アウディA1のコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアウディA1のコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディA1はボディコーティング施工から1年と少々経過致しましたお車です。

昨年の10月に一度メンテナンスをしていますので今回は2回目のメンテナンスのご依頼です。

コーティング施工から1年少々経過致しましたが塗装面の状態は如何に!?

早速ですが今回のメンテナンスの様子をbefore&afterでご紹介していきましょう!!

まずはボンネットからです。

↑はビフォーです。 汚れなど付いておりますがお綺麗ですね(^_^)/

アフターです↓

1年以上経過しておりますので、よくよく観察するとそれなりの痛みは確認できますが

状態は良好かと思います。

ルーフは・・・

ボンネットと違いルーフはグレーメタリックなんですけど、これまたシミもスクラッチも

少なくてとてもいい状態です!

ただ↑の写真だと分かりませんが、さすがに撥水はだいぶ弱まっていました。

アフターです↓

クスミも少なくて1年経過とは思えない程お綺麗ですね!

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積した場合や経年劣化等でコーティング被膜が傷むと、

どうしても弱まってきます。被膜の上に汚れが蓄積して撥水が落ちている場合は特殊なケミカルで

洗うだけで撥水が戻ってきます。 逆にコーティング被膜が傷んでいる場合は特殊なケミカルで

洗っても撥水は戻りません。

メンテナンではその特殊なケミカル&メンテナン剤を使って撥水とそして艶を復活させます。

それ以外にも↓の様な・・・

隙間に入り込んだ汚れも・・・

綺麗にしていきます(^_^)  これだけでもお車の印象が大幅に上がります!

それと鉄粉の付着状況の報告です。黒っぽく確認できますのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です↓

まぁそれなりに(^^; 特に多くもないですし特別少なくもないですね(笑)

リアは・・・

こちらは少し多めでしょうか。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

だいぶ落とせたと思います!

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました!

鉄粉処理ですがカー用品店などでも鉄粉除去用のネンドなど販売されています。

ただこれを使うには注意が必要です。注意が必要と言うより私はお薦めいたしません。

特にダークカラーの車に使用するとネンドで擦った跡(ネンド傷)が付いてしまいます。

もちろんライトカラーの車に使ってもネンド傷はつきますが目立つか目立たないかの

違いだけですのでご注意ください(^^;)

 

↓はボディサイドです。

ボディサイドもシミやスクラッチが少なくてお綺麗ですが、どうしても雨が降れば黒っぽく

雨筋が付いてしまいます。

アフターです↓

スッキリと艶々です(^_^)/

最後にホイールです。

ダスト汚れと言うより泥汚れっぽいですね。

アフターです↓

ブレーキダストの焼き付けなども少なくてお綺麗です!

そしてアウディA1のボディコーティングメンテナンス完成いたしました。

艶々ですヽ(^。^)ノ

 

先ほどもお話しいたしましたが塗装面のシミやスクラッチも少なくて1年経過と考えますと状態は

良好です!! このまま定期的にメンテナンスを行っていけば綺麗も長続きすると思います!

お車の美観維持の為にも皆様も定期的なコーティングメンテナンスを是非(^_^)/

 

お客様からの質問でよく聞かれるのが洗車の頻度です。洗車の頻度はお車の使用方法や保管状況で

違ってきますが月に1~2回程度が私はお薦めです。こればかりは人それぞれと申しますか、車それぞれと

言いますか(^^;) 環境によって様々です。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし

場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのも良くないですが洗車し過ぎも良くないです。

洗車だけではなくメンテナンスについても同じことが言えます。

どちらもそうなんですが、ポイントは汚れが酷くなる前に行うのが綺麗を長く保つ秘訣だと

思います。

車ってあまりに汚れてくると”洗車めんどくせ~”や“もういいや!”ってなりがちです(^▽^;)

不思議と綺麗だと綺麗にしたくなるじゃないですか!?

“洗車めんどくせ~””もういいや!”となるその前の洗車がおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です