと思います。

ご覧いただきましたようにボディが濡れているので塗装面の本当の傷み具合がわかりません(^^;) スイマセン

ボディが濡れていると、水がシミやキズを埋めてしまいますのでわからなくなってしまいます。

ですので雨の日に中古車を見に行って車を決めてしまってはいけませんよ~。 晴れた日に見たら

キズ&シミだらけ・・・なんて事になりかねませんのでご注意ください!!

話がそれましたがスパーダのメンテナンス開始していきましょう(^_^)/

 

まずはウインドウです。

↑古いコーティングを除去します!

除去しました↑油膜や撥水が残ってないか水を掛けてチェックします。  バッチリっす(*^^)v

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

仕上がり具合は後ほど~。

ボディは鉄粉の付着確認を行ったら・・・鉄粉の付着が多かったです(・.・;)

紫色に反応しているのが鉄粉です↑↓

そして鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたのがこちらです↓

いい感じです!

リアもサッパリとしました。

その他にも、あんな物使ったり・こんな物使ったりして(笑)ボディを綺麗にしていき最後にメンテナンス剤を

塗布して仕上げていきます。

そして仕上がった状態がこちらです! どうぞ~!っと言いましても施工前との違いが比較できませんが(^_^;)

ボンネットです↓

濡れてません(笑)

メンテナンスではポリッシングは行いませんので深いシミやキズは残念ですが残ってしまいます。

コーティングが効いてますので雨筋のこびり付きは無く、洗車で簡単に落ちました。

↑この辺りも問題なく綺麗になりました!

タイヤ&ホイールはも艶出しを行ってます。

ウインドウの撥水も気持ちよく効いてます! コロコロっす(*^^)v

そしてホンダ・ステップワゴン・スパーダのコーティングメンテナンス完成しました!

いかがでしょうか。今回は施工前後が比較できず各部の違いが分かりにくいんですが、仕上がったスパーダは

白さや艶、クリヤー感は別物です! やはり白い車は白いほうが気持ちいいです!(^^)!

そして白く綺麗になったスパーダのお引き渡し時の天候は・・・

雨が上がってました(^_-)-☆    よかった~(笑)

 

コーティングはメンテナンスも重要です。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して荒れたコーティング表面をケアして

軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みが早い屋外駐車の方や

濃色系のお車はもっと早いタイミング(3~4か月)でのメンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

エスティマ・ハイブリッドのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・エスティマハイブリッドのボディコーティングです!

 

3代目のエスティマです!この型のエスティマも昨年マイナーチェンジでまたまた顔が変わりましたね!

3代目の型だけで4つの顔があるので段々と順番がわからなくなってきます(^_^;)

こちらの顔は3度目の(2度目のマイナーチェンジ)の顔だと思います(笑)

こちらのオーナー様は今回エスティマからエスティマにお乗り換えになられたそうです。走行距離も

少なくてとてもお綺麗なお車です!

お綺麗なんですがよく観察いたしますと・・・では現状確認をしていきましょう!

↑ボンネットです。 シミも少ないですね!

ルーフも綺麗ですよ~。

サイドも年月を感じさせません。

でもフロントのピラーは年月を感じさせる状態です(^▽^;)  キズキズ&シミシミですね~。

エンブレムやモール類なども汚れが溜まっており時間の経過を感じずにはいられません(^^;)

タイヤとホイールに何の汚れでしょうか??泥汚れではなさそうでした。

全体にパッと見た感じはシミやキズが少なくてお綺麗なんですが、やや水アカで汚れているようで

パールホワイトのボディが少し黒ずんでいる状態です。上の写真ですとわからないんですけど・・・

白いんですが黒いんです(笑)

Tシャツやワイシャツなどもスカッ!と白いと気持ちイイじゃないですか!? こちらのエスティマも

スカッ!と気持ちイイ白にリフレッシュしていきましょう(^_^)/  作業開始!!

 

今回はウインドウコーテイングもご依頼も頂きましたのでまずはそちらから。

現状です↑ 撥水コートがが掛かってる様ですね。

でも惜しげもなく除去しちゃいます(笑)

除去が終わったら水を掛けて油膜や古いコーティング剤が残っていないかチェックします↑ OKです!!

