トヨタ ハリアーのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのハリアーは今年の4月にボディコーティングを施工させて頂きましたお車です!

それから約6ヶ月程経過致しましたが・・・かなり痛みが進んでおりました(^^;

とにかくシミが酷いんです(汗) お話を伺うと結構マメに洗車もされているとの事です。

しかしシミが・・・(T_T)

色々と観察&オーナー様とお話していて何となく原因が分かってきましたが、それは後ほど詳しくお話いたします。

と言う事でまずは先にビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

↓はボンネットです。

汚れていて肝心のシミがわかりませんね(^^;)すいません。

実はかなりシミが酷いんです。

アフターです↓

このシミは以前コーティングした時から付いている鳥糞によるシミ(腐食)でクラックが入っていて

磨きでは対処できないものです。

今回の話題のシミはだいぶスッキリと除去できています。

ルーフも・・・

こちらの方がシミがわかりやすいですね。斑模様に目えるのがシミです。

アフターです↓

ルーフもだいぶ綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

これが一番わかりやすいか?? よ~く見ると細かなシミが確認できると思います。

しかも塗装面がガサガサです。これは“油”です。

そうです。今回のシミの原因は“油”なんです(;´∀`)

そしてアフターです↓

こちらもだいぶスッキリと油を除去できました。

ガサガサだった塗装面もクリヤー感が出ました!

リアバンパーも・・・

普通の汚れ&よ~く見ると“油”でシミシミでした。

アフターです↓

艶も回復しました。

ホイールは・・・

ブレーキダストの影響で茶色っぽくなっています。

アフターです↓

タイヤもよ~く洗い、もちろんホイールも綺麗に洗い最後に艶出しを行ないましたら・・・

トヨタ ハリアーのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

艶も戻って一安心! やはりソリッドブラックは綺麗が似合います!

どうしてもソリッドブラックは汚れが進んできますと白っぽくなって“深み”が感じられなく

なってきます。そして艶も引けてきます。

ソリッドブラックは正直お手入れが大変です。そして維持も大変です(;´∀`)

しかしそれと引き換えに鏡のような映り込みや艶が味わえるのがソリッドです!

オーナー様も綺麗になったお車を見てホッと一安心しておりました。

よかった、よかった(´▽`*)

 

今回のシミの原因は先ほどもお話いたしました様に“油”です。

コーティング後のお手入れも通常のシャンプーを使われていた&ガソリンスタンドの洗車機も

使用していない、なのに半年ほどでこのシミ(油)の付着量は多すぎます。

そこで考えられる要因をいくつかオーナー様にご質問して遂に原因と思われる要因に行きつきました!

それは・・・

換気扇です。

お車を止めている駐車場(月極)が、ある一軒家の直ぐ後ろなんだそうです。しかもキッチンの

後ろのようで換気扇から至近距離なんだそうです。

前回(コーティング時)はこの様なシミはなかったのでコーティング後の環境の変化を

疑ったのですが・・・やはりそうだったようです。 (駐車場が変わったそうです)

あたり前と言えば当たり前ですがキッチンからの換気扇は油が排出されます。

その油がボディに付着するとシミになります。

それと同じで洗車機などのワックス洗車コースやポリマーコーティングコースなども“油分”を

吹き付けているので過度の使用は同じように塗装面がくすんでガサガサになってしまいますので

注意が必要です。

車は環境によって傷み方(汚れ方)が全く違います。 それによって対処法も変わってきます。

今回の場合は・・・メンテナンス頻度を上げるか、根本的な対策としては駐車場を変える又はボディカバーを

使うかのいずれかになってしまうと思います。

一番いいのはやはり駐車場の変更ですが・・・換気扇の無い場所を厳選してください(*^^*)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です