VWアルテオンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはVWアルテオンのボディコーティングです!

納車から間もない新車のVWアルテオンです!

パイライトシルバーメタリックと言う少し濃い目のシルバーメタリックです。グレーと言うほど

ダークではなく、だからと言ってシルバーと言うほど明るい色でもない落ち着いた大人な感じの

シルバーメタリックです!陰影が強く出るカラーですのでパリッとエッジが効いたラインの

アルテオンにピッタリのカラーです!

納車間の無い新車ですので基本的にお綺麗なんですが・・・

では現状確認をおこなっていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干曇り気味ですけどお綺麗・・・に見えますが、実は見る角度変えると・・・

細かなシミが沢山付いています(^^;) シリカスケールでしょうか?洗車程度では落ちません(^▽^;)

ボンネット以外にもルーフやトランクにも沢山付いていました。

それとバンパーには・・・

既に線キズが~!!

バンパーの前部からホイールハウスにかけて20センチくらいでしょうか??線キズが付いておりました(^^;)

ルーフは・・・

基本的にお綺麗ですけど先ほどもお話しいたしましたように見る角度を変えると

シミが結構付いていました。

トランクも・・・

シミが付いていました。 でもボンネットに比べると少ないです。

ボディサイドは・・・

いまいちライトの映り込みがスッキリとしていませんね~(^_^;)

それとホイールは・・・

まだそれ程距離を走られていませんのでブレーキダストも少なめでした。

 

実は既にディーラーでボディコーティングを施工されているそうです。余談ですけど最近では、

特に輸入車などに多いんですがボディコーティングが頼んでもいないのにお見積りに入っている事が

多いんです(^^;) よくよく明細を見ると説明も無く、ましてや頼んでもいないのにボディコーティングが

組み込まれている事が多くて納車後に知ったというオーナー様も居られます。下手したら納車時にも

説明が無くコーティング屋さんに入庫してから知ったという方もいるほどです。 お車ご購入時は

皆様もご注意ください!!

話は戻りますが今回のアルテオンですがウインドウとホイールコーティングのご依頼+ボディを観て

あんまりだったらボディコーティングも掛け直して!とのご依頼でした。

オーナー様もディーラーのコーティングの仕上がりがいまいちと感じていたご様子で、私も実際に

確認いたしましたら、確かにいまいちの仕上がり具合でしたので(^▽^;)ボディもコーティングを

掛け直しさせて頂く事にいたしました。

では作業に取り掛かりましょう!作業始め~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

油分の付着もなくてお綺麗でございました。

全てのウインドウ+ガラスルーフの下地を整えていき、ウインドウ専用コーティング剤でコーティングしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

またまた余談ですがウインドウコーティングをしましたらワイパーブレードを撥水ワイパーに交換する事を

お薦めしております。撥水ワイパーに交換して頂けるとウインドウコーティングの寿命が大幅に伸びます。

それと特に輸入車はウインドウコーティングをするとノーマルのワイパーだとビビりが発生する

事が多いです。 そのビビり防止の為にも撥水ワイパーへの交換がお薦めです!

 

続いてはボディです。

洗車をしましたら鉄粉の付着確認をしていきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

よ~く見ますとポツポツ確認できると思いますがとても少なかったです(^_^)/

リアも・・・

鉄粉が少ないのでポツポツを探すのが大変です(笑)

鉄粉が少なかったので今回は軽めに鉄粉除去をおこないました。

鉄粉除去後の再チェックです↓

まぁ元々少ないので(笑)

リアも・・・

違いがわかりませんね(^^;)

 

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。 今回はシミが気になるので少し新車プランにしては“しっかり”とした

磨きで下地を整えていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗ですね!

もちろん角度を変えて見ても・・・

シミも無くなってサッパリと綺麗です(^_^)/

バンパーのキズも・・・

除去できました! よかったよかった(*^。^*)

ルーフも・・・

スカッと綺麗です!

トランクは・・・

ツルンツルンです! いゃ、トゥルントゥルン です(笑)

ボディもスッキリとクリヤーになってます(^^ゞ

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイールコーティングをして仕上げております。

今回のホイールはマットブラックでしたのでホイールコーティングをしますと若干ですが艶が出てしまいます。

事前にオーナー様にご説明をしてご了承を頂いております。

 

そしてパイライトシルバーメタリックのVWアルテオン新車コーティングが完成いたしました!

元々コーティングしたての新車でしたので引きの写真だと違いが分かりにくいかと思いますが(^_^;)

各部の仕上がり具合で見て頂いた通り塗装面の曇りやシミ等が無くなってよりスッキリとクリヤーな

パイライトシルバーメタリックに仕上がっております!

VWアルテオンは当店初入庫でした。何度か見たことはあったんですけど作業させていただいたのは

初めてです。初めて作業して一つ驚いた事が! それは・・・

アルテオンは今流行りの4ドアのクーペかと思っていたんですけど5ドアのファストバックだったんですね!

知らなかったです(^^;) トランクを開けようと思ったらリアのガラスごと開いたのでビックリです(笑)

想像もしていなかった所まで開くと想像以上にビックリしますよ(笑)

えぇぇ~こんな所まで(;”∀”)って感じです。  何事も見た目で判断してはいけませんね!

何事も見た目で判断してはいけませんが、見た目も中身もとても魅力的なアルテオンのご紹介でした(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です