アウディA1ボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングです。

こちらのA1は約2年程前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今回はボディコーティングの再施工のご依頼です。

2年近く経過していますが、その間何度かメンテナンスにお越し頂いておりましたので

シミなどは比較的少ないと思います。

では各部の現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

とは言えシミは付いていますが(^^;)屋外駐車で2年経過と考えますとシミもスクラッチも

少ないと思います。

ルーフも・・・

シミは少なめです。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフなどの水平面と比べるとシミも全然少なくてクスミもとても少ないですね!

大体のお車は水平面と垂直面では傷み方が全然違います。  それだけ水平面は過酷な状況だと

言う事ですね。

リアゲートは・・・

こちらはシミは少ないんですが洗車キズでしょうね~。スクラッチが目立ちます。

ホイールは・・・

軽~く汚れていました。

 

先ほどもお話ししましたがシミは付いてはいますが2年経過の黒と考えますと少ないと思います。

特にボディサイドはまだまだお綺麗でした(*‘∀‘)

黒いボディはシミやスクラッチが付きやすく、しかも目立ちやすいです(^^;)

しかし定期的にメンテナンスにお越しくださったこともあって塗装面の痛みは比較的に少なく

2年を過ごしたのではないかと思います。

そして2年経過で再施工です。お車の使用状態やお手入れ状況にもよりますがダークカラーで

屋外屋根なし駐車でしたら、2年が再施工の一つのタイミングだと思います。 まだまだお綺麗でも

逆に綺麗なうちに再施工した方が塗装の研磨量も少なくて済むことも多いです。

という事で作業を開始していきましょう!

作業開始~。

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきます。

↓は現状です。

少し撥水力が落ちていますが、まだ撥水していますね。

しかし惜しげも無く落としていきます(笑)

磨いて撥水剤を落としてガラス表面をリセットします。

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをします。

コーティング剤の塗り残しが無いか確認しましたらウインドウコーティングは完成です!

見比べて頂くと”撥水力“の違いがよ~くわかると思います(^o^)丿

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

黒い車はわかりにくいです(^^;)

クリーナーだけですと鉄粉は落ちませんのでネンドを使って落としていきます。

↑はネンド掛け前のネンドです。

↓はネンド掛けした後のネンドです。

ネンドの淵が茶色っぽくなっているのが見えると思います。

これが鉄粉です。これでボンネット1枚分です。 これも2年経過と考えますと少ないと思います!!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

コンパウンドの粉の侵入防止や塗装も薄い所や”磨きたくない所“、樹脂パーツ保護の為など

にマスキングをします。

そして磨いていきました。

今回使用致しましたコーティング剤ですが、前回は低撥水タイプのPCX-S7を使用致しましたが

今回はこちらの・・・

水玉撥水タイプの・・・

PCX-S8をお選びになられました!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとした塗装肌になりましたね(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリです!

リアゲートのスクラッチも綺麗になりました。

ホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しをしましたら・・・

アウディA1のボディコーティング完成いたしました!!

スッキリとした透明感を感じて頂けるブラックボディに仕上がりました。

どのボディカラーもそうですが特に黒は綺麗な方が良いです(笑)

オーナー様も『おぉ!綺麗。 スッキリとした~。』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。 何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が

多くなってしまうからです。 特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が増えます。

増えるという事は塗装が薄くなるという事になります。 またあまりにも深ければ磨きで除去する事も

出来なくなってしまいます。

特にホワイトなどのライトカラーより黒などのダークカラーは痛みの進行が早いので

酷くなる前に再施工していった方がいいです。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ マークXのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタマークXのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのマークXです!

納車間もない新車です(*^_^*)

今回はマークXからマークXへお乗り換えでマークXが絶盤になる前、欲しいグレードや

仕様が選べるうちにお乗り換えになられたそうです。

確かに在庫車限りになってしまうと欲しいグレードやオプションが選べなくなってしまいますからね(^^;)

そんな真新しい新車マークXの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです!

曇りもなく綺麗です!  トヨタの塗装は綺麗ですね(*‘∀‘)

ルーフも・・・

少し汚れはありましたがお綺麗です。

トランクは・・・

基本的にお綺麗ですが少しだけ何故かシミが付いていました(^^;)

ボディサイドは・・・

少~しだけ曇っている感じです。

ホイールも・・・

少しだけ汚れが付いていますがピッカピカです(笑)

ピッカピカですけどこのピッカピカを維持する為にも今回はホイールコーティングの

ご依頼も頂いております!

 

ご覧頂きましたように流石トヨタ!って感じの綺麗な塗装面です。新車でもメーカーによって

塗装面の状態に違いが出ます(^^;)

トヨタは全般的に塗装の曇りも少なくて綺麗な車が多い印象です! パッと見は同じような塗装ですが

やはりメーカーごとに塗装も”品質”が違うんです。

いゃ~奥が深いですね(笑)

今回は綺麗な塗装面でしたがそれ以上に綺麗にしていきたいと思います。

では作業開始!

