樹脂パーツも保護しましょう。

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今日はスバルXVをご紹介した時に少しお話した、経年車の樹脂パーツのコーティングのお話を少々。

 

先日友人がココの白いのどうにかならない?と相談にきました。ココとはココのことなんです。

1 フロントカウルトップ部です。だいぶ色褪せが進んでおります。

 

ほとんどの車はこの部分は樹脂で出来ていると思いますが新車時はいいんですよね~。

でも時間が経過してしまうと、どうしても日焼けして色褪せてきてしまいます。 もちろんお車の保管状況や

使用状況によって劣化のスピードは変わってきますが・・・

 

こちらのお車は所有して9年ほどたっています。保管状況ですが青空駐車ですのでやはり劣化は進んでしまいます。

このお車は以前ヘットライトの黄ばみも酷くてクリーニングを行いましたが使用状況など考えるとヘッドライトも

黄ばんでしまうのも致し方ないのではないでしょうか?

 

カウルトップもヘッドライトも樹脂製です。その樹脂を劣化させる 原因はいくつか有ると思いますが、

やはり一番の大敵は紫外線です。黄ばみの酷いヘッドライトをよく観察して見るとわかるのですが、

左右の黄ばみ具合が違う場合が多いです。これは黄ばみが酷い方が、日射しが強い(日が当たる時間が長い)ので

劣化の状態が変わってくるんです。特に水平面にあるカウルトップには日が当たる 時間も長くなってしまう事も

多いので、なおさら厳しいと思います。

 

そこでおススメなんです!

 

樹脂部をコーティングするとコーティングの被膜が紫外線などから樹脂を保護してくれるのです!すばらしい!!

それにより紫外線による日焼けや色あせを軽減し、艶やかな美しさを長期間保ちます。すばらしい!!

 

できることなら新車時から施工するのがやはり理想ですが、出来なかった場合でも大丈夫です。

見てください!この友人のお車を!!

DSC06089 - コピー

いい感じじゃないですか!これだけ差が出ます。

 

もちろん樹脂部をクリーニングや脱脂など下地処理を行った後にコーティングしていきます。

劣化の具合や素材によりここまで黒くならない場合をありますが、カウルトップやモール類を交換するよりは

お手軽で価格もリーズナブルではないでしょうか。

 

せっかくボディがツルピカでもカウルトップやモール部など樹脂パーツがが色褪せしているとお車がなんかボヤッと

してしまいシャキッと見えなくなってしまいます。逆に樹脂パーツ類が黒くツヤがあるとボディが汚れていても、

お車全体がシャッキリ!と見えるものです。

 

こちらは本当におススメです。樹脂パーツのコーティングもカービューティープロ・カラーズにお任せ下さい!!

 

6

7

8

9

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

今月はキャンペーン開催中です。詳しくはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です