マツダRX-7のボディコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダRX-7のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマツダRX-7は昨年の4月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工からちょうど1年が経過し今回はメンテナンスでご入庫くださいました。

1年前とはお姿が若干変更がございます!

それは・・・サイドアンダースカートとリアサイドアンダースカートが装着されスポーティー感が

さらに増したスタイリングでのご入庫ですヽ(^o^)丿  前回のお姿はこちら → RX-7

今回はこの追加されましたサイドアンダースカートとリアサイドアンダースカートにはコーティングの

ご依頼です。

では1年経過しましたRX-7のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少し傷み気味です(^^;

アフターです↓

メンテナンスでは落ちきれない細かなシミなどは残っていますけどスッキリと綺麗になりました。

ルーフは・・・

こちらはやや傷み気味です(^^;

アフターです↓

ルーフもだいぶサッパリとしましたね!それと全体的にスクラッチは少なめでした。

しかしリアは・・・

ここは雨が溜まるようでシミが多かったです。 基本的に普段はボディカバーを被せて保管していた

そうですが、昨年RX-7の修理で数か月ほどショップで野ざらしにされてしまったそうで

その時にシミが多く付いてしまったようです(;´∀`)

アフターです↓

ボンネットやルーフに比べますとリアはシミが多く残ってしまいました。

今回はメンテナンスplusでしたがここまでがメンテナンスでは限界でした。シミが気になられるようでしたら

次回メンテナンス時にリアだけ磨き直すのもいいかと思います。

それともう一つオーナー様が気にされていましたのが・・・

フロントピラーの擦れたキズ跡です。 この擦れた跡は・・・ある時、ワイパーを作動させたら何故か

ピラーまでワイパーが来てしまったそうです(^▽^;  勢いがあっていいじゃないですか!若さですね(笑)

そんなこんなで擦れてキズが付いてしまったのでピラーのキズ取りのご依頼です。

元通りになりました。よかったよかった!

クリヤー層の下までいっている深いキズは無理ですけど表面に付いたキズや浅めのキズでしたら

磨きで除去できますので諦める前にご相談ください。

 

ボディサイドは・・・

軽く汚れてはいますけどお綺麗ですね!

アフターです↓

もちろん綺麗になっていますが・・・残念ながら写真だとあまり違いがわかりません(^▽^;)

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。 鉄粉も色的に少しわかりにくいんですけど・・・

よ~く見て頂くと黒っぽくポツポツと見えてると思います。それが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少なめですけどよ~く見れば見えてきます(笑)

ルーフも・・・

よ~く見てくださいね。そうするとポツポツと見えてくる・・・と思います(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よ~く見てくださいね。綺麗になっていますから!

ルーフも・・・

綺麗になっていますよ(^_^)/

それと今回、新たに装着されました・・・

サイドアンダーです。カッコイイですね!! 大型ですけどボディのラインにマッチしていて

いい感じです。 てっきり社外品かと思っていたんですけどサイドアンダーはマツダの

純正品なんだそうです。 だからボディラインにマッチしているんですね! 納得です。

ちなみに↑の写真はコーティング済みです(笑)

リアサイドアンダーもコーティング済みです(笑)

色を塗ってもらったという事で、やはり“磨きキズ”が付いていました。もちろん両方とも綺麗に

磨き直して磨きキズを除去してからコーティングしおります!

最後はホイールです。

ホイールは少し汚れが蓄積しているようです。

アフターです↓

意外と汚れが頑固でした(笑) でも無事ピカピカに仕上がりました。

そしてマツダRX-7のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!!

ご入庫時は少し汚れている事もあって、やや艶が引けている感じでしたがメンテナンスをすれば

しっかりと艶が戻って青さに深みも出ました。カッコよさも更にUPしたのではないかと思います。

お店の前を歩いていた中学生くらいの男の子が店内のRX-7に気がつき “うわぁ!カッケ~~”と言っている

声が聞こえてきたので間違いないです(笑)

この時代のスポーツカーはやっぱりいいですね! R32のGT-Rや80スープラそしてRX-7どれも個性が

あってカッコイイです。今ではGT-RもスープラもRX-7も日本だけではなく海外でも大人気で

価格も高騰しています。海外にドナドナされていく車も多く国内でも減少しているみたいです。

更に綺麗な個体も少なくなってきているみたいですので、いつまでも大切にお乗りください。

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

シトロエンC3のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはシトロエンC3のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのシトロエンC3は昨年の6月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

10ヶ月経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

今回が初メンテナンスになります。

10ヶ月経ちましたシトロエンC3の状態は、はたしてどんな感じなのでしょうか??

興味が尽きませんので早速今回のメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう(笑)

まずはボンネットからです。

10ヶ月経過していますのでよく見ますとシミもそれなりに付いています。しかし屋外駐車で

この状態でしたら全然悪くないです。 と言いますか、むしろシミが少ないと思います。

線キズなどのスクラッチも少ないですね!

アフターです↓

汚れも落ちてスッキリとしました!

