ダイハツ ミライースのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

約1年程経過しメンテナンスのご依頼を頂きました。

今回は板金修理をした所もあるので、そこは再施工のご依頼です。

では早速ミライースのメンテナンスをビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

コーティングからまだ1年程ですが、何故かボンネットだけクスんでいます。

アフターです↓

スッキリとしました! 今回フロント左フェンダーを板金されたそうですがよくよく見ると

ボンネットにも“ぼかし”が入っていたのでボンネットも軽く磨いて再コーティングしました。

ルーフは・・・

お綺麗です。シミやスクラッチはありますがルーフとボンネットのクスミ具合が

全然違うのがわかって頂けると思います。

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミなど残っていますがよりスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

雨筋ダラ~~~です(笑) ボディサイドも雨筋ダラ~~~でした(^^;)

アフターです↓

コーティングが効いていますので雨筋ダラ~~のこびり付きはありませんでした。通常の洗車でも

簡単に落ちますよ(*^_^*)

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

ポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とても少ないです! でもルーフやリア回りはボンネットに比べると明らかに少し多めに付いていたので

やはり板金時にボンネットも手が入っているのでしょうね!

アフターです↓

ボンネット以外もスッキリとしておきました(笑)

そして板金したフェンダーですが・・・

もの凄く曇っています(^^;) 久々にちょっとビックリしたのは内緒です(笑)

パールホワイトなので写真だと尚更分かりにくいんですけど磨きキズもしっかりと、

そして沢山入っていました(^▽^;)

マスキングをして磨いていきました。 ちなみにドアにも“ぼかし”が入っていたのでドアも磨いて

再コーティングしています。

アフターです↓

曇りが無くなって透明感が出ました。 いゃ、出しました(笑)

艶も全然違いますよ~!

ホイールも・・・

やや汚れ気味ですね。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げましたら・・・

ダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンス&部分再施工の完成です!

綺麗なパールホワイトに復活しました(^_-)-☆

お車がパッと明るくなったと思います!!

板金修理などで再塗装をすると今回のように曇っている事が非常に多いです。また磨きキズや光が当ると

オーロラのようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できる事もとても多いです。

これは再塗装後の磨きがしっかりと出来ていない証拠です。適正な機械やコンパウンドなどの

マッチングや照明、そして作業者のスキルなど要因は様々です。

今回のミライースは曇りやキズが目立ちにくいパールホワイトでしたので、パッと見では目立ちませんが

これがブラックやダークブルーなどダークカラーだともの凄く違和感を感じると思います。

再塗装なんでしょうがないと・・・と諦めないでください。しっかりと磨けばギラギラしたオーロラマークも

透明感の無い塗装面も綺麗になります(^_^)/

再塗装だからしょうがない”と諦めないで、まずは当店にご相談ください。

 

記念すべき平成最後のご紹介はダイハツ ミライースでした!

そして明日からはいよいよ令和です。次回令和の時代でお会いしましょう!

残り数時間ですが、よい平成を!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です