ハスラーのルームクリーニングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ハスラーのルームクリーニングです!

今回はルームクリーニングのご依頼です!

お子様が運転席に嘔吐してしまったとの事です。

ご入庫前にオーナー様がお掃除してくれていましたのでシートは綺麗になっていました。

しかし何となく匂いが気になる&シートにシミが付いてしまったそうです。

ちょっとピントがズレていますけど(^^;  すいません。

嘔吐の範囲自体は狭かったんですが気分的な事もあり室内全体もクリーニングしたいという事で

ご依頼を頂きました。

では今回のルームクリーニングはビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

暑いですけど張り切っていきましょう! ではどうぞ~(^_^)/

ダッシュボードです。ホコリっぽいですね(^_^;)

アフターです↓

専用のケミカルで汚れを落として艶出しをしています。

↓はエアコンの操作パネルです

こちらもホコリっぽいですね。それとエアコンやオーディオ関係などのよく操作する

スイッチ類は知らず知らずのうちに手アカなどで汚れているものなんです。

そのあたりの汚れもスッキリと落とすと・・・

スッキリとしますね!

それと意外と普段は見てそうで見ていない・・・

ペダルです。

ペダルも溝に汚れが溜まってしまうんです。

溝の汚れが無くなると気持ちいいですね!  まぁ普段はあまり目に入りませんが(^▽^;)

ちなみにペダルやハンドルなどは艶出しはしません!  艶出しすると滑って危険ですからね!!

フロアは全体的にごみなども少なくてお綺麗です!

しかし・・・

やはり隙間などにはゴミやホコリが集まります。

アフターです↓

スッキリとしました!

髪の毛や食べこぼしなどはダニが大喜びしてしまいます(>_<) 怖いです。

ダニはアレルギーを引き起こすなど要因にもなりますのでご注意ください。

それと嘔吐処理はスチームなども使って洗浄します。

また室内全体を消臭&除菌処理しています。

そしてスズキハスラーのルームクリーニング完成です!

スッキリとそしてサッパリと仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『うわぁ!綺麗!!』とお喜びになられておりました!

 

車の中はどうしても食べ物の食べこぼしや飲みこぼしなどが多くなりがちです。

また髪の毛やフケ、アカなどの散乱に加えて車内は適度な温度と湿度の環境のもと

ダニの発生しやすい環境でもあります。またそれらが悪臭の原因に繋がります。

特にダニはダニアレルギーなどの健康被害を引き起こす恐れがあるそうですので注意が必要です。

日頃から車内は清潔に保つことを心掛けましょう!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ランクルプラドのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタランドクルーザープラドのコーティングメンテナンスです!

こちらのトヨタランドクルーザープラドはボディコーティングを施工後まもなく1年半ほど

経過致しますお車です。 今回は初めてのメンテナンスになります。

ソリッドブラックで1年半経過ですので何となく状態は想像できますが・・・(^^;)

では間もなく1年半経過致しますランクルプラドのメンテナンスをビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

ご入庫時は雨でしたのでご覧のような感じです。雨で濡れていて状態がわかりにくいので

洗車後に写真撮ろうとしたら・・・ごめんなさい。 すっかり撮るの忘れてしまいましたm(__)m

気が付いた時はメンテナンスも終わりに近づいている時でした。ですので今回写真が少ないです(>_<)

すいません。

と言う事で写真がアレなんで簡単に状態をご説明いたしますと・・・

ボンネットはソリッドブラックと言う事もありましてソリッドブラックらしくシミシミです(^^;

艶もだいぶ引けていましたのでオーナー様とご相談のうえで今回はボンネットとルーフは

磨きを入れて再コーティングする事になりました。

そしてアフターです↓

塗装を浸食してしまっているシミもあり、そのシミは残ってしまいますが、だいぶサッパリとして

艶が復活しました。

ルーフも・・・

雨で濡れていて何が何だかわかりませんが(^^;ボンネット同様でシミが多く付いていました。

アフターです↓

こちらの磨きを入れシミを除去しましたので綺麗に復活!!

 

その他のパネルももっとご紹介したいのですが・・・なんせビフォーの写真撮り忘れましたので(>_<)

しかし施工中の写真はあるんです!

それがこちらの・・・

鉄粉の付着確認の写真です。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するんですが・・・

これまた残念な事に黒いボディカラーなので写真だと鉄粉の反応が確認できません(>_<)

ちなみに鉄粉はやや多めでした。

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。こちらはビフォー&アフターが

あります!(^^;

ビフォーです↓

撥水もだいぶ落ちていました。

その弱まったコーティング剤を落としてガラスを綺麗にしていきます。

綺麗になりましたガラスは水を掛けると水を弾かずにガラスに馴染みます↓

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングの完成です!

