ルノートゥインゴにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのルノートゥインゴは昨年の4月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

ちょうど1年でメンテナンスにお越しくださいました。

ブルードラジェと言う淡いブルーなんですけど、これがまた写真だと上手く写せないんです(^^;)

色が出ない”と言えばいいかな? カメラの性能もあると思うんですけど実車の方が遥かに

いい色なんです!

そんな綺麗なブルードラジェのルノートゥインゴもコーティングから1年経過しましたのでメンテナンスの

ご依頼を頂きました。

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

これは花粉です(^^;)

ボンネット以外は花粉の影響はなかったんですけどボンネットはだいぶ花粉にやられていました(汗)

当店のスタンダードなメンテナンスプランでは基本的に磨きは入れませんが今回は花粉ジミが

酷かったので花粉処置をした後に軽く磨いて仕上げました。

ルーフは・・・

少し汚れていますが花粉の影響もなく、とてもお綺麗でした!

アフターです↓

スッキリとしましたよ~!

しかしボディサイドには・・・

花粉がついています(^^;)

ボディサイドも幸いシミにはなっていませんでしたので通常のメンテナンス内容でも

サッパリと綺麗になりました!

ヘッドライト下の隙間は・・・

汚れが溜まります。たぶん花粉が混ざっている事でしょうね(^_^;)

アフターです↓

ヘッドライト以外も細かな部位も洗浄をしています!

ホイールも・・・

軽く汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールもしっかりと洗い艶出しをしましたら・・・

ブルードラジェのルノートゥインゴのボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いい感じに仕上がっています!

出来る事なら本来のブルードラジェの色でお見せしたいです(笑)

 

今回のトゥインゴは屋根ありの駐車場に駐車しているそうです。屋根があるのと無いのとでは

お車の汚れ方が全然違います!という事はコーティング被膜の痛みも全然違います。

しかし屋根はあっても横から雨が降ってしまうとどうしても濡れてしまいます。

トゥインゴもボンネットが濡れてしまうそうです。今回ボンネットだけ花粉ジミが酷かったのはその為です。

花粉が付着していると撥水性も低下いたします。こちらのトゥインゴもボンネットは撥水がだいぶ弱まって

いましたが、その他はまだまだ水玉撥水になっていました。これは花粉の成分が撥水を妨げている為です。

しっかりと花粉処理をしただけでかなり撥水が戻ってきました(^_-)-☆

最終的にメンテナンス剤で仕上げていますがコーティング表面を綺麗にするだけで撥水力が戻る事も

多いんです!

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが

実は違うんです。撥水が無くなってもコーティング被膜は残っています。

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や時経劣化などによって、どうしても弱まってきます。

ですので撥水維持や復活の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です