そして仕上げにウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

最後に撥水チェックをしてウインドウコーテイングは完成です(^_^)/

 

お次はボディです。 まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

白いボディは反応が見やすくていいですね~(笑) でもこの鉄粉の多さはよくないですね~(^^;)

こちらは↓鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

今度はいいね~!

そしてマスキングをして磨いていきました。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スカッ!としました !(^^)!

ルーフもより綺麗になってますよ~。

サイドもライトの映り込みがクッキリとそしてハッキリとしました!

ピラーが一番施工前後の違いが分かりやすいですね(笑)

あっ!こっちもわかりやすいです!!

↑これも(*^^*)

今回のエスティマに使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!! PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

そしてトヨタ・エスティマハイブリッドのボディコーティング完成いたしました!

洗いたてのシャツの様にスカッ!とサッパリ気持ちいい白に仕上がってます(^_^)/

凛々しいエスティマがより一層キリッと精悍な雰囲気になったと思います!!

 

先ほども少しお話いたしましたが、こちらのオーナー様はエスティマからエスティマへとお乗り換えです。

前のエスティマもとてもお気に入りだったそうですが、訳あって急遽手放す事になったそうです。

そして次を考えた時に・・・奥様とよく旅にも行くそうで広いし、高速も楽だし荷物も積めるし・・・

やっぱりエスティマなんです!

わかります!わかります!!私も以前エスティマに乗っていたんでよ~くわかります(*´▽`*)

 

エスティマを当店にご入庫される数日前にオーナー様は旅行に行かれてたそうです。お話を聴くと同じ日に

同じ場所に私も居ました。奇遇ですなぁ~(笑) そして温泉街にお泊りになられたそうですが・・・奇遇ですなぁ~

私も同じ温泉街に泊まってました(笑)

立ち寄った道の駅も同じようで(*^^*)  ひょっとしたら何処かで遭遇していたかもしれませんね!

PAのトイレとかで(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ボルボV60のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはボルボV60のボディコーティングです!

パッションレッドが鮮やかなV60です!やっぱりボルボは赤が似合いますね!!

オーナー様も一度は赤い車に乗ってみたかったとの事でした(*^^*)  カッコイイです!!

こちらのV60は試乗車だったそうですので現状を確認していきますと、それ相応の痛みがあるのはある意味

しょうがないですね(^^;)

では現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

結構シミシミですね(汗)

↑はルーフです。こちらもシミと洗車キズでしょうね~。キズが目立ちます。

ボディサイドもキズが目立ちます。

それと↑のようにシミを取ろうとしたのか?キズを消そうとしたのか?強く擦った跡が所々にありました。

所々と言うより結構あったなぁ~(笑)

こんな感じのキズも多かったです(^_^;)

ホイールはダストが多く出るので・・・だいぶ汚れてます。

全体的に強く擦ったキズ跡が多くて、見れば見るほど”あっ!ここにも!!おっ!こっちにも”という感じで

いっぱ出てきました(笑)それ以外にも洗車キズやシミも多かったです。

少し痛みが進んでるパッションレッドをリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュシュッ

と吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

写真だとよくわかりませんね(汗)でも結構反応してるんです。

トラップネンドで除去していくと・・・あっ!↑はまだ使用前です

そしてこちらがボンネットを半分ほどネンド掛けしたネンドです↓

結構多いんです(・´з`・)

 

鉄粉除去が無事に終わりましたら今度はマスキングへと作業は進みます。

進みました。赤いボディに黄色いラインも違和感ないですね~(笑)

そして艶々になれ~艶々になれ~と呪文を唱えながら磨いていきました(^^ゞ

さて呪文の効果はいかに!?  早速仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

いい感じに呪文が掛かったようですね(笑)

ルーフのシミとキズもだいぶサッパリとしました。

ドアのキズもスッキリ!

あの強く擦った傷跡も綺麗になりましたよ~。

深いキズは少し残ってますが普段は気になることは無いと思います。と言うかわからないと思います(笑)

ホイールは本当は黒いんです!ホイールが綺麗なだけでお車の雰囲気は全然変わってきます!

最後に今回使用しましたコーティング剤のご紹介です。今回使用しましたコーティング剤は

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7です!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

そしてパッションレッドのボルボV60、ボディコーティング完成いたしました!