シミもあまり目立たないと思います(^_^)/

ルーフは・・・

ガラストップなんで写真のここ↑はガラスなんです。

もちろんガラスも綺麗にします。

白っぽくポツポツと見えているのは・・・ホコリです(汗)

拭いても拭いてもすぐホコリが乗ってしまうので(;´∀`)  すいません。

それ以外にも、よく見ますとメンテナンスでは落ちなかった雨ジミが少し残っています。

ガラスもボディ同様に黒ければ黒い程シミになりやすいんです(涙)

ガラスに付いたシミ(ウロコ)が酷くなりますと、ある意味ボディに付いたシミを除去するよりも

大変になりますので、ガラストップのお車はお気を付けください。

そしてこちらも・・・

ルーフです。 ガラスではなくて塗装の部分になります。

ボンネットでは白いのであまり汚れた感じはしませんでしたが実はボンネットも

同じくらい汚れているんです。 黒いと汚れがよくわかりますね(^^;

アフターです↓

白いボンネットに比べますと明らかにシミが多いです。そして白に比べますと目立ちます。

1台の車でも白い部位と黒い部位では、これ位痛みの進行が違ってきます。

屋外で見ますと↑の写真程は目立ちませんが気になるようでしたら、次回はメンテナンスplus、

またはルーフだけの磨き直しを、お勧めいたします。

リアは・・・

雨筋が何本も何本も(^▽^;)  雨が降れば付いてしまうのはしょうがないです。

アフターです↓

水アカ汚れも取れて綺麗になりました。 クリヤー感と艶感も違います!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

やや多めな印象の気もしますが10ヶ月ですので特に多い訳でもないと思います。

鉄粉の付着量は周りの環境によって大きく左右されます。ですので気を付けたくても

どうしようも無い事が多いのが実情です。 出来る事と言えばやはり定期的に鉄粉処置を

行っていくしかないかと思います。

リアは・・・

ボンネットに比べると少し多めかな~??って気がします。  少しですけど(笑)

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを使って再チェックします。

ボンネットも・・・

リアも、もちろんボディ全体スッキリしました!

鉄粉の付着量が多くなってくると洗車時、スポンジの滑りが悪くなってきます。また撥水の妨げにも

なりますので、やっぱり鉄粉は定期的に処理した方がいいですよ~(^_^)/

それとボディサイドは・・・

こちらにも黒い雨筋がぁ~~!! 付いていました(^^;

しかし付いているだけですので・・・

洗車でも簡単に落ちます。 これがコーティングが掛かっていなかったりコーティングの

効果が薄れてきますと簡単に落ちなくなってきます。

頑固な水アカ汚れでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

最後にホイールです。

輸入車はブレーキダストが多く出てすぐに真っ黒に汚れてしまうのですが・・・

ブレーキダスト汚れも少なくお綺麗です(*’▽’)

ブレーキパッドを低ダストタイプに交換されているようですね! 効果絶大です!!

アフターです↓

より艶々です(笑)

そしてシトロエンC3のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いかがでしょうか。  艶と白さを取り戻し艶々のシトロエンC3に仕上がりましたよ~(^o^)丿

白いお車でも艶感の違いを実感していただけます!!

今回のシトロエンC3はコーティング施工から10ヶ月でメンテナンスにお越しくださいました。

汚れ状況や痛み状況など考えますとメンテナンスのいいタイミングだったと思います。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もコーティングメンテナンスは重要です!

 

お客様からよく聞かれるのが洗車の頻度です。私は月に1~2回程度がお薦めです。

お車の使用状況や保管状況・環境が様々ですので洗車頻度も、みんな一緒ではなく様々になります。

汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのも良くないですが洗車し過ぎも良くないです。

そしてそれはメンテナンスについても同じことが言えます。どちらもそうなんですが、ポイントは汚れが

酷くなる前に行うのが綺麗を長く保つ秘訣だと思います。汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、

落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです!

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのトヨタ86 14Rはボディコーティング施工から間もなく約2年半ほど経過致しますお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しいただいていて今回は3回目のメンテナンスになります。

とても大切にされており、いつもお綺麗にされていますが、コーティング施工から間もなく

約2年半になりますので近くで見ると気になる所が増えてくる頃でもあります。

では早速ですが86 14Rのメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミが増えてきました(^^;

屋外駐車で2年半ですので仕方ないと言えば仕方ないんですけど、やはり気になります。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスでした。その上のメンテナンスplusですと

もう少しシミが目立たなくなると思いますが、シミをスッキリと消すには磨き直しが

必要になってくると思います。 逆に言いますと磨き直せばシミはスッキリとします!

ルーフは・・・

こちらもボンネット同様シミが多くなってきました。

アフターです↓

スクラッチは少なめなんですけどシミがね~(^^;)

スタンダードメンテナンスですと、この辺りが限界でした。

トランクも・・・

同じくです。

アフターです↓

シミは残っていますけど汚れが落ちてスッキリ感が違うと思います(^_^)/

ボディサイドは・・・

ドアノブから黒い雨筋が付いています。

付いてはいますけど目立つような汚れはこれ位でした(笑)

アフターです↓

サッパリ~(^_-)-☆

それといつもの鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

少ないんです! よく見ると黒っぽく点々と見えると思いますが前回のメンテナンスから

10ヶ月程経過と考えますと、とっても少ないと言っていいでしょう!(笑)

トランクは・・・

こちらの方がボンネットに比べちょっぴり多めなので確認が容易です。

アフターです↓

ボンネットも・・・

トランクも・・・

スッキリと綺麗になりました!

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行っています。また数種類のケミカルを使い通常の

シャンプーでは落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

その最終的に使用するメンテナンス剤も数種類の中からお車の状態に合わせて選んで使っています。

 

それとスポイラーとボディの隙間を埋めている・・・

ゴムも汚れや経年劣化などで黒ずんできます。

劣化ですので限界はありますが・・・

これ位まで綺麗になります!  これも劣化の仕方次第ですので、あまり綺麗にならない場合もありますが

出来るところまで綺麗にしています。

最後にホイールです。

毎回こちらの14Rの時に言っている気もしますが(笑)2ピース構造のホイールと言う事で隙間が

多く汚れが溜まりやすくて掃除がしにくいんです(^^;)

デザインは比較的シンプルなので掃除しやすそうに見えますが実は大変なんです(笑)

アフターです↓

綺麗になりました。

そしてトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンス完成です!!