 

ボディの前にウインドウのコーティングもご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

まずは現状です↓

フロントは油の付着も少なくお綺麗でしたが・・・

リアは・・・

若干油っぽかったです。 何故だかウインドウごとに違う場合も多いです。不思議だぁ(笑)

綺麗なウインドウも、そうでないウインドウも下地を作ります。

運転席と助手席は撥水ガラスですので今回は作業していません(^.^)/

最近撥水ガラスを使っている車が多くなってきましたが同じ車種でもグレードごとに

ノーマルガラスだったり撥水ガラスだったりで正直、全てを把握する事が出来ません(^▽^;)

その都度確認しています。 ある車種ではリアウインドウ(バックドア)も撥水ガラスっぽいんですけど

カタログ見ても書いていないし、でも撥水ガラスっぽいし・・・

メーカーのお客様相談室に電話して聞きましたよ(笑)   やっぱり撥水ガラスでした。

磨かなくてよかった~。

でも↓は磨きましたよ。

油っぽさも無くなって綺麗になりました。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

結構多かったです(^^;)

リアも・・・

多めですね~。  新車でも結構付いているものです。

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

いい感じです!

リアも綺麗になりました。

その後マスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はお綺麗な塗装面ですので軽く磨いて塗装面を整え・・・

PCX-S8でコーティングしました!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとリアバンパー下部の樹脂部も樹脂コーティングしました。

ちょっと写真が分かりにくくてすいません。 黒さが増して艶々になってます。

 

では各部の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで滑らかです。

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね!

トランクは・・・

シミも無くなりましたよ~。

ボディサイドも曇りが取れてクリヤーですね(*^_^*)

ピッカピカなホイールも更にピッカピカになりました。

オーナー様も驚いていましたが施工した私もピッカピカになってビックリしました(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのマークXボディコーティング完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

艶感が感じにくいパールホワイト、しかも新車・・・なんですがちゃんと磨いて

コーティングするとツヤッツヤの艶を感じる仕上がりになります(^_-)-☆

オーナー様も『うわぁ~スゲ~ 違う違う 違いますね~!』と、とてもお喜び頂けました。

ありがとうございました。

オーナー様も私と同じで、若かりし頃を車で遊んでいた世代のご様子です。それもどっぷりと(*^_^*)

オーナー様とお話していると私と同じ年代のようで、やってきたことや遊んできた場所(走ってきた)が

まぁ通じる通じる(笑)  もしかしたら何処かでお会いしていたかも??(笑)

だから尚更、FFの車じゃなくてFRに拘るのも凄~くよくわかります!

マークXはこの型が最後で次はカムリに統合されるという噂も聞こえます。オーナー様はカムリの購入を

少しお考えになられたようですが”やっぱりちょっとカムリは違うんですよね~”とマークXにされたようです。

きっと私と同世代で車でどっぷりと遊んできた方は“わかる~”とお思いになる事でしょう(笑)

いゃ~ある意味、あの頃は車好き、走り好きには本当にいい時代でしたよね!

昔はよかった~。

なんて言っているのは歳を取った証拠でしょうか??(^▽^;)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クォーツブルーパールのスバルXV定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVの定期メンテナンスです!

こちらのクォーツブルーパールのXVは昨年の8月にコーティングを施工致しました

お車です。 今年の3月に一度メンテナンスでお越しになられておりますので

今回は2回目のメンテナンスになります!

オーナー様がマメに洗車されていますので艶もあり、いつ見てもお綺麗です。 しかし普段は屋外駐車で、

しかもスバルのダークカラーですのでライトを照らして見てみると・・・(^▽^;)

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ビフォーです↑ 前日の雨の影響で雨つぶが少し残っています。 その為に実際の撥水状態が

確認できました(笑)  それと細かなシミも多数確認できますね(^▽^;)

アフターです↓

細かなシミはメンテナンスでは完全除去できませんが、だいぶスッキリと綺麗になりました。

ルーフは・・・

こちらも細かなシミは確認できますがマメに洗車されているのに洗車キズなどの

スクラッチは少なめですね!

アフターです↓

ルーフも細かなシミは残っていますがサッパリとしています。

ボディサイドは・・・

こちらもお綺麗ですね! ただ写真ですとわかりませんがフロントバンパーからリアドア前方辺りまで

薄めの線キズがサァ~と入っていました。

オーナー様によると台風24号の翌日に山道を走っていたら、とあるカーブを曲がった先に木が倒れていて

急ブレーキ&ハンドルで避け・・・きれなかったそうです(^^;)

その倒木の枝か何かで前から真ん中あたりまで線キズが入ってしまったとの事でした。

アフターです↓

その線キズは幸いなことに、ごく浅いキズでしたので除去できました! 写真だとわかりませんが(^_^;)

すいません。

そして最後はホイールのビフォーです↓

ホイールのこの”角”って汚れが溜まりやすく、そして洗いにくいんですよね~(^^;)

アフターです↓

“角”も綺麗になりましたら・・・

クォーツブルーパールのスバルXV定期メンテナンス完成です!