写真ですとちょっと伝わらないかもしれませんが、色が明るくなって光沢も上がってお車の印象が

より華やかでスポーティーな印象に仕上がりました!オーナー様も色が明るくなったのをすぐにお気づきに

なられていたようで大変喜んで頂けました! 呪文がバッチリ効いたようです(笑)

 

こちらのオーナー様は当店のHPをご覧いただいて遠方よりお越しくださいました。本当に嬉しい限りです。

ありがとうございます。

オーナー様はキャンプや山登りなどもされているそうです。その相棒に赤いボルボV60です! カッコイイ!!

かっこよすぎです(*’▽’) メチャメチャ絵になりますね!

ボルボって海や山でも似合いますが都会で走っていてもこれまたよく似あうんですよね。なかなかそういう

車つて少ないと思います。

昔はフライングブリックなどと呼ばれていたボルボですが今ではすっかりモダンなデザインでイメージチェンジ

しました。昔は昔でカッコイイし今は今でこれまたカッコイイし、う~ん悩むなぁ~(´▽`)   ← 何を?

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産セレナ(C26)のボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産セレナのボディコーティングです!

スーパーブラックの日産セレナです!少し前にご購入されたお車です。ご購入前にお車を見に行った時から

キズが気になっていられたそうですが・・・たっ、確かに凄いです(;”∀”)

早速ですが現状を見ていきましょう!どうぞ~。

安心してください↑はキズではありません(笑) 虫がアタックしてきた痕跡でしょうか?

↑はボンネットです。(洗車後の撮影)キズだらけです。凄いです(・.・;) この傷はポリッシャーで磨いた時に

出来る”バフ目”と言われるキズです。正しい知識と腕が無い施工者がボディを磨くとこの様なキズが入ります。

ルーフはバフ目はあまり付いてないんですがシミが目立ちます。

リアのフェンダーは、とりあえず磨きました~!感ありありです。 磨きキズでライトを当てるとムラッムラの

ギラッギラです(;”∀”)

反対側のドアは塗装が曇り艶がありません(涙) アップで見ると・・・

バフ目もタップリ入ってます。入ってるんですけど曇りが酷くて目立ちません(笑)

上記の場所以外も再塗装箇所が多くて磨きが入ってるんですが・・・同じような状態です(^_^;)

なぜこの様な磨きキズ(バフ目)が入るのかと申しますと、今回のお車の場合は板金修理で再塗装をされている

んですが、板金屋さんは再塗装後に磨きを入れて仕上げます。その時に適正なコンパウンドや適正な研磨力の

ポリッシャーで適正に磨かないとこのような磨きキズが入ります。

でも板金屋さんの磨きは、私たちのようなコーティング屋の磨きとは磨きの意味合いが違うようで再塗装の

場合はこの様な状態のお車が多いのが実情です(^^;)

今回はある意味なかなか悩ましい作業になりそうな予感がします。

何がどう悩ましいのか・・・それはまた後ほど(^^;

では作業開始!!

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたしますが・・・

お約束の黒いボディだと反応がよく見えません(笑)

専用のトラップネンドを使って鉄粉を除去します。 ↑鉄粉除去前   ↓鉄粉除去後のネンドです

鉄粉は少なかったですね(^.^)/

その後にマスキングを行い、いよいよ磨いていくんですが・・・今回はバフ目が非常に深く付いている状態です。

このバフ目を除去するには、かなりの磨き込みが必要ですが(磨き込んでもすべてのバフ目を消すのは不可能と

思われます)今回のオーナー様のご依頼は当店のコーティングコースで一番ライトな磨きのコースでのご依頼です。

正直今回のコース(磨き1回)ですと艶出しがメインでキズは、ごく浅いキズ取りしかできません(汗)

キズは取りたい、でも取れない・・・う~ん悩ましい(^▽^;) でも取りたい(笑)この気持ちの狭間で揺れ動く

乙女心 。いゃ 乙男心? 乙おじさん心?  でも出来る範囲で頑張らせて頂きました!!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずは虫跡が付いていたバンパーからです↓

この辺りは問題なく除去できてます。  そしてボンネットです↓

艶は出て曇りも取れたんですが、やはりバフ目は残ってます。

ルーフは元々、バフ目が少なかったんで気にならないです。シミもだいぶスッキリとした印象です。

ボディサイドもムラッムラのギラッギラは無くなりました。

反対側の曇りの酷かったドアですが、ここはさすがに1回磨きではどうにもならないんで、少し磨き込んで

他のパネルの仕上がりと違和感が出ないようにいたしました。

アップです↑塗装表面は荒れてますが曇りが取れて艶が出たのがわかって頂けると思います。

それと今回使用致しましたコーティング剤は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのPCX-S7を使用致しました。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

そしてスーパーブラックの日産セレナ、ボディコーティング完成いたしました!

