レガシィtSボディコーテイング編です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回は前回に引き続きスバル・レガシィtSのご紹介です。前回はヘッドライトのクリーニングと

ウインドウコーティングをご紹介致しましたが、今回はいよいよ?ボディコーティング編を

ご紹介いたします。

DSCN0910

引きのお写真ですと汚れがわかりません。でも近づいて見ると・・・

DSCN0908

黒い筋がダラダラと・・・

DSCN0899

ボンネットは黒くすすけているような感じです。

DSCN0907

フロントのアンダスポイラーも白くなり、なんか締まりがないです。

DSCN0905

DSCN0906

ホイールも汚れております。

更に細かくチェックしていきます。

DSCN0990

ボンネットはシミだらけのキズだらけでガッサガサの状態です (・_・;)

DSCN0979

ルーフも同じようにガッサガサのキッズキズです!

DSCN0985

ボディサイドはボンネットほどではありませんが・・・シミが多いです。

DSCN0977

ドアノブはしょうがないですね。

DSCN0996

ピラーも艶がありません(涙)

全体的にだいぶ汚れとシミが多く、楽しい作業になりそうです! では作業を進めていきしょう!!

いつものように洗車後に鉄粉チェックです。専用のクリーナーで確認しますよ~。

DSCN0945

鉄粉が紫色に反応してますね。汚れていた割には意外とすくないです。

DSCN0962

鉄粉除去後です↑ そしてマスキング↓

DSCN0992

この後に磨いてまいります。今回は塗装面がシミシミのガサガサでしたのでしっかりと磨いて

仕上げました!そして今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

DSCN1546

DSCN1127

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8を使用致しました。

PCX-S8の詳しい事はこちらからどうぞ!

では各部の仕上がりを見ていきましょう。 まずはホイールです!

DSCN1034

DSCN1035

艶も出て綺麗なシルバーにもどりました!

DSCN1129

ボンネットです。ガサガサのシミシミだった塗装肌が艶のある肌に変身です!

DSCN1075

ルーフもいい感じです。

DSCN1084

サイドもいいですね。

DSCN1142

ドアノブのキズも目立たなくなりました。

そして今回はピラーをカーボン調でラッピング致します。

DSCN1000

それとドアミラー部の黒樹脂部も色褪せが進んでいましたので・・・

DSCN1037

樹脂コーテイングを行い完成です!!

DSCN1220

白さが戻り艶のあるボディになりました。お車は汚れていると質感が低く安っぽく見えてしまいます。

白い塗装は白く、黒いパーツは黒くすることで質感の高い張りのあるボディに変身致します!!

 

引き取りに来られたオーナー様は、これ俺の車?エッ、マジで~~!!と連呼しておりました (^_^)

間違いなくお客様のお車ですよ~。

喜んでいただいているお姿を見ていると私もとても嬉しくなります!  ありがとうございます。

 

こちらのレガシィですが、パッと見はノーマルな感じです。でも実は結構いじってあるんです。

見る人が見るとわかるような、とてもまとまりのある綺麗な仕上がりです。塗装面は汚れてましたが(笑)

私もこの様な感じのいじり方が好きで、一見はノーマル、でも走ると違うぜェ!!に憧れます。

ちなみに私のエクシーガは一見ノーマル!走るとドノーマルな仕上がり具合です!!     (^_^;)

 

DSCN1159

DSCN1172  DSCN1166  DSCN1176

DSCN1054

DSCN1260

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です