ディープカシスの日産セレナです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは日産セレナのボディーコーティングです。

DSCN0495

こちらのボディーカラーはディープカシスと言う色で、暗い所だと黒に見えますけど明るい所や強い光を

当てると、まさに紫系のディープなカシス色?でとてもいい色でございます!

とてもいい色なんですけれど,こちらのお車の現状は・・・

DSCN0500

ディープな汚れです。 ボンネットはシミがいっぱい・・・

DSCN0499

艶も有りません(涙)  ライトの輪郭もわかりませんね~^_^;

DSCN0522

ルーフもシミが・・・

DSCN0517

ボディサイドは拭きキズが多いですね。

DSCN0536

反対側も・・・

DSCN0511

もちろん?リアも拭きキズいっぱいです。

全体的にくすんでいて艶が引けていますけど、一番のこちらのお車の汚れの特徴、それは・・・

蜂の糞です!ボンネットやフロントウインドウを見て頂けるとよくわかるのですが、白っぽい汚れが

無数に付いています。これが蜂の糞害です。 お車を置いている近くに養蜂場があるそうなんです。

お車の上がちょうど蜂の通り道のようです。洗っても洗ってもすぐに糞を落としていくそうで・・・

悲しいっす(T_T)

しかしいつまでの悲しんでいる訳にはいきません! ただ前を見て進んで行きたいと思っていますので、

よろしくお願いします!   なんか聞いたことのあるセリフですね^_^;

パクリ疑惑と言うより、もう完全にパクリです(笑)   では進んで行きましょう!

 

まずは洗車した後、いつものように鉄粉をチェックします。専用のクリーナーを吹く付けますと鉄粉が

紫色に反応するんですけど・・・

DSCN0537

もちろんボディが紫色なんで反応がよく見えません(汗)

その後にトラップネンドを使って鉄粉除去していきますよ~。

DSCN0543

ボンネット半分くらいでこれくらい取れました。これが全て鉄粉と言う訳ではないんですけど、だいぶ

付着していました。  そした塗装の薄いエッジ部や樹脂部分の保護、コンパウンドの粉が隙間などに

入らないようにマスキングします。

DSCN0576

マスキング姿好きです!

そして磨いてまいります。磨きをかける事で塗装面のキズやウォータースポットを除去し塗装本来の

光沢を復元して塗装面を平滑に整えてあげます!  と言いましても深いキズやウォータースポット、

施工コースなどによって除去できないキズやウォータースポットなど御座います。

そして今回使用致しましたボディーコーティング剤は、こちらの・・・

DSCN0581

極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性を実現しました低撥水タイプのPCX-S7でございます。

PCX-S7の詳しい内容はこちら

では各部の仕上がりを確認していきましょう。

DSCN0590

艶が戻りましたね~!

DSCN0593

ライトの輪郭が見えるようになりましたね~。

DSCN0589

ルーフは蜂の糞の影響で塗装面が侵食された跡が多く残ってしまいました。

DSCN0698

DSCN0621

ボディサイドも・・・

DSCN0608

リア回りも滑らかです!

そして完成です。

DSCN0704

色だけでなく艶やクリヤー感の違いもわかって頂けるのではと思います。ディープカシスが見事に

蘇りました!  これも、ただ前を見て進んで行った結果だと思います(^▽^;)

ただひとつ問題なのは、やはりあの蜂の糞害です。思っていた以上にルーフの塗装面への影響が大きく

鳥糞と同じように塗装を痛めていました。

鳥糞もそうなんですが、やはり気が付いたら早めに除去してあげるのが一番です。それと蜂の通り道に

なっている場合は、思い切って駐車場を変えてしまうのもいいのではないでしょうか。現在の駐車位置

より10mずれるだけで、糞の量が全然違う事も多いそうですので、近くに駐車している車を観察して

みてください!!

蜂の糞でお困りの方、あきらめずにただ前を見て進んでいきましょう!!  しつこい (;一_一)

 

DSCN0662

DSCN0632

DSCN0660

DSCN0671

DSCN0676

DSCN0670

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です