弱まったウインドウの撥水は視界が逆に悪くなってしまう事もありますので早めの再コーティングが

お薦めです。

 

それと最後にタイヤとホイールです。

ビフォーです↑  汚れも少なくてお綺麗ですね!

タイヤもホイールも綺麗に洗って艶出しをしています!

そしてトヨタランドクルーザープラドのコーティングメンテナンス完成です!

施工前の写真は雨で濡れていますので単純に比較できませんがソリッドブラックらしい

艶々のボディに復活しオーナー様もお喜びになられておりました(^_^)/

 

ダーク系カラーはどうしても塗装の痛みの進行が早いです。特にソリッドブラックはかなり

デリケートで維持管理が本当に難しいです。 特に水平面のボンネットやルーフはどうしても

雨ジミが付きやすいです。シミを少なくするには本当は雨上がりにすぐ洗車するのが一番いいんですが、

なかなかそれも難しいですね(汗) メンテンスの時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、

保管状況によって異なってきますが目安としては約6か月ごとです。どうしても痛みや進行が早い

屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでのメンテナンスを

お勧めいたします(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スティールブロンドメタリックのプリウスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタプリウスのボディコーティングです!

H28年式のスティールブロンドメタリックのトヨタ プリウスです!

納車してそのまま当店にご入庫くださいました。

こちらはトヨタのアプルーブドカーと言う事ではじめに見た時は塗装面もとても綺麗に

感じたのですが・・・その辺りも含めて早速現状をご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

ライトカラーと言う事もあってパッと見では綺麗に感じましたがライトの下で見ますと

スクラッチが良く見えます。実は結構多かったです(^_^;)

それとフロントバンパー下部には・・・

前後方向に線キズが付いています。

ここ以外にも・・・

細かなキズが確認できました。

↓はルーフです。

こちらも結構なスクラッチです(^^;

と言う事は同じくリアハッチも・・・

同じ様にスクラッチが多いです。おそらく洗車時に付いたキズでしょうね。

ボディサイドは・・・

ボンネットなどの水平面に比べるとスクラッチは少ないです。すいません。写真だとよくわかりませんね(^^;

ホイールはそれ程汚れている感じではありませんね。近くで見ても・・・

軽い汚れです!  しかし・・・

プリウスの15インチホイールはアルミホイールなんですけど実はホイールキャップが

付いていて、キャップを外すと・・・

こんなデザインのホイールなんです。 これはこれでカッコいいと思うんですけど何故か

キャップ付きなんです。 トヨタ的には “軽量化と空力性能の向上を両立” だそうです。

そのせっかくかっこいいアルミホイールも汚れが蓄積していました。 まぁ普通はホイールキャップを

外して洗う人は・・・少数派だとは思います(笑)

 

ご覧いただきましたように全体的に初期登録から2年以上経過していますので洗車キズと思われる

スクラッチも多く付いていました。それと深めのキズも何ヶ所かあります。さすがに深いキズは

磨きでは取り切れませんが出来る範囲で除去していきたいと思います!

では作業開始~!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

見ていきましょう!

↓は現状です。

何かの撥水剤が塗ってあるようですね。しかし撥水力は少し落ちているようで水玉が潰れています。

撥水はしていますが一度キッチリと・・・

撥水剤を落としてリセットします。

リセットしたガラスに水を掛けると今度は・・・

水を弾かずにガラスに水が馴染んでいる状態になります(親水状態)

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!  先程のとは水玉の丸さがちがうでしょ!(^_-)-☆

 

そして今度はボディです。

まずは洗車後にいつもの鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

↑はボンネットです。 結構多いですね(^^;)

リアは・・・

こちらも少し多く付いていました。

鉄粉はお車の使用環境や保管環境によって鉄粉の付着量が大きく異なります。

ですので新車でも保管場所が鉄粉が多く舞っているような場所の場合は鉄粉が多く

付いている車もあるんです(^_^;)

話は逸れましたが鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

ボンネットです↑  だいぶサッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりましたね!

その後にマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました! ここまでの作業が磨く為の準備になります。

(写真では紹介していない作業もごにょごにょとしていますよ(笑))

今回はスクラッチがやや多いので、少しハードな磨きでスクラッチを除去していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが、今回はこちらの・・・

当店の人気者、PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとしました!