ピカピカに仕上がりました!!

オーナー様も『いゃいゃまた綺麗になったね! 素晴らしい!!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

最近台風のネタが多く出ているのは、ブログが1ヶ月程遅れているからなんですが(;´∀`)

折角ですので台風ネタをもう一つ・・・

私って台風の中を車で走るのが好きじゃないですか!(知らね~よ) もう何年も前の話ですが

納車間もない(1週間くらいだったかなぁ??)新車のエスティマで台風の中わざわざ走りに行きました

を町内パトロールに出かけました。

うわぁ~ 風スゲ~なぁ~。雨スゲ~なぁ~。なんてワクワクドキドキしながら細心の注意を払いながら

町内をパトロールをしていたら、歩道の方から開いた傘が私の真新しいエスティマ目掛けて

やって来るではないですか!!

今でもハッキリと覚えてます。透明なビニール傘です(笑)

もちろんブレーキ&ハンドルで避け・・・られませんでした(T_T)

普段ほぼ開いた傘がおちているのって見かけませんよね?? おそらく台風だからの光景なんでしょうが

台風の後って傘がよく落ちていますよね(^_^;)  だから何だって訳ではないんですけど台風の時は

傘は凶器にもなりますので注意が必要です。 人にも車にも(笑)

ところでエスティマですけど・・・傘アタックの“跡”はしっかりと付いていました(^_^;)

教訓としまして台風のドライブ町内パトロールは控える事にしました(笑)

皆様も台風の日と翌日にはご注意ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ブラキッシュアゲハガラスフレークのノア、メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ノアのボディコーティングメンテナンスです!

ブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアです!

こちらのお車は昨年の12月にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

10ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。今回が初メンテナンスになります。

屋外駐車で10ヶ月程経過しておりますので、ある程度の痛みは想像できますが・・・(^^;

さてさてどんな感じなのでしょうか??

早速今回のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

雨による汚れも付いていますがシミも付いています(^^;) しかしスクラッチは少なくて

とても丁寧に洗車されているのが伝わってまいります。

アフターです↓

深いシミは残ってしまいますがスッキリとしましたね!  そのシミも写真に撮りやすいように

ライトを当てていますので実際は写真程は目立ちません。

ルーフは・・・

これまた汚れているのでアレですが(笑)

メンテナンス後は・・・

スッキリと綺麗になりましたよ~。 洗車キズも少ないですね!  洗車上手です(*´▽`*)

ボディサイドは・・・

こちらの雨による汚れですが基本的にお綺麗にされています。

アフターです↓

ツヤッツヤです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れています。

アフターです↓

いい艶に復活しました!

新車時にホイールコーティングしたのですが、今回オーナー様が『ホイールコーティングやって良かった!』

とご報告頂きました。  そうなんですよ!  ホイール洗うのも楽なんです。

汚れ落ちが良くてダストのこびり付きも低減できます!

ホイールコーティングは新車時やホイールご購入時に施工するのがおすすめですよ(^o^)丿

そしてブラキッシュアゲハガラスフレークのトヨタ ノアメンテナンス完成です!

落ちないシミなどは残っておりますが艶も復活してブラキッシュアゲハガラスフレークらしい

キラキラとした輝きを放っています!

しかし残念なことにそのキラキラが写真だと全く伝わってきませんね(^▽^;)

でも大丈夫です!

うゎ~光ってる スゲ~綺麗じゃないですか!』 『また輝いてる。いゃ~嬉しいなぁ~』とオーナー様が

とてもお喜びになられておりました!

やっぱり綺麗な愛車は嬉しいですよね。 私は喜んでいるお客様を見るのが嬉しいです(笑)

 

先ほども少しお話いたしましたがオーナー様、洗車がお上手ですね! どうしてもダークカラーは

洗車キズが目立ちやすいです。もちろん洗車自体多かれ少なかれ洗車キズ(拭きキズ)が

どうしても入ってしまいます(^^; その細かな洗浄のキズが増えるとボディの艶も無くなって

ダークカラーのお車は白っぽく見えてきます(汗) 白やシルバーなどのライトカラーの

お車も洗車すれば洗車キズは付いてしまいますが目立たないんです!

今回のノアはその洗車キズが少なかったです。 もちろん付いてはいますよ(笑)

ただ10ヶ月経過のダークカラーでこの程度でしたら少ないと思います(^_^)/

きっと愛情を込めて大切に洗車されているのでしょう!

いゃ~ やっぱり愛っていいですね~(*⌒3⌒*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWゴルフのボディコーティングです!

こちらは納車間もない新車のVWゴルフです!

トルネードレッドと言う名のとても発色のいい鮮やかな赤です!

