アウディA5ご入庫です。

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回ご紹介致しますのはアウディA5のボディコーティングでございます。

 

DSC09130

とてもお綺麗に乗られております!大切に乗られているお車は一目でわかります!!

でもオーナー様は艶が引けてきたのが気になるとの事で今回ご入庫いただきました。

では細かく見ていきましょう!

DSC09194

ルーフです。

DSC09141

こちらはボンネットです。艶が引けてくる原因の一つは塗装面の汚れです。

上の2枚の写真をよ~く見て頂くと分かるのですが、ライトの周りが白くくすんでいます。

コーティングをしてあっても汚れは蓄積されていきます。蓄積した汚れが固着してしまうと

シャンプー洗車程度では落ちません。軽い状態でしたらメンテナンスで綺麗にリフレッシュできますが、

酷い場合はコーティングの再施工をすることをおススメいたします!

話が少しそれましたがこのくすみが艶や透明感の無いボヤッっとした感じのボディになってしまうのです。

エンブレム回りも汚れが蓄積してます。

DSC09152

DSC09154

せっかくの3.2が汚れていると3.2↘って感じに見えません?

DSC09162

DSC09163

ガラスのウロコを気にしておられました。雨の日は見にくいんですよね~。

それともう一つ気にされていたのは・・・

DSC09148

グリルのシミです。これも落ちないんですよね~(涙)

最初にも書きましたが、とても綺麗なお車で無理やりアラを探したような感じですが、

逆に綺麗ですので 余計に細かな所が気になってしまいます。

では作業はじめます!

まずはホイールからです。お手入れされているのでしょう。ブレーキダストも少ないです。

DSC09137

DSC09161

DSC09215

洗浄後、ホイールコーティングしてピカピカです。焼き付いているしつこい汚れなど

残っておりますがスッキリ・ピカピカです! 続いては鉄粉を確認してみましょう。

まずはボンネットからです。

DSC09173

意外と少ないです。

DSC09180

ドアです。黒いブツブツが鉄粉です白やシルバーなどは、よ~く見るとよ~く見えます!

DSC09179

専用クリーナーを吹き付けてみました。紫色に変色しているのが鉄粉です。

クリーナーだけでは 鉄粉は落ちませんのでネンドを使い鉄粉を除去しました。

その後に磨いていきます。

DSC09188

磨いた後は脱脂致します。磨きに使うコンパウンドには油が入っておりますのでそのまま

コーティング剤を塗布致しますと定着致しませんのでキッチリと脱脂致します。

ちなみに脱脂いたしますと綺麗な親水性になります。

DSC09209

脱脂を行ったのちコーティング剤を塗布致します。今回使用致しましたのは・・・

5

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水のPCX-S8を使用いたしました。

施工したボディは・・・

DSC09276

DSC09258

施工前の写真と比べて頂くと分かると思いますが、映り込んでいるライトの周りがくすみが

無くなりハッキリとシャープにライトが映り込んでます。透明感も違います。

塗装を磨くことで塗装表面の汚れやキズを取り、更に平滑化することで艶や透明感が蘇るのです!

もちろんエンブレムも綺麗に!

DSC09219

DSC09229

3.2⤵が3.2⤴になった感じですね!?やっぱり3.2ですよ!!

ガラスのウロコもだいぶ綺麗になりました。

DSC09249

DSC09222

もちろん仕上げはウインドウコーティングで決まりです!!

3

グリルもシミが目立たなくなりました。

4

完成!

9285

いかがでしょうか?元々お綺麗でしたので写真ですと違いが分かり難いんですが、

引き取りに来られたオーナー様は一目見るなり”艶が違うね!綺麗になったよ~”

とおっしゃっていられました。  嬉しいです。ありがとうございます!

ホイールもウロコもグリルも綺麗になったとお喜びでした!

オーナー様とお話していると、お車をとても大切にしているのがヒシヒシと伝わってまいります。

その大切なお車を私に任せて頂きとても嬉しかったです。感謝いたします。

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

09381

C09382

09379

09331

09394

09389

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です