チャンピオンイエローのスイフトスポーツ、メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのチャンピオンイエローのスイフトスポーツは今年の4月にボディコーティングを

施工致しましたお車です。

施工から6ヶ月が経ち今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

いつ見ても目の覚るような綺麗なイエローですね!

そんな鮮やかなチャンピオンイエローのスイフトスポーツもコーティング施工から半年程経過していますが

艶もあってお綺麗です。お綺麗ですが実はよくよく見ますと結構汚れ気味なんです。でも↑の写真の様に、

意外と汚れが目立ちません(笑)

そんなスイフトスポーツのメンテナンスのご様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットは汚れも少ないです。それより大事なのは塗装面の状態です。

ソリッドのイエローなので正直シミは多いかと思いましたがオーナー様のお手入れがいいようで

シミもスクラッチも少なめでした(^_^)/

アフターです↓

写真だとイマイチわかりませんね(^^;) シミも少ないです!!

ルーフも・・・

少し汚れていますが塗装面自体はそれ程傷んではなさそうです。

アフターです↓

屋外駐車とは思えない程お綺麗です。

リアは・・・

さすがに雨が降れば黒い雨筋は付いてしまいますが・・・

水アカのこびり付きも無く洗車で簡単に落とす事が出来ます。

ボディサイドも・・・

ドアノブから黒く筋が伸びていました。

アフターです↓

グリス分を含んでいる雨筋ですと洗車で落とせない事もございますが、そのような時はメンテナンス剤等で

優しく拭いてあげると簡単に落ちますのでお試しください。

そして更に下の方を見ていくと・・・

やっと汚れている感が感じられます(笑)  ちなみに中央付近に白っぽく横線が見えますが

これはキズではなくて店内の様子が映り込んでいるだけです(^^;)

アフターです↓

スッキリとしました。綺麗だと気持ちいいですね(*^^*)

ホイールは・・・

こちらも少し汚れていて黒がグレーになってしまっています。でも本当は・・・

艶ピカに黒なんです! 黒いと足元が引き締まりますね!!

そしてチャンピオンイエロー4のスズキ スイフトスポーツのコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。  ご入庫時も光沢もあって綺麗だな~ なんて思ったんですけど

やっぱりメンテナンスをしますと綺麗さが違います(笑)

光沢感がより向上して鮮やかなチャンピオンイエロー4が更に鮮やかになりました(^_-)-☆

 

コーティングメンテンスは早め早めに行うのがお薦めです。特にダーク系カラーのお車は早めがいいです。

と言いますのもコーティングを行っていても汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。

普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に洗車を行なえば汚れの付着が

低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。

そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に

渡り美観を維持するポイントです(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースはボディコーティング施工から間もなく1年半ほど経過致しますお車になります。

今年の春に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2度目のメンテナンスのご依頼です。

少しだけ汚れてはいますけど、まだまだ艶も感じられます。

しかし各部をじっくりと見ていけば、やはり1年半ほどの痛みも見えてきます(^^;)

ではミライースのメンテナンスのご様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回メンテナンス時にボンネットは軽く磨いて再コーティングしていますのでシミや

スクラッチは少ないですね(^_^)/

アフターです↓

それでもメンテナンス後は更にスッキリとしたと思います。

ルーフは・・・

シミが増えてきました(^_^;) 同じ水平面でもボンネットは一度軽く磨いていますので

シミ等少なかったんですけど、ルーフは純粋に1年半ほど経過した痛み具合になります。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは磨きをしませんので、深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

それでも↑くらいまで綺麗になりました! もしシミが気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスの

ご用意もございますのでお気軽にご相談ください。

ルーフと言えば、ご紹介する程の事ではないんですけど・・・

松の葉が刺さっていました(^o^)

抜いておきました(笑)  安心してください。穴は空いていませんから!

