アルトターボRSのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ アルトターボRSのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアルトターボRSは昨年の春にボディコーティングを施工致しましたお車です。

それから早1年と4ヶ月が過ぎ、撥水が落ちた!との事で今回メンテナンスにお越しくださいました。

お手入れを欠かさず行われていますので、何時見てもとってもお綺麗なんです。しかし流石に

1年以上経過、そして毎日お仕事で使用されている事もあって撥水はだいぶ落ちてしまったようです(^^;)

ではそんな撥水が弱ってしまったアルトターボRSのメンテナンスを今回もビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう! まずはボンネットからです。

細かなシミは付いていますがご覧の様にいつもお綺麗です(*^^*)

アフターです↓

細かなシミは残っていますが軽いクスミも取れてサッパリとしました。

メンテナンスでは塗装面を浸食して出来たシミなどは落とせませんので残ってしまいます。

ルーフも・・・

とてもお綺麗です! しかしよ~く見るとボンネット同様に細かなシミは付いています(^^;)

アフターです↓

メンテナンス前が綺麗なんで写真だと違いが伝わりませんね(^▽^;)  いゃ~困った困った(汗)

違いがわかりやすいのは・・・

ウインドウ下の↑こんな所ぐらいでしょうか?? これだって汚れが付いているだけですので・・・

洗車すればあっという間に綺麗になります(笑)

普段からお綺麗にされていますので↑のような溝や隙間の汚れが簡単に落ちましたが

長い時間汚れを放置したままにしますと汚れが固着してしまい、いざ落とそうとしても簡単には

落とせない場合が多いので時間が経てば経つほど差が出るポイントでもあります(*^^*)

ボディサイドも・・・

こちらは軽く汚れていますがこちらのアルトターボにしてみたら、これはかなり汚れている状態なんです(^^;)

アフターです↓

スッキリ艶々に復活です!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

↑の黒っぽい点々や筋状に確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

1年以上経過していますので、これ位は付いているものです。いゃ、むしろ少し少ないかと思います。

アフターです↓

鉄粉もだいぶスッキリと綺麗になりましたね!

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行っています。また数種類のケミカルを使い通常の

シャンプーでは落ちない汚れなども落としていき、最終的にメンテナンス剤で仕上げています!

その最終的に使用するメンテナンス剤も数種類の中からお車の状態に合わせて選んで使っています。

 

そして最後はホイールとタイヤです。

ビフォーです↑ 黒ホイールはブレーキダストの茶色い汚れがどうしても目立ってしまいます。

アフターです↓

やっぱり黒いと足元が引き締まります!

そしてアルトターボRSのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!!

いかがでしょうか。  艶々に仕上がりましたよ~(^_^)/

これでまた水玉撥水が楽しめると思います(笑)

オーナー様がお話しされていましたように、やはりボンネットやルーフの撥水が落ちていました。

ボディサイドはまだまだ撥水していましたがボンネットやルーフなどの水平面はどうしても撥水が

弱まるのが早いです。撥水の耐久性はお車の使用方法や保管状況によって大きく異なってきます。

撥水が弱まるタイミングもお車それぞれで一概には言えませんが屋外屋根なし駐車ですと

半年~1年位でしょうか。 屋根有りやガレージ保管されているお車ですと2~3年経過しても綺麗に

撥水している場合もございます。撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんです。撥水が落ちる要因の一つはコーティング被膜に汚れが

蓄積してしまう場合です。この汚れはシャンプーで洗車しても落ちない頑固な汚れです。

その汚れを特殊な溶剤を使って落とすと撥水力が回復いたします。(コーティング被膜が傷んでる場合は

特殊な溶剤で洗っても撥水は回復しません)

ですので艶維持・撥水力維持の為にも定期的なメンテナンスがお薦めです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です