スズキ スペーシアギアのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ スペーシアギアのボディコーティングです。

ブルーイッシュブラックパール3のスペーシアギアです!

納車間のない新車のお車になります。

スペーシアギアは当店初入庫になります(^_^)/

ブラックという事もあって一見、結構イカツイ印象ですけど見れば見るほど、つぶらな瞳で

カワイく見えてきます(*^^*)

そんなイカツさと可愛さが同居しているスペーシアギアの状態を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車ですけど納車から少し時間が経っています。その間に台風の襲来もあり少し汚れていました。

汚れ自体は全然問題ないんですが、よくよく観察してみると・・・

ボンネットの一部にポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 白っぽくモヤモヤと見えるのが

オーロラマークと言われるものでポリッシャーで磨いた時に付いた微細なキズにライトの光が

乱反射してこの様に光が当るとモヤモヤと見えます。

ルーフは・・・

少し汚れ気味です。ルーフはポリッシャーで磨いたような痕跡はございませんでしたが、

軽い拭きキズのようなスクラッチは確認できました(^^;)

ボディサイドは・・・

ドアノブから雨水と一緒にグリスも流れ出てきたようで汚れています。

それと若干塗装も曇り気味でした。

リアは・・・

こうやって見るとそれ程でもないんですけど、リアも若干曇り気味でございました。

 

ボンネットの一部に加修の痕跡も確認できました。これは新車でも納車前に付いてしまったキズやシミ等を

除去する為に磨いて、そのキズやシミ等を処理しています。 それ自体はよくある事で、よくある事と言うよりも

黒い車は加修していない方が珍しいと思うくらい、よくある事なんです(笑)

問題はその加修の痕跡が残ってしまっている事です。 ちゃんと磨かないと(磨けない作業者だと)磨いた痕跡が

残ってしまいます。 しかも残念な事にこの状態のままコーティングしてしまうディーラーさんもこれまた非常に

多いのが実情で・・・(汗)

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では加修の痕跡いをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲は油分の付着も無く綺麗です。範囲外はちょっと油っぽい様です(^^;)

リアは・・・

もっと油っぽい様です(^▽^;)  ウインドウに油が付く要因は色々とあります。

その一つは油が大気中に舞っている事です。

車から排出されるガスや工場や焼却所、また美味しそうな焼肉屋さんの前を通ると、いい匂いの香りと共に

油も浴びてしまっています(笑)

また自宅の換気扇の近くに駐車している場合も、知らず知らずのうちにサンマのいい香りと共に油も浴びているかも

知れません(笑) から揚げ・天ぷら・野菜炒め・・・要因は沢山です。  ←  食べ物ばっかりかよ(^▽^;)

油自体は大気中に舞っていますので避けようがございません。

ただ、そのまま放置してしまうと頑固なウロコ状の油膜となってしまい簡単には除去する事が出来ませんので

ご注意ください。

話が長くなりましたが・・・

その油分を除去していきます。今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウを綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です! ちなみに当店が使用していますウインドウコーティング剤は

撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!   ← 軽く宣伝です(笑)

 

次はボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然伝わりません。

鉄粉自体は少なかったので今回はケミカルを使用しての軽めの鉄板処置をいたしました。

それが済みましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。  もちろん加修痕もスッキリと処置いたします!

 

そして磨きが終わりましたら、コーティングです!

今回使用致しましたコーティング剤は・

最近登場の機会が多いカービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました~!

もちろん加修の痕跡も・・・

綺麗に無くなりました(^_^)/  白くモヤモヤと見えていたオーロラマークともおさらばです(笑)

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドは・・・

曇りも取れてよりスッキリとしました!

ただ雨が降ると、どうしてもドアノブ等からまた雨水と一緒にグリスが流れ出て来るかと思います。

お車が新しければ新しい程、沢山出てきます。ある意味、新車の証ですけど、困った証でもありますね(^^;)

そしてリアは・・・

こちらも曇りが無くなって、より綺麗にライトが写り込むようになりました。 スッキリです!

そしてブルーイッシュブラックパール3のスズキ スペーシアギア、新車コーティング完成いたしました。

いかがでしょうか。 光沢も上がり艶々に仕上がっております(´▽`*)

施工前と比べると、なんと申しましょうか?ボディがスッキリと言いますかクッキリといいましょうか?

ボディラインがクッキリとシャープと言いましょうか?? 上手く言えませんがとにかく見た目の印象が

スッキリとしたと思います(笑)  上手く言えなくてすいません(^▽^;)

上手くは言えませんが愛車とご対面されたオーナー様も『おっ!ピカピカだぁ!!』とお喜びになられて

おりましたので言葉では伝わらない何かが伝わったのだと思います(笑) いゃ~良かった~!(^^)!

 

最近の軽自動車は本当に良くできています。 こちらのオーナー様はミラジーノからの

お乗り換えだったそうですが同じ軽自動車とは思えない程広くて快適だそうです。

ホント最近の軽自動車は広いし荷物もいっぱい入るし静かだしで、これ一台で大抵の事は

まかなえてしまいます。特にスペーシアギアはギアって名前からしてアウトドアにもピッタリです!

BBQなんて最高です!でも焼肉は気を付けてください。  油飛んでますので(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です