私の中ではゴルフは紺色のイメージが強いんですけど、この鮮やかな赤もゴルフにとても

似合っていますね(*´▽`*)

そんな鮮やかなトルネードレッドのゴルフの現状確認をしていきましょう。

まずはボンネットからです。

ほんのちょっとだけ曇っている感じですがとてもお綺麗です!

ルーフも・・・

塗装面自体はとてもお綺麗ですが・・・

所々に何かの拭き残しでしょうか??

保護シートの糊でもなさそうです。糊を落とすのに使った何かしらの溶剤でしょうかね。

たぶんそんな気がします(笑)

ボディサイドは・・・

こちらもお綺麗です!

VWは塗装が綺麗です(*^_^*)

リアゲートは・・・

薄い線キズが入っていました。 新車でもこの位の線キズは実は結構入っています(^^;)

ホイールは少しブレーキダストが付き始めていました。

輸入車はブレーキダストが多く付きますので新車時にホイールコーティングがお薦めです。

という事で今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。

 

ご覧頂きました様にとてもお綺麗です!新車なのであたり前と言えば当たり前なんですが

あたり前ではない事が実は多いんです(^^;)

今回のゴルフは不具合箇所がとても少なくて”あたり”ですが新車でも塗装面の曇りが酷い車両や

ビックリするくらいキズキズだったりシミが沢山付いていたり・・・

そのような新車も全然珍しくありません(>_<)

ですので当店の新車コーティングは新車であっても磨きをいれて、その不具合箇所を処理してから

コーティングしています!

今回のゴルフはとてもお綺麗ですが若干の曇りもござますのでもちろん磨きます!!

では作業を進めていきましょう! 作業開始~。

 

まずは洗車後の鉄粉確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

これまたとても少なくてお綺麗でした!!  素晴らしい(*’▽’)

リアも・・・

とても少なかったです!  中には新車でもビックリするくらい鉄粉が付いている車もございます。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回は曇りも少なくて基本的にお綺麗ですので、ごく軽い磨きをしました。

塗装を削るというより塗装表面の汚れを除去して塗装面を整えるような磨きになります。

整った塗装面には今回はこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのコーティング剤

PCX-S7でコーティングしました。  PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りもスッキリとしたんですが・・・写真ですとあまりわからないですね(^^;)

ルーフは・・・

よりスッキリと艶々に仕上がっていますよ~(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリと見えます。

リアゲートは・・・

薄い線キズは除去できました。

ホイールもコーティングをしましたので艶々です。

ホイールコーティングをしているとブレーキダストの固着が低減できます。洗うのも楽ですので

新車時の同時施工が本当にお薦めです!

そしてトルネードレッドのVWゴルフ新車コーティング完成です!

元々とてもお綺麗なゴルフでしたが、より一層艶々ボディに仕上がりましたよ~!

発色・艶、共に申し分ございません(^_-)-☆

綺麗な新車も磨いて塗装面を平滑化してあげると艶が上がります。その後にコーティングを

する事で更に艶が上がります! いゃ上がりました!!(笑)

新車以上に綺麗になりました新車VWゴルフのご紹介でした(^o^)丿

 

先ほどもお話いたしましたが、新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、

また鉄粉が多く付いているお車も実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないで

コーティングをするディーラーやGSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディA1のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーティングメンテナンスです!

こちらのアウディA1は今年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

前回のブログのアウディS1と同じオーナー様のお車です!

と言う事はS1と同じく台風通過後のご入庫になります。   えっ? ええぇ!もう1ヶ月も前の話です(^_^;)

S1と使用状況や保管状況が違うとの事、そしてボディカラーの違いからかS1ほど

塗装面が傷んでいません(*‘∀‘)  がしかし、台風の後と言う事で色々な物が乗っかってはいました(笑)

 

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

汚れてはいますけどシミやスクラッチも少なくてS1より明らかにお綺麗でした。

アフターです↓

サッパリとしましたね!

それとボンネットの先端の方は・・・

汚れが溜まっていました(^^;)

アフターです↓

もちろんまだまだコーティングが効いていますので、水アカのこびり付きはなく洗車で簡単に

落ちました。

リアゲートは・・・

少し汚れ気味でした。

アフターです↓

こちらも問題なく綺麗です(^_^)/

 

それと鉄粉の付着状況ですが

紫色に点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

こちらのA1はあまりお乗りにならないという事もあってかコーティングから半年以上

経過していると考えますと少ないと思います!

↓は鉄粉除去後に再度クリーナーをシュシュっと拭き掛けて再確認したところです。

スッキリと綺麗になりましたね!

鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行い、また色々なケミカルを数種類使って通常のシャンプーでは

落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

メンテナンス方法や使うケミカルなどはお車の状態に合った物を考え、そして選んで作業しております!

