アウディA1にボディコーテイングのご依頼です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のボディコーテイングです!

こちらのA1は少し前にご購入されたそうですが、その時からすでにこの姿だったそうです!

ドイツにあるチューナー、MTM のコンプリートカーなんだそうです。正直私、MTMを知らなかったんですが

オーナー様もよく知らないんだそうです(笑)  と言いますのも特にチューニンングカーに興味があった訳ではなく

元々違う車を買うつもりでお店に見に行ったそうなんですが何故か?こちらのA1を買ったそうです(笑)

めぐり逢い??はたまた運命の出会い??という事でそれもまたいいじゃないですか(^o^)丿

では現状確認をしていきましょう!

ボンネットです。 シミシミって程ではありませんがシミが付いてます。

サイドは・・・これはポリッシャーで磨いた跡(バフ目)ですね(^_^;)

ルーフもシミとキズが気になります。

ホイールはブレーキダストの汚れが少ないです!よかった~(笑)

オーナー様のお話によりますと納車前にお店がサービスで?コーティングをしてくれたそうです。でもどんな

コーティングをしてくれたのかは何の説明もないのでわからないそうです。確かにコーティングと言いましても

ピンキリでサービス用の簡易的なコーティングから本格的なコーティングなど色々とあります。

A1の状態を見ましてもシミやキズなどは結構付いてますがくすみはあまりないので、おそらく軽く磨いて

コーティングをしたと思います。  でもあのバフ目はチョット・・・ね(^_^;)

では作業を開始していきましょう!

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

(^▽^;)まぁ ボディが黒いとよくわからないんですけど(笑)

ネンドを使って鉄粉を除去していきます!  ↑ネンド掛け前です。

↑ボンネットをネンド掛けした後です。  鉄粉以外の汚れも取れますが鉄粉結構多かったです!

その後にマスキングをして磨き準備完成です。今回は3工程の磨きで仕上げていきました!

磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプのPCX-S7でコーティング!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットです。  シミもだいぶ綺麗になりました。

サイドに付いていたバフ目も綺麗に除去しておきましたよ~(^_^)/

ルーフもクリヤ~に!  でも深いシミは残ってしまいます(^^;)

あまり汚れてはいない感じのホイールでしたが洗うと汚れていたのがよくわかりますね(笑)

そしてアウディA1のボディコーテイング完成いたしました!!

若干、白ボケている印象でしたA1ですがビシッ!と引き締まったボディに仕上がりました!

結構印象が違うと思うんですけど・・・いかがでしょうか? 見比べてくださいね(^^)

オーナー様は「いゃ~違うもんですね~ピカピカだぁ~!」とお喜び頂けたようでした。 ありがとうございます。

 

先ほども少しお話しいたしましたが、コーティングと言いましてもピンキリでございまして、下地作りを

しないでコーティング剤を塗ってしまうのもコーティングですし、磨きまでの下地処理をキッチリと行い

その後に磨きを数回行いコーティング剤を塗っていく本格的な物もまたコーティングです。

もちろん仕上がりは全く異なるものです。

ですのでコーティング時はお店選びが重要です(^_^)/

お店選びに悩んだら・・・カービューティープロ・カラーズへどうぞ~! ← 最後は宣伝です( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です