いかがでございましょうか。 と言いましても今回も元々とてもお綺麗で、更にシルバーと言う事もあり

メンテナンス前後の違いが写真ですと伝わらないと思いますが・・・(^▽^;)

近くで見るとメンテナンスでは落ちないシミも多くなってきたのも事実なんですけど、それでも実車を

見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

塗装面の状態を見ますと正直、次回あたりが再施工の時期かと思います。シミが気にならないようでしたら

まだまだメンテナンスでいいかと思いますが、シミが気になるようでしたら早めの再施工がいいかと思います。

シミが酷くなればなるほど次回ポリッシング時の研磨量が増えてしまいます。シミが酷くなる前でしたら

比較的少ない研磨量でシミを消すこともできます。 研磨量が多い=塗装が薄くなる、です。

ですのでシミが気になるようでしたら少ない研磨量で済むように再施工は早めがいいかと思います。

またメンテナンス方法も色々でメニューに載せているメンテナンスプラン以外でもお車の状態や

オーナー様のご希望で通常メニュー以上のメンテナンス内容のご提案なども致しておりますので

お気軽にご相談ください。

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ボルボV40のコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはボルボV40のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデニムブルーメタリックのボルボV40は1年程前に当店でボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

今回はメンテナンスのご依頼です。

昨年コーティング時にご入庫された時に“今年は洗車していない”とお話になられていて、それを

証明するかのような汚れっぷりでした(笑)     コーティング時の様子はこちら!

今回ご入庫時もオーナー様曰く“たしか今年はまだ1度も洗車していない”との事でしたが・・・

それ程汚れていません(*”▽”)    おぉ!全然洗っていないのに綺麗だぁ!!

不思議に思いオーナー様に尋ねましたら・・・昨日の大雨で汚れが流れたみたいです。

との事でした(笑)  納得です!  これも大雨コーティングの効果ですね(笑)

 

では1年経過いたしましたボルボV40のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

大雨で流れたとは言え、やはり汚れています(^^;

でも昨年に比べますと全然お綺麗です!  凄いぞコーティング効果!( ̄▽ ̄)

アフターです↓

だいぶサッパリとしました。細かなシミは残りますがクリヤーで綺麗になりました。

それとスクラッチがとても少なかったです!

ルーフは・・・

こちらも汚れています。ただシミは付いていますがボンネット同様スクラッチが

少ないんです。

多分ですが洗車回数が少ないので洗車キズ(スクラッチ)も少ないんだと思います!

アフターです↓

ルーフも深めのシミは残ってしまいますがサッパリとしました。

リアは・・・

蜘蛛の巣が張っているようです(;´∀`)

普段乗らないことも多いそうですので、尚更です。

でも毎日乗っていても彼らはあっという間に巣を作ってしまいます。

アフターです↓

彼らを追い出しました( ̄▽ ̄)

 

ボディサイドは・・・

こちらも、やや汚れ気味です。

アフターです↓

色艶が違います!

それといつもの鉄粉の付着状況です。

↓の黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

特別鉄粉が多い訳では無いんですけど、触ってみると見た目以上にザラザラ感が多かったんです。

クリーナーに反応しているのは鉄粉だけですクリーナーに反応しない異物が付いていたのだと

思います。

リアも・・・

鉄粉の反応がとっても少ないですね! リアはザラザラ感も無かったです。

鉄粉(異物)除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!  今度は触ってもスベスベです(*^_^*)

リアは・・・

見た目はあまり変わりません(^▽^;)

ホイールは・・・

あまり乗らないという事もあってかブレーキダストも少なくてお綺麗でした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをしています!

それと今回はウインドウコーティングの再施工もご依頼を頂いておりますので、そちらもご紹介して

いきましょう。 ↓は現状です。

施工から1年ですが、だいぶ撥水が落ちてしまったようです。

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって大きく変わってきます。

目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が

延びますのでウインドウコーティングしましたお車にはワイパーの交換をお薦めしております。

弱まったコーティングの上にそのまま上塗りはしません!

もちろんガラス表面を磨き古いコーティング被膜を除去してから再度撥水剤を塗ります(^_^)/

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも出来上がりです。

ウインドウコーティングは安全の為にも定期的な再施工がおすすめです!

そしてデニムブルーメタリックのボルボV40、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に復活です!  大雨で汚れは流せても、この艶は大雨では出せません(笑)

コーティングをしていても特に屋外駐車の場合ですとコーティング被膜の上に徐々に

汚れの被膜ができてきます。その汚れの被膜が撥水を妨げたり透明感を損ねたりして

艶が引けてお車も白っぽくなってきます。

その汚れの被膜をメンテナンスで除去してあげると・・・

なんということでしょう! 艶も戻り色の深みも復活します!     更に蜘蛛の巣も無くなります(^^;

そして気分も上がること間違いなしです(笑)

美観維持、そして気分アゲアゲ(← 古っ!)の為にも皆様も定期的なメンテナンスを忘れずに!!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スマートフォーツークーペのルームクリーニングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスマートフォーツークーペのルームクリーニングです。

2011年式のスマートフォーツークーペです!