話を戻しまして↓はルーフです。

ルーフはグレーなので汚れがわかりやすいですね(笑)

台風の後らしく細かな葉っぱやら枝やら、なんだかよくわからない物など乗っています(^▽^;)

前回のブログでもお話いたしましたが、この細かな付着物を水でよ~く流してから洗車してください。

硬い異物が残っている状態で洗車スポンジで擦ってしまうとスポンジで異物を引きずってしまい

キズになりますのでお気を付けください。

そしてアフターです↓

サッパリしました! スクラッチもシミも少なくていい状態です!!

ホイールも・・・

あまりお乗りにならない事もあってブレーキダストの汚れも少なかったです!

アフターです↓

とは言え洗うと全然綺麗になります(笑)

そしてアウディA1のぼでぃこボディコーティングメンテナンス完成です!

こちらのA1もS1に勝るとも劣らない艶々の仕上がり具合です!

この位、引きの写真だと施工前とあまり変わらなく感じてしまいますが(^^;)

実際に見て頂ければ艶と光沢、そして白さの違いをしっかりと実感して頂けます!

是非皆様もご自分の目で実感してみて下さい(^o^)丿

 

メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!メンテナンスを施す事で

弱ったコーティング表面に撥水性と艶を取り戻してあげます。

また、お車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めにメンテナンスを行うのが理想です!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを

放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

汚れなどは落ちるうちに落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

アウディS1のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディS1のボディコーティングメンテナンスです!

こちらのアウディS1は今年の3月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

今回メンテナンスに来られたのが台風24号の過ぎ去った後&お車の駐車場が木の下

言う事もあって、色々な物がボディに乗っかっていました(笑)

カンのいい貴方!流石です!! そうです。  その通りです!

もう1ヶ月も前の話です(汗)

相変わらずブログは1ヶ月遅れ位を推移しております(;´∀`)  すいません。

台風通過後と言う事もあって、おそらく何時も以上の汚れっぷりなんだと思いますが

ある意味、台風通過後にメンテナンスで良かった気も致します(笑)

これがメンテナンス後に台風が来ていたら・・・(;´∀`)

そんな訳で少し汚れ気味のアウディS1のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

↑はビフォーです。  シミは樹液によるものだと思います。

アフターです↓

深い雨ジミは残っていますが樹液と思われるシミはスッキリと除去できました。

ルーフも・・・

色々な物が乗っかっています(^^;)

台風の後はこの様な状態になる事が多いと思います。

アフターです↓

サッパリとしました。

ボディサイドも・・・

大変なことになっていました(^^;)

もちろんこちらも・・・

サッパリとしましたよ(^_^)/

それと隙間という隙間には・・・

葉っぱやら小枝やら木の実やら盛りだくさんでした! リスが喜びそうですね(^^)

アフターです↓

これじゃリスは悲しみそうです(笑)

ホイールは・・・

ブレーキダストでかなりの汚れ具合です。

輸入車はどうしてもね~(;´∀`)

アフターです↓

タイヤとホイールも綺麗に仕上がりましたら・・・

アウディS1のボディコーティングメンテナンス完成です!

いかがでしょうか。 メンテナンスで青さが復活しました!

まさに台風一過の青い空のような澄んだ青に仕上がりました! 濃~い青ですけど(笑)

しかし本当に台風通過後のメンテナンスで良かったです(笑)

せっかくメンテナンスで綺麗になったのに、この後に台風でしたら悔しいと言いますか

寂しいと言いますか(^^;)とにかく良かった良かった!

そんな本来の濃~い青を取り戻したアウディS1のご紹介でした!!

 

台風が過ぎ去った後は車が非常に汚れます(^^;) また今回の台風は(1ヶ月も前ですが(汗))

塩害による被害も多かったようです。 もちろん車も普通の汚れでだけではなく塩でガビガビに

なってしまった車も多かった様ですね。

私も台風の翌日にGSの前を通ったら洗車機に長蛇の列が出来ていて少しビックリしました。

台風の後は早めに洗車した方がいいんですけど(正直、洗車機もお薦めは致しませんが

今日はその話は置いといて・・・笑)

気を付けて洗車しないと、この付着物で塗装面にキズが入ってしまいます。

まずは水で流せるものは流してください。 可能でしたら高圧洗浄機を使うとよりいいと思います。

とにかく擦らずに水圧で落とせる汚れは落としてください。

その後にシャンプーの泡を沢山使って優し~く洗ってください。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の

動画がございますので、是非ご参考までにご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングです!