フロントバンパーのキズもほぼ消えましたね(*^^*)

深いキズはよく見ると若干残っていますが普段は気にならないと思います。

ルーフも・・・

綺麗になりました。

リアハッチもいい感じです(^.^)/

ボディサイドもサッパリと綺麗になったんですけど写真だと伝わりませんね(^▽^;)

それとホイールは・・・

綺麗になりました!

キャップ付けなくてこのままでもいいと思います(^o^)/

でもちゃんと・・・

付けておきました(笑)  お好みでお楽しみください!!

確かにこっちの方が見るからに “空力性能” は良さそうですね(笑)

そしてスティールブロンドメタリックのトヨタ プリウス、ボディコーティング完成です!

クリヤーな透明感を感じる仕上がりになりました!

光沢も上がり本来のスティールブロンドメタリックの輝きを取り戻したと思います!(^^)!

スティールブロンドメタリックはシャンパンゴールドのような、シルバーのような、はたまた光の

当たり方によっては薄いピンクにも見える綺麗なカラーです。

それもそのはずでトヨタは”ピンクゴールドとベージュの間の新しい色域”を狙って

開発したカラーなんだそうです。なんだか難しいですね(笑)

難しいんですけど、そう言われると私はもうピンクに見えて仕方ありません(笑)

街中でもこのスティールブロンドメタリックのプリウスは見掛ける機会が多いですね。

人気があるようです!

光の当たり方によって色味が変わって感じますので皆様も街中でこのスティールブロンドメタリック

見掛けたら観察してみるのも楽しいかもしれません。

天気によってシャンパンゴールドに感じたり薄いピンクに感じたりと・・・

マニアならではの楽しみ方です( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ルノーメガーヌのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー メガーヌのボディコーティングです!

ブルーアイロンメタリックの新型メガーヌです!

とても綺麗で鮮やかなブルーのこちらのメガーヌは納車当日に当店にご入庫くださいました

新車でございます(*^^*)

今回はボディコーティングとホイールコーティング、ウインドウコーティングそしてウインドウの

断熱フィルム等々フルコースの施工メニューとなりますので早速ご紹介していきましょう!

 

まずは現状確認です。↓はボンネットです。

洗車キズでしょうか?よく見るとボンネットはキズがやや多く付いていました(^^;)

ルーフも・・・

写真ですとあまり付いていない感じですけどルーフも結構キズが多いんです(汗)

↑はリアピラーです。ここも拭きキズでしょうね~。横の黒いスポイラー部もグルグルとした

巻きキズがついています。

ホイールはやはりブレーキダストが多く出るようで既に茶色く付着していました。

特にホイールの内側はかなり茶色くなっています(^▽^;)

 

全体的に見ますと洗車時などに付いたと思われる拭きキズがやや多く付いています。色的にもキズが

付きやすいとは思います。しかし新車でもこれ位キズが付いている事は実は珍しい事ではなく

残念ながら良くある事です。 今回はこのキズを磨いて除去して新車らしい塗装肌にしていきたいと思います。

では作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

↑は水が掛かっている状態です。 油膜も無く綺麗に親水の状態になっていました!

しかし綺麗でも下地を整えていきます。  油膜付いていなくても油膜以外の物も付いていますので(笑)

その後にウインドウ専用コーティングでコーティングし最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

いつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。多くはありませんがポツポツと

確認できます。

リアも少し付いていました。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶサッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりましたね。

その後、今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回の磨きですが通常新車は軽めの磨きで塗装表面の曇りなどを除去し塗装表面を整える

のですが今回は拭きキズが多いので通常の新車磨きよりも少し強めの磨きでキズを除去して

仕上げていきました。

その仕上がりました塗装面には今回はこちらの・・・

PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

それとドアノブのカップ部にキズ防止のプロテクションフィルムを張ったり・・・

フロントウインドウとサイドウインドウには透明の断熱フィルムを貼ってもらったり・・・

↓は透明フィルム貼り付け後の可視光線透過率です。70%以上無いと車検はアウトになります。

貼り付け後で76%で問題なしです(^_^)/

 

ではその他の仕上り具合を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズもだいぶ除去できスッキリとしました。

ルーフのキズもスッキリです!

リアピラーとその横のスポイラー部も綺麗になりましたよ~(´▽`)

ホイールもコーティングしています。 ブレーキダストが多く出る輸入車にはホイールコーティングは

必須アイテムです! ダストのこびり付きが低減するだけではなく光沢も上がり綺麗です!

