樹液だらけ (;゚Д゚)

 

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

少し前の事なんですが、嫁さんからメールで1枚の写真が送られてきました。

これがその写真です↓

1435725148917

ん?なんだこの白い汚れは?

メールの本文には、ごめん、樹液が・・・と添えられていました。

樹液ですか!凄いなぁ~!!

しかもベタベタしているそうです(涙)

しかし洗車してあげる時間が無くしばしそのままに・・・。

 

後日(1週間後くらい?)やっと洗車する時間がとれました。

あらためて良く観察して見ると・・・

DSC02026

リアウインドウも・・・

DSC02029

バンパーも・・・

DSC02028

サイドも・・・

DSC02037

ルーフも樹液だらけです。

DSC02043

ボンネットはただの汚れです。

木の下に1日駐車していたそうです。フロントは木の下から出ていたので大丈夫だったようですね。

1日といっても9時間くらい。それでこの樹液の量ですよ!ビックリですね~。何の木だったのでしょう?

皆様もお気を付けください。特にこれからの季節は日が当たらないように木の下に駐車してしまいたく

なってしまいますが、車に戻ってきたら樹液だらけ・・・なんて事にならないように!

 

今回は樹液が付着して1週間くらいたってしまったので、樹液が乾いてベタベタは無くなっていました。

時間がたっていたので洗車で落ちるかチョット心配でしたが・・・

 

DSC02047

おぉ!いいんじゃないですか!

DSC02051

いいですね~。

DSC02049

ピカピカです!

DSC02063

ルーフもスッキリ!

DSC02069

もちろんボンネットも綺麗になりましたね。

DSC02073

無事洗車だけで見事復活しました! よかった~!!

先にも書いたように樹液が付着してから時間がたっていたので、シミになっていたらイヤだな~

なんて思っていたのですが、大丈夫でしたね。

やはりこれもボディコーティングのおかげだと思います。コーティングしてあることで塗装を保護してくれて

こびり付きも防止してくれたのだと思います。

ちなみに嫁さんのモコはEXE-2000でコーティングしております。

 

このブログでも何度かお話しておりますが、鳥糞と樹液は注意が必要です。鳥の種類や樹液の種類にも

よりますが酸性の強い物でしたら、たとえ強靭なコーティングでボディを保護していても、

数日で塗装を痛めてしまいます。それ程強烈な塗装破壊力があります。程度にもよりますが、

シミが出来た程度でしたら磨きで復活する事もできますが、痛みが進行してしまうと塗装が割れて

しまったり浮いてきてしまったり・・・そうなるともう磨きではどうする事も出来ません。

再塗装が必要になってしまいます。そうなる前に鳥糞や樹液(木の実なども)の付着を見つけたら

とにかく早めに除去してください。 っと言いつつ私は1週間くらい洗車できませんでしたが(汗)

 

今回のようにボディ全体に汚れが付着した場合は洗車してしまった方がいいですが、鳥糞や虫の付着など

のワンポイントの汚れにはこちらの・・・

DSC02871

マルチイオンクリーナーR-eco1が便利でお薦めです。こちらを汚れにスプレーして拭き上げて下さい。

しつこい汚れには、クリーナーが汚れに良く浸透して柔らかくなるように数分間待ってから拭き上げてると

いいですよ。

このクリーナーは有害物質を含んでいないので環境に一切悪影響を与えません。

これ油汚れも良く落ちるのでキッチン回りにもお薦めです! R-eco1の詳しい事はこちら

こちらの商品当店でも販売しておりますが、カービューティープロの通販でも購入可能です。

通販はこちらから。

樹液のお話から最後はまさかの商品の宣伝で締めくくりになりましたが、R-eco1以外にもスポンジや

セーム、はたまた各種メンテナンス商品なども販売もしておりますので是非ご利用下さい!

(まだ宣伝するか!! )

 

 

DSC02082

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です