リアは・・・

エンブレムから黒い雨筋がダァ~と付いていますが・・・

コーティングがまだまだ効いていますので、水アカがこびり付いているような事はなかったです(*^_^*)

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスからまだ半年くらいですけど、少しだけ多めな印象です。

鉄粉の付着量は周りの環境によって大きく左右されます。ですので気を付けたくても

どうしようも無い事が多いのが実情です。 出来る事と言えばやはり定期的に鉄粉処置を

行っていくしかないかと思います。

そしてその鉄粉を処理しましたミライースのアフターの写真が・・・

なんという事でしょう。写真撮るの忘れてしまったようです(汗) いくらメモリーカードの中を確認しても

アフターの写真が出てきませんでした。  すいませんm(__)m

 

気を取り直して・・・ボディサイドです↓

泥ハネ等の汚れが付着しています。 この辺りに付く汚れはピッチやタールなど“硬い”付着物が

多いので優しく洗わないとキズが入りやすいので洗車時に注意が必要です。

アフターです↓

汚れもサッパリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

しっかりと洗って最後に艶出しをして仕上げています(^_^)/

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングの

様子もご紹介していきます。

↓は現状です。

こちらもウインドウコーティング施工から1年半ほど経過いたしまして、だいぶ撥水が乱れてしまいました。

リアも・・・

撥水が落ちてしまっていました。

この弱った撥水コーティングを除去してガラス表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨の多い季節だけではなく、これからの冬のシーズンにも有効なアイテムに

なります(^_^)/

そしてダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時もまだまだ艶が感じられましたがメンテナンス後は白さと艶がやはり違います。

キッチリとメンテナンスしますと艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーでも

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様もお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

コーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

そんな撥水が弱まった時、そんな時に活躍するのが・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車におススメです!

こちらは¥1,980(税込)になります。

R-511 ウォーターアドヴァンスは簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

 

以上宣伝でした~。( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

スズキ スペーシアギアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアギアのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3のスペーシアギアです!

納車間のない新車のお車になります。

スペーシアギアは当店初入庫になります(^_^)/

ブラックという事もあって一見、結構イカツイ印象ですけど見れば見るほど、つぶらな瞳で

カワイく見えてきます(*^^*)

そんなイカツさと可愛さが同居しているスペーシアギアの状態を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですけど納車から少し時間が経っています。その間に台風の襲来もあり少し汚れていました。

汚れ自体は全然問題ないんですが、よくよく観察してみると・・・

ボンネットの一部にポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 白っぽくモヤモヤと見えるのが

オーロラマークと言われるものでポリッシャーで磨いた時に付いた微細なキズにライトの光が

乱反射してこの様に光が当るとモヤモヤと見えます。

ルーフは・・・

少し汚れ気味です。ルーフはポリッシャーで磨いたような痕跡はございませんでしたが、

軽い拭きキズのようなスクラッチは確認できました(^^;)

ボディサイドは・・・

ドアノブから雨水と一緒にグリスも流れ出てきたようで汚れています。

それと若干塗装も曇り気味でした。

リアは・・・

こうやって見るとそれ程でもないんですけど、リアも若干曇り気味でございました。

 

ボンネットの一部に加修の痕跡も確認できました。これは新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を

除去する為に磨いて、そのキズやシミ等を処理しています。 それ自体はよくある事で、よくある事と言うよりも

黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい、よくある事なんです(笑)

問題はその加修の痕跡が残ってしまっている事です。 ちゃんと磨かないと(磨けない作業者だと)磨いた痕跡が

残ってしまいます。 しかも残念な事にこの状態のままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では加修の痕跡いをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も無く綺麗です。範囲外はちょっと油っぽい様です(^^;)

リアは・・・

もっと油っぽい様です(^▽^;)  ウインドウに油が付く要因は色々とあります。

その一つは油が大気中に舞っている事です。

車から排出されるガスや工場や焼却所、また美味しそうな焼肉屋さんの前を通ると、いい匂いの香りと共に

油も浴びてしまっています(笑)

また自宅の換気扇の近くに駐車している場合も、知らず知らずのうちにサンマのいい香りと共に油も浴びているかも

知れません(笑) から揚げ・天ぷら・野菜炒め・・・要因は沢山です。  ←  食べ物ばっかりかよ(^▽^;)