そしてタイヤの艶出しもおこないましたら・・・

ブルーアイロンメタリックの新型ルノー メガーヌのボディコーティングやその他諸々の

完成です!

いかがでしょうか。

より深みのあるブルーアイロンメタリックに仕上がりました(^_^)/~

ルノーのメガーヌは新旧含めて当店初入庫でした!新型のメガーヌはCシェイプヘッドライトと言う

特徴的なヘッドライトが目を引きますね!リアランプも立体的でクールな雰囲気のデザインで

とてもカッコイイです。メガーヌに限らず最近のルノーのデザインはどれもカッコよくて国産車とは

また違う雰囲気を醸し出しています!

最近日本ではルノーやシトロエン、プジョーなどのフランス車の売り上げが伸びているそうです。

確かにどのメーカーも国産車とは違い個性的なデザインで魅力溢れています。

その昔はフランス車に乗っている方は間違いなく”マニア”の方でしたが(笑)今は以前よりディーラーも増えて

より身近になって買いやすい環境にもなりました。

最近の国産車は”どうもなぁ~“と思いでしたらフランス車などいかがでしょうか??

国産車とは一味違う雰囲気を楽しんでいただけると思いますよ(^_^)/

フランス車の営業マンみたいな事を言っている私ですが、まぁ正直私は一度もフランス車を

所有したことはありませんのでアレですけど(^▽^;)  一度は所有してみたいです!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ノア“W×B”のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ノアのボディコーティングです!

こちらの納車間もない新車のトヨタ ノアは“W×B”と言う特別仕様車のお車になります。 ノアのホワイトは

ホワイトパールクリスタルシャインとラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークと

言う非常に長い名前の2つのパールホワイトが設定されているそうです。

同じパールホワイトですがラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(長が!)は少し

イエローが強く見えますがホワイトパールクリスタルシャインは白って感じのパールホワイトです。

今回のノアは白って感じの方のホワイトパールクリスタルシャインです(笑)

そんな白いパールホワイトのノアの現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から2日程しか経っていませんのでお綺麗です。

ルーフも・・・

基本的にはお綺麗なんですが、よく見ると所々に・・・

ワックスの拭き残しでしょうか?? 最初は保護シートの糊残りかと思いましたが違うようです。

何かケミカル類の拭き残しのようです。 ルーフに数ヶ所程付いていました。

ボディサイドです↑塗装の曇りも少なくて綺麗ですね! トヨタ車は全般的に塗装が綺麗で

曇りも少ないです(^_^)/

リアゲートも・・・

お綺麗です。

ホイールは・・・

ブレーキダストで少々汚れていました。

全体的にトヨタの塗装らしく曇りも少なくお綺麗でした! ルーフの”何かの“拭き残しはディーラーの

納車前仕上げをした時の名残でしょうね。 確かにミニバンはルーフが高くて大変ですが・・・(^^;)

それ以外は特に問題もございませんでした。

 

では作業の方をご紹介していきましょう(^_^)/

まずはウインドウコーティングです。↓は現状です

なんでしょう?なんとな~く、そしてものすご~く弱々しく撥水?しています。撥水剤による撥水では

なさそうです。

とにかく綺麗にしていきましょう(笑)

撥水?している要因と思われる”何かの油分を“除去します。

油分が無くなったガラスは水を掛けると水を弾かずに膜状に広がる親水の状態になります。

親水の状態です↓

ガラスが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティングでコーティングして最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です!  しっかりと力強く水を弾いています!(^^)!

 

次はボディです。

まずはいつもの様に鉄粉の付着確認をおこないます。洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ポツポツと確認できますね。しかし新車と言う事もありまして全体的に鉄粉の付着は少ないです。

リアも・・・

少なかったです。

少ない&新車という事で今回の鉄粉除去は軽めに行いました。

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきました。

磨くと言いましても今回ノアは曇りも少ないので塗装表面を整える程度の軽めの磨きをしました。

そして整った塗装面には今回はこちらの・・・

気持いい水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8でコーティングです!

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8の詳細は

こちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、軽い磨きでも比べて頂くと違うんですが・・・

写真だとわからないですね(^^;)

ルーフも・・・

正直写真だと違いがわかりません(汗)

でも

何かケミカル類の拭き残しのような物が無くなったのはわかって頂けると思います。 よ~く見ると(笑)

ボディサイドもよりスッキリとしました!

