プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングです!

H29年式プレシャスブラックパールのクラウンアスリートです!

ご購入されたばかりのクラウンですが納車後にオーナー様が市販のコーティング剤を塗ったら

ムラムラになってしまったと当店にご相談に来られました。

ご相談に来られた時はコーティングの塗りムラが酷かったんですけど、施工時にご入庫された時は

コーティングが少し落ち着いたのでしょうか?? 少し塗りムラが低減していましたが光の

加減などによってはだいぶムラムラでした(^^;)

では早速現状確認をしていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとムラムラ感が出ませんね(^^;) すいません。 基本的にスクラッチも少な目で

シミも多くはなくて塗装面自体はお綺麗でした。

ルーフも・・・

少し汚れてはいましたがスクラッチやシミは少なくてお綺麗です。

↑はトランクです。

こちらも少し汚れ気味ですけどよ~く見ますとシミもスクラッチも確認できますが少なめですね。

ボディサイドもお綺麗です(^_^)/

とてもデリケートなブラック系のカラーという事を考えますと少しビックリするほど

スクラッチは少ないです(*’▽’)

ホイールはブレーキダストで茶色く汚れていました。

 

ご覧いただきました様に塗装面自体はシミやスクラッチが少なくてとてもお綺麗でした。

もちろん全くシミやスクラッチが付いていない訳ではないのですが登録から1年以上経過している

黒い車とは思えない程少ないです。 その間の維持管理がとても良かった証拠ですね!

それだけにコーティングのムラが尚更気になります(;´∀`)

でもご安心ください。 磨けば綺麗になります!

ムラの無いスッキリしたクラウンアスリートに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も一緒にいただきましたので

ウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

元々は何か撥水剤が塗ってあったのでしょうか?? 油膜とは違う感じがしますがどっちにしても

視界不良な事には違いないです(^^;)

ガラス表面を綺麗にしていきます。 ボディコーティングと同じで下地作りが大切です。

下地を整えてからコーティング剤を塗らないとコーティング剤本来の効果を発揮しません!

ご自分でウインドウコーティングされる方も多いと思いますが、その時は必ず油膜や

古いコーティングを落としてからウインドウコーティングをしてください。

話がそれてる間にウインドウコーティングが完成したようです。

早速撥水確認をしていきましょう!(笑)

水玉コロコロのウインドウコーティング完成です!   見てるだけでも気持ちイイですね(笑)

 

お次はボディです。

洗車後に鉄粉確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ながら黒い車ですと、いまいちわかりにくいです(汗)

その後にネンドを掛けて鉄粉を除去していきます。

↑はネンドを使う前です。

↓はネンド掛け後のネンドです。

ネンドが少し茶色っぽくなっているのがわかりますでしょうか??

この茶色っぽいのが塗装面に付いていた鉄粉です。

これではボンネット一枚分です。 少し多いかな~。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきました。 基本的にシミやスクラッチが少なくお綺麗な塗装面ですが今回は

3工程の磨きを入れて仕上げています。  磨き3工程(3回の磨き)と言いましても綺麗な塗装面を

3工程と痛みの激しい塗装面の3工程では磨きの内容(方法)が全然異なってきます。

使うポリッシャーやバフ、コンパウンドなどによって同じ3工程でも研磨量が異なってきますので

この組み合わせを考え工夫しながら磨きます。

ここが磨きの難しさでもあり楽しさでもあります(笑)

 

そして磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の登場です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性に優れた低撥水タイプのPCX-S7です!

PCX-S7は詳しい事はこちら → PCX-S7

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリしましたよ~!

もちろんコーティングの塗りムラもございません!

しかし写真だとわからないと言う・・・(^▽^;) すいません。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

そしてトランクも・・・

もちろん綺麗です。  しみもスクラッチもサッパリです(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたがよりクリヤーな映り込みになりました。

ホイールも本来はブラックのメッキだったんですね(^^;)

ピカピカに光っています!

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ クラウンアスリート、ボディコーティング完成です!

いい艶に仕上がりました!

プレシャスブラックパールはソリッドブラックとはまた、ひと味違う独特の輝きを放つ

とても魅力的なブラックです! そのプレシャスブラックパールが光沢も艶も更に上がり

ツヤッツヤです(笑)  もちろんコーティングの塗りムラも解消しています。 !(^^)!

オーナー様も『凄いですね~。凄く綺麗です!』と、ご満足いただけたご様子でした!

ありがとうございました。

 

今や市販のコーティング剤がいっぱい発売されています。カー用品店で売っている物や

ネット通販でしか売っていない物など様々です。特にネットの通販物は商品レビューや口コミが

掲載されていて購入意欲を掻き立てられます(笑)

しかしどの製品を使うにしても、一つだけ間違いなく言える事がございます。

それは”下地“が大切だと言う事です。

ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、

曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心ですよ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です