いかがでしょうか。艶と光沢が上がってお車の質感が上がったと思います。

ご紹介致しましたようにキズはだいぶは残っておりますがボディのくすみや曇りを除去するだけでも

艶感やお車の質感は全然違ってきます!

オーナー様はこちらのセレナで旅行に出かけ車内泊をしたそうです。私、憧れるんですよね~車内泊って!

ミニバンがあればフラッ~と旅に出てそのまま快適に寝れるじゃないですか! いいなぁ~(*’▽’)

これからもセレナで西や東・はたまた北へと日本中を旅して楽しんでください!!

 

今回は正直なかなか悩みながらの磨き作業になりました。お客様のご希望も御座いますし、磨き込みたい自分の

欲望も御座います(笑)

でもお客様がご希望されたコースはそのコースの範囲内で可能な限り、そして出来るだけの事はやります!

お選びいただきましたコースでご満足いただけるように心がけて作業をしてます!

でも今回は一部、少~し多めに磨き込んでますけど・・・(^▽^;) テヘペロ~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ダイハツ・ミラのルームクリーニングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ・ミラのルームクリーニングです!

ユーズドカーをご購入されたんですが、やはりタバコの臭いと汚れが気になるとの事で納車前よりご相談頂いて

おりました。 納車前に販売店がルームクリーニングをしたのでしょうか?納車前よりは臭いが気にならなく

なったようです。

見た感じも軽くクリーニングした感は伝わってきますが・・・(^^;

と言うことで今回はルームクリーニングをビフォー&アフターでツラ~とご紹介していきましょう!

一見綺麗なんですが、隙間などには埃が積もってます!

アフターです↑

エアダクトも埃と汚れが目立ちます。

ダクトもスッキリとしましたよ~(^_^)/

灰皿はかなりヘビーに使われていた感じですね(^▽^;)

汚れがこびり付いていて意外な程大変でした(笑)

 

シートを外して・・・

センターコンソールを外そうとしたら・・・

中からお宝がザックザク(^▽^;)

外したシートを洗おうとしたら・・・

あっ! 奥になんかある(笑)

出てくる出てくザックザクと(笑)

他にも色々な所からメガネやらビニール袋やらと色々なお宝が出てきました(^o^)

しかし前のオーナー様はボールペンとライターをよく失くしたんでしょうね(笑)

↑はシートクリーニング後です。シミもだいぶ綺麗になりましたね!

ココも・・・

綺麗にクリーニングして艶出しもしてます。

写真でご紹介しました場所以外、フロアや天井などもクリーニングしてダッシュボードなどは艶出しを行って・・・

ダイハツ・ミラのルームクリーニング完成です!

う~ん、↑の写真だと違いがよくわからな~い(・´з`・)

でもいいんです。オーナー様は『アレ?シートが綺麗だ!色が変わった』とすぐに綺麗をご実感されたので!!

正確に言うと色が変わったんではなくて色が元に戻ったんです(笑)

ルームクリーニングをして頂くと分かるんですが・・・うまく言えませんがとにかく車内に入った時の印象が

『スッキリとした』感じになるんです。もちろん綺麗になって艶も戻って見た目の印象からして違うんですけど

車に乗ると『スッキリとしたな~』と感じて頂けると思います(笑) ← やっぱり上手く言えませんでした(涙)

 

後日オーナー様からメールを頂きました。あまり手をかけずに乗る予定だったそうですが、手をかける

うちに愛着が出てきたそうで、ボディコーティングやヘッドライトクリーニングなどにもご興味が

湧いてきたそうですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪ワァーィ♪

車って手を掛ければ掛けるほど乗れば乗るほど愛着が湧くものですよね!

皆様もご自分の愛車をどんどん自分色に染めてください(^_-)-☆

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スバル・CROSSOVER7のボディコーティングのご紹介です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバル・クロスオーバー7のボディコーティングです!