リアも若干の曇りも無くなり更にクリヤーになってます。

それと今回はホイールのコーティングもご依頼頂いております! ホイールコーティングをしますと

汚れの固着が低減してお手入れが楽になります。そして光沢感が上がります!!

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新車トヨタ ノア“W×B”のボディコーティング完成です!

ホワイトパールクリスタルシャインの名にふさわしくクリスタルのように輝くパールホワイトに

仕上がりました!(^^)!

でも写真ですとちょっと上手く伝わらないんですけどね(^▽^;)

写真ですと伝わりませんがノアを引き取りに来られましたオーナー様は『うわぁ~すげ~ピカピカ』っと、

とてもお喜びになられておりましたのでご安心ください(笑)  私が一番安心していますが(^^;)

 

このクラスのミニバンは大き過ぎなくて使い勝手が良くファミリーカーとして考えると最強です(笑)

特に小さいお子様のいらっしゃるご家族には最高です。 最強で最高です(^_-)-☆

室内は広くて快適そして室内で着替えも楽々!しかも最近は燃費も良くてお財布にも優しい。

特に2列目は広くて快適なんでどうしても運転席のお父さんは、一人でポツンと運転手さんに

なりがちですが(^^; ご家族の為にめげずに安全運転で頑張りましょう(笑)

そして楽しい思い出をいっぱい作ってください!!ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スチールシルバーメタリックのジムニーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです!

こちらのスチールシルバーメタリックはジムニーの特別仕様車であるランドベンチャー専用カラーに

なります。 通常のジムニーのシルバーとは少し色味が違い、より重厚感ある落ち着いた

シルバーです!

納車間もない新車ですが、すでにリフトアップやらバンパーが変わっていたりとカスタマイズが

進んでいますが、こちらはショップのコンプリートカーだそうで、この状態が納車時の

お姿なんだそうです!  カッコイイですね(^_^)/

 

そんなスチールシルバーメタリックのジムニーの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネット。

塗装面が曇っていてライトの映り込みがモヤモヤっとボヤけています。

ルーフは・・・

同じくモヤッとしています。

それとリアのサイドウインドウ下辺りが・・・

塗装の加修跡でしょうか??少し磨きが入っているようです。  写真がわかりにくくてすいませんm(__)m

ボディサイドは・・・

こちらも塗装面が曇っていてライトの映り込みがボヤけていました。

ホイールとタイヤは・・・

まだ走行距離が少なくてお綺麗でした!

 

ご覧いただきました様に全体的に塗装表面がやや曇り気味でシャキッとしていません。

この曇りは多かれ少なかれ、どの車種でも確認できることが多いんです。多いんですけど酷いお車は

本当に酷くて、新車で綺麗なんですけど見た目の印象がパッとしないと言うか?シャキッとしないと

言うか? 何かオブラートに包まれているようなモヤッとした雰囲気になってしまうんです(;´∀`)

今回のジムニーはそこまで酷くはございませんがボヤッとしている事には違いありませんので、

スッキリとした塗装肌にしていきましょう!

作業開始~!

 

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認をおこないます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

少しわかりにくいんですが、よく見ますとポツポツと確認できます。

リアも少し付いていますが少ないですね!

今回は全体的に鉄粉は少なかったので軽めに行いました。

そして再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

いいですね(^_-)-☆

リアも・・・

よりスッキリと!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いていきます。

モヤモヤっとした曇りを取り除き塗装本来のクリヤーで艶やかな輝きを引き出していきました!

そのクリヤーになった塗装面を更に艶々に仕上げてくれるコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティングになります!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装の曇りも無くなりクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

磨いた痕跡も綺麗に除去できています(^_-)-☆

ボディサイドも曇りが無くなりライトの映り込みがスッキリとクリヤーですね!

お綺麗でしたホイールも洗って艶出しをしますと、更に美しくなります!

そしてスチールシルバーメタリックのスズキ ジムニーのボディコーティング完成です!!

曇りも無くなり透明感あるスチールシルバーメタリックに仕上がりました!

光沢も更に上がりより艶々ボディです(^_^)/~オーナー様にもお喜びいただけたご様子でした。

シルバーやホワイトはブラックなどのダーク系カラーに比べ維持管理が楽です。

ですので長くお乗りになられるご予定でしたらシルバーやホワイトはお薦めのカラーです(笑)

ところで、ジムニーも間もなくフルモデルチェンジするようですね。

このJB23型は1998年に発売されたのでなんと今年で20年のロングライフモデルとなりました。

フルモデルチェンジ目前ですがこのモデルもまだまだ人気があって、あえてこのモデルを

お選びになる方も多いようです。今回のジムニーのオーナー様もまさにそのようで、モデルチェンジする

前にこちらをご購入したそうです!

