クールグレーカーキのXVにメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのXVは今年の4月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

7ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。

ご覧の様にご入庫時は雨でしたので濡れております(^^;) 濡れていますので塗装面の状態が

ビフォー&アフターで比べられませんが(汗)ビフォー&アフターでご紹介していきます(笑)

ご参考程度で比べてください(^▽^;)

まずはボンネットからです。

コーティング施工から7ヶ月経過していますが、撥水がまだまだ効いております!

屋外の屋根なし駐車との事ですが撥水が長持ちしていてオーナー様も少し驚いていましたが

それ以上に私の方が驚いていたのは内緒です(笑)

アフターです↓

洗車キズのようなスクラッチはとても少なかったです。ただメンテナンスでも落ちなかった細かなシミが

やや多く残ってしまいました。

ルーフは・・・

こちらも撥水が効いてますね~(*‘∀‘)  7ヶ月経過のリアルな撥水状況です!

ただ撥水の耐久性は車の保管や使用状況、はたまたお手入れ状況等により大幅に左右されます。

こちらのXVはいずれも、いい環境なのでしょうね(^_^)

アフターです↓

こちらも細かなシミは残っていますがサッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

バリバリに撥水しています(*’▽’)  いゃ~気持ちいいですね!

アフターです↓

水玉が無い分スッキリとして逆に物足りなく感じてしまいます(笑)  状態は良好でございました!

しかしどうしても・・・

ドア下部にはドア内部を通過して出てきた雨水で黒っぽく筋が付いてしまいます。

これはドア内部に塗っているグリスが雨水と一緒に流れ出てきてしまうので防ぎようがありません(^^;)

グリスですので普通の水アカと違ってシャンプー洗車では落ちない事も多いので、そのような時は

メンテナンス剤等で優しく拭いてください。

優しく拭くと・・・

こんな感じに綺麗になります(^^ゞ

それと・・・

つい見逃してしまいがちな給油口です。 給油時に気になるんですけど蓋を閉しめた瞬間に

忘れてしまいます(笑)

アフターです↓

これで給油時も気持ち良く給油できると思います(^_^)/~

そしてクールグレーカーキのスバルXV、ボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

メンテナンス前の写真が雨で濡れている状態でしたので単純に比較できませんが

艶々に仕上がっております!

各部のアップで見て頂いたように近くでよ~く見ると細かなシミは残っていますが

クリヤー感や光沢感はまだまだ健在です(^_-)-☆

話は変わりますがXVは今年の秋に行われた一部改良で2L車は全車ハイブリットの

e-BOXERになったそうですね。 オーナー様に教えて頂きました(笑)

これから先ますます世界規模で燃費規制が厳しくなっていく様です。

欧州での2021年の燃費規制は24,6km/Lだそうです(゜o゜)

24,6km/Lはメーカーの平均燃費で販売しているモデルの平均燃費という事になります。

こうなって来るとやっぱり今後はハイブリット車が主流となっていくんでしょうね。

その後も数年おきに燃費規制が厳しくなっていくそうです。そうなるとやはりハイブリットが

普通でEVモデルも増えていくんだと思います。

私は古い人間ですのでガソリンエンジンが好きです(笑)ガソリンエンジンを楽しむのも

もしかしたら今が最後のチャンスかも知れません!

ガソリンエンジン好きの方は今のうちに楽しんでください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です