トヨタC-HRのボディーコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタC-HRのボディーコーティングです!

こちらは納車間もない新車のメタルストリームメタリックのC-HRです!

メタルストリームメタリックは、いわゆる普通のシルバー程は明るくはなくガンメタほどは暗くないダークな

シルバーです(笑)

光の当たるっている面は明るく輝いて影の部分は落ち着いた輝きでとても質感の高いシルバーですね!

C-HRにとても似合っていると思います!!

そんなメタルストリームメタリックのC-HRの現状を確認していきましょう。

まずはいつものようにボンネットからといきたいところですが・・・写真撮り忘れてました(T_T) スイマセン

と言うことでルーフからです!

納車間もない新車ですのでお綺麗です。少~し曇りがありますがトヨタの塗装はやっぱり曇りも少なく綺麗です!

所々に保護シートの糊残りがありました。

ボディサイドも綺麗ですね!

タイヤとホイールは少々の汚れ具合です。

ホイールの外側より内側の汚れの方が気になりますね(笑)

新車でもキズやシミが結構多く付いている個体もありますが、こちらのC-HRは全体的に見ましても気になるような

シミやキズも無く新車特有の曇りも少なくて、さすがトヨタクオリティ!と感じさせる状態でございました!(^^)!

 

では作業開始していきましょ~!

まずはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。 新車でも結構多く付いている事もありますが、果たして・・・

鉄粉少ないです(^_^)/ ポツポツはありますけど少ないですね~!

リアもポツポツは確認できますが少ないですよ~。

鉄粉が少ないので鉄粉除去も軽めに行います。そして↓が鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて

再チェックしたところです。

イイですね!

元々少ないですけど更に綺麗に!

鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングいたします。

マスキングはエッジやプレスラインなど塗装が薄い場所やゴムや樹脂パーツ類の保護の為、更にコンパウンドの

粉が隙間などに入らないようにマスキングをします。また磨きのレベルによってマスキングのレベルも変わって

きます。今回は新車ですので比較的軽めのマスキングです! ここまでが磨きの為の準備です。

当店は新車でもここまでやってます(^_-)-☆

そして磨いていきました!!今回は新車特有の曇りを除去してスッキリとした塗装肌に仕上げていきました。

そのスッキリとした塗装肌をコーティングして保護します!

今回使用しましたコーティング剤は水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

それと未塗装樹脂部が多いC-HRですので樹脂コーティングのご依頼も頂きました。

↑の写真はコーティング直後です。乾くともう少し色・艶が落ち着きますが艶々になります(*^^)v

↑は乾燥後の状態です。 ね!いい艶でしょ!!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです?!  施工後の写真は撮ってありました(笑)

施工前の写真がなかったんでアレですが・・・綺麗になってます(^^;)

ルーフもシャキッとしました!

もちろんサイドもよりスッキリとしました!

タイヤとホイールも艶出しをします。

内側も綺麗(笑)

そしてメタルストリームメタリックのトヨタ・C-HR、ボディコーティング完了です!

いかがでしょうか。 施工前と写真の色味が少し違ってしまっているので(スイマセン)単純に比べられませんが

ボディの艶の違いは一目瞭然だと思います。また黒樹脂部の黒さと艶がボディを引き締めて更にスポーティな

印象に仕上がりました(^_^)/  ツヤッツヤのムッキムキボディです(笑)

 

すでにご存知の方も多いと思いますがC-HRのデザインテーマは『セクシーダイヤモンド』だそうです。

『ダイヤモンドをイメージした菱形のボディに、ボリューム豊かなフェンダーを融合したシルエット』

なんだそうです。なるほど!そう言われてから改めてボディを見ますと納得です!室内にもダイヤモンドを

モチーフにしたデザインが所々に使われていてデザイナーのこだわりを感じます(´▽`)

C-HRに限らずデザインにしても、走りにしても車の作り手のこだわりを感じる車はやっぱりいいものですね!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です