こちらは最近ご購入されたばかりの中古車という事で最初にまずはリセットの意味を込めて・・・

ルームクリーニングのご依頼です。

しかし可愛いですね(*´▽`*)  小さいのはわかってはいるんですけど近くで見るとやっぱり

小さくて可愛いです。 オーナー様は以前にもトヨタのIQに乗っていたこともあるそうですので

IQとの比較のお話も楽しませていただきました(笑)  ありがとうございました(*^^*)

軽自動車より小さいこのサイズは一度乗ってしまうと癖になりそうですね!

お話を聞いているだけでも欲しくなっちゃいます。

なんでも最近では、このモデルも値段がこなれてきて人気があるんだそうです。

私も一台欲しいっス(*^^*)

 

話を戻しまして早速今回のルームクリーニングの様子を写真でツラツラ~っとご紹介してまいりましょう!

何故、ツラツラ~っかって?? それはルームクリーニングはひたすらコツコツと掃除しているので

作業途中の写真はいわゆる“映え”しないからです(^^; という事でビフォー&アフターでツラツラ~っと

行ってみましょう!(笑)

 

↓はフロントシートです。

結構シミだらけでした(^^;

シートにはシートカバーが付いていたそうですが外したらこんな汚れ具合でした。

アフターです↓

シミもだいぶサッパリとして綺麗になりました!

フロアマットも・・・

ちょろっと汚れ気味です。

アフターです↓

もちろんフロアマットも洗っています。

ペダル類も・・・

泥汚れが溝に入り込んでいます。

アフターです↓

ペダルも綺麗にして艶出しも・・・しません!  ペダルやハンドル類は艶出しを塗ると滑って

危険ですので艶出しは塗りません(^_^)/

皆様もご自分で室内清掃をする時はハンドルやペダル類には艶出しを塗らないようにお気を付けください。

危険です。

以前、中古車を買われた方が当店にご入庫されたのですが販売店がハンドルにも艶出しを塗ったようで

ツルツルでした。 そのオーナー様もハンドルが滑るとお困りでしたので艶出しを落とした

事もございました(^^;) お気を付けください。

 

↓はセンターコンソールです。

年式を考えますとお綺麗だと思います。

アフターです↓

でもクリーニングするとサッパリとします(^_-)

全体的にはお綺麗なんですが所々に少し気になるような汚れがあります↓

バイザー裏側のミラーが随分と汚れています。

これではひみつのアッコちゃんも気持ちよく変身できません(笑)

おそらく中古車としてお店に展示する前に軽くルームクリーニングをしているとは思いますが・・・

きっと軽~くなんでしょう(^^;)

アッコちゃんなら“テクマクマヤコン テクマクマヤコン 綺麗になれ~” と言うだけで綺麗に

なってしまうのでしょうが私がいくらテクマクマヤコン・・・”と呪文を唱えても残念ながら何も

変わりませんでしたのでひたすら手作業で綺麗にしていきます(;´∀`)

アフターです↓

綺麗になりました!  これならアッコちゃんも大満足だと思います!

ラミパスラミパスルルルルル~♪

 

先ほどもお話ししましたが全体的にはお綺麗なんですが、もしかしたら前オーナー様はタバコを

吸っていたのかな?? と思われる痕跡があるんです。

先ほどのラミパスラミパスル~ルルルル~♪のミラーも黄ばんだ汚れだったり、そして運転席側の

バイザー裏も・・・

黄ばみを感じます。こっち側もクリーニングしていなさそうでした(^^;)

アフターです↓

黄ばみが取れて白さが戻りました。

クリーニングをしていてもタバコの臭いは感じませんが他にもクリーニングをしているとタバコの

ヤニの様な汚れが取れていきます。

ルーフも・・・

なんとな~く汚れているんです。

アフターです↓

綺麗になりましたね!

キーシリンダー周辺も・・・

ホコリが溜まっていました。

アフターです↓

スッキリとして気持ちイイですね!

最後は助手席です↓

溝に汚れが溜まっています。 運転席程ではありませんがシミも確認できました。

アフターです↓

サッパリとしました!

ホコリが溜まっているとダニの溜まり場にもなりますのでご注意ください。

そしてスマートフォーツークーペのルームクリーニングが完成いたしました!!

サッパリとして気持ち良くなりました(^_^)/~

オーナー様も『これでやっと気持ちよく乗れる!よかったよかった』と、お喜びになられておりました。

室内が綺麗ですと気持ち良く運転できるものです!

特に今、新型コロナが騒がれていて誰が何処を触ったのかわからないですし不安にもなります。

そういう意味でも中古でご購入されましたらシートやハンドルなどは直接触れるモノですのでし

気分的な的な事を考えて一度リセットの意味でルームクリーニングはとてもお薦めです!

室内も気持ちもスッキリとしますよ~(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

プリウスαのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスαのボディコーティングです。

H27年式のトヨタ プリウスαです!

アティチュードブラックマイカと言うマイカ入りのブラックです。

こちらのプリウスαは昨年ご購入されたとの事です。以前より毎年この時期に愛車を他店にコーティングに

出していたそうですが今年は当店をお選び頂きご来店くださいました(*^^*)  ありがとうございます。

では早速ですが初期登録より5年経過いたしましたプリウスαの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

5年経過との事でシミが多いかと覚悟していたのですが・・・正直思っていたより全然少なかったです。

スクラッチも少なめですね。 ただやはりクスミが進んでいるようです(^^;

↓もボンネットです。

スクラッチです。付いているのは付いていますけど5年経過した黒い車でこの程度でしたら

少ない方なんです!

ルーフは・・・

ボンネットに比べると明らかにシミが多くガサガサです(^▽^;)

何故なんでしょう??