油自体は大気中に舞っていますので避けようがございません。

ただ、そのまま放置してしまうと頑固なウロコ状の油膜となってしまい簡単には除去する事が出来ませんので

ご注意ください。

話が長くなりましたが・・・

その油分を除去していきます。今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウを綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! ちなみに当店が使用していますウインドウコーティング剤は

撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!   ← 軽く宣伝です(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然伝わりません。

鉄粉自体は少なかったので今回はケミカルを使用しての軽めの鉄板処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。  もちろん加修痕もスッキリと処置いたします!

 

そして磨きが終わりましたら、コーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました~!

もちろん加修の痕跡も・・・

綺麗に無くなりました(^_^)/  白くモヤモヤと見えていたオーロラマークともおさらばです(笑)

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてよりスッキリとしました!

ただ雨が降ると、どうしてもドアノブ等からまた雨水と一緒にグリスが流れ出て来るかと思います。

お車が新しければ新しい程、沢山出てきます。ある意味、新車の証ですけど、困った証でもありますね(^^;)

そしてリアは・・・

こちらも曇りが無くなって、より綺麗にライトが写り込むようになりました。 スッキリです!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、新車コーティング完成いたしました。

いかがでしょうか。 光沢も上がり艶々に仕上がっております(´▽`*)

施工前と比べると、なんと申しましょうか?ボディがスッキリと言いますかクッキリといいましょうか?

ボディラインがクッキリとシャープと言いましょうか?? 上手く言えませんがとにかく見た目の印象が

スッキリとしたと思います(笑)  上手く言えなくてすいません(^▽^;)

上手くは言えませんが愛車とご対面されたオーナー様も『おっ!ピカピカだぁ!!』とお喜びになられて

おりましたので言葉では伝わらない何かが伝わったのだと思います(笑) いゃ~良かった~!(^^)!

 

最近の軽自動車は本当に良くできています。 こちらのオーナー様はミラジーノからの

お乗り換えだったそうですが同じ軽自動車とは思えない程広くて快適だそうです。

ホント最近の軽自動車は広いし荷物もいっぱい入るし静かだしで、これ一台で大抵の事は

まかなえてしまいます。特にスペーシアギアはギアって名前からしてアウトドアにもピッタリです!

BBQなんて最高です!でも焼肉は気を付けてください。  油飛んでますので(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ マークXのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ マークXのボディコーティングメンテナンスです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークXです!

こちらのお車は1年前にボディコーティングを施工致しましたお車になります。一度メンテナンスに

お越し下さっておりますので今回は2度目のメンテナンスのご依頼です。

前日の雨の名残でボディが若干濡れておりますが早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

予告通り、若干濡れています(笑) ただコーティング施工から1年経過のリアルな撥水状態が

確認できると思います。

屋外屋根なし駐車との事ですけどコーティング初期のコロコロの水玉撥水ではございませんが

まだ撥水が残っていました!

アフターです↓

塗装面のシミやスクラッチも少なくて、とても良好な状態でございます。

もちろん撥水性も向上しております(^_^)/

ルーフも・・・

シミやスクラッチが非常に少なく、撥水も残っていますね(*‘∀‘)

撥水の耐久性はお車の保管状況や使用条件によってバラバラです。大体ライトカラーのお車で

屋外屋根なし駐車の場合ですと半年~1年程で落ちてしまう事が多いんですけど、

こちらのマークXはだいぶ残っていますね!

アフターです↓

とても屋外屋根なし駐車とは思えない程良好です!

トランクも・・・

濡れているのでシミやスクラッチが確認できませんが・・・

とっても綺麗なんです!

ただ鉄粉は多めと言うほどではないんですけど・・・

それなりに付いております。

(黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。)

トランクは・・・

こちらの方がやや多めでしょうか?

鉄粉処置をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

トランクもスッキリしました。 もちろんボディ全体の鉄粉処置を行っております!