H29年式プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

ご購入されたばかりのクラウンですが納車後にオーナー様が市販のコーティング剤を塗ったら

ムラムラになってしまったと当店にご相談に来られました。

ご相談に来られた時はコーティングの塗りムラが酷かったんですけど、施工時にご入庫された時は

コーティングが少し落ち着いたのでしょうか?? 少し塗りムラが低減していましたが光の

加減などによってはだいぶムラムラでした(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとムラムラ感が出ませんね(^^;) すいません。 基本的にスクラッチも少な目で

シミも多くはなくて塗装面自体はお綺麗でした。

ルーフも・・・

少し汚れてはいましたがスクラッチやシミは少なくてお綺麗です。

↑はトランクです。

こちらも少し汚れ気味ですけどよ~く見ますとシミもスクラッチも確認できますが少なめですね。

ボディサイドもお綺麗です(^_^)/

とてもデリケートなブラック系のカラーという事を考えますと少しビックリするほど

スクラッチは少ないです(*’▽’)

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れていました。

 

ご覧いただきました様に塗装面自体はシミやスクラッチが少なくてとてもお綺麗でした。

もちろん全くシミやスクラッチが付いていない訳ではないのですが登録から1年以上経過している

黒い車とは思えない程少ないです。 その間の維持管理がとても良かった証拠ですね!

それだけにコーティングのムラが尚更気になります(;´∀`)

でもご安心ください。 磨けば綺麗になります!

ムラの無いスッキリしたクラウンアスリートに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も一緒にいただきましたので

ウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

元々は何か撥水剤が塗ってあったのでしょうか?? 油膜とは違う感じがしますがどっちにしても

視界不良な事には違いないです(^^;)

ガラス表面を綺麗にしていきます。 ボディコーティングと同じで下地作りが大切です。

下地を整えてからコーティング剤を塗らないとコーティング剤本来の効果を発揮しません!

ご自分でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、その時は必ず油膜や

古いコーティングを落としてからウインドウコーティングをしてください。

話がそれてる間にウインドウコーティングが完成したようです。

早速撥水確認をしていきましょう!(笑)

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!   見てるだけでも気持ちイイですね(笑)

 

お次はボディです。

洗車後に鉄粉確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ながら黒い車ですと、いまいちわかりにくいです(汗)

その後にネンドを掛けて鉄粉を除去していきます。

↑はネンドを使う前です。

↓はネンド掛け後のネンドです。

ネンドが少し茶色っぽくなっているのがわかりますでしょうか??

この茶色っぽいのが塗装面に付いていた鉄粉です。

これではボンネット一枚分です。 少し多いかな~。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきました。 基本的にシミやスクラッチが少なくお綺麗な塗装面ですが今回は

3工程の磨きを入れて仕上げています。  磨き3工程(3回の磨き)と言いましても綺麗な塗装面を

3工程と痛みの激しい塗装面の3工程では磨きの内容(方法)が全然異なってきます。

使うポリッシャーやバフ、コンパウンドなどによって同じ3工程でも研磨量が異なってきますので

この組み合わせを考え工夫しながら磨きます。

ここが磨きの難しさでもあり楽しさでもあります(笑)

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れた低撥水タイプのPCX-S7です!

PCX-S7は詳しい事はこちら → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリしましたよ~!

もちろんコーティングの塗りムラもございません!

しかし写真だとわからないと言う・・・(^▽^;) すいません。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

そしてトランクも・・・

もちろん綺麗です。  しみもスクラッチもサッパリです(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたがよりクリヤーな映り込みになりました。

ホイールも本来はブラックのメッキだったんですね(^^;)

ピカピカに光っています!

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ クラウンアスリート、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

プレシャスブラックパールはソリッドブラックとはまた、ひと味違う独特の輝きを放つ

とても魅力的なブラックです! そのプレシャスブラックパールが光沢も艶も更に上がり

ツヤッツヤです(笑)  もちろんコーティングの塗りムラも解消しています。 !(^^)!

オーナー様も『凄いですね~。凄く綺麗です!』と、ご満足いただけたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今や市販のコーティング剤がいっぱい発売されています。カー用品店で売っている物や

ネット通販でしか売っていない物など様々です。特にネットの通販物は商品レビューや口コミが

掲載されていて購入意欲を掻き立てられます(笑)

しかしどの製品を使うにしても、一つだけ間違いなく言える事がございます。

それは”下地“が大切だと言う事です。

ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、

曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心ですよ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ホワイトオーキッド・パールのホンダ ヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです!

H27年式ホワイトオーキッド パールのホンダ ヴェゼルです!

当店にご入庫される2日前に納車されたばかりのこちらのヴェゼルですがオーナー様曰く・・・

お車ご契約後の帰り際に街灯に照らされていたヴェゼルを見たらボンネットが洗車キズだらけだった・・・

と、とてもご心配されていました。

では早速現状確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

オーナー様が気にされていましたボンネットのスクラッチです。

写真ですと少しわかりにくいんですけど結構洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました。

初期登録から3年経過していますので、そう考えますと特別に多い訳ではなく標準的な痛み具合では

ないかと思います。

ルーフも・・・

結構キズキズですがパールホワイト&写真と言う事もあってあまり酷い感じがしませんね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

結構グルングルンと洗車キズが入っているんですけど(^^;)

写真の撮り方が悪いのかカメラがいけないのか?? まぁテクニックがいけないんでしょうけど(汗)

全然スクラッチがわかりませんね(ごめんなさいm(__)m)

リアゲートは・・・

少し曇り気味でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストが薄っすらと乗っていますが、それを差し引いても黒さが引けている

感じでした。

 

全体的によくよく見ていけばやはり3年経過の痛みや汚れが見受けられます。 写真でご紹介した所以外にも

モールの淵やエンブレムなどにも汚れが蓄積していて時間の経過を感じさせる状態でございました。

しかし逆に考えれば“まだ3年”しか経過していません!!

