トヨタ マークXのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ マークXのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのマークXは昨年の10月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

少し早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。と言いますのもお仕事が忙しく

あまり乗っていない&洗車も出来ない状態と言う事もあって少し早めにメンテナンスのご依頼を

頂きました。

当店のある小田原市は花粉のピークが過ぎた感じがしますがメンテナンスにお越しくださいました

時期はまだまだ花粉が絶賛飛散中だった事もあり、いい感じの斑模様でした(^^;)

ではマークXのメンテナンスを今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

いい感じです(^▽^;) いや良くはないんですけどいい感じです(笑)

花粉の付着放置は塗装に良くありませんので、ある意味いいタイミングのメンテナンスだと

思います。

アフターです↓

幸い花粉によるダメージも無くホッと一安心ですヽ(^。^)ノ

塗装面もとてもお綺麗です!

ルーフも・・・

絵に描いたような花粉汚れです。

アフターです↓

スッキリですオーナー様がご心配されていたような痛みも無く、良いコンディションです!

トランクも・・・

花粉で大変な事になっていました(^^;)

アフターです↓

屋外屋根なし駐車とは思えない程シミも少なくてお綺麗です!!

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

点々と確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉もとても少なかったです!

鉄粉処理が終わったら再度クリーナーをスプレーして再チェックします↓

元々お綺麗ですので・・・あまり代わり映えしないですね(笑) でも確実に減っています!

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行っています。また数種類のケミカルを使い通常の

シャンプーでは落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

例えば・・・

この様な雨筋です。 普通の雨の流れた跡でしたら洗車で綺麗サッパリと簡単に落ちますが

ドアの下部やドアノブなどから出てくる汚れは”グリス“を含んでいます。

新車はいっぱい出てきます(;’∀’)  特にドア内部を通ってきた雨はグリス濃度が濃いです(笑)

ですのでこれは水アカと言うよりグリスです(笑)

グリスはシャンプー洗車では落ちない事が多いです。

もちろんメンテナンスでは・・・

サッパリとしますが雨が降るとまたグリスが流れ出てきます。もしシャンプー洗車で落ちない時は

クリーナー(メンテナンス剤)を使って優しく拭けば落ちますのでお試しください。

ホイールは・・・

ピカピカでよくわかりませんが(^^)少し汚れています。

アフターです↓

ピッカピカです(笑) 眩しいです。

ムスカ大佐でなくとも「目がぁ、目がぁ~あああああ~~~~!」 となりそうですね。   何の話だ!?

そしてトヨタ マークXのコーティングメンテナンスが完成いたしましたぁ、しましたぁ~あああああ~~~~!

艶々に復活です!

オーナー様はとても忙しく、なかなかお車に触れる機会が無いそうでご心配事も多かったようですが

お綺麗でしたよ、とお伝えしましたら”良かった~と”ホッと一安心しておりました。

そしてピカピカの愛車を見てニッコリ笑顔でお喜びになられておりました(*^_^*)

 

先ほども花粉のお話をしましたが、この時期は花粉が雨で濡れると斑模様になってしまいます。

実はこれは斑模様になって美観が低下するだけではないんです。美観が低下するだけでしたら

花粉のシーズンが終わってから洗車すればいいだけなんですけど、塗装そのものを痛めてしまうので

花粉の時期はマメな洗車が必要になってきます。

その洗車方法ですが理想はやはり手洗い洗車がお薦めです。手洗いで優し~く優~しく洗ってください(^_^)/

そこで度々ご紹介しておりますが、カービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までにこちらをどうぞ!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です