オデッセイアブソルートのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ オデッセイアブソルートのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのオデッセイアブソルートは今年の3月にボディコーティングを施工させて頂きました

お車です。 6ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。 ありがとうございます。

当店のお客様は比較的早めに、そしてマメにメンテナンスにお越し下さる方が多くて、皆様に共通して

いる事は、やはりお車が綺麗です(*^_^*)  そしてこちらのオデッセイも勿論お綺麗です。

が、しかし・・・よく見れば・・・

では半年経過のオデッセイの状態や如何に!! 早速確認していきましょう。

 

まずはボンネットからです。

汚れは少なくて、とてもお綺麗です! お綺麗ですがよく見ますと細かなシミが多数付いてます。

これは雨ジミではなさそうな感じです。

ルーフも同じく細かなシミがルーフ全体に付いてます。

ドアノブにも付いてます(汗) 何かは特定出来ませんがおそらくは油脂系の物だと思います。

これと同じものがボンネットやルーフのシミの原因だと思います。

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れてました。

 

全体的にはお手入れが良くされていて汚れの付着も少なくてお綺麗なんですが、先ほどの細かなシミが(汗)

この手のシミは意外と落とすのが困難な事が多いんです。特にメンテナンスですと限界はあるんですが

頑張っていってみましょう(^_^)/

 

今回はフロントウインドウの撥水コーティングも同時にご依頼いただきましたのでウインドウから

見ていきましょう。

まずは現状です↓

ワイパーの払拭範囲外は結構油膜でギラギラです(^^;

油膜を除去してウインドウを綺麗にしていきます。

その後、油膜残りチェックをして最後にウインド専用コーティング剤で撥水コーティング!!

撥水チェックです↑  バッチリと水玉コロコロに仕上がりました(^_-)-☆

 

そしてお次はボディです。まずは鉄粉チェックです。いつもの様に洗車後に専用のクリーナーを

吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少し色的に確認しにくいです目を凝らしてご覧ください(^▽^;)

よ~く見ますと黒っぽく点々と見えるのが鉄粉に反応している所です。でもよ~く見ないと分からないです(笑)

少な目でした(^_^)/

リアは・・・

こちらもよ~く見ますと確認できますが、こちらも少な目ですね!

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを掛けて再チェックです↓

綺麗になりました。 元々お綺麗でしたけど(^^;)

リアもいいですね~。

 

お車の状態は様々です。ですのでメンテナンス方法や使うケミカルなどもお車同様、様々です。お車の状態に

合った方法やケミカルを選んで作業していきます。 鉄粉除去以外にも細かなところの洗浄など色々な事を

行ってから最後にメンテナンス剤を塗布して艶と撥水を復元して塗装面を守ります!

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。まずはボンネットからです!

細かなシミは完全除去はできませんでしたが表面がクリヤーになりました。

ルーフも落ちたシミと残ったシミがございますが、だいぶサッパリとしました。

ドアノブのシミは綺麗に落ちました!(^^)!

タイヤとホイールも艶々に仕上げましたら・・・

ホンダ オデッセイアブソルートのコーティングメンテナンス完成です!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時も艶があって綺麗だな~と思ってましたが、やはりメンテナンスを行いますと

光沢が更に上がって艶々になりモダンスティールメタリックがより輝いて見えますね!

そんなツヤピカながら風格すら漂わせるモダンスティールメタリックのオデッセイアブソルートの

コーティングメンテナンスでした!!

 

コーティングメンテンスは早め早めに行うのがお薦めです。と言いますのもコーティングを行っていても

汚れやシミが付着し徐々にボディがくすんできます。普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが

固着してしまう前に洗車を行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも

落ちなくなってきます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに

落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です