マツダ・デミオのウインドウコーティングです!!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回ご紹介致しますのはマツダ・デミオのウインドウコーテイングです!

DSC05367

デミオと言えばやはりソウルレッドかパールホワイトが多いですが、こちらのオーナー様はそこは

あえて外してのブルーリフレックスにされたそうです!

ブルーリフレックスは落ち着きがあり、ソウルレッドやパールホワイトとはまたひと味違う印象に

なりますね。落ち着いた中にも迫力が出るとてもいい色だと思います。かっこいいです!!

 

数か月前に納車された新車でその時にボディはコーテイングしてもらったそうですのでお綺麗です!!

ただウインドウが・・・

少し前に某所にてウインドウコーティングをされたそうですが、下地処理をきちんとやらずに

撥水剤を塗ったようで見にくいそうで今回当店にご来店いただきました。ありがとうございます。

 

では状態を確認してみましょう!

まずはフロントウインドウです。

DSC05376

DSC05394

この様な感じのシミが付いたままの状態で撥水剤を塗ったようです。サイドとリアはシミはそれ程多くは

ありませんでした。

更に!ウインドウの内側の汚れが気になったオーナー様は市販の拭き筋が残らないクリーニングシート?

でクリーニングしたら拭き筋が付いて余計に見えずらくなってしまったそうです。

DSC05405

DSC05408

上の写真は汚れ(拭き筋)が良く見えるようにカメラの露出を調整したのでかなり白っぽくなってますが

実際は・・・結構酷かったです(汗) これでは確かに視界不良ですね。太陽の位置やライトの光の

入り方によっては露出を調整した上の写真のように拭き筋がはっきりと見えていたと思います。

 

では作業開始です!

撥水処理しているので撥水はしてますが少し効果が低下してきているようです。撥水が低下してくると

余計に視界が悪くなりますのでお気を付け下さい。

DSC05377

↓撥水剤の拭き残しでしょうか?

DSC05387

まずガラスを洗うのですが、洗っているとリアウインドウがやけにザラツキを感じました。

ガラスをネンド掛けをして異物など除去するのですが、リアウインドウだけかなり汚れが付着して

いました。  ↓ネンド掛け前のネンド。

DSC05383

↓ネンド掛け後のネンド。

DSC05385

リアウインドウだけでこれだけ汚れが取れました!

その後にマスキング。

DSC05389

DSC05392

そして下地処理!

DSC05397

油膜が取れたガラスは水を掛けると・・・

DSC05399

DSC05401

水がガラス一面に均一に広がります! このままですとすぐにまた油膜が付いてしまいます。

そこで!ガラスにはガラス専用コーティング剤PGS-33でコーティングしてあげましょう!!

DSC05440

最後に撥水チェックして完成です!

DSC05484

フロントも・・・

DSC05486

リアも! そして写真は 撮り忘れた(汗) 撮りませんでしたがサイドも綺麗に水を弾いております!

DSC05449

DSC05496

雨シミも綺麗に落ちてますよ~!

オーナー様が気にされていた窓の内側の汚れも綺麗になりました。

DSC05458

DSC05452

DSC05431

オーナー様はガラスが綺麗になってとてもお喜びでした。もう変な物でガラスは拭かない!っと

宣言されてました。 市販で色々なクリーナーやらクリーニングシートやらが売られております。

どの製品にも魅力的な売り文句が書かれており試したくなりますよね~。私もそうです!

内窓拭きは、私もこのお仕事を始める前は色々な製品を試したものです。

どれもいまいちでしたが(笑)

 

こちらのオーナー様は毎日箱根を走っているそうですが(お仕事で!)それでもリッター20km

くらい走るそうです!凄い!! ディーゼル恐るべし! ディーゼルにしてホントに良かった~と

おっしゃってました。 確かにこれだけ走れば最高ですね!

燃費よし!走りよし!もちろんスタイルよし! のデミオでした!

 

アッ、視界もよしだった!!

 

DSC05433

DSC05436

DSC05461

DSC05485

DSC05429

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です