ボディサイドは・・・

シミは少ないんですが細かなスクラッチが多いですね(^^;)

それとオーナー様もご購入時に気になったそうですが・・・

細かな線キズが多いんです。 ここ以外にも数か所に気になるような線キズが付いていました。

幸い見た感じではそれ程深いキズではなさそうです。

リアは・・・

こちらもスクラッチが気になりました。

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチが気になりました。 それとオーナー様もご購入時に

気になった細かな線キズも多かったです。ご購入時に線キズも気になったそうですが

中古車だからと割り切ってご購入されたそうです。でもやっぱり気になるようです(^^;

分かっててご購入されても気になるものは気になります(笑)

でも諦める事はございません! もちろん限界はございますが磨けば結構キズが消せるんです(^_^)/

たとえ完全に消えなくてもキズのエッジを丸めるだけでも意外と線キズって目立たなくなります。

諦める前にまずはコーティングです!  って言いますかキズを消すのはコーティングじゃなくて

磨きなんですけどね(笑)

という事で早速ですが磨いてコーティングしていきましょう(^_^)/~

作業開始~!!

 

まずはボディを磨いてコーティングしていく前にウインドウを磨いてコーティングしていきましょう!

↓は現状です

元々何か撥水が掛かっていたような感じです。それが落ちてこの様な感じになっています。

弱まっている撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

そしていよいよボディを磨いてコーティングしていくんですが、いきなり磨くのではなく

磨くまでの段取りがございます。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の不純物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが毎度毎度の事ですけど・・・

黒い車ですと紫色に反応していても、よくわかりません(^^;

実物で見ると何となくポツポツと確認できるんですが写真だとわかりません!!  すいません!!

リアも・・・

わかりません!! (キッパリ)

ちなみに毎回鉄粉の除去作業と言っていますが実は鉄粉以外にも色々な不純物が車には付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても異物除去作業は必要なんです!

当ブログでの鉄粉除去作業とは鉄粉を含めた異物除去作業と思ってください。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わらず全然わかりません(^▽^;) 毎回黒い車の時は鉄粉除去のご紹介は止めようかと

悩むんですが、せっかく撮ったので結局毎回ご紹介しています(笑)

リアもやはりわからないと思いますが・・・

一応ね!(笑)

そしてマスキングをして・・・

やっと磨きになります!

ここまでがボディを磨くための準備になります。

そして今回の磨きのプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

当初オーナー様はエクストラプランの上のプレシャスプランをご希望でしたが毎年コーティングを

掛け直すご予定との事を伺いましたのでハードな磨きのプレシャスプランより塗装の研磨量を

抑える為にエクストラプランの方をお勧めさせていただきました。

ハードな磨き(研磨量が多い)はキズやシミがより多く除去できますが、その分塗装の研磨量が

多くなります。多くなるという事は塗装が薄くなることでもございます。

毎年磨くと塗装が無くなってしまう・・・そうならない為にミディアムポリッシングの

エクストラプランになりました。

 

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がチョイスいたしましたのは、やっぱり水玉撥水が好き!という事で・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です!  私も水玉撥水が好きです(笑)

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

もう一つボンネットも・・・

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました!

ガサガサでしたルーフは・・・

スベスベになりましたよ~(^_-)-☆

今回はミディアムポリッシングのプランでしたが、だいぶ綺麗になったと思います。

深いスクラッチやシミの輪郭など残っている所もありますが艶々に仕上がっています!

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチが無くなって綺麗なりました。

線キズは・・・

ここはほぼ除去できています。

他の部位の線キズもだいぶ除去できた&ほぼ気にならない程度まで仕上げられました。

リアも・・・

クリヤーでスッキリとしました。

クスミが取れたことでマイカの粒子もキラキラと輝いています!

そしてアティチュードブラックマイカのトヨタ プリウスα、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗に仕上がりました(^_-)-☆

艶感なら新車にも負けていないと思います。 クリヤー感、艶感そして黒さが違います!!

オーナー様も『うわぁ~凄いな!凄いな!! 今までのコーティングは何だったの??』と、今までのコーティングとの

仕上がりの違いにお喜びになられておりました!   ありがとうございます。

コーティングはよく”下地“が大切だと言います。ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、

塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤を傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心です!!

コーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください。

 

 

あっ!そうそう。そう言えば『カービューティープロ カラーズ』はコーティング専門店らしいですよ!

お待ちしております(笑)    ( ̄▽ ̄)

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディA1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディA1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディA1は2年程前にボディコーティングを施工させていただきましたお車になります。

前回のブログでご紹介しましたアウディS1と毎回同じタイミングでA1をご紹介していますのは・・・

そう、そうなんです! 同じオーナー様のお車だからなんです!!

アウディ2台持ちなんて何とも羨ますぃ~っスね(*^^*)

毎回S1と同じタイミングという事でA1も今回は4回目のメンテナンスになります。

ではコーティング施工から2年経過いたしましたアウディA1のメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

前回のS1と比べますとシミは少なめなんですが実はスクラッチが多めなんです。

でもホワイト&写真という事もあってあまり目立ちませんね(笑)

アフターです↓

シミはだいぶサッパリとしましたがスクラッチ(線キズ)は残っています。

S1は線キズが少なかったのにA1の方が多いので不思議だったんですが、汚れているのはイヤ!っと

言ってご家族の方がボディを拭いているんだそうです(^^;  なのでスクラッチが多いんですね。

まぁしょうがないです(笑)  拭くのも愛情ですし、拭かないのも愛情だと思います(^^)/

愛車の大切の仕方は人それぞれでいいんです!!