また鉄粉除去以外に細部の洗浄なども行っています。

メンテナンス方法もお車の状態に合わせて使用するクリーナー類やメンテナンス剤などを

選んで作業しております!

 

ボディサイドは・・・

雨が降るとドアの内部を通った雨水が流れ出てきて黒っぽい雨筋が付いてしまいます。

アフターです↓

綺麗になりました。

ドアの内部を通ってきた雨水はドア内部のグリス分を含んでおりますのでコーティングしていても

通常のシャンプー洗車程度では落ちない事もございます。 その時はメンテナンス剤等を使って

優しく拭いてください。

そして最後にホイールです。

いつ見ても眩しい位ピカピカのホイールですが、その眩しさをこらえてよ~く見ると

ブレーキダストなどで少し汚れています。  でも眩しくて気になりません(笑)

アフターです↓

よりピカピカになりました~!

これでもう眩しいのをこらえて見る必要はありません(笑)

 

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いておりますので

そちらもご紹介してまいります。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも施工から1年経過していますが、まだまだ撥水力も残っていました(*^_^*)

でも・・・

再施工のご依頼ですので一度コーティングを落として再度コーティングをしていきます。

撥水が残っているからと言って上塗りは致しません!

再度ガラス表面をリセットしてからコーティングです(^_^)/

アフターです↓

再施工前でも撥水力が残っていましたが、こうやって見比べるとやっぱり水玉の丸さが違いますね!

ウインドウコーティングは雨の日の安全に繋がりますので早め早めの再施工がお勧めです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークX、ボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

とてもお綺麗なマークXでしたが更に光沢が向上して艶々なボディに仕上がりました!

オーナー様も『おぉ!やっぱり綺麗だな~』と、ニコニコ笑顔でお喜びになられておりました(*^_^*)

ありがとうございます。

昨年お車をご購入された後に、お仕事の関係でお車に乗れる機会が激減してしまい、

ほとんどマークXに乗る機会がなくなってしまったそうです。 しかしそのお仕事も片付き、

お車に乗れる機会が増えるようです! 良かった良かった!

これからマークXとの蜜月を楽しんでくだい(笑)

 

先ほども少しお話しいたしましたがコーティングの撥水の耐久性はお車の保管場所やご利用状況に

よってバラバラです。撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんです。  誤解なんです(;”∀”)

撥水が無くなってもコーティング被膜自体は残っています。

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、

どうしても弱まってきます。2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程で

だいぶ弱っているお車もございます。

なので撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

MAZDA6のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダ MAZDA6のボディコーティングです!

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6は納車から間もない新車になります!

ご存知の方も多いと思いますが今年の夏の一部改良時にアテンザからMAZDA6に車名変更されました。

フルモデルチェンジに車名が変更される事はよくある話ですけどモデルの途中での車名変更は

レアケースですね(*^_^*)

そんなアテンザ改めMAZDA6になったマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6の

現状を早速確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

納車から間もないんですけど、その間に台風の直撃などもございまして、少し汚れ気味です。

でも台風によるキズやヘコミ等、お車へのダメージも無かったようで良かったです(*^^*)

ルーフも・・・

ちょっと汚れていますね。ちょっとです(笑)

ボディサイドは・・・

ちょこっとだけ曇り気味なんです。

実はボディサイドだけではなくボディ全体的にやや曇り気味(白ボケ)なんですけど写真ですと

上手く伝わらない程度の軽い白ボケです(^^;)

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですけど実は微妙に曇り気味なんです。

タイヤとホイールは・・・

ホイールは軽く汚れ気味ですね。↑の写真だとわからないんですけど実は・・・

タイヤは結構泥だらけなんです(^▽^;)   ホイールハウス内も泥が結構アレですね(笑)

 

納車から間もないお車ですけど連日の雨風でちょこっとだけ汚れ気味でした。

それ自体は全然問題ないですけど肝心の塗装肌の状態が・・・悪くありませんでした!

