トヨタ シエンタのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ シエンタのボディコーティングです。

H28年式のトヨタ シエンタです! こちらのシエンタは新車ご購入時に当店でボディコーティングを

施工させていただきましたお車になります。

あれから早3年半、もうそんなに時間が経ったんですね(^^; まだ最近のような気がしていました(笑)

今回は再施工のご依頼です。 ありがとうございますm(__)m

ではコーティング施工から3年以上経過いたしましたシエンタ君の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

シミや洗車キズがとっても少ないんです!ビックリです!!

でも若干クスんでいてライトの映り込みがモヤモヤとしています。

ルーフも・・・

少し汚れていますけどシミやスクラッチが少ないです(*”▽”)

サイドも少しクスんでいてモヤけていますね(^^; それ以外はとってもお綺麗です!

リアも・・・

3年以上経っているようには感じません(^_^)/

ホイールは少しだけ汚れ気味でした。

 

見て頂きましたように3年経過を感じさせないほど良好な状態を維持しております! 素晴らしい!!

普段は屋根ありの駐車場の中に置いてあるそうですけど、それにしてもお綺麗です。しかも洗車は

あまりしていないとの事ですので2度ビックリです(笑)

状態は良好ではございますが3年以上経ったのでリフレッシュをとの事ですので

更に新車に近づけていきたいと思います。では作業開始~!!

 

その前にまずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

さすがに3年以上経過していますのでワイパーの払拭範囲内は撥水が落ちています。

でも払拭範囲外はまだコーティングが効いていました(*”▽”)

実は当初、オーナー様はウインドウ全面の再施工をご希望でしたが、サイド面のウインドウは

シミもなく撥水もまだまだビンビンに効いていましたのでフロントとリアのみとしました。

撥水が効いていてもシミが付いていましたら再施工でもいいんですがシミもなく撥水も効いているで

再施工はまだもったいないのでサイドは次回、または更にその次のメンテナンス時にしましょうと!

相なりました(^_-)

とお話ししている間にウインドウコーティングが完成したようです。では完成を見てみましょう↓

完成です! 気持ちよく水玉が流れています! ウインドウコーティングの耐久性は

ノーマルのワイパーブレードですとフロントウインドウで半年~1年位が目安です。

あくまでも目安でワイパーの使用頻度や保管状況などにより全然変わってきます。

ワイパーブレードを撥水ワイパーに交換していただくとコーティングの耐久性が大幅に

伸びます。またワイパーのビビり防止にもなりますのでフロントウインドウをコーティングしましたら

撥水ワイパーに交換することをお勧めしております。

またサイドウインドウでしたら1年~2年位が目安となります。

こちらのシエンタ君のサイドウインドウは3年経っても再施工が必要ないほど効いていました!(^^)!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

沢山反応いたしました(^^;

リアも・・・

多めでした。

シミやスクラッチは少ないんですけど鉄粉はやや多めですね(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

いいですね~。

リアも・・・

いい感じです(^_-)

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

マスキングは“磨きたくない場所”やコンパウンドの粉が入り込まないようにマスキングをします。

逆に痛みがひどい塗装や古い塗装、また再塗装の部位など状態によってはあえてマスキングをしないことも

ございます。

マスキングをする場所や、マスキングのやり方が施工者によって意外と違いがあるんです。

それは施工者の経験や癖、そしてマスキングの考え方によって違いが生まれるんだと思います。

いっぱいマスキングをしているからいい訳でもないですし、マスキングが少ないから悪い訳でもないと

思います。 施工者のスタイルの違いですね(*^_^*)

話が逸れましたがマスキングが終わりましたら磨いていきます。

今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

ボディサイドも・・・

映り込みがスッキリとシャープになりました。

リアも・・・

クリヤーに仕上がりました!

ホイールもタイヤも艶々にしましたら・・・

トヨタ シエンタのボディコーティングが完成いたしました!

ご入庫時もとても良い状態でしたが、それでもクスミを除去しコーティングしたことで

より透明感ある艶々ボディに仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『やっぱりいいですね~』と、とてもお喜び頂いたご様子でした。

ありがとうございます。

コーティングから3年経過でもお綺麗でしたので、この先3年間もきっと綺麗だと思います(笑)

この感じのまま何時までも大切に乗りください!

 

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です