トヨタ・アクアのボディメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

今回はトヨタ・アクアのボディーコーティングメンテナンスのご紹介です。

DSCN1278

当店で今年の3月にボディーコーティングを施工させていただいたお車です。

それから早8ヶ月です。

 

では8か月後の状態を確認していきましょう!!

DSCN1286

まずはホイールです。それ程汚れてはいませんね。

DSCN1281

DSCN1284

所々に雨の通り道が出来てます(涙)

DSCN1282

ドアノブの上にもくっきりと水アカが!!

ここ最近あまり洗車されていなかったそうで汚れております。でもしつこくこびり付いている

水アカの感じではありませんでした。

 

では作業を開始致しましょう。

まずは優し~く洗車します。オーナー様が鉄粉が多そうだったらSPメンテナンスでとご要望でしたので

洗車後に鉄粉をチェックします。

DSCN1294

ボンネットも・・・

DSCN1295

リア回りも結構鉄粉がついておりますのでSPメンテナンスで進めさせて頂くことに致しました。

鉄粉も汚れも早めに処置することお薦め致します。鉄粉をそのまま放っておくと茶色くプツプツと

斑状になります。特に白いボディだと目立ちます。そうなる前に早め早めに処置しましょう。

DSCN1305

DSCN1298

↑鉄粉除去後です。メンテナンスの場合は鉄粉除去後に磨きを入れませんので、除去する時にキズが付

かないように優し~く除去していきます。

トラップネンドはキズが付くのでメンテナンス時には使いません!!

洗車後に撥水状態を確認すると・・・

DSCN1313

ボディサイドはまだまだピンピンに弾いてますが・・・

DSCN1317

ボンネットとルーフは撥水が弱ってきています。ボンネットやルーフは紫外線などの影響を

受けやすい為、水平面からどうしても弱まって来ます。特にボンネットはエンジンからの熱も

受けるので厳しいですね。

ですので低下したコーティング被膜を早めにメンテナンスして上げる事が大切です。

ホイールも前回にコーテイングしてありました。

DSCN1330

ホイールも熱がかかるのでコーティングには厳しいんですが、まだコーティングは効いてます!!

それと今回はフロントのスポイラーを交換されたので・・・

DSCN1287

スポイラーを再コーテイングのご依頼です。

その他はメンテナンス剤を使いボディを仕上げました。

DSCN1344  DSCN1349

雨の通り道もスッキリと綺麗に!

DSCN1346

ドアノブの上のくっきりした水アカも綺麗になりました。

そして完成!

DSCN1376

ご入庫時は水アカで汚れておりましたが、コーテイングがキッチリと効いておりましたので洗車の

段階で水アカは簡単に落ちました。

水平面の撥水力は落ちて来てましたが、撥水しない=コーティングが完全に落ちた訳ではございません。

コーティング表面が荒れてくると撥水力は落ちます。この荒れた面をメンテナンスすることで

撥水力や艶を取り戻してあげます。

でも、撥水しない=コーティングが完全に落ちてる場合もございます(T_T)  そのような場合は

再コーティングをご検討頂く時期かと思います。

 

大人気のアクアですが大人気なだけあって街中でもよく見かけます。でもこのフロントスポイラーを

付けているアクアはあまり見かけませんよね?  スポイラーが付いていると表情が大きく変わって

迫力が増してます!!   このスポイラーを装着しているからでしょうか?なんとなく86に似ている

と思うのは私だけでしょうか?

なかなかスポーティーな感じに仕上がってます。 このアクアでしたら街中でよそのアクアに

遭遇しても   フフッ 俺のアクアはちょっと違うゼェ! 感を満喫できますね!!

とてもスポーティーな装いのかっこいいアクアでした!!

DSCN1384

DSCN1385

DSCN1388

DSCN1370

DSCN1394

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です