49歳の人間(私)からしてみたら3年前って言ったら46歳ですよ。

そんなのつい最近の事ですよ~(笑)         なんの話??

ちなみについ最近まで自分は48歳かと本気で思っていました(;´∀`) 自分が49歳って知って

それはそれはショックでした(涙) まぁ48歳を2年間楽しんだと思って自分を納得させましたけど(笑)

話がそれまくりましたが、まだ3年ですから磨けばまだまだ光輝きます!! そう46歳の頃の私のように( ̄▽ ̄)

ところで光輝くと言えば車の中から光輝いた瞳で私のことを見守ってくれている方がいるんです。

ご紹介しましょう!

柴犬の「まる」です!!

柴犬「まる」皆さんご存知ですか??

エッ? 知らないんですか??  ネットを中心に今や大人気の柴犬です! 

私? もちろん私も初めて知りました(笑) 全然知りませんでした(^^;)

オーナー様に教えて頂きました(笑)

今では「まる」のショップもありグッズも充実しているようです。

オーナー様も“まる”の笑顔に癒されているそうです!

そんな柴犬のまるちゃんに見守られながら作業スタートです!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です

なんとなく撥水している感じですが撥水していると言うには抵抗がある程度の撥水です(笑)

これでは逆に視界不良になってしまいます。

運転席と助手席のサイドガラスは元々撥水ウインドウのようでした。 少し悩んだのですが、まだまだ撥水もしているので

今回は運転席と助手席はそのままにしました。 最近のお車は運転席と助手席のウインドウは

撥水ウインドウになっているお車が多いんですけど、それもけっして永久的ではなく時間の経過と共に

撥水が無くなってきます。またウロコも付いてきて視界不良にも繋がってきます。

そうなったら撥水ウインドウも再コーティングが必要になります!

話がそれましたが下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、

最後に撥水チェックをします。

おっといけない! ピントがボケてしまった(汗)

ん? まる??    まるだぁ!  癒される~(*^^*)

なんて言っている場合じゃなく、ピントを合わせないと(汗)

水玉コロコロでウインドウコーティングは完成です!

 

そしてお次はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↓

oh~ no~! テップンイッパイデ~ス(;´∀`)

中古車など道路沿いに展示している車両はどうしても鉄粉が多く付いてしまう傾向デ~ス!

リアも・・・

テップンオオメデ~ス!  

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーをシュシュッと拭き掛けて再チェックします。

Oh Yeah~!  イイカンジデ~ス(^_-)-☆

スッキリと綺麗になったデ~ス!

リアも・・・

スッキリシマシタデ~ス!

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回はスクラッチが少し多く、特にボンネットやルーフが多いのでボンネット・ルーフは

少しハードな磨きをしています。 もちろんその他のパネルもしっかりと磨いて全体が統一に

仕上がるように磨いていきました。

その磨き上がりましたヴェゼルに使用致しましたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもサッパリと無くなってツルツルです!

ルーフも・・・

艶やかに輝いています!

ボディサイドは・・・

スクラッチもサッパリとしたんですけど・・・いまいち写真だと伝わらないなぁ~(^^;)

スクラッチのサッパリ差は伝わりにくいかもしれませんがライトを映り込みの

綺麗さは伝わっているのではないでしょうか??  伝わりました?? よね??

リアゲートは・・・

こちらの方が施工前後を見比べて頂ければ違いがわかりやすいと思います!

ぜひ見比べてください(笑)

曇りが無くなってスッキリしましたね!

ホイールも黒く艶々になりました。そしてもちろんタイヤも綺麗に仕上げましたら・・・

ホワイトオーキッド・パールが眩しいホンダ ヴェゼルのボディコーティングが完成しましたデ~ス!

綺麗に仕上がりましたよ~(^_^)/

白さが増したと言いますか、クリヤー差を増したと言いますか!! 実はどちらもなんですけど(笑)

スクラッチやシミそしてクスミが進んだ塗装面は艶も引け、透明感も無くなってきます。

その傷んだ塗装面を磨いて本来のカラーを取り戻します。そして仕上げにコーティングする事で

新車にも負けない程の艶と光沢、そして透明感に仕上がります!

いゃ新車以上と言っても過言ではございません!

オーナー様も『やっぱり違う全然違ういいね~!』とお喜びになられておりました!