納車当日、ディーラーからそのまま当店にご入庫頂きましたピカピカの新車です!

エクシ-ガの大幅改良モデルで名前も新たにエクシーガ・クロスオーバー7です。

しかし、カタログにはかろうじて”エクシーガ”の文字が小さく残ってますが車自体にはエクシーガのロゴは

どこにも見当たりません(^_^;)・・・さよならエクシーガ(涙)

と言う事でせっかくですので私のエクシーガで新旧エクシーガ記念撮影を行いました!(^^)!

ベースが同じでもクロスオーバー7はSUV方向にシフトしたので随分と印象が違いますね! しばし間違い探しの

如く『あっ!アレが違う』『ここも違う!』と違いを探してました(笑)   皆様もどうぞ~!!

前置きが長くなりましたので、この辺りでそろそろ話を戻して現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!若干新車特有の曇りは確認できますがお綺麗です。

ルーフも少~し曇りがありますがお綺麗です。

ドアもお綺麗です。  どこも綺麗でブログ的には困ってしまうので(笑)無理やりアラ探しをしますと・・・

探してもこの程度の汚れです(^▽^;) 水道水は拭き取らずに放置すると↑このように水道水に含まれている

カルキなどによって白く輪ジミになります。

それと・・・”R”の文字の下が擦れた跡がありました。最近のSUVに多く使われている黒いクラッディングパネルは

本当に簡単にキズや擦れた跡が付きます。 こちらのクロスオーバー7はディーラー様からそのまま当店に

お越しになられたので恐らく納車前から付いていた可能性が高いですね(・.・;)

その他は特に気になるところはありませんでした。

今回はボディコーティングとご一緒に樹脂コーティングのご依頼も頂きました!ありがとうございます。

ではその作業をご紹介していきましょう! 作業開始!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツ確認できますが少ないですね!さすが新車!!

リア回りはもっと少なかったです。 いいですね~(´▽`)

全体的に鉄粉が少なかったので、今回は軽~く除去を行いました! 除去後に再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックしたのが・・・

↑こちらです。 元々少なかったんですけどね(笑)

そしてマスキングして磨いていきました。 今回は若干塗装表面に曇りが見えますので軽めの磨きを入れて

曇りを除去してスッキリとした塗装肌に仕上げました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は当店の2トップでもある・・・

PCX-S7です!! PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂きましたので・・・

コーテイングします!

カウルトップもコーテイングしました!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

最初はボンネットから見ていきましょう。どうぞ~(^_^)/

曇りが無くなりスッキリとしましたね!

ルーフもよりクリヤーになりました。

サイドもバッチリですね(^_-)-☆

もちろん輪ジミも綺麗になってます。

樹脂コーティングしますと軽い擦れ跡やキズが目立たなくなります。 キズが消える訳ではありませんので

よ~く見ると分かりますけど、よ~く見ないと分かりません(笑)

そしてクリスタルホワイト・パールのスバル・クロスオーバー7、ボディコーティング完成いたしました!

白い所も黒い所も艶々になりました!白と黒のコントラストが一層引き立ちメリハリあるボディに

仕上がったと思います!

こちらのオーナー様はクロスオーバー7の前はエクシーガにお乗りになっていたんですが、車をぶつけられて

しまいお乗り換えになったそうです、本当はクロスオーバー7より以前のエクシーガの方がお好みらしいですけど

もう”普通のエクシーガ”がないので・・・(・´з`・) だそうです。

私はクロスオーバー7かなり好きなんですけど、と言うよりエクシーガが発売された時からエクシーガの

アウトバック版が出ないかな~と思っていましたので、クロスオーバー7が出た時は”待ってました!”って

感じです(笑) 私がエクシ-ガを買うときにクロスオーバー7があったら、きっとクロスオーバー7を

買っていただろうなぁ~( ̄▽ ̄)

お引き取りには奥様が来られたんですが、それまでほとんどお車を見られていなかったんで、この時初めて

『あっ!アレが違う』『ここも違う!』『屋根になんか付いてる(ルーフレール)』などなど(*^^*)

まるで間違い探しのようでした(*^^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

メタルストリームメタリックのトヨタC-HRのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタの大人気SUV!C-HRのボディコーティングです!!

納車間もないピカピカの新車です!