私的にはマツダ車は以前は新車時の塗装の曇り(白ボケ)が酷い車両が多い印象だったんですけど

最近の車両は以前に比べると白ボケがだいぶ少ない車両が多い気がしています。

でも相変わらず酷いという声も聴きますので、個体差なんでしょうね(^▽^;)

そして今回のMAZDA6ですけど若干の白ボケが確認できますのでスッキリとしていきたいと思います

では作業を開始していきましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分の付着で水を弾いていました。

ただ程度としてはまだ“軽い”状態です。これが酷くなってしまうと油膜が簡単には落とせなくなりますので

油膜は早めの処置がお薦めです!

リアも・・・

油分の付着で水を弾いています。  この状態ですと視界が悪くて危険です(;´∀`)

その危険は油膜を・・・

除去してガラス表面をリセットします!

そしてウインドウ専用コーティング剤でコーティングし、最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

綺麗に撥水しています。 高速走行時など水玉が流れて視界を確保してくれますヽ(^o^)丿

雨の多い日本では1年中活躍してくれる人気のメニューになります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後ボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的な事もあって写真だと相変わらず、いまいちわかりません(^^;) 写真の撮り方が悪いんじゃね~?? と

ツッコまれそうですけど、もう撮っちゃったので仕方ありません。    ← 開き直った~~(;´∀`)

実際のところは鉄粉も少なめでした。リアも・・・

よく見ると黒っぽく点々と確認できますがリアも少なかったです。

という事で今回の鉄板処置は軽めに行ないました。

一応処理後の再チェックの写真も撮りましたが・・・

相変わらず何が何だか・・・(^^;)

違いがわからないね~ っとツッコまれそうです。 でももう撮っちゃったので仕方ありません(^^;)

でもご安心ください。写真だとわからないだけで、ちゃんと綺麗になっています!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

ボディを磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

こちらの新車プランは納車から1ヶ月以内のお車が対象のプランです。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます。当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回使用致しましたコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってスッキリとクリヤーになっているんですけど写真だと、どうしても違いが

わかりにくいと言いますか。写真撮るでのが下手と言いますか(^^;)

でも実車を見て頂ければ違いがもっとはっきりとわかります!

リアも・・・

より綺麗に仕上がりました!

そしてタイヤとホイールも・・・

綺麗に洗ってホイールコーティングしています。タイヤも艶出をして綺麗になりました!

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMAZDA6新車コーティング完成いたしました!

クスミも取れてスッキリと艶々に仕上がりました!

“EXE evo1″もいい艶が出ています(´▽`*)

オーナー様も『ピカピカだぁ』とお喜びになられておりました。そして『外に出したくないなぁ~』と

言われていました。

そうですよね。そりゃそうです。だって外は雨ですもん(^▽^;) 私も出したくないですもん。

でも大丈夫です!洗車をすればまたピカピカになりますので(^_^)/

ピカピカのMAZDA6、何時までも大切にお乗りください!!

 

アクセラがMAZDA3に名称変更されたのを機にマツダは基本、車名を世界で統一にしていくそうです。

それに伴いデミオもモデル途中ですが先日、MAZDA2に車名が改められました。

マツダやることが早いです(笑)

でもロードスターはMX-5とはならずに例外でロードスターのままだそうです。

これは『車名に愛着をもつオーナーたちの意向にも配慮』した結果なんだそうですけど、アテンザもアクセラも

そしてデミオも十分、車名が浸透していますし車名に愛着をもつオーナーさん達も多かった気もしますが

決まってしまった以上私にはどうする事も出来ません。 まぁ、決まる前でも私にはどうする事も出来ませんが(^^;)

でも時間が少し経てばMAZDA6もMAZDA3もそしてMAZDA2の呼称も直ぐに浸透して愛着が湧いてくると思います。

そしていま開催中の東京モーターショーでマツダ初のEV「MX-30」を発表しました!

“CX”系とはまたひと味違うデザインテイストでこれまた日本での発売も楽しみです。

更にロータリースポーツ系の“RX”はどうなってしまうのか?? 興味は尽きません(*^_^*)

これからのマツダにも期待していきましょう!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。