ルーフも・・・

ボディカラーの違いもありますがS1より明らかにシミも少なくて綺麗なんです(笑)

ただやはりスクラッチは多めです。

アフターです↓

よりサッパリと綺麗になっております!

全体的にお綺麗なんですけどやはり・・・

リアウインドウ下の隙間には汚れが溜まっています。

お車を止めている環境により、どうしても木の実や花などが落ちてきてしまうようです。

そして見事にここに挟まるんです(^▽^;)

でも今回は少なめでした(笑)

アフターです↑

気持ちイイです(*^^*)

気持ちイイと言えば・・・

給油口を開けた時にここが綺麗ですと・・・

気持ちイイんです(笑)   給油中に気持ちイイとテンションも上がり給油量も思わず

増えてしまうってもんです! ご注意ください。  ← 謎

ボディサイドは・・・

やや汚れ気味です。

ただ水アカ等の付着は少なく単に“雨の中を走ったから汚れた”程度の軽い汚れ方でした。

アフターです↓

ツヤツヤです(^_-)-☆

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

少ないです! 素晴らしい!!  これもマメに拭いている効果でしょうか!?

でもS1もボンネットやルーフは少なかったので鉄粉が少ない環境なんだと思います。

リアは・・・

少し多めです。

ボンネットやルーフは鉄粉が少なくてもリア周りに鉄粉が多いお車が結構多いんです。

おそらく走行時に砂埃等を巻き上げてココに付くのではないでしょうか?

またはリアのブレーキダストもあるのかと思います。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですよ~。

リアも・・・

スッキリとしました!

ちなみにメンテナンス作業時の鉄粉除去はコーティング施工前に行っている鉄粉除去ほど鉄粉は落ちないです。

正確に言うと落とさないです。 と言うのも鉄粉除去はスクラッチが付くリスクが多いので

無理に取り除く事はしません。

鉄粉の除去方法も幾つか作業方法があり、ボディの色や状態に合わせて作業しています。

コーティング施工時はあくまでも鉄粉除去後に磨く事を前提にして作業していて、鉄粉除去時に

付いたスクラッチを磨きで除去しています。 当店の通常のメンテナンスでは磨きをしませんので

鉄粉も深追いはいたしません。 特にダークカラー系のメンテナンス時は無理はしません!

しかし鉄粉の“付き方”によっては軽めでも結構鉄粉が除去できます(笑)

 

話がそれましたが最後はホイールです。

ボチボチですね(笑)

凄く汚れている訳ではなく、だからと言って綺麗って程でもなく・・・ボチボチの汚れ具合でした(^^;

アフターです↓

ツヤツヤです(^_-)-☆

そしてアウディA1のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いかがでございましょうか。メンテナンス前と比べますと艶も白さも違います!!

不思議な事に車って艶が出て光沢が上がるとキリッと引き締まって見えて気持ちいいですよ~(´▽`)

流石に2年経過していると撥水が落ちていましたが、まだまだコーティングの被膜自体は残っていますので

汚れのこびり付きもなくメンテナンスでツヤピカに復活しました!

これでまた気持ち良~くお乗りいただけること間違いなしです(^_^)/

 

撥水が無くなるとコーティング被膜自体も無くなった(コーティングが落ちた)と思われる方が

多いのですが実は違うんです。  誤解なんです(;”∀”)  撥水が無くなってもコーティング被膜は

残っています。撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、

どうしても弱まってきます。

ですので撥水維持や復活の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディS1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディS1は2年程前にボディコーティングを施工させていただきましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は4回目のメンテナンスになります。

以前こちらのS1のメンテナンスの時にも書いたのですが駐車場のすぐ横に木があって、そこに

鳥が来て糞をするので鳥糞の被害にあっているんです。 更に木の近くなので樹液やら木の実やらと

塗装を痛めてしまう物が色々と落ちてくるという状況なんだそうです(;´∀`)

木の近くだけではなく、電柱や電線の近くでも同じように鳥糞攻撃にあう事も多く、鳥糞にお悩みになっている

オーナー様が意外と多いんです。 あまり乗らないようでしたらボディカバーを掛けてしまうのも

いいと思いますが毎日乗るようでしたら毎日ボディカバーを掛けたり取ったりするのも大変ですし

塗装もスクラッチが多く付いてしまうおそれもありますし・・・なかなか難しい問題です(^^;

 

話が逸れましたがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチは意外と少なめですけどシミが目立ちます。

アフターです↓

前回のメンテナンスは1年前でした。1年前に比べますと流石にシミが増えてきたようです。

しかし屋外で見ますとシミもあまり気にならないと思います。

ルーフも・・・

痛みが少し進んでいる様子です(^^;

アフターです↓

塗装の上に付いている汚れやシミでしたらメンテナンスでも結構落とす事が出来ます。

スクラッチ(線キズは)残っていますけどメンテナンス前に比べますと、だいぶサッパリとしましたね!

そしてリアは・・・

毎回のようにご紹介していますが(笑)リアウインドウ下の隙間に汚れが溜まるんです(^^;

今回は少なかったんですけど木の実が挟まっている事も多いんです(笑)

アフターです↓

こちらもサッパリとしました。

リアバンパーには・・・

何かが垂れたのでしょうか?? 鳥糞の跡かな??

