ダイハツ・エッセのボディーコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ・エッセです!

こちらのエッセは昨年の4月にボディーコーティングを施工させて頂いたお車です。

今回はコーティングメンテナンスのご依頼です!

早速ですが現状を確認していきましょう!

ボンネットです。お車がシルバーという事もあってシミやキズが目立ちません。 でもよ~く見ますと

結構拭きキズが多いです。

サイドは雨垂れの筋が目立ちます。

ボディの下側はタイヤの跳ね上げでどうしても汚れが付いてしまいます。特に雨の日など路面が濡れていると

どうしようもありません(^_^;)

リア回りも雨筋の跡が目立ちます。

タイヤ&ホイールも艶がない“くたびれた感” が出ちゃってます(笑)

全体に水アカ汚れが目立ちますが、ごく表面的な感じでこびり付いてはいないようです。シミやキズもそれなりに

付いてますが、そこはシルバー!目立ちません(゚∀゚)/  少し艶が落ちてますがキッチリとメンテナンスをして

ボディに艶を与えていきましょう!

では作業開始!!

今回はメンテナンスとご一緒にフロントのウインドウコーティングのご依頼も頂きましたので、そちらも

ご紹介致します。という事でまずはウインドウの現状を確認いたしますと・・・

油膜少ないです! スバラシイ~。

油膜は少なくてもその他の不純物は付いているものです。ですのでキッチリと下地を整えていきます!

そして再度、水を掛けてチェックします↑  チェックが終わりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして・・・

今度は撥水チェックしてウインドウコーティングは完成です!

続いてはボディです。いつものように洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ちょっとわかりにくくてすいません。結構多かったです。

リアもポツポツと確認できます。

こちらは鉄粉除去後の再チェックです↑ 綺麗になりました。

リアもサッパリとしてんすよ~。

上記作業以外にもゴニョゴニョと色々な事を行ってます(笑) メンテナンス方法や使うケミカルなどは

毎回同じではなく、お車の状態に合った方法をその都度、考え工夫しながら作業しております。そして最後に

メンテナンス剤を塗布して艶と撥水を補います!

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう。

ボンネットです↑メンテナンスでは磨きをしませんのでキズは取れませんがスッキリとしましたね!

雨筋のこびり付きはなかったです。 話は少しばかりそれますがコーティングしていても雨が降ると雨筋が付きます。

それはしょうがないんですがコーティングが効いてると洗車で簡単に落とすことができます。

でも落ちないのもあるんです。それは・・・雨と一緒に油が流れ出てくる所です。例えばドアの下やドアノブなど。

特に輸入車の新車などは油がタップリと塗布してあり、それが雨と一緒に流れ出てきて油を含んだ雨筋となります。

この汚れの場合はコーティングをしていてもシャンプ-洗車程度では落とせないこともあります。その場合は

クリーナーなど使って早めに優しく落としてください。

固着すると汚れが落ちにくくなってきますのでお気を付けください(^_^)/

タイヤハウスの後ろは鉄粉だけでなくピッチやタールなども付きやすいので注意が必要です。

リアの汚れも問題なく簡単に落ちました!

タイヤとホイールも艶があると生き生きします!!  洗車時にタイヤとホイールの艶出しをするのと、しないの

では仕上がりの印象が大きく異なります。 お車を綺麗に仕上げる大きなポイントです(^_-)-☆

そしてダイハツ・エッセのコーティングメンテナンス終了致しました!

サッパリと綺麗に!そして艶やかなお車に仕上がりました!

先ほども少しお話しいたしましたが、メンテンスではボディを磨きませんのでキズや深いシミなどは残ってますが

メンテナンスで艶と撥水力を補います。お車をご覧になったオーナー様もとてもお喜び頂けたようでございました。

こちらのエッセは毎日の通勤にご使用しているそうです。それも結構な距離なんだそうです。毎日長く乗るものです

から、より一層愛着が湧くものですよね!  その愛車が綺麗だと運転していても気持ちいいし長距離の通勤も

楽しくなるってものです!と思うのは私だけでしょうか(笑) という事で(←どういう事?) 皆様も毎日元気に

安全運転でお仕事いってらっしゃ~い(^.^)/~

 

 

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です