ノーマルでも十分迫力があるC-HRですが、こちらのC-HRはモデリスタのエアロが装着されているので

更に迫力がUPしてます。 只者じゃない感が出てます(^_-)-☆

そんな迫力十分と言うより十二分なC-HRの現状確認を行っていきましょう!!

まずはボンネットからです。

シミやキズはなくてお綺麗ですが若干曇り気味ですね。 ライトの輪郭がボヤッと見えます。

ルーフも同じく若干の曇りは感じますが、お綺麗です。

ボディサイドも同じです。   基本的に綺麗なんで他のコメントが思いつきません(^▽^;)

しかし!・・・サイドのクラッディングパネルには既にキズが(・.・;)  アップで見ると・・・

ドアの前から後方まで一直線に入ってました。  オーナー様は心当たりがないとの事でしたので、

もしかしたら何処かで付けられたのか、納車時に既に付いていたか・・・

こればかりはもうわかりませんね(涙) でも幸いにも、ほとんど目立ちませんので良かったです!!

タイヤとホイールも普通の軽い汚れ具合でした。

新車と言うこともあって、全体的にはお綺麗です。どのくらい綺麗かと言いますとコメントが思いつかない位、

お綺麗です(笑) ただ一つ、若干曇ってます!を除いて(^^)

その唯一のコメントの曇りも除去してスッキリとしたボディに仕上げていきましょう!

では作業開始!!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。新車でも意外と多く付いている事もあるんですよ~。

ではシュシュッとして確認していきましょう!シュシュッ!

少なかった~(^▽^;)

いゃ、もちろん少なくていいんです。 いいんですけど私の見せ場がドンドン無くなっていく気がします(笑)

綺麗です。もちろん全く鉄粉が付いてない訳じゃないんですけど少ないですね~。

と言うことで今回は鉄粉除去は軽めに行いました。

そしてマスキングして磨いていきました。今回は軽く磨いてあの”曇り”を除去して塗装本来の輝きを出して

いきました。

その後本来の輝きを取り戻したメタルストリームメタリックを保護するべくLet’sコーティング(^_^)/

今回は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

PCX-S7を使用致しました。   PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂きましたので・・・

コーティングします。最近のSUVは未塗装樹脂のクラッディングパネルやフェンダーアーチが多いのですね。

樹脂は経年劣化で白っぽく色褪せしますので樹脂コーティングお薦めです。

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

↑はボンネットです。 ライトの輪郭がスッキリと見えるようになりました。

ルーフはちょっとわかりにくいかも知れませんが、ライトがシャキッと写りこんでます。

サイドもスッキリとシャープにライトが確認できます!

クラッディングパネルも黒く艶やかになって・・・

キズも目立たなくなりました。  樹脂なんで塗装と違いポリッシャーで磨いてキズを消すことはできませんが

樹脂コーティングすると軽いキズは目立たなくなります(^_^)v

最後にタイヤとホイールの艶出しを行って・・・

メタルストリームメタリックのトヨタC-HR、ボディコーティング完成いたしました!

迫力が十二分だったC-HRが迫力十五分くらいになった気がします(笑)  いい艶出てます!!

元々凝縮感あるデザインのお車ですがクラッディングパネルやフェンダーアーチがより黒くなった事で

更にボディがギュッと引き締まって見えるようになりましたね(^_-)-☆

しかし・・・私の身体はどうしたらC-HRの様なギュッと引締まったボディになるのだろう・・・

まずは黒い所をより黒く艶々にコーティングしてみるかな(^▽^;)

 

発売と同時に人気物になったC-HRですが人気車ゆえに現在では納期が3~4ヶ月待ちのようですね。

こちらのオーナー様は早めにオーダーされたそうですので、それ程待たずにすんだようです。最近街中でも

チラホラと見掛けるようになりましたがまだまだ少ないです。少ないんですが存在感があるので目立ちます(笑)

納車が進めば街中で見掛ける事も多くなるんでしょうね!C-HRに限らずやっぱりカッコイイ車を見掛けると

嬉しくなります! ← 車マニアにしかわからない気持ちかも(笑)

実は今回のブログを書いているこの日も、同じ色のC-HRをボディコーティングしてます(笑)

そちらのご紹介は相変わらず1ヶ月ほど先に先になりそうです(^_^;)  スイマセン。

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。