バンパーの上から下までシミが出来ていました。

アフターです↓

よく見るとシミの痕跡が残っている所もありますが綺麗になりました。

ここのシミはケミカル類で落ちませんでした。でもあまりに目立つので軽~く磨いてシミを取っています(*^^*)

ボディサイドは・・・

やや汚れ気味です。

しかしボディサイドはシミも少なくて悪くない状態だと思います。

アフターです↓

ビフォーの写真と色味が違っちゃってすいません。

しかし艶感とクリヤー感の違いが伝われば幸いです(^^;

 

それといつものように鉄粉の付着状況です。

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

色的に少しわかりにくいですがよ~く見るとポツポツと確認できるかと思います。

それ程多くはないですね! 反応は少ないのですが触ってみるとかなりザラザラなんです(汗)

これはおそらく鉄粉以外の樹液やら鳥糞やらが付いているのでしょう。

リアは・・・

こちらの方が鉄粉が多めでした。  少しわかりにくいですね(汗)

鉄粉とそれ以外のブツを処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々鉄粉の反応は少なかったのですが(^▽^;) 綺麗になっています。

優しく撫でてもスベスベです。

リアも・・・

スベスベになっていますよ!

最後にホイールです。

全体的に茶色っぽくブレーキダストでコーティングされているようです(^^;

アフターです↓

グレーメタリックに復活です!

そしてアウディS1のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

コーティング施工から2年経過して近くで見ますとシミなど増えてきましたが

メンテナンスをすれば、まだまだツヤツヤのピカピカです!

そのシミも写真で見やすいようにライトを当てていますので見えますが屋外ですと

写真で見るほどは気にならないと思います(^_^)/

『まだまだメンテナンスでいけますかね??』とオーナー様に聞かれたのですが、普段シミが気に

ならないようでしたらまだメンテナンスでいいと思います。

逆に普段からシミやスクラッチが気になるようでしたら早めの再施工がいいと思いますが

まだ再施工は少しもったいないと思います(*^^*) まだメンテナンスで行きましょう!!

 

再施工のタイミングですがダーク系カラーで屋外屋根なし駐車のお車ですとコーティング施工から3年が

コーティング再施工の一つの目安かと思います。 もちろん車は保管状況やお手入れ状況、またボディカラー等、

皆様条件は同じではないので3年経ったからすべて再施工!と言う訳ではございません。

あくまでも一つの目安です。

また痛みが進んでいるパネルのみの部分再施工も一つの手だと思います(^.^)

再施工か部分再施工か?なかなか判断が難しいと思いますのでお気軽にご相談ください!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ マークXの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ マークXのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークXはボディコーティング施工から

1年半経過いたしましたお車です。

半年前にメンテナンスにお越しくださっており今回は6ヶ月ぶり通算3度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

過去2度のメンテナンスの様子を見て頂けるとわかるんですが、毎回とってもお綺麗なんです!

もちろん?今回もとってもお綺麗ですので・・・ブログ的に困っちゃいます(^▽^;)

もちろん綺麗でいいんです! いい事なんですけどビフォー&アフターが変りばえしないので・・・

困っちゃいます(笑) でも困ってばかりいては話が先に進みませんので勇気を出して頑張って参りましょう!

↓はボンネットのビフォーです。

少し汚れてはいますけどコーティング施工から1年半しかも屋外屋根なし駐車とは

思えない程、良好な状態です!

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミも確認できますが洗車キズも少ないです!!

ルーフも・・・

軽く汚れは付いていますけど洗車キズやシミも少ないです(*‘∀‘)

アフターです↓

綺麗ですよ~(^_^)/

トランクは・・・

ビフォーです↑ ホントにシミが少ないんです(*´▽`*) 汚れてはいますけどクスミも感じずに

クリヤーなんです。

アフターです↓

もちろんもっとクリヤーになります(笑)

ツヤッツヤです!

ボディサイドも・・・

お綺麗ですのでビフォーと↑

アフター↓で・・・

写真ですとあまり違いがわからないかもです(;´∀`) これが困ってしまう要因です(笑)

あまりに違いがわからないと“実はあいつ何にもしていないんじゃないか?”疑惑が生じてしまうので

ここいらで少し“ちゃんとやっています”アピールをしておきましょう!

それは・・・鉄粉です。

黒っぽくポツポツと確認できますのは専用のクリーナーに反応している鉄粉です↓

あれっ!鉄粉も少なかった(^▽^;)

トランクの方が・・・

少し多いですね。  多いとは言えこの程度です。 全体的に鉄粉も少なかったです。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったんですけど・・・スッキリとしましたよ(汗)

鉄粉で、“ちゃんとやっています”アピールをしようとしたんですけど、あまりアピールに

ならなかったようです(T_T)

トランクは・・・

こちらの方がアピールになりますかね?? ちゃんとやっているんです(笑)

もう一つ、“こんなところもやっているんです”アピールです↓

モール下の汚れも・・・

綺麗にしているんです!  細かな所ですが車を見た時の綺麗感が全然違うんです(*^▽^*)

そしていつもピカピカな・・・

ホイールです。毎回ピカピカなんで今回もビフォーと↑

アフター↓で・・・

違いがわかりません(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークX3度目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

元々お綺麗なんですけど艶は更に向上して艶々のボディに仕上がっております(^_^)/~

オーナー様も『おぉ!!やっぱり綺麗ですね~!』と、お喜びになられておりました!

ありがとうございます。

オーナー様にお手入れ状況をお聞きしたんですが、洗車はあまりしていないそうです。

なのに、この綺麗さ! 不思議です。あまりに不思議なのでオーナー様に色々と伺ったところ、

屋外屋根なし駐車場なんだそうですが、あまり日が当たらないんだそうです!

