スズキ ワゴンRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです。

ルナグレーと言う若干、青味がかったグレーのMH23型のワゴンRです!

新車でご購入されてから7年くらい経過されているそうです。7年経過ですので、そろそろ買い替えもお考えに

なられたそうですが、新型ワゴンRのスタイルがお好みでないそうで・・・(^^;

こればかりは好みの問題もございますので・・・ね(笑)

という事でまだまだお乗りになられるとの事で一旦ここいらでリフレッシュ致しましょう!

 

では現状確認していきます!

まずはボンネットからです。

まぁ7年ですので・・・スクラッチが盛大に入ってます(^^;)

ルーフも・・・

ギラギラです!

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフ程ではありませんが結構入ってます。 ↑の写真ですといまいちわかりにくいので・・・

こちらの方がわかりやすいかな??

そしてリアゲートも同じくスクラッチが目立ちます。

タイヤとホイールも薄汚れていてお疲れな感じが滲み出ていますね(^▽^;)  お疲れ様です!!

 

ご覧いただきました様に7年の歳月の経過感じさせる佇まいです。 全体的に洗車キズのスクラッチが

多く艶も光沢も引けてしまっていて7年分の疲れがそのままお車の印象になってしまっています(^_^;)

イカン!それでじゃイカン!! まだ7年です! まだまだ磨けば光ります!

失われた艶と活力をビシッと取り戻して再び輝いてもらいましょう!!   そう、あの頃の私のように( ̄▽ ̄)

では作業開始!!

 

まずはいつものように洗車後に鉄粉の付着確認です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

紫色が確認できますね。 結構多いんですが年月を考えますと特に多い訳ではないです。

↓はルーフですが・・・

ルーフも結構多かったです。 しかし写真だとあまり多く見えませんね(^^;)

鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛け再チェックします↓

ボンネットもだいぶサッパリとしました。

ルーフも・・・

綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをします。

いつもマスキングすると思うんですけどボディのラインが強調されメリハリが出てこれだけで

キリッとしてカッコイイですよね(*’▽’)  と思うのは私だけでしょうか??

それはそうと今回の磨きはスクラッチを無理に深追いはしないで、なるべくスクラッチを

除去して艶を取り戻していきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

盛大に入っていた7年分のスクラッチもだいぶスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

深いキズは残ってますが綺麗になりました。

ボディサイドもサッパリです。

ガサガサだったピラーも・・・

スッキリとクリヤーです。

リアゲートだってクリヤーで気持ちいいッス(^o^)

タイヤとホイールもキリッと若々しく仕上げましたら・・・

スズキ ワゴンRのボディコーティング完成です!

疲れが感じられていたワゴンRがキリッとシャープにそして若さがみなぎる健康的な

ボディを取り戻しました!   そう、それはまるで若かりし頃の私のよう( ̄▽ ̄)

艶とクリヤー感を取り戻したワゴンRはとても7年経過のお車には見えないと思います!

これでまた気持ち良く、そして末永くワゴンRにお乗り頂けることでしょう。

これからも張り切ってどうぞ~ヽ(^o^)丿

 

お車は時間の経過と共に汚れそして傷んでいきます。それが積もり積もると古臭く見えて

まだまだ元気に走るのに、ただそれだけで買い替えたくなってきます。

しかし車は磨けば輝きを取り戻しますよ(^_^)/  愛情や思い出が詰まった愛車を

売ってしまうのはもったいないです。その前に磨いてみませんか??ピカピカになった愛車を

見るときっと大切に長くお乗りになろうと思いますよ。

お乗り換えをご検討する前に愛車のリフレッシュも是非ご検討ください(*^^*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です