アバルト695 70°アニヴェルサリオのコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアバルト 695 70° ANNIVERSARIOのボディコーティングです。

アバルト創業70周年を記念して昨年発売されました限定車、アバルト695 70°アニヴェルサリオです!

世界限定1949台で日本への正規輸入は限定202台だそうです。

今年の初めごろにアバルト695 70°ANNIVERSARIOをご紹介しましたが、そのお車とは

別のお車になります。世界限定1949台、日本への正規輸入は202台、そのうちの2台が

当店にご入庫されるなんて・・・幸せです(*´▽`*)

ちなみに前回ご紹介しましたアバルト695 70°ANNIVERSARIOは5MTでしたが、

今回のお車はATモード付の5速シーケンシャルトランスミッション です。

外観での違いは・・・ございません(^▽^;)

では納車間もない新車のアバルト695 70°ANNIVERSARIOの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日の納車されたばかりですけど、所々にシミも確認できました。

ルーフも・・・

よく見ますとシミが確認できます。それとルーフはチェッカーフラッグ模様なんですけど

白い部分はステッカーなんです。その白い部分には水アカが結構付いていて

少し黒ずんでいるんです(^^; 前回のアバルト695 70°ANNIVERSARIOも同じ感じ

でしたので納車までの保管場所の問題なのでしょうね(^^;

ボディサイドは・・・

ちょこっと汚れてはいましたがお綺麗ですね!

しかしリアは・・・

磨きキズが残っていました(^^;

ホイールは・・・

まだそれほど走行していませんがブレーキダストが多く付いています(^▽^;)

ハイパフォーマンスカーは仕方ありませんね! これも高性能車の証です!!

 

全体的に見ますと新車という事もあってお綺麗な感じでしたがボンネットとルーフには

軽いシミも散見できますし磨きキズなども確認できました。

新車でも磨きキズが入っているお車は実は非常に多く全然珍しい事でもありません。

納車前に付いてしまったキズ等を磨いて直した時に付いてしまったのだと思います。

ある意味納車前に磨いてキズを直す事はしょうがない事ではあるとは思いますが問題は

その磨きがしっかりと行われていなくて磨きキズが残ってしまっている事だと思います。

やはり新車ですから気持ちよく乗りたいです!

でもご安心ください。しっかりと磨けば磨きキズも除去出来てスッキリと気持ち良く

仕上がります。 そんなスッキリボディを取り戻すべく作業を開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油分の付着があるようで水を弾いていました。

しかし油分の付着があろうがなかろうが磨いてリセットしますので

問題ございません(笑)

磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

↑はボンネットです。 新車なんですけどやはり結構多いですね(^^;

先ほども少しお話ししましたがルーフも鉄粉が多かったです。

リアは・・・

ボンネットに比べますと少なめでした。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました!

リアも・・・

綺麗です!

その後、作業はマスキングへと進みます。

進みました!

マスキングしていない所も実は残っているんですけど、そこは敢えてです(笑)

磨く直前にマスキングをして磨いたら直ぐに剥がしたりして作業します。

普段あまりブログでは書いていませんが、そんなやり方もしています。

ごく稀にマスキングをし忘れていて写真を撮る事もございますが(^▽^;)

不思議と写真撮るときには気が付かないんですよね(汗)

磨く時にマスキングをするので問題はないんですけど、私的に“ゲッ!写真もう撮っちまった”と

後悔しています(笑)

話が逸れましたが今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもここまでしてから

コーティングをしています(^_^)/

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回も樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

フロントアンダーグリルのビフォー↑とアフターです↓

黒さに深みと艶が増しボディを引き締めてくれます!

その他の樹脂パーツにもコーティングしました。例えば・・・

ここです。新車ですが ア、アレ??既に白っぽく褪せているような・・・

オーナー様も気にされておりました(^^;

アフターです↓

だいぶ良くなったと思います(^.^)

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリとしました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ! 白いステッカー部の水アカもスッキリ綺麗になって“白”になりました。

ボディサイドも・・・

いい感じです(*’▽’)

磨きキズが残っていましたリアも・・・

しっかりと磨いて磨きキズを除去しました!

つるつるで気持ちいいです(笑)

ホイールは・・・

マッドブラック調の色はコーティングをすると若干艶が出でしまいますが、それほど大きく印象が

異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてアバルト 695 70° ANNIVERSARIOの新車コーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。新車ですので元々艶もあってお綺麗でしたが細かなシミやスクラッチ

水アカ等を落としコーティング剤で仕上げますと新車を上回る艶とクリヤー感に

仕上がります(^_-)-☆

オーナー様もお喜びいただけたご様子でした。 ありがとうございます。

こちらのオーナー様はアバルト 695 70° ANNIVERSARIOの購入申し込みに漏れてしまって

諦めていたんだそうですが、なんとキャンセル待ちが回ってきてご購入できたそうです!

ラッキーです(*’▽’)  これもきっと何かの縁だと思います!

レアなお車ですので是非とも何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です