確かに正直新型は気になります(笑) しかしやはりお気に入りのモデルに乗るのが

やっぱり一番いいと思います(^_^)/~  何時までも大切にお乗りください!!

 

新車でもしっかりと仕上げますと新車以上の艶と光沢そしてクリヤーなボディになります。

多くの方々は新車の状態が一番いいと思われています。新車なのに何で磨く必要があるの??と

疑問に思うと思います。しかし先ほどもお話いたしましたが、新車でも新車特有の曇りが酷いお車や

シミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も実は凄く多いです。

しかしそれらの不具合箇所の処理をしないで洗車してコーティング剤塗っておしまい!っていう

ディーラーが多いのが実情です(涙)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングもそして新車以外のお車も専門店の当店でどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レヴォーグSTIスポーツのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルレヴォーグSTIスポーツのコーティングメンテナンスです!

こちらのレヴォーグSTIスポーツは今年の1月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

少し早めの5ヶ月経過時点でメンテナンスにお越しくださいました!

オーナー様はマメにお手入れされていますので上の写真でもわかりますように、とてもお綺麗です(*^_^*)

またまたお綺麗な車のメンテナンスのご紹介なので・・・ブログ泣かせです(^▽^;)

そんなとてもお綺麗なレヴォーグSTIスポーツのメンテナンスを今回はビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう!

 

まずはボンネットのビフォーです↓

当店に到着と同時に雨が降ってきてしまいました(^^;) ですのでちょぴり濡れています。

ちょぴり濡れてますがシミも少なくてお綺麗です!

アフターです↓

洗車キズも少なくて綺麗です!

しかしボンネットダクトは洗車時に擦りキズが付いてしまったとの事で・・・

今回はダクト部を軽く磨いて・・・

再コーティングのご依頼です!  軽めの磨きにしましたので深めの線キズは若干残っていますけど

普段は気にならないと思います(^_^)/

 

こちらは↓ルーフのビフォーです。

ルーフも綺麗です。

そしてアフターです↓

艶々です!

それとサイドステップなんですが・・・

ここも線キズが多いので・・・

軽く磨いて再コーティングです(^_-)

更にフロントのフェンダーも・・・

すいません。写真が綺麗じゃなくてわかりませんが(^^;) ここも線キズが気になるとの事で

フェンダーも軽く磨きました。

アフターです↓

写真だとわかりませんね(^^;) すいません。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

これまたとても鉄粉が少なかったです(^_^)/

リアも・・・

少ないんです!素晴らしい!!

という事で今回の鉄粉除去は、ごく軽めに行いました。

それと鉄粉除去以外に細部の洗浄なども行っています!

 

ホイールは・・・

これまたとてもお綺麗です。

アフターです↓

違いがわかりませんね(汗)

でもキッチリと洗って艶出しをして仕上げております!

そしてスバルレヴォーグSTIスポーツのボディコーティングメンテナンス完了しました!

元々お綺麗なレヴォーグでしたが、メンテナンス後は一段と美しく艶やかな

お姿になりました!(^^)!

オーナー様も『すげ~ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。

WRブルーパールの魅力を十分味わっていただける仕上がり具合です! 具合なんですが・・・

ひとつ残念だったのは朝降り出した雨はお引き渡し時まで止むことはなく・・・(;´∀`)

雨の中お帰りになりました。 でも雨でも笑顔でお帰りくださり私の気持ちも救われた思いでした!

ありがとうございました!!

 

関東地方ではまさかの梅雨明けです!

梅雨が明けたらメンテナンスです(笑) 梅雨時期に溜まった汚れを梅雨空と共に一掃いたしましょう!

メンテナンスはもちろん随時当店でもご予約承っておりますが、ご自分でメンテナンスも可能です。

という事でメンテナンス用品のご案内です。

カービューティープロでは洗車用品やメンテナンス用品の販売も致しております!

カービューティープロ本部からネット通販でもご購入できますので、私のブログをご覧下さっている

洗車マニアの方々(笑)、そうじゃない方々も是非一度カービューティープロの商品をお試しください!

カービューティープロの通販はこちらです → R-Collection

勿論当店でも取り扱っております。ご購入したい商品がございましたら事前にお問い合わせ下さい。

在庫のない商品はお取り寄せいたしますので、まずはご連絡ください(^_^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。