ワゴンRスティングレーにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキワゴンRスティングレーのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのワゴンRスティングレーは3年程前にボディコーティングを施工致しましたお車です。

一度メンテナンスに来られておりますので今回は2回目のメンテナンスです。

と言いましても前回のメンテナンスは2年半くらい前ですので塗装面の痛みも進んでいると思われます(^^;)

コーティング施工から3年と少々経過していますのでオーナー様も再施工をお考えになられたそうですが

今回はメンテナンスで!のご依頼です!!

では3年経過致しましたワゴンRスティングレーのメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

屋外屋根なし保管、しかも黒っという事でシミやスクラッチ、そしてクスミも進んでいました。

アフターです↓

今回のメンテナンスは通常のスタンダードなメンテナンスではなくメンテナンスplusのプランです。

メンテナンスplusはスクラッチやシミなど塗装面の痛みが進んでいるお車や黒などのダークカラーの

お車におススメのメンテナンスプランです。

今回はメンテナンスplusでのメンテナンスでしたが↑がメンテナンスplusでの限界でした。

これ以上シミやスクラッチを除去するとなるとポリッシングが必要になってきます。

ポリッシング有りのメンテナンスのご用意もございますのでお気軽にご相談ください。

ルーフも・・・

シミがね~(^^;

アフターです↓

艶も出てサッパリとしましたが、やはりシミがね~(^^;

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べるとシミも少ないです。こちらのワゴンRに限らずなんですが

ボンネットやルーフなどの水平面とボディサイドの垂直面では痛みの進行が全然違うんです。

やはり水平面の方が紫外線を受けやすく熱も受けます。更に雨も流れず塗装面の上で

蒸発していきますので・・・ボディサイドに比べ痛みやすいんです(^^;

アフターです↓

メンテナンスでも結構艶が復活します!

それと鉄粉の付着状況ですが、オーナー様も”洗車するとスポンジが引っかかる“と言われていたほど

鉄粉が多かったです。しかし・・・

いつものように専用のクリーナーを吹き掛けてもボディが黒いので何が何だかわかりませんが

実際はかなりの鉄粉量です(^^;

メンテナンスでの鉄粉除去ではネンドは使いません。(ネンドキズが付くので)ですのでコーティング前に

行なう鉄粉除去程は取れませんが、優し~く鉄粉処理をしていきました。

鉄粉除去後はスポンジの動きもスムーズになりましたよ(笑)

洗車時に違いを実感して頂けます(^_^)/

 

最後にタイヤとホイールです↓

ホイールは汚れも少ないですね!

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げましたら・・・

スズキ ワゴンRスティングレーのボディコーティングメンテナンス完成です!

だいぶ艶を感じるボディに仕上がったと思います。

各部の仕上がりの写真で見て頂いたように近くで見ますとシミやスクラッチが付いています。

磨き無しのメンテナンスではこの位が限界ですけど少し離れて見て頂ければシミも気になりません(笑)

今回のメンテナンスplusでは線キズなどのスクラッチを目立たなくする処置をしています。

もちろん全てのスクラッチが目立たなくなる訳ではありませんが、浅めのキズが目立たなくなるだけでも

見た目の印象は全然違います! 光の乱反射が減って黒が引き締まります(^_-)-☆

塗装面の状態を見ますと正直そろそろ再施工の時期かと思います。コーティングの再施工の時期は

お車によって様々です。3年経ってもキズやクスミの少ないお車もございますし2年も経っていないのに

シミシミなお車など本当に様々ですので一律に何年!と言う事はできません(^^;)

またメンテナンス方法も色々でメニューに載せているメンテナンスプラン以外でもお車の状態や

オーナー様のご希望で通常メニュー以上のメンテナンス内容のご提案なども致しておりますので

お気軽にご相談ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です