ランドクルーザー200のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・ランドクルーザーのコーティングメンテナンスです!

こちらのランクルは半年ほど前にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です!

当店のお客様は6ヶ月周期でメンテナンスに来てくださる方が多く皆様、愛車を大切にされてます(*^_^*)

もちろんこちらのお車も一目見るだけでオーナー様のランクル愛がヒシヒシと伝わってきます!

それではオーナー様の愛溢れるランクルの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

アッ アレ?汚れてた~(^^;)

リアも若干汚れ気味ですね。

サイドも軽く汚れてます。

よく見れば雨筋も確認できますが、ほぼあら捜しに近い感じです(笑)

ホイールも軽い汚れでした。

実はこちらのランクルのメンテナンスに来られたのが4月でしたので(もう5月も終わりそうですが…)まだ花粉の

影響もある季節でした。花粉のピークは過ぎてはいましたが花粉の汚れが気になる状態です。

こちらのランクルに限らず屋外駐車のお車の場合、花粉攻撃を防ぐのは至難の業です(^_^;)

対処法は・・・マメに洗う。 それしかなさそうです(汗)

 

メンテナンスですが今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウから

ご紹介していきましょう!どうぞ~。

まずは現状です↓

まだまだ撥水は効いてます。効いてますが若干撥水力が弱まってきているようですね。

弱まっているコーティングを除去して下地を作ります。

その後ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に撥水チェックします。

バッチリです! 水玉の丸さが違います!

ボディの方は洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュシュと吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

少ないですね!

リアも少なめでした!!

鉄粉除去をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。 シュシュッとね!

いいですね。

リアも綺麗ですよ~!

その他にも細部の洗浄などを行いメンテナンス剤を塗り、コーティング被膜表面に付着している汚れや軽微な

シミを落とし荒れたコーティング表面を整える事で撥水性と艶を取り戻してあげます。

こう書くと単純そうですが実はもっとコソコソと色々やっております(笑)

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう

ボンネットは花粉の影響も少なくサッパリとしましたね!

リアも綺麗ですよ~。

ボディサイドもバッチリです!

ホイールも艶が違います(^_-)-☆

そしてトヨタランドクルーザー200のコーティングメンテナンス完成いたしました!

いい感じです! 花粉汚れ無くなりスッキリボディに仕上がりました!

普段からマメにお手入れされているようで、しつこい汚れもなく状態は良かったですね(^o^)丿 この感じで

お手入れを続けてください! きっと綺麗が長続きすると思います!

お車が大きく洗車も大変ですが張り切って~いきましょ~ (^o^)丿

 

 

こちらのランクルのメンテナンスは4月の作業でした。現在は(5月下旬、明日から6月ですよ~(^^;))当店の

ある小田原市は花粉(杉花粉)が収まりましたが、まだ5月なのに気温も高く日中の洗車は身体的にも車的にも

厳しいですね。これからの季節はもっと気温が高く日差しも強いので洗車にも注意が必要です。

日差しが強く気温が高いと水分が直ぐに乾いてしまいシミになってしまいます。 ポイントは素早く!

そして洗車中はボディ乾かさないように!! あとは朝夕の日差しが弱く気温の低い時間帯も有効です。

身体的にも車的にも負担が少ないです(笑)  カービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法が

動画でございますのでご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

では皆様も良い洗車ライフを(^.^)/~

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です