それと『白いね!』ともおっしゃっておりました(笑)     やっぱり白いんです(*^^*)

そんな白さと輝きを取り戻しホンダ ヴェゼルと柴犬まるのご紹介でした!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタC-HRに鉄粉が!!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ C-HRの鉄粉除去です!

こちらのC-HRは昨年12月登録の試乗車だったお車をご購入されたそうです。

試乗車と言う事で走行距離も少なく装備も満載、その上にトヨタ純正のコーティングも施工されていたそうです。

しかし、いざ購入して洗車をすると何やら黒いプツプツとした物が沢山付いている(>_<)

これはもしや鉄粉??  と言う事で当店にご相談に来られました。

試乗車などは道路に面した場所に展示されている事が多いです。道路のすぐ横などは鉄粉が多く舞っている

いて、そうなると展示している車にも鉄粉も降り注ぎます(;´∀`)

特に白い車は鉄粉がポツポツと目立ちます。

今回はその鉄粉除去と、せっかくなのでコーティングのメンテナンスそしてウインドウコーティングの

ご依頼も頂きました。

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

 

↓は現状です。

撥水剤が塗られているようです。しかし撥水力が弱まっている感じですね。

弱まった撥水剤を除去していきます↓

その後よ~く乾燥してからウインドウ専用コーティング剤で撥水処理をして最後に

撥水チェックをしてウインドウコーティングは完成です。

水玉コロコロで気持ちいいッス(^_-)-☆

 

そしてお次は鉄粉除去です。

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認をします。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボンネットです↑ やはり多いですね(^▽^;)

ボディサイドはボンネット程多くはなかったんですけどルーフは多めでした。

↓はリアバンパーです。

やはり多いですね。

そしてアフターです↓

だいぶサッパリとしました!

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その他もメンテナンスしましたので各部をビフォー&アフターで見ていきましょう。

↓はボンネットです。

よく見るとスクラッチはそこそこ付いていましたが(^^;)シミも少なかったです。

アフターです↓

スッキリとしましたよ!  でも写真だとわかりませんね(大汗)

↓こちらもボンネットです

シミやスクラッチは少ないんですけど・・・

ボンネットの窪みに雨が溜まるようで水アカで黒ずんでいます。

アフターです↓

水アカもすスッキリです!  ただ窪んでいるので雨が降った後はまた水アカが付くと思います。

雨が溜まる所や流れ落ちる所はどうしても黒く水アカが付いてしまいますがコーティングが

効いていますので水アカのこびり付きは無く洗車で簡単に落ちますのでご安心を!!

ルーフは・・・

ルーフの方が少しシミが目立ちます。

アフターです↓

ルーフもサッパリとしましたよ~。

今回は鉄粉除去後に、ごく軽い磨きをしましたので軽いシミは除去できました。

しかし深めのスクラッチは残っています。

それと所々に・・・

雨筋が・・・(^^;)

アフターです↑  綺麗ですよ~ヽ(^o^)丿

最後にホイールです↓

ダスト汚れではなく泥汚れですね~。

タイヤもホイールも良く洗って艶出しをしましたら・・・

トヨタ C-HRの鉄粉除去&メンテナンスそしてウインドウコーティングの完成です!

ツヤッツヤに仕上がりましたよ~!

間違いなくお客様がご購入された時より綺麗です(^_-)-☆

新車と言っても大丈夫です! 言っちゃってください(笑)

オーナー様も大変お喜びになられておりました! ありがとうございます。

当店はディーラーや他店でコーティングされたお車のメンテナンスも承っております。

メンテナンスでお悩みの方やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

コーティングはどうしても時経劣化などによって撥水は弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

本格的なメンテナンスでしたらもちろん当店にご依頼ください!(笑)

しかしまだそこまでは・・・と言う方やご自分でメンテナンスしてみたい!という方に

おススメの洗車用品やメンテナンス用品の販売も致しております。

今回は便利で簡単なメンテナンス剤を2つ程ご紹介致しましょう!

まずは水玉撥水系のコーティング剤にピッタリの・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで撥水を復元します!!  いゃ~簡単ですね~(´▽`*)

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。美しいツヤ感と撥水効果をお楽しみください。

PCX-S8やPRO MAX EXEを施工のお車におススメです!

こちらは¥1,944(税込)になります。

 

そしてもう1つは・・・

R-611 ウォーターヴェールです!

こちらも洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで低撥水状態をスピーディーに復元します。 いゃ~便利ですね~(*´▽`*)

もちろんコーティング被膜にストレスを与えることなく、水が固まりで流れ落ちる低撥水状態を

よみがえらせます。洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。

美しいツヤ感と低撥水効果をお楽しみください。

こちらも¥1,944(税込)になります。

R-611 ウォーターヴェールはPCX-S7施工のお車におススメです!

 

R-511 ウォーターアドヴァンス・R-611 ウォーターヴェールどちらも簡単便利でいい艶が出ますので

是非お試しください!!

 

以上宣伝でした!! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。