プリウスαのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスαのボディコーティングです。

H27年式のトヨタ プリウスαです!

アティチュードブラックマイカと言うマイカ入りのブラックです。

こちらのプリウスαは昨年ご購入されたとの事です。以前より毎年この時期に愛車を他店にコーティングに

出していたそうですが今年は当店をお選び頂きご来店くださいました(*^^*)  ありがとうございます。

では早速ですが初期登録より5年経過いたしましたプリウスαの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

5年経過との事でシミが多いかと覚悟していたのですが・・・正直思っていたより全然少なかったです。

スクラッチも少なめですね。 ただやはりクスミが進んでいるようです(^^;

↓もボンネットです。

スクラッチです。付いているのは付いていますけど5年経過した黒い車でこの程度でしたら

少ない方なんです!

ルーフは・・・

ボンネットに比べると明らかにシミが多くガサガサです(^▽^;)

何故なんでしょう??

ボディサイドは・・・

シミは少ないんですが細かなスクラッチが多いですね(^^;)

それとオーナー様もご購入時に気になったそうですが・・・

細かな線キズが多いんです。 ここ以外にも数か所に気になるような線キズが付いていました。

幸い見た感じではそれ程深いキズではなさそうです。

リアは・・・

こちらもスクラッチが気になりました。

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチが気になりました。 それとオーナー様もご購入時に

気になった細かな線キズも多かったです。ご購入時に線キズも気になったそうですが

中古車だからと割り切ってご購入されたそうです。でもやっぱり気になるようです(^^;

分かっててご購入されても気になるものは気になります(笑)

でも諦める事はございません! もちろん限界はございますが磨けば結構キズが消せるんです(^_^)/

たとえ完全に消えなくてもキズのエッジを丸めるだけでも意外と線キズって目立たなくなります。

諦める前にまずはコーティングです!  って言いますかキズを消すのはコーティングじゃなくて

磨きなんですけどね(笑)

という事で早速ですが磨いてコーティングしていきましょう(^_^)/~

作業開始~!!

 

まずはボディを磨いてコーティングしていく前にウインドウを磨いてコーティングしていきましょう!

↓は現状です

元々何か撥水が掛かっていたような感じです。それが落ちてこの様な感じになっています。

弱まっている撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

そしていよいよボディを磨いてコーティングしていくんですが、いきなり磨くのではなく

磨くまでの段取りがございます。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の不純物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが毎度毎度の事ですけど・・・

黒い車ですと紫色に反応していても、よくわかりません(^^;

実物で見ると何となくポツポツと確認できるんですが写真だとわかりません!!  すいません!!

リアも・・・

わかりません!! (キッパリ)

ちなみに毎回鉄粉の除去作業と言っていますが実は鉄粉以外にも色々な不純物が車には付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても異物除去作業は必要なんです!

当ブログでの鉄粉除去作業とは鉄粉を含めた異物除去作業と思ってください。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わらず全然わかりません(^▽^;) 毎回黒い車の時は鉄粉除去のご紹介は止めようかと

悩むんですが、せっかく撮ったので結局毎回ご紹介しています(笑)

リアもやはりわからないと思いますが・・・

一応ね!(笑)

そしてマスキングをして・・・

やっと磨きになります!

ここまでがボディを磨くための準備になります。

そして今回の磨きのプランですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。

当初オーナー様はエクストラプランの上のプレシャスプランをご希望でしたが毎年コーティングを

掛け直すご予定との事を伺いましたのでハードな磨きのプレシャスプランより塗装の研磨量を

抑える為にエクストラプランの方をお勧めさせていただきました。

ハードな磨き(研磨量が多い)はキズやシミがより多く除去できますが、その分塗装の研磨量が

多くなります。多くなるという事は塗装が薄くなることでもございます。

毎年磨くと塗装が無くなってしまう・・・そうならない為にミディアムポリッシングの

エクストラプランになりました。

 

磨きが終わりましたらいよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がチョイスいたしましたのは、やっぱり水玉撥水が好き!という事で・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です!  私も水玉撥水が好きです(笑)

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリとしました(^_^)/

もう一つボンネットも・・・

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました!

ガサガサでしたルーフは・・・

スベスベになりましたよ~(^_-)-☆

今回はミディアムポリッシングのプランでしたが、だいぶ綺麗になったと思います。

深いスクラッチやシミの輪郭など残っている所もありますが艶々に仕上がっています!

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチが無くなって綺麗なりました。

線キズは・・・

ここはほぼ除去できています。

他の部位の線キズもだいぶ除去できた&ほぼ気にならない程度まで仕上げられました。

リアも・・・

クリヤーでスッキリとしました。

クスミが取れたことでマイカの粒子もキラキラと輝いています!

そしてアティチュードブラックマイカのトヨタ プリウスα、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗に仕上がりました(^_-)-☆

艶感なら新車にも負けていないと思います。 クリヤー感、艶感そして黒さが違います!!

オーナー様も『うわぁ~凄いな!凄いな!! 今までのコーティングは何だったの??』と、今までのコーティングとの

仕上がりの違いにお喜びになられておりました!   ありがとうございます。

コーティングはよく”下地“が大切だと言います。ここで言う下地とは塗装面の事なんですが、

塗装面がスクラッチやシミだらけだったり、曇っていたりクスんでいたり・・・

いくら高価でいいコーティング剤を傷んだ塗装面に塗ってもお車は綺麗になりません。

少しは艶が出るかなぁ~(^^;) その程度です。

お車を綺麗にするのはコーティング剤ではなくて”磨き“なんです! 綺麗な塗装面に塗ってこそ

コーティング剤は本来の力を発揮します(^_^)/

ですのでウインドウコーティングもボディコーティングも下地作りが肝心です!!

コーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください。

 

 

あっ!そうそう。そう言えば『カービューティープロ カラーズ』はコーティング専門店らしいですよ!

お待ちしております(笑)    ( ̄▽ ̄)

 

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です