ホンダ N-BOXのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダ N-BOXのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのプレミアムディープロッソパールのN-BOXは昨年の12月にボディコーティングを

施工させて頂きましたお車です。1年ぶりの再会です(笑)

今回はメンテナンスのご依頼です。ボディコーティング施工から1年ですので、それなりに

傷んでいる事は想像できますが・・・

ダーク系カラーなんで洗車キズなどは想像通りでしたが(^^;)くすみが少なく艶もあり

その点は想像よりも、いい状態だと思いました!

ではメンテナンスの様子を今回はビフォー&アフターでご紹介していきましょう!!

どうぞ~(^_^)/

 

まずはボンネットのビフォーです↓

洗車キズと思われるスクラッチが多いですね。でもシミは少なく、くすみも酷くありません。

そしてアフターです↓

スクラッチが目立たなくなり綺麗になりましたよ~!

ルーフも・・・

ボンネット同様スクラッチが目立ちますね。シミはボンネットより多いです(^▽^;)

ミニバンや軽のハイトワゴン系のルーフは雨水が残りやすいので、どうしてもシミが付きやすいんです。

アフターです↓

シミやスクラッチは残ってますがメンテナンス前に比べてスッキリとしたのがわかって頂けると思います。

ボディサイドは・・・

雨汚れですね。

ボディサイドもサッパリです(*^^*)

リアも同じ様に汚れて・・・

いました。

汚れたボディもメンテナンスを行えば・・・

ご覧の通りまだまだ艶々のピカピカです(笑)

タイヤとホイールも少~し汚れていますね。

こちらもよ~く洗ってから艶出しを行なえば足元がビシッと引き締まります!

そしてプレミアムディープロッソパールのN-BOX、ボディコーティングメンテナンス完了致しました!!

ダーク系カラーのお車は時間の経過と共にどうしてもスクラッチが目立ち、そのせいで”白っぽい”感じに

見えてきてしまい艶も引けてきてしまいます(^^;)

しかしメンテナンスを行えば、さすがにボディコーティング直後のようにとは言いませんが、色に深みが

出て艶と撥水が戻って参ります(*^^*)

特にダーク系カラーのお車はメンテナンス前後の違いがハッキリとお分かりいただけると思います!!

ライトカラーに比べダーク系カラーは普段のお手入れ大変さは一段上ですが(汗)綺麗になった時の

嬉しさ加減もダーク系カラーの方が一段上です(笑)

 

コーティングはメンテナンスが重要です。メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。特に撥水性能は使用状況や

保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

コーティングは決して安いものではありません。ですのでコーティングを長持ちさせて、お車の美観を維持する

為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です