それだ~! きっとそれだ!! いゃ、それかも知れません(笑)

日が当たらないのでシミ(ウォータースポット)ができないんだと思います。

実は、ただ単に雨が塗装面に載っているだけではウォータースポットにはならないんです。

太陽の日差しがなければウォータースポットは出来ません。(シミにも種類があります)

だから今回のマークXはシミ(ウォータースポット)がとっても少なかったんだと思います。

車の痛みは車の保管状況や使用状況によって様々です。

その痛み具合によってメンテナンスの頻度やタイミングは変わってきますが、おすすめはやはり

車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが理想だと思います!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを放置しておくと

より進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

落ちる内に落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗を長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのがおすすめです(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ ノアハイブリッドにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアハイブリッドのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ノアハイブリッドです!

こちらはピカピカの新車です(*”▽”)

最近人気のSUVって車の大きさの割に意外とラゲッジスペースが狭くて荷物が思っているより

載らないんですよね(^^; その点やっぱりミニバンです!!

キャンプやアウトドアスポーツにも大活躍してくれます。オーナー様もご入庫時にロードバイクを

載せてきて代車を使わずに自転車で颯爽とお帰りになりました(*’▽’)  カッコイイっす!

 

話が逸れましたが早速、新車ノア ハイブリッドの現状確認から始めていきましょう!

まずはボンネットです↓

少しわかりにくいかもしれませんがライトの淵が白っぽくモヤっとしています。

これは新車によく見られる白ボケと言われるものです。

ルーフも・・・

ライトの輪郭がシャキッとしていないと思います。これも白ボケの影響なんです(^^;

ボディサイドも・・・

綺麗は綺麗なんですけど少しシャキッ!としていないんです。

リアは・・・

わかります?? キズが付いているんです(^^;

ここです↓

実際は横方向に15センチくらいでしょうか?

パールホワイトですので目立ちませんが線キズが付いていました(;´∀`)

ホイールは・・・

新車とは言え少し走っていますのでちょろっと汚れ気味です。

 

全体的に若干ですが白ボケと言われる曇りがあり、少しクリヤー感が損なわれていました。この状態ですと

景色の映り込みがスッキリとせずモヤモヤとしてしまいます。この白ボケは言われないと気が付かないかも

しれませんが、あまり酷いとお車全体の印象もシャキッと見えなくなるので不思議です。

トヨタ車は全体的にこの白ボケ(曇り)が少なく綺麗な塗装の車が多いんですけど今回のノアはトヨタ車にしては

珍しく曇り気味でした。

でもご安心ください!当店は新車でもボディを磨いて曇りを除去してからコーティングしていますので(^_^)/

白ボケを除去しないでコーティングするとコーティング剤で白ボケ閉じ込めてしまいます。ですので磨かないで

コーティングをすると艶はあるけどスッキリとしない仕上がりになってしまいますので、新車もしっかりと磨いて

コーティングしていきましょう!

作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼をいただく事の多い当店の

人気オプションメニューでもあります!

↓は現状です。

ウインドウは油分の付着も少ないんですけど、だからと言って綺麗な親水の状態でもございません(^^;

水を掛けるとダラダラと弾いている感じですのでガラス表面に油分などの付着があるのでしょう。

その付着物を・・・

除去してガラスを表面を綺麗にします!

今回は全面のご依頼ですので全面綺麗にしていきます(^_^)/

そしてよく乾燥された後にウインドウ専用コーティングPGS-33でコーティングして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました(^_-)-☆

 

続いてはボディです。

洗車後に鉄粉等の付着物を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。新車でも鉄粉は多かれ少なかれ付いているもので、

新車でこれ位の量でしたら“普通”です(^^;

リアは・・・

こちらは“少ない”ですね!

ちなみに毎回鉄粉の除去作業と言っていますが実は鉄粉以外にも色々な不純物が車には付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

毎回のようにご紹介している専用のクリーナーはあくまでも鉄粉にのみ紫色に反応しますので、その他の

異物が付いていても反応はしません。ですので例え鉄粉の反応がなくても異物除去作業は

必要なんです!  当ブログでの鉄粉除去作業とは鉄粉を含めた異物除去作業と思ってください。

話が逸れましたが・・・鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

元々少なかったのでアレですけど(笑)

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングへと進み・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

しています(^_^)/

そしてそのコーティング剤ですが今回は・・・

当店の人気コーティング剤でもあるカービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリ綺麗です!

ルーフも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

モヤモヤとした曇りが無くなってクッキリと映り込むようになりました。

リアも・・・

線キズもほぼ取れました。よ~く見ると若干痕跡が残っている所もあるんですけど、

気が付かないと思います。

オーナー様にご確認してもらいまいたが“わからない”と言われていました(^_-)-☆ よかったよかった!

ホイールも艶出しをしていますのでピカピカです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ノアハイブリッド、新車コーティングが完成いたしました!

シャキッとクリヤーで艶々に仕上がっております!

でも正直、写真ですとEXE-evo1の良さが伝わらないかも?です(^^;)   Oh~No~!

ですが実車を見て頂くと膜厚感もあって、とてもいい艶です!

艶感の違いが分かりにくい新車のパールホワイトでも艶の向上を実感して頂けると思います。

オーナー様も『うわぁ!綺麗だ!』と違いを感じて頂けたご様子でございました。

ありがとうございます。

もちろんお引取りに来られた時はロードバイクで来られノアに載せて颯爽とお帰りになられました!

そういうのってなんかやっぱりカッコイイです(笑)

 

当店でも人気の「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為にお値段も少し高めの設定となりますが、EXE-evo1の極上の深い艶と

抜群の保護機能を実感して頂けると思います!

皆様も是非お試しください(^_^)/~   いいですよ~(笑)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました