マツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはマツダのマツダ3 ファストバックのボディコーティングです!

マシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKです!

納車ホヤホヤの新車です。皆様も既にご存じの通りモデルチェンジのタイミングでアクセラから

マツダ3に改名されました。初めは“3”が車名なのかと思っていたら“マツダ3”が車名なんだそうですね。

更に今まではアクセラ スポーツと言われていました5ドアが今回からファストバックと呼び名も

変わりました。 もう名前からしてカッコイイんですけどカッコイイのは名前だけではなく

お車の方も勿論カッコイイです!  カッコイイだけではなくて美しい(´▽`*)

マツダがこだわったボディサイドの面への映り込みが美しい~。これは皆様も是非とも実車で

ご確認ください!  綺麗ですよ~(*^^*)

いきなり話がそれてしまいましたが早速新型マツダ3の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ですが曇りが確認できます。

ただ写真だと上手く写らない程度の軽い曇りです(^^;)

ルーフも・・・

少し曇っています。

ボディサイドは・・・

リアピラーの辺りは曇りも気になりませんが・・・

フロントのドアはやはり若干曇り気味でした。

リアゲートは・・・

新車ですので基本的にはお綺麗です。 ただ少しだけ曇っているかなぁ~って感じでした(笑)

実車でもほぼ気にならないと思います(^^)

 

マツダ車は新車でも結構塗装面が曇っている車両が多い印象なんですが、最近品質が上がったのか

安定したのか、はたまたロットの関係なのか最近の車は以前ほど曇りが酷くないです。

今回のマツダ3も若干曇り気味ではありますが以前のマツダ車に比べると遥かにクリヤーで

お綺麗です! お綺麗ですが更に磨いてコーティングするともっと綺麗になります(笑)

と言う事で早速も~っと綺麗にしていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

あまり反応していません! 鉄粉が少ない証拠です(^^ゞ

これまた少し前のマツダ車は新車でも鉄粉が多く付いている車両が多かった印象なんですが(個人の感想です)

こちらのマツダ3は鉄粉も少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

今回は鉄粉が少なかったので鉄粉除去は軽く行いました。

元々少なかったので写真で見比べても違いがわからないと思いますが、せっかくアフターの

写真も撮ったの載せておきましょう(笑)

ボンネットも・・・

リアも・・・

違いがわからず!!(^^;)

鉄粉処理終わりましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きとなります。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

当店では低撥水タイプのコーティング剤と言えばPCX-S7を使う事が多かったのですが

PCX-V110にはPCX-V110の良さ、そしてPCX-S7にはPCX-S7の良さがございますので

低撥水タイプのコーティング剤をご希望のオーナー様とご相談の上でPCX-S7とV-110を使い分けています。

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしたんですが・・・写真ですとあまり変わらないな~(^_^;)

ルーフも・・・

スッキリとしたんですが~(^^;)

施工前と比べてくださいね~(笑)

リアピラーは・・・

元々曇りも気にならなかったんですけど磨くとやっぱり綺麗になります!

ドアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとシャープになりました。

リアゲートも・・・

よりクッキリとクリヤーになっているんですが~(汗) あまり違いが伝わりません(大汗)

 

そしてマシーングレープレミアムメタリックのMAZDA 3 FASTBACKのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。  PCX-V110らしいキラッ!っとした綺麗な艶に仕上がりました!

と言っても写真だと違いが・・・(^▽^;)

光沢感も更に上がっていますのでボディサイドへの映り込みも更にクリヤーにそして綺麗になっています!

私たちコーティング屋さんの人間がボディサイドの映り込みがああだこうだとよく言いますが(笑)

マツダ3はメーカー自らボディサイドへの景色の映り込みに拘って作られ、そしてそれを見てくださいと

宣伝している、まさにマニアにはたまらない車です!

今回のマシーングレープレミアムメタリックですが、あのソウルレッドプレミアムメタリックに続く

「匠塗」シリーズの第2弾となります。金属の質感を追求したカラーとの事です。

光の当たり方でコントラストがハッキリと出るカラーですので走っている時にボディサイドに映り込む光や

景色の移ろいがいっそう味わえるマツダ3にピッタリの色だと思います。 

いや~色々とマニアックな世界ですね~( ̄▽ ̄)

是非走っているマツダ3に映り込む景色の移ろいにも注目してください!

いや~マニアですね~(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です