シトロエンC3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはシトロエンC3のボディコーティングです!

こちらのシトロエンC3は納車後にそのまま当店にご入庫くださいましたピカピカの新車です!

個人的にC3は白×赤のツートンカラーのPOPなイメージが頭に浮かびますが、こちらのC3は

ブランバンキーズ×ノアール ペルラネラと言う、名前からして既にカッコイイ白黒のツートンカラーで

とてもシックなカラーリングの大人の雰囲気漂うC3です!

ルーフの色が違うだけで全然イメージが変わりますね(*^^*)

そんなシックな新車のシトロエンC3の現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

ボンネットはお綺麗でしたがルーフには・・・

無数のキズが! ではなくて保護シートの糊残りの様です(^^;)

最初見た時に私もキズかと思ってビックリしましたよ(笑)  ルーフのあちらこちらに付いていました。

いゃ~糊残りでよかったです。

ボディサイドは・・・

若干曇り気味ではありますがお綺麗です。

しかし・・・

良く見ると所々に↑のような拭きキズでしょうか??少し深めのスクラッチが付いておりました。

更にピラーは・・・

キズだらけです(^_^;) 最近このピアノブラック調のピラーの車が増えています。高級感があって

見栄えはいいのですが、とにかくデリケートでキズが付きやすいんです。乾いたクロスで少し力を入れて

拭くだけで簡単にキズが入ってしまいます(涙)

リアゲートは・・・

こちらはスクラッチや曇りも少なくてお綺麗でした!

ホイールもピカピカです!

 

新車という事で基本的に塗装面はスクラッチやシミ等目立って付いている訳ではございません。ですが

よ~く観察しますとやや深めのスクラッチも確認できました。輸入車はどうしても工場を出てから

オーナー様に届くまで時間が掛かります。またその間に人が触れる機会も多くなります。人が触れる機会が

多いという事はそれだけキズ等付いてしまうリスクも増える訳でもあります。またノーダメージでディーラーに

届いても納車前仕上げでスクラッチ等を付けてしまう場合もございます(涙) では国産車は大丈夫かと

言いますと実はそんな事も無く国産車でもビックリするくらいキズやシミが多くついている車も多く

こればかりはある意味”運”ですのでご自分ではどうする事も出来ません(^▽^;)

でも大丈夫です!磨けば綺麗になりますのでご安心ください!!

という事で早速作業スタートです!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきます。

ボディコーティングと同時にご依頼を頂く事の多い人気のオプションメニューです(^_^)/

↓は現状です。

撥水力はやや弱い感じですが何か簡易タイプの撥水剤でも掛かっている様ですね。

しかし・・・

全て落としていきます(笑)

今回はルーフがガラストップになっていますので、こちらにもウインドウコーティングのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

全てのウインドウの下地を整いましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に・・・

撥水チェックをしましたらウインドウコーティングは完成いたしました!

水玉の”丸”さが違います!!

ウインドウコーティングが終わりましたら今度はボディです。

洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

↑はボンネットです。 すくないですね~(^^)/

リアは・・・

新車でもこれ位は付いているものです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったんですけど(笑) 綺麗です。

リアも・・・

サッパリとしました。

そしてマスキングをしていき・・・

磨いてまいります。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。少し深めにスクラッチが付いていた所はやや強めの磨きをしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

よりスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

糊残りもスッキリと無くなって綺麗になりましたよ~(*^^*)

ボディサイドも・・・

よりクッキリとライトが映り込むようになりました。

深めに付いていたスクラッチもだいぶ綺麗になりましたね!

そしてキズキズだったセンターピラーも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ただキズが付きやすいので普段のお取り扱いやお手入れ時は注意が必要です。

洗う時は優し~く洗ってください。

そしてリアも・・・

更にクッキリとクリヤーになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングです。

こちらも新車コーティングと同時にご依頼を頂く人気のオプションメニューです。

特に輸入車にはお薦めです!

そしてシトロエン3の新車コーティングが完成いたしました!

艶も更に向上し新車以上に輝やくシトロエンC3に仕上がりました(^_^)/

白と黒のコントラストが強調されよりメリハリのあるボディになったと思います。

黒といえばこちらのC3のドアに付いている大きなサイドモールのような黒い樹脂パーツですが

これはエアバンプと言ってシトロエンC4 カクタスで登場時に話題になりました。

エアバンプの名前の通り中には本当にエアが入っていて触ると柔らかいんです。

エア入の柔らか素材で出来ていてボディをキズから守る機能とデザイン性を兼ね備えた機能パーツでも

あるそうです。 さすがフランス車!!

内装などのデザインも国産車とは違うセンスでデザインされていてオシャレなんです!

このセンスと個性はやはりフランス車ならではでもあり、さすがシトロエンです(*^^*)

見れば見る程欲しくなっていくシトロエンC3でした!!    いいなぁ~(´▽`)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です